Down the memory lane( in Japanese)

メモリレーンを下げる
Why-Lonely-People-Stay-Lonely-3

出典:Googleの写真

あなたはたまたま偶然に会った人たちや、あなたに印象づけられない印象を残したデザインについて考えることをやめたことがありますか?あなたは何が起こったのか、彼らがどこにいるのか疑問に思ったことはありますか?人生はどのように扱われましたか?彼らはまだ生きているのか死んでいるのですか?また、その人たちが痕跡を残さずにあなたの人生から完全に姿を消したのはどうですか?
これらは非常に有効な質問であり、深く考えて、あなたが逃してしまった怒りで実現するように誘導するかもしれません。

この長い旅の旅の中で、私たちはあらゆる種類の人を途中で訪れます。あなたが会ったほとんどの人は、おそらくあなたを使った有毒な人々を含めて書く価値がないのですが、あなたからの恩恵を受けて、感謝の気持ちを示さなかった人類の貧しい例であり、あなたがまだ見逃している人がいて、伝道用のバケツを蹴って話す前に、もう一度それらを見たい人がいます。
私たちは皆、忘れ去られた印象を残した人々に会うという経験を持っていますが、残念ながら彼らはすべて姿を消しました。私はあなたの高校の同級生や大学の同級生、またはあなたが成長している間にあなたの近所で育った子供たちを意味するものではありませんが、少数の場合は連絡を取りたいと思っていたかもしれません。

私の人生ではかなりの人がいました。私は自分のバイクに乗るのが大好きで、私を見に来るために200キロを運転する彼のボーイッシュで熱心な顔と赤いカーリーの髪でルイを覚えています。私はまだ彼のいたずらな笑顔と豊かな人格で彼の写真を持っていますが、彼は完全に姿を消しました。私はソーシャルメディアで彼を見つめようとしましたが、長く失われた人々を見つけることができますが、成功しませんでした。
バンコクで私を見せてくれるすばらしいタイの女の子だったWiriyaがいて、彼女が川の向こうで働いていた大学に私を紹介しました。

真夜中に私をバスステーションに連れてきて、カリフォルニアでさよならを言うアリソンがいました。アンコールワットに私と一緒に行くはずだったジョンがいましたが、何かが上がったので私は旅行をキャンセルしなければなりませんでした。ネイティブだけの方法で私に東京を見せたマサフミがいました。 Sheung ShuiにKam Fatがありました。私は以前ブログで書いていました。

振り返ってみると、私は自分の若い熱心な人たちの顔を鮮明に覚えています。私の友人になりたいと思っています。私はとてもシンプルで無邪気で、信じがたいスティーブと呼ばれるカリフォルニアの寮の仲間を持っていました。

長年にわたり多くの国を旅行している間、私は忘れるのが難しい多くの人に会いました。それは彼らが完全に消えたことを受け入れることをさらに困難にします。フランスの先生であるMarie Francoiseは、フランスでやったようにどこでも挑戦してくれるだろうと思っていて、ワシントンDCでチケットを手に入れたときにとても驚きました。彼女は面白かったです。私が忘れられない人のいたずらと宝石でいっぱいです。私は彼女の手書きを理解することができなかったので、彼女が最後に私に与えたアドレスは私には役に立たず、私が米国を去ったときに私は彼女を失った。

50年を超える長い時間が過ぎると、人々は別の場所に移動し、結婚したり、家族を持ったり、別の人と別の場所に行ったりします。私が恐ろしいのは、彼らが病気になったり、死んでいる可能性があるという考えです。

だから、私たちは皆、ある時間や他の人に会って、すぐに消滅したすばらしい人々を再び見つけられないようにしました。多分私たちが会った時間と状況が再現できないので、私たちは皆異なる方向で私たちの生活の中で進むので、私たちの道はずっと前と同じように再び収束しません。

この世界はあなたが1分間それについて考えるならば、とても大きいです。それは広大で、以前はジェット時代には不足していたと思われる距離は、今や私たちが旅行をやめてしまったのでとても素晴らしいようです。だから私は、誰かがそれを読んで、私たちがとても若くて無謀で、楽しい愛と冒険の時に彼を知っていたと言う非常にかすかな希望で、この素晴らしい人たちをこのブログに記録したかったのです。私たちはいたずらになったが、一緒に楽しく過ごした。

私たちの人生は記憶が書かれた本のようなもので、たとえ本が枯れて壊れやすいとしても、何度もページに戻ってくる。私は知っていた良き人々について書いて、毒性の悪い人を無視することを選択します。私は嫌いな人と私の友人になれなかった人よりも、好きで気に入った人を覚えています。

私は、人々があなたが疑わしく恐れているいくつかの国で、いくつかの例外を除いて挨拶する勇気があれば、どこからでも開いて笑顔を見出すことができました。彼らは私の友人や隣人であっても、彼らが私の友人になることはなかったので、私はそれらについて書きません。
彼らは私が最初からとても親切だったので、私はフランス人にとっては部分的だと言わなければなりません。私たちは毎晩同じレストランで食事をしていました。

アルジェリアのTizi Ouzouとその多くは知っていた。彼らはテーブルから叫んで、明日あなたを迎えに来て、次の町でサッカーをしたり、今夜は出席しなければならないパーティーがあると言っていました。 1つは、正午の休憩中に私のオフィスで私をピックアップするために使用され、私たちは丘の上の彼の家の真下の青い地中海で泳ぎ、ステレオのJean Ferratを聞いて炭火で夜に子羊を焼く。車が壊れて助けが必要な人を牽引するように頼んだとき、躊躇しなかったイヴたち。彼はラバトに引っ越し、私に迷う。

私はたくさんの善良な人々を知ることができて恵まれていましたが、私はそれらのすべてについて書くことはできませんが、私の人生の本の中で愛されるように記憶されています。彼らがどこにいるのか分からない。これは、人が何らかの形であなたの人生にプラスの影響を与えたために、良い人たちが常に大事にされていることを示すために、誰もができることはほとんどありません。あなたが目を閉じて人生を多くの人と考える人生のすべてが同じ方向に旅行していて、遅かれ早かれ同じ目的に会うことができたら、遅くなるかもしれないあなたの仲間の旅行者に感謝し始めるでしょう。あなたの後ろに来る他の人たちは、いつかあなたを追い越します。

私の記憶の車線を除いて、その日に戻ることはできません。

 

 

 

Memorirēn o sageru   shutten: Gūguru no shashin anata wa tamatama gūzen ni atta hito-tachi ya, anata ni inshōdzuke rarenai inshō o nokoshita dezain ni tsuite kangaeru koto o yameta koto ga arimasu ka? Anata wa nani ga okotta no ka, karera ga doko ni iru no ka gimon ni omotta koto wa arimasu ka? Jinsei wa dono yō ni atsukawa remashita ka? Karera wa mada ikite iru no ka shinde iru nodesu ka? Mata, sono hito-tachi ga konseki o nokosazu ni anata no jinsei kara kanzen ni sugata o keshita no wa dōdesu ka?

Korera wa hijō ni yūkōna shitsumondeari, fukaku kangaete, anata ga nogashite shimatta ikari de jitsugen suru yō ni yūdō suru kamo shiremasen. Kono nagai tabi no tabi no naka de, watashitachi wa arayuru shurui no hito o tochū de otozuremasu. Anata ga atta hotondo no hito wa, osoraku anata o tsukatta yūdokuna hitobito o fukumete kaku kachi ga nai nodesuga, anata kara no onkei o ukete, kanshanokimochi o shimesanakatta jinrui no mazushī reideari, anata ga mada minogashite iru hito ga ite, dendō-yō no baketsu o kette hanasu mae ni, mōichido sorera o mitai hito ga imasu.

Watashitachi wa mina, wasuresara reta inshō o nokoshita hitobito ni au to iu keiken o motte imasuga, zan’nen’nagara karera wa subete sugata o keshimashita. Watashi wa anata no kōkō no dōkyūsei ya daigaku no dōkyūsei, matawa anata ga seichō shite iru ma ni anata no kinjo de sodatta kodomo-tachi o imi suru monode wa arimasenga, shōsū no baai wa renraku o toritai to omotte ita kamo shiremasen. Watashinojinseide wa kanari no hito ga imashita.

Watashi wa jibun no baiku ni noru no ga daisukide, watashi o mi ni kuru tame ni 200-kiro o unten suru kare no bōisshu de nesshin’na kao to akai kārī no kami de Rui o oboete imasu. Watashi wa mada kare no itazurana egao to yutakana jinkaku de kare no shashin o motte imasuga, kare wa kanzen ni sugata o keshimashita. Watashi wa sōsharumedia de kare o mitsumeyou to shimashitaga, nagaku ushinawa reta hitobito o mitsukeru koto ga dekimasuga, seikō shimasendeshita.

Bankoku de watashi o misete kureru subarashī Tai no on’nanokodatta Wiriya ga ite, kanojo ga kawa no mukō de hataraite ita daigaku ni watashi o shōkai shimashita. Mayonaka ni watashi o basusutēshon ni tsurete kite, Kariforunia de sayonara o iu arison ga imashita. Ankōruwatto ni watashitoisshoni iku hazudatta Jon ga imashitaga, nanika ga agattanode watashi wa ryokō o kyanseru shinakereba narimasendeshita.

Neitibu dake no hōhō de watashi ni Tōkyō o miseta masafumi ga imashita. Sheung Shui ni Kam Fat ga arimashita. Watashi wa izen burogu de kaite imashita. Furikaette miru to, watashi wa jibun no wakai nesshin’na hito-tachi no kao o senmei ni oboete imasu.

Watashi no yūjin ni naritai to omotte imasu. Watashi wa totemo shinpurude mujakide, shinji gatai sutību to yoba reru Kariforunia no ryō no nakama o motte imashita. Naganen ni watari ōku no kuni o ryokō shite iru ma, watashi wa wasureru no ga muzukashī ōku no hito ni aimashita. Sore wa karera ga kanzen ni kieta koto o ukeireru koto o sarani kon’nan ni shimasu. Furansu no senseidearu marī Francoise wa, Furansu de yatta yō ni doko demo chōsen shite kurerudarou to omotte ite, washintondīshī de chiketto o teniireta toki ni totemo odorokimashita.

Kanojo wa omoshirokattadesu. Watashi ga wasurerarenaihito no itazura to hōseki de ippaidesu. Watashi wa kanojo no tegaki o rikai suru koto ga dekinakattanode, kanojo ga saigo ni watashi ni ataeta adoresu wa watashiniha yakunitatazu, watashi ga Beikoku o satta toki ni watashi wa kanojo o ushinatta.

50-Nen o koeru nagai jikan ga sugiru to, hitobito wa betsu no basho ni idō shi, kekkon shi tari, kazoku o mottari,-betsu no hito to betsu no basho ni ittari shimasu. Watashi ga osoroshī no wa, karera ga byōki ni nattari, shinde iru kanōsei ga aru to iu kangaedesu. Dakara, watashitachi wa mina, aru jikan ya hokanohito ni atte, sugu ni shōmetsu shita subarashī hitobito o futatabi mitsuke rarenai yō ni shimashita.

Tabun watashitachi ga atta jikan to jōkyō ga saigen dekinainode, watashitachi wa mina kotonaru hōkō de watashitachi no seikatsu no naka de susumunode, watashitachi no michi wa zutto mae to onajiyōni futatabi shūsoku shimasen. Kono sekai wa anata ga 1-funkan sore ni tsuite kangaerunaraba, totemo ōkīdesu. Sore wa kōdaide, izen wa jetto jidai ni wa fusoku shite ita to omowa reru kyori wa, imaya watashitachi ga ryokō o yamete shimattanode totemo subarashī yōdesu.

Dakara watashi wa, darekaga sore o yonde, watashitachi ga totemo wakakute mubō de, tanoshī ai to bōken no toki ni kare o shitteita to iu hijō ni kasukana kibō de, kono subarashī hito-tachi o kono burogu ni kiroku shitakatta nodesu. Watashitachiha itazura ni nattaga, issho ni tanoshiku sugoshita. Watashitachi no jinsei wa kioku ga kaka reta hon no yōna mono de, tatoe hon ga karete koware yasui to shite mo, nando mo pēji ni modotte kuru. Watashi wa shitteita yoki hitobito ni tsuite kaite, dokusei no warui hito o mushi suru koto o sentaku shimasu.

Watashi wa kirainahito to watashi no yūjin ni narenakatta hito yori mo, sukide kiniitta hito o oboete imasu. Watashi wa, hitobito ga anata ga utagawashiku osorete iru ikutsu ka no kuni de, ikutsu ka no reigai o nozoite aisatsu suru yūkigāreba, doko kara demo aite egao o miidasu koto ga dekimashita. Karera wa watashi no yūjin ya rinjindeatte mo, karera ga watashi no yūjin ni naru koto wa nakattanode, watashi wa sorera ni tsuite kakimasen. Karera wa watashi ga saisho kara totemo shinsetsudattanode, watashi wa furansuhito ni totte wa bubun-tekida to iwanakereba narimasen. Watashitachi wa maiban onaji resutoran de shokuji o shite imashita.

Arujeria no Tizi Ouzou to sono ōku wa shitteita. Karera wa tēburu kara sakende, ashita anata o mukae ni kite,-ji no machi de sakkā o shi tari, kon’ya wa shusseki shinakereba naranai pātī ga aru to itte imashita. 1Tsu wa, shōgo no kyūkei-chū ni watashi no ofisu de watashi o pikkuappu suru tame ni shiyō sa re, watashitachiha oka no ue no kare no ie no mashita no aoi Chichūkai de oyogi, sutereo no jīn Ferrat o kiite sumibi de yoru ni kohitsuji o yaku.

Kuruma ga kowarete tasuke ga hitsuyōna hito o ken’in suru yō ni tanonda toki, chūcho shinakatta ivu-tachi. Kare wa Rabato ni hikkoshi, watashi ni mayou. Watashi wa takusan no zenryōna hitobito o shiru koto ga dekite megumarete imashitaga, watashi wa sorera no subete ni tsuite kaku koto wa dekimasenga, watashinojinsei no hon no naka de aisa reru yō ni kioku sa rete imasu. Karera ga doko ni iru no ka wakaranai.

Kore wa, hito ga nanrakano katachi de anata no jinsei ni purasu no eikyō o ataeta tame ni, yoi hito-tachi ga tsuneni daiji ni sa rete iru koto o shimesu tame ni, daremoga dekiru koto wa hotondo arimasen. Anata ga mewotojite jinsei o ōku no hito to kangaeru jinsei no subete ga onaji hōkō ni ryokō shite ite, osokare hayakare onaji mokuteki ni au koto ga dekitara, osoku naru kamo shirenai anata no nakama no ryokō-sha ni kansha shi hajimerudeshou. Anata no ushiro ni kuru hokanohito-tachi wa, itsuka anata o oikoshimasu.

Watashi no kioku no shasen o nozoite, sonohi ni modoru koto wa dekimasen.

広告

Sexual depredation of women(in Japanese)

女性の性的抑圧
c700x420 出典:Googleの写真

今やハリウッド、ボリウッドなどの映画業界では、女性の性的抑圧に関するニュースが流行しているようです。数多くの女性が公開されており、映画の中で役割を果たすことを望んでいる女志望の星の治療を非常に悪化させていると不平を言う。彼らは映画監督やカメラフレンドリーなボディを持っているかどうかを知るために監督をキャストして裸になって裸になり、彼らはあまりにも太っていると言われて拒絶され、

他の人は、肉体的に暴行され、強力なプロデューサーや映画俳優によっていわゆるキャスティングソファーでレイプされ、映画の役割への敬意を表します。そのような若くて美しい女性の多くは、後背地や小さな町から映画やテレビの世界に夢を見て、彼らの運命を決定する豊かで強力な人々の手によって恐ろしい性的抑圧に直面しなければなりません。

幸運であれば、生き残るためには生計を立てるために通りに行くので、若干の役割を果たすことになります。ある人は麻薬やアルコールに襲われます。なぜなら彼らは、豊かで有名な人たちによって与えられた数多くのパーティーに誘われているからです。スターを作った役を演じるためにやらなければならなかったことは、有名な映画スターに尋ねるだけで、彼らはあなたに性的搾取の恐ろしい話を伝えます。

悲しいことに、同性愛者の同意なしに性的に女性を搾取し、強要されている人は、豊かで、刑罰を免れないので、今までこれらの貧しい女の子を聞くことはありません。洪水門は開いており、世界中の多くの女性が、恐ろしい物語と虐待を受けて、これらの男性が暴露され、彼らの懲罰が奪われるという希望で毎日出ています。

金持ちとパワフルがどんな国でもほとんど何でも逃げることができるという事実は知られています。彼らは強力な弁護士を雇い、女性が虚偽の金銭や脅威で頻繁に苦情を撤回させるようにしているので、多くの虐待された女性は彼らの事件を追及することができません。
ムンバイにはムンバイのムンバイには、古くからボンベイと呼ばれていた若い美しい女の子たちが性的虐待から映画の役割を求めて家に帰って列車の代金を支払ったが、そのような人はまれだ。あなたは善良な人よりも映画やテレビ業界の悪い人についてもっと聞いています。一部は辞任を余儀なくされ、法的訴訟に直面しているが、他の人はスコットを自由にして何も起こっていないかのように続行する。

しかし何かが起こった。勇敢な虐待を受けた女性たちは、今や声を上げており、ソーシャルメディアや新聞での悲しい経験について書こうとしている。世界中のこの種のことは、犠牲者が声を出さず、加害者が豊かで強力であれば文句を言うことはできません。
女性の虐待は新しいことではない。公共の場所、バス、タクシー、ホテル、飛行機、そして宗教的に重要な場所でも毎日起こります。私は、パンジャブ州の多くの女性を強姦し暴行し、現在20年間刑務所にいる人について書いていますが、いつかはいつも正義に服されるまで他の人がいます。

若い女性は、特に、彼女が胸の大部分を暴露する非常に短いスカートやかわいそうな服装を意味するような服装をしていれば、あらゆる通りの隅に潜んでいるバガボンドからの猫の呼び出しや口頭による攻撃を受けずに通りを歩くことはできません。この猫の呼び寄せとイブの冗談は、人々の文化が公衆の女性からの謙虚さを求めている国々では、人々が不支持を示す方法です。彼らの文化は、女性がそう呼ぶ猫をするように男性を誘発しないような方法で女性を服装させることを要求しており、大部分の女性はこれらの捕食者から安全である。

しかし、西洋文化では、女性は、書かれた論文の価値があるほど価値のない、卑劣な法律がなく、実施されることが少ないため、自分が好きなように身に付けることができます。いくつかの国では、ヌードビーチや公園があります。女性は裸で裸になりますが、他の国では女性は何の隣にも身に着けず、本質をカバーしていると感じます。彼らは猫の呼び出しや性的発言を得る場合、彼らは思春期以来それに慣れているので、彼らはそれを肩をすくめます。

しかし、現在、一部の女性が戦っている。 2人の若い女の子がタクシーに乗った時、フィリピンに事件がありましたが、運転手がそれらを強姦するために離れた場所に連れて行って運転手を引きずり出し、彼の骨を壊した徹底的な打撃を与えました。これらの女の子は武道を知っており、それをうまく活用しています。運転手は間違った女の子と混乱し、彼のレッスンを難しい方法で学んだ。

別のケースでは、パンジャブの2人の女の子が絶え間ないイブの喘鳴と猫の呼び出しに疲れて、何かをしていくつかの男の子を殴ることにしました。これは、他の少年たちを同様に嫌がらせをして行動を起こし、b自己防衛のための武道を学ぶ。私は自分のブログに、謙虚さは国や彼らが持っている人気のある文化に従って定義されていると書いています。マリやケニアのアフリカ人の女の子が裸で行くなら、それは当然です。誰も猫を呼ぶことなく、彼らを罵倒しないので、虐待は聞こえません。彼らの村の評議会は、何らかの方法で女性を苦しめる、または虐待する人を罰し、女性は安全を感じます。

ハイチでは、女性は公的なヌードで入浴するが、誰もその人を怒らせたり、虐待したりすることはない。私はアフリカとハイチに住んでいるので、私は知っている。彼らの文化では、女性が入浴中や服を着替えている間に自分自身を露出させることは容認されているので、宗教警察が鞭で徘徊し、このように自分自身を暴露する女性を打ち負かす間に、したがって、謙虚さの定義は国によって異なります。ヌードに対する耐性は、その文化によって国によっても異なります。アフリカの一部の国では、謙虚さが低い部分に限られているため、裸ではあるが脚を覆わない女性はほとんどいません。彼らが着る服はファッションではなく機能性の問題ですが、西洋では10億ドルの産業を養うファッションが最優先です。

流行のファッションを指し示す業界ではよくあることですが、彼らは現在のファッションが何であるかを示すためにマネキンに展示します。女性が公衆の中でそのような服を着ることを恥ずかしく思うなら、彼女はそれらを購入しないだろうが、彼女は彼女が求めている選択肢も見つけられないだろう。旧式のフルキンキスのモノまたはバイはどこにもありません。映画やテレビのスターたちは、ファッション雑誌が愛するアンダーウェアを使わずに透けて見える透明なガウンを披露し、雑誌を売っているためにたくさんのお金を払うファッション業界の最前線に立っています。それから、他の女性たちはなぜそう言いませんか。

私もそのような服を着て公に出ることができます。ここでは謙虚さと女性の性的虐待の問題に戻りましょう。エジプトでは、猫の呼びかけや声を出すなど、女性の嫌がらせが頻繁に行われていますが、今や彼らは少年少女旅団を結成して街を歩き回り、嫌がらせ者を捕まえて公然に打ち負かしました。それは正しい方向への小さな一歩ですので、男の子はどこでも女の子を弄ぶことにもっと注意を払います。カメラ付き携帯電話も重要な役割を果たしています。なぜなら、監視員は事件を記録して、間違った行為者を特定するために警察や少年の旅団にそれを示すことができるからです。

インドのウッタル・プラデーシュ州では、首相は、女性に無礼な人を捕まえて重い罰金を科す人を捕まえるために警察に命じている。女性は空手を知らない限り続行します。アジア諸国や中東諸国では、女性は何も明らかにならない控えめな服の伝統に縛られているため、人々は誰にも不満を表明しますそれらの規則に従わない。それは常にそれに限定されるわけではありませんが、その猫の呼び出しの主な理由です。デリーで起こったように、バスで悲劇に陥る可能性のある、ボーイフレンドと、単独で夜遅く外出することになっている女性はいません。その女の子は残忍にレイプされ、彼女の仲間と共に殴られ、路傍に投げ込まれた。首相はシンガポールに彼女のプライベート飛行機を送って緊急治療を受けたが、死亡した。

少年は生き残った。伝統によって性別が幼年期から分離されている多くの国においても、ボーイフレンドや女子の友情は認められておらず、整理結婚の伝統が標準です。これは男女が分けられていない西洋文化の場合には当てはまりません少年時代から一緒に学校に通って、恥ずかしそうに混じり合っているアジア人の女の子たちは一般に少年に向かっているが、フィリピンでは最初の質問は他の女の子に聞いてくるだろうが、彼女にボーイフレンドがいるかどうかは問わない何よりも重要です。彼らは常に西洋の文化とその価値を模倣しようとします。ここであなたは女の子が男の子に実際にぶら下がり、女の子が逃げようとしているように見えます。

先日、テレビで見ていたハリウッドの映画で、男性は女性に何人の恋人を彼女に尋ねたのですか?彼らが「大学で、あるいは高校以来」尋ねたところに会う前にあったのだろうか?それから彼女は4本の指を見せた。女性は思春期以来セックスに慣れており、しばしばボーイフレンドを家に連れて行く。両親は彼らの周りにつま先をつけて、キスしたり、手を振ったり、いくつかの母親が笑顔さえすれば、それはとても自然で正常なものだからです。彼女は若いときにそれをやりました。誰がそれに耳を傾けるのですか?女の子は彼女の両親に彼女が16歳と言うことができる 彼女が喜ぶようにする。西洋文化によく見られるこのセクシュアリティに対するリベラルな態度は、10代の妊娠につながり、社会を脅かす結果は社会的な問題です。

セックスに対するこの簡単な態度は、おそらく、ハリウッドや他の地域の女性を強姦している男性がいる理由の1つです。女性のレイプや性的虐待は、基本的には2人の間のパワー・プレイであり、必ずしもセックスそのものではないという気持ちがあります。多くの心理学者が同意する。彼らは、セックスに対する自由主義的態度が主に犯人であると言います。パワフルな一人は、弱い人が映画やテレビシリーズで好意、一部、役割を求めている特定の状況で弱い人を利用します。戦争中に何百人もの女性を強姦した場合、彼らは手に銃を持って強力で、女性には防衛を感じないので、これは同じ種類の力作です。彼らはバングラデシュ戦争のようにそれを取り除くこともできるので、それをする。 Sheikh Mujibur Ra​​hman首相は、若い男性達に前進して、これらの強姦された女性と結婚し、戦争後に新しい人生を与えるよう訴えた。犯人は決して罰せられませんでした。

他のいくつかの国が彼らのモデルとして受け入れ、伝統的な価値観を放棄している西洋文化に普及しているリベラルな性的態度のもう一つの側面がある。少年少女、特定の年齢の男性と女性が集まり、楽しい時間を過ごすことができる数多くのクラブがあります。それは、騒々しい音楽、飲み会と踊りのスタイルが外れているかのようなものです。彼らはしばしばお互いを保持し飲みながら見知らぬ人と踊ります。必然的に、悲惨な結果を招くおそれのある「あなたの場所か鉱山」という質問を必然的に求める人もいるでしょう。

これは世界中で公開されているハリウッド映画の定番です。彼らの例に従って、多くのそのようなダンスクラブが多くの国で発芽します。マニラでは、火災が発生し数百人が死亡したときに、若者たちが捨てて踊るクラブがありました。セクシュアリティに関しては、他の人と違うからといって、西洋文化を批判することはできません。私はちょうどこの可愛らしさの結果と、ローカットブラウスを着た少女の胸から目をそらす人々の寛容な態度について書いています。彼女が泣いていても裸でいても誰も見ることはできません。あなたは厳しい校長でない限り、学校や大学にも不適切な服を着た女の子や女性を批判してはなりません。カリフォルニアの私のクラスの女性たちは、彼らのすごいビキニに来ていました。

教授はちょうどそれらを無視するふりをしました。少年が男の子になるという古いクリシェは、女性が持っている問題や、彼らが空手レッスンを受けて、これらの人々に教訓を教えない限り、毎日苦しんでいる嫌がらせを解決するものではありません。多分、宮城さんはまだ学生を受け入れています。

 

Josei no seiteki yokuatsu

shutten: Gūguru no shashin imaya Hariuddo, boriuddo nado no eiga gyōkaide wa, josei no seiteki yokuatsu ni kansuru nyūsu ga ryūkō shite iru yōdesu. Kazuōku no josei ga kōkai sa rete ori, eiga no naka de yakuwariwohatasu koto o nozonde iru on’na shibō no hoshi no chiryō o hijō ni akka sa sete iru to fuheiwoiu.

Karera wa eiga kantoku ya kamerafurendorīna bodi o motte iru ka dō ka o shiru tame ni kantoku o kyasuto shite hadaka ni natte hadaka ni nari, karera wa amarini mo futotte iru to iwa rete kyozetsu sa re, hokanohito wa, nikutai-teki ni bōkō sa re, kyōryokuna purode~yūsā ya eiga haiyū ni yotte iwayuru kyasutingusofā de reipu sa re, eiga no yakuwari e no keii o arawashimasu.

Sono yō na wakakute utsukushī josei no ōku wa, kōhai-chi ya chīsana machi kara eiga ya terebi no sekai ni yume o mite, karera no unmei o kettei suru yutakade kyōryokuna hitobito no te ni yotte osoroshī seiteki yokuatsu ni chokumen shinakereba narimasen. Kōundeareba, ikinokoru tame ni wa seikeiwotateru tame ni tōri ni ikunode, jakkan no yakuwariwohatasu koto ni narimasu.

Aru hito wa mayaku ya arukōru ni osowa remasu. Nazenara karera wa, yutakade yūmeina hito-tachi ni yotte atae rareta kazuōku no pātī ni sasowa rete irukaradesu. Sutā o tsukutta yaku o enjiru tame ni yaranakereba naranakatta koto wa, yūmeina eiga sutā ni tazuneru dake de, karera wa anata ni seiteki sakushu no osoroshī hanashi o tsutaemasu. Kanashī koto ni, dōseiai-sha no dōi nashi ni seiteki ni josei o sakushu shi, kyōyō sa rete iru hito wa, yutakade, keibatsu o manukarenainode, imamade korera no mazushī on’nanoko o kiku koto wa arimasen.

Kōzui-mon wa aite ori, sekaijū no ōku no josei ga, osoroshī monogatari to gyakutai o ukete, korera no dansei ga bakuro sa re, karera no chōbatsu ga ubawa reru to iu kibō de mainichi dete imasu. Kanemochi to pawafuru ga don’na kuni demo hotondo nani demo nigeru koto ga dekiru to iu jijitsu wa shira rete imasu. Karera wa kyōryokuna bengoshi o yatoi, josei ga kyogi no kinsen ya kyōi de hinpan ni kujō o tekkai sa seru yō ni shite irunode, ōku no gyakutai sa reta josei wa karera no jiken o tsuikyū suru koto ga dekimasen.

Munbai ni wa Munbai no Munbai ni wa, furuku kara Bonbei to yoba rete ita wakai utsukushī on’nanoko-tachi ga seiteki gyakutai kara eiga no yakuwari o motomete ie ni kaette ressha no daikin o shiharattaga, sono yōna hito wa mareda. Anata wa zenryōna hito yori mo eiga ya terebi gyōkai no warui hito ni tsuite motto kiite imasu. Ichibu wa jinin o yoginaku sa re, hōteki soshō ni chokumen shite iruga, hokanohito wa Sukotto o jiyū ni shite nani mo okotte inai ka no yō ni zokkō suru.

Shikashi nanika ga okotta. Yūkan’na gyakutai o uketa josei-tachi wa, imaya koe o agete ori, sōsharumedia ya shinbun de no kanashī keiken ni tsuite kakou to shite iru. Sekaijū no kono tane no koto wa, gisei-sha ga koe o dasazu, kagai-sha ga yutakade kyōryokudeareba monku o iu koto wa dekimasen. Josei no gyakutai wa atarashī kotode wanai. Kōkyō no basho, basu, takushī, hoteru, hikōki, soshite shūkyō-teki ni jūyōna basho demo mainichi okorimasu. Watashi wa, Panjabu-shū no ōku no josei o gōkan shi bōkō shi, genzai 20-nenkan keimusho ni iru hito ni tsuite kaite imasuga, itsuka wa itsumo seigi ni fukusa reru made hokanohito ga imasu.

Wakai josei wa, tokuni, kanojo ga mune no daibubun o bakuro suru hijō ni mijikai sukāto ya kawaisōna fukusō o imi suru yōna fukusō o shite ireba, arayuru tōri no sumi ni hisonde iru bagabondo kara no neko no yobidashi ya kōtō ni yoru kōgeki o ukezu ni tōri o aruku koto wa dekimasen. Kono neko no yobiyose to ibu no jōdan wa, hitobito no bunka ga kōshū no josei kara no kenkyo-sa o motomete iru kunigunide wa, hitobito ga fu shiji o shimesu hōhōdesu.

Karera no bunka wa, josei ga sō yobu neko o suru yō ni dansei o yūhatsu shinai yōna hōhō de josei o fukusō sa seru koto o yōkyū shite ori, daibubun no josei wa korera no hoshoku-sha kara anzendearu. Shikashi, seiyō bunkade wa, josei wa, kaka reta ronbun no kachigāru hodo kachinonai, hiretsuna hōritsu ga naku, jisshi sa reru koto ga sukunai tame, jibun ga sukina yō ni mi ni tsukeru koto ga dekimasu. Ikutsu ka no kunide wa, nūdobīchi ya kōen ga arimasu.

Josei wa hadaka de hadaka ni narimasuga, hoka no kunide wa josei wa nani no tonari ni mo mi ni tsukezu, honshitsu o kabā shite iru to kanjimasu. Karera wa neko no yobidashi ya seiteki hatsugen o eru baai, karera wa shishunki irai sore ni narete irunode, karera wa sore o kata o sukumemasu. Shikashi, genzai, ichibu no josei ga tatakatte iru. 2-Ri no wakai on’nanoko ga takushī ni notta toki, Firipin ni jiken ga arimashitaga, untenshu ga sorera o gōkan suru tame ni hanareta basho ni tsureteitte untenshu o hikizuridashi, kare no hone o kowashita tetteitekina dageki o ataemashita.

Korera no on’nanoko wa budō o shitte ori, sore o umaku katsuyō shite imasu. Untenshu wa machigatta on’nanoko to konran shi, kare no ressun o muzukashī hōhō de mananda. Betsu no kēsude wa, Panjabu no 2-ri no on’nanoko ga taema nai ibu no zeimei to neko no yobidashi ni tsukarete, nanika o shite ikutsu ka no otokonoko o naguru koto ni shimashita.

Kore wa, hoka no shōnen-tachi o dōyō ni iyagarase o shite kōdō o okoshi, B jiko bōei no tame no budō o manabu. Watashi wa jibun no burogu ni, kenkyo-sa wa kuni ya karera ga motte iru ninkinoaru bunka ni shitagatte teigi sa rete iru to kaite imasu. Mari ya Kenia no Afurika hito no on’nanoko ga hadaka de ikunara, sore wa tōzendesu. Dare mo neko o yobu koto naku, karera o batō shinainode, gyakutai wa kikoemasen. Karera no mura no hyōgi-kai wa, nanrakano hōhō de josei o kurushimeru, matawa gyakutai suru hito o basshi, josei wa anzen o kanjimasu.

Haichide wa, josei wa kōtekina nūdo de nyūyoku suruga, dare mo sono hito o okora se tari, gyakutai shi tari suru koto wanai. Watashi wa Afurika to Haichi ni sunde irunode, watashi wa shitte iru. Karera no bunkade wa, josei ga nyūyoku-chū ya fuku o kigaete iru ma ni jibun jishin o roshutsu sa seru koto wa yōnin sa rete irunode, shūkyō keisatsu ga muchi de haikai shi, kono yō ni jibun jishin o bakuro suru josei o uchi makasu ma ni, shitagatte, kenkyo-sa no teigi wa kuni ni yotte kotonarimasu.

Nūdo ni taisuru taisei wa, sono bunka ni yotte kuni ni yotte mo kotonarimasu. Afurika no ichibu no kunide wa, kenkyo-sa ga hikui bubun ni kagira rete iru tame, hadakade waaruga ashi o ōwanai josei wa hotondo imasen. Karera ga kiru fuku wa fasshonde wa naku kinō-sei no mondaidesuga, seiyōde wa 10 oku-doru no sangyō o yashinau fasshon ga sai yūsendesu. Ryūkō no fasshon o sashishimesu gyōkaide wa yoku aru kotodesuga, karera wa genzai no fasshon ga nandearu ka o shimesu tame ni manekin ni tenji shimasu.

Josei ga kōshū no naka de sono yōna fuku o kiru koto o hazukashiku omounara, kanojo wa sorera o kōnyū shinaidarouga, kanojo wa kanojo ga motomete iru sentakushi mo mitsuke rarenaidarou. Kyūshiki no furukinkisu no mono matawa bai wa dokoni mo arimasen. Eiga ya terebi no sutā-tachi wa, fasshon zasshi ga aisuru andāu~ea o tsukawazu ni sukete mieru tōmeina gaun o hirō shi, zasshi o utte iru tame ni takusan no okane o harau fasshon gyōkai no saizensen ni tatte imasu.

Sorekara, hoka no josei-tachi wa naze sō iimasen ka. Watashi mo sono yōna fuku o kite kō ni deru koto ga dekimasu. Kokode wa kenkyo-sa to josei no seiteki gyakutai no mondai ni modorimashou. Ejiputode wa, neko no yobikake ya koewodasu nado, josei no iyagarase ga hinpan ni okonawa rete imasuga, imaya karera wa shōnen shōjo ryodan o kessei shite machi o arukimawari, iyagarase-sha o tsukamaete kōzen ni uchi makashimashita.

Sore wa tadashī hōkō e no chīsana ippodesunode, otokonoko wa doko demo on’nanoko o moteasobu koto ni motto chūi o haraimasu. Kameratsukikeitaidenwa mo jūyōna yakuwari o hatashite imasu. Nazenara, kanshi-in wa jiken o kiroku shite, machigatta kōi-sha o tokutei suru tame ni keisatsu ya shōnen no ryodan ni sore o shimesu koto ga dekirukaradesu. Indo no uttaru puradēshu-shū dewa, shushō wa, josei ni bureina hito o tsukamaete omoi bakkin o kasu hito o tsukamaeru tame ni keisatsu ni meijite iru. Josei wa karate o shiranai kagiri zokkō shimasu.

Ajia shokoku ya Chūtō shokokude wa, josei wa nani mo akiraka ni naranai hikaemena fuku no dentō ni shibara rete iru tame, hitobito wa darenimo fuman o hyōmei shimasu sorera no kisoku ni shitagawanai. Sore wa tsuneni sore ni gentei sa reru wakede wa arimasenga, sono neko no yobidashi no omona riyūdesu. Derī de okotta yō ni, basu de higeki ni ochīru kanōsei no aru, bōifurendo to, tandoku de yoru osoku gaishutsu suru koto ni natte iru josei wa imasen.

Sono on’nanoko wa zan’nin ni reipu sa re, kanojo no nakama to tomoni nagura re, robō ni nagekoma reta. Shushō wa shingapōru ni kanojo no puraibēto hikōki o okutte kinkyū chiryō o uketaga, shibō shita. Shōnen wa ikinokotta. Dentō ni yotte seibetsu ga yōnen-ki kara bunri sa rete iru ōku no kuni ni oite mo, bōifurendo ya joshi no yūjō wa mitome rarete orazu, seiri kekkon no dentō ga hyōjundesu.

Kore wa danjo ga wake rarete inai seiyō bunka no baai ni wa atehamarimasen shōnen jidai kara issho ni gakkō ni tōtte, hazukashi-sō ni majiri atte iru Ajia hito no on’nanoko-tachi wa ippan’ni shōnen ni mukatte iruga, Firipinde wa saisho no shitsumon wa hoka no on’nanoko ni kiite kurudarouga, kanojo ni bōifurendo ga iru ka dō ka wa towanai naniyori mo jūyōdesu. Karera wa tsuneni seiyō no bunka to sono kachi o mohō shiyou to shimasu. Koko de anata wa on’nanoko ga otokonoko ni jissai ni burasagari, on’nanoko ga nigeyou to shite iru yō ni miemasu.

Senjitsu, terebi de mite ita Hariuddo no eiga de, dansei wa josei ni nan-ri no koibito o kanojo ni tazuneta nodesu ka? Karera ga `daigaku de, aruiwa kōkō irai’ tazuneta tokoro ni au mae ni atta nodarou ka? Sorekara kanojo wa 4-pon no yubi o miseta. Josei wa shishunki irai sekkusu ni narete ori, shibashiba bōifurendo o ie ni tsureteiku. Ryōshin wa karera no mawari ni tsumasaki o tsukete, kisushitari,-te o futtari, ikutsu ka no hahaoya ga egao sae sureba, sore wa totemo shizende seijōna monodakaradesu. Kanojo wa wakai toki ni sore o yarimashita. Dare ga sore ni mimiwokatamukeru nodesu ka?On’nanoko wa kanojo no ryōshin ni kanojo ga 16-sai to iu koto ga dekiru Kanojo ga yorokobu yō ni suru.

Seiyō bunka ni yoku mi rareru kono sekushuariti ni taisuru riberaruna taido wa, 10-dai no ninshin ni tsunagari, shakai o odokasu kekka wa shakai-tekina mondaidesu. Sekkusu ni taisuru kono kantan’na taido wa, osoraku, Hariuddo ya hoka no chiiki no josei o gōkan shite iru dansei ga iru riyū no 1tsudesu. Josei no reipu ya seiteki gyakutai wa, kihontekini wa 2-ri no ma no pawā pureideari, kanarazushimo sekkusu sonomonode wa nai to iu kimochi ga arimasu.

Ōku no shinri gakusha ga dōi suru. Karera wa, sekkusu ni taisuru jiyū shugi-teki taido ga omoni han’nindearu to iimasu. Pawafuruna hitori wa, yowai hito ga eiga ya terebishirīzu de kōi, ichibu, yakuwari o motomete iru tokutei no jōkyō de yowai hito o riyō shimasu. Sensō-chū ni nan hyaku-ri mo no josei o gōkan shita baai, karera wa te ni jū o motte kyōryokude, josei ni wa bōei o kanjinainode, kore wa onaji shurui no rikisakudesu. Karera wa Banguradeshu sensō no yō ni sore o torinozoku koto mo dekiru node, sore o suru. Sheikh Mujibur Ra hman shushō wa, wakai dansei-tachi ni zenshin shite, korera no gōkan sa reta josei to kekkon shi, sensō-go ni atarashī jinsei o ataeru yō uttaeta. Han’nin wa kesshite basse raremasendeshita.

Hoka no ikutsu ka no kuni ga karera no moderu to shite ukeire, dentō-tekina kachikan o hōki shite iru seiyō bunka ni fukyū shite iru riberaruna seiteki taido no mōhitotsu no sokumen ga aru. Shōnen shōjo, tokutei no nenrei no dansei to josei ga atsumari, tanoshī jikan o sugosu koto ga dekiru kazuōku no kurabu ga arimasu. Sore wa, sōzōshī ongaku, nomikai to odori no sutairu ga hazurete iru ka no yōna monodesu. Karera wa shibashiba otagai o hoji shi nominagara mishiranu hito to odorimasu.

Hitsuzen-teki ni, hisan’na kekka o maneku o sore no aru `anata no basho ka kōzan’ to iu shitsumon o hitsuzen-teki ni motomeru hito mo irudeshou. Kore wa sekaijū de kōkai sa rete iru Hariuddo eiga no teibandesu. Karera no rei ni shitagatte, ōku no sono yōna dansu kurabu ga ōku no kuni de hatsuga shimasu. Manira dewa, kasai ga hassei shi sū hyaku hito ga shibō shita toki ni, wakamono-tachi ga sutete odoru kurabu ga arimashita. Sekushuariti ni kanshite wa, hokanohito to chigaukara to itte, seiyō bunka o hihan suru koto wa dekimasen.

Watashi wa chōdo kono kawairashi-sa no kekka to, rōkattoburausu o kita shōjo no mune kara mewosorasu hitobito no kan’yōna taido ni tsuite kaite imasu. Kanojo ga naite ite mo hadaka de ite mo dare mo miru koto wa dekimasen. Anata wa kibishī kōchōdenai kagiri, gakkō ya daigaku ni mo futekisetsuna fuku o kita on’nanoko ya josei o hihan shite wa narimasen. Kariforunia no watashi no kurasu no josei-tachi wa, karera no sugoi bikini ni kite imashita. Kyōju wa chōdo sorera o mushi suru furi o shimashita.

Shōnen ga otokonoko ni naru to iu furui kurishe wa, josei ga motte iru mondai ya, karera ga karate ressun o ukete, korera no hitobito ni kyōkun o oshienai kagiri, mainichi kurushinde iru iyagarase o kaiketsu suru monode wa arimasen. Tabun, Miyagi-san wa mada gakusei o ukeirete imasu.

Fake gurus (in Japanese)

偽の指導者

B0Y46PSCMAAEmB2

出典:Googleの写真

ストレスと不安に満ちた今日の狂った競争の激しい世界では、人々はヴァルハッラに価格を約束し、そうすることに大きな利益を得ることを約束する偽の精神的指導者を養成する霊的指導に飢えている。彼らは世界中のキノコのように発芽していますが、気候が好都合なところではもっとそうです。これは、教育、貧困、絶望的な生活の低レベルと関係している人もいます。ある人は、あらゆる種類の精神的な助けを価格で提供する偽の指導者に、

最近、彼の追随者から収集した免税金を使って帝国を築き、富裕層の生活を送っていたインドで逮捕され、この人に対して事件を提起した多数の女性を強姦し、 。しかし、これは孤立したケースではありません。私は、米国では、売春婦が売春婦に酔いしれて、性的虐待を受けて虐待を受けた富裕層の人生を送っていた事件を覚えています。

カトリックの司祭と修道女が、小児性愛者であることが判明しており、様々な国の当局に報告されており、それらの一部を訴追し、他のケースではフォローアップしている長いリストがあります。カトリック教会は、裁判所に訴訟を起こさせるために犠牲者たちに膨大な金額を払ってきたが、このようなことは、バチカンの小児性愛に対する厳しい姿勢にもかかわらず、どこにでもある。

インドは、ビジネスとして非常に有利なため、偽の指導者が十数名である国です。アシュラムを設置し、少数の宣伝パンフレットを書いて、人々の間で配布し、待つだけです。彼らは宣伝の仕事をし、早急にすべての税金を払うことを開始する戦利品を分かち合ういくつかの共犯者を必要とする。

不法に土地を占領し、宗教旗を築き、一種の寺院を建て、大きな献金ボックスを南京錠と上にスリットを置いておくのが一般的です。彼らは宗教の偽の教祖と関係しているかどうかにかかわらず、彼らが占領している土地から彼らを追い出すことはできません。お金が流入するとすぐに、彼らは拡大を開始し、違法に取得したものを保護するために、より多くの建物と高い壁を構築します。

これは、パンジャブ州の偽者達がビジネスを始め、何百年もの間に900エーカー以上の土地に拡大して5軒のスタートホテル、ゴルフコース、売春宿として倍増したマッサージ店など、豊かで有名な人々がそれら。彼らは順番にこの男を司法制度から守った。
そのような一人の指導者は、オレゴン州の田舎に彼のアシュラムを設置しました。

そこでは、ロールスロイスの車両が駐車されていました。最終的には、原理主義者や他のグループからの圧力を受けて、この教祖は追放され、彼の衣装は政府によって閉鎖された。彼のプライベートジェットも押収され、彼は非常にひどく治療され、後で解放された刑務所に入れられた。インドに帰国した直後、彼は非常に健康だったが、未知の理由で死亡した。彼の追随者は、米国で刑務所にいる間中毒したが、これは決して実証されていないと言います。

私の妻と私が南インドを訪れて多くの寺院を訪れていた時、私たちはガイドに警告して、いつでも彼らに尋ねる寺院に名前と住所を知らせないようにしました。彼らはあなたの住所を取得すると、彼らは切手と封筒を使い果たすまで、常に寄付のためにあなたを嫌うでしょう。

ラクナウのラマ・クリシュナ・ミッションに滞在している間に私が会った少女たちは、彼らがそれを手に入れるまで私の住所を私のために悩ませ続けました。それから、私は彼らの使命とプロジェクトのために私から寄付を要求し始め、答えを得ることを拒否しました。私はそれらを無視しました。無限の指導者とその信者が、宗教と霊的助言の名のもとに絶えず寄付と贈り物を要求しています。ある人は、金銭を徴収して正義に至るまで、豊かな生活スタイルで生きることができます。

私はいつも偽のサドゥア、指導者、自己スタイルの救世主を警戒してきましたが、まだ彼らは念のために試しています。私の故郷にあるそのようなグループの1つは、寄付金として現金を持って来る新しい新兵を得なければ、カルトが生き残ることができないので、新しいメンバーを彼らのカルトに追求することが切望されていました。彼らは私が最終的に何が起こったのか分からないので、あまりにも頑張った後でも15人以上を得ることができませんでした。昔のメンバーはひとりひとりに死んでしまった。誰もそのような教師と彼のカルトに興味を持たないようだったので、おそらく少なくとも私たちの街からは枯れていただろう。

今では技術者がハイテクになり、Facebook、Twitterで独自の無料ウェブページを持ち、常に寄付ボタンとPayPalボタンで自分のブログサイトを運営しています。彼らはまた、あらゆる種類のクレジットカードを受け入れているので、10年前にも不可能だった方法で技術を最大限に活用しています。

これは私に虚偽の元の問題に戻る。なぜcomモン族は故意に、そしてしばしば昆虫のようにこれらの捕食性のクモの罠に落ちるでしょうか?なぜ普通の人が常識を失って、これらの疑わしい宗派や宗教に加わって、これらの偽の達人が自分自身を豊かにするのでしょうか?なぜ彼らはこれらの指導者の逮捕を無視し、依然として彼らに対する忠誠を宣言していますか?彼らは、女性の虐待、詐欺的なビジネス取引、および不道徳な性格と彼に投票することで知られている屈強な政治家に彼らの忠誠心を宣言している普通の教育を受けていない人々とはまったく違っていますか?おなじみのようですか?私はそれが、この飢餓のためか、哀れな人生に欠けている人のためであると思います。

すべての種類の飢えの中で、霊的な飢餓は、人々がそれを満たすためにあらゆる長さに行く最も強力なものです。南アメリカのガイアナでジョーンズタウン虐殺の事件を覚えていますか?それはおそらく大規模な脳の洗浄の極端なケースですが、モラは積極的にそのような活動に従事しており、宗教の名の下にテロリズムを巻き込んで大混乱を引き起こす若者を訓練しています。フィリピンでは、メアリーの像をどこかに置いて、ヤギの血を目に入れて待っている詐欺師を見つけるのはかなり一般的です。まもなく、ママ・マリアは血の涙を流すので、人々は食べ物とお金を持ってくるようになります。

これらの詐欺師が常時監視している寄付箱が近くにある寄付箱が常にあります。インドでは、ガネーシュが牛乳を飲んでいるのとはまったく変わりません。このような偽のニュースは、ソーシャルメディアを通して急速に広がっています。私の故郷で私が知っていた特定の詐欺は本当に天才の詐欺師の仕事であり、彼の白い髪はインドのすべてのゲーテやマハバラットで見つけられると言っていました。

もし真実が証明されれば、彼の信者は次の住所にお金を送って感謝の意を表します。だから、人々はゲータやマハーバラートで白髪の束を探し始めました。白い髪の年老いた人たちが聖書に紐を見つけるのはまれではないことに気づいていない人が多くいました。そのような人々は、これらの詐欺師の主要な支持者です。私たち全員が髪を絶えず流していることを知っていないのですか?このブログの私の目的は、このような偽の看護師やお金を節約するために外に出ている不道徳な人たちの話を、それ。あるものの、ほとんどは捕まえられません。宗教と専門家の主題は、間違った行為の確かな証拠がない限り、当局が常に彼らの周りに先んじるような敏感な主題です。これらの偽の指導者を特定するのはむしろ簡単です。

ロレックスの時計、特許の洗練されたレザーシューズ、高価なSUVを見てみましょう。彼らはすべて賞賛者によって支払われると言いますが、それは明らかに男性の性格を示しています。インドでは尋ねたことのない偉大な精神的指導者誰からも何でも彼らは貧困の生活を送ったが、彼らの教えによって世界を豊かにした。人々は彼らのために寺院を建て、崇拝して本を読んでいます。本当の霊的指導者が無私であること、貧困の人生を生きて誰にも尋ねないことを学んだので、人々はそれを尊敬します。彼らが提供しているのは霊的指導だけです。なぜ同じ人々が彼らの常識を失い、偽の指導者に従うのですか?私はそれは、これらの指導者が説教をする上で持っている少しのカリスマ性とぎりぎりの流暢さと関係していると思います。

どういうわけか、普通の人に印象を与えるだけで十分であり、その人々は、お金を寄付することによってどのように感銘を受けているかを示します。テレビ番組を毎日運営し、たくさんのお金で熊手をかけているテレ・エバンジェリストたちと同じことです。これらの詐欺には利点があります。彼らは彼らの説教を書く人を雇い、それから誰かがカメラの範囲を守っているテレプロンプターやキューカードを使ってそれを読んでいます。

そして、彼らは病気と不自由な人たちのふりをして群衆を満たし、これらの詐欺師は、群衆の中にいる他の詐欺師に捕らえられるように指で触れると落ちるので、最後の詳細まで管理されるすべての段階です。しかし、視聴者はそれを知っているのか、それとも彼らが犯されていると信じていますか?彼らはしません。あなたは、テレビの前に座っていて、スクリーン上に手のひらを置いて、説教者が発信していると思われる「良い気分を吸収する」ための古い女性を見るでしょう。

テレのコンピュータを保守していた人の話を知っていますどこの教会の伝道者でも、ドナーの名前と送った金額がすべて記録されていました。このチャップは、コンピュータの専門家であって、財布から何らかの金額を自動的に吸い取り、どこかの口座に送ったプログラムでした。それは検出するのが難しい方法で行われましたが、何とか彼は捕らえられて仕事から解雇されました。しかし、彼は長い間、そのような事態のために自分自身を準備していたので、秘書が名前をタイプしたときに起動された秘密のプログラムをコンピュータに挿入した

彼女がそれらを登録するために受け取った封筒に。 彼がしたのは、プログラムが認可した名前で封筒を郵送してプログラムを起動し、ドナーの名前と住所をハードドライブからすべて削除したことだけでした。ドナーのリストとすべての過去の口座なしでできることを想像してください 彼らが受け取ったお金のことですか? それは陽気だった。

私はそれが本当のストーリーであったことを願っています。誰かがあなたを詐欺している時を知るためにあなたの常識を使わなければなりません。 しかし、あなたが精神的に飢えているなら、あなたは何人かの人々があなたを利用して、あなたの苦労したお金を分け与えることを確信させることができます。 誰もあなたに常識を掘り下げることはできません。 あなたはそれを持っているかしていない。

 

 

 

Nise no shidō-sha shutten: Gūguru no shashin sutoresu to fuan ni michita kyō no kurutta kyōsō no hageshī sekaide wa, hitobito wa vu~aruharra ni kakaku o yakusoku shi,-sō suru koto ni ōkina rieki o eru koto o yakusoku suru nise no seishin-teki shidō-sha o yōsei suru reiteki shidō ni uete iru. Karera wa sekaijū no kinoko no yō ni hatsuga shite imasuga, kikō ga kōtsugōna tokorode wa motto sōdesu.

Kore wa, kyōiku, hinkon, zetsubō-tekina seikatsu no tei reberu to kankei shite iru hito mo imasu. Aru hito wa, arayuru shurui no seishin-tekina tasuke o kakaku de teikyō suru nise no shidō-sha ni, saikin, kare no tsuizui-sha kara shūshū shita menzei-kin o tsukatte teikoku o kizuki, toyūsō no seikatsu o okutte ita Indo de taiho sa re, kono hito ni taishite jiken o teiki shita tasū no josei o gōkan shi,.

Shikashi, koreha koritsu shita kēsude wa arimasen. Watashi wa, Beikokude wa, baishunpu ga baishunpu ni yoishirete,-sei-teki gyakutai o ukete gyakutai o uketa toyūsō no jinsei o okutte ita jiken o oboete imasu. Katorikku no shisai to shūdō on’na ga, shōniseiai-shadearu koto ga hanmei shite ori, samazamana kuni no tōkyoku ni hōkoku sa rete ori, sorera no ichibu o sotsui shi, hoka no kēsude wa forōappu shite iru nagai risuto ga arimasu.

Katorikku kyōkai wa, saibansho ni soshō o okosa seru tame ni gisei-sha-tachi ni bōdaina kingaku o haratte kitaga, kono yōna koto wa, Bachikan no shōniseiai ni taisuru kibishī shisei nimokakawarazu, doko ni demoaru. Indo wa, bijinesu to shite hijō ni yūrina tame, nise no shidō-sha ga jū sū-meidearu kunidesu. Ashuramu o setchi shi, shōsū no senden panfuretto o kaite, hitobito no ma de haifu shi, matsu dakedesu. Karera wa senden no shigoto o shi, sakkyū ni subete no zeikin o harau koto o kaishi suru senri-hin o wakachi au ikutsu ka no kyōhan-sha o hitsuyō to suru.

Fuhō ni tochi o senryō shi, shūkyō hata o kizuki, isshu no jiin o tate, ōkina kenkin bokkusu o nankinjō to ue ni suritto o oite oku no ga ippan-tekidesu. Karera wa shūkyō no nise no kyōso to kankei shite iru ka dō ka ni kakawarazu, karera ga senryō shite iru tochi kara karera o oidasu koto wa dekimasen. Okane ga ryūnyū suruto sugu ni, karera wa kakudai o kaishi shi, ihō ni shutoku shita mono o hogo suru tame ni, yori ōku no tatemono to takai kabe o kōchiku shimasu.

Kore wa, Panjabu-shū no nisemono-tachi ga bijinesu o hajime, nanbyakunen mo no ma ni 900 ēkā ijō no tochi ni kakudai shite 5-ken no sutātohoteru, gorufukōsu, baishun yado to shite baizō shita massāji-ten nado, yutakade yūmeina hitobito ga sorera. Karera wa junban ni kono otoko o shihō seido kara mamotta. So no yōna hitori no shidō-sha wa, Oregon-shū no inaka ni kare no ashuramu o setchi shimashita. Sokode wa, rōrusuroisu no sharyō ga chūsha sa rete imashita.

Saishūtekini wa, genri shugi-sha ya hoka no gurūpu kara no atsuryoku o ukete, kono kyōso wa tsuihō sa re, kare no ishō wa seifu ni yotte heisa sa reta. Kare no puraibētojetto mo ōshū sa re, kare wa hijō ni hidoku chiryō sa re,-go de kaihō sa reta keimusho ni haire rareta. Indo ni kikoku shita chokugo, kare wa hijō ni kenkōdattaga, michi no riyū de shibō shita. Kare no tsuizui-sha wa, Beikoku de keimusho ni iru ma chūdoku shitaga, kore wa kesshite jisshō sa rete inai to iimasu.

Watashi no tsuma to watashi ga minamiindo o otozurete ōku no jiin o otozurete ita toki, watashitachiha gaido ni keikoku shite, itsu demo karera ni tazuneru jiin ni namae to jūsho o shirasenai yō ni shimashita. Karera wa anata no jūsho o shutoku suru to, karera wa kitte to fūtō o tsukaihatasu made, tsuneni kifu no tame ni anata o kiraudeshou. Rakunau no rama kurishuna misshon ni taizai shite iru ma ni watashi ga atta shōjo-tachi wa, karera ga sore o teniireru made watashi no jūsho o watashi no tame ni nayama se tsudzukemashita.

Sorekara, watashi wa karera no shimei to purojekuto no tame ni watashi kara kifu o yōkyū shi hajime, kotae o eru koto o kyohi shimashita. Watashi wa sorera o mushi shimashita. Mugen no shidō-sha to sono shinja ga, shūkyō to reiteki jogen no na no moto ni taezu kifu to okurimono o yōkyū shite imasu. Aru hito wa, kinsen o chōshū shite seigi ni itaru made, yutakana seikatsu sutairu de ikiru koto ga dekimasu. Watashi wa itsumo nise no sado~ua, shidō-sha, jiko sutairu no kyūseishu o keikai shite kimashitaga, mada karera wa nen’notame ni tameshite imasu.

Watashi no furusato ni aru so no yōna gurūpu no 1tsu wa, kifu-kin to shite genkin o motte kuru atarashī shinpei o enakereba, karuto ga ikinokoru koto ga dekinainode, atarashī menbā o karera no karuto ni tsuikyū suru koto ga setsubō sa rete imashita. Karera wa watashi ga saishūtekini nani ga okotta no ka wakaranainode, amarini mo ganbatta nochi demo 15-ri ijō o eru koto ga dekimasendeshita. Mukashi no menbā wa hitorihitori ni shinde shimatta.

Dare mo sono yōna kyōshi to kare no karuto ni kyōmi o motanai yōdattanode, osoraku sukunakutomo watashitachi no machi kara wa karete itadarou. Ima dewa gijutsu-sha ga haiteku ni nari, feisubukku, tsuittā de dokuji no muryō u~ebupēji o mochi, tsuneni kifu botan to peiparu botan de jibun no burogusaito o un’ei shite imasu. Karera wa mata, arayuru shurui no kurejittokādo o ukeirete irunode, 10-nen mae ni mo fukanōdatta hōhō de gijutsu o saidaigen ni katsuyō shite imasu.

Kore wa watashi ni kyogi no gen no mondai ni modoru. Naze komuMon-zoku wa koi ni, soshite shibashiba konchū no yō ni korera no hoshokuseino kumo no wana ni ochirudeshou ka? Naze futsūnohito ga jōshiki o ushinatte, korera no utagawashī shūha ya shūkyō ni kuwawatte, korera no nise no tatsujin ga jibun jishin o yutaka ni suru nodeshou ka? Naze karera wa korera no shidō-sha no taiho o mushi shi, izentoshite karera ni taisuru chūsei o sengen shite imasu ka?

Karera wa, josei no gyakutai, sagi-tekina bijinesu torihiki,oyobi fudōtokuna seikaku to kare ni tōhyō suru koto de shira rete iru kukkyōna seijika ni karera no chūsei kokoro o sengen shite iru futsū no kyōiku o ukete inai hitobito to wa mattaku chigatte imasu ka? Onajimi no yōdesu ka? Watashi wa sore ga, kono kiga no tame ka, awarena jinsei ni kakete iru hito no tamedearu to omoimasu.

Subete no shurui no ue no naka de, reitekina kiga wa, hitobito ga sore o mitasu tame ni arayuru naga-sa ni iku mottomo kyōryokuna monodesu. Minami Amerika no Gaiana de jōnzutaun gyakusatsu no jiken o oboete imasu ka? Sore wa osoraku ōkibona nō no senjō no kyokutan’na kēsudesuga, mora wa sekkyokutekini sono yōna katsudō ni jūji shite ori, shūkyō no na no shita ni terorizumu o makikonde dai konran o hikiokosu wakamono o kunren shite imasu.

Firipinde wa, mearī no zō o doko ka ni oite, yagi no chi o me ni irete matte iru sagi-shi o mitsukeru no wa kanari ippan-tekidesu. Mamonaku, mama Maria wa chi no namidawonagasunode, hitobito wa tabemono to okane o motte kuru yō ni narimasu. Korera no sagi-shi ga jōji kanshi shite iru kifu-bako ga chikaku ni aru kifu-bako ga tsuneni arimasu. Indode wa, ganēshu ga gyūnyū o nonde iru no to wa mattaku kawarimasen. Ko no yōna nise no nyūsu wa, sōsharumedia o tōshite kyūsoku ni hirogatte imasu.

Watashi no furusato de watashi ga shitteita tokutei no sagi wa hontōni tensai no sagi-shi no shigotodeari, kare no shiroi kami wa Indo no subete no gēte ya mahabaratto de mitsuke rareru to itte imashita. Moshi shinjitsu ga shōmei sa rereba, kare no shinja wa tsugi no jūsho ni okane o okutte kansha no i o arawashimasu. Dakara, hitobito wa gēta ya mahābarāto de shiraga no taba o sagashi hajimemashita. Shiroi kami no toshioita hito-tachi ga seisho ni himo o mitsukeru no wa marede wanai koto ni kidzuite inai hito ga ōku imashita.

So no yōna hitobito wa, korera no sagi-shi no shuyōna shiji-shadesu. Watashitachi zen’in ga kami o taezu nagashite iru koto o shitte inai nodesu ka? Kono burogu no watashi no mokuteki wa, kono yōna nise no kankoshi ya okane o setsuyaku suru tame ni soto ni dete iru fudōtokuna hito-tachi no hanashi o, sore. Aru mono no, hotondo wa tsukamae raremasen.

Shūkyō to senmonka no shudai wa, machigatta kōi no tashikana shōko ga nai kagiri, tōkyoku ga tsuneni karera no mawari ni sakinjiru yōna binkan’na shudaidesu. Korera no nise no shidō-sha o tokutei suru no wa mushiro kantandesu. Rorekkusu no tokei, tokkyo no senrensareta rezāshūzu, kōkana SUV o mite mimashou. Karera wa subete shōsan-sha ni yotte shiharawa reru to iimasuga, sore wa akiraka ni dansei no seikaku o shimeshite imasu.

Indode wa tazuneta koto no nai idaina seishin-teki shidō-sha dareka-ra mo nani demo karera wa hinkon no seikatsu o okuttaga, karera no oshie ni yotte sekai o yutaka ni shita. Hitobito wa karera no tame ni jiin o tate, sūhai shite hon o yonde imasu. Hontō no reiteki shidō-sha ga mushidearu koto, hinkon no jinsei o ikite darenimo tazunenai koto o manandanode, hitobito wa sore o sonkei shimasu. Karera ga teikyō shite iru no wa reiteki shidō dakedesu.

Naze onaji hitobito ga karera no jōshiki o ushinai, nise no shidō-sha ni shitagau nodesu ka? Watashi wa sore wa, korera no shidō-sha ga sekkyō o suru ue de motte iru sukoshi no karisuma-sei to girigiri no ryūchō-sa to kankei shite iru to omoimasu. Dō iu wake ka, futsūnohito ni inshō o ataeru dakede jūbundeari, sono hitobito wa, okane o kifu suru koto ni yotte dono yō ni kanmei o ukete iru ka o shimeshimasu. Terebibangu o mainichi un’ei shi, takusan no okane de kumade o kakete iru Tere ebanjerisuto-tachi to onaji kotodesu.

Korera no sagi ni wa riten ga arimasu. Karera wa karera no sekkyō o kaku hito o yatoi, sorekara darekaga kamera no han’i o mamotte iru terepuronputā ya kyūkādo o tsukatte sore o yonde imasu. Soshite, karera wa byōki to fujiyūna hito-tachi no furi o shite gunshū o mitashi, korera no sagi-shi wa, gunshū no naka ni iru ta no sagi-shi ni torae rareru yō ni yubi de fureru to ochirunode, saigo no shōsai made kanri sa reru subete no dankaidesu.

Shikashi, shichō-sha wa sore o shitte iru no ka, soretomo karera ga okasa rete iru to shinjite imasu ka? Karera wa shimasen. Anata wa, terebi no mae ni suwatte ite, sukurīn-jō ni tenohira o oite, sekkyō-sha ga hasshin shite iru to omowa reru `yoi kibun o kyūshū suru’ tame no furui josei o mirudeshou. Tere no konpyūta o hoshu shite ita hito no hanashi o shitte imasu doko no kyōkai no dendō-sha demo, donā no namae to okutta kingaku ga subete kiroku sa rete imashita.

Kono chappu wa, konpyūta no senmonkadeatte, saifu kara nanrakano kingaku o jidōtekini suitori, doko ka no kōza ni okutta puroguramudeshita. Sore wa kenshutsu suru no ga muzukashī hōhō de okonawa remashitaga, nantoka kare wa torae rarete shigoto kara kaiko sa remashita. Shikashi, kare wa nagaiai, sono yōna jitai no tame ni jibun jishin o junbi shite itanode, hisho ga namae o taipu shita toki ni kidō sa reta himitsu no puroguramu o konpyūta ni sōnyū shitaKanojo ga sorera o tōroku suru tame ni uketotta fūtō ni.

Kare ga shita no wa, puroguramu ga ninka shita namae de fūtō o yūsō shite puroguramu o kidō shi, donā no namae to jūsho o hādodoraibu kara subete sakujo shita koto dakedeshita. Donā no risuto to subete no kako no kōza nashi de dekiru koto o sōzō shite kudasai karera ga uketotta okane no kotodesu ka? Sore wa yōkidatta. Watashi wa sore ga hontō no sutōrīdeatta koto o negatte imasu. Darekaga anata o sagi shite iru toki o shiru tame ni anata no jōshiki o tsukawanakereba narimasen.

Shikashi, anata ga seishintekini uete irunara, anata wa nan’ninka no hitobito ga anata o riyō shite, anata no kurō shita okane o wakeataeru koto o kakushin sa seru koto ga dekimasu. Dare mo anata ni jōshiki o horisageru koto wa dekimasen. Anata wa sore o motte iru ka shite inai.

Bliss of forgiveness ( in Japanese)

7f569d3ede762b2701fc58472244268f--divinity-school-teachings-of-buddha (1)

Source : Google photo

私は、教皇ヨハネ・パウロ2世がトルーマ人の銃撃者に撃たれたことを賞賛しました。彼は間違いなく、イスラム教徒に対する過激な教皇のために彼を連れて行ったのです。幸運なことに、教皇は優れた施設と外科技術を持った素早い思考の医師によって救われました。教皇が静かにそれを取った方法であり、回復後に彼の暗殺者と会うために刑務所に行き、彼を祝福し、彼を許した後、全世界を驚かせた。私は信じられない信念のために殺そうとしていた教皇によって、彼が罪を犯した罪を犯したと信じています。

私は、敵対者に対するこの共感と、間違った行為を誰かが許してもらう意思が、何よりも報復に頼っている他の人とは離れていると考えています。イエスは、ある人があなたの頬を叩いている場合は、同情と許しを示すもう一つの頬を彼に与えてくださいと言っていました。悪意の反省と自己実現は、良心を持っている人に非常に強い影響を与えます。

しかし現実の世界では、誤った信念という名のついた恐ろしいことを人々がしばしば見て、正しい方向に導くことができる良心はまったくありません。 Malala Yousafzaiの暗殺者に、なぜ学校に行きたいだけの美しい無慈悲な女の子を撃ったのか尋ねてみてください。タリバンに、なぜ女の子たちが教育を受けるべきではないという誤った信念の名の下、彼らが子供を殺して学校を爆破するのか尋ねるだけです。他の人の自由を奪う権利を誰に与えるのか?
私は思いやりのある心を持ち、間違っている人たちに容易に赦し、慈悲を示す人々に賞賛します。慈悲と赦しは、他の人の邪悪を容認するものと解釈されるべきではありません。

イエスは、借りたサメの借金を神殿に託すことなく、それに対して戦いました。彼はいたるところで不公平と戦って、ローマ人の圧制の残忍さに立ち向かいましたが、彼はまた思いやりの心を持っていて、ユダは彼を裏切って彼の十字架に導いたのです。
この世界には、あなたを傷つけ、あなたを欺いたり、あなたを利用したり、理由なしにあなたに悪意を与えたり、あなたを奪ったり、少数の硬貨のためだけにあなたを殺そうとする悪質な人々がいっぱいです。 1人の警察官が最近フィリピンで爪楊枝で紛争を起こした男を殺した。男は駐車場の紛争で妊娠した女性を死亡させた。

私は個人的に私が重大な危険にさらされてしまうような心配が全くなかった未知の人たちを利用してきましたが、幸いにも私は生き残りました。かつてフランクフルト空港にいたとき、空港警備員が私に頼まれていなかったことがあるかどうか私に尋ねたとき、空港警備員は非常に緊張しました。私はフィリピンに運ぶために誰かから私に与えられたパッケージを持っていたと言った。

彼女はその後、何が入っているかを見るためにパッケージを開くように私に頼んだ。私は非常に貧しい品質のニンニクやレモンなどを私が捨て去ったことに非常に驚きました。誰がフィリピンに良質なガーリックやレモンを持っているのですか?私は無実であり、しばしば多くの考えをせずに他人に恩恵を与えているので、私は最初のパッケージを受け入れるほど愚かであったと思うが、その経験は私にいくつかの教訓を教えたので今私は拒否する。

そのような経験を通じて、非常にしっかりと言うことを学び、そのような人々を将来的に避けなければならないが、しばしば、あなたがどんなに頑張っても避けられない人々に会うだろう。彼らはあなたのクラスメートかもしれません。彼らはあなたのオフィスワーカーまたはあなたの隣人かもしれません。彼らはあなたの親戚でさえ、一番難しい人であるかもしれません。

私はここで読む価値があるかもしれない1つのブログの有毒な人々について書いている。
しかし、今日、私は全世界が尊敬し、誰が聖人と宣言されるかもしれないのかを教えてくれた教皇の模範を書いていますが、私たちは教皇ではありません。私たちは人生で間違っている人たちを許す能力がない普通の人です。裁判所は、誰かがいつも愚かなことを誰かに訴えているので、より深刻な事件を解決するために費やすことができる貴重な裁判所の時間を縛るケースがいっぱいです。

私たちは、他者、彼らの信念と宗教に寛容です。私たちは、他の文化、他の人種、他人の民族性、その他の食べ物、衣服、さらには言語までも容認しません。この不耐性は、最近私たちが好きではなく、最近ラスベガスのような大量の銃撃戦で多くの結果を出す他の人たちに対する軽蔑を生むものです。このような劇的な措置を講じるのは、怒りの表れです。
尋ねる質問は、なぜ私たちはしばしば非常に怒って、何について怒っているのですか?何が私たちを他の人よりも優れていると感じさせ、どのように優れているのか?私はしばしば、この独善的な優越感を見て、他人に嫌われ始める人々の間で感じました。

車の事故で負傷した女性を助けて、ハイチの汚れた病院で治療していたよりも世話をしてくれた時、私たちはアメリカの宣教師から、なぜ私たちが未知の人私たちに。私は宣教師がイエスのために設定した例に従うことになっていたと思っていましたが、私は彼らの宗教的信仰によって欺かれました。

私は人生が非常に短いことを理解するようになりました。何らかの方法で間違ってしまった人々によって引き起こされた気分の重い負荷を運ぶ価値がないので、すべてをダンプする方法を見つけました私たちの悪い経験とそれらを許してください。特に、あなたが無罪で悪質な人たちによって被害を受けたときに、このぎこちなく連続的な傷害から解放されるのは良い気持ちです。ヒンディー語の歌があります。私は歌手が、聖人の会社を常に守り、悪い人たちがあなたを助けて、悪い人たちがあなたを助けて、より良い人になるのを助けるために、平穏の生活:仏陀は2500年前、人類の欲望、貪欲、欲望、そしてすべての病気から平和と自由を得るために、平等の生活を生きようと試みるべきだと説いた。

彼が意味することは何も本当に良い値と善行を除いて生活の中で重要ないということでした。人間が欲望を解放することができれば、彼は自由になり、この世において平和を達成する。お金、車、ジュエリー、大きな家、快適性、優れた食べ物、華麗な服などは、決して終わらない欲望の結果です。彼らは幸福をもたらすと思っているが、間違っていると考える物質的なもので人生を埋めようとする不幸を生み出す不幸を生む。

ヒットニー・ヒューストンは豊かで有名で豪華な家庭に住んでいたが、友人はなく、過度に死に過ぎた薬単独であなたは物質的なものに囲まれているかもしれませんが、それはあなたに友人を連れて来ないので、まだ孤独を感じます。あなたの友人であると主張する人は、彼らがそれを利用したい富に惹かれるだけだから、裕福な人には、破産のために貧しい人になってしまうような “友人”がたくさんいる.Swami Vivekanandaも同じことを言って私たちはこの世界に裸で来て、私たちのシャツだけを持っているので、私たちが一生懸命に奪うものは残されています。彼はある日は素敵なベッドを与えられましたが、彼はまた木の下で眠って、頻繁に空腹になりました。それは彼と全く同じだった。それは平等の人生の真の意味です。

私たちはすべて欲望に満ちていて、どんな費用でもその欲望を果たされたいので、言うことは簡単ですが、実生活では非常に難しいです。私たちが住んでいる素材文化は、テレビやメディアで常に宣伝されている重要なものに対するこの欲求を教えてくれます。インドには、このブランドのテレビを持っていないという理由だけで緑の悪魔が人を嫉妬させるテレビ広告がありました。あなたはいつか平穏の生活を送っていると想像できますか?あなたは人生で本当に重要なことは何もないと言って、物質的なものがなければ生きて幸せになれるということを想像できますか?

あなたは飢えを止めるのと同じ目的を果たすので、良い食べ物と普通の食べ物はまったく同じだと言うことができますか?あなたは裸足をカバーするだけなので、派手なデザイナーの服や普通の秒針の綿の服はすべて同じであると言うことができますか?私はすべてが私たちの育成の産物であるため、普通の人々が平穏の生活を送ることは非常に難しいことを知っています、環境と文化のように、子供の頃から私たちの脳に欲望が結びついていて、後の人生では容易に解けることができません。

しかし私はまた、ブッダとヴィヴェカナンダは、私たちが平穏の状態に到達し、私たちが望む平和に近づけるシンプルな人生を送るように努めなければならないと言っているのは正しいと考えています。そこに着くための一つの方法は、私たちが虚弱な肩に負う重い負担を取り除くことです。

これは、悪人たちがその行為や言葉によって引き起こした傷つき感情の負担です。そのような人々を許すことは容易ではありませんが、結果は言葉では説明できない救済です。この救済だけで、平和と静けさがもたらされ、それは人生には不可欠です。感傷的な理由で自分のことを取り除くことができないと言っている人には、残念です。美しくても家具や家には付けないでください。あなたの人生に喜びをもたらす人のためのものでなければなりません。

彼らは歌手が歌った聖人です。彼らは見つけにくいが、彼らはそこにいる。あなたはそれらを見つけて一度見つけたことを覚えていればいいだけです。彼らは、平等の人生に生きることに大きな喜びがあることを教えてくれるでしょう。それは蝶のようにあなたの魂を解放し、あなたはそれのように飛躍し始めるでしょう。

 

Watashi wa, kyōkō Yohane Pauro 2-sei ga torūma hito no jūgeki-sha ni uta reta koto o shōsan shimashita. Kare wa machigainaku, Isuramu kyōto ni taisuru kagekina kyōkō no tame ni kare o tsurete itta nodesu. Kōun’na koto ni, kyōkō wa sugureta shisetsu to gekagijutsu o motta subayai shikō no ishi ni yotte sukuwa remashita.

Kyōkō ga shizuka ni sore o totta hōhōdeari, kaifuku-go ni kare no asashin to au tame ni keimusho ni iki, kare o shukufuku shi, kare o yurushita nochi, zen sekai o odoroka seta. Watashi wa shinjirarenai shin’nen no tame ni korosou to shite ita kyōkō ni yotte, kare ga tsumi o okashita tsumi o okashita to shinjite imasu. Watashi wa, tekitai-sha ni taisuru kono kyōkan to, machigatta kōi o darekaga yurushite morau ishi ga, naniyori mo hōfuku ni tayotte iru hokanohito to wa hanarete iru to kangaete imasu.

Iesu wa, aru hito ga anata no hoho o tataite iru baai wa, dōjō to yurushi o shimesu mōhitotsu no hoho o kare ni ataete kudasai to itte imashita. Akui no hansei to jiko jitsugen wa, ryōshin o motte iru hito ni hijō ni tsuyoi eikyō o ataemasu. Shikashi genjitsu no sekaide wa, ayamatta shin’nen to iu na no tsuita osoroshī koto o hitobito ga shibashiba mite, tadashī hōkō ni michibiku koto ga dekiru ryōshin wa mattaku arimasen.

Malala Yousafzai no asashin ni, naze gakkō ni ikitai dake no utsukushī mujihina on’nanoko o utta no ka tazunete mite kudasai. Tariban ni, naze on’nanoko-tachi ga kyōiku o ukerubekide wa nai to iu ayamatta shin’nen no na no shimo, karera ga kodomo o koroshite gakkō o bakuha suru no ka tazuneru dakedesu. Hokanohito no jiyū o ubau kenri o dare ni ataeru no ka? Watashi wa omoiyari no aru kokoro o mochi, machigatte iru hito-tachi ni yōi ni yurushi, jihi o shimesu hitobito ni shōsan shimasu.

Jihi to yurushi wa, hokanohito no jaaku o yōnin suru mono to kaishaku sa rerubekide wa arimasen. Iesu wa, karita same no shakkin o shinden ni takusu koto naku, sorenitaishite tatakaimashita. Kare wa itaru tokoro de fukōhei to tatakatte, rōma hito no assei no zan’nin-sa ni tachimukaimashitaga, kare wa mata omoiyari no kokoro o motte ite, Yuda wa kare o uragitte kare no jūjika ni michibiita nodesu.

Kono sekai ni wa, anata o kizutsuke, anata o azamui tari, anata o riyō shi tari, riyū nashi ni anata ni akui o atae tari, anata o ubattari, shōsū no kōka no tame dake ni anata o korosou to suru akushitsuna hitobito ga ippaidesu. 1-Ri no keisatsukan ga saikin Firipin de tsumayōji de funsō o okoshita otoko o koroshita. Otoko wa chūshajō no funsō de ninshin shita josei o shibō sa seta.

Watashi wa kojin-teki ni watashi ga jūdaina kiken ni sarasa rete shimau yōna shinpai ga mattaku nakatta michi no hito-tachi o riyō shite kimashitaga, saiwai ni mo watashi wa ikinokorimashita. Katsute Furankufuruto kūkō ni ita toki, kūkō anchisukiru ga watashi ni tanoma rete inakatta koto ga aru ka dō ka watashi ni tazuneta toki, kūkō anchisukiru wa hijō ni kinchō shimashita. Watashi wa Firipin ni hakobu tame ni dareka kara watashi ni atae rareta pakkēji o motte ita to itta.Kanojo wa sonogo, nani ga haitte iru ka o miru tame ni pakkēji o hiraku yō ni watashi ni tanonda.

Watashi wa hijō ni mazushī hinshitsu no nin’niku ya remon nado o watashi ga sutesatta koto ni hijō ni odorokimashita. Dare ga Firipin ni ryōshitsuna gārikku ya remon o motte iru nodesu ka? Watashi wa mujitsudeari, shibashiba ōku no kangae o sezu ni tanin ni onkei o ataete irunode, watashi wa saisho no pakkēji o ukeireru hodo orokadeatta to omou ga, sono keiken wa watashi ni ikutsu ka no kyōkun o oshietanode ima watashi wa kyohi suru.

So no yōna keiken o tsūjite, hijō ni shikkari to iu koto o manabi, sono yōna hitobito o shōrai-teki ni yokenakereba naranaiga, shibashiba, anata ga don’nani ganbattemo sakerarenai hitobito ni audarou. Karera wa anata no kurasumēto kamo shiremasen. Karera wa anata no ofisuwākā matawa anata no rinjin kamo shiremasen. Karera wa anata no shinsekide sae, ichiban muzukashī hitodearu kamo shiremasen.

Watashi wa koko de yomu kachi ga aru kamo shirenai 1tsu no burogu no yūdokuna hitobito ni tsuite kaite iru. Shikashi, kyō, watashi wa zen sekai ga sonkei shi, dare ga seijin to sengen sa reru kamo shirenai no ka o oshiete kureta kyōkō no mohan o kaite imasuga, watashitachiha kyōkōde wa arimasen. Watashitachiha jinsei de machigatte iru hito-tachi o yurusu nōryoku ga nai futsūnohitodesu.

Saibansho wa, darekaga itsumo orokana koto o dareka ni uttaete irunode, yori shinkokuna jiken o kaiketsu suru tame ni tsuiyasu koto ga dekiru kichōna saibansho no jikan o shibaru kēsu ga ippaidesu. Watashitachiha, tasha, karera no shin’nen to shūkyō ni kan’yōdesu. Watashitachiha, hoka no bunka, hoka no jinshu, tanin no minzoku-sei, sonohoka no tabemono, ifuku, sarani wa gengo made mo yōnin shimasen. Kono fu taisei wa, saikin watashitachi ga sukide wa naku, saikin Rasubegasu no yōna tairyō no jūgeki-sen de ōku no kekka o dasu hokanohito-tachi ni taisuru keibetsu o umu monodesu.

Ko no yōna gekitekina sochi o kōjiru no wa, ikari no arawaredesu. Tazuneru shitsumon wa, naze watashitachi wa shibashiba hijō ni okotte, nani ni tsuite okotte iru nodesu ka? Nani ga watashitachi o hokanohito yori mo sugurete iru to kanji sase, dono yō ni sugurete iru no ka? Watashi wa shibashiba, kono dokuzen-tekina yūetsu-kan o mite, tanin ni kirawa re hajimeru hitobito no ma de kanjimashita.

Kuruma no jiko de fushō shita josei o tasukete, Haichi no kegareta byōin de chiryō shite ita yori mo sewa o shite kureta toki, watashitachiha Amerika no senkyōshi kara, naze watashitachi ga michi no hito watashitachi ni. Watashi wa senkyōshi ga iesu no tame ni settei shita rei ni shitagau koto ni natte ita to omotte imashitaga, watashi wa karera no shūkyō-teki shinkō ni yotte azamuka remashita.

Watashi wa jinsei ga hijō ni mijikai koto o rikai suru yō ni narimashita. Nanrakano hōhō de machigatte shimatta hitobito ni yotte hikiokosa reta kibun no omoi fuka o hakobu kachi ga nainode, subete o danpu suru hōhō o mitsukemashita watashitachi no warui keiken to sorera o yurushitekudasai. Tokuni, anata ga muzai de akushitsuna hito-tachi ni yotte higai o uketa toki ni, kono gikochinaku renzoku-tekina shōgai kara kaihō sa reru no wa yoi kimochidesu. Hindī-go no uta ga arimasu.

Watashi wa kashu ga, seijin no kaisha o tsuneni mamori, warui hito-tachi ga anata o tasukete, warui hito-tachi ga anata o tasukete, yoriyoi hito ni naru no o tasukeru tame ni, heion no seikatsu: Budda wa 2500-nen mae, jinrui no yokubō, don’yoku, yokubō, soshite subete no byōki kara heiwa to jiyū o eru tame ni, byōdō no seikatsu o ikiyou to kokoromirubekida to toita. Kare ga imi suru koto wa nani mo hontōni yoi atai to zenkō o nozoite seikatsu no naka de jūyō nai to iu kotodeshita.

Ningen ga yokubō o kaihō suru koto ga dekireba, kare wa jiyū ni nari, konoyo ni oite heiwa o tassei suru. Okane,-sha, juerī, ōkina ie, kaiteki-sei, sugureta tabemono, kareina fuku nado wa, kesshite owaranai yokubō no kekkadesu. Karera wa kōfuku o motarasu to omotte iruga, machigatte iru to kangaeru busshitsu-tekina monode jinsei o uzumeyou to suru fukō o umidasu fukō o umu. Hittonī hyūsuton wa yutakade yūmeide gōkana katei ni sunde itaga, yūjin wa naku, kado ni shini sugita kusuri tandoku de anata wa busshitsu-tekina mono ni kakoma rete iru kamo shiremasenga, sore wa anata ni yūjin o tsurete konainode, mada kodoku o kanjimasu.

Anata no yūjindearu to shuchō suru hito wa, karera ga sore o riyō shitai tomi ni hika reru dakedakara, yūfukuna hito ni wa, hasan no tame ni mazushī hito ni natte shimau yōna” yūjin” ga takusan iru. Swami Vivekananda mo onaji koto o itte watashitachiha kono sekai ni hadaka de kite, watashitachi no shatsu dake o motte irunode, watashitachi ga isshōkenmei ni ubau mono wa nokosa rete imasu. Kare wa aru hi wa sutekina beddo o atae raremashitaga, kare wa mata konoshita de nemutte, hinpan ni kūfuku ni narimashita. Sore wa kare to mattaku onajidatta.

Sore wa byōdō no jinsei no shin no imidesu. Watashitachiha subete yokubō ni michite ite, don’na hiyō demo sono yokubō o hatasa retainode, iu koto wa kantandesuga, jisseikatsude wa hijō ni muzukashīdesu. Watashitachi ga sunde iru sozai bunka wa, terebi ya media de tsuneni senden sa rete iru jūyōna mono ni taisuru kono yokkyū o oshiete kuremasu. Indo ni wa, kono burando no terebi o motteinai to iu riyū dake de midori no akuma ga hito o shitto sa seru terebi kōkoku ga arimashita.

Anata wa itsuka heion no seikatsu o okutte iru to sōzō dekimasu ka? Anata wa jinsei de hontōni jūyōna koto wa nani mo nai to itte, busshitsu-tekina mono ga nakereba ikite shiawase ni nareru to iu koto o sōzō dekimasu ka? Anata wa ue o tomeru no to onaji mokuteki o hatasunode, yoi tabemono to futsū no tabemono wa mattaku onajida to iu koto ga dekimasu ka?

Anata wa hadashi o kabā suru dakenanode, hadena dezainā no fuku ya futsū no byōshin no wata no fuku wa subete onajidearu to iu koto ga dekimasu ka? Watashi wa subete ga watashitachi no ikusei no sanbutsudearu tame, futsūnohitobito ga heion no seikatsu o okuru koto wa hijō ni muzukashī koto o shitte imasu, kankyō to bunka no yō ni, kodomo no koro kara watashitachi no nō ni yokubō ga musubitsuite ite,-go no jinseide wa yōi ni tokeru koto ga dekimasen.

Shikashi watashi wa mata, budda to vu~ivu~ekananda wa, watashitachi ga heion no jōtai ni tōtatsu shi, watashitachi ga nozomu heiwa ni chikadzukeru shinpuruna jinsei o okuru yō ni tsutomenakereba naranai to itte iru no wa tadashī to kangaete imasu. Soko ni tsuku tame no hitotsu no hōhō wa, watashitachi ga kyojakuna kata ni ou omoi futan o torinozoku kotodesu. Kore wa, akunin-tachi ga sono kōi ya kotoba ni yotte hikiokoshita kizutsuki kanjō no futandesu. So no yōna hitobito o yurusu koto wa yōide wa arimasenga, kekka wa kotobade wa setsumei dekinai kyūsaidesu.

Kono kyūsai dake de, heiwa to shizukesa ga motarasa re, soreha jinsei ni wa fukaketsudesu. Kanshō-tekina riyū de jibun no koto o torinozoku koto ga dekinai to itte iru hito ni wa, zan’nendesu. Utsukushikute mo kagu ya ie ni wa tsukenaide kudasai. Anata no jinsei ni yorokobi o motarasu hito no tame no monodenakereba narimasen. Karera wa kashu ga utatta seijindesu.

Karera wa mitsuke nikuiga, karera wa soko ni iru. Anata wa sorera o mitsukete ichido mitsuketa koto o oboete ireba ī dakedesu. Karera wa, byōdō no jinsei ni ikiru koto ni ōkina yorokobi ga aru koto o oshiete kurerudeshou. Sore wa chō no yō ni anata no tamashī o kaihō shi, anata wa sore no yō ni hiyaku shi hajimerudeshou.

In the name of progress(in Japanese)

tumblr posts

進行の名前で
homepage-banner-tomatoes

出典:農産物を持つ幸せな子供たちのGoogle写真

私は夕方に熱心に待っていた私たちの狭い車線に、タフィー、キャンディー、おもちゃ、またはおいしいスナックを使った多くの小さな売り手と商人を覚えています。彼らは歌の歌で彼らの製品のメリットを歌ったり、注目を集めるために彼らが鳴らした鐘を持っていました。
彼らのタフィーやキャンディーは1ペニーしかかからず、赤い縞模様のキャンディーをあなたのために鳥や動物の形にして、それを藁の上に貼り付けます。

しかし、私たちが一番気に入ったのは、肩につけたペダルを踏んだペダルで紡いだ綿菓子でした。赤色や緑色、青色などの色で、スティックの大きな形のボールであなたに贈りました。
それから、砂糖で作ったキャンディーとカメや鳥のような小さな動物の形をしたバスケットで、いつも夕方に来た業者がいました。私たちが愛していたおいしいスパイスと岩塩でコーティングされたもう一つの売りポップひよこ豆。いくつかのペニー以上のものはありません。

1人の仲間が、飛んでいる鳥や飛んでいる鳥の足に大きな箱を持っていました。彼は手を振って馬や鳥の切り抜きをしたディスクをスピンしながら、彼らが急速に飛んでいるという印象を与えた。それはまた、数ペニーの費用がかかります。
悲しいことに、私たちはもう消えてしまったのでどこにも見ません。人々はそれを進歩と呼んでいますが、私はこれを生計を立てて家族を育てた小さなベンダーの時代の喪失と呼んでいます。
今では子供たちが店でCadburyのチョコレートやKitKatを購入していますが、ペニーよりも多くの費用がかかり、子供を誘惑するためにテレビで何百万ドルもの広告を出す大キャンディー会社に行きます。あなたは新聞の広告や同じことをしている大きな看板を見る。
当時、通りに物を作った小さな起業家がたくさんいました。彼らは大企業のような大規模な工場を作るための資源を持っていなかったので、彼らは家族を育てた生計を立てました。

カブリ・チャナ(カブリ・ホワイト・ニワトリ・ピース)。母親や祖母が自宅で作ったもので、さまざまな店で売られています。誰もがそれを気に入っていたので、これはいいビジネスでしたが、今はもうそれを見ません。そのようなビジネスは、老人が死ぬと死ぬ。
インドは中小企業起業家が繁栄している国であり、ある程度彼らには制限がありません。赤いテープや退屈な商業許可は得られません。貧しい人々に物を作って通りに売って、リビングルーム。彼らは富裕にはなりませんでしたが、自営業者であり、何の恩恵も求めませんでした。

あなたはまだ多くの国で街頭で何を売ってもそれを見ることができます。それは、彼らが低価格で販売するおもちゃ、スナック、または深刻なストリートフードかもしれません。インドの高速道路を運転すると、竹で作られたこれらの泥だらけの飲食店が見えてきます。ダバスと呼ばれる新鮮で蒸し暑いパイを食べるとても美味しい食べ物を食べることができます。そこのウェイターはとても謙虚で、サービスがとても良く、食べ物が優れているので、私が与えた20ルピーのヒントを取ることをためらっている。ヨーロッパやアメリカのウェイターと比較してください。

多くのストリートジャグラー、ピエロとアクロバット、多くのヘビの魅力家、ダンスのクマやサル、ヘビ油の遊牧民の遊牧民がいました。多くは手のひらに売られています。間違いなくあなたは失望しないでしょう。

私はパリやメキシコシティの通りで彼らを見ましたが、彼らは常に移動するように頼んだ警察に嫌がらせを受けていました。私はまだ生計を立てて自営業者とすることはどうして違法なのか分かりませんが、そのような嫌がらせはどこでも起こります。
警察は、ビジネス許可証を持っていないため、米国でタバコやCDを売っていた黒人の貧しい人々を撃ち殺した。チュニジアの貧しい果物売り手は警察官に殴られ、その果物トレイは数本の果物だけに変わり、貧弱な生活をした。恥の中で、彼はガソリンを彼の上に注いで火を読んだ。これは多くの独裁者を転覆させたアラブの春の動きにつながった。

自営業者であり、地域社会に素晴らしいサービスを提供し、生計を立てる何百万人もの貧しい人々がいます。世界の誰も、すべての市民に雇用を提供することができないので、ほとんどまたはまったく教育を受けていない人々は自ら生き残り、政府からの恩恵を求めないように学びます。

しかし、資本主義は税制や特別扱いの大企業に有利ですsinessesは、競合他社として認識している小さなものを押さえる。米国での一つの小さな酪農家はどこか、搾乳が彼だったの不衛生などを投げかけて少数の牛を持っていたし、彼はそう彼の汚い牛だったの苦情を提出したような大きなミルク会社は独立の牛乳生産に耐えられない可能性がために、新鮮な牛乳市場を販売しました防疫員は、このかわいそうにハードダウンカムと多くのものwrong.The政府の防疫員は、大企業と共謀して、常にして、貧しい人が廃業に置かれたように、小さなミルクベンダーの上にEMを支持しました。

彼は訴訟のためにすべての牛を売却しなければならなかった。その傾向は小規模な人々を大企業に有利に押しやることである。幅広いscale.Thereでの作物や動物のかつて彼は区別して栽培し、非常に繁栄していたことは、非常に生産的な土地の600エーカーを持っていた米国では大きなプライベート農家でした。しかし、ある日、農業について何も知らなかった彼の未亡人だけを残して死んだ。だから毎年、彼女の家だけが彼女に残され、収入がなくなるまで、税金を払うことができないので、州は彼女の土地を奪った。

最後に、彼がした家を守るために、知事に嘆願がなされました。彼女は黒だった。私は農家が旧共産ロシアたなら、彼らが目指すすべての人の権利保護white.In起こされるであろうかしら農業を管理し、民間の手の業界では何も残さない仕事を、しています。 THUS彼らは、オフ状態の農場や工場での農業mismanaged政府の実行とをmismanagedそれらの状態は、農場を管理し、彼らはすぐに戻って振り出しに、専用農家への許可だから工場が失敗したことを懸命に仕事を人々にインセンティブを与えることなく、すべてのproduce.Weは知っています彼らが望むものを成長させる。その結果は驚異的です。

人々がビジネスにステークを持っていると、彼らはより一生懸命働いて成功しようとします。しかし、フィデル・カストロとチェ・ゲバラは、その動きと成功を最初にしました。キューバが世界で唯一の国であるという事実を考えると、その結果、これまでに撤廃されていない貿易禁輸が行われた。キューバは学んだ。今、この資本主義はどこにでも広がっている。貧困層に深刻な結果をもたらし、国の進歩から除外されている。彼らには、新しい高速道路や馬鹿馬鹿しい料金を払うための車がありません。

彼らはrich.Theyは多額の経費を有する唯一の人々はゲーテッドコミュニティで暮らすことができる派手な住宅地にある小さな家を購入することができないため、商品がそこに販売されている真新しいおよび大規模なショッピングモールでお金公証人C.を、持っていません。彼らが悪いとI afford.Soを戻って来ることができないので子供たちコストがpay.Theyする能力を超えて、新たな大学に行くことはできませんが、最新の輸入機器を装備した派手な病院やよく訓練された医師や看護師に行くことができません幼い頃に何とか生計を立てて家族を育てた貧しい人々の窮状に至るまで、今、そのような人々は生計を立てることがより難しいと感じています。

貧しい人々が自営業者だったのは間違っていたのですか?彼らが自己リンクしようとしたというアイデアは何が間違っていたのですか?キューバの経験から、貧困層が自分の運命を管理する権限がある国だけが進歩を遂げるということを、他のどの国もなぜ知ることができなかったでしょうか?政治家は投票権を得る約束をしますが、政治家を支配する人は誰ですか?これらは答えが必要な非常に重要な質問です。

貧しい人々が資本主義国の一部で汚い言葉になるのを助ける社会主義。貧困層が病気になると病院費用を支払うことができず、不必要に死ぬことになります。ある女性が負傷した娘を米国の緊急治療室に連れて行き、娘の命を訴えた。その少女は医者が到着する前に亡くなりました。彼女は駐車場で出産したので、彼女は保険に加入し、持っていなかったのでhours.Anotherの女性が病院に入院を拒否された豊かな人々は、6を待ちません。

豊かで発展していると言われているどの国でも、貧しい人々をこのように扱うことができますか?もしカストロが休暇を取ることが何もないなら、それは滞在するのに最適な場所です。キューバの識字率は97%以上で、誰も出産を余儀なくされていない地域です。スウェーデンは、すべての市民が自分のincと関係なく質の高い医療を楽しんでいる国ですあなたが貧しい人々の世話をしたからといって、アメリカの政治家がスウェーデンをどう楽しんでいるのか、あなたは驚くでしょう。

質問は誰が価格を支払うのですか?貧しい人々は都市を窒息させる大気汚染をしていますか?貧困層は埋立地に行くゴミの山を生産していますか?貧困層は、土地を汚染し、水を汚染し、環境を汚染する産業廃棄物を生産していますか?貧しい人々が廃棄物のリサイクル業者であることはご存じですか?中国当局者は、貧しい中国人の数百万人を貧困から救い、数百万の現代住宅を建設して人類の誇りを高め、人権を壮観な方法で保護している、と述べた。

私は何をすべきかはわかりませんが、どうしたらいいのか分かりません。彼らは今、インドのあらゆるところで開発と進歩を見ていますが、進歩はそれを通り過ぎました。インドの政府運営病院の400人以上の子供たちは、衛生状態が悪く、適切な医療処置がないために死亡した。彼らはサプライヤーが支払われなかったので酸素を持っていませんでした。豊かな人々は私立病院に行きます。貧困層と富裕層はいつも分かれています。

問題は、このギャップをどのように狭め、意味のある方法で貧困層を助け、中国でやっているようにいつか中産階級に参加できるようにすることです。あなたが国で就職したい、または就労していない場合は、お気軽にお問い合わせください。誰もそんなに頼んでおらず、あまり貢献していない彼らはこの地球の塩であり、何百万という数です。彼らは主に自立しており、子供のころのベンダーのような政府からほとんどあるいは全く尋ねません。彼らが参加できない場合、進歩は無意味です。進歩は包括的で排他的ではないので、どんな価格であってはならない。
Shinkō no namae de   shutten: Nōsanbutsu o motsu shiawasena kodomo-tachi no gūguru shashin watashi wa yūgata ni nesshin ni matteita watashitachi no semai shasen ni, tafī, kyandī, omocha, matawa oishī sunakku o tsukatta ōku no chīsana urite to shōnin o oboete imasu.

Karera wa uta no uta de karera no seihin no meritto o utattari, chūmoku o atsumeru tame ni karera ga narashita kane o motte imashita. Karera no tafī ya kyandī wa 1 penī shika kakarazu, akai shima moyō no kyandī o anata no tame ni tori ya dōbutsu no katachi ni shite, sore o wara no ue ni hari tsukemasu. Shikashi, watashitachi ga ichiban kiniitta no wa, kata ni tsuketa pedaru o funda pedaru de tsumuida wata kashideshita.

Akairo ya midoriiro, aoiro nado no iro de, sutikku no ōkina katachi no bōru de anata ni okurimashita. Sorekara, satō de tsukutta kyandī to kame ya tori no yōna chīsana dōbutsu no katachi o shita basuketto de, itsumo yūgata ni kita gyōsha ga imashita. Watashitachi ga aishite ita oishī supaisu to gan’en de kōtingu sa reta mōhitotsu no uri poppu hiyoko mame. Ikutsu ka no penī ijō no mono wa arimasen. 1-Ri no nakama ga, tonde iru tori ya tonde iru tori no ashi ni ōkina hako o motte imashita.

Kare wa te o futte uma ya tori no kirinuki o shita disuku o supin shinagara, karera ga kyūsoku ni tonde iru to iu inshō o ataeta. Sore wa mata,-sū penī no hiyō ga kakarimasu. Kanashī koto ni, watashitachi wa mō kiete shimattanode dokoni mo mimasen. Hitobito wa sore o shinpo to yonde imasuga, watashi wa kore o seikei o tatete kazoku o sodateta chīsana bendā no jidai no sōshitsu to yonde imasu.

Ima dewa kodomo-tachi ga mise de kyadobarī no chokorēto ya kittokatto o kōnyū shite imasuga, penī yori mo ōku no hiyō ga kakari, kodomo o yūwaku suru tame ni terebi de nan hyaku man-doru mo no kōkoku o dasu dai kyandī kaisha ni ikimasu. Anata wa shinbun no kōkoku ya onaji koto o shite iru ōkina kanban o miru. Tōji,-dōri ni mono o tsukutta chīsana kigyōka ga takusan imashita.

Karera wa dai kigyō no yōna ōkibona kōjō o tsukuru tame no shigen o motte inakattanode, karera wa kazoku o sodateta seikei o tatemashita. Kaburi chana (kaburi howaito niwatori pīsu). Hahaoya ya sobo ga jitaku de tsukutta mono de, samazamana mise de ura rete imasu. Daremoga sore o kiniitte itanode, kore wa ī bijinesudeshitaga, ima wa mō sore o mimasen.

So no yōna bijinesu wa, rōjin ga shinu to shinu. Indo wa chūshōkigō kigyōka ga han’ei shite iru kunideari, aruteido karera ni wa seigen ga arimasen. Akai tēpu ya taikutsuna shōgyō kyoka wa e raremasen. Mazushī hitobito ni mono o tsukutte tōri ni utte, ribingurūmu. Karera wa fuyū ni wa narimasendeshitaga, jieigyō-shadeari, nani no onkei mo motomemasendeshita. Anata wa mada ōku no kuni de gaitō de nani o utte mo sore o miru koto ga dekimasu.

Sore wa, karera ga tei kakaku de hanbai suru omocha, sunakku, matawa shinkokuna sutorītofūdo kamo shiremasen. Indo no kōzokudōro o unten suru to, take de tsukura reta korera no doro-darake no inshoku-ten ga miete kimasu. Dabasu to yoba reru shinsende mushiatsui pai o taberu totemo oishī tabemono o taberu koto ga dekimasu. Soko no u~eitā wa totemo kenkyode, sābisu ga totemo yoku, tabemono ga sugurete irunode, watashi ga ataeta 20 rupī no hinto o toru koto o tameratte iru. Yōroppa ya Amerika no u~eitā to hikaku shite kudasai.

Ōku no sutorītojagurā, piero to akurobatto, ōku no hebi no miryoku-ka, dansu no kuma ya saru, hebi-yu no yūbokumin no yūbokumin ga imashita. Ōku wa tenohira ni ura rete imasu. Machigainaku anata wa shitsubō shinaideshou. Watashi wa Pari ya Mekishikoshiti no tōri de karera o mimashitaga, karera wa tsuneni idō suru yō ni tanonda keisatsu ni iyagarase o ukete imashita.

Watashi wa mada seikei o tatete jieigyō-sha to suru koto wa dōshite ihōna no ka wakarimasen ga, sono yōna iyagarase wa doko demo okorimasu. Keisatsu wa, bijinesu kyoka-shō o motte inai tame, Beikoku de tabako ya CD o utte ita kokujin no mazushī hitobito o uchikoroshita. Chunijia no mazushī kudamono urite wa keisatsukan ni nagura re, sono kudamono torei wa Kazumoto no kudamono dake ni kawari, hinjakuna seikatsu o shita.

Haji no naka de, kare wa gasorin o kare no ue ni sosoide hi o yonda. Kore wa ōku no dokusai-sha o tenpuku sa seta Arabu no haru no ugoki ni tsunagatta. Jieigyō-shadeari, chiiki shakai ni subarashī sābisu o teikyō shi, seikeiwotateru nan hyaku man-ri mo no mazushī hitobito ga imasu. Sekai no dare mo, subete no shimin ni koyō o teikyō suru koto ga dekinainode, hotondo matawa mattaku kyōiku o ukete inai hitobito wa mizukara ikinokori, seifu kara no onkei o motomenai yō ni manabimasu.

Shikashi, shihon shugi wa zeisei ya tokubetsu atsukai no dai kigyō ni yūridesu Sinesses wa, kyōgō tasha to shite ninshiki shite iru chīsana mono o osaeru. Beikoku de no hitotsu no chīsana rakunō-ka wa doko ka, sakunyū ga karedatta no fueisei nado o nagekakete shōsū no ushi o motte itashi, kare wa sō kare no kitanai ushidatta no kujō o teishutsu shita yōna ōkina miruku kaisha wa dokuritsu no gyūnyū seisan ni taerarenai kanōsei ga tame ni, shinsen’na gyūnyū ichiba o hanbai shimashita bōeki-in wa, kono kawaisō ni hādodaunkamu to ōku no mono wrong.

The seifu no bōeki-in wa, dai kigyō to kyōbō shite, tsuneni shite, mazushī hito ga haigyō ni oka reta yō ni, chīsana mirukubendā no ue ni EM o shiji shimashita. Kare wa soshō no tame ni subete no ushi o baikyaku shinakereba naranakatta. Sono keikō wa shōkibona hitobito o dai kigyō ni yūri ni oshiyaru kotodearu. Habahiroi sukēru. Zea de no sakumotsu ya dōbutsu no katsute kare wa kubetsu shite saibai shi, hijō ni han’ei shite ita koto wa, hijō ni seisan-tekina tochi no 600 ēkā o motte ita Beikokude wa ōkina puraibēto nōkadeshita.

Shikashi, aru hi, nōgyō ni tsuite nani mo shiranakatta kare no mibōjin dake o nokoshite shinda. Dakara maitoshi, kanojo no ie dake ga kanojo ni nokosa re, shūnyū ga nakunaru made, zeikin o harau koto ga dekinainode,-shū wa kanojo no tochi o ubatta. Saigo ni, kare ga shita ie o mamoru tame ni, chiji ni tangan ga nasa remashita. Kanojo wa kurodatta. Watashi wa nōka ga kyū Kyōsan Roshiatanara, karera ga mezasu subete no hito no kenri hogo howaito.

In okosarerudearou kashira nōgyō o kanri shi, minkan no te no gyōkaide wa nani mo nokosanai shigoto o, shite imasu. THUS karera wa, ofu jōtai no nōjō ya kōjō de no nōgyō mismanaged seifu no jikkō to o mismanaged sorera no jōtai wa, nōjō o kanri shi, karera wa sugu ni modotte furidashi ni, sen’yō nōka e no kyokadakara kōjō ga shippai shita koto o kenmei ni shigoto o hitobito ni insentibu o ataeru koto naku, subete no produce.

We wa shitte imasu karera ga nozomu mono o seichō sa seru. Sono kekka wa kyōi-tekidesu. Hitobito ga bijinesu ni sutēku o motte iru to, karera wa yori isshōkenmei hataraite seikō shiyou to shimasu. Shikashi, fideru Kasutoro to che gebara wa, sono ugoki to seikō o saisho ni shimashita. Kyūba ga sekai de yuiitsu no kunidearu to iu jijitsu o kangaeru to, sono kekka, kore made ni teppai sa rete inai bōeki kin’yu ga okonawa reta. Kyūba wa mananda. Ima, kono shihon shugi wa doko ni demo hirogatte iru.

Hinkon-sō ni shinkokuna kekka o motarashi,-koku no shinpo kara jogai sa rete iru. Karera ni wa, atarashī kōzokudōro ya bakabakashī ryōkin o harau tame no kuruma ga arimasen. Karera wa ritchi. They wa tagaku no keihi o yūsuru yuiitsu no hitobito wa gēteddokomyuniti de kurasu koto ga dekiru hadena jūtakuchi ni aru chīsanaka o kōnyū suru koto ga dekinai tame, shōhin ga soko ni hanbai sa rete iru maatarashīoyobi ōkibona shoppingumōru de okane kōshōjin C. O, motte imasen.

Karera ga warui to I afford. So o modotte kuru koto ga dekinainode kodomo-tachi kosuto ga pay. They suru nōryoku o koete, aratana daigaku ni iku koto wa dekimasenga, saishin no yunyū kiki o sōbi shita hadena byōin ya yoku kunren sa reta ishi ya kankoshi ni iku koto ga dekimasen osanai koro ni nantoka seikei o tatete kazoku o sodateta mazushī hitobito no kyūjō ni itaru made, ima, sono yōna hitobito wa seikeiwotateru koto ga yori muzukashī to kanjite imasu.

Mazushī hitobito ga jieigyō-shadatta no wa machigatte ita nodesu ka? Karera ga jiko rinku shiyou to shita to iu aidea wa nani ga machigatte ita nodesu ka? Kyūba no keiken kara, hinkon-sō ga jibun no unmei o kanri suru kengen ga aru kuni dake ga shinpo o togeru to iu koto o, hoka no dono kuni mo naze shiru koto ga dekinakattadeshou ka? Seijika wa tōhyō-ken o eru yakusoku o shimasuga, seijika o shihai suru hito wa daredesu ka? Korera wa kotae ga hitsuyōna hijō ni jūyōna shitsumondesu.

Mazushī hitobito ga shihon shugi-koku no ichibu de kitanai kotoba ni naru no o tasukeru shakai shugi. Hinkon-sō ga byōkininaru to byōin hiyō o shiharau koto ga dekizu, fuhitsuyō ni shinu koto ni narimasu. Aru josei ga fushō shita musume o Beikoku no kinkyū chiryō-shitsu ni tsurete iki, musume no inochi o uttaeta. Sono shōjo wa isha ga tōchaku suru mae ni nakunarimashita. Kanojo wa chūshajō de shussan shitanode, kanojo wa hoken ni kanyū shi, motte inakattanode hours.

Anazā no josei ga byōin ni nyūin o kyohi sa reta yutakana hitobito wa, 6 o machimasen. Yutakade hatten shite iru to iwa rete iru dono kuni demo, mazushī hitobito o kono yō ni atsukau koto ga dekimasu ka? Moshi Kasutoro ga kyūka o toru koto ga nanimonainara, soreha taizai suru no ni saitekina bashodesu. Kyūba no shikiji-ritsu wa 97-pāsento ijō de, dare mo shussan o yoginaku sa rete inai chiikidesu.

Suu~ēden wa, subete no shimin ga jibun no inc to kankei naku shitsu no takai iryō o tanoshinde iru kunidesu Anata ga mazushī hitobito no sewa o shitakara to itte, Amerika no seijika ga suu~ēden o dō tanoshinde iru no ka, anata wa odorokudeshou. Shitsumon wa dare ga kakaku o shiharau nodesu ka? Mazushī hitobito wa toshi o chissoku sa seru taiki osen o shite imasu ka? Hinkon-sō wa umetatechi ni iku gominoyama o seisan shite imasu ka?

Hinkon-sō wa, tochi o osen shi, mizu o osen shi, kankyō o osen suru sangyō haiki-mono o seisan shite imasu ka? Mazushī hitobito ga haiki-mono no risaikuru gyōshadearu koto wa gozonjidesuka? Chūgoku tōkyoku-sha wa, mazushī chūgokujin no sū hyaku man hito o hinkon kara sukui, sūhyakuman no gendai jūtaku o kensetsu shite jinrui no hokori o takame, jinken o sōkan’na hōhō de hogo shite iru, to nobeta.

Watashi wa nani o subeki ka wa wakarimasenga, dōshitara ī no ka wakarimasen. Karera wa ima, Indo no arayuru tokoro de kaihatsu to shinpo o mite imasuga, shinpo wa sore o tōrisugimashita. Indo no seifu un’ei byōin no 400-ri ijō no kodomo-tachi wa, eisei jōtai ga waruku, tekisetsuna iryō shochi ga nai tame ni shibō shita. Karera wa sapuraiyā ga shiharawa renakattanode sanso o motte imasendeshita.

Yutakana hitobito wa shiritsu byōin ni ikimasu. Hinkon-sō to toyūsō wa itsumo wakarete imasu. Mondai wa, kono gyappu o dono yō ni sebame, iminoaru hōhō de hinkon-sō o tasuke, Chūgoku de yatte iru yō ni itsuka chūsan kaikyū ni sanka dekiru yō ni suru kotodesu. Anata ga kuni de shūshoku shitai, matawa shūrō shite inai baai wa, o kigaru ni o toiawase kudasai. Dare mo son’nani tanonde orazu, amari kōken shite inai karera wa kono chikyū no shiodeari, nan hyaku man to iu kazudesu.

Karera wa omoni jiritsu shite ori, kodomo no koro no bendā no yōna seifu kara hotondo aruiwa mattaku tazunemasen. Karera ga sanka dekinai baai, shinpo wa muimidesu. Shinpo wa hōkatsu-tekide haita-tekide wanainode, don’na kakakudeatte wa naranai

 

Note to all my beloved readers in Japanese:

You may notice that Google translation is not perfect so please bear with me and help me to correct them even when they are published. Write to me personally at aumolc@hotmail.com with the corrected text so that I can upload them into wordpress. Thank you .

私の愛する読者の皆さんには、日本語で:

あなたも興味があるかもしれません… 個人的にaumolc@hotmail.comで修正されたテキストを書いて、私はそれらをwordpressにアップロードすることができます。 ありがとう。

Watashi no aisuru dokusha no minasan ni wa, nihongode: Anata mo kyōmi ga aru kamo shiremasen… Kojin-teki ni aumolc@ hotmail.com  de shūsei sa reta tekisuto o kaite, watashi wa sorera o wordpress ni appurōdo suru koto ga dekimasu. Arigatō.

NOTE :  You may also read my blogs at the link below

tumblr posts

Small towns and dreamers (in Japanese)

international-students-working-Australia

出典:生徒のGoogle写真

人が生まれて育つところは本当に彼のものではありませんが、彼の教育、人格の発達、人生の彼の考え方に大きな影響を与えるかもしれません。

彼はモスルで生まれ、戦争の恐怖、家族の死、苦しんだ苦しみを子供として見た。子供はそのようなことが起こる理由とそれがどれくらい持続するかを理解していません。彼は、彼が頼りにしている彼の愛する人は無力で、彼らがそれを見つけることができる安全と食べ物を探していることだけを理解しています。

彼はかつては平和で緑で、皆のために十分な食糧を持っていた村のソマリアまたはエチオピアで生まれたことがあり、一度平和な生活を破壊した飢饉と戦争がなぜあるのか理解していません。

ベトナムの美しい都市フエで生まれたかもしれないが、戦闘によって破壊された子供のように見え、なぜ人々が戦っているのか、なぜ街頭に死体があるのか​​理解できなかった。

あるいは、イランのバムやハイチのポート・プリンスで生まれた可能性があります。突然、地震がひどくなり、人々が瓦礫の下に埋葬されました。子供は飢饉や地震のような自然の力を理解するかもしれませんが、大規模な森林破壊による戦争や洪水のような人為的な災害がなぜあるのか理解していません。

子供の頃、彼のニーズは簡単です。彼は食べ物や避難所、そして必要を援助する人が必要です。彼は食糧と避難所が災害のために不足している可能性があることをすぐに理解しているので、彼は兄弟と分かち合うことを学び、両親が提供することができないことを要求しない。

子供が兄弟たちに餌を与え、できる限り害から守るために、心温まる。 10代の少女は、自分のような戦争によって孤立している兄弟を養うために、数本のコインを得るために自分自身を売る。それは、そのような状況に対処することを学ぶために、それらを素早く成長させる。

今、この世界の不愉快なことから彼を守っている裕福な両親の愛情深いケアの中で、青々とした田園地帯で育った子供を見てみましょう。小さな町は彼を外の世界を彼に無関係にする繭で成長させます。彼はニュースを見て、他の場所で何が起こっているのかを知るかもしれないが、他者の苦しみのために共感はしない。すべての子供が特権を持つわけではありません。

ムービーディアハンターは、若い人たちが低賃金で雇用を提供し、日常的なルーチンとハムドラムの生活を提供する町の唯一の製鉄所で働く米国の小さな町で人生を示しています。彼らはそのような人生に慣れて、彼らが酒飲みや外出をしたり、ジューサーを狩ったり、ジュークボックスを演奏しているバーで、踊ったり、踊っているかもしれない自分自身を楽しませるためにできる限りの努力をしています。誰もが知っている小さな町彼らは貧困から辛うじて守る低賃金で工場で働くために自ら辞任します。

小さな町の人生は、人々が大きな夢を見ることを防ぎ、彼らの悪質な生活から抜け出して、大学に行って高額な仕事を得て、素敵な家の大きな町の郊外に住み、中産階級の人生。

私は、世界を見て、多くの国々に住んでいた友人が、テキサス州の故郷が本当に小さいと私に言いました。そこにいる人々は、テレビやビンゴのゲームで、現在のドラマに世界中で何よりも精通していました。戦争で誰が死亡したかを知っていた誰かの棺で返された身体が、どこかでこれらの人々に、人々が戦って死ぬ外の世界があることを思い出させたときにのみ、彼らは心配していませんでした。 7月4日、古い退役軍人たちが衰退した制服を着て、忘れ去られた忘れられた戦争で得た忘れられたメダルで溢れていた昔、彼らはパレードを見ることができました。彼らは愛国心から旗を振りました。

女性は最新の髪の色とゴシップを心配し、来週の日曜日にカボチャのパイを誰が焼くかについて心配していた。私は無限のカボチャのパイに対処しなければならないこれらの小さな町の牧師のために申し訳ありません。彼らの願望、夢、そしてより良い自分自身の闘いは、ずっと前に死んでいたので、彼らは日々、カボチャのパイやヘアカラーを心配していました。

小さな町の人々はほとんど貧困線上に住んでいるので、世界を旅してエッフェル塔やタジマハルを見ることはできません。彼らは世界と知覚に対する彼らの理解を制限する教育をほとんど受けていない。小さな町を脱出して平和隊や外務省に参加する人たちは旅行をする機会を得て、誰も自分の物語や旅行写真に興味を持っていない小さな町に戻ることは非常に難しいと感じています。

軍に加わり、他の国々で戦うために送られた人々は、恐ろしい思い出に戻ってきますe暴力とPTSDの問題。彼らはしばしば家に戻って、妻が他人と一緒に暮らしたり、他の人と一緒に暮らしたり、飲みに行くことができないようにしています。衰弱した怪我をしている人は、障害のある人はもちろんのこと、健康な人のためにまともな生活賃金の機会がない小さな町に住むことはさらに困難です。彼らが年を取ると、退屈な制服でパレードしすぎて、メダルを帽子に渡してからバーに行って、ビール飲んで哀れな人生を祝福します。

彼らの肉体は、一生ぼんやりした肉体と健康でない食べ物をほとんど食べないことから生まれた多くの医学的な問題で、彼らの若い頃には、彼らは高校の授業で美人の女王だったかもしれないし、メダルやプラークをいくつか得たかもしれないが、それは後でその関連性を失い、古いピアノでほこりを集める。私はそれをどこでも小さな町の呪いチャンスが与えられれば、自分が違っていると感じ、自分の可能性を解き放つ力を持っている子供の夢を殺します。

それから、誰が彼に、世界に出て、親でなければ自分自身の名前をつけるチャンスを与えてくれるでしょうか?スチール製の工場や炭鉱の仕事に頼っているほとんどの小さな町の人々が貧困から来たら、良い大学に行くとどこかで良い仕事を得るために必要なスキルを学ぶことはかなり限られています。両親が大学に子供を送る余裕がないなら、子供は高校や父のように前に仕事を見つけ、祖父になり、彼は高校の恋人と結婚し、落ち着くことができる小さな町のコミュニティの居住者になります。

女性は、最初に彼らは食堂やハンバーガーのスタンドでウェイトレスとして仕事を取得し、後でスーパーに卒業するかもしれない小さな町で悪化市場は食料品をチェックします。彼らは生計を立てているだけでなく、あまりにも自分たちの運命に没頭し、結婚し、子供たちを育てて親になるようにしています。これはどこでも小さな町の話です。平凡な程度しか変わらない。私は小さな町やそこに住む人々を侮辱しません。

彼らは彼らの状況を彼らが知っている最善の方法に対処しようとします。彼らの町が小さいこと、彼らの唯一の雇用者は給料が足りず、高水準の教育を必要とせず、生活が教会やバーの周りを回って、子供たちも彼らに似ているということです。彼らは彼らが異なっていてほしいですが。貧困を克服することは、貧困を克服するような悲惨さです。一日は、木造住宅と殴打ジャロピーを除いて、何も見せずに死にました。世界の小さな町のほとんどは、人々がちょっとしか生きていないようなところです。

しかし、しばらくの間、そこには夢の人が生まれ、彼の人生の残りの部分を父のように過ごすと信じたくない彼女の髪の色とマニキュアだけを考えて、後で卒業してカボチャパイを手に入れた熱心な教会の仲間になる国の女の子と結婚する。彼は大きな夢を見て、小さな町の境界から脱却し、人生から何かを作り出すことを望んでいる夢想家です。彼はどのようにそれをすることができますか?ここでは、この件についていくつかの光を投げかけるかもしれない話があります。野菜の売り手が果物や他のものを売って、日中出しをして、簡単な生活をしました。

彼は言及に値する教育はなかったが、彼はいつか果物や野菜を売ることなく、豊かになることを大いに夢見ていたので、人気のある映画の歌をコピーして歩道に小さな価格で売った。すぐに彼は香港に行き、そこでテープ複写機を購入するために弟を雇ったという要求を供給することができないことに気付きました。それでも彼はその要求に対処することができなかったので、彼は数千のルピーのために彼が良い声を出した十代の年齢の男の子と女の子によって歌われた人気曲を録音した現代の録音施設の健全な状態のスタジオを設立しました。彼は非常に金持ちになったいたるところでカセットを売った。

その後カセットを作ってカセットを作って、カセットを演奏するオーディオ機器の製造に発展した彼自身のブランドを持っていました。彼は宗教的な男だったので、貧しい人々に何千人もの栄養を与え始めました。彼は後にマフィアによって殺され、賄賂を払わないであろうので、彼の人生はいつか終わったが、彼は彼が建てた帝国に彼の遺産を残して、彼の親戚は今走っている。これは大きな夢を見て、彼の運を試すための大胆さを持っていた男でした。私はここで大胆さという言葉にヒットしました。小さな町に住んで大きな夢を見たときに、この言葉の意味と、それがあなたの人生を変える方法を広げてみましょう。

バラク・オバマが大胆に語ったのは、彼がいくつかの特権で育ち、彼は非常にスマートだったからです。しかし、あなたがオバマのようにスマートではなく、まだ大きな夢を見ていたらどうでしょうか?もしあなたの両親がt あなたの大学教育のためにお金を払うのは貧しいですか?これは、大胆さが重要な役割を果たす場所です。大胆さは単純に敢えて答えを出さないことを意味する。香港のある中国人の女の子が私の大学カフェテリアで料理を洗い流した。私はある日彼女の上司は老いたが非常に意味のある女性だったと言った。

私は彼女が製作の王女だったと彼女に言いました。ある日、彼女が卒業したときに頑張り、非常に良い仕事を得て、成功した人になるでしょう。これはブートキャンプです。若干上司があなたの人生を困難にしますが、ある日あなたは誰もが敬礼をする役人になるでしょう。あなたが苦労している無教養の女性は、人生で前進する間に噛みつくような塵の後ろに残されるので、ただ掛けてください。大胆で強力な決意を持つ人が成功できる方法があります。そのような人は、彼の困難をすべて克服し、その美しい中国の女の子がしたようにすべてのオッズに対して成功することができます。

自分自身をサポートするために奇妙な仕事を見つけることができる人にスマートまたは半分の奨学金に全額奨学金を提供する多くの学校やカレッジがあります。多くの可能性と扉を開く明るい未来を抱く科目で学士号を取得すると、より良い結果が得られます。修士または博士課程に全額の奨学金を提供する大学があります。資格のある候補者を常に探しています。あなたが必要とするのは、あなたの腹の中の火災です。人生で偉大なことを達成するためにあなたを押し進めるでしょうが、自立した学生になり、あなたとあなたの研究を支えることができる仕事をするような一定のリスクを冒す必要があります。そのような人々は大胆であり、時間。彼はあなたの可能性を見ている親切な教授の変装であなたの助けに来て、さらなる研究のために奨学金のためにあなたを推薦します。

私は自分の経験から知っていますが、私は自分自身について書くのはここではありません。

 

 

 

 
Shutten: Seito no gūguru shashin hito ga umarete sodatsu tokoro wa hontōni kare no monode wa arimasenga, kare no kyōiku, jinkaku no hattatsu, jinsei no kare no kangaekata ni ōkina eikyōwoataeru kamo shiremasen. Kare wa mosuru de umare, sensō no kyōfu, kazoku no shi, kurushinda kurushimi o kodomo to shite mita. Kodomo wa sono yōna koto ga okoru riyū to sore ga dorekurai jizoku suru ka o rikai shite imasen.

Kare wa, kare ga tayori ni shite iru kare no aisuruhito wa muryokude, karera ga sore o mitsukeru koto ga dekiru anzen to tabemono o sagashite iru koto dake o rikai shite imasu.

Kare wa katsute wa heiwade midori de, mina no tame ni jūbun’na shokuryō o motte ita mura no Somaria matawa Echiopia de umareta koto ga ari, ichido heiwana seikatsu o hakai shita kikin to sensō ga naze aru no ka rikai shite imasen. Betonamu no utsukushī toshi fue de umareta kamo shirenaiga, sentō ni yotte hakai sa reta kodomo no yō ni mie, naze hitobito ga tatakatte iru no ka, naze gaitō ni shitai ga aru no ka ​​ rikai dekinakatta.

Aruiwa, Iran no bamu ya Haichi no pōto purinsu de umareta kanōsei ga arimasu. Totsuzen, jishin ga hidoku nari, hitobito ga gareki no shita ni maisō sa remashita. Kodomo wa kikin ya jishin no yōna shizen no chikara o rikai suru kamo shiremasenga, ōkibona shinrin hakai ni yoru sensō ya kōzui no yōna jin’i-tekina saigai ga naze aru no ka rikai shite imasen. Kodomo no koro, kare no nīzu wa kantandesu. Kare wa tabemono ya hinansho, soshite hitsuyō o enjo suru hito ga hitsuyōdesu.

Kare wa shokuryō to hinansho ga saigai no tame ni fusoku shite iru kanōsei ga aru koto o sugu ni rikai shite irunode, kare wa kyōdai to wakachi au koto o manabi, ryōshin ga teikyō suru koto ga dekinai koto o yōkyū shinai. Kodomo ga kyōdai-tachi ni esa o atae, dekiru kagiri gai kara mamoru tame ni, kokoroatatamaru. 10-Dai no shōjo wa, jibun no yōna sensō ni yotte koritsu shite iru kyōdai o yashinau tame ni, Kazumoto no koin o eru tame ni jibun jishin o uru.

Sore wa, sono yōna jōkyō ni taisho suru koto o manabu tame ni, sorera o subayaku seichō sa seru. Ima, kono sekai no fuyukaina koto kara kare o mamotte iru yūfukuna ryōshin no aijōbukai kea no naka de, aoao to shita den’en chitai de sodatta kodomo o mite mimashou. Chīsana machi wa kare o soto no sekai o kare ni mukankei ni suru mayu de seichō sa semasu.

Kare wa nyūsu o mite, hoka no basho de nani ga okotte iru no ka o shiru kamo shirenaiga, tasha no kurushimi no tame ni kyōkan wa shinai. Subete no kodomo ga tokken o motsu wakede wa arimasen. Mūbīdiahantā wa, wakai hito-tachi ga tei chingin de koyō o teikyō shi, nichijō-tekina rūchin to hamu doramu no seikatsu o teikyō suru machi no yuiitsu no seitetsusho de hataraku Beikoku no chīsana machi de jinsei o shimeshite imasu.

Karera wa sono yōna jinsei ni narete, karera ga sakenomi ya gaishutsu o shi tari, jūsā o kattari, jūkubokkusu o ensō shite iru bā de, odottari, odotte iru kamo shirenai jibun jishin o tanoshima seru tame ni dekiru kagiri no doryoku o shite imasu. Daremoga shitte iru chīsana machi karera wa hinkon kara karoujite mamoru tei chingin de kōjō de hataraku tame ni mizukara jinin shimasu. Chīsana machi no jinsei wa, hitobito ga ōkina yume o miru koto o fusegi, karera no akushitsuna seikatsu kara nukedashite, daigaku ni itte kōgakuna shigoto o ete, sutekina-ka no ōkina machi no kōgai ni sumi, chūsan kaikyū no jinsei.

Watashi wa, sekai o mite, ōku no kuniguni ni sunde ita yūjin ga, Tekisasu-shū no furusato ga hontōni chīsai to watashi ni iimashita. Soko ni iru hitobito wa, terebi ya Bingo no gēmu de, genzai no dorama ni sekaijū de naniyori mo seitsū shite imashita. Sensō de dare ga shibō shita ka o shitteita dareka no hitsugi de kaesa reta karada ga, doko ka de korera no hitobito ni, hitobito ga tatakatte shinu soto no sekai ga aru koto o omoidasa seta toki ni nomi, karera wa shinpai shite imasendeshita.

7 Tsuki 4-nichi, furui taieki gunjin-tachi ga suitai shita seifuku o kite, wasuresara reta wasure rareta sensō de eta wasure rareta medaru de afurete ita mukashi, karera wa parēdo o miru koto ga dekimashita. Karera wa aikokushin kara hata o furimashita. Josei wa saishin no kami no iro to goshippu o shinpai shi, raishū no nichiyōbi ni kabochanopai o dare ga yaku ka ni tsuite shinpai shite ita. Watashi wa mugen no kabochanopai ni taisho shinakereba naranai korera no chīsana machi no bokushi no tame ni mōshiwake arimasen.

Karera no ganbō, yume, soshite yoriyoi jibunjishin’no tatakai wa, zutto mae ni shinde itanode, karera wa Ni~Tsu 々, Kabochanopai ya heakarā o shinpai shite imashita. Chīsana machi no hitobito wa hotondo hinkon senjō ni sunde irunode, sekai o tabi shite Efferutō ya tajimaharu o miru koto wa dekimasen. Karera wa sekai to chikaku ni taisuru karera no rikai o seigen suru kyōiku o hotondo ukete inai.

Chīsana machi o dasshutsu shite heiwa-tai ya gaimushō ni sanka suru hito-tachi wa ryokō o suru kikai o ete, dare mo jibun no monogatari ya ryokō shashin ni kyōmi o motteinai chīsana machi ni modoru koto wa hijō ni muzukashī to kanjite imasu. Gun ni kuwawari, hoka no kuniguni de tatakau tame ni okura reta hitobito wa, osoroshī omoide ni modotte kimasu E bōryoku to PTSD no mondai.

Karera wa shibashiba ie ni modotte, tsuma ga tanin to issho ni kurashi tari, hokanohito to issho ni kurashi tari, nomi ni iku koto ga dekinai yō ni shite imasu. Suijaku shita kega o shite iru hito wa, shōgai no aru hito wa mochiron no koto, kenkōna hito no tame ni matomona seikatsu chingin no kikai ga nai chīsana machi ni sumu koto wa sarani kon’nandesu. Karera ga toshiwotoru to, taikutsuna seifuku de parēdo shi sugite, medaru o bōshi ni watashite kara bā ni itte, bīru nonde awarena jinsei o shukufuku shimasu.

Karera no nikutai wa, isshō bon’yari shita nikutai to kenkōdenai tabemono o hotondo tabenai koto kara umareta ōku no igaku-tekina mondai de, karera no wakai koro ni wa, karera wa kōkō no jugyō de bijin no joōdatta kamo shirenaishi, medaru ya purāku o ikutsu ka eta kamo shirenaiga, sore wa atode sono kanren-sei o ushinai, furui piano de hokori o atsumeru.

Watashi wa sore o doko demo chīsana machi no noroi chansu ga atae rarereba, jibun ga chigatte iru to kanji, jibun no kanōsei o tokihanatsu chikara o motte iru kodomo no yume o koroshimasu. Sorekara, dare ga kare ni, sekai ni dete, oyadenakereba jibunjishin’no namaewotsukeru chansu o ataete kurerudeshou ka? Suchīru-sei no kōjō ya tankō no shigoto ni tayotte iru hotondo no chīsana machi no hitobito ga hinkon kara kitara, yoi daigaku ni iku to doko kade yoi shigoto o eru tame ni hitsuyōna sukiru o manabu koto wa kanari kagira rete imasu.

Ryōshin ga daigaku ni kodomo o okuru yoyūganainara, kodomo wa kōkō ya chichi no yō ni mae ni shigoto o mitsuke, sofu ni nari, kare wa kōkō no koibito to kekkon shi, ochitsuku koto ga dekiru chīsana machi no komyuniti no kyojū-sha ni narimasu. Josei wa, saisho ni karera wa shokudō ya hanbāgā no sutando de u~eitoresu to shite shigoto o shutoku shi,-go de sūpā ni sotsugyō suru kamo shirenai chīsana machi de akka ichiba wa shokuryōhin o chekku shimasu.

Karera wa seikei o tatete iru dakedenaku, amarini mo jibun-tachi no unmei ni bottō shi, kekkon shi, kodomo-tachi o sodatete oya ni naru yō ni shite imasu. Kore wa doko demo chīsana machi no hanashidesu. Heibon’na teido shika kawaranai. Watashi wa chīsana machi ya soko ni sumu hitobito o bujoku shimasen. Karera wa karera no jōkyō o karera ga shitte iru saizen no hōhō ni taisho shiyou to shimasu. Karera no machi ga chīsai koto, karera no yuiitsu no koyō-sha wa kyūryō ga tarizu, kōsuijun no kyōiku o hitsuyō to sezu, seikatsu ga kyōkai ya bā no mawari o mawatte, kodomo-tachi mo karera ni nite iru to iu kotodesu.

Karera wa karera ga kotonatte ite hoshīdesuga. Hinkon o kokufuku suru koto wa, hinkon o kokufuku suru yōna hisan-sadesu. Tsuitachi wa, mokuzō jūtaku to ōda jaropī o nozoite, nani mo misezu ni shinimashita. Sekai no chīsana machi no hotondo wa, hitobito ga chotto shika ikite inai yōna tokorodesu. Shikashi, shibarakunoaida, soko ni wa yume no hito ga umare, kare no jinsei no nokori no bubun o chichi no yō ni sugosu to shinjitakunai kanojo no kami no iro to manikyua dake o kangaete,-go de sotsugyō shite kabochapai o teniireta nesshin’na kyōkai no nakama ni naru kuni no on’nanoko to kekkon suru.

Kare wa ōkina yume o mite, chīsana machi no kyōkai kara dakkyaku shi, jinsei kara nanika o tsukuridasu koto o nozonde iru musō-kadesu. Kare wa dono yō ni sore o suru koto ga dekimasu ka? Kokode wa, kono-ken ni tsuite ikutsu ka no hikari o nagekakeru kamo shirenai hanashi ga arimasu. Yasai no urite ga kudamono ya hoka no mono o utte, Nitchū-dashi o shite, kantan’na seikatsu o shimashita.

Kare wa genkyū ni ataisuru kyōiku wa nakattaga, kare wa itsuka kudamono ya yasai o uru koto naku, yutaka ni naru koto o ōini yumemite itanode, ninkinoaru eiga no uta o kopī shite hodō ni chīsana kakaku de utta. Sugu ni kare wa Honkon ni iki, sokode tēpu fukusha-ki o kōnyū suru tame ni otōto o yatotta to iu yōkyū o kyōkyū suru koto ga dekinai koto ni kidzukimashita. Soredemo kare wa sono yōkyū ni taisho suru koto ga dekinakattanode, kare wa sū sen no rupī no tame ni kare ga yoi koe o dashita jūdai no nenrei no otokonokotoon’nanoko ni yotte utawa reta ninki kyoku o rokuon shita gendai no rokuon shisetsu no kenzen’na jōtai no sutajio o setsuritsu shimashita.

Kare wa hijō ni kanemochi ni natta itaru tokoro de kasetto o utta. Sonogo kasetto o tsukutte kasetto o tsukutte, kasetto o ensō suru ōdio kiki no seizō ni hatten shita kare jishin no burando o motte imashita. Kare wa shūkyō-tekina otokodattanode, mazushī hitobito ni nan sen-ri mo no eiyō o atae hajimemashita. Kare wa nochini Mafia ni yotte korosa re, wairo o harawanaidearounode, kare no jinsei wa itsuka owatta ga, kare wa kare ga tateta teikoku ni kare no isan o nokoshite, kare no shinseki wa ima hashitte iru.

Kore wa ōkina yume o mite, kare no un o tamesu tame no daitan-sa o motte ita otokodeshita. Watashi wa koko de daitan-sa to iu kotoba ni hitto shimashita. Chīsana machi ni sunde ōkina yume o mita toki ni, kono kotoba no imi to, sore ga anata no jinsei o kaeru hōhō o hirogete mimashou. Baraku Obama ga daitan ni katatta no wa, kare ga ikutsu ka no tokken de sodachi, kare wa hijō ni sumātodattakaradesu.

Shikashi, anata ga Obama no yō ni sumātode wa naku, mada ōkina yume o mite itara dōdeshou ka? Moshi anata no ryōshin gat Anata no daigaku kyōiku no tame ni okane o harau no wa mazushīdesu ka? Kore wa, daitan-sa ga jūyōna yakuwariwohatasu bashodesu. Daitan-sa wa tanjun ni aete kotae o dasanai koto o imi suru. Honkon no aru chūgokujin no on’nanoko ga watashi no daigaku kafeteria de ryōri o arainagashita. Watashi wa aru hi kanojo no jōshi wa oitaga hijō ni iminoaru joseidatta to itta.

Watashi wa kanojo ga seisaku no ōjodatta to kanojo ni iimashita. Aru Ni~Tsu, kanojo ga sotsugyō shita toki ni ganbari, hijō ni yoi shigoto o ete, seikō shita hito ni narudeshou. Kore wa būtokyanpudesu. Jakkan jōshi ga anata no jinsei o kon’nan ni shimasuga, aru hi anata wa daremoga keirei o suru yakunin ni narudeshou. Anata ga kurō shite iru mu kyōyō no josei wa, jinsei de zenshin suru ma ni kamitsuku yōna chiri no ushiro ni nokosa rerunode, tada kakete kudasai.

Daitande kyōryokuna ketsui o motsu hito ga seikō dekiru hōhō ga arimasu. So no yōna hito wa, kare no kon’nan o subete kokufuku shi, sono utsukushī Chūgoku no on’nanoko ga shita yō ni subete no ozzu ni taishite seikō suru koto ga dekimasu. Jibun jishin o sapōto suru tame ni kimyōna shigoto o mitsukeru koto ga dekiru hito ni sumāto matawa hanbun no shōgakkin ni zengaku shōgakkin o teikyō suru ōku no gakkō ya karejji ga arimasu.

Ōku no kanōsei to tobira o hiraku akarui mirai o daku kamoku de gakushi-gō o shutoku suru to, yori yoi kekka ga e raremasu. Shūshi matawa hakushikatei ni zengaku no shōgakkin o teikyō suru daigaku ga arimasu. Shikaku no aru kōho-sha o tsuneni sagashiteimasu. Anata ga hitsuyō to suru no wa, anata no haranouchi no kasaidesu.

Jinsei de idaina koto o tassei suru tame ni anata o oshisusumerudeshouga, jiritsu shita gakusei ni nari, anata to anata no kenkyū o sasaeru koto ga dekiru shigoto o suru yōna ittei no risukuwookasu hitsuyō ga arimasu. So no yōna hitobito wa daitandeari, jikan. Kare wa anata no kanōsei o mite iru shinsetsuna kyōju no hensō de anata no tasuke ni kite, saranaru kenkyū no tame ni shōgakkin no tame ni anata o suisen shimasu.

Watashi wa jibun no keiken kara shitte imasuga, watashi wa jibun jishin ni tsuite kaku no wa kokode wa arimasen.

Leather and pollution (in Japanese)

革と汚染。

Leather dyers

出典:モズクのフェズでのレザー染色のGoogle写真

彼は人間よりも動物に似ていたので、原始人は先史時代に靴を履かなかった。彼のニーズはシンプルであり、靴は含まれていませんでした。モカシンは19世紀後半に生まれ、19世紀後半に生まれました。

ネイティブアメリカ人は専門的にモカシンを作っていて、それを履いていると感じることができないほど快適になっていました。それはタンニンを含む抽出物を使用して柔らかくする方法を学んだ非常に柔らかい皮でできていました。今日でさえ、モカシンは最も快適な履物であり、スタイリッシュなものでもあると考えられています。

動物の皮と羊皮紙は、寒さから守るために衣服を作るために使われましたが、後でテントのカバーやその他の用途に使用する袋を作るなど、さまざまな目的に使用されていました。初期のエジプト人は、空気で満たされたヤギの皮を使って石を川の下に浮かべました。

今日でさえ、アフリカや他の国のスーダンで水がいっぱいのロバを運んでいるロバを見ることができます。私は遠隔操作のロバと呼んでいましたが、一旦水袋を積んだら、彼らは自分で村に向かいました。彼らは仕事を与えられたウニからの衝動がなくても、彼らが歩き回るように彼ら自身を降ろそうと熱望していたかもしれません。

ダルフールの西部で働いていたとき、私はスーダンのヤギの皮から作られた革製のバッグを1つ持っていました。なぜなら、私は常に車の前部に水のバッグを持っていなければならないと思っていたからです。アルジェリアでは、木からぶら下がった水を自然に冷やすために、羊皮袋を使用しています。

しかし、靴の話は遠くに戻る。すべての宗教の古代宗教テキストでは、何らかの手作りの靴を着ている人々がいます。いくつかは男性のために装飾と丈夫な革底で絶妙に作られたが、女性はより多くの女性型も非常によく作られていた。

ウガンダのアフリカの王ムテアは、すべての市民に1800年代に靴を履かせるよう命じ、靴を持たない人を罰した。彼は特別な暴君でしたが、彼の人々は手織りの華麗な綿のドレスや手作りの靴を履いていましたが、アフリカの他の地域では、当時は素裸でほとんど裸でした。

いつものように、中国人は男性のためのすばらしい靴を設計して作る最前線にいましたが、足を縛らなければならない女性は見えなくなりました。彼らは毛沢東のTungが足の束縛を終わらせるまで美しいものの奇妙な概念を持っていた。女性は長い間生まれたかったのです。

ネイティブアメリカンは、自分の人生をより良くする方法を見つけるために懸命に働いています。インドの村では、まだ生皮のような靴を作り、柔らかくするために何ヶ月も石油に浸しています。彼らはそれをパナヒと呼んでいるが、依然として着用するのは難しい。

古代インド人は私がQUE LAは、この日および年齢では誰shouldsがさえ、「日を身に着けているのだと思いませんので、これまでの男によって設計され、ほとんどあり不快な靴をKharams言うときおそらく、オランダのゴール後にコピーされた有効期限が切れたKharamと呼ばれる木製の靴は私を信じていました。ブラウンの儀式をして私を苦しめたときの苦しみです。

貧しい人々は革新的であり、廃棄されたモータータイヤの使用を最小限に抑え開発し、サンダルを出しました。私はフィリピンのある市場で1日買って、それが重いので私の足を作ったことに気がついたので、誰かに痛いようにそれを喜んで渡しました。

だから、靴産業は大きな産業です。なぜなら、誰もが共通の人々のニーズを知る必要があるからです。彼らの製品の設計と販売に興味を持っているデザイナーが数多くいます。

すべての目的のための靴があります。スポーツシューズ、バレリーナ用シューズ、紳士用シューズ、特別用レディース、子供用シューズ、ティーンエイジャー用シューズ、高齢者用整形外科シューズ、一般人用シューズがあります。あなたに利用可能なクロコダイルレザーの多くの種類があります。ファンシーな光沢のある靴は、常にショーを放つので、誇示しがちな男女は特に好きです。

フィリピンのある女性は、彼女が決して飽きることがないので、3千以上の靴を集めましたが、ほとんどの人は狂っていないし、いくつかの丈夫なペアに満足しています。

今や靴産業は、ゴム、衣類、キャンバス、混合素材、さらにはナイロンやポリエステル素材やラミファッドで靴を作ることで、嫌な靴のバイヤーからお金を稼ぐ新しい方法を見つけました。

私がIndでBataの靴を買った時、人々は笑った1967年には50ルピーであった。それは大使の靴と呼ばれ、非常にうまく作られた。裕福な人だけが身に着けたほど高価だと考えられていたため、人々は大使靴を購入しなかった。バタシューズカンパニーは質の高い靴で知られていますが、スタイルは少し不足しています。今ではどこでも50ルピーのためにそのような靴を買うことは考えられません。私は大きな工場を経営していた南インドのHushpuppies靴のマネージャーであると言いました。

インドは高品質のレザーを生産しており、労働コストは他の国よりも安いため、インドには多くの国際企業が輸出用靴を作っているからです。これは現在の傾向です。国際的な靴会社は、労働供給が無制限であり、労働力が十分に訓練され、低賃金で働くことを望む履物を製造する。学生はカウボーイブーツを身に着けていたので、履いたものと同じくらいファンシーなものも買った。これらのカウボーイブーツは手作業で作られていて、私が余裕がないほどのお金がかかりすぎるように作られています。

しかし、私たちには私の新しいブーツを見つけ、それを本当にうまく噛んだヒッピーを持っているいたずら犬が私の家にあります。私は一年中スリッパや一年中スリッパに投資したことはありません。私は1年に一度しか1日しか着用せず、それを保管場所に戻すことができる非常に良い丈夫な革靴のペアを持っています。レザーシューズ業界の欠点:今、レザーシューズ業界の欠点を考えてみましょう。

分。私たちは革の作り方、作られた場所、革を得るために殺された動物の数は気にしません。私たちは、皮革産業がどのように環境を汚染しているのか、それがどのように水源を汚染するのかは気にしません。どのように皮革に加工され、どのような危険な化学物質がそれらを日焼けさせるのに使われているのかわかりません。私たちは靴屋で美しい光沢のある靴を見て、友達に誇示するためにペアを購入します。

しかし、この業界はひどい欠点があります。北インドのガンガ川に沿って多くの化粧品を持っているカーンプルに行くと、無制限に廃棄物を川に排出する製紙工場の排水で汚染されていることがわかります。それは魚や野生生物を殺し、川の水を化学薬品で腐食させ、革を鞣して処理します。私が知っている同僚は、そのような皮革工場で働いていた人は毒物を扱うことから身体にひどい傷跡を得ました。

米国のレザー労働者:

アメリカの未来への道色々な色の染料で、人々は革を浸して色をつけ、日焼けさせる。彼らは靴産業や、ルイヴィトンなどのハンドバッグやスーツケースのような美しい革を作るが、彼らの健康を犠牲にして価格を払う。革のように見えるが、動物の皮から作られていない人工皮革あなたがその違いを知らないならば、それはあなたをだますことができます。違いを知らない人がたくさんいます。しかし、これらの偽の皮革産業でさえも、化学肥料を投棄して水と環境を汚染しています。

スポーツシューズを必要とする人には、キャンバス、ナイロン布、人工皮革で作られたスポーツシューズが適しています。これらの靴は、足に快適で簡単なのでスポーツに参加していない人でも購入されます。確かに他のもののような偽のスポーツシューズがありますが、そこから選択できる多くの選択肢とデザインがあります。

35077-wood-3-4-man-shoes-pe13

ソース:派手なクロコダイルレザーシューズのGoogle写真。

クロコダイルレザーシューズは、とても高価なので、誰のためでもありません。現在、フィリピンや他の多くの国では、純粋に革のためにこれらの動物を飼育し、莫大な利益を上げる商業的なワニの農場があります。

ベトナムやカンボジアにお越しの場合は、市場でシカのスキンシューズを購入することができます。私は、インドの一人の人間が私から奪い取った仲間がいました。靴は動物の皮から作られているので、靴メーカーは絶滅の危機に瀕した動物から来ているかどうか気にしません。法律。現在絶滅の危機に瀕している動物の皮は高価な毛皮のコート、バッグ、靴を作るために使用されているため、動物の希少種私はこれが行く場所であるかどうか分からない。私は何を期待するか分からない。

それを最大限に生かすことに関しては、それを見ておくことをお勧めします。だから、論文希少動物を殺し、皮は絶滅危惧種の数がdwindling.

wpid-industrial-drains-on-the-river-ganges-in-india-wikicommons-jpg

Sourceあるので、保全を気にしない人に販売されている:tanneries.

Whatの懸念により、インドの河川汚染のGoogleの写真は、ほとんど私は川の汚染であります環境と川を守るための法律はほとんどありません。私たちが足を守るために靴を履きたくないのは事実です。私たちは、いつの日かだけで作られた靴を着用することはできますか?でき政府は、論文の産業は、特に制限はなく、汚染に行くことができるように続け、全国の水の方法は、小川や河川はただ、そのため他の選択肢を持っている業界の需要により死亡させることができます革よりも安全で汚染されていない他の材料?私は答えを知らない。

 

:私のブログを自由に共有したり、いつでもあなたのサイトでそれらを再編集することができます。また、aumolc.tumblr.comにアクセスして大きなフォントで読むこともできます。

RSSフィードに問題がある場合は、いつでもaumolc.wordpress.comにアクセスして、すべてのブログとブックマークのページを読むことができます。 フォローボタンを使用することもできます。 ありがとう。

 

 

Mozuku no fezu de no rezā senshoku no gūguru shashin kare wa ningen yori mo dōbutsu ni nite itanode, genshi hito wa senshi jidai ni kutsu o hakanakatta. Kare no nīzu wa shinpurudeari, kutsu wa fukuma rete imasendeshita. Mokashin wa 19 seiki kōhan ni umare, 19 seiki kōhan ni umaremashita.

Neitibu amerikahito wa senmon-teki ni mokashin o tsukutte ite, sore o haite iru to kanjiru koto ga dekinai hodo kaiteki ni natte imashita. Sore wa tan’nin o fukumu chūshutsu-mono o shiyō shite yawarakaku suru hōhō o mananda hijō ni yawarakai kawa de dekite imashita. Kyōde sae, mokashin wa mottomo kaitekina hakimonodeari, sutairisshuna monode mo aru to kangae rarete imasu.

Dōbutsu no kawa to yōhishi wa, samu-sa kara mamoru tame ni ifuku o tsukuru tame ni tsukawa remashitaga,-go de tento no kabā ya sonohoka no yōto ni shiyō suru fukuro o tsukuru nado, samazamana mokuteki ni shiyō sa rete imashita. Shoki no Ejiputo hito wa, kūki de mitasa reta yagi no kawa o tsukatte ishi o kawa no shita ni ukabemashita. Kyōde sae, Afurika ya hoka no kuni no sūdan de mizu ga ippai no roba o hakonde iru roba o miru koto ga dekimasu.

Watashi wa enkaku sōsa no roba to yonde imashitaga, 一旦水袋 O tsundara, karera wa jibun de mura ni mukaimashita. Karera wa shigoto o atae rareta uni kara no shōdō ga nakute mo, karera ga arukimawaru yō ni karera jishin o orosou to netsubō shite ita kamo shiremasen. Darufūru no seibu de hataraite ita toki, watashi wa sūdan no yagi no kawa kara tsukura reta kawa-sei no baggu o 1tsu motte imashita.

Nazenara, watashi wa tsuneni kuruma no zenbu ni mizu no baggu o motte inakereba naranai to omotte itakaradesu. Arujeriade wa, ki kara burasagatta mizu o shizen ni hiyasu tame ni, yōhi-bukuro o shiyō shite imasu. Shikashi, kutsu no hanashi wa tōku ni modoru. Subete no shūkyō no kodai shūkyō tekisutode wa, nanrakano tedzukuri no kutsu o kite iru hitobito ga imasu. Ikutsu ka wa dansei no tame ni sōshoku to jōbuna kawa soko de zetsumyō ni tsukurareta ga, josei wa yori ōku no josei-gata mo hijō ni yoku tsukura rete ita.

Uganda no Afurika no ō mutea wa, subete no shimin ni 1800-nendai ni kutsu o haka seru yō meiji, kutsu o motanai hito o basshita. Kare wa tokubetsuna bōkundeshitaga, kare no hitobito wa teori no kareina wata no doresu ya tedzukuri no kutsu o haite imashitaga, Afurika no ta no chiikide wa, tōji wa suppadaka de hotondo hadakadeshita. Itsumo no yō ni, chūgokujin wa dansei no tame no subarashī kutsu o sekkei shite tsukuru saizensen ni imashitaga, ashi o shibaranakereba naranai josei wa mienaku narimashita.

Karera wa Mōtakutō no Tung ga ashi no sokubaku o owaraseru made utsukushīmono no kimyōna gainen o motte ita. Josei wa nagaiai umaretakatta nodesu. Neitibuamerikan wa, jibun no jinsei o yori yoku suru hōhō o mitsukeru tame ni kenmei ni hataraite imasu. Indo no murade wa, mada namakawa no yōna kutsu o tsukuri, yawarakaku suru tame ni nan-kagetsu mo sekiyu ni hitashite imasu. Karera wa sore o panahi to yonde iruga, izentoshite chakuyō suru no wa muzukashī.

Kodai indohito wa watashi ga QUE LA wa, kono Ni~Tsuoyobi nenreide wa dare shoulds ga sae,`-bi o mi ni tsukete iru noda to omoimasen’node, kore made no otoko ni yotte sekkei sa re, hotondo ari fukaina kutsu o Kharams iu toki osoraku, Oranda no gōru-go ni kopī sa reta yūkō kigengakireta Kharam to yoba reru mokusei no kutsu wa watashi o shinjite imashita. Buraun no gishiki o shite watashi o kurushimeta toki no kurushimidesu.

Mazushī hitobito wa kakushin-tekideari, haiki sa reta mōtātaiya no shiyō o saishōgen ni osae kaihatsu shi, sandaru o dashimashita. Watashi wa Firipin no aru ichiba de 1-nichi katte, sore ga omoinode watashi no ashi o tsukutta koto ni kigatsuitanode, dareka ni itai yō ni sore o yorokonde watashimashita. Dakara, kutsu sangyō wa ōkina sangyōdesu. Nazenara, daremoga kyōtsū no hitobito no nīzu o shiru hitsuyō ga arukaradesu. Karera no seihin no sekkei to hanbai ni kyōmi o motte iru dezainā ga kazuōku imasu. Subete no mokuteki no tame no kutsu ga arimasu.

Supōtsushūzu, barerīna-yō shūzu, shinshi-yō shūzu, tokubetsu-yō redīsu, kodomo-yō shūzu, tīn’eijā-yō shūzu, kōreishayō seikeigeka shūzu, ippanjin-yō shūzu ga arimasu. Anata ni riyō kanōna kurokodairurezā no ōku no shurui ga arimasu. Fanshīna kōtakunoaru kutsu wa, tsuneni shō o hanatsunode, koji shi-gachina danjo wa tokuni sukidesu. Firipin no aru josei wa, kanojo ga kesshite akiru koto ga nainode, 3 sen ijō no kutsu o atsumemashitaga, hotondo no hito wa kurutte inaishi, ikutsu ka no jōbuna pea ni manzoku shite imasu.

Imaya kutsu sangyō wa, gomu, irui, kyanbasu, kongō sozai, sarani wa nairon ya poriesuteru sozai ya ramifaddo de kutsu o tsukuru koto de, iyana kutsu no baiyā kara okane o kasegu atarashī hōhō o mitsukemashita. Watashi ga Ind de Bata no kutsu o katta toki, hitobito wa waratta1967-Nen ni wa 50 rupīdeatta. Sore wa taishi no kutsu to yoba re, hijō ni umaku tsukura reta. Yūfukuna hito dake ga mi ni tsuketa hodo kōkada to kangae rarete ita tame, hitobito wa taishi kutsu o kōnyū shinakatta.

Batashūzukanpanī wa shitsu no takai kutsu de shira rete imasuga, sutairu wa sukoshi fusoku shite imasu. Ima dewa doko demo 50 rupī no tame ni sono yōna kutsu o kau koto wa kangae raremasen. Watashi wa ōkina kōjō o keiei shite ita minamiindo no Hushpuppies kutsu no manējādearu to iimashita. Indo wa kōhinshitsu no rezā o seisan shite ori, rōdō kosuto wa hoka no kuni yori mo yasui tame, Indo ni wa ōku no kokusai kigyō ga yushutsu-yō kutsu o tsukutte irukaradesu.

Kore wa genzai no keikōdesu. Kokusai-tekina kutsu kaisha wa, rōdō kyōkyū ga museigendeari, rōdō-ryoku ga jūbun ni kunren sa re, tei chingin de hataraku koto o nozomu hakimono o seizō suru. Gakusei wa kaubōibūtsu o mi ni tsukete itanode, haita mono to onaji kurai fanshīna mono mo katta. Korera no kaubōibūtsu wa tesagyō de tsukura rete ite, watashi ga yoyūganai hodo no okane ga kakari sugiru yō ni tsukura rete imasu.

Shikashi, watashitachi ni wa watashi no atarashī būtsu o mitsuke, sore o hontōni umaku kanda hippī o motte iru itazura inu ga watashinoie ni arimasu. Watashi wa ichinenjū surippa ya ichinenjū surippa ni tōshi shita koto wa arimasen. Watashi wa 1-nen ni ichido shika 1-nichi shika chakuyō sezu, sore o hokan basho ni modosu koto ga dekiru hijō ni yoi jōbuna kawagutsu no pea o motte imasu.

Rezāshūzu gyōkai no ketten: Ima, rezāshūzu gyōkai no ketten o kangaete mimashou. Bun. Watashitachiha kawa no tsukurikata, tsukurareta basho, kawa o eru tame ni korosa reta dōbutsu no kazu wa ki ni shimasen. Watashitachiha, hikaku sangyō ga dono yō ni kankyō o osen shite iru no ka, sore ga dono yō ni suigen o osen suru no ka wa ki ni shimasen. Dono yō ni hikaku ni kakō sa re, do no yōna kiken’na kagaku busshitsu ga sorera o hiyake sa seru no ni tsukawa rete iru no ka wakarimasen.

Watashitachiha kutsuya de utsukushī kōtakunoaru kutsu o mite, tomodachi ni koji suru tame ni pea o kōnyū shimasu. Shikashi, kono gyōkai wa hidoi ketten ga arimasu. Kitaindo no gan ga kawa ni sotte ōku no keshōhin o motte iru kānpuru ni iku to, museigen ni haiki-mono o kawa ni haishutsu suru seishi kōjō no haisui de osen sa rete iru koto ga wakarimasu. Sore wa sakana ya yasei seibutsu o koroshi, kawa no mizu o kagaku yakuhin de fushoku sa se, kawa o nameshite shori shimasu.

Watashi ga shitte iru dōryō wa, sono yōna hikaku kōjō de hataraite ita hito wa dokubutsu o atsukau koto kara karada ni hidoi kizuato o emashita. Beikoku no rezā rōdō-sha: Amerika no mirai e no michi iroironairo no senryō de, hitobito wa kawa o hitashite iro o tsuke, hiyake sa seru. Karera wa kutsu sangyō ya, ruivu~iton nado no handobaggu ya sūtsukēsu no yōna utsukushī kawa o tsukuru ga, karera no kenkō o gisei ni shite kakaku o harau.

Kawa no yōnimieru ga, dōbutsu no kawa kara tsukura rete inai jinkō hikaku anata ga sono chigai o shiranainaraba, sore wa anata o damasu koto ga dekimasu. Chigai o shiranaihito ga takusan imasu. Shikashi, korera no nise no hikaku sangyōde sae mo, kagaku hiryō o tōki shite mizu to kankyō o osen shite imasu. Supōtsushūzu o hitsuyō to suru hito ni wa, kyanbasu, nairon nuno, jinkō hikaku de tsukura reta supōtsushūzu ga tekishite imasu.

Korera no kutsu wa, ashi ni kaitekide kantan’nanode supōtsu ni sanka shite inai hito demo kōnyū sa remasu. Tashika ni hoka no mono no yōna nise no supōtsushūzu ga arimasuga, soko kara sentaku dekiru ōku no sentakushi to dezain ga arimasu. Sōsu: Hadena kurokodairurezāshūzu no gūguru shashin. Kurokodairurezāshūzu wa, totemo kōkananode, dare no tamede mo arimasen.

Genzai, Firipin ya hoka no ōku no kunide wa, junsui ni kawa no tame ni korera no dōbutsu o shiiku shi, bakudaina rieki o ageru shōgyō-tekina wani no nōjō ga arimasu. Betonamu ya Kanbojia ni okoshi no baai wa, ichiba de shika no sukinshūzu o kōnyū suru koto ga dekimasu. Watashi wa, Indo no hitori no ningen ga watashi kara ubaitotta nakama ga imashita. Kutsu wa dōbutsu no kawa kara tsukura rete irunode, kutsu mēkā wa zetsumetsu no kiki ni hin shita dōbutsu kara kite iru ka dō ka ki ni shimasen.

Hōritsu. Genzai zetsumetsu no kiki ni hin shite iru dōbutsu no kawa wa kōkana kegawa no kōto, baggu, kutsu o tsukuru tame ni shiyō sa rete iru tame, dōbutsu no kishō-shuWatashi wa kore ga iku bashodearu ka dō ka wakaranai. Watashi wa nani o kitai suru ka wakaranai. Sore o saidaigen ni ikasu koto ni kanshite wa, sore o mite oku koto o o susume shimasu. Dakara, ronbun kishō dōbutsu o koroshi, kawa wa zetsumetsukikushu no kazu ga dwindling.

Source aru node, hozen o kinishinai hito ni hanbai sa rete iru:

Tanneries. What no kenen ni yori, Indo no kasen osen no gūguru no shashin wa, hotondo watashi wa kawa no osendearimasu kankyō to kawa o mamoru tame no hōritsu wa hotondo arimasen. Watashitachi ga ashi o mamoru tame ni kutsu o hakitakunai no wa jijitsudesu. Watashitachiha, itsunohika dake de tsukura reta kutsu o chakuyō suru koto wa dekimasu ka? Deki seifu wa, ronbun no sangyō wa, tokuni seigen wa naku, osen ni iku koto ga dekiru yō ni tsudzuke, zenkoku no mizu no hōhō wa, Ogawa ya kasen wa tada, sonotame hoka no sentakushi o motte iru gyōkai no juyō ni yori shibō sa seru koto ga dekimasu kawa yori mo anzende osen sa rete inai ta no zairyō?

Watashi wa kotae o shiranai.

 

Chū: Watashinoburogu o jiyū ni kyōyū shi tari, itsu demo anata no saito de sorera o sai henshū suru koto ga dekimasu. Mata, aumolc. tumblr. com ni akusesu shite ōkina fonto de yomu koto mo dekimasu. RSS fīdo ni mondai ga aru baai wa, itsu demo aumolc. wordpress. com ni akusesu shite, subete no burogu to bukkumāku no pēji o yomu koto ga dekimasu. Forōbotan o shiyō suru koto mo dekimasu. Arigatō.