Human exploitation ( in Japanese)

人間の搾取:
Inside A Garment Factory As Government Plans To Constitute Panel To Identify Structural Safety Of Garment Factories.

 

出典:Googleの写真

例のないあらゆるところに人間の搾取の流行があります。急速な利益のための欲求と、製造された財の低価格化に対する消費者の要求は、今や貧しい国々で目にする人間の搾取がますます増えている原因になっているようです。

貧しい人々のための雇用創出の姿勢で、これらの国々は、民間の起業家が、貧しい人々が家族に給食を提供し、次の話が強調されるように大きな危険にさらされている評判の悪い地域で、
非常に低い水準の建築物で急速に建てられ、法律が厳しく適用されている先進国で一般的に見られる安全機能は全くありませんでしたが、これはルールがゆるやかなダッカにありました。すべての年齢層の貧しい女性は、この厄介な場所で働いて、安価に販売されていた西洋市場向けの衣服を縫い詰め、所有者にとって莫大な利益を得ました。

のような建物のようなケージは、ほとんどの女性が服を作っていたが昼間は閉じ込められていた刑務所より悪く、疲れた女性たちがシャンティに出て次の日に再び出てきた汗の店で働いて、彼らが家族に餌をあげるのにちょっとしたお金を稼ぐことができました。
ある日、この建物で火事が発生しましたが、誰もその理由を知っていませんでしたが、過熱回路が原因である可能性が最も高く、監督者の残酷で過酷な監督の下、疑いのない女性が仕事に苦しんでいた多くのフロアに急速に広まりました。建物は繊維工場であったため、煙や火事ですべてが枯渇しましたが、スチールのドアは騒々しいところに閉じ込められていましたが、ひどく燃えて窒息死しました。 1000人以上の人々が火の中で死んだ。オーナーは前に逃げました

20121217151910251734_20

出典:Googleの写真

警察は到着し、犯人を見つけ、最終的に彼を正義に導くために逮捕されたが、すぐにお金のためにこの男の欲のために多くの人生が失われた。
政府は、この悲劇的な事件を恥ずかしく思っていました。怠惰な規則や、検査官の腐敗のために決して実施されなかった規則は、他の方法で危険を冒すように簡単に賄うことができます。
このシーンは多くの貧しい国で繰り返され、ヨーロッパや北米向けの衣服などを作るために苛々しい危険な状況下で働くことを余儀なくされています。私はプノンペンでブランドのティーシャツを買うことができましたが、それはあなたがヨーロッパでそれを支払うことになるでしょうが、バングラデシュやその多くの国のように輸出用の服を作る女性を気にする人はいません。

いくつかの衣服は、購入者がバングラデシュやカンボジアの危険な汗の店で作られたと疑わないように、起源を隠すために改名されています。
工場が換気が良く、照明がよく、エアコンが快適で、労働者が安心して出入りすることができれば、労働者はうまく働くことができ、生産性が向上し、バングラデシュでなぜこのような恐ろしい工場が許可されるのかまたはカンボジアの最初の場所ですか?
これはどこにでも腐敗の対象となる。賄賂を払うだけで、ビジネスを開く許可を得ることができます。検査官に賄賂を贈って、所有者がすべての規則を遵守し、施錠されたスチールドアを無視するという証明書を発行します。これらの工場はそこに貯蔵されているすべての可燃性物質のために死亡牛ですが、従業員は貧しい労働条件と施錠された戸口に文句を言うことができません。

これは、光沢のある、清潔で明るく空冷された日本や米国の工場で、毎朝仕事を開始するために労働者が良い給料を取って新車に乗ることができます。彼らは定期的に監督者と会い、すべての問題とその解決方法について話し合うことができる仕組みを持っています。これは、雇用主がより生産的になるために労働者を幸せに保つことの利益を見ているため、良好な管理が行われる場所です。

しかし、第三世界では、このような優れた管理方法はまれにしか受け入れられないため、Daccaのような多くの人生を繰り返し受ける事故が何度も繰り返されています。
私は外国人バイヤーのビデオを見て、彼らが自国で販売するのに必要な基準を満たすように工場の衣服の品質を確認しています。彼らは、唯一の懸念が、安価なものを購入し、それらを最大の利益を生み出すために高額で家に売却することであるため、女性がこれらの美しい服を作るために汗を流す厄介な条件を完全に無視している。
さあ、どこの汗屋に行って何が起こるか見てみましょう。インドのレンガ造りの工場について聞いたことがありますが、10歳の拘束された労働者たちは、

彼らの貧しい両親が長い間、所有者から手の込んだ額を借りてきたからだ。借金と複合金利を払うために、彼らは長年働いているが、所有者が利益を上げている間、彼らの勤労にはほとんど何も得られない。 NGOはこのような過酷な労働条件から児童労働者を守ろうとしますが、オーナーとその警備員は脅威でそれらを追い払います。警察は干渉しないし、エアコン付きの事務所の綿密な閣僚は、政府が法律を制定して悪を止めるために努力していると言っているが、法律は現実的ではない。はい。彼らはバングラデシュやインドで彼らの政府が通過した法律を示しますが、子供と女性が若い肩に重い煉瓦を運んで一日中苦しんでいる間に紙のままです。

あなたはメキシコの工場で貧弱なマキラドラを聞いたかもしれません米国市場のために衣服や多くのものを作る米国の国境の近くでは、女性は彼らが嫌がらせを受けたり、性的に悪用されたり、ひどく扱われる非常に困難な条件下で働いています。米国のバイヤーは、これらの衣類がこれらの貧しい女性によってどのように作られているのか、そしてそれらは誰であるかを知っていますか?彼らは気にしますか?なぜ彼らは憲法に基づいて人権を守るメキシコの法律によって保護されていないのですか?世界中の多くの工場で労働者が広く虐待されていることは重大な懸案事項です。彼らの政府は国連総会に代表者を送り、人権に対する誓約や女性と児童の虐待や搾取からの保護を肯定しますが、家には何も変わりません。

いくつかのNGOによって始まり、より良い働きをしようとしている運動がありますすべての児童労働の条件と禁止。彼らはレンガの工場から子供たちを救出し、学校に送り込んだ。しかし、問題の規模は全員を助ける能力を超えており、正直な警察官によって実行される政府とより厳格な規則や規制の助けが必要ですが、それは秩序の高さです。あなたは子供と女性の掃除をたくさん聞いたことがありますかフィリピンのゴミ山に生ゴミが生き埋めされていますか?これらの子供たちは学校にいて、掃除をしていないが、誰が彼らを助けるべきなのでしょうか?また、彼らはそのような開かれた搾取に対してルールがあることを示していますが、その話は同じです。私は家族から裕福な十代の若者たちがナイトクラブに行って、マニラで楽しい時間を過ごした急に広がったクラブで突然火が鳴って、内面のみを開いた狭いドアを狂って打ち負かす子供たちが燃え尽きて死に至ると、何百もの体が逃げ出した。

なぜドアは広くなく、なぜそれが両方向ではなく内向きにしか開きませんでしたか?天井が引火性の材料で作られた場所の中でなぜ火工品が使われたのですか?建物の検査官や安全検査官はどこにいたのですか?だから私たちは人間の搾取の問題に戻ってきます。人間の搾取は、それが広く普及していて、心を揺さぶるものです。フランスの自動車メーカーは、女性が監督者によって性的に悪用され、非常に賃金が安い工場でアルジェリアの男性と女性を雇ったことを知っていましたか?彼らが誰にも訴えなければ、彼らは解雇された。これらの移民は、賃金が低く、労働条件が悪いだけで働きました。フランスはそのようなことは起こらないが、そうでない先進国であると考えられています。

ムービーのタイトルを思い出すことはできませんが、虐待された少女が彼女の抑圧者と戦っていたこのテーマでは、アルジェリア人によって映画が制作されました。私は子供たちが一日中カーペット工場で働くインドのバドヒに行ってきました。カーペットはどれくらい支払われたのか分かりますか?美しい若い女性が素晴らしいパシュミナのショールやカーペットを作るが、ほとんど手に入れることのできない織機で、一日を疲れさせるカシミールでも同じです。ラクナウの一人の女性は、虐待された女性と少女が、貧しい女性が作った絶妙な手刺繍のショールと服の販売から巨額の利益を得ている仲介者からの死の脅威を受けた所有者、監督者、老齢で盲目になった人もいます。今、この種の女性の努力のおかげで、彼らはより良い労働条件を持って、協同組合を通って彼らの製品を売って、彼らに公正な価格をつけます。

そういうNGOや他の手段を使って虐待されたみんな助けてください。インドの大規模な道路やインフラ整備のために、貧しい男女が雇われ、政府は多額の資金を費やしています。全国でこのようなプロジェクトは何百万人もの人々を雇っていましたが、請負業者は彼らの苦労して得たお金の分け前を使って、いつものように貧しい人々を残しました。彼らが不平を言うと、彼らは解雇された。

新政府はインドのすべての市民にユニバーサルIDカードを発行しました。このカードを使って、政府は勘定に直接支払って仲買人を切り離す銀行口座を開くことができます。私は、貪欲で腐敗した人々による人々の搾取を減らすために、これらの方法を採用することを望みます。同様のシステムをフィリピンで実施しました。そこでは小学校の教師が自らの政府から銀行口座に直接支払われ、こうして貧しく賃金の低い教師を雇用していた中間の男性が切り離されました。法律となった法案を手伝った上院議員は死亡した。

彼は彼が住んでいた国の次の大統領になることができました。私はこれまでの人々の経済的搾取について書いただけですが、他の多くの種類の搾取も同様に悪いです。私たちが知っている宗教的、政治的、民族的、人種的、偏見的または偏見に基づく利用法は、将来のブログで公開する価値があることがわかっています。このような慣習でお金を見る悪人たちがいます。現代の奴隷制度には、戦わなければならない多くの形があり、加害者は正義に服しています。

私は、他国の苦しみを感じ、自分の人生の危険にさらされて何かをする勇気がある、ラクナウのその女性のように。しかし、各国の国家的規模で人間の搾取を止めるには、間違った行為者を罰し、すべての悪用された人間の権利を守る強力で決定的な政府が必要です。それまでは残念です。買い手が奴隷労働の商品を購入しないよう説得することができれば、多くのことを改善し、労働条件を改善し、より高い賃金を支払うように製造業者に圧力をかけることができます。彼らは、輸入品が子供や奴隷の男女によってどこにも作られていないことを消費者に証明するために輸入業者に圧力をかけなければならない。

私が信じる最良の解決策は、国連が承認した国際的な基準に沿うようになるまで、彼らの製品の経済的なボイコットを通じて、これらの悪い人をビジネスから守ることです。これは、奴隷の足首を床に繋ぐ古代ローマの習慣を思い起こさせます彼らがドラマーの鼓動で漕ぎ詰めたギャレー船。彼らは船が海軍の小競り合いの間に攻撃され、すべての手で乗って沈んだとき、恐ろしく亡くなりました。ベンハーがこのような船で生き残ったことを思い出し、ローマ将軍の命を救ったのですか?この類推はバングラデシュ工場に似ているが、2017年にそのようなプラクティスが許容されるのだろうか?人道的な状況下で働き、公正な賃金を得ることは、ドールではなく人権であるため、いつかこの搾取が終わることを願っています。

その間、私たちはNGOや他の人々を通じて、これらの事項を明示し、インターネット上でそれらについて書いたり、Uチューブにビデオをアップロードして、世界中の人々が工場。彼らはあなたの助けと愛が必要です。

 

 

Ningen no sakushu:   Shutten: Gūguru no shashin zenrei no nai arayuru tokoro ni ningen no sakushu no ryūkō ga arimasu. Kyūsokuna rieki no tame no yokkyū to, seizō sa reta zai no teikakakuka ni taisuru shōhisha no yōkyū wa, imaya mazushī kuniguni de menisuru ningen no sakushu ga masumasu fuete iru gen’in ni natte iru yōdesu.

Mazushī hitobito no tame no koyō sōshutsu no shisei de, korera no kuniguni wa, minkan no kigyōka ga, mazushī hitobito ga kazoku ni kyūshoku o teikyō shi,-ji no hanashi ga kyōchō sa reru yō ni ōkina kiken ni sarasa rete iru hyōban no warui chiiki de, hijō ni hikui suijun no kenchiku-mono de kyūsoku ni tate rare, hōritsu ga kibishiku tekiyō sa rete iru senshinkoku de ippantekini mirareru anzen kinō wa mattaku arimasendeshitaga, koreha rūru ga yuruyakana Dakka ni arimashita.

Subete no nenrei-sō no mazushī josei wa, kono yakkaina basho de hataraite, anka ni hanbai sa rete ita seiyō ichiba-muke no ifuku o nui-dzume, shoyū-sha ni totte bakudaina rieki o emashita. Ko no yōna tatemono no yōna kēji wa, hotondo no josei ga fuku o tsukutte itaga hiruma wa tojikome rarete ita keimusho yori waruku, tsukareta josei-tachi ga shanti ni dete tsugunohi ni futatabi detekita ase no mise de hataraite, karera ga kazoku ni esa o ageru no ni chottoshita okane o kasegu koto ga dekimashita.

Aru Ni~Tsu, kono tatemono de kaji ga hassei shimashitaga, dare mo sono riyū o shitte imasendeshitaga, kanetsu kairo ga gen’indearu kanōsei ga mottomo takaku, kantoku-sha no zankokude kakokuna kantoku no shimo, utagai no nai josei ga shigoto ni kurushinde ita ōku no furoa ni kyūsoku ni hiromarimashita. Tatemono wa sen’i kōjōdeatta tame, kemuri ya kaji de subete ga kokatsu shimashitaga, suchīru no doa wa sōzōshī tokoro ni tojikome rarete imashitaga, hidoku moete chissoku-shi shimashita. 1000-Ri ijō no hitobito ga hi no naka de shinda. Ōnā wa mae ni nigemashita

shutten: Gūguru

no shashin keisatsu wa tōchaku shi, han’nin o mitsuke, saishūtekini kare o seigi ni michibiku tame ni taiho sa retaga, sugu ni okane no tame ni kono otoko no yoku no tame ni ōku no jinsei ga ushinawa reta. Seifu wa, kono higeki-tekina jiken o hazukashiku omotte imashita. Taidana kisoku ya, kensakan no fuhai no tame ni kesshite jisshi sa renakatta kisoku wa, hokanohōhō de kikenwookasu-yō ni kantan ni makanau koto ga dekimasu. Kono shīn wa ōku no mazushī kuni de kurikaesa re, yōroppa ya Hokubei-muke no ifuku nado o tsukuru tame ni iraira shī kiken’na jōkyō-ka de hataraku koto o yoginaku sa rete imasu.

Watashi wa Punonpen de burando no tīshatsu o kau koto ga dekimashitaga, sore wa anata ga yōroppa de sore o shiharau koto ni narudeshouga, Banguradeshu ya sono ōku no kuni no yō ni yushutsu-yō no fuku o tsukuru josei o kinisuru hito wa imasen. Ikutsu ka no ifuku wa, kōnyū-sha ga Banguradeshu ya Kanbojia no kiken’na ase no mise de tsukura reta to utagawanai yō ni, kigen o kakusu tame ni kaimei sa rete imasu.

Kōjō ga kanki ga yoku, shōmei ga yoku, eakon ga kaitekide, rōdō-sha ga anshin shite deiri suru koto ga dekireba, rōdō-sha wa umaku hataraku koto ga deki, shōsansei ga kōjō shi, Banguradeshu de naze kono yōna osoroshī kōjō ga kyoka sa reru no ka matawa Kanbojia no saisho no bashodesu ka? Kore wa doko ni demo fuhai no taishō to naru. Wairo o harau dake de, bijinesu o hiraku kyoka o eru koto ga dekimasu.

Kensakan ni wairo o okutte, shoyū-sha ga subete no kisoku o junshu shi, sejō sa reta suchīrudoa o mushi suru to iu shōmei-sho o hakkō shimasu. Korera no kōjō wa soko ni chozō sa rete iru subete no kanenseibusshitsu no tame ni shibō ushidesuga, jūgyōin wa mazushī rōdō jōken to sejō sa reta toguchi ni monku o iu koto ga dekimasen. Kore wa, kōtakunoaru, seiketsude akaruku kūrei sa reta Nihon ya Beikoku no kōjō de, maiasa shigoto o kaishi suru tame ni rōdō-sha ga yoi kyūryō o totte shinsha ni noru koto ga dekimasu.

Karera wa teikitekini kantoku-sha to ai, subete no mondai to sono kaiketsu hōhō ni tsuite hanashiau koto ga dekiru shikumi o motte imasu. Kore wa, koyōshu ga yori seisan-teki ni naru tame ni rōdō-sha o shiawase ni tamotsu koto no rieki o mite iru tame, ryōkōna kanri ga okonawa reru bashodesu. Shikashi, daisansekaide wa, kono yō na sugureta kanri hōhō wa mare ni shika ukeire rarenai tame, Dacca no yōna ōku no jinsei o kurikaeshi ukeru jiko ga nando mo kurikaesa rete imasu.

Watashi wa gaikoku hito baiyā no bideo o mite, karera ga jikoku de hanbai suru no ni hitsuyōna kijun o mitasu yō ni kōjō no ifuku no hinshitsu o kakunin shite imasu. Karera wa, yuiitsu no kenen ga, ankana mono o kōnyū shi, sorera o saidai no rieki o umidasu tame ni kōgakude ie ni baikyaku suru kotodearu tame, josei ga korera no utsukushī fuku o tsukuru tame ni ase o nagasu yakkaina jōken o kanzen ni mushi shite iru. Sā, doko no ase-ya ni itte nani ga okoru ka mite mimashou. Indo no renga-dzukuri no kōjō ni tsuite kiita koto ga arimasuga, 10-sai no kōsoku sa reta rōdō-sha-tachi wa,

Karera no mazushī ryōshin ga nagaiai, shoyū-sha kara tenokonda-gaku o karite kitakarada. Shakkin to fukugō kinri o harau tame ni, karera wa naganen hataraite iruga, shoyū-sha ga rieki o agete iru ma, karera no kinrō ni wa hotondo nani mo e rarenai. Ngo wa kono yōna kakokuna rōdō jōken kara jidō rōdō-sha o mamorou to shimasuga, ōnā to sono anchisukiru wa kyōi de sorera o oiharaimasu.

Keisatsu wa kanshō shinaishi, eakon-tsuki no jimusho no menmitsuna kakuryō wa, seifu ga hōritsu o seitei shite aku o tomeru tame ni doryoku shite iru to itte iruga, hōritsu wa genjitsu-tekide wanai. Hai. Karera wa Banguradeshu ya Indo de karera no seifu ga tsūka shita hōritsu o shimeshimasuga, kodomo to josei ga wakai kata ni omoi renga o hakonde ichinichijū kurushinde iru ma ni kami no mamadesu.

Anata wa Mekishiko no kōjō de hinjakuna makiradora o kiita kamo shiremasen Beikoku ichiba no tame ni ifuku ya ōku no mono o tsukuru Beikoku no kokkyō no chikakude wa, josei wa karera ga iyagarase o uke tari, seiteki ni akuyō sa re tari, hidoku atsukawa reru hijō ni kon’nan’na jōkenka de hataraite imasu. Beikoku no baiyā wa, korera no irui ga korera no mazushī josei ni yotte dono yō ni tsukura rete iru no ka, soshite sorera wa daredearu ka o shitte imasu ka? Karera wa ki ni shimasu ka?

Naze karera wa kenpō nimotozuite jinken o mamoru Mekishiko no hōritsu ni yotte hogo sa rete inai nodesu ka? Sekaijū no ōku no kōjō de rōdō-sha ga hiroku gyakutai sa rete iru koto wa jūdaina ken’an jikōdesu. Karera no seifu wa Kokuren sōkai ni daihyō-sha o okuri, jinken ni taisuru seiyaku ya josei to jidō no gyakutai ya sakushu kara no hogo o kōtei shimasuga,-ka ni wa nani mo kawarimasen. Ikutsu ka no ngo ni yotte hajimari, yoriyoi hataraki o shiyou to shite iru undō ga arimasu subete no jidō rōdō no jōken to kinshi.

Karera wa renga no kōjō kara kodomo-tachi o kyūshutsu shi, gakkō ni okurikonda. Shikashi, mondai no kibo wa zen’in o tasukeru nōryoku o koete ori, shōjikina keisatsukan ni yotte jikkō sa reru seifu to yori genkakuna kisoku ya kisei no tasuke ga hitsuyōdesuga, soreha chitsujo no taka-sadesu. Anata wa kodomo to josei no sōji o takusan kiita koto ga arimasu ka Firipin no gomi yama ni hagomi ga ikiume sa rete imasu ka? Korera no kodomo-tachi wa gakkō ni ite, sōji o shite inaiga, dare ga karera o tasukerubekina nodeshou ka?

Mata, karera wa sono yōna aka reta sakushu ni taishite rūru ga aru koto o shimeshite imasuga, sono-wa wa onajidesu. Watashi wa kazoku kara yūfukuna jūdai no wakamono-tachi ga naitokurabu ni itte, Manira de tanoshī jikan o sugoshita kyū ni hirogatta kurabu de totsuzen hi ga natte, naimen nomi o aita semai doa o kurutte uchi makasu kodomo-tachi ga moetsukite shi ni itaru to, nan hyaku mo no karada ga nigedashita.

Naze doa wa hirokunaku, naze sore ga ryōhōkōde wanaku uchi muki ni shika hirakimasendeshita ka? Tenjō ga inka-sei no zairyō de tsukura reta basho no naka de naze kakō-hin ga tsukawa reta nodesu ka? Tatemono no kensakan ya anzen kensakan wa dokoni ita nodesu ka? Dakara watashitachiha ningen no sakushu no mondai ni modotte kimasu. Ningen no sakushu wa, sore ga hiroku fukyū shite ite, kokoro o yusaburu monodesu.

Furansu no jidōsha mēkā wa, josei ga kantoku-sha ni yotte seiteki ni akuyō sa re, hijō ni chingin ga yasui kōjō de Arujeria no dansei to josei o yatotta koto o shitte imashita ka? Karera ga darenimo uttaenakereba, karera wa kaiko sa reta. Korera no imin wa, chingin ga hikuku, rōdō jōken ga warui dake de hatarakimashita. Furansu wa sono yōna koto wa okoranai ga,-sōdenai senshinkokudearu to kangae rarete imasu. Mūbī no taitoru o omoidasu koto wa dekimasenga, gyakutai sa reta shōjo ga kanojo no yokuatsu-sha to tatakatte ita kono tēmade wa, Arujeria hito ni yotte eiga ga seisaku sa remashita.

Watashi wa kodomo-tachi ga ichinichijū kāpetto kōjō de hataraku Indo no badohi ni ittekimashita. Kāpetto wa dore kurai shiharawa reta no ka wakarimasu ka? Utsukushī wakai josei ga subarashī pashumina no shōru ya kāpetto o tsukuru ga, hotondo te ni ireru koto no dekinai shokki de, tsuitachi o tsukare saseru kashimīru demo onajidesu.

Rakunau no hitori no josei wa, gyakutai sa reta josei to shōjo ga, mazushī josei ga tsukutta zetsumyōna te shishū no shōru to fuku no hanbai kara kyogaku no rieki o ete iru chūkai-sha kara no shi no kyōi o uketa shoyū-sha, kantoku-sha, rōrei de mōmoku ni natta hito mo imasu. Ima, kono tane no josei no doryoku no okage de, karera wa yoriyoi rōdō jōken o motte, kyōdō kumiai o kayotte karera no seihin o utte, karera ni kōseina kakaku o tsukemasu.

Sōiu ngo ya hoka no shudan o tsukatte gyakutai sa reta min’na tasuketekudasai. Indo no ōkibona dōro ya infura seibi no tame ni, mazushī danjo ga yatowa re, seifu wa tagaku no shikin o tsuiyashite imasu. Zenkoku de kono yōna purojekuto wa nan hyaku man-ri mo no hitobito o yatotte imashitaga, ukeoi gyōsha wa karera no kurō shite eta okane no wakemae o tsukatte, itsumo no yō ni mazushī hitobito o nokoshimashita. Karera ga fuheiwoiu to, karera wa kaiko sa reta.

Shin seifu wa Indo no subete no shimin ni yunibāsaru ID kādo o hakkō shimashita. Kono kādo o tsukatte, seifu wa kanjō ni chokusetsushihara tte nakagainin o kirihanasu ginkō kōza o hiraku koto ga dekimasu. Watashi wa, don’yoku de fuhai shita hitobito ni yoru hitobito no sakushu o herasu tame ni, korera no hōhō o saiyō suru koto o nozomimasu. Dōyō no shisutemu o Firipin de jisshi shimashita. Sokode wa shōgakkō no kyōshi ga mizukara no seifu kara ginkō kōza ni chokusetsu shiharawa re, kōshite mazushiku chingin no hikui kyōshi o koyō shite ita chūkan no dansei ga kirihanasa remashita. Hōritsu to natta hōan o tetsudatta Jōin giin wa shibō shita.

Kare wa kare ga sunde ita kuni no tsugi no daitōryō ni naru koto ga dekimashita. Watashi wa kore made no hitobito no keizai-teki sakushu ni tsuite kaita dakedesuga, hoka no ōku no shurui no sakushu mo dōyō ni waruidesu. Watashitachi ga shitte iru shūkyō-teki, seidjiteki, minzoku-teki, jinshu-teki, henken-teki matawa henken ni motodzuku riyō-hō wa, shōrai no burogu de kōkai suru kachi ga aru koto ga wakatte imasu. Ko no yōna kanshū de okane o miru akunin-tachi ga imasu. Gendai no dorei seido ni wa, tatakawanakereba naranai ōku no katachi ga ari, kagai-sha wa seigi ni fuku shite imasu. Watashi wa, takoku no kurushimi o kanji, jibun no jinsei no kiken ni sarasa rete nanika o suru yūki ga aru, rakunau no sono josei no yō ni.

Shikashi, kakkoku no kokka-teki kibo de ningen no sakushu o tomeru ni wa, machigatta kōi-sha o basshi, subete no akuyō sa reta ningen no kenri o mamoru kyōryokude ketteitekina seifu ga hitsuyōdesu. Sore made wa zan’nendesu. Kaite ga dorei rōdō no shōhin o kōnyū shinai yō settoku suru koto ga dekireba, ōku no koto o kaizen shi, rōdō jōken o kaizen shi, yori takai chingin o shiharau yō ni seizō gyōsha ni atsuryoku o kakeru koto ga dekimasu. Karera wa, yunyū-hin ga kodomo ya dorei no danjo ni yotte dokoni mo tsukura rete inai koto o shōhisha ni shōmei suru tame ni yunyū gyōsha ni atsuryoku o kakenakereba naranai.

Watashi ga shinjiru sairyō no kaiketsusaku wa, Kokuren ga shōnin shita kokusai-tekina kijun ni sou yō ni naru made, karera no seihin no keizai-tekina boikotto o tsūjite, korera no warui hito o bijinesu kara mamoru kotodesu. Kore wa, dorei no ashikubi o yuka ni tsunagu kodai rōma no shūkan o omoiokosa semasu karera ga doramā no kodō de kogi tsumeta gyarē-sen. Karera wa fune ga kaigun no kozeriai no ma ni kōgeki sa re, subete no te de notte shizunda toki, osoroshiku nakunarimashita.

Benhā ga ko no yōna fune de ikinokotta koto o omoidashi, rōma shōgun no inochi o sukutta nodesu ka? Kono ruisui wa Banguradeshu kōjō ni nite iruga, 2017-nen ni sono yōna purakutisu ga kyoyō sa reru nodarou ka? Jindōtekina jōkyō-ka de hataraki, kōseina chingin o eru koto wa, dōrude wanaku jinkendearu tame, itsuka kono sakushu ga owaru koto o negatte imasu.

Sonoaida, watashitachiha ngo ya hoka no hitobito o tsūjite, korera no jikō o meiji shi, intānetto-jō de sorera ni tsuite kai tari, U chūbu ni bideo o appurōdo shite, sekaijū no hitobito ga kōjō. Karera wa anata no tasuke to ai ga hitsuyōdesu.

Human migration ( in Japanese)

 

323494

出典:Googleの写真

人間の移行

人間は、彼らは数年前のアフリカの何百万人でリフトバレーに直立eversince移行してきました。人口はその後、非常に小さかった彼らは深刻なので、問題を-起源のその場所は、それらを提供したり、希少だったことができませんでしたときに食料や避難所を見つけるためにそうすることが、それは何ではないされています。

小グループは、自らを切り離し、資源をめぐる大きなグループとの競合を避けるために、しばしば緑の牧草地や場所に移りました。この移行は、数千年とほとんど自主何の長い期間にわたって行われました。彼らは食料や水などの資源の新しい国が豊か見つけたとき、彼らは新しい場所は寒いとあまり親切であっても落ち着きました。彼らは厚い動物の皮の服を身に着けていることによって新しい環境にangepasstとして生きるために石や見つかった洞窟に強い全天候シェルターを作りました。

THUS私たちの祖先はヨーロッパに移動し、他の人は東に向かって海岸に沿って移動し、どこでも巧妙な気候、食品への適応小グループに定住しても、明確な文化とその物理的な機能を開発しました。

東への移動者がかなりの程度まで浅黒い肌を維持しながら、ヨーロッパの非常に寒さと過酷な気候で、彼らは、顔料と白wurdeを流しました。インター繁殖さまざまなサブグループ内では、ネアンデルタール人に似て以降、私たちすべてが下降誰からホモ・サピエンスに何かにそれらを変更しました。

我々はなっているものに暗い肌のアフリカからのこの変換は非常に長い時間が、どのような進化と移行の結果を取ったが、我々は、マーカー遺伝子としての科学者の用語が住んでいる人に発見されたなかったものを通じ、当社のアフリカの祖先との強いリンクを維持します世界のさまざまな部分で、今日。

このバックグラウンドは、私たちは、今日の移行は、アフリカからヨーロッパへ、ヨーロッパ、さらにはオーストラリアや北米に中東の紛争地域から行われているんでしたに移りましょうと。やった人たちは戦争の結果として、経済的な理由や政治的な理由のためにすべての方向に移行しているようです。

オーストラリアはイギリスの誰かがちょうど食パンを盗むが、ほとんど重大な犯罪で有罪判決を受けた人々は、男性だけでなく女性や、いくつかの子供が含まれていなかったために輸送何流刑地を考慮時間がありました。それだけで、おそらく古代アフリカの移行の結果としてそこに数十の千年前に到着したそのネイティブの人口を持っていなかった広大な国です。彼らは前に白い人に会っていないが、それらを歓迎し、それらについての好奇心だったんでした。
新規参入が劣る人としてひどくネイティブの人口を治療することを決定し、原住民それらを呼ばれると、この歓迎の態度とその好奇心は減少します。彼らは、彼らの豊かな文化と長い歴史を無視し、野蛮それらを呼ばれます。白の人口はゆっくりと成長し、など、シドニー、メルボルン、ブリスベンなどの都市が設立され、今日の繁栄た東の海岸に落ち着いこれらの初期の頃からは程遠いですでした。

Still広大な大陸を検索:オーストラリアなど、総人口のほとんどが東部に集中し、約20万人で、極小のまま。しかし、政府は、オーストラリアに定住し、処理を取得するための時間の長い期間を待つ必要が非常にいくつかの新しい移民を受け入れることができます制限しをした非常に厳格な移民政策を持っています。移民ビザを取得するための平均待機期間は約8〜10年があります。

まだ彼らの引き裂かれた国中東のか、他の場所を逃れて難民の犬の赤がガタガタ船でオーストラリアに到達するために命を危険にさらす沿岸警備隊によって半ば海で傍受されなかったと不運な人はどこにいくつかの沖合の島に一時的な避難所に連れて行かれていますちょうど彼らの運命はオーストラリアの政府によって決定されるのを待っている年間のしおれます。

人々は本土で普通の生活を生きるために出すために必死ですbutオーストラリアはそれらを望んでいないし、それらをどうするか知らないためOften weは、これらの避難所暴動、ハンガーストライキや死亡のを聞きます。彼らは米国にのみ2,000難民を送りたいと思ったオバマ大統領が合意していたが、新大統領はそれらを断りました。それでも多くの人々がより良い生活を期待し、検索船が嵐で転覆WHENしばしば溺れオーストラリアに向かっていない耐航ボートで発見されています。人身売買は彼らに何が起こるか気にしない人、それらのうち、お金を稼ぎます。

私たちは、飢えと脱水アフリカの完全なボートは、その後、一時的な避難所と処理のためにランペドゥーサ島に持参イタリア語やスペイン語の沿岸警備隊によって地中海に傍受された場合、ほぼ毎日、この悲劇を参照してください。数千人がヨーロッパをこのように到達しようと多くの同じルートをたどる死亡しています。

人身売買は、お金を稼ぐ人々はプロセスに停止しました。イタリア、フランス、英国への押しを生き延びた者。いくつかは、ドイツ、北欧諸国やギリシャに到達してみてください。あなたはカレーや合成貧しい人々が動物のように生活しDesperある他の場所での大規模な不法占拠キャンプが表示されます一部の国ではそれらを取るために待っている間に食料、水や避難所のような彼らの基本的な必需品を得るために食べました。あなたは、安価な装身具を販売ローマの路上でそれらを見ることができます。あなたは、彼らがアフリカの彫刻、マスクや彼らが作るものを売るフランスの小さな町でそれらを見ることができます。生き残るために彼らの闘争は長く、painful.

Economicの移行です。 :豊かな国での仕事を求めている出稼ぎ労働者は数百万人で、負荷世紀、まだ数今日で最も多かったです。 Theywereは、英国、フランス人、ドイツ人によって植民地にし、すべてのそれらの国は、論文の移住者は、彼らは静かに今日残るアフリカとさえスリナムの多くの部分にフィジーから広がって彼らの農場や農園を実行するために、安価な労働力を必要としませんでした。 anyインドが結合した労働者として当時のビザまたはカスタム・レギュレーションwithout大英帝国の任意の部分に移動するが、多くの教育を受けた人々がイギリスに行き、そこに定住のためにそれは簡単でした。

あなたはどこにでもそれらを見ると根本英国の可能性とは思わなかったやり方でやった小さな国の人口動態を変更しただけではイギリスのアジア人の何百万人が存在することになります。締め、オーストラリアへの移民ビザの期間を待って静かな人のようであるされているように、一部には、それらを再送し、新鮮な移民法に停止をしたいし始めているOFT過程で死に窒息コンテナバンやトラックに不法きます。ヨーロッパの小さな国がちょうどギリシャやイタリアに到達し紛らすためにガタガタボートでトルコから横断しようとしsight.Theyでは終わりに来続けた移民の大洪水に対処することができないのでそれは悲しい状況です。

多くの場合、彼らの体は若い3のように歳ウォッシュアップ上陸彼らは新しいhome.Theを見つけようとface絶望のハイライトをした難民ました:今等によるイラク、シリア、アフガニスタン、などの多くの国での紛争に数千人の犬の赤があります非常に新しい家を求めて故郷を逃れてきた絶望的な人々は、他の場所でどこtheywillは、どの国が彼らがそう何をしたいとは思いませんでした見つけることが唯一の安全な感じ?彼らはtheywereため、その国ではよく生きるための手段を持つ人々の経済移民はありませんが、戦争が彼らのためにすべてを変えました。

彼らは移行なぜあなたはそれらを求める場合は、theywillは、それが自分たちの生活を保存することでなかったと言います。彼らは、戦争が終わるが、それがいつ終了するか、新しい競合が再びどこかで燃え上がるかどう誰も知らないときは家に戻りたいです。いくつかは、両国に分けSinjarまたはKurds.Whenインドのこれらの貧しい人々のようなテロリストによってによる迫害と民族浄化への逃亡、パキスタンに住むヒンズー教徒はインドに逃れ、インドのいくつかのイスラム教徒はパキスタンに逃げ、万人が死亡しましたでプロセス。

これらの難民は何も到着し、彼らは誰からも少し助けを受けているため、インドに定住ひどい時間を過ごしました。パキスタンおよびその他のイスラム教徒の国における少数民族のこの迫害は彼らの限られた資源の中にある程度の論文の人々に安全なhaven.The UNHCRと多くのNGOの助けに論文貧しい人々の移動に結果の今日でもを継続し、常により多くのドナー国からの資金が、規模を追求しますトラブルの有意義なway.Thereで戦争が南部で起こっていたので、南スーダンからの難民数千人の犬の赤がひどい条件と悲惨な貧困に住んでいたスーダンでちょうどハルツーム外のテント村をそれらをして助けしようとする試みを挑みます。

戦争が終わったときに彼らは戻って、南スーダンに行って、戦争は悲惨と死のサイクルを再起動ライバルとの間で再び勃発するまで、人々は路上で踊っている間、国連事務総長コフィー・アナン鳴り物入りで新しい国の誕生に出席しました。私は夜の間にエル・オベイドにもたらさ体でダウンロードfreighttrainsを見るために使用されるが、スーダン政府は、誰もが彼らの損失を見たいと思っていませんでした。庇護希望者は:そして、彼らは他の国に亡命を脱出し、発見することを求めるので、彼らは執拗に迫害されているように、自国政府とその腐敗したポリシー違法に反対して話すそれらの人々は彼らの問題に同情されたのがあります。

私はロシアの代表団の一部が変装して脱出し亡命を求めて米国大使館に達し、大使を唖然として何デリーを訪問する方法スベスターリン覚えています。彼女は彼女何が、これは普通の北朝鮮には発生しませんが、脱出しようとしpeople.Poor国のような彼らの刑務所と彼らはラオス国境まで電車を取るどこから中国に行く人だったので彼女は、安全性に到達するためにメコンを泳いで渡る、亡命を与えられました反対側の、タイへ脱出。彼らは生きたいが、韓国は唯一の石投げ離れ北朝鮮から離れることができないthattheyある場合はそこから彼らは韓国に達します。彼らは地雷やその他の危険に散らばっ国境を越えることはできません。

多くは東Germany.The南米で死の部隊、薬、彼らの国での貧困と悲惨をエスケープ非常に大きな数字で北へ逃亡し、米国でのより良いと安全な生活を求めて同じように横切るようにしようとして死亡していました。米国彼らもそうエルパソまたは他の場所に到達するためにfreighttrainsに乗って登ります。彼らは日常彼らは維持するために国境沿いの壁の構築について話している彼らのown.Nowで砂漠を渡るお金の良い和のために米国にそれらをこっそりコヨーテと呼ばれ、渇きで死ぬためにそれらを残して、人身売買の犠牲にされていますヘルプと思いやりが、同情を必要とするこれらの貧しい人々のうち、供給不足で、これらの日です。

負荷時にはヨーロッパにあったので、多くの人がスイスに到達するためにドイツを脱出しようとしましたが、非常に少数のは、自分たちの生活を危険にさらす危険な旅を成功しました。スペインはなかったので、多くの難民がカサブランカ通過が亡命を求めた戦争中に中立残ったイングリッド・バーグマン映画カサブランカのことを思い出します。ドレスデンはスイスに脱出し、到達しようとしましたが、一つの理由または他のためにわずか数succeeded.The人間の移行が永遠に続いていると人々がより良い生活を脱出したいので、いつでもすぐに停止することはありません付近のいくつかの連合軍捕虜はKolditz城に保管しましたどこか自分たちの生活のリスクが必死彼らはあります。

貧困、戦争、迫害、疫病や他の理由は、論文の人々をプッシュするが、溶液何ですか?戦争の終わりには、再び再構築することができthatthey自分の家に戻ってそれらをもたらすことができます。一部の人々はテロリストや他の都市から解放されていなかったバックモースルに動いているシリアのホムスとRaqqaでjihadistsがクリアされています。しかしjihadistsは、がんがやったように、ハードコアjihadistsの限り致命的なイデオロギーは、戦争が再びすべての上に移行を開始するさまざまな部分に燃え上がるますままにして体のどこかに成長しています。多くの先進国は、彼らのドアを開け、彼らの助けを求めると、それらを保つために壁を構築していない多くの人々に取る必要があります。

彼らは経済が成長を助けると他の人のための雇用を創出するので移民は資産ではなく負債です。迫害と死が自分の順番でpriority.Theの移民を与えられるshoulderstand逃げる人は早く彼らがしていない国の言語や彼らの習慣や文化を学ぶことではない彼らの自身の飛び地に留まることができるよう、彼らの新しい国に同化しようとする必要があります。ヨーロッパでは彼らの自主隔離を見て悲しいですし、アメリカはその後のトラブルを作り始める若者の過激につながりました。多くの言語を話す者は、自分自身の本質を維持しながら、それが簡単に新しい社会に同化して検索します。

あなたは彼らと流暢なフランス語を話す場合だけで驚きでフランス人の笑顔を見て。彼らはすぐにあなたに開くと友情の手を拡張します。私はexperience.Iは我々のthatthis美しい世界はどこかに私たちは思いやりと理解している必要があります.ALL皆のための部屋を持っていると信じて検討してきたので、私はこれを知っています

 

 

 

Ningen no ikō   shutten: Gūguru no shashin ningen wa, karera wa sūnenmae no Afurika no nan hyaku man-ri de rifutobarē ni chokuritsu eversince ikō shite kimashita. Jinkō wa sonogo, hijō ni chīsakatta karera wa shinkokunanode, mondai o – kigen no sono basho wa, sorera o teikyō shi tari, kishōdatta koto ga dekimasendeshita toki ni shokuryō ya hinansho o mitsukeru tame ni sō suru koto ga, sore wa nanide wanai sa rete imasu.

Ko gurūpu wa, mizukara o kirihanashi, shigen o meguru ōkina gurūpu to no kyōgō o yokeru tame ni, shibashiba midori no bokusō-chi ya basho ni utsurimashita. Kono ikō wa, sū sen-nen to hotondo jishu nani no nagai kikan ni watatte okonawa remashita. Karera wa shokuryō ya mizu nado no shigen no atarashī kuni ga yutaka mitsuketa toki, karera wa atarashī basho wa samuito amari shinsetsudeatte mo ochitsukimashita.

Karera wa atsui dōbutsu no kawa no fuku o mi ni tsukete iru koto ni yotte atarashī kankyō ni angepasst to shite ikiru tame ni ishi ya mitsukatta dōkutsu ni tsuyoi zentenkō sherutā o tsukurimashita. THUS watashitachi no sosen wa yōroppa ni idō shi, hokanohito wa azuma ni mukatte kaigan ni sotte idō shi, doko demo kōmyōna kikō, shokuhin e no tekiō ko gurūpu ni teijū shite mo, meikakuna bunka to sono butsuri-tekina kinō o kaihatsu shimashita.

Azuma e no idō-sha ga kanari no teido made asaguroi hada o iji shinagara, yōroppa no hijō ni samu-sa to kakokuna kikō de, karera wa, ganryō to shiro wurde o nagashimashita. Intā hanshoku samazamana sabugurūpu-naide wa, neanderutāru hito ni nite ikō, watashitachi subete ga kakō dare kara homo sapiensu ni nanika ni sorera o henkō shimashita.

Wareware wa natte iru mono ni kurai hada no Afurika kara no kono henkan wa hijō ni nagai jikan ga, do no yōna shinka to ikō no kekka o tottaga, wareware wa, mākā idenshi to shite no kagaku-sha no yōgo ga sunde iru hito ni hakken sa reta nakatta mono o tsūji, tōsha no Afurika no sosen to no tsuyoi rinku o iji shimasu sekai no samazamana bubun de, kyō. Kono bakkuguraundo wa, watashitachiha, kyō no ikō wa, Afurika kara yōroppa e, yōroppa, sarani wa ōsutoraria ya Hokubei ni Chūtō no funsō chiiki kara okonawa rete iru ndeshita ni utsurimashou to.

Yatta hito-tachi wa sensō no kekka to shite, keizai-tekina riyū ya seiji-tekina riyū no tame ni subete no hōkō ni ikō shite iru yōdesu. Ōsutoraria wa Igirisu no darekaga chōdo shokupan o nusumu ga, hotondo jūdaina hanzai de uzaihanketsu o uketa hitobito wa, dansei dakedenaku josei ya, ikutsu ka no kodomo ga fukuma rete inakatta tame ni yusō nan ryūkeichi o kōryo jikan ga arimashita.

Sore dake de, osoraku kodai Afurika no ikō no kekka to shite soko ni sū jū no sen’nenmae ni tōchaku shita sono neitibu no jinkō o motte inakatta kōdaina kunidesu. Karera wa mae ni shiroi hito ni atte inaiga, sorera o kangei shi, sorera ni tsuite no kōkishindatta ndeshita. Shinki san’nyū ga otoru hito to shite hidoku neitibu no jinkō o chiryō suru koto o kettei shi, genjūmin sorera o yoba reru to, kono kangei no taido to sono kōkishin wa genshō shimasu.

Karera wa, karera no yutakana bunka to nagai rekishi o mushi shi, yaban sorera o yoba remasu. Shiro no jinkō wa yukkuri to seichō shi, nado, shidonī, Meruborun, Burisuben nado no toshi ga setsuritsu sa re, kyō no han’eita azuma no kaigan ni ochitsui korera no shoki no koro kara wa hodotōidesudeshita. Sutiru kōdaina tairiku o kensaku: Ōsutoraria nado, sō jinkō no hotondo ga tōbu ni shūchū shi, yaku 20 man-ri de, kyokushō no mama. Shikashi, seifu wa, ōsutoraria ni teijū shi, shori o shutoku suru tame no jikan no nagai kikan o matsu hitsuyō ga hijō ni ikutsu ka no atarashī imin o ukeireru koto ga dekimasu seigen shi o shita hijō ni genkakuna imin seisaku o motte imasu.

Imin biza o shutoku suru tame no heikin taiki kikan wa yaku 8 〜 10-nen ga arimasu. Mada karera no hikisaka reta kuni Chūtō no ka, hoka no basho o nogarete nanmin no inu no aka ga gatagata-sen de ōsutoraria ni tōtatsu suru tame ni inochi o kiken’nisarasu engan keibitai ni yotte nakaba umi de bōju sa renakatta to fuun’na hito wa doko ni ikutsu ka no okiai no shima ni ichiji-tekina hinansho ni tsurete ika rete imasu chōdo karera no unmei wa ōsutoraria no seifu ni yotte kettei sa reru no o matte iru nenkan no shioremasu.

Hitobito wa hondo de futsūnoseikatsu o ikiru tame ni dasu tame ni hisshidesu but ōsutoraria wa sorera o nozonde inaishi, sorera o dō suru ka shiranai tame Often we wa, korera no hinansho bōdō, hangāsutoraiki ya shibō no o kikimasu. Karera wa Beikoku ni nomi 2, 000 nanmin o okuritai to omotta Obama daitōryō ga gōi shite itaga, shin daitōryō wa sorera o kotowarimashita. Soredemo ōku no hitobito ga yoriyoi seikatsu o kitai shi, kensaku-sen ga arashi de tenpuku WHEN shibashiba obore ōsutoraria ni mukatte inai taikō bōto de hakken sa rete imasu.

Jinshin baibai wa karera ni nani ga okoru ka kinishinai hito, sorera no uchi, okane o kasegimasu. Watashitachiha, ue to dassui Afurika no kanzen’na bōto wa, sonogo, ichiji-tekina hinansho to shori no tame ni ranpedo~ūsa shima ni jisan Itaria-go ya Supeingo no engan keibitai ni yotte chichūkai ni bōju sa reta baai, hobo Mainichi, kono higeki o sanshō shite kudasai. Sū sen-ri ga yōroppa o kono yō ni tōtatsu shiyou to ōku no onaji rūto o tadoru shibō shite imasu. Jinshin baibai wa, okane o kasegu hitobito wa purosesu ni teishi shimashita. Itaria, Furansu, Igirisu e no oshi o ikinobita mono.

Ikutsu ka wa, Doitsu, Hokuō shokoku ya Girisha ni tōtatsu shite mite kudasai. Anata wa karē ya gōsei mazushī hitobito ga dōbutsu no yō ni seikatsu shi Desper aru ta no basho de no ōkibona fuhō senkyo kyanpu ga hyōji sa remasuIchibu no kunide wa sorera o toru tame ni matte iru ma ni shokuryō, mizu ya hinansho no yōna karera no kihon-tekina hitsuju-hin o eru tame ni tabemashita. Anata wa, ankana sōshingu o hanbai rōma no rojō de sorera o miru koto ga dekimasu.

Anata wa, karera ga Afurika no chōkoku, masuku ya karera ga tsukuru mono o uru Furansu no chīsana machi de sorera o miru koto ga dekimasu. Ikinokoru tame ni karera no tōsō wa nagaku, painful. Economic no ikōdesu. : Yutakana kuni de no shigoto o motomete iru dekasegi rōdō-sha wa sū hyaku man-ri de, fuka seiki, mada sū kyō de mottomo ōkattadesu. Theywere wa, Igirisu, furansuhito, doitsunin ni yotte shokuminchi ni shi, subete no sorera no kuni wa, ronbun no ijū-sha wa, karera wa shizuka ni kyō nokoru Afurika to Sae Surinamu no ōku no bubun ni fijī kara hirogatte karera no nōjō ya nōen o jikkō suru tame ni, ankana rōdō-ryoku o hitsuyō to shimasendeshita. Any Indo ga ketsugō shita rōdō-sha to shite tōji no biza matawa kasutamu regyurēshon without daieiteikoku no nin’i no bubun ni idō suruga, ōku no kyōiku o uketa hitobito ga Igirisu ni iki, soko ni teijū no tame ni sore wa kantandeshita.

Anata wa doko ni demo sorera o miru to Nemoto Igirisu no kanōsei to wa omowanakatta yarikata de yatta chīsana kuni no jinkō dōtai o henkō shita dakede wa Igirisu no Ajia hito no nan hyaku man hito ga sonzai suru koto ni narimasu. Shime, ōsutoraria e no imin biza no kikan o matte shizukana hito no yōdearu sa rete iru yō ni, ichibu ni wa, sorera o saisō shi, shinsen’na imin-hō ni teishi o shitai shi hajimete iru ofuto katei de shini chissoku kontenaban ya torakku ni fuhō kimasu. Yōroppa no chīsana kuni ga chōdo Girisha ya Itaria ni tōtatsu shi magirasu tame ni gatagatabōto de Toruko kara ōdan shiyou to shi sight.

Theyde wa owari ni ki tsudzuketa imin no dai kōzui ni taisho suru koto ga dekinainode sore wa kanashī jōkyōdesu. Ōku no baai, karera no karada wa wakai 3 no yō ni toshi u~osshuappu jōriku karera wa atarashī home. The o mitsukeyou to face zetsubō no hairaito o shita nanminmashita: Ima-tō ni yoru Iraku, Shiria, Afuganisutan, nado no ōku no kuni de no funsō ni sū sen-ri no inu no aka ga arimasu hijō ni atarashī ie o motomete furusato o nogarete kita zetsubō-tekina hitobito wa, hoka no basho de doko theywill wa, dono kuni ga karera ga sō nani o shitai to wa omoimasendeshita mitsukeru koto ga yuiitsu no anzen’na kanji?

Karera wa theywere tame, sono kunide wa yoku ikiru tame no shudan o motsu hitobito no keizai imin wa arimasenga, sensō ga karera no tame ni subete o kaemashita. Karera wa ikō naze anata wa sorera o motomeru baai wa, theywill wa, sore ga jibun-tachi no seikatsu o hozon suru kotodenakatta to iimasu. Karera wa, sensō ga owaruga, sore ga itsu shūryō suru ka, atarashī kyōgō ga futatabi doko ka de moeagaru ka dō dare mo shiranai toki wa ie ni modoritaidesu.

Ikutsu ka wa, ryōkoku ni wake Sinjar matawa Kurds. When Indo no korera no mazushī hitobito no yōna terorisuto ni yotte ni yoru hakugai to minzoku jōka e no tōbō, Pakisutan ni sumu hinzū kyōto wa Indo ni nogare, Indo no ikutsu ka no Isuramu kyōto wa Pakisutan ni nige, ban’nin ga shibō shimashitade purosesu. Korera no nanmin wa nani mo tōchaku shi, karera wa dare kara mo sukoshi tasuke o ukete iru tame, Indo ni teijū hidoi jikan o sugoshimashita.

Pakisutanoyobi sonohoka no Isuramu kyōto no kuni ni okeru shōsū minzoku no kono hakugai wa karera no kagira reta shigen no naka ni aruteido no ronbun no hitobito ni anzen’na haven. The UNHCR to ōku no ngo no tasuke ni ronbun mazushī hitobito no idō ni kekka no kyō demo o keizoku shi, tsuneni yori ōku no donā-koku kara no shikin ga, kibo o tsuikyū shimasu toraburu no yūigina way. Zea de sensō ga nanbu de okotte itanode, minami sūdan kara no nanmin sū sen-ri no inu no aka ga hidoi jōken to hisan’na hinkon ni sunde ita sūdan de chōdo harutsūmu-gai no tento mura o sorera o shite tasuke shiyou to suru kokoromi o idomimasu.

Sensō ga owatta toki ni karera wa modotte, minami sūdan ni itte, sensō wa hisan to shi no saikuru o sakidō raibaru to no ma de futatabi boppatsu suru made, hitobito wa rojō de odotte iru ma, kokurenjimusōchō kofī Anan narimonoiri de atarashī kuni no tanjō ni shusseki shimashita. Watashi wa yoru no ma ni Eru obeido ni motarasa karada de daunrōdo freighttrains o miru tame ni shiyō sa reruga, sūdan seifu wa, daremoga karera no sonshitsu o mitai to omotte imasendeshita.

Higo kibō-sha wa: Soshite, karera wa hoka no kuni ni bōmei o dasshutsu shi, hakken suru koto o motomerunode, karera wa shitsuyō ni hakugai sa rete iru yō ni, jikoku seifu to sono fuhai shita porishī ihō ni hantai shite hanasu sorera no hitobito wa karera no mondai ni dōjō sa reta no ga arimasu. Watashi wa Roshia no daihyō-dan no ichibu ga hensō shite dasshutsu shi bōmei o motomete Beikoku taishikan ni tasshi, taishi o azento shite nan derī o hōmon suru hōhō subesutārin oboete imasu.

Kanojo wa kanojo nani ga, kore wa futsū no Kitachōsen ni wa hassei shimasenga, dasshutsu shiyou to shi people. Poor-koku no yōna karera no keimusho to karera wa Raosu kokkyō made densha o toru doko kara Chūgoku ni iku hitodattanode kanojo wa, anzen-sei ni tōtatsu suru tame ni Mekon o oyoide wataru, bōmei o atae raremashita hantaisoku no, Tai e dasshutsu.

Karera wa ikitaiga, Kankoku wa yuiitsu no ishinage hanare Kitachōsen kara hanareru koto ga dekinai thatthey aru baai wa soko kara karera wa Kankoku ni tasshimasu. Karera wa jirai ya sonohoka no kiken ni chirabakkokkyō o koeru koto wa dekimasen. Ōku wa azuma jāmanī. The Nanbei de shinobutai,-yaku, karera no kuni de no hinkon to hisan o esukēpu hijō ni ōkina sūji de kita e tōbō shi, Beikoku de no yoriyoi to anzen’na seikatsu o motomete onajiyōni yokogiru yō ni shiyou to shite shibō shite imashita. Beikoku karera mo sōErupaso matawa hoka no basho ni tōtatsu suru tame ni freighttrains ni notte noborimasu.

Karera wa nichijō karera wa iji suru tame ni kokkyō-zoi no kabe no kōchiku ni tsuite hanashite iru karera no own. Now de sabaku o wataru okane no yoi wa no tame ni Beikoku ni sorera o kossori koyōte to yoba re, kawaki de shinu tame ni sorera o nokoshite, jinshin baibai no gisei ni sa rete imasu herupu to omoiyari ga, dōjō o hitsuyō to suru korera no mazushī hitobito no uchi, kyōkyū fusoku de, korera no hidesu. Fuka tokiniha yōroppa ni attanode, ōku no hito ga Suisu ni tōtatsu suru tame ni Doitsu o dasshutsu shiyou to shimashitaga, hijō ni shōsū no wa, jibun-tachi no seikatsu o kiken’nisarasu kiken’na tabi o seikō shimashita.

Supein wa nakattanode, ōku no nanmin ga Kasaburanka tsūka ga bōmei o motometa sensō-chū ni chūritsu nokotta Inguriddo bāguman eiga Kasaburanka no koto o omoidashimasu. Doresuden wa Suisu ni dasshutsu shi, tōtatsu shiyou to shimashitaga, hitotsu no riyū matawa hoka no tame ni wazuka sū succeeded. The ningen no ikō ga eien ni tsudzuite iruto hitobito ga yoriyoi seikatsu o dasshutsu shitainode, itsu demo sugu ni teishi suru koto wa arimasen fukin no ikutsu ka no rengō-gun horyo wa Kolditz-jō ni hokan shimashita doko ka jibun-tachi no seikatsu no risuku ga hisshi karera wa arimasu.

Hinkon, sensō, hakugai, ekibyō ya hoka no riyū wa, ronbun no hitobito o pusshu suruga, yōeki nandesuka? Sensō no owari ni wa, futatabi sai kōchiku suru koto ga deki thatthey jibun no ie ni modotte sorera o motarasu koto ga dekimasu. Ichibu no hitobito wa terorisuto ya hoka no toshi kara kaihō sa rete inakatta bakkumōsuru ni ugoite iru Shiria no homusu to Raqqa de jihadists ga kuria sa rete imasu.

Shikashi jihadists wa, gan ga yatta yō ni, hādokoa jihadists no kagiri chimei-tekina ideorogī wa, sensō ga futatabi subete no ue ni ikō o kaishi suru samazamana bubun ni moeagaru masu mama ni shite karada no doko ka ni seichō shite imasu. Ōku no senshinkoku wa, karera no doa o ake, karera no tasuke o motomeru to, sorera o tamotsu tame ni kabe o kōchiku shite inai ōku no hitobito ni toru hitsuyō ga arimasu.

Karera wa keizai ga seichō o tasukeru to hokanohito no tame no koyō o sōshutsu surunode imin wa shisande wanaku fusaidesu. Hakugai to shi ga jibun no junban de priority. The no imin o ataerareru shoulderstand nigeru hito wa hayaku karera ga shite inai kuni no gengo ya karera no shūkan ya bunka o manabu kotode wanai karera no jishin no tobichi ni tomaru koto ga dekiru yō, karera no atarashī kuni ni dōka shiyou to suru hitsuyō ga arimasu.

Yōroppade wa karera no jishu kakuri o mite kanashīdesushi, Amerika wa sonogo no toraburu o tsukuri hajimeru wakamono no kageki ni tsunagarimashita. Ōku no gengo o hanasu mono wa, jibunjishin’no honshitsu o iji shinagara, sore ga kantan ni atarashī shakai ni dōka shite kensaku shimasu. Anata wa karera to ryūchōna furansugo o hanasu baai dake de odoroki de furansuhito no egao o mite. Karera wa sugu ni anata ni hiraku to yūjō no te o kakuchō shimasu. Watashi wa experience.

I wa wareware no thatthis utsukushī sekai wa doko ka ni watashitachiha omoiyari to rikai shite iru hitsuyō ga arimasu. Ōru mina no tame no heya o motte iru to shinjite kentō shite kitanode, watashi wa kore o shitte imasu.

If I were … ( in Japanese)

Peacemakers-2016

Source : Google photo

私がいた場合

時々私は非常に肯定的な方法で人類の永続的な影響を持っているでしょう抜本的な何かをすることのように感じます。これは、我々としても快適な方法で私たちを驚かせるかもしれ何かをする力をすべては、持っていると言うようなものです。

私の妻は、ちょうど来て、私の肩の上に覗き見て、私はただのクチコミに別のブログを書き始めていたことを見て、「もう一つのブログを叫びましたか?私のああ!私がdo行うことも致し金持ちだったら:。アイデアが速いあなたに来る「とし、嬉しく曲に押し入り保ちます(トーポリは屋根の上のバイオリン弾きで歌っ)。彼女は面白い女の子です。

世界中で今日何が起こっているかは非常に恐ろしいであり、すべての近いノストラダムスは少し前予測していた最後の審判の日に私たちをもたらしているので、それは非常に深刻なブログです目指します。ラ古い預言者が第三の黙示録について書いQUE彼は私がまた一つは、常に実際に非常に非常にgravement彼の予言を取らなければならないという気持ちを持っている鍋の目標を吸った金を飲みすぎていたとき、彼は彼が何であったかを正しく見たことを証明したので、私は熱心に願っています将来的に発生します。

今、日常の一部の政治家はすぐに忠実に、常に探している熱心記者によるマスメディアで報道されているいくつかの侮辱的な言葉よりも厄介なものに発展することができますどこかにいくつかのスズポット独裁者のBravadosに反応して結果はと言うと人を脅かしています言葉はこの技術主導の世界で、高速に広がるように、それは彼らのポケットの中に見出し月ピューリッツァーを持つことができます。

一つは、テレビやでもビデオは、即座にアップロード、編集やないと地獄なネットワークで放送されているので、今、世界のいくつかのパートに出て壊しているのハンドヘルドデバイス最新ビデオ&ニュースにすぐに見ることができます彼らの曲がりは、より多くの収入とスポンサーを生成するためにライバルを凌駕しています。

記者は常に結果の誰にインタビューする準備ができているのでめったに彼らは、世界の論文の任意の共有からこのような幅広いやインスタントカバレッジの結果について考えるために停止しない短期間だったし、世界中のテレビで彼または彼女を置きます。

いいえ、インターネット、なしの衛星カバレッジ、世界の遠隔部分、ない携帯電話や衛星電話からアトランタのニュースを瞬時にHQに画像を送ることができるデジタルカメラ番号がなかった場合にはレビューはこれが50年前にいくつかのケースではありませんでした。でも、双方向無線機は、金はわずか5キロ離れた彼らの指揮官からのサポートの発言を必要としている兵士からの緊急メッセージを受信、送信できませんでした非常に限られたランクで大きなボトルひょうたんのように見えたと広い数字で死亡した(あまりにも映画ブリッジを参照してください。はるか)ヨーロッパで最後の世界大戦の間に。

目的は、今、私たちは、ピンポイントの精度で新しいスケジュールやいたずらをプロットし、第二に彼を撮影された単一のテロリストをターゲットにアフガニスタンやパキスタンで5000キロ離れたドローンを案内する複数の衛星について話しています。

今、私たちは悪いニュースが全世界、それが株式市場にパニックを引き起こし、膨張したエゴのファウル口のバカは誰がいる場合はどうなるのだろうかどこでも普通の人たちの心に恐怖を播種アップロードされた瞬間に広がるどれだけ速く見ます近くのすべての時間は、怒りのフィット感に決定した核のボタンは、そのボタンを押して誇張しました。

ほぼ毎日、私たちは、レビューにaussiは、そのような武器を持っており、それは侵略や攻撃この国にとっては悪夢のシナリオにすぐに制御不能に螺旋状になるように即座に報復を誓う別のような武器を脅かすと一つの国を聞きます。

フルシチョフは、最初に点滅しますかどうかを確認するために待っている間、ジョン・ケネディが、このような巨大な賭けを取ったキューバのミサイル危機を覚えていますか?今まで誰アップは彼らが当時のキューバのミサイルの駐留を介して打撃に来てどれだけ近いかを壊滅的に、最後の瞬間に正気が勝っとフルシチョフは対立から引き出さ方法を実現していません。
そのようなことが再び発生した場合、健全性があるでしょうし、世界的な大惨事を回避するために、時間内の部品が彼らのスーパー膨らんだ自尊心を飲み込むと、瀬戸際からバックステップの実現のだろうか?

論文の馬鹿はこれまで非常に短い時間で、広島と長崎で20万無実の人々を殺害し、不具核爆発の影響を経験していますか?このように遊んでそれらのどれも火が-している今まで、これまでの熱溶融を経験しなかったので自分の指先でこのような巨大な力を持つ政治家が遠いような武器がやってのことである想像ことはできません5階地下のどこかにエアコン、戦争の部屋に座って人の肉の遠く離れました。

何のガム咀嚼カメラマンと小文字を区別しないもの記者がszeneに行く勇気がありませんし、そこから運びと燃える体そのものが表示されますので、彼らは彼らの唯一の画面上の衛星写真が表示されます。彼は他のパイロットが良くビールを飲みながら仕事のために祝福_him_息子ベースà戻ったように、ベトナムの上に彼のB-52爆撃機の飛行パイロットは35000フィートから地面に破壊し、遺体を見たことがありません。

多くの国は今、「日はキロ数千人の上に飛ぶことができるミサイルに収まるようにするためにそのような恐ろしい武器やノウハウを保有します 私たちは致命的な精度で目標落下しますよ。それは空気の快適さから大きな距離から制御されているミサイルや無人偵察機でドロップすることができますので、フラットあなたがそのようなもう爆弾を運ぶ必要はありませんお願いし戦争rooms.The質問に冷却し、単一の人はどこかにそのようなを持っている理由であります彼はそれを発揮することができます巨大なパワーは、そのような人や理論の人々を表し議会を選出者の許可なしに第三次世界大戦を開始することができます。

彼らは、人々によって選出されていないか、または怒っ男が唯一の候補であるhim.Weは毎日エスカレート緊張を参照してくださいcontreので、誰が投票することはできません偽の選挙で選出されているので、パワーこのような独裁者が期限切れと呼ばれてきた錫ポット独裁者両方の部分が急速に、より多くの軍隊を送るより銃や多くの弾丸と、それは両側の火に燃料を追加して厳戒態勢に彼らの長距離ミサイルを取得している場合は孤立山のどこかブータンやラダックの基部に渡しますか。誰もバックアップしたいと考えていないdown.

Soこれが問題の核心です。なぜ誰もがダウンしてバックアップおよび彼らが座って、それを上に話すことができるどこで引き戻すと平和的な解決策を見つけるために望んでいませんか?彼らのニュースメディアと政治コメンテーターは、それが簡単に作成し、QUEラ敵は自分自身の苦しみのコストでレッスンを教えているので、彼らがダウンしてバックアップしてはならないすべての人に言っておくません。敵は無力ではなく、報復でひどい被害ゴールコメンテーターがそれを理解するためにSCCMとそれを火に油を追加するには保管しないで、すぐにcontrol.

Iから抜け出す可能性があるためと、理由を知ることができます。それは国家の誇りがでめちゃめちゃにしてはいけませんQUI s’intitule。指導者は攻撃に喜んでいるような人は1がアドルフ・ヒトラー開始前に平和を作るために少なくとも7回を試みたことを知ることが気に彼ら自身people.Noに責任はないので、任意のコストで国家のプライドを保つの名の下に別の国をレビュー同盟の国家の誇りは、平和はヒトラーが作った提供しています受け入れないため同盟国との戦争はゴールするたびに失敗しました。

最後の手段としてヘス自身が彼の飛行機を飛び、イギリスの軍事分野で上陸し、彼が和平合意に署名し、ヘスに何が起こったのか、我々はすべて知っている狂気の目標を停止するようになったと語りました。今、あなたはヘスた人未満100歳で、彼らは「彼のことを聞いていない、またはその代わりに彼ました誰のヘス何決して」いくつかの金のようなナンセンスのようなものを言うだろう誰に言わせれば。

人々は本当に自分の過去の過ちから学ぶのですか?彼らは核buttons.We上で自分の指を、持っている国家の誇りとほんの数人の膨らんだ自我の名前でサミ過ちを繰り返し続けるのはなぜ彼らはその後なかった場合は、今どこに事件が起こって前に決してのように相互接続された世界に住んでいます遠く離れた別の場所に瞬時に影響があります。イランがホルムズ海峡を閉鎖したとしても、それを閉じるために脅かす場合は、世界中の人々がパニックに始めます。それは短い時間のためにそれを閉じるとパニックeverywhere.Ifインドはパキスタンの唯一の港、人々のパニックを封鎖、価格が上昇し、人々が急激にガソリンや食品のためのキューイングを開始原因ワード経済を実行されるように多くの油が湾を通過しているので。

中国ブロックした場合であっても数日間、マラッカを通る通路は、日本がパニックに開始されます。アンダマンの通路を通ってインドは、ブロックの方法をした場合、すべての西と東ワード・ワード出荷トラフィックは、多くの国では不安の多くの引き起こし停止します。これらの国々は、彼らが私たちは国家の誇りのこの誤った概念を研究し、どんなダウン症候群バックアップすることはできませんどこを共有するために来war.Nowのような重要な時期に再生できるスリーブを彼らの年のエースを持っていることを知っています。我々は、すべての国が自国の誇りを誇ると脅威や姿勢の時にそれを販売したり、それをポーンていないと判断されたことがわかります。

政治家は、彼らはあなたが後で現金及び投票箱に大きな恩恵を見ることができます通貨として使用します。彼は彼の国家のプライドを飲み込んでキューバのミサイル危機から後退するとフルシチョフに何が起こったのか覚えていますか?彼は彼の目標賢明な将軍が_him_に同意しなかったし、速やかに退職に_him_感じました。だから、すべてのリーダーの後ろに、彼らは彼らの机の仕事に飽きwar.Mayことを開始し、バックに行きたいことができるように最高レベルの敵意のレベルを維持しようと強硬軍人とそのlackeysの行を立ちます彼らは戦争をしたいのでアクションがあるフィールド。継続的にアメリカがあるため、ビューの一般の視点から1942年以来、一の国や他との戦争で-てきた、戦争は常に非常に有益なビジネスです。

戦争材料の民間供給業者は、お金フォームwars.Don’tの膨大な量が、それは彼らがそれは降伏する日本の準備ができて知っていたときに日本に爆弾を落とすためにトルーマンに圧力をかけた軍人た忘れさせます。トルーマンは、彼が最終的にはそんなに死を引き起こし悪名高い順を与えたように、圧力目標は耐え難い_him_をしている、それを行うにはしたくありませんでした。彼は、あなたがされない限り、そのような人は起訴からの免除を楽しむのでaussiは何の短い世界で彼がした何のため_him_アカウントを作ることができなかったことを知っていました

チェチェン金のリーダーは、今私は私が人類にあまり害を行うには、このような巨大な力を持つ指導者だったら、私は?

1.  を何を何をするか書き込みますSerbia.So。私は自分のエゴと国家のプライドを飲み込むと、北朝鮮に飛ぶとその指導者を驚かせるとビールで_him_に座って、amicably.

2 . の問題を解決します。私は、友人として私の手を拡張し、任意の前提条件がなければ、平和を提供し、朝鮮半島からすべての米軍を引き出し、彼らが戻ってダウンaussiできるように、永遠にその貧しい国にハングアップするすべての脅威を削除します和平合意に署名します世界の残りの部分との貿易関係を改善し、すべてのミサイルは、いくつかの他の国が行うとprosper.

3.  のようにスリープ状態にできます。それから私は、彼らがユニットをshouldsだから南北はサーミ人、同じ言語とサミ遺産であることを説得し、活気に満ちた経済と、軍事的に強く安定したものに強く、繁栄し民主的な国aussiなります。私は彼がshouldsを撤回ようワンマンルールのqueのル日は、もはやどこにも実用的で独裁者を説得し、彼のポケットの中のノーベル賞と平和メーカーの永続的な遺産をどこかにスイスコテージでの引退をお楽しみいただけます。彼は危機に瀕しているものを理解するだろうと彼は論文の提案に巨大な利益を参照してdeal.

4.  に署名します。南北は、ちょうどドイツのように一つになると信じられないほど繁栄します。離散家族が再会され、恒久的な平和が、日本happy.

5.  彼らは、彼らは自分の国では一人一人の自由昼食と自由な授業料を与えるために使用するBLEされることをたくさんのお金を節約しますので、アメリカは偉大なコストであっ軍の数千に沿っていない駅になります.

6. では一人一人の自由昼食と自由な授業料を与えるために使用するBLEされることをたくさんのお金を節約しますのでアメリカは偉大な価格であり軍の数千に沿っていない駅はなります。 Aussiは、私は永続的な和平合意のエントレインドとパキスタンにし、それはインドの繁栄とその強力な軍事を維持しながら、すべての人に繁栄をもたらす高速開発する統一queのラナ前の1947年にあったように、インドと再会するためにEMを促すだろう。テロリストは、彼らが消えますので憎しみの火に燃料を供給する必要がある酸素を奪われます。誰も負けないだろうと誰もが利益になるので、それは皆のための勝利の有利な状況になります。カシミール問題は、ペンのストロークで解決されるだろうと誰もが無限の境界wars.

7. に死なないだろう。私は撤回するジンバブエの独裁者を納得させるでしょう。彼はとても93歳:彼はshouldsを撤回し、QUEラ国は崩壊の瀬戸際から戻ってもたらすことができるナ彼の孫を楽しむように、とにかく左の数年間を持っているWHEREパン費の斤彼らの無益currency.

8. 1兆ポンドQUIのEST。 QUEラパレスチナ人は自分の国を、持つことができ、世界の残りの部分との貿易や観光で繁栄ので、私は平和を作るためにイスラエルとパレスチナ人を納得させるでしょう。他の国でのキャンプで思い詰めパレスチナ難民のすべての何百万人が帰国し、平和のうちに生存するBLEになります。全イスラエルの大半は平和とprosperity.

9. に住んでBLEになります。私はタブからエントレレヒンズー教徒とイスラム教徒の平和があるでしょうので、ヒンズー教徒は、その後にそこにラムの彼らの寺院を建てることができるようにヒンドゥー教過激派が破壊されたモスクに置き換えられますインドのアヨダヤでサラユ川の反対側にあるモスクを構築します。 RAMはので、すべてのヒンズー教徒にとって非常に重要な存在である彼らの神のために寺を構築アヨダヤで生まれたイスラム教徒は、彼らがモスクの意志を構築する土地などの代替手段を考えることがshoulds目指しています。

10.クルド人はちょうど彼らは長い時間が苦しみ、まだ苦しむ持っているので、他の誰のような彼らの故郷を考えることshoulds。クルディスタンは再び戦うために武器を負担することに決して女性が、持っていない独立した国家として輝きます。それはそれを実現するために、それぞれの譲歩をしますので、私はすべての周辺国とそこに平和を行います。

ここでも誰もがit.Myリストの恩恵を受けるそれはちょうど希望的観測ですので、私はここで停止します長い目標です。私は核兵器を持つ任意の国の大統領になることはありませんし、私は人々が行動する防ぎ、超自我と偽国家の誇りを、持っていないので、私は、私は平和メーカーであれば、これは私が何をするかである平和メーカーの目的になることはありません正気manner.Iにいつかマララ・ユーサザイパキスタンの首相となり、彼女は二ノーベル賞を勝つ偉大な平和メーカーになると思います。それは私が彼女のすべての成功を祈ってゴールに発生したとき、私は生きていないかもしれません。

 

 

 
Watashi ga ita baai   tokidoki watashi wa hijō ni kōtei-tekina hōhō de jinrui no eizoku-tekina eikyō o motte irudeshou bappon-tekina nanika o suru koto no yō ni kanjimasu. Kore wa, wareware to shite mo kaitekina hōhō de watashitachi o odoroka seru kamo shire nanika o suru chikara o subete wa, motte iru to iu yōna monodesu.

Watashi no tsuma wa, chōdo kite, watashi no kata no ue ni nozoki mite, watashi wa tada no kuchikomi ni betsu no burogu o kaki hajimete ita koto o mite,`mōhitotsu no burogu o sakebimashita ka? Watashi no ā! Watashi ga do okonau koto mo itashi kanemochidattara:. Aidea ga hayai anata ni kuru `to shi, ureshiku kyoku ni oshiiri tamochimasu (tōpori wa yanenouenobaiorinhiki de uta~tsu). Kanojo wa omoshiroi on’nanokodesu.

Sekaijū de kyō nani ga okotte iru ka wa hijō ni osoroshīdeari, subete no chikai Nosutoradamusu wa sukoshi mae yosoku shite ita Saigonoshinpan no hi ni watashitachi o motarashite irunode, sore wa hijō ni shinkokuna burogudesu mezashimasu. Ra furui yogen-sha ga daisan no mokushiroku ni tsuite kai QUE kare wa watashi ga matahitotsu wa, tsuneni jissai ni hijō ni hijō ni gravement kare no yogen o toranakereba naranai to iu kimochi o motte iru nabe no mokuhyō o sutta kin o nomi sugite ita toki, kare wa kare ga nandeatta ka o tadashiku mita koto o shōmei shitanode, watashi wa nesshin ni negatte imasu shōrai-teki ni hassei shimasu.

Ima, nichijō no ichibu no seijika wa sugu ni chūjitsu ni, tsuneni sagashite iru nesshin kisha ni yoru masumedia de hōdō sa rete iru ikutsu ka no bujoku-tekina kotoba yori mo yakkaina mono ni hatten suru koto ga dekimasu doko ka ni ikutsu ka no suzupotto dokusai-sha no Bravados ni han’nō shite kekka wa to iu to hito o odokashite imasu kotoba wa kono gijutsu shudō no sekai de, kōsoku ni hirogaru yō ni, sore wa karera no poketto no naka ni midashi tsuki pyūrittsu~ā o motsu koto ga dekimasu.

Hitotsu wa, terebi ya demo bideo wa, sokuza ni appurōdo, henshū ya nai to jigokuna nettowāku de hōsō sa rete irunode, ima, sekai no ikutsu ka no pāto ni dete kowashite iru no handoherudodebaisu saishin bideo& nyūsu ni sugu ni miru koto ga dekimasu karera no magari wa, yori ōku no shūnyū to suponsā o seisei suru tame ni raibaru o ryōga shite imasu. Kisha wa tsuneni kekka no dare ni intabyū suru junbi ga dekite irunode mettani karera wa, sekai no ronbun no nin’i no kyōyū kara kono yōna habahiroi ya insutantokabarejji no kekka ni tsuite kangaeru tame ni teishi shinai tankikandattashi, sekaijū no terebi de kare matawa kanojo o okimasu.

Īe, intānetto, nashi no eisei kabarejji, sekai no enkaku bubun, nai geitaidenwa ya eisei denwa kara Atoranta no nyūsu o shunji ni HQ ni gazō o okuru koto ga dekiru dejitaru kamera bangō ga nakatta baai ni wa rebyū wa kore ga 50-nen mae ni ikutsu ka no kēsude wa arimasendeshita. Demo, sōhōkō musenki wa,-kin wa wazuka 5-kiro hanareta karera no shiki-kan kara no sapōto no hatsugen o hitsuyō to shite iru heishi kara no kinkyū messēji o jushin, sōshin dekimasendeshita hijō ni kagira reta ranku de ōkina botoru hyōtan no yō ni mieta to hiroi sūji de shibō shita (amarini mo eiga burijji o sanshō shite kudasai.

Haruka) yōroppa de saigo no sekai taisen no ma ni. Mokuteki wa, ima, watashitachiha, pin pointo no seido de atarashī sukejūru ya itazura o purotto shi, daini ni kare o satsuei sa reta tan’itsu no terorisuto o tāgetto ni Afuganisutan ya Pakisutan de 5000-kiro hanareta dorōn o an’nai suru fukusū no eisei ni tsuite hanashite imasu.

Ima, watashitachi wa warui nyūsu ga zen sekai, sore ga kabushiki ichiba ni panikku o hikiokoshi, bōchō shita ego no fauru-guchi no baka wa dare ga iru baai wa dō naru nodarou ka doko demo futsūnohito-tachi no kokoro ni kyōfu o hashu appurōdo sa reta shunkan ni hirogaru dore dake hayaku mimasu chikaku no subete no jikan wa, ikari no fitto-kan ni kettei shita kaku no botan wa, sono botan o oshite kochō shimashita.

Hobo Mainichi, watashitachiha, rebyū ni aussi wa, sono yōna buki o motte ori, soreha shinryaku ya kōgeki kono kuni ni totte wa akumu no shinario ni sugu ni seigyo funō ni rasen-jō ni naru yō ni sokuza ni hōfuku o chikau betsu no yōna buki o odokasu to hitotsu no kuni o kikimasu. Furushichofu wa, saisho ni tenmetsu shimasu ka dō ka o kakunin suru tame ni matte iru ma, Jon Kenedi ga, kono yōna kyodaina kake o totta kyūba no misairu kiki o oboete imasu ka?

Ima made dare appu wa karera ga tōji no kyūba no misairu no chūryū o kaishite dageki ni kite dore dake chikai ka o kaimetsu-teki ni, saigo no shunkan ni shōki ga katto Furushichofu wa tairitsu kara hikidasa hōhō o jitsugen shite imasen. So no yōna koto ga futatabi hassei shita baai, kenzen-sei ga arudeshoushi, sekai-tekina dai sanji o kaihi suru tame ni, jikan-nai no buhin ga karera no sūpā fukuranda jisonshin o nomikomu to, setogiwa kara bakku suteppu no jitsugen nodarou ka?

Ronbun no baka wa kore made hijō ni mijikai jikan de, Hiroshima to Nagasaki de 20 man mujitsu no hitobito o satsugai shi, fugu kaku bakuhatsu no eikyō o keiken shite imasu ka? Kono yō ni asonde sorera no dore mo hi ga – shite iru ima made, kore made no netsu yōyū o keiken shinakattanode jibun no yubisaki de kono yōna kyodaina-ryoku o motsu seijika ga tōi yōna buki ga yatte no kotodearu sōzō koto wa dekimasen 5-kai chika no doko ka ni eakon, sensō no heya ni suwatte hito no niku no tōku hanaremashita.

Nani no gamu soshaku kameraman to komoji o kubetsu shinai mono kisha ga szene ni iku yūki ga arimasenshi, soko kara hakobi to moeru karada sonomono ga hyōji sa remasunode, karera wa karera no yuiitsu no gamen’ue no eisei shashin ga hyōji sa remasu. Kare wa hoka no pairotto ga yoku bīru o nominagara shigoto no tame ni shukufuku _ him _ musuko bēsu à modotta yō ni, Betonamu no ue ni kare no B – 52 bakugeki-ki no hikō pairotto wa 35000 fīto kara jimen ni hakai shi, itai o mita koto ga arimasen.

Ōku no kuni wa ima,`-bi wa kiro sū sen-ri no ue ni tobu koto ga dekiru misairu ni osamaru yō ni suru tame ni sono yō na osoroshī buki ya nōhau o hoyū shimasu Watashitachiha chimei-tekina seido de mokuhyō rakka shimasu yo. Sore wa kūki no kaiteki-sa kara ōkina kyori kara seigyo sa rete iru misairu ya mujin teisatsu-ki de doroppu suru koto ga dekimasunode, furatto anata ga sono yō na mō bakudan o hakobu hitsuyō wa arimasen onegai shi sensō rūmuzu.

The shitsumon ni reikyaku shi, tan’itsu no hito wa doko ka ni sono yō na o motte iru riyūdearimasu kare wa sore o hakki suru koto ga dekimasu kyodaina pawā wa, sono yōna hito ya riron no hitobito o arawashi gikai o senshutsu-sha no kyoka nashi ni daisanjisekaitaisen o kaishi suru koto ga dekimasu. Karera wa, hitobito ni yotte senshutsu sa rete inai ka, matawa oko~tsuotoko ga yuiitsu no kōhodearu him.

We wa mainichi esukarēto kinchō o sanshō shite kudasai contrenode, dare ga tōhyō suru koto wa dekimasen nise no senkyo de senshutsu sa rete irunode, pawā kono yōna dokusai-sha ga kigengire to yoba rete kita suzu potto dokusai-sha ryōhō no bubun ga kyūsoku ni, yori ōku no guntai o okuru yori jū ya ōku no dangan to, soreha ryōsoku no hi ni nenryō o tsuika shite genkai taisei ni karera no chōkyori misairu o shutoku shite iru baai wa koritsu yama no doko ka būtan ya radakku no kibu ni watashimasu ka. Dare mo bakkuappu shitai to kangaete inai down.

So korega mondai no kakushindesu. Naze daremoga daun shite bakkuappu oyobi karera ga suwatte, sore o ue ni hanasu koto ga dekiru doko de hikimodosu to heiwa-tekina kaiketsusaku o mitsukeru tame ni nozonde imasen ka? Karera no nyūsumedia to seiji komentētā wa, sore ga kantan ni sakusei shi, QUE ra teki wa jibunjishin’no kurushimi no kosuto de ressun o oshiete irunode, karera ga daun shite bakkuappu shite wa naranai subete no hito ni itte okumasen.

Teki wa muryokude wa naku, hōfuku de hidoi higai gōrukomentētā ga sore o rikai suru tame ni SCCM to sore o hi ni abura o tsuika suru ni wa hokan shinaide, sugu ni control. I kara nukedasu kanōsei ga aru tame to, riyū o shiru koto ga dekimasu. Sore wa kokka no hokori gade mechamecha ni shite wa ikemasen QUI s’ intitule. Shidō-sha wa kōgeki ni yorokonde iru yōna hito wa 1 ga Adorufu hitorā kaishi mae ni heiwa o tsukuru tame ni sukunakutomo 7-kai o kokoromita koto o shiru koto ga ki ni karera jishin people.

No ni sekinin wanainode, nin’i no kosuto de kokka no puraido o tamotsu no-mei no shita ni betsu no kuni o rebyū dōmei no kokka no hokori wa, heiwa wa hitorā ga tsukutta teikyō shite imasu ukeirenai tame dōmeikuni to no sensō wa gōru suru tabi ni shippai shimashita. Saigo no shudan to shite hesu jishin ga kare no hikōki o tobi, Igirisu no gunji bun’ya de jōriku shi, kare ga wahei gōi ni shomei shi, hesu ni nani ga okotta no ka, wareware wa subete shitte iru kyōki no mokuhyō o teishi suru yō ni natta to katarimashita.

Ima, anata wa hesuta hito-miman 100-sai de, karera wa `kare no koto o kiite inai, matawa sonokawarini karemashita dare no hesu nani kesshite’ ikutsu ka no kin no yōna nansensu no yōna mono o iudarou dare ni iwa sereba. Hitobito wa hontōni jibun no kako no ayamachi kara manabu nodesu ka? Karera wa kaku buttons. We-jō de jibun no yubi o, motte iru kokka no hokori to hon’no sūnin no fukuranda jiga no namae de Sami ayamachi o kurikaeshi tsudzukeru no wa naze karera wa sonogo nakatta baai wa, ima doko ni jiken ga okotte mae ni kesshite no yō ni sōgo setsuzoku sa reta sekai ni sunde imasu tōku hanareta betsu no basho ni shunji ni eikyō ga arimasu.

Iran ga Horumuzu kaikyō o heisa shita to shite mo, sore o tojiru tame ni odokasu baai wa, sekaijū no hitobito ga panikku ni hajimemasu. Sore wa mijikai jikan no tame ni sore o tojiru to panikku everywhere. If Indo wa Pakisutan no yuiitsu no minato, hitobito no panikku o fūsa, kakaku ga jōshō shi, hitobito ga kyūgeki ni gasorin ya shokuhin no tame no kyūingu o kaishi gen’in wādo keizai o jikkō sa reru yō ni ōku no abura ga wan o tsūka shite irunode. Chūgoku burokku shita baaideatte mo sūjitsukan, Marakka o tōru tsūro wa, Nihon ga panikku ni kaishi sa remasu.

Andaman no tsūro o kayotte Indo wa, burokku no hōhō o shita baai, subete no nishi to azuma wādo wādo shukka torafikku wa, ōku no kunide wa fuan no ōku no hikiokoshi teishi shimasu. Korera no kuniguni wa, karera ga watashitachiha kokka no hokori no kono ayamatta gainen o kenkyū shi, don’na daun shōkōgun bakkuappu suru koto wa dekimasen doko o kyōyū suru tame ni rai war. Now no yōna jūyōna jiki ni saisei dekiru surību o karera no toshi no ēsu o motte iru koto o shitte imasu.

Wareware wa, subete no kuni ga jikoku no hokori o hokoru to kyōi ya shisei no toki ni sore o hanbai shi tari, sore o pōnte inai to handan sa reta koto ga wakarimasu. Seijika wa, karera wa anata ga atode genkin oyobi tōhyō-bako ni ōkina onkei o miru koto ga dekimasu tsūka to shite shiyō shimasu. Kare wa kare no kokka no puraido o nomikonde kyūba no misairu kiki kara kōtai suruto Furushichofu ni nani ga okotta no ka oboete imasu ka? Kare wa kare no mokuhyō kenmeina shōgun ga _ him _ ni dōi shinakattashi, sumiyakani taishoku ni _ him _ kanjimashita.

Dakara, subete no rīdā no ushiro ni, karera wa karera no tsukue no shigoto ni aki war. Mei koto o kaishi shi, bakku ni ikitai koto ga dekiru yō ni saikō reberu no tekii no reberu o iji shiyou to kyōkō gunjin to sono lackeys no gyō o tachimasu karera wa sensō o shitainode akushon ga aru fīrudo. Keizoku-teki ni Amerika ga aru tame, byū no ippan no shiten kara 1942-nen irai, ichi no kuni ya hoka to no sensō de -te kita, sensō wa tsuneni hijō ni yūekina bijinesudesu.

Sensō zairyō no minkan kyōkyū gyōsha wa, okane fōmu wars. Don’ t no bōdaina ryō ga, sore wa karera ga soreha kōfukusuru Nihon no junbi ga dekite shitte ita toki ni Nihon ni bakudan o otosu tame ni torūman ni atsuryoku o kaketa gunjinta wasure sasemasu. Torūman wa, kare ga saishūtekini wa son’nani shi o hikiokoshi akumeidakai jun o ataeta yō ni, atsuryoku mokuhyō wa taegatai _ him _ o shite iru, sore o okonau ni wa shitaku arimasendeshita.

Kare wa, anata ga sa renai kagiri, sono yōna hito wa kiso kara no menjo o tanoshimu node aussi wa nani no mijikai sekai de kare ga shita nan’notame _ him _ akaunto o tsukuru koto ga dekinakatta koto o shitte imashita Chechen-kin no rīdā wa, ima watashi wa watashi ga jinrui ni amari gai o okonau ni wa, kono yōna kyodaina-ryoku o motsu shidō-shadattara, watashi wa?

1. O nani o nani o suru ka kakikomimasu Serbia. So. Watashi wa jibun no ego to kokka no puraido o nomikomu to, Kitachōsen ni tobu to sono shidō-sha o odoroka seru to bīru de _ him _ ni suwatte, amicably.

2. No mondai o kaiketsu shimasu. Watashi wa, yūjin to shite watashi no te o kakuchō shi, nin’i no zentei jōken ga nakereba, heiwa o teikyō shi, Chōsenhantō kara subete no beigun o hikidashi, karera ga modotte daun aussi dekiru yō ni, eien ni sono mazushī kuni ni hanguappu suru subete no kyōi o sakujo shimasu wahei gōi ni shomei shimasu sekai no nokori no bubun to no bōeki kankei o kaizen shi, subete no misairu wa, ikutsu ka no ta no kuni ga okonau to prosper.

3. No yō ni surīpu jōtai ni dekimasu. Sorekara watashi wa, karera ga yunitto o shouldsdakara nanboku wa sāmi hito, onaji gengo to Sami isandearu koto o settoku shi, kakki ni michita keizai to, gunji-teki ni tsuyoku antei shita mono ni tsuyoku, han’ei shi minshu-tekina kuni aussi narimasu. Watashi wa kare ga shoulds o tekkai-yō wanmanrūru no que no ru-bi wa, mohaya dokoni mo jitsuyō-tekide dokusai-sha o settoku shi, kare no poketto no naka no nōberu-shō to heiwa mēkā no eizoku-tekina isan o doko ka ni suisukotēji de no intai o o tanoshimi itadakemasu. Kare wa kiki ni hin shite iru mono o rikai surudarou to kare wa ronbun no teian ni kyodaina rieki o sanshō shite deal.

4 . Ni shomei shimasu. Nanboku wa, chōdo Doitsu no yō ni hitotsu ni naru to shinji rarenai hodo han’ei shimasu. Risan kazoku ga saikai sa re, kōkyū-tekina heiwa ga, Nihon happy.

5.  Karera wa, karera wa jibun no kunide wa hitorihitori no jiyū chūshoku to jiyūna jugyō-ryō o ataeru tame ni shiyō suru BLE sa reru koto o takusan no okane o setsuyaku shimasunode, Amerika wa idaina kosutodeaggun no sūsen ni sotte inai eki ni narimasu.Rinjin o tsukuruga arudeshou.

6. De wa hitorihitori no jiyū chūshoku to jiyūna jugyō-ryō o ataeru tame ni shiyō suru BLE sa reru koto o takusan no okane o setsuyaku shimasunode Amerika wa idaina kakakudeari gun no sūsen ni sotte inai eki wa narimasu. Aussi wa, watashi wa eizoku-tekina wahei gōi no entoreindo to Pakisutan ni shi, sore wa Indo no han’ei to sono kyōryokuna gunji o iji shinagara, subete no hito ni han’ei o motarasu kōsoku kaihatsu suru tōitsu que no rana mae no 1947-nen ni atta yō ni, Indo to saikai suru tame ni EM o unagasudarou. Terorisuto wa, karera ga kiemasunode nikushimi no hi ni nenryō o kyōkyū suruhitsuyōgāru sanso o ubawa remasu.

Dare mo makenaidarou to daremoga rieki ni narunode, sore wa mina no tame no shōri no yūrina jōkyō ni narimasu. Kashimīru mondai wa, pen no sutorōku de kaiketsu sa rerudarou to daremoga mugen’nokyōkai wars.

7. Ni shinanaidarou. Watashi wa tekkai suru Jinbabue no dokusai-sha o nattoku sa serudeshou. Kare wa totemo 93-sai: Kare wa shoulds o tekkai shi, QUE ra kuni wa hōkai no setogiwa kara modotte motarasu koto ga dekiru na kare no mago o tanoshimu yō ni, tonikaku hidari no sū-nenkan o motte iru WHERE pan-hi no kin karera no muyaku currency.

8. 1 Chō-pondo QUI no suto. QUE raparesuchina hito wa jibun no kuni o, motsu koto ga deki, sekai no nokori no bubun to no bōeki ya kankō de han’einode, watashi wa heiwa o tsukuru tame ni Isuraeru to Paresuchina hito o nattoku sa serudeshou. Hoka no kuni de no kyanpude omoitsume Paresuchina nanmin no subete no nan hyaku man hito ga kikoku shi, heiwa no uchi ni seizon suru BLE ni narimasu. Zen Isuraeru no taihan wa heiwa to prosperity.

9. Ni sunde BLE ni narimasu. Watashi wa tabu kara entorerehinzū kyōto to Isuramu kyōto no heiwa ga arudeshounode, hinzū kyōto wa, sonogo ni soko ni ramu no karera no jiin o tateru koto ga dekiru yō ni hindo~ū kyō kageki-ha ga hakai sa reta mosuku ni okikae raremasu Indo no ayodaya de sarayu kawa no hantaisoku ni aru mosuku o kōchiku shimasu. Ramu wanode, subete no hinzū kyōto ni totte hijō ni jūyōna sonzaidearu karera no kami no tame ni tera o kōchiku ayodaya de umareta Isuramu kyōto wa, karera ga mosuku no ishi o kōchiku suru tochi nado no daitai shudan o kangaeru koto ga shoulds mezashite imasu.

10. Kurudo hito wa chōdo karera wa nagai jikan ga kurushimi, mada kurushimu motte irunode, hoka no dare no yōna karera no furusato o kangaeru koto shoulds. Kurudisutan wa futatabi tatakau tame ni buki o futan suru koto ni kesshite josei ga, motteinai dokuritsu shita kokka to shite kagayakimasu. Sore wa sore o jitsugen suru tame ni, sorezore no jōho o shimasunode, watashi wa subete no shūhen kuni to soko ni heiwa o okonaimasu. Koko demo daremoga it. My risuto no onkei o ukeru sore wa chōdo kibō-teki kansokudesunode, watashi wa koko de teishi shimasu nagai mokuhyōdesu.

Watashi wa kakuheiki o motsu nin’i no kuni no daitōryō ni naru koto wa arimasenshi, watashi wa hitobito ga kōdō suru fusegi, chō jiga to nise kokka no hokori o, motte inainode, watashi wa, watashi wa heiwa mēkādeareba, kore wa watashi ga nani o suru kadearu heiwa mēkā no mokuteki ni naru koto wa arimasen shōki manner. I ni itsuka marara yūsafzai pakisutan no shushō to nari, kanojo wa ni nōberu-shō o katsu idaina heiwa mēkā ni naru to omoimasu. Sore wa watashi ga kanojo no subete no seikō o inotte gōru ni hassei shita toki, watashi wa ikite inai kamo shiremasen.

What now ? ( in Japanese)

images (16)

出典:Googleの写真

今何?

何今 – 時間は、人々が尋ねるか質問をする必要がある時点ですべての人の生活の中で存在していますか?それは単に無害質問することが、それは非常に深い意味を持っていることがあります。質問は非常に古い時代に非常に若い年齢からの人の生活の中で任意の時点で尋ねたかどこかの間にあると毎回答えは状況に依存し得る、年齢、優先順位、条件の生活、教育闘争、仕事することができますその関係は、開発または行くと他の多くの要因にされて苦労しています。
若者は昔の人々は非常に異なる優先順位を有することができます。

彼らはガールフレンドやボーイフレンドを持つことが優先事項であるか、関係改善ESTAを開発したり、出芽が優先されていることを言うかもしれません。私は、ESTAはホルモンが彼らは女の子だから彼らはそこから下り坂に行くアップノックましたので、彼らは道行きや学業の脱落のように、後で後悔すること愚かなことを行うには多くの場合、それらを促し、自分の体を通して荒れ狂うとは何かを持っていることを知っています。いくつかの点で、私たちはいくつかにそれが月の粗野とあまり魅力的なように聞こえますが、私たちはすべてのハード、その方法を考えるに配線されていることを科学的根拠に基づいており、当社の他の何よりも生物学によって駆動されます。

我々がそれは毎年数回アップノックし、私たちが何をするか分からない5または6たび子猫のゴミを生産し続けて取得します持っている私たちの庭で野良猫から本当に違いはありません。幸いにも彼らは大学に行かないと人間が心配としてacerca多くのことに私たちを心配しないでください。彼らはまた、良い仕事を心配していないと、彼らの生活はとてもシンプルでどこかに生活費を稼ぎます。彼らはすべての必要性は、ゴミ箱が便利になると、他のいくつかの猫がどので彼らが得意と戦うためになるようにそれらを維持するために、いくつかの食品です。

で両親、友人や社会からの需要は、一般的にあなたの場合は大学に行くと、後で良い仕事を得る、結婚とすべての国のすべての社会の中で同じである残りのために私たちに圧力をかけるよう私たち人間は、より複雑ですキコは、自然の中で、平和に住んでいて、一部だけ食料や水、毎日を取得する方法について心配カラハリのKikosを割り引きます。私は人生は私たちすべてが、様々な理由のために時々苦しむストレスから彼らのシンプルで自由なのであり、それらがうらやましいです。

だから私は永遠の質問に戻ってくる – 今何!
私たちは60年以上を意味する古い成長するにつれて、私たちの優先順位は変化し、我々はacerca退職し、何後で行うような他の多くの事を考え始めます。私はちょうど50あるいは40歳で辞めいくつか向こう見ずがありながら楽しむことが平和の瞬間を持ったことがない、一部の人はしないでください知っているか、彼らは働き続けるので、彼らは死んでドロップするまではそのため彼らのコミットメントの65で退職することはできませんそして彼らはラットレースを楽しんでいないと雑草が安くてあまりない基本的なレベルのコストで住んでいるところはなく、モロッコやカトマンズでマラケシュに行くだろうと判断しました。

それはあなたの快適ゾーンを残して、あなたが砂漠でサソリに刺さやゴビでラクダから落ち骨を壊すかもしれませんより広い世界で未知の世界へジャンプするそうする勇気がなく、彼らがしているので、私はそのような人がうらやましいです唯一の少数の人々がそう全体的に彼らは1が彼の仕事にすべての時間を結ばされた場合には不可能な方法での生活を楽しむだけであるので40か50歳の時の話をする価値なし休暇の時間を持っていない自由な精神私はまだ学生ローンの彼と住宅ローンを返済されていないと言及し、すべての法案は、その時計のように現れておきます。
それは彼らの端末の場合は、お友達になり、それらの1日1が尋ね苦しん病棟に2つの古いものと病人(モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン)映画を思い出させる – 私たちは知っていたならば、我々は何をするか、我々は非常に持っていましたちょうど医者のような私たちの生活の中で限られた時間が言いましたか?だから、一つは、私はアラスカで釣りに行くか、私はまだなどできればエベレストを登るしたいと言います
最終的に彼らは、病棟からオフにこっそりとまだ彼らがより多くのいたずらなことを行うために彼らについていたずらな子供のように肩を見ていると、それについて非常に興奮スモックを着てちょうどそれをしました。

は、飛行機から飛び降りたと肥料の山の農家のフィールドの着陸にパラシュートと頭をオフに笑いました。彼らは警察に彼らはスクーターに2つの狂った人のことだと思っていたローマで苦労しました。彼らは、彼らの心のコンテンツに何も、すべてを食べて、すべての薬を捨てました。要するに、彼らは時間のクジラを持っていたし、途方もなく、ゆっくりとその上に薄く表示が点灯するまで、世界の事を気しかし、彼らが死んで笑っていない楽しみました。
ああ、私はこれを行うことがそのような人がうらやましいとその最後の残りの日の間に世界にこの道を取ることがとても勇敢でした。

だから我々はすべて、一定の年齢での生活の中で私たちの異なる優先順位を持っています。どのように真剣に我々が取ることは私たちの優先順位人のキャラクターとそうする彼の財務能力に依存します。あなたはすべてのあなたの人生になどジャンクや工芸品、お金と時間の預金のすべての方法を取得した場合そして、遅かれ早かれよりもあなたはそれを認識すべきです

私たちは皆、いつか行っている場合は賢明な人はすべての材料のものを取り除くために開始しますので、あなたはあなたと一緒に何かを取ることができません。私はそれがそうする楽しみとなっているので、日常の多くを奨励するあなたが読んで、私への書き込みに彼らのような90カ国以上で私の読者を」ことが分かったので、それは私が楽しむことを書面取り込んだdivestment.I呼び出します。

私は屋外の人ではないですので、今では違っていたが、私は、エベレストに登るか、ラクダに乗ってゴビ砂漠に行くつもりはありませんと私はヤング・フーリッシュたときに我々はすべてのいくつかの時点でやったようなものはなかったです。私はあなたがあなたが唯一の私のすべてのケーパーを知っていたが、私は、私はちょうど私が以前に書いていない1つのケイパーを言及しますthat.OKに取得することはできません場合は、あなたの頭を笑い飛ばす話をします伝えることができます。

ある時は、私はカリフォルニアのビッグ・サーに向けてヒッチハイキングだったし、そこに一人を満たすためだったが、ので、私は野生の生活に多くの注意を払っていないストリームに近い森林面積に私の寝袋を広げる暗くなりました。夜の真ん中で、私は私の近くに野生動物のうなり声を聞いて、動物が生きている私を食べて離れて行くとしないことを期待して、私の寝袋の中に忍び込みました。私は怖がっていたし、それを覗き見するものを見ると、それは私が.Iはと自分自身を守るために何も持っていなかったと私は非常に愚かなことをしたし、再びそれを行うにはない自分自身を約束したことに気づい去っていきました悩まれていなかったとき、ほっとしていませんでした。

私は山のライオンがフレンドリーがある場合ので、私はあなたが再びそれを行うと、あなたのケーパーから何も学ばなかった場合、運があなたの指の抜け出しの方法を持ってlucky.Butだったかわからないが、それは優しい山のライオンだったかもしれません。私がやった、それ以来、野生動物の怖いです。私たちの娘は、ザンビアのチーターは飼いならされた動物と言ったが、彼女は私が今何を含むmyself.Soを知っているほとんどの人よりも多くの勇気を持ってポーズ?私はこの質問には、いくつかの答えを必要だと思います。

引退した人々が、すぐに彼らことをあきらめたとcroaked日平凡な生活にその日の落胆たWHO私が出会ってきました。彼らは、それ自体と、退職後に何をすべきかを決定できませんでした。別の仲間は、喫煙を停止して、ウインクして彼の肺の一方のみが働いていたと言ってくれましたが、私はそれはので、私は数ヶ月後に何をしたかの喫煙で死ぬことを望んでいたことができませんでした。仲間はspunk.Iは、誰もがどこかの時点でその優先順位をまっすぐにし、これは私が今、ちょうどそれを行うから、やりたいものですと言うすることは非常に重要であると考えていました。

非常に多くの異なった食品は、あなたが古い場合は気にしないで作るために、非常に多くの新しいいたずらを味わうために、非常に多くの新しい人々に会うために、やることが多くの経験にそんなに、見てそんなにあります。私は古い時代の感覚に過ぎないmovie.Theしばしば繰り返し決まり文句に2つのいたずら者の人々のようないくつかの古い人を知っている、それは単なるなど数です一瞬のために脇に置くと、あなたがlive.

Nowする短い時間を持っていた場合、私はあなたが「セレンゲティに移動して、チーターやライオンを抱きしめたり飛び降りるしようとする必要があることを言わないあなたがやりたい何分で考えることができますパラシュートと、このような事柄を伴うまたは伴わない小型飛行機が、私は誰もがIまたは彼女は時間や.Someはそう傾斜精神的な道を行くと、他の会社にいくつかの慰めを見つけ開発する機会を得たことはありませんいくつかの隠された才能を持っていると確信していますしかし、私は彼らに残され、いくつかの勇気を持っており、半分チャンスが真剣にウインクとswagger.Butと考えるならばいたずらをする準備ができている人を好む、人生はナルシシズムではないか、それはするはずの、少なくとも約。

人々が必要として他人を助けるためにできることはたくさんあります。いくつかの子供たちは、あなたのライブラリーのそのあふれているので、相談、指導や書籍でそれらに手を与える悩ん時間を通して彼または彼女を導くためにメンターを必要としています。一部の人々はそう彼らの生活の中で肯定的な何かを彼らにそのプッシュを与えるためにそれらを乗り越えるために少しプッシュを必要としています。他の人が自分自身を書いて、多分いつか有名な作家になる方法をあなたから学ぶことがあります。いくつかは、必要とする多くの異なる方法で彼らの援助に来る保護者を必要としています。それは、常にお金や贈り物である必要はありませんが、ほんの少しの助け、アドバイスや物事を正しく行う方法を示すことができます。

子を採用し、彼または彼女を愛し、教育と指導して新しい生命を与えます。これらはすべて、「今、何を」尋ねる誰のための非常にやりがいの経験です。あなたは「あなたはよくあなたの人生を過ごした後、ゆっくりと古い兵士のように消えていくと言うことができるように、嬉しそうにして熱心にそれを実行してください

received_10207777936147290[447]

 

 

 

Shutten: Gūguru no shashin nan ima – jikan wa, hitobito ga tazuneru ka shitsumon o suruhitsuyōgāru jiten de subete no hito no seikatsu no naka de sonzai shite imasu ka? Sore wa tan’ni mugai shitsumon suru koto ga, sore wa hijō ni fukai imi o motte iru koto ga arimasu. Shitsumon wa hijō ni furui jidai ni hijō ni wakai nenrei kara no hito no seikatsu no naka de nin’i no jiten de tazuneta ka doko ka no ma ni aru to maikai kotaeha jōkyō ni izon shi eru, nenrei, yūsen jun’i, jōken no seikatsu, kyōiku tōsō, shigoto suru koto ga dekimasu sono kankei wa, kaihatsu matawa ikuto hoka no ōku no yōin ni sa rete kurō shite imasu.

Wakamono wa mukashi no hitobito wa hijō ni kotonaru yūsen jun’i o yūsuru koto ga dekimasu. Karera wa gārufurendo ya bōifurendo o motsu koto ga yūsen jikōdearu ka, kankei kaizen esuta o kaihatsu shi tari, shutsuga ga yūsen sa rete iru koto o iu kamo shiremasen. Watashi wa, esuta wa horumon ga karera wa on’nanokodakara karera wa soko kara kudarizaka ni iku appunokkumashitanode, karera wa michiyuki ya gakugyō no datsuraku no yō ni,-go de kōkai suru koto orokana koto o okonau ni wa ōku no baai, sorera o unagashi, jibun no karada o tōshite arekuruu to wa nanika o motte iru koto o shitte imasu.

Ikutsu ka no ten de, watashitachi wa ikutsu ka ni sore ga tsuki no soya to amari miryoku-tekina yō ni kikoemasuga, watashitachiha subete no hādo, sono hōhō o kangaeru ni haisen sa rete iru koto o kagakutekikonkyo ni motodzuite ori, tōsha no ta no naniyori mo ikimonogaku ni yotte kudō sa remasu. Wareware ga sore wa maitoshi sū-kai appunokku shi, watashitachi ga nani o suru ka wakaranai 5 matawa 6 tabi koneko no gomi o seisan shi tsudzukete shutoku shimasu motte iru watashitachi no niwa de noraneko kara hontōni chigai wa arimasen.

Saiwai ni mo karera wa daigaku ni ikanaito ningen ga shinpai to shite acerca ōku no koto ni watashitachi o shinpaishinaide kudasai. Karera wa mata, yoi shigoto o shinpai shite inai to, karera no seikatsu wa totemo shinpurude doko ka ni seikatsu-hi o kasegimasu. Karera wa subete no hitsuyō-sei wa, gomibako ga benri ni naru to, hoka no ikutsu ka no neko ga donode karera ga tokui to tatakau tame ni naru yō ni sorera o iji suru tame ni, ikutsu ka no shokuhindesu.

De ryōshin, yūjin ya shakai kara no juyō wa, ippantekini anata no baai wa daigaku ni iku to,-gode yoi shigoto o eru, kekkon to subete no kuni no subete no shakai no naka de onajidearu nokori no tame ni watashitachi ni atsuryokuwokakeru-yō watashitachi ningen wa, yori fukuzatsudesu Kiko wa, shizen no naka de, heiwa ni sunde ite, ichibu dake shokuryō ya mizu, mainichi o shutoku suru hōhō ni tsuite shinpai Karahari no Kikos o waribikimasu. Watashi wa jinsei wa watashitachi subete ga, samazamana riyū no tame ni tokidoki kurushimu sutoresu kara karera no shinpurude jiyūna nodeari, sorera ga urayamashīdesu.

Dakara watashi wa eien no shitsumon ni modotte kuru – imanani! Watashitachi wa 60-nen ijō o imi suru furui seichō suru ni tsurete, watashitachi no yūsen jun’i wa henka shi, wareware wa acerca taishoku shi, nani-go de okonau yōna ta no ōku no koto o kangae hajimemasu. Watashi wa chōdo 50 aruiwa 40-sai de yame ikutsu ka mukōmizu ga arinagara tanoshimu koto ga heiwa no shunkan o motta koto ga nai, ichibu no hito wa shinaide kudasai shitte iru ka, karera wa hataraki tsudzukerunode, karera wa shinde doroppu suru made wa sonotame karera no komittomento no 65 de taishoku suru koto wa dekimasen soshite karera wa rattorēsu o tanoshinde inaito zassō ga yasukute amarinai kihon-tekina reberu no kosuto de sunde iru tokoro wa naku, Morokko ya Katomanzu de Marakeshu ni ikudarou to handan shimashita.

Sore wa anata no kaiteki zōn o nokoshite, anata ga sabaku de sasori ni sasa ya Gobi de rakuda kara ochi-kotsu o kowasu kamo shiremasen yori hiroi sekai de michi no sekai e janpu suru sō suru yūki ga naku, karera ga shite irunode, watashi wa sono yōna hito ga urayamashīdesu yuiitsu no shōsū no hitobito ga sō zentai-teki ni karera wa 1 ga kare no shigoto ni subete no jikan o musuba sa reta baai ni wa fukanōna hōhō de no seikatsu o tanoshimu dakedearunode 40 ka 50-sai no toki no hanashi o suru kachi nashi kyūka no jikan o motteinai jiyūna seishin watashi wa mada gakusei rōn no kare to jūtaku rōn o hensai sa rete inai to genkyū shi, subete no hōan wa, sono tokei no yō ni arawarete okimasu.

Sore wa karera no tanmatsu no baai wa, o tomodachi ni nari, sorera no 1-nichi 1 ga tazune kurushin byōtō ni 2tsu no furui mono to byōnin (mōgan furīman to jakku nikoruson) eiga o omoidasaseru – watashitachiha shitteitanaraba, wareware wa nani o suru ka, wareware wa hijō ni motte imashita chōdo isha no yōna watashitachi no seikatsu no naka de kagira reta jikan ga iimashita ka?

Dakara, hitotsu wa, watashi wa Arasuka de tsuri ni iku ka, watashi wa mada nado dekireba eberesuto o noboru shitai to iimasu saishūtekini karera wa, byōtō kara ofu ni kossori to mada karera ga yori ōku no itazurana koto o okonau tame ni karera ni tsuite itazurana kodomo no yō ni kata o mite iru to, sore ni tsuite hijō ni kōfun sumokku o kite chōdo sore o shimashita.

Karera wa, hikōki kara tobiorita to hiryō no yama no nōka no fīrudo no chakuriku ni parashūto to atama o ofu ni waraimashita. Karera wa keisatsu ni karera wa sukūtā ni 2tsu no kurutta hito no kotoda to omotte ita rōma de kurō shimashita. Karera wa, karera no kokoro no kontentsu ni nani mo, subete o tabete, subete no kusuri o sutemashita. Yōsuruni, karera wa jikan no kujira o motte itashi, tohō mo naku, yukkuri to sono-jō ni usuku hyōji ga tentō suru made, sekai no koto o ki shikashi, karera ga shinde waratte inai tanoshi mimashita.

Ā, watashi wa kore o okonau koto ga sono yōna hito ga urayamashīto sono saigo no nokori no hi no ma ni sekai ni kono michi o toru koto ga totemo yūkandeshita. Dakara wareware wa subete, ittei no nenrei de no seikatsu no naka de watashitachi no kotonaru yūsen jun’i o motte imasu. Dono yō ni shinken ni wareware ga toru koto wa watashitachi no yūsen jun’i hito no kyarakutā to sō suru kare no zaimu nōryoku ni izon shimasu.

Anata wa subete no anata no jinsei ni nado janku ya kōgei-hin, okane to jikan no yokin no subete no hōhō o shutoku shita baai soshite, osokare hayakare yori mo anata wa sore o ninshiki subekidesu Watashitachi wa mina, itsuka itte iru baai wa kenmeina hito wa subete no zairyō no mono o torinozoku tame ni kaishi shimasunode, anata wa anata to issho ni nanika o toru koto ga dekimasen. Watashi wa sore ga sō suru tanoshimi to natte irunode, nichijō no ōku o shōrei suru anata ga yonde, watashi e no kakikomi ni karera no yōna 90-kakoku ijō de watashi no dokusha o’ koto ga wakattanode, sore wa watashi ga tanoshimu koto o shomen torikonda divestment.

I yobidashimasu. Watashi wa okugai no hitode wanaidesunode, ima dewa chigatte itaga, watashi wa, eberesuto ni noboru ka, rakuda ni notte Gobisabaku ni iku tsumori wa arimasen to watashi wa yangu fūrisshuta toki ni wareware wa subete no ikutsu ka no jiten de yatta yōna mono wa nakattadesu. Watashi wa anata ga anata ga yuiitsu no watashi no subete no kēpā o shitteita ga, watashi wa, watashi wa chōdo watashi ga izen ni kaite inai 1tsu no keipā o genkyū shimasu zatto.

OK ni shutoku suru koto wa dekimasen baai wa, anata no atama o waraitobasu hanashi o shimasu tsutaeru koto ga dekimasu. Arutokiha, watashi wa Kariforunia no biggu sā ni mukete hitchihaikingudattashi, soko ni hitori o mitasu tamedattaga,node, watashi wa yasei no seikatsu ni ōku no chūi o haratte inai sutorīmu ni chikai shinrin menseki ni watashi no nebukuro o hirogeru kuraku narimashita. Yoru no man’naka de, watashi wa watashi no chikaku ni yasei dōbutsu no unarigoe o kiite, dōbutsu ga ikite iru watashiwotabete hanarete ikuto shinai koto o kitai shite, watashi no nebukuro no naka ni shinobikomimashita.

Watashi wa kowagatte itashi, sore o nozoki mi suru mono o miru to, sore wa watashi ga. I wa to jibun jishin o mamoru tame ni nani mo motte inakatta to watashi wa hijō ni orokana koto o shitashi, futatabi sore o okonau ni wanai jibun jishin o yakusoku shita koto ni kidzui satte ikimashita nayama rete inakatta toki, hotto shite imasendeshita. Watashi wa yama no raion ga furendorī ga aru baainode, watashi wa anata ga futatabi sore o okonau to, anata no kēpā kara nani mo manabanakatta baai, un ga anata no yubi no nukedashi no hōhō o motte lucky.

Butdatta ka wakaranaiga, sore wa yasashī yama no raiondatta kamo shiremasen. Watashi ga yatta, sore irai, yasei dōbutsu no kowaidesu. Watashitachi no musume wa, Zanbia no chītā wa kai narasa reta dōbutsu to ittaga, kanojo wa watashi ga imanani o fukumu myself. So o shitte iru hotondo no hito yori mo ōku no yūki o motte pōzu? Watashi wa kono shitsumon ni wa, ikutsu ka no kotae o hitsuyōda to omoimasu. Intaishita hitobito ga, sugu ni karera koto o akirameta to croaked-bi heibon’na seikatsu ni sonohi no rakutanta fū watashi ga deatte kimashita.

Karera wa, sore jitai to, taishoku-go ni nani o subeki ka o kettei dekimasendeshita. Betsu no nakama wa, kitsuen o teishi shite, uinku shite kare no hai no ippō nomi ga hataraite ita to itte kuremashitaga, watashi wa sorehanode, watashi wa sūkagetsugo ni naniwoshita ka no kitsuen de shinu koto o nozonde ita koto ga dekimasendeshita. Nakama wa spunk. I wa, daremoga doko ka no jiten de sono yūsen jun’i o massugu ni shi, kore wa watashi ga ima, chōdo sore o okonaukara, yaritai monodesu to iu suru koto wa hijō ni jūyōdearu to kangaete imashita.

Hijō ni ōku no kotonatta shokuhin wa, anata ga furui baai wa kinishinai de tsukuru tame ni, hijō ni ōku no atarashī itazura o ajiwau tame ni, hijō ni ōku no atarashī hitobito ni au tame ni, yaru koto ga ōku no keiken ni son’nani, mite son’nani arimasu. Watashi wa furui jidai no kankaku nisuginai movie. The shibashiba kurikaeshi kimari monku ni 2tsu no itazura-sha no hitobito no yōna ikutsuka no furui hito o shitte iru, sore wa tan’naru nado sūdesu isshun no tame ni waki ni oku to, anata ga live.

Now suru mijikai jikan o motte ita baai, watashi wa anata ga `serengeti ni idō shite, chītā ya raion o dakishime tari tobioriru shiyō to suru hitsuyō ga aru koto o iwanai anata ga yaritai nanibun de kangaeru koto ga dekimasu parashūto to, kono yōna kotogara o tomonau matawa tomonawanai kogata hikōki ga, watashi wa daremoga I matawa kanojo wa jikan ya. Some wa sō keisha seishin-tekina michi o iku to, hoka no kaisha ni ikutsu ka no nagusame o mitsuke kaihatsu suru kikai o eta koto wa arimasen ikutsu ka no kakusareta sainō o motte iru to kakushin shite imasu shikashi, watashi wa karera ni nokosa re, ikutsu ka no yūki o motte ori, hanbun chansu ga shinken ni uinku to swagger.

But to kangaerunaraba itazura o suru junbi ga dekite iru hito o konomu, jinsei wa narushishizumude wanai ka, soreha suru hazu no, sukunakutomo yaku. Hitobito ga hitsuyō to shite tanin o tasukeru tame ni dekiru koto wa takusan arimasu. Ikutsu ka no kodomo-tachi wa, anata no raiburarī no sono afurete irunode, sōdan, shidō ya shoseki de sorera ni te o ataeru nayan jikan o tōshite kare matawa kanojo o michibiku tame ni mentā o hitsuyō to shite imasu. Ichibu no hitobito wa sō karera no seikatsu no naka de kōtei-tekina nanika o karera ni sono pusshu o ataeru tame ni sorera o norikoeru tame ni sukoshi pusshu o hitsuyō to shite imasu.

Hokanohito ga jibun jishin o kaite, tabun itsu ka yūmeina sakka ni naru hōhō o anata kara manabu koto ga arimasu. Ikutsu ka wa, hitsuyō to suru ōku no kotonaru hōhō de karera no enjo ni kuru hogo-sha o hitsuyō to shite imasu. Sore wa, tsuneni okane ya okurimonodearu hitsuyō wa arimasenga, hon’nosukoshi no tasuke, adobaisu ya monogoto o tadashiku okonau hōhō o shimesu koto ga dekimasu. Ko o saiyō shi, kare matawa kanojo o aishi, kyōiku to shidō shite atarashī seimei o ataemasu. Korera wa subete,`ima, nani o’ tazuneru dare no tame no hijō ni yarigai no keikendesu. Anata wa `anata wa yoku anata no jinsei o sugoshita nochi, yukkuri to furui heishi no yō ni kieteiku to iu koto ga dekiru yō ni, ureshi-sō ni shite nesshin ni sore o jikkō shite kudasai.

Kam Fats of this world( in Japanese)

この世界のカム脂肪

53195113-Vector-Illustration-of-three-kids-flying-kites-in-the-park-Stock-Vector
Source : Google photo

かつて私が香港の中国国境に近い最後の1つの駅であったSheung Shuiにいたとき、私は彼の名前がKam Fatであると言ったタクシー運転手と会った。私はそれが彼の本当の名前であったかどうかまだ分かりません。彼は少し太ったので彼は彼に電話しましたが、彼は私が見ることができるものを見るために私を国境に連れて行くことができると言った友好的な種類でした。だから私は彼が1分ほど話している間に彼と一緒に行き、私についてのすべてを知りたいと思っていました。
だから私はアメリカに行く途中でカリフォルニアに留学していたので、私は奨学金をもらっていなかったので、私は自分自身に力を入れていたので、まず彼は私に安いところを見つけましたそこにとどまって良かったし清潔だったし、彼は私を夕食のために彼の家に招待した。
私たちは彼の家に私を彼に紹介した狭い厚板で辛抱強く歩いていたので、私を歓迎してくれたすべての子供たちに紹介しました。私はシンプルで美味しい中国の食事でそれらに参加するように私を招待した。私は未知の人にとても親切なタクシー運転手がどこにでも見つけることが非常に難しいので、私は驚きましたので、彼らのおもてなしを覚えています。

私が話したことは覚えていませんが、彼らは私に美しいセラミックイーグルを贈り物として与えました。翌日、カムファットは私が彼をもう一度必要としているかどうかを確認するために再び現れ、すぐに歯科医に私を連れて来ました。このすばらしい仲間は私に5ドルのクリップを付けたいい歯を固定しました。

カムファットは私をインドの医者に連れて来ました。ベンジャリの紳士は、中国の女性と結婚してとても驚きました。インド人はベンガル人だけではなく、シェンシュイに行くことはほとんどないので、すぐに私は彼のところで昼食を取ってくれたが、後に別の診療所を持っていたシャティンを訪ねるために彼の車で私を見せてくれた。私は多くの国で私の人生で会った素敵な人たちの思い出が、私たちが会う悪人の数にかかわらず、人類の良さへの私の信念を補強しています。

あなたが私と同じくらい旅をしていれば、Kam Fatのような悪くて良いものもいろいろな人と出会うことができます。あなたは悪いものを忘れる傾向がありますが、あなたに印象を与えた善良な人々を覚えています。私の重いスーツケースを純粋なのれんから香港のホテルに運ぶように頼んだ紳士はとても恥ずかしかったです。

最近、私たちがニュースで聞いて見ていることは、憎悪と人種差別を公然と奨励している一部の人々が彼らの手がかりを取り、それに応じて行動するゴミ箱です。あなたは暗い皮膚やターバンを着用して外国人になった場合、無頓着な入国者があなたに汚い表情を見せる米国の空港に到着すると、これを見るでしょう。

あなたは警察官にこれを見て、あなたを止めて、ホルスターに手を置いたままあなたのIDを大まかに尋ねます。あなたは彼らのように見えないので、あなたに侮辱を叫ぶ渡す自動車運転手にこれを見ます。それは、親からの手がかりを取った子供たちにもフィルターをかけます。それはあなたに人間の本質の暗い側面に不思議に思って、この世界のカム脂肪をもっと感謝します。

かつて私がイタリアのメッシーナにいた時、どこかイタリア人だけが行った場所であることを知らずに、私がキャンプ場をさまよった。キャンプはテントでいっぱいで、すべての年齢の子供たちがたくさん遊んでいました。最初は彼らは私が何を作るのか分からなかった。なぜなら彼らはとても近いインド人に会ったことがなかったからだ。彼らは私の周りにいろいろな質問をしていた。私は彼らの言葉を知らなかったので、十代の少女が英語を話すまで、 “non parlare Italiano”としか言えませんでした。私はその後、アイデアを持っていた。私はすべての子供たちを集めて、私たちの手に参加してサークルを作るように頼んだ。私は彼らに地面に座るように頼んだ。

彼らは興奮して、次に何をすべきかを知りたいと熱心に待っていました。それで、私は少女に説明しました。シンプルなゲームだと説明しました。子供の後ろに手キングを落として、それを疑わずに子供がいないことを知り、手キングを拾い、彼がゲームから外れていることを彼に教えてください。子供がハンカチを見つけたら、私は出ていて、彼はゲームを続けた。
彼らは早くゲームを学び、この新しいゲームを楽しい時間を過ごしました。なぜなら、少女は急速なイタリア語で彼らに説明したからです。

しばらく遊んだ後、私は休憩するために木の下のイージーチェアに座っていたが、子供たちは私を孤独にしていませんでした。彼らはすべての種類の食糧を彼らのテントから持ってきて、私に食べさせ始めました。誰かが私の口にブドウを入れて、他の人はチーズを入れます。彼らは母親や祖母が私を怠惰に笑って見ている間、私には十分にできませんでした。ある老婦人が私にシャツを脱ぐように頼み、欠けていたボタンを素敵に固定しました。私は外国人の完全な見知らぬ人への愛を信じることができませんでした。

さようならを言う時が来たとき、子供たちは涙を流して、私と一緒にいてもっともっと遊んで、新しいことを教えるために私に嘆願しました物事が私は上に移動しなければならなかった。私はまだ何年も後に彼らの涙の美しい顔を覚えています。私は子供の無邪気さを愛していますが、この無実は彼らが成長する環境に依存していることも知っています。彼らは、戦争や飢饉のような暴力的な状況の中ですぐに失われがちです。あなたはアルジェリアのように不足しているか不十分です。

しかし最初に、1967年にひどい戦争が終わったベトナムに行きましょう。あなたは家庭生活の中で引き起こされた大混乱を想像することはできませんし、どこでも死と破壊を引き起こしましたが、私はそれを見て、彼らの苦しみを鋭く感じました。子供たちは戦争中に無実を失い、おもちゃの銃や手榴弾で遊んだのは、それが正常なことであるかのようでした。サイゴンの通りで私のところに来る人もいれば、汚れた写真を手に入れてお金を払うこともあります。 1人の子供が車のハッチを開け、目の瞬きの中でダッフルバッグで逃げました。ティーンエイジャンの女の子たちは、公然と自分自身を売っていた。

幼い子供たちは、PX商品を運ぶアメリカのトラックの後ろを登り、運転手が何が起こっているのか全く気づいていない間に猿のようにトラックからカートンを押し出しました。これらの子供たちは無実ではなく、彼らの年齢を超えて狡猾であった。戦争は道徳や伝統的な価値観の崩壊をもたらしました。そして1972年には戦争がなく、国全体が平和であったが、私は子供たちがとてもかわいくて無実であると誤って考えていました。彼らは何も無実だった。彼らは、髪の毛と天使の顔の小さな悪魔のようだった。彼らの母親は、朝、彼らの家事を平和で行い、隣人と一緒にゴシップをするために朝に連れてきたので、これらの子供たちはすべてのいたずらをして占領しました。ますます多くの子供たちが出始めた。

彼らの純粋な数字が私を圧倒したとき、私は止まらなければならなかったが、私は彼らと遊ぶことを強く主張し、私はそうしないと怒った。イタリアでは、子供たちは愛情の溢れる環境の中で育ち、注意を払って両親や祖父母に甘やかされますが、アルジェリアではそうではありませんでしたので、子供たちは注意と愛を求めていました。彼らはそれを見つけたとき、彼らはそれを放棄しようとしていなかったので、忌まわしくなり、私のバイクエンジンに砂を入れて、ミラーを破り、タイヤをスラッシュしようとしました。

子供たちの甘さと無邪気さは、彼らが育つ環境に依存します。子供が多くの社会で共通の家庭内暴力を経験したり、薬物、暴力、死が共通するコミュニティに住んでいる場合、すぐに無実を取り除く効果。私は子供たちがスポンジのようなものであることを他の所で書いています。彼らは愛情のある親の監督がなければ、彼らは特に言語を観察して悪いことを吸収し、それに応じて行動します.10歳の子供たちは現在、自動武器を携帯しなければならず、ジハード教徒や他のグループによって人々を殺すよう頼んでいます非常に若い年齢で実際のモンスターに変わる。 13歳や14歳の少女は、孤児の兄弟姉妹に給餌するために小さな額を得ることができるように、自分自身を売るように強制されます。

誰も気にしないで、生き残るために何ができるのかを誰も助けない。人々が覚えている限り、人々に意志を強いることを依然として主張する人々によってもたらされた戦争、飢餓、イデオロギーや誤った信念の名前で人々が苦しむように。国連は現在、世界の様々な地域で戦争によって強制退去された人口は8000万人を超えているとしています。カイトランナーと呼ばれる映画があります。アフガニスタンの治安部隊が力を出してその国を灰にするまで。ダンス、歌、演奏、凧飛行、あなたと私が自分の国で楽しむ人生のすべての普通のものは、間違った信念の名の下、人生における単純な喜びを奪われた人々を禁止されました。それは、薬物中毒、女性の家庭内虐待、うつ病、そして自殺未遂がある国です。

戦争がいつか終わると、人々は正常な人生を一緒にして子供たちが再び凧を飛べる機会を得ることができます。ベトナムでは、汚れた写真を販売する代わりに美しい公園で子供たちが遊んでいる場所で成長し、繁栄していますが、彼らは平和を得るために非常に高い価格を払っています。私たち人間は、非常に長い時間をかけてお互いを殺していますが、私たちのこの世界は本当に美しい惑星であり、自然が寛大であり、半分のチャンスを与えてくれます。あなたが旅をすると、人々が繁栄と平和に住み、人々が見知らぬ人に親切であり、できる限りの支援を提供する、緑豊かで豊かな資源である国がどれほど美しいかがわかります。親切で素敵な人達が親切で素敵な子供たちを育ててくれます

後でカム脂肪になる。だから、私はこの世界のカム脂肪のために信仰を失っていない。

 

 
Kono sekai no kamu shibō   katsute watashi ga Honkon no Chūgoku kokkyō ni chikai saigo no 1tsu no ekideatta Sheung Shui ni ita toki, watashi wa kare no namae ga Kam Fatdearu to itta takushī untenshu to atta. Watashi wa sore ga kare no hontō no namaedeatta ka dō ka mada wakarimasen. Kare wa sukoshi futottanode kare wa kare ni denwa shimashitaga, kare wa watashi ga miru koto ga dekiru mono o miru tame ni watashi o kokkyō ni tsurete iku koto ga dekiru to itta yūkō-tekina shuruideshita.

Dakara watashi wa kare ga 1-bu hodo hanashite iru ma ni kare to issho ni iki, watashinitsuite no subete o shiritai to omotte imashita. Dakara watashi wa Amerika ni iku tochū de Kariforunia ni ryūgaku shite itanode, watashi wa shōgakkin o moratte inakattanode, watashi wa jibun jishin ni chikara o irete itanode, mazu kare wa watashi ni yasui tokoro o mitsukemashita soko ni todomatte yokattashi seiketsudattashi, kare wa watashi o yūshoku no tame ni kare no ie ni shōtai shita.

Watashitachi wa kare no ie ni watashi o kare ni shōkai shita semai atsuita de shinbōdzuyoku aruite itanode, watashi o kangei shite kureta subete no kodomo-tachi ni shōkai shimashita. Watashi wa shinpurude oishī Chūgoku no shokuji de sorera ni sanka suru yō ni watashi o shōtai shita. Watashi wa michi no hito ni totemo shinsetsuna takushī untenshu ga doko ni demo mitsukeru koto ga hijō ni muzukashīnode, watashi wa odorokimashitanode, karera no omotenashi o oboete imasu.

Watashi ga hanashita koto wa oboete imasenga, karera wa watashi ni utsukushī seramikkuīguru o okurimono to shite ataemashita. Yokujitsu, kamufatto wa watashi ga kare o mōichido hitsuyō to shite iru ka dō ka o kakunin suru tame ni futatabi araware, sugu ni shikai ni watashi o tsurete kimashita. Kono subarashī nakama wa watashi ni 5-doru no kurippu o tsuketa ī ha o kotei shimashita. Kamufatto wa watashi o Indo no isha ni tsurete kimashita. Benjari no shinshi wa, Chūgoku no josei to kekkon shite totemo odorokimashita.

Indohito wa Bengaru hito dakede wa naku, shenshui ni iku koto wa hotondo nainode, sugu ni watashi wa kare no tokoro de chūshoku o totte kuretaga,-go ni betsu no shinryōsho o motte ita shatin o tazuneru tame ni kare no kuruma de watashi o misete kureta. Watashi wa ōku no kuni de watashinojinsei de atta sutekinahito-tachi no omoide ga, watashitachi ga au akunin no kazu ni kakawarazu, jinrui no yosa e no watashi no shin’nen o hokyō shite imasu.

Anata ga watashi to onaji kurai tabi o shite ireba, Kam Fat no yōna warukute yoi mono mo iroirona hito to deau koto ga dekimasu. Anata wa warui mono o wasureru keikō ga arimasuga, anata ni inshō o ataeta zenryōna hitobito o oboete imasu. Watashi no omoi sūtsukēsu o junsuina noren kara Honkon no hoteru ni hakobu yō ni tanonda shinshi wa totemo hazukashikattadesu. Saikin, watashitachi ga nyūsu de kii te mite iru koto wa, zōo to hito shusabetsu o kōzen to shōrei shite iru ichibu no hitobito ga karera no tegakari o tori, sore ni ōjite kōdō suru gomibakodesu.

Anata wa kurai hifu ya tāban o chakuyō shite gaikoku hito ni natta baai, mutonjakuna nyūkoku-sha ga anata ni kitanai hyōjō o miseru Beikoku no kūkō ni tōchaku suru to, kore o mirudeshou. Anata wa keisatsukan ni kore o mite, anata o tomete, horusutā ni te o oita mama anata no ID o ōmaka ni tazunemasu. Anata wa karera no yō ni mienainode, anata ni bujoku o sakebu watasu jidōsha untenshu ni kore o mimasu. Sore wa, oya kara no tegakari o totta kodomo-tachi ni mo firutā o kakemasu.

Sore wa anata ni ningen no honshitsu no kurai sokumen ni fushigi ni omotte, kono sekai no kamu shibō o motto kansha shimasu. Katsute watashi ga Itaria no messhīna ni ita toki, doko ka itariahito dake ga okonatta bashodearu koto o shirazu ni, watashi ga kyanpuba o samayotta. Kyanpu wa tento de ippai de, subete no nenrei no kodomo-tachi ga takusan asonde imashita. Saisho wa karera wa watashi ga nani o tsukuru no ka wakaranakatta.

Nazenara karera wa totemo chikai indohito ni atta koto ga nakattakarada. Karera wa watashi no mawari ni iroirona shitsumon o shite ita. Watashi wa karera no kotoba o shiranakattanode, jūdai no shōjo ga eigo o hanasu made, ” non parlare Italiano” to shika iemasendeshita. Watashi wa sonogo, aidea o motte ita. Watashi wa subete no kodomo-tachi o atsumete, watashitachi no te ni sanka shite sākuru o tsukuru yō ni tanonda. Watashi wa karera ni jimen ni suwaru yō ni tanonda. Karera wa kōfun shite, tsugini nani o subeki ka o shiritai to nesshin ni matte imashita.

Sorede, watashi wa shōjo ni setsumei shimashita. Shinpuruna gēmuda to setsumei shimashita. Kodomo no ushiro ni te kingu o otoshite, sore o utagawazu ni kodomo ga inai koto o shiri,-te kingu o hiroi, kare ga gēmu kara hazurete iru koto o kare ni oshietekudasai. Kodomo ga hankachi o mitsuketara, watashi wa dete ite, kare wa gēmu o tsudzuketa. Karera wa hayaku gēmu o manabi, kono atarashī gēmu o tanoshī jikan o sugoshimashita. Nazenara, shōjo wa kyūsokuna Itaria-go de karera ni setsumei shitakaradesu.

Shibaraku asonda nochi, watashi wa kyūkei suru tame ni konoshita no ījīchea ni suwatte itaga, kodomo-tachi wa watashi o kodoku ni shite imasendeshita. Karera wa subete no shurui no shokuryō o karera no tento kara motte kite, watashi ni tabe sase hajimemashita. Darekaga watashi no kuchi ni budō o irete, hokanohito wa chīzu o iremasu. Karera wa hahaoya ya sobo ga watashi o taida ni waratte mite iru ma, watashiniha jūbun ni dekimasendeshita. Aru rō fujin ga watashi ni shatsu o nugu yō ni tanomi, kakete ita botan o suteki ni kotei shimashita.

Watashi wa gaikoku hito no kanzen’na mishiranu hito e no ai o shinjiru koto ga dekimasendeshita. Sayōnara o iu toki ga kita toki, kodomo-tachi wa namida o nagashite, watashitoisshoni ite motto motto asonde, atarashī koto o oshieru tame ni watashi ni tangan shimashitaMonogoto ga watashi wa ue ni idō shinakereba naranakatta. Watashi wa mada nan-nen mo nochini karera no namida no utsukushī kao o oboete imasu. Watashi wa kodomo no mujaki-sa o aishiteimasu ga, kono mujitsu wa karera ga seichō suru kankyō ni izon shite iru koto mo shitte imasu.

Karera wa, sensō ya kikin no yōna bōryoku-tekina jōkyō no naka de sugu ni ushinawa re-gachidesu. Anata wa Arujeria no yō ni fusoku shite iru ka fujūbundesu. Shikashi saisho ni, 1967-nen ni hidoi sensō ga owatta Betonamu ni ikimashou. Anata wa katei seikatsu no naka de hikiokosa reta dai konran o sōzō suru koto wa dekimasenshi, doko demo shi to hakai o hikiokoshimashitaga, watashi wa sore o mite, karera no kurushimi o surudoku kanjimashita.

Kodomo-tachi wa sensō-chū ni mujitsu o ushinai, omocha no jū ya shuryūdan de asonda no wa, sore ga seijōna kotodearu ka no yōdeshita. Saigon no tōri de watashi no tokoro ni kuru hito mo ireba, kegareta shashin o te ni irete okane o harau koto mo arimasu. 1-Ri no kodomo ga kuruma no hatchi o ake,-me no mabataki no naka de daffurubaggu de nigemashita. Tīn’eijan no on’nanoko-tachi wa, kōzen to jibun jishin o utte ita. Osanai kodomo-tachi wa, PX shōhin o hakobu Amerika no torakku no ushiro o nobori, untenshu ga nani ga okotte iru no ka mattaku kidzuite inai ma ni saru no yō ni torakku kara kāton o oshidashimashita. Korera no kodomo-tachi wa mujitsude wa naku, karera no nenrei o koete kōkatsudeatta.

Sensō wa dōtoku ya dentō-tekina kachikan no hōkai o motarashimashita. Soshite 1972-nen ni wa sensō ga naku,-koku zentai ga heiwadeattaga, watashi wa kodomo-tachi ga totemo kawaikute mujitsudearu to ayamatte kangaete imashita. Karera wa nani mo mujitsudatta. Karera wa, kaminoke to tenshi no kao no chīsana akuma no yōdatta. Karera no hahaoya wa, asa, karera no kaji o heiwade okonai, rinjin to issho ni goshippu o suru tame ni asa ni tsurete kitanode, korera no kodomo-tachi wa subete no itazura o shite senryō shimashita.

Masumasu ōku no kodomo-tachi ga de hajimeta. Karera no junsuina sūji ga watashi o attō shita toki, watashi wa tomaranakereba naranakattaga, watashi wa karera to asobu koto o tsuyoku shuchō shi, watashi wa sō shinai to okotta. Itariade wa, kodomo-tachi wa aijō no afureru kankyō no naka de sodachi, chūi o haratte ryōshin ya sofubo ni amayakasa remasuga, Arujeriade wa sōde wa arimasendeshitanode, kodomo-tachi wa chūi to ai o motomete imashita.

Karera wa sore o mitsuketa toki, karera wa sore o hōki shiyou to shite inakattanode, imawashiku nari, watashi no baiku enjin ni suna o irete, mirā o yaburi, taiya o surasshu shiyou to shimashita. Kodomo-tachi no ama-sa to mujaki-sa wa, karera ga sodatsu kankyō ni izon shimasu. Kodomo ga ōku no shakai de kyōtsū no kateinaibōryoku o keiken shi tari, yakubutsu, bōryoku, shi ga kyōtsū suru komyuniti ni sunde iru baai, sugu ni mujitsu o torinozoku kōka.

Watashi wa kodomo-tachi ga suponji no yōna monodearu koto o hoka no tokoro de kaite imasu. Karera wa aijō no aru oya no kantoku ga nakereba, karera wa tokuni gengo o kansatsu shite warui koto o kyūshū shi, sore ni ōjite kōdō shimasu. 10-Sai no kodomo-tachi wa genzai, jidō buki o keitai shinakereba narazu, jihādo kyōto ya hoka no gurūpu ni yotte hitobito o korosu yō tanonde imasu hijō ni wakai nenrei de jissai no monsutā ni kawaru. 13-Sai ya 14-sai no shōjo wa, minashigo no keiteishimai ni kyūji suru tame ni chīsana gaku o eru koto ga dekiru yō ni, jibun jishin o uru yō ni kyōsei sa remasu. Dare mo kinishinaide, ikinokoru tame ni nani ga dekiru no ka o dare mo tasukenai.

Hitobito ga oboete iru kagiri, hitobito ni ishi o shiiru koto o izentoshite shuchō suru hitobito ni yotte motarasa reta sensō, kiga, ideorogī ya ayamatta shin’nen no namae de hitobito ga kurushimu yō ni. Kokuren wa genzai, sekai no samazamana chiiki de sensō ni yotte kyōsei taikyo sa reta jinkō wa 8000 man hito o koete iru to shite imasu. Kaitoran’nā to yoba reru eiga ga arimasu.

Afuganisutan no chian butai ga chikara o dashite sono kuni o hai ni suru made. Dansu, uta, ensō,-dako hikō, anatatowatashi ga jibun no kuni de tanoshimu jinsei no subete no futsū no mono wa, machigatta shin’nen no na no shimo, jinsei ni okeru tanjun’na yorokobi o ubawa reta hitobito o kinshi sa remashita. Sore wa, yakubutsu chūdoku, josei no katei-nai gyakutai, utsubyō, soshite jisatsu misui ga aru kunidesu. Sensō ga itsuka owaru to, hitobito wa seijōna jinsei o issho ni shite kodomo-tachi ga futatabi tako o toberu kikai o eru koto ga dekimasu.

Betonamude wa, kegareta shashin o hanbai suru kawari ni utsukushī kōen de kodomo-tachi ga asonde iru basho de seichō shi, han’ei shite imasuga, karera wa heiwa o eru tame ni hijō ni takai kakaku o haratte imasu. Watashitachi ningen wa, hijō ni nagai jikan o kakete otagai o koroshite imasuga, watashitachi no kono sekai wa hontōni utsukushī wakuseideari, shizen ga kandaideari, hanbun no chansu o ataete kuremasu.

Anata ga tabi o suru to, hitobito ga han’ei to heiwa ni sumi, hitobito ga mishiranu hito ni shinsetsudeari, dekiru kagiri no shien o teikyō suru, midori yutakade yutakana shigendearu kuni ga dorehodo utsukushī ka ga wakarimasu. Shinsetsude sutekina hitotachi ga shinsetsude sutekina kodomo-tachi o sodatete kuremasuAtode kamu shibō ni naru. Dakara, watashi wa kono sekai no kamu shibō no tame ni shinkō o ushinatte inai.

A child prodigy called Antara ( in Japanese)

499f2c29bfd84c3b95231f766f0e95ad

Source : Google photo

Antara Chowdhuryはインドの家庭用の名前ですが、インド以外では彼女と彼女の歌を聞いたことはほとんどありません。彼女はインドの伝説であるSalil Chowdhuryの娘です。彼は曲を書いて、数多くの映画の曲を作り、ベンガル語やヒンディー語で人気の高いヒット曲を多数作りました。彼は詩人、劇作家、有名な音楽監督で、7歳の時にアンタラの歌詞を歌い、インスタント・ヒットとなりました。

彼女は著名な父が彼女のために書いた多くの子供の歌を記録し、インドの音楽界で永続的な遺産を残しました。 Salil Chowdhuryはもはや彼の音楽は今や若い女性である彼のかわいい娘に住んでいます。

私は今あなたに彼女の最も人気のある歌、O sona Byang O kola Byangとあなたに英語で行ごとに翻訳をします。下のビデオリンクをコピーしてブラウザに貼り付け、彼女の歌を聞いて、英語の翻訳に従ってください。

 

Lyrics of O Sona byang O kola Byang  マイクロ金 カエル マイクロ・コーラ カエル の歌詞

O sona byang O kola byang        O・コーラ カエル  Oゴールド カエル歌詞 

O Golden frog, O kola frog

O sona byang O kola byang        O・コーラカエル Oゴールドカエル歌詞

O golden frog ,O kola frog

Sara raat hende golai dakis ghangor ghang     あなたは悪い声で一晩中電話をするghangor gang

you call all night in bad voice ghangor gang

Tora ki gola sadhis ni tora ki nara bandhis ni 声レッスンを受けていませんか?

Have you not taken voice lessons

Ay chole ay amaar katche sikhie debo gaan 所得グラム収入アマールKtcheはディーボ国歌を学習します

Come to me I will teach you how to sing

Balo to balo na balo to  髪その後、軍や部隊そう

Say now, say now

Pa pa dha pa pa pa dha pa re ga ma dha pa  pa

Pa pa dha pa…

Ba ba re ba ba re baa

Bah bah re bah

Music音楽

Sarata din lompo jhompo bondo kore dao  一日のうちにジャンプを止める

Stop jumping around whole day

Tanpuratay surti bendhe rewaj kore jao タンプラーを使って歌を歌う

Practice singing using the tanpura 

Ma bolbe bhalo meye sona kola bang馬はソナバンがいい女の子だと言うでしょう 

Ma will say  sona bang is a good girl

Ta jodi na koro tobe bhangbo tomar thang もしあなたがいなければ私はあなたの足を壊します。

I will break your legs  if you don’t

Balo to sa re ga ma pa pa dha pa

Say sa re ga ma  …

Ba ba re ba ba re baa

Bah bah re bah

Music音楽

O sona bang O kola bang ( refrain)  OゴールドバンOコーラバン

O sona bang O kola bang  ( refrain)

Balo to balo na  pa pa dha paパパ・ダ・パが今言っていると言う。

Say it say now  pa pa dha pa….

Ba ba re ba ba re baa 髪髪がはっきりとして使用することはできませんので、  

Bah bah re bah

Music 音楽

Sammelane gaiben khan sagid sona bangソーナ・バンがコンサートで歌う

Sona bang will sing in a concert

Sangate sangite thanken pundit kola bang上級者のコラ・バンがビートに同行する

Pundit Kola bang will accompany with beat

Tomra sobai sunte esho kola banger gaanカエルのカエルの歌を皆に聞かせてください

You should all come to hear the songs of Kola frog 

Are sunbe gaaner sheshe nana rokom taan最後に多くの曲が聴こえます

and will hear many tunes at the end

Sunie dao sunie dao彼らはあなたが彼らの話を聞かせてくれるのを聞かせてください

Let them hear you  let them hear you

Dha dha dhin dha ….   

Dha dha dhin dha….

The video link     Just copy and paste into browser or click the link

ビデオリンクをコピーしてブラウザに貼り付けるか、リンクをクリックするだけです

https://www.youtube.com/watch?v=QTB8qf9g_Bo

 

An addiction like no other(in Japanese)

130401574061151298

Source : Google photo

その他のような中毒

今日私はこのブログを物語で始めたいと思っています。非常に長い話ですが、私はスペースのためにあなたにそれの最短バージョンのみを教えなければなりません。

サンフランシスコにはこのギャンブル・ジョイントがあり、さまざまな形態のギャンブルで彼らの運を試してみました。そこには、唯一の目的で必要に応じて手を貸してくれる酒と女性もいませんでした。あなたのお金を得る。それは非常に評判の悪い場所でした。なぜなら、そのような場所は、たまに、時には悲劇的な結果が出て、評判の悪い人たちによって頻繁に起こったからです。彼らは、次のサイコロがいつも見逃していると思った、それら。

ある日、船が近くにドッキングしたので、一部の乗客は下車し、賭博場で結局飲み物となりました。それはボートからちょうど降りて喉が渇いていた若いドイツ人の男の子の心にあったので、彼はビールを注文しました。すぐに仲間が近づき、その日に非常にラッキーだったので、賭けることができるお金があるかどうか尋ねました。

ドイツ人の男の子は一生懸命に賭けたことはありませんでしたが、何人かの奇妙な理由から、彼はちょうど彼のお金の良い塊に出会った人に与えることに同意し、ナップキンに勝利すれば、彼のお金はギャンブルのために使われています。ドイツ人の男の子が貸したものの20倍を得るまで、誰もが勝ち続けてさらに賭けている人を驚かせる。

彼はそれから、彼は一日中それを失う可能性があることに気づいたので、彼が彼の人生で再び決して賭けないことを約束した。彼はこのお金を使っていくつかの羊を買って農村で羊の農場を始め、長年に亘って農場や羊を増やし続け、羊の農家を育てるために頑張った。彼は結婚し、娘がいました。

彼の賭ける友人はあまりにも繁栄していました。なぜなら、彼の幸運は彼と一緒にしばらくの間続いていて、隣接する不動産に住み着いて、素敵な家を建て、結婚して、娘もいて、

しかし、彼は生まれのギャンブラーであり、悪名高いギャンブルの巣から遠ざかることができず、大金を失った。彼の妻はとても不幸だったので、彼女は悲しみで亡くなり、小さな娘をギャビーラーの夫の世話のためにポピーとしました。

このように、惨めな人生は、貧しいフロップの家から自分のお金をすべて取り戻すことを常に話していた父親によって国に引きずられていた少女のために始まったが、決して戻ってこなかった。ポピーは彼に何が起こったのか、何をすべきかを知らなかったので、彼女はペットのオウムをつかんで列車がどこに行き、ニューヨークの埠頭の近くで終わったのかわからない貨物列車に詰め込んだ。彼女は10歳の子供だった。

彼女は巨大な船を見て、船に乗って、大きな船に隠れたある隅で眠りについた。キャプテンは、船がフランスに近づいていたときに彼女を見つけ、彼女を陸に行き、彼女の手を洗った。ポピーに起こったことは、私がここで書いておく必要のない別の話です。なぜなら、このブログは賭博と呼ばれる致死的な中毒と、それが人命を破壊する方法だからです。

中毒のすべての種類の、ギャンブルは確かにギャンブラーは簡単にリハビリすることができないため、人生の駆逐艦です。私は、インドの航空貨車工場で働いていて、良い立場にあり、給料が高い人が、この悪徳を非常に悪い人たちから多くの賭けを失って借りていることを保つケースがあることを知っています。彼は多くを買って、妻をしばらく幸せにする2つの部屋を造りましたが、それはあまりにも持続しなかったし、彼の賭ける借金のために支払うために売却されました。

彼の妻と3人の子供は、ある日、彼が逃げ出し、家族を捨てたために悪い結果を被った。貧しい妻は何をすべきかを知らなかったので、彼女は彼女の両親に戻ってこの仲間を追跡するように助けを求めました。

最終的に彼は家に帰ったところから別の町に隠れていることが判明し、夫と兄弟が夫婦と家族を救うために賭金を払った。彼は決して再び賭けないと約束し、何とか彼の約束を守った。改革するギャンブラーを見つけるのはとても稀です。 Poppyの物語はフィクションですが、この話は、人々が頭を紛らわせて悪い方法で賭けるように賭けることにどうやって耽溺するかを示すものではありません。この仲間は幸いだったが、彼の法律は重要な瞬間に助けに来たが、彼が借金を返済したかどうかは分かっていない。

あなたがアメリカのラスベガスに行ってそこのカジノでわずか数時間を過ごすならば、人々が短時間で莫大な金額を賭けて人生を破壊するのを見ることができます。カジノは、彼らがいつもお金を稼いでいる間、少額の資金を出している間、彼らの施設がすべて上にあること

最初は砂漠の真ん中にあるラスベガスのカジノを設立したマフィアで、東西方向のガスで止まる場所だったが、賭博の町があったときには変わった何百万人もの人を襲った暴徒のボスがそこに立ち、立ち入った人を殺した。ゴッドファーザーの映画はそれをすべて示しています。その後、彼らはSinatraのような歌手を雇って夜のショーで歌い、有名人にしました。

その後、彼らはカジノビジネスで作ったお金を使って合法的なビジネスと呼ばれるものに移りましたが、ギャンブルは金額が関係するため危険なビジネスです何百もの警備カメラがどこにいても、プロの詐欺師や武装した警備員などどこにいても誰も見ることができません。彼の町からギャンブルと売春を守りたいシェリフは、カジノ運営者のために人生を困難にしていました。だから、ある日彼らは、シェイフを殺したスポーツカーのブレーキを改ざんして、彼らの人生の早い段階でギャンブルが始まります。

あなたが飲みながらテレビでボールゲームを見ているバーに行くと、誰かが「20ドルで打者がホームランを行うと言っている」と叫ぶだろう。誰かが「あなたはいます」と言って、賭けのために誰かがそのお金を集めます。これはいたるところで起こる最も簡単な形態のギャンブルです。その後、ラスベガス、リノまたはアトランティックシティでより深刻な賭博に卒業し、ラスベガス、リノまたはアトランティックシティに向かいます。男性と女性は、後で彼らが持っているすべてのものを失うと、ギャンブルとクアレルに参加します。

ギャンブルのためにいくつの結婚が分かれるのかは分かっていませんが、ギャンブルでお金を失うことの結果は本当に深刻です。インドの同僚は法律上の法律が助けになったのは幸運でしたが、誰もが法律を持っているわけではありません。イタリアでは、3人の小さなカップと彼らのエンドウ豆が目の前のカップの間を巧みに動き回りますいつも勝つ。ポーカーフェイスを持つカードプレイヤーは、あなたが罠に陥った場合、あなたのお金をすべて取るでしょう。ケニー・ロジャースの歌には、「テーブルに座っている間にあなたのお金を数えることはありません。契約が成立した時点でカウントするには十分な時間があります。ほとんどの人は決して自分のお金を数えることはありません。

人々は数多くの形態のギャンブルを発明してきましたが、最も有名なのは、車輪が回転して数字で停止するルーレットです。秒。サイコロの投げ槍はまた、卵の上に何度も何度も賭けをする傍観者に囲まれて、歓声を上げたり失ったりしている。このようなドラマは、世界のすべてのカジノで世界中の数十億ドルの賭博をしています。日本に行くと、人々が一日遊んでいるパチンコのスロットマシンが、一人の仲間は、彼がタバコを支払うために毎日十分なお金を稼ぐと言った。彼はどれくらい失っているのかは言わなかった。私は香港からマカオへのボートに乗っていた。中国人がいっぱいで、マカオに賭けに行こうとしていたが、そのボートのいたる所にそこに着くのを待つことができなかったのは、ギャンブラーは麻雀の駒で激しくボードを叩いて叫んでいた。

政治的理由から私がマカオに入国することは許されていなかったのは良いことですが、私はギャンブルするつもりはありませんでした。マカオは現在、カジノが非常に大きなビジネスを行っているラスベガスに匹敵します。 1人のカジノの大物もマニラ湾に浮遊カジノを持ち込み、ここでビジネスを開始しましたが、地方当局が巨額の賄賂を求め始めるとマカオに引き上げました。この賭博の惨劇は世界中に広がっており、人々の生活を傷つけています。ロバート・デ・ニーロの映画「Deer Hunter」を覚えているなら、ロシアのルーレットのシーンを覚えています。

彼は死ぬかどうかに賭けて立っていた。仲間が死んだら、彼らは川に身体を押し込んだ。この種の死のゲームは、戦争中のサイゴンの一部であるCholonの陰口で実際に行われたが、現在、政府はこのような違法ゲームをベトナムで厳しく打ち破っている。中国では、ギャンブルが許可されているマカオに行くので、ギャンブルは禁止されています。多くのギャンブルは、自分の好きな麻雀のゲームやカードを秘密裏にプレイしています。私の馬はどんな形のギャンブルにも反対していました。カードで遊ぶことを禁じていました。彼女はまた、私たちが倹約し、常に獲得したものの一部を救うべきだと教えてくれました。

これは私が人生で恩恵を受けた非常に良いアドバイスでしたが、今でも私の子供たちに同じことを教えています。しかし、人々は学校で仲間につくか、後で社会でギャンブルの文化が蔓延する職場で賭けるような悪い習慣を拾います。親はそのような人に影響を与えないル。私は地域社会の私の年齢の一部の人々がこの悪徳とアルコール依存症と呼ばれる別の致命的な副体を破壊したのを見ました。私はコーランの指示に従って飲んで賭けることを禁じられているモスクレに感謝します。しかし、他の宗教では、彼らはそのような強い口述をしていません。一つは、ギャンブルが純粋な運の問題ではないことを理解する必要があります。

彼らはどのようにこれを行うのですか?あなたは、特定の場所でルーレットのホイールを停止して、家が勝ち、賭けに負けるように、積載されたダイスや秘密のボタンを聞いたことがあります。スロットマシンは、最大のお金メーカーです。誰かが大きく勝ったらマシンに欠陥があると言って勝利を賞賛しません。これは、人々が彼らがどんなに難しい試練をしても勝つことができない中毒です。ここで尋ねる質問は、政府が、それが人命をどのように破壊するかを知っている最初のギャンブルを許可する理由です。なぜ彼らはすべての国でロトを実行するのか尋ねることができますか?それは彼らが税金で多くの収入を得るからです。

それは、政府がお金を稼ぐがどこでも簡単に利用できるアルコールのようだが、誰もあなたに飲み物を求めているわけではない。あなたがモンテカルロに行くなら、モンテカルロの王様を非常に豊かにして放棄して人々がそこで賭ける方法に驚かれるでしょう。ギャンブルと売春は密接に結びついていますので、あなたが見つけたところで、他の人を見つけることができます。私は私に良い価値を教えてくれたそのような親を持っていたことは幸運です。賭博のあらゆる形態が邪悪であることをあなたの子供に教えてくれることを願っています。

 

 

 
Sonohoka no yōna chūdoku shutten: Gūguru no shashin kyō watashi wa kono burogu o monogatari de hajimetai to omotte imasu. Hijō ni nagai hanashidesuga, watashi wa supēsu no tame ni anata ni sore no saitan bājon nomi o oshienakereba narimasen.

Sanfuranshisuko ni wa kono gyanburu jointo ga ari, samazamana keitai no gyanburu de karera no un o tameshite mimashita.Soko ni wa, yuiitsu no mokuteki de hitsuyōniōjite-te o kashite kureru sake to josei mo imasendeshita. Anata no okane o eru. Sore wa hijō ni hyōban no warui bashodeshita. Nazenara, sono yōna basho wa, tamani, tokiniha higeki-tekina kekka ga dete, hyōban no warui hito-tachi ni yotte hinpan ni okottakaradesu. Karera wa,-ji no saikoro ga itsumo minogashite iru to omotta, sorera.

Aru Ni~Tsu,-sen ga chikaku ni dokkingu shitanode, ichibu no jōkyaku wa gesha shi, tobaku-ba de kekkyoku nomimono to narimashita. Sore wa bōto kara chōdo orite nodo ga kawaite ita wakai doitsunin no otokonoko no kokoro ni attanode, kare wa bīru o chūmon shimashita.

Sugu ni nakama ga chikadzuki, sonohi ni hijō ni rakkīdattanode, kakeru koto ga dekiru okane ga aru ka dō ka tazunemashita. Doitsunin no otokonoko wa isshōkenmei ni kaketa koto wa arimasendeshitaga, nan’ninka no kimyōna riyū kara, kare wa chōdo kare no okane no yoi katamari ni deatta hito ni ataeru koto ni dōi shi, nappukin ni shōri sureba, kare no okane wa gyanburu no tame ni tsukawa rete imasu.

Doitsunin no otokonoko ga kashitamonono 20-bai o eru made, daremoga kachi tsudzukete sarani kakete iru hito o odoroka seru. Kare wa sore kara, kare wa ichinichijū sore o ushinau kanōsei ga aru koto ni kidzuitanode, kare ga kare no jinsei de futatabi kesshite kakenai koto o yakusoku shita. Kare wa kono okane o tsukatte ikutsu ka no hitsuji o katte nōson de hitsuji no nōjō o hajime, naganen ni watatte nōjō ya hitsuji o fuyashi tsudzuke, hitsuji no nōka o sodateru tame ni ganbatta.

Kare wa kekkon shi, musume ga imashita. Kare no kakeru yūjin wa amarini mo han’ei shite imashita. Nazenara, kare no kōun wa kare to issho ni shibarakunoaida tsudzuite ite, rinsetsu suru fudōsan ni sumitsuite, sutekina ie o tate, kekkon shite, musume mo ite, shikashi, kare wa umare no gyanburādeari, akumeidakai gyanburu no su kara tōzakaru koto ga dekizu, taikin o ushinatta.

Kare no tsuma wa totemo fukōdattanode, kanojo wa kanashimi de nakunari, chīsana musume o gyabīrā no otto no sewa no tame ni popī to shimashita. Ko no yō ni, mijimena jinsei wa, mazushī furoppu no ie kara jibun no okane o subete torimodosu koto o tsuneni hanashite ita chichioya ni yotte kuni ni hikizura rete ita shōjo no tame ni hajimatta ga, kesshite modotte konakatta. Popī wa kare ni nani ga okotta no ka, nani o subeki ka o shiranakattanode, kanojo wa petto no ōmu o tsukande ressha ga doko ni iki, nyūyōku no futō no chikaku de owatta no ka wakaranai kamotsu ressha ni tsumekonda.

Kanojo wa 10-sai no kodomodatta. Kanojo wa kyodaina fune o mite,-sen ni notte, ōkina fune ni kakureta aru sumi de nemuri ni tsuita. Kyaputen wa,-sen ga Furansu ni chikadzuite ita toki ni kanojo o mitsuke, kanojo o riku ni iki, kanojo no te o aratta. Popī ni okotta koto wa, watashi ga koko de kaite oku hitsuyō no nai betsu no hanashidesu. Nazenara, kono burogu wa tobaku to yoba reru chishi-tekina chūdoku to, sore ga jinmei o hakai suru hōhōdakaradesu.

Chūdoku no subete no shurui no, gyanburu wa tashika ni gyanburā wa kantan ni rihabiri suru koto ga dekinai tame, jinsei no kuchiku-kandesu. Watashi wa, Indo no kōkū kasha kōjō de hataraite ite, yoi tachiba ni ari, kyūryō ga takai hito ga, kono akutoku o hijō ni warui hito-tachi kara ōku no kake o ushinatte karite iru koto o tamotsu kēsu ga aru koto o shitte imasu.

Kare wa ōku o katte, tsuma o shibaraku shiawaseni suru 2tsu no heya o tsukurimashitaga, sore wa amarini mo jizoku shinakattashi, kare no kakeru shakkin no tame ni shiharau tame ni baikyaku sa remashita. Kare no tsuma to 3-ri no kodomo wa, aru hi, kare ga nigedashi, kazoku o suteta tame ni warui kekka o kabutta. Mazushī tsuma wa nani o subeki ka o shiranakattanode, kanojo wa kanojo no ryōshin ni modotte kono nakama o tsuiseki suru yō ni tasuke o motomemashita.

Saishūtekini kare wa ie ni kaetta tokoro kara betsu no machi ni kakurete iru koto ga hanmei shi, otto to kyōdai ga fūfu to kazoku o sukuu tame ni to-kin o haratta. Kare wa kesshite futatabi kakenai to yakusoku shi, nantoka kare no yakusoku o mamotta. Kaikaku suru gyanburā o mitsukeru no wa totemo maredesu. Poppy no monogatari wa fikushondesuga, kono hanashi wa, hitobito ga atama o magirawasete warui hōhō de kakeru yō ni kakeru koto ni dō yatte tandeki suru ka o shimesu monode wa arimasen.

Kono nakama wa saiwaidattaga, kare no hōritsu wa jūyōna shunkan ni tasuke ni kitaga, kare ga shakkin o hensai shita ka dō ka wa wakatte inai. Anata ga Amerika no Rasubegasu ni itte soko no kajino de wazuka sūjikan o sugosunaraba, hitobito ga tanjikan de bakudaina kingaku o kakete jinsei o hakai suru no o miru koto ga dekimasu.

Kajino wa, karera ga itsumo okane o kaseide iru ma, shōgaku no shikin o dashite iru ma, karera no shisetsu ga subete-jō ni aru kotoSaisho wa sabaku no man’naka ni aru Rasubegasu no kajino o setsuritsu shita Mafia de, tōzai hōkō no gasu de tomaru bashodattaga, tobaku no machi ga atta tokiniha kawatta nan hyaku man-ri mo no hito o osotta bōto no bosu ga soko ni tachi, tachiitta hito o koroshita. Goddofāzā no eiga wa sore o subete shimeshite imasu.

Sonogo, karera wa shinatora no yōna kashu o yatotte yoru no shō de utai, yūmeijin ni shimashita. Sonogo, karera wa kajino bijinesu de tsukutta okane o tsukatte gōhō-tekina bijinesu to yoba reru mono ni utsurimashitaga, gyanburu wa kingaku ga kankei suru tame kiken’na bijinesudesu nan hyaku mo no keibi kamera ga dokoni ite mo, puro no sagi-shi ya busō shita anchisukiru nado dokoni ite mo dare mo miru koto ga dekimasen. Kare no machi kara gyanburu to baishun o mamoritai sherifu wa, kajino un’ei-sha no tame ni jinsei o kon’nan ni shite imashita.

Dakara, aru hi karera wa, sheifu o koroshita supōtsukā no burēki o kaizan shite, karera no jinsei no hayai dankai de gyanburu ga hajimarimasu. Anata ga nominagara terebi de bōrugēmu o mite iru bā ni iku to, darekaga `20-doru de dasha ga hōmuran o okonau to itte iru’ to sakebudarou. Darekaga `anata wa imasu’ to itte, kake no tame ni darekaga sono okane o atsumemasu. Kore wa itaru tokoro de okoru mottomo kantan’na keitai no gyanburudesu.

Sonogo, Rasubegasu, Rino matawa atorantikkushiti de yori shinkokuna tobaku ni sotsugyō shi, Rasubegasu, Rino matawa atorantikkushiti ni mukaimasu. Dansei to josei wa,-go de karera ga motte iru subete no mono o ushinau to, gyanburu to kuareru ni sanka shimasu. Gyanburu no tame ni ikutsu no kekkon ga wakareru no ka wa wakatte imasenga, gyanburu de okane o ushinau koto no kekka wa hontōni shinkokudesu.

Indo no dōryō wa hōritsu-jō no hōritsu ga tasuke ni natta no wa kōundeshitaga, daremoga hōritsu o motte iru wakede wa arimasen. Itariade wa, 3-ri no chīsana kappu to karera no endō mame ga me no mae no kappu no ma o takumi ni ugokimawarimasu itsumo katsu. Pōkāfeisu o motsu kādopureiyā wa, anata ga wana ni ochītta baai, anata no okane o subete torudeshou. Kenī rojāsu no uta ni wa,`tēburu ni suwatte iru ma ni anata no okane o kazoeru koto wa arimasen. Keiyaku ga seiritsu shita jiten de kaunto suru ni wa jūbun’na jikan ga arimasu.

Hotondo no hito wa kesshite jibun no okane o kazoeru koto wa arimasen. Hitobito wa kazuōku no keitai no gyanburu o hatsumei shite kimashitaga, mottomo yūmeina no wa, sharin ga kaiten shite sūji de teishi suru rūrettodesu. Byō. Saikoro no nage yari wa mata, tamago no ue ni nandomonandomo kake o suru bōkan-sha ni kakoma rete, kansei o age tari ushinattari shite iru. Ko no yōna dorama wa, sekai no subete no kajino de sekaijū no sūjūoku doru no tobaku o shite imasu.

Nihon ni iku to, hitobito ga tsuitachi asonde iru pachinko no surottomashin ga, hitori no nakama wa, kare ga tabako o shiharau tame ni mainichi jūbun’na okane o kasegu to itta. Kare wa dore kurai ushinatte iru no ka wa iwanakatta. Watashi wa Honkon kara Makao e no bōto ni notte ita. Chūgokujin ga ippai de, Makao ni kake ni ikou to shite itaga, sono bōto no itaru tokoro ni soko ni tsuku no o matsu koto ga dekinakatta no wa, gyanburā wa mājan no koma de hageshiku bōdo o tataite sakende ita.

Seidjiteki riyū kara watashi ga Makao ni nyūkoku suru koto wa yurusa rete inakatta no wa yoi kotodesuga, watashi wa gyanburu suru tsumori wa arimasendeshita. Makao wa genzai, kajino ga hijō ni ōkina bijinesu o okonatte iru Rasubegasu ni hitteki shimasu. 1-Ri no kajino no ōmono mo Manirawan ni fuyū kajino o mochikomi, koko de bijinesu o kaishi shimashitaga, chihō tōkyoku ga kyogaku no wairo o motome hajimeruto Makao ni hikiagemashita.

Kono tobaku no sangeki wa sekaijū ni hirogatte ori, hitobito no seikatsu o kizutsukete imasu. Robāto de nīro no eiga `Deer Hunter’ o oboete irunara, Roshia no rūretto no shīn o oboete imasu. Kare wa shinu ka dō ka ni kakete tatte ita. Nakama ga shindara, karera wa kawa ni karada o oshikonda. Kono tane no shi no gēmu wa, sensō-chū no Saigon no ichibudearu Cholon no kageguchi de jissai ni okonawa retaga, genzai, seifu wa kono yōna ihō gēmu o Betonamu de kibishiku uchiyabutte iru.

Chūgokude wa, gyanburu ga kyoka sa rete iru Makao ni ikunode, gyanburu wa kinshi sa rete imasu. Ōku no gyanburu wa, jibun no sukina mājan no gēmu ya kādo o himitsuri ni purei shite imasu. Watashi no uma wa don’na katachi no gyanburu ni mo hantai shite imashita. Kādo de asobu koto o kinjite imashita. Kanojo wa mata, watashitachi ga ken’yaku shi, tsuneni kakutoku shitamonono ichibu o sukuubekida to oshiete kuremashita.

Kore wa watashi ga jinsei de onkei o uketa hijō ni yoi adobaisudeshitaga, ima demo watashi no kodomo-tachi ni onaji koto o oshiete imasu. Shikashi, hitobito wa gakkō de nakama ni tsuku ka,-go de shakai de gyanburu no bunka ga man’en suru shokuba de kakeru yōna warui shūkan o hiroimasu. Oya wa sono yōna hito ni eikyō o ataenaiRu. Watashi wa chiiki shakai no watashi no nenrei no ichibu no hitobito ga kono akutoku to arukōru isonshō to yoba reru betsu no chimei-tekina fuku karada o hakai shita no o mimashita.

Watashi wa kōran no shiji ni shitagatte nonde kakeru koto o kinji rarete iru mosukure ni kansha shimasu. Shikashi, hoka no shūkyōde wa, karera wa sono yōna tsuyoi kōjutsu o shite imasen. Hitotsu wa, gyanburu ga junsuina un no mondaide wanai koto o rikai suru hitsuyō ga arimasu. Karera wa dono yō ni kore o okonau nodesu ka? Anata wa, tokutei no basho de rūretto no hoīru o teishi shite,-ka ga kachi, kake ni makeru yō ni, sekisai sa reta daisu ya himitsu no botan o kiita koto ga arimasu.

Surotto mashin wa, saidai no okane mēkādesu. Dareka ga ōkiku kattara mashin ni kekkan ga aru to itte shōri o shōsan shimasen. Kore wa, hitobito ga karera ga don’nani muzukashī shiren o shite mo katsu koto ga dekinai chūdokudesu. Koko de tazuneru shitsumon wa, seifu ga, sore ga jinmei o dono yō ni hakai suru ka o shitte iru saisho no gyanburu o kyoka suru riyūdesu.

Naze karera wa subete no kuni de roto o jikkō suru no ka tazuneru koto ga dekimasu ka? Sore wa karera ga zeikin de ōku no shūnyū o erukaradesu. Sore wa, seifu ga okane o kaseguga doko demo kantan ni riyō dekiru arukōru no yōdaga, dare mo anata ni nomimono o motomete iru wakede wanai. Anata ga montekaruro ni ikunara, montekaruro no ōsama o hijō ni yutaka ni shite hōki shite hitobito ga soko de kakeru hōhō ni odoroka rerudeshou. Gyanburu to baishun wa missetsu ni musubitsuite imasunode, anata ga mitsuketa tokoro de, hokanohito o mitsukeru koto ga dekimasu.

Watashi wa watashi ni yoi kachi o oshiete kureta so no yōna oya o motte ita koto wa kōundesu. Tobaku no arayuru keitai ga jaakudearu koto o anata no kodomo ni oshiete kureru koto o negatte imasu.