Apathy( in Japanese)

無関心

k24393513

Source : Google photo

これは、どこにでも存在するため、自然界に普遍的であるトピックです。私は教育を受けた人々にと無学なものでそれを見てきました。それはと競合する他の押す問題を抱えている無学の人に理解できるが、それはそれほどあなたは人類が直面している問題をより意識することを期待する教育を受けた人では、食品、避難所や差別肌の色や人種に基づくことがされますか宗教的なバイアス。人類が、無関心が重要なものとして考慮されるべきで直面する多くの押す問題があります。

今、これまでに世界は1つ以上の方法で接続されている以上のように、何が中東、アフリカで起こるか他の場所で、世界の他の部分の直接の結果を持っています。ホルムズストレートを閉じるだけの脅威は、世界中の震えを送信し、原油価格がそれは、食料価格の上昇につながる連鎖反応を開始し、より高い輸送費、高い住宅を構築するための原材料費、道路、病院、高い上昇を開始します油に結び付けられているすべてのコスト。これは、お金の価値の損失に彼の収入の減少を見て、私にホルムズまっすぐに何が起こるかは問題ではないと言うことは、インフレの上昇、それは思ったほどばかげている普通の人のための困難な生活になります。

人々は、彼らはただことわざのカエルのような生活をうまく越えて見ることができないので、しかし、この無関心は世界的に広まっています。私は以前に何よりもトレンドの髪の色に興味があったが、ちょうど彼または彼女に関するどんなインドやフィリピンの任意の中産階級を尋ねる古いアメリカ人女性について書かれた中で最もよく私が最後を逃した」ようにあなたは応答を取得しますソープオペラのエピソードや、私はしばらくの間、乾燥した魚を食べていません。

しかし、この無関心ははるかに食べ物や髪の色を超えました。他の人がちょうど他の方法を見ながら、女性はバスや電車の中でいじめます。一部の人々は貧しいfellow.Thisを保存するために助けを求めに興味を持っていないで、すべての彼の財布や携帯電話を盗もうとしながら、男は事故で血の海にある仲間の人間が持っている場合、その最悪の形で無関心です絶対に助けを緊急に必要としている別のビーイングのための無感情。一度私たちは、彼女がハイチで汚れた病院で発見された後、彼女の世話をするためにアメリカ人女性の自宅をもたらしたが、我々は彼女を知らなかった場合、我々は助けなぜアメリカ人宣教師たちを尋ねました。無関心のこの種のは、単に新しい髪の色を探しているよりも衝撃的でした。

人々は、我々は似たような状況で自分自身を見つけるかもしれないいつかを忘れて、彼らは無関心であり、他の人間には感情、介護や懸念を持っていないため、誰も助けるために前方に来ないだろう。同じ人々は、毛皮や象牙そのために殺さまたは児童奴隷労働を使用して作られている服を購入しているどのように多くの雄大なゾウ世話ないを購入します。小さな女の子は、彼女が、空腹のホームレスや愛と思いやりが必要な孤立している場合だけで思いやりのないことで、通過する道路や人々の側の食べ物を頼みます。

私は、世界の多くの形態の無関心を見てきましたし、いつも人を作るもの疑問に思っています。マリのカナダ訪問者が不用意方向のための紳士の助けを求めて、彼に一日待っている彼の車の運転手を維持し、貧しい仲間が昼食を必要かどうかを尋ねるか背中に乗るか、アメリカを与えることを悩まないで待っている彼を保ちました残り。これは、その裸形であからさまな人種差別だったが、私が見てすることは難しかったかもしれません。私はそれを容認し、良いレストランに貧弱なドライバを持ってきて、彼の食事のために支払われていない可能性があります。

それでは、人々が無関心なのでしょうか?なぜ人々は、彼らの仲間の人間には共感を感じていますか?それは彼らが助けを必要としている人を見たとき、人々は他の方法を見て作ることは何ですか?パドレスは、あなたの兄弟の番人誰リッスンしている日常を言いますか?フィリピン人は互いに慎重に避けてアイコンタクトでうなずくと、それは儀式であり、彼らが意味するものではありませんので、教会の礼拝の終わりに彼らの言う「小便が湯はウィットである」と言います。ちょうどあなたが.ITは単に “小便湯ウィットすること」などの自動アクションであるかを知ることが意味することなく、「どのようにしている」と言うアメリカ人のように。

 

Mukanshin koreha, doko ni demo sonzai suru tame, shizen-kai ni fuhen-tekidearu topikkudesu. Watashi wa kyōiku o uketa hitobito ni to mugakuna monode sore o mitekimashita. Soreha to kyōgō suru ta no osu mondai o kakaete iru mugaku no hito ni rikai dekiru ga, sore wa sorehodo anata wa jinrui ga chokumen shite iru mondai o yori ishiki suru koto o kitai suru kyōiku o uketa hitode wa, shokuhin, hinansho ya sabetsu hada no iro ya jinshu ni motodzuku ko to ga sa remasu ka shūkyō-tekina baiasu.

Jinrui ga, mukanshin ga jūyōna mono to shite kōryo sa rerubekide chokumen suru ōku no osu mondai ga arimasu. Ima, kore made ni sekai wa 1tsu ijō no hōhō de setsuzoku sa rete iru ijō no yō ni, nani ga Chūtō, Afurika de okoru ka hoka no basho de, sekai no ta no bubun no chokusetsu no kekka o motte imasu. Horumuzusutorēto o tojiru dake no kyōi wa, sekaijū no furue o sōshin shi, gen’yu kakaku ga soreha, shokuryō kakaku no jōshō ni tsunagaru rensa han’nō o kaishi shi, yori takai yusō-hi, takai jūtaku o kōchiku suru tame no genzairyō-hi, dōro, byōin, takai jōshō o kaishi shimasu abura ni musubitsuke rarete iru subete no kosuto.

Kore wa, okane no kachi no sonshitsu ni kare no shūnyū no genshō o mite, watashi ni Horumuzu massugu ni nani ga okoru ka wa mondaide wa nai to iu koto wa, infure no jōshō, sore wa omotta hodo bakagete iru futsūnohito no tame no kon’nan’na seikatsu ni narimasu. Hitobito wa, karera wa tada kotowaza no kaeru no yōna seikatsu o umaku koete miru koto ga dekinainode, shikashi, kono mukanshin wa sekai-teki ni hiromatte imasu.

Watashi wa izen ni naniyori mo torendo no kami no iro ni kyōmi ga attaga, chōdo kare matawa kanojo ni kansuru don’na Indo ya Firipin no nin’i no chūsan kaikyū o tazuneru furui amerikahito josei ni tsuite kaka reta naka de mottomo yoku watashi ga saigo o nogashita’-yō ni anata wa ōtō o shutoku shimasu sōpuopera no episōdo ya, watashi wa shibarakunoaida, kansōshita sakana o tabete imasen. Shikashi, kono mukanshin wa haruka ni tabemono ya kami no iro o koemashita.

Hokanohito ga chōdo hoka no hōhō o minagara, josei wa basu ya densha no naka de ijimemasu. Ichibu no hitobito wa mazushī ferō. Disu o hozon suru tame ni tasuke o motome ni kyōmi o motteinai de, subete no kare no saifu ya geitaidenwa o nusumou to shinagara, otoko wa jiko de chi no umi ni aru nakama no ningen ga motte iru baai, sono saiaku no katachi de mukanshindesu zettai ni tasuke o kinkyū ni hitsuyō to shite iru betsu no bīingu no tame no mu kanjō.

Ichido watashitachiha, kanojo ga Haichi de kegareta byōin de hakken sa reta nochi, kanojo no sewa o suru tame ni amerikahito josei no jitaku o motarashitaga, wareware wa kanojo o shiranakatta baai, wareware wa tasuke naze amerikahito senkyōshi-tachi o tazunemashita. Mukanshin no kono tane no wa, tan’ni atarashī kami no iro o sagashite iru yori mo shōgeki-tekideshita. Hitobito wa, wareware wa nita yōna jōkyō de jibun jishin o mitsukeru kamo shirenai itsuka o wasurete, karera wa mukanshindeari, hoka no ningen ni wa kanjō, kaigo ya kenen o motte inai tame, dare mo tasukeru tame ni zenpō ni konaidarou.

Onaji hitobito wa, kegawa ya zōge sonotame ni korosa matawa jidō dorei rōdō o shiyō shite tsukura rete iru fuku o kōnyū shite iru dono yō ni ōku no yūdaina zō sewana i o kōnyū shimasu. Chīsana on’nanoko wa, kanojo ga, kūfuku no hōmuresu ya ai to omoiyari ga hitsuyōna koritsu shite iru baai dake de omoiyari no nai koto de, tsūka suru dōro ya hitobito no soba no tabemono o tanomimasu. Watashi wa, sekai no ōku no keitai no mukanshin o mitekimashita shi, itsumo hito o tsukuru mono gimon ni omotte imasu.

Mari no Kanada hōmon-sha ga fuyōi hōkō no tame no shinshi no tasuke o motomete, kare ni tsuitachi matte iru kare no kuruma no untenshu o iji shi, mazushī nakama ga chūshoku o hitsuyō ka dō ka o tazuneru ka senaka ni noru ka, Amerika o ataeru koto o nayamanaide matte iru kare o tamochimashita nokori. Kore wa, sono rakei de akarasamana hito shusabetsudattaga, watashi ga mite suru koto wa muzukashikatta kamo shiremasen.

Watashi wa sore o yōnin shi, yoi resutoran ni hinjakuna doraiba o motte kite, kare no shokuji no tame ni shiharawa rete inai kanōsei ga arimasu. Soredewa, hitobito ga mukanshin’na nodeshou ka? Naze hitobito wa, karera no nakama no ningen ni wa kyōkan o kanjite imasu ka? Sore wa karera ga tasuke o hitsuyō to shite iru hito o mita toki, hitobito wa hoka no hōhō o mite tsukuru koto wa nanidesu ka? Padoresu wa, anata no kyōdai no ban’nin dare rissun shite iru nichijō o iimasu ka?

Firipin hito wa tagaini shinchō ni sakete aikontakuto de unazuku to, soreha gishikideari, karera ga imi suru monode wa arimasen’node, kyōkai no reihai no owari ni karera no iu `shōben ga yu wa u~ittodearu’ to iimasu. Chōdo anata ga. IT wa tan’ni” shōben yu u~itto suru koto’ nado no jidō akushondearu ka o shiru koto ga imi suru koto naku,`dono yō ni shite iru’ to iu amerikahito no yō ni.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中