Empathy and apathy( in Japanese)

street-dogs-1apathy-i-dont-care

Source : Google photos

共感と無関心
これら二つは混同してはなりません。それは他人のために感情の解離した意味から来ているの無関心は無関心と無共感や損失から来ています。共感のこの損失は、あなたが住んでいる国の人々と累積負の経験に起因することができます。これらの悪い経験は無関心がたりない可能性があってもよい他の人に向けた総無関心から来ながら人は全人口のための彼の同情を失わせることができます悪い経験に起因します。多くの場合、2は常にではないが相互に連結されています。

あなたはヨーロッパに行くと非常に疎外を感じた場合、人々はあなたのための共感を持っていないので、彼らがそれらを好きされていない誰に向かって無関心であるため、そうではありません。彼らはあなたが外国人であり、彼らはあなたを無視するように、彼らの言語を話さないと思うので、彼らはアイコンタクトを避け、上に移動します。これは、あなたが彼らのlanguage.Thenを話す場合は、彼らの態度や行動の変化に気づく変更することができます。私はフランス語を話すが、彼らは英語を話さないか、非常に少数がそうであるように、ドイツやその他の国が問題を引き起こす可能性があるので、私はフランスに何の問題もありません。唯一の時々の人々は彼らの極寒の態度を克服し、私は誤って私は子供たちと遊んだ、彼らにいくつかのゲームとその母親や壮大な母親を教えイタリアキャンプに迷い込んどこにあなたがそれらを聞かせて.Iは非常によくシチリアで受信された場合にウォームアップします微笑んで、不足しているボタンで、私のシャツを固定。子供たちは、ままに私の時間だった涙を流しました。しかし、私は認め、そのような例はまれであるので、私はラッキーだったとします。

人々のための共感の無関心と損失がどこでもより良い人間関係への障壁となると人の間には大きな誤解につながることができます。それは単独でダウンさせることは非常に困難であり、壁や結果をスローします。私は、彼らがいずれかを見て満足していなかったとそれらの単離を好まかのようにスーダンに非常に孤立した場所に住んでいるいくつかのヨーロッパ人とアメリカ人は非常に非友好的な様式で振る舞ったことに気づきました。彼らはあなたが唯一のシリア人とエジプト人は友好的だったthem.Among地元の人を雇っていなかったことを知っていたら、他の人はすぐにあなたに背中を向けました。フランスでは、それらのほとんどはスペイン語やポルトガル語またはフランス語から文化的に異なっていた非フランス語圏の国からのものであったので、ウェイターはあなたが良いフランス語を話している場合でも、多くの場合、非友好的だったが、フランス人は魅力的であり、言語の障壁を克服されれ生涯の友達になることができます。

人々のこの暖かさは、多くの場合、文化的な現象です。一部の国では、人々はあなたが彼らの言語を話さない場合でも自然に温かく歓迎しています。私は日本、台湾、香港からの人々は非常に素晴らしく、フレンドリーが見つかりました。タイ人にも非常にいいですが、自分の国であなたは非常に厄介な見つけると、あなたの利点を取るあなたをカンニング、奪うあなたを、大きな時間をあなたを失望させます人々を意味します。私を傷つけることを試みた人はインド人ではなく、外国人でした。

今、私は人々で無関心の概念に戻ります。私はあなたがそれらに無関心であれば、あなたが他の人について何かを学ぶことができないので無関心が無知につながると思います。これは、ターンで偏見につながる無知の根本的な原因です。人々はシーク教徒やPollacksについての軽蔑的なジョークを作ることによって、その偏見を示しています。偏見は、人々を分離し、それを克服することは非常に困難です。あなたが唯一のアメリカの歴史を勉強すれば、あなたは宣教師によって、または乱用さと病気の任意の手段によって自分たちの土地をつかむために出ていた無知、無学の移民によって処理されたネイティブのアメリカ人に対して実施されているように偏見がハワイに反対した方法を深く学ぶことができます。

今日でも偏見が原因の人々、それらについての無知、彼らの文化とその歴史のアフリカ系アメリカ人、メキシコ人や他の多くの人々に対して横行しています。これは、すべての無関心と私が以前書いたindifference.Asから来て、無関心は、その存在のために毎日奮闘しなければならない貧しい人々に限定されるものではないが、それはまた、教育を受け、正確に貧しいされていない中産階級の間で発見されました。

インターネットが唯一の十年前は不可能であった方法で世界を開いたが、それは、コンピュータ・リテラシーをしている人のみに制限されていることは事実です。彼らは今、高校でコンピューターを持っており、一人一人がそれへのアクセス権を持っているので、インドでは、子供は大人よりもはるかに多くのコンピュータ文芸あります。彼らは試行錯誤によって入力してすぐに堪能取得する方法を学びます。これは、それらのほとんどは、入力車を運転や若者が自然に行う他の多くのものを行う方法を学んだことがないので、50代や60代にいる大人とそうではありません。

彼らはそれのための必要性を感じないように、それらを使用する方法がわからないため、コンピュータの普及率は、彼らはそれを買う余裕はないので、中産階級のうち、インドでは非常に低いではありませんが。知識の全世界はあなたの指先にあるが、あなたはあなたの指を使用する方法を学ぶ必要があります。私たちは、電子お互いを郵送することができるように私の弟のためにYahooのアカウントを開くしようとしたが、彼のように入力する方法を知りません。彼は知らないものを逃すと、彼が欠けているものは考えを持っていないが、彼は彼のようにしている何百万人の中ではありません。ポイントはから抜け出すことは非常に困難であるという悪循環を作成し、その他の人のための無関心、無関心と共感の欠如が何らかの形で相互に関連しているということです。

 

Kyōkan to mukanshin korera futatsu wa kondō shite wa narimasen. Sore wa tanin no tame ni kanjō no kairi shita imi kara kite iru no mukanshin wa mukanshin to mu kyōkan ya sonshitsu kara kite imasu. Kyōkan no kono sonshitsu wa, anata ga sunde iru kuni no hitobito to ruiseki fu no keiken ni kiin suru koto ga dekimasu. Korera no warui keiken wa mukanshin ga tarinai kanōsei ga atte mo yoi hokanohito ni muketa sō mukanshin kara kinagara hito wa zen jinkō no tame no kare no dōjō o ushinawa seru koto ga dekimasu warui keiken ni kiin shimasu.

Ōku no baai, 2 wa tsunenide wa naiga sōgo ni renketsu sa rete imasu. Anata wa yōroppa ni iku to hijō ni sogai o kanjita baai, hitobito wa anata no tame no kyōkan o motte inainode, karera ga sorera o suki sa rete inai dare ni mukatte mukanshindearu tame,-sōde wa arimasen. Karera wa anata ga gaikoku hitodeari, karera wa anata o mushi suru yō ni, karera no gengo o hanasanai to omou node, karera wa aikontakuto o sake,-jō ni idō shimasu. Kore wa, anata ga karera no language.

O hanasu baai wa, karera no taido ya kōdō no henka ni kidzuku henkō suru koto ga dekimasu. Watashi wa furansugo o hanasuga, karera wa eigo o hanasanai ka, hijō ni shōsū ga sōdearu yō ni, Doitsu ya sonohoka no kuni ga mondai o hikiokosu kanōsei ga aru node, watashi wa Furansu ni nani no mondai mo arimasen. Yuiitsu no tokidoki no hitobito wa karera no gokkan no taido o kokufuku shi, watashi wa ayamatte watashi wa kodomo-tachi to asonda, karera ni ikutsu ka no gēmu to sono hahaoya ya sōdaina hahaoya o oshie itariakyanpu ni mayoikon doko ni anata ga sorera o kika sete. I wa hijō ni yoku Shichiria de jushin sa reta baai ni u~ōmuappu shimasu hohoende, fusoku shite iru botan de, watashi no shatsu o kotei.

Kodomo-tachi wa, mama ni watashinojikandatta namida o nagashimashita. Shikashi, watashi wa mitome, sono yōna rei wa maredearunode, watashi wa rakkīdatta to shimasu. Hitobito no tame no kyōkan no mukanshin to sonshitsu ga doko demo yoriyoi ningen kankei e no shōheki to naru to hito no ma ni wa ōkina gokai ni tsunagaru koto ga dekimasu. Sore wa tandoku de daun sa seru koto wa hijō ni kon’nandeari, kabe ya kekka o surō shimasu. Watashi wa, karera ga izureka o mite manzoku shite inakatta to sorera no tanri o konoma ka no yō ni sūdan ni hijō ni koritsu shita basho ni sunde iru ikutsu ka no yōroppa hito to amerikahito wa hijō ni hi yūkō-tekina yōshiki de furumatta koto ni kidzukimashita. Karera wa anata ga yuiitsu no Shiria hito to Ejiputo hito wa yūkō-tekidatta them.

Jimoto no hito o yatotte inakatta koto o shitte itara, hokanohito wa sugu ni anata ni senaka o mukemashita. Furansude wa, sorera no hotondo wa Supeingo ya Porutogaru-go matawa furansugo kara bunka-teki ni kotonatte ita hi furansugo-ken no kuni kara no monodeattanode, u~eitā wa anata ga yoi furansugo o hanashite iru baai demo, ōku no baai, hi yūkō-tekidattaga, furansuhito wa mirikitekideari, gengo no shōheki o kokufuku sa rere shōgai no tomodachi ni naru koto ga dekimasu. Hitobito no kono atataka-sa wa, ōku no baai, bunka-tekina genshōdesu. Ichibu no kunide wa, hitobito wa anata ga karera no gengo o hanasanai baai demo shizen ni atatakaku kangei shite imasu.

Watashi wa Nihon, Taiwan, Honkon kara no hitobito wa hijō ni subarashiku, furendorī ga mitsukarimashita. Tai hito ni mo hijō ni īdesuga, jibun no kuni de anata wa hijō ni yakkaina mitsukeru to, anata no riten o toru anata o kan’ningu, ubau anata o, ōkina jikan o anata o shitsubō sa semasu hitobito o imi shimasu. Watashi o kizutsukeru koto o kokoromita hito wa indohitode wa naku, gaikoku hitodeshita. Ima, watashi wa hitobito de mukanshin no gainen ni modorimasu.

Watashi wa anata ga sorera ni mukanshindeareba, anata ga hokanohito ni tsuite nanika o manabu koto ga dekinainode mukanshin ga muchi ni tsunagaru to omoimasu. Kore wa, tān de henken ni tsunagaru muchi no konpon-tekina gen’indesu. Hitobito wa shīku kyōto ya Pollacks ni tsuite no keibetsu-tekina jōku o tsukuru koto ni yotte, sono henken o shimeshite imasu. Henken wa, hitobito o bunri shi, sore o kokufuku suru koto wa hijō ni kon’nandesu. Anata ga yuiitsu no Amerika no rekishi o benkyō sureba, anata wa senkyōshi ni yotte, matawa ran’yō-sa to byōki no nin’i no shudan ni yotte jibun-tachi no tochi o tsukamu tame ni dete ita muchi, mugaku no imin ni yotte shori sa reta neitibu no amerikahito ni taishite jisshi sa rete iru yō ni henken ga hawaini hantai shita hōhō o fukaku manabu koto ga dekimasu.

Kyō demo henken ga gen’in no hito 々, Sorera ni tsuite no muchi, karera no bunka to sono rekishi no Afurika-kei amerikahito, Mekishiko hito ya hoka no ōku no hitobito ni taishite ōkō shite imasu. Kore wa, subete no mukanshin to watashi ga izen kaita indifference. As kara kite, mukanshin wa, sono sonzai no tame ni mainichi funtō shinakereba naranai mazushī hitobito ni gentei sa reru monode wa naiga, soreha mata, kyōiku o uke, seikaku ni mazushī sa rete inai chūsan kaikyū no ma de hakken sa remashita. Intānetto ga yuiitsu no jūnenmae wa fukanōdeatta hōhō de sekai o aitaga, soreha, konpyūta riterashī o shite iru hito nomi ni seigen sa rete iru koto wa jijitsudesu.

Karera wa ima, kōkō de konpyūtā o motte ori, hitorihitori ga sore e no akusesu-ken o motte irunode, Indode wa, kodomo wa otona yori mo haruka ni ōku no konpyūta bungei arimasu. Karera wa shikōsakugo ni yotte nyūryoku shite sugu ni tan’nō shutoku suru hōhō o manabimasu. Kore wa, sorera no hotondo wa, nyūryoku-sha o unten ya wakamono ga shizen ni okonau ta no ōku no mono o okonau hōhō o mananda koto ga nainode, 50-dai ya 60-dai ni iru otona to sōde wa arimasen.

Karera wa sore no tame no hitsuyō-sei o kanjinai yō ni, sorera o shiyō suru hōhō ga wakaranai tame, konpyūta no fukyū-ritsu wa, karera wa sore o kau yoyū wanainode, chūsan kaikyū no uchi, Indode wa hijō ni hikuide wa arimasenga. Chishiki no zen sekai wa anata no yubisaki ni aru ga, anata wa anata no yubi o shiyō suru hōhō o manabu hitsuyō ga arimasu. Watashitachiha, denshi otagai o yūsō suru koto ga dekiru yō ni watashi no otōto no tame ni yafū no akaunto o hiraku shiyou to shitaga, kare no yō ni nyūryoku suru hōhō o shirimasen.

Kare wa shiranai mono o nogasu to, kare ga kakete iru mono wa kangae o motteinai ga, kare wa kare no yō ni shite iru nan hyaku man-ri no nakade wa arimasen. Pointo wa kara nukedasu koto wa hijō ni kon’nandearu to iu akujunkan o sakusei shi, sonohoka no hitonotame no mukanshin, mukanshin to kyōkan no ketsujo ga nanrakano katachi de sōgo ni kanren shite iru to iu kotodesu.

 

This is a Google translation that is not perfect. If anyone in Japan is reading this blog and would like to volunteer to imrove it, the author will highly appreaciate it. Thanks.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中