Religious intolerance and its consequences(in Japanese)

宗教的不寛容とその結果

2002-940x500

Source : Google photo

宗教的不寛容の上昇は世界的に最近の現象ではありません。いくつかの期間や人類の歴史の中で他では、ほとんどの宗教は信仰の名の下に犯した信仰引き起こす暴力ではない他人に不寛容を示しています。原住民は、メキシコ、ペルー、またはその他の国におけるキリスト教を受け入れないだろうというときスペイン人は新しい世界の人々の剣の数千に置きます。侵略者は常に威嚇や宗教の自分たちのブランドを確立するために、地元の人を殺すために兵士を使用するスペインの狂信的な民衆の司祭を伴っていました。

無実の人々の何千もの拷問とヨーロッパでバチカンの承認と新しい世界で火あぶりにされたときにスペインの異端審問は、宗教的不寛容の典型的な例でした。ヒーラー、ジプシーや他の多くの単純な人々がそれらを守るために誰を持っていた異端のように殺されました。

ヨーロッパでは何度も何度も王たちがイスラム教徒からエルサレムを解放するために十字軍軍隊を派遣し、多くの場合、そこに原住民のような格好とイスラム教徒と間違われたキリスト教徒を卸売屠殺します。騎士テンプル騎士および他のそのようなグループは他からキリスト教徒を保護するために形成され、キリストが生まれたと、後にイスラム教徒に占領された聖地でキリスト教の足場を設定するために歯と爪を戦いました。サラディンと彼の軍隊はエルサレムを破壊し、まだ何世紀後にアラブ人とイスラエル人の間にトラブルが発生したAlアクサと呼ばれるモスクを設定するために、その人の住民を殺しました。

いくつかの騎士がキリスト教を設定するためにマルタに逃げたが、その制御の下でマルタをもたらすためにトルコnababsに襲われました。生活の多くの何千もの過程で失われました。だから歴史は一つのグループまたは他のことで、宗教の名の下に犯した残虐行為の完全であると悲しげに、それは今日も続いています。

あなたがインドの歴史を読めば、あなたはアフガニスタンからのイスラム教の侵略者は、彼らがかつてヒンズー教や仏教の集団に強制することをそれらとイスラム教をもたらしたことを知って、彼らはヒンズー教徒であり、いずれも受け入れないだろうという理由だけで無実の人々の何千もの血を流します他の信仰。彼らの寺院や僧院は瓦礫に減少し、古代のライブラリが殺害されたトーチと修道士に置かれた場所卸売虐殺は他の場所デリー、ナーランダで行われたと。

だから、宗教的不寛容は新しいものではありません。それだけではない持っているようなそのうちの暴力的なイスラムの自分たちのブランドを拡散するという目標を達成するために無差別暴力を使用するなど、ISIS、アル・シャバブ、ボコ・ハラム、JI、アルQuaeda、タリバンなどのテログループの立ち上がりに、より致死的となっています中世以来見られて。宗教的不寛容が、その後の状態後援活動でしたが、それは今恐喝、密輸、彼らの議題を促進するためにいくつかの国と多くのそのような活動にアヘンから作られた医薬品の販売を通じて資金を調達する個々のグループによって引き継がれました。また、このような活動を後援し、公然と一つの理由または他のためのテログループをサポートし、いくつかの状態があります。

Kaddafi、サダム・フセイン地域の他の戦争と崩壊によって生成された真空は、彼らがいわゆるカリフ制を設定し、不寛容の彼らの形を練習できる地域の大部分を引き継いされているようなテログループによって満たされていますそして過酷な暴力的なイスラム。何百万人もの人々が、今ホームレスであり、彼らの家が瓦礫と化しされている間、彼らはかつて繁栄した祖国を逃れ。ヨーロッパは今、彼らに頭痛の多くを引き起こしている深刻な難民問題があります。

悲劇は、純粋に男が行われ、無実の人々は、そのような暴力をサポートし、平和に暮らすしたくない人苦しんでいます。私はイスラムの国で働いているとアルジェリアのようないくつかの国では、私はどこでも平均的な人よりも彼らは何ら変わり見つかりませんでした。一部では、Idが祭りの間彼らの家に私を招待し、彼らは私が私の自転車に乗って濡れたのを見て他の人が雨から食品、コーヒー、避難所を提供しました。

しかし、イスラム世界はかなりイスラム教の基本的な教義の理解に中等度になりがちスーフィー、ハザーラ人、Bahaisなどのような他の多くの宗派に言及していない大多数のスンニ派と少数派のシーア派の間で分割されています。それは自分自身の真モハメッドの信者や、メッカやメディナなどイスラム教の2聖地を守る考慮サウジが先頭に立っスンニ派の大半で、資金調達により、そのオイルマネーと使者を使用して、世界中の強硬派イスラム教の信仰を広めます彼らは憎しみを説くと将来タリバンやISISまたはその熱烈な支持を作成する多くの国でイスラム学校の何千も。

その後、インドに向かって彼らの永遠の敵意が彼ら偶数行くと騒乱インドや他の場所作る湾からのお金の助けを借りて、テロリストのための訓練の場の温床になり、強力な軍と弱い選ばれた政府やパキスタンのような国があります米国。
ムシャラフはビンラディンがあった場所、彼は知らなかったことを米国にうそをついたと米国は知識とありふれた風景の中に隠れていた彼の腕や他の戦争の材料が、ビンラディンで十億を与え続けて彼はイスラム主義者と戦うために多くのお金を必要とし、どのように覚えておいてくださいパキスタン軍と諜報.Thisのサポートは、ちょうどその国の二枚舌を強調することです。

文明世界はイスラム教とその実践について理解することができないという基本的なことは、イスラム教は植民地時代の大部分は創作中東の他の場所であったいかなる国家や政治的境界線を認識しないと、それはの利益を務めたため、強制的に今日でも維持されていることです植民地の力その後、今日、ここで実行してください。この地図上に線を引くことにより、英国と他の大国によって地域の人工分裂とサウジアラビア、イラクやシリア自身やシーア派の間でスンニ派を分けていないそれを呼び出す、むしろそれはすべての言うイスラムの基本的な教義を強調イスラム教徒は関係なく、彼らが住んでいる場所、彼らが住んで政府によって課さルールによってイスラムのルールとしないことで、生きていません。

この引数により、これらの国に住むイスラム教徒がヒンドゥー教徒、シーク教徒やジャイナ教と他よりもお互いに共通の多くを持っているので、2つのエンティティにインドとパキスタンを分割する無益を見ることが明確であり、プッシュが来るとき、常にお互いをサポートしますそれはカシミールで行うように突き出すします。しかし、英国は(インド)は、それによって経済的、軍事的成長を遅く湾で敵を維持するために膨大なリソースを費やす必要がありますように、永遠にインドの両方の側で問題を作成することでした自分自身の利益に奉仕するために戦争の後、インドを分割しました。これはまた、パキスタンの真の保持し、それが劣っているとインド未満の天然資源を持っているとして、より多くのパキスタンが痛いです。

今、私たちは中東のイスラム主義の広がりを考慮し、他の場所と起こって、すべての理由のほとんどされているかを見てみましょう。私は、西は何とイスラム主義運動の疑問の解消の根本的な誤解があり、爆撃や代理戦争で彼らと戦うためにいくつかのグループに武器を与えることによって、彼らを罰するために熱心に思われること作家に同意します。しかし爆撃は上運ぶためにこれらの人々がより多くの決定作られており、それが彼らのガバナンスや移動度が非常に限定的な影響を持っています。ほとんどのイスラム教徒は、ISISをサポートしていないとテロリストのごく少数の任意の手段によってで数えるためにISISに致命的な力を作るための番号にそれらを結合するが、十分なことは事実です。

しかし、ISISは、コーランの通りモハメドの教え、したがって、公正なゲームを信じていない「不信心者」としてそれらを参照してください残りの部分に対するイスラム世界の深くかつ基本的な苦情の唯一の現れです。それら対私たちのこの感覚は、私たちが信じるようにメディアに言われているものよりもイスラム教徒の間でより一般的です。

イスラム教徒は、その信念や彼らができる任意の方法でそれらの信念のために戦う彼らの準備の彼らの住むすべての社会から疎外さを感じます。たとえそうであってもと呼ばれる適度なイスラム教徒はコーランとその教えで自分の信念は、すべてのこれらのアイデアは、自分の信念に反しているので、いくつかの例を与えるために、民主主義、人権とジェンダーの平等の開発に参加よりも、彼らにとってより重要であることに同意し、したがって、彼らのために意味がありません。これらは、すべてのイスラム教徒は、彼らが住んでいると、彼らはコーランに、または人口のほとんどが文盲であるmollahsによって解釈として書かれたとして信仰を実践する権利を持っているに関係なく自分の兄弟であるすべてのモスクでmollahsによって語られています。

これは、イスラム教徒が他の人と彼らはより多くの敵意をもたらし住んでどんなにを統合することができない理由1基本的な理由であるゲットーヨーロッパまたは他の方法で稼げるによる教育の欠如にまともな生活費を稼ぐ機会、社会的スキルや訓練の欠如のように生きていますそれら有給雇用およびそれらの貧しい生活をより批判に耐えられる、さらに快適にします。しかし、統合はヨーロッパで失敗した、それはアメリカで失敗します。彼らは教育やスキルやイスラム教未満の宗教的な手荷物を搭載し、一般的には。彼らの生活の高い基準があっても結婚するしている来て、そのような移民の次世代のでコントラストヒンズー教徒、シーク教徒と他の人が海外での統合の大きなチャンスを持っていますその後、両親よりも、アメリカの英国やヨーロッパを育ちます。

コーランが教えるとコーランは女性がその関係なく、例えば服装をしないか、どのように振る舞うべきか明確な言語の中で呪文ことに同意するものに対して根本的として、マドンナやリアーナ等によって例示されるように、世界中のイスラム教徒は西洋の思想、価値観や行動を参照してください。状況は、彼らが今日であるものとは根本的に異なっていたとき、それは1400年前に書かれました。まだ彼らが学習する必要があるすべての主張原理主義キリスト教徒は聖書がとても無視していることを実際に違いはありません
それは聖書の中で言及されていなかったという理由だけで、気候変動、宇宙などの他の知的生命が存在します。

それはイスラム教.ITのためのイスラム銀行口座に利息を得ることを禁じ例えばハラームや禁止されているが、それはイスラム銀行は、彼らは高い金利で非イスラム教徒にそれを貸しておく無料でお金を貸すために停止しません。大により、すべての銀行がそれを行います。彼らはあなたが彼らと一緒に保つあなたのお金のためにわずかな収入と、彼らが与えるものに多額の所得税を控除した後、15〜18%の利子で借り手に貸す与えます。イスラム教徒は高利貸しを受け入れないと、ここでイエスは彼らと一緒に同意します。 U字管である12歳のカナダ人の女の子は、カナダと米国奪う庶民の銀行が超金持ち取得する方法を伝える(あなたは彼女を見なければならない)があるとウォールストリートは、米国政府の完全な承認を得て、それをどうしますか。

今、私たちは未来がノストラダムスは.Iは微小で、そのに取得することを何世紀も前に書いたものを気にされることはありませんかを考えてみましょう。 ISIS、タリバンやアルヌスラを名乗る人の一握りで作成された危機は、MorosやJI(インドネシア)一つの共通点を持っている(ボコ・ハラム、アル・シャバブなどは他人です)。彼らはイスラム教は脅威にさらされているという信念を共有し、世界の残りの部分からそれを保護し、純粋なとコーランの唯一のおもむくまま、次のそれを維持するために彼らの義務です。彼らは彼らの要求に全世界の弓を作る1日の自分の目標を達成するために大量殺人を含む任意の手段を使用して喜んでいます。

しかし、農業、インフラ整備、教育、人権、ジェンダーの平等とユニバーサル健康保険での進歩を遂げたし、すべての人々が民主的な政府のその形がに(の進捗状況を見て感じることができた多くのイスラム諸国を含む世界の残りの部分を腐敗と低道徳的なだけでなく、倫理的価値観)にもかかわらず、このISISにジハードを触発販売されていません。実際、彼らは平和に住んでいると、彼らは現代世界に対処するために要点を学ぶことができる良い学校に子供たちを送信する他の人のようなものです。彼らはイスラム教徒であり、5時間、毎日を祈るが、彼らはまた、誰もがどんなに声を持っており、自分たちの生活を改善するために変化をもたらすことができる方法が悪い民主主義の値を参照してください。彼らはよく知っていると宗教の名の下に愚かな殺害をサポートしていませんので、これは、コーランの独裁政権の下では発生しません。

だから今、私たちは、ノストラダムスの部分に来ます。彼は、ならず者国家が第三反キリストを表すことになる中東に上昇し、そのイデオロギー、すなわち核兵器を促進するために大量破壊兵器を取得し、ヨーロッパやアメリカを攻撃することを予測しています。この予測は限りフェッチそれはそうようではありません。パキスタンは核兵器を持っており、それをインドの日常を脅かすが、これらの武器はパキスタン軍や他の衣装であるJihadistsの手に落ちると、彼らのを前進させるためにそれらを使用します。このならず者国家にそれらを渡すことができることは全く考えられ議題。

パキスタンの核科学者カーンは、彼が助けたことにより、彼の信念にイランに技術を売って、彼は信念を越えても金持ちことができるように巨額の資金と引き換えにリビアと北朝鮮にそれを販売しようとしたことを認めたことを思い出してください彼らの信仰の西部の腐敗と戦うために原理主義。

このような将来のシナリオが予測される場合、結果も予測可能になります。無料の世界は、このならず者国家が全世界を脅かすし、それが今立っているとして、世界の順序を変更することはできません。人々は失うものがあまりにも多くを持っていますし、彼らがこのならず者国家に対して団結し、それを破壊したり、さらにいたずらのことができないようになりますので、任意のコストで、彼らが持っているものを保護します。この取り組みでは、インドは、ISISが作ることを計画悪の帝国を根絶するために、この共同の努力の後ろに落ちる米国と欧州およびその他の国と手に参加します。これは、第三次世界大戦につながる、それがすべての側面に生活の多大な損失で年のスコアを持続するが、それは通常はないとして自由世界の共同の意志が悪に打ち勝つことになりますが、膨大なコストで。

私は良いが、常に長期的には悪に対する勝利が、この戦争は、世界の特定の部分を荒廃し、ちょうど最後の戦争のように死と莫大な不幸と悲しみをもたらす、人々はどこにでも敗北することは非常に重い代償を支払わなければならないと思います宗教の名の下に悪の御用達。

私はそれが起こるとき、私は生きていないです願っていますが、彼らはそれ一つの方法または他の矢面に立たされますので、私は次の世代心配します。

 
Shūkyō-teki fu kan’yō toso no kekka shūkyō-teki fu kan’yō no jōshō wa sekai-teki ni saikin no genshōde wa arimasen. Ikutsu ka no kikan ya jinrui no rekishi no naka de ta dewa, hotondo no shūkyō wa shinkō no na no shita ni okashita shinkō hikiokosu bōryokude wanai tanin ni fu kan’yō o shimeshite imasu.

Genjūmin wa, Mekishiko, perū, matawa sonohoka no kuni ni okeru kirisutokyō o ukeirenaidarou to iu toki supeintoha atarashī sekai no hitobito no ken no sūsen ni okimasu. Shinryaku-sha wa tsuneni ikaku ya shūkyō no jibun-tachi no burando o kakuritsu suru tame ni, jimoto no hito o korosu tame ni heishi o shiyō suru Supein no kyōshin-tekina minshū no shisai o tomonatte imashita.

Mujitsu no hitobito no nan sen mo no gōmon to yōroppa de Bachikan no shōnin to atarashī yo -kai de hiaburi ni sa reta toki ni Supein no itanjinmon wa, shūkyō-teki fu kan’yō no tenkei-tekina reideshita. Hīrā, jipushī ya hoka no ōku no tanjun’na hitobito ga sorera o mamoru tame ni dare o motte ita itan no yō ni korosa remashita. Yōroppade wa nandomonandomo-ō-tachi ga Isuramu kyōto kara Erusaremu o kaihō suru tame ni jūjigun guntai o haken shi, ōku no baai, soko ni genjūmin no yōna kakkō to Isuramu kyōto to machigawa reta kirisutokyōto o oroshiuri tosatsu shimasu.

Kishi tenpuru kishi oyobi hoka no sono yōna gurūpu wa hoka kara kirisutokyōto o hogo suru tame ni keisei sa re, Kirisuto ga umareta to,-go ni Isuramu kyōto ni senryō sa reta seichi de kirisutokyō no ashiba o settei suru tame ni ha to tsume o tatakaimashita. Saradin to kare no guntai wa Erusaremu o hakai shi, mada nanseiki-go ni Arabu hito to Isuraeru hito no ma ni toraburu ga hassei shita Al Akusa to yoba reru mosuku o settei suru tame ni, sono hito no jūmin o koroshimashita.

Ikutsu ka no kishi ga kirisutokyō o settei suru tame ni Maruta ni nigetaga, sono seigyo no shita de Maruta o motarasu tame ni Toruko nababs ni osowa remashita. Seikatsu no ōku no nan sen mo no katei de ushinawa remashita. Dakara rekishi wa hitotsu no gurūpu matawa hoka no koto de, shūkyō no na no shita ni okashita zangyaku kōi no kanzendearu to kanashi-ge ni, soreha kyō mo tsudzuite imasu. Anata ga Indo no rekishi o yomeba, anata wa Afuganisutan kara no isuramukyō no shinryaku-sha wa, karera ga katsute hinzū kyō ya bukkyō no shūdan ni kyōsei suru koto o sorera to isuramukyō o motarashita koto o shitte, karera wa hinzū kyōtodeari, izure mo ukeirenaidarou to iu riyū dake de mujitsu no hitobito no nan sen mo no chi o nagashimasu ta no shinkō.

Karera no jiin ya sōin wa gareki ni genshō shi, kodai no raiburari ga satsugai sa reta tōchi to shūdō-shi ni oka reta basho oroshiuri gyakusatsu wa hoka no basho derī, nāranda de okonawa reta to. Dakara, shūkyō-teki fu kan’yō wa atarashī monode wa arimasen. Sore dakede wa nai motte iru yōna sonōchi no bōryoku-tekina Isuramu no jibun-tachi no burando o kakusan suru to iu mokuhyō o tassei suru tame ni musabetsu bōryoku o shiyō suru nado, ISIS, Aru shababu, boko haramu, JI, Aru Quaeda, tariban nado no terogurūpu no tachiagari ni, yori chishi-teki to natte imasu chūsei irai mi rarete.

Shūkyō-teki fu kan’yō ga, sonogo no jōtai kōen katsudōdeshitaga, sore wa ima kyōkatsu, mitsuyu, karera no gidai o sokushin suru tame ni ikutsu ka no kuni to ōku no sono yōna katsudō ni ahen kara tsukura reta iyakuhin no hanbai o tsūjite shikin o chōtatsu suru koko no gurūpu ni yotte hikitsuga remashita. Mata, kono yōna katsudō o kōen shi, kōzen to hitotsu no riyū matawa hoka no tame no terogurūpu o sapōto shi, ikutsu ka no jōtai ga arimasu. Kaddafi, Sadamu Fusein chiiki no ta no sensō to hōkai ni yotte seisei sa reta shinkū wa, karera ga iwayuru karifu-sei o settei shi, fu kan’yō no karera no katachi o renshū dekiru chiiki no daibubun o hikitsui sa rete iru yōna terogurūpu ni yotte mitasa rete imasu soshite kakokuna bōryoku-tekina Isuramu.

Nan hyaku man-ri mo no hitobito ga, ima hōmuresudeari, karera no ie ga gareki to kashi sa rete iru ma, karera wa katsute han’ei shita sokoku o nogare. Yōroppa wa ima, karera ni zutsū no ōku o hikiokoshite iru shinkokuna nanminmondai ga arimasu. Higeki wa, junsui ni otoko ga okonawa re, mujitsu no hitobito wa, sono yōna bōryoku o sapōto shi, heiwa ni kurasu shitakunai hito kurushinde imasu. Watashi wa Isuramu no kuni de hataraite iruto Arujeria no yōna ikutsu ka no kunide wa, watashi wa doko demo heikin-tekina hito yori mo karera wa nanra kawari mitsukarimasendeshita. Ichibude wa, Id ga matsuri no ma karera no ie ni watashi o shōtai shi, karera wa watashi ga watashi no jitensha ni notte nureta no o mite hokanohito ga ame kara shokuhin, kōhī, hinansho o teikyō shimashita.

Shikashi, Isuramu sekai wa kanari Isuramukyō no kihon-tekina kyōgi no rikai ni chūtō-do ni nari-gachi sūfī, hazāra hito, Bahais nado no yōna ta no ōku no shūha ni genkyū shite inai dai tasū no Sun’ni-ha to shōsū-ha no shīa-ha no ma de bunkatsu sa rete imasu. Sore wa jibunjishin’no ma Mohameddo no shinja ya, Mekka ya medina nado isuramukyō no 2 seichi o mamoru kōryo Sauji ga sentō ni ta~tsuSun’ni-ha no taihan de, shikin chōtatsu ni yori, sono oirumanē to shisha o shiyō shite, sekaijū no kyōkō-ha Isuramukyō no shinkō o hiromemasu karera wa nikushimi o toku to shōrai tariban ya ISIS matawa sono netsuretsuna shiji o sakusei suru ōku no kuni de Isuramu gakkō no nan sen mo.

Sonogo, Indo ni mukatte karera no eien no tekii ga karera gūsū iku to sōran Indo ya hoka no basho tsukuru wan kara no okane no tasuke o karite, terorisuto no tame no kunren no ba no onshō ni nari, kyōryokuna gun to yowai eraba reta seifu ya Pakisutan no yōna kuni ga arimasu Beikoku. Musharafu wa binradin ga atta basho, kare wa shiranakatta koto o Beikoku ni uso o tsuita to Beikoku wa chishiki to arifureta fūkei no naka ni kakurete ita kare no ude ya hoka no sensō no zairyō ga, binradin de jū oku o atae tsudzukete kare wa Isuramu shugi-sha to tatakau tame ni ōku no okane o hitsuyō to shi, dono yō ni oboete oite kudasai Pakisutan-gun to chōhō.

Disu no sapōto wa, chōdo sono kuni no nimaijita o kyōchō suru kotodesu. Bunmei sekai wa isuramukyō to sono jissen ni tsuite rikai suru koto ga dekinai to iu kihon-tekina koto wa, Isuramukyō wa shokuminchi jidai no daibubun wa sōsaku Chūtō no ta no bashodeatta ikanaru kokka ya seidjiteki kyōkai-sen o ninshiki shinai to, soreha no rieki o tsutometa tame, kyōsei-teki ni kyō demo iji sa rete iru kotodesu shokuminchi no chikara sonogo, kyō, koko de jikkō shite kudasai. Kono chizu-jō ni senwohiku koto ni yori, Igirisu to hoka no taikoku ni yotte chiiki no jinkō bunretsu to Saujiarabia, Iraku ya Shiria jishin ya shīa-ha no ma de Sun’ni-ha o wakete inai sore o yobidasu, mushiro sore wa subete no iu Isuramu no kihon-tekina kyōgi o kyōchō Isuramu kyōto wa kankei naku, karera ga sunde iru basho, karera ga sunde seifu ni yotte kasa rūru ni yotte Isuramu no rūru to shinai koto de, ikite imasen.

Kono hikisū ni yori, korera no kuni ni sumu Isuramu kyōto ga hindo~ū kyōto, shīku kyōto ya jainakyō to hoka yori mo otagai ni kyōtsū no ōku o motte irunode, 2tsu no entiti ni Indo to Pakisutan o bunkatsu suru mueki o miru koto ga meikakudeari, pusshu ga kuru toki, tsuneni otagai o sapōto shimasu soreha kashimīru de okonau yō ni tsukidasu shimasu. Shikashi, Igirisu wa (Indo) wa, sore ni yotte keizai-teki, gunji-teki seichō o osoku wan de teki o iji suru tame ni bōdaina risōsu o tsuiyasu hitsuyō ga arimasu yō ni, eien ni Indo no ryōhō no soba de mondai o sakusei suru kotodeshita jibunjishin’no rieki ni hōshi suru tame ni sensō no ato, Indo o bunkatsu shimashita.

Kore wa mata, Pakisutan no shin no hoji shi, sore ga ototte iruto Indo-miman no ten’nen shigen o motte iru to shite, yori ōku no Pakisutan ga itaidesu. Ima, watashitachiha Chūtō no Isuramu shugi no hirogari o kōryo shi, hoka no basho to okotte, subete no riyū no hotondo sa rete iru ka o mite mimashou. Watashi wa, nishi wa nanto Isuramu shugi undō no gimon no kaishō no konpon-tekina gokai ga ari, bakugeki ya dairi sensō de karera to tatakau tame ni ikutsu ka no gurūpu ni buki o ataeru koto ni yotte, karera o bassuru tame ni nesshin ni omowa reru koto sakka ni dōi shimasu.

Shikashi bakugeki wa-jō hakobu tame ni korera no hitobito ga yori ōku no kettei tsukura rete ori, sore ga karera no gabanansu ya idō-do ga hijō ni gentei-tekina eikyō o motte imasu. Hotondo no Isuramu kyōto wa, ISIS o sapōto shite inaito terorisuto no goku shōsū no nin’i no shudan ni yottede kazoeru tame ni ISIS ni chimei-tekina chikara o tsukuru tame no bangō ni sorera o ketsugō suruga, jūbun’na koto wa jijitsudesu. Shikashi, ISIS wa, kōran no tōri Mohamedo no oshie, shitagatte, kōseina gēmu o shinjite inai `fushinjin-sha’ to shite sorera o sanshō shite kudasai nokori no bubun ni taisuru Isuramu sekai no fukaku katsu kihon-tekina kujō no yuiitsu no arawaredesu.

Sorera tai watashitachi no kono kankaku wa, watashitachi ga shinjiru yō ni media ni iwa rete iru mono yori mo Isuramu kyōto no ma de yori ippan-tekidesu. Isuramu kyōto wa, sono shin’nen ya karera ga dekiru nin’i no hōhō de sorera no shin’nen no tame ni tatakau karera no junbi no karera no sumu subete no shakai kara sogai-sa o kanjimasu. Tatoe sōdeatte mo to yoba reru tekidona Isuramu kyōto wa kōran to sono oshie de jibun no shin’nen wa, subete no korera no aidea wa, jibun no shin’nen ni hanshite irunode, ikutsu ka no rei o ataeru tame ni, minshu shugi, jinken to jendā no byōdō no kaihatsu ni sanka yori mo, karera ni totte yori jūyōdearu koto ni dōi shi, shitagatte, karera no tame ni imi ga arimasen.

Korera wa, subete no Isuramu kyōto wa, karera ga sunde iru to, karera wa kōran ni, matawa jinkō no hotondo ga monmōdearu mollahs ni yotte kaishaku to shite kaka reta to shite shinkō o jissen suru kenri o motte iru ni kankei naku jibun no kyōdaidearu subete no mosuku de mollahs ni yotte katara rete imasu. Kore wa, Isuramu kyōto ga hokanohito to karera wa yori ōku no tekii o motarashi sunde don’nani o tōgō suru koto ga dekinai riyū 1 kihon-tekina riyūdearu gettōyōroppa matawa hoka no hōhō de kasegeru ni yoru kyōiku no ketsujo ni matomona seikatsu-hi o kasegu kikai, shakai-teki sukiru ya kunren no ketsujo no yō ni ikite imasu sorera yūkyū koyō oyobi sorera no mazushī seikatsu o yori hihan ni taerareru, sarani kaiteki ni shimasu.

Shikashi, tōgō wa yōroppa de shippaishita, sore wa Amerika de shippai shimasu. Karera wa kyōiku ya sukiru ya isuramukyō-miman no shūkyō-tekina tenimotsu o tōsai shi, ippantekini wa. Karera no seikatsu no takai kijun ga atte mo kekkon suru shite iru kite, sono yōna imin no jisedainode kontorasutohinzū kyōto, shīku kyōto to hokanohito ga kaigai de no tōgō no ōkina chansu o motte imasu sonogo, ryōshin yori mo, Amerika no Igirisu ya yōroppa o sodachimasu.

Kō ran ga oshieru to kōran wa josei ga sono kankei naku, tatoeba fukusō o shinai ka, dono yō ni furumaubeki ka meikakuna gengo no naka de jumon koto ni dōi suru mono ni taishite konpon-teki to shite, madon’na ya riāna-tō ni yotte reiji sa reru yō ni, sekaijū no Isuramu kyōto wa seiyō no shisō, kachikan ya kōdō o sanshō shite kudasai. Jōkyō wa, karera ga kyōdearu mono to wa konpon-teki ni kotonatte ita toki, sore wa 1400-nen mae ni kaka remashita. Mada karera ga gakushū suruhitsuyōgāru subete no shuchō genri shugi kirisutokyōto wa seisho ga totemo mushi shite iru koto o jissai ni chigai wa arimasen sore wa seisho no naka de genkyū sa rete inakatta to iu riyū dake de, kikō hendō, uchū nado no ta no chiteki seimei ga sonzai shimasu. Sore wa Isuramukyō.

IT no tame no Isuramu ginkō kōza ni risoku o eru koto o kinji tatoeba harāmu ya kinshi sa rete iruga, soreha Isuramu ginkō wa, karera wa takai kinri de hi Isuramu kyōto ni sore o kashite oku muryō de okane o kasu tame ni teishi shimasen. Ō ni yori, subete no ginkō ga sore o okonaimasu. Karera wa anata ga karera to issho ni tamotsu anata no okane no tame ni wazukana shūnyū to, karera ga ataeru mono ni tagaku no shotoku zei o kōjo shita nochi, 15 〜 18-pāsento no rishi de karite ni kasu ataemasu. Isuramu kyōto wa kōrigashi o ukeirenai to, koko de iesu wa karera to issho ni dōi shimasu. U ji-kandearu 12-sai no Kanada hito no on’nanoko wa, Kanada to Beikoku ubau shomin no ginkō ga chō kanemochi shutoku suru hōhō o tsutaeru (anata wa kanojo o minakereba naranai) ga aru to u~ōrusutorīto wa, Beikoku seifu no kanzen’na shōnin o ete, sore o dō shimasu ka. Ima, watashitachiha mirai ga Nosutoradamusu wa.

I wa bishō de, sono ni shutoku suru koto o nanseiki mo mae ni kaita mono o ki ni sa reru koto wa arimasen ka o kangaete mimashou. ISIS, tariban ya arunusura o nanoru hito no hitonigiri de sakusei sa reta kiki wa, Moros ya JI (Indoneshia) hitotsu no kyōtsū-ten o motte iru (boko haramu, Aru shababu nado wa tanindesu). Karera wa Isuramukyō wa kyōi ni sarasa rete iru to iu shin’nen o kyōyū shi, sekai no nokori no bubun kara sore o hogo shi, junsuina to kōran no yuiitsu no omomuku mama,-ji no sore o iji suru tame ni karera no gimudesu.

Karera wa karera no yōkyū ni zen sekai no yumi o tsukuru 1-nichi no jibun no mokuhyō o tassei suru tame ni tairyō satsujin o fukumu nin’i no shudan o shiyō shite yorokonde imasu. Shikashi, nōgyō, infura seibi, kyōiku, jinken, jendā no byōdō to yunibāsaru kenkōhoken de no shinpo o togetashi, subete no hitobito ga minshu-tekina seifu no sono katachi ga ni (no shinchoku jōkyō o mite kanjiru koto ga dekita ōku no Isuramu shokoku o fukumu sekai no nokori no bubun o fuhai to tei dōtokutekina dakedenaku, rinri-teki kachikan) nimokakawarazu, kono ISIS ni jihādo o shokuhatsu hanbai sa rete imasen. Jissai, karera wa heiwa ni sunde iru to, karera wa gendai sekai ni taisho suru tame ni yōten o manabu koto ga dekiru yoi gakkō ni kodomo-tachi o sōshin suru hokanohito no yōna monodesu.

Karera wa Isuramu kyōtodeari, 5-jikan, mainichi o inoruga, karera wa mata, daremoga don’nani koe o motte ori, jibun-tachi no seikatsu o kaizen suru tame ni henka o motarasu koto ga dekiru hōhō ga warui minshu shugi no atai o sanshō shite kudasai. Karera wa yoku shitte iruto shūkyō no na no shita ni orokana satsugai o sapōto shite imasen’node, koreha, kōran no dokusai seiken no motode wa hassei shimasen. Dakara ima, watashitachiha, Nosutoradamusu no bubun ni kimasu. Kare wa, narazumono kokka ga dai san han Kirisuto o arawasu koto ni naru Chūtō ni jōshō shi, sono ideorogī, sunawachi kakuheiki o sokushin suru tame ni tairyō hakai heiki o shutoku shi, yōroppa ya Amerika o kōgeki suru koto o yosoku shite imasu.

Kono yosoku wa kagiri fetchi sore wa sō yōde wa arimasen. Pakisutan wa kakuheiki o motte ori, sore o Indo no nichijō o odokasu ga, korera no buki wa Pakisutan-gun ya hoka no ishōdearu Jihadists no te ni ochiru to, karera no o zenshin sa seru tame ni sorera o shiyō shimasu. Kono narazumono kokka ni sorera o watasu koto ga dekiru koto wa mattaku kangae rare gidai. Pakisutan no kakukagakusha kān wa, kare ga tasuketa koto ni yori, kare no shin’nen ni Iran ni gijutsu o utte, kare wa shin’nen o koete mo kanemochi koto ga dekiru yō ni kyogaku no shikin to hikikae ni Ribia to Kitachōsen ni sore o hanbai shiyou to shita koto o mitometa koto o omoidashite kudasai karera no shinkō no seibu no fuhai to tatakau tame ni genri shugi.

Ko no yōna shōrai no shinario ga yosoku sa reru baai, kekka mo yosoku kanō ni narimasu. Muryō no sekai wa, kono narazumono kokka ga zen sekai o odokasushi, sore ga ima tatte iru to shite, sekai no junjo o henkō suru koto wa dekimasen. Hitobito wa ushinau mono ga amarini mo ōku o motte imasushi, karera ga kono narazumono kokka ni taishite danketsu shi, sore o hakai shi tari, sarani itazura no koto ga dekinai yō ni narimasunode, nin’i no kosuto de, karera ga motte iru mono o hogo shimasu. Kono torikumide wa, Indo wa, ISIS ga tsukuru koto o keikaku aku no teikoku o konzetsu suru tame ni, kono kyōdō no doryoku no ushiro ni ochiru Beikoku to Ōshū oyobi sonohoka no kuni to te ni sanka shimasu.

Kore wa, daisanjisekaitaisen ni tsunagaru, sore ga subete no sokumen ni seikatsu no tadaina sonshitsu de toshi no sukoa o jizoku suruga, soreha tsūjō wa nai to shite jiyū sekai no kyōdō no ishi ga aku ni uchikatsu koto ni narimasuga, bōdaina kosuto de. Watashi wa yoiga, tsuneni chōki-teki ni wa aku ni taisuru shōri ga, kono sensō wa, sekai no tokutei no bubun o kōhai shi, chōdo saigo no sensō no yō ni shi to bakudaina fukō to kanashimi o motarasu, hitobito wa doko ni demo haiboku suru koto wa hijō ni omoi daishō o shiharawanakereba naranai to omoimasu shūkyō no na no shita ni aku no goyōtashi. Watashi wa sore ga okoru toki, watashi wa ikite inaidesu negatte imasuga, karera wa sore hitotsu no hōhō matawa hoka no yaomote ni tatasa remasunode, watashi wa tsugi no sedai shinpai shimasu.

This is a Google translation which is not perfect. If any one in Japan is reading this blog and would like to volunteer to improve it, I will very much appreciate. Be my friend and give me a helping hand in improving this blog in Japanese. Thanks.

Author

 

 

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中