The role of international aid in development ( in Japanese)

開発における国際援助の役割

aid (1)

Source : Google photo

これは、人々はそれが彼らの国が他の人を支援しているどのくらいの評価に来るとき非常に愛国的な取得する傾向があるとして、特定の方面から強い反応を呼び起こすトピックです。しかし、公平な観察者として、私はいくつかの国は自分の利益を促進し、被援助国は、感謝の念を感じるようにしようとする彼らの援助カードをプレイするかについて言いたいことがいくつかのことを持っています。

自身の興味に奉仕する援助のこのゲームでプライム犯人は黒の手を握りしめ、彼らは永遠に支払うもので、このステッカーを使用してのシンボルとその自慢のUSAIDプログラムと米国です。

リチャード・ニクソンは、かつて悪名高い「米国は彼らを助けるために他の国に援助を与えるものではありませんが、むしろそれは自分自身を助けるために援助を与える」と述べました。我々はさらに、この文を分析する場合、我々はその背後にある真実を見つけるために来ます。ハイチにおける一つのUSAIDの従業員がペラペラと米国は対外援助に費やすすべての援助のドルのために、以上の67セントが戻って米国に行くことを私に言いました。これは冗談が、馬の口からまっすぐではありません。海外の任意のプロジェクトのために必要なすべての機器は、車両やペーパークリップそれである米国で購入しなければならないと述べている議会を通過法律があります。例外は、数とハードのために戦っています。

ポルトープランスのアメリカのジープディーラーは本物の悪党と年内にバラバラに維持され、一定の溶接や固定を必要と街のタイヤで供給が不十分内蔵ジープだったが、彼はジープの唯一の販売代理店である財産を築きました。車はすべての地形のタイヤを必要なときに、彼は街のタイヤでジープを売却した理由尋ねたとき、彼は安くそれをやったし、より多くの利益を得たように、すべての地形タイヤを彼に話したことはAIDのオフィスで彼のfault.No 1はないと述べました。 AIDの人々は人々をフィールドと私は、彼らが農村ハイチの道路があったか悪い知らなかったと考えているので、めったにエアコンのオフィスの外に出ていないされていません。

だから、プロジェクト自体のためのドルと非常に数セントは、局所的に少ないプロジェクトを実行するための唯一のわずかな収入を残して、残りのセントの多くを吸い上げ相手国のこれまで存在破損を過ごすために国に残りました。マルチ億ドルの援助プログラムは海外のそれはワシントン鉛筆押し役員はPIL(プロジェクト実施の手紙)何もの一日の話をHQし、彼らがやっているどのように重要な仕事を証明するようにだとどのように彼らから実行される監督AIDの全体官僚この援助のためにとても感謝している貧しいハイチ人やアフガニスタンを支援しています。

その後、彼らは、米国の専門家は彼らに何をすべきかについてのアドバイスを与えるためにプロジェクトサイトに招待されるべきであり、どのようにそれを行うには、「専門家」は、その後、もちろん出てくることは多額の手数料、航空運賃プラス日当を支払っている。これらのことを主張しますプロジェクトの予算は、これらの資金は、「ヘルプ」に充てているので。そのような専門家がハイチに来て、私は米粒の送風機を構築する上で助けを求め、彼にそれを行うための青写真を送ったときに太陽調理器を構築したいと考えていました。彼はこのような複雑な機械は非常に貧しい国であり、彼は代わりに太陽光調理器を構築していきますので、それを行うための施設やワークショップを持っていないハイチで構築することができないと述べました。私たちのプロジェクトでは、稲作農家を支援するため、農業プロジェクトだったと私がダウンして私の足を入れて来て、この専門家を許可することを拒否したので、それが太陽調理器を必要としませんでした。

これは、いくつかの眉を上げ、専門家は帽子屋として怒っていました。彼を停止するには、この第三世界の農学者は誰でしたか?それはアメリカの資金によるプロジェクトではありませんでしたか?ところで、すべてのツールがマシンを構築するために利用可能であったが、馬鹿でもおろか手操作粒送風機を見たことがなかったレケイで近代的なワークショップがあった、それが行うことになったか知っています。私は彼がどちらかIRRIのことを聞いたことがなかったと仮定します。

その後、彼らは痛烈なタイプだったかどうかを確認するために蚊をキャッチするために、小さな掃除機で現れた別の専門家がありました。これは彼を招待し、彼のために支払ったので、蚊とは何の関係もなかった農業プロジェクトでしたか?

その上で「事実発見のミッション「ワシントンから議員や他のVIPの大群が来たが、言及したことはありません彼らは何を見つけることができた事実。そのうちの一つは、英語を理解していなかったyokelsの迅速集まった群衆に政治的なスピーチをするために私のリビングルームを引き継ぎました。この議員はおそらく、彼は蛇油の行商人だと思ったし、上に立つためにリンゴの木箱を必要としていました。

当社は、米国大使館でいくつかの眉を上げ、再び同じことをやってみたかった任意の将来のピエロにノーと言いました。私は米国の補助事業での雇用のために感謝されている必要があります第三世界の農学者ではありませんでしたか?あなたは、あなた自身の結論を描くことができますが、実際は、私は貧しい国を助けるふりが、実際にはソートの何もしなかった多くのそのような人々を満たしていることです。

ワシントンでUSAIDプログラムの頭はかつて非常に見下すようにして私に話し始め、私がベトナムの新しい方法と農業技術のものが悪い無知な農民を教えたことが良かったと言いました。私は、彼らは無知ではなかったし、誰よりも農業を知っていたことを言ったとき、彼は私の応答が好きで、会議を終了しませんでした。謙遜のこの文化は、システム全体を通して優勢と広く被援助国によって憤慨されます。

ワシントンD.C.の周りに彼らのオフィスを持つ組織の膨大な数があります。彼らはアメリカの援助パイの後であるためと環状道路の盗賊と呼ばれています。存在の彼らの唯一の目的は、新たなオファーは、プロジェクトに充てされてどのくらいのお金を、契約に入札するために必要なプロジェクト案の種類、沖にあるかを見つけるために頻繁AID事務所にあり、提出期限は何ですか入札の。その後、彼らは仕事を得ます。

彼らは、プロジェクト要員の詳細を提案、設備、コストおよび他の雑貨やと呼ばれる膨大なレポートを作成、プロジェクトサイトと国にぞんざい訪問した後掃いて捨てるほど米国または他の場所にある「専門家」と、これらの専門家を雇いますこれは手に山賊は、プロジェクトに入札します。彼らはプロジェクトを取得する場合、プロジェクトの予算のライオンのシェアはDCでのそれらのためのオーバーヘッド費用、専門家を加えた67の一部である機器等の必須の購入のために行くので、それは彼らのために土地秋の利益を意味します返送されなければならないドルセント。

私の友人は、かつてこれらの専門家は、常に彼らと自分のノートパソコンを実施し、猛烈に平面上またはラウンジを待って、空港にいる間離れて入力して見ることができる方法を教えてくれました。レポートの書き込みは、Googleのおかげで、これらの日容易ではありませんでした。あなたは、インターネットでの情報の任意の量を得ることができますが、その報告書は、通常、等のコピー&ペースト機能がために作られ、「人々が1日1ドル未満で生活アフガニスタンの非常に貧しい土地ロックされた国では」などの段落で開始しますこれらの「専門家」。

私はここで、USAIDを記載しているが、国は同様の手口を持って、それを過ごすために、どのくらいそれのバックドナーに行かなければならない取得プロジェクトの資金を、過ごすする方法についてより厳しいルールを有することができます。彼らは資金がヨーロッパから来た場合に資金がアメリカやヨーロッパからのものである場合、プロジェクトマネージャは、アメリカでなければならないと主張しています。彼らはお金で国の第三国を信用していないが、たまには、彼らはその後、彼らの側にとげすることができます私のような人を雇います。

いくつかの驚きは、たまにしかしあります。 AIDに参加し、彼らと彼らの豊富なフィールド経験を持って、いくつかの元平和部隊の人々があります。彼らは理由があり、それらの最初の手の生活経験の貧困国よりよく理解し、それは彼らがハイチで行ったように私のような援助の手を人に与えるために、それらのシステム内でハードにプッシュように、プロジェクトを成功させるために必要なものを知っています。しかし、彼らは数が少なく、しばしば見落とされています。

今、私たちは受入国に援助政策の影響を分析してみましょう。私はファシリテーターとして、または時々翻訳者としてドナーとレシピエントとの間には多くのミーティングを通して座って、援助の受信機の本当の気持ちを知るために持っています。多くの場合、彼らはきっぱりと、彼らはお金が費やされている方法を決定するために自由になりたいので、それが費やされていると相手国の手の中にどのくらいのままでなければならないところ、プロジェクト契約は、署名される前に、彼らは受け入れなければならない厳格な規則に従うことを拒否しました。

多くの場合、このような会議は合意に達するために失敗に終わった、訪問者は、法案後でそれらを送信するために、ウェイターがホストによって言われたレストランでの食事の後に戻って空港へ送信された、彼らは姿を消しました。訪問者が不機嫌に一人で自分の食事を食べたと。彼らは常に自分のノートパソコンを実施し、そのレポートを書くために戻って空港へ行きました。

私は貧しい国はそれはとても厳格な規則を課すと、シロアリが基礎で離れて食べるように動作不信のために地上作業を築くドナー国に向かって成長している感じ恨みの強い感覚をしばしば感じています。

ドナーはどこかに行くのプロジェクトを取得するために何でもするだろうとワシントンやブリュッセルに支払われるすべての費用への部門の大臣や頭を招待します
それは、火災をバックバマコまたはニアメに比べてDCまたはブリュッセルでそれを行うには多くの方が簡単であるため、それらをプロジェクトに一致させるが、いくつかの回。

私は、彼らはしばしば、それがかなり安いとより効率的に外国人より行うことができますので、ドナーがプロジェクトを実行するために、地元の人々の能力を過小評価してはならないことを何度も何度も言われています。彼らはあまりにもスマートであり、人を雇うとに適したプロジェクト提案を書面で完全参加を持っている必要があり、プロジェクトマネージャーであることができ、彼らはプロジェクトを実行する方法についての完全な権限を与えられるべきで博士号を持つ多くの高学歴の人々を持っている彼らのニーズ。プロジェクトは固体よく管理方法に劣ることができますように、その代わりに、トップダウン・アプローチするのではなく、ボトムアップアプローチであるべきです。

彼らは既に知っているとお金のような無駄を停止すべきことを感じるもの、それらを伝えるために多額の経費がかかる専門家を一蹴します。彼らは彼らが国際研究センターや他のそのような場所が、このような要求が頻繁に満たされていないに送信されるようにしたいので、彼らは、スタッフがより良い訓練を受けたことにしたいです。私はマリで働いていたとき、私はタンザニアでの会議に招待されたが、カナダの雇用者は何の理由を与えていない、それを後援することを拒否しました。私は、国際会議に参加するために国際的なスタッフとして資格を与えました。

最高レベルでの議論を必要とする国際的な発展を悩ませている多くのそのような問題があります。私は、多くの場合、地元の文化についてあからさまな無知だったと人々がひどく、すべての周りの反感を作成扱わ無神経プログラムオフィサーを扱っ。そのような仲間は、マリの遠隔の村に行って、その問題はとても熱心に彼に「ブラン」を考え、それらの問題の長いリストを与えた村人たちはそれについて何かをするだろう何であったかを村人に尋ねました。しかし、「ブラン」だけで作っていた安価な話は、彼がこれらの貧しい村人たちの期待を上げたことを実現していません。

だから私の経験から私は、ドナーとレシピエントが座って、それらを分割し、具体的で測定可能な方法で貧しい人々を助けるために目的で公然とそれを行うすべての問題を脱穀することができたときに、実際の開発にのみ来ることができることを知っています。人々はお金を与えるが、エイズはヒモで常にあるので、彼らは常に見返りに何かをしたいです。貧しい国がこれらの文字列が何であるかを知っていると、彼らはしばしば、ドナーのホームオフィスによって決定される条項に同意するか否かすることが重要です。

実質的に誰が何の教師が存在しなかった車や学校がありませんでしたし、タリバンは、このような学校に通ういずれかを脅したところ、マルチ数百万ドルのガスステーションが建設されたアフガニスタンでの援助金の廃棄物の典型的な例があります。ガソリンスタンドや学校は、コストのほんの一部で、地元の人々によって構築することができたが、契約がアメリカ人に与えられました。この種のものは、どこにでも上に行きます。誰もガソリンスタンドが使用中であるか、学校が出席し、教師と生徒を訓練している場合は、数年後にチェックするために戻っていません。

私は彼がハイチに担当した用水路プロジェクト自慢とどのようにそれは貧しい農民の生活を改善したAID官を知っています。地上では話は非常に異なっていました。請負業者は、プロジェクトからお金を盗んだと少ないセメントと水ノーどこに持ち込まない崩れ運河の結果より砂で運河を建設しました。最初にもハイチでトントンmacouteと呼ばれる民兵の一部であった、より強力な農民自身が農家ダウンストリームのために非常に少し残して水アップストリームのほとんどを取りました。これは、多くの紛争、さらには死亡を引き起こしました。

実際の開発の必要性、農業、教育やインフラ整備や健康管理にそれをすることがあります。彼らは資源を持っているか、離れてプロジェクトからお金を吸い上げすべてのレベルで存在する広範囲の破損に起因していないため、各国政府は、常にこれらの要求を満たすために苦労しています。政府当局者は、最初に自分のポケットを記入し、自分たちの国の開発にのみリップサービスを提供する傾向が選出されましたか。

私が以前に書いたように、どこにも汚職に終わりはありません。程度は国によって異なり.Onlyそれはどこにでも存在します。それはlife.Theのアイデアの事実が最もそれらを必要とするが、国が外国からの援助で開発したことがない人たちに援助金のほとんどをチャネルすることができます解決策を見つけることですので、お金はどこにでも何のために費やされるたびに破損があります。貧困層は貧しいままで、何人かの人々が援助金を盗んで非常に金持ちになります。このような国は、援助依存のままであり、それが必要とされる場所への発展をもたらすことはできません。実際の開発は国内から来る必要があり、それが起こることのために、あなたはそれが人々の最初の考え応答選ばれた政府を必要としています。

しかし、それはどこでも非常に難しい注文です。

 

Kaihatsu ni okeru kokusai enjo no yakuwari koreha, hitobito wa sore ga karera no kuni ga hokanohito o shien shite iru dono kurai no hyōka ni kuru toki hijō ni aikoku-tekina shutoku suru keikō ga aru to shite, tokutei no hōmen kara tsuyoi han’nō o yobiokosu topikkudesu. Shikashi, kōheina kansatsu-sha to shite, watashi wa ikutsu ka no kuni wa jibun no rieki o sokushin shi, hi enjo-koku wa, kansha no nen o kanjiru yō ni shiyou to suru karera no enjo kādo o purei suru ka ni tsuite iitai koto ga ikutsu ka no koto o motte imasu.

Jishin no kyōmi ni hōshi suru enjo no kono gēmu de puraimu han’nin wa kuro no te o nigirishime, karera wa eien ni shiharau mono de, kono sutekkā o shiyō shite no shinboru to sono jiman no USAID puroguramu to Beikokudesu. Richādo Nikuson wa, katsute akumeidakai `Beikoku wa karera o tasukeru tame ni hoka no kuni ni enjo o ataeru monode wa arimasenga, mushiro sore wa jibun jishin o tasukeru tame ni enjo o ataeru’ to nobemashita. Wareware wa sarani, kono bun o bunseki suru baai, wareware wa sono haigo ni aru shinjitsu o mitsukeru tame ni kimasu.

Haichi ni okeru hitotsu no USAID no jūgyōin ga perapera to Beikoku wa taigai enjo ni tsuiyasu su bete no enjo no doru no tame ni, ijō no 67-sento ga modotte Beikoku ni iku koto o watashi ni iimashita. Kore wa jōdan ga,-ba no kuchi kara massugude wa arimasen. Kaigai no nin’i no purojekuto no tame ni hitsuyōna subete no kiki wa, sharyō ya pēpākurippu soredearu Beikoku de kōnyū shinakereba naranai to nobete iru gikai o tsūka hōritsu ga arimasu.

Reigai wa,-sū to hādo no tame ni tatakatte imasu. Porutōpuransu no Amerika no jīpudīrā wa honmono no akutō to nen’nai ni barabara ni iji sa re, ittei no yōsetsu ya kotei o hitsuyō to machi no taiya de kyōkyū ga fujūbun naizō jīpudattaga, kare wa jīpu no yuiitsu no hanbai dairitendearu zaisan o kizukimashita. Kuruma wa subete no chikei no taiya o hitsuyōna toki ni, kare wa machi no taiya de jīpu o baikyaku shita riyū tazuneta toki, kare wa yasuku sore o yattashi, yori ōku no rieki o eta yō ni, subete no chikei taiya o kare ni hanashita koto wa eido no ofisu de kare no fault.

No 1 wa nai to nobemashita. Eido no hitobito wa hitobito o fīrudo to watashi wa, karera ga nōson Haichi no dōro ga atta ka warui shiranakatta to kangaete irunode, mettani eakon no ofisu no soto ni dete inai sa rete imasen. Dakara, purojekuto jitai no tame no doru to hijō ni sū-sento wa, kyokusho-teki ni sukunai purojekuto o jikkō suru tame no yuiitsu no wazukana shūnyū o nokoshite, nokori no sento no ōku o suiage aite-koku no kore made sonzai hason o sugosu tame ni kuni ni nokorimashita.

Maruchi oku-doru no enjo puroguramu wa kaigai no soreha Washinton enpitsu oshi yakuin wa PIL (purojekuto jisshi no tegami) nani mo no tsuitachi no hanashi o HQ shi, karera ga yatte iru dono yō ni jūyōna shigoto o shōmei suru yō nidato dono yō ni karera kara jikkō sa reru kantoku eido no zentai kanryō kono enjo no tame ni totemo kansha shite iru mazushī Haichi hito ya Afuganisutan o shien shite imasu. Sonogo, karera wa, Beikoku no senmonka wa karera ni nani o subeki ka ni tsuite no adobaisu o ataeru tame ni purojekuto saito ni shōtai sa rerubekideari, dono yō ni sore o okonau ni wa,`senmonka’ wa, sonogo, mochiron dete kuru koto wa tagaku no tesūryō, kōkū unchin purasu nittō o shiharatte iru.

Korera no koto o shuchō shimasu purojekuto no yosan wa, korera no shikin wa,`herupu’ ni atete irunode. So no yōna senmonka ga Haichi ni kite, watashi wa kometsubu no sōfū-ki o kōchiku suru ue de tasuke o motome, kare ni sore o okonau tame no aojashin o okutta toki ni taiyō chōri-ki o kōchiku shitai to kangaete imashita. Kare wa kono yōna fukuzatsuna kikai wa hijō ni mazushī kunideari, kare wa kawarini taiyōkō chōri-ki o kōchiku shite ikimasunode, sore o okonau tame no shisetsu ya wākushoppu o motteinai Haichi de kōchiku suru koto ga dekinai to nobemashita.

Watashitachi no purojekutode wa, inasaku nōka o shien suru tame, nōgyō purojekutodatta to watashi ga daun shite watashi no ashi o irete kite, kono senmonka o kyoka suru koto o kyohi shitanode, sore ga taiyō chōri-ki o hitsuyō to shimasendeshita. Kore wa, ikutsu ka no mayu o age, senmonka wa bōshi-ya to shite okotte imashita. Kare o teishi suru ni wa, kono dai san sekai no nōgaku-sha wa daredeshita ka? Sore wa Amerika no shikin ni yoru purojekutode wa arimasendeshita ka?

Tokorode, subete no tsūru ga mashin o kōchiku suru tame ni riyō kanōdeattaga, baka demo oroka-te sōsa-tsubu sōfū-ki o mita koto ga nakatta re kei de kindai-tekina wākushoppu ga atta, sore ga okonau koto ni natta ka shitte imasu. Watashi wa kare ga dochira ka IRRI no koto o kiita koto ga nakatta to katei shimasu. Sonogo, karera wa tsūretsuna taipudatta ka dō ka o kakunin suru tame ni ka o kyatchi suru tame ni, chīsana zōjiki de arawareta betsu no senmonka ga arimashita.

Kore wa kare o shōtai shi, kare no tame ni shiharattanode, ka to wa nani no kankei mo nakatta nōgyō purojekutodeshita ka? Sonouede `jijitsu hakken no misshon `Washinton kara giin ya hoka no vu~ippu no taigun ga kitaga, genkyū shita koto wa arimasen karera wa nani o mitsukeru koto ga dekita jijitsu. Sonōchi no hitotsu wa, eigo o rikai shite inakatta yokels no jinsoku atsumatta gunshū ni seiji-tekina supīchi o suru tame ni watashi no ribingurūmu o hikitsugimashita.

Kono giin wa osoraku, kare wa jayu no gyōshōninda to omottashi,-jō ni tatsu tame ni ringo no kibako o hitsuyō to shite imashita. Tōsha wa, Beikoku taishikan de ikutsu ka no mayu o age, futatabi onaji koto o yatte mitakatta nin’i no shōrai no piero ni nō to iimashita. Watashi wa Beikoku no hojo jigyō de no koyō no tame ni kansha sa rete iru hitsuyō ga arimasu daisansekai no nōgaku-shade wa arimasendeshita ka? Anata wa, anata jishin no ketsuron o kaku koto ga dekimasuga, jissai wa, watashi wa mazushī kuni o tasukeru furi ga, jissai ni wa sōto no nani mo shinakatta ōku no sono yōna hitobito o mitashite iru kotodesu.

Washinton de USAID puroguramu no atama wa katsute hijō ni mikudasu yō ni shite watashi ni hanashi hajime, watashi ga Betonamu no atarashī hōhō to nōgyō gijutsu no mono ga warui muchina nōmin o oshieta koto ga yokatta to iimashita. Watashi wa, karera wa muchide wa nakattashi, dare yori mo nōgyō o shitte ita koto o itta toki, kare wa watashi no ōtō ga sukide, kaigi o shūryō shimasendeshita. Kenson no kono bunka wa, shisutemu zentai o tōshite yūsei to hiroku hi enjo-koku ni yotte fungai sa remasu.

Washintondīshī no mawari ni karera no ofisu o motsu soshiki no bōdaina kazu ga arimasu. Karera wa Amerika no enjo pai no nochidearu tame to kanjō dōro no tōzoku to yoba rete imasu. Sonzai no karera no yuiitsu no mokuteki wa, aratana ofā wa, purojekuto ni ate sa rete dono kurai no okane o, keiyaku ni nyūsatsu suru tame ni hitsuyōna purojekuto-an no shurui, oki ni aru ka o mitsukeru tame ni hinpan eido jimusho ni ari, teishutsu kigen wa nandesuka nyūsatsu no.

Sonogo, karera wa shigoto o emasu. Karera wa, purojekuto yōin no shōsai o teian, setsubi, kosuto oyobi hoka no zakka ya to yoba reru bōdaina repōto o sakusei, purojekuto saito to kuni ni zonzai hōmon shita nochi haitesuteruhodo Beikoku matawa hoka no basho ni aru `senmonka’ to, korera no senmonka o yatoimasu kore wa te ni sanzoku wa, purojekuto ni nyūsatsu shimasu. Karera wa purojekuto o shutoku suru baai, purojekuto no yosan no raion no shea wa DC de no sorera no tame no ōbāheddo hiyō, senmonka o kuwaeta 67 no ichibudearu kikinado no hissu no kōnyū no tame ni ikunode, sore wa karera no tame ni tochi aki no rieki o imi shimasu hensō sa renakereba naranai dorusento.

Watashi no yūjin wa, katsute korera no senmonka wa, tsuneni karera to jibun no nōtopasokon o jisshi shi, mōretsu ni heimen-jō matawa raunji o matte, kūkō ni iru ma hanarete nyūryoku shite miru koto ga dekiru hōhō o oshiete kuremashita. Repōto no kakikomi wa, gūguru no okage de, korera no hi yōide wa arimasendeshita. Anata wa, intānetto de no jōhō no nin’i no ryō o eru koto ga dekimasuga, sono hōkoku-sho wa, tsūjō,-tō no kopī& pēsuto kinō ga tame ni tsukura re,`hitobito ga 1-nichi 1-doru-miman de seikatsu Afuganisutan no hijō ni mazushī tochi rokku sa reta kunide wa’ nado no danraku de kaishi shimasu korera no `senmonka’. Watashi wa koko de, USAID o kisai shite iruga,-koku wa dōyō no teguchi o motte, sore o sugosu tame ni, dono kurai sore no bakkudonā ni ikanakereba naranai shutoku purojekuto no shikin o, sugosu suru hōhō ni tsuite yori kibishī rūru o yūsuru koto ga dekimasu.

Karera wa shikin ga yōroppa kara kita baai ni shikin ga Amerika ya yōroppa kara no monodearu baai, purojekutomanēja wa, Amerikadenakereba naranai to shuchō shite imasu. Karera wa okane de kuni no daisangoku o shin’yō shite inaiga, tamani wa, karera wa sonogo, karera no soba ni toge suru koto ga dekimasu watashi no yōna hito o yatoimasu. Ikutsu ka no odoroki wa, tamani shikashi arimasu. Eido ni sanka shi, karera to karera no hōfuna fīrudo keiken o motte, ikutsu ka no moto heiwa butai no hitobito ga arimasu. Karera wa riyū ga ari, sorera no saisho no te no seikatsu keiken no hinkon-koku yori yoku rikai shi, sore wa karera ga Haichi de okonatta yō ni watashi no yōna enjo no te o hito ni ataeru tame ni, sorera no shisutemu-nai de hādo ni pusshu-yō ni, purojekuto o seikō sa seru tame ni hitsuyōnamono o shitte imasu.

Shikashi, karera wa kazu ga sukunaku, shibashiba miotosa rete imasu. Ima, watashitachiha ukeire kuni ni enjo seisaku no eikyō o bunseki shite mimashou. Watashi wa fashiritētā to shite, matawa tokidoki hon’yaku-sha to shite donā to reshipiento to no ma ni wa ōku no mītingu o tōshite suwatte, enjo no jushin-ki no hontō no kimochi o shiru tame ni motte imasu. Ōku no baai, karera wa kippari to, karera wa okane ga tsuiyasa rete iru hōhō o kettei suru tame ni jiyū ni naritainode, sore ga tsuiyasa rete iruto aite-koku no te no naka ni dono kurai no mamadenakereba naranai tokoro, purojekuto keiyaku wa, shomei sa reru mae ni, karera wa ukeirenakereba naranai genkakuna kisoku ni shitagau koto o kyohi shimashita.

Ōku no baai, kono yōna kaigi wa gōi ni tassuru tame ni shippai ni owatta, hōmon-sha wa, hōan atode sorera o sōshin suru tame ni, u~eitā ga hosuto ni yotte iwa reta resutoran de no shokuji no nochi ni modotte kūkō e sōshin sa reta, karera wa sugata o keshimashita. Hōmon-sha ga fukigen ni hitori de jibun no shokuji o tabeta to. Karera wa tsuneni jibun no nōtopasokon o jisshi shi, sono repōto o kaku tame ni modotte kūkō e ikimashita. Watashi wa mazushī kuni wa sore wa totemo genkakuna kisoku o kasu to, shiroari ga kiso de hanarete taberu yō ni dōsa fushin no tame ni chijō sagyō o kizuku donā-koku ni mukatte seichō shite iru kanji urami no tsuyoi kankaku o shibashiba kanjite imasu.

Donā wa doko ka ni iku no purojekuto o shutoku suru tame ni nani demo surudarouto Washinton ya Buryusseru ni shiharawa reru subete no hiyō e no bumon no daijin ya atama o shōtai shimasu soreha, kasai o bakkubamako matawa Niame ni kurabete DC matawa Buryusseru de sore o okonau ni wa ōku no kata ga kantandearu tame, sorera o purojekuto ni itchi sa seruga, ikutsu ka no kai. Watashi wa, karera wa shibashiba, sore ga kanari yasuito yori kōritsu-teki ni gaikoku hito yori okonau koto ga dekimasunode, donā ga purojekuto o jikkō suru tame ni, jimoto no hitobito no nōryoku o kashō hyōka shite wa naranai koto o nandomonandomo iwa rete imasu.

Karera wa amarini mo sumātodeari, hito o yatou to ni tekishita purojekuto teian o shomen de kanzen sanka o motte iru hitsuyō ga ari, purojekutomanējādearu koto ga deki, karera wa purojekuto o jikkō suru hōhō ni tsuite no kanzen’na kengen o atae rarerubekide hakushigō o motsu ōku no kōgakureki no hitobito o motte iru karera no nīzu. Purojekuto wa kotai yoku kanri hōhō ni otoru koto ga dekimasu yō ni, sonokawarini, toppudaun apurōchi suru node wa naku, botomuappuapurōchidearubekidesu.

Karera wa sudeni shitte iruto okane no yōna muda o teishi subeki koto o kanjiru mono, sorera o tsutaeru tame ni tagaku no keihi ga kakaru senmonka o isshū shimasu. Karera wa karera ga kokusai kenkyū sentā ya hoka no sono yōna basho ga, kono yōna yōkyū ga hinpan ni mitasa rete inai ni sōshin sa reru yō ni shitainode, karera wa, sutaffu ga yoriyoi kunren o uketa koto ni shitaidesu. Watashi wa Mari de hataraite ita toki, watashi wa Tanzania de no kaigi ni shōtai sa retaga, Kanada no koyō-sha wa nani no riyū o ataete inai, sore o kōen suru koto o kyohi shimashita.

Watashi wa, kokusai kaigi ni sanka suru tame ni kokusai-tekina sutaffu to shite shikaku o ataemashita. Saikō reberu de no giron o hitsuyō to suru kokusai-tekina hatten o nayama sete iru ōku no sono yōna mondai ga arimasu. Watashi wa, ōku no baai, jimoto no bunka ni tsuite akarasamana muchidatta to hitobito ga hidoku, subete no mawari no hankan o sakusei atsukawa mushinkei puroguramuofisā o atsuka~tsu. So no yōna nakama wa, Mari no enkaku no mura ni itte, sono mondai wa totemo nesshin ni kare ni `buran’ o kangae, sorera no mondai no nagai risuto o ataeta murabito-tachi wa sore ni tsuite nanika o surudarou nanideatta ka o murabito ni tazunemashita.

Shikashi,`buran’ dake de tsukutte ita ankana hanashi wa, kare ga korera no mazushī murabito-tachi no kitai o ageta koto o jitsugen shite imasen. Dakara watashi no keiken kara watashi wa, donā to reshipiento ga suwatte, sorera o bunkatsu shi, guteiteki de sokutei kanōna hōhō de mazushī hitobito o tasukeru tame ni mokuteki de kōzen to sore o okonau subete no mondai o dakkoku suru koto ga dekita toki ni, jissai no kaihatsu ni nomi kuru koto ga dekiru koto o shitte imasu. Hitobito wa okane o ataeruga, eizu wa himo de tsuneni aru node, karera wa tsuneni mikaeri ni nanika o shitaidesu.

Mazushī kuni ga korera no mojiretsu ga nandearu ka o shitte iru to, karera wa shibashiba, donā no hōmuofisu ni yotte kettei sa reru jōkō ni dōi suru ka hi ka suru koto ga jūyōdesu. Jisshitsu-teki ni dare ga nani no kyōshi ga sonzai shinakatta kuruma ya gakkō ga arimasendeshitashi, tariban wa, kono yōna gakkō ni kayou izureka o odoshita tokoro, maruchi sū hyaku man-doru no gasusutēshon ga kensetsu sa reta Afuganisutan de no enjo-kin no haiki-mono no tenkei-tekina rei ga arimasu.

Gasorinsutando ya gakkō wa, kosuto no hon’no ichibu de, jimoto no hitobito ni yotte kōchiku suru koto ga dekitaga, keiyaku ga amerikahito ni atae raremashita. Kono tane no mono wa, dokoni demo ue ni ikimasu. Dare mo gasorinsutando ga shiyō-chūdearu ka, gakkō ga shusseki shi, kyōshi to seito o kunren shite iru baai wa, sūnengo ni chekku suru tame ni modotte imasen. Watashi wa kare ga Haichi ni tantō shita yōsuiro purojekuto jiman todo no yō ni sore wa mazushī nōmin no seikatsu o kaizen shita eido-kan o shitte imasu.

Chijōde wa hanashi wa hijō ni kotonatte imashita. Ukeoi gyōsha wa, purojekuto kara okane o nusunda to sukunai semento to mizu nō doko ni mochikomanai kuzure unga no kekka yori suna de unga o kensetsu shimashita. Saisho ni mo Haichi de tonton macoute to yoba reru minpei no ichibudeatta, yori kyōryokuna nōmin jishin ga nōka daunsutorīmu no tame ni hijō ni sukoshi nokoshite mizu appusutorīmu no hotondo o torimashita. Kore wa, ōku no funsō, sarani wa shibō o hikiokoshimashita. Jissai no kaihatsu no hitsuyō-sei, nōgyō, kyōiku ya infura seibi ya kenkō kanri ni sore o suru koto ga arimasu.

Karera wa shigen o motte iru ka, hanarete purojekuto kara okane o suiage subete no reberu de sonzai suru kōhan’i no hason ni kiin shite inai tame, kakukokuseifu wa, tsuneni korera no yōkyū o mitasu tame ni kurō shite imasu. Seifu tōkyoku-sha wa, saisho ni jibun no poketto o kinyū shi, jibun-tachi no kuni no kaihatsu ni nomi rippusābisu o teikyō suru keikō ga senshutsu sa remashita ka. Watashi ga izen ni kaita yō ni, dokoni mo oshoku ni owari wa arimasen. Teido wa kuni ni yotte kotonari. Onrī sore wa doko ni demo sonzai shimasu. Sore wa life.  No aidea no jijitsu ga mottomo sorera o hitsuyō to suruga,-koku ga gaikoku kara no enjo de kaihatsu shita koto ga nai hito-tachi ni enjo-kin no hotondo o chaneru suru koto ga dekimasu kaiketsusaku o mitsukeru kotodesunode, okane wa doko ni demo nani no tame ni tsuiyasa reru tabi ni hason ga arimasu.

Hinkon-sō wa mazushī mama de, nan’ninka no hitobito ga enjo-kin o nusunde hijō ni kanemochi ni narimasu. Ko no yōna kuni wa, enjo izon no mamadeari, sore ga hitsuyō to sa reru basho e no hatten o motarasu koto wa dekimasen. Jissai no kaihatsu wa kokunai kara kuru hitsuyō ga ari, sore ga okoru koto no tame ni, anata wa sore ga hitobito no saisho no kangae ōtō eraba reta seifu o hitsuyō to shite imasu. Shikashi, sore wa doko demo hijō ni muzukashī chūmondesu.

 

This is a google translation so it is not perfect. If any one in Japan is reading this blog and would like to volunteer to improve it, the author will appreciate it. Please give me a helping hand and be a friend.  Thanks.

Author

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中