The role of international crop research centers in development( in Japanese)

開発における国際的作物研究センターの役割

40ff9956c13150397d2a788e7816eafe

Source : Google photo (IRRI)

今私は国際的作物研究センターと世界中の緑の革命における役割について書きたいと思います。その時点でいくつかのドナーが周りのコメ農家の生産性が低いという問題を解決するため、このような機関の必要性を感じたので、それはすべてロスバノス、フィリピンでは60年代に国際稲研究所を設立し、または短いIRRIで開始しました世界。だから、IRRIが設定され、一部の科学者は、短いものが、予防宿泊施設を建てると太陽光を吸収するために、より良いアーキテクチャを持っているだろうことになる稲の新しいタイプの開発の可能性を検討するために雇われました。したがって、IR -8は、他のアジアとで、いわゆる緑の革命をもたらす助けた高収量品種(HYV)として開発されました。

IR-8は画期的だったが、それはすぐに錆、茶色のホッパーと、それは高収量の潜在的なのにもかかわらず、他のさまざまな問題の影響を受けやすいことがわかりました。しかし、植物のこのタイプの開発における画期的な製品は、低利回りの解決策として歓迎され、それは私がその時に働いていたベトナムを含むアジアの多くの国に栽培普及です。しかし、1968年、

IRRIが原因前述したその問題のまだIR-8が不明だったと私は陰険でとにかくいくつかを取り、ベトナムでの私の農民にそれをもたらしたように、私にいくつかの種を与えることを好きではなかったです。

私たちは、農学者は、我々は様々な完璧ではない場合でも、持っているものと仕事をしなければならないので、彼らが開発し、様々なについての彼らの心を補うためにブリーダー待ちの時間や贅沢を持っていません。農学者は、改善が来ると優れた品種は、後に解放されると信じています。これは、IR-8などの交換後に沿って来たIRRIの品種と優良品種の場合も同様でした。

それ以来、多くのこのような国際的作物研究局は不十分自国政府が資金を提供したが、一緒になって、それらが地域の実情に合った、より良い作物品種を促進する政策を進めている地元の研究機関と連携して動作している世界中でセットアップされています。

IRRI等の研究機関は、世界中の米、小麦、ソルガム、トウジンビエ、イモ類などの栽培で緑の革命の普及に非常に重要な役割を果たした疑いの余地はありません。穀物生産は、新品種、複数のトリミング技術、優れた害虫管理、水管理、我々は研究と普及の間のリンクがあったので、我々農学者はその後、農家にかかった雑草管理における他の様々な技術と大幅に増加しました。

国際稲アグロ経済ネットワーク(IRAEN)は、その時点で研究者がカマリネスにプロジェクトリーダーとして関与していたように私の研究駅と農家のフィールドとの利回り格差の原因を決定するために、1975年にIRRIに設立されましたフィリピンスル州。何ビコール地域における私のパートナーが実際に.Iがギャップを説明するだろう入力の影響を定量化しようとしたファームレベルで多くの制約に起因する隙間があったということでしたし、その上に私の論文を書いたように、私は農家でのフィールド実験を行うことによって発見。

私が振り返るようにしかし、私は一種の私は農家もその感動を共有し、大幅な作物の収量を改善しdoing.Myだった当時、エキサイティングな研究を欠場します。今、時代は変わりました。

IRAENおよび可能な他の研究をした多くの資金源が枯渇しているか、新しい進出を困難に減少しています。研究の質は、主として退職やパイオニアのスタッフの転送とその先見のリーダーシップに減少しました。これは、アレッポでICARDAのようにすべてのstations.Someに世界中で起こっている、シリアが原因で戦争にシャットダウンされているが、他は、ドナー疲労に起因する多年生の資金調達の問題に直面しています。

そのような機関を実行するためにたくさんのお金がかかるので、これらの国の国立研究機関は、IRRIやICRISATを引き継ぐためのリソースを持っていません。しかし、主にそれはスタッフの質と資金を集め、このような国際センターの主力だった彼らの研究です。今、私はIRRIで新しい建物やラボの面で大規模な物理的な開発を参照してくださいが、世界の科学者が集まり、意見交換するために使用されるとき、彼らは米生産のような訓練や研修プログラムや年次米の研究会議を削減しています。非常に少数のポスドクフェローが存在することになります。これは、建物や施設の評判を作るラボではなく、科学者やその下の研究者ではありません。

私は、これらは任意の解決策を見つけたし、おそらく決してしていない固有種の問題であるため、ドナーを妨げるすべてのそのような機関に勝つ破損の広い問題にはなりません。

私が見てみたいことは、科学者や研究者だけでなく、障壁が上がってきた制度化する前に、それがために使用方法などの訪問者との間のより直接的なリンクです。それは稲作の問題について自由談話を持つように、単純な農家、あるいは客員研究員を阻止するように、今、誰もが予定や他の手続きの過多を作る、セキュリティチェックの前IRRIまたは任意の科学者を訪問することはできません。訪問者は、例えば、本屋に行くされている理由の警備員もお願いします。

IRRIのような国際的な研究機関の役割は何年も減少しており、最終的に関連することがなくなる可能性がありそう代替手段は何ですか?国の研究機関が供与することなく、非常に限られた手段でこの種の仕事を続けていくことはできますか?彼らはいくつかの段階でIRRIの靴に足を踏み入れると、国際的なリンケージをこれらの国際センターが行う方法を開発することはできますか?

彼らは私のような農学者は新しい穀物の送風機や脱穀の種子、青写真だけIRRI缶などでハイチやマリなどの貧しい国で働いて助けることはできますか?国家機関は国際センターがや卒業生との対応を通じて国際連携を構築すればよいことができますが、その国境を越えて延びていない彼らの任務で唯一の国家であるため、私はそれが非常に疑います。

 

Kaihatsu ni okeru kokusai-teki sakumotsu kenkyū sentā no yakuwari ima watashi wa kokusai-teki sakumotsu kenkyū sentā to sekaijū no midori no kakumei ni okeru yakuwari ni tsuite kakitai to omoimasu. Sono jiten de ikutsu ka no donā ga mawari no kome nōka no shōsansei ga hikui to iu mondai o kaiketsu suru tame, kono yōna kikan no hitsuyō-sei o kanjitanode, soreha subete rosubanosu, Firipinde wa 60-nendai ni kokusaiinekenkyūsho o setsuritsu shi, matawa mijikai IRRI de kaishi shimashita sekai. Dakara, IRRI ga settei sa re, ichibu no kagaku-sha wa, mijikai mono ga, yobō shukuhaku shisetsu o tateru to taiyōkō o kyūshū suru tame ni, yoriyoi ākitekucha o motte irudarou koto ni naru ine no atarashī taipu no kaihatsu no kanōsei o kentō suru tame ni yatowa remashita.

Shitagatte, IR – 8 wa, hoka no Ajia to de, iwayuru midori no kakumei o motarasu tasuketa kō shūryō hinshu (HYV) to shite kaihatsu sa remashita. IR – 8 wa kakkitekidattaga, sore wa sugu ni sabi, chairo no hoppā to, sore wa kō shūryō no senzai-tekinanoni mo kakawarazu, hoka no samazamana mondai no eikyōwoukeyasui koto ga wakarimashita. Shikashi, shokubutsu no kono taipu no kaihatsu ni okeru kakkitekina seihin wa, tei rimawari no kaiketsusaku to shite kangei sa re, sore wa watashi ga sonotoki ni hataraite ita Betonamu o fukumu Ajia no ōku no kuni ni saibai fukyūdesu.

Shikashi, 1968-nen, IRRI ga gen’in zenjutsu shita sono mondai no mada IR – 8 ga fumeidatta to watashi wa inkende tonikaku ikutsu ka o tori, Betonamu de no watashi no nōmin ni sore o motarashita yō ni, watashi ni ikutsu ka no tane o ataeru koto o sukide wa nakattadesu. Watashitachiha, nōgaku-sha wa, wareware wa samazamana kanpekide wanai baai demo, motte iru mono to shigoto o shinakereba naranainode, karera ga kaihatsu shi, samazamana ni tsuite no karera no kokoro o oginau tame ni burīdā-machi no jikan ya zeitaku o motte imasen.

Nōgaku-sha wa, kaizen ga kuru to sugureta hinshu wa,-go ni kaihōsareru to shinjite imasu. Kore wa, IR – 8 nado no kōkan-go ni sotte kita IRRI no hinshu to yūryō hinshu no baai mo dōyōdeshita. Sore irai, ōku no ko no yōna kokusai-teki sakumotsu kenkyū-kyoku wa fujūbun jikoku seifu ga shikin o teikyō shitaga, issho ni natte, sorera ga chiiki no jitsujō ni atta, yoriyoi sakumotsu hinshu o sokushin suru seisaku o susumete iru jimoto no kenkyū kikan to renkei shite dōsa shite iru sekaijū de settoappu sa rete imasu.

IRRI-tō no kenkyū kikan wa, sekaijū no Amerika, komugi, sorugamu, toujinbie, imo-rui nado no saibai de midori no kakumei no fukyū ni hijō ni jūyōna yakuwari o hatashita utagai no yochi wa arimasen. Kokumotsu seisan wa, shin hinshu, fukusū no torimingu gijutsu, sugureta gaichū kanri, mizu kanri, wareware wa kenkyū to fukyū no ma no rinku ga attanode, wareware nōgaku-sha wa sonogo, nōka ni kakatta zassō kanri ni okeru ta no samazamana gijutsu to ōhaba ni zōka shimashita. Kokusai ine Aguro keizai nettowāku (IRAEN) wa, sono jiten de kenkyūsha ga kamarinesu ni purojekutorīdā to shite kan’yo shite ita yō ni watashi no kenkyū-eki to nōka no fīrudo to no rimawari kakusa no gen’in o kettei suru tame ni, 1975-nen ni IRRI ni setsuritsu sa remashita firipinsuru shū.

Nan bikōru chiiki ni okeru watashi no pātonā ga jissai ni. I ga gyappu o setsumei surudarou nyūryoku no eikyō o teiryō-ka shiyou to shita fāmureberu de ōku no seiyaku ni kiin suru sukima ga atta to iu kotodeshitashi, sono-jō ni watashi no ronbun o kaita yō ni, watashi wa nōka de no fīrudo jikken o okonau koto ni yotte hakken. Watashi ga furikaeru yō ni shikashi, watashi wa isshu no watashi wa nōka mo sono kandō o kyōyū shi, ōhabana sakumotsu no shūryō o kaizen shi do~ūingu. Mydatta tōji, ekisaitinguna kenkyū o ketsujō shimasu. Ima, jidai wa kawarimashita.

IRAENoyobi kanōna ta no kenkyū o shita ōku no shikin-gen ga kokatsu shite iru ka, atarashī shinshutsu o kon’nan ni genshō shite imasu. Kenkyū no shitsu wa, shutoshite taishoku ya paionia no sutaffu no tensō to sono senken no rīdāshippu ni genshō shimashita. Kore wa, areppo de ICARDA no yō ni subete no stations. Some ni sekaijū de okotte iru, Shiria ga gen’in de sensō ni shattodaun sa rete iruga, hoka wa, donā hirō ni kiin suru tanensei no shikin chōtatsu no mondai ni chokumen shite imasu.

So no yōna kikan o jikkō suru tame ni takusan no okane ga kakarunode, korera no kuni no kokuritsu kenkyū kikan wa, IRRI ya ICRISAT o hikitsugu tame no risōsu o motte imasen. Shikashi, omo ni soreha sutaffu no shitsu to shikin o atsume, kono yōna kokusai sentā no shuryokudatta karera no kenkyūdesu. Ima, watashi wa IRRI de atarashī tatemono ya rabo no men de ōkibona butsuri-tekina kaihatsu o sanshō shite kudasai ga, sekai no kagaku-sha ga atsumari, iken kōkan suru tame ni shiyō sa reru toki, karera wa Amerika seisan no yōna kunren ya kenshū puroguramu ya nenji Amerika no kenkyū kaigi o sakugen shite imasu.

Hijō ni shōsū no posudokuferō ga sonzai suru koto ni narimasu. Kore wa, tatemono ya shisetsu no hyōban o tsukuru rabode wa naku, kagaku-sha ya sono-ka no kenkyūshade wa arimasen. Watashi wa, korera wa nin’i no kaiketsusaku o mitsuketashi, osoraku kesshite shite inai koyū-shu no mondaidearu tame, donā o samatageru subete no sono yōna kikan ni katsu hason no hiroi mondai ni wa narimasen. Watashi ga mite mitai koto wa, kagaku-sha ya kenkyūsha dakedenaku, shōheki ga agatte kita seido-ka suru mae ni, sore ga tame ni shiyō hōhō nado no hōmon-sha to no ma no yori chokusetsutekina rinkudesu.

Sore wa inasaku no mondai ni tsuite jiyū danwa o motsu yō ni, tanjun’na nōka, aruiwa kakuinkenkyūin o soshi suru yō ni, ima, daremoga yotei ya hoka no tetsudzuki no kata o tsukuru, sekyuriti chekku no zen IRRI matawa nin’i no kagaku-sha o hōmon suru koto wa dekimasen. Hōmon-sha wa, tatoeba, hon’ya ni iku sa rete iru riyū no anchisukiru mo onegaishimasu. IRRI no yōna kokusai-tekina kenkyū kikan no yakuwari wa nan-nen mo genshō shite ori, saishūtekini kanren suru koto ga nakunaru kanōsei ga ari-sō daitai shudan wa nanidesu ka?

Kuni no kenkyū kikan ga kyōyo suru koto naku, hijō ni kagira reta shudan de kono tane no shigoto o tsudzukete iku koto wa dekimasu ka? Karera wa ikutsu ka no dankai de IRRI no kutsu ni ashi o fumiireru to, kokusai-tekina rinkēji o korera no kokusai sentā ga okonau hōhō o kaihatsu suru koto wa dekimasu ka? Karera wa watashi no yōna nōgaku-sha wa atarashī kokumotsu no sōfū-ki ya dakkoku no shushi, aojashin dake IRRI kan nado de Haichi ya Mari nado no mazushī kuni de hataraite tasukeru koto wa dekimasu ka? Kokka kikan wa kokusai sentā ga ya sotsugyōsei to no taiō o tsūjite kokusai renkei o kōchiku sureba yoi koto ga dekimasuga, sono kokkyō o koete nobite inai karera no ninmu de yuiitsu no kokkadearu tame, watashi wa sore ga hijō ni utagaimasu.

 

This is a Google translation that needs improvement. If anyone inm Japan is reading this blog and would like to give a helping hand in improving it, it will be appreciated by the author. Thanks.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中