The ancient scourge of slavery (in Japanese)

奴隷制と呼ばれる古代の惨劇

Slave Auction

Source : Google photo

それは奴隷制度は人類に対する非常に古代の犯罪であるが、人間は今日もこのように処理されていることを考えると悲しくなりますので、私は喜んでこの話題について書きたいと思っていません。
私たちは、有史以来、奴隷制の実施は世界の多くの地域で普及してなく、どのような信じられないほどですが、それは私は後で説明します多くの形態で、今日でも継続している状態になっていることを読みました。
古代エジプト人は、モーセが保存され、それらが行くことはできないだろうファラオと非常に長い闘いの後、旧約聖書によるとパレスチナを移入するために持ち出し、とりわけユダヤ人の奴隷労働を使用して彼らの寺院、都市やピラミッドを建てました。
成長している食品は、寺院やピラミッドを構築するよりも重要だったので、その人々は主に人口を養うために食糧を成長させるために必要であった農民や奴隷ともあったので、エジプト人は彼らの都市や寺院を構築するために奴隷を必要としていました。だから農家は服や他の有用なものを織り、陶器のようなある種の本質的なものの牛遊牧民、食品生産者やメーカーでした。
彼らは農業や農業に関連する他のそのような活動で忙しくなかったときに期間中、彼らは、運河を掘っ修理し、それらを維持王によって必要とされる建築用の石をカットする採石場で働いていた、内蔵または自分の家を修復し、農業製ツールとバスケットと細心の注意を払って収集した支払った税金。彼らは不作かなどバッタのような他の災害のために彼らの税金を支払うことに失敗した場合、息子はファラオが戦った無限の戦争を戦うために軍隊で兵士の中に作られて連れ去られました。娘はまた、豊かな人々のためのメイドとして働くために連れ去られました。彼らは必ずしも奴隷ではなかったが、彼らはとても基本的に、彼らは、彼らが望んで行うには無料ではありませんでした逃げたり、村に戻ることができませんでした。
奴隷は、都市やピラミッドや寺院を構築することを余儀なくされたが、それらは彼らのためにパンを焼き、小麦を供給した後、粉に作られた彼らの妻を大麦農家が飼育しました。また、農業ではない一般の人々は、全国の大規模な建設に必要な石のキャリアとして働いていました。彼らはダウ船、ボートを使用して建設現場にこれらの石を持ってきた、あるいはヤギの皮袋を使用してそれらを浮かべが、彼らは奴隷ではなかったです。エジプト人はそこだけでなく、エチオピアから奴隷を捕獲するために、今スーダンの一部である南部のヌビア国を襲撃しました。戦争の戦利品は、常にその後過酷な条件の下で動作するように置かれた奴隷が含まれていました。
ローマ人は、後に、その広大な帝国を構築するために広範囲に奴隷を使用し、厳しくも同様に奴隷を治療しました。彼らは、彼らの道路や風呂の構築、彼らのガレー船に電力を供給するために奴隷を必要なすべての地中海の上アンフィシアター、多くの場合、彼らはローマ人であったとしても奴隷に彼らの公然の敵を回しました。
ベン・ハーはMessalaの要求に屈するしなかったとき、彼は偽の容疑でハンセン病患者のコロニーに彼の母親と妹を置くために考案し、ベンハーは逮捕され、スレーブとしてギャレー船に入れていました。これらのギャレー奴隷はほとんど数年続いていないと絶えず補給されなければなりませんでした。
アステカとマヤすべては奴隷としての戦争捕虜を使用し、多くの場合、彼らの神々をなだめるためにそれらを犠牲にしました。奴隷への残酷さには制限がありませんでした。
しかし、最悪のスレーブ・マスターは、道路や部族の防御に弱点を攻撃し、表示する必要がある場合の奴隷商人との共謀によってアラブ奴隷商人にライバル部族の卸売を販売するアフリカ人自身でした。
アラブの奴隷商人は彼らのコーラン認可奴隷はそう、彼らは抵抗しカエルは奴隷船が待っていた海岸にそれらを行進した場合、それらを殺し、奴隷を捕獲について何ら良心の呵責を持っていたと考えられイスラム教徒でした。殴打、飢餓と罰の他の形態を含め、このような過酷な治療を生き残った人たちは、その後、彼はザンジバルのスルタンと共有ハンサムな利益を得たTippuティブローグライクゲームのエージェントを通じてザンジバルの市場で販売されました。
Dr.Livingstoneのような初期の探検家はまた、アフリカの未知の内部を探索しながら宣教師はまた戻ってイギリスの彼らのスポンサーの命令を受けてキリスト教を広めるためにしようとした絶えず奴隷の残酷さについて帰って書いた、アラブ奴隷商人によって大量殺人し、すべてのビジネスの名の下に奴隷商人によってアフリカの黒住民の全くの非人道的な治療。これは、最終的には奴隷制を禁止し、自身が奴隷商人と彼は非常に不評作る多く取り込まれ奴隷を解放することができたDr.Livingstoneイギリスの議会の行為をもたらしました。
しかし、禁止する前に、人々は売買奴隷をし、莫大な利益を作っていた人、施行されましたか?彼らはイギリス人、スコッツ、オランダとベルギー、しっかりと手で、この貿易を持っていたし、ハイチなどハイチの島に、英国のコロニーに、米国では南部の州に農園に奴隷を供給される第1だった他の多くでした反政府勢力へとスレーブマスターから自由を得るが、彼らはそれらを保つために歯と爪を戦ったように、アメリカ人が奴隷から大きな利益を作っていた、内戦を失ったし、技術的に奴隷制度を終了しました。黒人に対する差別は依然として継続しますが、それはおそらく、他のブログの話題です。
だから、奴隷の話はかなり古代のです。それはまだモーリタニアのようなアフリカの一部の国では、それを承認それはコーランの名前に乗って運ばれている中東で公然と行われています。
南アフリカのオランダvoortrekkersは、彼らがサブ人間と彼らは自分の農場を始めることができる土地と領土の後だったので、彼らは彼らに同じように扱わように、動物よりも悪いと考え黒人の特に憎むべきでした。これは、同様に流血が結果だったので、ズールー族や他の部族との競合にそれらをもたらしました。時にはズールー族はよく武装したオランダ人によってズールー族が全体の販売虐殺されたオランダと他の回を虐殺しました。
アフリカの槍や矢は、彼らが失われたとオランダは、彼らが国家政策としてアパルトヘイトを使用して支配した南アフリカの国を引き継いだので、最終的に銃には一致しませんでした。当時の弁護士だった、いわゆる偉大なマハトマ・ガンジーは、特に彼は悪い習慣、低道徳や彼自身のような着色された人に等しくなかった動物よりも悪いと野蛮人と呼ばれる黒人を嫌い。
彼女はラクダに乗っを発見したので、深い南探求するサハラ砂漠にベドウィンと乗ってみたかったが、ベドウィンは、すぐに彼女の奴隷を作った繰り返し彼女をレイプし、最終的に彼女をロック平和部隊の少女の物語があります泥壁村の部屋で男に扮しました。彼女はある日、彼女の刑務所から脱出し、文明に到達することができたし、彼女の命を救っまで、この貧しい少女は、彼女のよだれの手の中に信じられないほどの過酷な治療を受けました。彼女の無邪気はこの日および年齢で非常に驚くべきことでした。
彼は切り上げと系統的に強制収容所が、他のガスまたはショットによって殺されるために、すべてのユダヤ人、ジプシーや他の多くの少数民族を注文したときにヒトラーは岸に戦争の材料や労働収容所を作るために工場で働くことを余儀なくされた新しい高さに奴隷制を取りました防御アップ。ユダヤ人の少女が性的虐待や暴行に対して特に脆弱でした。アン・フランクの日記は読む価値があります。
医師はちょうど彼らが死ぬことのためにかかった時間の長さを表示するために危険な薬物での実験や氷冷水でそれらを置くために奴隷を使用していました。ヨーロッパではこのような虐待は同盟の侵略まで続けたが、彼らが発見したことはニュルンベルク裁判につながる衝撃的な以上でした。
今、中東でのISISまたはDaeshは、奴隷拷問と少数派、シーア派、クルド人、LGBTの人々の斬首によって恥にヒトラーを置くしようとしているといつか人類に対するちょうどヒトラーのような犯罪のために国連裁判所に答える必要があります、彼らは他の人間をこのように治療するには自責の念を示しません。
現代の奴隷制:
今、私は現代の奴隷制度がどのように機能するかを議論することができます。これは、世界の多くの地域でかなり普及しています。国連は決議後の解像度になりますが、加盟国は、彼らが持っていないリソース、マンパワーやトレーニングを必要とすることを言って反奴隷制法の実装にリップサービスを支払います。
どのような言い訳は、奴隷制は多くの形で継続します。
一つの方法は、良い仕事を約束して都市にネパール、インド、中国、カンボジア、ラオスなどで若い村の女の子を誘惑し、その後速やかに、彼らは逃げることができない場所から売春宿にそれらを販売することです。
売春宿で売春斡旋業者によって若い女の子の搾取を容認することができませんでしタクシードライバー(ロバート・デ・ニーロ)がそれについて何かをする自分自身時にそれを取る映画タクシードライバーを覚えて、売春宿の所有者とgoonsを殺し、女の子ジョディ・フォスターを救助そして彼女の家を送信しますか?
実生活では遅すぎるため、ネパールの1元売春婦は、彼女のNGOを通じて悲しみから多くの女の子を救出しており、それらが、そのような助けのためのシェルターを設定しているが、これらの貧しい少女たちの救助に来てあまりにも少ないですし、そのようなタクシー運転手はありませんこのように人身売買されている女性の膨大な数。彼らは搾乳牛であるため、これらの詐欺師が奴隷で女の子を保つために何でもしますので、売春はどこでも非常に大きなビジネスです。
東ヨーロッパの女の子は特に、EU全体で動作し、莫大な利益を作るマフィアの標的となります。彼らは他の場所で、ドバイ、ドーハとで半ば東の売春宿に売られています。今、ISISは、ハンサムなパートナーの約束とそれらを魅惑するが、その後のセックスいつでものためのいずれかで使用することができ奴隷としてそれらを販売しています。これらの女の子は非常にいくつかが撮影されて脱出しようと自分自身と他を殺すためにこの地獄からの脱出はありません。
しかし、アジアで進む虐待や搾取は心の度肝を抜くです。
バングラデシュの衣料工場で働く女性労働者および他のそのような国は非常に脆弱です。彼らは所有者のための巨大な利益を作る高い価格で他の国で販売されている服を作ることは非常に低賃金を支払っているが、仕事をしながら、彼らは文字通りアップロックされています。彼らは逃げることができなかったので、千不運な女性を渡って殺害ダッカのような場所で火事がありました。ドアはロックされていました。
結合した児童労働の話も非常に悲劇的です。彼らは、自分の年齢のために非常に懸命に働き、彼らは彼らの両親は、彼らが支払うことができなかったことをお金のわずかな金額を借りたという理由だけで脱出しようとすると、彼らを倒す作る煉瓦メーカーに販売されています。これは現代の奴隷制です。
マン・シンの物語はここにも伝える価値があります。
彼はビンド、農業は非常に大変だったと農民を虐待し、家主が困難であったインドのウッタル・プラデーシュ州の西部のモレナエリアの農夫でした。彼らは貧弱な収穫とその女性や娘たちがメイドとして連れ去らや性的虐待を受けたと収穫のシェアを支払うことができなかった場合の農民は、しばしば殴られました。それは男シンはそれについて何かをすることを決定し、守り、虐待を受けた農民のために戦うために武装したバンドを形成していることがそんなに悪いました。
彼は、土地所有者の最も虐待の多くが死亡し、それらを人質や他の手段を保持することによって、地主からの巨額の資金を集めました。彼はその後、貧しい農家にこのお金を分配し、残りの部分でより多くの銃を買いました。彼は警察が彼を見つけることができませんでしたベアールと呼ばれる浸食されbadlandの代わりに隠れて何のシャーウッドの森が近くに存在しなかったこと以外は、実際のロビン・フッドでした。
彼らは農民の虐待の実際に間違って何も見なかったので、今、北インドの警官は、ほとんど地主クラスからです。これは彼らの父親、兄弟や親戚は、それが犯人だったと彼は任意の手段によって殺されなければならなかった誰マン・シンだった彼らの視点からのように、農村部ではパワーをしっかりグリップを維持するために何をしたかです。
インドの警察はそれらがマンシンを発見し、オーバーキルだった64弾丸と彼の体を吟味するが、彼らは64の弾丸を占め病原性でマンシンを嫌って1日をブートするための手段の多くは、政府の全面的な支援を持っています。だからマンシンは主人公が、何も変更が死亡しました。搾取は継続されます。
世界中の人身売買や売春宿に売られている子どもたちや若い女性の膨大な数、レンガ工場、アフリカのか、逃げることができない何百万人にぶつかる危険な工場の鉱山は、政府やNGOなどから任意のヘルプを取得し、悲劇的な人生を生きることはできません。
エジプト人は数千年前、貧しい人々に鞭を使用するので、何が変わったのか?私たちは私たちの仲間の人間に向かって残酷さの私達の過去の不名誉な歴史から何を学んだか、私たちはより悪いものに変質していることがありますか?
私がいる限り、彼はそれは彼が彼の仲間の人間に何をするかに正当化され、従って乱用さに優れていると考えているように、その男侵害もう一人の人を言う奴隷制度における基本的な前提があると思います。
それは、現代のこの世紀にあまりにも他の人とそれを虐待するための口実として使用されている肌の色や人種または単に宗教であることができます。それは本当ですが、多くの国は、奴隷制度と人間の搾取のすべてのフォームを排除してきたが、多くの国では多くの困難を理由にこれを行うことができないこと。
私はそれはぞっとするようなので、それ大手を振って彼らを虐待する権利を検討色の人に優れた自分自身を考える人々が残っていることがわかります。特に米国では、色の人が明らかな理由もなく、またはその他の国で滑稽であると考えられるという理由から警官によって射殺されたほぼ毎日気にしています。タバコまたはCD 1が殺さする必要のある犯罪を販売していますか?どうやら米国でそう。まだ責任がないと、このような警官はめったに処罰しない、あるいは叱責されています。
KKKは依然として存在し、そのメンバーは、白人至上主義を信じていると色の人々を虐待し続け警察官、裁判官と一般的な白の人々が含まれています。
ブラックパンサーは、禁止されたが、我々はそのようなことは前に起こったことがなかったので、バラク・オバマの2016.Theの選挙で米国の歴史の年代記の中で画期的な出来事でしたで、いつでもすぐに起こることはありませんが、どこではないKKKは、そのためです、それほとんどの人は、いかなる種類の差別を信じていないまともな人であり、人類の歴史の中で色の人々の貢献を実現し、感謝するようになったことを示しています。
では、なぜこの恥ずべき差別は継続され、誰がそれをサポートしていますか?なぜ、そのような人々に名前を付けて辱めと正義に持って来られていませんか?それは、すべての形態の奴隷制の実践と、この恥ずべき方法で仲間の人間を治療するためのこの忌まわしい慣行を停止するには何が必要だろうか?私は答えを持っていません。

Dorei-sei to yoba reru kodai no sangeki soreha dorei seido wa jinrui ni taisuru hijō ni kodai no hanzaidearuga, ningen wa kyō mo ko no yō ni shori sa rete iru koto o kangaeru to kanashiku narimasunode, watashi wa yorokonde kono wadai ni tsuite kakitai to omotte imasen.

Watashitachiha, yūshi irai, dorei-sei no jisshi wa sekai no ōku no chiiki de fukyū shite naku, dono yō na shinji rarenai hododesuga, sore wa watashi wa atode setsumei shimasu ōku no keitai de, kyō demo keizoku shite iru jōtai ni natte iru koto o yomimashita.

Kodaiejiputo hito wa, mōse ga hozon sa re, sorera ga iku koto wa dekinaidarou farao to hijō ni nagai tatakai no ato, kyūyaku seisho ni yoru to Paresuchina o inyū suru tame ni mochidashi, toriwake yudayahito no dorei rōdō o shiyō shite karera no jiin, toshi ya piramiddo o tatemashita. Seichō shite iru shokuhin wa, jiin ya piramiddo o kōchiku suru yori mo jūyōdattanode, sono hitobito wa omoni jinkō o yashinau tame ni shokuryō o seichō sa seru tame ni hitsuyōdeatta nōmin ya dorei tomo attanode, Ejiputo hito wa karera no toshi ya jiin o kōchiku suru tame ni dorei o hitsuyō to shite imashita.

Dakara nōka wa fuku ya hoka no yūyōna mono o ori, tōki no yōna arushuno honshitsu-tekina mono no ushi yūbokumin, shokuhin seisan-sha ya mēkādeshita.   Karera wa nōgyō ya nōgyō ni kanren suru ta no sono yōna katsudō de isogashikunakatta toki ni kikan-chū, karera wa, unga o hosshūri shi, sorera o iji-ō ni yotte hitsuyō to sa reru kenchiku-yō no ishi o katto suru saisekiba de hataraite ita, naizō matawa jibun no ie o shūfuku shi, nōgyō-sei tsūru to basuketto to saishin no chūi o haratte shūshū shita shiharatta zeikin.

Karera wa fusaku ka nado batta no yōna ta no saigai no tame ni karera no zeikin o shiharau koto ni shippai shita baai, musuko wa farao ga tatakatta mugen no sensō o tatakau tame ni guntai de heishi no naka ni tsukura rete tsuresara remashita. Musume wa mata, yutakana hitobito no tame no meido to shite hataraku tame ni tsuresara remashita.

Karera wa kanarazushimo doreide wa nakattaga, karera wa totemo kihontekini, karera wa, karera ga nozonde okonau ni wa muryōde wa arimasendeshita nige tari, mura ni modoru koto ga dekimasendeshita. Dorei wa, toshi ya piramiddo ya jiin o kōchiku suru koto o yoginaku sa retaga, sorera wa karera no tame ni pan o yaki, komugi o kyōkyū shita nochi,-ko ni tsukura reta karera no tsuma o ōmugi nōka ga shiiku shimashita. Mata, nōgyōde wanai ippan no hitobito wa, zenkoku no ōkibona kensetsu ni hitsuyōna ishi no kyaria to shite hataraite imashita. Karera wa dau-sen, bōto o shiyō shite kensetsu genba ni korera no ishi o motte kita, aruiwa yagi no hitai o shiyō shite sorera o ukabe ga, karera wa doreide wa nakattadesu.

Ejiputo hito wa soko dakedenaku, Echiopia kara dorei o hokaku suru tame ni, ima sūdan no ichibudearu nanbu no nubia kuni o shūgeki shimashita. Sensō no senri-hin wa, tsuneni sonogo kakokuna jōken no shita de dōsa suru yō ni oka reta dorei ga fukuma rete imashita. Rōma hito wa,-go ni, sono kōdaina teikoku o kōchiku suru tame ni kōhan’i ni dorei o shiyō shi, kibishiku mo dōyō ni dorei o chiryō shimashita. Karera wa, karera no dōro ya furo no kōchiku, karera no garē-sen ni denryoku o kyōkyū suru tame ni dorei o hitsuyōna subete no Chichūkai no ue anfishiatā, ōku no baai, karera wa rōma hitodeatta to shite mo dorei ni karera no kōzen no teki o mawashimashita.

Ben hā wa Messala no yōkyū ni kussuru shinakatta toki, kare wa nise no yōgi de hansenbyō kanja no koronī ni kare no hahaoya to imōto o oku tame ni kōan shi, benhā wa taiho sa re, surēbu to shite gyarē-sen ni irete imashita. Korera no gyarē dorei wa hotondo sū-nen tsudzuite inaito taezu hokyū sa renakereba narimasendeshita.

Asuteka to Maya subete wa dorei to shite no sensō horyo o shiyō shi, ōku no baai, karera no kamigami o nadameru tame ni sorera o gisei ni shimashita. Dorei e no zankoku-sa ni wa seigen ga arimasendeshita. Shikashi, saiaku no surēbu masutā wa, dōro ya buzoku no bōgyo ni jakuten o kōgeki shi, hyōji suru hitsuyō ga aru baai no dorei shōnin to no kyōbō ni yotte Arabu dorei shōnin ni raibaru buzoku no oroshiuri o hanbai suru Afurika-jin jishindeshita.

Arabu no dorei shōnin wa karera no kōran ninka dorei wa sō, karera wa teikō shi kaeru wa doreibune ga matteita kaigan ni sorera o kōshin shita baai, sorera o koroshi, dorei o hokaku ni tsuite nanra ryōshin no kashaku o motte ita to kangae rare Isuramu kyōtodeshita. Ōda, kiga to batsu no ta no keitai o fukume, kono yōna kakokuna chiryō o ikinokotta hito-tachi wa, sonogo, kare wa zanjibaru no surutan to kyōyū hansamuna rieki o eta Tippu tiburōguraikugēmu no ējento o tsūjite zanjibaru no ichiba de hanbai sa remashita.

Dr. Livingstone no yōna shoki no tanken-ka wa mata, Afurika no michi no naibu o tansaku shinagara senkyōshi wa mata modotte Igirisu no karera no suponsā no meirei o ukete kirisutokyō o hiromeru tame ni shiyou to shita taezu dorei no zankoku-sa ni tsuite kaette kaita, Arabu dorei shōnin ni yotte tairyō satsujin shi, subete no bijinesu no na no shita ni dorei shōnin ni yotte Afurika no kuro jūmin no mattaku no hijindōtekina chiryō. Kore wa, saishūtekini wa dorei-sei o kinshi shi, jishin ga dorei shōnin to kare wa hijō ni fuhyō tsukuru ōku torikoma re dorei o kaihō suru koto ga dekita Dr. Livingstone Igirisu no gikai no kōi o motarashimashita.

Shikashi, kinshi suru mae ni, hitobito wa baibai dorei o shi, bakudaina rieki o tsukutte ita hito, shikō sa remashita ka? Karera wa igirisuhito, sukottsu, Oranda to berugī, shikkari to te de, kono bōeki o motte itashi, Haichi nado Haichi no shima ni, Igirisu no koronī ni, Beikokude wa nanbu no shū ni nōen ni dorei o kyōkyū sa reru dai 1datta ta no ōkudeshita han seifu seiryoku e to surēbumasutā kara jiyū o eruga, karera wa sorera o tamotsu tame ni ha to tsume o tatakatta yō ni, amerikahito ga dorei kara ōkina rieki o tsukutte ita, naisen o ushinattashi, gijutsu-teki ni dorei seido o shūryō shimashita.

Kokujin ni taisuru sabetsu wa izentoshite keizoku shimasuga, sore wa osoraku, hoka no burogu no wadaidesu. Dakara, dorei no hanashi wa kanari kodai nodesu. Sore wa mada mōritania no yōna Afurika no ichibu no kunide wa, sore o shōnin soreha kōran no namae ni notte hakoba rete iru Chūtō de kōzen to okonawa rete imasu. Minamiafurika no Oranda voortrekkers wa, karera ga sabu ningen to karera wa jibun no nōjō o hajimeru koto ga dekiru tochi to ryōdo no nochidattanode, karera wa karera ni onajiyōni atsukawa yō ni, dōbutsu yori mo warui to kangae kokujin no tokuni nikumubekideshita.

Kore wa, dōyō ni ryūketsu ga kekkadattanode, zūrū-zoku ya hoka no buzoku to no kyōgō ni sorera o motarashimashita. Tokiniha zūrū-zoku wa yoku busō shita Oranda hito ni yotte zūrū-zoku ga zentai no hanbai gyakusatsu sa reta Oranda to hoka no kai o gyakusatsu shimashita. Afurika no yari ya ya wa, karera ga ushinawareta to Oranda wa, karera ga kokka seisaku to shite aparutoheito o shiyō shite shihai shita Minamiafurika no kuni o hikitsuidanode, saishūtekini jū ni wa itchi shimasendeshita.

Tōji no bengoshidatta, iwayuru idaina mahatoma ganjī wa, tokuni kare wa warui shūkan, tei dōtoku ya kare jishin no yōna chakushoku sa reta hito ni hitoshikunakatta dōbutsu yori mo warui to yaban hito to yoba reru kokujin o kirai. Kanojo wa rakuda ni no~tsuo hakken shitanode, fukai minami tankyū suru saharasabaku ni bedō~in to notte mitakattaga, bedō~in wa, sugu ni kanojo no dorei o tsukutta kurikaeshi kanojo o reipu shi, saishūtekini kanojo o rokku heiwa butai no shōjo no monogatari ga arimasu deiheki mura no heya de otoko ni fun shimashita.

Kanojo wa aru hi, kanojo no keimusho kara dasshutsu shi, bunmei ni tōtatsu suru koto ga dekitashi, kanojo no inochi o sukummade, kono mazushī shōjo wa, kanojo no yo dare no te no naka ni shinji rarenai hodo no kakokuna chiryō o ukemashita. Kanojo no mujaki wa kono Ni~Tsuoyobi nenrei de hijō ni odorokubeki kotodeshita. Kare wa kiriage to keitōteki ni kyōseishūyōsho ga, hoka no gasu matawa shotto ni yotte korosa reru tame ni, subete no yudayahito, jipushī ya hoka no ōku no shōsū minzoku o chūmon shita toki ni hitorā wa kishi ni sensō no zairyō ya rōdō shūyōsho o tsukuru tame ni kōjō de hataraku koto o yoginaku sa reta atarashī taka-sa ni dorei-sei o torimashita bōgyo appu.

Yudayahito no shōjo ga seiteki gyakutai ya bōkō ni taishite tokuni zeijakudeshita. An Furanku no nikki wa yomu kachi ga arimasu. Ishi wa chōdo karera ga shinu koto no tame ni kakatta jikan no naga-sa o hyōji suru tame ni kiken’na yakubutsu de no jikken ya kōri reisui de sorera o oku tame ni dorei o shiyō shite imashita. Yōroppa de hako no yōna gyakutai wa dōmei no shinryaku made tsudzuketaga, karera ga hakken shita koto wa Nyurunberuku saiban ni tsunagaru shōgeki-tekina ijiyaudeshita.

Ima, Chūtō de no ISIS matawa Daesh wa, dorei gōmon to shōsū-ha, shīa-ha, Kurudo hito, LGBT no hitobito no zanshu ni yotte haji ni hitorā o oku shiyou to shite iruto itsuka jinrui ni taisuru chōdo hitorā no yōna hanzai no tame ni Kokuren saibansho ni kotaeru hitsuyō ga arimasu, karera wa hoka no ningen o kono yō ni chiryō suru ni wa jiseki no nen o shimeshimasen. Gendai no dorei-sei: Ima, watashi wa gendai no dorei seido ga dono yō ni kinō suru ka o giron suru koto ga dekimasu. Kore wa, sekai no ōku no chiiki de kanari fukyū shite imasu.

Kokuren wa ketsugi-go no kaizōdo ni narimasuga, kamei-koku wa, karera ga motteinai risōsu, manpawā ya torēningu o hitsuyō to suru koto o itte han dorei-sei-hō no jissō ni rippusābisu o shiharaimasu.Do no yōna iiwake wa, dorei-sei wa ōku no katachi de keizoku shimasu. Hitotsu no hōhō wa, yoi shigoto o yakusoku shite toshi ni nepāru, Indo, Chūgoku, Kanbojia, Raosu nado de wakai mura no on’nanoko o yūwaku shi, sonogo sumiyaka ni, karera wa nigeru koto ga dekinai basho kara baishun yado ni sorera o hanbai suru kotodesu.

Baishun yado de baishun assen gyōsha ni yotte wakai on’nanoko no sakushu o yōnin suru koto ga dekimasendeshi takushīdoraibā (robāto de nīro) ga sore ni tsuite nanika o suru jibun jishin tokini sore o toru eiga takushīdoraibā o oboete, baishun yado no shoyū-sha to goons o koroshi, on’nanoko jodi fosutā o kyūjo soshite kanojo no ie o sōshin shimasu ka? Jisseikatsude wa oso sugiru tame, nepāru no 1-gen baishunpu wa, kanojo no ngo o tsūjite kanashimi kara ōku no on’nanoko o kyūshutsu shite ori, sorera ga, sono yōna tasuke no tame no sherutā o settei shite iruga, korera no mazushī shōjo-tachi no kyūjo ni kite amarini mo sukunaidesushi, sono yōna takushī untenshu wa arimasen ko no yō ni jinshin baibai sa rete iru josei no bōdaina sū.

Karera wa sakunyū ushidearu tame, korera no sagi-shi ga dorei de on’nanoko o tamotsu tame ni nandemo shimasunode, baishun wa doko demo hijō ni ōkina bijinesudesu. Azuma yōroppa no on’nanoko wa tokuni, EU zentai de dōsa shi, bakudaina rieki o tsukuru Mafia no hyōteki to narimasu. Karera wa hoka no basho de, Dobai, dōha to de nakaba azuma no baishun yado ni ura rete imasu. Ima, ISIS wa, hansamuna pātonā no yakusoku to sorera o miwaku suruga, sonogo no sekkusu itsu demo no tame no izureka de shiyō suru koto ga deki dorei to shite sorera o hanbai shite imasu.

Korera no on’nanoko wa hijō ni ikutsu ka ga satsuei sa rete dasshutsu shiyou to jibun jishin to hoka o korosu tame ni kono jigoku kara no dasshutsu wa arimasen. Shikashi, Ajia de susumu gyakutai ya sakushu wa kokoro no dogimowonukudesu. Banguradeshu no iryō kōjō de hatarakujosei rōdō-shaoyobi hoka no sono yōna kuni wa hijō ni zeijakudesu. Karera wa shoyū-sha no tame no kyodaina rieki o tsukuru takai kakaku de hoka no kuni de hanbai sa rete iru fuku o tsukuru koto wa hijō ni tei chingin o shiharatte iruga, shigoto o shinagara, karera wa mojidōri appu rokku sa rete imasu.

Karera wa nigeru koto ga dekinakattanode, sen fuun’na josei o watatte satsugai Dakka no yōna basho de kaji ga arimashita. Doa wa rokku sa rete imashita. Ketsugō shita jidō rōdō no hanashi mo hijō ni higeki-tekidesu. Karera wa, jibun no nenrei no tame ni hijō ni kenmei ni hataraki, karera wa karera no ryōshin wa, karera ga shiharau koto ga dekinakatta koto o okane no wazukana kingaku o karita to iu riyū dake de dasshutsu shiyou to suru to, karera o taosu tsukuru renga mēkā ni hanbai sa rete imasu.

Kore wa gendai no dorei-seidesu. Man Shin no monogatari wa koko ni mo tsutaeru kachi ga arimasu. Kare wa Bin do, nōgyō wa hijō ni taihendatta to nōmin o gyakutai shi, yanushi ga kon’nandeatta Indo no uttaru puradēshu-shū no seibu no morenaeria no nōfudeshita. Karera wa hinjakuna shūkaku to sono josei ya musume-tachi ga meido to shite tsuresara ya seiteki gyakutai o uketa to shūkaku no shea o shiharau koto ga dekinakatta baai no nōmin wa, shibashiba nagura remashita.

Sore wa otoko Shin wa sore ni tsuite nanika o suru koto o kettei shi, mamori, gyakutai o uketa nōmin no tame ni tatakau tame ni busō shita bando o keisei shite iru koto ga son’nani waruimashita. Kare wa, tochi shoyū-sha no mottomo gyakutai no ōku ga shibō shi, sorera o hitojichi ya hoka no shudan o hoji suru koto ni yotte, jinushi kara no kyogaku no shikin o atsumemashita. Kare wa sonogo, mazushī nōka ni kono okane o bunpai shi, nokori no bubun de yori ōku no jū o kaimashita. Kare wa keisatsu ga kare o mitsukeru koto ga dekimasendeshita beāru to yoba reru shinshoku sa re badland no kawarini kakurete nani no shāuddo no mori ga chikaku ni sonzai shinakatta koto igai wa, jissai no robin fuddodeshita.

Karera wa nōmin no gyakutai no jissai ni machigatte nani mo minakattanode, ima, kitaindo no keikan wa, hotondo jinushi kurasukaradesu. Kore wa karera no chichioya, kyōdai ya shinseki wa, sore ga han’nindatta to kare wa nin’i no shudan ni yotte korosa renakereba naranakatta dare-man Shindatta karera no shiten kara no yō ni, nōson-bude wa pawā o shikkari gurippu o iji suru tame ni naniwoshita kadesu. Indo no keisatsu wa sorera ga manshin o hakken shi, ōbākirudatta 64 dangan to kare no karada o ginmi suruga, karera wa 64 no dangan o shime byōgen-sei de manshin o kiratte 1-nichi o būto suru tame no shudan no ōku wa, seifu no zenmen-tekina shien o motte imasu.

Dakara manshin wa shujinkō ga, nani mo henkō ga shibō shimashita. Sakushu wa keizoku sa remasu. Sekaijū no jinshin baibai ya baishun yado ni ura rete iru kodomo-tachi ya wakai josei no bōdaina sū, renga kōjō, Afurika no ka, nigeru koto ga dekinai nan hyaku man-ri ni butsukaru kiken’na kōjō no kōzan wa, seifu ya ngo nado kara nin’i no herupu o shutoku shi, higeki-tekina jinsei o ikiru koto wa dekimasen. Ejiputo hito wa sūsen’nenmae, mazushī hitobito ni muchi o shiyō surunode, nani ga kawatta no ka? Watashitachiha watashitachi no nakama no ningen ni mukatte zankoku-sa no watashitachi no kako no fumeiyona rekishi kara nani o mananda ka, watashitachiha yori warui mono ni henshitsu shite iru koto ga arimasu ka?

Watashi ga iru kagiri, kare wa sore wa kare ga kare no nakama no ningen ni nani o suru ka ni seitō-ka sa re, shitagatte ran’yō-sa ni sugurete iru to kangaete iru yō ni, sono otoko shingai mōhitori no hito o iu dorei seido ni okeru kihon-tekina zentei ga aru to omoimasu. Sore wa, gendai no kono seiki ni amarini mo hokanohito to sore o gyakutai suru tame no kōjitsu to shite shiyō sa rete iru hada no iro ya jinshu matawa tan’ni shūkyōdearu koto ga dekimasu. Sore wa hontōdesu ga, ōku no kuni wa, dorei seido to ningen no sakushu no subete no fōmu o haijo shite kitaga, ōku no kunide wa ōku no kon’nan o riyū ni kore o okonau koto ga dekinai koto.

Watashi wa sore wa zotto suru yōnanode, sore ōte o futte karera o gyakutai suru kenri o kentō-iro no hito ni sugureta jibun jishin o kangaeru hitobito ga nokotte iru koto ga wakarimasu. Tokuni Beikokude wa,-iro no hito ga akirakana riyū mo naku, matawa sonohoka no kuni de kokkeidearu to kangae rareru to iu riyū kara keikan ni yotte shasatsu sa reta hobo mainichi ki ni shite imasu. Tabako matawa CD 1 ga korosa suru hitsuyō no aru hanzai o hanbai shite imasu ka?

Dōyara Beikoku de sō. Mada sekinin ga nai to, kono yōna keikan wa mettani shobatsu shinai, aruiwa shisseki sa rete imasu. KKK wa izentoshite sonzai shi, sono menbā wa, hakujin shijō shugi o shinjite iruto iro no hitobito o gyakutai shi tsudzuke keisatsukan, saibankan to ippantekina shiro no hitobito ga fukuma rete imasu. Burakkupansā wa, kinshi sa retaga, wareware wa sono yōna koto wa mae ni okotta koto ga nakattanode, baraku Obama no 2016.

No senkyo de Beikoku no rekishi no nendai-ki no naka de kakkitekina dekigotodeshita de, itsu demo sugu ni okoru koto wa arimasenga, dokode wanai KKK wa, sonotamedesu, sore hotondo no hito wa, ikanaru shurui no sabetsu o shinjite inai matomona hitodeari, jinrui no rekishi no naka de iro no hitobito no kōken o jitsugen shi, kansha suru yō ni natta koto o shimeshite imasu. Dewa, naze kono hazubeki sabetsu wa keizoku sa re, dare ga sore o sapōto shite imasu ka? Naze, sono yōna hitobito ni namae o tsukete hazukashime to seigi ni motte ko rarete imasen ka?

Sore wa, subete no keitai no dorei-sei no jissen to, kono hazubeki hōhō de nakama no ningen o chiryō suru tame no kono imawashī kankō o teishi suru ni wa nani ga hitsuyōdarou ka? Watashi wa kotae o motte imasen.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“The ancient scourge of slavery (in Japanese)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中