The drugs and domestic violence( in Japanese)

「薬や家庭内暴力」

29382309-crying-illtle-asian-girl-with-her-fighting-parents

Source : Google photo

そこに何百万人もの人々の生活を破壊している多くの国での薬物の流行、老いも若きも、男性、女性や子供もですが、政府が効果的な方法でそれを抑制し、薬物使用者を更生することはできません。これは深刻な社会の激変、正常な社会の破壊を引き起こし、カット短いそうでない種類の耐用年数を導いたであろう人々の生活。

いくつかの政府はあからさまなユーザーとのプッシャーを殺すか、軽犯罪のための年間の腐敗刑務所にこれらの不幸な人々を置くために抜本的な対策をとっています。その他は、複数の測定されたアプローチをとっていると薬物解毒センターでそれらを更生や薬物オフこれらの人々を取得しようとしたが、問題は、それ自体は、薬物が、薬物使用の根本原因ほどではありません。

誰も根本的な原因を攻撃するようではなく、症状に重点を産むが、人々が自分自身を破壊するために薬を服用する理由はない病気はので、ちょうど尋ねると、あなたは答えの数を取得します。

主に人々は根本的な原因ではなく、貧困、社会的統合の欠如、まともな教育、まともな仕事を得るために若い人たちのための機会の欠如、圧力が麻薬文化に適合するようにどこに住んでいるゲットーが強く、破損しているよりも頻繁にあることに同意します家族。

なぜ家族が別れる別の問題であり、多くはそれについて書くことができますが、実際には、薬物使用は、子供たちを上げるために、低賃金の仕事で苦労するシングルマザーと一緒に暮らす人々の間で蔓延していることに変わりはないとからサポートしていない人多くの場合、妊娠中の若い女性を出た後absconds父。人々はさまざまな理由から、彼らは妊娠中にする女性を支援する責任のない感覚を感じません。

一つは、若い無差別女性はしばしばトラブルにこの方法を取得し、多くの場合、男性は、彼らが父親であることを信じなければならない理由の女性はとても周りに眠ることを言うので、影響を受けることはありますか?これは、引数の簡素化の上にフックを下車することであってもよいが、実際には、このような妊娠も壊れた家族から来る貧困層の女性に発生し、単独で、あるいは理想的な母親ではなく、自分が行っている母親と一緒に暮らすことに変わりはありません若いとき浮気の公正な取り分。

さて、このような女性と男性のために、一時的な高を取得するための薬物の魅力が原因仲間からの圧力と、彼らが信奉文化の素晴らしいです。彼らが参加するグループでは、薬をプッシュ誰かが常にあります。

最初はマリファナのパフで始まるが、すぐに深刻な、より有害な薬物にエスカレート。サプライヤーは、彼らは銃やgoonsで守り、薬は常に容易に利用可能であり、メイクいくつかの簡単なドルを望んでいるほとんど誰もがこの罠に落ち、街角の小売薬のプッシャーや販売業者になるように、この有利なビジネスを実行することを自分の領土を分割します、高校や若者と孤独な人々が集まる他の場所。

そこにこのテーマで行われた映画は、私がのタイトルを思い出すことができないですが、ストーリーはややこのように書きます:

彼はすぐにいくつかのLGBTの男が運営するクラブを見つけ、に販売するマリファナで彼の供給を開始し、米国は貧困の悪循環から抜け出すしたい小さな町に貧しいが、正直な家族から来て、南カリフォルニアに移動若い仲間彼のクラブのメンバー。

すぐフライトの間にたむろ航空会社のスチュワーデスある隣人は楽しみに参加し、彼らはすべての爆風を持っています。女の子は誰もが自分のバッグをチェックしていないので、彼らは東海岸に自分のスーツケースにマリファナのトンを持って来ることができると言います。だから仲間はその後、大学のキャンパスの周りに広がり、誰もがお金を作る代理店に販売これらの女の子を介して薬剤を販売開始します。ビジネスは仲間は彼が不用意に彼のベッドルーム、バスルームや他の場所でスタックし、すぐに容量が不足することは、お金のバンドルおよびバンドルをカウント苦労を持っているような程度まで成長します。

彼は非常にまで神経質な生活を開始し、彼は彼らが質問をします、銀行にそれを維持することはできませんので、自由にお金を費やしています。彼はそれを取るために違法なソースの下落だ知って、彼の貧しい両親に家に戻ってお金を送ります。彼は結婚し、娘を持っていますが、彼の妻は彼を離れ、彼の娘があまりにも疎遠されています。

やがて麻薬カルテルの人々は、この有利なビジネスの匂いを取得し、大きな道を行くためにLGBTの男を加圧することにより、第1に移動したいが、彼は拒否し、殺されてしまいます。そして、彼らはこの仲間に照準としない限り、彼を脅かします..

最終的には仲間がキャッチし、彼は彼の娘は、少なくとも彼を訪ねて来ることを空想が、彼女が来ることはありません刑務所で終わるれます。話はそれだけです。

誰かがちょうどパフで始まり、すぐに困難なものに卒業して、そこから彼らは下り坂行く現実の生活の中でそのような多くの物語があります。

私はカリフォルニアの学生だったときに、仲間の1日はたき火でそこに夜を過ごすために山への旅行で彼を結合するために私に尋ねた、湿地がまろやかと食べ物はので、私はそれは楽しいだろうと思ったし、参加しました。やがてそれは彼が麻薬にあったことが判明し、それはこのクレイジーな仲間と一緒に外出するためにすべての後にこのような良いアイデアではありませんでしたので、私は拒否したマリファナを吸うために私を望んでいました。彼は雑草を吸うインディアンので、大したものであるということですか?しかし、彼はインド人が薬を服用しないことを知らなかったと雑草はどこにでも自生しているが、それが社会的なタブーです。

別の時間は、彼の二段ベッドの中で私の上に眠るために使用ルームメイトは、彼のベッドから落ち、私の勉強机の上に上陸し、香港の誰かが私に与えていたことを私の美しい花瓶を粉々になりました。彼は自分自身を破壊する上でとても若いと地獄曲がっていたので、私は彼がそれまでの薬にあったと彼のために残念に感じたことは知りませんでした。彼はすぐに大学を中退し、利益のために姿を消しました。

ハリウッドではどこの真ん中に1頭の馬の町から来て、映画に侵入する大きな夢を持つ多くの十代の年齢の女の子が最も苦しむところ。彼らは、彼らが自由酒とセックスを言及していない薬物の新規性に導入されている業界で誰かに上のラッチすることができるなら、彼らは無限のパーティに行きます。誰かが常にそのような人々が集まるようなパーティーを投げています。マリリン・モンローのような人は、最初は小さな役割で取得する機会を得ますが、誰もが今まで彼女がそこに到達するためにしなければならなかったものを彼女に尋ねたのかもしれ?

これらの女の子のほとんどは格好良いが、そのような運を持っていないと.Byを生き残るために自分の体を売ってしまうが、それらはまた、薬に夢中にされています。これは、多くのそのような女の子がしようが、いくつかは成功ニューヨークのファッション業界で同じ話です。

LGBTの人々はどこにでもファッション業界を支配し、彼らは自由に彼らが出席無限の当事者の間に人に渡す薬にも記載されています。

 

フィリピンでは、社会への薬物の脅威は本当に手ごわいです。彼らは秘密の研究室での日常をトンとしゃぶしゃぶのトンを見つけると、多くの場合、薬物領主、プッシャー、さらにはユーザーを殺すそれらを破壊するが、これは勝ち取れない戦いです。ただ、アメリカ人に尋ねます。彼らは、薬物の脅威と戦うために数十億ドルを注ぎ薬物領主の数百人を殺害し、投獄が、薬は続けています。

彼らは彼らのブラジャー、パンティーや靴に麻薬を隠し薬物ラバを使用しても、彼らは後に自分のトイレで回復薬の完全なカプセルを飲み込む、他の場所ティファナまたはから来るトラックや車の偽底に薬に潜入する多くの方法を持っていますに。彼らは薬をロードし、アンロードするために遠隔地の小さな滑走路に自分のCessnasを着陸します。彼らは沿岸の警備員や警備員をキャッチすることはできません高速モーターボートを回避するために、薬の完全な潜水艇を使用しています。

限り、薬物のための需要があるように、誰かがそれを供給しますので、それだけで売春のような非常に有利なビジネスですので、それが全てです。

今、私たちは本当にシリア、イラク、パキスタンのワジリスタンの西部、ビルマ、タイ、ラオス、コロンビア、メキシコ、麻薬その他の国における薬物の三角形のようにアフガニスタンや中東などの戦争で荒廃した国で何が起こっているのか見てみましょう暴動を煽ります。

広大な作付面積はケシを栽培するために使用されているアフガニスタンでは、後にヘロインを作るために精製されたアヘンの主要な供給源です。成長ケシのこのビジネスは、タリバンは、フィールドを保護見えない最後の長い時間以来、その国で荒れ狂う無意味な戦争を戦うために武器を購入するために巨額の資金を作ることはとてももうかるです。処理されたヘロインやアヘンは、その後、ヨーロッパおよびその他の国に出荷されています。男性の間で薬物中毒の大規模な問題があります、。何が今正常ではありませんので、流血の年は社会のファブリックを引き裂かれた、人々は、絶望的な失業、絶望的な貧困の中で生きているとジョブ、リハビリテーションや他の福祉を取得するための政府からの助け無しにあるその国の女性や子供でもサポート。

メキシコおよびその他の国における麻薬カルテルはお金のためにそれでありながら、ISISとコロンビアのさまざまなテログループは、彼らの戦争に資金を供給するための薬を販売しています。コカを栽培農家ははるかに取得し、貧しいままが、コカの葉から作られた薬は、他の場所でたくさんのお金の価値がありません。それはカルテルがとても豊か取得する方法です。

捨てられた子供たちのために孤児院を実行していたアフガニスタンの一つ医師がタリバンの規則の間に、彼は、彼らは孤児院を閉じないようにすべての今して(小児性愛者だった)タリバンに子供を送信するために持っていたことを記者に語りました。それは彼らが生き残るための唯一の方法でした。

わずか2または3のように幼い子どもたちが放棄された理由を尋ねると、次のような答えを得るでしょう、親がそれらの世話をすることができない、彼らは麻薬中毒者をしている、彼らは戦争で負傷されており、正常に生きることはできません人生は、彼らは仕事、ない食べ物を持っていないと、彼らは路上で物乞いをしている、またはそれらが死んでいます。

農家は、彼らがケシを栽培することは彼らのために唯一の収入源であり、食用作物のような代替作物が容易に成長させることができるが、それらを成長し続けることをとても貧弱であると言います。政府はケシの農場を調節し、製薬業界のためのアヘンを買うインドでは、多くの場合、アヘンのいくつかは闇市場で終わるので、それが困難な農場を調節するために見つけます。

インドの薬が原因で社会的タブーの多くの国のように国家の脅威を与えませんが、薬は多くのユーザーがいるネパールやパキスタンのような他の国に自分の道を見つけます。インドのトラック運転手は、広大な距離にわたって巨大なトラックを運転の退屈で単調な仕事を持っており、多くの場合、道に沿って、食品、医薬品および性別のための停止を作る薬の主要なユーザーです。彼らはまた、AIDSのような病気を広めます。

私は戦争中にベトナムにいたとき、私は薬がどこ米国に拠点に軍の平面内に流出した死んだ米兵の胃に充填し、軍と警察将軍が所有する自家用機でサイゴンに空輸されたことを知っていました薬は、その後取り出し、そこに取引先に売却されました。誰もが巨額の資金を作りました。これは、オリエントエクスプレスと呼ばれるが、それはある種の列車があったが、あなたはそれをそのように見れば列車とは何の関係も持っていませんでした。

私はアヘンが、それは我々が.Every村はアヘン窟、人々がそれを吸ったり無意味な汚れに横たわった持っていた続く川沿いのすべての村で利用可能で、タイ北部の荒廃を引き起こしている方法をじかに見てきました。我々は戻ってボートにそのような洞穴からオーストラリアの仲間をドラッグする必要がありました。

タイ人は、薬物に関する特に敏感であり、彼らはそれが小麦粉やチョークであっても、お荷物の任意の白色粉末を見つけた場合、あなたにトラブルの全体の多くを与えます。香港では、彼らは徹底的にあなたのバッグをチェックして、あなたがそこに何かを隠しているかどうかを確認するためにワイヤーで歯のペーストのあなたのチューブを突きます。

ニューヨークで一人の女性は、高級レストランに彼女を取って、苦労のボーイフレンドを取得していた孤独な女性は非常に感銘を受けましたので、彼女のバラとチョコレートを与えた原因不明のハンサムな仲間を見つけました。セックスは、通常の場合のように続きます。そしてある日、仲間は、彼女が一人で行くと素晴らしい時間を持っているでしょう週間セイシェルでの休暇のために支払うことを提案しました。翌日の仲間は、高価な靴のペアは、彼女の旅を快適にするために女性をもたらしました。その後も愚かな女性はそのようなハンサムな仲間と自由な休暇の魅力だっ取得できませんでした。彼女はセイシェルに到着したとき、女性は非常に厚い靴底と彼女の新しい靴で不安そうに歩いていたので、今、空港税関の人はすぐに何かに気づきました。

尋問の下で、彼女は彼女が彼女の旅行のために支払われた、誰が同様に彼女の靴のペアを与えた彼女のいわゆるボーイフレンドについてあまり知らなかったことを告白しました。エージェントは確信はなかったし、その中にパックされたヘロインを発見するために靴を引き裂か。私はこのような場合に間違った答えです知りませんでした。

とにかく流行は継続し、薬物供給業者は、システムを打つために毎日薬を供給するための新しい独創的な方法を見つけます。彼らのラバが巻き込まれる場合、それはビジネスを行うための費用として、それを一笑に付すサプライヤーにとって大したことないです。

家庭内暴力:

薬物使用と家庭内暴力との間には強い相関関係が常にあります。ユーザは、しばしば無力であり、そのパートナーまたは薬物依存の夫が自分の修正を取得し、パートナーや配偶者に彼らのライブでそれを非難していない場合は殴ら取得脆弱な女性にそれを取り出します。薬物依存の人は少なくとも、彼の暴力的な行動の多くの場合、認識していないと言ってクレイジーです。そのような人は失業であるがために中毒、彼は低賃金の仕事で長時間労働貧しい女性が薬のために支払わなければならないので、薬を買うためにお金を持っている必要があります。

自身はその後、それら自身の過失に自分自身を生涯の問題となった薬物依存子どもを生む薬を服用何人かの女性。私はコカイン、メタまたはヘロインなどの薬物について書かれているが、アルコールも非常に中毒性の薬物であり、その使用は、1が想像できる以上の広範囲に及んでいます。また、家庭内暴力、壊れた家や多くの社会悪になります。

リハビリテーション:

貧困と絶望である薬物中毒の根本的な原因を見て以外、中毒者のリハビリも場合にのみ、社会の有用な一員これらの人々を作る際に長い道のりを行くことができるので、今私は、薬物使用者のリハビリについて書く必要があります政府は彼らに十分なリソースを費やしています。

アメリカではアルコール依存症、エイズの人と麻薬中毒者のためにと様々な病気に苦しむ人々のための支援団体、自閉症などがあり、彼らはそのような人々が行くと取得いくつかの精神的な支援を、さらには特定のリハビリテーションと呼ばれていることができ、全国の多くの章を開きます彼らは自由な助けを得ることができますセンター。それは決して十分であるが、多くの場合、このようなセンターは政府からの金銭的なサポートのいくつかのフォームを取得します。

政府は常に彼らが、効果的にこれらのセンターを実行するために必要なお金やトレーニングコストの男のパワーを十分なリソースを持っていないと言うので、貧しい国ではそのようなプログラムが存在しません。彼らは何を持っていると不完全に実行しないと、リハビリする必要があるすべての人々のニーズを満たすのに十分ではありません。

解毒は痛みを伴う手順で、専門的に行う必要があります。とてもそのようないくつかの民間センターがそれらを余裕が豊かな人々にのみ応じるので、ここでこれらの貧しい人々が助けを得るために行く非常に高価ですか?

それらを殺すことだけ先に述べたように、それは政治家のための良いテレビの視聴率を取得する以外には何も解決しない貧困や失業である本当の問題を非表示にすることです。

彼らが仕事を見つけることができるように、彼らの政府が雇用を創出プロ貧しいプログラムを開発するときに貧しい人々が唯一の助けすることができます中毒、薬物は、専門学校でそれらを訓練メカニック、女性が服を縫うする方法を学ぶなど、大工、電気技師、アプライアンス修理工とまたは手工芸品を作ります。誰もが、彼らがこのように訓練されている場合は生計を立てるために大学教育を必要とします。代わりに、薬にプッシュ絶望これらの人々のためのいくつかの希望を作成するには、薬の需要を減少させるのに唯一のソリューションです。

 

`Kusuri ya kateinaibōryoku’ soko ni nan hyaku man-ri mo no hitobito no seikatsu o hakai shite iru ōku no kuni de no yakubutsu no ryūkō, oimowakakimo, dansei, josei ya kodomo modesuga, seifu ga kōkatekina hōhō de sore o yokusei shi, yakubutsu shiyōsha o kōsei suru koto wa dekimasen.

Kore wa shinkokuna shakai no gekihen, seijōna shakai no hakai o hikiokoshi, katto mijikai sōdenai shurui no taiyōnensu o michibiitadearou hitobito no seikatsu. Ikutsu ka no seifu wa akarasamana yūzā to no pusshā o korosu ka, keihanzai no tame no nenkan no fuhai keimusho ni korera no fukōna hitobito o oku tame ni bappon-tekina taisaku o totte imasu. Sonohoka wa, fukusū no sokutei sa reta apurōchi o totte iruto yakubutsu gedoku sentā de sorera o kōsei ya yakubutsu ofu korera no hitobito o shutoku shiyou to shitaga, mondai wa, sore jitai wa, yakubutsu ga, yakubutsu shiyō no konpon gen’in hodode wa arimasen.

Dare mo konpon-tekina gen’in o kōgeki suru yōde wa naku, shōjō ni jūten o umu ga, hitobito ga jibun jishin o hakai suru tame ni kusuri o fukuyō suru riyū wanai byōki wanode, chōdo tazuneru to, anata wa kotae no kazu o shutoku shimasu. Omoni hitobito wa konpon-tekina gen’inde wa naku, hinkon, shakai-teki tōgō no ketsujo, matomona kyōiku, matomona shigoto o eru tame ni wakai hito-tachi no tame no kikai no ketsujo, atsuryoku ga mayaku bunka ni tekigō suru yō ni doko ni sunde iru gettō ga tsuyoku, hason shite iru yori mo hinpan ni aru koto ni dōi shimasu kazoku.

Naze kazoku ga wakareru betsu no mondaideari, ōku wa sore ni tsuite kaku koto ga dekimasuga, jissai ni wa, yakubutsu shiyō wa, kodomo-tachi o ageru tame ni, tei chingin no shigoto de kurō suru shingurumazā to issho ni kurasu hitobito no ma de man’en shite iru koto ni kawari wanaito kara sapōto shite inai hito ōku no baai, ninshin-chū no wakai josei o deta nochi absconds chichi. Hitobito wa samazamanariyūkara, karera wa ninshin-chū ni suru josei o shien suru sekinin no nai kankaku o kanjimasen.

Hitotsu wa, wakai musabetsu josei wa shibashiba toraburu ni kono hōhō o shutoku shi, ōku no baai, dansei wa, karera ga chichioyadearu koto o shinjinakereba naranai riyū no josei wa totemo mawari ni nemuru koto o iu node, eikyō o ukeru koto wa arimasu ka? Kore wa, hikisū no kanso-ka no ue ni fukku o gesha suru kotodeatte mo yoiga, jissai ni wa, kono yōna ninshin mo kowareta kazoku kara kuru hinkon-sō no josei ni hassei shi, tandoku de, aruiwa risō-tekina hahaoyade wa naku, jibun ga okonatte iru hahaoya to issho ni kurasu koto ni kawari wa arimasen wakai toki uwaki no kōseina toribun.

Sate, kono yōna josei to dansei no tame ni, ichiji-tekina taka o shutoku suru tame no yakubutsu no miryoku ga gen’in nakama kara no atsuryoku to, karera ga shinpō bunka no subarashīdesu. Karera ga sanka suru gurūpude wa, kusuri o pusshu darekaga tsuneni arimasu. Saisho wa marifana no pafu de hajimaruga, sugu ni shinkokuna, yori yūgaina yakubutsu ni esukarēto. Sapuraiyā wa, karera wa jū ya goons de mamori,-yaku wa tsuneni yōi ni riyō kanōdeari, meiku ikutsu ka no kantan’na doru o nozonde iru hotondo daremoga kono wana ni ochi, machikado no kouri-yaku no pusshā ya hanbai gyōsha ni naru yō ni, kono yūrina bijinesu o jikkō suru koto o jibun no ryōdo o bunkatsu shimasu, kōkō ya wakamono to kodokuna hitobito ga atsumaru ta no basho.

Soko ni kono tēma de okonawa reta eiga wa, watashi ga no taitoru o omoidasu koto ga dekinaidesuga, sutōrī wa yaya kono yō ni kakimasu: Kare wa sugu ni ikutsu ka no LGBT no otoko ga un’ei suru kurabu o mitsuke, ni hanbai suru marifana de kare no kyōkyū o kaishi shi, Beikoku wa hinkon no akujunkan kara nukedasu shitai chīsana machi ni mazushīga, shōjikina kazoku kara kite, Minami Kariforunia ni idō wakai nakama kare no kurabu no menbā. Sugu furaito no ma ni tamuro kōkūkaisha no suchuwādesu aru rinjin wa tanoshimi ni sanka shi, karera wa subete no bakufū o motte imasu.

On’nanoko wa daremoga jibun no baggu o chekku shite inainode, karera wa higashikaigan ni jibun no sūtsukēsu ni marifana no ton o motte kuru koto ga dekiru to iimasu. Dakara nakama wa sonogo, daigaku no kyanpasu no mawari ni hirogari, daremoga okane o tsukuru dairiten ni hanbai korera no on’nanoko o kaishite yakuzai o hanbai kaishi shimasu. Bijinesu wa nakama wa kare ga fuyōi ni kare no beddorūmu, basurūmu ya hoka no basho de sutakku shi, sugu ni yōryō ga fusoku suru koto wa, okane no bandoru oyobi bandoru o kaunto kurō o motte iru yōna teido made seichō shimasu.

Kare wa hijō ni made shinkeishitsuna seikatsu o kaishi shi, kare wa karera ga shitsumon o shimasu, ginkō ni sore o iji suru koto wa dekimasen’node, jiyū ni okane o tsuiyashite imasu. Kare wa sore o toru tame ni ihōna sōsu no gerakuda shitte, kare no mazushī ryōshin ni ie ni modotte okane o okurimasu. Kare wa kekkon shi, musume o motte imasuga, kare no tsuma wa kare o hanare, kare no musume ga amarini mo soen sa rete imasu. Yagate mayaku karuteru no hitobito wa, kono yūrina bijinesu no nioi o shutoku shi, ōkina michi o iku tame ni LGBT no otoko o kaatsu suru koto ni yori, dai 1 ni idō shitaiga, kare wa kyohi shi, korosa rete shimaimasu. Soshite, karera wa kono nakama ni shōjun to shinai kagiri, kare o odokashimasu..

Saishūtekini wa nakama ga kyatchi shi, kare wa kare no musume wa, sukunakutomo kare o tazunete kuru koto o kūsō ga, kanojo ga kuru koto wa arimasen keimusho de owaru remasu. Hanashi wa sore dakedesu. Dareka ga chōdo pafu de hajimari, sugu ni kon’nan’na mono ni sotsugyō shite, soko kara karera wa kudarizaka iku genjitsu no seikatsu no naka de sono yō na ōku no monogatari ga arimasu. Watashi wa Kariforunia no gakuseidatta toki ni, nakama no 1-nichi wa takibi de soko ni yoru o sugosu tame ni yama e no ryokō de kare o ketsugō suru tame ni watashi ni tazuneta, shitchi ga maroyaka to tabemono wanode, watashi wa sore wa tanoshīdarou to omottashi, sanka shimashita.

Yagate sore wa kare ga mayaku ni atta koto ga hanmei shi, sore wa kono kureijīna nakama to issho ni gaishutsu suru tame ni subete no nochi ni ko no yōna yoi aideade wa arimasendeshitanode, watashi wa kyohi shita marifana o suu tame ni watashi o nozonde imashita. Kare wa zassō o suu indian’node, taishita monodearu to iu kotodesu ka? Shikashi, kare wa indohito ga kusuri o fukuyō shinai koto o shiranakatta to zassō wa doko ni demo jisei shite iruga, sore ga shakai-tekina tabūdesu.

Betsu no jikan wa, kare no nidanbeddo no naka de watashi no ue ni nemuru tame ni shiyō rūmumeito wa, kare no beddo kara ochi, watashi no benkyōdzukue no ue ni jōriku shi, Honkon no darekaga watashi ni ataete ita koto o watashi no utsukushī kabin o konagona ni narimashita. Kare wa jibun jishin o hakai suru ue de totemo wakai to jigoku magatte itanode, watashi wa kare ga sore made no kusuri ni atta to kare no tame ni zan’nen ni kanjita koto wa shirimasendeshita.

Kare wa sugu ni daigaku o chūtai shi, rieki no tame ni sugata o keshimashita. Hariuddo dewa doko no man’naka ni 1-tō no uma no machi kara kite, eiga ni shin’nyū suru ōkina yume o motsu ōku no jūdai no nenrei no on’nanoko ga mottomo kurushimu tokoro. Karera wa, karera ga jiyū sake to sekkusu o genkyū shite inai yakubutsu no shinki-sei ni dōnyū sa rete iru gyōkai de dareka ni ue no ratchi suru koto ga dekirunara, karera wa mugen no pāti ni ikimasu. Dareka ga tsuneni sono yōna hitobito ga atsumaru yōna pātī o nagete imasu.

Maririn monrō no yōna hito wa, saisho wa chīsana yakuwari de shutoku suru kikai o emasuga, daremoga imamade kanojo ga soko ni tōtatsu suru tame ni shinakereba naranakatta mono o kanojo ni tazuneta no kamo shire? Korera no on’nanoko no hotondo wa kakkōii ga, sono yōna un o motteinai to. By o ikinokoru tame ni jibun no karada o utte shimauga, sorera wa mata,-yaku ni muchū ni sa rete imasu. Kore wa, ōku no sono yōna on’nanoko ga shiyō ga, ikutsu ka wa seikō nyūyōku no fasshon gyōkai de onaji-banashidesu. LGBT no hitobito wa doko ni demo fasshon gyōkai o shihai shi, karera wa jiyū ni karera ga shusseki mugen no tōjisha no ma ni hito ni watasu kusuri ni mo kisai sa rete imasu.

Firipinde wa, shakai e no yakubutsu no kyōi wa hontōni tegowaidesu. Karera wa himitsu no kenkyūshitsu de no nichijō o ton to shabushabu no ton o mitsukeru to, ōku no baai, yakubutsu ryōshu, pusshā, sarani wa yūzā o korosu sorera o hakai suruga, koreha kachitorenai tatakaidesu. Tada, amerikahito ni tazunemasu. Karera wa, yakubutsu no kyōi to tatakau tame ni sūjūoku doru o sosogi yakubutsu ryōshu no sū hyaku hito o satsugai shi, tōgoku ga,-yaku wa tsudzukete imasu.

Karera wa karera no burajā, pantī ya kutsu ni mayaku o kakushi yakubutsu raba o shiyō shite mo, karera wa nochini jibun no toire de kaifukugusuri no kanzen’na kapuseru o nomikomu, hoka no basho tifana matawa kara kuru torakku ya kuruma no nise soko ni kusuri ni sen’nyū suru ōku no hōhō o motte imasu ni. Karera wa kusuri o rōdo shi, anrōdo suru tame ni enkakuchi no chīsana kassōro ni jibun no Cessnas o chakuriku shimasu. Karera wa engan no anchisukiru ya anchisukiru o kyatchi suru koto wa dekimasen kōsoku mōtābōto o kaihi suru tame ni,-yaku no kanzen’na sensui-tei o shiyō shite imasu.

Kagiri, yakubutsu no tame no juyō ga aru yō ni, darekaga sore o kyōkyū shimasunode, sore dake de baishun no yōna hijō ni yūrina bijinesudesunode, sore ga subetedesu. Ima, watashitachi wa hontōni Shiria, Iraku, Pakisutan no wajirisutan no seibu, Biruma, Tai, Raosu, Koronbia, Mekishiko, mayaku sonohoka no kuni ni okeru yakubutsu no sankakkei no yō ni Afuganisutan ya Chūtō nado no sensō de kōhaishita-koku de nani ga okotte iru no ka mite mimashou bōdō o aorimasu.

Kōdaina sakutsukemenseki wa keshi o saibai suru tame ni shiyō sa rete iru Afuganisutande wa,-go ni heroin o tsukuru tame ni seisei sa reta ahen no shuyōna kyōkyū-gendesu. Seichō keshi no kono bijinesu wa, tariban wa, fīrudo o hogo mienai saigo no nagai jikan irai, sono kuni de arekuruu muimina sensō o tatakau tame ni buki o kōnyū suru tame ni kyogaku no shikin o tsukuru koto wa totemo mōkarudesu. Shori sa reta heroin ya ahen wa, sonogo, yōroppa oyobi sonohoka no kuni ni shukka sa rete imasu.

Dansei no ma de yakubutsu chūdoku no ōkibona mondai ga arimasu,. Nani ga ima seijōde wa arimasen’node, ryūketsu no toshi wa shakai no faburikku o hikisaka reta, hitobito wa, zetsubō-tekina shitsugyō, zetsubō-tekina hinkon no naka de ikite iruto jobu, rihabiritēshon ya hoka no fukushi o shutoku suru tame no seifu kara no tasuke-nashi ni aru sono kuni no josei ya kodomodemo sapōto. Mekishikooyobi sonohoka no kuni ni okeru mayaku karuteru wa okane no tame ni soredearinagara, ISIS to Koronbia no samazamana terogurūpu wa, karera no sensō ni shikin o kyōkyū suru tame no kusuri o hanbai shite imasu.

Koka o saibai nōka wa haruka ni shutoku shi, mazushī mama ga, koka no ha kara tsukura reta kusuri wa, hoka no basho de takusan no okane no kachi ga arimasen. Sore wa karuteru ga totemo yutaka shutoku suru hōhōdesu. Sute rareta kodomo-tachi no tame ni minashigo-in o jikkō shite ita Afuganisutan no hitotsu ishi ga tariban no kisoku no ma ni, kare wa, karera wa minashigo-in o tojinai yō ni subete no ima shite (shōniseiai-shadatta) tariban ni kodomo o sōshin suru tame ni motte ita koto o kisha ni katarimashita.

Sore wa karera ga ikinokoru tame no yuiitsu no hōhōdeshita. Wazuka 2 matawa 3 no yō ni osanai kodomo-tachi ga hōki sa reta riyū o tazuneru to,-ji no yōna kotae o erudeshou, oya ga sorera no sewa o suru koto ga dekinai, karera wa mayaku chūdoku-sha o shite iru, karera wa sensō de fushō sa rete ori, seijō ni ikiru koto wa dekimasen jinsei wa, karera wa shigoto, nai tabemono o motteinai to, karera wa rojō de monogoi o shite iru, matawa sorera ga shinde imasu.

Nōka wa, karera ga keshi o saibai suru koto wa karera no tame ni yuiitsu no shūnyū-gendeari, shokuyō sakumotsu no yōna daitai sakumotsu ga yōi ni seichō sa seru koto ga dekiru ga, sorera o seichō shi tsudzukeru koto o totemo hinjakudearu to iimasu. Seifu wa keshi no nōjō o chōsetsu shi, seiyaku gyōkai no tame no ahen o kau Indode wa, ōku no baai, ahen no ikutsu ka wa yamiichiba de owarunode, sore ga kon’nan’na nōjō o chōsetsu suru tame ni mitsukemasu. Indo no kusuri ga gen’in de shakai-teki tabū no ōku no kuni no yō ni kokka no kyōi o ataemasenga,-yaku wa ōku no yūzā ga iru nepāru ya Pakisutan no yōna ta no kuni ni jibun no michi o mitsukemasu.

Indo no torakku untenshu wa, kōdaina kyori ni watatte kyodaina torakku o unten no taikutsu de tanchōna shigoto o motte ori, ōku no baai,-dō ni sotte, shokuhin, iyakuhin oyobi seibetsu no tame no teishi o tsukuru kusuri no shuyōna yūzādesu. Karera wa mata, eizu no yōna byōki o hiromemasu. Watashi wa sensō-chū ni Betonamu ni ita toki, watashi wa kusuri ga doko Beikoku ni kyoten ni gun no heimen-nai ni ryūshutsu shita shinda beihei no i ni jūten shi,-gun to keisatsu shōgun ga shoyū suru jikayō-ki de Saigon ni kūyu sa reta koto o shitte imashita kusuri wa, sonogo toridashi, soko ni torihikisaki ni baikyaku sa remashita. Daremoga kyogaku no shikin o tsukurimashita.

Kore wa, orientoekusupuresu to yoba reruga, soreha arushuno ressha ga attaga, anata wa sore o sonoyōni mireba ressha to wa nani no kankei mo motte imasendeshita. Watashi wa ahen ga, sore wa wareware ga. Every mura wa ahen 窟 , Hitobito ga sore o suttari muimina yogore ni yokotawatta motte ita tsudzuku kawa-zoi no subete no mura de riyō kanōde, Tai hokubu no kōhai o hikiokoshite iru hōhō o jikani mitekimashita. Wareware wa modotte bōto ni sono yōna horaana kara ōsutoraria no nakama o doraggu suru hitsuyō ga arimashita.

Tai hito wa, yakubutsu ni kansuru tokuni binkandeari, karera wa sore ga komugiko ya chōkudeatte mo, o nimotsu no nin’i no hakushoku funmatsu o mitsuketa baai, anata ni toraburu no zentai no ōku o ataemasu. Honkon dewa, karera wa tetteiteki ni anata no baggu o chekku shite, anata ga soko ni nanika o kakushite iru ka dō ka o kakunin suru tame ni waiyā de ha no pēsuto no anata no chūbu o tsukimasu. Nyūyōku de hitori no josei wa, kōkyū resutoran ni kanojo o totte, kurō no bōifurendo o shutoku shite ita kodokuna josei wa hijō ni kanmei o ukemashitanode, kanojo no bara to chokorēto o ataeta gen’in fumei no hansamuna nakama o mitsukemashita.

Sekkusu wa, tsūjō no baai no yō ni tsudzukimasu. Soshite aru Ni~Tsu, nakama wa, kanojo ga hitori de ikuto subarashī jikan o motte irudeshou shūkan Seisheru de no kyūka no tame ni shiharau koto o teian shimashita. Yokujitsu no nakama wa, kōkana kutsu no pea wa, kanojo no tabi o kaiteki ni suru tame ni josei o motarashimashita. Sonogo mo orokana josei wa sono yōna hansamuna nakama to jiyūna kyūka no miryokudasshutoku dekimasendeshita.

Kanojo wa Seisheru ni tōchaku shita toki, josei wa hijō ni atsui kutsuzoko to kanojo no atarashī kutsu de fuan-sō ni aruite itanode, ima, kūkō Zeikan no hito wa sugu ni nanika ni kidzukimashita. Jinmon no shita de, kanojo wa kanojo ga kanojo no ryokō no tame ni shiharawa reta, dare ga dōyō ni kanojo no kutsu no pea o ataeta kanojo no iwayuru bōifurendo ni tsuite amari shiranakatta koto o kokuhaku shimashita. Ējento wa kakushin wa nakattashi, sono naka ni pakku sa reta heroin o hakken suru tame ni kutsu o hikisaka. Watashi wa kono yōna baai ni machigatta kotaedesu shirimasendeshita.

Tonikaku ryūkō wa keizoku shi, yakubutsu kyōkyū gyōsha wa, shisutemu o utsu tame ni mainichi kusuri o kyōkyū suru tame no atarashī dokusō-tekina hōhō o mitsukemasu. Karera no raba ga makikoma reru baai, soreha bijinesu o okonau tame no hiyō to shite, sore o isshōnifusu sapuraiyā ni totte taishitakotonaidesu. Kateinaibōryoku: Yakubutsu shiyō to kateinaibōryoku to no ma ni wa tsuyoi sōkan kankei ga tsuneni arimasu. Yūza wa, shibashiba muryokudeari, sono pātonā matawa yakubutsuison no otto ga jibun no shūsei o shutoku shi, pātonā ya haigūsha ni karera no raibu de sore o hinan shite inai baai wa nagura shutoku zeijakuna josei ni sore o toridashimasu.

Yakubutsuison no hito wa sukunakutomo, kare no bōryoku-tekina kōdō no ōku no baai, ninshiki shite inai to itte kureijīdesu. So no yōna hito wa shitsugyōdearuga tame ni chūdoku, kare wa tei chingin no shigoto de chōjikan rōdō mazushī josei ga kusuri no tame ni shiharawanakereba naranainode, kusuri o kau tame ni okane o motte iru hitsuyō ga arimasu. Jishin wa sonogo, sorera jishin no kashitsu ni jibun jishin o shōgai no mondai to natta yakubutsuison kodomo o umu kusuri o fukuyō nan’ninka no josei.

Watashi wa kokain, meta matawa heroin nado no yakubutsu ni tsuite kaka rete iruga, arukōru mo hijō ni chūdoku-sei no yakubutsudeari, sono shiyō wa, 1 ga sōzō dekiru ijō no kōhan’i ni oyonde imasu. Mata, kateinaibōryoku, kowareta ie ya ōku no shakai aku ni narimasu. Rihabiritēshon: Hinkon to zetsubōdearu yakubutsu chūdoku no konpon-tekina gen’in o mite igai, chūdoku-sha no rihabiri mo baai ni nomi, shakai no yūyōna ichiin korera no hitobito o tsukuru sai ni nagai michinori o iku koto ga dekiru node, ima watashi wa, yakubutsu shiyōsha no rihabiri ni tsuite kaku hitsuyō ga arimasu seifu wa karera ni jūbun’na risōsu o tsuiyashite imasu.

Amerikadeha arukōru isonshō, eizu no hito to mayaku chūdoku-sha no tame ni to samazamana byōki ni kurushimu hitobito no tame no shien dantai, jiheishō nado ga ari, karera wa sono yōna hitobito ga iku to shutoku ikutsu ka no seishin-tekina shien o, sarani wa tokutei no rihabiritēshon to yoba rete iru koto ga deki, zenkoku no ōku no shō o hirakimasu karera wa jiyūna tasuke o eru koto ga dekimasu sentā. Sore wa kesshite jūbundearuga, ōku no baai, kono yōna sentā wa seifu kara no kinsen-tekina sapōto no ikutsu ka no fōmu o shutoku shimasu.

Seifu wa tsuneni karera ga, kōka-teki ni korera no sentā o jikkō suru tame ni hitsuyōna okane ya torēningukosuto no otoko no pawā o jūbun’na risōsu o motteinai to iu node, mazushī kunide wa sono yōna puroguramu ga sonzai shimasen. Karera wa nani o motte iruto fukanzen ni jikkō shinai to, rihabiri suruhitsuyōgāru subete no hitobito no nīzu o mitasu no ni jūbunde wa arimasen. Gedoku wa itami o tomonau tejun de, senmon-teki ni okonau hitsuyō ga arimasu. Totemo sono yō na ikutsu ka no minkan sentā ga sorera o yoyū ga yutakana hitobito ni nomi ōjirunode, koko de korera no mazushī hitobito ga tasuke o eru tame ni iku hijō ni kōkadesu ka?

Sorera o korosu koto dake saki ni nobeta yō ni, soreha seijika no tame no yoi terebi no shichō-ritsu o shutoku suru igai ni wa nani mo kaiketsu shinai hinkon ya shitsugyōdearu hontō no mondai o hi hyōji ni suru kotodesu. Karera ga shigoto o mitsukeru koto ga dekiru yō ni, karera no seifu ga koyō o sōshutsu puro mazushī puroguramu o kaihatsu suru toki ni mazushī hitobito ga yuiitsu no tasuke suru koto ga dekimasu chūdoku, yakubutsu wa, senmon gakkō de sorera o kunren mekanikku, josei ga fuku o nuu suru hōhō o manabu nado, daiku, denki gishi, apuraiansu shūrikō to matawa te kōgei-hin o tsukurimasu.

Daremoga, karera ga kono yō ni kunren sa rete iru baai wa seikeiwotateru tame ni daigaku kyōiku o hitsuyō to shimasu. Kawari ni,-yaku ni pusshu zetsubō korera no hitobito no tame no ikutsu ka no kibō o sakusei suru ni wa,-yaku no juyō o genshō sa serunoni yuiitsu no soryūshondesu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“The drugs and domestic violence( in Japanese)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中