An incredible country called India(in Japanese)

4f29487caf39fc10646504188243dd14

Source : Google photo

私はかなりの時間のために、インド、私が生まれた国について書きたい育ち、教育を受けましたが、最終的にはどこか落ち着くために残っています。私は、それが途方もない政治的混乱とその長い歴史の中で前例のない全国の激変を通過した時点での国で生まれました。

インドはその激動の歴史の中で長期間奴隷であったバーブルや英国、フランスなどの外国人は、ポルトガル語、さらにはオランダ語、すべてを試し、いくつかは、乳と蜜のこの古代の土地に足掛かりを得ることに成功し、極端な富のと並んで極度の貧困側。

彼らは彼らの君主の名前や自分たちの宗教に記載し、無慈悲確立するために、生命の巨大な損失を引き起こす支配していることを彼らと宗教の彼らのブランド、彼らの文化、彼らの貿易や商業、国を悪用するすべての欲のほとんどをもたらしました全世界でユニークだった東のビルマに西とその多様性と文化の異なる人々にアフガニスタンから引き伸ばさ陸地の上に自分の会社を制御します。

子供はどこかに彼の父は君主として支配し、彼は常にファンタジーの土地のようにのように満ちていたことハインドについてもっと彼に伝えるために彼の乳母を懇願した中央アジアの南にあった「ハインド」の物語に魅了されたようバーブル富はいつか行くとそこに王になるために、その年齢で誓いました。

彼はアフガニスタンで巨大な軍隊を収集するために、若い支配者としての彼の最初のステップを取って、その後カイバル経由での行進パーニーパットと呼ばれる平野に北デリーの戦いでインドの支配者を従事するために渡し、デリーのスルタンを破り、しっかりと彼を設立しました時間をかけて成長し、モーグル王朝を設定インドの小さな部分を支配。彼らは何百年もの間、インドを支配し、最後のモーグル定規・バハドゥール・シャージャアファルは捕虜にし、彼は彼の昔の時代に亡くなったビルマに送られたときにイギリスによって敗北しました。

バーブルはこれまでインドに来て、モーグル王朝を設定するずっと前にしかし、繰り返しLodisが顕著であった人のうち、デリーでのスルタンを渡し、設定Khybarを通じてインドに侵攻アフガニスタンから他の支配者がありました。一つは、庭のエーカーの真っ只中にデリーでの霊廟を見ることができます。その他は純粋に略奪に来た略奪、略奪、毎年殺したとインドを略奪することはとても有益だったので、マイル長いラクダのキャラバンに搭載されたブーツで残しました。その剣によってイスラム教の広がりはちょうどボーナスだったし、それらにおぼれると、彼らはそう死ぬために起こった場合は75処女hourisは彼らの手と足に待っていた彼らの楽園で不動の地位を買いました。

その富のために知られてソームナートの寺院は寺院がそれらを略奪するために多くを持っていたし、略奪と全く防御を持っていないことを愉快に驚いた盗賊の同じギャング・ノー未満の15倍を略奪しませんでした。

しかし、歴史に戻って、それは、略奪するためにインドに来た人アレキサンダーだった王がぷると呼ばれ、彼がどのように扱われるべきか彼に尋ねた破りました。ぷるは、彼は王がアレキサンダーに感銘を与え、彼が侵入しないことを決定し、バックマケドニアへ行き、別の王を扱う同じように扱われるべきであると答えました。

彼の兵士たちは長い無限の戦争の疲れていたとその家族に帰国したかったと装甲象の何千ものは、彼らが簡単に浸透し、多額の損失を取ったことができなかった恐るべき防衛ラインを形成奇妙な土地で戦うためにこれ以上を望んでいません。彼らはまた、熱や蚊の病気でした。

アラブ人は、そう、この名前はアグラ近くSikandaraと呼ばれる場所に埋葬することを望んだ素晴らしいモーグルは彼のために構築された大霊廟があったが、人々は名前Sikandaraがされて入ってきたか忘れてしまったインド.Akbarに滞在Sikandar彼を呼びました。ほとんどの人はインドの長い歴史を知りません。

ヴァスコ・ダ・ガマと呼ばれるポルトガルの探検家は、前世紀に取引をインドに来て、ポルトガルは、彼らが戻って1960年代にインド軍によって強制されるまで、彼らは彼らのコロニーを設定する3場所、ゴア、ダマン・デューのホールドを得ることができました。ナセルはポルトガル語が戻って自分のコロニーを取るために兵士の送信を停止するためにスエズ運河をブロック助けました。

とき人々初めてインドに来て、彼らの感覚が変な音に襲われている、匂い、香り、群衆、奇妙なすべての不協和音、色、豊富で動植物、広大な庭園の中に虫でつつい美しい孔雀の暴動デリーの、極端な富と並んで貧困側。

どこの世界で、このようなコントラストが存在し、彼らはインドの考えすべきことの彼らの心を作ることはできません。ほとんどはちょうど、タージ・マハルを訪れデリーとラジャスタン州のいくつかの宮殿を見て帰って行きます。いくつかは、インドの他の部分を見るためにさまよいます、彼らが見たものに魅了されます。カンニヤークマリの土地の終わりまでとラジャスタン州の砂漠の砂にアッサムのエメラルドグリーンの茶園からヒマラヤの高尚な雪のピークから、インドはその変化し続ける風景と人を感動させる失敗することはありません。

私はぼろに包まれた宝石としてインドを考えるために使用されるが、これらのぼろは最終的にオフに来ているとインドは世界で最も急成長している経済として浮上しています。私はそれはおそらく、この文脈で読む価値があるので、私が子供だったときに私はインドについて書いた昨日、今日と明日と呼ばれるブログを書かれています。

しかし、それはほとんどの観光客が見て、それを見るために代償を払うインドの物理的な美しさです。観光客地元だけでなく、外国人は、いつものようにすぐに彼らは吸盤のためにあなたを見つけ出すよう周りの群れ不謹慎な人々の大群によっての利点を取られています。その意味で、彼らはイタリアやギリシア人とまったく同じ操作を行うと、背中の後ろにあなたを笑う他と違いはありません。

 

精神的なインド:

どのようなほとんどの人が見ることはありませんすることは、多くの本が書かれていたインドの精神的な側面です。ヒンドゥー教は、リーダー、宗教を生み出したモーセやイエスやモハメドなどの預言者とその部下はその後、彼らの共同宗教家を導くために聖書やコーランと呼ばれる本を書いていない唯一の宗教です。

いいえ。インドは本を持っていませんが、インドはヴェーダ、ウパニシャッド、プラーナとマハーバーラタとラーマーヤナの物語と呼ばれる古代の経典を持っています。誰が古い経典と誰がそれを書いただけで、聖書のような推測作業がヴェーダと呼ばれる行うことができますされている方法を知っていないが、いくつかは、3500年前に言うと、他の人がモヘンジョダロとハラッパー前に8000年以上も前に言って書かれていました。しかし、誰もが確信していません。

彼らは、ラーマーヤナとマハーバーラタ、誰ラムがあったとのタイ人や他の人が自分のようにラムを主張し、その証拠として、あなたにアユタヤが表示されますが、彼が生まれた場所を書いた人知っています。ちなみにアユタヤは、ヒンズー教徒はラムが生まれ、住んでいたと信じていウッタルプラデシュ州で名前Ajodhyaのタイ語版です。

ヒンズー教徒は、同じ神の現れとして、すべての宗教を受け入れ、同化しようとするので、イスラム教徒の侵略と彼らの信仰にヒンズー教徒の強制変換とキリスト教の自分たちのブランドにいくつかの変換後にイギリスの宣教師はヒンドゥー教を抑制することができませんでしたそれら。彼らはイスラム教ピアースへの敬意を示し、それらの霊廟を訪問するが、彼らは他の人のようにイスラム教徒を同化できませんでしたが、それはまた別の話です。私はその話を書きません。

彼らの信仰に失望多くのイスラム教徒とキリスト教徒は、ヒンドゥー教に再変換し、「帰宅」またはGhar wapasiなどのプログラムを通して歓迎されています。しかし、ヒンズー教徒は、キリスト教徒とイスラム教徒のようなproselytizersものではなく、彼らはそれは素晴らしい宗教であることを世界に納得させる必要がないことを感じるので、他の土地に自分たちの信仰の輸出を信じていません。

これは、理由のために、古代の宗教やSanatanダルマと呼ばれています。それは、その起源はまだ謎に包まれたが、より多くの人々がそれに参加し、これまで以上に今それを実践されている最古の宗教です。いくつかのヒンドゥー教のトレーダーは、カンボジア、インドネシア、さらにはタイのバリのような他の場所で育ったクメール帝国に宗教を広めるが、彼らはそれ自体が宣教師ではなかったと剣を通して信仰を広めていなかったことは事実ですが。

ヒンズー教徒は、他の信仰の人々を吸収する傾向があり、それによってそれらの信仰の厳しい教義を窒息させます。だから、一度インド全体に蔓延信仰た仏教同化、今1たはほとんどDharmashalaまたはブッダガヤのようないくつかの場所以外の場所仏教徒を見ません。ヒンズー教徒は、そのように神として彼を崇拝ヴィシュヌの化身仏を呼びます。ヴィシュヌはラム、クリシュナ、仏などのような多くのアバターを持っています

彼らはまた、任意の信仰の良い教えを受け入れ、後で自分自身を呼び出します。仏教徒によって実施されているように、非暴力は現在、ヒンドゥー教の一部であり、仏教の期間中の牛の食肉処理の禁止は、依然として主に菜食主義であるヒンドゥー教徒によって実践されています。もともとヒンズー教徒は、しかし菜食主義者ではなかったです。

彼らは牛肉とSomras呼ば飲んだアルコールを含む肉のすべての種類は数千年前にヴェーダ期間中にいくつかの植物から作られた食べました。

彼らはまだ彼らはSurinderまたはVirinderとしてそれを書く彼らの言語でのことを除いなどSurendra、Virendraのようなヒンドゥー教の名前を持っているので、シーク教徒はまた、ヒンドゥー教の一部とみなされます。彼らはグル・ナーナクの知恵の言葉が含まれていますが、それはヒンズー教徒とokですGrantha紳士と呼ばれる教祖ナナック、自分の聖典と呼ばれる独自の預言者を持っています。シーク教徒は力によってそれらを変換しようとしたグル・ナーナクの教示に基づいて、信仰の彼らのブランドを開発し、イスラム教徒に対して武器を取り上げたヒンズー教徒でした。

彼らの信仰は、それはシーク教徒であることを彼らに伝え、彼らは常に彼らに5つのことを持っている必要があります。これらの5つのことは、長い髪とひげ、自分の髪でくし、ナイフ、それぞれの明確な目的を持っているスチールブレスレットと綿の下着です。

ヒンズー教徒の中で、多くの場合、単にキリスト教徒やイスラム教徒のように、相互に同意するが、彼らはヒンズー教徒としての団結立って、彼らの宗教は宗教よりも生活様式のよりであることを信じていない多くの派閥と多くの宗派があります。彼らはまた、彼らは完全に一致しないかもしれないがヒンズー教徒の間に存在する調和の並べ替えがあるので、他の宗教、宗派や派閥の寛容であると教示されています。

その後、米国に行って、それが今日であるものにニューヨークで、その謙虚な起源から成長したクリシュナ意識の動き、世界的な現象として今日知られているものを確立スワミ・プラブパーダのようないくつかのヒンドゥー教の伝道者が来たが、これはでの最近の開発でありますヒンドゥー教の普及。

もちろん、ありふれたものであり、どこかに自分の店をセットアップし、ヒンドゥー教の信仰のための西部の魅力を活用し、数百万ドルをで熊手の達人か偽物swamisがあります。あなたは特別に若いと物憂げな作業群衆が、彼らの絶え間ない唯物や消費者貪欲文化にうんざりしている人方法を知っていれば宗教はとてももうかるではありませんでした。彼らは宗教に悪い名前を与えるが、同じだけの金持ち。

しかし、霊の非常に高いレベルに達しており、当社の現在の指導者を含め、今日のインドの何百万人を鼓舞し続けている人ヒンズー教徒があります。

そのような偉大な人物は、1891年に異教徒間の会議は多くの日のために開催されたシカゴに行って、彼は「私の兄弟とアメリカの姉妹」として人々に対処どこヴィヴェーカーナンダでした。その人は彼を聞くために数千人に待っていたし、彼らはとても気に入ってヒンドゥー教の哲学のような力強いプレゼンテーションを聞いたことがなかったので、彼はどこに行っても彼に続いた後。その後、偉大な精神的指導者の一人と8ボリュームに発表された彼の作品として、世界全体に広がる彼の名声は広く読まれています。

あなたがカンニヤークマリに行けば今日、あなたは彼が座って祈るために使用され、ここで彼の花崗岩のライフサイズの画像が数百万人が訪れた寺院を飾る岩の上に構築された壮大な寺院が表示されます。 Belurのは、彼が貧しいサービスを提供し、壮大な寺院はスワミとシュリーラーマクリシュナのDevを称えるために構築されているところが確立することをラーマクリシュナ・ミッションの本部です。

しかし、インドはDakshineshwarに住んでいたし、若いヴィヴェーカーナンダに精神性とどのようにそれらを達成するための要点を教えシュリーラーマクリシュナParamhansadevのような多くのような偉大な精神的指導者を作り出しました。ラジャ・ラムモハンロイ、IshwarチャンドラVidyaサーガルや他の多くのような多くの偉大な指導者は離れて西部の影響、アルコール依存症やその他の中毒性の悪徳から、その期間の若者を導くために社会的に大きな影響を与えました。

インドはのでそこに生まれ、そこに教えられたような偉人の霊性の地と呼ばれています。当時のネパールと呼ばない場所がなかったので、仏陀自身がインドで生まれた覚えておいてください。

クリシュナは王族に生まれましたが、マトゥラ王だった彼の叔父は、子供が後で彼を殺す彼の妹に生まれてくるだろうと言われました。彼はとても彼の妹が投獄されていたとクリシュナは、第八の子として生まれたまでの彼の妹に生まれたすべての子供たちが一枚ずつ殺していたし、彼は何とかによりブリンダバンに刑務所の外に密輸育った彼の人生のための暴君と恐れていましたヤソーダラーと呼ばれる牛乳を注ぐ女。その後、若い男としてのクリシュナは、彼の運命の約束を保持し、彼の叔父Kanshaが死亡し、暴君の支配から人口を救いました。

クリシュナは後に、彼はパーンダヴァに味方し、悪と戦うために行うには正しいことだったとして戦いを戦うためにアルジュンを確信マハーバーラタの戦いで重要な役割を果たしました。戦闘中に話さ彼の言葉は、ヒンズー教徒は神の言葉としてあがめるギーターです。

長い歴史を通してので、クリシュナや仏陀のような人々はヒンズー教徒に住んでいると精神の高いレベルを達成するための正しい方法を示すために生まれました。

誰もが真剣にクリシュナや仏陀やヴィヴェーカーナンダの教えを取り、不正行為や犯罪の多くのライブ生活しかしによると、大規模なヒンズー教徒は、貧しい人々に施しを与え、多くの方法でそれらを助ける宗教的な人々です。私の馬は毎月慈善団体へと孤児にお金を与えるために使用し、常に我々のドアに来た人に施しを与えました。

インドの美しさ:

今、私は私がそこに生まれたので、私は偏りがあるかもしれないが、あなたがあなた自身の裁判官であることと自分の心を作ることができますが、国としてインドの美しさについて書きたいと思います。私はインドの多くの科目にいくつかの素晴らしいパワーポイントを公開している、あなたは、Googleドライブでそれらのすべてを見ることができます。私は下のリンクを掲載します。

インドは常に地域、収入などの上に彼らの隣人王と口論とその王女または女王の誘拐の上にいくつかの侮辱を復讐するために一定の戦争を戦った多くの王国とそのささいな王からなる封建的な国でした。彼らはまた、攻撃から自分自身や人口を保護するために印象的な砦を築き、.ITがインドにこのような多くのファラオであった、彼らは一つの国としてインドとは見なされませんことを除いてちょうどエジプトのようなものだった一定の補給を必要として軍隊に農家の息子を徴兵しました。

イスラム教徒や英国などの外国人は王とその王国の間でこの部門の利点を取って、王の中の戦いを奨励することにより、容易に足掛かりを得ることができました。クライヴは、このゲームの専門家であり、彼は後にビクトリアブリティッシュ・ルールへの前駆体であった東インド会社を促進することができた人頭に浮かぶ。

これらの王たちは惜しみなく住んでいて、自分の利己的な利益のために人口を活用するコストで自分自身に惜しみなく費やしました。彼らの豪華な宮殿は今ではなく、彼らは金と銀のプレートから食べ、絹で自分の宮殿を包み、輸入家具やベルギーミラーを充填し、ロールスロイスを運転そこに全く贅沢な生活を送ったら、gawkは観光客を持ち歩くカメラの空です。人口が貧困と不幸だけに住んでいたと徴兵時、王のために死亡した彼らも、自分自身の私鉄線やコーチを持っていました。

そのような王はイングランドに行って、彼はイングランドの水に触れたくなかったので、彼の船で運ばガンガーの水で満たされた2巨大な銀の船を持っていました。

全インドの上には、これらの過去の王の行き過ぎとその巨大な砦、宮殿、庭園、彼らの印象的な武器庫が表示されます。いくつかの隠された宝物室は、彼らが金と銀の莫大な量と民主主義への数十億の.Thanks価値宝石を保存されている場合には、これらの宝物は現在、インド政府によってうまく利用して置かれていることが見出されています。しかし、このような多くの宝物が隠されたままです。

そして、新たな高みにその贅沢を取り、自分の宮殿や砦を構築し、信じられないほどの富を蓄積したが、そのシェアを支払うことに失敗しないようにあえて貧しい納税者のための唯一の鞭を持っていたモーグルが来ました。タージ・マハルは、王が心から支払われる贅沢のような例です。その内側壁は一度キャンドルライトに輝いていた宝石ちりばめたが、英国はそのの世話をしたし、偽物で宝石を交換しました。

非常に少数のそのような支配者は、自然の中で善意だったし、それだけロイヤリティを提供するために意味された不運な人を支配する彼らの神聖な権利と見なさ。そのような支配者の力は、中央インドのオーランガバードの近くダウラタバードで彼の新しい首都にデリーからの全人口を行進し、わずか7年後に戻ってデリーにそれらを行進カエルすることを決めました。彼は、プロセス中に死亡したどのように多くの人々気にしませんでした。今ダウラタバードの彼の難攻不落の砦は、彼のクレイジーなアイデアの記念碑として立っが、1つは、そのような狂気やインド各地結果を見ることができます。

アグラ近くファテープル・シークリーの放棄市は、このような愚行、しばらくの間そこに住んでいたが、彼はそのため干上がった水を貯蔵するために構築された人工湖が街を運命とアクバルが死んだとき、人々は左モーグル王アクバルの豪華な支出の別の例です。誰もアグラにヤムナ川から水を持って来るために運河を掘るために彼を示唆していないが、私はそれを疑うが、おそらく当時には油圧エンジニアがありませんでした。

ロイヤリティは、貧しい人々が住んでいて、決してそれらまたは学校や道路のために家を建てていないか気にしませんでした。ラクナウで愚かなナワブは、彼が1、彼は彼らが何千ものを構築する可能性があり、王に言った.NO、彼らが仕事を持っていることができるように、彼らが次の日に解体し、それを再構築しなければならなかった家を建ててみましょうので、人々は仕事が必要と言われました計画された方法でこれらの貧しい人々のための住宅。

例外だったと一般の人々を移動するよりも、彼の軍隊と軍事物資を移動する壮大な幹線道路おそらく多くを建てシェール・シャーと呼ばれる1王がありました。まだ道路は道路であり、人々はまだ多くの世紀後にそれを使用しています。

他の王たちは、人々は、あなたが都市計画が不明であったすべての都市にそれらによって建てられhovelsが表示されますので、何の計画はありませんでした、自分の居住地を作成してみましょう。これらは、古い都市と呼ばれ、彼らは英国が構築された新しい計画都市と並んで存在します。良い例が、デリーそのものです。

 

動植物:

あなたはインドがライオン、サイや他の動物が、アフリカの外に発見され、アジアで唯一の国であることを知っていますか?あなたは多くの場所で、多くの場合、電車や川イルカやgharialsから巨大なnilgaisを見ることができます。 Nilgaisは鹿の一種です。

シベリアと中央アジアからの鳥の何百万はヒマラヤ山脈を渡り、毎年インドの多くの地域で野生生物保護区でねぐらに来ます。あなたはこれらの鳥の保護区で壮大なシベリアクレーンや他のエキゾチックな鳥を見ることができます。

私たちは、これらの動物が近くだったので、私たちの家からジャッカルとオオカミの遠吠えだけでなく、ハイエナを聞くために使用されます。今、彼らは離れによる人口の圧力に移動しているが、彼らはまだたくさんの農村部で発見されています。丘はジャガー、黒ヒョウ、クマやトラ、ヒョウやチーターのような他の恐ろしい動物の間であってもレッサーパンダに満ちています。ロイヤルベンガルトラは世界その美し.Thereで有名です多くのトラ保護区は今、彼らは保護されている場所と1はライオンズが、彼らがGIRに獲物をたくさん持っているので、彼らは人々に脅威を与えないグジラートで村の近くに住む見ることができます彼らは通常、生き森。 Gharialsも保護され、繁殖させ農場で、政府によって荒野にリリースされています。

英国では、常にこれらの美しい動物を狩り、彼らは楽しみのために殺されたどのように多くのトラ自慢しかし今、彼らは、政府によって保護されていました。

あなたは南のか、ヒマラヤとアッサムの麓にある自然公園で野生のゾウが表示されます。カメラ携えた観光客が写真を取っていた南に旅行に猛烈に彼らはジャガーとチーターがによって待っていた場合は、黒ジャガーやヒョウやtwo.Asを撮影することができるならば、その日は完全になることを言いながら私たちは多くのそのような象を見ましたこのようなシャッターチャンスのための沿道は愚かな観光客です。彼らはあなたが人々の愚かさを過小評価することはできませんでしたが野生の象に到達しようとしなかったことは良いです。

唯一のインドの1にこれらの貧しいクマを解放し、彼らは獣医療や食品を受け、避難所や遊牧民であるクマの所有者にそれらを置くためのプログラムが今そこにある頻繁にあるが、道路上で飼いクマやゾウを見ることができる新たな貿易やスキルを教えています生活費を稼ぎます。

私はちょうど彼らが今保護されているので、彼らがすべきであるとして、彼らは任意のケアや気にせずに嬉しくているかのように遊んでいたベナレスでガート近くガンガーの川のイルカに感動しました。政府は、このような災害に非常にゆっくりと目を覚ますので、彼らは別の場所で絶滅しています。

孔雀はインドの国鳥であり、それらが増殖し、森林地帯の多くの都市、公園やコースの中で発見されているので、彼らは時間がないの刑務所であなたを着陸する予定殺します。私はあなたがチェックアウトするようなことがあり、「インドの鳥」に私のPowerPointに入れて1200以上の鳥種があります。私はこのブログの最後にあるリンクを掲載します。

しかし、それは国が面白くインドの人々です。彼らはすべてでインド人であれば、多くの場合、あなたが疑問に思う人のように多くの種類があります。彼らは公式話されていませんが、以上の18の公用語と、より多くを持っています。彼らの食糧、自分の服、彼らの皮膚の色、彼らの言語、彼らのマナー、習慣などは州によって大きく異なります。南部の寺院建築は、北からの非常に異なっており、東は西とは異なります。

現代インド:

ただインドで作られた単一のロケットを使用して、軌道上でのワンショットで20衛星を入れている現代のインドは、その技術力と能力で巨大な誇りを発生させます。インドの宇宙計画はNASAがであまりにもインドのどこか宇宙センターにリアルタイムに高解像度の写真を送信し、その火星への衛星を送るように数年前を考えることができるものであったことをするインドの能力を証明するものです米航空宇宙局(NASA)によって送信されたようなミッションのコストの100番目。すべての機器は、彼らは知的で非常によく訓練されていることを証明しているインドのロケット科学者によって設計され、作られています。インドはまた、森林のカバーやその他の特徴を示す与え、人々はテレビ、ラジオ、他の種類のメディア、天気予報能力、鋭い衛星画像へのアクセスを、国全体をカバーする独自の通信衛星を持っています。

インドの繊維産業は、独立以来驚異的に成長し、綿から絹や合成繊維にすべての種類の非常に高品質の生地を製造しています。梳毛ウール生地は、世界でも最高級です。シルクサリーを作る手織り機業界は、色やデザインの輝きのために世界中で知られており、輸出されています。

そこに市場内の果物や野菜が豊富であり、インドは自分自身を供給する。これは大したことで、食糧供給は過剰がしばしばエクスポートされ、人々は補助金穀物を買うことができるように、すべての州のすべての地区に巨大な貯蔵施設を建設した政府、ダル、砂糖などによって保証されています。

インドはインドのIT専門家が作成し、モバイルデバイスのための独自のプログラムを作成し、そのサービスが中に求められているようにもコンピュータのウィザードとして知られている行政サービスでの生活がより簡単かつ効率的に生活のあらゆる分野でのコンピュータ、銀行、運輸業界などを導入しています他の国々。

防衛産業は、インドはまだ他の国からの兵器と技術のすべての種類をインポートしますが、武装勢力によって必要とされている飛行機、戦車や潜水艦、船舶及びその他の関連資料からすべてを作る巨大な産業に1947年に事実上ゼロから成長してきました。

あなたが夜遅く任意の鉄道駅のプラットフォームの上に立つことが起こる場合は、運賃はキロは長い軍事ハードウェアのどこかの工場からどこかに行く新しいすべてのブランドを運ぶ通過する列車が表示されます。

誰もが今の携帯電話を持っているので、通信業界でも非常に急速に成長しており、1は明確な受信にどこでもインドや海外で呼び出すことができます。

とにかく私はここで停止し、それがあなたの一生に一度の経験になりますので、それはインドのような国を訪問する価値があると言うだろう。

 

あなたはインドの詳細については、以下のリンクをチェックアウトしたいことがあります。

https://onedrive.live.com/?id=73E91E206EF5176A%21841&cid=73E91E206EF5176A

それは芸術、歴史、工芸品、鳥、絹、野生生物、カジュラホなどのような様々なテーマについて18電源ポイントを持っています
`

Watashi wa kanari no jikan no tame ni, Indo, watashi ga umareta kuni ni tsuite kakitai sodachi, kyōiku o ukemashitaga, saishūtekini wa doko ka ochitsuku tame ni nokotte imasu. Watashi wa, sore ga tohōmonai seidjiteki konran to sono nagai rekishi no naka de zenrei no nai zenkoku no gekihen o tsūka shita jiten de no kuni de umaremashita. Indo wa sono gekidō no rekishi no naka de chōkikan doreideatta bāburu ya Igirisu, Furansu nado no gaikoku hito wa, Porutogaru-go, sarani wa Oranda-go, subete o tameshi, ikutsu ka wa, chichi to mitsu no kono kodai no tochi ni ashigakari o eru koto ni seikō shi, kyokutan’na tomi no to narande kyokudo no hinkon-gawa.

Karera wa karera no kunshu no namae ya jibun-tachi no shūkyō ni kisai shi, mujihi kakuritsu suru tame ni, seimei no kyodaina sonshitsu o hikiokosu shihai shite iru koto o karera to shūkyō no karera no burando, karera no bunka, karera no bōeki ya shōgyō, kuni o akuyō suru subete no yoku no hotondo o motarashimashita zen sekai de yunīkudatta azuma no Biruma ni nishi to sono tayō-sei to bunka no kotonaru hitobito ni Afuganisutan kara hikinobasa rikuchi no ue ni jibun no kaisha o seigyo shimasu.

Kodomo wa doko ka ni kare no chichi wa kunshu to shite shihai shi, kare wa tsuneni fantajī no tochi no yō ni no yō ni michite ita koto Haindo ni tsuite motto kare ni tsutaeru tame ni kare no uba o kongan shita Chūōajia no minami ni atta `Haindo’ no monogatari ni miryō sa reta yō bāburu tomi wa itsuka iku to soko ni ō ni naru tame ni, sono nenrei de chikaimashita.

Kare wa Afuganisutan de kyodaina guntai o shūshū suru tame ni, wakai shihai-sha to shite no kare no saisho no suteppu o totte, sonogo Kaibaru keiyu de no kōshin pānīpatto to yoba reru heiya ni kita derī no tatakai de Indo no shihai-sha o jūji suru tame ni watashi, derī no surutan o yaburi, shikkari to kare o setsuritsu shimashita jikan o kakete seichō shi, mōguru ōchō o settei Indo no chīsana bubun o shihai. Karera wa nanbyakunen mo no ma, Indo o shihai shi, saigo no mōguru jōgi bahado~ūru shājaafaru wa horyo ni shi, kare wa kare no mukashi no jidai ni nakunatta Biruma ni okura reta toki ni Igirisu ni yotte haiboku shimashita.

Bāburu wa kore made Indo ni kite, mōguru ōchō o settei suru zutto mae ni shikashi, kurikaeshi Lodis ga kenchodeatta hito no uchi, derī de no surutan o watashi, settei Khybar o tsūjite Indo ni shinkō Afuganisutan kara hoka no shihai-sha ga arimashita. Hitotsu wa, niwa no ēkā no mattadanaka ni derī de no reibyō o miru koto ga dekimasu. Sonohoka wa junsui ni ryakudatsu ni kita ryakudatsu, ryakudatsu, maitoshi koroshita to Indo o ryakudatsu suru koto wa totemo yūekidattanode, mairu nagai rakuda no kyaraban ni tōsai sa reta būtsu de nokoshimashita.

Sono ken ni yotte Isuramukyō no hirogari wa chōdo bōnasudattashi, sorera ni oboreru to, karera wa sō shinu tame ni okotta baai wa 75 shojo houris wa karera no te to ashi ni matteita karera no rakuen de fudō no chii o kaimashita. Sono tomi no tame ni shira rete sōmunāto no jiin wa jiin ga sorera o ryakudatsu suru tame ni ōku o motte itashi, ryakudatsu to mattaku bōgyo o motte inai koto o yukai ni odoroita tōzoku no onaji gyangu nō-miman no 15-bai o ryakudatsu shimasendeshita. Shikashi, rekishi ni modotte, soreha, ryakudatsu suru tame ni Indo ni kita hito arekisandādatta ō ga puru to yoba re, kare ga dono yō ni atsukawa rerubeki ka kare ni tazuneta yaburimashita.

Puru wa, kare wa ō ga arekisandā ni kanmei o atae, kare ga shin’nyū shinai koto o kettei shi, bakkumakedonia e iki,-betsu no ō o atsukau onajiyōni atsukawa rerubekidearu to kotaemashita. Kare no heishi-tachi wa nagai mugen no sensō no tsukarete ita to sono kazoku ni kikoku shitakatta to sōkō zō no nan sen mono wa, karera ga kantan ni shintō shi, tagaku no sonshitsu o totta koto ga dekinakatta osorubeki bōei rain o keisei kimyōna tochi de tatakau tame ni koreijō o nozonde imasen.

Karera wa mata, netsu ya ka no byōkideshita. Arabu hito wa,-sō, kono namae wa agura chikaku Sikandara to yoba reru basho ni maisō suru koto o nozonda subarashī mōguru wa kare no tame ni kōchiku sa reta dai reibyō ga attaga, hitobito wa namae Sikandara ga sa rete haitte kita ka wasurete shimatta Indo. Akbar ni taizai Sikandar kare o yobimashita. Hotondo no hito wa Indo no nagai rekishi o shirimasen.

Vu~asuko da gama to yoba reru Porutogaru no tanken-ka wa, zen seiki ni torihiki o Indo ni kite, Porutogaru wa, karera ga modotte 1960-nendai ni Indo-gun ni yotte kyōsei sa reru made, karera wa karera no koronī o settei suru 3 basho, Goa, daman de~yū no hōrudo o eru koto ga dekimashita. Naseru wa Porutogaru-go ga modotte jibun no koronī o toru tame ni heishi no sōshin o teishi suru tame ni Suezu unga o burokku tasukemashita. Toki hitobito hajimete Indo ni kite, karera no kankaku ga hen’naoto ni osowa rete iru, nioi, kaori, gunshū, kimyōna subete no fukyōwaon,-iro, hōfude dōshokubutsu, kōdaina teien no naka ni mushi de tsutsui utsukushī kujaku no bōdō derī no, kyokutan’na tomi to narande hinkon-gawa.

Doko no sekai de, kono yōna kontorasuto ga sonzai shi, karera wa Indo no kangae subeki koto no karera no kokoro o tsukuru koto wa dekimasen. Hotondo wa chōdo, tāji maharu o otozure derī to rajasutan-shū no ikutsu ka no kyūden o mite kaette ikimasu. Ikutsu ka wa, Indo no ta no bubun o miru tame ni samayoimasu, karera ga mita mono ni miryō sa remasu. Kan’niyākumari no tochi no owari made to rajasutan-shū no sabaku no suna ni Assamu no emerarudogurīn no chaen kara Himaraya no kōshōna yuki no pīku kara, Indo wa sono henka shi tsudzukeru fūkei to hito o kandō sa seru shippai suru koto wa arimasen.

Watashi wa boro ni tsutsuma reta hōseki to shite Indo o kangaeru tame ni shiyō sa reruga, korera no boro wa saishūtekini ofu ni kite iruto Indo wa sekai de mottomo kyū seichō shite iru keizai to shite fujō shite imasu. Watashi wa sore wa osoraku, kono bunmyaku de yomu kachi ga aru node, watashi ga kodomodatta toki ni watashi wa Indo ni tsuite kaita kinō, kyō to ashita to yoba reru burogu o kaka rete imasu. Shikashi, sore wa hotondo no kankōkyaku ga mite, sore o miru tame ni daishō o harau Indo no butsuri-tekina utsukushi-sadesu.

Kankōkyaku jimoto dakedenaku, gaikoku hito wa, itsumo no yō ni sugu ni karera wa kyūban no tame ni anata o mitsukedasu yō mawari no mure fukinshin’na hitobito no taigun ni yotte no riten o tora rete imasu. Sono imi de, karera wa Itaria ya Girishia hito to mattaku onaji sōsa o okonau to, senaka no ushironi anata o warau ta to chigai wa arimasen.   Seishin-tekina Indo: Dono yō na hotondo no hito ga miru koto wa arimasen suru koto wa, ōku no hon ga kaka rete ita Indo no seishin-tekina sokumendesu. Hindo~ū kyō wa, rīdā, shūkyō o umidashita mōse ya iesu ya Mohamedo nado no yogen-sha to sono buka wa sonogo, karera no kyōdō shūkyōga o michibiku tame ni seisho ya kōran to yoba reru hon o kaite inai yuiitsu no shūkyōdesu. Īe.

Indo wa hon o motte imasenga, Indo wa vu~ēda, upanishaddo, purāna to mahābārata to rāmāyana no monogatari to yoba reru kodai no kyōten o motte imasu. Dare ga furui kyōten to dare ga sore o kaita dake de, seisho no yōna suisoku sagyō ga vu~ēda to yoba reru okonau koto ga dekimasu sa rete iru hōhō o shitte inaiga, ikutsu ka wa, 3500-nen mae ni iu to, hokanohito ga Mohenjodaro to harappā mae ni 8000-nen ijō mo mae ni itte kaka rete imashita. Shikashi, daremoga kakushin shite imasen.

Karera wa, rāmāyana to mahābārata, dare ramu ga atta to no Tai hito ya hokanohito ga jibun no yō ni ramu o shuchō shi, sono shōko to shite, anata ni Ayutaya ga hyōji sa remasuga, kare ga umareta basho o kaita jinchi tte imasu. Chinamini Ayutaya wa, hinzū kyōto wa ramu ga umare, sunde ita to shinjite i uttarupuradeshu-shū de namae Ajodhya no Tai-go-bandesu. Hinzū kyōto wa, onaji kami no araware to shite, subete no shūkyō o ukeire, dōka shiyou to surunode, Isuramu kyōto no shinryaku to karera no shinkō ni hinzū kyōto no kyōsei henkan to kirisutokyō no jibun-tachi no burando ni ikutsu ka no henkan-go ni Igirisu no senkyōshi wa hindo~ū kyō o yokusei suru koto ga dekimasendeshita sorera.

Karera wa Isuramukyō piāsu e no keii o shimeshi, sorera no reibyō o hōmon suruga, karera wa hokanohito no yō ni Isuramu kyōto o dōka dekimasendeshitaga, soreha mata betsu no hanashidesu. Watashi wa sono hanashi o kakimasen. Karera no shinkō ni shitsubō ōku no Isuramu kyōto to kirisutokyōto wa, hindo~ū kyō ni sai henkan shi,`kitaku’ matawa Ghar wapasi nado no puroguramu o tōshite kangei sa rete imasu.

Shikashi, hinzū kyōto wa, kirisutokyōto to Isuramu kyōto no yōna proselytizers monode wa naku, karera wa sore wa subarashī shūkyōdearu koto o sekai ni nattoku sa seru hitsuyō ga nai koto o kanjiru node, hoka no tochi ni jibun-tachi no shinkō no yushutsu o shinjite imasen. Kore wa, riyū no tame ni, kodai no shūkyō ya Sanatan daruma to yoba rete imasu.

Sore wa, sono kigen wa mada nazo ni tsutsuma retaga, yori ōku no hitobito ga sore ni sanka shi, kore made ijō ni ima sore o jissen sa rete iru saiko no shūkyōdesu. Ikutsu ka no hindo~ū kyō no torēdā wa, Kanbojia, Indoneshia, sarani wa Tai no Bari no yōna ta no basho de sodatta kumēru teikoku ni shūkyō o hiromeruga, karera wa sore jitai ga senkyōshide wa nakatta to ken o tōshite shinkō o hiromete inakatta koto wa jijitsudesuga. Hinzū kyōto wa, hoka no shinkō no hitobito o kyūshū suru keikō ga ari, sore ni yotte sorera no shinkō no kibishī kyōgi o chissoku sa semasu.

Dakara, ichido Indo zentai ni man’en shinkōta bukkyō dōka, ima 1ta wa hotondo Dharmashala matawa Buddagaya no yōna ikutsu ka no basho igai no basho bukkyōto o mimasen. Hinzū kyōto wa, sonoyōni kami to shite kare o sūhai vu~ishunu no keshinbutsu o yobimasu. Vu~ishunu wa ramu, kurishuna, Futsu nado no yōna ōku no abatā o motte imasu karera wa mata, nin’i no shinkō no yoi oshie o ukeire,-go de jibun jishin o yobidashimasu. Bukkyōto ni yotte jisshi sa rete iru yō ni, hi bōryoku wa genzai, hindo~ū kyō no ichibudeari, bukkyō no kikan-chū no ushi no shokuniku shori no kinshi wa, izentoshite omo ni saishoku shugidearu hindo~ū kyōto ni yotte jissen sa rete imasu.

Motomoto hinzū kyōto wa, shikashi saishoku shugi-shade wa nakattadesu. Karera wa gyūniku to Somras yoba nonda arukōru o fukumu niku no subete no shurui wa sūsen’nenmae ni vu~ēda kikan-chū ni ikutsu ka no shokubutsu kara tsukura reta tabemashita. Karera wa mada karera wa Surinder matawa Virinder to shite sore o kaku karera no gengo de no koto o jo i nado Surendra, Virendra no yōna hindo~ū kyō no namae o motte irunode, shīku kyōto wa mata, hindo~ū kyō no ichibu to minasa remasu.

Karera wa guru nānaku no chie no kotoba ga fukuma rete imasuga, soreha hinzū kyōto to okdesu Grantha shinshi to yoba reru kyōso nanakku, jibun no seiten to yoba reru dokuji no yogen-sha o motte imasu. Shīku kyōto wa chikara ni yotte sorera o henkan shiyou to shita guru nānaku no kyōji nimotozuite, shinkō no karera no burando o kaihatsu shi, Isuramu kyōto ni taishite buki o toriageta hinzū kyōtodeshita. Karera no shinkō wa, soreha shīku kyōtodearu koto o karera ni tsutae, karera wa tsuneni karera ni itsutsu no koto o motte iru hitsuyō ga arimasu. Korera no itsutsu no koto wa, nagai kami to hi-ge, jibun no kami de kushi, naifu, sorezore no meikakuna mokuteki o motte iru suchīruburesuretto to wata no shitagidesu.

Hinzū kyōto no naka de, ōku no baai, tan’ni kirisutokyōto ya Isuramu kyōto no yō ni, sōgo ni dōi suruga, karera wa hinzū kyōto to shite no danketsu tatte, karera no shūkyō wa shūkyō yori mo seikatsu yōshiki no yoridearu koto o shinjite inai ōku no habatsu to ōku no shūha ga arimasu. Karera wa mata, karera wa kanzen ni itchishinai kamo shirenaiga hinzū kyōto no ma ni sonzai suru chōwa no narabe-gae ga aru node, hoka no shūkyō, shūha ya habatsu no kan’yōdearu to kyōji sa rete imasu. Sonogo, Beikoku ni itte, sore ga kyōdearu mono ni nyūyōku de, sono kenkyona kigen kara seichōshita kurishuna ishiki no ugoki, sekai-tekina genshō to shite kyō shira rete iru mono o kakuritsu suwami purabupāda no yōna ikutsu ka no hindo~ū kyō no dendō-sha ga kitaga, koreha de no saikin no kaihatsudearimasu hindo~ū kyō no fukyū.

Mochiron, arifureta monodeari, doko ka ni jibun no mise o settoappu shi, hindo~ū kyō no shinkō no tame no seibu no miryoku o katsuyō shi, sū hyaku man doru o de kumade no tatsujin ka nisemono swamis ga arimasu. Anata wa tokubetsu ni wakaito monou-gena sagyō gunshū ga, karera no taema nai yuibutsu ya shōhisha don’yoku bunka ni unzari shite iru hito hōhō o shitte ireba shūkyō wa totemo mōkarude wa arimasendeshita. Karera wa shūkyō ni warui namae o ataeruga, onaji dake no kanemochi.

Shikashi, rei no hijō ni takai reberu ni tasshite ori, tōsha no genzai no shidō-sha o fukume, kyō no Indo no nan hyaku man hito o kobu shi tsudzukete iru hito hinzū kyōto ga arimasu. So no yōna idaina jinbutsu wa, 1891-nen ni ikyōto-kan no kaigi wa ōku no hi no tame ni kaisai sa reta Shikago ni itte, kare wa `watashi no kyōdai to Amerika no shimai’ to shite hitobito ni taisho doko vu~ivu~ēkānandadeshita. Sono hito wa kare o kiku tame ni sū sen-ri ni matteita shi, karera wa totemo kiniitte hindo~ū kyō no tetsugaku no yōna chikaradzuyoi purezentēshon o kiita koto ga nakattanode, kare wa doko ni itte mo kare ni tsudzuita nochi.

Sonogo, idaina seishin-teki shidō-sha no hitori to 8 boryūmu ni happyō sa reta kare no sakuhin to shite, sekai zentai ni hirogaru kare no meisei wa hiroku yoma rete imasu. Anata ga kan’niyākumari ni ikeba kyō, anata wa kare ga suwatte inoru tame ni shiyō sa re, koko de kare no kakōgan no raifu saizu no gazō ga sū hyaku man hito ga otozureta jiin o kazaru Iwanoue ni kōchiku sa reta sōdaina jiin ga hyōji sa remasu. Belur no wa, kare ga mazushī sābisu o teikyō shi, sōdaina jiin wa suwami to shurīrāmakurishuna no Dev o tataeru tame ni kōchiku sa rete iru tokoro ga kakuritsu suru koto o rāmakurishuna misshon no honbudesu.

Shikashi, Indo wa Dakshineshwar ni sunde itashi, wakai vu~ivu~ēkānanda ni seishin-sei todo no yō ni sorera o tassei suru tame no yōten o oshie shurīrāmakurishuna Paramhansadev no yōna ōku no yōna idaina seishin-teki shidō-sha o tsukuridashimashita. Raja ramumohanroi, Ishwar chandora Vidya sāgaru ya hoka no ōku no yōna ōku no idaina shidō-sha wa hanarete seibu no eikyō, arukōru isonshō ya sonohoka no chūdoku-sei no akutoku kara, sono kikan no wakamono o michibiku tame ni shakai-teki ni ōkina eikyō o ataemashita. Indo wanode soko ni umare, soko ni oshie rareta yōna ijin no reishō no ji to yoba rete imasu.

Tōji no nepāru to yobanai basho ga nakattanode, budda jishin ga Indo de umareta oboete oite kudasai. Kurishuna wa ōzoku ni umaremashita ga, mato~ura-ōdatta kare no oji wa, kodomo ga atode kare o korosu kare no imōto ni umarete kurudarou to iwa remashita. Kare wa totemo kare no imōto ga tōgoku sa rete ita to kurishuna wa, dai hachi no ko to shite umare tama de no kare no imōto ni uma reta subete no kodomo-tachi ga ichi-mai zutsu koroshite itashi, kare wa nantoka ni yori burindaban ni keimusho no soto ni mitsuyu sodatta kare no jinsei no tame no bōkun to osorete imashita yasōdarā to yoba reru gyūnyū o sosogu on’na.

Sonogo, wakai otoko to shite no kurishuna wa, kare no unmei no yakusoku o hoji shi, kare no oji Kansha ga shibō shi, bōkun no shihai kara jinkō o sukuimashita. Kurishuna wa ato ni, kare wa pāndavu~a ni mikata shi, aku to tatakau tame ni okonau ni wa tadashī kotodatta to shite tatakai o tatakau tame ni arujun o kakushin mahābārata no tatakai de jūyōna yakuwari o hatashimashita. Sentō-chū ni hanasa kare no kotoba wa, hinzū kyōto wa kami no kotoba to shite agameru gītādesu. Nagai rekishi o tōshitenode, kurishuna ya budda no yōna hitobito wa hinzū kyōto ni sunde iruto seishin no takai reberu o tassei suru tame no tadashī hōhō o shimesu tame ni umaremashita.

Daremoga shinken ni kurishuna ya budda ya vu~ivu~ēkānanda no oshie o tori, fusei kōi ya hanzai no ōku no raibu seikatsu shikashi ni yoru to, ōkibona hinzū kyōto wa, mazushī hitobito ni hodokoshi o atae, ōku no hōhō de sorera o tasukeru shūkyō-tekina hitobitodesu. Watashi no uma wa maitsuki jizen dantai e to minashigo ni okane o ataeru tame ni shiyō shi, tsuneni wareware no doa ni kita hito ni hodokoshi o ataemashita. Indo no utsukushi-sa: Ima, watashi wa watashi ga soko ni uma retanode, watashi wa katayori ga aru kamo shirenaiga, anata ga anata jishin no saibankandearu koto to jibun no kokoro o tsukuru koto ga dekimasuga,-koku to shite Indo no utsukushi-sa ni tsuite kakitai to omoimasu.

Watashi wa Indo no ōku no kamoku ni ikutsu ka no subarashī pawāpointo o kōkai shite iru, anata wa, gūguru doraibu de sorera no subete o miru koto ga dekimasu. Watashi wa shita no rinku o keisai shimasu. Indo wa tsuneni chiiki, shūnyū nado no ue ni karera no rinjin-ō to kōron to sono ōjo matawa joō no yūkai no ue ni ikutsu ka no bujoku o fukushū suru tame ni ittei no sensō o tatakatta ōku no ōkoku to sono sasaina ō kara naru hōken-tekina kunideshita. Karera wa mata, kōgeki kara jibun jishin ya jinkō o hogo suru tame ni inshō-tekina toride o kizuki,. IT ga Indo ni ko no yōna ōku no faraodeatta, karera wa hitotsu no kuni to shite Indo to wa minasa remasen koto o nozoite chōdo Ejiputo no yōna monodatta ittei no hokyū o hitsuyō to shite guntai ni nōka no musuko o chōhei shimashita.

Isuramu kyōto ya Igirisu nado no gaikoku hito wa ō to sono ōkoku no ma de kono bumon no riten o totte,-ō no naka no tatakai o shōrei suru koto ni yori, yōi ni ashigakari o eru koto ga dekimashita. Kuraivu wa, kono gēmu no senmonkadeari, kare wa ato ni bikutoriaburitisshu rūru e no zenku-taideatta higashiindogaisha o sokushin suru koto ga dekita jintō ni ukabu. Korera no ō-tachi wa oshiminaku sunde ite, jibun no riko-tekina rieki no tame ni jinkō o katsuyō suru kosuto de jibun jishin ni oshiminaku tsuiyashimashita.

Karera no gōkana kyūden wa ima dewa naku, karera wa kanetogin no purēto kara tabe, kinu de jibun no kyūden o tsutsumi, yunyū kagu ya berugīmirā o jūten shi, rōrusuroisu o unten soko ni mattaku zeitakuna seikatsu o okuttara, gawk wa kankōkyaku o mochiaruku kamera no soradesu. Jinkō ga hinkon to fukō dake ni sunde ita to chōhei-ji,-ō no tame ni shibō shita karera mo, jibunjishin’no shitetsu-sen ya kōchi o motte imashita. So no yōna ō wa Ingurando ni itte, kare wa Ingurando no mizu ni furetakunakattanode, kare no fune de hakoba gangā no mizu de mitasa reta 2 kyodaina gin no fune o motte imashita.

Zen Indo no ue ni wa, korera no kako no ō no gyō ki sugi to sono kyodaina toride, kyūden, teien, karera no inshō-tekina buki-ko ga hyōji sa remasu. Ikutsu ka no kakusareta takaramono-shitsu wa, karera ga kanetogin no bakudaina ryō to minshu shugi e no sūjūoku no. Thanks kachi hōseki o hozon sa rete iru baai ni wa, korera no takaramono wa genzai, Indo seifu ni yotte umaku riyō shite oka rete iru koto ga miidasa rete imasu. Shikashi, kono yōna ōku no takaramono ga kakusa reta mamadesu.

Soshite, aratana takami ni sono zeitaku o tori, jibun no kyūden ya toride o kōchiku shi, shinji rarenai hodo no tomi o chikuseki shitaga, sono shea o shiharau koto ni shippai shinai yō ni aete mazushī nōzei-sha no tame no yuiitsu no muchi o motte ita mōguru ga kimashita. Tāji maharu wa,-ō ga kokorokara shiharawa reru zeitaku no yōna reidesu. Sono uchi sokuheki wa ichido kyandoruraito ni kagayaite ita hōseki chiribametaga, Igirisu wa sono no sewa o shitashi, nisemono de hōseki o kōkan shimashita.

Hijō ni shōsū no sono yōna shihai-sha wa, shizen no naka de zen’idattashi, soredake roiyariti o teikyō suru tame ni imi sa reta fuun’na hito o shihai suru karera no shinseina kenri to minasa. So no yōna shihai-sha no chikara wa, chūō Indo no ōrangabādo no chikaku dauratabādo de kare no atarashī shuto ni derī kara no zen jinkō o kōshin shi, wazuka 7-nen-go ni modotte derī ni sorera o kōshin kaeru suru koto o kimemashita. Kare wa, purosesu-chū ni shibō shita dono yō ni ōku no hitobito ki ni shimasendeshita. Ima dauratabādo no kare no nankōfuraku no toride wa, kare no kureijīna aidea no kinenhi to shite tagga, 1tsu wa, sono yōna kyōki ya Indo kakuchi kekka o miru koto ga dekimasu.

Agura chikaku fatēpuru shīkurī no hōki ichi wa, kono yōna gukō, shibarakunoaida soko ni sunde itaga, kare wa sonotame hiagatta mizu o chozō suru tame ni kōchiku sa reta jinkō mizūmi ga machi o unmei to akubaru ga shinda toki, hitobito wa hidari mōguru-ō akubaru no gōkana shishutsu no betsu no reidesu. Dare mo agura ni yamuna kawa kara mizu o motte kuru tame ni unga o horu tame ni kare o shisa shite inaiga, watashi wa sore o utagauga, osoraku tō tokiniha yuatsu enjinia ga arimasendeshita.

Roiyariti wa, mazushī hitobito ga sunde ite, kesshite sorera matawa gakkō ya dōro no tame ni ie o tatete inai ka ki ni shimasendeshita. Rakunau de orokana nawabu wa, kare ga 1, kare wa karera ga nan sen mono o kōchiku suru kanōsei ga ari,-ō ni itta. NO, karera ga shigoto o motte iru koto ga dekiru yō ni, karera ga tsugunohi ni kaitai shi, sore o sai kōchiku shinakereba naranakatta ie o tatete mimashounode, hitobito wa shigoto ga hitsuyō to iwa remashita keikaku sa reta hōhō de korera no mazushī hitobito no tame no jūtaku. Reigaidatta to ippan no hitobito o idō suru yori mo, kare no guntai to gunji busshi o idō suru sōdaina kansen dōro osoraku ōku o tate shēru shā to yoba reru 1-ō ga arimashita.

Mada dōro wa dōrodeari, hitobito wa mada ōku no seiki-go ni sore o shiyō shite imasu. Hoka no ō-tachi wa, hitobito wa, anata ga toshi keikaku ga fumeideatta subete no toshi ni sorera ni yotte tate rare hovels ga hyōji sa remasunode, nani no keikaku wa arimasendeshita, jibun no oyaji o sakusei shite mimashou.

Korera wa, furui toshi to yoba re, karera wa Igirisu ga kōchiku sa reta atarashī keikaku toshi to narande sonzai shimasu. Yoi rei ga, derī sonomonodesu.   Dōshokubutsu: Anata wa Indo ga raion, sai ya hoka no dōbutsu ga, Afurika no soto ni hakken sa re, Ajia de yuiitsu no kunidearu koto o shitte imasu ka? Anata wa ōku no basho de, ōku no baai, densha ya kawa iruka ya gharials kara kyodaina nilgais o miru koto ga dekimasu. Nilgais wa shika no isshudesu.

Shiberia to Chūōajia kara no tori no nanbyakuman wa Himarayasanmyaku o watari, maitoshi Indo no ōku no chiiki de yasei seibutsu hogo-ku de negura ni kimasu. Anata wa korera no tori no hogo-ku de sōdaina shiberiakurēn ya hoka no ekizochikkuna tori o miru koto ga dekimasu. Watashitachiha, korera no dōbutsu ga chikakudattanode, watashitachi no ie kara jakkaru to ōkami no tōboe dakedenaku, haiena o kiku tame ni shiyō sa remasu. Ima, karera wa hanare ni yoru jinkō no atsuryoku ni idō shite iruga, karera wa mada takusan no nōson-bu de hakken sa rete imasu.

Oka wa jagā, kuro hyō, kuma ya tora, hyō ya chītā no yōna ta no osoroshī dōbutsu no madeatte mo ressāpanda ni michite imasu. Roiyarubengarutora wa sekai sono utsukushi. Zea de yūmeidesu ōku no tora hogo-ku wa ima, karera wa hogo sa rete iru basho to 1 wa Raionzu ga, karera ga GIR ni emono o takusan motte irunode, karera wa hitobito ni kyōi o ataenai gujirāto de mura no chikaku ni sumu miru koto ga dekimasu karera wa tsūjō, iki mori. Gharials mo hogo sa re, hanshoku sa se nōjō de, seifu ni yotte kōya ni rirīsu sa rete imasu.

Igirisude wa, tsuneni korera no utsukushī dōbutsu o kari, karera wa tanoshimi no tame ni korosa reta dono yō ni ōku no tora jiman shikashi ima, karera wa, seifu ni yotte hogo sa rete imashita. Anata wa minami no ka, Himaraya to Assamu no fumoto ni aru shizen kōen de yasei no zō ga hyōji sa remasu. Kamera tazusaeta kankōkyaku ga shashin o totte ita minami ni ryokō ni mōretsu ni karera wa jagā to chītā ga ni yotte matte ita baai wa, kuro jagā ya hyō ya two.

As o satsuei suru koto ga dekirunaraba, sonohi wa kanzen ni naru koto o iinagara watashitachi wa ōku no sono yōna zō o mimashita ko no yōna shattāchansu no tame no endō wa orokana kankōkyakudesu. Karera wa anata ga hitobito no oroka-sa o kashōhyōkasuru koto wa dekimasendeshitaga yasei no zō ni tōtatsu shiyou to shinakatta koto wa yoidesu. Yuiitsu no Indo no 1 ni korera no mazushī kuma o kaihō shi, karera wa kemono iryō ya shokuhin o uke, hinansho ya yūbokumindearu kuma no shoyū-sha ni sorera o oku tame no puroguramu ga ima soko ni aru hinpan ni aru ga, dōro-jō de kai kuma ya zō o miru koto ga dekiru aratana bōeki ya sukiru o oshiete imasu seikatsu-hi o kasegimasu.

Watashi wa chōdo karera ga ima hogo sa rete irunode, karera ga subekidearu to shite, karera wa nin’i no kea ya ki ni sezu ni ureshikute iru ka no yō ni asonde ita benaresu de gāto chikaku gangā no kawa no iruka ni kandō shimashita. Seifu wa, kono yōna saigai ni hijō ni yukkuri to mewosamasunode, karera wa betsu no basho de zetsumetsu shite imasu. Kujaku wa Indo no kokuchōdeari, sorera ga zōshoku shi, shinrinchitai no ōku no toshi, kōen ya kōsu no naka de hakken sa rete irunode, karera wa jikanganai no keimusho de anata o chakuriku suru yotei koroshimasu.

Watashi wa anata ga Chekkuauto suru yōna koto ga ari,`Indo no tori’ ni watashi no pawāpointo ni irete 1200 ijō no tori-shu ga arimasu. Watashi wa kono burogu no saigo ni aru rinku o keisai shimasu. Shikashi, soreha-koku ga omoshiroku Indo no hitobitodesu. Karera wa subete de indohitodeareba, ōku no baai, anata ga gimon ni omou hito no yō ni ōku no shurui ga arimasu. Karera wa kōshiki hanasa rete imasenga, ijō no 18 no kō yōgo to, yori ōku o motte imasu. Karera no shokuryō, jibun no fuku, karera no hifu no iro, karera no gengo, karera no manā, shūkan nado wa shū ni yotte ōkiku kotonarimasu. Nanbu no jiin kenchiku wa, kita kara no hijō ni kotonatte ori, azuma wa nishi to wa kotonarimasu.

Gendai Indo:

Tada Indo de tsukura reta tan’itsu no roketto o shiyō shite, kidō-jō de no wan shotto de 20 eisei o irete iru gendai no Indo wa, sono gijutsu-ryoku to nōryoku de kyodaina hokori o hassei sa semasu. Indo no uchū keikaku wa nasa ga de amarini mo Indo no doko ka uchū sentā ni riarutaimu ni kō kaizōdo no shashin o sōshin shi, sono kasei e no eisei o okuru yō ni sūnenmae o kangaeru koto ga dekiru monodeatta koto o suru Indo no nōryoku o shōmei suru monodesu beikōkūuchūkyoku (nasa) ni yotte sōshin sa reta yōna misshon no kosuto no 100-banme.

Subete no kiki wa, karera wa chiteki de hijō ni yoku kunren sa rete iru koto o shōmei shite iru Indo no roketto kagaku-sha ni yotte sekkei sa re, tsukura rete imasu. Indo wa mata, shinrin no kabā ya sonohoka no tokuchō o shimesu atae, hitobito wa terebi, rajio, hoka no shurui no media, tenkeyohō nōryoku, surudoi eisei gazō e no akusesu o,-koku zentai o kabā suru dokuji no tsūshin eisei o motte imasu. Indo no sen’i sangyō wa, dokuritsu irai kyōi-teki ni seichō shi, wata kara kinu ya gōsei sen’i ni subete no shurui no hijō ni kōhinshitsu no kiji o seizō shite imasu.

Somō ūru kiji wa, sekai demo sai kōkyūdesu. Shirukusarī o tsukuru teoribata gyōkai wa,-iro ya dezain no kagayaki no tame ni sekaijū de shira rete ori, yushutsu sa rete imasu. Soko ni ichiba-nai no kudamono ya yasai ga hōfudeari, Indo wa jibun jishin o kyōkyū suru. Kore wa taishita koto de, shokuryō kyōkyū wa kajō ga shibashiba ekusupōto sa re, hitobito wa hojokin kokumotsu o kau koto ga dekiru yō ni, subete no shū no subete no chiku ni kyodaina chozō shisetsu o kensetsu shita seifu, daru, satō nado ni yotte hoshō sa rete imasu.

Indo wa Indo no IT senmonka ga sakusei shi, mobairu debaisu no tame no dokuji no puroguramu o sakusei shi, sono sābisu ga-chū ni motome rarete iru yō ni mo konpyūta no u~izādo to shite shira rete iru gyōsei sābisu de no seikatsu ga yori kantan katsu kōritsu-teki ni seikatsu no arayuru bun’ya de no konpyūta, ginkō, un’yu gyōkai nado o dōnyū shite imasu ta no kuniguni.

Bōei sangyō wa, Indo wa mada hoka no kuni kara no heiki to gijutsu no subete no shurui o inpōto shimasuga, busō seiryoku ni yotte hitsuyō to sa rete iru hikōki, sensha ya sensuikan, senpaku oyobi sonohoka no kanren shiryō kara subete o tsukuru kyodaina sangyō ni 1947-nen ni jijitsujō zero kara seichō shite kimashita. Anata ga yoru osoku nin’i no tetsudō-eki no purattofōmu no ue ni tatsu koto ga okoru baai wa, unchin wa kiro wa nagai gunji hādou~ea no doko ka no kōjō kara doko ka ni iku atarashī subete no burando o hakobu tsūka suru ressha ga hyōji sa remasu.

Daremoga ima no keitai denwa o motte irunode, tsūshin gyōkai demo hijō ni kyūsoku ni seichō shite ori, 1 wa meikakuna jushin ni doko demo Indo ya kaigai de yobidasu koto ga dekimasu. Tonikaku watashi wa koko de teishi shi, sore ga anata no isshō ni ichido no keiken ni narimasunode, sore wa Indo no yōna kuni o hōmon suru kachigāru to iudarou.   Anata wa Indo no shōsai ni tsuite wa, ika no rinkuwo Chekkuauto shitai koto ga arimasu.

Https: / / Onedrive. Live. Komu/ ? Id = 73 E 91 E 206 EF 5176 A-pāsento 21841& cid = 73 E 91 E 206 EF 5176 A soreha geijutsu, rekishi, kōgei-hin, tori, kinu, yasei seibutsu, kajuraho nado no yōna samazamana tēma ni tsuite 18 dengen pointo o motte imasu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“An incredible country called India(in Japanese)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中