Forming habits(in Japanese)

習慣を形成します

copy-of-image-1

Source : Google photo

私は年齢の高校では、約14年を意味するティーンエイジャーだったとき、私は近所に住んでいた仲間を知るために恵まれました。彼は薄く、彼の顔にポックマークと公言学士、暗い、ひょろ長い、でした。我々はKaloda、カロは彼のニックネームとダが兄弟であるという彼を呼びました。

彼は1つが今までどこにも満たすことができる素敵な人でした。私はまだ彼が私の中で見たのか分からないが、1日、彼は私に読むために本を与えました。それはライダーハガードによって彼女でした。英語は私の言語ではありませんでしたし、私は英語で本を読むにはなかったので、私はいくつかの不安を示したとき、彼は心配していない私に言いました。

彼は私が読んで、読書の習慣を形成すべきであると述べました。最初は少し難しいかもしれ、私はので、私の限られた語彙のそれの1 /第三を理解するかもしれませんが、後で理解が徐々に増加し、私は本当に読書を楽しむために開始されます。それは私に古典文学または何か他の広大な世界が開かれると、私はのホールドを取得していない他の教師の缶のような私の知識を増やすことができます何かを読み取るための驚異的な欲求を開発します。

だから私は彼女を読み始めて、すぐに、それは非常に魅力的な発見しました。ライダーハガードの能力を伝える物語は、控えめに言って素晴らしいです。私は目を閉じて、私はvoortrekkersが待っている間ズールー王チャカが注文を与えるためにビーズや塗料の装飾とズールー族とassegaisを保持しているが、静かに待っていたズールーランドにあった想像できます。

私は豊かなシルクやいたずらを作るか、アラジンは、彼のランプをこすると不可能を行うために精霊を求めてついて行くシンドバッドの会社でsheherzadeを想像することができます。私の想像力に制限はありませんでした。私が読んだ本は、私が作家によって記述されるすべてのステップに従ってください可能性があり、世界のどの部分に瞬時に私をもたらしました。

Kalodaは読書や理解のトリックが最初にコンテキストであることを私に言いました。あなたは言葉を知らないかもしれないが、それが使用されたコンテキストで読み取る場合は、意味を取得します。この後は、語彙を増やすのに役立ちます。彼は英語で私にすべてを読み取るためのより多くの本を与え、彼は良いコレクションを持っていたと述べました。ドストエフスキー、ゴーゴリや他の多くは、このように私の読書リストの一部となりました。

Kalodaは今死んでいるが、私はまだ非常に愛情を込めて彼を覚えています。彼はこのような良い男とこのような良い友人だったので、私は失望を感じた誰かが私の最後の敬意を払うために、彼は最近亡くなったことを私に言ったが、誰もドアを開けないとき、私は彼の家に行ってきました。

子供は彼が聞くとゆっくり.Thisは、子供が自分の母国語を学習する方法である文を形成するための語彙を拾っ何模倣します。これは、理由のために母国語と呼ばれています。彼は最初ではなく、彼の母親から父親の言葉を聞きます。

最初は彼が簡単か、正しく単語を発音することはできませんが、彼の能力は限られているので、彼はただの子供です。彼が良くなると、3つまたは4つの年齢によって、彼または彼女がおしゃべりすることができます.Later彼は繰り返し、メモリの開発によって学習します。

テレビにも役立ちます。セサミストリートは、自分の学習能力を開発し、カウントし、楽しい方法でアルファベットことを学ぶ見て育つ子供たちの何百万人を想像してみてください。不思議はそれが成功したテレビ番組などではなかったし、多くの国でエミュレートし、その言語で呼ばれています。

しかし、まだ読んで管理するために、見るためにテレビや本を持っていない子供たちが話すと、彼らは正式に学校教育を開始するときに最初と書き言葉以降の話し言葉を理解する能力を開発します。

習慣私は彼が読書のように形成良い習慣が彼の周りの人々に励まされている環境で育つない限り、すべての子に簡単に来ることはありませんについて書いていますが形成されます。文盲の両親や親戚は、この問題に役立つことはできません。

最初の宗教とセカンダリとして他の科目を重視する宗教学校はまた、彼らは、特定の本を禁止した場合、子供が特に読解力の開発を支援し、自分たちのライブラリからそれらを禁止することはできません。これは、子どもたちが偏狭またはそのような宗教学校での初等教育を取得フィリピン、多くのそのような国でも同様です。

すべての子供たちは、私は、私はラッキーだったと思い友人としてKalodaを持って恵まれていません。

子供たちは例から学びます。親がそれらを教え、それらの値そのものを練習すれば彼らは良好な値を学びます。彼らは両親が、けんかを飲むと一定の家庭内暴力の恐怖に住んでいる家庭で育った場合、彼らは悪いことを学びます。親が読んでいないか、読み物で彼を提供していない場合、彼は何も読まないか、両親や他の兄弟が唯一の漫画を読めば、彼は唯一の漫画本や、そのような安価なものを読んで育ちます。

彼は自宅で下品と無骨な塩味の言語を聞く場合でも、自分の言語での彼の語彙が貧弱または研磨されていないままです。子供は最初はスポンジのようなもので、彼は良いから悪いをフィルタリングする機能を持っていないので、何も、すべてを吸収します。また、より良い彼を教えるために誰もありません。

習慣形成は、子供はよく彼の方法で設定され、簡単に一つの方法または他に振り回されないことができた後に形成された生活の中で一定の周期を有します。 mollahsはこのことを知っているとコーラン学校での提出に子供を破って、子供たちが将来タリバンのように成長させるのに役立ちます。それは洗脳と呼ばれています。それはに沈むと恒久的に脳内に記録されるまでは、毎日特定のメッセージを繰り返します。これは、その後の人生で、彼はそれが彼が学習と信じて育ったものであるという理由だけで彼の母親や姉妹を軽視するために学習し、いつか罪のない人々を爆破する爆薬ベルトストラップことができる程度にすべての彼の行動で子供を導きます。

唯一の誰かが彼に良い値が、他の人や他の宗教の尊重など異なっている人々に向けた彼の母親や姉妹、寛容の尊重を教えるために、一定の年齢にしようとすると、しかし、彼は同様に良いことを教えることができます。すべての彼の心のほとんどは、読書の習慣によって開放することができます。

無料.Thereのために読むために本を提供するライブラリがあり、彼らは良い人と共有しているため、一部それらの性質であるこの世界のKalodasを維持し、誰と共有する個人のコレクションされています。今、インターネットはダウンロードして読むことを気に誰に任意の件名に無制限の無料の書籍を提供しています。一つは、いつでもどこでも自由のために書くか、読むことができるブログがあります。

インターネットのようなものが、次にありませんでしたので、私たちはそのような施設ずに育ったとライブラリはベンガル語とヒンディー語で主にいくつかの本を保ちました。私たちの学校は、ライブラリを持っていなかったと私たちの親は学校の図書以外の読み取りに私たちに本を買うことができませんでした。教科書以外の教師によって要求される本の報告書のようなものはありませんでしたし、子供たちが参加できる全く雄弁術コンテストはありませんでした。彼または彼女がそうすることを奨励され、彼がいなければ報われた場合、早ければ10として子供たちで即席話す能力を開発することができます。また、彼らの自信を開発しています。私はそれは私が開発した知っています。

いずれの社会では、現地の言語は常に子供たちは一つだけの言語を話す育つので、家庭や学校での優先順位を与えられたか、多くても2つでされています。英語などの外国語だけあなたが高校で受験する学校で、被写体としての英語の勉強に限定され、それに合格し、英語の使用が必要とされていない場合、あなたの生活の中で上に移動します。だから、そのことについては、英語などの外国語または他の言語を話す能力は流暢に英語媒体の学校に出席し、その後もほとんどそれを行うことができない人に制限されています。英語のような言語を話す能力は流暢の練習から来ています。

外国語を話し、それはあなた自身作ることを学ぶためには、その後、そうするように子供たちに親とその無限の励ましによって異なります。彼らは、英語で書く適切な文法や構文で英語を話す、即時スピーキングコンテストに参加し、そうすることのために彼らの子供たちに報いるために子供たちを励まします。彼らは彼らに百科事典やコンピューターや書籍の任意の数を購入するすべてではありませんが、両親はそれを行うことができます。

あなたは第三世界の国に住んでいる場合を想像し、貧しい生活費を稼ぐとの世話をするために多くの子供を持っているので、あなたはおそらく同じ機会に中産階級の親が子供を与えるために余裕がないことができ、他の先進国では、あなたが理解するだろう困難。

しかし、学び、お金がかかるしない良い習慣を開発するための恵まれない子供たちのための多くの機会があります。

非常に貧しい両親のベンガルで生まれ偉大な男とIshwarチャンドラビジャーサーガルと呼ばれる社会改革は、父親と一緒に歩くとマイルストーンをカウントすることによって、3または4で彼の番号を学びました。彼の入札の足にまめたが、彼はそのようなものが学習の彼情熱だった気にしませんでした。その後、彼らはとても貧しかったので、彼は街灯に師事まだ彼は彼の時間の偉大な思想家や哲学者の一つとなりました。今コルカタに大きな橋は彼の名前に専用されています。

何よりも読書の習慣が心を展開することができますし、あなたが他の国、他の人、他の哲学、他の文化、彼らの食べ物、彼らの音楽、彼らの芸術、彼らの歴史、生活や何かの彼らの方法を学ぶことは学校の教師ありませんあなたに教えることができます。あなたはいつかあなたが読んすべてのものを旅行して、自分のために参照してくださいする機会を得る場合、それはより多くのように、知識と自信であなたが豊かになります。

あなたは幼い頃から読書の習慣を開発し、本をむさぼり食うしない限り、あなたがそれらを見つけるように、あなたは、言語や他の言語としての英語の美しさを知っていることはありません。これは、サッカレー、ゴーゴリとトルストイがこのような素晴らしい作家であったが、起動する遅すぎるということはありませんことを実現するために何年もかかりました。ちょうどあなたが一冊の本はほぼ不可能である日を読んでも、彼の生涯や、いくつかの寿命で1缶よりも読みするより多くの本があることを覚えておいてください。

あなたがあなた自身の子供を持っている場合は、読んで、それらを読んで自分の興味の開発を支援するためにどのようにそれらを教えるので、彼らはあまりにも読書の習慣を形成することができます。シンドバッド1000アラビアンナイトの文学、哲学、芸術、科学、物語はそのようには人類が作り出した宝石であり、そのような驚異的な方法で、熱心な心のためにすべてを読み出してから学ぶことです。そのような人は本当に驚くべき人が育つと人々は知識のために彼または彼女を尊重します。

 

Shūkan o keisei shimasu 2016-nen 8 tsuki 4-nichi AUMOLC edito’ o keisei suru shūkan’ watashi wa nenrei no kōkōde wa, yaku 14-nen o imi suru tīn’eijādatta toki, watashi wa kinjo ni sunde ita nakama o shiru tame ni megumaremashita. Kare wa usuku, kare no kao ni pokkumāku to kōgen gakushi, kurai, hyoronagai,deshita.

Wareware wa Kaloda, Karo wa kare no nikkunēmu to da ga kyōdaidearu to iu kare o yobimashita. Kare wa 1tsu ga imamade dokoni mo mitasu koto ga dekiru sutekinahitodeshita. Watashi wa mada kare ga watashi no naka de mita no ka wakaranai ga, 1-nichi, kare wa watashi ni yomu tame ni hon o ataemashita. Sore wa raidāhagādo ni yotte kanojodeshita.

Eigo wa watashi no gengode wa arimasendeshitashi, watashi wa eigo de honwoyomu ni wa nakattanode, watashi wa ikutsu ka no fuan o shimeshita toki, kare wa shinpai shite inai watashi ni iimashita. Kare wa watashi ga yonde, dokusho no shūkan o keisei subekidearu to nobemashita.

Saisho wa sukoshi muzukashī kamo shire, watashi wanode, watashi no kagira reta goi no sore no 1/ daisan o rikai suru kamo shiremasenga,-go de rikai ga jojoni zōka shi, watashi wa hontōni dokusho o tanoshimu tame ni kaishi sa remasu. Sore wa watashi ni koten bungaku matawa nani ka hoka no kōdaina sekai ga aka reru to, watakushiha no hōrudo o shutoku shite inai ta no kyōshi no kan no yōna watashi no chishiki o fuyasu koto ga dekimasu nanika o yomitoru tame no kyōi-tekina yokkyū o kaihatsu shimasu.

Dakara watashi wa kanojo o yomi hajimete, sugu ni, sore wa hijō ni miryoku-tekina hakken shimashita. Raidāhagādo no nōryoku o tsutaeru monogatari wa, hikaeme ni itte subarashīdesu. Watashi wa mewotojite, watashi wa voortrekkers ga matte iru ma zūrū-ō chaka ga chūmon o ataeru tame ni bīzu ya toryō no sōshoku to zūrū-zoku to assegais o hoji shite iruga, shizuka ni matteita zūrūrando ni atta sōzō dekimasu.

Watashi wa yutakana shiruku ya itazura o tsukuru ka, Arajin wa, kare no ranpu o kosuru to fukanō o okonau tame ni seirei o motomete tsuiteyuku shindobaddo no kaisha de sheherzade o sōzō suru koto ga dekimasu. Watashi no sōzō-ryoku ni seigen wa arimasendeshita. Watashi ga yonda hon wa, watashi ga sakka ni yotte kijutsu sa reru subete no suteppu ni shitagatte kudasai kanōsei ga ari, sekai no dono bubun ni shunji ni watashi o motarashimashita.

Kaloda wa dokusho ya rikai no torikku ga saisho ni kontekisutodearu koto o watashi ni iimashita. Anata wa kotoba o shiranai kamo shirenaiga, sore ga shiyō sa reta kontekisuto de yomitoru baai wa, imi o shutoku shimasu. Kono ato wa, goi o fuyasu no ni yakudachimasu. Kare wa eigo de watashi ni subete o yomitoru tame no yori ōku no hon o atae, kare wa yoi korekushon o motte ita to nobemashita.

Dosutoefusukī, gōgori ya hoka no ōku wa, kono yō ni watashi no dokusho risuto no ichibu to narimashita. Kaloda wa ima shinde iruga, watashi wa mada hijō ni aijō o komete kare o oboete imasu. Kare wa kono yōna yoi otoko toko no yōna yoi yūjindattanode, watashi wa shitsubō o kanjita darekaga watashi no saigo no keiiwoharau tame ni, kare wa saikin nakunatta koto o watashi ni ittaga, dare mo doa o hirakenai toki, watashi wa kare no ie ni ittekimashita.

Kodomo wa kare ga kiku to yukkuri. Disu wa, kodomo ga jibun no haha kokugo o gakushū suru hōhōdearu bun o keisei suru tame no goi o hironnani mohō shimasu. Kore wa, riyū no tame ni haha kokugo to yoba rete imasu. Kare wa saishode wa naku, kare no hahaoya kara chichioya no kotoba o kikimasu. Saisho wa kare ga kantan ka, tadashiku tango o hatsuon suru koto wa dekimasenga, kare no nōryoku wa kagira rete irunode, kare wa tada no kodomodesu. Kare ga yoku naru to, 3ttsu matawa 4tsu no nenrei ni yotte, kare matawa kanojo ga oshaberi suru koto ga dekimasu.

Kare wa kurikaeshi, memori no kaihatsu ni yotte gakushū shimasu. Terebini mo yakudachimasu. Sesamisutorīto wa, jibun no gakushū nōryoku o kaihatsu shi, kaunto shi, tanoshī hōhō de arufabetto koto o manabu mite sodatsu kodomo-tachi no nan hyaku man hito o sōzō shite mite kudasai. Fushigi wa sore ga seikō shita terebibangu nadode wa nakattashi, ōku no kuni de emyurēto shi, sono gengo de yoba rete imasu.

Shikashi, mada yonde kanri suru tame ni, miru tame ni terebi ya hon o motteinai kodomo-tachi ga hanasu to, karera wa seishiki ni gakkō kyōiku o kaishi suru toki ni saisho to kakikotoba ikō no hanashikotoba o rikai suru nōryoku o kaihatsu shimasu. Shūkan watashi wa kare ga dokusho no yō ni keisei yoi shūkan ga kare no mawari no hitobito ni hagemasa rete iru kankyō de sodatsu nai kagiri, subete no ko ni kantan ni kuru koto wa arimasen ni tsuite kaite imasuga keisei sa remasu.

Monmō no ryōshin ya shinseki wa, kono mondai ni yakudatsu koto wa dekimasen. Saisho no shūkyō to sekandari to shite hoka no kamoku o jūshi suru shūkyō gakkō wa mata, karera wa, tokutei no hon o kinshi shita baai, kodomo ga tokuni dokkairyoku no kaihatsu o shien shi, jibun-tachi no raiburari kara sorera o kinshi suru koto wa dekimasen. Kore wa, kodomo-tachi ga henkyō matawa sono yōna shūkyō gakkō de no shotō kyōiku o shutoku Firipin, ōku no sono yōna kuni demo dōyōdesu. Subete no kodomo-tachi wa, watashi wa, watashi wa rakkīdatta to omoi yūjin to shite Kaloda o motte megumarete imasen.

Kodomo-tachi wa rei kara manabimasu. Oya ga sorera o oshie, sorera no atai sonomono o renshū sureba karera wa ryōkōna atai o manabimasu. Karera wa ryōshin ga, kenka o nomu to ittei no kateinaibōryoku no kyōfu ni sunde iru katei de sodatta baai, karera wa warui koto o manabimasu. Oya ga yon de inai ka, yomimono de kare o teikyō shite inai baai, kare wa nani mo yomanai ka, ryōshin ya hoka no kyōdai ga yuiitsu no manga o yomeba, kare wa yuiitsu no mangabon ya, sono yōna ankana mono o yonde sodachimasu.

Kare wa jitaku de gehin to bukotsuna shioaji no gengo o kiku baai demo, jibun no gengo de no kare no goi ga hinjaku matawa kenma sa rete inai mamadesu. Kodomo wa saisho wa suponji no yōna mono de, kare wa yoikara warui o firutaringu suru kinō o motte inainode, nani mo, subete o kyūshū shimasu. Mata, yoriyoi kare o oshieru tame ni dare mo arimasen.

Shūkan keisei wa, kodomo wa yoku kare no hōhō de settei sa re, kantan ni hitotsu no hōhō matawa hoka ni furimawasa renai koto ga dekita nochi ni keisei sa reta seikatsu no naka de ittei no shūki o yūshimasu. Mollahs wa kono koto o shitte iru to kōran gakkō de no teishutsu ni kodomo o yabutte, kodomo-tachi ga shōrai tariban no yō ni seichō sa seru no ni yakudachimasu. Sore wa sen’nō to yoba rete imasu. Soreha ni shizumu to kōkyū-teki ni nōnai ni kiroku sa reru made wa, Mainichi tokutei no messēji o kurikaeshimasu.

Kore wa, sonogo no jinsei de, kare wa sore ga kare ga gakushū to shinjite sodatta monodearu to iu riyū dake de kare no hahaoya ya shimai o keishi suru tame ni gakushū shi, itsuka tsumi no nai hitobito o bakuha suru bakuyaku berutosutorappu koto ga dekiru teido ni subete no kare no kōdō de kodomo o michibikimasu. Yuiitsu no darekaga kare ni yoi atai ga, hokanohito ya hoka no shūkyō no sonchō nado kotonatte iru hitobito ni muketa kare no hahaoya ya shimai, kan’yō no sonchō o oshieru tame ni, ittei no nenrei ni shiyou to suru to, shikashi, kare wa dōyō ni yoi koto o oshieru koto ga dekimasu.

Subete no kare no kokoro no hotondo wa, dokusho no shūkan ni yotte kaihō suru koto ga dekimasu. Muryō. Zea no tame ni yomu tame ni hon o teikyō suru raiburari ga ari, karera wa yoi hito to kyōyū shite iru tame, ichibu sorera no seishitsudearu kono sekai no Kalodas o iji shi, dare to kyōyū suru kojin no korekushon sa rete imasu. Ima, intānetto wa daunrōdo shite yomu koto o ki ni dare ni nin’i no kenmei ni museigen no muryō no shoseki o teikyō shite imasu. Hitotsu wa, itsu demo doko demo jiyū no tame ni kaku ka, yomu koto ga dekiru burogu ga arimasu.

Intānetto no yōna mono ga, tsugini arimasendeshitanode, watashitachiha sono yōna shisetsuzu ni sodatta to raiburari wa Bengaru-go to hindī-go de omoni ikutsu ka no hon o tamochimashita. Watashitachi no gakkō wa, raiburari o motte inakatta to watashitachi no oya wa gakkō no tosho igai no yomitori ni watashitachi ni hon o kau koto ga dekimasendeshita. Kyōkasho igai no kyōshi ni yotte yōkyū sa reru hon no hōkoku-sho no yōna mono wa arimasendeshitashi, kodomo-tachi ga sanka dekiru mattaku yūbenjutsu kontesuto wa arimasendeshita.

Kare matawa kanojo ga sō suru koto o shōrei sa re, kare ga inakereba mukuwa reta baai, hayakereba 10 to shite kodomo-tachi de sokuseki hanasu nōryoku o kaihatsu suru koto ga dekimasu. Mata, karera no jishin o kaihatsu shite imasu. Watashi wa sore wa watashi ga kaihatsu shita chi tte imasu. Izure no shakaide wa, genchi no gengo wa tsuneni kodomo-tachi wa hitotsudake no gengo o hanasu sodatsunode, katei ya gakkō de no yūsen jun’i o atae rareta ka, ōkute mo 2tsu de sa rete imasu.

Eigo nado no gaikoku-go dake anata ga kōkō de juken suru gakkō de, hishatai to shite no eigo no benkyō ni gentei sa re, soreni gōkaku shi, eigo no shiyō ga hitsuyō to sa rete inai baai, anata no seikatsu no naka de ue ni idō shimasu. Dakara, sono koto ni tsuite wa, eigo nado no gaikoku-go matawa hoka no gengo o hanasu nōryoku wa ryūchō ni eigo baitai no gakkō ni shusseki shi, sonogo mo hotondo sore o okonau koto ga dekinai hito ni seigen sa rete imasu. Eigo no yōna gengo o hanasu nōryoku wa ryūchō no renshū kara kite imasu. Gaikoku-go o hanashi, sore wa anata jishin tsukuru koto o manabu tame ni wa, sonogo,-sō suru yō ni kodomo-tachi ni oya to sono mugen no hagemashi ni yotte kotonarimasu.

Karera wa, eigo de kaku tekisetsuna bunpō ya kōbun de eigo o hanasu, sokuji supīkingukontesuto ni sanka shi,-sō suru koto no tame ni karera no kodomo-tachi ni mukuiru tame ni kodomo-tachi o hagemashimasu. Karera wa karera ni hakkajiten ya konpyūtā ya shoseki no nin’i no kazu o kōnyū suru subetede wa arimasenga, ryōshin wa sore o okonau koto ga dekimasu.

Anata wa daisansekai no kuni ni sun de iru baai o sōzō shi, mazushī seikatsu-hi o kasegu to no sewa o suru tame ni ōku no kodomo o motte irunode, anata wa osoraku onaji kikai ni chūsan kaikyū no oya ga kodomo o ataeru tame ni yoyū ga nai koto ga deki, hoka no senshinkokude wa, anata ga rikai surudarou kon’nan. Shikashi, manabi, okane ga kakaru shinai yoi shūkan o kaihatsu suru tame no megumarenai kodomo-tachi no tame no ōku no kikai ga arimasu.

Hijō ni mazushī ryōshin no Bengaru de umare idaina otoko to Ishwar chandorabijāsāgaru to yoba reru shakai kaikaku wa, chichioya to issho ni aruku to mairusutōn o kaunto suru koto ni yotte, 3 matawa 4 de kare no bangō o manabimashita. Kare no nyūsatsu no ashi ni mametaga, kare wa sono yōna mono ga gakushū no kare jōnetsudatta ki ni shimasendeshita.

Sonogo, karera wa totemo mazushikattanode, kare wa gaitō ni shiji mada kare wa kare no jikan no idaina shisōka ya tetsugakumono no hitotsu to narimashita. Ima korukata ni ōkina hashi wa kare no namae ni sen’yō sa rete imasu. Naniyori mo dokusho no shūkan ga kokoro o tenkai suru koto ga dekimasushi, anata ga hoka no kuni, hokanohito, hoka no tetsugaku, hoka no bunka, karera no tabemono, karera no ongaku, karera no geijutsu, karera no rekishi, seikatsu ya nanika no karera no hōhō o manabu koto wa gakkō no kyōshi arimasen anata ni oshieru koto ga dekimasu.

Anata wa itsuka anata ga yon subete no mono o ryokō shite, jibun no tame ni sanshō shite kudasai suru kikai o eru baai, soreha yori ōku no yō ni, chishiki to jishin de anata ga yutaka ni narimasu. Anata wa osanai koro kara dokusho no shūkan o kaihatsu shi, hon o musabori kuu shinai kagiri, anata ga sorera o mitsukeru yō ni, anata wa, gengo ya hoka no gengo to shite no eigo no utsukushi-sa o shitte iru koto wa arimasen. Kore wa, sakkarē, gōgori to torusutoi ga ko no yōna subarashī sakkadeattaga, kidō suru oso sugiru to iu koto wa arimasen koto o jitsugen suru tame ni nan-nen mo kakarimashita.

Chōdo anata ga itsusatsu no hon wa hobo fukanōdearu hi o yonde mo, kare no shōgai ya, ikutsu ka no jumyō de 1-kan yori mo yomi suru yori ōku no hon ga aru koto o oboete oite kudasai. Anata ga anata jishin no kodomo o motte iru baai wa, yonde, sorera o yonde jibun no kyōmi no kaihatsu o shien suru tame ni dono yō ni sorera o oshierunode, karera wa amarini mo dokusho no shūkan o keisei suru koto ga dekimasu. Shindobaddo 1000 arabian’naito no bungaku, tetsugaku, geijutsu, kagaku, monogatari wa sonoyōni wa jinrui ga tsukuridashita hōsekideari, sono yōna kyōi-tekina hōhō de, nesshin’na kokoro no tame ni subete o yomidashite kara manabu kotodesu. So no yōna hito wa hontōni odorokubeki hito ga sodatsu to hitobito wa chishiki no tame ni kare matawa kanojo o sonchō shimasu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“Forming habits(in Japanese)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中