A land called Palestine(in Japanese)

パレスチナと呼ばれる土地

 12132568_1202335056475579_343942658659173718_o

私はアルジェリアの友人にAbouと呼ばれる亡命中のパレスチナ人を持っていました。 彼はとても素敵な友人でフレンドリーでした。 彼はかつて、ガザにまだ住んでいた彼の家族に手紙を送るために、それをキプロスに送ってガザに送ってもらわなければならないところから送ってきたという。 イスラエル人がガザを封鎖したことで、彼の愛する人とのコミュニケーションが難しくなりました。これは1972年のことでした。

彼はまた、ガザに新しい空港があると言ったが、この封鎖のために飛行機がそこに着陸または離陸することは許されなかったので、エジプトに行き、ラファの交差点でガザへ渡らなければならなかった。

1948年にパレスチナの国にイスラエル国が設立され、残酷な誕生以来、ヨルダン、エジプトなどに逃亡した数百万人のパレスチナ人が、彼らを拘束し、依然として広大な難民キャンプに住んでいます1948年以来海外。

全世代のパレスチナ人は、これらのキャンプの厄介な状況の下で成長し、それでもいつか帰国することを夢見ています。彼らは平和的なデモを試みたが、それがうまくいかなかったとき、アラファト指導者が率いるインティファダという武装闘争に参加したが、アラファトは自由なパレスチナの夢を実現することなく死亡した。

イスラエル人がより強力なアラブの隣国と戦って数日間しか勝たなかった1967年の戦争は、聖地の歴史を書き直し、勝利者によって新しい境界が描かれ、イスラエルの国を拡大し、後でエジプトと別の戦争を戦わなければならなかった。

エジプトはその戦争も敗北させ、イスラエル人はユダヤ人の人口がヨルダン川西岸やユダヤ人の国連決議の要請に反して移住を開始し、今日まで続けられた。 この反対は、パレスチナ人がまだ待っていて夢を見ているように、軍事的な勝利とユダヤ人のディアスポラからの巨額の資金援助から来ている。

私はある日、イタリアのシエナでいくつかのパレスチナ人に会って、彼らがとても素敵な人であり、夜のトルコを見つけるのを手伝ってくれることを熱望していました。

彼らはアボウに似ていて家に帰ることを望みましたが、まだ待っています。 その間、ヨルダン川西岸のアラブ家屋の解体は、ユダヤ人のための新しい家庭の道を歩み続けています。 多くの米国大統領は平和ブローカーとして努力したが、誰も成功しなかった。 ジミー・カーターは一度彼らを連れてきたので、サダトとビギンは平和条約に調印し、エジプトとイスラエルの間の敵意を終わらせたが、パレスチナの問題は解決しなかった。 クリントンはまた、アラファトとイスラエル人を結びつけて平和を成し遂げたが、それはどこにもなかった。

nlc10017-36

私はワシントンDCのユダヤ人の家に招待されたとき、アメリカに住むユダヤ人のディアスポラとその優れた組織と支援の激しさに襲われました。そこで私は不確かではないと私に言った若い女の子たちと会いましたイスラエルに行ったことは一度もなく、アラブ人やパレスチナ人を知りませんでしたが、アラブ人に対する彼らの気持ちを語ります。 私は、イスラエル人のように自分たちが耳を傾けないので、あまりにも祖国を夢見ていると彼らに伝えられませんでした。 非常に短い予告で、ワシントンDCには、イスラエルを支援する何千もの電報と、パレスチナ人の主張を合法化するための何らかの動きに対して、洪水を浴びる可能性がある。 ユダヤ人のロビーは確かに非常に強いです。

パレスチナ人の貧しい人々は、他に何ができるかを知ることができず、ガザを支配する戦闘バンドに参加し、世界が非難するイスラエルの軍事報復をもたらす。 ガザでの絞首刑は、そこに住む人々にとって人生を非常に困難にし、彼らは彼らが生きるために必要なすべてのものを使い果たしてしまった。 船で他の国から送られた食糧や医療用品は、イスラエルのパトロールによって捨てられ、ラファの交差点は緊密に監視されています。 飛行士はガザを注意深く監視し、地上で何か異常なことが起こった場合には軍隊に警告する。

さて、イスラエル人がレバノンである北部とガザ地区にある西部からロケット弾に砲撃された状況を見てみましょう。 イスラエルに入国するパレスチナ人は、イスラエルをエルサレムやテルアビブで撃ち殺したり、孤立したキブツを攻撃して爆弾を投げつけたりして、問題を引き起こすことが多い。

この問題の核心は、ユダヤ人が元の寺院を持っていた神聖な寺院の上にサラディンがAl Aqsaというモスクを建てたエルサレムです。 イスラエルの中心部にはイスラム教のシンボルが立てられています。イスラム教のシンボルで、ユダヤ人は毎日、故郷がイスラム教徒に侵略され、サラディンによって神聖な遺跡が侵略され、すべてのユダヤ人の心に憎しみを抱くモスクを築きました。

正統派のユダヤ人は、いつか寺院を建てることを望んでおり、石を集めていますが、パレスチナ人の祖国問題やエルサレムの地位という厄介な問題のために、長い間待たなければならないかもしれません。

イスラエルは、エルサレムが首都であり、現在のように分裂することはできないと主張しており、占領された領土であるヨルダン川西岸のユダヤ人居留地の建設を止めないと語っている。 両陣営は強硬な姿勢をとり、砂の中で踵を掘る。

ユダヤ人がナチスの虐殺のトラウマのため故郷に行きたいと願っているユダヤ人にとっては、彼らは絶望的だったので、いくらか同感しているはずです。 ユダヤ人の迫害の歴史は他人の手に渡って非常に古く、モーセはエルサレムをエジプトからパレスチナに引き寄せることを納得させたが、ディアスポラは他の地域で苦しんでいた。 反ユダヤ主義は、ヒトラーが迫害して、アウシュヴィッツやビルケナウのような様々な強制収容所で大量にガスを吹き込むのが便利だと分かったヨーロッパに根ざしていました。 生き残った人はまだ傷跡を負っていて、腕に入れ墨番号を簡単に表示します。

だから、次世代のユダヤ人は、パレスチナに戻ってイギリスとバルフォーの宣言の助けを借りて故郷を確立するために戦いにくかった。 彼らは決して他の人に迫害させないように誓った。

唯一の問題は、彼らが故郷を作るために占領した土地をパレスチナと呼んでパレスチナ人と呼ばれる人々が住んでいたため、新たに発見されたイスラエル国のための場所を作るために追い出されなければならないということでした。 私を信じて、このイスラエルの創造は暴力的でしたが、それはここで繰り返す必要のない歴史の一部です。

多くのパレスチナ人がイスラエルに住み、一部は議会に選出されたことも事実です。 多くの人々は、不安定な存在の中でユダヤ人地区を離れてエルサレムの旧市街に住み、エルサレムを彼らの将来の故郷の首都にしたいので、イスラエルの唯一の首都であると宣言する圧力に抵抗する。 イスラエル人はこの問題を断固としており、エルサレムは分裂できないと言います。 だからこそ難局です。

要点は、パレスチナは、ユダヤ人、イスラム教徒、キリスト教徒のすべてが、依然として軽微な問題について自分自身を争っているキリスト教徒の様々な派閥は言及していないと主張しているということです。

その乾燥した土は、キリストがそこで生まれ、ローマ人によって十字架につけられて以来、血に染み込んでいます。 その後、モスレムを追いかけようとした十字軍が出たが、サラディンはキリスト教徒の血を流すようになった。 この岩場の乾燥した部分の血液採取は、まだ終わりのない状態で続けられます。 何のためのすべてのこの暴力? 自分の信仰は他人の信仰よりも重要であり、その理由は何ですか?

パレスチナ人とイスラエル人が楽しむことができるすばらしい未来は何ですか? 彼らの間の貿易、すべての敵対行為の停止、膨大な利益をもたらしうる観光、数百万人の雇用創出、インフラ整備のスピードアップが可能である。

農業、産業、その他多くの分野で海外から数十億ドル規模の投資が行われる可能性があり、ガザ空港は誰にとっても世界の玄関口になる可能性があります。

イスラエル人は、パレスチナ人と座って実行可能な形で整理し、パレスチナ人が海外で難民として滞在する必要がなくなり、イスラエルのような家庭が必要であることを認識することによって実現させることです。 彼らは共存して共存し、そこから利益を得ることができます。 彼らは、イスラエル人が持っていると主張する技術を使って、岩場をエデンの園に変え、パレスチナがすべての人に利益をもたらす国として成長するのを助けることができます。 しかし、イスラエルと平和を築いたアンワル・サダトの幻想と勇気が必要です。

エジプト人はまたシナイを得るために交渉したが、サダトは高い価格を支払って暗殺された。 誰によって、なぜ今は関係ないのですか?

だからバラク・オバマはまだ数日間ホワイトハウスにいますし、パレスチナ国家を認識するための巨大な力は、時計を元通りに戻したいと思っている人に任命されています。 彼はジミーカーターの健全なアドバイスを取るだろうか? それは彼の偉大な成果であり、歴史は常に彼を幻想的な人として覚えていますが、彼はそのような一歩を踏み出すでしょうか?私は知らないし、私は息を止めていない。

Paresuchina to yoba reru tochi watashi wa Arujeria no yūjin ni abū to yoba re, bōmei-chū no Paresuchina hitodatta. Kare wa totemo sutekina yūjin de furendorīdeshita. Kare wa katsute Gaza ni sunde ita kare no kazoku ni tegami o okutte morau tame ni, sore o Kipurosu ni okuru hitsuyō ga atta. Kono raundo ni tsuite wa, Isuraeru hito ni yotte Gaza ga fūsa sa reta tame ni, kare ga aisuruhito to renraku o toru koto ga muzukashiku narimashita.

Kore wa 1972-nendesu. Kare wa mata Gaza ni atarashī kūkō ga aru to ittaga, kono fūsa no tame ni hikōki ga soko ni chakuriku matawa ririku suru koto wa yurusa renakattanode, Ejiputo ni iki rafa kōsaten de Gaza e wataranakereba naranakatta. 1948-Nen ni Paresuchina no tochi ni Isuraeru kuni ga setsuritsu sa re, zankokuna tanjō irai, Yorudan, Ejiputo, sonohoka no ōku no kuni ni tōbō shita sūhyakuman no Paresuchina hito ga imashitaga, karera wa mada kōdaina nanmin kyanpu ni sunde imasu 1948-nen irai kaigai ni itta.

Zen sedai no Paresuchina hito wa, korera no kyanpu no yakkaina jōkyō no shita de seichō shi, soredemo nao karera no kuni ni itsuka modoru koto o yumemite imasu. Karera wa heiwa-tekina demo o kokoromitaga, sore ga umaku ikanai toki wa, busō tōsō ni fumikondaga, Arafato shidō-sha ga hikiiru intifada ga Arafato o bōmei shitaga, Arafato wa jiyūna Paresuchina no yume o jitsugen suru koto naku shibō shita.

Isuraeru hito ga yori kyōryokuna Arabu no ringoku to tatakai, wazuka sūjitsu de shōri shita 1967-nen no sensō wa, seichi no rekishi o kakinaoshi, shōri-sha ni yotte aratana kyōkai ga egaka re, Isuraeru no kuni o kakudai shi,-go de Ejiputo to betsu no sensō o tatakawanakereba naranakatta. Ejiputo wa sono sensō mo haiboku sa se, kore ni yori Isuraeru hito wa yudayahito no jinkō ga Yorudangawa seigan nado no senryō-chi de kokurenketsugi no kibō ni hanshite sai teijū shi hajime, kyō made tsudzuita. Paresuchina hito ga mada matte ite yume o mite iru yō ni, yudayahito no diasupora kara no gunji-teki shōri to bōdaina shikin enjo kara kite iru.

Watashi wa aru hi, Itaria no shiena de ikutsu ka no Paresuchina hito ni atte, karera ga totemo sutekinahito de, yoru no Toruko o mitsukeru no o tetsudatte kureru koto o netsubō shite imashita. Karera wa abū ni nite ite,-ka ni kaeru koto o nozomimashitaga, mada matteimasu. Sonoaida, Yorudangawa seigan no Arabu kaoku no kaitai wa, yudayahito no tame no atarashī katei no michi o ayumi tsudzukete imasu.

Ōku no Beikoku daitōryō wa heiwa burōkā to shite doryoku shitaga, dare mo seikō shinakatta. Jimī kātā wa ichido karera o tsurete kitanode, Sadato to bigin wa heiwa jōyaku ni chōin shi, Ejiputo to Isuraeru no ma no tekii o owara setaga, Paresuchina no mondai wa kaiketsu shinakatta. Kurinton mo Arafato to Isuraeru hito o atsumete heiwa o nashitogemashitaga, soreha dokoni mo ikimasendeshita. Aru Ni~Tsu, Washinton de yudayahito no ie ni maneka reta toki, watashi wa Isuraeru no yudayahito no diasupora to, Isuraeru no sugureta soshiki to shien no hageshi-sa ni osowa remashita.

Sokode wa, watashi wa, karera ga Arabu hito e no kanjō o futashikana kotoba de watashi ni katatta hijō ni wakai on’nanoko to atta koto ga arimasendeshitaga, karera wa ichido mo Isuraeru ni itta koto ga naku, Arabu hito matawa Paresuchina hito o shirimasendeshita. Isuraeru hito no yō ni jibun-tachi no tame ni furusato o yumemite ita no wa, karera ga mimiwokatamukeru koto ga nakattakaradesu. Hijō ni mijikai yokoku de, karera wa Washintondīshī o kōzui sa seru kanōsei ga arimasu.

Isuraeru o shiji suru nan sen mo no denpō to, Paresuchina hito no shuchō o seitō-ka shiyou to suru ikanaru ugoki ni taishite mo, yudayahito no robī wa tashika ni hijō ni tsuyoidesu. Paresuchina no mazushī hitobito wa, hoka ni nani ga dekiru no ka wakaranaku natte irunode, Gaza o shihai suru sentō bando ni sanka shi, sekai ga hinan suru Isuraeru no gunji hōfuku o motarasu. Gaza no kyūchi wa, soko ni sumu jūmin ni totte wa jinsei o hijō ni kon’nan ni shi, karera wa karera ga ikiru tame ni hitsuyōna subete no mono o tsukaihatashite shimatta.

Fune de hoka no kuni kara okura reta shokuryō oyobi iryō yōhin wa, Isuraeru no patorōru ni yotte sute rare, rafa no kōsaten wa kinmitsu ni kanshi sa rete iru. Hikō-shi wa Gaza o chūibukaku kanshi shi, chijō de ijōna koto ga okotta baai ni wa guntai ni keikoku suru. Sate, Rebanondearu hokubu to Gaza ga aru seibu kara roketto-dan ni hōgeki sa reta Isuraeru hito no shiten kara mite mimashou. Isuraeru ni nyūkoku suru Paresuchina hito wa, Isuraeru o Erusaremu ya Teruabibu de uchikoroshi tari, koritsu shita kibutsu o kōgeki shite kōgeki o tome tari suru nado, shibashiba mondai o hikiokosu.

Kono mondai no kakushin wa, yudayahito ga gen no jiin o motte ita shinseina jiin no ue ni, saradin ga Al Aqsa to yoba reru mosuku o tateta Erusaremudesu. Isuraeru no chūshin-bu ni wa Isuramukyō no shinboru ga tate rarete imasu. Isuramukyō no shōchōdeari, Mainichi yudayahito ni sokoku ga shinryaku sa re, sono seichi wa saradin ni yotte subete no yudayahito no kokoronouchi ni nikushimi o daku mosuku o kensetsu suru tame ni bōtoku sa remashita.

Source : Google photo

Seitō-ha no yudayahito wa, itsuka, sono jiin o itsuka yama ni kizukitai to omotte ishi o atsumete imasuga, Paresuchina hito to sokoku no furusato no bokkō mondai no tame ni nagaiai matanakereba naranai kamo shiremasenIsuraeru wa, Erusaremu ga shutodeari, genzai no yō ni bunretsu suru koto wa dekizu, Yorudangawa seigan no yudayahito kyoryūchi no kensetsu o tomeru koto wa nai to katatte iru. Dakara ryō jin’ei wa kyōkōna shisei o tori, suna no naka de kakato o hotta. Yudayahito wa Nachisu no gyakusatsu no torauma no tame ni kodoku o daite itanode, furusato ni itai to iu negai ga aru.

Tanin no te ni yoru yudayahito no hakugai no rekishi wa furuku kara furuku kara mōse ni furuku kara Ejiputo kara Paresuchina ni hikidasa rete iru to kakushin shite imashitaga, diasupora wa hoka no chiiki demo kurushinde imashita. Hittorā ga hakugai shite, aushuvu~ittsu ya birukenau no yōna samazamana kyōseishūyōsho de tairyō ni gasu o fukikomu no ga benrida to iu koto o yōroppade wa shitteita.

Ikinokotta hitobito wa mada kizuato o otte ite, ude ni irezumi bangō o kantan ni hyōji shimasu. Tsugi no sedai no yudayahito wa, Paresuchina ni modotte Igirisu to barufō sengen no tasuke o karite furusato o kakuritsu suru tame ni tatakaimashita. Karera wa kesshite hokanohito-tachi ni hakugai sa senai yō ni chikatta. Yuiitsu no mondai wa, karera ga furusato o tsukuru tame ni senryō shita tochi o Paresuchina to yonde, Paresuchina hito to yoba reru hitobito ga sunde itanode, arata ni hakken sa reta Isuraeru no kuni no tame no basho o tsukuru tame ni oidasa renakereba naranai to iu kotodeshita.

Watashi ga shinjite iru no wa, kono Isuraeru no sōzō wa bōryoku-tekideshitaga, sore wa koko de kurikaesu hitsuyō no nai rekishi no ichibudesu. Ōku no Paresuchina hito ga Isuraeru ni sunde ori, ichibu wa gikai ni mo senshutsu sa rete imasu. Ōku no hitobito wa, fuanteina sonzai no naka de yudayahito chiku kara hanarete Erusaremu no kyū shigai ni sumi, Erusaremu o shōrai no furusato no shuto ni shitainode, Erusaremu o Isuraeru no yuiitsu no shuto to sengen suru to iu atsuryoku ni teikō suru.

Isuraeru hito wa kono mondai ni tsuite danko to shite ori, Erusaremu wa bunretsu dekinai to iimasu. Parashūto wa, yudayahito, Isuramu kyōto, kirisutokyōto no subete ga, keibina mondai ni tsuite mada jibun jishin o arasotte iru kirisutokyōto no samazamana habatsu wa genkyū shite inai to shuchō shite iru tokorodesu. Kirisuto ga umarete kara kawaita tsuchi wa chi ni shimikonde imasu rōma hito ni wa jūjika ni tsuke rareta.

Sonogo, Isuraeru no Isuramu kyōto o oinukou to shita jūjigun ga detaga, saradin wa kirisutokyōto no chi o nagasu yō ni natta. Kono iwaba no kansōshita bubun no ketsueki saishu wa mada owari no nai jōtai de tsudzuke raremasu. Nani no tame no subete no kono bōryoku? Paresuchina hito to Isuraeru hito ga tanoshimu koto ga dekiru subarashī mirai wa nani ka?

Karera no ma no bōeki, subete no tekitai kōi no teishi, bōdaina rieki o motarasu kankō, sū hyaku man-ri no koyō sōshutsu, infura seibi no supīdoappu ga kanō ni narudarou. Nōgyō, sangyō, sonota ōku no bun’ya no tōshi ga sūjūoku doru to Gaza kūkō wa darenotameni mo sekai e no genkan kuchi ni naru kanōsei ga arimasu. Isuraeru hito wa subete, Paresuchina hito to suwatte jikkō kanōna katachi de seiri shi, Paresuchina hito wa mohaya gaikoku de nanmin to shite taizai shi, Isuraeru no yōna furusato o hitsuyō to shimasu.

Karera wa heikōshite kyōzon deki, soko kara rieki o eru koto ga dekimasu. Karera wa, Isuraeru hito ga motte iru to shuchō suru gijutsu o tsukatte, iwaba o eden no niwa ni kae, Paresuchina ga subete no hito ni rieki o motarasu kuni to shite seichō suru no o tasukeru koto ga dekimasu. Shikashi, Isuraeru to heiwa o kizuita anwaru Sadato no gensō to yūki ga hitsuyōdesu.

Ejiputo hito mo Shinai o torimodosu tame ni kōshō shitaga, Sadato wa kōgaku o shiharatte ansatsu sa reta. Dare ga, naze ima wa mondaide wa nai nodesu ka. Barakuobama wa mada sūjitsukan Howaitohausu ni iru nodesu. Soshite, Paresuchina no kokka o mitomete, tokei o motodōri ni modoshitai to omou hito ni shūnin suru nodesu. Kare wa jimīkātā no kenzen’na adobaisu o torudarou ka? Sore wa kare no idaina seikadeari, rekishi wa tsuneni kare o gensō-tekina jinbutsu to shite oboete imasuga, kare wa sono yō na ippo o fumidasudeshou ka? Watashi wa shiranaishi, watashi wa iki o tomete inai.

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中