The joys of festivals( in Japanese)

フェスティバルの楽しさ

ati-atihan

私がMostaganemで働いていたアルジェリアにいたとき、私は自分の仲間から彼らの村のIdul Fitrフェスティバルに招かれました。 これは前例のないことでした。なぜならインドではモスレムは決してお祭りに招待しておらず、ヒンドゥー教徒も同じことをしています。

とても幸い私はバスを村に持ち帰り、バス停で私の友人が私を待って私を家に連れて来たのを発見しました。 そこで私はロイヤリティのように受け取り、快適にしました。 その後、レーズンと多くのおかずでクスの上においしいラムの子羊の非常に豪華な食事を含む饗宴が始まりました。 家の女性は食べ物を持ってきて食べるように促しましたが、私は大爆発してしまいました。 彼らは誰もが食べる大きな食べ物に食べ物を入れました。

クスコはアルジェリアの全国料理であるが、東にチュニジア、西にモロッコを含むマグレブ全体でもあり、バターやレーズンで完璧に調理されたバルガーコムギの穀粒でできている。 おいしい子羊を頂いた時は本当にとてもいいです。

私たちは、ヤギの皮の袋の中に水を与え、甘くて香ばしい木からぶら下げたものを与えました。私はヤギの皮が水を冷やし、水をすてきに飲めると言われました。

私たちは映画を見に行きましたが、それはすべてのことを覚えていませんが、一度彼らが私の宗教と私のことについて尋ねると私は信じがたい友情を見せなかったので、素晴らしいホスピタリティを覚えています。 私が殺虫剤と肥料でいっぱいの納屋に滞在していたOued Rhiouの農場経営者と一緒にいてくれるように頼まれたとき、私はこのモスクレムでこのおもてなしを見ました。 モハメドという農場のマネージャーは、私がインゲンの人が納屋にいてはいけないと感じていたので、私は彼の家に泊まるようにと私を誘った。私はその地域の米についていくつかの研究と実験をしていたので、 1ヶ月間あります。 彼の素敵で若い妻は私の部屋を用意し、ラジオと水のフラスコを入れました。

これは決して宗教による分離が厳しく維持されているインドでは起こりません。私のモスクレのクラスメートは私をフェスティバルに招待することは決してありませんでしたが、アルジェリアではそれは違っており、ヒンドゥー教を家に招いたり、

フェスティバルの時は、異なる文化の人々を集めて、債券が作られ、他の人々の生活様式をより深く理解する時が来たと思います。 このフェスティバルは、日常生活の煩わしさから逃れるため、人々がリラックスして楽しむ時間です。 それは、メリーを作り、素敵な食べ物を食べ、新しい服や靴を着て、家をきれいにしたり白くしたり、新しい友達を作ったり、普通の人の日常生活に喜びをもたらす時間です。

農家は耕作、栽培、収穫という厳しい生活の中でハーベストフェスティバルをハイライトにしました。フィリピンでサンイシドロデラブラドールと呼ばれる収穫守護聖人のおかげで、彼らが祝うように、彼らの聖人たちと神々たちがバンパー収穫のために感謝しています。

Sikhsの中で、彼らは本当に素晴らしいBhangraダンスと呼ばれるステップで男女が一緒に踊るとき、彼らは非常にカラフルな服で収穫の後に喜びながら踊ります。 あなたは、そのくそったシーク人がそんなに踊ることは信じられません。

カトリックの国であるメキシコでは、踊る時、踊るときに巨大なフェスティバルがあり、豪華な食事とテキーラと一緒に歌い出して鮮やかな衣装を演出します。

アメリカでは農業は主に彼らの祭りのような農業とはあまりを持っていないので、彼らは小さなプライベート農家を研がていることにより、大企業や大規模な機械化によって行われたが7月か4 番目のような彼らの祝日で行うことがよりされます子供たちが羊や山羊や豚を競争の対象にして賞品を獲得する国の見本市。 これは、子供たちが農場で動物を育て、将来的には成功した農家になるよう促すことです。

主催者が観覧車やメリーゴーランドを楽しんで楽しむことができるカーニバルは、農家ではなく専門家ですが、人々は退屈な農村生活の中で休憩するため、同じことを楽しんでいます。 様々なキオスクは、手工芸品や多くのものを販売するために設定されています。 ロデオとカントリーミュージックは人々を楽しませます。 私は一度モザベの砂漠の町Rosemondに出席しました。

私は、多くの国でこのようなフェスティバルやカーニバルに参加する特権を得て、人々がどのように楽しんでいるかを知る必要がありました。 かつては東京にいた時、ボンゴロリ祭に参加し、伝統衣装であるドラマや派手な着物で踊り、日本人の音楽や言葉を理解できなかったとしても喜んで楽しめました。私が外国人であることは彼らには関係しませんでした。

これは、人々が見知らぬ人に心を開き、彼らの祝賀会に参加することを歓迎するようにしようとするフェスティバルの美しさです。 ビールフェスティバルでミュンヘンにいた場合、叔父さんが泣き叫ぶまで、ビールがいっぱいになり、誰もが祝っているだけなので、追加料金なしで少数のキスをぶち込む気分。

私は、大切なお祝いは、とても重要な社会的機能を果たしたので、ほとんどの国で伝統的に非常に古くなっていると思います。 それは人々を集めて楽しくし、些細な違いや問題を忘れさせました。 英国ではロイヤルティが組織され、愛が大空に浮かぶ5月のフェスティバルで、とても若い女性たちと若者たちが将来の花嫁や夫の目の前で一緒に踊ったので、長い憂鬱で冬はしばしば過酷な冬その時の自然の恵み。

インドのような他の国では、主にその地域の多くの祭典がありますが、息を呑むような華やかさと大宴会で祝われます。 10月にはケーララで、昨年11月にはラージャスターンでプシュカールで、10月にはベンガル州のプルジャで開催されるアンナムフェスティバルに行くと、その時には非常に異なるインドが見えます。 それから、カラーフェスティバルであるHoliと、ランプの祭典であるDivaliがあります。

私たちが新しい服と靴を手に入れたとき、そして両親が多少寛大であったので、私たちは限界を少しでも広げようとしましたが、ちょうど同じ楽しさでした。

かつてグアダルーペ大聖堂の前でGuadalupeの饗宴を祝ってメキシコの街でお祝いを楽しんでいたが、楽しい音楽に踊っているAztecの衣装や羽毛の服を着た人々の数に驚いた。 ピックポケットも忙しかったです。別の問題ですが、私たちはその日を覚えておくためにたくさんの写真を撮りました。

私は人生のかなりの時間を過ごしたアフリカで、農家とその子供たちが収穫後に楽しんだ村で多くの踊りを見ました。彼らはしばしば彼らに踊り、手作りの原産のシンバルを打つことでラケットを作りました。

彼らのバラフォンやギタリストは、控えめな言葉を言うのは素晴らしいですし、バードマンと彼が何をするかを見るのを待っている観客を盛り上げるために音楽を作りました。 この鳥獣は、羽毛で覆われた謎の仲間で、鳥のような鳥のマスクをかぶっていた。鳥のように天気、収穫、雑貨に関する質問をしたシャーマに解釈され、理解していると主張した。 人々はこれらのショーを楽しんだ。 火事は続けられ、子供たちは眠りに落ち、女性たちはただ彼らを泥の中に寝かせましたが、ショーはそのような時間が彼らの熱意だったまで続きました。

ベトナムでは、私はオペラを楽しんでいました。彼らは小さな町で見せてくれました。実際には、伝統的な流れる服を着た巡回服を着て、シンバルと耳を裂くフルートの音楽が飛び交い、それの言葉。 1967年に深刻な戦争が起こったので、人々はこの短い休憩を本当に必要とし、楽しんだ。

ここフィリピンでは、フィエスタは真剣に受け止められ、すべてのバリオは全国の守護聖人を祝うが、同じ日にはそうではないので、毎日どこかで祭りが行われている。 人々は地元の料理をたくさん用意し、それを食べたい人に提供します。 ビール、ココナツの樹液などから作られたランバノグなど、自由に流れていく人もいます。 ラグナのルクバンの祭典は、農民の聖人であるサン・イシドロ・デ・ラブラドルが祝われる場所でよく知られています。

スペインのトマト投げ祭り、追い払う雄牛やその他の危険なスポーツは、祝福の一部であり、傷つける人もいますが、年に一度ですので、愚かな事をして汚れてしまいましょう。 誰も気にしない?

私は安全な祭りが好きです。歩くと頬と鼻を突く火災は私のものではありませんが、火事が楽しくて燃えても毎年やっていると感じる人もいます。 あなたの欲望に屈する地獄の狂った雄牛の前で実行することも私のものではありませんが、なぜ彼はそのようなリスクを取るとスペイン人に尋ね、彼はああそれは楽しいと言うでしょう。 バンジージャンプジャンパーはまた、ロープがある日スナップするまでは楽しいと主張する。

要するに、フェスティバルは人々を結集させる非常に有用な目的を果たすことです。 彼らが私を招待していないならば、私はアルジェリアの彼らのIdul Fitrの間に、どうやって素晴らしい子羊とクスクスを味わうことができましたか?

 

Fesutibaru no tanoshisa watashi ga Mostaganem de hataraite ita Arujeria ni ita toki, watashi wa ofisu no nakama kara karera no mura no Idul Fitr fesutibaru ni maneka remashita. Kore wa zenrei no nai kotodeshita. Nazenara Indode wa mosuremu wa kesshite omatsuri ni shōtai shite orazu, hindo~ū kyōto mo onaji koto o shite imasu.

Totemo saiwai watashi wa basu o mura ni mochikaeri, basutei de watashi no yūjin ga watashi o matte watashi o ie ni tsurete kita no o hakken shimashita. Sokode watashi wa roiyariti no yō ni uketori, kaiteki ni shimashita. Sonogo, rēzun to ōku no okazu de kusu no ue ni oishī ramu no kohitsuji no hijō ni gōkana shokuji o fukumu kyōen ga hajimarimashita. Ie no josei wa tabemono o fuyashi tsudzukete taberu yō ni unagashimashitaga, watashi wa dai bakuhatsu shite shimaimashita.

Karera wa daremoga taberu ōkina tabemono ni tabemono o iremashita. Kusuko wa Arujeria no zenkoku ryōridearuga, azuma ni wa Chunijia, nishi ni wa Morokko o fukumu Magurebu zentaideari, batā ya rēzun de kanpeki ni chōri sa reta barugā komugi no kokutsubu de dekite iru. Oishī kohitsuji o toppingu shita toki wa hontōni totemo īdesu. Watashitachiha, yagi no kawa no fukuro ni ireta mizu o, amakute kōbashī ki ni burasagete ataemashita.

Sono naka ni hābu o irete, yagi no kawa ga mizu o hiyashite mizu o suteki ni nomeru to iwa remashita. Watashitachiha eiga o miniikimashita ga, watashi no shūkyō to watashinokoto ni tsuite ichido tazuneru koto wa naku, shinji gatai yūjō o misete kuretanode, subarashī koto o oboete imasu. Watashi ga satchū-zai to hiryō de ippai no naya ni taizai shite ita Oued Rhiou no nōjō keiei-sha to issho ni ite kureru yō ni tanoma reta toki, watashi wa kono mosukuremu de kono omotenashi o mimashita.

Mohamedo to yoba reru nōjō no manējā wa, watashi ga Ingenieur ga naya ni ite wa ikenai to kanjitanode, watashi wa kare no ie ni tomaru yō ni watashi o shōtai shimashita. Watashi wa sono chiiki no Amerika ni tsuite ikutsu ka no chōsa to jikken o shite imashita. 1-Kagetsu-kan arimasu. Kare no sutekide wakai tsuma wa watashinoheya o yōi shi, Mainichi rajio to furasuko o soko ni oita.

Kore wa kesshite shūkyō ni yoru bunri ga kibishiku iji sa rete iru Indode wa okorimasen. Watashi no mosukure no kurasumēto wa watashi o fesutibaru ni shōtai suru koto wa kesshite arimasendeshitaga, Arujeriade wa sore wa chigatte ori, hindo~ū kyōto o ie ni manei tari, fesutibaru no toki wa, kotonaru bunka no hitobito o atsumete, saiken ga tsukura re, tanin no seikatsu yōshiki o yori fukaku rikai suru toki ga kita to omoimasu.

Kono fesutibaru wa, nichijō seikatsu no wazurawashi-sa kara nogareru tame, hitobito ga rirakkusu shite tanoshimu jidaidesu. Merī o tsukuri, sutekina tabemono o tabe, atarashī fuku ya kutsu o kite, jūkyo o seiketsu ni shi tari shiroku nuttari, atarashī tomodachi o tsukuttari, futsūnohito no nichijō seikatsu ni yorokobi o motarasu jikandesu. Nōka wa kōsaku, saibai, shūkaku to iu kibishī seikatsu no naka de hābesutofesutibaru o hairaito ni shimashita.

Firipin de san’ishidoroderaburadōru to yoba reru shūkaku shugo seijin no okage de karera o misete kuremashitaga, sekaijū no nōmin-tachi wa karera ga iwau yō ni, karera no seijin to kamigami ni kansha shite banpā shūkaku o shimasu. Sikhs no naka de, karera wa hontōni subarashī Bhangra dansu to yoba reru suteppu de danjo ga issho ni odoru toki, karera wa hijō ni karafuruna fuku no shūkaku no nochi ni yorokobi de odorimasu. Anata wa, sono kuso tta Sikhs ga kyū ni odoru koto ga dekiru to wa omowanaideshou.

Katorikku no kunidearu Mekishikode wa, odori, utattari, gōkana shokuji ya tekīra to issho ni utattari, odottari suruto seidaina saiten ga okonawa remasu. Amerikadeha nōgyō wa omoni dai kigyō to ōkibona kikai-ka ni yotte okonawa rete imasu. Karera wa shōkibona minkan nōka o tōta shite irunode, karera no matsuri wa nōgyō to wa mattaku kankei ga arimasenga, 7 tsuki 4-nichi ya kuni no yōna shukusaijitsu kodomo-tachi ga hitsuji ya yagi ya buta o seriatte shōhin o kakutoku suru nokia.

Kore wa, kodomo-tachi ga nōjō de dōbutsu o sodate, shōrai-teki ni wa seikō shita nōka ni naru yō unagasu kotodesu. Shusai-sha ga kanran-sha to merīgōrando o tanoshinde tanoshimu tame no kānibaru wa, nōkade wanaku senmonka ni yotte okonawa remasuga, taikutsuna nōson seikatsu no naka de kyūkei suru tame, hitobito wa onaji koto o tanoshinde imasu. Samazamana kiosuku wa,-te kōgei-hin ya ōku no mono o hanbai suru tame ni settei sa rete imasu.

Rodeo to kantorīmyūjikku wa hitobito o tanoshima semasu. Watashi wa ichido, mozabe sabaku no machi no rōzumondo ni shusseki shimashita. Watashi wa ōku no kuni de kono yōna fesutibaru ya kānibaru ni sanka suru tokken o mochi, hitobito ga dono yō ni tanoshinde iru ka o shiru hitsuyō ga arimashita. Katsute wa Tōkyō ni ite, dorama o odotte ita dentō ishō ya kimono sugata de, Nihon no ongaku ya sono gengo o rikaidekinai hito mo imashita.

KankeinaiKarera wa watashi ga gaikoku hitodearu koto o karera ni tsutaemasu. Kore wa, hitobito ga mishiranu hito ni kokoro o hiraki, karera no shukugakai ni sanka suru koto o kangei suru yō ni shiyou to suru fesutibaru no utsukushi-sadesu. Bīrufesutibaru de Myunhen ni ita baai, ojisan ga naku made, bīru de ippai ni nari, daremoga iwai tte ite, hontō ni watashi wa taisetsuna oiwai wa, totemo jūyōna shakai-teki kinō o hatashitanode, hotondo no kuni de dentō-teki ni totemo kodaidearu to omoimasu. Sore wa hitobito o atsumete tanoshima se, sasaina chigai ya mondai o wasure sasemashita.

Igirisude wa roiyaruti ga kaisai sa remashita. Ai ga dai soraniukabu 5 tsuki no fesutibaru de, totemo wakai josei-tachi to wakamono-tachi ga shōrai no hanayome ya ottonomenomaede issho ni odottanode, nagai yūutsu de fuyu ni naru to haru no matsuri to yoba remashita. Sonotoki no shizen’nomegumi. Indo no yōna ta no kunide wa, omoni shizen-kai ni kazuōku no saiten ga arimasuga, iki o nomu yōna hanayakasa to dai enkai de iwawa remashita.

10 Tsuki ni Kerala de Annam fesutibaru ni, 11 tsuki ni Rajasthan de kōhei ni Pushkar de, 10 tsuki ni Bengali Durga Pooja ni iku to, sono tokiniha hijō ni kotonaru Indo ga miemasu. Sorekara shikisai matsuridearu Holi to, chōdo ikutsu ka nawoageru to, ranpu no matsuridearu Divali ga arimasu. Watashitachi ga maitoshi shinpai shite matte ita no wa, atarashī fuku to kutsu o teniireta Durga Pooja fesutibarudeshita.

Kan’yōnanode genkai o sukoshi hikinobasou to shimashitaga, guadarūpe taiseidō no mae de guadarūpe no kyōen o iwatte Mekishiko no machi de oiwai o tanoshinde ita nodesu. Tanoshiku odotte iru asuteka no ishō ya umō o kita hito no sū. Pikku poketto mo isogashikattadesuga, watashitachi wa sonohi o omoidasu tame ni takusan no shashin o torimashita.

Watashi wa watashinojinsei no kanari no jikan o sugoshita Afurika de, nōka to sono kodomodachi ga tanoshinda mura de, ōku no odori o mimashita. Hābesuto ni sanka shi, hinpan ni dansu ni sanka shi, jikasei no shinbaru o hataite raketto o tsukurimashita. Karera no bara fon to gitarisuto wa, hikaeme ni itte mo subarashīdesushi, bādoman to kare ga nani o suru no o matte iru kankyaku o moriageru ongaku o tsukurimashita.

Kono chōjū wa,-wa no naka ni kanzen ni ōwa reta nazo no nakama de, tori no yō ni chōdo naku tori no masuku o mi ni tsuke, tenki, shūkaku, zakka ni kansuru shitsumon o shita shāma ni kaishaku sa re, rikai shite iru to shuchō shita. Hitobito wa korera no shō o tanoshinda. Kaji wa tsudzuke rare, kodomo-tachi wa nemuri ni ochi, josei-tachi wa yogore ni nesobette itaga, shō wa nekkidatta.

Betonamude wa, karera ga opera de tanoshinde ita no wa chīsana machi de, jissai ni wa junkai-fuku o kita junkai-fuku o kita junkai-fuku o kita junkai geijutsuka-tachi wa, shinbaru to mimi o saku furūto no ongaku no shōtotsu de sakenda. 1967-Nen ni jūdaina sensō ga okottanode, hitobito wa kono mijikai kyūkei o hontōni hitsuyō to shi, sore o tanoshinda. Firipinde wa, Fiesuta wa shinken ni uketome rare, subete no bariosu wa zenkoku no shugo seijin o iwauga, Mainichi doko ka de iku fiesutadesu. Hitobito wa jimoto no ryōri o takusan yōi shi, sore o tabetai hito ni teikyō shimasu.

Bīru, kokonattsu no jueki nado kara tsukura reta ranbanogu nado, jiyū ni nagarete iku hito mo imasu. Raguna no rukuban no saiten wa, nōka no seijin san ishidoro de raburadoru ga iwawa rete iru basho de yoku shira rete imasu. Supein de tomato o nagetsukeru fesutibaru, oikakeru osuushi ya sonohoka no kiken’na supōtsu wa, itaidesuga, chōdo toshi ni ichidodesunode, watashitachiha orokana koto o shite yogorete mimashou. Dare ga ki ni shite imasu ka?

Watashi wa anzen’na matsuri ga sukidesu. Aruku to hoho to hana o tsukisasu hi wa watashi no monode wa arimasenga, kaji ga tanoshikute moete mo maitoshi yatte iru to kanjiru hito mo imasu. Anata no yokubō ni kusshite jigoku no kurutta osuushi no mae de jikkō shite mo watashi no monode wa arimasenga, naze kare wa sono yōna risuku o toru to supeinhito ni tazune, kare wa ā sore wa tanoshī to iudeshou. Banjījanpujanpā wa mata, rōpu ga aru hi sunappu suru made wa tanoshī to shuchō shite imasu. Pointo wa, fesutibaru ga hitobito o kesshū sa seru hijō ni yūyōna mokuteki ni yakudatsu to iu kotodesu.

Karera ga watashi o shōtai shite inainara, watashi wa Arujeria no karera no Idul Fitr no ma ni, dō yatte subarashī kohitsuji to Kusukusu o ajiwau koto ga dekimashita ka?

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中