The military industrial complex(in Japanese)

軍事産業団地:

dyqlj2c

1941年12月7日の空襲の日に、ハワイの真珠湾の空は突然、翼の上に日の出の象徴を持つ戦闘機の爆撃機でいっぱいになりました。 誰も何が起こっていたのか分かっていませんでしたが、爆撃機が海軍ヤードを下回り、デッキを掃除するという日常的な船員に雨のような爆弾を降ろした時を知るのに時間がかかりませんでした。

彼らは恐怖の中を見上げて、激しい船の後で船を見て、人々は非常に多数でそれらのまわりで死んでいった。 それまでアメリカの土壌でこれは起こったことがなかったので、いたるところにパニックがありました。 アメリカが日本で戦っていた経済戦争の結果、真珠湾に対するこの攻撃が起こったという事実は、教育を受けていない者と愛国者が見渡しており、アメリカにすぐに日本との戦争を宣言させる怒りの感覚が勝った。

その時まで、戦争はヨーロッパで戦ってヒットラーを封じ込めるか、敗北させようとしていましたが、今やヨーロッパの戦争と戦うことを意図した資源を手に入れた別の戦線が開かれました。 アメリカ人は、安全で安全な海岸に戦争をもたらし、短期間で、何の兆しもなしに、米国戦争船と飛行機の全面的な艦隊を破壊した、日本では有能な敵を初めて知った来ることになった。

米国政府は、その通行料を払っていたヨーロッパの戦争に対抗するための戦争資料を生産するために工場を動員した。 ナチスの潜水艦は供給船に大混乱を起こし、大西洋で彼らの墓地を作ったので、船を増やし、銃や爆弾、さらに飛行機を増やす必要がありました。 しかし、今や東との戦争で、マッカーサーが敵を倒すために必要な戦争用の材料、船、武器を増やし、工場が24、7を大量に生産するように働いた。

この種のゴム、錫、鉄、そしてあらゆる種類の金属が不足していたので、人々はそれを収集し、工場はそれらを溶かして武器や弾薬を作った。 全国がこの新しい現実に目を覚まし、祖国が初めて脅威にさらされたので、彼らは守るためにできることをしなければならなかった。 和やかな生活をしている日本人は平和的に丸められ、マンザナールのような強制収容所ではどこにも置かれていなかったが、この機会に興奮した暴動は、美しい家を略奪し、この忌まわしい方法で深い永続的な苦悩を引き起こした日本人の人たちの間で。

戦争が終わった後の出来事を見てみましょう。 ヒトラーは敗北し、人々はランプポストでムッソリーニを吊るした。 しかし、日本人はまだ太平洋で戦っていたので、秘密のグループの科学者が原子爆弾と呼ばれる究極の戦争兵器を開発し、熱心な軍隊が日本に爆弾を落とすことが唯一の方法であると政府に確信させた戦争を終わらせるために、彼らはどこにいても犠牲を強いられていたからです。

残りは知られています。 広島と長崎の民間人に爆弾を使用して何十万人もの一般市民を殺害した唯一の国であり、単一の爆弾がもたらす可能性のある死と破壊の遺産を残しました。 それは戦争を確実に終わらせたので、兵士たちはどこかの荒れ果てた住人の日常生活に家に帰ることができました。

しかし戦争資料を制作した軍事産業団地は残っていて、1945年以来停止していない飛行機、戦車、爆弾を作り続けるために戦後改装された。もしあれば、地球上で最も洗練された軍事産業複合体国の武器輸出国で一位になり、数十億ドルの収入を収め、数十万人の人々を爆弾や弾薬の職に就かせている。

兵器、飛行機、戦車を近隣諸国と戦いたい国に売却することで、これらの工場はさらに発展し、さらに拡大していくことが求められています。 武器はより高度で致命的になっており、多くの国が犠牲を払って犠牲を払う必要がある重大な値札を要求しているが、米国には兵器の売却条件を指示する権限も与えている。 クライアントがより多くの情報を必要とする場合は、条件に同意する必要があります。そうでなければ、スペアパーツと将来の配送が危険にさらされる可能性があります。

アメリカはこの産業を支配しています。 代理戦争で軍のハードウェアがどこかで破壊されても問題はありません。 新しい出荷はより高い価格で行われます。 軍事用のハードウェアに対する需要は、米国の工場では十分に速く供給できないという要求があります。

これらの広大な工場で爆弾と弾丸を作った労働者は、どこに行くのか、どこで使われるのかは気にしません。 彼は彼と彼の家族を肉汁に保つために給料を取った従業員です。 これらの爆弾と弾丸が中東の民間人や他のどこかに雨が降っているという事実は、彼がちょうどそれらを作るので、彼を気にしない。

米国が戦争の材料を作っていないなら、他の誰かがクライアントを供給してくれるでしょう。 政府は、貧しい国がとにかく支払うことのできない食糧の積み荷よりも、飛行機や戦車の売却によってより多くの金を稼ぐ。 1機の戦闘機には1億5000万ドルの費用がかかり、何千人もの家屋を建設したり、1年に100万人を養子にしたり、学校や病院の数を増やすことができますが、それは売り手の優先事項ではありません。 ハードウェアを作ってそれを望む人に販売するのは単なる良い仕事です。 彼らがそれをすることは、売り手の問題ではありません。

米国は最後の戦争後に戦争資料を作るというこの事業から離れることはできませんでした。 昨日はベトナムだったが、今日は中東と明日、必ず戦争がどこに起こるのかを知っている。それは戦争の材料の製造者にとって利益を意味する。

論理は、映画で大父親が言ったようなものです。 「もし売っていなければ、他の誰かがそれを支配するかもしれない。 彼らは麻薬について話していたが、軍用機にも適用できる。 多くの国々は、貧困、住宅、学校、病院の食糧よりも戦争資料に多くの費用を費やしています。

このペンタゴンの従業員は、この膨大な工場ネットワークと何を作るのかを管理している数千人にのぼります。 彼らは、生産、スケジュール、在庫、納期、これらの武器を作るための原材料の供給、および他の何千もの雑貨品目を注意深く監視する。 彼らは新しい武器システム、爆弾をよりスマートにしてより多くの人々を殺すための新しい技術を研究しています。 彼らは無人機によって戦争を自動化する方法を研究し、将校は何が起こっているかを見るために工場を訪問します。

武器や飛行機や戦車をクライアントに配達する責任を負っているこれらの兵士は、最も有利な条件と最も致命的な武器を得るために、彼らによって賞金と食事を受けています。

人々はしばしば戦争に頼って、悪い独裁者、悪い近隣諸国、悪いものなどの問題を解決し、解決策を話したり交渉するのではなく、解決します。 ベトナム戦争を開始するためにトンキン湾の問題を使用したり、サダム・フセインが累積していたWMDの偽の報告書を使用して停止させなければならなかったように、米国を脅かさなかったとしても、 ハンス・ブリックスが正しかったとおっしゃったのは誰ですか?イラクでは戦争と資金が必要だった。

これが論理です。 お金は作られなければならず、工場は何千人もの雇用者を雇うようにしなければならない。 したがって、この論理が使用されている限り、新しい戦争、WMDの新しい偽の報告書、あるいはどこかの新しいトンキン湾かペルシャ湾を正当化するクライアントがどこかに常に存在します。

私は、戦争、難民、飢餓と腐敗、一度美しい都市、学校、病院の破壊のない美しい世界を想像することができました。 誰もが食べ物、避難所、服装、教育、そして良い生活を送る手段を持っていたとすれば、どこが素晴らしい平和なのか、私は想像することができました。エイズ、がん、マラリアなどの病気がなくなる世界を想像することができます。 しかし、私はそれがユートピアの夢であり、人々の福祉が最初に来て、戦争からの金儲けがはるかに増えない限り、そうであることを知っています。

 

Gunji sangyō danchi: 1941-Nen 12 tsuki 7-nichi no kūshū no hi, Hawai no Shinjuwan no sora wa totsuzen, tsubasa no ue ni hinode no shōchō o motsu sentōki no bakugeki-ki de ippai ni narimashita. Dare mo nani ga okotte ita no ka wakatte imasendeshitaga, bakugeki-ki ga kaigun yādo o yokogitte teisoku ni tonde kita toki o mitsukete, ame no yōna bakudan o kōka sa seta sen’in wa, karera wa kyōfu no naka o miage, hageshī fune no nochi de fune ga mie, hitobito wa hijō ni ōku no hito no mawari de shinde itta. Kore made Amerika no dojō de koreha okotta koto ga nakattanode, itaru tokoro ni panikku ga arimashita.

Amerika ga Nihon de tatakatte ita keizai sensō no kekka, shinjuwan ni taisuru kono kōgeki ga okotta to iu jijitsu wa, kyōiku o ukete inai kokka to aikoku-sha o miwatashite ori, Beikoku ni sugu ni Nihon to no sensō o sengen sa seru ikari ga hirogatta. Sore made wa yōroppa de sensō ga okotte hitorā o fūjikomeru ka, haiboku sa seyou to shite imashitaga, imaya yōroppa no sensō to tatakau tame no risōsu o te ni ireyou to shimashita.

Amerikahito wa, anzende anzen’na kaigan ni sensō o motarashi, tankikan de nani ga okoru koto naku, Beikoku no senkan to hikōki no zenmen-tekina kantai o hakai shita, Nihonde wa yūnōna teki o hajimete mukaeta kuru koto ni natta. Beikoku seifu wa, sono tsūkō-ryō o haratte ita yōroppa de sensō o tatakau tame no sensō shiryō o seisan suru tame ni kōjō o dōin shita. Nachisu no sensuikan wa kyōkyū-sen ni dai konran o okoshi, Taiseiyō de karera no bochi o tsukuttanode,-sen o fuyashi, jū ya bakudan, sarani hikōki o fuyasu hitsuyō ga arimashita.

Shikashi, imaya azuma to no sensō de, makkāsā ga teki o taosu tame ni hitsuyōna sensō-yō no zairyō, senpaku, heiki o fuyashi, kōjō ga 24, 7 o tairyō seisan suru yō ni shimashita. Ko no yōna gomu, suzu, tetsu, kinzoku no fusoku ga ari, hitobito wa sorera o kaishū suru yō ni motome rare, kōjō wa sorera o tokashite buki ya dan’yaku o tsukurimashita. Zenkokude wa, sokoku ga hajimete obiyakasa rete itanode, hogo suru tame ni dekiru koto o shinakereba naranai to iu atarashī genjitsu ni kidzuita.

Heiwa ni kurasu nihonjin wa heiwa-teki ni marume rare, manzanāru no yōna kyōseishūyōshode wa dokoni mo oka rete orazu, korera no kikai ni kōfun shita bōdō wa utsukushī ie o ryakudatsu shi, kono imawashī hōhō de fukai eizoku-tekina kunō o hikiokoshita nihonjin no hito-tachi no ma de. Sensō ga owatta nochi no dekigoto o mite mimashou. Hitorā wa haiboku shi, hitobito wa ranpu posuto de mussorīni o tsurushita.

Shikashi, nihonjin wa mada taiheiyō de tatakatte itanode, himitsu no gurūpu no kagaku-sha ga genshi bakudan to yoba reru kyūkyoku no sensō heiki o kaihatsu shi, nesshin’na guntai ga Nihon ni bakudan o otosu koto ga yuiitsu no hōhōdearu to seifu ni kakushin sa seta sensō o owara seru tame ni, karera wa dokoni ite mo gisei o shii rarete itakaradesu. Nokori wa shira rete imasu.

Hiroshima to Nagasaki no minkan hito ni bakudan o shiyō shite nanjūman’nin mo no minkan hito o satsugai shita yuiitsu no kunideari, tan’itsu no bakudan ga motarasu kanōsei no aru shi to hakai no isan o nokoshita yuiitsu no kuni wa Amerikadeshita. Sensō o owara setanode, heishi-tachi wa doko ka no kashi no heion’na seikatsu ni ie ni kaeru koto ga dekimashita. Shikashi sensō shiryō o seisan shita gunji sangyō danchi wa nokotte ite, 1945-nen irai teishi shite inai hikōki, sensha, bakudan o tsukuri tsudzukeru tame ni sensō no nochi ni kaisō sa reta.

Moshi areba, soreha chikyū-jō de mottomo senrensareta gunji sangyō fukugō-tai-koku no buki yushutsu-koku no naka de dai 1-i to nari, sūjūoku doru no shūnyū o osame, nanjūman’nin mo no hitobito ga bakudan ya jūdan o tsukutte iru. Heiki, hikōki, sensha o kinrin shokoku to tatakaitai kuni ni baikyaku suru koto de, korera no kōjō wa sarani hatten shi, sarani kakudai shite iku koto ga motome rarete imasu.

Buki wa yori kōdode chimei-teki ni natte ori, ōku no kuni ga gisei o haratte gisei o harau hitsuyō no aru nefuda o yōkyū shite iruga, Beikoku ni wa heiki no baibai jōken o shiji suru kengen mo ataete iru. Kuraianto ga yori ōku no jōhō o hitsuyō to suru baai wa, jōken ni dōi suru hitsuyō ga arimasu. Sōdenakereba, supeapātsu to kongo no haisō ga kiken ni sarasa reru kanōsei ga arimasu. Amerika wa kono sangyō o shihai shite imasu.

Dairi sensō de gun no hādou~ea ga doko ka de hakai sa rete mo mondai wa arimasen. Atarashī shukka wa yori takai kakaku de okonawa remasu. Gunji-yō no hādou~ea ni wa, Beikoku no kōjōde wa jūbun ni hayaku kyōkyū dekinai to iu juyō ga arimasu. Korera no kōdaina kōjō de bakudan ya dangan o tsukutta rōdō-sha wa, doko ni iku no ka, doko de tsukawa reru no ka wa ki ni shimasen.

Kare wa, kare to kare no kazoku o nikujū ni tamotsu tame ni kyūryō o uketotta bakari no jūgyōindesu. Korera no bakudan to dangan ga minkan hito ni ame ga futte iru to iu jijitsuChūtō ya sonohoka no chiikide wa, kare ga tsukutta dakenanode, kare o nayamasu koto wa arimasen. Moshi Beikoku ga sensō no zairyō o tsukutte inainara, hoka no darekaga kuraianto o kyōkyū shite kuremasu.

Seifu wa, mazushī kuni ga tonikaku shiharau koto no dekinai shokuryō no shūkaku yori mo, hikōki ya sensha no baikyaku ni yotte yori ōku no kin o kasegu. 1-Ki no sentōki ni wa 1 oku 5000 man-doru no hiyō ga kakari, nan sen-ri mo no kaoku o kensetsu shi tari, 1-nen ni 100 man hito o yashinau koto ga deki tari, gakkō ya byōin no kazu o fuyasu koto ga dekimasuga, soreha urite no yūsen jikōde wa arimasen. Hādou~ea o tsukutte sore o nozomu hito ni hanbai suru no wa tan’naru yoi shigotodesu.

Karera ga shite iru no wa urite no mondaide wanai. Beikoku wa saigo no sensō no nochi ni sensō shiryō o tsukuru to iu kono jigyō kara hanarete iku koto wa dekinai. Kinō wa Betonamudattaga, kyō wa Chūtō to ashita, tsuneni sensō ga itsu doko ni okoru ka o shitte iru. Sore wa sensō zairyō mēkā no bōri rieki o imi surudarou. Sono ronri wa goddofāzā ga eiga de itta yōna monoda. `Moshi utte inakereba, hoka no darekaga sore o shihai surudarou’ karera wa mayaku ni tsuite hanashite itaga, gun’yō-ki ni mo tekiyō dekiru.

Ōku no kuniguni wa, mazushī hito 々, Jūtaku, gakkō, byōin no shokuryō yori sensō shiryō ni ōku no hiyō o tsuiyashite imasu. Pentagon no jūgyōin wa, kono bōdaina kōjō nettowāku to karera no katsudō o shihai shite iru sū sen-ri ni noborimasu. Karera wa, seisan, sukejūru, zaiko, nōki, korera no buki o tsukuru tame no genzairyō no kyōkyū, oyobi hoka no nan sen mo no zakka hinmoku o kuwashiku kanshi shite imasu.

Karera wa atarashī buki shisutemu, bakudan o sumāto ni shite yori ōku no hitobito o korosu tame no atarashī gijutsu o kenkyū shite imasu. Karera wa mujin-ki ni yotte sensō o jidō-ka suru hōhō o kenkyū shi, shōkō wa sonogo nani ga okotte iru ka o miru tame ni kōjō o hōmon shimasu. Buki ya hikōki ya sensha o kuraianto ni haitatsu suru sekininwoou guntai no dansei wa, mottomo yūrina jōken to mottomo chimei-tekina heikidesu.

Hitobito wa shibashiba, warui dokusai-sha, warui kinrin shokoku, warui mono nado no mondai o kaiketsu suru tame ni sensō ni tayotte imasu. Betonamu sensō o kaishi suru tame ni tonkin-wan mondai o tsukattari, Sadamu Fusein ga ruiseki shite ita WMD no nise no hōkoku-sho o shiyō shite teishi sa senakereba naranakatta yō ni, Beikoku o obiyakasanakatta to shite mo, Hansu burikkusu ga tadashikatta to osshatta no wa daredesu ka?

Irakude wa, sensō to kinsen ga tatakawa renakereba narimasendeshita. Kore wa ronridesu. Okane wa tsukura renakereba narazu, kōjō wa nan sen-ri mo no koyō o iji suru tame ni tsudzukenakereba narimasen. Kono ronri ga tsukawareteiru kagiri, atarashī sensō, WMD no aratana nise no hōkoku-sho, aruiwa doko ka no atarashī tonkin-wan ka Perushawan no doko ka ni kuraianto ga tsuneni sonzai surudeshou.

Watashi wa sensō, nanmin no nai utsukushī sekai o sōzō suru koto ga dekimasu. Ichido utsukushī toshi, gakkō, byōin o hakai suru koto naku, daremoga tabemono, hinansho, ifuku, kyōiku, soshite yoi seikatsu o okuru shudan o motte ite, sore ga kanzen ni heiwana subarashī sekai o sōzō suru koto ga dekimashita.

Eizu, gan, mararia nado no byōki ga nakunaru sekai o sōzō suru koto ga dekimasu. Shikashi, watashi wa sore ga yūtopia no yumedeari, hitobito no fukushi ga saisho ni kite, sensō kara no kanemōke ga haruka ni hanarete inakereba, sore ga kawaranai koto o shitte imasu.

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中