The obsession with death( in Japanese)

sarcophagus-of-tutankhamun-14th-century-bc-museum-of-egyptian-antiquities-ff8ny4

人間はいつも死に夢中です。 彼は誰かが死ぬと、これらの儀式がどうにかして魂の涅槃につながるとの神話を永遠にした後、精巧な儀式を続けています。 多くの経費を伴う精巧な儀式を続けるために多くの資源を持たなかった古代人は、適切な埋葬と敬意を表すために知恵を頼りにしなければならなかった。

エジプト人は、葬式に裕福な人が死亡者に適切な埋葬をするための費用を費やさなかった芸術形態を作った。 それは何年もかかった大規模な地下の地下墓地を建てることから始まり、すべてのファラオは時代が到来するずっと前に彼の後世に没頭していました。 彼はピラミッドまたは地下の洞窟の建設に着手し、戦争、生活史、支配、善行などの細部を重視して工事を監督した。 。 彼は彼が永遠に眠るところの石棺を見て、金と貴重な宝石で飾られるように指示しました。

彼は、彼の後世で必要とするものをちょうど彼のミニョンたちに正確に言いました。彼の後世を他の多くの貴重なものの中に入れていたので、おそらく老人を憎んだ貧しい女性たちを生き埋めし、 その後、グールは、それが単純な事件ではなかったので、身体を守る芸術の専門家であった人物を引き継いだ。 すべての臓器を取り除き、内容物の頭蓋骨を空にして、近視眼の瓶に保存して保存した後、体液を保存した香りのリネンを包んで数週間から数ヶ月を要した。 身体の内部には身体を保護する物質が充填されていた。

その後、ミイラと呼ばれる身体が、金箔で装飾されたファラオのように見える装飾された木製の棺の中に置かれ、数多くの色の専門家によって美しく塗装されました。 これは、しばしば固体の花崗岩や石膏で彫られた石棺の中に置かれ、埋葬される犠牲者は恐怖の中で震えた。 これはずっと前にエジプトの富裕層の精巧で非常に高価な儀式でした。

そのような資源を持たなかった貧しい人々は、できるだけ最善を尽くし、死者を砂漠に埋葬し、しばしばシンプルな岩石でその場をマークしました。

ローマ人は非常に実用的な人だったので、彼らは退廃的なエメミネイトとみなされたエジプト人の精巧な儀式を信じていなかったので、彼らは実用的で衛生的であったため、ヒンドゥー教徒は、おそらくローマ人から何かか2つを学んだ、あるいはそれ以外の方法で学んだ、とても実用的な人でしたか? 歴史は言わない。

彼らの生計のために野生のゲームを追って狩りをしたネイティブアメリカ人は、絶え間なく動いているキャンプのために恒久的な解決策を持たなかったので、彼らの出発した魂に適切な埋葬を与える方法を模索しなければならなかったので、野生動物を守るために木の中に置いたり、木がないところに石の山を覆ったりしていました。

だから世界のさまざまな場所にいる人々は、今日もそれに従っている独自の方法や儀式を開発しましたが、誰もそのようなお金を持っていないので、ほとんどの部分で精巧なミイラ作りが外れました。 ピラミッドと暗渠は、観光客が見て写真を撮るためのものですが、私はそれが元のアイデアではないと確信しています。 何年もの間に盗人たちは陰門を狙って闇市場で売ることができるものを盗み、それでも盗んだ。 エジプトの遠隔地の村に行き、あなたが盗まれた人工物を探している間に言葉を渡してください。まもなく、汚れた服で包まれた物品とすぐに泥棒が現れ、最大の価値を得るためにはお買い得です。

これは古代の聖書の文章の羊皮紙がユダの失われた福音書などと呼ばれたことを発見したものです。 文盲の村人はそれの価値を知らなかったので、恐らくそれを小額で売ったのですが、それはここの主要な話から離れています。

私は西アフリカのマリで働いていたとき、アイボリーコーストの農村部でまだ奇妙で凶悪な儀式が実践されていることを知りました。マリアの農業労働者はしばしば犠牲者でした。 。 私はアイボリーコーストの北部で自分自身のような墓を見ました。 昔のオタクザルが倒壊したり、村長や一族長だったとき、マリアン農場の労働者は、ぶらぶらしているので逃げることができないので、健康に良いとは言えません。 これは、価格のために必要な頭を供給し、サービスを行う賞金ハンターを生み出しました。 彼らはまた100%の利益を上げるので、それは一生懸命です。

しかし、キリスト教徒は埋葬の慣行を始めましたが、そのうちのいくつかはとてもうまくいっておらず、歴史の早い段階でローマ人が生きていたライオンに餌を与えていましたので、ライオンはいつも飢えていました。 ローマ人はそのような問題ではペニーのピンチャーであり、クリスチャンはただのライオンの食料であったため、実用性を主張していました。

彼らはまた、アピアンハイウェイの両側に、戦争の被害者の断頭された頭を美意識も披露するために、ステークの戦争の犠牲者の頭を飾りました。ローマ人は今行っており、アピアンのハイウェイは、彼らが前払いの短期間で編成されたツアー中に何かを見逃してしまった場合に備えて。

私はあまりにもアピアンのハイウェイを一度歩いて、ドイツの少年に何を見せていたのかを見て、道端のレストランが非常に魅力的だったので、冷たいビールを飲みに行ったが、誰も見つからなかった。 これは非常に奇妙なので、私たちはあまりにも多くのマフィア映画を見て、さらに調査したくなかったので、私たちは早送りをしました。 私たちが見つけたものを誰が知っていたでしょうか?

そこで、私たちは、広大な地下都市の死者と、彼らがカメラを激しくクリックしながらガイドによって講義されていた大勢の観光客のグループへの道のりを示した標識に着きました。 とにかくガイドがすべての顔を覚えていないので、私たちは群衆に参加しました。彼にはおそらく、これらの奇妙な外国人はすべて同じように見えたので、私たちはこの事実を利用して無料でツアーに参加しました。

私たちは険しい斜面を降りて、薄暗いトンネルを数キロ広げ、非常に広大で、誰もそれを完全に地図化していなかったので、ガイドは人々が近くにいるべきだと言っていた

t5b-big

いつでも彼に尋ねることができ、誰も自分自身でベンチャーアウトするべきではありません。 多くの人がこのように亡くなり、決して迷路から脱出することはできませんでした。 トンネルの両側の壁には手のひらを掘った墓地があり、無数のキリスト教徒の骨格が詰まっており、秘密に埋葬されていました。 ローマ人は生きている犠牲者の後ろにいて、死んでいる人には本当に興味がなかったので、これらの地下の場所は、観光部門の誰かがそれからいくらかのお金を稼ぐ方法を考えて、ガイドツアーをするまで何世紀も隠れていました。

crypt

しかし、ちょうどローマとパリに行くと、あなたは骨が残っているいくつかのぞっとする場所に出くわすでしょう。 ローマのコロッセオのすぐ近くには、階段を登って60フィート程度の高さまで巨大な壁のドアに来なければならない場所があります。観光客の罠や安い小物、写真などを販売し、義務的な入場料を支払った後、より深く入ります。 この場所は何世紀にもわたって骨を集め、芸術的な方法でそれらを整理した何人かの僧侶によって運営されているので、すべての大腿骨は花様式で、そしてすべての指骨が別の方法で一緒に配置され、 これらの修道士の中には、この種の趣味を楽しむために病気になっているにちがいないが、ビジネスには適していて、ヨークェスはこれらの病的なコレクションを見ることに費用を払うので、おそらく彼らの努力は価値があると思うだろう。 このような観光客の罠では、高価なスライドや写真を購入してもらいたいので、写真は厳重に禁止されています。

パリは地下に何があるのかを意識せずに歩いている通りの下に広大な地下トンネルがある別の都市です。 誰も気にしないことを誰も気づいていないので、数十万のスケルトンがそこに積み重なっていると彼らは言います。 地元民はそれらを疫病のように避けますが、気まずい旅行者は別の問題です。 最後の戦争の間、フランスの反政府勢力は、このトンネルに隠れていた。なぜなら、ドイツ人はそれを知ることができず、地元の人々が知っていたからだ。 今では麻薬中毒者や奇妙な人たちは、誰も気にしないので避難所にいる。 彼らはまだそこに潜んでいるかもしれない幽霊を恐れることはありません。

97349023_2f107dfdeb

さあ、ガーナに行って、誰かが犯したときに彼らが何をするかを見てみましょう。 彼らは、コークスのボトルやジャロピーのように見える非常に精巧な棺を作り、陽気な色合いで塗装します。 これらの棺の製作者とモデルは、数多くの形や大きさがあり、棺のメーカーの想像力によってのみ制限されています。 なぜ誰かがコークスボトルに埋もれたいのかというと、おそらく書いておく価値のない別の問題ですから、私は進んで行きます。

ヒンズー教徒が単純な儀式を練習するアジアへ行くと、葬儀も簡単になりました。 コミュニティの人々は、素早く作られた竹のストレッチャーで故人を遺体に運ぶようボランティアしています。そこでは、葬儀場と交渉した後、巨大な木材を燃やして体を燃やします。 これは伝統であるため、数百万の木が全国のこの目的のために伐採されたという印象はありません。

ヒンドゥー教徒は体を評価して聖書の言葉を真剣に塵に晒すことはしません。イエスの信者は、おそらくローマ人やギリシア人から実際にヒンドゥー教徒を拾った現実のヒンドゥー教徒から学ぶことができました。 グッドプラクティスは、通常、彼らがお金を節約すれば、文化に辿り着く。

しかし、ここではフィリピンでは別の問題です。 ここで誰かが死んだとき、病院はすぐに彼らが大砲を打ったことを葬儀店に知らせるので、彼らは売店の間で激しい競争があり、アクションに入る戦いが聞いたことがないので体を得ることに時間を無駄にしない。 病院はまた、葬儀店から得た手数料から殺す。 彼らはここですべて委員長です。 彼らはまた、親戚がお金を思い付くことができない場合、すべての法案が支払われるまで体を保持して、紙幣計器が最高速度で走り続けるようにします。

故人が葬儀場の人々の手に渡ると、彼らは親戚を精巧で高価な葬儀パッケージで捕まえます。 これらのパッケージには、獣医師のレンタル、棺の費用、風船、バンド「私はそれを自分のやり方でやった」(Sinatraはおそらく彼の墓の中で変わる)またはそのようなメロディー、群衆を制御するためのガイド、サービス、エンブレム、そして多くのそのような雑貨を「Puckage」と呼んでいます。 今ではいくつかの場所でも火葬サービスが提供されていますが、電気を充電する必要があるため、「パック」の費用は依然として高いままです。 (輸入された油はそれを高価にするなど)

私はまだ貧しい人々がこのような身代金を払う余裕があるかどうか分からない。死は誰も救うことができないからだ。墓地の土地を購入するコストは非常に高いかもしれないが、心配はしない。 彼らはクレジットカードを取ると、あなたはコースの興味を含む長期間にわたって請求書を払うことができます。

アメリカでは、葬儀のビジネスは、あなたのプラスチックカードを使用して支払うことができる莫大な手数料のためにあなたのためにすべてを世話することを約束している専門家によって実行されます。 彼らはオーブンで体が燃えている間に彼らが音楽を演奏する素敵な椅子を備えた扇風機付きのエアコン付きの待合室を持っています。 その後、彼らは灰を家に持ち帰るためにあなたに安いセラミックの瓶を提供するでしょうが、ここで再びそれはあなたがめったにオプトアウトすることができないパッケージ取引の一部です。 墓地で埋葬を好む人は、どちらも心配する必要はありません。 そこにもパーラーは、彼が心を覚えていて、彼が多くの練習を持っているので完璧に提供するいくつかの言葉を言うためにアルコール依存の老祭司の手配をします。 彼は何のためにも葬儀の司祭とは呼ばれません。

あなたがそれをどのようにカットしても、死んでいくことは利益のあるビジネスです。 しかし、日本人と中国人はビジネスをさらに実用的な人にしている。 あなたが知っているように、日本は大部分の小さな岩国ですので、墓地を見つけることは鶏の歯を見つけるよりも難しいです。 今では、フィリピンの大都市圏の中心に、ここではコロンビアリウムと呼ばれる複数の建物を建てましたが、日本人が何を呼んでいるのか分かりません。 そこには、各フロアの路地の両側にきれいな列の後に列があり、人々が灰を瓶に入れておくニッチです。 銘板やその他の情報は、灰の所有者を特定するためのプラークに印刷されています。 非常に真剣に仕事をして、それにかわいらしいペニーや円を課す、よく服を着た男性と女性によって、すべて専門的に行われます。

これは人々を葬ることができるフィールドを見つけるという問題を解決します。 彼らは、あるフロアでは電子ゴルフを楽しむことができ、他のフロアでは、ソニーのプレイステーションやその他のものを販売しているコロンビウムやファンシーショップなど、高層ビルを建てることによってさらに一歩前進しました。 それは結局すべてのビジネスです。

一方、中国人は漢字で彫られた豪華な墓石を作り、金色で塗装され、故人の富を表すために竜2個で装飾されています。 香港に行くだけで、どれくらい贅沢なことができるか知るには、これらのサイトのいくつかを訪れてください。 しかし、それは贅沢になると、誰もメキシコの薬物師を打ち負かすことはできません。 そこでは、大理石と花崗岩の中で非常に豪華な霊廟を造り始め、警察がいつ死を迎えるのかを決して知らないため、彼らは死ぬほど良い場所を確保します。

彼らの葬儀に行くなら、FBIの人々が葬儀師や園芸家として服を着せている米国のマフィアの葬儀のようなものであることを知っているでしょうが、私が何を意味しているか知っていれば、 メキシコの墓地はそのような精巧な霊廟でいっぱいです。 これらの詐欺師は、おそらくTaj Mahalを訪れたことがあります。

今度は最後の部分に来て、なぜ後世が何人かの人々にとって重要であり、なぜ人々が死にそれほど戸惑うのかについて話し合っています。 ヒンズー教徒の死の中には、生まれ変わりの信念のために、ちょうど新しい生命への移行を意味しています。 体は古い布のように捨てられ、新しい衣服はどこかで新しい人生を意味するように置かれるので、ガンガ川に捨てられた灰も、人間のものは残っていない。 写真はしばらく壁にぶら下がっていますが、それも世代の後に消えてしまい、誰が誰であるかを知ることはできません。

しかし、キリスト教信仰の影響を強く受ける他の文化では、人々は精巧な儀式を練習し、すべての費用を負担します。 毎年オール・ソウル・デーで彼らは墓地に集まり、墓を掃除し、塗装してジョス・スティックを置き、高価なブーケの花を盗んで泥棒のために時計を盗んで、別の場所に売る。 ここフィリピンでは、この年次儀式は、誰かが駐車場のために誰かを筋肉にしようとするとき、または他の簡単な問題の上で殺人に終わることがよくあります。

彼らの文化はそれを要求し、人々の伝統はそれを要求し、葬儀の時には富を誇示する人々がいるので、人々は戸惑う。 他の文化では、人々はそれを要求しないので、人々はそれを簡単に保ちます。

私はMoslemsについて本当に感謝しています。 彼らは死ぬと誰もが平等だと言っているので、サウジアラビアの王は貧乏人のような墓の中に単純な包み込みで埋葬されており、インドの皇帝オーリンジェブは地球だけで覆われた路側に埋もれている。 彼らは行った後に何が起こるかに執着しません。 真剣に考えることがあるかもしれません。 私は私が知っている。

 

Shi ni taisuru shūchaku ningen wa itsumo shini muchūda. Kare wa dare ka ga shinu to, nantoka korera no gishiki ga tamashī no nehan ni tsunagaru to no shinwa o eien ni shita nochi, seikōna gishiki o tsudzukete imasu. Ōku no keihi o yōsuru seikōna gishiki o tsudzukeru tame ni ōku no shigen o motanakatta kodaibito wa, tekisetsuna maisō to keii o arawasu tame ni chie ni tayorazaru o emasendeshita. Ejiputo hito wa, sōshiki ni yūfukuna hito ga kojin ni tekisetsuna maisō o suru tame no hiyō o tsuiyasanakatta geijutsu keitai o tsukutta.

Source : Google photo

Sore wa nan-nen mo kakatte ita chika no kyodai chika bochi o kensetsu suru koto kara hajimarimashita. Subete no farao wa, jidai ga tōrai suru zuttomaekara kare no kōsei ni bottō shite imashita. Kare wa piramiddo matawa chika no dōkutsu no kensetsu ni chakushu shi, sensō, seikatsu-shi, shihai, zenkō nado no saibu ni jūten o oite kensetsu o menmitsu ni kantoku shimashita..

Kare wa kare ga eien ni nemuru tokoro no sekkan o mite,-kin to kichōna hōseki de kazara reru yō ni shiji shimashita. Kare wa kare no shigo no seikatsu no naka de hitsuyōnamono o genmitsu ni iimashita. Kare no kōsei o ōku no kichōna mono no naka ni irete itanode, rōjin o kiratte ita mazushī josei-tachi o ikiume shi, haka o fūin shinakereba narimasendeshita. Sonogo, gūru wa, tanjun’na jikende wa nakattanode, karada o mamoru jutsu no senmonkadeatta jinbutsu o hikitsuida.

Subete no zōki o torinozoki, naiyō-mono no zugaikotsu o sora ni shite, kinshigan no bin ni hozon shita mama ni shite oita nochi,-tai zentai o kōsui no haitta rinen de tsutsumi, zenshin o hōtai de tsutsumikomu koto de sū-shūkan kara sū-kagetsu kakatta. Karada no naibu ni wa karada o hogo suru busshitsu ga jūten sa rete ita. Sonogo, mīra to yoba reru karada ga, kinpaku de sōshoku sa reta farao no yōnimieru sōshoku sa reta mokusei no hitsugi no naka ni oka re, kazuōku no iro no senmonka ni yotte utsukushiku tosō sa remashita.

Kore wa, shibashiba kotai no kakōgan ya sekkō de hora reta sekkan no naka ni oka re, maisō sa reru higaisha wa kyōfu no naka de furueta. Kore wa zutto mae ni Ejiputo no toyūsō no tame no seikōde hijō ni kōkana gishikideshita. So no yōna shigen o motanai mazushī hitobito wa, karera ga dekiru kagiri saizen o tsukushi, shisha o sabaku ni maisō shi, shibashiba shinpuruna ganseki de sono ba o māku shimashita.

Rōma hito wa hijō ni jitsuyō-tekina hito-tachidattanode, Ejiputo hito no taihai-tekina megami to kangae rarete iru korera no seikōna gishiki o shinjite inakattanode, karera wa jitsuyō-tekide eisei-tekideatta tame, hindo~ū kyōto wa, osoraku rōma hito no koto o mananda, aruiwa sore igai no hōhō de mananda jitsuyō-tekina hitobitodeshita ka? Rekishi wa itte inai.

Karera no seikei no tame ni yasei no gēmu o otte kari o shita neitibuamerikan wa, taema naku ugoite iru kyanpu no tame ni kōkyū-tekina kaiketsusaku o motanakattanode, shuppatsu shita tamashī ni tekisetsuna maisō o shite, yasei dōbutsu o mamoru tame ni ki no naka ni oi tari, ki ga nai tokoro ni ishi no yama de ōttari shite imashita. Dakara sekai no samazamana basho ni iru hitobito wa, jibun no hōhō ya gishiki o kaihatsu shimashitaga, kyō wa sorehodo okane o motte inainode, hotondo no bubun de chimitsuna mīra-tsukuri ga hazurete imasu.

Piramiddo to ankyo wa kankōkyaku ga mite shashin o toru tame no monodesuga, soreha-moto no aideade wa nai to kakushin shite imasu. Nan’nen mo no ma ni settō-han-tachi wa bochi ni nigemichi o tsukuri, yamiichiba de uru koto ga dekiru mono o nusumu tame ni kowashitaga, sore demo yatte iru. Ejiputo no enkakuchi no mura ni iki, anata ga nusuma reta jinkō-mono o sagashite iru to iu koto o tsutaeru to, mamonaku kegareta ifuku ni tsutsuma reta buppin to sugu ni dorobō ga araware, mottomo kachinoaru-mono o eru koto ga dekimasu.

Kore wa kodai no seishonobunshō no yōhishi ga Yuda no ushinawareta fukuin nado to yoba reta koto o hakken shita monodesu. Monmō no murabito wa sore no kachi o shiranakattanode, osoraku sore o shōgaku de utta nodesuga, sore wa koko no shuyōna hanashi kara hanarete imasu. Watashi wa Nishiafurika no Mari de hataraite ita toki, aiborīkōsuto no nōson-bu de mada kimyōde kyōakuna gishiki ga okonawa rete iru koto o shirimashita.

Sokode Maria no nōgyō rōdō-sha wa shibashiba gisei-shadeshita.. Watashi wa aiborīkōsuto no hokubu de jibun jishin no yōna haka o mimashita. Mukashi no otakuzaru ga taore tari, sonchō ya ichizoku-chōdatta toki, Marian nōjō no rōdō-sha wa burabura shite irunode, burabura shite irunode kenkō ni wa waruidesu. Kore wa, kakaku no tame ni hitsuyōna atama o kyōkyū shi, sābisu o jikkō suru shōkin kasegi no hantā o umidashimashita.

Karera wa mata 100-pāsento no rieki o agerunode, sore wa isshōkenmeidesu. Shikashi, kirisutokyōto wa maisō no kankō o hajimemashita ga, sonōchi no ichibu wa rōma hito ga ikiteita raion ni, rekishi no hayai dankai de tabe raremashita.

Kanari no hiyō to raion o yashinau tame ni, itsumo sono yōna shukuen ni uete ita. Rōma hito wa sono yōna mondaide wa penī no pinchādeari, kurisuchan wa tada no raion no tame no muryō no shokuryōdeatta tame, sono jitsuyō-sei mo shuchō shimashita. Karera wa mata, apian no haiu~ei no ryōsoku o sutēku no sensō higaisha no dantō shita atama de sōshoku shimashita kanjō mo dōyōdesu.

Rōma hito wa ima okonatte imasu. Appian no haiu~ei wa, puripeido-shiki tanpen tsuā ya soshiki tsuā de nanika o minogashita baai ni sonaete, nanika shashin o totte iru kankōkyaku no tame no monodesu. Wareware wa tsumetai bīru no tame ni haittaga, dare mo mitsuke rarenakattanode odoroite itanode, hijō ni mirikiteki ni mieru rosoku no resutoran o miidashita. Kore wa hijō ni kimyōnanode, watashitachi wa amarini mo ōku no Mafia eiga o mite, sarani chōsa shitakunakattanode, watashitachiha hayaokuri o shimashita.

Watashitachi ga mitsuketa koto o shitteita hito wa daredesu ka? Watashitachiha, shinda kōdaina chika toshi e no michinori o shimeshita hyōshiki o mite, karera ga kamera o kurikku shita toki ni gaido ni yotte kōen sa rete ita taisei no kankōkyaku hageshiku tonikaku gaido ga subete no kao o oboete inainode, watashitachiha gunshū ni kuwawarimashita.

Kare ni wa osoraku, korera no kawatta gaikoku hito wa subete onaji yō ni mietanode, watashitachiha kono jijitsu o riyō shite muryō de tsuā ni sanka shimashita. Ton’neru wa sū kiromētoru ni oyonde kōdaide, dare mo kanzen ni chizu o sakusei shite inainoni taishi, gaido wa hitobito ga tsuneni chikaku ni inakereba narazu, dare mo jibun jishin de benchāauto surubekide wa nai to itte imashita. Ōku no hito ga kono yō ni nakunari, kesshite meiro kara dasshutsu suru koto wa dekimasendeshita.

Ton’neru no ryōsoku ni aru kabe ni wa tenohira o hotta bochi ga ari, kazoekirenai hodo ōku no kirisutokyōto no kokkaku ga tsumatte ite, himitsu ni maisō sa rete imashita. Rōma hito wa ikiteita gisei-sha no ushironi ite, shinde iru hito ni wa hontōni kyōmi ga nakattanode, chika no basho wa nanseiki ni mo watatte kakusa rete imashita. Kankō bumon no darekaga soko kara kin o kasegu hōhō o kangaete imashita. Rōma to Pari ni iku to,-kotsu ga mamora rete iru zotto shita basho ni dekuwasudeshou.

Rōma no korosseo no sugu chikaku ni wa, kaidan o nobotte 60 fīto-teido no taka-sa made kyodaina kabe no doa ni konakereba naranai basho ga arimasu. Kankōkyaku no wana ya yasui komono, shashin nado o uriba ni tōshi, gimu-tekina nyūjō-ryō o shiharatta nochi de yori fukaku hairimashou. Kono basho wa nanseiki ni mo watatte hone o atsume, geijutsu-tekina hōhō de sorera o seiri shita nan’ninka no sōryo ni yotte un’ei sa rete irunode, subete no daitai-kotsu wa hana no yō ni issho ni haichi sa re,-betsu no hōhōde wa subete no yubi hone to zugaikotsu ga issho ni haichi sa remasu.

Korera no shūdō-shi no nakaniha, kono tane no shumi o tanoshimu tame ni byōki ni natte ita ni chigai arimasenga, soreha bijinesu ni wa tekishite ite, yokorusu wa korera no byōtekina korekushon o miru koto ni harau node, osoraku karera no doryoku wa, watashi wa, sono yōna kankōkyaku no wanade wa, kōkana suraido ya shashin o kōnyū shite moraitainode, shashin wa genjū ni kinshi sa rete iru to keikoku shite imasu. Daremoga mimamoru koto ga dekinainode, ichibu no hito ga tameshite miru to kakushin shite imasu.

Pari wa kōdaina chika ton’neru anata wa chika ni aru mono o ishiki suru koto naku aruite imasu. Dare mo ki ni suru hito ga dare mo kidzukanainode, sūjūman no sukeruton ga soko ni tsumikasanatte iruto karera wa iu. Jimoto no hitobito wa sorera o ekibyō no yō ni sakemasuga, kimazui ryokō-sha wa betsu no mondaidesu. Saigo no sensō no ma, Furansu no han seifu seiryoku wa, doitsunin ga sono han’i o shiru koto ga dekizu, jimoto no hitobito ga shitteita tame, doitsunin ga tsuikyū shiyou to shinakatta ton’neru o kakushimashita.

Ima dewa, mayaku chūdoku-sha ya hentai-han wa, dare mo sore o ki ni shinainode hinansho ni iru. Karera wa mada soko ni hisonde iru kanōsei no aru yūrei o osoreru koto wa arimasen. Gāna ni iki, darekaga okashita toki ni karera ga nani o suru ka o mimashou. Karera wa kōkusu no botoru ya jaropī no yō ni mieru hijō ni seikōna hitsugi o tsukutte yōkina iro de nurimasu. Korera no hitsugi no seisaku-sha to moderu wa, kazuōku no katachi ya ōki-sa ga ari, hitsugi no mēkā no sōzō-ryoku ni yotte nomi seigen sa rete imasu.

Naze darekaga kōkusu bin ni umoretai no ka to iu to, osoraku kaki kake no kachi ga nai betsu no mondaidesukara, watashi wa susunde ikimasu. Ikutsu ka no dentō wa amarini mo kimyōdesu. Hindo~ū kyōto ga tanjun’na gishiki o renshū suru Ajia ni iku to, sōgi mo kantan ni narimashita. Komyuniti no hitobito wa, subayaku tsukura reta take no sutoretchā de kojin o itai ni hakobu yō borantia shite imasu. Sokode wa, sōgiba to kōshō shita nochi, karera wa ki no kyodaina yama o yaite karada o yaku. Hindo~ū kyōto wa, karada o taisetsu ni shite seisho no kotoba o shinken ni chiri ni sarasu koto wa shimasen.

Iesu no shinja wa,-mono matawaOsoraku sore o rōma hito ya Girishia hito kara teniireta genjitsu no hindo~ū kyōto no 2-ridesu. Karera ga okane o setsuyaku sureba, yoi shūkan wa bunka ni tadoritsukimasu. Shikashi, Firipinde wa sore wa betsu no mondaidesu. Koko de darekaga shibō shita toki, byōin wa sugu ni karera ga jakkupotto o hitto shita koto o sōgi-ya ni shiraserunode,-ten ni hageshī kyōsō ga ari, kōdō ni hairu tame no tatakai ga kikoenainode karada o eru koto ni jikan ga mudadesu.

Byōin wa mata, sōgi-ten kara eta tesūryō kara korosu. Karera wa koko de subete iin-chōdesu. Shinseki ga okane o harau koto ga dekinai baai, hōan ga zen supīdo de hashiri tsudzukeru yō ni, subete no hōan ga harawa reru made karada o hoji shimasu. Shibito ga sōgi-ya no te no naka ni iru to, karera wa shinseki o seikōde kōkana sōgi pakkēji. Korera no pakkēji ni wa,-jū ishi no rentaru, hitsugi no hiyō, fūsen, bando `watashi wa sore o jibun no yarikata de yatta'(shinatora wa osoraku haka no naka de kawaru) matawa sono yōna merodī, gunshū o seigyo suru tame no gaido, sābisu, hōki, soshite ōku no sono yōna zakka o `Puckage’ to yonde imasu. Ima dewa ikutsu ka no basho demo kasō sābisu ga teikyō sa rete imasuga, denki ryōkin o seikyū shinakereba naranai tame,`pakkāji’ no hiyō wa izentoshite takai mamadesu.

(Yunyū sa reta abura wa sore o kōka ni suru) watashi wa mada mazushī hitobito ga ko no yōna minoshirokin o shiharau koto ga dekinai ka dō ka wakaranai. Shi wa dare mo sukuu koto ga dekinaikaradearu. Bochi no tochi o kōnyū suru kosuto wa hijō ni takaku naru kanōsei ga aru shinpai. Karera wa kurejittokādo o toru to, anata wa kōsu no kyōmi o fukumu chōkikan ni watatte seikyū-sho o shiharau koto ga dekimasu.

Amerikadeha, sōgi no bijinesu wa anata ga shiharau koto ga dekiru bakudaina tesūryō no tame ni anata no tame no subete o sewa o suru koto o yakusoku senmonka ni yotte jikkō sa remasu anata no purasuchikkukādo o tsukatte. Karera wa ōbun de karada ga moete iru ma, karera wa ongaku o ensō suru sutekina isu o sonaeta fanshīeakon-tsuki no machiaishitsu o motte imasu. Sonogo, karera wa hai o ie ni motte iku tame ni anata ni yasui seramikku no bin o teikyō surudeshouga, koko de futatabi sore wa anata ga mettani oputoauto suru koto ga dekinai pakkēji torihiki no ichibudesu.

Bochi de maisō o konomu hito wa, dochira mo shinpai suru hitsuyō wa arimasen. Soko ni mo pārā wa, kare ga kokoro o oboete ite, kare ga ōku no renshū o shite irunode kanpeki ni teikyō suru ikutsu ka no kotoba o iu arukōru rō saishi no tame ni tehai surudeshou. Kare wa nan’notameni mo sōgi no shisai to wa yoba rete imasen. Anata ga sore o dono yō ni setsudan shite mo, shinu koto wa mawari no yūekina bijinesudesu.

Shikashi, nihonjin to chūgokujin wa bijinesu o sarani jitsuyō-tekina hito ni shite iru. Anata ga shitte iru yō ni, Nihon wa daibubun no chīsana Iwakunidesunode, bochi o mitsukeru koto wa niwatori no ha o mitsukeru yori mo muzukashīdesu. Ima dewa, Firipin no koronbiariumu to yoba reru daitoshi no chūshin-bu ni, Firipin no maruchisutadībiru o tatemashitaga, watashi wa karera ga nihongode nani o yobu no ka wakarimasen.

Soko ni wa, kaku furoa no roji no ryōsoku ni kireina retsu no nochi ni retsu ga ari, hitobito ga hai o bin ni irete oku nitchidesu. Namae to sonohoka no jōhō wa, hai no shoyū-sha o tokutei suru tame no purāku ni insatsu sa rete imasu. Sore wa hijō ni shinken ni shigoto o shi, soreni kanari no penī ya en o kasu, yoku fuku o kita danjo ni yotte hijō ni senmon-teki ni okonawa remasu.

Kore wa hitobito o maisō suru koto ga dekiru fīrudo o mitsukeru to iu mondai o kaiketsu shimasu. Karera wa ikutsu ka no furoade wa denshi gorufu o purei suru koto ga deki, hoka no furoade wa sonī no pureisutēshon ya sonohoka no mono o hanbai shite iru koronbiumu ya fanshīshoppu o meguru kōsō biru no kensetsu ni yotte ippozenshin shimashita. Sore wa kekkyoku subete no bijinesudesu.

Nihon kigyō wa sono na o kanshite imasu. Ippō, chūgokujin wa Chūgoku no tegami de hora reta gōkana boseki o tsukuri, kin’iro de tosō sa re, kojin no yutaka-sa o arawasu tame ni doragon matawa 2 de sōshoku sa rete imasu. Honkon ni iku dake de, dorekurai zeitakuna koto ga dekiru ka shiru tame ni wa, korera no saito no ikutsu ka o otozurete kudasai. Shikashi, sore wa zeitaku ni naru to, dare mo Mekishiko no yakubutsu-shi o uchi makasu koto wa dekimasen.

Karera wa dairiseki to kakōgan no naka de hijō ni gōkade chimitsuna reibyō o tsukuri hajime, keisatsu ga karera no shi no seikatsu o tanshuku suru tame ni itsu oitsuku no ka wakaranai tame, karera ga yoi basho ni iru koto o kakunin shimasu. Anata ga FBI no hitobito ga sōgi-ya ya engei-ka to shite mi ni tsukete iru yō ni mieru Beikoku no Mafia no sōshiki no yōna monodearu koto o shitte imasuga, watashi ga nani o imi suru ka shitte ireba, anata no kenkō ni wa uttetsuke kamo shiremasen.

Mekishiko no bochi wa sono yōna seikōna reibyō de ippaidesu. Korera no sagi-shi wa, osoraku Taj Mahal o otozureta koto ga arimasu. Watashi wa saigo no bubun de, naze kōsei ga nan-ri no hitobito ni totte jūyōde, nan’ninka no hitobito ga shini amarini mo tomadou riyū ni tsuite hanashiatte imasu. Hinzū kyōto no shi no nakaniha, umarekawari o shinjite iru tame ni, hoka no doko ka de atarashī jinsei e no ikō o imi shimasu.

Karada wa furui nuno no yō ni sute rare, atarashī ifuku wa doko ka de atarashī jinsei o imi suru yō ni oka rerunode, ningen no mono wa nokorazu, hai demonaiGan ga kawa de arehateta. Shashin wa shibaraku kabe ni burasagatte imasuga, sore mo sedai no nochi ni kiete shimaimasu. Dare mo karera ga darena no ka wakatte imasen.

Shikashi kirisutokyō shinkō no eikyō o tsuyoku ukeru ta no bunkade wa, hitobito wa seikōna gishiki o renshū shi, maitoshi ōru Sōru dē de karera wa bochi ni atsumari, haka o sōji shi, soreni peinto shite josu sutikku o oki, kōkana būke no hana o nusunde,-betsu no basho ni uru tame no nusutto o kanshi shimasu. Koko de Firipinde wa, kono nenji gishiki wa, darekaga chūshajō no surotto ya hoka no tanjun’na mondai no tame ni dareka o tsukitobasou to suru to, shibashiba satsujin de owaru.

Karera no bunka ga yōkyū shi, hitobito no dentō ga yōkyū shi, sōgi no toki. Hoka no bunkade wa, karera wa sore o yōkyū shinainode, hitobito wa sore o kantan ni tamochimasu. Watashi wa Moslems ni tsuite hontōni hitotsu no koto o kansha shimasu. Karera wa shinu to daremoga byōdōda to itte irunode, Saujiarabia no ō wa binbōnin no yōna haka no naka ni tanjun’na tsutsumikomi de maisō sa rete ori, Indo no kōtei aurangujebu wa chikyū dake de ōwa reta rosoku ni umorete iru.

Karera wa okonatta nochi ni nani ga okoru ka ni shūchaku shimasen. Sore wa shinken ni kangaenakereba naranai kamo shiremasen. Watashi wa watashi ga shitte iru.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中