What is coincidence? (in Japanese)

偶然は何ですか?

167715

あなたが偶然を信じていなければ、あなたのための計画を決定するように、すべてが事前に決定された計画に従って起こるので、人生には偶然のようなものはないという人もいます。 これは議論する多くの人々を見つけるが、決して満足できる結論に至らないので、何らかのイントロスペクションを必要とするトピックです。

あなたの人生で初めて誰かに会い、すぐにつながりを感じたことがあなたに起こったことはありますか? それは、あなたが選択した時間と場所でその人に出会ったが、その会議中に何かが起こったことを感じたのは偶然ですか?

あなたが人生で取った踏み台がどうにかして相互につながっていることを今まで感じたことがありますか? 私はそれが議論の価値があると思うし、あなたはこのブログを読んで、それに一方的に反応することを願っています。

だから私は自分の人生経験から始めて、偶然のようなことはまったくありませんし、何かが理由で起こっていると確信しています。 お互いに違う環境下で成長し、私たちが育った環境の産物であることは、よく知られている事実です。 家庭で成長していく家庭では、家庭内で暴力や離婚に至る毎日の些細なことを両親が喧嘩することがあります。 いくつかは薬を飲んでいるだけで、それだけではあまりにも恐ろしいほどの結果があります。 そのような家を育てる子供たちは、両親が対処できない多くの問題で育つ。 学校外に出て、薬と性のトラブルに陥るのは彼らと共通しています。 誰かが逃げ出して、より多くのトラブルに遭う。

1つは次へと導き、あなたは10歳の娘が妊娠していることを知る前に、18歳になって高校を中退した、または10代の息子が入れ墨やイヤリングを着ていて、間違った人でぶら下がっています彼が逃げることができない深みに深く深く押し込む。 それはすべて偶然と一連の偶然によるものですか? 状況によって、人はこれらの選択をしなければなりません、そして、これらの状況が最初にどのように起こるか?

したがって、私はここに、偶然のような事実がないことを証明する多くの事例をここに提示し、すべてが理由で起こる。

ケース1私が学生だったし、彼は学校の掲示板に置かれていた広告に関するいくつかの質問をするために彼のオフィスのドアをノックするとき、私はアメリカの仲間の1日の午後に会いました。 私は何度も予告を見ていたが無視したが、その日に文字通り私の人生を永遠に変えた一歩を踏み出した。 私の伝記(Anilの未発表の物語)にはすべて書かれているので、ここでは詳細をもう一度書きません。

私は、この会合のために、私は人生の中で私の最初の踏み台であったボランティアの農業経営者としてベトナムに行きました。 ベトナムに行くことを選んだ人もいましたが、私はこのステップを取っただけです。 後でもう一人の大学の仲間がサイゴンで私に加わった。 他の人たちは自分の理由で行かなかったので、ここでそれを書く価値はありません。 私は後で親友になったアメリカ人の人に会ったのは偶然のことでしたが、私たちはいろいろな状況下で米国で再び会いましたか? 彼は私がMacalester Collegeで受賞したセントポールに住んでいたので、それはあまりにも偶然でしたか?

ケース2:この場合は偶然のようなものはありませんことを最も説得力のある証拠があります。 私は1969年の1月下旬に香港から東京へ飛行していましたが、Pan Amのフライトで私の割り当てられた座席に座っていましたが、1人の乗客がいなくて遅れました。 彼は最終的に私の隣に現れ、座っていた。 離陸後、彼は私と話を始めました。どこに行くのか、私がしたことなどを尋ねました。できる限り簡単にベトナムでボランティア農業経営者として働いて、東京に行くということを教えてくれました。 私は人生の話を完全な見知らぬ人に伝える気がしなかったので、私は簡単でしたが、彼は私に非常に興味があるように思えました。非常に若い人がベトナムで働いていて、激しい戦争の真っ只中。

後で彼が私についてもっと知り、実際に私が日本に行くのを止めてアメリカに行ったことがないという事実を知ったとき、彼はより好奇心が強くなり、それがアメリカへの私の最初の訪問かどうかを知りたいと思ったありました。 その後、私はミネソタ州でベトナムでの功労賞を受賞することになっていたことを知りましたが、サンルイス・オビスポというカリフォルニアの小さな町に行き、大学院生として入学を希望していました。 彼らは私が英語を話すことを証明するためにTOEFLを受験することを欲しかったので、私は入学官と一緒にそれを整理するために個人的に行っていました。 彼は私に言ったその時点では「 若い男が、あなたは自分のTOEFLに合格しました 」。 私はそれが意味することを尋ねたとき、彼は彼の名前はケネディ博士であり、彼はSan Luis Obispoの同大学の学長でした。

私はそれを信じられませんでした。 私が一般的に話すのは、飛行機の誰かと話したり、自分のビジネスに気をつけたり、雑誌を読んだり音楽を聴いたりしないからです。 しかし、ここで私は、私が将来入学を希望していたCalPolyの社長のすぐ隣に座っていました。 私は前に行かれていたか、通路の反対側にあった場合、またはその巨大な飛行機のどこにいてもランダムな日に、PAN AMによって彼の隣に座席が与えられた。 それは偶然でしたか? 私はそうは思わない。 私はその飛行機でケネディ博士と会う予定でした。 彼は東京に降り立っている間にアメリカへの飛行を続けましたが、CalPolyで暖かい歓迎をしてくれたホノルルから彼の入場審査官に電話をし、すぐに私に入学許可をくれました。

ケース3:私は、私たちは、私は米の研究と普及に何をしていたかについて話し始めた彼はフィリピンの国際稲研究所からだと言ったとIRRIでの米生産・トレーニング・プログラムの頭だったサイゴンに一度紳士に会いましたサイゴンの西方の州である。 私はサイゴンには頻繁に行きませんでしたが、その日、私は歩いてこの紳士に会って、彼が大きな関心を持っていた米について話し始めました。 彼は実際に訪問者を紹介してくれた人存在していた私の友人になったとし、左の「 私は彼が米や研究について多くの詳細を学ぶことができますIRRIのいつかにこの若者を見たい 」と述べました。

残りはここで繰り返す必要のない歴史です。 私はその機会が訪れた直後にIRRIに行く研修生に選ばれ、何年も後にIRRIに研究員として迎えられました。 これは私の3番目の踏み台でした。間違いなく私が行ったサイゴンのランダムな日にこの紳士に会ったことは間違いありませんでした。

ケース4:私はいつか1969年の7月に戻ってロスバノスに行ってきました 1か月を過ごす ベトナムとラオスのボランティアのための米訓練を監督し、ある日IRRIに友人に見えるアメリカ人を見に行った。 私はその日に彼を見る特別な理由はなく、こんにちはと言いたいと思っていました。 しかし、その日、私たちが話しているうちにIRRIの副局長が歩き、すぐに彼に紹介されました。 彼が去ることを約あったときに、私のような何か“卿は、私は非常にだけIRRIは私にそうする奨学金を与えることができれば、米や研究方法論についての詳細を学ぶためにIRRIに戻ってきたいと思います。」と述べた彼は、そのような驚きました直接的な話ではなく、紳士であるということは、申請書で数分後に戻ってきて、私にそれを記入して彼に送ってもらうように頼んだ。 IRRIは私のケースを評価し、いくつかの結論に至ります。 何年も経ってからIRRIは私の資質が優れていると言って私に研究フェローシップを招待しました。 その日、私はこの紳士に、彼が誰であるか知らずに出会ったのと、なぜ私が奨学金の請求を吹き飛ばしたのかということが偶然でしたか?

ケース5:私は1974年にIRRIに到着し、6ヶ月は、研究方法論についての学習と6ヶ月の私の奨学金が終了したため、インドに戻って行く予定のためにそこに滞在したときは、栽培部門のヘッドは、1日はナガに行くように頼まその地域で米収量の制約について真剣に研究する可能性をチェックする。 私はナガがどこにいたのかわからなかったので、私はその国の地理を知らなかったので、私は地図上に私を示し、私にチケットを与え、私はPiliに行き、私は周辺の村に滞在していたはずだった。 その日、私の将来の妻が私を待っていたのは偶然でした。私はPiliに賃貸する家を探すために到着しましたか? 私は彼女を無作為に会い、すぐに何かが起こったことを知っていました。 私たちは6ヶ月後に結婚するでしょう。 それがどこだったのかわからなくなってPiliに行ったのは偶然でしたが、私はちょうど私の将来の妻と1日目で会ったことが偶然だったのでしょうか? 私がPiliに送られ、他のどこにも送られなかったのは偶然でしたか?

ケース6:私はヤフーを読んでいました。 先日、私のコンピューターでインドのニュースが報道され、米の緑の革命について誰かが誰かによって出版された記事を見た。 それはせいぜい良く書かれていなかった記事でしたが、IRRIの農業学科の前頭の名前は、ずっと前にBicolで働くように私を送りました。 好奇心をそそるのは、私は毎日ヤフーのニュースを読んでいないということです。たぶん月に1度です。なぜ私はその日にヤフーのインドのニュースを開いたのですか、正直に分かりません。 私は読書を続けて何かが間違っていると感じたので、私は退職時に現在アメリカに住んでいるIRRIの農夫部門の元メンターとヘッドに記事を送り、彼のコメントを求めました。 彼は、最初に研究成果を発表して米の緑革命を始めたのは彼だったから、彼に信用を与えないことによって、彼に大きな不公正が与えられたと言った。

その結果、IR-8はアジアや他の地域に広がった奇跡の米として認識されましたが、他の人は賞と称賛を受けました。 私はショックを受け、それについて何かをして真実を公表するブログを書いて、人々が本当の主人公が誰であるかを知ることにしました。 それはすぐに公開されるので、私の様々なブログサイトでそれをチェックしてください。 先日ヤフーのインドのニュースを読んでしまったのは偶然だったのでしょうか? あなたが知っているように、記事は特定の日に一度しか表示されず、翌日に消えるので、その日にYahoo Indiaを開いたのはなぜですか? それは偶然だったのですか、それについてのブログを書いて真実を伝える人になることが運命づけられましたか?

事例7:私は鉱山をしていたと同時にIRRIで彼の博士号をしていた友人は私たちは、私は他の国で働いていたし、彼は頻繁にだけでなくしかし、1日走行していた場合でも、年間で連絡を取り合って持っています彼は私が定住したナガの私の家に来て、私たちの子供たちが良い大学の教育を受けることができるロスバノスに移動すべきだと教えてくれました。 だから私はそれについて考え、彼の提案はメリットがないわけではなく、ロス・バナスに来ることに決めました。 彼はすぐに私が私の家を建てることができ、1994年に私たちの新しい家に落ち着きました。私たちは、私がフルーツの木を植えた私たちのエコガーデンという隣のものを買いました。私たちは本当にそれを必要としなかったので売ったので、誰がたくさん買ったのだろう? 私は最初にLos Banosに来てくれと頼んだのは私の友人でした。 彼がNagaで私を見に行ったのは偶然だったので、私たちはLos Banosに来て、彼は隣の家を買って、いつかそこに自分の家を建てたのですか? あなたは裁判官になる。

ケース8:私はちょうど新鮮な卒業生だったし、インド空軍の戦闘機のパイロットとして訓練することが入学のためのインドの空軍士官学校に適用したとき、私は1966に戻ります。 私の驚いたことに、私は空軍に招かれ、インタビューのために、ファーストクラスの列車旅行などで支払われたすべての費用を受け取りました。今インタビューは、彼らが私を選んだことを意味するわけではありませんが、それは最初で非常に重要なステップでした私は自然に興奮して行きたいと思っていましたが、非常に病気だった私の父は空軍が私の正しい選択ではなかったので、私はそれを忘れてはいけないと私に言った。 だから、私はそのインタビューには行かず、私の修士課程のプログラムで始めました。当時私はベトナムに行くように招かれたのは偶然のことでしたか? 私はそれが偶然だったとは思わない。

ケース9:今、私は死亡したが、なかったことがありました他の例について書きたいと思います。 1つは、私のアメリカ人の友人と私が、私たちが誰かに会うことになったサイゴンのUSAID事務所の前で横に歩いて歩いていたときでした。 私が門から出て行くと、私の後ろで爆発音が聞こえました。 バイクの誰かが門に手榴弾を投げ、数秒前に私がその場所にいたときに、その瞬間に通り過ぎてしまった女性に重傷を負った。 それが来ていることを知らないという危険から逃げ出していたのは偶然だったのでしょうか?

ケース10:迫撃砲だけの狭い車線を横切って警察署に着陸保持したとき、私は私一晩のベトナムの友人と私のキッチンの隅に散々ビビリまくりました。 音が耳障りで、すぐに私たちを殺す私の家に簡単に着陸することができたかもしれませんが、そうではありませんでした。 その日の夜、ベトコンはとても正確で、私の家を惜しまなかったのは偶然でしたか?

ケース11:地雷が私の近く暗渠を爆破したとき、私はサイゴンに私の方法で一日をハウNghia州のカルバートを横断しようとしていました。 ほんの数秒後、私はその暗渠を渡すことになっていたが、そうしなかった。他の誰かがその日に怪我をした。 もう一度偶然?

ケース12:IRRIからの私の友人は1日、バングラデシュで旅していました 突然鉄棒で荷車していたバンの前のトラックが急に制動し、鉄棒がバンの中を飛び、友人の隣に座っていた乗客を襲って数インチしか逃さなかったときに、 私の友人は、その日、非常に幸運な脱出をしましたが、それは数日後にスチールロッドが彼を逃したが、隣の人を殺したことは偶然でしたか?

私はもっと多くの例を続けることができますが、これらの事例は実際には偶然のようなものはないことが証明されています。 すべては、あらかじめ決められた計画のために起こります。 したがって、誰が計画を立てるのかという疑問はありますか? それは神ですか?

quoteseverlastin-einstein-coincidence

Gūzen no koto wa nanidesu ka? Gūzen no koto o shinjite inakereba, daremoga keikaku o kimete irunode, subete ga jizen ni kettei sa reta keikaku ni shitagatte okorunode, jinsei ni wa gūzen no yōna mono wa nai to iu hito mo imasu. Kore wa giron suru ōku no hitobito o mitsukeruga, kesshite manzoku dekiru ketsuron ni itaranainode, nanrakano intorosupekushon ga hitsuyōna topikkudesu.

Anata no jinsei de hajimete dareka ni ai, sugu ni tsunagari o kanjita koto ga anata ni okotta koto wa arimasu ka? Sore wa, anata ga sono-jikan ni atte, anata ga eranda node wa naku, sono kaigi-chū ni nanika ga okotta koto o kanjita no wa gūzendesu ka? Anata ga jinsei de totta fumidai ga dōnika shite sōgo ni tsunagatte iru koto o imamade kanjita koto ga arimasu ka? Watashi wa sore ga giron no kachigāru to omoushi, anata wa kono burogu o yonde, soreni ippō-teki ni han’nō suru koto o negatte imasu.

Dakara watashi wa jinsei de no jibun no keiken kara hajimete, gūzen no yōna koto wa mattaku nai to kakushin suru yō ni narimashita. Otagai ni kotonaru kankyō-ka de seichō shi, watashitachi ga sodatta kankyō no sanbutsudearu koto wa, yoku shira rete iru jijitsudesu. Katei de seichō shite iku kateide wa, katei-nai de bōryoku ya rikon ni tsunagaru, mainichi no kogarana koto o ryōshin ga kenden shite iru koto ga arimasu.

Ikutsu ka wa kusuri o nonde iru dake de, sore dakede wa amarini mo osoroshī koto ga kaite arimasu. So no yōna ie de sodatta kodomo-tachi wa, ryōshin ga taisho dekinai ōku no mondai o kakaete seichō shimasu. Gakkō-gai ni dete, kusuri to sei no toraburu ni ochīru no wa karera to kyōtsū shite imasu. Ikutsu ka wa, yori ōku no toraburu ni hairu tame ni nigeru.

1Tsu wa tsugi no mono ni tsunagari, 10-dai no musume ga ninshin shite iru koto o shiru mae ni, 18-sai ni natte kōkō o yameta toki, matawa 10-dai no musuko ga irezumi ya iyaringu o kite ite, machigatta hito de burasagatte iru hito kare ga soko kara noboru koto ga dekinai fukami ni fukaku fukaku oshikomu. Sore wa subete gūzen to ichiren no gūzen ni yoru monodesu ka? Jōkyō ni yotte, hito wa korera no sentaku o shinakereba narimasen, soshite, korera no jōkyō ga saisho ni dono yō ni okoru ka?

Shitagatte, watashi wa koko ni, gūzen no yōna jijitsu ga sonzai shinai koto o shōmei suru ōku no baai o teiji shi, subete ga riyū de okoru.

Kēsu 1: Aru gogo, aru gakusei no gogo, Amerika no nakama to deai, kare no ofisu doa o nokku shite, gakkō no keijiban ni noseta kōkoku ni kansuru shitsumon o shimashita. Watashi wa nando mo yokoku o mite itaga mushi shitaga, sonohi ni mojidōri watashinojinsei o eien ni kaeta ippo o fumidashita. Sore wa watashi no denki (Anil no mi happyō no monogatari) ni kaka rete irunode, koko de mō shōsai o kakimasen.

Watashi wa, kono kaigō no tame ni, watashi wa jinsei no naka de watashi no saisho no fumidaideatta borantia no nōgaku-sha to shite Betonamu ni ikimashita. Betonamu ni iku koto o eranda hito mo imashitaga, watashi wa kono suteppu o fumimashita. Atode mōhitori no daigaku no nakama wa Saigon de watashi ni kuwawarimashita. Hokanohito wa jibun no riyū de ikanakattanode, koko de sore o kaku kachi wa arimasen. Watashi wa atode yoi tomodachi ni natta amerikahito no hito ni atta no wa gūzen no kotodeshitaga, watashi wa betsu no jōkyō-ka de Beikoku de futatabi aimashita ka? Kare wa watashi ga Macalester karejji de jushō shita St. Pōru ni sunde itanode, sore wa amarini mo gūzendeshita ka?

Kēsu 2: Kono kēsu wa, gūzen no yōna mono ga nai to iu mottomo settoku-ryoku no aru shōkodearu. Watashi wa 1969-nen 1 tsuki gejun ni Honkon kara Tōkyō e hikō shite imashitaga, Pan Am no furaito de watashi no wariate rareta zaseki ni suwatte imashitaga, 1-ri no jōkyaku ga inaku natte hikō ga okuremashita. Kare wa saishūtekini watashi no tonari ni araware, suwatte ita. Ririku-go, kare wa watashi to hanashi o hajime, doko ni itta no ka, watashi ga shita koto nado o tazunemashita.

Watashi wa borantia nōgyō gakusha to shite Betonamu de hataraite ite, Tōkyō ni iku to iu koto o dekirudake kantan ni oshiete kuremashita. Watashi wa jinsei no hanashi o kanzen’na mishiranu hito ni tsutaeru ki ga shinakattanode, watashi wa kantandeshitaga, kare wa watashi ni hijō ni kyōmi ga aru yō ni omoemashita. Watashi wa hijō ni wakai hito ga Betonamu de hataraite ite, hageshī sensō no mattadanaka.

Atode kare ga watashinitsuite motto shiri, jissai ni watashi ga Nihon ni iku no o tomete Amerika ni itte inai to iu jijitsu o shitta toki, kare wa motto kyōmi ga ari, sore ga Amerika e no watashi no saisho no hōmon ka dō ka o shiritai to omotta arimashita. Sonogo, watashi wa Minesota-shū de Betonamu de no kōrōshō o jushō suru koto ni natte ita koto o shirimashitaga, sanruisu obisupo to iu Kariforunia no chīsana machi ni ikimashita. Sokode wa daigakuinsei to shite nyūgaku o kibō shite imashita.

Karera wa watashi ga eigo o hanasu koto o shōmei suru tame ni toifuru o juken suru koto o hoshikattanode, watashi wa nyūgaku shinsa-kan to issho ni sore o seiri suru tame ni kojin-teki ni itte imashita. Sonotoki, kare wa watashi ni” wakai otoko, anata wa anata no toifuru o tsūka shimashita” to itta. Watashi wa sore ga imi suru koto o tazuneta toki, kare wa kare no namae wa Kenedi hakasedeari, kare wa itta daitōryō no daitōryōdattaWatashi wa sore o shinji raremasendeshita.

Watashi ga ippantekini itte iru no wa, hikōki no dare ka to hanashi tari, jibun no bijinesu o ki ni kake tari, zasshi o yon dari ongaku o kii tari shinaikaradesu. Shikashi, watashi wa koko de, watashi ga shōrai nyūgaku o kibō shite ita CalPoly no shachō no sugu tonari ni suwatte imashita. Watashi ga zenretsu ni ita baai ya, tsūro no hantaisoku ni iru baai, matawa sono kyodaina hikōki no ta no bashodeareba, watashi wa ichido mo atta koto ga naidarouga, musakui no hi ni, pan’namu ni yotte kare no tonari ni zaseki ga atae rareta. Sore wa gūzendeshita ka?

Watashi wa sō wa omowanai. Watashi wa sono hikōki de Kenedi hakase to au yō ni yotei sa rete imashita. Kare wa Tōkyō e oriru tochū de Beikoku e no hikō o tsudzukemashitaga, kare wa CalPoly de watashi o atatakaku kangei shite kureta Honoruru kara denwa shi, sugu ni watashi ni nyūjō-ken o watashimashita.

Kēsu 3: Saigon de ichido shinshi ni atta Firipin no intānashonaruraisu kenkyūjo kara no mono de, IRRI no raisupurodakushontorēningupuroguramu no sekininshadeattanode, Saigon seibu no shū de Amerika no kenkyū to kakudai o okonatte iru koto ni tsuite hanashi o hajimemashita. Watashi wa Saigon ni hinpan ni ikanakattanode chōdo chansu kaigideshitaga, sonohi ni watashi wa aruite kono shinshi ni ai, kare ga hijō ni kyōmi ga atta Amerika ni tsuite hanashi o hajimemashita.

Kare wa watashi no hōmon-sha ni watashi o shōkai shite kureta genchi no yūjin ni mukai,`itsuka IRRI de kono wakai hito o mite, Amerika to kenkyū ni tsuite ōku no koto o manabu koto ga dekimasu’ to iimashita. Nokori wa koko de kurikaesu hitsuyō no nai rekishidesu. Watashi wa sono kikai ga otozureta chokugo ni IRRI ni iku kenshūsei ni eraba re, nan’nen mo-go ni kenkyū-in to shite IRRI ni yattekimashita.

Kore wa watashi no 3-banme no fumidaideshita. Machigainaku watashi ga okonatta Saigon de kono shinshi ni atta koto wa machigai arimasendeshita.

Kēsu 4: 1969-Nen no 7 tsuki ni rosubanasu ni modotte, Betonamu to Raosu e no borantia no tame no Amerika kunren o okonai, aru hi, IRRI ni yūjin ni mieru amerikahito o mi ni itta. Watashi wa sonohi ni kare o miru tokubetsuna riyū wa naku, kon’nichiwa to iitai to omotte imashita. Shikashi, sonohi, watashitachi ga hanashite iru uchi ni IRRI no fuku kyokuchō ga aruki, sugu ni kare ni shōkai sa remashita.

Kare ga chikadzuku chokuzen ni, watashi wa IRRI dake ga watashi ni shōgakkin o ataeru koto ga dekireba,`sensei, watashi wa IRRI ni modotte, Amerika to kenkyū no hōhō ni tsuite motto manabitai to omotte imasu. Chokusetsutekina hanashide wa naku, shinshidearu to iu koto wa, shinsei-sho de sūfungo ni modotte kite, watashi ni sore o kinyū shite kare ni okutte morau yō ni tanonda. IRRI wa watashi no kēsu o hyōka shi, ikutsu ka no ketsuron ni itarimasu. Nan’nen mo tatte kara IRRI wa watashi no shishitsu ga sugurete iru to itte watashi ni kenkyū ferōshippu o shōtai shimashita.

Kēsu 5: 1974-Nen ni IRRI ni nyūsha shi, 6-kagetsu-kan, kenkyū hōhō-ron to keikaku sakutei ni tsuite mananda toki, watashi wa kono shinshi ni atta no wa gūzendeshita. 6-Kagetsu no shōgakkin ga shūryō shita tame ni Indo ni kaeru tame ni, nōgyō gakka no naga wa, aru hi, Naga ni itte, sono chiiki de Amerika shūryō no seiyaku ni tsuite shinken ni kenkyū suru kanōsei o shiraberu yō ni tanonda. Watashi wa Naga ga dokoni ita no ka wakaranakattanode, watashi wa chizu no ue ni watashi o misete, watashi ni kippu o kuremashita. Soshite, watashi wa Pili ni ikimashita.

Sokode wa, watashi wa shūhen no mura ni taizai shite hataraku koto ni natte imashita. Sonohi, watashi no shōrai no tsuma ga watashi o matte ita no wa gūzendeshita. Watashi wa Pili ni chintai suru ie o sagasu tame ni tōchaku shimashita ka? Watashi wa kanojo o musakui ni ai, sugu ni nanika ga okotta koto o shitte imashita. Watashitachi wa 6-kagetsu-go ni kekkon surudeshou.

Sore ga dokodatta no ka wakaranaku natte Pili ni itta no wa gūzendeshitaga, watashi wa chōdo watashi no mirai no tsuma to 1-nichi-me de atta koto ga gūzendatta nodeshou ka?

Kēsu 6: Watashi wa yafū o yonde imashita. Senjitsu, watashi no konpyūtā de Indo no nyūsu ga hōdō sa re, Amerika no midori no kakumei ni tsuite nanika darekaga kiji o mite, dare ga nani o shita no ka o mimashita. Sore wa seizei amari yoku kaka rete inakatta kijideshitaga, IRRI ni nōgyō gakka no moto shushō no namae ga fukuma rete imashita. Kōkishin o sosoru no wa, watashi wa mainichi yafū no nyūsu o yon de inai to iu kotodesu. Tabun tsuki ni 1-dodesu. Naze watashi wa sonohi ni yafū no Indo no nyūsu o aita nodesu ka, shōjiki ni wakarimasen.

Watashi wa dokusho o tsudzukete nanika ga tadashikunai to kanjitanode, watashi wa taishoku-ji ni genzai Amerika ni sunde iru IRRI no nōfu bumon no moto mentā to heddo ni kiji o okutte, kare no komento o motomemashita. Kare wa, jibun no kenkyū seika o happyō shite Amerika de midori kakumei o hajimeta no wa karedattakara, kare ni shin’yō o ataenai koto de ōkina fukōsei ga nasa reta to iimashita. Sore wa mi to shite no IR – 8 no ninchi o motarashimashitaAjia ya hoka no chiiki ni hirogatta Amerika o gekido sa setaga, hokanohito wa shō to shōsan o uketa.

Watashi wa shokku o uke, sore ni tsuite nanika o shite shinjitsu o kōhyō suru burogu o kaite, hitobito ga hontō no shujinkō ga daredearu ka o shiru koto ni shimashita. Sore wa sugu ni kōkai sa rerunode, watashi no samazamana burogusaito de sorewochekku shitekudasai. Senjitsu yafū no Indo no nyūsu o yonde ita no wa, tamatama 1-kagetsu ni ichido mo yon de inai gūzendatta nodeshou ka? Anata ga shitte iru yō ni, kiji wa tokutei no hi ni ichido shika hyōji sa rezu, yokujitsu ni kierunode, sonohi ni yafū indo o aita no wa nazedesu ka?Gūzendatta nodesu ka, soretomo burogu o kaite shinjitsu o tsutaeyou to shite ita nodesu ka?

Kēsu 7: IRRI de watashi to onaji-jikan ni Ph. D o shite ita yūjin ga ite, watashi ga hoka no kuni de hataraite ite mo nan-nen ni mo watatte furete ite, hinpan ni ryokō shite imashitaga, aru hi, watashi ga teijū shita Naga no watashinoie ni kite, watashitachi no kodomo-tachi ga Rosu banyosu yoi daigaku kyōiku.

Dakara watashi wa sore ni tsuite kangae, kare no teian wa meritto ga nai wakede wa naku, Rosu banasu ni kuru koto ni kimemashita. Kare wa sugu ni watashi ga watashinoie o tateru koto ga deki, 1994-nen ni watashitachi no atarashī ie ni ochitsukimashita. Watashitachiha, watashi ga furūtsu no ki o ueta watashitachi no ekogāden to yoba reru rinsetsu suru rotto o kaimashita. Watashitachi wa hontōni sore o hitsuyō to shinakattanode uttanode, dare ga takusan kaimashita ka?

Saisho wa Rosu banyosu ni kite kure to tanoma reta no wa watashi no yūjindeshita. Kare ga Naga de watashi o mi ni itta no wa gūzendeshita. Sono koto kara watashitachiha Los Banos ni kite, sonogo kare wa tonari no ie o katte itsuka soko ni jibun no ie o tatemashita. Anata wa saibankandesu.

Kēsu 8: 1965-Nen ni watashi wa shinsen’na sotsugyōseidattanode, Indo kūgun akademī no Indo kūgun no sentōki pairotto to shite kunren o ukeru tame no nyūgaku kyoka o shinsei shimashita. Watashi no odoroita koto ni, watashi wa kūgun no shōtai o uke, intabyū no tame ni, ichiryū no ressha ryokō nado de shiharawa reta subete no keihi o shiharatta. Ima intabyū wa karera ga watashi o eranda koto o imi suru wakede wa naiga, soreha saisho de totemo jūyōna suteppudatta.

Watashi wa shizen ni kōfun shite ikitai to omotte imashitaga, byōki ni kurushinde ita watashinochichi wa kūgun ga watashi no tadashī sentakude wa nakattanode watashi wa sore o wasurerubekida to watashi ni itta. Dakara, watashi wa sono intabyū ni shusseki shinakattashi, watashi no shūshi puroguramu de hajimemashita. Tōji watashi wa Betonamu ni iku yō ni maneka reta no wa gūzen no kotodeshita ka?Watashi wa sore ga gūzendatta to wa omowanai.

Kēsu 9: Watashi wa shinu kamo shirenaiga, shinakatta ta no jiken ni tsuite kaite mitai. 1Tsu wa, watashi no amerikahito no yūjin to watashi ga, watashitachi ga dareka ni au koto ni natta Saigon no USAID jimusho no mae de, yoko ni aruite aruite iru tokideshita. Watashi ga mon kara deteiku to, watashi no ushiro de bakuhatsu ga kikoemashita. Baiku no darekaga-mon ni shuryūdan o nage, sūbyōmae ni sono ba ni ita toki ni sonotoki ni tōrisugita josei o jūshō-teki ni fushō sa seta.

Kēsu 10: Watashinodaidokoro no sumi de, watashi no hitori no Betonamu no yūjin to hakugekihō ga keisatsusho ni chakuriku shite ita toki, semai shasen. Oto ga mimizawaride, watashitachi ga sugu ni watashitachi o koroshite shimatta watashinoie ni kantan ni chakuriku shita kamo shiremasenga, sō wa narimasendeshita.

Kēsu 11: Hō nigia-shū no ankyo o Saigon e mukau tochū, jirai ga watashi no chikaku no ankyo o bakuha shita aru Ni~Tsu, watashi wa sonohi ni watashinoie o ken’yaku shite ita no wa machigai arimasendeshita ka?. Hon’no sūbyōgo ni watashi wa sono ankyo o watasu koto ni natte itaga,-sō shinakatta, soshite darekaga sonohi ni kizutsuita.

Kēsu 12: IRRI no yūjin wa, aru hi banran de Banguradeshu o ryokō shite imashita. Totsuzen, tetsubō o tsunda ban no mae no torakku ga kyū ni seidō sa re, tetsubō ga ban ni tobikomi, watashi no yūjin no tonari de, sū-inchi dake kare o nogashita. Watashi no yūjin wa, sonohi, hijō ni kōun’na dasshutsu o shimashitaga, sono sūjitsugo ni suchīruroddo ga kare o nogashita nodesuga, tonari no hito o koroshita no wa gūzendeshita ka? Motto ōku no rei o ageru koto ga dekimasuga, sore wa hontōni gūzen no yōna mono wa arimasen. Subete wa, arakajime kime rareta keikaku no tame ni okorimasu. Shitagatte, dare ga keikaku o tateru nodarou ka? Soreha-shindesu ka?

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中