What’s in a word?( in Japanese)

言葉は何ですか?

 

whats_in_a_word-cover_5

私はしばしば、どのような言葉が意味を持ち、どのようにして彼らが人生にプラスかマイナスの影響を与えるかについて考えます。 親切な言葉、親切なジェスチャー、本を親切に共有することは、非常に興味深く喜ばしい方法で人生を変えることができます。

私は私の近所に住んでいたKalodaと呼ばれる非常に親切な友人について書いたことがあります。私は近所に住んでいて、私は英語の本を読む習慣を身につけるために私に読書をくれました。 私はあらゆる種類の本を読んで、これまでにKalodaによってこの贈り物を与えられなかったことのないあらゆる種類のものを知って楽しんでいます。

私はいつも人々がそれから何かを学び、教訓を彼らの人生に適用できることを望むので、私の経験を人々と共有しようとします。 私のレッスンのいくつかは難しい方法で学びました。私は若者と同じミスを繰り返さないように他の人に警告することができます。

誰かが私の言うことを聞いて、私が彼らの命を永遠に変えたと思うように頼んだことを聞いたときに、私はあなたと分かち合うつもりです。

ケース1.私はカトリック教徒であるシリア人のかなりの人口があるスーダンのエル・オベイドに住んでいました。 それは1つのコーランを保持し、町の広場を飾ると、すべてのモラが互いに最大5倍に大きな音を叫ぶことができる競争しているコーランを保持してセメントの手の埃、 しかし、この埃の多い町では、シリア人が集まり、ビンゴをしてイースターを祝う砂漠のオアシスのようなシリアのクラブがあります。

ここで私はエスターと呼ぶ17人の美しい女の子を知る必要があります。 彼女はバレーボールをして人生を楽しむのが好きな、活発な少女だった。 これらのシリア人の子供たちは、私が好きだったのは、シリアの少女たちがショートスカートを着用していたことを決して止めなかった非常に厳しいシャリア法準拠の国の下で、恐ろしい人生の話を聞く同情的な人物でした。

ある日エスターは私が知っていた少年とエスターの婚約を祝って父親が組織したパーティーのために私を彼女の家に招待したので、彼女はちょうど子供だったのでとても驚きました。 どうして早く結婚を考えられるだろうか? だから私は彼女の家に行って、父親が少し落ち込んでいるのを見つけました。 私は彼になぜ幸せではなかったのかを尋ねたところ、彼は娘が彼を聞いていない非常に難しい頭の人で、今のころに婚約していると言いました。 エスターの母親は亡くなってしまったので、無力感を感じ、私に聞いてもらえると感じたので、私は彼女に何か感覚を覚えました。私は彼女と一緒に座って、彼女は結婚するには若すぎると説明しました。 1年または2年。

私は婚約をキャンセルするように彼女に尋ねなかったし、ちょっとしたコンピュータトレーニングを受けて、入力する方法を学ぶことができれば、待っている時間は彼女には良いと言いました。 彼女は反応せず、静かにしていたが、聞いていた父親はとても感謝してくれて、私に多大な感謝をした。

スーダンの私の時間は終わってしまったので、フィリピンに帰ったが、ある日私はエスターからの手紙を受け取り、とても幸せになった。 彼女は自分のアドバイスを真剣に受け止め、Khartoumに行ってコンピュータサイエンスを取り入れて楽しんでいると書いています。 スーダンのようなイスラム教徒の国で未来を持たない多くの子供たちを生み出すエル・オーベイデに住む大きな誤りであったと気づいたので、彼女はそのシリアの少年との約束を破った。

私は彼女に勉強を続けてもらい、彼女の幸運を祈りました。 数年後、私はシドニーからeメールを受け取りました。それはエスターからでした。 彼女と彼女の家族はオーストラリアに移住して、コンピュータ訓練を受けた人として良い仕事を見つけました。 私は幸せになれず、彼女を祝福することができませんでした。

ケース2:私はベトナムでボランティアの農学者、大学のチームメイトではなく、南インドから私たちの農業チームに加わりました、サイゴン近くの領域で動作するように割り当てられていたクラスメイトとして働いていました。 彼は動物科学の専門家だったので、家禽プロジェクトなどを立ち上げましたが、彼はタミールの食べ物や言語のためにホームシックで欲しかったので、サイゴンのタミル寺院を訪れ始めました。彼と一緒に食べ物を分かち合った彼らと一緒に話しました。 後で私はそれが価格で来たことを知りに来た。

私たちはベトナムを離れた後、私たちの将来の計画についてよく話しました。そして、私は高等教育のために米国に行きたいと知っていました。 彼はその後、タミル人が彼を利用し、彼から金を借りて、彼が苦労していると告白した。 彼は私に何をすべきか尋ねたので、タミル人は非常に狡猾なので、彼が与えたお金を忘れるべきだと言った。 代わりに、彼はできる限りペニーごとに救い、どこかで彼の教育のために準備しなければなりません。

私の言葉には奇妙なことがあり、奨学金を貯蓄し始め、カリフォルニア大学のカルポリーで勉強したかったので、入学を申請しなければならない場所はどこですか? 私は、カルポリーが彼を受け入れておらず、ウィスコンシン大学が動物科学の非常に良い評判を持っているので、彼がそこに申請して認めたと言いました。 カルポリーは彼を受け入れなかったが、それは問題ではなく、彼はウィスコンシンに行くのがとても嬉しかった。

最後に私が彼から聞いたのは、彼が卒業してどこかに良い仕事を見つけたということでしたが、自分のような学生が何らかの形でそれを作り、どこかで幸せに解決されている間に苦労しなければなりませんでした。 私は彼との接触を失ったが、エスターと同じように彼にとってはハッピーエンドであったと感じている。

事例3:夫婦は常に排水しなければならなかった水で満たされた遺伝性疾患と彼女の脳を持って生まれた子供を持っていました。 彼女は美しい子供と約10歳、活発で活発な少女でしたが、彼女はこの問題を抱えていましたが、解決策がなく、彼女はそれで亡くなりました。 カップルはとても悲しんで悲しんだけど、今回は彼らを訪ねて悲しみを感じました。 だから私は彼らがどこかに養子にして、彼らが自分のことでできるすべての愛を与え、彼ら自身として育てるべきどこかに健康な赤ちゃんを見つけるべきだと提案しました。 子供はいつも家族に喜びをもたらします。 インドでの採用は偏見と伝統が組み込まれているため、あまり人気がありませんが、他の国ではそうではありません。

しばらくして、私は彼から健康な赤ちゃんの女の子を見つけて彼女を迎え入れたという手紙を受け取りました。 今カップルはとても幸せで、赤ちゃんは素早く成長しています。 先日、私は彼女が高校に通っていて、とてもうまくいっていると言った彼女からのeメールを受け取りました。 私はカップルにたくさんのお金を与えていたので、あまりにも助けになったかもしれません。 再びハッピーエンド。

ケース4:私は彼女が彼女の仕事からいくつかの時間を脱いで、彼女がやったとで高い位置に昇進しましたので、地理の彼女の選んだ分野でMasteralプログラムに登録する必要があること、彼女の1日に提案したように、私の妹は、どこかの学校の教師でした彼女の大学直後の彼女の大学は、あまりにもうまく終わったので、彼女は私の助言に従った。

ケース5:大学で私の同級生は、常にクラスをスキップし、1日、彼は彼がそんなに、今の周りだまされているため、彼は確実に失敗することを私に言ったので、月に起因していた期末試験のために準備されていなかった本当の悪党でした試験はすぐに何をすべきかが分かりました。 私は夜に私達の家に来て、一緒に勉強したので、毎晩やってきたので、毎月、蚊の中に座っている毎晩、私たちの外玄関のテーブルランプを見つけて、徹夜的に勉強しました。私たちは良い成績で一緒に卒業しました。 その後、どこかでMSと博士号を取得し、デリーで良好な仕事を見つけ、成功した人生を送っています。

ケース6:私の弟は、彼はそれを販売し、彼の唯一の娘と孫近くにデリーに移動する必要があり、何度も私の父と私が作っていたが、私は彼に言ったように、最終的にそれは彼が何をしたかである古い家に住んでいたし、非常に満足しているので、うまく終わった。

事例7:私たちの娘はキャンベラ大学を卒業したが、よく払って仕事をし、ITに関連していない仕事を見つけていないのいずれかので、私はそっと彼女は仕事を見つけた場合、彼女は幸せになることが示唆されたコンピュータの専門家とIT専門家でありますそれは彼女の行なので、彼女は応募し、数百人の候補者の中からオーストラリアの政府機関に受け入れられ、彼女は私の話を聞いたので、彼女の職業に本当に輝いていました。 それで言葉は何ですか? それ以上のものはありますが、それ以上のものはありますが、キャッチがあります。 人々が耳を傾けて従うだけで何か価値があります。 上記の7つのケースでそれを後悔しなかった人は証明されます。

Kotoba wa nanidesu ka? Watashi wa shibashiba, do no yōna kotoba ga imi o mochi, dono yō ni shite karera ga jinsei ni purasu ka mainasu no eikyōwoataeru ka ni tsuite kangaemasu. Shinsetsuna kotoba, shinsetsuna jesuchā, hon no shurui o kyōyū suru koto wa, hijō ni kyōmibukaku yorokobashī hōhō de jinsei o kaeru koto ga dekimasu.

Watashi wa watashi no kinjo ni sunde ita Kaloda to yoba reru hijō ni shinsetsuna yūjin ni tsuite kaita koto ga arimasu. Watashi wa kinjo ni sunde ite, watashi wa eigo no honwoyomu shūkan o kaihatsu dekiru yō ni watashi ni dokusho o kuremashita. Watashi wa arayuru shurui no hon o yonde, zutto mae ni Kaloda ni yotte kono okurimono o atae rarenakatta koto no nai arayuru shurui no mono o shiri, tanoshinde imasu.

Watashi wa itsumo hitobito ga sore kara nanika o manabi, kyōkun o karera no jinsei ni ōyō dekiru koto o negatte irunode, watashi no keiken o hitobito to wakachi au yō ni shite imasu. Watashi no ressun no ikutsu ka wa muzukashī hōhō de manandanode, watashi wa wakai hito to onaji misu o kurikaesanai yō ni tanin ni keikoku suru koto ga dekimasu. Darekaga watashi no iu koto o kiite, watashi ga karera no inochi o eien ni kaeta to omou yō ni tanonda nodesu.

Kesu  1. Watashi wa sūdan no El Obeid ni sunde imashita. Soko ni wa Katorikku kyōtodearu Shiria hito no kanari no jinkō ga arimasu. Sore wa, kōran o 1tsu ni hoyū shi, machi no hiroba o kazaru jū to, subete no mora ga tagaini kisoiatte 1-nichi 5-kai ōgoe de sakebu koto ga dekiru, semento no hokori no yōna, bon’yari to shita tokuchō no nai machidesu. Shikashi, kono hokorippokute arehateta machide wa, Shiria hito ga atsumatte, Bingo o shite īsutā o iwau sabaku no oashisu no yōna shiriankurabudesunode, watashi wa soko ni itte, totemo shitashimi yasuinode sanka shimashita.

Koko de watashi wa esutā to yobu 17-ri no utsukushī on’nanoko o shirimashita. Kanojo wa barēbōru o shite jinsei o tanoshimu koto o konomu, kappatsuna shōjodatta. Korera no Shiria no kodomo-tachi wa, watashi ga sukidatta no wa, Shiria no shōjo-tachi ga shōtosukāto o chakuyō shite ita koto o kesshite tomenakatta hijō ni genkakuna sharia-hō junkyo no kuni no shita de, osoroshī jinsei no hanashiwokiku dōjō-tekina jinbutsudeshita.

Aru Ni~Tsu esutā wa watashi ga shitteita shōnen e no esutā no kakawari o iwau tame ni chichioya ga soshiki shita pātī no tame ni watashi o kanojo no ie ni shōtai shitanode, kanojo wa chōdo kodomodattanode totemo odorokimashita. Dōshite hayaku kekkon suru to omoimasu ka?

Dakara watashi wa kanojo no ie ni itte, chichioya ga sukoshi ochikonde iru no o mitsukemashita. Watashi wa kare ni naze shiawasede wa nakatta no ka tazuneta tokoro, kare no musume wa kare no kotoba ni mimi o katamukezu, ima no osanai koro ni kon’yaku shite iru hijō ni muzukashī shujinda to kare wa itta. Esutā no hahaoya wa nakunatte shimattanode, muryoku-kan o kanji, watashi ni kiite moraeru to kanjitanode, watashi wa kanojo ni nanika kankaku o oboemashita. Watashi wa kanojo to issho ni suwatte, kanojo wa kekkon suru ni wa waka sugiru to setsumei shimashita. 1-Nen matawa 2-nen.

Watashi wa kon’yaku o kyanseru suru yō ni kanojo ni irai shinakattashi, chottoshita konpyūtatorēningu o ukete, nyūryoku suru hōhō o manabu koto ga dekireba, matte iru jikan wa kanojo ni wa yoi to iimashita. Kanojo wa han’nō sezu, shizukani shite itaga, kiite ita chichioya wa totemo kansha shite kurete, watashi ni fukaku kansha shita.

Sūdan no watashinojikan wa owatte shimattanode, Firipin ni modottaga, aru hi, watashi wa esutā kara no tegami o uketori, totemo shiawase ni natta. Kanojo wa jibun no adobaisu o shinken ni uketome, harutsūmu ni itte konpyūtasaiensu o toriirete tanoshinde iru to kaite imasu. Sūdan no yōna Isuramu kyōto no kuni ni mirai o motanai ōku no kodomo-tachi o umidashita no wa, Eru ōbeide ni sumu ōkina ayamaridatta to kidzuitanode, kanojo wa sono Shiria no shōnen to no yakusoku o kowashite shimatta.

Watashi wa kanojo ni benkyō o tsudzukete kōun o inorimashita. Sūnengo, watashi wa shidonī kara e mēru o uketorimashita. Sore wa esutā karadeshita. Kanojo to kanojo no kazoku wa ōsutoraria ni ijū shite, konpyūta kunren o uketa hito to shite yoi shigoto o mitsukemashita. Watashi wa shiawase ni narezu, kanojo o shukufuku suru koto ga dekimasendeshita.

Kēsu 2: Watashi ga borantia no nōgyō keiei-sha to shite hataraite ita toki, minamiindo kara no kurasumeitode wa naku, daigaku no nakama ga watashitachi no nōgyō chīmu ni kuwawari, Saigon chikaku no chiiki de hataraku koto ni wariate raremashita. Kare wa dōbutsu kagaku no senmonkadeshitanode, kakin purojekuto nado o tachi agemashitaga, kare wa tamīru no tabemono ya gengo no tame ni hōmushikku de hoshikattanode, Saigon no Tamiru jiin o otozure hajimemashita.

Kare to issho ni tabemono o wakachi atta karera to issho ni hanashimashita. Atode watashi wa sore ga kakaku de kita koto o shiri ni kita. Watashitachi wa Betonamu o deta nochi no watashitachi no shōrai no keikaku ni tsuite hanashi o shite imashitaga, watashi wa kōtō kyōiku no tame ni Beikoku ni ikitai to shitte imashita.

Kare wa sonogo, Tamiru hito ga kare o riyō shite, kare ga kare ni karita okane o karite, kare ga kurō shite iru to kokuhaku shimashita. Kare wa watashi ni nani o subeki ka tazunetanode, Tamiru hito wa hijō ni atsukai yasuinode, kare ga ataeta okane o wasurerubekida to itta. Kawari ni, kare wa dekiru kagiri penī-goto ni sukui, doko ka de kare no kyōiku no tame ni junbi shinakereba narimasen.

Fushigi-sōna koto ni, watashi no kotoba ni wa kōka ga ari,Kare wa amarini mo yoi dōbutsu kagaku no daigaku ga atta Kariforunia no karuporī de benkyō shitai to omotte itanode, nyūgaku o shinsei shite kudasai. Futatabi watashi wa kare ga karuporī ga kare o ukeirete orazu, U~Isukonshin daigaku ga sokode dōbutsu kagaku no hijō ni yoi hyōban o motte iru to iimashitanode, ikutsu ka no daigaku ni shinsei shinakereba naranai to teian shimashita. Karuporī wa kare o ukeiremasendeshitaga, soreha mondaide wa naku, kare wa U~Isukonshin ni iku no ga totemo ureshikattadesu.

Saigo ni watashi wa kare ga sotsugyō shi, doko ka ni yoi shigoto o mitsuketa to kiite imashitaga, sore o tsukutte, doko ka de Amerika ni tanoshiku kurashite imasu. Watashi wa kare to renraku o ushinatta ga, soreha esutā no yōna kare no tame no shiawasena owaridatta to kanjiru.

Kēsu 3: Iden-tekina shōgai de umareta kodomo to, nō ga taezu ryūshutsu shinakereba naranai mizu ga nō ni michite iru. Kanojo wa utsukushī kodomo to yaku 10-sai, kappatsude kappatsuna shōjodeshitaga, kanojo wa kono mondai o kakaete imashitaga, soreha kaiketsusaku ga naku, kanojo wa sore de nakunarimashita. Kono fūfu wa totemo kanashinde kanashinde imashitaga, konkai wa karera o tazunete kanashimi o kanjimashita.

Dakara watashi wa karera ga doko ka ni yōshi ni shite, karera ga motsu koto ga dekiru subete no ai o atae, jibun no mono to shite sodaterubeki doko ka ni kenkōna akachan o mitsukerubekida to teian shimashita. Kodomo wa itsumo kazoku ni yorokobi o motarashimasu. Indo no yōshi engumi wa, henken ya dentō ga ari, hoka no kunide wa sorehodo fukyū shite inai tame, amari ninki ga arimasen.

Shibaraku shite kara, kenkōna on’nanoko o mitsukete saiyō shita to iu tegami o ukemashita. Ima kappuru wa totemo shiawasede, akachan wa subayaku seichō shite imasu. Chōdo senjitsu, watashi wa kanojo ga kōkō ni ite totemo umaku yatte iru to itta kanojo kara no e mēru o uketorimashita. Watashi wa kappuru ni takusan no okane o ataete itanode, osoraku amarini mo tasuke raremashita.

Kēsu 4: Watashi no imōto wa doko ka no gakkō no senseideshitanode, watashi wa kanojo no shigoto kara sukoshi jikan o totte, eraba reta chiri-gaku no bun’ya no shūshi katei ni nyūgaku suru koto o susumemashita. Kanojo no MS no chokugo no kanojo no daigaku de no yori takai chii wa, kanojo ga watashi no adobaisu ni shitagattanode umaku owatta.

Jirei 5: Daigaku no watashi no dōkyūsei wa, tsuneni kurasu o sukippu shi, saishū-tekina shiken no tame ni junbi sa rete inakattadakara, aru hi, kare wa watashi ga itta yō ni, kare wa son’nani damasa rete shimattanode, kanarazu shippai surudeshou. Watashi wa yoru ni watashidachinouchi ni kite, issho ni benkyō shitanode, maiban yattekimashita.

Maitsuki, ka no naka ni suwatte iru maiban, watashitachiha-gai no pōchi ni tēbururanpu o mitsukete, isshōkenmei benkyō shimashita. Watashitachi wa yoi seiseki de issho ni sotsugyō shimashita.

Kēsu 6 : Watashi no ani wa watashinochichi to watashi ga kensetsu shita furui ie ni sunde imashitaga, nando mo kare ni iwanakereba naranakatta sore o baikyaku shi, derī ni idō shite, kare no yuiitsu no musume to mago no chikaku ni iru yō ni narimashita.Saishūtekini wa kare ga yatta kotodeari, totemo ureshiku omoimasu.

Kēsu 7: Watashitachi no musume wa konpyūta senmonka de, Kyanbera daigakude wa naku, IT ni kanren shite inai shigoto o mitsukemashita. Sore wa dochira ka to ieba chingin no takai shigotode mo arimasendeshita. Sorede, IT bumon no shigoto ga kanojo no raindeari, ōsutoraria no seifu kikan sū hyaku-ri no kōho-sha no uchi, kanojo wa watashi no hanashi o kiitanode, kanojo wa hontōni kanojo no shokugyō ni kagayaite ita. Sorede kotoba wa nanidesu ka? Sore wa kurejitto o ataeru ijō nou 6:mono ga arimasuga, kyatchi ga arimasu. Hitobito ga mimi o katamukete shitagau dake de nanika kachi ga arimasu. Jōki no 7tsu no kēsu de sore o kōkai shinakatta hito wa shōmei sa remasu.

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中