Historical Jesus and Mary Magdalene ( in Japanese)

歴史的イエスとマリア・マグダレーン

f71c95500d880e02c18fbf45bf065a22

Source : Google photo of a painting of Jesus and Mary Magdalene

カトリック教会は、教会がそれを教会の基盤にしているので、挑戦することができない特定の数の教義を厳格に守っています。 そのようなドグマの1つは、イエスが十字架で死んで数日後に天に昇るために昇ったということです。 もう一つは、彼は結婚しておらず、マリア・マクダレンは彼の弟子の一人であったということです。 これは、教会が助長する信仰のイエスです。

しかし、信仰のイエスと歴史的なイエスの間には一定の矛盾がありますので、私は今日この矛盾について議論します。

:(ジョナサン・ケープ。。。リンカーン、ヘンリー(1986)メシアレガシーロンドン;リー、リチャード・Baigent、マイケル本の中ですることによって救世主レガシーと呼ばれる ISBN 0-224-02185-0 マグダラのマリアことを、彼らは言及 売春婦ではなく、イエスと結婚した王室出身でした。 これは、エジプトと、イスラエルの死海の近くで見つかったナグ・ハマディとクムランのスクロールで見つかった福音書にも見出されました。 彼女は妊娠中に南部のフランスに避難しなければならず、後に貴族と結婚し、メロヴィングの王として長期間フランスを支配した息子を産んだ。

イエスの妻であるマリアは、自分の信者のために信者に受け入れられなかったので、彼女はイスラエルを離れなければなりませんでした。 十字架の上で死ぬことのないイエスは十字架の直後に彼に最も近い者によって倒され、彼は彼の傷を癒すために医学的援助を受けた洞窟に隠されていました。 ローマ人に見つかった場合、彼は今度は彼が死んでいることを確かめて、隠されていたでしょう。 だから、彼が十字架刑の後に再び登場したドグマは、技術的に真実です。 十字架につけられた人が血液や怪我で亡くなると何日もかかるが、ガードを追い払う雷と雷と雨がたくさんあったため、十字架刑後すぐにイエスが倒れた。 これも歴史的事実です。

彼の人生が危機に瀕していたので、イエスとメアリー(彼の母親)はイスラエルから秘密に奮起されたので、マリアの墓があるイラクを意味する東に向かって追随者の一部と歩き続けた。 それは彼女がそこで死んで埋葬されたことを意味する。 イエスキリストはその後、東へ歩き続け、何カ月もの旅の後にカシミールに到着しました。

イエスはSriNagarに落ち着いたと信じられています。そこでSriNagarは王女と結婚し、多くの子供を抱えていました。 SriNagarには教会があり、そこに埋葬されていると言われています。 この教会はイサ・マシハの教会と呼ばれ、イエス・キリストの教会を意味しています。 イエスの子孫は400世代の系譜記録を残して、イエスの子孫であることを証明しました。

私たちは今、彼の妻マリア・マグダレンが息子を産んで死んだ南フランスに戻りましょう。 彼女の名前(写真)には教会があり、巡礼者がたくさん訪れる埋葬された墓があります。

6692986895fbda78020faaf962b6a224 (1)

出典:フランスのマリア・マグダレーン教会のGoogle写真

ピレネー山脈のレンヌ・ル・シャトーのこの山村には、貧しい司祭が住んでいた荒廃した教会がありました。そしてある日、彼の教会を改築している間に、彼は見つけた羊皮紙の文書を見つけました。 羊皮紙の内容は非常に爆発的で、この文書はPrieury de Sionと呼ばれる秘密結社と取引され、貧しい父親が教会を改装するために使った膨大な金額(今日では約5,000万米ドル)を支払った追加の建物を完全に建設しました。 彼はどこで彼がそんなにお金を得たのか、誰かがそれほど多くのお金を払った文書にあったものを決して開示しなかった。 彼はこの謎をそのまま残して死んだ。

私はWikipediaでこのテーマで見つけたものをここにコピーして貼り付けます。

rennes-le-chateau_2

出典:フランスのレンヌ・シャトーのGoogleフォト

19世紀のフランスの司祭は、ピレネー山脈の山の村で数百万ポンドの幸運を盛り上げて、何百万ポンドを費やすことができる何かを発見します。 物語は埋葬された宝物から始まり、前例のない歴史的探偵物語に変わったようだ – 暗号化された羊皮紙、秘密結社、ナイツテンプル、12世紀と13世紀のCathar異端者、そして不明瞭な王朝フランスの王たちは1,300年以上前に退位した。 著者の結論は中核で説得力があり、物質的な富ではなく秘密です – 小さなピレネーの村から現代政治とキリスト教信仰全体に至るまで爆発的で議論の余地のある比例の秘密です。 それは聖杯よりも何も関係していません。

あなたがイエスについて知っていると思うことがすべて間違っていたらどうなりますか? 「聖血と聖杯」の続編では、マイケル・ベイジェントが真実を明らかにし、キリストが十字架に生き残ったかどうかなど、論争の的になる質問に取り組んでいます。

20年前、マイケル・ベイジェントとその同僚たちは、イエス・キリストとマリア・マグダレーンが結婚し、聖血統を創設したという論争の理論を世界に驚かせました。 彼のベストセラーの本「The Holy Blood and The Holy Grail」(共著者Henry LincolnとRichard Leigh)は国際的な出版現象となり、ダンブラウンの小説「The Da Vinci Code」のソースの1つとなった。 彼の後ろにさらに2年間の研究を重ねて、Baigentの「The Jesus Papers」は、イエスの生と死について知っているすべてに挑戦する爆発的な新しい証拠を提示しています。

•誰がイエスを援助し、召喚したのでしょうか、なぜですか?
イエスは十字架についた後どこへ行ったでしょうか?
•新約聖書の創造の裏にある真実は何ですか?
•真実を埋めるために働いているのは誰ですか?なぜですか?

過去20年以上にわたり、彼は細心の注意を払って調査され、場合によっては最初に発掘されたサイトに戻って、前に見たことのない多くの写真を含む、画期的な発見の詳細な説明を提供します。

レンヌ=ル=シャトーの謎で、Baigent、リーとリンカーンはの存在断定 秘密結社 として知られている シオン修道会 輝かしい1099年から始まる長い歴史を持っており、持っていたことになっている、 グランドマスターズ などの レオナルド・ダ・ヴィンチ イサクをニュートン 著者の主張によると、シオン修道会は、インストールに専念してい メロヴィング王朝 支配、 フランクスを フランスの王座とヨーロッパの残りの部分に、457から751までを。 また、作成していると言われている テンプル騎士団の 軍事腕や金融支店として。

著者は弱体化で、自分の関心に照らして一式文書の秘密を再解釈 ローマカトリック教会 のの制度読み取りユダヤ・キリスト教の 歴史を。 Plantardの(修道院デシオンの現在のグランドマスター)とは対照的に、初期 フランコIsraelist Merovingiansのみから降りたという主張 ベニヤミン族 、彼らはシオン修道会は、メロヴィング朝の保護と主張 dynastsを 、彼らは直系であるため、 歴史的イエスの子孫 そして、容疑の妻、 マグダラのマリアは 、さらに戻って王にさかのぼる デビッド 彼らによると、伝説の 聖杯は 同時にの胎内である 聖人 マグダラのマリアと神聖な 王室の血統 彼女はを出産した、と教会は、すべてこの血統の残党とその想定保護者を殺すことを試みた カタリ派 テンプル 、中ため 教皇 保持するために 、米国聖公会王位を 介して使徒継承 ピーター 今までされていることを恐れることなく、 強奪 によって 対立教皇 からの 遺伝連続 マグダラのマリア。

注:終わりのない戦いと戦うためにテンプル騎士団から膨大な金額を借りていたフランス人の王1人は、彼らをすべて秘密会議に招いて、彼の負債を整理したが、彼らはすべて暗殺された。 しかしいくつかのテンプル騎士団は、トラップを恐れて、まだ発見されていないどこかに彼らの膨大な富を隠していました。 多分Priory de Sionだけがそれについて知っているでしょう。

したがって著者たちは、シオン修道院の近代的な目標は以下の通りであると結論づけた。

著者らはまた、組み込まれた ユダヤ および 反フリーメーソン として知られている道 シオン賢者の議定書 が実際にシオン修道会のマスタープランに基づいていたと結論付け、彼らの話にします。 彼らはシオン賢者の議定書の公開バージョンが基になったオリジナルのテキストがとは何の関係もありませんでしたと主張することによって存在とシオン修道会の活動のための証拠の最も説得力のある作品としてそれを提示 ユダヤ教」または 国際ユダヤ人の陰謀 “それはから発行されたとして、 フリーメーソンのボディ 練習 スコットランドの儀式 単語組み込まれた「 シオンの 名前に”を。 パーBaigent 、テキストが公にリリースされるものではなく、の制御獲得のためのプログラムだったしなかった フリーメイソン によると、教会と国家浸潤し、再編成する戦略の一環として、 難解なキリスト教の 原則を。 皇帝の法廷での影響力獲得を試みて失敗した後、ロシアのニコライ2世が セルゲイNilusは 周りの難解なクリーク信用するために、1903年に炎症道を築くために、元のテキストを変更したことになっていた Papusを 彼らがいた暗示によって Judaeo、フリーメーソン陰謀 が、彼は、したがって公開で変わらなかったいくつかの難解なキリスト教の要素を、無視 ユダヤカナードを

出典:ウィキペディア

プロヴァンスのセント・マキシミンの大聖堂にある聖マリア教会の教会とその頭蓋骨が保存されている巡礼地は、現在マグダラ・マリアがイエスの妻であってそこに埋葬されていると信じられているため、

バチカンはそれを否定し、それがバチカンの教義に反するため真実ではないと言います。 新約聖書では、教会の説教と矛盾するので、エジプトや他の場所で見つかった多くの福音を除外していますが、そのような福音を詳しく調べた専門家は、福音書はオリジナルであると言います。

私はカシミールのイエスの物語が、バチカンによって否定されたが、カシミールのスリ・ナガールに教会があり、400世代の家系図があるので、どのように本物の物語なのかわからない。

歴史のイエスは、より人間的で親しみやすいように、私はそれが好きなように、イエスのさまざまな絵を描く古代の文書と人工物を発見し続けている聖書学者の間でかなりの関心を集めています。

イエス・キリストとマリア・マグダレーンは結婚し、聖血統を創設したという論争の理論を持っています。彼のベストセラーの本「The Holy Blood and The Holy Grail」(共著者Henry LincolnとRichard Leigh)は国際的な出版現象となり、ダンブラウンの小説「The Da Vinci Code」のソースの1つとなった。今、彼の後ろにさらに2つの研究がなされています.Biigentの「The Jesus Papers」は、イエスの生死に関するすべてのことに挑戦する爆発的な新しい証拠を提示します。

•新約聖書の創造の背後にある真理は何ですか?•真実を守るために働いているのは誰ですか?そしてなぜですか?過去20年以上にわたり、徹底的に探究し、学び、いくつかの例が最初に発掘された、Baigentは、これまでに見たことのない多くの写真を含む、画期的な発見の詳細な説明を提供しています。聖血と聖杯では、Baigent、Leigh、Lincolnは1099年に始まった長い歴史を持ち、Leonardo da VinciやIsaac Newtonを含む有名なグランドマスターを持っていたシオンの修道院。

著者の主張によると、シオンの修道院はフランクを457から751に統治したメロヴィング朝の王朝を、フランスとヨーロッパの残りの国に設置することに専念しています。また、騎士団を軍事部や財務部門として創設したとも言われています。著者たちは、ローマ・カトリック教会のユダヤ・キリスト教の歴史の制度的読解を傷つけるという彼ら自身の関心に照らして、書類の秘密を再解釈した。プラヤード(現在の大修道院議長)とは対照的に、最初のフランコ=イスラエル主義者は、メロヴィング人がベジャミン族から派生したと主張し、シオンの修道院はメロヴィング朝の王朝を保護すると主張したそして彼の主張された妻、マリア・マクダレンは、さらにダビデ王にまでさかのぼりました。

彼らによると、伝説の聖杯は聖マリア・マクダレンの子宮と彼女が出産した聖なる皇族の血縁であり、教会はこの血統のすべての残党と彼らの守護者であるCatharsとTemplarsを殺そうとしたピーターの使徒的な継承を通して教皇の王座を保持するための教皇のために、マリア・マグダレンの遺伝的継承からの反抗派に奪われてしまったことを恐れることなく命じる。ノート:決して終わらない戦いのためにテンプル騎士から膨大な金額を借りたフランスの王戦争は彼らをすべて秘密会議に招いて、彼の負債を整理したが、彼らはすべて暗殺された。

しかしいくつかのテンプル騎士団は、トラップを恐れて、まだ発見されていないどこかに彼らの膨大な富を隠していました。多分、Priory de Sionだけがそれについて知っているでしょう。したがって著者たちは、Sionの修道院の近代的な目標は次のようであると結論づけました:•Sigebert IVの墓と神社、そしてエルサレムの寺院の失われた財宝フランスでのメロヴィング朝の復興を促進するために、メロヴィング朝の王朝がダビデの行であることを証明する家系図が含まれていると思われる•騎士道の再制度化と汎欧州ナショナリズムの促進•神聖な「ヨーロッパの合衆国」の設立:ヨーロッパの王座と聖なる儀式の両方を占めるメロヴィング人大君主の帝国崇拝を通じて、政治的、宗教的に統一された聖なるヨーロッパの帝国。

•一党の欧州議会を通じてシオン侯爵宮殿に住むヨーロッパの実際のガバナンス。著者たちはまた、シオンの長老の議定書として知られているアンチエミティックと反メーソニックの綱領を彼らの物語に組み込み、実際にシオン修道院のマスタープランに基づいています。彼らはシオン長老の議定書の存在と活動に関する最も説得力のある証拠として、シオン長老の議定書の公表された版の元のテキストがユダヤ教や “スコットランドの儀式を練習しているフリーメーソンの団体から発行された “国際的なユダヤ人の陰謀”である。 Baigentらによれば、このテキストは一般に公表されることを意図したものではなく、難解なキリスト教原理に従って、教会と国家に侵入し再編する戦略の一環として、フリーメーソンの支配権を獲得するためのプログラムでした。

セルゲイ・ニルスは、ロシアのツァール・ニコラス2世の裁判所に影響を与えようとする試みが失敗した後、1903年に、元の文章を改変して、ユダヤ・フリーメーソンであることを暗示してパプス周辺の難民を信用しないようにしたしかし、彼はいくつかの難解なキリスト教の要素を無視しました。したがって、出版された害虫駆除のカナードには変わりがありません。

出典:Wikipedia教会とgr 彼女の頭蓋骨が保存されているプロヴァンスの聖マキシミニ大聖堂にあるマグダラの聖母は、現在マグダラ・マリアがイエスの妻であってそこに埋葬されていると信じているため、無数の人々が毎年訪れる巡礼地です。

st_maximin_basilique_marie_madeleine_side_provence

出典:フランスのサン・マキシミン大聖堂のGoogle写真出所:フランスのサン・マキシミン大聖堂のマリア・マグダレン墓地のGoogle写真出所:

marymagdaleneburialsite

聖マリア大聖堂の頭蓋骨のGoogle写真フランスのプロヴァンスにあるMaximin la St Baumeバチカンはそれを否定し、バチカンの教義に反するため真実ではないと言います。新約聖書では、教会の説教と矛盾するので、エジプトや他の場所で見つかった多くの福音を除外していますが、そのような福音を詳しく調べた専門家は、福音書はオリジナルであると言います。

mary-magdalene-skull-reliquary

カシミールのイエス・キリストの物語は、バチカンによって欺かれているが、カシミールのスリ・ナガールに教会があり、400世代の家系図があるので、私は本当のことを知らない。聖書学者たち彼は古代の文書や人工物を引き続き発見して、イエスのさまざまな絵を描き、人間をより人間に近づけるようにしています。

Rekishi-teki iesu to Maria magudarēn Katorikku kyōkai wa, kyōkai ga sore o kyōkai no kiso to suru tame, chōsen suru koto ga dekinai ikutsu ka no kyōgi o genkaku ni mamotte imasu. So no yōna doguma no 1tsu wa, iesu ga jūjika de shinde sūjitsugo ni ten ni noboru tame ni nobotta to iu kotodesu. Mōhitotsu wa, kare wa kekkon shite orazu, Maria makudaren wa kare no deshi no hitorideatta to iu kotodesu.

Kore wa, kyōkai ga jochō suru shinkō no iesudesu. Shikashi, shinkō no iesu to rekishi-tekina iesu to no ma ni wa ikutsu ka no sōi ga arimasunode, watashi wa kyō kono mujun ni tsuite giron shimasuga, kyōgi wa shinkō to rekishi ni kanren shite irunode kyōgi ga nokorunode nani mo kawaranai nodesu. Rondon no Jonasan kēpu (ISBN 0 – 224 – 02185 – 0) nado wa, Maria magudarēn (Maria makudaren baishunpude wa naku, iesu to kekkon shita ōshitsu shusshindeshita.

Kore wa, Ejiputo to, Isuraeru no Shikai no chikaku de mitsukatta Nagu hamadi to kumuran no sukurōru de mitsukatta fukuonsho ni mo miidasa remashita. Kanojo wa ninshin-chū ni nanbu no Furansu ni hinan shinakereba narazu,-go ni kizoku to kekkon shi, merovu~ingu no ō to shite chōkikan Furansu o shihai shita musuko o unda. Iesu no tsumadearu Maria wa, jibun no shinja no tame ni shinja ni ukeire rarenakattanode, kanojo wa Isuraeru o hanarenakereba narimasendeshita.

Jūjika no ue de shinu koto no nai iesu wa jūjika no chokugo ni kare ni mottomo chikai mono ni yotte taosa re, kare wa kare no kizu o iyasu tame ni igaku-teki enjo o uketa dōkutsu ni kakusa rete imashita. Rōma hito ni mitsukatta baai, kare wa kondo wa kare ga shinde iru koto o tashikamete, kakusa rete itadeshou. Dakara, kare ga jūjika-kei no nochi ni futatabi tōjō shita doguma wa, gijutsu-teki ni shinjitsudesu. Jūjika ni tsuke rareta hito ga ketsueki ya kega de nakunaru to nan’nichi mo kakaruga, gādo o oiharau kaminari to kaminari to ame ga takusan atta tame, 十字架刑後 Sugu ni iesu ga taoreta. Kore mo rekishi-teki jijitsudesu.

Kare no jinsei ga kiki ni hin shite itanode, iesu to mearī (kare no hahaoya) wa Isuraeru kara himitsu ni funki sa retanode, Maria no haka ga aru Iraku o imi suru azuma ni mukatte tsuizui-sha no ichibu to aruki tsudzuketa. Sore wa kanojo ga soko de shinde maisō sa reta koto o imi suru. Iesukirisuto wa sonogo, azuma e aruki tsudzuke, nan-kagetsu mo no tabi no nochi ni kashimīru ni tōchaku shimashita. Iesu wa SriNagar ni ochitsuita to shinji rarete imasu.

Sokode SriNagar wa ōjo to kekkon shi, ōku no kodomo o kakaete imashita. SriNagar ni wa kyōkai ga ari, soko ni maisō sa rete iru to iwa rete imasu. Kono kyōkai wa Isa mashiha no kyōkai to yoba re, iesu Kirisuto no kyōkai o imi shite imasu. Iesu no shison wa 400 sedai no keifu kiroku o nokoshite, iesu no shisondearu koto o shōmei shimashita. Watashitachi wa ima, kare no tsuma Maria magudaren ga musuko o unde shinda minamifuransu ni modorimashou.

Kanojo no namae (shashin) ni wa kyōkai ga ari, junrei-sha ga takusan otozureru maisō sa reta haka ga arimasu.   Shutten: Furansu no Maria magudarēn kyōkai no gūguru shashin pirenē sanmyaku ni aru ren’nu ru shatō no kono sanson ni wa, mazushī shisai ga sunde ita kōhaishita kyōkai ga arimashita. Soshite aru Ni~Tsu, kyōkai o kaisō shite iru ma ni, kare ga mitsuketa yōhishi no bunsho o mitsukemashita. Yōhishi no naiyō wa hijō ni bakuhatsu-tekide, kono bunsho wa Prieury de Sion to yoba reru himitsu kessha de torihiki sa re, mazushī chichioya ga kyōkai o kaisō suru tame ni tsukatta bōdaina kingaku (kyōde wa yaku 5, 000 man amerikadoru) o shiharatta tsuika no tatemono o kanzen ni kensetsu shimashita.

Kare wa doko de kare ga son’nani okane o eta no ka, dareka ga sorehodo ōku no okane o haratta bunsho ni atta mono o kesshite kaiji shinakatta. Kare wa kono nazo o sonomama nokoshite shinda. Watashi wa u~ikipedia de kono tēma de mitsuketa mono o koko ni kopī shite hari tsukemasu.    Shutten: Furansu no ren’nu shatō no gūguru foto 19 seiki no Furansu no shisai wa, pirenē sanmyaku no yama no mura de sū hyaku man-pondo no kōun o moriagete, nan hyaku man pondo o tsuiyasu koto ga dekiru nanika o hakken shimasu.

Monogatari wa maisō sa reta takaramono kara hajimari, zenrei no nai rekishi-teki tantei monogatari ni kawatta yōda – angō-ka sa reta yōhishi, himitsu kessha, naitsutenpuru, 12 seiki to 13 seiki no Cathar ikyōto, soshite fumeiryōna ōchō furansuno-ō-tachi wa 1, 300-nen ijō mae ni taii shita. Chosha no ketsuron wa chūkaku de settoku-ryoku ga ari, busshitsu-tekina tomide wanaku himitsudesu – chīsana pirenē no mura kara gendai seiji to kirisutokyō shinkō zentai ni itaru made bakuhatsu-tekide giron no yochi no aru hirei no himitsudesu. Sore wa seihai yori mo nani mo kankei shite imasen.

Anata ga iesu ni tsuite shitte iru to omou koto ga subete machigatte itara dō narimasu ka? `Sei chi to seihai’ no zokuhende wa, Maikeru beijento ga shinjitsu o akiraka ni shi, Kirisuto ga jūjika ni ikinokotta ka dō ka nado, ronsō no-teki ni naru shitsumon ni torikunde imasu. 20-Nen mae no Maikeru beijento to kare no dōryō-tachi wa,Iesu Kirisuto to Maria magudarēn wa kekkon shi, Sei kettō o sōsetsu shita to iu ronsō no riron o motte imasu. Kare no besutoserā no hon `The Holy Blood ando The Holy Grail'(kyōcho-sha Henry rinkān to richādo Leigh) wa kokusai-tekina shuppan genshō to nari, danburaun no shōsetsu `The Da vu~inchi Code’ no sōsu no 1tsu to natta.

Ima, kare no ushiro ni sarani 2tsu no kenkyū ga nasa rete imasu. Biigent no `The iezusu Papers’ wa, iesu no seishi ni kansuru subete no koto ni chōsen suru bakuhatsu-tekina atarashī shōko o teiji shimasu. • Shin’yaku seisho no sōzō no haigo ni aru shinri wa nandesuka?• Shinjitsu o mamoru tame ni hataraite iru no wa daredesu ka? Soshite nazedesu ka? Kako 20-nen ijō ni watari, tetteiteki ni tankyū shi, manabi, ikutsu ka no rei ga saisho ni hakkutsu sa reta, Baigent wa, kore made ni mita koto no nai ōku no shashin o fukumu, kakkitekina hakken no shōsaina setsumei o teikyō shite imasu.

Sei chi to seihaide wa, Baigent, Leigh, rinkān wa 1099-nen ni hajimatta nagai rekishi o mochi, reonarudodavu~inchi ya aizakku nyūton o fukumu yūmeina gurandomasutā o motte ita shion no shūdōin. Chosha no shuchō ni yoru to, shion no shūdōin wa furanku o 457 kara 751 ni tōchi shita merovu~ingu asa no ōchō o, Furansu to yōroppa no nokori no kuni ni setchi suru koto ni sen’nen shite imasu. Mata, kishi-dan o gunji-bu ya zaimu bumon to shite sōsetsu shita to mo iwa rete imasu.

Chosha-tachi wa, rōma Katorikku kyōkai no Yudaya kirisutokyō no rekishi no seido-teki dokkai o kizutsukeru to iu karera jishin no kanshin ni terashite, shorui no himitsu o sai kaishaku shita. Purayādo (genzai no dai shūdōin gichō) to wa taishō-teki ni, saisho no Furanko = Isuraeru shugi-sha wa, merovu~ingu hito ga bejamin-zoku kara hasei shita to shuchō shi, shion no shūdōin wa merovu~ingu asa no ōchō o hogo suru to shuchō shita soshite kare no shuchō sa reta tsuma, Maria makudaren wa, sarani dabide-ō ni made sakanoborimashita.

Karera ni yoru to, densetsu no seihai wa hijirimaria makudaren no shikyū to kanojo ga shussan shita seinaru kōzoku no ketsuendeari, kyōkai wa kono kettō no subete no zantō to karera no gādiandearu Cathars to Templars o korosou to shita pītā no shito-tekina keishō o tōshite kyōkō no ōza o hoji suru tame no kyōkō no tame ni, Maria magudaren no iden-teki keishō kara no hankō-ha ni ubawa rete shimatta koto o osoreru koto naku meijiru. Nōto: Kesshite owaranai tatakai no tame ni tenpuru kishi kara bōdaina kingaku o karita Furansu no ō sensō wa karera o subete himitsu kaigi ni maneite, kare no fusai o seiri shitaga, karera wa subete ansatsu sa reta.

Shikashi ikutsu ka no tenpuru kishi-dan wa, torappu o osorete, mada hakken sa rete inai doko ka ni karera no bōdaina tomi o kakushite imashita. Tabun, Priory de Sion dake ga sore ni tsuite shitte irudeshou. Shitagatte chosha-tachi wa, Sion no shūdōin no kindai-tekina mokuhyō wa tsugi no yōdearu to ketsurondzukemashita:• Sigebert IV no haka to jinja, soshite Erusaremu no jiin no ushinawareta zaihō Furansu de no merovu~ingu asa no fukkō o sokushin suru tame ni, merovu~ingu asa no ōchō ga dabide no gyōdearu koto o shōmei suru kakei-zu ga fukuma rete iru to omowa reru• kishi-dō no sai seido-ka to han’ōshū nashonarizumu no sokushin• shinseina `yōroppa no gasshūkoku’ no setsuritsu:

Yōroppa no ōza to seinaru gishiki no ryōhō o shimeru merovu~ingu hito dai kunshu no teikoku sūhai o tsūjite, seidjiteki, shūkyō-teki ni tōitsu sa reta seinaru yōroppa no teikoku. • Ittō no Ōshū gikai o tsūjite shion kōshaku kyūden ni sumu yōroppa no jissai no gabanansu. Chosha-tachi wa mata, shion no chōrō no gitei-sho to shite shira rete iru anchiemitikku to han mēsonikku no kōryō o karera no monogatari ni kumikomi, jissai ni shion shūdōin no masutāpuran ni motodzuite imasu.

Karera wa shion chōrō no gitei-sho no sonzai to katsudō ni kansuru mottomo settoku-ryoku no aru shōko to shite, shion chōrō no gitei-sho no kōhyō sa reta han no gen no tekisuto ga Yudaya kyō ya” Sukottorando no gishiki o renshū shite iru furīmēson no dantai kara hakkō sa reta” kokusai-tekina yudayahito no inbō”dearu. Baigent-ra ni yoreba, kono tekisuto wa ippan ni kōhyō sa reru koto o ito shita monode wa naku, nankaina kirisutokyō genri ni shitagatte, kyōkai to kokka ni shin’nyū shi saihen suru senryaku no ikkan to shite, furīmēson no shihai-ken o kakutoku suru tame no puroguramudeshita.

Serugei Nirusu wa, Roshia no tsu~āru nikorasu 2-sei no saibansho ni eikyō o ataeyou to suru kokoromi ga shippaishita-go, 1903-nen ni,-moto no bunshō o kaihen shite, Yudaya furīmēsondearu koto o anji shite papusu shūhen no nanmin o shin’yōshinai-yō ni shita shikashi, kare wa ikutsu ka no nankaina kirisutokyō no yōso o mushi shimashita. Shitagatte, shuppan sa reta gaichū kujo no kanādo ni wa kawari ga arimasen.

Shutten: U~ikipedia kyōkai to grKanojo no zugaikotsu ga hozon sa rete iru Purovu~Ansu no hijiri makishimini taiseidō ni aru magudara no seibo wa, genzai magudara Maria ga iesu no tsumadeatte soko ni maisō sa rete iru to shinjite iru tame, musū no hitobito ga maitoshi otozureru junrei-chidesu.

Shutten: Furansu no san makishimin taiseidō no gūguru shashin shussho: Furansu no san makishimin taiseidō no Maria magudaren bochi no gūguru shashin shussho: Hijirimaria taiseidō no zugaikotsu no gūguru shashin Furansu no Purovu~Ansu ni aru Maximin la St Baume Bachikan wa sore o hitei shi, Bachikan no kyōgi ni hansuru tame shinjitsude wa nai to iimasu. Shin’yaku seishode wa, kyōkai no sekkyō to mujun surunode, Ejiputo ya hoka no basho de mitsukatta ōku no fukuin o jogai shite imasuga, sono yōna fukuin o kuwashiku shirabeta senmonka wa, fukuonsho wa orijinarudearu to iimasu.

Kashimīru no iesu Kirisuto no monogatari wa, Bachikan ni yotte azamuka rete iruga, kashimīru no suri nagāru ni kyōkai ga ari, 400 sedai no kakei-zu ga aru node, watashi wa hontō no koto o shiranai. Seisho gakusha-tachi kare wa kodai no bunsho ya jinkō-mono o hikitsudzuki hakken shite, iesu no samazamana e o kaki, ningen o yori ningen ni chikadzukeru yō ni shite imasu.

著者:aumolc

私は友好的で、教育を受けており、よく旅し、実践的で、アイデアを開いて、自由思想家であり、伝統と盲目的信念に縛られていません。

Chosha: Aumolc watashi wa yūkō-tekide, kyōiku o ukete ori, yoku tabi shi, jissen-tekide, aidea o aite, jiyū shisōkadeari, dentō to mōmokuteki shin’nen ni shibara rete imasen.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“Historical Jesus and Mary Magdalene ( in Japanese)” への 4 件のフィードバック

  1. Howdy! I know this is kinda off topic however
    I’d figured I’d ask. Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog article or
    vice-versa? My site goes over a lot of the same
    subjects as yours and I feel we could greatly benefit from each other.

    If you’re interested feel free to shoot me an e-mail.
    I look forward to hearing from you! Superb blog by the way! https://En.Wikipedia.org/wiki/Gran_Canaria/074/9

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中