I am the village bard ( in Japanese)

私は村の詩人です

202e04fb6c18d4bcaa73b69b9e67d0ceある世代から次世代に伝承された伝説の口承伝承を通じて、歴史を学ぶ時がありました。それは彼らが物語を記録するための書かれた言葉を持っていなかったのでそうだった。すべての物語を知っていて、彼らに伝えるのが好きな人は、村の木の下で若者を集め、彼の好奇心を彼に伝えるだけの物語で満たしてくれる村の詩人でした。

外の世界がアフリカで孤立した村に侵入していなかったため、人々は孤独に暮らし、外界に気づいていない時がありました。それは、白人宣教師Dr.Livingstoneやその他の多くの人々がアフリカの未知の部分を探検し、白人を見たことがない彼らの文化、伝統、習慣に富んだ偉大な人々を発見した1800年代初めに変わるだろう。

確かに長い間ビジネスに携わっていたアラブの奴隷商人がいたが、彼らはネイティブの人々を野蛮人とみなし、良い価格でどこかに売る奴隷としてしか考えなかった。彼らはネイティブを非常に厳しく扱いました。彼らは素晴らしい文化や伝統を持つことができないと信じなかったので、彼らの歴史と文化を学ぶことに興味がありませんでした。
黒人のアフリカ人は偉大な伝統を持ち、かつてはジンバブエとして知られている伝説の王国の支配者であり、壮大な宮殿の古代遺跡がまだ見られる。

現在ウガンダにあるムテア王国を見た白人宣教師たちは、そこに住む部族の精巧さに驚いて、細かく編まれた服や革のサンダルを着ていました。宮殿と家は非常によく建設されていて美しい人や無神論者が迷信や無知に酔いしれていると考えられていました。
しかし、彼らは彼らの過去の栄光と業績の話を伝えた村の詩人のおかげで無知ではありませんでした。なぜなら彼らは自分の書かれた言葉を持たず、外界から孤立して住んでいたからです。
ネイティブアメリカンも偉大なストーリーテラーでした。彼は自分自身が以前の世代から聞いた彼の物語で聴衆を魅了する非常に尊敬された老人でした。彼らはまた、多くの場合、それらの情報の唯一の情報源であったので、彼らが高く評価した革の人々の絵の歴史を作った。
彼らは、彼らが発達したときに、より多くの物語を加えることによって絵の歴史を豊かにしました。現在絶滅している他の文化では、数千年前に洞窟の壁に描かれた幻想的な芸術を残した人々が、歴史や物語を記録しています。

これらの芸術は、石の顔や洞窟の中の洞窟で見ることができます。オーストラリアのネイティブ・オーストラリア人には聖書の言葉を使わないため、伝説の言葉を書いていないため歴史を存分に伝えています。

何世紀も前に南アフリカ島を離れ、自宅でハワイに上陸した新しい家を探していた島の人々は、ダグアウト・カヌーを作り、白人宣教師たちが熱心に見つけた天気ナビゲーションの知識と知恵だけで海洋の広大な距離を航行しました信じる。
しかし彼らにも、彼らの先祖がハワイに向かう方向に星を追いかける遠い島からどのように来たのか、若者に教えてくれるストーリーテリングの伝統がありました。
だから、すべての社会において、口語伝承の口承伝承は、彼らが次世代に伝えた栄光の歴史を守る唯一の方法であったために発展しました。

マヤ、インカ、アステカはストーリーテラーも持っていましたが、彼らはまた、象牙文字の石の上に彼らの物語を彫刻することにも頼っていました。いくつかの人類学者は、 。
ローマ人とギリシャ人は、古くから彼らの言語を使ってかなり洗練されていて、彫像などの形で後世のために石で書きましたが、人口の大多数は読み書き方法を知らなかったその時彼らは歴史を知るためにバードに耳を傾けた。

ヨーロッパやその他の地域の大衆の教育は、動くタイプが発明されてから紙に印刷することが容易になり、大衆を教育するために大量生産されたが、それは1800年代にのみ起こった。その前には、人々はアフリカ人と同じように文盲であったため、ヨーロッパではバードを語る口述が見つかった。

エジプト人は、バラモン人が聖文を独占し、残りの人口が意図的に識字されないように、エリートへの教育をインドのように保ちました。彼らは、共通の人々の教育と識字率が、彼らのうちのいくつかをトラブルメーカーにしたと理解した。
同じ事が中国で起こったのは、エリートだけが中国語のアルファベットを学ぶことができ、

彼らの物語や歴史を記録するために書記官としての宮殿ではなく、一般の人々はそれから守られました。公立学校と強制学習プロセスを通して大衆の教育が行われました。アルファベットと読み取り。バグダッド・ハローン・アル・ラシッドのカリファは、学んだ人々に、金と絹の豪華な贈り物と、紋章とロイヤル・シールで羊皮紙に書かれた安全な贈り物を与え、どこにでも盗人に虐待されることのないように賞賛しました。当時、本は手書きで書かれており、しばしばギリシャ語、ラテン語、エジプト語から細かくコピーされ、その後アラビア語に翻訳されました。

このような書き起こしは非常に賞賛され、中東のアレクサンドリアと王国の裁判所の図書館の棚を飾っていました。サンスクリット語が書かれたインドでは、何千年も前に世界の残りの国々が調査される聖書が書かれましたバラモン人が専ら手紙を書きました。洗練さと創意工夫を凝らして、エジプト人が手のひら葉を使って、しばらくして脆くなってしまう方法を示すまで、紙を作る方法は知らなかった。南インドの寺院や宮殿で何千ものヤシの葉の書類が見られ、悪化した状態に保たれています。だから私は、大衆教育が根絶していない世界のいくつかの地域でこの伝統を続けているが、彼らの日々は数えられていると思われる虐殺者と呼ばれる村の伝記師の伝統に戻ってきます。

ヨーロッパの教育者は、ラテンアルファベットを導入してベトナムの一般的な人々に教育を提供し、ベトナム語を学ぶのが容易になりました。以前使っていた漢字は習得が難しかった。日本人でも英語やラテン文字を使って日本語を書いていても、外国人でもそれに追随して学びやすい。しかし、世界の多くの地域言語は口頭で書かれていないので、宣教師は人々のために書かれた言葉を開発し、自分の言語で聖書を読むことができます。彼らの動機は異教徒をキリスト教に改宗しようとする純粋に宗教的ですが、おそらく書かれた言葉は、アマゾンやボルネオの部族に有益な変更をもたらすことができます。

正直なところ、インドでは、Alha Udalの話を聞いていましたが、彼らは愛する人を守るために命を捧げたほど勇敢だった2人の子供たちでした。バードは何世代にもわたって彼らの話を歌いましたが、時代は変わっています。今、子供たちは学校の本にない限り、その物語を知らない。私たちは、英国と戦って死んだJhansiの女王の名誉で歌われた歌のラインを覚えていましたが、現在は子供たちはそれを知らないのです。村の馬師は、子供たちにそのような歌を歌い、Alha-Udalまたは女王様はJhansiの女王ですが、残念ながらバッドはどこでも消えています。現在は大量の識字率があり、政府は村や町に新しい学校を建設し、学生に無料の食事、無料の自転車、無料の本を提供します。

screen-shot-2014-02-04-at-11-17-41-pm (1)学校。女の子は今や多数の学校に通って大学卒業生になり、いい仕事をします。あなたが非常に貧しい国であるハイチに行くと、美しい学校制服を着た数百人の子供たちが学校に通うことになります。しかし、大衆教育は料金がかかります。独裁的な支配者が勝つ国では、作家に教科書に何を書くべきか、何を省略すべきかを伝える。これはいつもそうだったし、今後も継続するのではないかと懸念している。

バードは記憶だけに依存していたので、彼らは変更や追加なしで記憶していたような話をしましたが、今や歴史は真実を抑圧し、彼らに有利なものだけを教えたい人々によって書かれています。村のバードが消えるのを見てください。本の中の何かを読むのは一つのことであり、バオバブの木の下のバードから過去の栄光と偉大な出来事についての話を聞くことです。私が西アフリカのマリにいる時、私は座って村のキャンプを楽しんでいました朝の午前中まで火を吹き、バードのダンスを見てみんなで楽しいギターを弾いてみましょう。バオバブは1000年以上も生きていますが、バードは生きられません。

 

Watashi wa mura no shijindesu   aru sedai kara jisedai ni denshō sa reta densetsu no kōshō denshō o tsūjite, rekishi o manabu toki ga arimashita. Sore wa karera ga monogatari o kiroku suru tame no kaka reta kotoba o motte inakattanode sōdatta. Subete no monogatari o shitte ite, karera ni tsutaeru no ga sukinahito wa, mura no konoshita de wakamono o atsume, kare no kōkishin o kare ni tsutaeru dake no monogatari de mitashite kureru mura no shijindeshita.

Soto no sekai ga Afurika de koritsu shita mura ni shin’nyū shite inakatta tame, hitobito wa kodoku ni kurashi, gaikai ni kidzuite inai toki ga arimashita. Sore wa, hakujin senkyōshi Dr. Livingstone ya sonohoka no ōku no hitobito ga Afurika no michi no bubun o tanken shi, hakujin o mita koto ga nai karera no bunka, dentō, shūkan ni tonda idaina hitobito o hakken shita 1800-nendai hajime ni kawarudarou.

Tashika ni nagaiai bijinesu ni tazusawatte ita Arabu no dorei shōnin ga itaga, karera wa neitibu no hitobito o yaban hito to minashi, yoi kakaku de doko ka ni uru dorei to shite shika kangaenakatta. Karera wa neitibu o hijō ni kibishiku atsukaimashita. Karera wa subarashī bunka ya dentō o motsu koto ga dekinai to shinjinakattanode, karera no rekishi to bunka o manabu koto ni kyōmi ga arimasendeshita.

Kokujin no Afurika hito wa idaina dentō o mochi, katsute wa Jinbabue to shite shira rete iru densetsu no ōkoku no shihai-shadeari, sōdaina kyūden no kodai iseki ga mada mi rareru. Genzai Uganda ni aru mutea ōkoku o mita hakujin senkyōshi-tachi wa, soko ni sumu buzoku no seikō-sa ni odoroite, komakaku ama reta fuku ya kawa no sandaru o kite imashita. Kyūden to ie wa hijō ni yoku kensetsu sa rete ite utsukushī hito ya mushinronsha ga meishin ya muchi ni yoishirete iru to kangae rarete imashita.

Shikashi, karera wa karera no kako no eikō to gyōseki no hanashi o tsutaeta mura no shijin no okage de muchide wa arimasendeshita. Nazenara karera wa jibun no kaka reta kotoba o motazu, gaikai kara koritsu shite sunde itakaradesu. Neitibuamerikan mo idaina sutōrīterādeshita. Kare wa jibun jishin ga izen no sedai kara kiita kare no monogatari de chōshū o miryō suru hijō ni sonkei sa reta rōjindeshita. Karera wa mata, ōku no baai, sorera no jōhō no yuiitsu no jōhō-gendeattanode, karera ga takaku hyōka shita kawa no hitobito no e no rekishi o tsukutta.

Karera wa, karera ga hattatsu shita toki ni, yori ōku no monogatari o kuwaeru koto ni yotte e no rekishi o yutaka ni shimashita. Genzai zetsumetsu shite iru ta no bunkade wa, sūsen’nenmae ni dōkutsu no kabe ni egaka reta gensō-tekina geijutsu o nokoshita hitobito ga, rekishi ya monogatari o kiroku shite imasu. Korera no geijutsu wa, ishinokanbase ya dōkutsu no naka no dōkutsu de miru koto ga dekimasu. Ōsutoraria no neitibu ōsutoraria hito ni wa seisho no kotoba o tsukawanai tame, densetsu no kotoba o kaite inai tame rekishi o zonbun ni tsutaete imasu.

Nanseiki mo mae ni Minamiafurika shima o hanare, jitaku de Hawai ni jōriku shita atarashī ie o sagashite ita shima no hitobito wa, daguauto kanū o tsukuri, hakujin senkyōshi-tachi ga nesshin ni mitsuketa tenki nabigēshon no chishiki to chie dake de kaiyō no kōdaina kyori o kōkō shimashita shinjiru. Shikashi karera ni mo, karera no senzo ga Hawai ni mukau hōkō ni hoshi o oikakeru tōi shima kara dono yō ni kita no ka, wakamono ni oshietekureru sutōrīteringu no dentō ga arimashita. Dakara, subete no shakai ni oite, kōgo denshō no kōshō denshō wa, karera ga jisedai ni tsutaeta eikō no rekishi o mamoru yuiitsu no hōhōdeatta tame ni hatten shimashita.

Maya, inka, asuteka wa sutōrīterā mo motte imashitaga, karera wa mata, zōge moji no ishi no ue ni karera no monogatari o chōkoku suru koto ni mo tayotte imashita. Ikutsu ka no jinrui gakusha wa,. Rōma hito to girishahito wa, furuku kara karera no gengo o tsukatte kanari senren sa rete ite, chōzō nado no katachi de kōsei no tame ni ishi de kakimashita ga, jinkō no dai tasū wa yomikaki hōhō o shiranakatta sonotoki karera wa rekishi o shiru tame ni bādo ni mimi o katamuketa.

Yōroppa ya sonohoka no chiiki no taishū no kyōiku wa, ugoku taipu ga hatsumei sa rete kara kami ni insatsu suru koto ga yōi ni nari, taishū o kyōiku suru tame ni tairyō seisan sa retaga, sore wa 1800-nendai ni nomi okotta. Sono zen ni wa, hitobito wa Afurika hito to onajiyōni monmōdeatta tame, yōroppade wa bādo o kataru kōjutsu ga mitsukatta. Ejiputo hito wa, baramon hito ga Sei bun o dokusen shi, nokori no jinkō ga itotekini shikiji sa renai yō ni, erīto e no kyōiku o Indo no yō ni tamochimashita. Karera wa, kyōtsū no hitobito no kyōiku to shikiji-ritsu ga, karera no uchi no ikutsu ka o toraburumēkā ni shita to rikai shita.

Onaji koto ga Chūgoku de okotta no wa, erīto dake ga chūgokugo no arufabetto o manabu koto ga deki,Karera no monogatari ya rekishi o kiroku suru tame ni shokikan to shite no kyūdende wa naku, ippan no hitobito wa sore kara mamora remashita. Kōritsu gakkō to kyōsei gakushū purosesu o tōshite taishū no kyōiku ga okonawa remashita. Arufabetto to yomitori. Bagudaddo harōn Aru rashiddo no karifa wa, mananda hitobito ni,-kin to kinu no gōkana okurimono to, monshō to roiyaru shīru de yōhishi ni kaka reta anzen’na okurimono o atae, dokoni demo nusutto ni gyakutai sa reru koto no nai yō ni shōsan shimashita.

Tōji, hon wa tegaki de kaka rete ori, shibashiba Girisha-go, ratengo, Ejiputo-go kara komakaku kopī sa re, sonogo Arabia-go ni hon’yaku sa remashita. Ko no yōna kaki okoshi wa hijō ni shōsan sa re, Chūtō no Arekusandoria to ōkoku no saibansho no toshokan no tana o kazatte imashita. Sansukuritto-go ga kaka reta Indode wa, nanzen’nen mo mae ni sekai no nokori no kuniguni ga chōsa sa reru seisho ga kaka remashita baramon hito ga moppara tegami o kakimashita. Senren-sa to sōi kufū o korashite, Ejiputo hito ga tenohira ha o tsukatte, shibaraku shite moroku natte shimau hōhō o shimesu made,-shi o tsukuru hōhō wa shiranakatta. Minamiindo no jiin ya kyūden de nan sen mo no yashi no ha no shorui ga mi rare, akka shita jōtai ni tamota rete imasu.

Dakara watashi wa, taishū kyōiku ga konzetsu shite inai sekai no ikutsu ka no chiiki de kono dentō o tsudzukete iruga, karera no hibi wa kazoe rarete iru to omowa reru gyakusatsu-sha to yoba reru mura no denki-shi no dentō ni modotte kimasu. Yōroppa no kyōiku-sha wa, raten’arufabetto o dōnyū shite Betonamu no ippantekina hitobito ni kyōiku o teikyō shi, Betonamu-go o manabu no ga yōi ni narimashita. Izen tsukatte ita kanji wa shūtoku ga muzukashikatta.

Nihonjin demo eigo ya raten moji o tsukatte nihongo o kaite ite mo, gaikoku hito demo sore ni tsuizui shite manabi yasui. Shikashi, sekai no ōku no chiiki gengo wa kōtō de kaka rete inainode, senkyōshi wa hitobito no tame ni kaka reta kotoba o kaihatsu shi, jibun no gengo de seisho o yomu koto ga dekimasu. Karera no dōki wa ikyōto o kirisutokyō ni kaishū shiyou to suru junsui ni shūkyō-tekidesuga, osoraku kaka reta kotoba wa, amazon ya Boruneo no buzoku ni yūekina henkō o motarasu koto ga dekimasu.

Shōjikina tokoro, Indode wa, Alha Udal no hanashi o kiite imashitaga, karera wa aisuruhito o mamoru tame ni inochi o sasageta hodo yūkandatta 2-ri no kodomo-tachideshita. Bādo wa nansedai ni mo watatte karera no hanashi o utaimashitaga, jidai wa kawatte imasu. Ima, kodomo-tachi wa gakkō no hon ni nai kagiri, sono monogatari o shiranai. Watashitachiha, Igirisu to tatakatte shinda Jhansi no joō no meiyo de utawa reta uta no rain o oboete imashitaga, genzai wa kodomo-tachi wa sore o shiranai nodesu. Mura no uma-shi wa, kodomo-tachi ni sono yōna uta o utai, Alha – Udal matawa joō-sama wa Jhansi no joōdesuga, zan’nen’nagara baddo wa doko demo kiete imasu.

Genzai wa tairyō no shikiji-ritsu ga ari, seifu wa mura ya machi ni atarashī gakkō o kensetsu shi, gakusei ni muryō no shokuji, muryō no jitensha, muryō no hon o teikyō shimasu. Gakkō. On’nanoko wa imaya tasū no gakkō ni tōtte daigaku sotsugyōsei ni nari, ī shigoto o shimasu. Anata ga hijō ni mazushī kunidearu Haichi ni iku to, utsukushī gakkō seifuku o kita sū hyaku-ri no kodomo-tachi ga gakkō ni kayou koto ni narimasu. Shikashi, taishū kyōiku wa ryōkin ga kakarimasu.

Dokusai-tekina shihai-sha ga katsu kunide wa, sakka ni kyōkasho ni nani o kakubeki ka, nani o shscreen-shot-2014-02-04-at-11-17-41-pm (1)ōryaku subeki ka o tsutaeru. Kore wa itsumo sōdattashi, kongo mo keizoku suru node wanai ka to kenen shite iru. Bādo wa kioku dake ni izon shite itanode, karera wa henkō ya tsuika nashi de kioku shite ita yōna hanashi o shimashitaga, imaya rekishi wa shinjitsu o yokuatsu shi, karera ni yūrina mono dake o oshietai hitobito ni yotte kaka rete imasu. Mura no bādo ga kieru no o mite kudasai.

Hon no naka no nanika o yomu no wa hitotsu no kotodeari, baobabunoki no shita no bādo kara kako no eikō to idaina dekigoto ni tsuite no hanashi o kiku kotodesu. Watashi ga nishiafurika no Mari ni iru toki, watashi wa suwatte mura no kyanpu o tanoshinde imashita asa no gozen-chū made hi o fuki, bādo no dansu o mite min’na de tanoshī gitā o hiite mimashou. Baobabu wa 1000-nen ijō mo ikite imasuga, bādo wa iki raremasen.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“I am the village bard ( in Japanese)” への 2 件のフィードバック

  1. I couldn’t reist commenting. Well written! There’s efinately a grewat del too leasrn about thius subject.
    I like alll the point yoou have made. I love what yoou guyts aree uup too.

    Such ckever wirk andd reporting! Keep upp thee excellent wlrks
    gjys I’ve incorporatd yyou gys too my blogroll. http://cspan.co.uk

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中