The world of clairvoyants and wizards ( in Japanese)

 

7e0eed5b50d9c8dc868edb89d4020f40

Source : Google photo

透視師と魔術師の世界
未知の人に常に魅了されているので、私たちは常に未来を知ることに興味を持ってきました。人類の歴史を通して、この魅力は、天才と将来を予測できる人々を生み出すことが判明しました。
非常に有名な透視師がノストラダムスの人に心に浮かぶが、他にもたくさんある。キングスとクイーンズは彼らに相談し、豊かな人々は彼らの船が富を持って安全に帰宅するかどうかを知るために彼らの運命を過ごしました。暴君と独裁者は相談して、彼らの力にどれくらいの時間をかけられるかを知ることができました。

Mughal皇帝Akbarは常に彼のプロジェクトと戦争が彼らができることを読むために星を見上げるように成功するかどうか彼に言うことができる彼の占星術家に相談した。他の人は、未来を見るために茶葉やコーヒーマグを調べました。まだ他の人が手のひらの線を読んで、未来を見ることができます。

言うまでもなく、未知のことについてのこの魅力は、どこでも手のひら読書とティーカップとコーヒーカップの読書の真の産業をもたらしましたが、私は彼らが騙されやすい人々からお金を稼ぐために外に出ていると疑い、偽物です。多くの場合、教育を受けておらず、貧しい人々がクライアントです。

村には、農家に牛の数と盗難の方法を伝えることのできる女性がいましたが、農夫はその女性が狂人であると知りませんでした。古いハリダンの耳に耳を傾けて囁く。
私はハイチで同じことを見ました。そこでは、お金とタイプライターを失った女性が女性のホーガンに行き、誰が泥棒であるかを知りました。ホーガンはブードゥー教の司祭です。この女性には、ホーガンの小屋の中に入って別の女性が同行し、数分後に出てきました。
そこに私はラットのにおいをすることができました。ホーガンは、神の力によってまるで物語のことをすべて知っていて、数本のラム酒とお金があれば、泥棒に厳しい刑を言い渡しました。

この種のことはどこにでも行きます。ある詐欺師は、彼らの貿易の専門家であり、誰かに彼のお金を分ける方法を知っているので、まともな生活をしません。
インドのサドゥスと呼ばれる巡回する「聖なる人」によって、ある人が近づいてきました。彼は手のひらの中でそれをこすり、それを味わうために仲間を助けました。それは砂糖のような甘いものを味わった。今ではこの軍隊は元軍隊であり、簡単に犯されていないので、砂糖に汚れをかける方法を教えることができるだけであれば、砂糖を提供することができます。彼はすぐには億万長者になるだろう。今、偽のサドゥは大きなトラブルに遭い、混乱から抜け出す方法を模索していたので、急いで消えました。もう一つは私に彼のペンを示し、それからGangaの水を絞ったが、私は彼のトリックのために落ちるには手に負えないので、彼は彼の運を他のところで試してみるために離れた。

だから、人々は未来が何であるかを知りたい限り、この魅力は恐怖から来ているので、いつもどこかで答えを求めるだろう。
彼は厳しい試験に合格しますか、彼は昇進を得るだろうか、彼は美しい妻を見つけるだろうか、彼の妻が常に生成する娘の代わりに息子を持っていますか?
あなたがインドの鉄道駅に行くなら、すぐに彼が保持しているスタックからカードを引き出し、誰かに書いた答えをコースの料金で読んで、訓練されたオウム毎回食べるためのビットを並べる。

今はオウムやサルなどかもしれません。ポイントは、彼らの未来を伝えるためにオウムを信じる人がいることです。
他の人は水晶のボールを見て、そこにあるもののすべてのマナーを見ている人もいますが、タロットカードを好む人もいますが、これらの詐欺師の目的はあなたの財布を軽くして疑念を持ち、あなたはどれくらいのお金を節約できるのか驚くでしょう。
しかし、一部の人々は、真剣に真剣に手のひら読書を取る。私には手のひらを読むことが知られていた叔母がいたので、いつか彼女は手を抜いてそこに書かれていたものを見始めました。私はおそらく19歳で、本当にそのようなことを信じる人ではありませんでしたが、私の妻は遠い国から来ると言いました。私は2人の美しい子供、たぶん1人の少年と1人の女の子をいつか持っていきます。

私はちょうど学生だったし、女の子の友人もいなかったので、それはすべて遠くまで聞こえたが、彼女はそれが私の手のひらで読んだものだと言った。私はそれを通過させましたが、何年も後にフィリピンで私は妻と出会ったところで終わりました。はい、1人の男の子と1人の女の子が、私の叔母がこれらの事を知っていた方法、私は分かりません。幸運なことだと思うかもしれませんが、彼女は私の妻が遠くの国から来ると言いました。
ある日、手のひらで何かの悪評をした別の人が私たちの家に来て、突然私の手のひらを読むために手を引っ張った。彼はしばらくそれを覗き込んだり、何も言わずに急に立ち去ってしまったので、私は彼に何が邪魔だったのか尋ねた。
私はどういうわけかStalinやGengis Khanに関係していたのですか? 最後に、私の手には、私が非常に強い運命線と決定的な心を持つ珍しい人であることが示されました。しかし、私はすでに知っていたので、彼は何を見たのですか?彼は今日でも宝くじなどで私の運を試みただけであれば、私は億万長者であったのだろうかと言いません。

私はこのブログの真剣な部分に来ています。私たちの故郷には本当の聖人であり、それを求める人に祝福を与えた聖なる人がいました。毎週日曜日、巨大な群衆が彼の祝福を求めるために家に集まり、彼は午前中そこに座って自分の問題のためにお守りをしたり、他の人に花を贈ったりしました。さらに多くの人々が来ました。彼はちょうど私の頭の上に手を置き、いくつかのマントラを中断しました。彼は私の名前を聞かなかったし、私が誰だったかはわからないが、何百ものうちに私を思い出すことができなかったと確信している。何年か後、私はサイゴンにいた。

ベトナム人の攻撃がTet攻撃と呼ばれたとき、フライト。銃が吹き飛んで弾丸がどこにでも飛んできましたが、私たちは長時間腹にとどまり、飛行機が離陸しなかったので帰宅することに決めました。私は他の2人のアメリカ人の友人と一緒に帰宅しました。あまり遠くない。現時点では、戦闘のために郵便サービスが数ヶ月間中断されたため、インドからの書簡を送ったり、受け取ったりすることはできませんでした。私の母親は、サイゴンでの戦いについてのニュースを読み、私からの手紙を受け取らなかったので、とても心配していました。私はずっと前に私に祝福してくれた聖なる人に、彼が言うことができることを尋ねることにしました。目と私の馬に私は安全であると二人で言った。

手紙がまもなく来る。私がインドに行ったとき、彼女はサイゴンでその日にどこにいたのか、私に尋ねた。私はとても安全で2人のアメリカ人の友達と話しました。聖人がこれをすべて知っていた方法、私はまだ分かっていませんが、明らかに彼はノストラダムスのように未来に物事を見ることができた透視師でした。ノストラダムスは約900四分の一に彼の予測を書き留めたので、通過するようになった。彼はひそかにそうしました。なぜなら、審問は、彼が一種の魔術師だと思えば、彼を燃やしてしまったのかもしれないからです。彼らは誰が魔術師であるかの解釈においてかなり自由であったので、ノストラダムスは彼がいた危険を知っていたと確信していますが、それでも400年前にそれを書きました。

彼の有名な出来事は彼が貧しい貧しいパドルの裾にキス驚いたパドレがその理由を彼に尋ねたとき、村に戻った。ノストラダムスは、彼が将来の教皇の裾にキスしていると答えた。その貧しいパドレは、その時に彼はそれを全く知らなかったが、教皇になった。今私はウィザードに来る。私は魔法は黒か白かの魔法と関係があると思う。

インドでは、人々に危害を加えるために黒魔術と呼ばれるものを練習する時がありました。今は教育と繁栄の面では流行していませんが、この練習が続く国には依然として農村の孤立地域があります。まず、オハスについて言及します。彼らは国の多くの地域で見つけられ、致命的なヘビのかまれから人を救うことができます。農村部の有毒なヘビに噛まれ、あまりにも遠隔のために毒蛇治療を受けるために医療施設に到着することができない人が多い。私の祖父は助けが得られなかった夜遅く、遠くの村でヘビの咬傷で亡くなりました。私はこの話を聞いたことがありません。彼女はこの話が真実だと言った。

彼女の小さな町の若い少女は、蛇が避難していたキッチンのコブラでちょっと痛かったので、少女は痙攣で倒れてしまった。彼女の救助に来て、なぜそれが少女を持っていたかヘビに尋ねた?ヘビは、通常、彼らの手作りの仕事の効果を見るためにハングアップしませんが、おそらく、これはそうでした。ヘビは、彼女が反射的にそれを踏んだと答えました。 ojhaは、その少女が若くて無実であると言っていたので、ヘビは彼女を生き返らせ、彼女の身体からすべての毒を取り除かなければなりませんでしたが、ヘビは苦しんでいませんでした。最後に、彼女は36回も残酷に痙攣し、その後彼女は生きると言った蛇に打たれました.Ojhaは、彼女の心に悪意を持っていない4人の若者に、彼女の服を裂く。

農村部の女の子は、あなたが知っているパンティーを着ていません.4人の強い男性は、彼女が激しく痙攣している間に彼女を拘束しましたが、ついにそれが終わり、彼女は麻痺しました。オジャがどのように蛇に話し、蛇がどこかでsnakeseの言葉があるに違いないが、その少女が住んでいて、彼女の奇跡的な回復の話がはっきりと広がっていた。私はフィリピンで紳士に会ったOjhasは毒を取り除く方法を知っているが、彼らは人生の危機に瀕していることができない恐ろしい誓いを立てると私に言った。

彼らは、昼夜問わずいつでも被害者に届くことを約束しています。オジャは問題の紳士に、ベッドで病気があっても決して壊れないような誓いをしなければならないという条件で、彼に秘密を教えることができると話しました。西アフリカに住むアメリカ人の仲間は、シャーマンは仲間の腕の中からサソリの毒を取る。単純に指で指を突き出し、何かを突っ込んだりするだけだ。しかし、最も興味深いのはナショナルジオグラフィックに掲載された物語である。首をひねるジェスチャーと鶏の死んだだけで遠くから鶏を殺すことができるシャーマン。彼は火を使わずに中空の瓢箪で鶏を調理し、鳥はうまく調理されます。ちょうどGoogleとあなたはそのような写真を見つけるかもしれません。

マリでは、シャーマンが地面に構築する芝生の屋根を持ち上げるとシャーマンがこの種の魔法を練習し、それを魔法だけで壁に持ち上げる場所があります。あなたはそのような話を信じるかもしれませんが、そういうことを知っている人がいます。鶏が遠くから手のジェスチャーで殺された場合、あなたが剣と交差することができれば、彼らがあなたにできることを想像してください。アーサー王の物語を読むなら、あなたはマーリンの魔術を知るでしょう。王は常に彼に良い助言を与えることに依存していました。超常現象とみなすことができ、科学的な推論によって説明することはできません。

私たちは幽霊と失われた魂が存在することを知っています。私はそれにブログを書いた。私たちが知らないもので、シャーマンやウィザードがどれくらいの力を持っているか、どのように使用しているか知りたくないと思うかもしれません。まったく別の世界ではありません。タロットカードやオウムのほうが良いかもしれません。彼らは無害であるようです

 

 

Tōshi-shi to majutsu-shi no sekai michi no hito ni tsuneni miryō sa rete irunode, watashitachi wa tsuneni mirai o shiru koto ni kyōmi o motte kimashita. Jinrui no rekishi o tōshite, kono miryoku wa, tensai to shōrai o yosoku dekiru hitobito o umidasu koto ga hanmei shimashita. Hijō ni yūmeina tōshi-shi ga Nosutoradamusu no hito ni kokoro ni ukabu ga, hoka ni mo takusan aru. Kingusu to kuīnzu wa karera ni sōdan shi, yutakana hitobito wa karera no fune ga tomi o motte anzen ni kitaku suru ka dō ka o shiru tame ni karera no unmei o sugoshimashita.

Bōkun to dokusai-sha wa sōdan shite, karera no chikara ni dorekurai no jikan o kake rareru ka o shiru koto ga dekimashita. Mughal kōtei Akbar wa tsuneni kare no purojekuto to sensō ga karera ga dekiru koto o yomu tame ni hoshi o miageru yō ni seikō suru ka dō ka kare ni iu koto ga dekiru kare no senseijutsu-ka ni sōdan shita. Hokanohito wa, mirai o miru tame ni chaba ya kōhīmagu o shirabemashita. Mada hokanohito ga tenohira no sen o yonde, mirai o miru koto ga dekimasu.

Iumademonaku, michi no koto ni tsuite no kono miryoku wa, doko demo tenohira dokusho to tīkappu to kōhīkappu no dokusho no shin no sangyō o motarashimashitaga, watashi wa karera ga damasareyasui hitobito kara okane o kasegu tame ni soto ni dete iruto utagai, nisemonodesu. Ōku no baai, kyōiku o ukete orazu, mazushī hitobito ga kuraiantodesu. Mura ni wa, nōka ni ushi no kazu to tōnan no hōhō o tsutaeru koto no dekiru josei ga imashitaga, nōfu wa sono josei ga kyōjindearu to shirimasendeshita. Furui haridan no mimi ni mimi o katamukete sasayaku.

Watashi wa Haichi de onaji koto o mimashita. Sokode wa, okane to taipuraitā o ushinatta josei ga josei no hōgan ni iki, dare ga dorobōdearu ka o shirimashita. Hōgan wa būdo~ū kyō no shisaidesu. Kono josei ni wa, hōgan no koya no naka ni haitte betsu no josei ga dōkō shi, sūfungo ni dete kimashita. Soko ni watashi wa ratto no nioi o suru koto ga dekimashita. Hōgan wa,-shin no chikara ni yotte marude monogatari no koto o subete shitte ite, Kazumoto no ramu sake to okane ga areba, dorobō ni kibishī kei o iiwatashimashita.

Kono tane no koto wa doko ni demo ikimasu. Aru sagi-shi wa, karera no bōeki no senmonkadeari, dareka ni kare no okane o wakeru hōhō o shitte irunode, matomona seikatsu o shimasen. Indo no sado~usu to yoba reru junkai suru `seinaru hito’ ni yotte, aru hito ga chikadzuite kimashita. Kare wa tenohira no naka de sore o kosuri, sore o ajiwau tame ni nakama o tasukemashita. Sore wa satō no yōna amaimono o ajiwatta. Ima dewa kono guntai wa moto guntaideari, kantan ni okasa rete inainode, satō ni yogore o kakeru hōhō o oshieru koto ga dekiru dakedeareba, satō o teikyō suru koto ga dekimasu.

Kare wa sugu ni wa okumanchōja ni narudarou. Ima, nise no sado~u wa ōkina toraburu ni ai, konran kara nukedasu hōhō o mosaku shite itanode, isoide kiemashita. Mōhitotsu wa watashi ni kare no pen o shimeshi, sorekara Ganga no mizu o shibottaga, watashi wa kare no torikku no tame ni ochiru ni wa te ni oenainode, kare wa kare no un o hoka no tokoro de tameshite miru tame ni hanareta. Dakara, hitobito wa mirai ga nandearu ka o shiritai kagiri, kono miryoku wa kyōfu kara kite irunode, itsumo doko ka de kotae o motomerudarou.

Kare wa kibishī shiken ni gōkaku shimasu ka, kare wa shōshin o erudarou ka, kare wa utsukushī tsuma o mitsukerudarou ka, kare no tsuma ga tsuneni seisei suru musume no kawarini musuko o motte imasu ka? Anata ga indonotetsudō-eki ni ikunara, sugu ni kare ga hoji shite iru sutakku kara kādo o hikidashi, dareka ni kaita kotae o kōsu no ryōkin de yonde, kunren sa reta ōmu maikai taberu tame no bitto o naraberu. Ima wa ōmu ya saru nado kamo shiremasen. Pointo wa, karera no mirai o tsutaeru tame ni ōmu o shinjiru hito ga iru kotodesu.

Hokanohito wa suishō no bōru o mite, soko ni aru mono no subete no manā o mite iru hito mo imasuga, tarottokādo o konomu hito mo imasuga, korera no sagi-shi no mokuteki wa anata no saifu o karuku shite ginen o mochi, anata wa dorekurai no okane o setsuyaku dekiru no ka odorokudeshou. Shikashi, ichibu no hitobito wa, shinken ni shinken ni tenohira dokusho o toru. Watashiniha tenohira o yomu koto ga shira rete ita oba ga itanode, itsuka kanojo wa te o nuite soko ni kaka rete ita mono o mi hajimemashita.

Watashi wa osoraku 19-sai de, hontōni sono yōna koto o shinjiru hitode wa arimasendeshitaga, watashi no tsuma wa tōi kuni kara kuru to iimashita. Watashi wa 2-ri no utsukushī kodomo, tabun 1-ri no shōnen to 1-ri no on’nanoko o itsuka motte ikimasu. Watashi wa chōdo gakuseidattashi, on’nanoko no yūjin mo inakattanode, soreha subete tōkumade kikoetaga, kanojo wa sore ga watashi no tenohira de yonda monoda to itta. Watashi wa sore o tsūka sa semashitaga, nan’nen mo nochini Firipin de watashi wa tsuma to deatta tokoro de owarimashita. Hai, 1-ri no otokonoko to 1-ri no on’nanoko ga, watashi no oba ga korera no koto o shitteita hōhō, watashi wa wakarimasen.

Kōun’na kotoda to omou kamo shiremasenga, kanojo wa watashi no tsuma ga tōku no kuni kara kuru to iimashita. Aru Ni~Tsu, tenohira de nanika no akuhyō o shita betsu no hito ga watashitachi no ie ni kite, totsuzen watashi no tenohira o yomu tame ni te o hippatta. Kare wa shibaraku sore o nozoki kon dari, nani mo iwazu ni kyū ni tachisatte shimattanode, watashi wa kare ni nani ga jamadatta no ka tazuneta. Watashi wa dō iu wake ka Stalin ya Gengis kān ni kankei shite ita nodesu ka?

Saigo ni, watashi no te ni wa, watashi ga hijō ni tsuyoi unmei-sen to ketteitekina kokoro o motsu mezurashī hitodearu koto ga shimesa remashita. Shikashi, watashi wa sudeni shitte itanode, kare wa nani o mita nodesu ka? Kare wa kyō demo takarakuji nado de watashi no un o kokoromita dakedeareba, watashi wa okumanchōjadeatta nodarou ka to iimasen. Watashi wa kono burogu no shinken’na bubun ni kite imasu. Watashitachi no furusato ni wa hontō no seijindeari, sore o motomeru hito ni shukufuku o ataeta seinaru hito ga imashita. Maishū nichiyōbi, kyodaina gunshū ga kare no shukufuku o motomeru tame ni ie ni atsumari, kare wa gozen-chū soko ni suwatte jibun no mondai no tame ni omamori o shi tari, hokanohito ni hana o okuttari shimashita.

Sarani ōku no hitobito ga kimashita. Kare wa chōdo watashi no atama no ue ni te o oki, ikutsu ka no man tora o chūdan shimashita. Kare wa watashi no namae o kikanakattashi, watashi ga daredatta ka wa wakaranaiga, nan hyaku mo no uchi ni watashi o omoidasu koto ga dekinakatta to kakushin shite iru. Nan-nen ka ato, watashi wa Saigon ni ita. Betonamu hito no kōgeki ga Tet kōgeki to yoba reta toki, furaito. Jū ga fukitonde dangan ga doko ni demo tonde kimashitaga, watashitachi wa chōjikan hara ni todomari, hikōki ga ririku shinakattanode kitaku suru koto ni kimemashita. Watashi wa hoka no 2-ri no amerikahito no yūjin to issho ni kitaku shimashita. Amari tōkunai.

Genjitende wa, sentō no tame ni yūbin sābisu ga sū-kagetsu-kan chūdan sa reta tame, Indo kara no shokan o okuttari, uketottari suru koto wa dekimasendeshita. Watashi no hahaoya wa, Saigon de notatakai ni tsuite no nyūsu o yomi, watashi kara no tegami o uketoranakattanode, totemo shinpai shite imashita. Watashi wa zutto mae ni watashi ni shukufuku shite kureta seinaru hito ni, kare ga iu koto ga dekiru koto o tazuneru koto ni shimashita.

Me to watashi no uma ni watashi wa anzendearu to futari de itta. Tegami ga mamonaku kuru. Watashi ga Indo ni itta toki, kanojo wa Saigon de sonohi ni dokoni ita no ka, watashi ni tazuneta. Watashi wa totemo anzende 2-ri no amerikahito no tomodachi to hanashimashita. Seijin ga kore o subete shitteita hōhō, watashi wa mada wakatte imasenga, akiraka ni kare wa Nosutoradamusu no yō ni mirai ni monogoto o miru koto ga dekita tōshi-shideshita.

Nosutoradamusu wa yaku 900 yonbun’noichi ni kare no yosoku o kakitometanode, tsūka suru yō ni natta. Kare wa hisoka ni sō shimashita. Nazenara, shinmon wa, kare ga isshu no majutsu-shida to omoeba, kare o moyashite shimatta no kamo shirenaikaradesu. Karera wa dare ga majutsu-shidearu ka no kaishaku ni oite kanari jiyūdeattanode, Nosutoradamusu wa kare ga ita kiken o shitteita to kakushin shite imasuga, soredemo 400-nen mae ni sore o kakimashita.

Kare no yūmeina dekigoto wa kare ga mazushī mazushī padoru no suso ni kisu odoroita padore ga sono riyū o kare ni tazuneta toki, mura ni modotta. Nosutoradamusu wa, kare ga shōrai no kyōkō no suso ni kisu shite iru to kotaeta. Sono mazushī padore wa, sonotoki ni kare wa sore o mattaku shiranakattaga, kyōkō ni natta. Ima watashi wa u~izādo ni kuru. Watashi wa mahō wa kuro ka shiro ka no mahō to kankei ga aru to omou. Indode wa, hitobito ni kigai o kuwaeru tame ni kokumajutsu to yoba reru mono o renshū suru toki ga arimashita. Ima wa kyōiku to han’ei no mende wa ryūkō shite imasenga, kono renshū ga tsudzuku kuni ni wa izentoshite nōson no koritsu chiiki ga arimasu.

Mazu, ohasu ni tsuite genkyū shimasu. Karera wa kuni no ōku no chiiki de mitsuke rare, chimei-tekina hebi no kama rekara hito o sukuu koto ga dekimasu. Nōson-bu no yūdokuna hebi ni kama re, amarini mo enkaku no tame ni dokuhebi chiryō o ukeru tame ni iryō shisetsu ni tōchaku suru koto ga dekinai hito ga ōi. Watashi no sofu wa tasuke ga e rarenakatta yoru osoku, tōku no mura de hebi no kōshō de nakunarimashita. Watashi wa kono hanashi o kiita koto ga arimasen.

Kanojo wa kono hanashi ga shinjitsuda to itta. Kanojo no chīsana machi no wakai shōjo wa, hebi ga hinan shite ita kitchin no kobura de chotto itakattanode, shōjo wa keiren de taorete shimatta. Kanojo no kyūjo ni kite, naze sore ga shōjo o motte ita ka hebi ni tazuneta? Hebi wa, tsūjō, karera no tedzukuri no shigoto no kōka o miru tame ni hanguappu shimasenga, osoraku, kore wa sōdeshita. Hebi wa, kanojo ga hansha-teki ni sore o funda to kotaemashita.

Ojha wa, sono shōjo ga wakakute mujitsudearu to itte itanode, hebi wa kanojo o ikikaera se, kanojo no karada kara subete no doku o torinozokanakereba narimasendeshitaga, hebi wa kurushinde imasendeshita. Saigo ni, kanojo wa 36-kai mo zankoku ni keiren shi, sonogo kanojo wa ikiru to itta hebi ni uta remashita. Ojha wa, kanojo no kokoro ni akui o motteinai 4-ri no wakamono ni, kanojo no fuku o saku. Nōson-bu no on’nanoko wa, anata ga shitte iru pantī o kite imasen. 4-Ri no tsuyoi dansei wa, kanojo ga hageshiku keiren shite iru ma ni kanojo o kōsoku shimashitaga, tsuini sore ga owari, kanojo wa mahi shimashita.

Oja ga dono yō ni hebi ni hanashi, hebi ga doko ka de snakese no kotoba ga aru ni chigainai ga, sono shōjo ga sunde ite, kanojo no kiseki-tekina kaifuku no hanashi ga hakkiri to hirogatte ita. Watashi wa Firipin de shinshi ni attaOjhas wa doku o torinozoku hōhō o shitte iruga, karera wa jinsei no kiki ni hin shite iru koto ga dekinai osoroshī chikai o tateru to watashi ni itta. Karera wa, chūya towazu itsu demo higaisha ni todoku koto o yakusoku shite imasu.

Oja wa mondai no shinshi ni, beddo de byōki ga atte mo kesshite kowarenai yōna chikai o shinakereba naranai to iu jōken de, kare ni himitsu o oshieru koto ga dekiru to hanashimashita. Nishiafurika ni sumu amerikahito no nakama wa, shāman wa nakama no ude no naka kara sasorinodoku o toru. Tanjun ni yubi de yubi o tsukidashi, nanika o tsukkon dari suru dakeda. Shikashi, mottomo kyōmibukai no wa nashonarujiogurafikku ni keisai sa reta monogataridearu.

Kubi o hineru jesuchā to niwatori no shinda dake de tōku kara niwatori o korosu koto ga dekiru shāman. Kare wa hi o tsukawazu ni chūkū no hyōtan de niwatori o chōri shi, tori wa umaku chōri sa remasu. Chōdo gūguru to anata wa sono yōna shashin o mitsukeru kamo shiremasen. Maride wa, shāman ga jimen ni kōchiku suru shibafu no yane o mochiageru to shāman ga kono tane no mahō o renshū shi, sore o mahō dake de kabe ni mochiageru basho ga arimasu. Anata wa sono yōna hanashi o shinjiru kamo shiremasenga, sō iu koto o shitte iru hito ga imasu.

Niwatori ga tōku kara te no jesuchā de korosa reta baai, anata ga ken to kōsa suru koto ga dekireba, karera ga anata ni dekiru koto o sōzō shite kudasai. Āsā-ō no monogatari o yomunara, anata wa mārin no majutsu o shirudeshou. Ō wa tsuneni kare ni yoi jogen o ataeru koto ni izon shite imashita. Chōjō genshō to minasu koto ga deki, kagakutekina suiron ni yotte setsumei suru koto wa dekimasen. Watashitachiha yūrei to ushinawareta tamashī ga sonzai suru koto o shitte imasu.

Watashi wa sore ni burogu o kaita. Watashitachi ga shiranai mono de, shāman ya u~izādo ga dorekurai no chikara o motte iru ka, dono yō ni shiyō shite iru ka shiritakunai to omou kamo shiremasen. Mattaku betsu no sekaide wa arimasen. Tarottokādo ya ōmu no hō ga yoi kamo shiremasen. Karera wa mugaidearu yōdesu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中