Etymology of words ( in Japanese)

1

出典:Googleの写真

長期間に渡って言語に同化された言葉の語源を学ぶことは、いつも面白いです。言葉がどこに由来したのかについての手がかりを人々に残すことはありません。ほとんどの人は、語源がどのように進化して母語の一部になろうとしているのか、語源が何を意味するのかを知りません。

私は多くの英語の言葉の起源について興味があり、ヒンディー語、サンスクリット語、ウルドゥー語、マラヤーラム語などのインド語の起源が英語でよく使われているということを多く知っています。長期間にわたる情報源であるが、その起源は、言語専門家が来て、情報源を指摘するまで、しばしば霧の中で覆われている。

私は一度、この事実をブルンジの私の村で働いているアメリカの平和隊の仲間に指摘しました。私は彼がうんざりしたときに働き、インディアンの言葉が何を借りていたのかを尋ねました。

今日、このテーマについていくつかの光を当てて、語彙が借りて同化することによって言語がどのように豊かになるかについての多くの興味深い事実を発見しましょう。 2人の古いインド人の手がパジャマでベランダに座っていて、トーディを酔わせているインドのデボン田舎に行ってみましょう。インドで彼らが勤めていた時代と、ジムカーナに行かないとどうしてできなかったのかを話しています。彼らの控えめなバンガローはインドの記念品でいっぱいでしたが、彼らは一緒に喫煙を楽しんでいた彼らのフカを賞賛しました。彼らはインドで経験を積んできた専門家や古いインドの手と考えられていたpukka sahibでした。

妻たちが夕方に着るべきことを尋ねたところ、夕方に行くと約束していたが、そのうちの1人は、彼女のカマーバンドが彼女と一緒にいる間に押してジョーを押す必要があると言った。彼女はつぶやくと、価格はチャットとダルの場合だと言って、彼女は喜んで合意したmoghlai kormaとchapatisとのまともな夕食を出すことができた。彼らは、カラフルなバンダナとバングルが、彼らを強く見せると思っていました。

ハイライトされた18の言葉はすべてインドの起源です。ウィキペディアは、英国の植民地時代にインドの言語から来たような言葉を数多く紹介しますが、常に新しい言葉が流行っています。

彼らは、サタンがアルコールとガンジャに奪われた人物の両方を破壊的な方法で知っていた誰かの人生を台無しにしてしまったことを話しました。ここでアルコールと悪魔はアラビア語から、ガンジャはヒンディー語からです。

アバター、チーター、ベビーベッド、クッション、チット、チャウカット、ダコート、デッコ。ディンギー、ダンガリー、グル、ジャガーノート、ジャングル、カーキ、カルマ。ロッタ、マントラ、ニルヴァーナ、パンチ、専門家、ロティ、レイタ、シャンプー、刺客、台風、ヨガはヒンディー語とウルドゥー語のようなインディアン語のもので、現在英語辞典の一部です。 Malayalam、Sanskrit、Telegu、Tamilの多くの言葉がありますが、英語の綴りは少し変わってしまいますが、それ以上は詳しく説明する必要はありません。

同化について言えば、他の言語がどのように運賃を払うのかを考えてみましょう。フィリピンでは、サクシという言葉がテレビ番組で使われていますが、サンスクリット語のサクシ語が証人の意味であることは知られていません。彼らはまた、ヒンディー語のachar意味のピクルスから来るatsaraを言う。あなたが本当に掘るなら、あなたはそれを知らずにインドから取った多くの言葉を見つけるでしょう。彼らが使うもう一つの言葉は、グロの意味の先生です。それはサンスクリット語のGuruの言葉に由来します。いつ、どのように起こったのかは分かりませんが、すべての言語が他の人の言葉を借りて自分の言語を豊かにしたり、同等の言葉を見つけることができないときは、

自分の言葉を発明することに誇りを持っている人がいます。したがって、彼らの言語で氷のための言葉を持っていなかったベトナムの人々はそれをナウオ・ダ・ストーン・ウォーターと呼んでいます。彼らは、ヘリコプターが湾を真っ直ぐに飛び越えるかもしれないと言います。文字通り飛行機を意味し、飛行機が上下するので、単語が存在しないときは簡単な説明があります。

同様に、フィリピン人はトカゲブキを呼ぶのは、チックティキの音や鳴き声をカラスのために作るからです。ベンガリスは同じ理由でトカゲティックティキを呼ぶので、人々はそれを模倣することによってそれを発明するだけなので、多くの言葉が出てくる。

フランス人は、宇宙飛行士が宇宙飛行から戻ってくる海に宇宙飛行士が上陸したときに起こった騒動という言葉を唱えたときに喜んでいました。宇宙飛行士の前に誰も気にせず海に着陸したので、その言葉の必要はなかった。彼らは飛行機に着陸する飛行機のための凍結を言う。

私は今、私の母国ベンガル語が他の言語からどのように借りてきたかを見ていきます。彼らはhanspatal(病院から)、ketli(ケトルから)、towalay(タオルから)、sykel(自転車から)などを言う。この種のことはすべての言語に起こる。英語は上記のようにラテン語、ギリシャ語、アラビア語、インドの言語から大きく借りており、進行中のプロセスです

それは今すぐ選択の言語です。ほぼすべての場所で、英語を話したり、読んだり、書くことができ、世界中の商業、科学、娯楽の言語を英語にしている人を見つけることができます。同化は単語の借用に止まりませんが、名前にも影響を与えます。私が今ホーチミン市と呼ばれるサイゴンにいたとき、私はカンボジア人が取る名前にサンスクリットの影響を議論していました。良い例は、完璧なカンボジアの名前を持っていたが、サンスクリット語の起源を持つPrince Norodom Sihanoukの例でした。 NorodomはSanskritのNort uttamであり、SihanoukはSinhaを意味するSinhaを意味し、HanuはSanskritの顎を意味し、彼の名前はライオンの顎を持つ優秀な男に翻訳された。私は多くのカンボジア人がこれを知っていることに笑いを浮かべるだろうが、それは語源が働く方法であると考えている。

おそらく、アルプスロトゥス、錬金術、代数、准教授、アドビ、アルココ、アルゴリズム、アルカリ、アリデート、アンバーグリス、アニレン、アプリコットベンゼン、ホウ砂、暦、樟脳、カラット、キャラバン、キャラウェイ、化学、暗号、コーヒー、綿、真紅、ダマスカス、エリキシル、コールなどがアラビア語から来た。リストは長くて面白いです。言語を勉強し好奇心を持っている人は、言葉の語源、それらがどのように発展して一定の期間にわたって別の言語の一部になるかについての豊富な情報を見つけるでしょう。私はまた、いくつかの言葉が日付になってしまったと考えています。

戦争映画では、アメリカの大佐は勇気を表する誰にでも献身を提供していました。それはまだいくつかの人々がそれらを使用するが、日付の言葉です。 30〜40年前に使用されていた言葉は、古いモデル車のように廃棄されるようになりました。今私たちはLOLのような略語の時代に生きています。 OMG、ASAP、THNXなどがあります。なぜなら、テキストでは、使いやすさのためにこれらの略語が使われているためです。先生は、生徒がそのような貧しいスペルナであり、文法が貧しく、現代世界。あなたの履歴書にこのような間違いを犯すと、仕事を得られない可能性があります。言語は運転のようなスキルです。

あなたは練習でうまくいくが、言葉やそのニュアンス、時には斜めの意味の語彙や使い方を常に学び、改善しなければならないということを意味する。文字通りの翻訳を主張する人は、決して最初の拠点を過ぎることはありません。言語を学ぶことの美しさは、スピーカーや作家の人を魅了する能力に大きく左右されます。偉大な雄弁にはこの技能があります。私はヒトラーについて言及しませんが、それは私がやったことです。おっとっと。

 

 

 

Gūguru no shashin chōkikan ni watatte gengo ni dōka sa reta kotoba no gogen o manabu koto wa, itsumo omoshiroidesu. Kotoba ga doko ni yurai shita no ka ni tsuite no tegakari o hitobito ni nokosu koto wa arimasen. Hotondo no hito wa, gogen ga dono yō ni shinka shite bogo no ichibu ni narou to shite iru no ka, gogen ga nani o imi suru no ka o shirimasen.

Watashi wa ōku no eigo no kotoba no kigen ni tsuite kyōmi ga ari, hindī-go, sansukuritto-go, urudo~ū-go, marayāramu-go nado no Indo-go no kigen ga eigo de yoku tsukawa rete iru to iu koto o ōku shitte imasu. Chōkikan ni wataru jōhō-gendearuga, sono kigen wa, gengo senmonka ga kite, jōhō-gen o shiteki suru made, shibashiba kirinonakade ōwa rete iru.

Watashi wa ichido, kono jijitsu o Burunji no watashi no mura de hataraite iru Amerika no heiwa-tai no nakama ni shiteki shimashita. Watashi wa kare ga unzari shita toki ni hataraki, indian no kotoba ga nani o karite ita no ka o tazunemashita.

Kyō, kono tēma ni tsuite ikutsu ka no hikari o atete, goi ga karite dōka suru koto ni yotte gengo ga dono yō ni yutaka ni naru ka ni tsuite no ōku no kyōmibukai jijitsu o hakken shimashou. 2 Hito no furui indohito no te ga pajama de beranda ni suwatte ite, tōdi o yowa sete iru Indo no debon inaka ni itte mimashou. Indo de karera ga tsutomete ita jidai to, jimukāna ni ikanaito dōshite dekinakatta no ka o hanashite imasu.

Karera no hikaemena bangarō wa Indo no kinenhin de ippaideshitaga, karera wa issho ni kitsuen o tanoshinde ita karera no fuka o shōsan shimashita. Karera wa Indo de keiken o tsunde kita senmonka ya furui Indo no te to kangae rarete ita sahibdeshipukka sahibdeshita. Tsuma-tachi ga yūgata ni kirubeki koto o tazuneta tokoro, yūgata ni iku to yakusoku shite itaga, sonōchi no 1-ri wa, kanojo no kamābando ga kanojo to issho ni iru ma ni oshite jō o osu hitsuyō ga aru to itta. Kanojo wa tsubuyaku to, kakaku wa chatto to daru no baaida to itte, kanojo wa yorokonde gōi shita moghlai korma to chapatis to no matomona yūshoku o dasu koto ga dekita.

Karera wa, karafuruna bandana to banguru ga, karera o tsuyoku miseru to omotte imashita. Hairaito sa reta 18 no kotoba wa subete Indo no kigendesu. U~ikipedia wa, Igirisu no shokuminchi jidai ni indonogengo kara kita yōna kotoba o kazuōku shōkai shimasuga, tsuneni atarashī kotoba ga hayatte imasu. Karera wa, satan ga arukōru to gan ja ni ubawa reta jinbutsu no ryōhō o hakai-tekina hōhō de shitteita dareka no jinsei o dainashi ni shite shimatta koto o hanashimashita.

Koko de arukōru to akuma wa Arabia-go kara, gan ja wa hindī-go karadesu. Abatā, chītā, bebībeddo, kusshon, chitto, chaukatto, dakōto, dekko. Dingī, dangarī, guru, jagānōto, janguru, kāki, karuma. Rotta, mantora, niruvu~āna, panchi, senmonka, roti, reita, shanpū, shikaku, taifū, yoga wa hindī-go to urudo~ū-go no yōna indian-go no mono de, genzai eigo jiten no ichibudesu. Malayalam, sansukuritto, Telegu, tamiru no ōku no kotoba ga arimasuga, eigo no tsudzuri wa sukoshi kawatte shimaimasuga, soreijō wa kuwashiku setsumei suru hitsuyō wa arimasen.

Dōka ni tsuite ieba, hoka no gengo ga dono yō ni unchin o harau no ka o kangaete mimashou. Firipinde wa, sakushi to iu kotoba ga terebibangu de tsukawa rete imasuga, sansukuritto-go no sakushi-go ga shōnin no imidearu koto wa shira rete imasen. Karera wa mata, hindī-go no achar imi no pikurusu kara kuru atsara o iu. Anata ga hontōni horunara, anata wa sore o shirazu ni Indo kara totta ōku no kotoba o mitsukerudeshou.

Karera ga tsukau mōhitotsu no kotoba wa, guro no imi no senseidesu. Sore wa sansukuritto-go no Guru no kotoba ni yurai shimasu. Itsu, dono yō ni okotta no ka wa wakarimasen ga, subete no gengo ga hokanohito no kotoba o karite jibun no gengo o yutaka ni shi tari, dōtō no kotoba o mitsukeru koto ga dekinai toki wa, jibun no kotoba o hatsumei suru koto ni hokori o motte iru hito ga imasu.

Shitagatte, karera no gengo de kōri no tame no kotoba o motte inakatta Betonamu no hitobito wa sore o nauo da sutōn u~ōtā to yonde imasu. Karera wa, herikoputā ga wan o massugu ni tobikoeru kamo shirenai to iimasu. Mojidōri hikōki o imi shi, hikōki ga jōge surunode, tango ga sonzai shinai toki wa kantan’na setsumei ga arimasu. Dōyō ni, Firipin hito wa tokagebuki o yobu no wa, chikkutiki no oto ya nakigoe o karasu no tame ni tsukurukaradesu.

Bengarisu wa onaji riyū de tokagetikkutiki o yobunode, hitobito wa sore o mohō suru koto ni yotte sore o hatsumei suru dakenanode, ōku no kotoba ga detekuru. Furansuhito wa, uchū hikō-shi ga uchū hikō kara modotte kuru umi ni uchū hikō-shi ga jōriku shita toki ni okotta sōdō to iu kotoba o tonaeta toki ni yorokonde imashita. Uchū hikō-shi no mae ni dare mo ki ni sezu umi ni chakuriku shitanode, sono kotoba no hitsuyō wa nakatta.

Karera wa hikōki ni chakuriku suru hikōki no tame no tōketsu o iu. Watashi wa ima, watashi no bokoku Bengaru-go ga hoka no gengo kara dono yō ni karite kita ka o mite ikimasu. Karera wa hanspatal (byōin kara), ketli (ketoru kara), towalay (taoru kara), sykel (jitensha kara) nado o iu. Kono tane no koto wa subete no gengo ni okoru. Eigo wa jōki no yō ni ratengo, Girisha-go, Arabia-go, indonogengo kara ōkiku karite ori, shinkō-chū no purosesudesu Sorewa ima sugu sentaku no gengodesu.

Hobo subete no basho de, eigo o hanashi tari, yon dari, kaku koto ga deki, sekaijū no shōgyō, kagaku, goraku no gengo o eigo ni shite iru hito o mitsukeru koto ga dekimasu. Dōka wa tango no shakuyō ni tomarimasenga, namae ni mo eikyō o ataemasu. Watashi ga ima hōchimin ichi to yoba reru Saigon ni ita toki, watashi wa Kanbojia hito ga toru namae ni sansukuritto no eikyō o giron shite imashita. Yoi rei wa, kanpekina Kanbojia no namae o motte itaga, sansukuritto-go no kigen o motsu purinsu Norodom Sihanouk no reideshita. Norodom wa sansukuritto no Nort uttamdeari, Sihanouk wa Sinha o imi suru Sinha o imi shi, Hanu wa sansukuritto no ago o imi shi, kare no namae wa raion no ago o motsu yūshūna otoko ni hon’yaku sa reta. Watashi wa ōku no Kanbojia hito ga kore o shitte iru koto ni warai o ukaberudarouga, soreha gogen ga hataraku hōhōdearu to kangaete iru.

Osoraku, arupusuroto~usu, renkinjutsu, daisū, jun kyōju, adobi, arukoko, arugorizumu, arukari, aridēto, anbāgurisu, aniren, apurikottobenzen, hōsha,-reki, shōnō, karatto, kyaraban, kyarau~ei, kagaku, angō, kōhī, wata, shinku, Damasukasu, erikishiru, kōru nado ga Arabia-go kara kita. Risuto wa nagakute omoshiroidesu. Gengo o benkyō shi kōkishin o motte iru hito wa, kotoba no gogen, sorera ga dono yō ni hatten shite ittei no kikan ni watatte betsu no gengo no ichibu ni naru ka ni tsuite no hōfuna jōhō o mitsukerudeshou.

Watashi wa mata, ikutsu ka no kotoba ga hidzuke ni natte shimatta to kangaete imasu. Sensō eigade wa, Amerika no taisa wa yūki o hyōsuru darenidemo kenshin o teikyō shite imashita. Sore wa mada ikutsu ka no hitobito ga sorera o shiyō suruga, hidzuke no kotobadesu. 30 〜 40-Nen mae ni shiyō sa rete ita kotoba wa, furui moderu-sha no yō ni haiki sa reru yō ni narimashita. Ima watashitachiha LOL no yōna ryakugo no jidai ni ikite imasu. OMG, asappu, THNX nado ga arimasu.

Nazenara, tekisutode wa, tsukaiyasusa no tame ni korera no ryakugo ga tsukawa rete iru tamedesu. Sensei wa, seito ga sono yō na mazushī superunadeari, bunpō ga mazushiku, gendai sekai. Anata no rirekisho ni ko no yōna machigai o okasu to, shigoto o e rarenai kanōsei ga arimasu. Gengo wa unten no yōna sukirudesu. Anata wa renshū de umaku ikuga, kotoba ya sono nyuansu, tokiniha naname no imi no goi ya tsukaikata o tsuneni manabi, kaizen shinakereba naranai to iu koto o imi suru.

Mojidōri no hon’yaku o shuchō suru hito wa, kesshite saisho no kyoten o sugiru koto wa arimasen. Gengo o manabu koto no utsukushi-sa wa, supīkā ya sakka no hito o miryō suru nōryoku ni ōkiku sayū sa remasu. Idaina yūben ni wa kono ginō ga arimasu. Watashi wa hitorā ni tsuite genkyū shimasenga, sore wa watashi ga yatta kotodesu. Ottotto.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中