Degeneration of culture ( in Japanese)

thZ6T5RBW5

Source : Google photo of hippies

文化の衰退
世界中の私は、人々がまだ練習し続けている次世代に伝えている文化の中で、すべてのものの縮退を見ます。人々は価値ある伝統と文化がなければ何もありません。彼らはそれを定義する誇りの源泉として守るよう努力しています。

日本とメキシコでこの誇りを感じます。あなたは、フェスティバル、ホスピタリティのショー、そしてマナーや見知らぬ人に対する寛大な姿勢を通して、このプライドを文化の中で表現しているすべての人々にそれを見ることができます。彼らは彼らが洗練された方法でそれを示し、彼らの食べ物と服装を準備する。

文化は特定の人々を定義し、それを世界中の人々に知らせるものです。世界各地から来た人々は、国を知り、宗教的であるかどうかを問わず、祭りや食べ物を通して国の文化の明白な表現に参加するために、他の国を訪れる。

マハ・クンバ・メラと呼ばれる世界最大の宗教博覧会に参加するため、毎年何百万人もの巡礼者がアラハバード市を下っており、どこにも平等な存在ではない月の長い祭りの賑やかさと喜びに驚かされます。彼らは自分自身のために、オープンで、寛容で、歓迎し、異人間の兄弟関係や姉妹関係を作り出している、ヒンズー教の文化の大きな側面を見ています。

メキシコシティのベッラッス・アルテ宮殿の魅惑的なアーチテールとカラフルな羽根で行われたアステカの踊りには、素晴らしいものはありませんでした。彼らはステージで光り輝き、バレエ、ダンス、音楽、衣服を通して彼らの文化に大きな自尊心を示しました。
トマトフェスティバルでスペインに行くと、トマトを積み重ねて汚れてしまうスペイン人の喜びに驚かれるでしょう。

私は野生の攻撃的な雄牛の前で走っていませんが、時には危険にさらされていても、彼らの警戒を断ち切り、ただの人生を楽しむときには、彼らの文化の一部です。
カラフルなホリフェスティバルでインドを訪れた場合は、色の付いた水のスプレーを浴びたり、年に一度楽しんだり、後であなたを抱擁してお菓子を口に入れる。

あなたがボンゴロリ祭りで日本にいるなら、彼らは彼らのカラフルなヨカッタと着物の中でドラマーの周りを踊っている間に彼らに加わるように誘われます。
人々の文化はお互いに非常に異なっていて独特のものであるため、文化のような人々を定義するものはありません。

私は多くの国を訪れるという個人的な経験を持ち、ほとんどの観光客ができない方法で人々の文化を理解するようになりました。
人々はコンクリートジャングルや高層ビルの間に隠れているか隠されているスラムを見つけようと他の国に旅行することはありません。すべての国にはそれらがあり、地元の人々はそれを誇りに思っていませんが、それは現実です。

しかし、貧しい人々、貧しい人々、犯罪に襲われた社会、マフィ​​ア、野生の野生の野生の子供たちを忘れるチャンスがあるフェスティバルの間に、豊かでも貧しい人々でも生きています犬と猫。

フェスタやカーニバル、宗教的な見本市を通じた文化や視覚的な文化は、プレッシャークッカーの弁のように働き、プレッシャーが大きいときに蒸気を出す。それは、ガードを楽しんで下さる時です。

私たちは毎年のマルディグラフェスティバルの間、ハイチのポート・オ・プリンスにいました。そして、この喜びは非常にカラフルなドレスで街中でどのように踊ったかを喜んで見ましたが、この喜びは一時的なものでした。トーン・トン・マクートと呼ばれる民兵の使用によって人々を抑圧した独裁者が運営していた非常に貧しい国ですが、ハイチ人はマルディグラの貧困と絶望を忘れてしまいました。

だから私は文化がいかにして多くの国でそれを見ているように人々のアイデンティティを堕落させ、破壊するかについて書いておきたいところに来ています。
まず、テレビのようなメディアを通って、何が起こっているのかを示しています。女性は非常に汚れた服の中で、人種差別主義者である人によって冗談が繰り返されたり、リップシンクは通常のものであり、海外で人気のあるいくつかのショーの下品な模倣が正常で受け入れ可能で、ショーはポピュストな角度の収益獲得者に過ぎないものとみなされます。

そのようなショーは、子供を含む視聴者に幅広い影響を与えるため、どの国の文化も縮退しています。品質の悪さは、空気の時間を24時間で埋めるだけで、問題を悪化させるだけです。私は、他の信仰や人々を公然と隠している24時間の聖書嘆き師のチャンネルと、

あなたは6つの簡単な支払いとベッドの下に格納で来るあなたは役に立たないもの。チャンネルを切り替えたり、テレビを止めたりすることはできますが、メディアを通じた質の悪いプログラムで表現された文化の変質の問題は継続しています。人々の生活のすべての側面に浸透しています。それは普通のボディーのにおいが悪いので、高価なデオドラントを購入する必要があることを人々に教えています。歩くことや働くことによって汗をかくことのないように教える。それは、暗い肌が良いではないので、毎日肌を美白する製品を適用する人々に伝えます。

それは、女性のために、メディアのおかげで、猥褻に制限がない「何でも」の社会に住んでいるので、カバーする以上のものを示す非常にタイトなミニショーツやブラウスで女性が歩き回っても大丈夫だと人々に伝えます。ナルシシズム、貪欲、レストランでの騒音、映画館の携帯電話で大声で話したり、高齢者に座らせたり、バスに乗ったりしないなどの鈍感な行動のために。私はこの文化の絶え間ない猛攻撃の背後にあることを知っています。

人々は、テレビや他のメディアに広告を掲載することによって、毎日自分の商品を売ることを強く望む資本主義の欲求です。テレビの人々は、これらの広告からたくさんのお金を作り、それが人々の文化にどのように影響するか心配していないし、それらが正常であると受け入れられる間違った価値を教えています。通常のシャンプーされていない髪を持っていて、スキンホワイトナーまたはデオドラントを使用していない人は普通ではないので、これらの製品をよりよく見なければなりません。通常の外観と匂いと汗はもはやファッショナブルではありませんので、容認できるようにファッショナブルでなければなりません。

このような積極的な宣伝と資本主義的な生活のための絶え間ないプッシュの問題は、ほとんどの国のほとんどの人々が正常です彼らの肌の色や髪や体の臭いに恵まれない、あるいは気にしない普通の生活の日常的なビジネスに行く人。私は私が知っているのは知っていますが、私は容易に揺さぶられない教育を受けた人ですテレビの広告はどれくらい簡単に折りたたまれていても邪魔にならない。私は太陽と汗の中で働き、私の肌は暗いのではないと懸念していますが、テレビ広告のために自分自身のことを考え始めた何百万人もの人がいます。彼らは、光沢のある髪のシャンプー女の子たちがあなたに語っているのは、彼らが何であるかを単に恥じているだけです。これが人々の文化に悪影響を及ぼすところです。

周囲に敏感で、周囲に敏感で、騒々しくない、他人を邪魔しない、異例の人に親切で助けになっている人、そして今気持ち良い人は、ゆっくりと敏感で、自己愛的で、不注意に変身していますそれは適切な価値観を失っているのです。それはアフリカの女性に、自分の胸を覆う服を着るべきだと伝えた宣教師を思い出させます。自然に裸であり、それを意識していない女性たちは、その過程で隠れて匂いが増します。感染した疥癬の肉を切ったワイヤーブラジャーを身に付けた人もいたが、宣教師たちは「ネイティブを文明化」するために緊張してアジェンダを押し進めた。それは、人々がテレビやラジオの前に文明化されていないかのように、資本主義の名のもとに人々をより文明化するという議題を押し上げる。

今や、人々が他の人に向かって行動する方法における人々の価値に対するこの絶え間ない攻撃の悪質な影響を見る。彼らの文化は、彼らが他人に優しいと教えてくれました。それは時にはそれに合った時代ではありませんでしたが、今はそれぞれの人が自分のためであり、残りの人は地獄のようです。あなたは、女性はバスや電車の中の座席。あなたは、人々が自分のターンを辛抱強く待っているラインに自分の道を邪魔したときにそれを見ます。あなたが駐車場に入るためにあなたを傷つけ、最初にそこに着くときに侮辱を叫ぶとき、あなたはそれを見る。空港の入国管理員があなたのことを軽蔑して見て、あなたの訪問の目的と滞在期間を無計道に尋ね、どれくらいのお金があなたにあるかを見たいと思っています。

彼らの教師や長老たちを尊敬します。女性が公然に暴行され、何もしないうちに、通り過ぎる人や見る人の中で見ることができます。私は、事故や死に至るが、警察や病院に電話をしていない人の遺物を略奪する人々に見ます。これは文化が堕落して人々を変える方法です。私は、スカンジナビア諸国では、彼の扉は泥棒の犯罪がないからだ。人々は彼らが借りているものを払い、長老たちに敬意を表し、自分たちが練習している良い価値を持って子供たちを育てます。ほとんどの国が、正直さ、勤勉、無私と世話をし、他人に対する関心や懸念が正常だった時がありました。今私たちは

生き残るための闘いと価値観と呼ばれるより良いものを忘れてしまったのです。なぜなら、それはお金と素材の幸福のための欲求なのです。私は古きよろしいでしょうか、貪欲で欲望があり、 便宜、名誉毀損、そして嘘の名前の不道徳は人々を素晴らしいものにしますか? マントラとしての憎悪を使って選出された屈強な政治家は、国家をより高いレベルの道徳的基準に引き上げ、それ自体が悲惨に失敗するでしょうか? 文化は人々を定義し、それらの中で高貴なものを示すものです。 このような退化を犠牲にして生活水準の向上が残念であるため、どこの文化の縮退も悲しい。 それは決して回復できない損失のようなものです。

私は私の次の人生でカラハリのブッシュマンの間に行き、暮らすと思う。 彼らは高貴な人々であり、邪悪なものはずっと前に分かっていて、コークスのボトルのようにそれを避けています。

 
Bunka no suitai sekaijū no watashi wa, hitobito ga mada renshū shi tsudzukete iru jisedai ni tsutaete iru bunka no naka de, subete no mono no shukutai o mimasu. Hitobito wa kachiaru dentō to bunka ga nakereba nani mo arimasen. Karera wa sore o teigi suru hokori no gensen to shite mamoru yō doryoku shite imasu.

Nihon to Mekishiko de kono hokori o kanjimasu. Anata wa, fesutibaru, hosupitariti no shō, soshite manā ya mishiranu hito ni taisuru kandaina shisei o tōshite, kono puraido o bunka no naka de hyōgen shite iru subete no hitobito ni sore o miru koto ga dekimasu. Karera wa karera ga senrensareta hōhō de sore o shimeshi, karera no tabemono to fukusō o junbi suru. Bunka wa tokutei no hitobito o teigi shi, sore o sekaijū no hitobito ni shiraseru monodesu.

Sekai kakuchi kara kita hitobito wa, kuni o shiri, shūkyō-tekidearu ka dō ka o towazu, matsuri ya tabemono o tōshite kuni no bunka no meihakuna hyōgen ni sanka suru tame ni, hoka no kuni o otozureru. Maha kunba Mera to yoba reru sekai saidai no shūkyō hakurankai ni sanka suru tame, maitoshi nan hyaku man-ri mo no junrei-sha ga arahabādo ichi o kudatte ori, dokoni mo byōdōna sonzaide wanai tsuki no nagai matsuri no nigiyaka-sa to yorokobi ni odorokasa remasu.

Karera wa jibun jishin no tame ni, ōpun de, kan’yō de, kangei shi, i ningen no kyōdai kankei ya shimai kankei o tsukuridashite iru, hinzū kyō no bunka no ōkina sokumen o mite imasu. Mekishikoshiti no berrassu arute kyūden no miwaku-tekina āchitēru to karafuruna hane de okonawa reta asuteka no odori ni wa, subarashī mono wa arimasendeshita. Karera wa sutēji de hikarikagayaki, barē, dansu, ongaku, ifuku o tōshite karera no bunka ni ōkina jisonshin o shimeshimashita.

Tomato fesutibaru de Supein ni iku to, tomato o tsumikasanete yogorete shimau supeinhito no yorokobi ni odoroka rerudeshou. Watashi wa yasei no kōgeki-tekina osuushi no mae de hashitte imasenga, tokiniha kiken ni sarasa rete ite mo, karera no keikai o tachikiri, tada no jinsei o tanoshimu tokiniha, karera no bunka no ichibudesu.

Karafuruna horifesutibaru de Indo o otozureta baai wa,-iro no tsuita mizu no supurē o abi tari,-toshi ni ichido tanoshin dari,-go de anata o hōyō shite okashi o kuchi ni ireru. Anata ga bongorori matsuri de Nihon ni irunara, karera wa karera no karafuruna yokatta to kimono no naka de doramā no mawari o odotte iru ma ni karera ni kuwawaru yō ni sasowa remasu. Hitobito no bunka wa otagai ni hijō ni kotonatte ite dokutoku no monodearu tame, bunka no yōna hitobito o teigi suru mono wa arimasen. Watashi wa ōku no kuni o otozureru to iu kojin-tekina keiken o mochi, hotondo no kankōkyaku ga dekinai hōhō de hitobito no bunka o rikai suru yō ni narimashita.

Hitobito wa konkurītojanguru ya kōsō biru no ma ni kakurete iru ka kakusa rete iru suramu o mitsukeyou to hoka no kuni ni ryokō suru koto wa arimasen. Subete no kuni ni wa sorera ga ari, jimoto no hitobito wa sore o hokori ni omotte imasenga, soreha genjitsudesu. Shikashi, mazushī hito 々, Mazushī hito 々, Hanzai ni osowa reta shakai, mafi ​​ a, yasei no yasei no yasei no kodomo-tachi o wasureru chansu ga aru fesutibaru no ma ni, yutaka demo mazushī hitobito demo ikite imasu inu to neko. Fesuta ya kānibaru, shūkyō-tekina mihon’ichi o tsūjita bunka ya shikaku-tekina bunka wa, puresshākukkā no ben no yō ni hataraki, puresshā ga ōkī toki ni jōki o dasu.

Sore wa, gādo o tanoshinde kudasaru tokidesu. Watashitachi wa maitoshi no marudigurafesutibaru no ma, Haichi no pōto o purinsu ni imashita. Soshite, kono yorokobi wa hijō ni karafuruna doresu de machidjū de dono yō ni odotta ka o yorokonde mimashitaga, kono yorokobi wa ichiji-tekina monodeshita. Tōn ton makūto to yoba reru minpei no shiyō ni yotte hitobito o yokuatsu shita dokusai-sha ga un’ei shite ita hijō ni mazushī kunidesuga, Haichi hito wa marudigura no hinkon to zetsubō o wasurete shimaimashita.

Dakara watashi wa bunka ga ikani shite ōku no kuni de sore o mite iru yō ni hitobito no aidentiti o daraku sa se, hakai suru ka ni tsuite kaite okitai tokoro ni kite imasu. Mazu, terebi no yōna media o kayotte, nani ga okotte iru no ka o shimeshite imasu. Josei wa hijō ni kegareta-fuku no naka de, hito shusabetsu shugi-shadearu hito ni yotte jōdan ga kurikaesa re tari, rippushinku wa tsūjō no monodeari, kaigai de ninkinoaru ikutsu ka no shō no gehin’na mohō ga seijōde ukeire kanōde, shō wa popyusutona kakudo no shūeki kakutoku-sha ni suginai mono to minasa remasu.

So no yōna shō wa, kodomo o fukumu shichō-sha ni habahiroi eikyō o ataeru tame, dono kuni no bunka mo shukutai shite imasu. Hinshitsu no waru-sa wa, kūki no jikan o 24-jikan de umeru dake de, mondai o akka sa seru dakedesu. Watashi wa, hoka no shinkō ya hitobito o kōzen to kakushite iru 24-jikan no seisho nageki-shi no chan’neru to,

Anata wa muttsu no kantan’na shiharai to beddo no shita ni kakunō de kuru anata wa yakunitatanai mono. Chan’neru o kirikae tari, terebi o tome tari suru koto wa dekimasuga, media o tsūjita tachinowarui puroguramu de hyōgen sa reta bunka no henshitsu no mondai wa keizoku shite imasu.
Hitobito no seikatsu no subete no sokumen ni shintō shite imasu. Sore wa futsū no bodī no nioi ga waruinode, kōkana deodoranto o kōnyū suru hitsuyō ga aru koto o hitobito ni oshiete imasu. Aruku koto ya hatarakukoto ni yotte ase o kaku koto no nai yō ni oshieru. Sore wa, kurai hada ga yoide wanainode, Mainichi hada o bihaku suru seihin o tekiyō suru hitobito ni tsutaemasu.
Sore wa, josei no tame ni, media no okage de, waisetsu ni seigen ga nai `nani demo’ no shakai ni sunde irunode, kabā suru ijō no mono o shimesu hijō ni taitona minishōtsu ya burausu de josei ga arukimawatte mo daijōbuda to hitobito ni tsutaemasu. Narushishizumu, don’yoku, resutoran de no sōon, eigakan no geitaidenwa de ōgoe de hanashi tari, kōrei-sha ni suwara se tari, basu ni nottari shinai nado no donkan’na kōdō no tame ni.
Watashi wa kono bunka no taema nai mō kōgeki no haigo ni aru koto o shitte imasu. Hitobito wa, terebi ya hoka no media ni kōkoku o keisai suru koto ni yotte, Mainichi jibun no shōhin o uru koto o tsuyoku nozomu shihon shugi no yokkyūdesu. Terebi no hitobito wa, korera no kōkoku kara takusan no okane o tsukuri, sore ga hitobito no bunka ni dono yō ni eikyō suru ka shinpai shite inaishi, sorera ga seijōdearu to ukeire rareru machigatta kachi o oshiete imasu.
Tsūjō no shanpū sa rete inai kami o motte ite, sukinhowaitonā matawa deodoranto o shiyō shite inai hito wa futsūde wanainode, korera no seihin o yori yoku minakereba narimasen. Tsūjō no gaikan to nioi to ase wa mohaya fasshonaburude wa arimasen’node, yōnin dekiru yō ni fasshonaburudenakereba narimasen. Ko no yōna sekigyokutekina senden to shihon shugi-tekina seikatsu no tame no taema nai pusshu no mondai wa, hotondo no kuni no hotondo no hitobito ga seijōdesu karera no hada no iro ya kami ya karada no nioi ni megumarenai, aruiwa kinishinai futsūnoseikatsu no nichijō-tekina bijinesu ni iku hito.
Watashi wa watashi ga shitte iru no wa shitte imasuga, watashi wa yōi ni yusabura renai kyōiku o uketa hitodesu terebi no kōkoku wa dore kurai kantan ni oritatama rete ite mo jama ni naranai. Watashi wa taiyō to ase no naka de hataraki, watashi no hada wa kurai node wa nai to kenen shite imasuga, terebi kōkoku no tame ni jibunjishin’no koto o kangae hajimeta nan hyaku man-ri mo no hito ga imasu. Karera wa, kōtakunoaru kami no shanpū on’nanoko-tachi ga anata ni katatte iru no wa, karera ga nandearu ka o tan’ni hajite iru dakedesu.
Kore ga hitobito no bunka ni akueikyō o oyobosu tokorodesu. Shūi ni binkan de, shūi ni binkan de, sōzōshikunai, tanin o jama shinai, irei no hito ni shinsetsude tasuke ni natte iru hito, soshite ima kimochiyoi hito wa, yukkuri to binkan de, jiko ai-tekide, fuchūi ni henshin shite imasu sore wa tekisetsuna kachikan o ushinatte iru nodesu.
Sore wa Afurika no josei ni, jibun no mune o ōu fuku o kirubekida to tsutaeta senkyōshi o omoidasa semasu. Shizen ni hadakadeari, sore o ishiki shite inai josei-tachi wa, sono katei de kakurete nioi ga mashimasu. Kansen shita kaisen no niku o kitta waiyāburajā o mi ni tsuketa hito moitaga, senkyōshi-tachi wa `neitibu o bunmei-ka’ suru tame ni kinchō shite ajenda o oshisusumeta.
Sore wa, hitobito ga terebi ya rajio no mae ni bunmei-ka sa rete inai ka no yō ni, shihon shugi no na no moto ni hitobito o yori bunmei-ka suru to iu gidai o oshiageru. Imaya, hitobito ga hokanohito ni mukatte kōdō suru hōhō ni okeru hitobito no kachi ni taisuru kono taema nai kōgeki no akushitsuna eikyō o miru. Karera no bunka wa, karera ga tanin ni yasashī to oshiete kuremashita. Sore wa tokiniha sore ni atta jidaide wa arimasendeshitaga, ima wa sorezore no hito ga jibun no tamedeari, nokori no hito wa jigoku no yōdesu.
Anata wa, josei wa basu ya densha no naka no zaseki. Anata wa, hitobito ga jibun no tān o shinbōdzuyoku matte iru rain ni jibun no michi o jama shita toki ni sore o mimasu. Anata ga chūshajō ni hairu tame ni anata o kizutsuke, saisho ni soko ni tsuku toki ni bujoku o sakebu toki, anata wa sore o miru. Kūkō no nyūkoku kanri-in ga anata no koto o keibetsu shite mite, anata no hōmon no mokuteki to taizai kikan o mu-kei michi ni tazune, dorekurai no okane ga anata ni aru ka o mitai to omotte imasu.
Karera no kyōshi ya chōrō-tachi o sonkei shimasu. Josei ga kōzen ni bōkō sa re, nani mo shinai uchi ni, tōrisugiru hito ya miru hito no naka de miru koto ga dekimasu. Watashi wa, jiko ya shi ni itaruga, keisatsu ya byōin ni denwa o shite inai hito no ibutsu o ryakudatsu suru hitobito ni mimasu. Kore wa bunka ga daraku shite hitobito o kaeru hōhōdesu. Watashi wa, Sukanjinabia shokokude wa, kare no tobira wa dorobō no hanzai ga naikarada.
Hitobito wa karera ga karite iru mono o harai, chōrō-tachi ni keii o arawashi, jibun-tachi ga renshū shite iru yoi kachi o motte kodomo-tachi o sodatemasu. Hotondo no kuni ga, shōjiki-sa, kinben, mushi to sewa o shi, tanin ni taisuru kanshin ya kenen ga seijōdatta toki ga arimashita. Ima watashitachihaIkinokoru tame no tatakai to kachikan to yoba reru yori yoi mono o wasurete shimatta nodesu. Nazenara, soreha okane to sozai no kōfuku no tame no yokkyūna nodesu.
Watashi wa furuki yoroshīdeshou ka, don’yoku de yokubō ga ari, bengi, meiyo kison, soshite uso no namae no fudōtoku wa hitobito o subarashī mono ni shimasu ka? Man tora to shite no zōo o tsukatte senshutsu sa reta kukkyōna seijika wa, kokka o yori takai reberu no dōtokuteki kijun ni hikiage, sore jitai ga hisan ni shippai surudeshou ka? Bunka wa hitobito o teigi shi, sorera no naka de kōkina mono o shimesu monodesu. Ko no yōna taika o gisei ni shite seikatsu suijun no kōjō ga zan’nendearu tame, doko no bunka no shukutai mo kanashī. Sore wa kesshite kaifuku dekinai sonshitsu no yōna monodesu.
Watashi wa watashi no tsugi no jinsei de Karahari no busshuman no ma ni iki, kurasu to omou. Karera wa kōkina hitobitodeari, jaakuna mono wa zutto mae ni wakatte ite, kōkusu no botoru no yō ni sore o sakete imasu.

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中