Two stories ( in Japanese)

2階

the-storyteller (1)

出典:ストーリーテラーのGoogleの写真

 

私は私が若かったときに2階建ての論文を読み、数世紀前に存在し、現代的なイスラム社会における関連ICTによって非常に感銘を受けました。彼らは架空の話ですが、かなりありそうな美しい女性の完全な大規模なハーレムを保持イスラム王族に放蕩の歴史を考えます。
王子Aurangjebが出てリモート共有に彼の友達と狩りしたら、彼らは一人で思っていたので、突然、彼は非常に無関心山の春に入浴、美しい女性のグループ全体でカムとき。彼らは直面重武装し、大きなひげを生やした仲間と彼らは彼らに言ったではないし、オフに誰が知っている若い王子とその仲間たちによって守ら白されていました。

誰が彼はトレーダーが王子と王はこれらの最も美しい女性のために巨額の資金を支払っているので、高価格で高貴なハーレムに誘拐された美しい女性を売却彼らは処女でなければなりません目指していました。これらの不幸な女性は、いくつかのハーレムでどこかに終わるアフガニスタン、ペルシャや他の場所で彼らの家から拉致されました。
Aurangjebは皇帝シャー・ジャハーンの末の息子は、彼の妻マムタージ・マハルのためにタージマハル誰が建てられました。この物語は、若い王子についてです。

彼はオフに彼の馬と自分自身を導入してしまったので、若い王子は、特に非常にきれいな女性に惹かれました。トレーダー知る彼は王子尋ねた彼の失礼な行動のために許しを持っているし、償いをしたかったです。王子はその後、女の子を求めて、彼は彼女と一緒に夜の公証人C.を望んでいたと述べました。

トレーダーは抗議と王子は彼の難問を理解  ので、彼は処女のように女の子を売却しなければならないと述べました。彼女は処女でない場合、誰もかかわらず、彼女がどのようにきれいな女性を買わないだろう。

王子を目指すAurangjebを主張し、彼の願いを得ました。
アライズ、彼女は王室と彼女のニーズにこの指輪を表示することができ、彼は女の子に彼の王室の紋章を持っていた彼の金の指輪を与え、必要 サイード翌朝に出席されます。
彼はすぐにすべての彼女について忘れて彼の狩猟と彼の仲間で戯れると続けたので、若い王子にとっては、とっさにちょうど情事でした。

多くの年が経過します。その後、深夜に一晩ヒジャーブで頭から足に黒いベールで覆わ謎の女性が期限切れと呼ばれる目に2つだけのぞき穴はAurangjebの宮殿の警備員に近づき、我々は_him_を見て主張しました。彼女は、それは目標が眠っていた王子を邪魔しないようにガード厳しい注文を 急務であると述べました。それでも女性は目的は彼女が、彼女の訪問の目的は何だったのは誰明らかにしないだろうと主張しました。警備員はまだ彼女を聞かせていませんでした。

そこで彼女は、私たち  がルガード瞬時目標重い金の指輪を輝いていた非常に丁寧に、彼女はついに  に王子と左用のパッケージを与えたように、彼らは王子を邪魔しない可能性があるという彼女の白い手を出します。

彼は目が覚めた、それは設計が非常に珍しいラットケージのゴールのように見えた鋼で作られた奇妙なからくりを見つけるために、ベールときAurangjebは息子の次のベッドà大きなパッケージを見つけました。彼はそれを持って誰求めていた場合には、警備員は、それが目標は、彼らは王子のそれとreconnuことを彼女の指に王室の指輪を持ってそれらを示した彼女の身元を明らかにしなかったヒジャーブを着た女性だったことを言うことができます。

王子は、この事件の頭や物語を作ることができなかったし、すでに前に彼の長い狩猟旅行中に持っていたし、いくつかの奇妙ないたずらにそれを置くと、彼は眠っていた美しい少女を忘れていました。しかし彼は、よく油を塗ったと静かに閉じたが、それでも彼は、ラットのトラップと目的の目的を理解することができませんでしたQUEラケージヘビーデューティドアに気づいていました。

そしてある日、彼はそのようなた手入れの後、王シャー・ジャハーンになるために次の行にしてた彼の年上の半弟ダーラー・シコーからの招待を受けました。ダラはアグラの夏の宮殿を建てていたし、彼は誰もカムが手QUIの夏の宮殿は川ヤムナー下にあった参照して王と彼の兄弟たちにそれを誇示したかったです。

ダラは、上記の建物川は涼しいそれを保ったので、暑い夏の間は涼しいそれを維持することだった建物のqueのル設計を説明しました。すべての有名な宮殿の目標Aurangjeb中に入った王と彼の側近は、重い扉たと静かにわき柱にスライドQUEラに気づきました。これは心の中で警鐘をトリガし、即座に彼は彼が未知の女性から受けていた奇妙なラットケージとの類似性を見ました。

そこで彼は、彼が王を動揺させる大幅に従わないだろう、この目標に来て_him_を命じた王シャー・ジャハーンを怒らドアステップスルーすることを拒否しました。彼は若い王子と彼の縮小手当の権限を奪ったように、彼は任意のものから不服従するのに使用されませんでした。
そして、息子の宮殿àAurangjeb戻って、最終的には秘密がボタンを押したことがベール、その上に秘密のトラップドアを発見した非常に慎重に、そしてラットケージを見ました。ケージは非常によく作られたとその含意は_him_仰天と恐ろしいました。その後、彼はダラの宮殿に行き、秘密は実際にあったかどうかを確認するために彼のスパイを使用しました

天井にOOR。彼らはそれを発見し、それだけで一つのことを意味するかもしれません。それはされたことをスケジュールダラいくつかのいたずらを意味し、密かに王を目指すたAurangjebを含め彼の敵を招待したかったです。一度部屋の中、重いドアシャットは水に聞かせて天井にタップし、ドアが一人一人の内側を殺すだろうことになります。

この情報を使用してAurangjebはその後彼の半弟に直面し、彼の意図が何であったか尋ねた。王は建築家が与えたいくつかのスパイを発見time.Aurangjebが後- ラ神秘的な女性だった、非常に神秘的に死んでいるのが発見ダラ彼は建築  を監督しなかったとして、彼はそれについて何も知らなかったと言っaussi目標を言われました王子はダラ​​のハーレムでのラットトラップだったが、ハーレムの内側に許さ誰もAurangjebが女性に秘密のメッセージを運ぶために彼の宮殿で、若い男の子を尋ねたので、それはすべての時間を守られたんでした。

女の子として服を着た少年はそうどういうわけかアドミタンスを獲得し、警備員は若い女の子が出入りに関するいくつかの疑いを持っていたし、それが男の子であることがわかったにポストを得ました。ダラはメッセンジャー通常カム【選択の結果は避けられた場合には、夜に彼の血の猟犬を解放するために続いて警備員に尋ねました。翌朝ダラは、彼は非常に残念だったQUEラ猟犬がアウトし、

Aurangjebは彼を介してすべての宮殿の陰謀を知っていたので、おそらくそれは彼の宮殿から誰かの体だったことに注意してAurangjebの宮殿に少年の遺体を感じていますそれは彼の宮殿ナダラの誰かではなかったことを完璧なポーカーフェイスを持つスパイとサイードは間違った仮定を作っている必要があります。問題はそこで終わったが、誰もAurangjebを持っていたと警告その女性に何が起こったのか知りませんでした。我々はすべて知っているように、Aurangjebは彼の2人の兄弟を持っていた王は命と王 残りデ息子のためにアグラで刑務所に暗殺パット。

この最後の部分は歴史的に正確です。彼は不運なヒンズー教徒の強制とイスラム教が彼らの寺院の何千人ものと建てモスクを破壊された冷酷な王ました。私は彼が最初の目標aussiの架空のと少し似ているだけで彼の  二階ごとに土で覆われて乞食の墓に埋葬されたオーランガバードに彼の墓を見ました。

それは、ラビンドラナスタゴールによって書かれ、作られた期限切れstones.Aという映画に飢えた若い男が、中央インドの遠隔部分に仕事を受け入れたので、白は独身、彼はホッピングを見つけるために、小さな町に電車で一日を到着しているされていましたレンタルし、彼の新しい に落ち着く家は、彼らの小さな町で新しい誰かを持っている、そう珍しいことだったので、彼らはレンタル使用を見つけるために家を探しに約束したので、小さなベンガルのコミュニティがあること_him_を歓迎したし、持っています  若い男が小さな町が好きで、そこに彼の仕事を開始することに興奮したと_him_お茶offertホストを持っていたウィンドウのデ息子を通して見た、家は町の外にかなり遠隔丘でした。

これは、ホワイトハウスと満月でかなり見えました。彼は丘の上の家についての質問とそれは家賃のために利用可能であった場合は、彼のホストと他の人は 非常に静かで、不安とサイードラ家が  たと誰もが非常に長い時間以来、そこに住んでいない場合。そこに住んで考えてみましょうそれは_him_に適した場所だった場合、彼はいかなる状況の下で何杯と料理人は、若い男が不可解に丘の上の家に描かれ、それを見て、自分自身のために参照することが決定された  とそこに滞在しないだろうしている必要があります賃借します。

彼は幽霊を信じて、それは彼がC.が夜の後、歩行財産の周りに決めた公証人すべて -一日だと思ったしませんでした。家の後ろに彼が登場ぼろでギザギザの岩と非常に急なslopes.Then突然汚い老人のすべてに非常にゴツゴツした山腹を発見し、それはすべて偽物である_him_で叫びました。

離れて行くとヒステリックに笑ったあっちへ行け。それは非常に奇妙な目標は、若者はそれは近くに住んでいた、おそらくいくつかの古いフールだと思ったし、深夜に一部  のプロパティを追い払うことを試みた彼は_を見ているということでした誰かを感じて目が覚めたと見て非常に驚いたでした豊かな服と彼は目が覚めた女の子がいた豊かないくつかの部屋に陽気を作る多くの人々があった別荘で、多くの客室を 見せた誰続く彼女の歩行  の睡眠に従うことを合図宝石 に身を包んだ非常に美しい若い女性シルクで装飾され、多くのオイルランプと で点灯すると、どこで、どのように突然女の子が薄いの中に消えwhen.Then彼は彼女の金に会ったどういうわけか、この女の子の目標は把握できなかったことを彼は知っていた気持ちを振り払うことができませんでした空気とすべては前と同じでした。

は突然のすべての生きて完全に乾燥したカムましたし、すべての豊かな服を着て、多くの美しい女の子がいた庭に ラ噴水に気づい  客室は、彼らが再び目指しとくすくす笑うし、ロックや廊下にはクモの巣で汚れや埃っぽいでした蜃気楼のように消えたと は翌日戻って町に行き、何誰もが彼が  を持っていたトールドよう噴水は、乾燥や葉でいっぱいでした  利益の前の夜は、彼らはすべての良いものは、それから出てくるんだろうなのでそこに戻っていないと嘆願しました。

所は幽霊と幽霊のフルしてそこに住むと番までは誰だったの若い男が再び戻って、唯一のジェスチャーで話をしようと試みる し、再び若い女の子を見たgood.but。彼は彼の目的のために非常に勇敢な若い男だったし、すべてが原因の恐怖に逃げた料理します。とにかく長いと、この物語の短い彼は、以前の物語で語らとして誘拐された女性を販売業者からこの女の子を購入するナワブでアンヴォワをルアーとき、彼はずっと前に彼の前の生活の中で、この若い女の子と恋に落ちていたということですし、彼らはどこかに一緒に逃げました。この仲間は、彼が彼のハーレムそうで探した復讐のために買っていたことが最も美しい女性と一緒に逃げていたことがナワブは激怒しました。

最終的には若い男と女の子が捕獲され、ナワブの別荘にしました。そしてある晩、彼らはそう追わ馬が宮殿の背後にある谷に落ちたおびえた目的を脱出しようとしましたが、彼らはその後、チェースと死のszeneは毎年  た夜のミーム上の幽霊で再現した を死亡しました満月。今回は幽霊少女は息子が時間のニックに感知しàそれは若い男のカムを  前に逃げるために_him_と懇願したので、アップ来ていたまもなく満月の間に本物の若い男を殺すためにアウトだったのから逃げました石は彼の血に飢えたのお化け場所。

私は1つの主要な事実を強調長い時間前に聞いたこれら二つの物語。それはイスラム支配者がオフに彼らが撮影し、様々な国からの美しい女性で満たされ、豪華でいえ仮想奴隷として飼わことハーレムを保持QUEラ歴史家にはよく知られています。奴隷商人は、「日のためにこのような大きな需要があったので女の子を供給することは非常に活発でした。彼らの法律によって彼らはわずか4人の女性と結婚できたが、妾の数に制限はありませんでしたので彼らの道楽には制限がありませんでしたハーレムので、彼らを保ちました。多くの場合、妾はおそらく、いつかブログの別の主題をレビューです定規の目的であることを彼らのオフスプリングをプロットしました。

 

 

Shutten:

Sutōrīterā no gūguru no shashin watashi wa watashi ga wakakatta toki ni 2 gaidate no ronbun o yomi, sūseikimae ni sonzai shi, gendai-tekina Isuramu shakai ni okeru kanren ni yotte hijō ni kanmei o ukemashita. Karera wa kakū no hanashidesuga, kanari ari-sōna utsukushī josei no kanzen’na ōkibona hāremu o hoji Isuramu ōzoku ni hōtō no rekishi o kangaemasu.

Ōji Aurangjeb ga dete rimōto kyōyū ni kare no tomodachi to kari shitara, karera wa hitori de omotte itanode, totsuzen, kare wa hijō ni mukanshin yama no haru ni nyūyoku, utsukushī josei no gurūpu zentai de kamu toki. Karera wa chokumen jū busō shi, ōkina hi-ge o hayashita nakama to karera wa karera ni ittade wanaishi, ofu ni dare ga shitte iru wakai ōji to sono nakama-tachi ni yotte mamora shiro sa rete imashita.

Dare ga kare wa torēdā ga ōji to ō wa korera no mottomo utsukushī josei no tame ni kyogaku no shikin o shiharatte irunode,-kō kakaku de kōkina hāremu ni yūkai sa reta utsukushī josei o baikyaku karera wa shojodenakereba narimasen mezashite imashita. Korera no fukōna josei wa, ikutsu ka no hāremu de doko ka ni owaru Afuganisutan, Perusha ya hoka no basho de karera no ie kara rachi sa remashita.

Aurangjeb wa kōtei shā jahān no sue no musuko wa, kare no tsuma mamutāji maharu no tame ni tājimaharu dare ga tate raremashita. Kono monogatari wa, wakai ōji ni tsuitedesu. Kare wa ofu ni kare no uma to jibun jishin o dōnyū shite shimattanode, wakai ōji wa, tokuni hijō ni kireina josei ni hika remashita. Torēdā shiru kare wa ōji tazuneta kare no shitsureina kōdō no tame ni yurushi o motte irushi, tsugunai o shitakattadesu. Ōji wa sonogo, on’nanoko o motomete, kare wa kanojo to issho ni yoru no kōshōjin C. O nozonde ita to nobemashita.

Torēdā wa kōgi to ōji wa kare no nanmon o rikai shouldsnode, kare wa shojo no yō ni on’nanoko o baikyaku shinakereba naranai to nobemashita. Kanojo wa shojodenai baai, dare mo kakawarazu, kanojo ga dono yō ni kireina josei o kawanaidarou. Ōji o mezasu Aurangjeb o shuchō shi, kare no negai o emashita. Araizu, kanojo wa ōshitsu to kanojo no nīzu ni kono yubiwa o hyōji suru koto ga deki, kare wa on’nanoko ni kare no ōshitsu no monshō o motte ita kare no kin no yubiwa o atae, hitsuyō shoulds saīdo yokuasa ni shusseki sa remasu.

Kare wa sugu ni subete no kanojo ni tsuite wasurete kare no shuryō to kare no nakama de tawamureru to tsudzuketanode, wakai ōji ni totte wa, tossa ni chōdo jōjideshita. Ōku no toshi ga keika shimasu. Sonogo, shin’ya ni hitoban hijābu de atama kara ashi ni kuroi bēru de ōwa nazo no josei ga kigengire to yoba reru me ni tsu dake nozoki ana wa Aurangjeb no kyūden no anchisukiru ni chikadzuki, wareware wa o mite shuchō shimashita.

Kanojo wa, soreha mokuhyō ga nemutte ita ōji o jama shinai yō ni gādo kibishī chūmon o kyūmudearu to nobemashita. Soredemo josei wa mokuteki wa kanojo ga, kanojo no hōmon no mokuteki wa nanidatta no wa dare akiraka ni shinaidarou to shuchō shimashita. Anchisukiru wa mada kanojo o kika sete imasendeshita. Sokode kanojo wa, watashitachi  ga rugādo reconnu shunji mokuhyō omoi kin no yubiwa o kagayaite ita hijō ni teinei ni, kanojo wa tsuini  ni ōji to Sayō no pakkēji o ataeta yō ni, karera wa ōji o jama shinai kanōsei ga aru to iu kanojo no shiroi te o dashimasu.

Kare wa megasameta, soreha sekkei ga hijō ni mezurashī rattokēji no gōru no yō ni mieta hagane de tsukura reta kimyōna karakuri o mitsukeru tame ni, bēru toki Aurangjeb wa musuko no tsugi no beddo à ōkina pakkēji o mitsukemashita. Kare wa sore o motte dare motomete ita baai ni wa, anchisukiru wa, sore ga mokuhyō wa, karera wa ōji no sore to reconnu koto o kanojo no yubi ni ōshitsu no yubiwa o motte sorera o shimeshita kanojo no mimoto o akiraka ni shinakatta hijābu o kita joseidatta koto o iu koto ga dekimasu.

Oji wa, kono jiken no atama ya monogatari o tsukuru koto ga dekinakattashi, sudeni mae ni kare no nagai shuryō ryokō-chū ni motte itashi, ikutsu ka no kimyōna itazura ni sore o oku to, kare wa nemutte ita utsukushī shōjo o wasurete imashita. Shikashi kare wa, yoku abura o nutta to shizuka ni tojitaga, soredemo kare wa, ratto no torappu to mokuteki no mokuteki o rikai suru koto ga dekimasendeshita  rakējihebīde~yūtidoa ni kidzuite imashita.

Soshite aru Ni~Tsu, kare wa sono yō nata teire no ato,-ō shā jahān ni naru tame ni tsugi no gyō ni shi teta kare no toshiue no han otōto dārā shikō kara no shōtai o ukemashita. Dara wa agura no natsu no kyūden o tatete itashi, kare wa dare mo kamu ga te no natsu no kyūden wa kawa yamunā-ka ni atta sanshō shite ō to kare no kyōdai-tachi ni sore o koji shitakattadesu.

Dara wa, jōki no tatemono kawa wa suzushī sore o tamottanode, atsui natsu no ma wa suzushī sore o iji suru kotodatta tatemono no que no ru sekkei o setsumei shimashita. Subete no yūmeina kyūden no mokuhyō Aurangjeb-chū ni haitta ō to kare no sokkin wa, omoi tobirata to shizuka ni waki-bashira ni suraido  ra ni kidzukimashita. Kore wa kokoro no naka de keishō o toriga shi, sokuza ni kare wa kare ga michi no josei kara ukete ita kimyōna rattokēji to no ruiji-sei o mimashita.

Sokode kare wa, kare ga ō o dōyō sa seru ōhaba ni shitagawanaidarou, kono mokuhyō ni kite o meijita ō shā jahān o okora doasuteppusurū suru koto o kyohi shimashita. Kare wa wakai ōji to kare no shukushō teate no kengen o ubatta yō ni, kare wa nin’i no mono kara fu fukujū suru no ni shiyō sa remasendeshita. Soshite, musuko no kyūden àAurangjeb modotte, saishūtekini wa himitsu ga botan o oshita koto ga bēru, sono-jō ni himitsu no torappudoa o hakken shita hijō ni shinchō ni, soshite rattokēji o mimashita. Kēji wa hijō ni yoku tsukurareta to sono gan’i wa gyōten to osoroshi imashita.

Sonogo, kare wa dara no kyūden ni iki, himitsu wa jissai ni atta ka dō ka o kakunin suru tame ni kare no supai o shiyō shimashitaTenjō ni . Karera wa sore o hakken shi, sore dake de hitotsu no koto o imi suru kamo shiremasen. Soreha sa reta koto o sukejūrudara ikutsu ka no itazura o imi shi, hisokani-ō o mezasuta Aurangjeb o fukume kare no teki o shōtai shitakattadesu. Ichido heya no naka, omoi doashatto wa mizu ni kika sete tenjō ni tappu shi, doa ga hitorihitori no uchigawa o korosudarou koto ni narimasu.

Kono jōhō o shiyō shite Aurangjeb wa sonogo kare no han otōto ni chokumen shi, kare no ito ga nandeatta ka tazuneta. Ō wa kenchikka ga ataeta ikutsu ka no supai o hakken time. Aurangjeb ga ato – aussi  ra shinpi-tekina joseidatta, hijō ni shinpi-teki ni shinde iru no ga hakken dara kare wa kenchiku . O kantoku shinakatta to shite, kare wa sore ni tsuite nani mo shiranakatta to i~tsuaussi mokuhyō o iwa remashita ōji wa dara ​​ no hāremu de no rattotorappudattaga, hāremu no uchigawa ni yurusa dare mo Aurangjeb ga josei ni himitsu no messēji o hakobu tame ni kare no kyūden de, wakai otokonoko o tazunetanode, soreha subete no jikan o mamora reta ndeshita.

On’nanoko to shite fuku o kita shōnen wa sō dō iu wake ka adomitansu o kakutoku shi, anchisukiru wa wakai on’nanoko ga deiri ni kansuru ikutsu ka no utagai o motte itashi, sore ga otokonokodearu koto ga wakatta .Ni posuto o emashita. Dara wa messenjā tsūjō kamu [sentaku no kekka wa yoke rareta baai ni wa, yoru ni kare no chi no ryōken o kaihō suru tame ni tsudzuite anchisukiru ni tazunemashita. Yokuasa dara wa, kare wa hijō ni zan’nendatta  ra ryōken ga auto shi.

Aurangjeb wa kare o kaishite subete no kyūden no inbō o shitte itanode, osoraku sore wa kare no kyūden kara dareka no karadadatta koto ni chūi shite Aurangjeb no kyūden ni shōnen no itai o kanjite imasu sore wa kare no kyūden nadara no darekade wa nakatta koto o kanpekina pōkāfeisu o motsu supai to saīdo wa machigatta katei o tsukutte iru hitsuyō ga arimasu.

Mondai wa soko de owatta ga, dare mo Aurangjeb o motte ita to keikoku sono josei ni nani ga okotta no ka shirimasendeshita. Wareware wa subete shitte iru yō ni, Aurangjeb wa kare no 2-ri no kyōdai o motte ita ō wa inochi to Ō devenu suto nokori de musuko no tame ni agura de keimusho ni ansatsu patto. Kono saigo no bubun wa rekishi-teki ni seikakudesu. Kare wa fuun’na hinzū kyōto no kyōsei to Isuramukyō ga karera no jiin no nan sen-ri mono to tate mosuku o hakai sa reta reikokuna ōmashita.

Watashi wa kare ga saisho no mokuhyō aussi no kakū no to sukoshi nite iru dake de kare no wish. The ni-kai-goto ni tsuchi de ōwa rete kojiki no haka ni maisō sa reta ōrangabādo ni kare no haka o mimashita. Sore wa, rabindoranasutagōru ni yotte kaka re, tsukurareta kigengire stones. A to iu eiga ni ueta wakai otoko ga, chūō Indo no enkaku bubun ni shigoto o ukeiretanode, shiro wa dokushin, kare wa hoppingu o mitsukeru tame ni, chīsana machi ni densha de tsuitachi o tōchaku shite iru sa rete imashita rentaru shi, kare no atarashī job.

Zea ni ochitsuku ie wa, karera no chīsana machi de atarashī dareka o motte iru,-sō mezurashī kotodattanode, karera wa rentaru shiyō o mitsukeru tame ni ie o sagashi ni yakusoku shitanode, chīsana Bengaru no komyuniti ga aru koto  o kangei shitashi, motte imasu cook.  Wakai otoko ga chīsana machi ga sukide, soko ni kare no shigoto o kaishi suru koto ni kōfun shita to  ocha offert hosuto o motte ita u~indō no de musuko o tōshite mita,-ka wa machi no soto ni kanari enkaku okadeshita.

Kore wa, Howaitohausu to mangetsu de kanari miemashita. Kare wa oka no ue no ie ni tsuite no shitsumon to soreha yachin no tame ni riyō kanōdeatta baai wa, kare no hosuto to hokanohito wa suto devenu hijō ni shizukade, fuan to saīdo  ra-ka ga hauntedta to daremoga hijō ni nagai jikan irai, soko ni sunde inai baai. Soko ni sunde kangaete mimashou soreha ni tekishita bashodatta baai, kare wa ikanaru jōkyō no shita de nanbai to ryōri hito wa, wakai otoko ga fukakai ni oka no ue no ie ni egaka re, sore o mite, jibun jishin no tame ni sanshō suru koto ga kettei sa reta him.

Soko ni taizai shinaidarou shite iru hitsuyō ga arimasu chinshaku shimasu. Kare wa yūrei o shinjite, sore wa kare ga C. Ga yoru no ato, hokō zaisan no mawari ni kimeta kōshōjin subete non – sense. So tsuitachida to omottashimasendeshita. Ie no ushironi kare ga tōjō boro de gizagiza no iwa to hijō ni kyūna . Totsuzen kitanai rōjin no subete ni hijō ni gotsugotsu shita sanpuku o hakken shi, soreha subete nisemonodearu _ him _ de sakebimashita.

Hanarete ikuto hisuterikku ni waratta atchi e ike. Sore wa hijō ni kimyōna mokuhyō wa, wakamono wa sore wa chikaku ni sunde ita, osoraku ikutsu ka no furui fūruda to omottashi, shin’ya ni ichibu . No puropati o oiharau koto o kokoromita kare wa o mite iru to iu kotodeshita dareka o kanjite megasameta to mite hijō ni odoroitadeshita yutakana fuku to kare wa megasameta on’nanoko ga ita yutakana ikutsu ka no heya ni yōki o tsukuru ōku no hitobito ga atta bessō de, ōku no kyakushitsu o  miseta dare tsudzuku kanojo no hokō silently.

Raiku no suimin ni shitagau koto o aizu hōseki  ni mi o tsutsunda hijō ni utsukushī wakai josei shiruku de sōshoku sa re, ōku no oiru ranpu to chandeliers. He de tentō suru to, doko de, dono yō ni totsuzen on’nanoko ga usui no naka ni kie . Kare wa kanojo no kin ni atta dōiu wake ka, kono on’nanoko no mokuhyō wa haaku dekinakatta koto o kare wa shitteita kimochi o furiharau koto ga dekimasendeshita kūki to subete wa mae to onajideshita.

Kare wa totsuzen no subete no ikite kanzen ni kansōshita kamumashitashi, subete no yutakana fuku o kite, ōku no utsukushī on’nanoko ga ita niwa ni ra funsui ni kidzui kyakushitsu wa, karera ga futatabi mezashi  kusukusuwarau shi, rokku ya rōka ni wa kumonosu de yogore ya hokorippoideshita shinkirō no yō ni kieta to bifoa. He wa yokujitsu modotte machi ni iki, nan daremoga kare ga  o motte ita tōrudo-yō funsui wa, kansō ya ha de ippaideshitaErienced rieki no mae no yoru wa, karera wa subete no yoimono wa, sore kara dete kuru ndarou nanode soko ni modotte inai to tangan shimashita.

Basho wa yūrei to yūrei no furu shite soko ni sumu to ban made wa daredatta no wakai otoko ga futatabi modotte, yuiitsu no jesuchā de hanashi o shiyou to kokoromiru shi, futatabi wakai on’nanoko o mita guddo.  Kare wa kare no mokuteki no tame ni hijō ni yūkan’na wakai otokodattashi, subete ga gen’in no kyōfu ni nigeta ryōri shimasu. Tonikaku nagai to, kono monogatari no mijikai kare wa, izen no monogatari de katara to shite yūkai sa reta josei o hanbai gyōsha kara kono on’nanoko o kōnyū suru nawabu de an’vu~owa o ruā toki, kare wa zutto mae ni kare no mae no seikatsu no naka de, kono wakai on’nanoko to koiniochite ita to iu kotodesushi, karera wa doko ka ni issho ni nigemashita.

Kono nakama wa, kare ga kare no hāremu-sōde sagashita fukushū no tame ni katte ita koto ga mottomo utsukushī josei to issho ni nigete ita koto ga nawabu wa gekido shimashita. Saishūtekini wa wakai otoko to on’nanoko ga hokaku sa re, nawabu no bessō ni shimashita. Soshite aru ban, karera wa sō owa uma ga kyūden no haigo ni aru tani ni ochita obieta mokuteki o dasshutsu shiyou to shimashitaga, karera wa sonogo, chēsu to shi no szene wa maitoshi  ta yoru no mīmu -jō no yūrei de saigen shita together.

O shibō shimashita mangetsu. Konkai wa yūrei shōjo wa musuko ga jikan no Nikku ni kanchi shi à sore wa wakai otoko no kamu o happened. The mae ni nigeru tame ni  to kongan shitanode, appu kite ita mamonaku mangetsu no ma ni honmono no wakai otoko o korosu tame ni autodatta no kara nigemashita ishi wa kare no chi ni ueta no obake basho. Watashi wa 1tsu no shuyōna jijitsu o kyōchō nagai jikan mae ni kiita korera futatsu no monogatari.

Sore wa Isuramu shihai-sha gaofu ni karera ga satsuei shi, samazamana kuni kara no utsukushī josei de mitasa re, gōka de ie kasō dorei to shite kawa koto hāremu o hoji QUE ra rekishiya ni wa yoku shira rete imasu. Dorei shōnin wa,`-bi no tame ni ko no yōna ōkina juyō ga attanode on’nanoko o kyōkyū suru koto wa hijō ni kappatsudeshita. Karera no hōritsu ni yotte karera wa wazuka 4-ri no josei to kekkon de kita ga, mekake no kazu ni seigen wa arimasendeshitanode karera no dōraku ni wa seigen ga arimasendeshita hāremunode, karera o tamochimashita. Ōku no baai, mekake wa osoraku, itsuka burogu no betsu no shudai o rebyūdesu jōgi no mokutekidearu koto o karera no ofusupuringu o purotto shimashita.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中