The old age care ( in Japanese)

Care

Source : Google photo

老後のケア
私はフィリピンで、ここでテレビ番組を見ていたところ貧しい人々は、政府が運営する、いわゆる古い時代の家に住んでぞっとするような条件で見せた記者。
彼らは、古い男性と女性でもマットレスまたはシートとどのように彼らはすべての住民のための十分なベッドを持っていなかったので、二人の女性は、シングルベッドを共有せずに裸の鉄のベッドの上で寝る方法を紹介しました。一般的なリフレインは、政府がそのテレビの記者がそれを必要とする食料やその他の物資を持ち込むことによって、古い人を後援する民間のドナーを求めているの世話をする必要があるすべての人の世話をするための資金を持っていないことです。
四半期が適切か、定期的にすべてのための資金の不足の清掃されていないので非衛生的な条件は、昔の人々が住んでいる記者や異臭を訴えました。
傷口に塩をこするためにこれらの記者はその後、古いものと病人を尋ねる愚かであり、どのような問題彼らの彼らの息子や娘は、なぜそれらを訪問していないので、必死に彼らが必要とする物資をもたらします。それは私が病院に行くか、なぜ私は医療保険を購入しない理由はありません非常に貧しい人々や病人を尋ねるようなものです。
昔の人々は、単にリアリティTVのようなもので、良い評価を得る応答で涙を流しそして何の答えは存在しない愚かな質問をする古い時代の家の現在の状況を示しながら、このような鈍感さは記者の中でWHOが一般的です。

しかし、人生はリアリティTVショーではありません。これは、貧困国では一般的な話ですが、いわゆる多くの先進国クラブは、類似したもの問題に直面しています。いくつかは、物理的に住民の参加者を虐待し、彼らのために軽蔑と全く無視を示すことがクリアリー示されているいくつかの家庭で撮影したCCTVの映像がありました。誰が本当にそこに記録するために何のカメラではないか、意図的にそう誰もそれを知っているんだろうオフになっている古い時代の家に行くのかを知っています。

何の医療保険と彼らと彼らは非常によく、スタッフが世話をしている家に住んでする余裕が中所得の人々の世話をするために誰を持っていない貧しい高齢者の間に大きな格差があります。
古い時代の家は、すべてのインド上で発芽されているが、彼らはそれらを買う余裕いただける方を誘致する事業ですとして構築されています。インターネットはそのような家庭に満ちているある美しい住民が自分の部屋を取得し、住民が大きな共通のダイニングルームを持って出席、中どこへ24/7看護師や他の介護者です庭のエーカーに囲まれたことはどこに良い食べ物住民がチェスをするか、ペイントや自分のコンピュータを使用して書くことができる場合は、提供しています。このような家庭にそれらが提供する完全な医療はに引退するには良い場所にしますが、あなたがお金を持っている場合にのみ.ITは、貧しい人々のための間違いではありません。
だからここでこの世界の貧しい人々が老後に行くと、なぜ彼らは自分彼らの子供たちの家に滞在することはできません、なぜそれらを無視しますか?
私は今それの名前を覚えてすることはできませんが、このテーマに作られた映画がありました。それは非常に古い女性は未婚女性の娘で世話をして自分のWHOの家に住んでいたことを示しました。ある日、ソーシャルワーカーは、彼女にチェックするために現れた、発熱や痛みに、彼女の体にあざを持つ歳の女性を見つけました。昔の女性は、彼女が倒れて自分自身を傷つけるが、ソーシャルワーカーが納得できなかったので、警察に事件を報告したと述べました。
警察は女性が自分の未婚女性の娘で彼女は彼女の不運な母親に彼女の怒りを取り出して、彼女はひどく扱わ彼女を嫌っとWHOは彼女の世話をしたくなかったことを殴られたが分かりました。
老婆は彼女がソーシャルワーカーにそのことについて嘘をついたことを認めることのように恥じていました。私は映画の残りの部分を思い出すことができないが、未婚女性は重罪で起訴されました。
それらを虐待して、それらを養うなかったので老夫婦が密かにわずか数持ち物義理の娘で夜中に家を出たインドで私たちの近所の別のケースがありました。夫婦は、宗教団体が運営する高齢者宅に避難を求めたが、場合によってこのような単離されたものから遠く離れています。
彼女は別の家族から来て、彼女は彼女自身の両親のために非常に多くの家族が結果を苦しむだろうと同じ気持ちを持っていないため、法律の娘と老人との関係でも最良の環境の下で正常な関係ではありません上記の場合のように述べ。

通常いえば、息子は母系社会における家父長制社会と娘に両親の面倒を見ることになったが彼らが病気や微弱な場合どのように多くは親の世話をするのですか?今、私は貧しい人々がそんなに彼らの子孫によって無視されているWHO書いていますが、それは唯一の貧しい人々に限定されるものではありません。

私たちは息子や娘が頻繁に彼らの両親がどこかに古い時代の家に入れて、米国で見て、コストを支払うことは、彼らの義務を行うことを検討してください。彼らはめったに彼らはとても孤独であり、そのrelatを希望する年の11をそれらを訪問していないが、母の日や父の日にカードまたはいくつかの花を送信しますアイヴスや友人は​​たまにそれらを訪問します。私はそれをここに言及されますので、私はどこかで読ん古典的な物語があります。会社の管理者の妻だったと彼女の自宅で快適に住んでいた女性がいた、細心の注意を払って彼女の子供を上げ、など誕生日などのすべての重要なイベントを記録するためにそれらの写真を撮りましたさらには彼らの最初の散歩の8ミリ映画、学校での最初の日を作りました。

彼女は完璧な母親が育った彼女の 子供たち . の子供たちに溺愛し、最も の子供たちがそうであるように家を出し、彼女と一緒に定期的に連絡を取り合うませんでした。娘はドロップアウトとポットヒッピー喫煙と1人の息子が軍に入隊し、第三は、母親と連絡を保つていない西に出住んでいる間、ドイツに基づいていた間、無差別生活をしました。彼らはまた、女性は古く、彼女は一人で自宅に滞在扱うことができませんでした医学的な問題を持っていたので病院に住むことにした彼ら  兄弟. 今  との接触を維持していませんでした。彼女の夫が死亡し、彼女の子供たちは彼女の近くにどこにもなかった 持っていました 。

誰も彼女が百科事典を読み始めて、彼女の正気を維持し、すべての ボリューム . 1日ヒッピー娘は彼女の母親が最大だったし、何彼女は具体的に彼女の家や他について行うことを計画かを知るために現れた読むために病院で彼女を訪問していません物事。老婦人は彼女が彼女の家に車を寄贈いたし、自宅と彼女は彼女が喜んとして行うことと題されたので、それは彼女の慈善団体と回答しました。これは娘をお願いしていなかったし、彼女は彼女がためだけプロパティの後に非常に怒っていたと彼女は、この物語の中でレッスンのとき 子. そこだった彼女の偉大な世話をした彼女の母親について気にしませんでした残しました。

それは両親とその子供たちの間で、この関係は相互の愛や子供たちの貪欲に基づいてばかりギブアンドテイクの関係に基づいているかどうかの関係です。彼らの豊かな人々が子供たちに可能な限り最高の家を与えるどこでも.  今  大変な仕事なので子供たちから良い子育てを愛し、彼らにおもちゃのすべての種類を購入し、貧しいながら、良い大学に後で良い学校にそれらを送信していない場合は、すべての親は尊敬に値します親が同じことを行うことはできませんが、彼らは彼の本は、預言者と呼ばれる たくさん . として彼らの子孫を愛していないという意味ではありません、カリル・ジブラーン作家と哲学者は、子供たちはすべてを除き、彼らの両親の愛と尊敬には何も借りていないことを言います両親は、彼らが彼らに上げる苦難を通過し、親が世話など、お金、贈り物を要求することは非常に不公平です親が特別に彼らの子供彼らはアメリカに行くか、または彼らのために新しい家を建てるために新しい車やチケットを要求するので、海外ている者の要望を作るために、ここフィリピンでのようないくつかの文化では、それは非常に許容可能です。彼らは彼らがそれらを高めるために持っていた彼らのために行われたすべての支払いに子供たちのターンであることを認めます。

このような態度は、道徳的に弁解の余地ありとこのような親が自己respect.Thereが、私は今日は娘の結婚式の日の贈り物として、それを考えてみましょうが、あなたがする必要があります場合は、時間が来るかもしれない」と言うゴッドファーザーの映画の中のシーンで持っていないことを示していますこれは、自分の老後のために準備する必要があり自尊心を持っているので、需要このような人を作るために親の間違っていると言うこと」.  カール・ジブランを返済。人々は貧しく、自分たちの生活は、このブログの対象となっている貧しい哀れな 残る すべて  自分自身 .

人 の世話をすることができないときには自尊心が不足しています。豊かな人々は、自分の世話をすることができますし、彼らは古い時代に子供たちに依存しないが、貧しい人々は、彼らは前に述べた 政府  .にそれほど依存して、これはそうではありません、彼らの政府は、彼らが彼らの眠ってしまう失敗します最低限はしばしば欠けている非常に非衛生的な古い時代の家のケアで裸鋼用ベッド。私は、彼らが  食べる. 彼ら に十分を得れば彼らは良い仕事を得るために必要なすべての教育を受けるので貧しい人々はしなかったされているかわかりません。彼らは多くの子供を生産したが、それらの世話を良い学校にそれらを送信し、彼らの人生で成功するために必要なもの、それらを与えることができませんでした。このような子どもたちは、非常に低いpay.Thisになって最悪のか卑しい仕事で多くの麻薬中毒者や売春婦として終わる貧困はより多くの貧困を生む悪循環です。

そここの問題に対する簡単な答えはありませんが、私は悪いと非常に教育なしだったの多くの人が知っている、まだ彼らはまともな生活を管理し、ハードワークを通じて繁栄と 正直な .そこが、私はハードワークの結果と呼ばれる書いたブログです残っていることおそらく、ESTAの点で一見の価値があります。私はすべてのそれらの古い人々に同情しながら一人暮らしや劣悪な条件の下で 誰  古い時代の家で、私は一人一人が、また彼の人生とどのように彼または彼女はそれを使うことを決定する責任があると感じています。多くの貧しい人々が彼らの純粋なハードワークと誠実を通じて貧困を超えて上昇と貧困そのものは究極の犯人ではありません。私は、すべての政府がその彼らの貧しい生活水準のためのジョブを作成し、彼らを上げ敬礼します。これは、すべての貧しい人々が彼らの悪循環から抜け出すために必要な機会です。一つの中国の当局者は彼らの政府が私の何百を上げたと述べました

彼らのために雇用を創出し、全国に非常に近代的でまともな宿舎を建てたことで貧困のうち市民の 何百万   。これは違反は約ハープ西部のプレスよりも最大の人権成果でした。私は同意します。貧しい何人々はそれをすべてのほとんどはまともな仕事とモダンな設備で住むには良いと清潔な場所である必要があります。中国と同じ規模ではなく、これらの彼らは正しい方向に向かっていることを両国が表示されてはいないが、インドで起こっているような努力が、あります。私のブログは、同様のトピックに関する残りの以前の日は、一見ややおそらく価値があると呼ばれます。

 

 

Rōgo no kea watashi wa Firipin de, koko de terebibangu o mite ita tokoro mazushī hitobito wa, seifu ga un’ei suru, iwayuru furui jidai no ie ni sunde zotto suru yōna jōken de miseta kisha. Karera wa, furui dansei to josei demo mattoresu matawa shīto todo no yō ni karera wa subete no jūmin no tame no jūbun’na beddo o motte inakattanode, futari no josei wa, shinguru beddo o kyōyū sezu ni hadaka no tetsu no beddo no ue de neru hōhō o shōkai shimashita.

Ippantekina rifurein wa, seifu ga sono terebi no kisha ga sore o hitsuyō to suru shokuryō ya sonohoka no busshi o mochikomu koto ni yotte, furui hito o kōen suru minkan no donā o motomete iru no sewa o suruhitsuyōgāru subete no hito no sewa o suru tame no shikin o motte inai kotodesu. Shihanki ga tekisetsu ka, teikitekini subete no tame no shikin no fusoku no seisō sa rete inainode hi eisei-tekina jōken wa, mukashi no hitobito ga sunde iru kisha ya ishū o uttaemashita.

Kizuguchinishio o kosuru tame ni korera no kisha wa sonogo, furui mono to byōnin o tazuneru orokadeari, do no yōna mondai karera no karera no musuko ya musume wa, naze sorera o hōmon shite inainode, hisshi ni karera ga hitsuyō to suru busshi o motarashimasu. Sore wa watashi ga byōin ni iku ka, naze watashi wa iryō hoken o kōnyū shinai riyū wa arimasen hijō ni mazushī hitobito ya byōnin o tazuneru yōna monodesu. Mukashi no hitobito wa, tan’ni riariti TV no yōna mono de, yoi hyōka o eru ōtō de namida o nagashi soshite nani no kotaeha sonzaishinai orokana shitsumon o suru furui jidai no ie no genzai no jōkyō o shimeshinagara, kono yōna donkan-sa wa kisha no naka de fū ga ippan-tekidesu. Shikashi, jinsei wa riariti TV shōde wa arimasen.

Kore wa, hinkon-kokude wa ippantekina-banashidesuga, iwayuru ōku no senshinkoku kurabu wa, ruiji shita mono mondai ni chokumen shite imasu. Ikutsu ka wa, butsuri-teki ni jūmin no sankasha o gyakutai shi, karera no tame ni keibetsu to mattaku mushi o shimesu koto ga kuriarī shimesa rete iru ikutsu ka no katei de satsuei shita CCTV no eizō ga arimashita. Dare ga hontōni soko ni kiroku suru tame ni nani no kamerade wanai ka, itotekini sō dare mo sore o shitte iru ndarou ofu ni natte iru furui jidai no ie ni iku no ka o shitte imasu.

Nani no iryō hoken to karera to karera wa hijō ni yoku, sutaffu ga sewa o shite iru ie ni sunde suru yoyū ga chū shotoku no hitobito no sewa o suru tame ni dare o motteinai mazushī kōrei-sha no ma ni ōkina kakusa ga arimasu. Furui jidai no ie wa, subete no Indo-jō de hatsuga sa rete iruga, karera wa sorera o kau yoyū itadakeru-kata o yūchi suru jigyōdesu to shite kōchiku sa rete imasu. Intānetto wa sono yōna katei ni michite iru aru utsukushī jūmin ga jibun no heya o shutoku shi, jūmin ga ōkina kyōtsū no dainingurūmu o motte shusseki,-chū doko e 24/ 7 kankoshi ya hoka no kaigo-shadesu niwa no ēkā ni kakoma reta koto wa doko ni yoi tabemono jūmin ga chesu o suru ka, peinto ya jibun no konpyūta o shiyō shite kaku koto ga dekiru baai wa, teikyō shite imasu.

Ko no yōna katei ni sorera ga teikyō suru kanzen’na iryō wa ni intai suru ni wa yoi basho ni shimasuga, anata ga okane o motte iru baai ni nomi. IT wa, mazushī hitobito no tame no machigaide wa arimasen. Dakara koko de kono sekai no mazushī hitobito ga rōgo ni iku to, naze karera wa jibun karera no kodomo-tachi no ie ni taizai suru koto wa dekimasen, naze sorera o mushi shimasu ka? Watashi wa ima sore no namae o oboete suru koto wa dekimasenga, kono tēma ni tsukura reta eiga ga arimashita. Sore wa hijō ni furui josei wa mikon josei no musume de sewa o shite jibun no fū no ie ni sunde ita koto o shimeshimashita.

Aru Ni~Tsu, sōsharuwākā wa, kanojo ni chekku suru tame ni arawareta, hatsunetsu ya itami ni, kanojo no karada ni aza o motsu toshi no josei o mitsukemashita. Mukashi no josei wa, kanojo ga taorete jibun jishin o kizutsukeruga, sōsharuwākā ga nattoku dekinakattanode, keisatsu ni jiken o hōkoku shita to nobemashita. Keisatsu wa josei ga jibun no mikon josei no musume de kanojo wa kanojo no fuun’na hahaoya ni kanojo no ikari o toridashite, kanojo wa hidoku atsukawa kanojo o iyatto fū wa kanojo no sewa o shitakunakatta koto o nagurareta ga wakarimashita.

Rōba wa kanojo ga sōsharuwākā ni sono koto ni tsuite uso o tsuita koto o shitatameru koto no yō ni hajite imashita. Watashi wa eiga no nokori no bubun o omoidasu koto ga dekinaiga, mikon josei wa jūzai de kiso sa remashita. Sorera o gyakutai shite, sorera o yashinaunakattanode rōfūfu ga hisoka ni wazuka sū mochimono giri no musume de yonaka ni ie o deta Indo de watashitachi no kinjo no betsu no kēsu ga arimashita. Fūfu wa, shūkyō dantai ga un’ei suru kōrei-sha taku ni hinan o motometaga, baainiyotte kono yōna tanri sa reta mono kara tōkuhanarete imasu.

Kanojo wa betsu no kazoku kara kite, kanojo wa kanojo jishin no ryōshin no tame ni hijō ni ōku no kazoku ga kekka o kurushimudarou to onaji kimochi o motte inai tame, hōritsu no musume to rōjin to no kankei demo sairyō no kankyō no shita de seijōna kankeide wa arimasen jōki no baai no yō ni nobe. Tsūjō ieba, musuko wa bokei shakai ni okeru kafuchōsei shakai to musume ni ryōshin no mendō o miru koto ni nattaga karera ga byōki ya bijakuna baai dono yō ni ōku wa oya no sewa o suru nodesu ka?

Ima, watashi wa mazushī hitobito ga son’nani karera no shison ni yotte mushi sa rete iru fū kaite imasuga, soreha yuiitsu no mazushī hitobito ni gentei sa reru monode wa arimasen. Watashitachiha musuko ya musume ga hinpan ni karera no ryōshin ga doko ka ni furui jidai no ie ni irete, Beikoku de mite, kosuto o shiharau koto wa, karera no gimu o okonau koto o kentō shite kudasai. Karera wa mettani karera wa totemo kodokudeari, sono relat o kibō suru toshi no 11 o sorera o hōmon shite inaiga, haha no hi ya chichi no hi ni kādo matawa ikutsu ka no hana o sōshin shimasuAivusu ya yūjin wa ​​ tamani sorera o hōmon shimasu.

Watashi wa sore o koko ni genkyū sa remasunode, watashi wa doko ka de yon koten-tekina monogatari ga arimasu. Kaisha no kanrisha no tsumadatta to kanojo no jitaku de kaiteki ni sunde ita josei ga ita, saishin no chūi o haratte kanojo no kodomo o age, nado tanjōbi nado no subete no jūyōna ibento o kiroku suru tame ni sorera no shashin o torimashita sarani wa karera no saisho no sanpo no 8miri eiga, gakkō de no saisho no hi o tsukurimashita. Kanojo wa kanpekina hahaoya ga sodatta kanojo no kids. The fū no kodomo-tachi ni dekiai shi, mosuto no kodomo-tachi ga sōdearu yō ni ie o dashi, kanojo to issho ni teikitekini renrakuwotoriaumasendeshita.

Musume wa doroppuauto to pottohippī kitsuen to 1-ri no musuko ga gun ni nyūtai shi, daisan wa, hahaoya to renraku o tamotsute inai nishi ni de sunde iru ma, Doitsu ni motodzuite ita ma, musabetsu seikatsu o shimashita. Karera wa mata, josei wa furuku, kanojo wa hitori de jitaku ni taizai atsukau koto ga dekimasendeshita igaku-tekina mondai o motte itanode byōin ni sumu koto ni shita karera no siblings. Now to no sesshoku o iji shite imasendeshita. Kanojo no otto ga shibō shi, kanojo no kodomo-tachi wa kanojo no chikaku ni dokoni mo nakatta HAD.

Dare mo kanojo ga hakkajiten o yomi hajimete, kanojo no shōki o iji shi, subete no volume. Then 1-nichi hippī musume wa kanojo no hahaoya ga saidaidattashi, nan kanojo wa gutaitekini kanojo no ie ya hoka ni tsuite okonau koto o keikaku ka o shiru tame ni arawareta yomu tame ni byōin de kanojo o hōmon shite imasen monogoto. Rō fujin wa kanojo ga kanojo no ie ni kuruma o kizō itashi, jitaku to kanojo wa kanojo ga yorokon to shite okonau koto to daisa retanode, sore wa kanojo no jizen dantai to kaitō shimashita.

Kore wa musume o onegai shite inakattashi, kanojo wa kanojo ga tame dake puropati no nochi ni hijō ni okotte ita to kanojo wa, kono monogatari no naka de ressun no toki child. Zeadatta kanojo no idaina sewa o shita kanojo no hahaoya ni tsuite ki ni shimasendeshita nokoshimashita. Sore wa ryōshin to sono kodomo-tachi no ma de, kono kankei wa sōgo no ai ya kodomo-tachi no don’yoku nimotozuite bakari gibuandoteiku no kankei ni motodzuite iru ka dō ka no kankeidesu.

Karera no yutakana hitobito ga kodomo-tachi ni kanōnakagiri saikō no ie o ataeru anywhere. Now taihen’na shigotonanode kodomo-tachi kara yoi kosodate o aishi, karera ni omocha no subete no shurui o kōnyū shi, mazushīnagara, yoi daigaku ni atode yoi gakkō ni sorera o sōshin shite inai baai wa, subete no oya wa sonkei ni ataishimasu oya ga onaji koto o okonau koto wa dekimasenga, karera wa kare no hon wa, yogen-sha to yoba reru much.

In to shite karera no shison o aishite inai to iu imide wa arimasen, kariru jiburān sakka to tetsugakumono wa, kodomo-tachi wa subete o nozoki, karera no ryōshin no ai to sonkei ni wa nani mo karite inai koto o iimasu ryōshin wa, karera ga karera ni ageru kunan o tsūka shi, oya ga sewa nado, okane, okurimono o yōkyū suru koto wa hijō ni fukōheidesu oya ga tokubetsu ni karera no kodomo karera wa Amerika ni iku ka, matawa karera no tame ni atarashī ie o tateru tame ni atarashī kuruma ya chiketto o yōkyū surunode, kaigaite iru mono no yōbō o tsukuru tame ni, koko Firipin de no yōna ikutsu ka no bunkade wa, sore wa hijō ni kyoyō kanōdesu. Karera wa karera ga sorera o takameru tame ni motte ita karera no tame ni okonawa reta subete no shiharai ni kodomo-tachi no tāndearu koto o mitomemasu.

Ko no yōna taido wa, dōtokuteki ni benkai no yochi ari toko no yōna oya ga jiko respect. Zea ga, watashi wa kyō wa musume no kekkonshiki no hi no okurimono to shite, sore o kangaete mimashouga, anata ga suru hitsuyō ga arimasu baai wa, jikan ga kuru kamo shirenai’ to iu goddofāzā no eiga no naka no shīn de motte inai koto o shimeshite imasu koreha, jibun no rōgo no tame ni junbi suru hitsuyō ga ari jisonshin o motte irunode, juyō ko no yōna hito o tsukuru tame ni oya no machigatte iru to iu koto’. Gibran o hensai. Hitobito wa mazushiku, jibun-tachi no seikatsu wa, kono burogu no taishō to natte iru mazushī awarena REMAIN subete themselves.

Pīpuru no sewa o suru koto ga dekinai tokiniha jisonshin ga fusoku shite imasu. Yutakana hitobito wa, jibun no sewa o suru koto ga dekimasushi, karera wa furui jidai ni kodomo-tachi ni izon shinaiga, mazushī hitobito wa, karera wa mae ni nobeta gabamento. As ni sorehodo izon shite, kore wa sōde wa arimasen, karera no seifu wa, karera ga karera no nemu tte shimau shippai shimasu saiteigen wa shibashiba kakete iru hijō ni hi eisei-tekina furui jidai no ie no kea de hadaka-kō-yō beddo. Watashi wa, karera ga eat. They ni jūbun o ereba karera wa yoi shigoto o eru tame ni hitsuyōna subete no kyōiku o ukeru node mazushī hitobito wa shinakatta sa rete iru ka wakarimasen.

Karera wa ōku no kodomo o seisan shitaga, sorera no sewa o yoi gakkō ni sorera o sōshin shi, karera no jinsei de seikō suru tame ni hitsuyōnamono, sorera o ataeru koto ga dekimasendeshita. Ko no yōna kodomo-tachi wa, hijō ni hikui pay. Disu ni natte saiaku no ka iyashī shigoto de ōku no mayaku chūdoku-sha ya baishunpu to shite owaru hinkon wa yori ōku no hinkon o umu akujunkandesu. Soko kono mondai ni taisuru kantan’na kotae wa arimasenga, watashi wa warui to hijō ni kyōiku nashidatta no ōku no hito ga shitte iru, mada karera wa matomona seikatsu o kanri shi, hādowāku o tsūjite han’ei to onesuto.

Zea ga, watashi wa hādowāku no kekka to yoba reru kaita burogudesu nokotte iru koto osoraku, esuta no ten de ikken no kachi ga arimasu. Watashi wa subete no sorera no furui hitobito ni dōjō shinagara hitorigurashi ya retsuakuna jōken no shita de fū furui jidai no ie de, watashi wa hitorihitori ga, mata kare no jinsei todo no yō ni kare matawa kanojo wa sore o tsukau koto o kettei suru sekinin ga aru to kanjite imasu. Ōku no mazushī hitobito ga karera no junsuina hādowāku to seijitsu o tsūjite hinkon o koete jōshō to hinkon sonomono wa kyūkyoku no han’ninde wa arimasen.

Watashi wa, subete no seifu ga sono karera no mazushī seikatsu suijun no tame no jobu o sakusei shi, karera o age keirei shimasu. Kore wa, subete no mazushī hitobito ga karera no akujunkan kara nukedasu tame ni hitsuyōna kikaidesu. Hitotsu no Chūgoku no tōkyoku-sha wa karera no seifu ga watashi no nanbyaku o ageta to nobemashitaKarera no tame ni koyō o sōshutsu shi, zenkoku ni hijō ni kindai-tekide matomona shukusha o tateta koto de hinkon no uchi shimin no llions.

Kore wa ihan wa yaku hāpu seibu no puresu yori mo saidai no jinken seikadeshita. Watashi wa dōi shimasu. Mazushī nan hitobito wa sore o subete no hotondo wa matomona shigoto to modan’na setsubi de sumu ni wa yoi to seiketsuna bashodearu hitsuyō ga arimasu. Chūgoku to onaji kibode wa naku, korera no karera wa tadashī hōkō ni mukatte iru koto o ryōkoku ga hyōji sa rete wa inaiga, Indo de okotte iru yōna doryoku ga, arimasu. Watashi no burogu wa, dōyō no topikku ni kansuru nokori no izen no hi wa, ikken yaya osoraku kachigāru to yoba remasu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中