Adoption is an act of altruism ( in Japanese)

採用は利他主義の行為です
download (4)

出典:Googleの写真

私は娘がいたカップルを知っていた。彼女は先天的な欠陥を持って生まれ、彼女の頭の中に頭が詰まって頭の中に溜まって、圧力をかけて頭を痛めた。彼女は外科手術を受けていて、頭皮にチューブを挿入して体液を抜くが、彼女はまだ苦しんだ。医師は、問題を解決するためのさらなる手術は実現不可能であったので、彼女の両親は非常に失望し、病気の娘とできるだけよく生きようとしました。

彼女は私の冗談を笑って子供の好奇心を込めて私の話を聞いたので、10歳のときに彼女が亡くなったことを知ったときに悲しかった。彼女の祖父母と彼女の両親は荒廃していたし、遠慮なく壁に彼女の写真を見ましたが、感情で窒息しました。
私がそれらを訪問したときに、私は両親がまだ非常に散漫であることが分かった。医師は、父親が次の子供に渡す遺伝的障害を持っているため、彼らが産むかもしれない将来の子どももいくらかの先天性欠損を伴って生まれると警告していた。

だから私は、子供だけ、子供のように彼らに大きな喜びをもたらす子供、少年、少女の採用を真剣に検討すべきだと彼らに伝えました。これはまた、傷ついた魂の香りのように振る舞い、彼らは自分のものとしてこの子供を愛し、子供が受けるべきすべての愛と注意を彼または彼女に与えることを学びます。私は、どんな女性も出産することができると説明していますが、養子を自分のものとして育て、愛とケアをすべて与え、適切な教育を受けて育てることは、特別なスキルと慈悲深い態度を必要とします。

彼らは、子供が他の親を知りませんし、後で彼が彼が採用されたと言われても、彼らを本当の親として愛するので、彼は彼または彼女が採用されていると感じることがないようにしてはいけません。

私は、愛と家庭を求めている何千人もの子どもたちが、彼らの生物学的親がさまざまな理由で彼らの世話をすることができないので、言った。非合法の子供たちは特に自分自身の過失のせいで脆弱ですが、採用が非常にまれなインドでは違法であるという社会的な汚名があります。
彼らは注意深く聞いたが、何も言わなかった。私はアイデアの種を彼らの心に植え付けましたが、それが何かに相当するかどうかを知る方法はありませんでした。

母親が彼女を放棄して逃げた病院で、健康な女の子を見つけて女の子や男の子を養子にしたいと思っていた医者を見つけたという手紙を彼らが受け取った1年が経過しているかもしれません彼らは赤ちゃんが家をすぐに必要とすると言った。とても興奮して、彼らは赤ちゃんを迎えに行き、とてもスマートなことをしました。彼らは親としての名前の出生証明書を持っていたので、今彼女は法的な子供でした。

次のインド訪問時に、私はそれらを見に行き、目のリンゴと彼女の祖父母の一歳である1歳の赤ちゃんを見て喜んでいました。子供はとても活発で、キッチンを含む家のいたるところで這うような問題にならないように、柔らかいつなぎを彼女の足に縛った。

養子縁組はインドではまれであるため、子どもを養子にしたというニュースは猛烈に広まりましたが、誰もが子供の生活に喜びをもたらし、賢明な決定を下したことを祝福したことに誰も同意しませんでした。その間に祖父母は、それが私の考えであることを完全に忘れていましたが、それは私にとって重要ではありませんでした。私の意見を聞いている人は私のアドバイスを受けるのが普通です。とてもうれしかったです。

何年も後にある日、私は送付者が10歳以上の子どもとして、そして学校でコンピュータを学習して自分自身を紹介したeメールを受け取りました。私を信じて、私はもっと幸せになれませんでした。

私はエチオピアの飢えた赤ちゃんの写真を見て、美しい健康で笑っている今の子供の写真と彼女を同情させた白人の女性が、私は養子縁組について書き始めました。
私は多くの人々が不幸で、エチオピアでその子供のように飢えている子供を養子にしていますが、子供を探すためにエチオピアに行く必要はありません。あなた自身のコミュニティには、出産時に放棄された多くの権利があります。病院は、養子縁組機関に彼らを渡します。養子縁組機関には、保護者となる親のリストがたくさんあります。

彼女がマラウイから子供たちを養子にしたとき、愛情のある世界を世界に見せてくれたマドンナが私の心に浮かぶが、他の国々には不運に心を開いて、彼らを自分のものとして育てる多くの人がいる。

クリスチャンの間で注目すべき点は、そのような親が人種差別を受けておらず、黒人またはアジア人の子供たちを彼ら自身の白人の子供たちと一緒に養子にすることです。
インドでは、養子縁組を検討するにあたって女性は嫌わしい彼女は自分のことを愛し、自分のものではない子供と愛と家庭を共有することはできません。ステップ・チャイルドをどのように女性や男性が扱うかについての恐ろしい話があります。昔は、最初の妻が死亡した場合、男性は2番目の妻を妻にしたことが多いため、最初の妻の子供を意味する踏み台の子供の問題が彼らを悩ませた問題になりました。

医学的理由で子供を育てることができなかった人は、妻が養子縁組を受け入れることができなかったため、子供がいませんでした。私は今までに例外を1つしか見ていませんでしたが、今ではインビトロの授精技術の進歩により、コストと意識の欠如のためにインドでの練習ではありません。女性はまだ生まれる前に「10ヶ月と10日間は子供が料理をしなければならない」と信じており、彼らは超音のことを聞いたことがない国です。

私たちの娘が生まれる前は、医者は私たちに超音波を示しましたが、インドでは彼らが私たちが知っていると信じられませんでした。彼らは、生まれるまで誰も子供の性別を知ることができないと言い、私は静かにした。あなたは、そのようなことについてインドの女性ほど愚かではないと主張することはできませんでした。私はドアノブがよりスマートであると思う。インドに広まっている少女の子供に対する文化的偏見について書くようになるので、医師はこの偏見のために子供の性別を知らなくても教えない。女性は、すべてが男性の子供が欲しいので、女の子が生まれなければならないことを知ったら、妊娠を終わらせます。

隣人の女性が私たちの相互フェンスで成長していたニームの木を切り落とさないとき、ニームの木は彼女の息子の未来には良いとは言いませんでした。彼女は息子しかいなかったので、翌日彼女は木を切り落とした。したがって何十万人もの女性の子供たちが打ち切られ、文明的で現代的であると主張する国では非常に恥ずかしいことです。正当な理由で子供が嫌がらせされ、侮辱されているので、女性は合法であるかどうかにかかわらず、いかなる養子縁組も好きではありません。私は10歳の赤ちゃんの女の子を養子にしてコンピューターを学ぶカップルの勇気を称賛します。他の国では、代理母親が有料で他の人のために子供を育てることが多いため、賃貸タイプの商業化の子宮は現在信用できません。

大都市のスラム街でシロアリのような木材のように見える何百人もの子供たちが出会うのを見て、私はしばしば両親が養うことができないものの、子供を産むことを続けます。これは貧困国の大きな社会問題です。米国、オーストラリア、ヨーロッパ諸国では​​、放棄された子供のために少年の家と女の子の家を設立することがよくありますが、これらの子供たちの治療方法についても多くのホラーストーリーがあります。彼らは宗教姉妹によって運営されている1つのアイルランドの家に何百という墓地を見つけましたが、彼らがいつ、どのように死亡したかは分かりませんでした。

オーストラリアのネイティブの子供たちがオーストラリア政府によって強制的に両親から引き取られ、そのような子供のために厳しく管理された家庭で英語と西洋の方法を学ぶ。今では政府が過去に犯されたこのような悲劇のためにネイティブオーストラリア人に謝罪したばかりです。リトルツリーと呼ばれるネイティブアメリカンの子供が祖父母の愛情あふれるケアから強制的に奪われたリトルツリーの教育という映画があります丘の中で男の子の家に入れてください。彼は孤独で、文化的にも人種的にも偏見がある先生に答えるために正直であるためにしばしば処罰されました。最後に、彼の祖父は救助に来て、彼を山に戻しました。

彼らは白人で、アメリカ先住民の子供を養子にしました。それは美しい映画だった。私は黒人のアフリカの男性と黒人のアフリカの女性と結婚している白いフランスの男性と結婚している白いフランス人の女性を見たことがあるが、フランスはいつもそのような結婚が受け入れられているその美しいムラートの子供たちは、他の場所。多くの人が子供を養子にして受け入れられる多文化社会のホールマークです。しかし、特に多文化ではなく、インドのように婚姻が一般的でない国ではそうではないので、そのような人々は養子縁組を受け入れるのに苦労します。宗教も同様に役割を果たします。キリスト教徒は、恵まれない人々に慈善的になるように教えられ、ベトナム戦争後数千人の難民を受け入れ、何千人もの子供たちを養子にしました。

教会は避難所を開いて飼い、家に帰って新しく到着した人たちがどこかに落ち着くようにしています。私は心を開いて子供に新しい家、新しい希望と新しい人生を与えることを褒め称えます。これは、インドを含む多くの善良な人々に見られる純粋な利他主義の行為です。

 
Saiyō wa rita shugi no kōidesu   shutten: Gūguru no shashin watashi wa musume ga ita kappuru o shitteita. Kanojo wa sententekina kekkan o motte umare, kanojo no atama no naka ni atama ga tsumatte atama no naka ni tamatte, atsuryoku o kakete atama o itameta. Kanojo wa geka shujutsu o ukete ite, tōhi ni chūbu o sōnyū shite taieki o nukuga, kanojo wa mada kurushinda.

Ishi wa, mondai o kaiketsu suru tame no saranaru shujutsu wa jitsugen fukanōdeattanode, kanojo no ryōshin wa hijō ni shitsubō shi, byōki no musume to dekirudake yoku ikiyou to shimashita. Kanojo wa watashi no jōdan o waratte kodomo no kōki kokorowokomete watashi no hanashi o kiitanode, 10-sai no toki ni kanojo ga nakunatta koto o shitta toki ni kanashikatta. Kanojo no sofubo to kanojo no ryōshin wa kōhai shite itashi, enryonaku kabe ni kanojo no shashin o mimashitaga, kanjō de chissoku shimashita.

Watashi ga sorera o hōmon shita toki ni, watashi wa ryōshin ga mada hijō ni sanmandearu koto ga wakatta. Ishi wa, chichioya ga tsugi no kodomo ni watasu iden-teki shōgai o motte iru tame, karera ga umu kamo shirenai shōrai no kodomo mo ikuraka no senten-sei kesson o tomonatte umareru to keikoku shite ita. Dakara watashi wa, kodomodake, kodomo no yō ni karera ni ōkina yorokobi o motarasu kodomo, shōnen, shōjo no saiyō o shinken ni kentō subekida to karera ni tsutaemashita.

Kore wa mata, kizutsuita tamashī no kaori no yō ni furumai, karera wa jibun no mono to shite kono kodomo o aishi, kodomo ga ukerubeki subete no ai to chūi o kare matawa kanojo ni ataeru koto o manabimasu. Watashi wa, don’na josei mo shussan suru koto ga dekiru to setsumei shite imasuga, yōshi o jibun no mono to shite sodate, ai to kea o subete atae, tekisetsuna kyōiku o ukete sodateru koto wa, tokubetsuna sukiru to jihibukai taido o hitsuyō to shimasu.

Karera wa, kodomo ga hoka no oya o shirimasenshi,-go de kare ga kare ga saiyō sa reta to iwa rete mo, karera o hontō no oya to shite aisurunode, kare wa kare matawa kanojo ga saiyō sa rete iru to kanjiru koto ga nai yō ni shite wa ikemasen. Watashi wa, ai to katei o motomete iru nan sen-ri mo no kodomo-tachi ga, karera no ikimonogaku-teki oya ga samazamana riyū de karera no sewa o suru koto ga dekinainode, itta. Higōhō no kodomo-tachi wa tokuni jibunjishin’no kashitsu no sei de zeijakudesuga, saiyō ga hijō ni marena Indode wa ihōdearu to iu shakai-tekina omei ga arimasu. Karera wa chūibukaku kiitaga, nani mo iwanakatta.

Watashi wa aidea no tane o karera no kokoro ni uetsukemashitaga, soregananika ni sōtō suru ka dō ka o shiru hōhō wa arimasendeshita. Hahaoya ga kanojo o hōki shite nigeta byōin de, kenkōna on’nanoko o mitsukete on’nanoko ya otokonoko o yōshi ni shitai to omotte ita isha o mitsuketa to iu tegami o karera ga uketotta 1-nen ga keika shite iru kamo shiremasen karera wa akachan ga ie o sugu ni hitsuyō to suru to itta. Totemo kōfun shite, karera wa akachan o mukae ni iki, totemo sumātona koto o shimashita. Karera wa oya to shite no namae no shusseishōmeisho o motte itanode, ima kanojo wa hōtekina kodomodeshita.

Tsugi no Indo hōmon-ji ni, watashi wa sorera o mi ni iki,-me no ringo to kanojo no sofubo no ichi-saidearu 1-sai no akachan o mite yorokonde imashita. Kodomo wa totemo kappatsude, kitchin o fukumu ie no itaru tokoro de hau yōna mondai ni naranai yō ni, yawarakai tsunagi o kanojo no ashi ni shibatta. Yōshi engumi wa Indode wa maredearu tame, kodomo o yōshi ni shita to iu nyūsu wa mōretsu ni hiromarimashitaga, daremoga kodomo no seikatsu ni yorokobi o motarashi, kenmeina kettei o kudashita koto o shukufuku shita koto ni dare mo dōi shimasendeshita.

Sonoaida ni sofubo wa, sore ga watashi no kangaedearu koto o kanzen ni wasurete imashitaga, sore wa watashi ni totte jūyōde wa arimasendeshita. Watashi no iken o kiite iru hito wa watashi no adobaisu o ukeru no ga futsūdesu. Totemo ureshikattadesu. Nan’nen mo-go ni aru hi, watashi wa sōfu-sha ga 10-sai ijō no kodomo to shite, soshite gakkō de konpyūta o gakushū shite jibun jishin o shōkai shita e mēru o uketorimashita. Watashi o shinjite, watashi wa motto shiawase ni naremasendeshita.

Watashi wa Echiopia no ueta akachan no shashin o mite, utsukushī kenkōde waratte iru ima no kodomo no shashin to kanojo o dōjō sa seta hakujin no josei ga, watashi wa yōshi engumi ni tsuite kaki hajimemashita. Watashi wa ōku no hitobito ga fukō de, Echiopia de sono kodomo no yō ni uete iru kodomo o yōshi ni shite imasuga, kodomo o sagasu tame ni Echiopia ni iku hitsuyō wa arimasen. Anata jishin no komyuniti ni wa, shussan-ji ni hōki sa reta ōku no kenri ga arimasu.

Byōin wa, yōshi engumi kikan ni karera o watashimasu. Yōshi engumi kikan ni wa, hogo-sha to naru oya no risuto ga takusan arimasu. Kanojo ga Maraui kara kodomo-tachi o yōshi ni shita toki, aijō no aru sekai o sekai ni misete kureta madon’na ga watashi no kokoro ni ukabu ga, hoka no kuniguni ni wa fuun ni kokorowohiraite, karera o jibun no mono to shite sodateru ōku no hito ga iru. Kurisuchan no ma de chūmoku subeki ten wa, sono yōna oya ga hito shusabetsu o ukete orazu, kokujin matawa Ajia hito no kodomo-tachi o karera jishin no hakujin no kodomo-tachi to issho ni yōshi ni suru kotodesu.

Indode wa, yōshi engumi o kentō suru ni atatte josei wa kirawa shīKanojo wa jibun no koto o aishi, jibun no monode wanai kodomo to ai to katei o kyōyū suru koto wa dekimasen. Suteppu Chairudo o dono yō ni josei ya dansei ga atsukau ka ni tsuite no osoroshī hanashi ga arimasu. Mukashi wa, saisho no tsuma ga shibō shita baai, dansei wa 2-banme no tsuma o tsuma ni shita koto ga ōi tame, saisho no tsuma no kodomo o imi suru fumidai no kodomo no mondai ga karera o nayama seta mondai ni narimashita. Igaku-teki riyū de kodomo o sodateru koto ga dekinakatta hito wa, tsuma ga yōshi engumi o ukeireru koto ga dekinakatta tame, kodomo ga imasendeshita.

Watashi wa ima made ni reigai o 1tsu shika mite imasendeshitaga, ima dewa inbitoro no jusei gijutsu no shinpo ni yori, kosuto to ishiki no ketsujo no tame ni Indo de no renshūde wa arimasen. Josei wa mada umareru mae ni `10-kagetsu to 10-kakan wa kodomo ga ryōri o shinakereba naranai’ to shinjite ori, karera wa chō-on no koto o kiita koto ga nai kunidesu. Watashitachi no musume ga umareru mae wa, isha wa watashitachi ni chōonpa o shimeshimashitaga, Indode wa karera ga watashitachi ga shitte iru to shinji raremasendeshita.

Karera wa, umareru made dare mo kodomo no seibetsu o shiru koto ga dekinai to ii, watashi wa shizukani shita. Anata wa, sono yōna koto ni tsuite Indo no josei hodo orokade wa nai to shuchō suru koto wa dekimasendeshita. Watashi wa doanobu ga yori sumātodearu to omou. Indo ni hiromatte iru shōjo no kodomo ni taisuru bunka-teki henken ni tsuite kaku yō ni narunode, ishi wa kono henken no tame ni kodomo no seibetsu o shiranakute mo oshienai.

Josei wa, subete ga dansei no kodomo ga hoshīnode, on’nanoko ga umarenakereba naranai koto o shittara, ninshin o owara semasu. Rinjin no josei ga watashitachi no sōgo fensu de seichō shite ita nīmu no ki o kiriotosanai toki, nīmu no ki wa kanojo no musuko no mirai ni wa yoi to wa iimasendeshita. Kanojo wa musuko shika inakattanode, yokujitsu kanojo wa ki o kiriotoshita.

Shitagatte nanjūman’nin mo no josei no kodomo-tachi ga uchikira re, bunmei-tekide gendai-tekidearu to shuchō suru kunide wa hijō ni hazukashī kotodesu. Seitōnariyū de kodomo ga iyagarase sa re, bujoku sa rete irunode, josei wa gōhōdearu ka dō ka ni kakawarazu, ikanaru yōshi engumi mo sukide wa arimasen. Watashi wa 10-sai no akachan no on’nanoko o yōshi ni shite konpyūtā o manabu kappuru no yūki o shōsan shimasu. Hoka no kunide wa, dairi hahaoya ga yūryō de hokanohito no tame ni kodomo o sodateru koto ga ōi tame, chintai taipu no shōgyō-ka no shikyū wa genzai shin’yō dekimasen.

Daitoshi no suramu machi de shiroari no yōna mokuzai no yōnimieru nan hyaku-ri mo no kodomo-tachi ga deau no o mite, watashi wa shibashiba ryōshin ga yashinau koto ga dekinai mono no, kodomo o umu koto o tsudzukemasu. Kore wa hinkon-koku no ōkina shakaimondaidesu. Beikoku, ōsutoraria, yōroppa shokokude wa ​​, hōki sa reta kodomonotameni shōnen no ie to on’nanoko no ie o setsuritsu suru koto ga yoku arimasuga, korera no kodomo-tachi no chiryō hōhō ni tsuite mo ōku no horāsutōrī ga arimasu.

Karera wa shūkyō shimai ni yotte un’ei sa rete iru 1tsu no Airurando no ie ni nan hyaku to iu bochi o mitsukemashitaga, karera ga itsu, dono yō ni shibō shita ka wa wakarimasendeshita. Ōsutoraria no neitibu no kodomo-tachi ga ōsutoraria seifu ni yotte kyōsei-teki ni ryōshin kara hikitora re, sono yōna kodomo no tame ni kibishiku kanri sa reta katei de eigo to seiyō no hōhō o manabu. Ima dewa seifu ga kako ni okasa re tako no yōna higeki no tame ni neitibuōsutoraria hito ni shazai shita bakaridesu.

Ritorutsurī to yoba reru neitibuamerikan no kodomo ga sofubo no aijō afureru kea kara kyōsei-teki ni ubawa reta ritorutsurī no kyōiku to iu eiga ga arimasu oka no naka de otokonoko no ie ni irete kudasai. Kare wa kodoku de, bunka-teki ni mo jinshu-teki ni mo henken ga aru sensei ni kotaeru tame ni shōjikidearu tame ni shibashiba shobatsu sa remashita. Saigo ni, kare no sofu wa kyūjo ni kite, kare o yama ni modoshimashita. Karera wa hakujin de, Amerika senjūmin no kodomo o yōshi ni shimashita.

Sore wa utsukushī eigadatta. Watashi wa kokujin no Afurika no dansei to kokujin no Afurika no josei to kekkon shite iru shiroi Furansu no dansei to kekkon shite iru shiroi furansuhito no josei o mita koto ga aru ga, Furansu wa itsumo sono yōna kekkon ga ukeire rarete iru sono utsukushī murāto no kodomo-tachi wa, hoka no basho. Ōku no hito ga kodomo o yōshi ni shite ukeire rareru ta bunka shakai no hōrumākudesu.

Shikashi, tokuni ta bunkade wa naku, Indo no yō ni kon’in ga ippan-tekidenai kunide wa sōde wanainode, sono yōna hitobito wa yōshi engumi o ukeireru no ni kurō shimasu. Shūkyō mo dōyō ni yakuwari o hatashimasu. Kirisutokyōto wa, megumarenai hitobito ni jizen-teki ni naru yō ni oshie rare, Betonamu sensō-go sū sen-ri no nanmin o ukeire, nan sen-ri mo no kodomo-tachi o yōshi ni shimashita.

Kyōkai wa hinansho o aite kai,-ka ni kaette atarashiku tōchaku shita hito-tachi ga doko ka ni ochitsuku yō ni shite imasu. Watashi wa kokorowohiraite kodomo ni atarashī ie, atarashī kibō to atarashī jinsei o ataeru koto o hometataemasu. Kore wa, Indo o fukumu ōku no zenryōna hitobito ni mi rareru junsuina rita shugi no kōidesu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中