Toxic people ( in Japanese)

有毒な人々
Toxic-relationships-toxic-people-just-say-no

出典:Googleの写真

大学には私のクラスには仲間がいませんでしたが、私は非常に少数でしたが、私は家族のためにいくつかのものを購入していたショッピングセンターで、私は一晩中私を逃げました。

彼はどこから出てきて突然現れた。私は彼が私に50ルピーを要求したときに非常に驚いていた。それは当時はたくさんのお金だった。彼はお金が必要だと言っていましたが、私はただの学生で、自分の持っているお金は持っていませんでしたが、彼はまだ金額を求めていました。彼はちょうど答えのためにノーを取っていないので、私は彼に私の父のお金の5ルピーを与えた。言うまでもなく、彼は決してお金を返さず、クラスで私を無視し続けました。

彼は卒業し、借金を残しました。なぜなら、誰かから金を借りるというこの悪い習慣を持っていたことが判明したからです。ある日、彼は姿を消して、おそらくどこかで仕事を見つけました。彼は人が決して会うことのない有毒な人でした。彼は他の人のユーザーとして悪い印象を残しました。ほとんどの人が人生で遭遇するような人がたくさんいます。

有毒な人の別の古典的なケースがありますので、私はこの話も同様に伝えます。
英国で吊り裁判官として知られていた裁判官の唯一の息子だった若い人がいました。彼の母親は、彼女がとても不幸だったので悲しみで亡くなりました。そのため、息子は弁護士や裁判官になれずに何かをすることに決めました。これは彼の息子にとって良いものを決めた彼の丈夫な父親とうまく座りませんでしたので、彼は息子に田舎の不動産に戻って彼の将来について真剣に考えるように命じました。

その若い男が従業員が彼の世話をしてくれた不動産屋敷に滞在している間に、彼はすぐに彼を訪ね、招かれずに到着したということを知らない彼の同級生の手紙を受け取りました。
友人ではなく礼儀から外れていた彼らの関係は冷たく、若い男は彼を受け入れ、彼を快適にするためにできることをしました。この不本意なゲストは、彼が与えることができなかったいつも全面的な注意を要求し始め、ある日は彼が他のものをするように自分自身を占めるように言った。彼は教会で美しい女の子に会い、彼女が彼に魅了されていることを知ったので、彼は裁判所に支払いを始め、しばしば村で彼女と会うために行った。

その後、ゲストは秘密裏に彼を追跡してどこに行ったのかを知り、彼らが木の下に座って話していることを知ったので、その美しい少女に裁判官の息子が他のものの中でも卑劣な人物であるという匿名の手紙を書いた。その結果、彼女は自分自身が非常に混乱していることが分かり、最後に出芽関係を壊しました。

若い男は女の子のように心を傷つけ、ロンドンに戻って彼の飢えた生活や憂うつな未来へと戻った。これは故意に美しい関係を破壊した非常に有毒な人の古典的な例です。

あなたは決してあなたの人生の中で、あなたの友人になることは決してない、またはあなたの友人でふりをして、さまざまな形で害を及ぼす多くの有毒な人に会ったのです。彼らはどこにでもいるようです。彼らはあなたの学校にいる、彼らはあなたのコミュニティにいる、彼らはあなたのオフィスとあなたの社会界にいます。彼らは自分自身の利己的な理由で人々を使う権利があると常に考える、誇張、要求、無頓着、極度に自己愛的で、自己中心的で嫉妬のタイプの人々かもしれません。

彼らがあなたの事務所の仲間であれば、常にあなたからの恩恵を要求することによって彼らの真の色を示し、拒否されればあなたに逆らうでしょう。彼らはあなたの肩を見て、あなたが何をしているのかを見ます。彼らはあなたが計画している、または書き込んでいるプロジェクトについての考えが深く、彼らがゴシップしている間に、あなたを妨害するために絶え間なくチャットします。これはおそらく毒性のある人の最良の指標です。

ナイトクラブに招待され、評判の悪いバーで飲酒することを拒否した場合、彼らはそれを侮辱的な態度で受け取り、あなたの事をオフィスで噂するでしょう。他の人々を不幸にするために生まれた人々から逃げることはありません。

若い年齢では、あなたの学校でそれらを見つけることができます。彼らは常にあなたの注意、時間、あなたの宿題、お金を要求したり、あなたの携帯電話を使用する傾向がある男の子または女の子かもしれません。彼らの本当の性質を理解しているので、あなたが彼らから離れていくと、彼らはあなたについての偽りの噂を広めるでしょう。 Facebookやその他のソーシャルメディアが普及した今、誰かを困らせるために写真を撮った写真を妥協するなど、何かを公開するのは簡単です。

彼らは生徒を選んだり、スマートで、少数派のグループに属したり、民族の民族に属したりします。これは人種的に動機づけられているかもしれませんが、単にあなたがそれらより賢く、常にクラスのトップにいるので、あなたの業績を嫉妬している可能性があります。私は、高校の女の子の中で、自分のギャングを形成し、友情を求めている甘い女の子にはひどくふるまうが、何の費用もかからない女の子の中でこれを見た。

後であなたがオフィスで働いている生活の中で、あなたは同じ種類の有毒な人々に会います。私は研究農業経営者として優れた仕事をしていると受け入れることができなかった仲間を知っていました。そのように評価されていたので、私は自分の研究データを見栄えが悪いと思っているとの考えを広げ始めました。私が成功したプロジェクトを成功させるために働かなければならなかったことを知っていた人々は、私を非常に支持していましたが、多くの国でこのような有毒な人々の多くに会ってきました。私の経験から学んだことは、あなたの人生に乗ってください。

私はそのような人々を受け入れることは決してありませんし、時には彼らの方法が忌まわしいことをいつもとても鈍いと言いました。人生にはあらゆる種類の人がいます。あなたの友情を大切にする真の偉大な人々もいます。彼らは避けなければならない人々の一種です。子供の頃は、若い頃の私たちが他人の邪悪な性質を完全に理解しておらず、誰も信じたくないという欲望を持っているので、私たちは自然に寛容です。しかし、年を重ねるにつれて、似ている人と興味と同様の背景。

どのコミュニティでも、あなたに課す人を見出し、しばしばそれを否定することができないような好意を求めます。彼らは友情の偽善を使用しますが、実際の友人は誰も使用せず、または人を当然のために服用しないので、あなたの友人ではありません。あなたが運が良ければ、あなたは前提条件なしで、そのような人々は稀であり、見つけるのは難しいですが、あなたが少しでも助けが必要な、精力的に働く正直な人をあなたの中に見ているからです。私はメンターになった少数の人に会った。

私たちの農学部の所長であった他の教授が、保証人としてのパスポートの申請に躊躇せずに署名しましたが、私は彼に近づいたときに書類に署名しました。彼がそうすることは危険なことかもしれません。しかし、これらの善良な人々は私を信じ、私が決してそれらを失望させないことを知っていました。どのようにして誰が彼と彼のキャラクターが彼を信頼するのに十分に知ることができますか?授業や職場では、与えられた仕事を頑張って、しばしば時間外に働いて優れた結果を生みだし、通常必要とされるよりも多くのことをするなら、気づくかもしれません。だからこの信頼は徐々に獲得されます。私は私の仕事をするために冬を凍結するために午前6時にフィールドに行くことによって働いた農業事務所のディレクターと副所長のアルジェリアにこの信頼を得ました。

彼らは私にバイク用のクーポンを送って、冬の寒さを避けるために新聞を私のレザージャケットに入れるようにと促した。彼らは私に滞在を依頼したが、私はアルジェリアを出なければならなかった。しかし、私が書いている有毒な人々は、他の人が避けている職場やコミュニティでも気づいています。誰もが他人に使用されることを望んでいないか、誰にも利用されていないが、いつも初めてである。あなたが人生でそのような人々に出会ったなら、あなたは彼らに対処する方法を知っていると確信していますが、子供たちは無邪気なので彼らに対処する方法はわかりません。

映画フォレスト・ガンプは、括弧は歩くことを学び、仲間から離れています。彼は後でベトナム戦争の間に戦争ヒーローになり、議会の勲章を受賞しましたが、誰もが逃げることができないので、あなたの子供たちに何を教えていますか?どのようにして毒性のある人々を特定し、それらから離れていくのかを教えていますか?これは人生におけるあなたの経験が役立つところです。いじめやユーザーを恐れないように教えてください。彼らに親切で助けになることを教えて、必要な人には有害な人々と何か関係がないようにしっかりと拒否します。これは彼らの決意を強め、彼らは強い性格を発達させるでしょう。 Noは良いことだと言うことを学ぶ。私はそれが悪化していた可能性があるので、私は5ルピーと別れることで簡単に降りたことを知っています。要点は、他人が使用することを決して受け入れるべきではないということです。

 

 

 

Yūdokuna hitobito   shutten: Gūguru no shashin daigaku ni wa watashi no kurasuni wa nakama ga imasendeshitaga, watashi wa hijō ni shōsūdeshitaga, watashi wa kazoku no tame ni ikutsu ka no mono o kōnyū shite ita shoppingusentā de, watashi wa hitobanjū watashi o nigemashita. Kare wa doko kara dete kite totsuzen arawareta.

Watashi wa kare ga watashi ni 50 rupī o yōkyū shita toki ni hijō ni odoroite ita. Sore wa tōji wa takusan no okanedatta. Kare wa okane ga hitsuyōda to itte imashitaga, watashi wa tada no gakusei de, jibun no motte iru okane wa motte imasendeshitaga, kare wa mada kingaku o motomete imashita. Kare wa chōdo kotae no tame ni nō o totte inainode, watashi wa kare ni watashinochichi no okane no 5 rupī o ataeta. Iumademonaku, kare wa kesshite okane o kaesazu, kurasu de watashi o mushi shi tsudzukemashita. Kare wa sotsugyō shi, shakkin o nokoshimashita.

Nazenara, dareka kara kin o kariru to iu kono warui shūkan o motte ita koto ga hanmei shitakaradesu. Aru Ni~Tsu, kare wa sugata o keshite, osoraku doko ka de shigoto o mitsukemashita. Kare wa hito ga kesshite au koto no nai yūdokuna hitodeshita. Kare wa hokanohito no yūzā to shite warui inshō o nokoshimashita. Hotondo no hito ga jinsei de sōgū suru yōna hito ga takusan imasu. Yūdokuna hito no betsu no koten-tekina kēsu ga arimasunode, watashi wa kono-wa mo dōyō ni tsutaemasu. Igirisu de tsuri saibankan to shite shira rete ita saibankan no yuiitsu no musukodatta wakai hito ga imashita. Kare no hahaoya wa, kanojo ga totemo fukōdattanode kanashimi de nakunarimashita.

Sonotame, musuko wa bengoshi ya saibankan ni narezu ni nanika o suru koto ni kimemashita. Kore wa kare no musuko ni totte yoi mono o kimeta kare no jōbuna chichioya to umaku suwarimasendeshitanode, kare wa musuko ni inaka no fudōsan ni modotte kare no shōrai ni tsuite shinken ni kangaeru yō ni meijimashita. Sono wakai otoko ga jūgyōin ga kare no sewa o shite kureta fudōsan yashiki ni taizai shite iru ma ni, kare wa sugu ni kare o tazune, maneka rezu ni tōchaku shita to iu koto o shiranai kare no dōkyūsei no tegami o uketorimashita.

Yūjinde wanaku reigi kara hazurete ita karera no kankei wa tsumetaku, wakai otoko wa kare o ukeire, kare o kaiteki ni suru tame ni dekiru koto o shimashita. Kono fuhon’ina gesuto wa, kare ga ataeru koto ga dekinakatta itsumo zenmen-tekina chūi o yōkyū shi hajime, aru hi wa kare ga hoka no mono o suru yō ni jibun jishin o shimeru yō ni itta. Kare wa kyōkai de utsukushī on’nanoko ni ai, kanojo ga kare ni miryō sa rete iru koto o shittanode, kare wa saibansho ni shiharai o hajime, shibashiba mura de kanojo to au tame ni itta.

Sonogo, gesuto wa himitsuri ni kare o tsuiseki shite doko ni itta no ka o shiri, karera ga konoshita ni suwatte hanashite iru koto o shittanode, sono utsukushī shōjo ni saibankan no musuko ga hoka no mono no naka demo hiretsuna jinbutsudearu to iu tokumei no tegami o kaita. Sono kekka, kanojo wa jibun jishin ga hijō ni konran shite iru koto ga wakari, saigo ni shutsuga kankei o kowashimashita. Wakai otoko wa on’nanoko no yō ni kokoro o kizutsuke, Rondon ni modotte kare no ueta seikatsu ya yūutsuna mirai e to modotta. Kore wa koi ni utsukushī kankei o hakai shita hijō ni yūdokuna hito no koten-tekina reidesu.

Anata wa kesshite anata no jinsei no naka de, anata no yūjin ni naru koto wa kesshite nai, matawa anata no yūjin de furi o shite, samazamana katachi de gai o oyobosu ōku no yūdokuna hito ni atta nodesu. Karera wa doko ni demo iru yōdesu. Karera wa anata no gakkō ni iru, karera wa anata no komyuniti ni iru, karera wa anata no ofisu to anata no shakai-kai ni imasu. Karera wa jibunjishin’no riko-tekina riyū de hitobito o tsukau kenri ga aru to tsuneni kangaeru, kochō, yōkyū, mutonjaku, kyokudo ni jiko ai-tekide, jiko chūshin-tekide shitto no taipu no hitobito kamo shiremasen.

Karera ga anata no jimusho no nakamadeareba, tsuneni anata kara no onkei o yōkyū suru koto ni yotte karera no shin no iro o shimeshi, kyohi sa rereba anata ni sakaraudeshou. Karera wa anata no kata o mite, anata ga nani o shite iru no ka o mimasu. Karera wa anata ga keikaku shite iru, matawa kakikonde iru purojekuto ni tsuite no kangae ga fukaku, karera ga goshippu shite iru ma ni, anata o bōgai suru tame ni taema naku chatto shimasu. Kore wa osoraku dokusei no aru hito no sairyō no shihyōdesu.

Naitokurabu ni shōtai sa re, hyōban no warui bā de inshu suru koto o kyohi shita baai, karera wa sore o bujoku-tekina taido de uketori, anata no koto o ofisude uwasa surudeshou. Hoka no hitobito o fukō ni suru tame ni uma reta hitobito kara nigeru koto wa arimasen. Wakai nenreide wa, anata no gakkō de sorera o mitsukeru koto ga dekimasu. Karera wa tsuneni anata no chūi, jikan, anata no shukudai, okane o yōkyū shi tari, anata no geitaidenwa o shiyō suru keikō ga aru otokonoko matawa on’nanoko kamo shiremasen. Karera no hontō no seishitsu o rikai shite irunode, anata ga karera kara zureteiku to, karera wa anata ni tsuite no itsuwari no uwasa o hiromerudeshou.

Feisubukku ya sonohoka no sōsharumedia ga fukyū shita ima, dareka o komara seru tame ni shashin o totta shashin o dakyō suru nado, nanika o kōkai suru no wa kantandesu. Karera wa seito o eran dari, sumāto de, shōsū-ha no gurūpu ni zokushi tari, minzoku no minzoku ni zokushi tari shimasu. Kore wa jinshu-teki ni dōkidzuke rarete iru kamo shiremasenga, tan’ni anata ga sorera yori kashikoku, tsuneni kurasu no toppu ni iru node, anata no gyōseki o shitto shite iru kanōsei ga arimasu. Watashi wa, kōkō no on’nanoko no naka de, jibun no gyangu o keisei shi, yūjō o motomete iru amai on’nanoko ni wa hidoku furumauga, nani no hiyō mo kakaranai on’nanoko no naka de kore o mita.

Atode anata ga ofisu de hataraite iru seikatsu no naka de, anata wa onaji shurui no yūdokuna hitobito ni aimasu. Watashi wa kenkyū nōgyō keiei-sha to shite sugureta shigoto o shite iru to ukeireru koto ga dekinakatta nakama o shitte imashita. Sonoyōni hyōka sa rete itanode, watashi wa jibun no kenkyū dēta o mibae ga warui to omotte iru to no kangae o hiroge hajimemashita. Watashi ga seikō shita purojekuto o seikō sa seru tame ni hatarakanakereba naranakatta koto o shitteita hitobito wa, watashi o hijō ni shiji shite imashitaga, ōku no kuni de kono yōna yūdokuna hitobito no ōku ni atte kimashita.

Watashi no keiken kara mananda koto wa, anata no jinsei ni notte kudasai. Watashi wa sono yōna hitobito o ukeireru koto wa kesshite arimasenshi, tokiniha karera no hōhō ga imawashī koto o itsumo totemo nibui to iimashita. Jinsei ni wa arayuru shurui no hito ga imasu. Anata no yūjō o taisetsu ni suru shin no idaina hitobito mo imasu. Karera wa yokenakereba naranai hitobito no isshudesu. Kodomo no koro wa, wakai koro no watashitachi ga tanin no jaakuna seishitsu o kanzen ni rikai shite orazu, dare mo shinjitakunai to iu yokubō o motte irunode, watashitachiha shizen ni kan’yōdesu.

Shikashi,-toshi o kasaneru ni tsurete, nite iru hito to kyōmi to dōyō no haikei. Dono komyuniti demo, anata ni kasu hito o miidashi, shibashiba sore o hitei suru koto ga dekinai yōna kōi o motomemasu. Karera wa yūjō no gizen o shiyō shimasuga, jissai no yūjin wa dare mo shiyō sezu, matawa hito o tōzen no tame ni fukuyō shinainode, anata no yūjinde wa arimasen. Anata ga un ga yokereba, anata wa zentei jōken nashi de, sono yōna hitobito wa maredeari, mitsukeru no wa muzukashīdesuga, anata ga sukoshidemo tasuke ga hitsuyōna, seiryoku-teki ni hataraku shōjikina hito o anata no naka ni mite irukaradesu.

Watashi wa mentā ni natta shōsū no hito ni atta. Watashitachi no nōgakubu no shochōdeatta ta no kyōju ga, hoshōnin to shite no pasupōto no shinsei ni chūcho sezu ni shomei shimashitaga, watashi wa kare ni chikadzuita toki ni shorui ni shomei shimashita. Kare ga sō suru koto wa kiken’na koto kamo shiremasen. Shikashi, korera no zenryōna hitobito wa watashi o shinji, watashi ga kesshite sorera o shitsubō sa senai koto o shitte imashita.

Dono yō ni shite dare ga kare to kare no kyarakutā ga kare o shinrai suru no ni jūbun ni shiru koto ga dekimasu ka? Jugyō ya shokubade wa, ataerareta shigoto o ganbatte, shibashiba jikangai ni hataraite sugureta kekka o umidashi, tsūjō hitsuyō to sa reru yori mo ōku no koto o surunara, kidzuku kamo shiremasen. Dakara kono shinrai wa jojoni kakutoku sa remasu. Watashi wa watashi no shigoto o suru tame ni fuyu o tōketsu suru tame ni gozen 6-ji ni fīrudo ni iku koto ni yotte hataraita nōgyō jimusho no direkutā to fuku shochō no Arujeria ni kono shinrai o emashita.

Karera wa watashi ni baiku-yō no kūpon o okutte, fuyu no samu-sa o yokeru tame ni shinbun o watashi no rezājaketto ni ireru yō ni to unagashita. Karera wa watashi ni taizai o irai shitaga, watashi wa Arujeria o denakereba naranakatta. Shikashi, watashi ga kaite iru yūdokuna hitobito wa, hokanohito ga sakete iru shokuba ya komyuniti demo kidzuite imasu. Daremoga tanin ni shiyō sa reru koto o nozonde inai ka, darenimo riyō sa rete inaiga, itsumo hajimetedearu. Anata ga jinsei de sono yōna hitobito ni deattanara, anata wa karera ni taisho suru hōhō o shitte iru to kakushin shite imasuga, kodomo-tachi wa mujakinanode karera ni taisho suru hōhō wa wakarimasen.

Eiga foresuto ganpu wa, kakko wa aruku koto o manabi, nakama kara hanarete imasu. Kare wa atode Betonamu sensō no ma ni sensō hīrō ni nari, gikai no kunshō o jushō shimashitaga, daremoga nigeru koto ga dekinainode, anata no kodomo-tachi ni nani o oshiete imasu ka? Dono yō ni shite dokusei no aru hitobito o tokutei shi, sorera kara hanarete iku no ka o oshiete imasu ka? Kore wa jinsei ni okeru anata no keiken ga yakudatsu tokorodesu. Ijime ya yūzā o osorenai yō ni oshietekudasai.

Karera ni shinsetsude tasuke ni naru koto o oshiete, hitsuyōna hito ni wa yūgaina hitobito to nanika kankei ga nai yō ni shikkari to kyohi shimasu. Kore wa karera no ketsui o tsuyome, karera wa tsuyoi seikaku o hattatsu sa serudeshou. No wa yoi kotoda to iu koto o manabu. Watashi wa sore ga akka shite ita kanōsei ga aru node, watashi wa 5 rupī to wakareru koto de kantan ni orita koto o shitte imasu. Yōten wa, tanin ga shiyō suru koto o kesshite ukeirerubekide wa nai to iu kotodesu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中