Allure of vanity (in Japanese)

虚栄心の魅力

 

4ba03b30734cfc99f76ab0765639f6f7

出典:アフリカの女性のGoogleの写真

私はしばしば一般的な女性の薄れた虚栄心と特定の国のいくつかの男性で楽しまれています。フィリピンでは他の多くの国と同じように、テレビでは、美白、シャンプーなど数多くの製品を24時間365日に宣伝する広告がいっぱいです。数十億ドルの驚異的な製品世界的に。

彼らはテレビ番組のスポンサーであるため、テレノベラスはいくつかの国ではソープオペラと呼ばれています。女性や男性の虚栄心に役立つ製品のこの絶え間ない広告は、美しい女性が光沢のある髪や肌の色を見せてくれるこの広告を人々がどのように信じているかを見ることができます。彼らはあまりにも光沢のある髪と公正な肌が彼らの理想であるアメリカの女の子のように見えます。

それはそこに止まらない。彼らはあなたが選択するように提供する髪の色の膨大な色合いを持っているので、ヨーロッパのような亜麻色の髪を持つことができるように、あなたは醜いと短いことが起こるかどうか心配しないでください。だから、あなたはアジアのすべての場所の何かである亜麻色の髪の男性と女性を見る。

ここでは、白い人のように青い目を持つことができるように、色付きのコンタクトレンズの提供がここにある。このような振る舞いは、人々が昼と夜のこの種の虚栄心製品で空気の波を飽和させるため、人口に多大な影響を与えるテレビ人物によって促進されます。彼らは、彼ら自身が無駄であり、彼らの短い身長、肌の荒さ、脚の膨らみがどれほど不自然であっても、亜麻色の髪と青色のコンタクトレンズは何も考えていないので、

かつて私はgrp(草の根の人)の女性が頬に火傷を負って歩いているのを見たので、それが何を意味しているのか、そしてなぜこれらの女性がそのような傷跡を持っていたのか尋ねました。私は、散歩していて、屋根裏部屋や洗面器として働いていたり、仕事をしていない貧しい女性が、高価な美白ローションを買うためのお金を持っていないので、頬に酸をかぶってピンクに見えるが効果は知らないの酸。私はインドの山岳部の女性が非常にきれいな肌を持ち、日焼けして日焼けして日焼けした頬を持っているが、ここでは女性が頬に酸をこねてきれいに見えるのを見ました。テレビの女性たちは、彼らのモデルが、白人の女性を恥知らずに模倣しています。

私はこれらの女性を無駄に、無礼な自分の尊敬を欠いていると呼んでいます.GRPは、貧しい人々の草の根を意味しますが、いつもテレビを見ています。私は、トランスベスタイツや他の人々がシャンプーをしている店で、女性が望むどんな色の髪、染料、マニキュア、ペディキュア、マッサージ、ヘアカット、そして数多くのそのようなサービスを男性と女性に提供しています。虚栄心が彼らの行動を指示しているので、男性が爪を手に入れたり、顔のマッサージを受けているのを見るのは珍しいことではありません。彼らの間で大きな誇りを持っている傾向があります。

今私は個人的なグルーミングに反対していません。私は誰もが自分の悪い体臭、洗われていない服や裸の外見で他の人を怒らせないように、個人的なグルーミングを行うべきだと思います。それは公共の場でよく整備され、きれいな衣服で見えることは意味があります。汚い人は、オフィスやお店で真剣に受け止められません。多くの場所で彼らは厳しい服装規定を持っているので、人々は普通に着用され、短絡やフリップフロップがないことを適切に意味しなければなりません。教会やモスクには厳しい服装規定がありますが、特に教会では不適切な服装で多くの女性が現れます。モラはこのような行動にはあまり寛容ではなく、ドレスコードに従わない人は認めません。

原始的な人々の中で特別に女性は、見栄えが良く、潜在的な仲間を引き付けるために見つけることができる自然の製品を自分で飾る。彼らは自分の顔を白い塗料で塗装したり、ビーズや色付きのペーストを飾りますが、他の人は顔や胸の皮を切って魅力的に見えるような傷みをすることさえあります。種子やカウリの殻から作られたジュエリーも彼らによって使用されています。西アフリカのフルラの中には、仲間を引き付けるために自分自身を飾る男性であり、彼らの出現については全く無駄です。これらの装飾はフェスティバルや一族集会のような特別な行事で行われますが、通常はアジアの人々のやり方を見せている男性や女性はいません。

だからどこに行っても、男性や特に女性の虚栄心は、社会的階級や地位に関係なく、可能な仲間を引き付けるという目的に役立つので、その虚栄心が広がっていることが分かります。これは非常に基本的な生物学的理由で、 。テレビ広告は、人間の欲望を生かして、異性に魅力的で性的に魅力的なものになり、世界中で数十億ドル規模の産業が生まれています。

人々が暗い肌をしているインドでは、肌を美白する製品の登場は、

s。結婚可能な年齢のインドの女性は、特に党が女の子にインタビューするために来ている場合は、公正に見えるためにそれの中にミルクのクリームとウコンのビットの混合物で皮膚をこすります。彼らがインタビューで失敗した場合、次回はおそらくウクライナと一緒にミルクのクリームをこすりつけることに戻ってしまうでしょう。配置された結婚制度では、女の子は見えるように見える必要があります。結婚は女の子と男の子だけに依存する西側社会では、彼女の日付のために彼女の最善を見出すという圧力が加えられます結婚は結局のところ、虚栄心は結局目的を果たしていることがわかります。

の子が未熟成の髪と細断されたジーンズと秒針を見せている緩やかなブラウスを見せたら、彼女の日にちは印象に残りません。女の子がきれいに服を着て高価な香水のにおいをしている間に、同じことをしたら、彼は印象をもたない。最初の印象は重要ではないと誰が言いますか?それは常にそうです。ほとんどの人はあなたが人としてあなたを知る前に服を着る方法であなたを判断します。インドでは、これは店主があなたの服装によってあなたを判断し、それに応じてあなたを扱う場合に特に当てはまります。高価な車が富の象徴であるため、前に駐車した豪華な車は傷つきません。

高価な車が富のシンボルなので、クライアントのシンプルな服装を言い訳することさえできます。私はいつも、頬を酸で燃やさない国の女性の自然の美しさに感銘を受けます西洋の女性のように見えるように髪を着色していない人。彼らの健康な肌は白化を必要としない健康で、どんな種類のものでもなく自然な黒っぽい肌に輝きます。私はまた、彼らが何であるかを誇りに思っており、化粧品を使用する必要性を感じていないような女性の自己confidenceが好きです。あなたは、背の高い、非常に良い姿勢のアフリカの女性を見つけるでしょう。

彼らはとても上品に歩いて、彼らの単純な服装で雄大に見える。いくつかは裸ではありますが、自然にエレガントに見えます。ベトナムに行って、美しい女性が平らなAo Daiを見て、光沢のある黒い長い髪を見せています。彼らはかなり生まれているので、たくさんのメーキャップ、ローション、または他の化粧品は必要ありません。彼らの食べ物は緑色の野菜、細切れした肉と麺類とのバランスが非常に良いので、そこに太った若い女性を見ることはほとんどありません。それはおいしいだけでなく、とても健康的なので、いつもジャンクフードを食べて、カバのように腫れている女性とは違って、彼らは体重を増やさない。

しかし、自然の美しさと高さはしばしば優れた繁殖の問題です。種蒔きの耳からシルクを作ることができないという主張は非常に真実です。美しい人たちが後に遺伝子を次世代に渡す美しい子供たちを作るのはロケット科学ではなく、健康的な食べ物や良い環境にも依存し、人の経済状況に大きく依存します。貧しい人々は不健全な食べ物を食べ、不法占拠に住んでいるので、テレビモデルのように見えないように見えるので、世代を過ぎて醜い世代を克服する非常に貧しい繁殖株から来ているという事実は無視されます。彼らは貴族主義と非常に選択的な繁殖からくるので、彼らは普通の人々の群衆の中で目立つからです。

富裕層は見栄えの良いものでなくても無駄ではありません。それは彼らの遺伝子にある。彼らは彼らが何を着用しても良い見えます。しかし、大多数は祝福されていないので、彼らは化粧品産業の顧客です。私は他の地域では、世界中から非常に長い時間隔離された島の人々が、それらの制限された遺伝子プールは、高さが一様に短く見え、醜いかもしれません。これは、彼らが世界に開かれ、新しいより良い遺伝子がプールに導入されたときに変化します。混在したレースの子どもたちの中でそれを見ることができます。彼らは背が高く、美しく、他の人たちとは別に立っています。

彼らはテレビで化粧品を販売するモデルになるかショービジネスに入る。人種間の結婚はまだ規範ではないインドでは、英国のrajの遺産であるアングロインディアンが表示されます。彼らはどこでも群衆から離れて立つ、きれいな、背の高い、きれいな肌で、純粋な人たちは彼らが認めない混同の子孫として彼らを見下ろす。しかし、他の国では、そのような人々が見えるようになっています。私は虚栄心の問題に戻り、いくつかの文化では人をどのように消費するのですが、他の人は、見栄えが悪くなくても、あなたがアメリカ東部のアーミッシュのコミュニティを訪れれば、あなたはこれらの単純な人々が農村に住んでいて、彼らを満たすために非常に努力していることに気付くでしょう。

毎日のニーズ。彼らは女性が健康で、背が高く、ハンサムな人々です彼らは虚栄心を罪と見なすので、化粧品は一切使用しませんが、シンプルさでは、女性は輝く肌ときれいな服で美しく見えます。男性はシンプルで清潔な服やきれいな髭で非常にハンサムに見えます。しかし、虚栄心の象徴は、新鮮で素晴らしい服でいっぱいのクローゼットの前に立ち、私は何も着用していないと言われる女性に見られます。どんなに些細なことにもかかわらず、あらゆる機会に新しい服を着ていなければなりません。

このような虚栄心は、常に新しい服を買う余裕がある人だけでなく、中産階級でも豊かな人を模倣している人に限られていません。下はgrp(草の根の人)です。中古の洋服店がどこにでもあります。中古洋服が大量に詰め込まれた巨大なコンテナは、アジア各地の港町に入ってきており、古着の需要が大きい。ローマでは、使用済みの衣類が大量に販売されている川近くの泥棒市場があります。オーストラリアやニュージーランドで300ドルの美しい羊皮ジャケットは、わずか5ドルで販売しています。

あなたはあなたのポケットにあなたの5ドルを慎重にしなければなりません。なぜなら、それは何のための泥棒市場と呼ばれていないからです。したがって、中古の服は高価な服を買う余裕がない貧しい人々の恩恵であり、それで安価な酸があり、彼らはいつも彼らの頬にこすることができるので、市場は誰にでも選択肢を提供します。あまりにも特定しすぎないでください。そして、私はアジアに来て、まもなく外出するかのように化粧品の流行を見ます。彼らは十分なことができず、しばしばばかげて見える。

あなたが暗い場合は、あなたの肌の色とあなたの光沢のある黒い髪を誇りに思ってテレビの広告に関係なく。彼らは彼らの製品を宣伝するためにお金を稼ぐために外に出ていますが、あなたはそんなに気まぐれな人ではありません。この虚栄心によって、ボトックスを肌に注入して折りたたむか、彼らの瞼の上に、または彼らの胸を強化する。これは韓国や日本で人気がありますが、目や体に何も問題はありませんが、私は誰ですか?私が整形外科医であれば、多くのことが間違っていることがわかります。それで大きな手数料で「修正」することができます。

誰が牛乳を追い払うのに十分なのですか?私は、あなたが美しく生まれていれば、あなたはもっと見栄えが必要ないと結論づけます。あなたのために働くつもりはないので、彼らはテレビで宣伝する表面的なものにあなたの苦労して稼いだお金を捨てるのはなぜですか?あなたが誰であるかを誇りに思って、アフリカの女性のように頭を高くして歩いてください。重要な内面の美しさです。

 

 
Kyoei kokoro no miryoku shutten: Afurika no josei no gūguru no shashin watashi wa shibashiba ippantekina josei no usureta kyoei kokoro to tokutei no kuni no ikutsu ka no dansei de tanoshima rete imasu. Firipinde wa hoka no ōku no kuni to onajiyōni, terebide wa, bihaku, shanpū nado kazuōku no seihin o 24-jikan 365-nichi ni senden suru kōkoku ga ippaidesu. Sū jū oku-doru no kyōi-tekina seihin sekai-teki ni.

Karera wa terebibangu no suponsādearu tame, terenoberasu wa ikutsu ka no kunide wa sōpuopera to yoba rete imasu. Josei ya dansei no kyoei kokoro ni yakudatsu seihin no kono taema nai kōkoku wa, utsukushī josei ga kōtakunoaru kami ya hada no iro o misete kureru kono kōkoku o hitobito ga dono yō ni shinjite iru ka o miru koto ga dekimasu. Karera wa amarini mo kōtakunoaru kami to kōseina hada ga karera no risōdearu Amerika no on’nanoko no yō ni miemasu.

Sore wa soko ni tomaranai. Karera wa anata ga sentaku suru yō ni teikyō suru kami no iro no bōdaina iroai o motte irunode, yōroppa no yōna amaironokami o motsu koto ga dekiru yō ni, anata wa minikuito mijikai koto ga okoru ka dō ka shinpaishinaide kudasai. Dakara, anata wa Ajia no subete no basho no nanikadearu amaironokami no dansei to josei o miru. Kokode wa, shiroi hito no yō ni aoimoku o motsu koto ga dekiru yō ni, irodzuki no kontakutorenzu no teikyō ga koko ni aru.

Ko no yōna furumai wa, hitobito ga hiru to yoru no kono tane no kyoei kokoro seihin de kūki no nami o hōwa sa seru tame, jinkō ni tadaina eikyōwoataeru terebi jinbutsu ni yotte sokushin sa remasu. Karera wa, karera jishin ga mudadeari, karera no mijikai shinchō, hada no ara-sa, ashi no fukurami ga dorehodo fushizendeatte mo, amaironokami to aoiro no kontakutorenzu wa nani mo kangaete inainode, katsute watashi wa grp (kusanone no hito) no josei ga hoho ni yakedo o otte aruite iru no o mitanode, sore ga nani o imi shite iru no ka, soshite naze korera no josei ga sono yōna kizuato o motte ita no ka tazunemashita.

Watashi wa, sanpo shite ite, yaneuraheya ya senmenki to shite hataraite i tari, shigoto o shite inai mazushī josei ga, kōkana bihaku rōshon o kau tame no okane o motte inainode, hoho ni san o kabutte pinku ni mieruga kōka wa shiranai no san. Watashi wa Indo no sangaku-bu no josei ga hijō ni kireina hada o mochi, hiyake shite hiyake shite hiyake shita hoho o motte iruga, kokode wa josei ga hoho ni san o konete kirei ni mieru no o mimashita. Terebi no josei-tachi wa, karera no moderu ga, hakujin no josei o hajishirazu ni mohō shite imasu.

Watashi wa korera no josei o muda ni, bureina jibun no sonkei o kaite iru to yonde imasu. GRP wa, mazushī hitobito no kusanone o imi shimasuga, itsumo terebi o mite imasu. Watashi wa, toransubesutaitsu ya hoka no hitobito ga shanpū o shite iru mise de, josei ga nozomu don’na iro no kami, senryō, manikyua, pedikyua, massāji, hea katto, soshite kazuōku noso no yōna sābisu o dansei to josei ni teikyō shite imasu. Kyoei kokoro ga karera no kōdō o shiji shite irunode, dansei ga tsume o te ni ire tari,-gao no massāji o ukete iru no o miru no wa mezurashī kotode wa arimasen.

Karera no ma de ōkina hokori o motte iru keikō ga arimasu. Ima watashi wa kojin-tekina gurūmingu ni hantai shite imasen. Watashi wa daremoga jibun no warui taishū, arawa rete inai fuku ya hadaka no gaiken de hokanohito o okora senai yō ni, kojin-tekina gurūmingu o okonaubekida to omoimasu. Sore wa kōkyō no ba de yoku seibi sa re, kireina ifuku de mieru koto wa imi ga arimasu. Kitanai hito wa, ofisu ya o mise de shinken ni uketome raremasen.

Ōku no basho de karera wa kibishī fukusō kitei o motte irunode, hitobito wa futsū ni chakuyō sa re, tanraku ya furippufuroppu ga nai koto o tekisetsu ni imi shinakereba narimasen. Kyōkai ya mosuku ni wa kibishī fukusō kitei ga arimasuga, tokuni kyōkaide wa futekisetsuna fukusō de ōku no josei ga arawaremasu. Mora wa kono yōna kōdō ni wa amari kan’yōde wa naku, doresukōdo ni shitagawanai hito wa mitomemasen. Genshitekina hitobito no naka de tokubetsu ni josei wa, mibae ga yoku, senzai-tekina nakama o hikitsukeru tame ni mitsukeru koto ga dekiru shizen no seihin o jibun de kazaru.

Karera wa jibun no kao o shiroi toryō de tosō shi tari, bīzu ya iro-tsuki no pēsuto o kazarimasuga, hokanohito wa kao ya mune no kawa o kitte mirikiteki ni mieru yōna itami o suru koto sae arimasu. Shushi ya kauri no kara kara tsukura reta juerī mo karera ni yotte shiyō sa rete imasu. Nishiafurika no furura no nakaniha, nakama o hikitsukeru tame ni jibun jishin o kazaru danseideari, karera no shutsugen ni tsuite wa mattaku mudadesu.

Korera no sōshoku wa fesutibaru ya ichizoku shūkai no yōna tokubetsuna gyōji de okonawa remasuga, tsūjō wa Ajia no hitobito no yarikata o misete iru dansei ya josei wa imasen. Dakara doko ni itte mo, dansei ya tokuni josei no kyoei kokoro wa, shakai-teki kaikyū ya chii ni kankei naku, kanōna nakama o hikitsukeru to iu mokuteki ni yakudatsu node, sono kyoei kokoro ga hirogatte iru koto ga wakarimasu. Kore wa hijō ni kihon-tekina ikimonogaku-teki riyū de,.

Terebi kōkoku wa, ningen no yokubō o ikashite, isei ni mirikiteki de seiteki ni miryoku-tekina mono ni nari, sekaijū de sū jū oku-doru kibo no sangyō ga umarete imasu. Hitobito ga kurai hada o shite iru Indode wa, hada o bihaku suru seihin no tōjō wa,S. Kekkon kanōna nenrei no Indo no josei wa, tokuni tō ga on’nanoko ni intabyū suru tame ni kite iru baai wa, kōsei ni mieru tame ni sore no naka ni miruku no kurīmu to ukon no bitto no kongōmono de hifu o kosurimasu.

Karera ga intabyū de shippai shita baai, jikai wa osoraku Ukuraina to issho ni miruku no kurīmu o kosuri tsukeru koto ni modotte shimaudeshou. Haichi sa reta kekkon seidode wa, on’nanoko wa mieru yō ni mieru hitsuyō ga arimasu. Kekkon wa on’nanoko to otokonoko dake ni izon suru nishigawa shakaide wa, kanojo no hidzuke no tame ni kanojo no saizen o miidasu to iu atsuryoku ga kuwae raremasu kekkon wa kekkyokunotokoro, kyoei kokoro wa kekkyoku mokuteki o hatashite iru koto ga wakarimasu.

On’nanoko ga mi jukusei no kami to Hoso dan sa reta jīnzu to byōshin o misete iru yuruyakana burausu o misetara, kanojo no hinichi wa inshō ni nokorimasen. On’nanoko ga kirei ni fuku o kite kōkana kōsui no nioi o shite iru ma ni, onaji koto o shitara, kare wa inshō o motanai. Saisho no inshō wa jūyōde wanaito dare ga iimasu ka? Sore wa tsuneni sōdesu. Hotondo no hito wa anata ga hito to shite anata o shiru mae ni fukuwokiru hōhō de anata o handan shimasu.

Indode wa, koreha tenshu ga anata no fukusō ni yotte anata o handan shi, sore ni ōjite anata o atsukau baai ni tokuni atehamarimasu. Kōkana kuruma ga tomi no shōchōdearu tame, mae ni chūsha shita gōkana kuruma wa kizutsukimasen. Kōkana kuruma ga tomi no shinborunanode, kuraianto no shinpuruna fukusō o iiwake suru koto sae dekimasu. Watashi wa itsumo, hoho o san de moyasanai kuni no josei no shizen no utsukushi-sa ni kanmei o ukemasu seiyō no josei no yō ni mieru yō ni kami o chakushoku shite inai hito.

Karera no kenkōna hada wa hakuka o hitsuyō to shinai kenkōde, don’na shurui no monode mo naku shizen’na kuroppoi hada ni kagayakimasu. Watashi wa mata, karera ga nandearu ka o hokori ni omotte ori, keshōhin o shiyō suru hitsuyō-sei o kanjite inai yōna josei no jiko confifdence ga sukidesu. Anata wa, senotakai, hijō ni yoi shisei no Afurika no josei o mitsukerudeshou.

Karera wa totemo jōhin ni aruite, karera no tanjun’na fukusō de yūdai ni mieru. Ikutsu ka wa hadakade wa arimasuga, shizen ni ereganto ni miemasu. Betonamu ni itte, utsukushī josei ga tairana Ao Dai o mite, kōtakunoaru kuroi nagai kami o misete imasu. Karera wa kanari umarete irunode, takusan no mēkyappu, rōshon, matawa hoka no keshōhin wa hitsuyō arimasen. Karera no tabemono wa midoriiro no yasai, komagire shita niku to menrui to no baransu ga hijō ni yoinode, soko ni futotta wakai josei o miru koto wa hotondo arimasen.

Sore wa oishī dakedenaku, totemo kenkō-tekinanode, itsumo jankufūdo o tabete, kaba no yō ni harete iru josei to wa chigatte, karera wa taijū o fuyasanai. Shikashi, shizen no utsukushi-sa to taka-sa wa shibashiba sugureta hanshoku no mondaidesu. Tanemaki no mimi kara shiruku o tsukuru koto ga dekinai to iu shuchō wa hijō ni shinjitsudesu. Utsukushī hito-tachi ga nochini idenshi o jisedai ni watasu utsukushī kodomo-tachi o tsukuru no wa roketto kagakude wa naku, kenkō-tekina tabemono ya yoi kankyō ni mo izon shi, hito no keizai jōkyō ni ōkiku izon shimasu.

Mazushī hitobito wa fukenzen’na tabemono o tabe, fuhō senkyo ni sunde irunode, terebi moderu no yō ni mienai yō ni mieru node, sedai o sugite minikui sedai o kokufuku suru hijō ni mazushī hanshoku kabu kara kite iru to iu jijitsu wa mushi sa remasu. Karera wa kizoku shugi to hijō ni sentaku-tekina hanshoku kara kuru node, karera wa futsūnohitobito no gunshūnonakade medatsukaradesu. Toyūsō wa mibae no yoi monodenakute mo mudade wa arimasen.

Sore wa karera no idenshi ni aru. Karera wa karera ga nani o chakuyō shite mo yoi miemasu. Shikashi, dai tasū wa shukufuku sa rete inainode, karera wa keshōhin sangyō no kokyakudesu. Watashi wa hoka no chiikide wa, sekaijū kara hijō ni nagai jikan kakuri sa reta shima no hitobito ga, sorera no seigen sa reta idenshi pūru wa, taka-sa ga ichiyō ni mijikaku mie, minikui kamo shiremasen. Kore wa, karera ga sekai ni aka re, atarashī yoriyoi idenshi ga pūru ni dōnyū sa reta toki ni henka shimasu.

Konzai shita rēsu no kodomo-tachi no naka de sore o miru koto ga dekimasu. Karera wa se ga takaku, utsukushiku, hokanohito-tachi to wa betsuni tatte imasu. Karera wa terebi de keshōhin o hanbai suru moderu ni naru ka shōbijinesu ni hairu. Jinshu-kan no kekkon wa mada kihande wanai Indode wa, Igirisu no raj no isandearu anguroindian ga hyōji sa remasu. Karera wa doko demo gunshū kara hanarete tatsu, kireina, senotakai, kireina hada de, junsuina hito-tachi wa karera ga mitomenai kondō no shison to shite karera o miorosu.

Shikashi, hoka no kunide wa, sono yōna hitobito ga mieru yō ni natte imasu. Watashi wa kyoei kokoro no mondai ni modori, ikutsu ka no bunkade wa hito o dono yō ni shōhi suru nodesuga, hokanohito wa, mibae ga warukunakute mo, anata ga Amerika Tōbu no āmisshu no komyuniti o otozurereba, anata wa korera no tanjun’na hitobito ga nōson ni sunde ite, karera o mitasu tame ni hijō ni doryoku shite iru koto ni kidzukudeshou. Mainichi no nīzu. Karera wa josei ga kenkōde, se ga takaku, hansamuna hitobitodesu

Karera wa kyoei kokoro o tsumi to minasunode, keshōhin wa issai shiyō shimasenga, shinpuru-sade wa, josei wa kagayaku hada to kireina fuku de utsukushiku miemasu. Dansei wa shinpurude seiketsuna fuku ya kireina hige de hijō ni hansamu ni miemasu. Shikashi, kyoei kokoro no shōchō wa, shinsende subarashī fuku de ippai no kurōzetto no mae ni tachi, watashi wa nani mo chakuyō shite inai to iwa reru josei ni mi raremasu. Don’nani sasainakoto nimokakawarazu, arayuru kikai ni atarashī fuku o kite inakereba narimasen.

Ko no yōna kyoei kokoro wa, tsuneni atarashī fuku o kau yoyūgāru hito dakedenaku, chūsan kaikyū demo yutakana hito o mohō shite iru hito ni kagira rete imasen. Shita wa grp (kusanone no hito)desu. Chūko no yōfuku-ten ga doko ni demo arimasu. Chūko yōfuku ga tairyō ni tsumekoma reta kyodaina kontena wa, Ajia kakuchi no Minatochō ni haitte kite ori, furugi no juyō ga ōkī. Rōmade wa, shiyō-zumi no irui ga tairyō ni hanbai sa rete iru kawa chikaku no dorobō ichiba ga arimasu. Ōsutoraria ya nyūjīrando de 300-doru no utsukushī yōhi jaketto wa, wazuka 5-doru de hanbai shite imasu. Anata wa anata no poketto ni anata no 5-doru o shinchō ni shinakereba narimasen.

Nazenara, sore wa nani no tame no dorobō ichiba to yoba rete inaikaradesu. Shitagatte, chūko no fuku wa kōkana fuku o kau yoyūganai mazushī hitobito no onkeideari, sorede ankana san ga ari, karera wa itsumo karera no hoho ni kosuru koto ga dekiru node, ichiba wa darenidemo sentakushi o teikyō shimasu. Amarini mo tokutei shi suginaide kudasai. Soshite, watashi wa Ajia ni kite, mamonaku gaishutsu suru ka no yō ni keshōhin no ryūkō o mimasu.

Karera wa jūbun’na koto ga dekizu, shibashiba bakagete mieru. Anata ga kurai baai wa, anata no hada no iro to anata no kōtakunoaru kuroi kami o hokori ni omotte terebi no kōkoku ni kankei naku. Karera wa karera no seihin o senden suru tame ni okane o kasegu tame ni soto ni dete imasuga, anata wa son’nani kimagurena hitode wa arimasen. Kono kyoei kokoro ni yotte, botokkusu o hada ni chūnyū shite oritatamu ka, karera no mabuta no ue ni, matawa karera no mune o kyōka suru.

Kore wa Kankoku ya Nihon de ninki ga arimasuga,-me ya karada ni nani mo mondai wa arimasenga, watashihadaredesu ka? Watashi ga seikei gekaideareba, ōku no koto ga machigatte iru koto ga wakarimasu. Sorede ōkina tesūryō de `shūsei’ suru koto ga dekimasu. Dare ga gyūnyū o oiharau no ni jūbun’na nodesu ka?

Watashi wa, anata ga utsukushiku umarete ireba, anata wa motto mibae ga hitsuyō nai to ketsurondzukemasu. Anata no tame ni hataraku tsumori wanainode, karera wa terebi de senden suru hyōmen-tekina mono ni anata no kurō shite kaseida okane o suteru no wa nazedesu ka? Anata ga daredearu ka o hokori ni omotte, Afurika no josei no yō ni atama o takaku shite aruite kudasai. Jūyōna naimen no utsukushi-sadesu.

Advertisements

Author: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs .I also try to answer all letters to me.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s