An addiction like no other(in Japanese)

130401574061151298

Source : Google photo

その他のような中毒

今日私はこのブログを物語で始めたいと思っています。非常に長い話ですが、私はスペースのためにあなたにそれの最短バージョンのみを教えなければなりません。

サンフランシスコにはこのギャンブル・ジョイントがあり、さまざまな形態のギャンブルで彼らの運を試してみました。そこには、唯一の目的で必要に応じて手を貸してくれる酒と女性もいませんでした。あなたのお金を得る。それは非常に評判の悪い場所でした。なぜなら、そのような場所は、たまに、時には悲劇的な結果が出て、評判の悪い人たちによって頻繁に起こったからです。彼らは、次のサイコロがいつも見逃していると思った、それら。

ある日、船が近くにドッキングしたので、一部の乗客は下車し、賭博場で結局飲み物となりました。それはボートからちょうど降りて喉が渇いていた若いドイツ人の男の子の心にあったので、彼はビールを注文しました。すぐに仲間が近づき、その日に非常にラッキーだったので、賭けることができるお金があるかどうか尋ねました。

ドイツ人の男の子は一生懸命に賭けたことはありませんでしたが、何人かの奇妙な理由から、彼はちょうど彼のお金の良い塊に出会った人に与えることに同意し、ナップキンに勝利すれば、彼のお金はギャンブルのために使われています。ドイツ人の男の子が貸したものの20倍を得るまで、誰もが勝ち続けてさらに賭けている人を驚かせる。

彼はそれから、彼は一日中それを失う可能性があることに気づいたので、彼が彼の人生で再び決して賭けないことを約束した。彼はこのお金を使っていくつかの羊を買って農村で羊の農場を始め、長年に亘って農場や羊を増やし続け、羊の農家を育てるために頑張った。彼は結婚し、娘がいました。

彼の賭ける友人はあまりにも繁栄していました。なぜなら、彼の幸運は彼と一緒にしばらくの間続いていて、隣接する不動産に住み着いて、素敵な家を建て、結婚して、娘もいて、

しかし、彼は生まれのギャンブラーであり、悪名高いギャンブルの巣から遠ざかることができず、大金を失った。彼の妻はとても不幸だったので、彼女は悲しみで亡くなり、小さな娘をギャビーラーの夫の世話のためにポピーとしました。

このように、惨めな人生は、貧しいフロップの家から自分のお金をすべて取り戻すことを常に話していた父親によって国に引きずられていた少女のために始まったが、決して戻ってこなかった。ポピーは彼に何が起こったのか、何をすべきかを知らなかったので、彼女はペットのオウムをつかんで列車がどこに行き、ニューヨークの埠頭の近くで終わったのかわからない貨物列車に詰め込んだ。彼女は10歳の子供だった。

彼女は巨大な船を見て、船に乗って、大きな船に隠れたある隅で眠りについた。キャプテンは、船がフランスに近づいていたときに彼女を見つけ、彼女を陸に行き、彼女の手を洗った。ポピーに起こったことは、私がここで書いておく必要のない別の話です。なぜなら、このブログは賭博と呼ばれる致死的な中毒と、それが人命を破壊する方法だからです。

中毒のすべての種類の、ギャンブルは確かにギャンブラーは簡単にリハビリすることができないため、人生の駆逐艦です。私は、インドの航空貨車工場で働いていて、良い立場にあり、給料が高い人が、この悪徳を非常に悪い人たちから多くの賭けを失って借りていることを保つケースがあることを知っています。彼は多くを買って、妻をしばらく幸せにする2つの部屋を造りましたが、それはあまりにも持続しなかったし、彼の賭ける借金のために支払うために売却されました。

彼の妻と3人の子供は、ある日、彼が逃げ出し、家族を捨てたために悪い結果を被った。貧しい妻は何をすべきかを知らなかったので、彼女は彼女の両親に戻ってこの仲間を追跡するように助けを求めました。

最終的に彼は家に帰ったところから別の町に隠れていることが判明し、夫と兄弟が夫婦と家族を救うために賭金を払った。彼は決して再び賭けないと約束し、何とか彼の約束を守った。改革するギャンブラーを見つけるのはとても稀です。 Poppyの物語はフィクションですが、この話は、人々が頭を紛らわせて悪い方法で賭けるように賭けることにどうやって耽溺するかを示すものではありません。この仲間は幸いだったが、彼の法律は重要な瞬間に助けに来たが、彼が借金を返済したかどうかは分かっていない。

あなたがアメリカのラスベガスに行ってそこのカジノでわずか数時間を過ごすならば、人々が短時間で莫大な金額を賭けて人生を破壊するのを見ることができます。カジノは、彼らがいつもお金を稼いでいる間、少額の資金を出している間、彼らの施設がすべて上にあること

最初は砂漠の真ん中にあるラスベガスのカジノを設立したマフィアで、東西方向のガスで止まる場所だったが、賭博の町があったときには変わった何百万人もの人を襲った暴徒のボスがそこに立ち、立ち入った人を殺した。ゴッドファーザーの映画はそれをすべて示しています。その後、彼らはSinatraのような歌手を雇って夜のショーで歌い、有名人にしました。

その後、彼らはカジノビジネスで作ったお金を使って合法的なビジネスと呼ばれるものに移りましたが、ギャンブルは金額が関係するため危険なビジネスです何百もの警備カメラがどこにいても、プロの詐欺師や武装した警備員などどこにいても誰も見ることができません。彼の町からギャンブルと売春を守りたいシェリフは、カジノ運営者のために人生を困難にしていました。だから、ある日彼らは、シェイフを殺したスポーツカーのブレーキを改ざんして、彼らの人生の早い段階でギャンブルが始まります。

あなたが飲みながらテレビでボールゲームを見ているバーに行くと、誰かが「20ドルで打者がホームランを行うと言っている」と叫ぶだろう。誰かが「あなたはいます」と言って、賭けのために誰かがそのお金を集めます。これはいたるところで起こる最も簡単な形態のギャンブルです。その後、ラスベガス、リノまたはアトランティックシティでより深刻な賭博に卒業し、ラスベガス、リノまたはアトランティックシティに向かいます。男性と女性は、後で彼らが持っているすべてのものを失うと、ギャンブルとクアレルに参加します。

ギャンブルのためにいくつの結婚が分かれるのかは分かっていませんが、ギャンブルでお金を失うことの結果は本当に深刻です。インドの同僚は法律上の法律が助けになったのは幸運でしたが、誰もが法律を持っているわけではありません。イタリアでは、3人の小さなカップと彼らのエンドウ豆が目の前のカップの間を巧みに動き回りますいつも勝つ。ポーカーフェイスを持つカードプレイヤーは、あなたが罠に陥った場合、あなたのお金をすべて取るでしょう。ケニー・ロジャースの歌には、「テーブルに座っている間にあなたのお金を数えることはありません。契約が成立した時点でカウントするには十分な時間があります。ほとんどの人は決して自分のお金を数えることはありません。

人々は数多くの形態のギャンブルを発明してきましたが、最も有名なのは、車輪が回転して数字で停止するルーレットです。秒。サイコロの投げ槍はまた、卵の上に何度も何度も賭けをする傍観者に囲まれて、歓声を上げたり失ったりしている。このようなドラマは、世界のすべてのカジノで世界中の数十億ドルの賭博をしています。日本に行くと、人々が一日遊んでいるパチンコのスロットマシンが、一人の仲間は、彼がタバコを支払うために毎日十分なお金を稼ぐと言った。彼はどれくらい失っているのかは言わなかった。私は香港からマカオへのボートに乗っていた。中国人がいっぱいで、マカオに賭けに行こうとしていたが、そのボートのいたる所にそこに着くのを待つことができなかったのは、ギャンブラーは麻雀の駒で激しくボードを叩いて叫んでいた。

政治的理由から私がマカオに入国することは許されていなかったのは良いことですが、私はギャンブルするつもりはありませんでした。マカオは現在、カジノが非常に大きなビジネスを行っているラスベガスに匹敵します。 1人のカジノの大物もマニラ湾に浮遊カジノを持ち込み、ここでビジネスを開始しましたが、地方当局が巨額の賄賂を求め始めるとマカオに引き上げました。この賭博の惨劇は世界中に広がっており、人々の生活を傷つけています。ロバート・デ・ニーロの映画「Deer Hunter」を覚えているなら、ロシアのルーレットのシーンを覚えています。

彼は死ぬかどうかに賭けて立っていた。仲間が死んだら、彼らは川に身体を押し込んだ。この種の死のゲームは、戦争中のサイゴンの一部であるCholonの陰口で実際に行われたが、現在、政府はこのような違法ゲームをベトナムで厳しく打ち破っている。中国では、ギャンブルが許可されているマカオに行くので、ギャンブルは禁止されています。多くのギャンブルは、自分の好きな麻雀のゲームやカードを秘密裏にプレイしています。私の馬はどんな形のギャンブルにも反対していました。カードで遊ぶことを禁じていました。彼女はまた、私たちが倹約し、常に獲得したものの一部を救うべきだと教えてくれました。

これは私が人生で恩恵を受けた非常に良いアドバイスでしたが、今でも私の子供たちに同じことを教えています。しかし、人々は学校で仲間につくか、後で社会でギャンブルの文化が蔓延する職場で賭けるような悪い習慣を拾います。親はそのような人に影響を与えないル。私は地域社会の私の年齢の一部の人々がこの悪徳とアルコール依存症と呼ばれる別の致命的な副体を破壊したのを見ました。私はコーランの指示に従って飲んで賭けることを禁じられているモスクレに感謝します。しかし、他の宗教では、彼らはそのような強い口述をしていません。一つは、ギャンブルが純粋な運の問題ではないことを理解する必要があります。

彼らはどのようにこれを行うのですか?あなたは、特定の場所でルーレットのホイールを停止して、家が勝ち、賭けに負けるように、積載されたダイスや秘密のボタンを聞いたことがあります。スロットマシンは、最大のお金メーカーです。誰かが大きく勝ったらマシンに欠陥があると言って勝利を賞賛しません。これは、人々が彼らがどんなに難しい試練をしても勝つことができない中毒です。ここで尋ねる質問は、政府が、それが人命をどのように破壊するかを知っている最初のギャンブルを許可する理由です。なぜ彼らはすべての国でロトを実行するのか尋ねることができますか?それは彼らが税金で多くの収入を得るからです。

それは、政府がお金を稼ぐがどこでも簡単に利用できるアルコールのようだが、誰もあなたに飲み物を求めているわけではない。あなたがモンテカルロに行くなら、モンテカルロの王様を非常に豊かにして放棄して人々がそこで賭ける方法に驚かれるでしょう。ギャンブルと売春は密接に結びついていますので、あなたが見つけたところで、他の人を見つけることができます。私は私に良い価値を教えてくれたそのような親を持っていたことは幸運です。賭博のあらゆる形態が邪悪であることをあなたの子供に教えてくれることを願っています。

 

 

 
Sonohoka no yōna chūdoku shutten: Gūguru no shashin kyō watashi wa kono burogu o monogatari de hajimetai to omotte imasu. Hijō ni nagai hanashidesuga, watashi wa supēsu no tame ni anata ni sore no saitan bājon nomi o oshienakereba narimasen.

Sanfuranshisuko ni wa kono gyanburu jointo ga ari, samazamana keitai no gyanburu de karera no un o tameshite mimashita.Soko ni wa, yuiitsu no mokuteki de hitsuyōniōjite-te o kashite kureru sake to josei mo imasendeshita. Anata no okane o eru. Sore wa hijō ni hyōban no warui bashodeshita. Nazenara, sono yōna basho wa, tamani, tokiniha higeki-tekina kekka ga dete, hyōban no warui hito-tachi ni yotte hinpan ni okottakaradesu. Karera wa,-ji no saikoro ga itsumo minogashite iru to omotta, sorera.

Aru Ni~Tsu,-sen ga chikaku ni dokkingu shitanode, ichibu no jōkyaku wa gesha shi, tobaku-ba de kekkyoku nomimono to narimashita. Sore wa bōto kara chōdo orite nodo ga kawaite ita wakai doitsunin no otokonoko no kokoro ni attanode, kare wa bīru o chūmon shimashita.

Sugu ni nakama ga chikadzuki, sonohi ni hijō ni rakkīdattanode, kakeru koto ga dekiru okane ga aru ka dō ka tazunemashita. Doitsunin no otokonoko wa isshōkenmei ni kaketa koto wa arimasendeshitaga, nan’ninka no kimyōna riyū kara, kare wa chōdo kare no okane no yoi katamari ni deatta hito ni ataeru koto ni dōi shi, nappukin ni shōri sureba, kare no okane wa gyanburu no tame ni tsukawa rete imasu.

Doitsunin no otokonoko ga kashitamonono 20-bai o eru made, daremoga kachi tsudzukete sarani kakete iru hito o odoroka seru. Kare wa sore kara, kare wa ichinichijū sore o ushinau kanōsei ga aru koto ni kidzuitanode, kare ga kare no jinsei de futatabi kesshite kakenai koto o yakusoku shita. Kare wa kono okane o tsukatte ikutsu ka no hitsuji o katte nōson de hitsuji no nōjō o hajime, naganen ni watatte nōjō ya hitsuji o fuyashi tsudzuke, hitsuji no nōka o sodateru tame ni ganbatta.

Kare wa kekkon shi, musume ga imashita. Kare no kakeru yūjin wa amarini mo han’ei shite imashita. Nazenara, kare no kōun wa kare to issho ni shibarakunoaida tsudzuite ite, rinsetsu suru fudōsan ni sumitsuite, sutekina ie o tate, kekkon shite, musume mo ite, shikashi, kare wa umare no gyanburādeari, akumeidakai gyanburu no su kara tōzakaru koto ga dekizu, taikin o ushinatta.

Kare no tsuma wa totemo fukōdattanode, kanojo wa kanashimi de nakunari, chīsana musume o gyabīrā no otto no sewa no tame ni popī to shimashita. Ko no yō ni, mijimena jinsei wa, mazushī furoppu no ie kara jibun no okane o subete torimodosu koto o tsuneni hanashite ita chichioya ni yotte kuni ni hikizura rete ita shōjo no tame ni hajimatta ga, kesshite modotte konakatta. Popī wa kare ni nani ga okotta no ka, nani o subeki ka o shiranakattanode, kanojo wa petto no ōmu o tsukande ressha ga doko ni iki, nyūyōku no futō no chikaku de owatta no ka wakaranai kamotsu ressha ni tsumekonda.

Kanojo wa 10-sai no kodomodatta. Kanojo wa kyodaina fune o mite,-sen ni notte, ōkina fune ni kakureta aru sumi de nemuri ni tsuita. Kyaputen wa,-sen ga Furansu ni chikadzuite ita toki ni kanojo o mitsuke, kanojo o riku ni iki, kanojo no te o aratta. Popī ni okotta koto wa, watashi ga koko de kaite oku hitsuyō no nai betsu no hanashidesu. Nazenara, kono burogu wa tobaku to yoba reru chishi-tekina chūdoku to, sore ga jinmei o hakai suru hōhōdakaradesu.

Chūdoku no subete no shurui no, gyanburu wa tashika ni gyanburā wa kantan ni rihabiri suru koto ga dekinai tame, jinsei no kuchiku-kandesu. Watashi wa, Indo no kōkū kasha kōjō de hataraite ite, yoi tachiba ni ari, kyūryō ga takai hito ga, kono akutoku o hijō ni warui hito-tachi kara ōku no kake o ushinatte karite iru koto o tamotsu kēsu ga aru koto o shitte imasu.

Kare wa ōku o katte, tsuma o shibaraku shiawaseni suru 2tsu no heya o tsukurimashitaga, sore wa amarini mo jizoku shinakattashi, kare no kakeru shakkin no tame ni shiharau tame ni baikyaku sa remashita. Kare no tsuma to 3-ri no kodomo wa, aru hi, kare ga nigedashi, kazoku o suteta tame ni warui kekka o kabutta. Mazushī tsuma wa nani o subeki ka o shiranakattanode, kanojo wa kanojo no ryōshin ni modotte kono nakama o tsuiseki suru yō ni tasuke o motomemashita.

Saishūtekini kare wa ie ni kaetta tokoro kara betsu no machi ni kakurete iru koto ga hanmei shi, otto to kyōdai ga fūfu to kazoku o sukuu tame ni to-kin o haratta. Kare wa kesshite futatabi kakenai to yakusoku shi, nantoka kare no yakusoku o mamotta. Kaikaku suru gyanburā o mitsukeru no wa totemo maredesu. Poppy no monogatari wa fikushondesuga, kono hanashi wa, hitobito ga atama o magirawasete warui hōhō de kakeru yō ni kakeru koto ni dō yatte tandeki suru ka o shimesu monode wa arimasen.

Kono nakama wa saiwaidattaga, kare no hōritsu wa jūyōna shunkan ni tasuke ni kitaga, kare ga shakkin o hensai shita ka dō ka wa wakatte inai. Anata ga Amerika no Rasubegasu ni itte soko no kajino de wazuka sūjikan o sugosunaraba, hitobito ga tanjikan de bakudaina kingaku o kakete jinsei o hakai suru no o miru koto ga dekimasu.

Kajino wa, karera ga itsumo okane o kaseide iru ma, shōgaku no shikin o dashite iru ma, karera no shisetsu ga subete-jō ni aru kotoSaisho wa sabaku no man’naka ni aru Rasubegasu no kajino o setsuritsu shita Mafia de, tōzai hōkō no gasu de tomaru bashodattaga, tobaku no machi ga atta tokiniha kawatta nan hyaku man-ri mo no hito o osotta bōto no bosu ga soko ni tachi, tachiitta hito o koroshita. Goddofāzā no eiga wa sore o subete shimeshite imasu.

Sonogo, karera wa shinatora no yōna kashu o yatotte yoru no shō de utai, yūmeijin ni shimashita. Sonogo, karera wa kajino bijinesu de tsukutta okane o tsukatte gōhō-tekina bijinesu to yoba reru mono ni utsurimashitaga, gyanburu wa kingaku ga kankei suru tame kiken’na bijinesudesu nan hyaku mo no keibi kamera ga dokoni ite mo, puro no sagi-shi ya busō shita anchisukiru nado dokoni ite mo dare mo miru koto ga dekimasen. Kare no machi kara gyanburu to baishun o mamoritai sherifu wa, kajino un’ei-sha no tame ni jinsei o kon’nan ni shite imashita.

Dakara, aru hi karera wa, sheifu o koroshita supōtsukā no burēki o kaizan shite, karera no jinsei no hayai dankai de gyanburu ga hajimarimasu. Anata ga nominagara terebi de bōrugēmu o mite iru bā ni iku to, darekaga `20-doru de dasha ga hōmuran o okonau to itte iru’ to sakebudarou. Darekaga `anata wa imasu’ to itte, kake no tame ni darekaga sono okane o atsumemasu. Kore wa itaru tokoro de okoru mottomo kantan’na keitai no gyanburudesu.

Sonogo, Rasubegasu, Rino matawa atorantikkushiti de yori shinkokuna tobaku ni sotsugyō shi, Rasubegasu, Rino matawa atorantikkushiti ni mukaimasu. Dansei to josei wa,-go de karera ga motte iru subete no mono o ushinau to, gyanburu to kuareru ni sanka shimasu. Gyanburu no tame ni ikutsu no kekkon ga wakareru no ka wa wakatte imasenga, gyanburu de okane o ushinau koto no kekka wa hontōni shinkokudesu.

Indo no dōryō wa hōritsu-jō no hōritsu ga tasuke ni natta no wa kōundeshitaga, daremoga hōritsu o motte iru wakede wa arimasen. Itariade wa, 3-ri no chīsana kappu to karera no endō mame ga me no mae no kappu no ma o takumi ni ugokimawarimasu itsumo katsu. Pōkāfeisu o motsu kādopureiyā wa, anata ga wana ni ochītta baai, anata no okane o subete torudeshou. Kenī rojāsu no uta ni wa,`tēburu ni suwatte iru ma ni anata no okane o kazoeru koto wa arimasen. Keiyaku ga seiritsu shita jiten de kaunto suru ni wa jūbun’na jikan ga arimasu.

Hotondo no hito wa kesshite jibun no okane o kazoeru koto wa arimasen. Hitobito wa kazuōku no keitai no gyanburu o hatsumei shite kimashitaga, mottomo yūmeina no wa, sharin ga kaiten shite sūji de teishi suru rūrettodesu. Byō. Saikoro no nage yari wa mata, tamago no ue ni nandomonandomo kake o suru bōkan-sha ni kakoma rete, kansei o age tari ushinattari shite iru. Ko no yōna dorama wa, sekai no subete no kajino de sekaijū no sūjūoku doru no tobaku o shite imasu.

Nihon ni iku to, hitobito ga tsuitachi asonde iru pachinko no surottomashin ga, hitori no nakama wa, kare ga tabako o shiharau tame ni mainichi jūbun’na okane o kasegu to itta. Kare wa dore kurai ushinatte iru no ka wa iwanakatta. Watashi wa Honkon kara Makao e no bōto ni notte ita. Chūgokujin ga ippai de, Makao ni kake ni ikou to shite itaga, sono bōto no itaru tokoro ni soko ni tsuku no o matsu koto ga dekinakatta no wa, gyanburā wa mājan no koma de hageshiku bōdo o tataite sakende ita.

Seidjiteki riyū kara watashi ga Makao ni nyūkoku suru koto wa yurusa rete inakatta no wa yoi kotodesuga, watashi wa gyanburu suru tsumori wa arimasendeshita. Makao wa genzai, kajino ga hijō ni ōkina bijinesu o okonatte iru Rasubegasu ni hitteki shimasu. 1-Ri no kajino no ōmono mo Manirawan ni fuyū kajino o mochikomi, koko de bijinesu o kaishi shimashitaga, chihō tōkyoku ga kyogaku no wairo o motome hajimeruto Makao ni hikiagemashita.

Kono tobaku no sangeki wa sekaijū ni hirogatte ori, hitobito no seikatsu o kizutsukete imasu. Robāto de nīro no eiga `Deer Hunter’ o oboete irunara, Roshia no rūretto no shīn o oboete imasu. Kare wa shinu ka dō ka ni kakete tatte ita. Nakama ga shindara, karera wa kawa ni karada o oshikonda. Kono tane no shi no gēmu wa, sensō-chū no Saigon no ichibudearu Cholon no kageguchi de jissai ni okonawa retaga, genzai, seifu wa kono yōna ihō gēmu o Betonamu de kibishiku uchiyabutte iru.

Chūgokude wa, gyanburu ga kyoka sa rete iru Makao ni ikunode, gyanburu wa kinshi sa rete imasu. Ōku no gyanburu wa, jibun no sukina mājan no gēmu ya kādo o himitsuri ni purei shite imasu. Watashi no uma wa don’na katachi no gyanburu ni mo hantai shite imashita. Kādo de asobu koto o kinjite imashita. Kanojo wa mata, watashitachi ga ken’yaku shi, tsuneni kakutoku shitamonono ichibu o sukuubekida to oshiete kuremashita.

Kore wa watashi ga jinsei de onkei o uketa hijō ni yoi adobaisudeshitaga, ima demo watashi no kodomo-tachi ni onaji koto o oshiete imasu. Shikashi, hitobito wa gakkō de nakama ni tsuku ka,-go de shakai de gyanburu no bunka ga man’en suru shokuba de kakeru yōna warui shūkan o hiroimasu. Oya wa sono yōna hito ni eikyō o ataenaiRu. Watashi wa chiiki shakai no watashi no nenrei no ichibu no hitobito ga kono akutoku to arukōru isonshō to yoba reru betsu no chimei-tekina fuku karada o hakai shita no o mimashita.

Watashi wa kōran no shiji ni shitagatte nonde kakeru koto o kinji rarete iru mosukure ni kansha shimasu. Shikashi, hoka no shūkyōde wa, karera wa sono yōna tsuyoi kōjutsu o shite imasen. Hitotsu wa, gyanburu ga junsuina un no mondaide wanai koto o rikai suru hitsuyō ga arimasu. Karera wa dono yō ni kore o okonau nodesu ka? Anata wa, tokutei no basho de rūretto no hoīru o teishi shite,-ka ga kachi, kake ni makeru yō ni, sekisai sa reta daisu ya himitsu no botan o kiita koto ga arimasu.

Surotto mashin wa, saidai no okane mēkādesu. Dareka ga ōkiku kattara mashin ni kekkan ga aru to itte shōri o shōsan shimasen. Kore wa, hitobito ga karera ga don’nani muzukashī shiren o shite mo katsu koto ga dekinai chūdokudesu. Koko de tazuneru shitsumon wa, seifu ga, sore ga jinmei o dono yō ni hakai suru ka o shitte iru saisho no gyanburu o kyoka suru riyūdesu.

Naze karera wa subete no kuni de roto o jikkō suru no ka tazuneru koto ga dekimasu ka? Sore wa karera ga zeikin de ōku no shūnyū o erukaradesu. Sore wa, seifu ga okane o kaseguga doko demo kantan ni riyō dekiru arukōru no yōdaga, dare mo anata ni nomimono o motomete iru wakede wanai. Anata ga montekaruro ni ikunara, montekaruro no ōsama o hijō ni yutaka ni shite hōki shite hitobito ga soko de kakeru hōhō ni odoroka rerudeshou. Gyanburu to baishun wa missetsu ni musubitsuite imasunode, anata ga mitsuketa tokoro de, hokanohito o mitsukeru koto ga dekimasu.

Watashi wa watashi ni yoi kachi o oshiete kureta so no yōna oya o motte ita koto wa kōundesu. Tobaku no arayuru keitai ga jaakudearu koto o anata no kodomo ni oshiete kureru koto o negatte imasu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs .I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中