Kam Fats of this world( in Japanese)

この世界のカム脂肪

53195113-Vector-Illustration-of-three-kids-flying-kites-in-the-park-Stock-Vector
Source : Google photo

かつて私が香港の中国国境に近い最後の1つの駅であったSheung Shuiにいたとき、私は彼の名前がKam Fatであると言ったタクシー運転手と会った。私はそれが彼の本当の名前であったかどうかまだ分かりません。彼は少し太ったので彼は彼に電話しましたが、彼は私が見ることができるものを見るために私を国境に連れて行くことができると言った友好的な種類でした。だから私は彼が1分ほど話している間に彼と一緒に行き、私についてのすべてを知りたいと思っていました。
だから私はアメリカに行く途中でカリフォルニアに留学していたので、私は奨学金をもらっていなかったので、私は自分自身に力を入れていたので、まず彼は私に安いところを見つけましたそこにとどまって良かったし清潔だったし、彼は私を夕食のために彼の家に招待した。
私たちは彼の家に私を彼に紹介した狭い厚板で辛抱強く歩いていたので、私を歓迎してくれたすべての子供たちに紹介しました。私はシンプルで美味しい中国の食事でそれらに参加するように私を招待した。私は未知の人にとても親切なタクシー運転手がどこにでも見つけることが非常に難しいので、私は驚きましたので、彼らのおもてなしを覚えています。

私が話したことは覚えていませんが、彼らは私に美しいセラミックイーグルを贈り物として与えました。翌日、カムファットは私が彼をもう一度必要としているかどうかを確認するために再び現れ、すぐに歯科医に私を連れて来ました。このすばらしい仲間は私に5ドルのクリップを付けたいい歯を固定しました。

カムファットは私をインドの医者に連れて来ました。ベンジャリの紳士は、中国の女性と結婚してとても驚きました。インド人はベンガル人だけではなく、シェンシュイに行くことはほとんどないので、すぐに私は彼のところで昼食を取ってくれたが、後に別の診療所を持っていたシャティンを訪ねるために彼の車で私を見せてくれた。私は多くの国で私の人生で会った素敵な人たちの思い出が、私たちが会う悪人の数にかかわらず、人類の良さへの私の信念を補強しています。

あなたが私と同じくらい旅をしていれば、Kam Fatのような悪くて良いものもいろいろな人と出会うことができます。あなたは悪いものを忘れる傾向がありますが、あなたに印象を与えた善良な人々を覚えています。私の重いスーツケースを純粋なのれんから香港のホテルに運ぶように頼んだ紳士はとても恥ずかしかったです。

最近、私たちがニュースで聞いて見ていることは、憎悪と人種差別を公然と奨励している一部の人々が彼らの手がかりを取り、それに応じて行動するゴミ箱です。あなたは暗い皮膚やターバンを着用して外国人になった場合、無頓着な入国者があなたに汚い表情を見せる米国の空港に到着すると、これを見るでしょう。

あなたは警察官にこれを見て、あなたを止めて、ホルスターに手を置いたままあなたのIDを大まかに尋ねます。あなたは彼らのように見えないので、あなたに侮辱を叫ぶ渡す自動車運転手にこれを見ます。それは、親からの手がかりを取った子供たちにもフィルターをかけます。それはあなたに人間の本質の暗い側面に不思議に思って、この世界のカム脂肪をもっと感謝します。

かつて私がイタリアのメッシーナにいた時、どこかイタリア人だけが行った場所であることを知らずに、私がキャンプ場をさまよった。キャンプはテントでいっぱいで、すべての年齢の子供たちがたくさん遊んでいました。最初は彼らは私が何を作るのか分からなかった。なぜなら彼らはとても近いインド人に会ったことがなかったからだ。彼らは私の周りにいろいろな質問をしていた。私は彼らの言葉を知らなかったので、十代の少女が英語を話すまで、 “non parlare Italiano”としか言えませんでした。私はその後、アイデアを持っていた。私はすべての子供たちを集めて、私たちの手に参加してサークルを作るように頼んだ。私は彼らに地面に座るように頼んだ。

彼らは興奮して、次に何をすべきかを知りたいと熱心に待っていました。それで、私は少女に説明しました。シンプルなゲームだと説明しました。子供の後ろに手キングを落として、それを疑わずに子供がいないことを知り、手キングを拾い、彼がゲームから外れていることを彼に教えてください。子供がハンカチを見つけたら、私は出ていて、彼はゲームを続けた。
彼らは早くゲームを学び、この新しいゲームを楽しい時間を過ごしました。なぜなら、少女は急速なイタリア語で彼らに説明したからです。

しばらく遊んだ後、私は休憩するために木の下のイージーチェアに座っていたが、子供たちは私を孤独にしていませんでした。彼らはすべての種類の食糧を彼らのテントから持ってきて、私に食べさせ始めました。誰かが私の口にブドウを入れて、他の人はチーズを入れます。彼らは母親や祖母が私を怠惰に笑って見ている間、私には十分にできませんでした。ある老婦人が私にシャツを脱ぐように頼み、欠けていたボタンを素敵に固定しました。私は外国人の完全な見知らぬ人への愛を信じることができませんでした。

さようならを言う時が来たとき、子供たちは涙を流して、私と一緒にいてもっともっと遊んで、新しいことを教えるために私に嘆願しました物事が私は上に移動しなければならなかった。私はまだ何年も後に彼らの涙の美しい顔を覚えています。私は子供の無邪気さを愛していますが、この無実は彼らが成長する環境に依存していることも知っています。彼らは、戦争や飢饉のような暴力的な状況の中ですぐに失われがちです。あなたはアルジェリアのように不足しているか不十分です。

しかし最初に、1967年にひどい戦争が終わったベトナムに行きましょう。あなたは家庭生活の中で引き起こされた大混乱を想像することはできませんし、どこでも死と破壊を引き起こしましたが、私はそれを見て、彼らの苦しみを鋭く感じました。子供たちは戦争中に無実を失い、おもちゃの銃や手榴弾で遊んだのは、それが正常なことであるかのようでした。サイゴンの通りで私のところに来る人もいれば、汚れた写真を手に入れてお金を払うこともあります。 1人の子供が車のハッチを開け、目の瞬きの中でダッフルバッグで逃げました。ティーンエイジャンの女の子たちは、公然と自分自身を売っていた。

幼い子供たちは、PX商品を運ぶアメリカのトラックの後ろを登り、運転手が何が起こっているのか全く気づいていない間に猿のようにトラックからカートンを押し出しました。これらの子供たちは無実ではなく、彼らの年齢を超えて狡猾であった。戦争は道徳や伝統的な価値観の崩壊をもたらしました。そして1972年には戦争がなく、国全体が平和であったが、私は子供たちがとてもかわいくて無実であると誤って考えていました。彼らは何も無実だった。彼らは、髪の毛と天使の顔の小さな悪魔のようだった。彼らの母親は、朝、彼らの家事を平和で行い、隣人と一緒にゴシップをするために朝に連れてきたので、これらの子供たちはすべてのいたずらをして占領しました。ますます多くの子供たちが出始めた。

彼らの純粋な数字が私を圧倒したとき、私は止まらなければならなかったが、私は彼らと遊ぶことを強く主張し、私はそうしないと怒った。イタリアでは、子供たちは愛情の溢れる環境の中で育ち、注意を払って両親や祖父母に甘やかされますが、アルジェリアではそうではありませんでしたので、子供たちは注意と愛を求めていました。彼らはそれを見つけたとき、彼らはそれを放棄しようとしていなかったので、忌まわしくなり、私のバイクエンジンに砂を入れて、ミラーを破り、タイヤをスラッシュしようとしました。

子供たちの甘さと無邪気さは、彼らが育つ環境に依存します。子供が多くの社会で共通の家庭内暴力を経験したり、薬物、暴力、死が共通するコミュニティに住んでいる場合、すぐに無実を取り除く効果。私は子供たちがスポンジのようなものであることを他の所で書いています。彼らは愛情のある親の監督がなければ、彼らは特に言語を観察して悪いことを吸収し、それに応じて行動します.10歳の子供たちは現在、自動武器を携帯しなければならず、ジハード教徒や他のグループによって人々を殺すよう頼んでいます非常に若い年齢で実際のモンスターに変わる。 13歳や14歳の少女は、孤児の兄弟姉妹に給餌するために小さな額を得ることができるように、自分自身を売るように強制されます。

誰も気にしないで、生き残るために何ができるのかを誰も助けない。人々が覚えている限り、人々に意志を強いることを依然として主張する人々によってもたらされた戦争、飢餓、イデオロギーや誤った信念の名前で人々が苦しむように。国連は現在、世界の様々な地域で戦争によって強制退去された人口は8000万人を超えているとしています。カイトランナーと呼ばれる映画があります。アフガニスタンの治安部隊が力を出してその国を灰にするまで。ダンス、歌、演奏、凧飛行、あなたと私が自分の国で楽しむ人生のすべての普通のものは、間違った信念の名の下、人生における単純な喜びを奪われた人々を禁止されました。それは、薬物中毒、女性の家庭内虐待、うつ病、そして自殺未遂がある国です。

戦争がいつか終わると、人々は正常な人生を一緒にして子供たちが再び凧を飛べる機会を得ることができます。ベトナムでは、汚れた写真を販売する代わりに美しい公園で子供たちが遊んでいる場所で成長し、繁栄していますが、彼らは平和を得るために非常に高い価格を払っています。私たち人間は、非常に長い時間をかけてお互いを殺していますが、私たちのこの世界は本当に美しい惑星であり、自然が寛大であり、半分のチャンスを与えてくれます。あなたが旅をすると、人々が繁栄と平和に住み、人々が見知らぬ人に親切であり、できる限りの支援を提供する、緑豊かで豊かな資源である国がどれほど美しいかがわかります。親切で素敵な人達が親切で素敵な子供たちを育ててくれます

後でカム脂肪になる。だから、私はこの世界のカム脂肪のために信仰を失っていない。

 

 
Kono sekai no kamu shibō   katsute watashi ga Honkon no Chūgoku kokkyō ni chikai saigo no 1tsu no ekideatta Sheung Shui ni ita toki, watashi wa kare no namae ga Kam Fatdearu to itta takushī untenshu to atta. Watashi wa sore ga kare no hontō no namaedeatta ka dō ka mada wakarimasen. Kare wa sukoshi futottanode kare wa kare ni denwa shimashitaga, kare wa watashi ga miru koto ga dekiru mono o miru tame ni watashi o kokkyō ni tsurete iku koto ga dekiru to itta yūkō-tekina shuruideshita.

Dakara watashi wa kare ga 1-bu hodo hanashite iru ma ni kare to issho ni iki, watashinitsuite no subete o shiritai to omotte imashita. Dakara watashi wa Amerika ni iku tochū de Kariforunia ni ryūgaku shite itanode, watashi wa shōgakkin o moratte inakattanode, watashi wa jibun jishin ni chikara o irete itanode, mazu kare wa watashi ni yasui tokoro o mitsukemashita soko ni todomatte yokattashi seiketsudattashi, kare wa watashi o yūshoku no tame ni kare no ie ni shōtai shita.

Watashitachi wa kare no ie ni watashi o kare ni shōkai shita semai atsuita de shinbōdzuyoku aruite itanode, watashi o kangei shite kureta subete no kodomo-tachi ni shōkai shimashita. Watashi wa shinpurude oishī Chūgoku no shokuji de sorera ni sanka suru yō ni watashi o shōtai shita. Watashi wa michi no hito ni totemo shinsetsuna takushī untenshu ga doko ni demo mitsukeru koto ga hijō ni muzukashīnode, watashi wa odorokimashitanode, karera no omotenashi o oboete imasu.

Watashi ga hanashita koto wa oboete imasenga, karera wa watashi ni utsukushī seramikkuīguru o okurimono to shite ataemashita. Yokujitsu, kamufatto wa watashi ga kare o mōichido hitsuyō to shite iru ka dō ka o kakunin suru tame ni futatabi araware, sugu ni shikai ni watashi o tsurete kimashita. Kono subarashī nakama wa watashi ni 5-doru no kurippu o tsuketa ī ha o kotei shimashita. Kamufatto wa watashi o Indo no isha ni tsurete kimashita. Benjari no shinshi wa, Chūgoku no josei to kekkon shite totemo odorokimashita.

Indohito wa Bengaru hito dakede wa naku, shenshui ni iku koto wa hotondo nainode, sugu ni watashi wa kare no tokoro de chūshoku o totte kuretaga,-go ni betsu no shinryōsho o motte ita shatin o tazuneru tame ni kare no kuruma de watashi o misete kureta. Watashi wa ōku no kuni de watashinojinsei de atta sutekinahito-tachi no omoide ga, watashitachi ga au akunin no kazu ni kakawarazu, jinrui no yosa e no watashi no shin’nen o hokyō shite imasu.

Anata ga watashi to onaji kurai tabi o shite ireba, Kam Fat no yōna warukute yoi mono mo iroirona hito to deau koto ga dekimasu. Anata wa warui mono o wasureru keikō ga arimasuga, anata ni inshō o ataeta zenryōna hitobito o oboete imasu. Watashi no omoi sūtsukēsu o junsuina noren kara Honkon no hoteru ni hakobu yō ni tanonda shinshi wa totemo hazukashikattadesu. Saikin, watashitachi ga nyūsu de kii te mite iru koto wa, zōo to hito shusabetsu o kōzen to shōrei shite iru ichibu no hitobito ga karera no tegakari o tori, sore ni ōjite kōdō suru gomibakodesu.

Anata wa kurai hifu ya tāban o chakuyō shite gaikoku hito ni natta baai, mutonjakuna nyūkoku-sha ga anata ni kitanai hyōjō o miseru Beikoku no kūkō ni tōchaku suru to, kore o mirudeshou. Anata wa keisatsukan ni kore o mite, anata o tomete, horusutā ni te o oita mama anata no ID o ōmaka ni tazunemasu. Anata wa karera no yō ni mienainode, anata ni bujoku o sakebu watasu jidōsha untenshu ni kore o mimasu. Sore wa, oya kara no tegakari o totta kodomo-tachi ni mo firutā o kakemasu.

Sore wa anata ni ningen no honshitsu no kurai sokumen ni fushigi ni omotte, kono sekai no kamu shibō o motto kansha shimasu. Katsute watashi ga Itaria no messhīna ni ita toki, doko ka itariahito dake ga okonatta bashodearu koto o shirazu ni, watashi ga kyanpuba o samayotta. Kyanpu wa tento de ippai de, subete no nenrei no kodomo-tachi ga takusan asonde imashita. Saisho wa karera wa watashi ga nani o tsukuru no ka wakaranakatta.

Nazenara karera wa totemo chikai indohito ni atta koto ga nakattakarada. Karera wa watashi no mawari ni iroirona shitsumon o shite ita. Watashi wa karera no kotoba o shiranakattanode, jūdai no shōjo ga eigo o hanasu made, ” non parlare Italiano” to shika iemasendeshita. Watashi wa sonogo, aidea o motte ita. Watashi wa subete no kodomo-tachi o atsumete, watashitachi no te ni sanka shite sākuru o tsukuru yō ni tanonda. Watashi wa karera ni jimen ni suwaru yō ni tanonda. Karera wa kōfun shite, tsugini nani o subeki ka o shiritai to nesshin ni matte imashita.

Sorede, watashi wa shōjo ni setsumei shimashita. Shinpuruna gēmuda to setsumei shimashita. Kodomo no ushiro ni te kingu o otoshite, sore o utagawazu ni kodomo ga inai koto o shiri,-te kingu o hiroi, kare ga gēmu kara hazurete iru koto o kare ni oshietekudasai. Kodomo ga hankachi o mitsuketara, watashi wa dete ite, kare wa gēmu o tsudzuketa. Karera wa hayaku gēmu o manabi, kono atarashī gēmu o tanoshī jikan o sugoshimashita. Nazenara, shōjo wa kyūsokuna Itaria-go de karera ni setsumei shitakaradesu.

Shibaraku asonda nochi, watashi wa kyūkei suru tame ni konoshita no ījīchea ni suwatte itaga, kodomo-tachi wa watashi o kodoku ni shite imasendeshita. Karera wa subete no shurui no shokuryō o karera no tento kara motte kite, watashi ni tabe sase hajimemashita. Darekaga watashi no kuchi ni budō o irete, hokanohito wa chīzu o iremasu. Karera wa hahaoya ya sobo ga watashi o taida ni waratte mite iru ma, watashiniha jūbun ni dekimasendeshita. Aru rō fujin ga watashi ni shatsu o nugu yō ni tanomi, kakete ita botan o suteki ni kotei shimashita.

Watashi wa gaikoku hito no kanzen’na mishiranu hito e no ai o shinjiru koto ga dekimasendeshita. Sayōnara o iu toki ga kita toki, kodomo-tachi wa namida o nagashite, watashitoisshoni ite motto motto asonde, atarashī koto o oshieru tame ni watashi ni tangan shimashitaMonogoto ga watashi wa ue ni idō shinakereba naranakatta. Watashi wa mada nan-nen mo nochini karera no namida no utsukushī kao o oboete imasu. Watashi wa kodomo no mujaki-sa o aishiteimasu ga, kono mujitsu wa karera ga seichō suru kankyō ni izon shite iru koto mo shitte imasu.

Karera wa, sensō ya kikin no yōna bōryoku-tekina jōkyō no naka de sugu ni ushinawa re-gachidesu. Anata wa Arujeria no yō ni fusoku shite iru ka fujūbundesu. Shikashi saisho ni, 1967-nen ni hidoi sensō ga owatta Betonamu ni ikimashou. Anata wa katei seikatsu no naka de hikiokosa reta dai konran o sōzō suru koto wa dekimasenshi, doko demo shi to hakai o hikiokoshimashitaga, watashi wa sore o mite, karera no kurushimi o surudoku kanjimashita.

Kodomo-tachi wa sensō-chū ni mujitsu o ushinai, omocha no jū ya shuryūdan de asonda no wa, sore ga seijōna kotodearu ka no yōdeshita. Saigon no tōri de watashi no tokoro ni kuru hito mo ireba, kegareta shashin o te ni irete okane o harau koto mo arimasu. 1-Ri no kodomo ga kuruma no hatchi o ake,-me no mabataki no naka de daffurubaggu de nigemashita. Tīn’eijan no on’nanoko-tachi wa, kōzen to jibun jishin o utte ita. Osanai kodomo-tachi wa, PX shōhin o hakobu Amerika no torakku no ushiro o nobori, untenshu ga nani ga okotte iru no ka mattaku kidzuite inai ma ni saru no yō ni torakku kara kāton o oshidashimashita. Korera no kodomo-tachi wa mujitsude wa naku, karera no nenrei o koete kōkatsudeatta.

Sensō wa dōtoku ya dentō-tekina kachikan no hōkai o motarashimashita. Soshite 1972-nen ni wa sensō ga naku,-koku zentai ga heiwadeattaga, watashi wa kodomo-tachi ga totemo kawaikute mujitsudearu to ayamatte kangaete imashita. Karera wa nani mo mujitsudatta. Karera wa, kaminoke to tenshi no kao no chīsana akuma no yōdatta. Karera no hahaoya wa, asa, karera no kaji o heiwade okonai, rinjin to issho ni goshippu o suru tame ni asa ni tsurete kitanode, korera no kodomo-tachi wa subete no itazura o shite senryō shimashita.

Masumasu ōku no kodomo-tachi ga de hajimeta. Karera no junsuina sūji ga watashi o attō shita toki, watashi wa tomaranakereba naranakattaga, watashi wa karera to asobu koto o tsuyoku shuchō shi, watashi wa sō shinai to okotta. Itariade wa, kodomo-tachi wa aijō no afureru kankyō no naka de sodachi, chūi o haratte ryōshin ya sofubo ni amayakasa remasuga, Arujeriade wa sōde wa arimasendeshitanode, kodomo-tachi wa chūi to ai o motomete imashita.

Karera wa sore o mitsuketa toki, karera wa sore o hōki shiyou to shite inakattanode, imawashiku nari, watashi no baiku enjin ni suna o irete, mirā o yaburi, taiya o surasshu shiyou to shimashita. Kodomo-tachi no ama-sa to mujaki-sa wa, karera ga sodatsu kankyō ni izon shimasu. Kodomo ga ōku no shakai de kyōtsū no kateinaibōryoku o keiken shi tari, yakubutsu, bōryoku, shi ga kyōtsū suru komyuniti ni sunde iru baai, sugu ni mujitsu o torinozoku kōka.

Watashi wa kodomo-tachi ga suponji no yōna monodearu koto o hoka no tokoro de kaite imasu. Karera wa aijō no aru oya no kantoku ga nakereba, karera wa tokuni gengo o kansatsu shite warui koto o kyūshū shi, sore ni ōjite kōdō shimasu. 10-Sai no kodomo-tachi wa genzai, jidō buki o keitai shinakereba narazu, jihādo kyōto ya hoka no gurūpu ni yotte hitobito o korosu yō tanonde imasu hijō ni wakai nenrei de jissai no monsutā ni kawaru. 13-Sai ya 14-sai no shōjo wa, minashigo no keiteishimai ni kyūji suru tame ni chīsana gaku o eru koto ga dekiru yō ni, jibun jishin o uru yō ni kyōsei sa remasu. Dare mo kinishinaide, ikinokoru tame ni nani ga dekiru no ka o dare mo tasukenai.

Hitobito ga oboete iru kagiri, hitobito ni ishi o shiiru koto o izentoshite shuchō suru hitobito ni yotte motarasa reta sensō, kiga, ideorogī ya ayamatta shin’nen no namae de hitobito ga kurushimu yō ni. Kokuren wa genzai, sekai no samazamana chiiki de sensō ni yotte kyōsei taikyo sa reta jinkō wa 8000 man hito o koete iru to shite imasu. Kaitoran’nā to yoba reru eiga ga arimasu.

Afuganisutan no chian butai ga chikara o dashite sono kuni o hai ni suru made. Dansu, uta, ensō,-dako hikō, anatatowatashi ga jibun no kuni de tanoshimu jinsei no subete no futsū no mono wa, machigatta shin’nen no na no shimo, jinsei ni okeru tanjun’na yorokobi o ubawa reta hitobito o kinshi sa remashita. Sore wa, yakubutsu chūdoku, josei no katei-nai gyakutai, utsubyō, soshite jisatsu misui ga aru kunidesu. Sensō ga itsuka owaru to, hitobito wa seijōna jinsei o issho ni shite kodomo-tachi ga futatabi tako o toberu kikai o eru koto ga dekimasu.

Betonamude wa, kegareta shashin o hanbai suru kawari ni utsukushī kōen de kodomo-tachi ga asonde iru basho de seichō shi, han’ei shite imasuga, karera wa heiwa o eru tame ni hijō ni takai kakaku o haratte imasu. Watashitachi ningen wa, hijō ni nagai jikan o kakete otagai o koroshite imasuga, watashitachi no kono sekai wa hontōni utsukushī wakuseideari, shizen ga kandaideari, hanbun no chansu o ataete kuremasu.

Anata ga tabi o suru to, hitobito ga han’ei to heiwa ni sumi, hitobito ga mishiranu hito ni shinsetsudeari, dekiru kagiri no shien o teikyō suru, midori yutakade yutakana shigendearu kuni ga dorehodo utsukushī ka ga wakarimasu. Shinsetsude sutekina hitotachi ga shinsetsude sutekina kodomo-tachi o sodatete kuremasuAtode kamu shibō ni naru. Dakara, watashi wa kono sekai no kamu shibō no tame ni shinkō o ushinatte inai.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs .I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中