What now ? ( in Japanese)

images (16)

出典:Googleの写真

今何?

何今 – 時間は、人々が尋ねるか質問をする必要がある時点ですべての人の生活の中で存在していますか?それは単に無害質問することが、それは非常に深い意味を持っていることがあります。質問は非常に古い時代に非常に若い年齢からの人の生活の中で任意の時点で尋ねたかどこかの間にあると毎回答えは状況に依存し得る、年齢、優先順位、条件の生活、教育闘争、仕事することができますその関係は、開発または行くと他の多くの要因にされて苦労しています。
若者は昔の人々は非常に異なる優先順位を有することができます。

彼らはガールフレンドやボーイフレンドを持つことが優先事項であるか、関係改善ESTAを開発したり、出芽が優先されていることを言うかもしれません。私は、ESTAはホルモンが彼らは女の子だから彼らはそこから下り坂に行くアップノックましたので、彼らは道行きや学業の脱落のように、後で後悔すること愚かなことを行うには多くの場合、それらを促し、自分の体を通して荒れ狂うとは何かを持っていることを知っています。いくつかの点で、私たちはいくつかにそれが月の粗野とあまり魅力的なように聞こえますが、私たちはすべてのハード、その方法を考えるに配線されていることを科学的根拠に基づいており、当社の他の何よりも生物学によって駆動されます。

我々がそれは毎年数回アップノックし、私たちが何をするか分からない5または6たび子猫のゴミを生産し続けて取得します持っている私たちの庭で野良猫から本当に違いはありません。幸いにも彼らは大学に行かないと人間が心配としてacerca多くのことに私たちを心配しないでください。彼らはまた、良い仕事を心配していないと、彼らの生活はとてもシンプルでどこかに生活費を稼ぎます。彼らはすべての必要性は、ゴミ箱が便利になると、他のいくつかの猫がどので彼らが得意と戦うためになるようにそれらを維持するために、いくつかの食品です。

で両親、友人や社会からの需要は、一般的にあなたの場合は大学に行くと、後で良い仕事を得る、結婚とすべての国のすべての社会の中で同じである残りのために私たちに圧力をかけるよう私たち人間は、より複雑ですキコは、自然の中で、平和に住んでいて、一部だけ食料や水、毎日を取得する方法について心配カラハリのKikosを割り引きます。私は人生は私たちすべてが、様々な理由のために時々苦しむストレスから彼らのシンプルで自由なのであり、それらがうらやましいです。

だから私は永遠の質問に戻ってくる – 今何!
私たちは60年以上を意味する古い成長するにつれて、私たちの優先順位は変化し、我々はacerca退職し、何後で行うような他の多くの事を考え始めます。私はちょうど50あるいは40歳で辞めいくつか向こう見ずがありながら楽しむことが平和の瞬間を持ったことがない、一部の人はしないでください知っているか、彼らは働き続けるので、彼らは死んでドロップするまではそのため彼らのコミットメントの65で退職することはできませんそして彼らはラットレースを楽しんでいないと雑草が安くてあまりない基本的なレベルのコストで住んでいるところはなく、モロッコやカトマンズでマラケシュに行くだろうと判断しました。

それはあなたの快適ゾーンを残して、あなたが砂漠でサソリに刺さやゴビでラクダから落ち骨を壊すかもしれませんより広い世界で未知の世界へジャンプするそうする勇気がなく、彼らがしているので、私はそのような人がうらやましいです唯一の少数の人々がそう全体的に彼らは1が彼の仕事にすべての時間を結ばされた場合には不可能な方法での生活を楽しむだけであるので40か50歳の時の話をする価値なし休暇の時間を持っていない自由な精神私はまだ学生ローンの彼と住宅ローンを返済されていないと言及し、すべての法案は、その時計のように現れておきます。
それは彼らの端末の場合は、お友達になり、それらの1日1が尋ね苦しん病棟に2つの古いものと病人(モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン)映画を思い出させる – 私たちは知っていたならば、我々は何をするか、我々は非常に持っていましたちょうど医者のような私たちの生活の中で限られた時間が言いましたか?だから、一つは、私はアラスカで釣りに行くか、私はまだなどできればエベレストを登るしたいと言います
最終的に彼らは、病棟からオフにこっそりとまだ彼らがより多くのいたずらなことを行うために彼らについていたずらな子供のように肩を見ていると、それについて非常に興奮スモックを着てちょうどそれをしました。

は、飛行機から飛び降りたと肥料の山の農家のフィールドの着陸にパラシュートと頭をオフに笑いました。彼らは警察に彼らはスクーターに2つの狂った人のことだと思っていたローマで苦労しました。彼らは、彼らの心のコンテンツに何も、すべてを食べて、すべての薬を捨てました。要するに、彼らは時間のクジラを持っていたし、途方もなく、ゆっくりとその上に薄く表示が点灯するまで、世界の事を気しかし、彼らが死んで笑っていない楽しみました。
ああ、私はこれを行うことがそのような人がうらやましいとその最後の残りの日の間に世界にこの道を取ることがとても勇敢でした。

だから我々はすべて、一定の年齢での生活の中で私たちの異なる優先順位を持っています。どのように真剣に我々が取ることは私たちの優先順位人のキャラクターとそうする彼の財務能力に依存します。あなたはすべてのあなたの人生になどジャンクや工芸品、お金と時間の預金のすべての方法を取得した場合そして、遅かれ早かれよりもあなたはそれを認識すべきです

私たちは皆、いつか行っている場合は賢明な人はすべての材料のものを取り除くために開始しますので、あなたはあなたと一緒に何かを取ることができません。私はそれがそうする楽しみとなっているので、日常の多くを奨励するあなたが読んで、私への書き込みに彼らのような90カ国以上で私の読者を」ことが分かったので、それは私が楽しむことを書面取り込んだdivestment.I呼び出します。

私は屋外の人ではないですので、今では違っていたが、私は、エベレストに登るか、ラクダに乗ってゴビ砂漠に行くつもりはありませんと私はヤング・フーリッシュたときに我々はすべてのいくつかの時点でやったようなものはなかったです。私はあなたがあなたが唯一の私のすべてのケーパーを知っていたが、私は、私はちょうど私が以前に書いていない1つのケイパーを言及しますthat.OKに取得することはできません場合は、あなたの頭を笑い飛ばす話をします伝えることができます。

ある時は、私はカリフォルニアのビッグ・サーに向けてヒッチハイキングだったし、そこに一人を満たすためだったが、ので、私は野生の生活に多くの注意を払っていないストリームに近い森林面積に私の寝袋を広げる暗くなりました。夜の真ん中で、私は私の近くに野生動物のうなり声を聞いて、動物が生きている私を食べて離れて行くとしないことを期待して、私の寝袋の中に忍び込みました。私は怖がっていたし、それを覗き見するものを見ると、それは私が.Iはと自分自身を守るために何も持っていなかったと私は非常に愚かなことをしたし、再びそれを行うにはない自分自身を約束したことに気づい去っていきました悩まれていなかったとき、ほっとしていませんでした。

私は山のライオンがフレンドリーがある場合ので、私はあなたが再びそれを行うと、あなたのケーパーから何も学ばなかった場合、運があなたの指の抜け出しの方法を持ってlucky.Butだったかわからないが、それは優しい山のライオンだったかもしれません。私がやった、それ以来、野生動物の怖いです。私たちの娘は、ザンビアのチーターは飼いならされた動物と言ったが、彼女は私が今何を含むmyself.Soを知っているほとんどの人よりも多くの勇気を持ってポーズ?私はこの質問には、いくつかの答えを必要だと思います。

引退した人々が、すぐに彼らことをあきらめたとcroaked日平凡な生活にその日の落胆たWHO私が出会ってきました。彼らは、それ自体と、退職後に何をすべきかを決定できませんでした。別の仲間は、喫煙を停止して、ウインクして彼の肺の一方のみが働いていたと言ってくれましたが、私はそれはので、私は数ヶ月後に何をしたかの喫煙で死ぬことを望んでいたことができませんでした。仲間はspunk.Iは、誰もがどこかの時点でその優先順位をまっすぐにし、これは私が今、ちょうどそれを行うから、やりたいものですと言うすることは非常に重要であると考えていました。

非常に多くの異なった食品は、あなたが古い場合は気にしないで作るために、非常に多くの新しいいたずらを味わうために、非常に多くの新しい人々に会うために、やることが多くの経験にそんなに、見てそんなにあります。私は古い時代の感覚に過ぎないmovie.Theしばしば繰り返し決まり文句に2つのいたずら者の人々のようないくつかの古い人を知っている、それは単なるなど数です一瞬のために脇に置くと、あなたがlive.

Nowする短い時間を持っていた場合、私はあなたが「セレンゲティに移動して、チーターやライオンを抱きしめたり飛び降りるしようとする必要があることを言わないあなたがやりたい何分で考えることができますパラシュートと、このような事柄を伴うまたは伴わない小型飛行機が、私は誰もがIまたは彼女は時間や.Someはそう傾斜精神的な道を行くと、他の会社にいくつかの慰めを見つけ開発する機会を得たことはありませんいくつかの隠された才能を持っていると確信していますしかし、私は彼らに残され、いくつかの勇気を持っており、半分チャンスが真剣にウインクとswagger.Butと考えるならばいたずらをする準備ができている人を好む、人生はナルシシズムではないか、それはするはずの、少なくとも約。

人々が必要として他人を助けるためにできることはたくさんあります。いくつかの子供たちは、あなたのライブラリーのそのあふれているので、相談、指導や書籍でそれらに手を与える悩ん時間を通して彼または彼女を導くためにメンターを必要としています。一部の人々はそう彼らの生活の中で肯定的な何かを彼らにそのプッシュを与えるためにそれらを乗り越えるために少しプッシュを必要としています。他の人が自分自身を書いて、多分いつか有名な作家になる方法をあなたから学ぶことがあります。いくつかは、必要とする多くの異なる方法で彼らの援助に来る保護者を必要としています。それは、常にお金や贈り物である必要はありませんが、ほんの少しの助け、アドバイスや物事を正しく行う方法を示すことができます。

子を採用し、彼または彼女を愛し、教育と指導して新しい生命を与えます。これらはすべて、「今、何を」尋ねる誰のための非常にやりがいの経験です。あなたは「あなたはよくあなたの人生を過ごした後、ゆっくりと古い兵士のように消えていくと言うことができるように、嬉しそうにして熱心にそれを実行してください

received_10207777936147290[447]

 

 

 

Shutten: Gūguru no shashin nan ima – jikan wa, hitobito ga tazuneru ka shitsumon o suruhitsuyōgāru jiten de subete no hito no seikatsu no naka de sonzai shite imasu ka? Sore wa tan’ni mugai shitsumon suru koto ga, sore wa hijō ni fukai imi o motte iru koto ga arimasu. Shitsumon wa hijō ni furui jidai ni hijō ni wakai nenrei kara no hito no seikatsu no naka de nin’i no jiten de tazuneta ka doko ka no ma ni aru to maikai kotaeha jōkyō ni izon shi eru, nenrei, yūsen jun’i, jōken no seikatsu, kyōiku tōsō, shigoto suru koto ga dekimasu sono kankei wa, kaihatsu matawa ikuto hoka no ōku no yōin ni sa rete kurō shite imasu.

Wakamono wa mukashi no hitobito wa hijō ni kotonaru yūsen jun’i o yūsuru koto ga dekimasu. Karera wa gārufurendo ya bōifurendo o motsu koto ga yūsen jikōdearu ka, kankei kaizen esuta o kaihatsu shi tari, shutsuga ga yūsen sa rete iru koto o iu kamo shiremasen. Watashi wa, esuta wa horumon ga karera wa on’nanokodakara karera wa soko kara kudarizaka ni iku appunokkumashitanode, karera wa michiyuki ya gakugyō no datsuraku no yō ni,-go de kōkai suru koto orokana koto o okonau ni wa ōku no baai, sorera o unagashi, jibun no karada o tōshite arekuruu to wa nanika o motte iru koto o shitte imasu.

Ikutsu ka no ten de, watashitachi wa ikutsu ka ni sore ga tsuki no soya to amari miryoku-tekina yō ni kikoemasuga, watashitachiha subete no hādo, sono hōhō o kangaeru ni haisen sa rete iru koto o kagakutekikonkyo ni motodzuite ori, tōsha no ta no naniyori mo ikimonogaku ni yotte kudō sa remasu. Wareware ga sore wa maitoshi sū-kai appunokku shi, watashitachi ga nani o suru ka wakaranai 5 matawa 6 tabi koneko no gomi o seisan shi tsudzukete shutoku shimasu motte iru watashitachi no niwa de noraneko kara hontōni chigai wa arimasen.

Saiwai ni mo karera wa daigaku ni ikanaito ningen ga shinpai to shite acerca ōku no koto ni watashitachi o shinpaishinaide kudasai. Karera wa mata, yoi shigoto o shinpai shite inai to, karera no seikatsu wa totemo shinpurude doko ka ni seikatsu-hi o kasegimasu. Karera wa subete no hitsuyō-sei wa, gomibako ga benri ni naru to, hoka no ikutsu ka no neko ga donode karera ga tokui to tatakau tame ni naru yō ni sorera o iji suru tame ni, ikutsu ka no shokuhindesu.

De ryōshin, yūjin ya shakai kara no juyō wa, ippantekini anata no baai wa daigaku ni iku to,-gode yoi shigoto o eru, kekkon to subete no kuni no subete no shakai no naka de onajidearu nokori no tame ni watashitachi ni atsuryokuwokakeru-yō watashitachi ningen wa, yori fukuzatsudesu Kiko wa, shizen no naka de, heiwa ni sunde ite, ichibu dake shokuryō ya mizu, mainichi o shutoku suru hōhō ni tsuite shinpai Karahari no Kikos o waribikimasu. Watashi wa jinsei wa watashitachi subete ga, samazamana riyū no tame ni tokidoki kurushimu sutoresu kara karera no shinpurude jiyūna nodeari, sorera ga urayamashīdesu.

Dakara watashi wa eien no shitsumon ni modotte kuru – imanani! Watashitachi wa 60-nen ijō o imi suru furui seichō suru ni tsurete, watashitachi no yūsen jun’i wa henka shi, wareware wa acerca taishoku shi, nani-go de okonau yōna ta no ōku no koto o kangae hajimemasu. Watashi wa chōdo 50 aruiwa 40-sai de yame ikutsu ka mukōmizu ga arinagara tanoshimu koto ga heiwa no shunkan o motta koto ga nai, ichibu no hito wa shinaide kudasai shitte iru ka, karera wa hataraki tsudzukerunode, karera wa shinde doroppu suru made wa sonotame karera no komittomento no 65 de taishoku suru koto wa dekimasen soshite karera wa rattorēsu o tanoshinde inaito zassō ga yasukute amarinai kihon-tekina reberu no kosuto de sunde iru tokoro wa naku, Morokko ya Katomanzu de Marakeshu ni ikudarou to handan shimashita.

Sore wa anata no kaiteki zōn o nokoshite, anata ga sabaku de sasori ni sasa ya Gobi de rakuda kara ochi-kotsu o kowasu kamo shiremasen yori hiroi sekai de michi no sekai e janpu suru sō suru yūki ga naku, karera ga shite irunode, watashi wa sono yōna hito ga urayamashīdesu yuiitsu no shōsū no hitobito ga sō zentai-teki ni karera wa 1 ga kare no shigoto ni subete no jikan o musuba sa reta baai ni wa fukanōna hōhō de no seikatsu o tanoshimu dakedearunode 40 ka 50-sai no toki no hanashi o suru kachi nashi kyūka no jikan o motteinai jiyūna seishin watashi wa mada gakusei rōn no kare to jūtaku rōn o hensai sa rete inai to genkyū shi, subete no hōan wa, sono tokei no yō ni arawarete okimasu.

Sore wa karera no tanmatsu no baai wa, o tomodachi ni nari, sorera no 1-nichi 1 ga tazune kurushin byōtō ni 2tsu no furui mono to byōnin (mōgan furīman to jakku nikoruson) eiga o omoidasaseru – watashitachiha shitteitanaraba, wareware wa nani o suru ka, wareware wa hijō ni motte imashita chōdo isha no yōna watashitachi no seikatsu no naka de kagira reta jikan ga iimashita ka?

Dakara, hitotsu wa, watashi wa Arasuka de tsuri ni iku ka, watashi wa mada nado dekireba eberesuto o noboru shitai to iimasu saishūtekini karera wa, byōtō kara ofu ni kossori to mada karera ga yori ōku no itazurana koto o okonau tame ni karera ni tsuite itazurana kodomo no yō ni kata o mite iru to, sore ni tsuite hijō ni kōfun sumokku o kite chōdo sore o shimashita.

Karera wa, hikōki kara tobiorita to hiryō no yama no nōka no fīrudo no chakuriku ni parashūto to atama o ofu ni waraimashita. Karera wa keisatsu ni karera wa sukūtā ni 2tsu no kurutta hito no kotoda to omotte ita rōma de kurō shimashita. Karera wa, karera no kokoro no kontentsu ni nani mo, subete o tabete, subete no kusuri o sutemashita. Yōsuruni, karera wa jikan no kujira o motte itashi, tohō mo naku, yukkuri to sono-jō ni usuku hyōji ga tentō suru made, sekai no koto o ki shikashi, karera ga shinde waratte inai tanoshi mimashita.

Ā, watashi wa kore o okonau koto ga sono yōna hito ga urayamashīto sono saigo no nokori no hi no ma ni sekai ni kono michi o toru koto ga totemo yūkandeshita. Dakara wareware wa subete, ittei no nenrei de no seikatsu no naka de watashitachi no kotonaru yūsen jun’i o motte imasu. Dono yō ni shinken ni wareware ga toru koto wa watashitachi no yūsen jun’i hito no kyarakutā to sō suru kare no zaimu nōryoku ni izon shimasu.

Anata wa subete no anata no jinsei ni nado janku ya kōgei-hin, okane to jikan no yokin no subete no hōhō o shutoku shita baai soshite, osokare hayakare yori mo anata wa sore o ninshiki subekidesu Watashitachi wa mina, itsuka itte iru baai wa kenmeina hito wa subete no zairyō no mono o torinozoku tame ni kaishi shimasunode, anata wa anata to issho ni nanika o toru koto ga dekimasen. Watashi wa sore ga sō suru tanoshimi to natte irunode, nichijō no ōku o shōrei suru anata ga yonde, watashi e no kakikomi ni karera no yōna 90-kakoku ijō de watashi no dokusha o’ koto ga wakattanode, sore wa watashi ga tanoshimu koto o shomen torikonda divestment.

I yobidashimasu. Watashi wa okugai no hitode wanaidesunode, ima dewa chigatte itaga, watashi wa, eberesuto ni noboru ka, rakuda ni notte Gobisabaku ni iku tsumori wa arimasen to watashi wa yangu fūrisshuta toki ni wareware wa subete no ikutsu ka no jiten de yatta yōna mono wa nakattadesu. Watashi wa anata ga anata ga yuiitsu no watashi no subete no kēpā o shitteita ga, watashi wa, watashi wa chōdo watashi ga izen ni kaite inai 1tsu no keipā o genkyū shimasu zatto.

OK ni shutoku suru koto wa dekimasen baai wa, anata no atama o waraitobasu hanashi o shimasu tsutaeru koto ga dekimasu. Arutokiha, watashi wa Kariforunia no biggu sā ni mukete hitchihaikingudattashi, soko ni hitori o mitasu tamedattaga,node, watashi wa yasei no seikatsu ni ōku no chūi o haratte inai sutorīmu ni chikai shinrin menseki ni watashi no nebukuro o hirogeru kuraku narimashita. Yoru no man’naka de, watashi wa watashi no chikaku ni yasei dōbutsu no unarigoe o kiite, dōbutsu ga ikite iru watashiwotabete hanarete ikuto shinai koto o kitai shite, watashi no nebukuro no naka ni shinobikomimashita.

Watashi wa kowagatte itashi, sore o nozoki mi suru mono o miru to, sore wa watashi ga. I wa to jibun jishin o mamoru tame ni nani mo motte inakatta to watashi wa hijō ni orokana koto o shitashi, futatabi sore o okonau ni wanai jibun jishin o yakusoku shita koto ni kidzui satte ikimashita nayama rete inakatta toki, hotto shite imasendeshita. Watashi wa yama no raion ga furendorī ga aru baainode, watashi wa anata ga futatabi sore o okonau to, anata no kēpā kara nani mo manabanakatta baai, un ga anata no yubi no nukedashi no hōhō o motte lucky.

Butdatta ka wakaranaiga, sore wa yasashī yama no raiondatta kamo shiremasen. Watashi ga yatta, sore irai, yasei dōbutsu no kowaidesu. Watashitachi no musume wa, Zanbia no chītā wa kai narasa reta dōbutsu to ittaga, kanojo wa watashi ga imanani o fukumu myself. So o shitte iru hotondo no hito yori mo ōku no yūki o motte pōzu? Watashi wa kono shitsumon ni wa, ikutsu ka no kotae o hitsuyōda to omoimasu. Intaishita hitobito ga, sugu ni karera koto o akirameta to croaked-bi heibon’na seikatsu ni sonohi no rakutanta fū watashi ga deatte kimashita.

Karera wa, sore jitai to, taishoku-go ni nani o subeki ka o kettei dekimasendeshita. Betsu no nakama wa, kitsuen o teishi shite, uinku shite kare no hai no ippō nomi ga hataraite ita to itte kuremashitaga, watashi wa sorehanode, watashi wa sūkagetsugo ni naniwoshita ka no kitsuen de shinu koto o nozonde ita koto ga dekimasendeshita. Nakama wa spunk. I wa, daremoga doko ka no jiten de sono yūsen jun’i o massugu ni shi, kore wa watashi ga ima, chōdo sore o okonaukara, yaritai monodesu to iu suru koto wa hijō ni jūyōdearu to kangaete imashita.

Hijō ni ōku no kotonatta shokuhin wa, anata ga furui baai wa kinishinai de tsukuru tame ni, hijō ni ōku no atarashī itazura o ajiwau tame ni, hijō ni ōku no atarashī hitobito ni au tame ni, yaru koto ga ōku no keiken ni son’nani, mite son’nani arimasu. Watashi wa furui jidai no kankaku nisuginai movie. The shibashiba kurikaeshi kimari monku ni 2tsu no itazura-sha no hitobito no yōna ikutsuka no furui hito o shitte iru, sore wa tan’naru nado sūdesu isshun no tame ni waki ni oku to, anata ga live.

Now suru mijikai jikan o motte ita baai, watashi wa anata ga `serengeti ni idō shite, chītā ya raion o dakishime tari tobioriru shiyō to suru hitsuyō ga aru koto o iwanai anata ga yaritai nanibun de kangaeru koto ga dekimasu parashūto to, kono yōna kotogara o tomonau matawa tomonawanai kogata hikōki ga, watashi wa daremoga I matawa kanojo wa jikan ya. Some wa sō keisha seishin-tekina michi o iku to, hoka no kaisha ni ikutsu ka no nagusame o mitsuke kaihatsu suru kikai o eta koto wa arimasen ikutsu ka no kakusareta sainō o motte iru to kakushin shite imasu shikashi, watashi wa karera ni nokosa re, ikutsu ka no yūki o motte ori, hanbun chansu ga shinken ni uinku to swagger.

But to kangaerunaraba itazura o suru junbi ga dekite iru hito o konomu, jinsei wa narushishizumude wanai ka, soreha suru hazu no, sukunakutomo yaku. Hitobito ga hitsuyō to shite tanin o tasukeru tame ni dekiru koto wa takusan arimasu. Ikutsu ka no kodomo-tachi wa, anata no raiburarī no sono afurete irunode, sōdan, shidō ya shoseki de sorera ni te o ataeru nayan jikan o tōshite kare matawa kanojo o michibiku tame ni mentā o hitsuyō to shite imasu. Ichibu no hitobito wa sō karera no seikatsu no naka de kōtei-tekina nanika o karera ni sono pusshu o ataeru tame ni sorera o norikoeru tame ni sukoshi pusshu o hitsuyō to shite imasu.

Hokanohito ga jibun jishin o kaite, tabun itsu ka yūmeina sakka ni naru hōhō o anata kara manabu koto ga arimasu. Ikutsu ka wa, hitsuyō to suru ōku no kotonaru hōhō de karera no enjo ni kuru hogo-sha o hitsuyō to shite imasu. Sore wa, tsuneni okane ya okurimonodearu hitsuyō wa arimasenga, hon’nosukoshi no tasuke, adobaisu ya monogoto o tadashiku okonau hōhō o shimesu koto ga dekimasu. Ko o saiyō shi, kare matawa kanojo o aishi, kyōiku to shidō shite atarashī seimei o ataemasu. Korera wa subete,`ima, nani o’ tazuneru dare no tame no hijō ni yarigai no keikendesu. Anata wa `anata wa yoku anata no jinsei o sugoshita nochi, yukkuri to furui heishi no yō ni kieteiku to iu koto ga dekiru yō ni, ureshi-sō ni shite nesshin ni sore o jikkō shite kudasai.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs .I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中