If I were … ( in Japanese)

Peacemakers-2016

Source : Google photo

私がいた場合

時々私は非常に肯定的な方法で人類の永続的な影響を持っているでしょう抜本的な何かをすることのように感じます。これは、我々としても快適な方法で私たちを驚かせるかもしれ何かをする力をすべては、持っていると言うようなものです。

私の妻は、ちょうど来て、私の肩の上に覗き見て、私はただのクチコミに別のブログを書き始めていたことを見て、「もう一つのブログを叫びましたか?私のああ!私がdo行うことも致し金持ちだったら:。アイデアが速いあなたに来る「とし、嬉しく曲に押し入り保ちます(トーポリは屋根の上のバイオリン弾きで歌っ)。彼女は面白い女の子です。

世界中で今日何が起こっているかは非常に恐ろしいであり、すべての近いノストラダムスは少し前予測していた最後の審判の日に私たちをもたらしているので、それは非常に深刻なブログです目指します。ラ古い預言者が第三の黙示録について書いQUE彼は私がまた一つは、常に実際に非常に非常にgravement彼の予言を取らなければならないという気持ちを持っている鍋の目標を吸った金を飲みすぎていたとき、彼は彼が何であったかを正しく見たことを証明したので、私は熱心に願っています将来的に発生します。

今、日常の一部の政治家はすぐに忠実に、常に探している熱心記者によるマスメディアで報道されているいくつかの侮辱的な言葉よりも厄介なものに発展することができますどこかにいくつかのスズポット独裁者のBravadosに反応して結果はと言うと人を脅かしています言葉はこの技術主導の世界で、高速に広がるように、それは彼らのポケットの中に見出し月ピューリッツァーを持つことができます。

一つは、テレビやでもビデオは、即座にアップロード、編集やないと地獄なネットワークで放送されているので、今、世界のいくつかのパートに出て壊しているのハンドヘルドデバイス最新ビデオ&ニュースにすぐに見ることができます彼らの曲がりは、より多くの収入とスポンサーを生成するためにライバルを凌駕しています。

記者は常に結果の誰にインタビューする準備ができているのでめったに彼らは、世界の論文の任意の共有からこのような幅広いやインスタントカバレッジの結果について考えるために停止しない短期間だったし、世界中のテレビで彼または彼女を置きます。

いいえ、インターネット、なしの衛星カバレッジ、世界の遠隔部分、ない携帯電話や衛星電話からアトランタのニュースを瞬時にHQに画像を送ることができるデジタルカメラ番号がなかった場合にはレビューはこれが50年前にいくつかのケースではありませんでした。でも、双方向無線機は、金はわずか5キロ離れた彼らの指揮官からのサポートの発言を必要としている兵士からの緊急メッセージを受信、送信できませんでした非常に限られたランクで大きなボトルひょうたんのように見えたと広い数字で死亡した(あまりにも映画ブリッジを参照してください。はるか)ヨーロッパで最後の世界大戦の間に。

目的は、今、私たちは、ピンポイントの精度で新しいスケジュールやいたずらをプロットし、第二に彼を撮影された単一のテロリストをターゲットにアフガニスタンやパキスタンで5000キロ離れたドローンを案内する複数の衛星について話しています。

今、私たちは悪いニュースが全世界、それが株式市場にパニックを引き起こし、膨張したエゴのファウル口のバカは誰がいる場合はどうなるのだろうかどこでも普通の人たちの心に恐怖を播種アップロードされた瞬間に広がるどれだけ速く見ます近くのすべての時間は、怒りのフィット感に決定した核のボタンは、そのボタンを押して誇張しました。

ほぼ毎日、私たちは、レビューにaussiは、そのような武器を持っており、それは侵略や攻撃この国にとっては悪夢のシナリオにすぐに制御不能に螺旋状になるように即座に報復を誓う別のような武器を脅かすと一つの国を聞きます。

フルシチョフは、最初に点滅しますかどうかを確認するために待っている間、ジョン・ケネディが、このような巨大な賭けを取ったキューバのミサイル危機を覚えていますか?今まで誰アップは彼らが当時のキューバのミサイルの駐留を介して打撃に来てどれだけ近いかを壊滅的に、最後の瞬間に正気が勝っとフルシチョフは対立から引き出さ方法を実現していません。
そのようなことが再び発生した場合、健全性があるでしょうし、世界的な大惨事を回避するために、時間内の部品が彼らのスーパー膨らんだ自尊心を飲み込むと、瀬戸際からバックステップの実現のだろうか?

論文の馬鹿はこれまで非常に短い時間で、広島と長崎で20万無実の人々を殺害し、不具核爆発の影響を経験していますか?このように遊んでそれらのどれも火が-している今まで、これまでの熱溶融を経験しなかったので自分の指先でこのような巨大な力を持つ政治家が遠いような武器がやってのことである想像ことはできません5階地下のどこかにエアコン、戦争の部屋に座って人の肉の遠く離れました。

何のガム咀嚼カメラマンと小文字を区別しないもの記者がszeneに行く勇気がありませんし、そこから運びと燃える体そのものが表示されますので、彼らは彼らの唯一の画面上の衛星写真が表示されます。彼は他のパイロットが良くビールを飲みながら仕事のために祝福_him_息子ベースà戻ったように、ベトナムの上に彼のB-52爆撃機の飛行パイロットは35000フィートから地面に破壊し、遺体を見たことがありません。

多くの国は今、「日はキロ数千人の上に飛ぶことができるミサイルに収まるようにするためにそのような恐ろしい武器やノウハウを保有します 私たちは致命的な精度で目標落下しますよ。それは空気の快適さから大きな距離から制御されているミサイルや無人偵察機でドロップすることができますので、フラットあなたがそのようなもう爆弾を運ぶ必要はありませんお願いし戦争rooms.The質問に冷却し、単一の人はどこかにそのようなを持っている理由であります彼はそれを発揮することができます巨大なパワーは、そのような人や理論の人々を表し議会を選出者の許可なしに第三次世界大戦を開始することができます。

彼らは、人々によって選出されていないか、または怒っ男が唯一の候補であるhim.Weは毎日エスカレート緊張を参照してくださいcontreので、誰が投票することはできません偽の選挙で選出されているので、パワーこのような独裁者が期限切れと呼ばれてきた錫ポット独裁者両方の部分が急速に、より多くの軍隊を送るより銃や多くの弾丸と、それは両側の火に燃料を追加して厳戒態勢に彼らの長距離ミサイルを取得している場合は孤立山のどこかブータンやラダックの基部に渡しますか。誰もバックアップしたいと考えていないdown.

Soこれが問題の核心です。なぜ誰もがダウンしてバックアップおよび彼らが座って、それを上に話すことができるどこで引き戻すと平和的な解決策を見つけるために望んでいませんか?彼らのニュースメディアと政治コメンテーターは、それが簡単に作成し、QUEラ敵は自分自身の苦しみのコストでレッスンを教えているので、彼らがダウンしてバックアップしてはならないすべての人に言っておくません。敵は無力ではなく、報復でひどい被害ゴールコメンテーターがそれを理解するためにSCCMとそれを火に油を追加するには保管しないで、すぐにcontrol.

Iから抜け出す可能性があるためと、理由を知ることができます。それは国家の誇りがでめちゃめちゃにしてはいけませんQUI s’intitule。指導者は攻撃に喜んでいるような人は1がアドルフ・ヒトラー開始前に平和を作るために少なくとも7回を試みたことを知ることが気に彼ら自身people.Noに責任はないので、任意のコストで国家のプライドを保つの名の下に別の国をレビュー同盟の国家の誇りは、平和はヒトラーが作った提供しています受け入れないため同盟国との戦争はゴールするたびに失敗しました。

最後の手段としてヘス自身が彼の飛行機を飛び、イギリスの軍事分野で上陸し、彼が和平合意に署名し、ヘスに何が起こったのか、我々はすべて知っている狂気の目標を停止するようになったと語りました。今、あなたはヘスた人未満100歳で、彼らは「彼のことを聞いていない、またはその代わりに彼ました誰のヘス何決して」いくつかの金のようなナンセンスのようなものを言うだろう誰に言わせれば。

人々は本当に自分の過去の過ちから学ぶのですか?彼らは核buttons.We上で自分の指を、持っている国家の誇りとほんの数人の膨らんだ自我の名前でサミ過ちを繰り返し続けるのはなぜ彼らはその後なかった場合は、今どこに事件が起こって前に決してのように相互接続された世界に住んでいます遠く離れた別の場所に瞬時に影響があります。イランがホルムズ海峡を閉鎖したとしても、それを閉じるために脅かす場合は、世界中の人々がパニックに始めます。それは短い時間のためにそれを閉じるとパニックeverywhere.Ifインドはパキスタンの唯一の港、人々のパニックを封鎖、価格が上昇し、人々が急激にガソリンや食品のためのキューイングを開始原因ワード経済を実行されるように多くの油が湾を通過しているので。

中国ブロックした場合であっても数日間、マラッカを通る通路は、日本がパニックに開始されます。アンダマンの通路を通ってインドは、ブロックの方法をした場合、すべての西と東ワード・ワード出荷トラフィックは、多くの国では不安の多くの引き起こし停止します。これらの国々は、彼らが私たちは国家の誇りのこの誤った概念を研究し、どんなダウン症候群バックアップすることはできませんどこを共有するために来war.Nowのような重要な時期に再生できるスリーブを彼らの年のエースを持っていることを知っています。我々は、すべての国が自国の誇りを誇ると脅威や姿勢の時にそれを販売したり、それをポーンていないと判断されたことがわかります。

政治家は、彼らはあなたが後で現金及び投票箱に大きな恩恵を見ることができます通貨として使用します。彼は彼の国家のプライドを飲み込んでキューバのミサイル危機から後退するとフルシチョフに何が起こったのか覚えていますか?彼は彼の目標賢明な将軍が_him_に同意しなかったし、速やかに退職に_him_感じました。だから、すべてのリーダーの後ろに、彼らは彼らの机の仕事に飽きwar.Mayことを開始し、バックに行きたいことができるように最高レベルの敵意のレベルを維持しようと強硬軍人とそのlackeysの行を立ちます彼らは戦争をしたいのでアクションがあるフィールド。継続的にアメリカがあるため、ビューの一般の視点から1942年以来、一の国や他との戦争で-てきた、戦争は常に非常に有益なビジネスです。

戦争材料の民間供給業者は、お金フォームwars.Don’tの膨大な量が、それは彼らがそれは降伏する日本の準備ができて知っていたときに日本に爆弾を落とすためにトルーマンに圧力をかけた軍人た忘れさせます。トルーマンは、彼が最終的にはそんなに死を引き起こし悪名高い順を与えたように、圧力目標は耐え難い_him_をしている、それを行うにはしたくありませんでした。彼は、あなたがされない限り、そのような人は起訴からの免除を楽しむのでaussiは何の短い世界で彼がした何のため_him_アカウントを作ることができなかったことを知っていました

チェチェン金のリーダーは、今私は私が人類にあまり害を行うには、このような巨大な力を持つ指導者だったら、私は?

1.  を何を何をするか書き込みますSerbia.So。私は自分のエゴと国家のプライドを飲み込むと、北朝鮮に飛ぶとその指導者を驚かせるとビールで_him_に座って、amicably.

2 . の問題を解決します。私は、友人として私の手を拡張し、任意の前提条件がなければ、平和を提供し、朝鮮半島からすべての米軍を引き出し、彼らが戻ってダウンaussiできるように、永遠にその貧しい国にハングアップするすべての脅威を削除します和平合意に署名します世界の残りの部分との貿易関係を改善し、すべてのミサイルは、いくつかの他の国が行うとprosper.

3.  のようにスリープ状態にできます。それから私は、彼らがユニットをshouldsだから南北はサーミ人、同じ言語とサミ遺産であることを説得し、活気に満ちた経済と、軍事的に強く安定したものに強く、繁栄し民主的な国aussiなります。私は彼がshouldsを撤回ようワンマンルールのqueのル日は、もはやどこにも実用的で独裁者を説得し、彼のポケットの中のノーベル賞と平和メーカーの永続的な遺産をどこかにスイスコテージでの引退をお楽しみいただけます。彼は危機に瀕しているものを理解するだろうと彼は論文の提案に巨大な利益を参照してdeal.

4.  に署名します。南北は、ちょうどドイツのように一つになると信じられないほど繁栄します。離散家族が再会され、恒久的な平和が、日本happy.

5.  彼らは、彼らは自分の国では一人一人の自由昼食と自由な授業料を与えるために使用するBLEされることをたくさんのお金を節約しますので、アメリカは偉大なコストであっ軍の数千に沿っていない駅になります.

6. では一人一人の自由昼食と自由な授業料を与えるために使用するBLEされることをたくさんのお金を節約しますのでアメリカは偉大な価格であり軍の数千に沿っていない駅はなります。 Aussiは、私は永続的な和平合意のエントレインドとパキスタンにし、それはインドの繁栄とその強力な軍事を維持しながら、すべての人に繁栄をもたらす高速開発する統一queのラナ前の1947年にあったように、インドと再会するためにEMを促すだろう。テロリストは、彼らが消えますので憎しみの火に燃料を供給する必要がある酸素を奪われます。誰も負けないだろうと誰もが利益になるので、それは皆のための勝利の有利な状況になります。カシミール問題は、ペンのストロークで解決されるだろうと誰もが無限の境界wars.

7. に死なないだろう。私は撤回するジンバブエの独裁者を納得させるでしょう。彼はとても93歳:彼はshouldsを撤回し、QUEラ国は崩壊の瀬戸際から戻ってもたらすことができるナ彼の孫を楽しむように、とにかく左の数年間を持っているWHEREパン費の斤彼らの無益currency.

8. 1兆ポンドQUIのEST。 QUEラパレスチナ人は自分の国を、持つことができ、世界の残りの部分との貿易や観光で繁栄ので、私は平和を作るためにイスラエルとパレスチナ人を納得させるでしょう。他の国でのキャンプで思い詰めパレスチナ難民のすべての何百万人が帰国し、平和のうちに生存するBLEになります。全イスラエルの大半は平和とprosperity.

9. に住んでBLEになります。私はタブからエントレレヒンズー教徒とイスラム教徒の平和があるでしょうので、ヒンズー教徒は、その後にそこにラムの彼らの寺院を建てることができるようにヒンドゥー教過激派が破壊されたモスクに置き換えられますインドのアヨダヤでサラユ川の反対側にあるモスクを構築します。 RAMはので、すべてのヒンズー教徒にとって非常に重要な存在である彼らの神のために寺を構築アヨダヤで生まれたイスラム教徒は、彼らがモスクの意志を構築する土地などの代替手段を考えることがshoulds目指しています。

10.クルド人はちょうど彼らは長い時間が苦しみ、まだ苦しむ持っているので、他の誰のような彼らの故郷を考えることshoulds。クルディスタンは再び戦うために武器を負担することに決して女性が、持っていない独立した国家として輝きます。それはそれを実現するために、それぞれの譲歩をしますので、私はすべての周辺国とそこに平和を行います。

ここでも誰もがit.Myリストの恩恵を受けるそれはちょうど希望的観測ですので、私はここで停止します長い目標です。私は核兵器を持つ任意の国の大統領になることはありませんし、私は人々が行動する防ぎ、超自我と偽国家の誇りを、持っていないので、私は、私は平和メーカーであれば、これは私が何をするかである平和メーカーの目的になることはありません正気manner.Iにいつかマララ・ユーサザイパキスタンの首相となり、彼女は二ノーベル賞を勝つ偉大な平和メーカーになると思います。それは私が彼女のすべての成功を祈ってゴールに発生したとき、私は生きていないかもしれません。

 

 

 
Watashi ga ita baai   tokidoki watashi wa hijō ni kōtei-tekina hōhō de jinrui no eizoku-tekina eikyō o motte irudeshou bappon-tekina nanika o suru koto no yō ni kanjimasu. Kore wa, wareware to shite mo kaitekina hōhō de watashitachi o odoroka seru kamo shire nanika o suru chikara o subete wa, motte iru to iu yōna monodesu.

Watashi no tsuma wa, chōdo kite, watashi no kata no ue ni nozoki mite, watashi wa tada no kuchikomi ni betsu no burogu o kaki hajimete ita koto o mite,`mōhitotsu no burogu o sakebimashita ka? Watashi no ā! Watashi ga do okonau koto mo itashi kanemochidattara:. Aidea ga hayai anata ni kuru `to shi, ureshiku kyoku ni oshiiri tamochimasu (tōpori wa yanenouenobaiorinhiki de uta~tsu). Kanojo wa omoshiroi on’nanokodesu.

Sekaijū de kyō nani ga okotte iru ka wa hijō ni osoroshīdeari, subete no chikai Nosutoradamusu wa sukoshi mae yosoku shite ita Saigonoshinpan no hi ni watashitachi o motarashite irunode, sore wa hijō ni shinkokuna burogudesu mezashimasu. Ra furui yogen-sha ga daisan no mokushiroku ni tsuite kai QUE kare wa watashi ga matahitotsu wa, tsuneni jissai ni hijō ni hijō ni gravement kare no yogen o toranakereba naranai to iu kimochi o motte iru nabe no mokuhyō o sutta kin o nomi sugite ita toki, kare wa kare ga nandeatta ka o tadashiku mita koto o shōmei shitanode, watashi wa nesshin ni negatte imasu shōrai-teki ni hassei shimasu.

Ima, nichijō no ichibu no seijika wa sugu ni chūjitsu ni, tsuneni sagashite iru nesshin kisha ni yoru masumedia de hōdō sa rete iru ikutsu ka no bujoku-tekina kotoba yori mo yakkaina mono ni hatten suru koto ga dekimasu doko ka ni ikutsu ka no suzupotto dokusai-sha no Bravados ni han’nō shite kekka wa to iu to hito o odokashite imasu kotoba wa kono gijutsu shudō no sekai de, kōsoku ni hirogaru yō ni, sore wa karera no poketto no naka ni midashi tsuki pyūrittsu~ā o motsu koto ga dekimasu.

Hitotsu wa, terebi ya demo bideo wa, sokuza ni appurōdo, henshū ya nai to jigokuna nettowāku de hōsō sa rete irunode, ima, sekai no ikutsu ka no pāto ni dete kowashite iru no handoherudodebaisu saishin bideo& nyūsu ni sugu ni miru koto ga dekimasu karera no magari wa, yori ōku no shūnyū to suponsā o seisei suru tame ni raibaru o ryōga shite imasu. Kisha wa tsuneni kekka no dare ni intabyū suru junbi ga dekite irunode mettani karera wa, sekai no ronbun no nin’i no kyōyū kara kono yōna habahiroi ya insutantokabarejji no kekka ni tsuite kangaeru tame ni teishi shinai tankikandattashi, sekaijū no terebi de kare matawa kanojo o okimasu.

Īe, intānetto, nashi no eisei kabarejji, sekai no enkaku bubun, nai geitaidenwa ya eisei denwa kara Atoranta no nyūsu o shunji ni HQ ni gazō o okuru koto ga dekiru dejitaru kamera bangō ga nakatta baai ni wa rebyū wa kore ga 50-nen mae ni ikutsu ka no kēsude wa arimasendeshita. Demo, sōhōkō musenki wa,-kin wa wazuka 5-kiro hanareta karera no shiki-kan kara no sapōto no hatsugen o hitsuyō to shite iru heishi kara no kinkyū messēji o jushin, sōshin dekimasendeshita hijō ni kagira reta ranku de ōkina botoru hyōtan no yō ni mieta to hiroi sūji de shibō shita (amarini mo eiga burijji o sanshō shite kudasai.

Haruka) yōroppa de saigo no sekai taisen no ma ni. Mokuteki wa, ima, watashitachiha, pin pointo no seido de atarashī sukejūru ya itazura o purotto shi, daini ni kare o satsuei sa reta tan’itsu no terorisuto o tāgetto ni Afuganisutan ya Pakisutan de 5000-kiro hanareta dorōn o an’nai suru fukusū no eisei ni tsuite hanashite imasu.

Ima, watashitachi wa warui nyūsu ga zen sekai, sore ga kabushiki ichiba ni panikku o hikiokoshi, bōchō shita ego no fauru-guchi no baka wa dare ga iru baai wa dō naru nodarou ka doko demo futsūnohito-tachi no kokoro ni kyōfu o hashu appurōdo sa reta shunkan ni hirogaru dore dake hayaku mimasu chikaku no subete no jikan wa, ikari no fitto-kan ni kettei shita kaku no botan wa, sono botan o oshite kochō shimashita.

Hobo Mainichi, watashitachiha, rebyū ni aussi wa, sono yōna buki o motte ori, soreha shinryaku ya kōgeki kono kuni ni totte wa akumu no shinario ni sugu ni seigyo funō ni rasen-jō ni naru yō ni sokuza ni hōfuku o chikau betsu no yōna buki o odokasu to hitotsu no kuni o kikimasu. Furushichofu wa, saisho ni tenmetsu shimasu ka dō ka o kakunin suru tame ni matte iru ma, Jon Kenedi ga, kono yōna kyodaina kake o totta kyūba no misairu kiki o oboete imasu ka?

Ima made dare appu wa karera ga tōji no kyūba no misairu no chūryū o kaishite dageki ni kite dore dake chikai ka o kaimetsu-teki ni, saigo no shunkan ni shōki ga katto Furushichofu wa tairitsu kara hikidasa hōhō o jitsugen shite imasen. So no yōna koto ga futatabi hassei shita baai, kenzen-sei ga arudeshoushi, sekai-tekina dai sanji o kaihi suru tame ni, jikan-nai no buhin ga karera no sūpā fukuranda jisonshin o nomikomu to, setogiwa kara bakku suteppu no jitsugen nodarou ka?

Ronbun no baka wa kore made hijō ni mijikai jikan de, Hiroshima to Nagasaki de 20 man mujitsu no hitobito o satsugai shi, fugu kaku bakuhatsu no eikyō o keiken shite imasu ka? Kono yō ni asonde sorera no dore mo hi ga – shite iru ima made, kore made no netsu yōyū o keiken shinakattanode jibun no yubisaki de kono yōna kyodaina-ryoku o motsu seijika ga tōi yōna buki ga yatte no kotodearu sōzō koto wa dekimasen 5-kai chika no doko ka ni eakon, sensō no heya ni suwatte hito no niku no tōku hanaremashita.

Nani no gamu soshaku kameraman to komoji o kubetsu shinai mono kisha ga szene ni iku yūki ga arimasenshi, soko kara hakobi to moeru karada sonomono ga hyōji sa remasunode, karera wa karera no yuiitsu no gamen’ue no eisei shashin ga hyōji sa remasu. Kare wa hoka no pairotto ga yoku bīru o nominagara shigoto no tame ni shukufuku _ him _ musuko bēsu à modotta yō ni, Betonamu no ue ni kare no B – 52 bakugeki-ki no hikō pairotto wa 35000 fīto kara jimen ni hakai shi, itai o mita koto ga arimasen.

Ōku no kuni wa ima,`-bi wa kiro sū sen-ri no ue ni tobu koto ga dekiru misairu ni osamaru yō ni suru tame ni sono yō na osoroshī buki ya nōhau o hoyū shimasu Watashitachiha chimei-tekina seido de mokuhyō rakka shimasu yo. Sore wa kūki no kaiteki-sa kara ōkina kyori kara seigyo sa rete iru misairu ya mujin teisatsu-ki de doroppu suru koto ga dekimasunode, furatto anata ga sono yō na mō bakudan o hakobu hitsuyō wa arimasen onegai shi sensō rūmuzu.

The shitsumon ni reikyaku shi, tan’itsu no hito wa doko ka ni sono yō na o motte iru riyūdearimasu kare wa sore o hakki suru koto ga dekimasu kyodaina pawā wa, sono yōna hito ya riron no hitobito o arawashi gikai o senshutsu-sha no kyoka nashi ni daisanjisekaitaisen o kaishi suru koto ga dekimasu. Karera wa, hitobito ni yotte senshutsu sa rete inai ka, matawa oko~tsuotoko ga yuiitsu no kōhodearu him.

We wa mainichi esukarēto kinchō o sanshō shite kudasai contrenode, dare ga tōhyō suru koto wa dekimasen nise no senkyo de senshutsu sa rete irunode, pawā kono yōna dokusai-sha ga kigengire to yoba rete kita suzu potto dokusai-sha ryōhō no bubun ga kyūsoku ni, yori ōku no guntai o okuru yori jū ya ōku no dangan to, soreha ryōsoku no hi ni nenryō o tsuika shite genkai taisei ni karera no chōkyori misairu o shutoku shite iru baai wa koritsu yama no doko ka būtan ya radakku no kibu ni watashimasu ka. Dare mo bakkuappu shitai to kangaete inai down.

So korega mondai no kakushindesu. Naze daremoga daun shite bakkuappu oyobi karera ga suwatte, sore o ue ni hanasu koto ga dekiru doko de hikimodosu to heiwa-tekina kaiketsusaku o mitsukeru tame ni nozonde imasen ka? Karera no nyūsumedia to seiji komentētā wa, sore ga kantan ni sakusei shi, QUE ra teki wa jibunjishin’no kurushimi no kosuto de ressun o oshiete irunode, karera ga daun shite bakkuappu shite wa naranai subete no hito ni itte okumasen.

Teki wa muryokude wa naku, hōfuku de hidoi higai gōrukomentētā ga sore o rikai suru tame ni SCCM to sore o hi ni abura o tsuika suru ni wa hokan shinaide, sugu ni control. I kara nukedasu kanōsei ga aru tame to, riyū o shiru koto ga dekimasu. Sore wa kokka no hokori gade mechamecha ni shite wa ikemasen QUI s’ intitule. Shidō-sha wa kōgeki ni yorokonde iru yōna hito wa 1 ga Adorufu hitorā kaishi mae ni heiwa o tsukuru tame ni sukunakutomo 7-kai o kokoromita koto o shiru koto ga ki ni karera jishin people.

No ni sekinin wanainode, nin’i no kosuto de kokka no puraido o tamotsu no-mei no shita ni betsu no kuni o rebyū dōmei no kokka no hokori wa, heiwa wa hitorā ga tsukutta teikyō shite imasu ukeirenai tame dōmeikuni to no sensō wa gōru suru tabi ni shippai shimashita. Saigo no shudan to shite hesu jishin ga kare no hikōki o tobi, Igirisu no gunji bun’ya de jōriku shi, kare ga wahei gōi ni shomei shi, hesu ni nani ga okotta no ka, wareware wa subete shitte iru kyōki no mokuhyō o teishi suru yō ni natta to katarimashita.

Ima, anata wa hesuta hito-miman 100-sai de, karera wa `kare no koto o kiite inai, matawa sonokawarini karemashita dare no hesu nani kesshite’ ikutsu ka no kin no yōna nansensu no yōna mono o iudarou dare ni iwa sereba. Hitobito wa hontōni jibun no kako no ayamachi kara manabu nodesu ka? Karera wa kaku buttons. We-jō de jibun no yubi o, motte iru kokka no hokori to hon’no sūnin no fukuranda jiga no namae de Sami ayamachi o kurikaeshi tsudzukeru no wa naze karera wa sonogo nakatta baai wa, ima doko ni jiken ga okotte mae ni kesshite no yō ni sōgo setsuzoku sa reta sekai ni sunde imasu tōku hanareta betsu no basho ni shunji ni eikyō ga arimasu.

Iran ga Horumuzu kaikyō o heisa shita to shite mo, sore o tojiru tame ni odokasu baai wa, sekaijū no hitobito ga panikku ni hajimemasu. Sore wa mijikai jikan no tame ni sore o tojiru to panikku everywhere. If Indo wa Pakisutan no yuiitsu no minato, hitobito no panikku o fūsa, kakaku ga jōshō shi, hitobito ga kyūgeki ni gasorin ya shokuhin no tame no kyūingu o kaishi gen’in wādo keizai o jikkō sa reru yō ni ōku no abura ga wan o tsūka shite irunode. Chūgoku burokku shita baaideatte mo sūjitsukan, Marakka o tōru tsūro wa, Nihon ga panikku ni kaishi sa remasu.

Andaman no tsūro o kayotte Indo wa, burokku no hōhō o shita baai, subete no nishi to azuma wādo wādo shukka torafikku wa, ōku no kunide wa fuan no ōku no hikiokoshi teishi shimasu. Korera no kuniguni wa, karera ga watashitachiha kokka no hokori no kono ayamatta gainen o kenkyū shi, don’na daun shōkōgun bakkuappu suru koto wa dekimasen doko o kyōyū suru tame ni rai war. Now no yōna jūyōna jiki ni saisei dekiru surību o karera no toshi no ēsu o motte iru koto o shitte imasu.

Wareware wa, subete no kuni ga jikoku no hokori o hokoru to kyōi ya shisei no toki ni sore o hanbai shi tari, sore o pōnte inai to handan sa reta koto ga wakarimasu. Seijika wa, karera wa anata ga atode genkin oyobi tōhyō-bako ni ōkina onkei o miru koto ga dekimasu tsūka to shite shiyō shimasu. Kare wa kare no kokka no puraido o nomikonde kyūba no misairu kiki kara kōtai suruto Furushichofu ni nani ga okotta no ka oboete imasu ka? Kare wa kare no mokuhyō kenmeina shōgun ga _ him _ ni dōi shinakattashi, sumiyakani taishoku ni _ him _ kanjimashita.

Dakara, subete no rīdā no ushiro ni, karera wa karera no tsukue no shigoto ni aki war. Mei koto o kaishi shi, bakku ni ikitai koto ga dekiru yō ni saikō reberu no tekii no reberu o iji shiyou to kyōkō gunjin to sono lackeys no gyō o tachimasu karera wa sensō o shitainode akushon ga aru fīrudo. Keizoku-teki ni Amerika ga aru tame, byū no ippan no shiten kara 1942-nen irai, ichi no kuni ya hoka to no sensō de -te kita, sensō wa tsuneni hijō ni yūekina bijinesudesu.

Sensō zairyō no minkan kyōkyū gyōsha wa, okane fōmu wars. Don’ t no bōdaina ryō ga, sore wa karera ga soreha kōfukusuru Nihon no junbi ga dekite shitte ita toki ni Nihon ni bakudan o otosu tame ni torūman ni atsuryoku o kaketa gunjinta wasure sasemasu. Torūman wa, kare ga saishūtekini wa son’nani shi o hikiokoshi akumeidakai jun o ataeta yō ni, atsuryoku mokuhyō wa taegatai _ him _ o shite iru, sore o okonau ni wa shitaku arimasendeshita.

Kare wa, anata ga sa renai kagiri, sono yōna hito wa kiso kara no menjo o tanoshimu node aussi wa nani no mijikai sekai de kare ga shita nan’notame _ him _ akaunto o tsukuru koto ga dekinakatta koto o shitte imashita Chechen-kin no rīdā wa, ima watashi wa watashi ga jinrui ni amari gai o okonau ni wa, kono yōna kyodaina-ryoku o motsu shidō-shadattara, watashi wa?

1. O nani o nani o suru ka kakikomimasu Serbia. So. Watashi wa jibun no ego to kokka no puraido o nomikomu to, Kitachōsen ni tobu to sono shidō-sha o odoroka seru to bīru de _ him _ ni suwatte, amicably.

2. No mondai o kaiketsu shimasu. Watashi wa, yūjin to shite watashi no te o kakuchō shi, nin’i no zentei jōken ga nakereba, heiwa o teikyō shi, Chōsenhantō kara subete no beigun o hikidashi, karera ga modotte daun aussi dekiru yō ni, eien ni sono mazushī kuni ni hanguappu suru subete no kyōi o sakujo shimasu wahei gōi ni shomei shimasu sekai no nokori no bubun to no bōeki kankei o kaizen shi, subete no misairu wa, ikutsu ka no ta no kuni ga okonau to prosper.

3. No yō ni surīpu jōtai ni dekimasu. Sorekara watashi wa, karera ga yunitto o shouldsdakara nanboku wa sāmi hito, onaji gengo to Sami isandearu koto o settoku shi, kakki ni michita keizai to, gunji-teki ni tsuyoku antei shita mono ni tsuyoku, han’ei shi minshu-tekina kuni aussi narimasu. Watashi wa kare ga shoulds o tekkai-yō wanmanrūru no que no ru-bi wa, mohaya dokoni mo jitsuyō-tekide dokusai-sha o settoku shi, kare no poketto no naka no nōberu-shō to heiwa mēkā no eizoku-tekina isan o doko ka ni suisukotēji de no intai o o tanoshimi itadakemasu. Kare wa kiki ni hin shite iru mono o rikai surudarou to kare wa ronbun no teian ni kyodaina rieki o sanshō shite deal.

4 . Ni shomei shimasu. Nanboku wa, chōdo Doitsu no yō ni hitotsu ni naru to shinji rarenai hodo han’ei shimasu. Risan kazoku ga saikai sa re, kōkyū-tekina heiwa ga, Nihon happy.

5.  Karera wa, karera wa jibun no kunide wa hitorihitori no jiyū chūshoku to jiyūna jugyō-ryō o ataeru tame ni shiyō suru BLE sa reru koto o takusan no okane o setsuyaku shimasunode, Amerika wa idaina kosutodeaggun no sūsen ni sotte inai eki ni narimasu.Rinjin o tsukuruga arudeshou.

6. De wa hitorihitori no jiyū chūshoku to jiyūna jugyō-ryō o ataeru tame ni shiyō suru BLE sa reru koto o takusan no okane o setsuyaku shimasunode Amerika wa idaina kakakudeari gun no sūsen ni sotte inai eki wa narimasu. Aussi wa, watashi wa eizoku-tekina wahei gōi no entoreindo to Pakisutan ni shi, sore wa Indo no han’ei to sono kyōryokuna gunji o iji shinagara, subete no hito ni han’ei o motarasu kōsoku kaihatsu suru tōitsu que no rana mae no 1947-nen ni atta yō ni, Indo to saikai suru tame ni EM o unagasudarou. Terorisuto wa, karera ga kiemasunode nikushimi no hi ni nenryō o kyōkyū suruhitsuyōgāru sanso o ubawa remasu.

Dare mo makenaidarou to daremoga rieki ni narunode, sore wa mina no tame no shōri no yūrina jōkyō ni narimasu. Kashimīru mondai wa, pen no sutorōku de kaiketsu sa rerudarou to daremoga mugen’nokyōkai wars.

7. Ni shinanaidarou. Watashi wa tekkai suru Jinbabue no dokusai-sha o nattoku sa serudeshou. Kare wa totemo 93-sai: Kare wa shoulds o tekkai shi, QUE ra kuni wa hōkai no setogiwa kara modotte motarasu koto ga dekiru na kare no mago o tanoshimu yō ni, tonikaku hidari no sū-nenkan o motte iru WHERE pan-hi no kin karera no muyaku currency.

8. 1 Chō-pondo QUI no suto. QUE raparesuchina hito wa jibun no kuni o, motsu koto ga deki, sekai no nokori no bubun to no bōeki ya kankō de han’einode, watashi wa heiwa o tsukuru tame ni Isuraeru to Paresuchina hito o nattoku sa serudeshou. Hoka no kuni de no kyanpude omoitsume Paresuchina nanmin no subete no nan hyaku man hito ga kikoku shi, heiwa no uchi ni seizon suru BLE ni narimasu. Zen Isuraeru no taihan wa heiwa to prosperity.

9. Ni sunde BLE ni narimasu. Watashi wa tabu kara entorerehinzū kyōto to Isuramu kyōto no heiwa ga arudeshounode, hinzū kyōto wa, sonogo ni soko ni ramu no karera no jiin o tateru koto ga dekiru yō ni hindo~ū kyō kageki-ha ga hakai sa reta mosuku ni okikae raremasu Indo no ayodaya de sarayu kawa no hantaisoku ni aru mosuku o kōchiku shimasu. Ramu wanode, subete no hinzū kyōto ni totte hijō ni jūyōna sonzaidearu karera no kami no tame ni tera o kōchiku ayodaya de umareta Isuramu kyōto wa, karera ga mosuku no ishi o kōchiku suru tochi nado no daitai shudan o kangaeru koto ga shoulds mezashite imasu.

10. Kurudo hito wa chōdo karera wa nagai jikan ga kurushimi, mada kurushimu motte irunode, hoka no dare no yōna karera no furusato o kangaeru koto shoulds. Kurudisutan wa futatabi tatakau tame ni buki o futan suru koto ni kesshite josei ga, motteinai dokuritsu shita kokka to shite kagayakimasu. Sore wa sore o jitsugen suru tame ni, sorezore no jōho o shimasunode, watashi wa subete no shūhen kuni to soko ni heiwa o okonaimasu. Koko demo daremoga it. My risuto no onkei o ukeru sore wa chōdo kibō-teki kansokudesunode, watashi wa koko de teishi shimasu nagai mokuhyōdesu.

Watashi wa kakuheiki o motsu nin’i no kuni no daitōryō ni naru koto wa arimasenshi, watashi wa hitobito ga kōdō suru fusegi, chō jiga to nise kokka no hokori o, motte inainode, watashi wa, watashi wa heiwa mēkādeareba, kore wa watashi ga nani o suru kadearu heiwa mēkā no mokuteki ni naru koto wa arimasen shōki manner. I ni itsuka marara yūsafzai pakisutan no shushō to nari, kanojo wa ni nōberu-shō o katsu idaina heiwa mēkā ni naru to omoimasu. Sore wa watashi ga kanojo no subete no seikō o inotte gōru ni hassei shita toki, watashi wa ikite inai kamo shiremasen.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中