Human migration ( in Japanese)

 

323494

出典:Googleの写真

人間の移行

人間は、彼らは数年前のアフリカの何百万人でリフトバレーに直立eversince移行してきました。人口はその後、非常に小さかった彼らは深刻なので、問題を-起源のその場所は、それらを提供したり、希少だったことができませんでしたときに食料や避難所を見つけるためにそうすることが、それは何ではないされています。

小グループは、自らを切り離し、資源をめぐる大きなグループとの競合を避けるために、しばしば緑の牧草地や場所に移りました。この移行は、数千年とほとんど自主何の長い期間にわたって行われました。彼らは食料や水などの資源の新しい国が豊か見つけたとき、彼らは新しい場所は寒いとあまり親切であっても落ち着きました。彼らは厚い動物の皮の服を身に着けていることによって新しい環境にangepasstとして生きるために石や見つかった洞窟に強い全天候シェルターを作りました。

THUS私たちの祖先はヨーロッパに移動し、他の人は東に向かって海岸に沿って移動し、どこでも巧妙な気候、食品への適応小グループに定住しても、明確な文化とその物理的な機能を開発しました。

東への移動者がかなりの程度まで浅黒い肌を維持しながら、ヨーロッパの非常に寒さと過酷な気候で、彼らは、顔料と白wurdeを流しました。インター繁殖さまざまなサブグループ内では、ネアンデルタール人に似て以降、私たちすべてが下降誰からホモ・サピエンスに何かにそれらを変更しました。

我々はなっているものに暗い肌のアフリカからのこの変換は非常に長い時間が、どのような進化と移行の結果を取ったが、我々は、マーカー遺伝子としての科学者の用語が住んでいる人に発見されたなかったものを通じ、当社のアフリカの祖先との強いリンクを維持します世界のさまざまな部分で、今日。

このバックグラウンドは、私たちは、今日の移行は、アフリカからヨーロッパへ、ヨーロッパ、さらにはオーストラリアや北米に中東の紛争地域から行われているんでしたに移りましょうと。やった人たちは戦争の結果として、経済的な理由や政治的な理由のためにすべての方向に移行しているようです。

オーストラリアはイギリスの誰かがちょうど食パンを盗むが、ほとんど重大な犯罪で有罪判決を受けた人々は、男性だけでなく女性や、いくつかの子供が含まれていなかったために輸送何流刑地を考慮時間がありました。それだけで、おそらく古代アフリカの移行の結果としてそこに数十の千年前に到着したそのネイティブの人口を持っていなかった広大な国です。彼らは前に白い人に会っていないが、それらを歓迎し、それらについての好奇心だったんでした。
新規参入が劣る人としてひどくネイティブの人口を治療することを決定し、原住民それらを呼ばれると、この歓迎の態度とその好奇心は減少します。彼らは、彼らの豊かな文化と長い歴史を無視し、野蛮それらを呼ばれます。白の人口はゆっくりと成長し、など、シドニー、メルボルン、ブリスベンなどの都市が設立され、今日の繁栄た東の海岸に落ち着いこれらの初期の頃からは程遠いですでした。

Still広大な大陸を検索:オーストラリアなど、総人口のほとんどが東部に集中し、約20万人で、極小のまま。しかし、政府は、オーストラリアに定住し、処理を取得するための時間の長い期間を待つ必要が非常にいくつかの新しい移民を受け入れることができます制限しをした非常に厳格な移民政策を持っています。移民ビザを取得するための平均待機期間は約8〜10年があります。

まだ彼らの引き裂かれた国中東のか、他の場所を逃れて難民の犬の赤がガタガタ船でオーストラリアに到達するために命を危険にさらす沿岸警備隊によって半ば海で傍受されなかったと不運な人はどこにいくつかの沖合の島に一時的な避難所に連れて行かれていますちょうど彼らの運命はオーストラリアの政府によって決定されるのを待っている年間のしおれます。

人々は本土で普通の生活を生きるために出すために必死ですbutオーストラリアはそれらを望んでいないし、それらをどうするか知らないためOften weは、これらの避難所暴動、ハンガーストライキや死亡のを聞きます。彼らは米国にのみ2,000難民を送りたいと思ったオバマ大統領が合意していたが、新大統領はそれらを断りました。それでも多くの人々がより良い生活を期待し、検索船が嵐で転覆WHENしばしば溺れオーストラリアに向かっていない耐航ボートで発見されています。人身売買は彼らに何が起こるか気にしない人、それらのうち、お金を稼ぎます。

私たちは、飢えと脱水アフリカの完全なボートは、その後、一時的な避難所と処理のためにランペドゥーサ島に持参イタリア語やスペイン語の沿岸警備隊によって地中海に傍受された場合、ほぼ毎日、この悲劇を参照してください。数千人がヨーロッパをこのように到達しようと多くの同じルートをたどる死亡しています。

人身売買は、お金を稼ぐ人々はプロセスに停止しました。イタリア、フランス、英国への押しを生き延びた者。いくつかは、ドイツ、北欧諸国やギリシャに到達してみてください。あなたはカレーや合成貧しい人々が動物のように生活しDesperある他の場所での大規模な不法占拠キャンプが表示されます一部の国ではそれらを取るために待っている間に食料、水や避難所のような彼らの基本的な必需品を得るために食べました。あなたは、安価な装身具を販売ローマの路上でそれらを見ることができます。あなたは、彼らがアフリカの彫刻、マスクや彼らが作るものを売るフランスの小さな町でそれらを見ることができます。生き残るために彼らの闘争は長く、painful.

Economicの移行です。 :豊かな国での仕事を求めている出稼ぎ労働者は数百万人で、負荷世紀、まだ数今日で最も多かったです。 Theywereは、英国、フランス人、ドイツ人によって植民地にし、すべてのそれらの国は、論文の移住者は、彼らは静かに今日残るアフリカとさえスリナムの多くの部分にフィジーから広がって彼らの農場や農園を実行するために、安価な労働力を必要としませんでした。 anyインドが結合した労働者として当時のビザまたはカスタム・レギュレーションwithout大英帝国の任意の部分に移動するが、多くの教育を受けた人々がイギリスに行き、そこに定住のためにそれは簡単でした。

あなたはどこにでもそれらを見ると根本英国の可能性とは思わなかったやり方でやった小さな国の人口動態を変更しただけではイギリスのアジア人の何百万人が存在することになります。締め、オーストラリアへの移民ビザの期間を待って静かな人のようであるされているように、一部には、それらを再送し、新鮮な移民法に停止をしたいし始めているOFT過程で死に窒息コンテナバンやトラックに不法きます。ヨーロッパの小さな国がちょうどギリシャやイタリアに到達し紛らすためにガタガタボートでトルコから横断しようとしsight.Theyでは終わりに来続けた移民の大洪水に対処することができないのでそれは悲しい状況です。

多くの場合、彼らの体は若い3のように歳ウォッシュアップ上陸彼らは新しいhome.Theを見つけようとface絶望のハイライトをした難民ました:今等によるイラク、シリア、アフガニスタン、などの多くの国での紛争に数千人の犬の赤があります非常に新しい家を求めて故郷を逃れてきた絶望的な人々は、他の場所でどこtheywillは、どの国が彼らがそう何をしたいとは思いませんでした見つけることが唯一の安全な感じ?彼らはtheywereため、その国ではよく生きるための手段を持つ人々の経済移民はありませんが、戦争が彼らのためにすべてを変えました。

彼らは移行なぜあなたはそれらを求める場合は、theywillは、それが自分たちの生活を保存することでなかったと言います。彼らは、戦争が終わるが、それがいつ終了するか、新しい競合が再びどこかで燃え上がるかどう誰も知らないときは家に戻りたいです。いくつかは、両国に分けSinjarまたはKurds.Whenインドのこれらの貧しい人々のようなテロリストによってによる迫害と民族浄化への逃亡、パキスタンに住むヒンズー教徒はインドに逃れ、インドのいくつかのイスラム教徒はパキスタンに逃げ、万人が死亡しましたでプロセス。

これらの難民は何も到着し、彼らは誰からも少し助けを受けているため、インドに定住ひどい時間を過ごしました。パキスタンおよびその他のイスラム教徒の国における少数民族のこの迫害は彼らの限られた資源の中にある程度の論文の人々に安全なhaven.The UNHCRと多くのNGOの助けに論文貧しい人々の移動に結果の今日でもを継続し、常により多くのドナー国からの資金が、規模を追求しますトラブルの有意義なway.Thereで戦争が南部で起こっていたので、南スーダンからの難民数千人の犬の赤がひどい条件と悲惨な貧困に住んでいたスーダンでちょうどハルツーム外のテント村をそれらをして助けしようとする試みを挑みます。

戦争が終わったときに彼らは戻って、南スーダンに行って、戦争は悲惨と死のサイクルを再起動ライバルとの間で再び勃発するまで、人々は路上で踊っている間、国連事務総長コフィー・アナン鳴り物入りで新しい国の誕生に出席しました。私は夜の間にエル・オベイドにもたらさ体でダウンロードfreighttrainsを見るために使用されるが、スーダン政府は、誰もが彼らの損失を見たいと思っていませんでした。庇護希望者は:そして、彼らは他の国に亡命を脱出し、発見することを求めるので、彼らは執拗に迫害されているように、自国政府とその腐敗したポリシー違法に反対して話すそれらの人々は彼らの問題に同情されたのがあります。

私はロシアの代表団の一部が変装して脱出し亡命を求めて米国大使館に達し、大使を唖然として何デリーを訪問する方法スベスターリン覚えています。彼女は彼女何が、これは普通の北朝鮮には発生しませんが、脱出しようとしpeople.Poor国のような彼らの刑務所と彼らはラオス国境まで電車を取るどこから中国に行く人だったので彼女は、安全性に到達するためにメコンを泳いで渡る、亡命を与えられました反対側の、タイへ脱出。彼らは生きたいが、韓国は唯一の石投げ離れ北朝鮮から離れることができないthattheyある場合はそこから彼らは韓国に達します。彼らは地雷やその他の危険に散らばっ国境を越えることはできません。

多くは東Germany.The南米で死の部隊、薬、彼らの国での貧困と悲惨をエスケープ非常に大きな数字で北へ逃亡し、米国でのより良いと安全な生活を求めて同じように横切るようにしようとして死亡していました。米国彼らもそうエルパソまたは他の場所に到達するためにfreighttrainsに乗って登ります。彼らは日常彼らは維持するために国境沿いの壁の構築について話している彼らのown.Nowで砂漠を渡るお金の良い和のために米国にそれらをこっそりコヨーテと呼ばれ、渇きで死ぬためにそれらを残して、人身売買の犠牲にされていますヘルプと思いやりが、同情を必要とするこれらの貧しい人々のうち、供給不足で、これらの日です。

負荷時にはヨーロッパにあったので、多くの人がスイスに到達するためにドイツを脱出しようとしましたが、非常に少数のは、自分たちの生活を危険にさらす危険な旅を成功しました。スペインはなかったので、多くの難民がカサブランカ通過が亡命を求めた戦争中に中立残ったイングリッド・バーグマン映画カサブランカのことを思い出します。ドレスデンはスイスに脱出し、到達しようとしましたが、一つの理由または他のためにわずか数succeeded.The人間の移行が永遠に続いていると人々がより良い生活を脱出したいので、いつでもすぐに停止することはありません付近のいくつかの連合軍捕虜はKolditz城に保管しましたどこか自分たちの生活のリスクが必死彼らはあります。

貧困、戦争、迫害、疫病や他の理由は、論文の人々をプッシュするが、溶液何ですか?戦争の終わりには、再び再構築することができthatthey自分の家に戻ってそれらをもたらすことができます。一部の人々はテロリストや他の都市から解放されていなかったバックモースルに動いているシリアのホムスとRaqqaでjihadistsがクリアされています。しかしjihadistsは、がんがやったように、ハードコアjihadistsの限り致命的なイデオロギーは、戦争が再びすべての上に移行を開始するさまざまな部分に燃え上がるますままにして体のどこかに成長しています。多くの先進国は、彼らのドアを開け、彼らの助けを求めると、それらを保つために壁を構築していない多くの人々に取る必要があります。

彼らは経済が成長を助けると他の人のための雇用を創出するので移民は資産ではなく負債です。迫害と死が自分の順番でpriority.Theの移民を与えられるshoulderstand逃げる人は早く彼らがしていない国の言語や彼らの習慣や文化を学ぶことではない彼らの自身の飛び地に留まることができるよう、彼らの新しい国に同化しようとする必要があります。ヨーロッパでは彼らの自主隔離を見て悲しいですし、アメリカはその後のトラブルを作り始める若者の過激につながりました。多くの言語を話す者は、自分自身の本質を維持しながら、それが簡単に新しい社会に同化して検索します。

あなたは彼らと流暢なフランス語を話す場合だけで驚きでフランス人の笑顔を見て。彼らはすぐにあなたに開くと友情の手を拡張します。私はexperience.Iは我々のthatthis美しい世界はどこかに私たちは思いやりと理解している必要があります.ALL皆のための部屋を持っていると信じて検討してきたので、私はこれを知っています

 

 

 

Ningen no ikō   shutten: Gūguru no shashin ningen wa, karera wa sūnenmae no Afurika no nan hyaku man-ri de rifutobarē ni chokuritsu eversince ikō shite kimashita. Jinkō wa sonogo, hijō ni chīsakatta karera wa shinkokunanode, mondai o – kigen no sono basho wa, sorera o teikyō shi tari, kishōdatta koto ga dekimasendeshita toki ni shokuryō ya hinansho o mitsukeru tame ni sō suru koto ga, sore wa nanide wanai sa rete imasu.

Ko gurūpu wa, mizukara o kirihanashi, shigen o meguru ōkina gurūpu to no kyōgō o yokeru tame ni, shibashiba midori no bokusō-chi ya basho ni utsurimashita. Kono ikō wa, sū sen-nen to hotondo jishu nani no nagai kikan ni watatte okonawa remashita. Karera wa shokuryō ya mizu nado no shigen no atarashī kuni ga yutaka mitsuketa toki, karera wa atarashī basho wa samuito amari shinsetsudeatte mo ochitsukimashita.

Karera wa atsui dōbutsu no kawa no fuku o mi ni tsukete iru koto ni yotte atarashī kankyō ni angepasst to shite ikiru tame ni ishi ya mitsukatta dōkutsu ni tsuyoi zentenkō sherutā o tsukurimashita. THUS watashitachi no sosen wa yōroppa ni idō shi, hokanohito wa azuma ni mukatte kaigan ni sotte idō shi, doko demo kōmyōna kikō, shokuhin e no tekiō ko gurūpu ni teijū shite mo, meikakuna bunka to sono butsuri-tekina kinō o kaihatsu shimashita.

Azuma e no idō-sha ga kanari no teido made asaguroi hada o iji shinagara, yōroppa no hijō ni samu-sa to kakokuna kikō de, karera wa, ganryō to shiro wurde o nagashimashita. Intā hanshoku samazamana sabugurūpu-naide wa, neanderutāru hito ni nite ikō, watashitachi subete ga kakō dare kara homo sapiensu ni nanika ni sorera o henkō shimashita.

Wareware wa natte iru mono ni kurai hada no Afurika kara no kono henkan wa hijō ni nagai jikan ga, do no yōna shinka to ikō no kekka o tottaga, wareware wa, mākā idenshi to shite no kagaku-sha no yōgo ga sunde iru hito ni hakken sa reta nakatta mono o tsūji, tōsha no Afurika no sosen to no tsuyoi rinku o iji shimasu sekai no samazamana bubun de, kyō. Kono bakkuguraundo wa, watashitachiha, kyō no ikō wa, Afurika kara yōroppa e, yōroppa, sarani wa ōsutoraria ya Hokubei ni Chūtō no funsō chiiki kara okonawa rete iru ndeshita ni utsurimashou to.

Yatta hito-tachi wa sensō no kekka to shite, keizai-tekina riyū ya seiji-tekina riyū no tame ni subete no hōkō ni ikō shite iru yōdesu. Ōsutoraria wa Igirisu no darekaga chōdo shokupan o nusumu ga, hotondo jūdaina hanzai de uzaihanketsu o uketa hitobito wa, dansei dakedenaku josei ya, ikutsu ka no kodomo ga fukuma rete inakatta tame ni yusō nan ryūkeichi o kōryo jikan ga arimashita.

Sore dake de, osoraku kodai Afurika no ikō no kekka to shite soko ni sū jū no sen’nenmae ni tōchaku shita sono neitibu no jinkō o motte inakatta kōdaina kunidesu. Karera wa mae ni shiroi hito ni atte inaiga, sorera o kangei shi, sorera ni tsuite no kōkishindatta ndeshita. Shinki san’nyū ga otoru hito to shite hidoku neitibu no jinkō o chiryō suru koto o kettei shi, genjūmin sorera o yoba reru to, kono kangei no taido to sono kōkishin wa genshō shimasu.

Karera wa, karera no yutakana bunka to nagai rekishi o mushi shi, yaban sorera o yoba remasu. Shiro no jinkō wa yukkuri to seichō shi, nado, shidonī, Meruborun, Burisuben nado no toshi ga setsuritsu sa re, kyō no han’eita azuma no kaigan ni ochitsui korera no shoki no koro kara wa hodotōidesudeshita. Sutiru kōdaina tairiku o kensaku: Ōsutoraria nado, sō jinkō no hotondo ga tōbu ni shūchū shi, yaku 20 man-ri de, kyokushō no mama. Shikashi, seifu wa, ōsutoraria ni teijū shi, shori o shutoku suru tame no jikan no nagai kikan o matsu hitsuyō ga hijō ni ikutsu ka no atarashī imin o ukeireru koto ga dekimasu seigen shi o shita hijō ni genkakuna imin seisaku o motte imasu.

Imin biza o shutoku suru tame no heikin taiki kikan wa yaku 8 〜 10-nen ga arimasu. Mada karera no hikisaka reta kuni Chūtō no ka, hoka no basho o nogarete nanmin no inu no aka ga gatagata-sen de ōsutoraria ni tōtatsu suru tame ni inochi o kiken’nisarasu engan keibitai ni yotte nakaba umi de bōju sa renakatta to fuun’na hito wa doko ni ikutsu ka no okiai no shima ni ichiji-tekina hinansho ni tsurete ika rete imasu chōdo karera no unmei wa ōsutoraria no seifu ni yotte kettei sa reru no o matte iru nenkan no shioremasu.

Hitobito wa hondo de futsūnoseikatsu o ikiru tame ni dasu tame ni hisshidesu but ōsutoraria wa sorera o nozonde inaishi, sorera o dō suru ka shiranai tame Often we wa, korera no hinansho bōdō, hangāsutoraiki ya shibō no o kikimasu. Karera wa Beikoku ni nomi 2, 000 nanmin o okuritai to omotta Obama daitōryō ga gōi shite itaga, shin daitōryō wa sorera o kotowarimashita. Soredemo ōku no hitobito ga yoriyoi seikatsu o kitai shi, kensaku-sen ga arashi de tenpuku WHEN shibashiba obore ōsutoraria ni mukatte inai taikō bōto de hakken sa rete imasu.

Jinshin baibai wa karera ni nani ga okoru ka kinishinai hito, sorera no uchi, okane o kasegimasu. Watashitachiha, ue to dassui Afurika no kanzen’na bōto wa, sonogo, ichiji-tekina hinansho to shori no tame ni ranpedo~ūsa shima ni jisan Itaria-go ya Supeingo no engan keibitai ni yotte chichūkai ni bōju sa reta baai, hobo Mainichi, kono higeki o sanshō shite kudasai. Sū sen-ri ga yōroppa o kono yō ni tōtatsu shiyou to ōku no onaji rūto o tadoru shibō shite imasu. Jinshin baibai wa, okane o kasegu hitobito wa purosesu ni teishi shimashita. Itaria, Furansu, Igirisu e no oshi o ikinobita mono.

Ikutsu ka wa, Doitsu, Hokuō shokoku ya Girisha ni tōtatsu shite mite kudasai. Anata wa karē ya gōsei mazushī hitobito ga dōbutsu no yō ni seikatsu shi Desper aru ta no basho de no ōkibona fuhō senkyo kyanpu ga hyōji sa remasuIchibu no kunide wa sorera o toru tame ni matte iru ma ni shokuryō, mizu ya hinansho no yōna karera no kihon-tekina hitsuju-hin o eru tame ni tabemashita. Anata wa, ankana sōshingu o hanbai rōma no rojō de sorera o miru koto ga dekimasu.

Anata wa, karera ga Afurika no chōkoku, masuku ya karera ga tsukuru mono o uru Furansu no chīsana machi de sorera o miru koto ga dekimasu. Ikinokoru tame ni karera no tōsō wa nagaku, painful. Economic no ikōdesu. : Yutakana kuni de no shigoto o motomete iru dekasegi rōdō-sha wa sū hyaku man-ri de, fuka seiki, mada sū kyō de mottomo ōkattadesu. Theywere wa, Igirisu, furansuhito, doitsunin ni yotte shokuminchi ni shi, subete no sorera no kuni wa, ronbun no ijū-sha wa, karera wa shizuka ni kyō nokoru Afurika to Sae Surinamu no ōku no bubun ni fijī kara hirogatte karera no nōjō ya nōen o jikkō suru tame ni, ankana rōdō-ryoku o hitsuyō to shimasendeshita. Any Indo ga ketsugō shita rōdō-sha to shite tōji no biza matawa kasutamu regyurēshon without daieiteikoku no nin’i no bubun ni idō suruga, ōku no kyōiku o uketa hitobito ga Igirisu ni iki, soko ni teijū no tame ni sore wa kantandeshita.

Anata wa doko ni demo sorera o miru to Nemoto Igirisu no kanōsei to wa omowanakatta yarikata de yatta chīsana kuni no jinkō dōtai o henkō shita dakede wa Igirisu no Ajia hito no nan hyaku man hito ga sonzai suru koto ni narimasu. Shime, ōsutoraria e no imin biza no kikan o matte shizukana hito no yōdearu sa rete iru yō ni, ichibu ni wa, sorera o saisō shi, shinsen’na imin-hō ni teishi o shitai shi hajimete iru ofuto katei de shini chissoku kontenaban ya torakku ni fuhō kimasu. Yōroppa no chīsana kuni ga chōdo Girisha ya Itaria ni tōtatsu shi magirasu tame ni gatagatabōto de Toruko kara ōdan shiyou to shi sight.

Theyde wa owari ni ki tsudzuketa imin no dai kōzui ni taisho suru koto ga dekinainode sore wa kanashī jōkyōdesu. Ōku no baai, karera no karada wa wakai 3 no yō ni toshi u~osshuappu jōriku karera wa atarashī home. The o mitsukeyou to face zetsubō no hairaito o shita nanminmashita: Ima-tō ni yoru Iraku, Shiria, Afuganisutan, nado no ōku no kuni de no funsō ni sū sen-ri no inu no aka ga arimasu hijō ni atarashī ie o motomete furusato o nogarete kita zetsubō-tekina hitobito wa, hoka no basho de doko theywill wa, dono kuni ga karera ga sō nani o shitai to wa omoimasendeshita mitsukeru koto ga yuiitsu no anzen’na kanji?

Karera wa theywere tame, sono kunide wa yoku ikiru tame no shudan o motsu hitobito no keizai imin wa arimasenga, sensō ga karera no tame ni subete o kaemashita. Karera wa ikō naze anata wa sorera o motomeru baai wa, theywill wa, sore ga jibun-tachi no seikatsu o hozon suru kotodenakatta to iimasu. Karera wa, sensō ga owaruga, sore ga itsu shūryō suru ka, atarashī kyōgō ga futatabi doko ka de moeagaru ka dō dare mo shiranai toki wa ie ni modoritaidesu.

Ikutsu ka wa, ryōkoku ni wake Sinjar matawa Kurds. When Indo no korera no mazushī hitobito no yōna terorisuto ni yotte ni yoru hakugai to minzoku jōka e no tōbō, Pakisutan ni sumu hinzū kyōto wa Indo ni nogare, Indo no ikutsu ka no Isuramu kyōto wa Pakisutan ni nige, ban’nin ga shibō shimashitade purosesu. Korera no nanmin wa nani mo tōchaku shi, karera wa dare kara mo sukoshi tasuke o ukete iru tame, Indo ni teijū hidoi jikan o sugoshimashita.

Pakisutanoyobi sonohoka no Isuramu kyōto no kuni ni okeru shōsū minzoku no kono hakugai wa karera no kagira reta shigen no naka ni aruteido no ronbun no hitobito ni anzen’na haven. The UNHCR to ōku no ngo no tasuke ni ronbun mazushī hitobito no idō ni kekka no kyō demo o keizoku shi, tsuneni yori ōku no donā-koku kara no shikin ga, kibo o tsuikyū shimasu toraburu no yūigina way. Zea de sensō ga nanbu de okotte itanode, minami sūdan kara no nanmin sū sen-ri no inu no aka ga hidoi jōken to hisan’na hinkon ni sunde ita sūdan de chōdo harutsūmu-gai no tento mura o sorera o shite tasuke shiyou to suru kokoromi o idomimasu.

Sensō ga owatta toki ni karera wa modotte, minami sūdan ni itte, sensō wa hisan to shi no saikuru o sakidō raibaru to no ma de futatabi boppatsu suru made, hitobito wa rojō de odotte iru ma, kokurenjimusōchō kofī Anan narimonoiri de atarashī kuni no tanjō ni shusseki shimashita. Watashi wa yoru no ma ni Eru obeido ni motarasa karada de daunrōdo freighttrains o miru tame ni shiyō sa reruga, sūdan seifu wa, daremoga karera no sonshitsu o mitai to omotte imasendeshita.

Higo kibō-sha wa: Soshite, karera wa hoka no kuni ni bōmei o dasshutsu shi, hakken suru koto o motomerunode, karera wa shitsuyō ni hakugai sa rete iru yō ni, jikoku seifu to sono fuhai shita porishī ihō ni hantai shite hanasu sorera no hitobito wa karera no mondai ni dōjō sa reta no ga arimasu. Watashi wa Roshia no daihyō-dan no ichibu ga hensō shite dasshutsu shi bōmei o motomete Beikoku taishikan ni tasshi, taishi o azento shite nan derī o hōmon suru hōhō subesutārin oboete imasu.

Kanojo wa kanojo nani ga, kore wa futsū no Kitachōsen ni wa hassei shimasenga, dasshutsu shiyou to shi people. Poor-koku no yōna karera no keimusho to karera wa Raosu kokkyō made densha o toru doko kara Chūgoku ni iku hitodattanode kanojo wa, anzen-sei ni tōtatsu suru tame ni Mekon o oyoide wataru, bōmei o atae raremashita hantaisoku no, Tai e dasshutsu.

Karera wa ikitaiga, Kankoku wa yuiitsu no ishinage hanare Kitachōsen kara hanareru koto ga dekinai thatthey aru baai wa soko kara karera wa Kankoku ni tasshimasu. Karera wa jirai ya sonohoka no kiken ni chirabakkokkyō o koeru koto wa dekimasen. Ōku wa azuma jāmanī. The Nanbei de shinobutai,-yaku, karera no kuni de no hinkon to hisan o esukēpu hijō ni ōkina sūji de kita e tōbō shi, Beikoku de no yoriyoi to anzen’na seikatsu o motomete onajiyōni yokogiru yō ni shiyou to shite shibō shite imashita. Beikoku karera mo sōErupaso matawa hoka no basho ni tōtatsu suru tame ni freighttrains ni notte noborimasu.

Karera wa nichijō karera wa iji suru tame ni kokkyō-zoi no kabe no kōchiku ni tsuite hanashite iru karera no own. Now de sabaku o wataru okane no yoi wa no tame ni Beikoku ni sorera o kossori koyōte to yoba re, kawaki de shinu tame ni sorera o nokoshite, jinshin baibai no gisei ni sa rete imasu herupu to omoiyari ga, dōjō o hitsuyō to suru korera no mazushī hitobito no uchi, kyōkyū fusoku de, korera no hidesu. Fuka tokiniha yōroppa ni attanode, ōku no hito ga Suisu ni tōtatsu suru tame ni Doitsu o dasshutsu shiyou to shimashitaga, hijō ni shōsū no wa, jibun-tachi no seikatsu o kiken’nisarasu kiken’na tabi o seikō shimashita.

Supein wa nakattanode, ōku no nanmin ga Kasaburanka tsūka ga bōmei o motometa sensō-chū ni chūritsu nokotta Inguriddo bāguman eiga Kasaburanka no koto o omoidashimasu. Doresuden wa Suisu ni dasshutsu shi, tōtatsu shiyou to shimashitaga, hitotsu no riyū matawa hoka no tame ni wazuka sū succeeded. The ningen no ikō ga eien ni tsudzuite iruto hitobito ga yoriyoi seikatsu o dasshutsu shitainode, itsu demo sugu ni teishi suru koto wa arimasen fukin no ikutsu ka no rengō-gun horyo wa Kolditz-jō ni hokan shimashita doko ka jibun-tachi no seikatsu no risuku ga hisshi karera wa arimasu.

Hinkon, sensō, hakugai, ekibyō ya hoka no riyū wa, ronbun no hitobito o pusshu suruga, yōeki nandesuka? Sensō no owari ni wa, futatabi sai kōchiku suru koto ga deki thatthey jibun no ie ni modotte sorera o motarasu koto ga dekimasu. Ichibu no hitobito wa terorisuto ya hoka no toshi kara kaihō sa rete inakatta bakkumōsuru ni ugoite iru Shiria no homusu to Raqqa de jihadists ga kuria sa rete imasu.

Shikashi jihadists wa, gan ga yatta yō ni, hādokoa jihadists no kagiri chimei-tekina ideorogī wa, sensō ga futatabi subete no ue ni ikō o kaishi suru samazamana bubun ni moeagaru masu mama ni shite karada no doko ka ni seichō shite imasu. Ōku no senshinkoku wa, karera no doa o ake, karera no tasuke o motomeru to, sorera o tamotsu tame ni kabe o kōchiku shite inai ōku no hitobito ni toru hitsuyō ga arimasu.

Karera wa keizai ga seichō o tasukeru to hokanohito no tame no koyō o sōshutsu surunode imin wa shisande wanaku fusaidesu. Hakugai to shi ga jibun no junban de priority. The no imin o ataerareru shoulderstand nigeru hito wa hayaku karera ga shite inai kuni no gengo ya karera no shūkan ya bunka o manabu kotode wanai karera no jishin no tobichi ni tomaru koto ga dekiru yō, karera no atarashī kuni ni dōka shiyou to suru hitsuyō ga arimasu.

Yōroppade wa karera no jishu kakuri o mite kanashīdesushi, Amerika wa sonogo no toraburu o tsukuri hajimeru wakamono no kageki ni tsunagarimashita. Ōku no gengo o hanasu mono wa, jibunjishin’no honshitsu o iji shinagara, sore ga kantan ni atarashī shakai ni dōka shite kensaku shimasu. Anata wa karera to ryūchōna furansugo o hanasu baai dake de odoroki de furansuhito no egao o mite. Karera wa sugu ni anata ni hiraku to yūjō no te o kakuchō shimasu. Watashi wa experience.

I wa wareware no thatthis utsukushī sekai wa doko ka ni watashitachiha omoiyari to rikai shite iru hitsuyō ga arimasu. Ōru mina no tame no heya o motte iru to shinjite kentō shite kitanode, watashi wa kore o shitte imasu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中