Human exploitation ( in Japanese)

人間の搾取:
Inside A Garment Factory As Government Plans To Constitute Panel To Identify Structural Safety Of Garment Factories.

 

出典:Googleの写真

例のないあらゆるところに人間の搾取の流行があります。急速な利益のための欲求と、製造された財の低価格化に対する消費者の要求は、今や貧しい国々で目にする人間の搾取がますます増えている原因になっているようです。

貧しい人々のための雇用創出の姿勢で、これらの国々は、民間の起業家が、貧しい人々が家族に給食を提供し、次の話が強調されるように大きな危険にさらされている評判の悪い地域で、
非常に低い水準の建築物で急速に建てられ、法律が厳しく適用されている先進国で一般的に見られる安全機能は全くありませんでしたが、これはルールがゆるやかなダッカにありました。すべての年齢層の貧しい女性は、この厄介な場所で働いて、安価に販売されていた西洋市場向けの衣服を縫い詰め、所有者にとって莫大な利益を得ました。

のような建物のようなケージは、ほとんどの女性が服を作っていたが昼間は閉じ込められていた刑務所より悪く、疲れた女性たちがシャンティに出て次の日に再び出てきた汗の店で働いて、彼らが家族に餌をあげるのにちょっとしたお金を稼ぐことができました。
ある日、この建物で火事が発生しましたが、誰もその理由を知っていませんでしたが、過熱回路が原因である可能性が最も高く、監督者の残酷で過酷な監督の下、疑いのない女性が仕事に苦しんでいた多くのフロアに急速に広まりました。建物は繊維工場であったため、煙や火事ですべてが枯渇しましたが、スチールのドアは騒々しいところに閉じ込められていましたが、ひどく燃えて窒息死しました。 1000人以上の人々が火の中で死んだ。オーナーは前に逃げました

20121217151910251734_20

出典:Googleの写真

警察は到着し、犯人を見つけ、最終的に彼を正義に導くために逮捕されたが、すぐにお金のためにこの男の欲のために多くの人生が失われた。
政府は、この悲劇的な事件を恥ずかしく思っていました。怠惰な規則や、検査官の腐敗のために決して実施されなかった規則は、他の方法で危険を冒すように簡単に賄うことができます。
このシーンは多くの貧しい国で繰り返され、ヨーロッパや北米向けの衣服などを作るために苛々しい危険な状況下で働くことを余儀なくされています。私はプノンペンでブランドのティーシャツを買うことができましたが、それはあなたがヨーロッパでそれを支払うことになるでしょうが、バングラデシュやその多くの国のように輸出用の服を作る女性を気にする人はいません。

いくつかの衣服は、購入者がバングラデシュやカンボジアの危険な汗の店で作られたと疑わないように、起源を隠すために改名されています。
工場が換気が良く、照明がよく、エアコンが快適で、労働者が安心して出入りすることができれば、労働者はうまく働くことができ、生産性が向上し、バングラデシュでなぜこのような恐ろしい工場が許可されるのかまたはカンボジアの最初の場所ですか?
これはどこにでも腐敗の対象となる。賄賂を払うだけで、ビジネスを開く許可を得ることができます。検査官に賄賂を贈って、所有者がすべての規則を遵守し、施錠されたスチールドアを無視するという証明書を発行します。これらの工場はそこに貯蔵されているすべての可燃性物質のために死亡牛ですが、従業員は貧しい労働条件と施錠された戸口に文句を言うことができません。

これは、光沢のある、清潔で明るく空冷された日本や米国の工場で、毎朝仕事を開始するために労働者が良い給料を取って新車に乗ることができます。彼らは定期的に監督者と会い、すべての問題とその解決方法について話し合うことができる仕組みを持っています。これは、雇用主がより生産的になるために労働者を幸せに保つことの利益を見ているため、良好な管理が行われる場所です。

しかし、第三世界では、このような優れた管理方法はまれにしか受け入れられないため、Daccaのような多くの人生を繰り返し受ける事故が何度も繰り返されています。
私は外国人バイヤーのビデオを見て、彼らが自国で販売するのに必要な基準を満たすように工場の衣服の品質を確認しています。彼らは、唯一の懸念が、安価なものを購入し、それらを最大の利益を生み出すために高額で家に売却することであるため、女性がこれらの美しい服を作るために汗を流す厄介な条件を完全に無視している。
さあ、どこの汗屋に行って何が起こるか見てみましょう。インドのレンガ造りの工場について聞いたことがありますが、10歳の拘束された労働者たちは、

彼らの貧しい両親が長い間、所有者から手の込んだ額を借りてきたからだ。借金と複合金利を払うために、彼らは長年働いているが、所有者が利益を上げている間、彼らの勤労にはほとんど何も得られない。 NGOはこのような過酷な労働条件から児童労働者を守ろうとしますが、オーナーとその警備員は脅威でそれらを追い払います。警察は干渉しないし、エアコン付きの事務所の綿密な閣僚は、政府が法律を制定して悪を止めるために努力していると言っているが、法律は現実的ではない。はい。彼らはバングラデシュやインドで彼らの政府が通過した法律を示しますが、子供と女性が若い肩に重い煉瓦を運んで一日中苦しんでいる間に紙のままです。

あなたはメキシコの工場で貧弱なマキラドラを聞いたかもしれません米国市場のために衣服や多くのものを作る米国の国境の近くでは、女性は彼らが嫌がらせを受けたり、性的に悪用されたり、ひどく扱われる非常に困難な条件下で働いています。米国のバイヤーは、これらの衣類がこれらの貧しい女性によってどのように作られているのか、そしてそれらは誰であるかを知っていますか?彼らは気にしますか?なぜ彼らは憲法に基づいて人権を守るメキシコの法律によって保護されていないのですか?世界中の多くの工場で労働者が広く虐待されていることは重大な懸案事項です。彼らの政府は国連総会に代表者を送り、人権に対する誓約や女性と児童の虐待や搾取からの保護を肯定しますが、家には何も変わりません。

いくつかのNGOによって始まり、より良い働きをしようとしている運動がありますすべての児童労働の条件と禁止。彼らはレンガの工場から子供たちを救出し、学校に送り込んだ。しかし、問題の規模は全員を助ける能力を超えており、正直な警察官によって実行される政府とより厳格な規則や規制の助けが必要ですが、それは秩序の高さです。あなたは子供と女性の掃除をたくさん聞いたことがありますかフィリピンのゴミ山に生ゴミが生き埋めされていますか?これらの子供たちは学校にいて、掃除をしていないが、誰が彼らを助けるべきなのでしょうか?また、彼らはそのような開かれた搾取に対してルールがあることを示していますが、その話は同じです。私は家族から裕福な十代の若者たちがナイトクラブに行って、マニラで楽しい時間を過ごした急に広がったクラブで突然火が鳴って、内面のみを開いた狭いドアを狂って打ち負かす子供たちが燃え尽きて死に至ると、何百もの体が逃げ出した。

なぜドアは広くなく、なぜそれが両方向ではなく内向きにしか開きませんでしたか?天井が引火性の材料で作られた場所の中でなぜ火工品が使われたのですか?建物の検査官や安全検査官はどこにいたのですか?だから私たちは人間の搾取の問題に戻ってきます。人間の搾取は、それが広く普及していて、心を揺さぶるものです。フランスの自動車メーカーは、女性が監督者によって性的に悪用され、非常に賃金が安い工場でアルジェリアの男性と女性を雇ったことを知っていましたか?彼らが誰にも訴えなければ、彼らは解雇された。これらの移民は、賃金が低く、労働条件が悪いだけで働きました。フランスはそのようなことは起こらないが、そうでない先進国であると考えられています。

ムービーのタイトルを思い出すことはできませんが、虐待された少女が彼女の抑圧者と戦っていたこのテーマでは、アルジェリア人によって映画が制作されました。私は子供たちが一日中カーペット工場で働くインドのバドヒに行ってきました。カーペットはどれくらい支払われたのか分かりますか?美しい若い女性が素晴らしいパシュミナのショールやカーペットを作るが、ほとんど手に入れることのできない織機で、一日を疲れさせるカシミールでも同じです。ラクナウの一人の女性は、虐待された女性と少女が、貧しい女性が作った絶妙な手刺繍のショールと服の販売から巨額の利益を得ている仲介者からの死の脅威を受けた所有者、監督者、老齢で盲目になった人もいます。今、この種の女性の努力のおかげで、彼らはより良い労働条件を持って、協同組合を通って彼らの製品を売って、彼らに公正な価格をつけます。

そういうNGOや他の手段を使って虐待されたみんな助けてください。インドの大規模な道路やインフラ整備のために、貧しい男女が雇われ、政府は多額の資金を費やしています。全国でこのようなプロジェクトは何百万人もの人々を雇っていましたが、請負業者は彼らの苦労して得たお金の分け前を使って、いつものように貧しい人々を残しました。彼らが不平を言うと、彼らは解雇された。

新政府はインドのすべての市民にユニバーサルIDカードを発行しました。このカードを使って、政府は勘定に直接支払って仲買人を切り離す銀行口座を開くことができます。私は、貪欲で腐敗した人々による人々の搾取を減らすために、これらの方法を採用することを望みます。同様のシステムをフィリピンで実施しました。そこでは小学校の教師が自らの政府から銀行口座に直接支払われ、こうして貧しく賃金の低い教師を雇用していた中間の男性が切り離されました。法律となった法案を手伝った上院議員は死亡した。

彼は彼が住んでいた国の次の大統領になることができました。私はこれまでの人々の経済的搾取について書いただけですが、他の多くの種類の搾取も同様に悪いです。私たちが知っている宗教的、政治的、民族的、人種的、偏見的または偏見に基づく利用法は、将来のブログで公開する価値があることがわかっています。このような慣習でお金を見る悪人たちがいます。現代の奴隷制度には、戦わなければならない多くの形があり、加害者は正義に服しています。

私は、他国の苦しみを感じ、自分の人生の危険にさらされて何かをする勇気がある、ラクナウのその女性のように。しかし、各国の国家的規模で人間の搾取を止めるには、間違った行為者を罰し、すべての悪用された人間の権利を守る強力で決定的な政府が必要です。それまでは残念です。買い手が奴隷労働の商品を購入しないよう説得することができれば、多くのことを改善し、労働条件を改善し、より高い賃金を支払うように製造業者に圧力をかけることができます。彼らは、輸入品が子供や奴隷の男女によってどこにも作られていないことを消費者に証明するために輸入業者に圧力をかけなければならない。

私が信じる最良の解決策は、国連が承認した国際的な基準に沿うようになるまで、彼らの製品の経済的なボイコットを通じて、これらの悪い人をビジネスから守ることです。これは、奴隷の足首を床に繋ぐ古代ローマの習慣を思い起こさせます彼らがドラマーの鼓動で漕ぎ詰めたギャレー船。彼らは船が海軍の小競り合いの間に攻撃され、すべての手で乗って沈んだとき、恐ろしく亡くなりました。ベンハーがこのような船で生き残ったことを思い出し、ローマ将軍の命を救ったのですか?この類推はバングラデシュ工場に似ているが、2017年にそのようなプラクティスが許容されるのだろうか?人道的な状況下で働き、公正な賃金を得ることは、ドールではなく人権であるため、いつかこの搾取が終わることを願っています。

その間、私たちはNGOや他の人々を通じて、これらの事項を明示し、インターネット上でそれらについて書いたり、Uチューブにビデオをアップロードして、世界中の人々が工場。彼らはあなたの助けと愛が必要です。

 

 

Ningen no sakushu:   Shutten: Gūguru no shashin zenrei no nai arayuru tokoro ni ningen no sakushu no ryūkō ga arimasu. Kyūsokuna rieki no tame no yokkyū to, seizō sa reta zai no teikakakuka ni taisuru shōhisha no yōkyū wa, imaya mazushī kuniguni de menisuru ningen no sakushu ga masumasu fuete iru gen’in ni natte iru yōdesu.

Mazushī hitobito no tame no koyō sōshutsu no shisei de, korera no kuniguni wa, minkan no kigyōka ga, mazushī hitobito ga kazoku ni kyūshoku o teikyō shi,-ji no hanashi ga kyōchō sa reru yō ni ōkina kiken ni sarasa rete iru hyōban no warui chiiki de, hijō ni hikui suijun no kenchiku-mono de kyūsoku ni tate rare, hōritsu ga kibishiku tekiyō sa rete iru senshinkoku de ippantekini mirareru anzen kinō wa mattaku arimasendeshitaga, koreha rūru ga yuruyakana Dakka ni arimashita.

Subete no nenrei-sō no mazushī josei wa, kono yakkaina basho de hataraite, anka ni hanbai sa rete ita seiyō ichiba-muke no ifuku o nui-dzume, shoyū-sha ni totte bakudaina rieki o emashita. Ko no yōna tatemono no yōna kēji wa, hotondo no josei ga fuku o tsukutte itaga hiruma wa tojikome rarete ita keimusho yori waruku, tsukareta josei-tachi ga shanti ni dete tsugunohi ni futatabi detekita ase no mise de hataraite, karera ga kazoku ni esa o ageru no ni chottoshita okane o kasegu koto ga dekimashita.

Aru Ni~Tsu, kono tatemono de kaji ga hassei shimashitaga, dare mo sono riyū o shitte imasendeshitaga, kanetsu kairo ga gen’indearu kanōsei ga mottomo takaku, kantoku-sha no zankokude kakokuna kantoku no shimo, utagai no nai josei ga shigoto ni kurushinde ita ōku no furoa ni kyūsoku ni hiromarimashita. Tatemono wa sen’i kōjōdeatta tame, kemuri ya kaji de subete ga kokatsu shimashitaga, suchīru no doa wa sōzōshī tokoro ni tojikome rarete imashitaga, hidoku moete chissoku-shi shimashita. 1000-Ri ijō no hitobito ga hi no naka de shinda. Ōnā wa mae ni nigemashita

shutten: Gūguru

no shashin keisatsu wa tōchaku shi, han’nin o mitsuke, saishūtekini kare o seigi ni michibiku tame ni taiho sa retaga, sugu ni okane no tame ni kono otoko no yoku no tame ni ōku no jinsei ga ushinawa reta. Seifu wa, kono higeki-tekina jiken o hazukashiku omotte imashita. Taidana kisoku ya, kensakan no fuhai no tame ni kesshite jisshi sa renakatta kisoku wa, hokanohōhō de kikenwookasu-yō ni kantan ni makanau koto ga dekimasu. Kono shīn wa ōku no mazushī kuni de kurikaesa re, yōroppa ya Hokubei-muke no ifuku nado o tsukuru tame ni iraira shī kiken’na jōkyō-ka de hataraku koto o yoginaku sa rete imasu.

Watashi wa Punonpen de burando no tīshatsu o kau koto ga dekimashitaga, sore wa anata ga yōroppa de sore o shiharau koto ni narudeshouga, Banguradeshu ya sono ōku no kuni no yō ni yushutsu-yō no fuku o tsukuru josei o kinisuru hito wa imasen. Ikutsu ka no ifuku wa, kōnyū-sha ga Banguradeshu ya Kanbojia no kiken’na ase no mise de tsukura reta to utagawanai yō ni, kigen o kakusu tame ni kaimei sa rete imasu.

Kōjō ga kanki ga yoku, shōmei ga yoku, eakon ga kaitekide, rōdō-sha ga anshin shite deiri suru koto ga dekireba, rōdō-sha wa umaku hataraku koto ga deki, shōsansei ga kōjō shi, Banguradeshu de naze kono yōna osoroshī kōjō ga kyoka sa reru no ka matawa Kanbojia no saisho no bashodesu ka? Kore wa doko ni demo fuhai no taishō to naru. Wairo o harau dake de, bijinesu o hiraku kyoka o eru koto ga dekimasu.

Kensakan ni wairo o okutte, shoyū-sha ga subete no kisoku o junshu shi, sejō sa reta suchīrudoa o mushi suru to iu shōmei-sho o hakkō shimasu. Korera no kōjō wa soko ni chozō sa rete iru subete no kanenseibusshitsu no tame ni shibō ushidesuga, jūgyōin wa mazushī rōdō jōken to sejō sa reta toguchi ni monku o iu koto ga dekimasen. Kore wa, kōtakunoaru, seiketsude akaruku kūrei sa reta Nihon ya Beikoku no kōjō de, maiasa shigoto o kaishi suru tame ni rōdō-sha ga yoi kyūryō o totte shinsha ni noru koto ga dekimasu.

Karera wa teikitekini kantoku-sha to ai, subete no mondai to sono kaiketsu hōhō ni tsuite hanashiau koto ga dekiru shikumi o motte imasu. Kore wa, koyōshu ga yori seisan-teki ni naru tame ni rōdō-sha o shiawase ni tamotsu koto no rieki o mite iru tame, ryōkōna kanri ga okonawa reru bashodesu. Shikashi, daisansekaide wa, kono yō na sugureta kanri hōhō wa mare ni shika ukeire rarenai tame, Dacca no yōna ōku no jinsei o kurikaeshi ukeru jiko ga nando mo kurikaesa rete imasu.

Watashi wa gaikoku hito baiyā no bideo o mite, karera ga jikoku de hanbai suru no ni hitsuyōna kijun o mitasu yō ni kōjō no ifuku no hinshitsu o kakunin shite imasu. Karera wa, yuiitsu no kenen ga, ankana mono o kōnyū shi, sorera o saidai no rieki o umidasu tame ni kōgakude ie ni baikyaku suru kotodearu tame, josei ga korera no utsukushī fuku o tsukuru tame ni ase o nagasu yakkaina jōken o kanzen ni mushi shite iru. Sā, doko no ase-ya ni itte nani ga okoru ka mite mimashou. Indo no renga-dzukuri no kōjō ni tsuite kiita koto ga arimasuga, 10-sai no kōsoku sa reta rōdō-sha-tachi wa,

Karera no mazushī ryōshin ga nagaiai, shoyū-sha kara tenokonda-gaku o karite kitakarada. Shakkin to fukugō kinri o harau tame ni, karera wa naganen hataraite iruga, shoyū-sha ga rieki o agete iru ma, karera no kinrō ni wa hotondo nani mo e rarenai. Ngo wa kono yōna kakokuna rōdō jōken kara jidō rōdō-sha o mamorou to shimasuga, ōnā to sono anchisukiru wa kyōi de sorera o oiharaimasu.

Keisatsu wa kanshō shinaishi, eakon-tsuki no jimusho no menmitsuna kakuryō wa, seifu ga hōritsu o seitei shite aku o tomeru tame ni doryoku shite iru to itte iruga, hōritsu wa genjitsu-tekide wanai. Hai. Karera wa Banguradeshu ya Indo de karera no seifu ga tsūka shita hōritsu o shimeshimasuga, kodomo to josei ga wakai kata ni omoi renga o hakonde ichinichijū kurushinde iru ma ni kami no mamadesu.

Anata wa Mekishiko no kōjō de hinjakuna makiradora o kiita kamo shiremasen Beikoku ichiba no tame ni ifuku ya ōku no mono o tsukuru Beikoku no kokkyō no chikakude wa, josei wa karera ga iyagarase o uke tari, seiteki ni akuyō sa re tari, hidoku atsukawa reru hijō ni kon’nan’na jōkenka de hataraite imasu. Beikoku no baiyā wa, korera no irui ga korera no mazushī josei ni yotte dono yō ni tsukura rete iru no ka, soshite sorera wa daredearu ka o shitte imasu ka? Karera wa ki ni shimasu ka?

Naze karera wa kenpō nimotozuite jinken o mamoru Mekishiko no hōritsu ni yotte hogo sa rete inai nodesu ka? Sekaijū no ōku no kōjō de rōdō-sha ga hiroku gyakutai sa rete iru koto wa jūdaina ken’an jikōdesu. Karera no seifu wa Kokuren sōkai ni daihyō-sha o okuri, jinken ni taisuru seiyaku ya josei to jidō no gyakutai ya sakushu kara no hogo o kōtei shimasuga,-ka ni wa nani mo kawarimasen. Ikutsu ka no ngo ni yotte hajimari, yoriyoi hataraki o shiyou to shite iru undō ga arimasu subete no jidō rōdō no jōken to kinshi.

Karera wa renga no kōjō kara kodomo-tachi o kyūshutsu shi, gakkō ni okurikonda. Shikashi, mondai no kibo wa zen’in o tasukeru nōryoku o koete ori, shōjikina keisatsukan ni yotte jikkō sa reru seifu to yori genkakuna kisoku ya kisei no tasuke ga hitsuyōdesuga, soreha chitsujo no taka-sadesu. Anata wa kodomo to josei no sōji o takusan kiita koto ga arimasu ka Firipin no gomi yama ni hagomi ga ikiume sa rete imasu ka? Korera no kodomo-tachi wa gakkō ni ite, sōji o shite inaiga, dare ga karera o tasukerubekina nodeshou ka?

Mata, karera wa sono yōna aka reta sakushu ni taishite rūru ga aru koto o shimeshite imasuga, sono-wa wa onajidesu. Watashi wa kazoku kara yūfukuna jūdai no wakamono-tachi ga naitokurabu ni itte, Manira de tanoshī jikan o sugoshita kyū ni hirogatta kurabu de totsuzen hi ga natte, naimen nomi o aita semai doa o kurutte uchi makasu kodomo-tachi ga moetsukite shi ni itaru to, nan hyaku mo no karada ga nigedashita.

Naze doa wa hirokunaku, naze sore ga ryōhōkōde wanaku uchi muki ni shika hirakimasendeshita ka? Tenjō ga inka-sei no zairyō de tsukura reta basho no naka de naze kakō-hin ga tsukawa reta nodesu ka? Tatemono no kensakan ya anzen kensakan wa dokoni ita nodesu ka? Dakara watashitachiha ningen no sakushu no mondai ni modotte kimasu. Ningen no sakushu wa, sore ga hiroku fukyū shite ite, kokoro o yusaburu monodesu.

Furansu no jidōsha mēkā wa, josei ga kantoku-sha ni yotte seiteki ni akuyō sa re, hijō ni chingin ga yasui kōjō de Arujeria no dansei to josei o yatotta koto o shitte imashita ka? Karera ga darenimo uttaenakereba, karera wa kaiko sa reta. Korera no imin wa, chingin ga hikuku, rōdō jōken ga warui dake de hatarakimashita. Furansu wa sono yōna koto wa okoranai ga,-sōdenai senshinkokudearu to kangae rarete imasu. Mūbī no taitoru o omoidasu koto wa dekimasenga, gyakutai sa reta shōjo ga kanojo no yokuatsu-sha to tatakatte ita kono tēmade wa, Arujeria hito ni yotte eiga ga seisaku sa remashita.

Watashi wa kodomo-tachi ga ichinichijū kāpetto kōjō de hataraku Indo no badohi ni ittekimashita. Kāpetto wa dore kurai shiharawa reta no ka wakarimasu ka? Utsukushī wakai josei ga subarashī pashumina no shōru ya kāpetto o tsukuru ga, hotondo te ni ireru koto no dekinai shokki de, tsuitachi o tsukare saseru kashimīru demo onajidesu.

Rakunau no hitori no josei wa, gyakutai sa reta josei to shōjo ga, mazushī josei ga tsukutta zetsumyōna te shishū no shōru to fuku no hanbai kara kyogaku no rieki o ete iru chūkai-sha kara no shi no kyōi o uketa shoyū-sha, kantoku-sha, rōrei de mōmoku ni natta hito mo imasu. Ima, kono tane no josei no doryoku no okage de, karera wa yoriyoi rōdō jōken o motte, kyōdō kumiai o kayotte karera no seihin o utte, karera ni kōseina kakaku o tsukemasu.

Sōiu ngo ya hoka no shudan o tsukatte gyakutai sa reta min’na tasuketekudasai. Indo no ōkibona dōro ya infura seibi no tame ni, mazushī danjo ga yatowa re, seifu wa tagaku no shikin o tsuiyashite imasu. Zenkoku de kono yōna purojekuto wa nan hyaku man-ri mo no hitobito o yatotte imashitaga, ukeoi gyōsha wa karera no kurō shite eta okane no wakemae o tsukatte, itsumo no yō ni mazushī hitobito o nokoshimashita. Karera ga fuheiwoiu to, karera wa kaiko sa reta.

Shin seifu wa Indo no subete no shimin ni yunibāsaru ID kādo o hakkō shimashita. Kono kādo o tsukatte, seifu wa kanjō ni chokusetsushihara tte nakagainin o kirihanasu ginkō kōza o hiraku koto ga dekimasu. Watashi wa, don’yoku de fuhai shita hitobito ni yoru hitobito no sakushu o herasu tame ni, korera no hōhō o saiyō suru koto o nozomimasu. Dōyō no shisutemu o Firipin de jisshi shimashita. Sokode wa shōgakkō no kyōshi ga mizukara no seifu kara ginkō kōza ni chokusetsu shiharawa re, kōshite mazushiku chingin no hikui kyōshi o koyō shite ita chūkan no dansei ga kirihanasa remashita. Hōritsu to natta hōan o tetsudatta Jōin giin wa shibō shita.

Kare wa kare ga sunde ita kuni no tsugi no daitōryō ni naru koto ga dekimashita. Watashi wa kore made no hitobito no keizai-teki sakushu ni tsuite kaita dakedesuga, hoka no ōku no shurui no sakushu mo dōyō ni waruidesu. Watashitachi ga shitte iru shūkyō-teki, seidjiteki, minzoku-teki, jinshu-teki, henken-teki matawa henken ni motodzuku riyō-hō wa, shōrai no burogu de kōkai suru kachi ga aru koto ga wakatte imasu. Ko no yōna kanshū de okane o miru akunin-tachi ga imasu. Gendai no dorei seido ni wa, tatakawanakereba naranai ōku no katachi ga ari, kagai-sha wa seigi ni fuku shite imasu. Watashi wa, takoku no kurushimi o kanji, jibun no jinsei no kiken ni sarasa rete nanika o suru yūki ga aru, rakunau no sono josei no yō ni.

Shikashi, kakkoku no kokka-teki kibo de ningen no sakushu o tomeru ni wa, machigatta kōi-sha o basshi, subete no akuyō sa reta ningen no kenri o mamoru kyōryokude ketteitekina seifu ga hitsuyōdesu. Sore made wa zan’nendesu. Kaite ga dorei rōdō no shōhin o kōnyū shinai yō settoku suru koto ga dekireba, ōku no koto o kaizen shi, rōdō jōken o kaizen shi, yori takai chingin o shiharau yō ni seizō gyōsha ni atsuryoku o kakeru koto ga dekimasu. Karera wa, yunyū-hin ga kodomo ya dorei no danjo ni yotte dokoni mo tsukura rete inai koto o shōhisha ni shōmei suru tame ni yunyū gyōsha ni atsuryoku o kakenakereba naranai.

Watashi ga shinjiru sairyō no kaiketsusaku wa, Kokuren ga shōnin shita kokusai-tekina kijun ni sou yō ni naru made, karera no seihin no keizai-tekina boikotto o tsūjite, korera no warui hito o bijinesu kara mamoru kotodesu. Kore wa, dorei no ashikubi o yuka ni tsunagu kodai rōma no shūkan o omoiokosa semasu karera ga doramā no kodō de kogi tsumeta gyarē-sen. Karera wa fune ga kaigun no kozeriai no ma ni kōgeki sa re, subete no te de notte shizunda toki, osoroshiku nakunarimashita.

Benhā ga ko no yōna fune de ikinokotta koto o omoidashi, rōma shōgun no inochi o sukutta nodesu ka? Kono ruisui wa Banguradeshu kōjō ni nite iruga, 2017-nen ni sono yōna purakutisu ga kyoyō sa reru nodarou ka? Jindōtekina jōkyō-ka de hataraki, kōseina chingin o eru koto wa, dōrude wanaku jinkendearu tame, itsuka kono sakushu ga owaru koto o negatte imasu.

Sonoaida, watashitachiha ngo ya hoka no hitobito o tsūjite, korera no jikō o meiji shi, intānetto-jō de sorera ni tsuite kai tari, U chūbu ni bideo o appurōdo shite, sekaijū no hitobito ga kōjō. Karera wa anata no tasuke to ai ga hitsuyōdesu.

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中