Education today ( in Japanese)

 

Classroom_ScienceHall14_1852

Source : Google photo

今日の教育:
私は地元の大学で、ここフィリピンでの大学院生だったときに、全体の学期中には何も教えていないし、彼の時間は教室の外にタキシードを過ごし、学生一部とおしゃべりある教授がありました。彼の好きなやり方は、生徒に別の生徒と一緒に論文を書いただけで、それに基づいて評定された話題を与えることでした。

私は3カ国の3つの異なる大学に通っており、それぞれの教師の資質を公正に評価することができます。私はあなたquiの試験が開催されるカリキュラムや日付をカバーするために、教師は教育の分野で訓練を受けたことになっている教育的な機関では、彼らがレッスンプランを準備するために教えていることの全体の学期のためのマップを言われました、期末論文の提出期限など教師はクラスを教える最初の日にこれを行うことになっています。

現実には、学部または大学院の授業計画で先生を見たことはありません。それは悪化する。多くの場合、教師はそれが難しいそれを得るために見つける学生は本の利益のためにゆすりので、ライブラリーは、1つまたは2つのコピーを保持する対象の目的についての詳細を学ぶためにライブラリ内の一部のテキストブックを参照してくださいする生徒に尋ねます。

一部の学生-持つ親から広い寛大な余裕がある本を借りて、それを複写しますが、すべての寛大な手当を学生が、持っていないために急いで。実際には、彼らの費用を満たすために最も苦労しています。彼らは版マグロウヒルと他の人が元のテキストを維持安い紙であるインドで公開すること安いアジアでは利用できませんのでよく書かれたテキストブックのほとんどは海外から輸入されています。

インポートされた教科書の費用は、彼が自分のために残してMOSTを分割する裕福な親戚金奨学生によってバックアップされない限り、平均年間のMOYENデ苦労の学生を超えているように高いです。

サンルイスオビスポのCalPolyで大学院の学位を取得したとき、私は自分の論文を読むことができる素晴らしい教授がいました。そのような教師はまれで例外的です。全体的に私は本当に教師は彼らがラQUEナとにかく助け学生とgravementをもらえガイドの彼らの仕事を取ったアメリカの教育システムを気に入って良い成績で、時間に学生を卒業。

彼は、私たちが土壌やサンプルの採取方法について実践的に学ぶことができる多くのフィールドトリップに私たちを連れて行きました。ヨセミテ国立公園では、保護について学び、公園のレンジャーと話をしました。

私の大学教育を始めたインドでは、模範だった教授がいました。彼は教育を愛し、彼の学生を愛していました。彼は私たちを実地の旅行に招いて実践的な農業学を教えました。彼の生徒のためにしないことはほとんどありませんでした。代わりに、私たちは彼を愛し、彼の突然の死を悼んだ。

これらの例は、すべての大学レベルの教師が悪いわけではないが、現在の傾向は明らかに心配であることを示している。公開または滅びる良いのほとんどの教授が米国の大学から苦しむ症候群をし、他の場所で巨大な圧力をかける彼らはちょうどそれをやって多くの時間を費やすのでrespectéにおける科学雑誌の記事を書いて公開するのemです。

それは1品質教育を持っている代わりに、どのように多くの記事がこれまでに公表さを考慮に入れているのでaussiは、任期のために憧れる人たちのために非常にストレスになることができテニュア制度は、学生が期待する集中しています。

私は非常に悲惨な見つけることはqueのル学生は本から学んだ知識の幅広い量と時間が試験に圧力をかけ間、彼らは瞬時にリコールしなければならない教室を覚えておくことが必要であるという事実です。これは、学生が深い学びとは別のものであることを意識しているのではなく、
大学院生は、彼らはそれを学び、彼の顧問から多くの助けなしに論文を発表する日かかった時間を、学びたいものを選択するために完全に自由を与えられている多くの教育機関で流行弛緩があります。多くの場合、7年後に博士論文を書いていて、進歩はあまり進んでいないと言う学生がいるでしょう。

ほとんどの生徒は、仕事のすべての要件を満たして仕事を終えることができるほど速く卒業したいと考えています。しかし、やるべきことがたくさんあります。現在、一部の大学では、これらのプロフェッショナルな学生を厳しくしており、他の学生に卒業する余地を残すための時間を与えています。

日本と韓国では、学生は非常に難しいの第一選択の大学に入ると、そこに到達するために非常に厳しい入学試験に合格するために彼らの-持つように押圧されます。認められると、彼らはロッテで学び、卒業要件を完了するために無限のプレッシャーを受けます。その後、非常にストレスの多い就職活動が始まります。彼らはレア世界中の大学が受験彼らの目標は、病気の現代世界に適しています。この道に合格した、毎年の広い数の卒業生を消すように、実際に彼らのカリキュラム外のものは一般的な知識を持っていないRN。

失業多くはさえので、雇用者のニーズとのミスマッチの検索の多くの年後に残ります。彼らは多くの人々がインドで我々は彼らを忘れて、どのような彼らはクラスでは丸暗記で学ぶすぐにプロモーションを得ることができ、ちょうどそのように、彼らの雇用から去る研究大学院の研究のために行くalike.Iを知っているされているので、私はクッキーカッターの卒業生」日を呼び出します。彼らは試験に合格するだけでどのようにランクまたは優秀な目的を気にしないでください。

「のいくつかは、EMは、すべての親が毎日QUEラ教師が翌日要求宿題をする子供と一緒に闘争子供の頃ほど早く始まりそうインドの学校に入るためにsmart.The闘争ではありません。学校は少なく、唯一毎年生徒のいくつかの数を持って受け入れているため、任意の学校の価値の言及に入るための競争はそれ幼い頃から激しいです。で取得するための競争が熾烈であり、高い等級を持つ唯一の学生はすべてのための席と大きな需要の限られた数のみなされている場合は子供が高校に合格later.Ifそれが悪化、大学に入るために彼の闘争は、再び開始します。

あなたは著名な政治家や高官の息子であれば今、その後のプロセスはキックの破損がin.I、それは彼らの選択の大学に入るために、香港や中国の学生のために、どのようにストレスを知ってどこが容易になるn個になりそして彼らは、日本や世界が技術的に次の十年のために有線よりSingapore.Asを取得のように入学試験の準備をする必要がいかに難しいかを、私たちは教育の種類に学生を得るより多くの圧力は、彼らは良い仕事を取得する必要がありますすぐに。人類学やリベラルアーツの学位はもうそれをカットしていません。

ほとんど誰もが、私は戻って教育の質と卒業生を採用します教育の正しい種類のトピックに来ているgirls.So含め、これらの日の大学に行くので、インドなどの一部の国では、単一の欠員は、応募者数千人を魅了しています。これは、丸暗記することが知られた事実である:基本的なビルディングブロックは、QUI教育建物が後に立っているとして、それが動作するための任意の1の教育に果たすべき役割を持っています。あなたは2回2時間金17 5が何であるかを思い出すことができないならば、あなたは数学を学ぶことができないので、私たちは子供たちに九九を覚えてきた私たちは、BAの結合は、ことと同じように記憶し、BI、BO、BUなどにより、 。

それは私たちを助け、正しく英語の発音の単語を学びます。あなたが化学の数学の金の計算式を思い出すことができない場合は、複雑な方程式を行うことはできません。そして、あなたは、算術、代数、幾何、微積分、三角法を含むことが数学に合格する必要がありますが、ある種のエンジニアになりたいことは、私たちが学ぶ方法であるため、メモリやインスタントリコールを必要とするすべての対象のためにそれを行くと私たちのstudies.

Ifに進歩を遂げます等後であなたの職業では、あなたは、あなたが、化学などの生物学を研究しなければならない医者になりたいso.Ifあなたがする有能でなければならないので、設計、どこか、おそらく複雑な橋を建設する必要があります物事の何千人とあなたを覚えて、それが教育の目的は何question–を頼むあなたのclass.Soに教えられましたか?あなたが仕事を得ることができるように、それはちょうど、後でそれはあらゆる種類のものを理解し、知識があなたの能力を拡大することである金がある丸暗記メモリを介し試験に合格することです?私はちょうどヘスた女性に尋ねた、彼女は彼女が持っていたと答え彼女の生活の中で言葉を聞いたことがありません。

彼女は何を読んでいないと、彼女は高校で彼女の先生は彼女は世界の絶対的知識を持たないnaを教えなかった何も知りません。これは、Googleを介して利用可能な知識の膨大な量が今されている場合でも、人々MOSTこれらの日の真実です。私は農学を受けただけでなくあからさま哀れな目標silly.The教育をことミャンマービルマのqueのラ首都は無知に向けて自己満足を示したと述べたテレビで一つの仲間が教え愛さ非常に有資格教師と私を作った実用的な方法で私に与えられました良い農学。

親戚が教育を受けている場合、一部の幸運の子供たちが同様に親からいくつかの助けを取得してもそうすべての子供は彼の正式な教育のための彼の教師に依存します。目的あなたの教師は、ここフィリピンでそのような無能な教授何をしている場合は?あなたの先生はあなたが何かを学び、あなたの大学のチームの貴重なバスケットボール選手ですという理由だけで、最低合格点を与えたかどうかは何を気にしませんでしたか?私はここで強調したい、これは多くのcountries.

Whatで起こる知っている誰もがに、それEST aussi非常に重要な仕事を取得するための正式な教育が非常に重要であるが、それらは教えていない科目の広い範囲についての知識をし、持っているということですあなたのクラスの部屋インチあなただけヘスた誰か分からないshouldsとどのような役割彼は知識多くの異なるoutleによる大規模な読書やソーシングを通じてshouldsアウトゲイン知識を目指す最後の戦争で果たしました雑誌、インターネット、書籍、雑誌、新聞などのように、世界は知識に満ちています。 無料でインターネットから何千もの本をダウンロードできます。

それが私がMein Kampfを読む方法です。 教育の目的は、世界の一部である社会の一部であることです。 あなたの心を解放しなさい。知識の世界を吸収する方法を知っていますか? はいの場合、あなたは真に教育を受けた人です。 私はそのような人々を尊重する

 

Kyō no kyōiku: Watashi wa jimoto no daigaku de, koko Firipin de no daigakuinseidatta toki ni, zentai no gakki nakaniha nani mo oshiete inaishi, kare no jikan wa kyōshitsu no soto ni takishīdo o sugoshi, gakusei ichibu to oshaberi aru kyōju ga arimashita. Kare no sukina yarikata wa, seito ni betsu no seito to issho ni ronbun o kaita dake de, sore ni motodzuite hyōtei sa reta wadai o ataeru kotodeshita.

Watashi wa 3-kakoku no 3ttsu no kotonaru daigaku ni tōtte ori, sorezore no kyōshi no shishitsu o kōsei ni hyōka suru koto ga dekimasu. Watashi wa anata qui no shiken ga kaisai sa reru karikyuramu ya hidzuke o kabā suru tame ni, kyōshi wa kyōiku no bun’ya de kunren o uketa koto ni natte iru kyōiku-tekina kikande wa, karera ga ressun puran o junbi suru tame ni oshiete iru koto no zentai no gakki no tame no mappu o iwa remashita, kimatsu ronbun no teishutsu kigen nado kyōshi wa kurasu o oshieru saisho no hi ni kore o okonau koto ni natte imasu.

Genjitsu ni wa, gakubu matawa daigakuin no jugyō keikaku de sensei o mita koto wa arimasen. Sore wa akka suru. Ōku no baai, kyōshi wa sore ga muzukashī sore o eru tame ni mitsukeru gakusei wa hon no rieki no tame ni yusurinode, raiburarī wa, 1tsu matawa 2tsu no kopī o hoji suru taishō no mokuteki ni tsuite no shōsai o manabu tame ni raiburari-nai no ichibu no tekisuto bukku o sanshō shite kudasai suru seito ni tazunemasu.

Ichibu no gakusei – motsu oya kara hiroi kandaina yoyūgāru hon o karite, sore o fukusha shimasuga, subete no kandaina teate o gakusei ga, motteinai tame ni isoi de. Jissai ni wa, karera no hiyō o mitasu tame ni mottomo kurō shite imasu. Karera wa han Magurōhiru to hokanohito ga gen no tekisuto o iji yasui kamidearu Indo de kōkai suru koto yasui Ajia dewa riyō dekimasen’node yoku kaka reta tekisuto bukku no hotondo wa kaigai kara yunyū sa rete imasu.

Inpōto sa reta kyōkasho no hiyō wa, kare ga jibun’notameni nokoshite mosuto o bunkatsu suru yūfukuna shinseki-kin shōgakusei ni yotte bakkuappu sa renai kagiri, heikin nenkan no MOYEN de kurō no gakusei o koete iru yō ni takaidesu. Sanruisuobisupo no CalPoly de daigakuin no gakui o shutoku shita toki, watashi wa jibun no ronbun o yomu koto ga dekiru subarashī kyōju ga imashita. So no yōna kyōshi wa marede reigai-tekidesu.

Zentai-teki ni watashi wa hontōni kyōshi wa karera ga ra QUE na tonikaku tasuke gakusei to gravement o morae gaido no karera no shigoto o totta Amerika no kyōiku shisutemu o kiniitte yoi seiseki de, jikan ni gakusei o sotsugyō. Kare wa, watashitachi ga dojō ya sanpuru no saishu hōhō ni tsuite jissen-teki ni manabu koto ga dekiru ōku no fīrudotorippu ni watashitachi o tsurete ikimashita. Yosemite kokuritsu kōende wa, hogo ni tsuite manabi, kōen no renjā to hanashi o shimashita. Watashi no daigaku kyōiku o hajimeta Indode wa, mohandatta kyōju ga imashita. Kare wa kyōiku o aishi, kare no gakusei o aishite imashita.

Kare wa watashitachi o jitchi no ryokō ni maneite jissen-tekina nōgyō-gaku o oshiemashita. Kare no seito no tame ni shinai koto wa hotondo arimasendeshita. Kawari ni, watashitachi wa kare o aishi, kare no totsuzen’noshi o itanda. Korera no rei wa, subete no daigaku reberu no kyōshi ga warui wakede wa naiga, genzai no keikō wa akiraka ni shinpaidearu koto o shimeshite iru. Kōkai matawa horobiru yoi no hotondo no kyōju ga Beikoku no daigaku kara kurushimu shōkōgun o shi, hoka no basho de kyodaina atsuryokuwokakeru karera wa chōdo sore o yatte ōku no jikan o tsuiyasunode respecté ni okeru kagaku zasshi no kiji o kaite kōkai suru no emdesu.

Sore wa 1 hinshitsu kyōiku o motte iru kawari ni, dono yō ni ōku no kiji ga kore made ni kōhyō-sa o kōryo ni irete irunode aussi wa, ninki no tame ni akogareru hito-tachi no tame ni hijō ni sutoresu ni naru koto ga deki tenyua seido wa, gakusei ga kitai suru shūchū shite imasu. Watashi wa hijō ni hisan’na mitsukeru koto wa que no ru gakusei wa hon kara mananda chishiki no habahiroi ryō to jikan ga shiken ni atsuryoku o kake-kan, karera wa shunji ni rikōru shinakereba naranai kyōshitsu o oboete oku koto ga hitsuyōdearu to iu jijitsudesu.

Kore wa, gakusei ga fukai gaku bitoha-betsu no monodearu koto o ishiki shite iru node wa naku, daigakuinsei wa, karera wa sore o manabi, kare no komon kara ōku no tasuke nashi ni ronbun o happyō suru hi kakatta jikan o, manabitai mono o sentaku suru tame ni kanzen ni jiyū o atae rarete iru ōku no kyōiku kikan de ryūkō shikan ga arimasu. Ōku no baai, 7-nen-go ni hakushironbun o kaite ite, shinpo wa amari susunde inai to iu gakusei ga irudeshou.

Hotondo no seito wa, shigoto no subete no yōken o mitashite shigoto o oeru koto ga dekiru hodo hayaku sotsugyō shitai to kangaete imasu. Shikashi, yarubeki koto ga takusan arimasu. Genzai, ichibu no daigakude wa, korera no purofesshonaruna gakusei o kibishiku shite ori, hoka no gakusei ni sotsugyō suru yochi o nokosu tame no jikan o ataete imasu.

Nihon to Kankokude wa, gakusei wa hijō ni muzukashī no dai ichi sentaku no daigaku ni hairu to, soko ni tōtatsu suru tame ni hijō ni kibishī nyūgaku shiken ni gōkaku suru tame ni karera no – motsu yō ni oatsu sa remasu. Mitomerareru to, karera wa Rotte de manabi, sotsugyō yōken o kanryō suru tame ni mugen no puresshā o ukemasu. Sonogo, hijō ni sutoresu no ōi shūshoku katsudō ga hajimarimasu. Karera wa ReaSekaijū no daigaku ga juken karera no mokuhyō wa, byōki no gendai sekai ni tekishite imasu.

Kono michi ni gōkaku shita, maitoshi no hiroi kazu no sotsugyōsei o kesu yō ni, jissai ni karera no karikyuramu-gai no mono wa ippantekina chishiki o motteinai RN. Shitsugyō ōku wa saenode, koyō-sha no nīzu to no misu matchi no kensaku no ōku no nengo ni nokorimasu. Karera wa ōku no hitobito ga Indo de wareware wa karera o wasurete, dono yō na karera wa kurasude wa maru anki de manabu sugu ni puromōshon o eru koto ga deki, chōdo sonoyōni, karera no koyō kara saru kenkyū daigakuin no kenkyū no tame ni iku alike.

I o shitte iru sa rete irunode, watashi wa kukkīkattā no sotsugyōsei’-bi o yobidashimasu. Karera wa shiken ni gōkaku suru dake de dono yō ni ranku matawa yūshūna mokuteki o kinishinaide kudasai. `No ikutsu ka wa, EM wa, subete no oya ga mainichi QUE ra kyōshi ga yokujitsu yōkyū shukudai o suru kodomo to issho ni tōsō kodomo no koro hodo hayaku hajimari-sō Indo no gakkō ni hairu tame ni sumāto.

The tōsōde wa arimasen. Gakkō wa sukunaku, yuiitsu maitoshi seito no ikutsu ka no kazu o motte ukeirete iru tame, nin’i no gakkō no kachi no genkyū ni hairu tame no kyōsō wa sore osanai koro kara hageshīdesu. De shutoku suru tame no kyōsō ga shiretsudeari, takai tōkyū o motsu yuiitsu no gakusei wa subete no tame no seki to ōkina juyō no kagira reta kazu no minasa rete iru baai wa kodomo ga kōkō ni gōkaku later. If sore ga akka, daigaku ni hairu tame ni kare no tōsō wa, futatabi kaishi shimasu.

Anata wa chomeina seijika ya kōkan no musukodeareba ima, sonogo no purosesu wa kikku no hason ga in. I, sore wa karera no sentaku no daigaku ni hairu tame ni, Honkon ya Chūgoku no gakusei no tame ni, dono yō ni sutoresu o shitte doko ga yōi ni naru n ko ni nari soshite karera wa, Nihon ya sekai ga gijutsu-teki ni tsugi no tōnen no tame ni yūsen yori shingapōru.

As o shutoku no yō ni nyūgaku shiken no junbi o suru hitsuyō ga ikani muzukashī ka o, watashitachiha kyōiku no shurui ni gakusei o eru yori ōku no atsuryoku wa, karera wa yoi shigoto o shutoku suru hitsuyō ga arimasu sugu ni. Jinrui-gaku ya riberaruātsu no gakui wa mō sore o katto shite imasen. Hotondo daremoga, watashi wa modotte kyōiku no shitsu to sotsugyōsei o saiyō shimasu kyōiku no tadashī shurui no topikku ni kite iru girls. So fukume, korera no hi no daigaku ni ikunode, Indo nado no ichibu no kunide wa, tan’itsu no ketsuin wa, ōboshasū sen-ri o miryō shite imasu.

Kore wa, maru anki suru koto ga shira reta jijitsudearu: Kihon-tekina birudinguburokku wa, QUI kyōiku tatemono ga ato ni tatte iru to shite, sore ga dōsa suru tame no nin’i no 1 no kyōiku ni hatasubeki yakuwari o motte imasu. Anata wa 2-kai 2-jikan-kin 17 5 ga nandearu ka o omoidasu koto ga dekinainaraba, anata wa sūgaku o manabu koto ga dekinainode, watashitachiha kodomo-tachi ni kuku o oboete kita watashitachiha, BA no ketsugō wa, koto to onajiyōni kioku shi, BI, BO, BU nado ni yori,.

Sore wa watashitachi o tasuke, tadashiku eigonohatsuon no tango o manabimasu. Anata ga kagaku no sūgaku no kin no keisan-shiki o omoidasu koto ga dekinai baai wa, fukuzatsuna hōteishiki o okonau koto wa dekimasen. Soshite, anata wa, sanjutsu, daisū, kika, bisekibun, sankakubō o fukumu koto ga sūgaku ni gōkaku suru hitsuyō ga arimasuga, arushuno enjinia ni naritai koto wa, watashitachi ga manabu hōhōdearu tame, memori ya insutantorikōru o hitsuyō to suru subete no taishō no tame ni sore o iku to watashitachi no studies.

If ni shinpo o togemasu Hitoshi atode anata no shokugyōde wa, anata wa, anata ga, kagaku nado no ikimonogaku o kenkyū shinakereba naranai isha ni naritai so. If anata ga suru yūnōdenakereba naranainode, sekkei, doko ka, osoraku fukuzatsuna hashi o kensetsu suru hitsuyō ga arimasu monogoto no nan sen-ri to anata o oboete, sore ga kyōiku no mokuteki wa nan kuesshon — o tanomu anata no class.

So ni oshie raremashita ka? Anata ga shigoto o eru koto ga dekiru yō ni, sore wa chōdo,-go de sore wa arayuru shurui no mono o rikai shi, chishiki ga anata no nōryoku o kakudai suru kotodearu Kin ga aru maru anki memori o kaishi shiken ni gōkaku suru kotodesu? Watashi wa chōdo hesuta josei ni tazuneta, kanojo wa kanojo ga motte ita to kotae kanojo no seikatsu no naka de kotoba o kiita koto ga arimasen.

Kanojo wa nani o yon de inai to, kanojo wa kōkō de kanojo no sensei wa kanojo wa sekai no zetsutaiteki chishiki o motanai na o oshienakatta nani mo shirimasen. Kore wa, gūguru o kaishite riyō kanōna chishiki no bōdaina ryō ga ima sa rete iru baai demo, hitobito mosuto korera no hi no shinjitsudesu. Watashi wa nōgaku o uketa dakedenaku akarasama awarena mokuhyō silly.

The kyōiku o koto myanmābiruma no que no ra shuto wa muchi ni mukete jiko manzoku o shimeshita to nobeta terebi de hitotsu no nakama ga oshie aisa hijō ni yū shikaku kyōshi to watashi o tsukutta jitsuyō-tekina hōhō de watashi ni atae raremashita yoi nōgaku. Shinseki ga kyōiku o ukete iru baai, ichibu no kōun no kodomo-tachi ga dōyō ni oya kara ikutsu ka no tasuke o shutoku shite mo sō subete no kodomo wa kare no seishikina kyōiku no tame no kare no kyōshi ni izon shimasu.

Mokuteki anata no kyōshi wa, koko Firipin de sono yōna munōna kyōju nani o shite iru baai wa? Anata no sensei wa anata ga nanika o manabi, anata no daigaku no chīmu no kichōna basukettobōru senshudesu to iu riyū dake de, saitei gōkaku-ten o ataeta ka dō ka wa nani o ki ni shimasendeshita ka? Watashi wa koko de kyōchō shitai, kore wa ōku no countries.

What de okoru shitte iru daremoga ni, sore suto aussi hijō ni jūyōna shigoto o shutoku suru tame no seishikina kyōiku ga hijō ni jūyōdearuga, sorera wa oshiete inai kamoku no hiroi han’i ni tsuite no chishiki o shi, motte iru to iu kotodesu anata no kurasu no heya inchi anata dake hesuta dareka wakaranai shoulds todo no yōna yakuwari kare wa chishiki ōku no kotonaru outle ni yoru ōkibona dokusho ya sōshingu o tsūjite shoulds autogein chishiki o mezasu saigo no sensō de hatashimashitaZasshi, intānetto, shoseki, zasshi, shinbun nado no yō ni, sekai wa chishiki ni michite imasu.

Muryō de intānetto kara nan sen mo no hon o daunrōdo dekimasu. Sore ga watashi ga Mein Kampf o yomu hōhōdesu. Kyōiku no mokuteki wa, sekai no ichibudearu shakai no ichibudearu kotodesu. Anata no kokoro o kaihō shi nasai. Chishiki no sekai o kyūshū suru hōhō o shitte imasu ka? Hai no baai, anata wa makotoni kyōiku o uketa hitodesu. Watashi wa sono yōna hitobito o sonchō suru.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

 

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“Education today ( in Japanese)” への 19 件のフィードバック

  1. I don’t know whether it’s just mme օr if everyⲟne else
    experiencing issues ԝith yοur site. It appears ɑs iif some of the text within ʏоur
    posts аre running ooff the screen. Сan ѕomeone eⅼse pⅼease provide feedback аnd let me know if
    this is happening to thеm ass well? Thіs ⅽould be
    a probblem ԝith my browser ƅecause I’ѵe had this happеn before.
    Many thanks

    いいね

  2. Helⅼo Therе. I fоսnd your blog using msn. This iѕ a really wеll wrіtten article.

    I wіll bbe sure to bookmark іt and return to
    read more of your usеful info. Тhanks fоr the post.

    Ι’ll definitelү return.

    いいね

  3. Superb site you have here but I was curious about if you knew of
    any discussion boards that cover the same topics talked about here?
    I’d really love to be a part of community where I can get advice from
    other knowledgeable people that share the same interest.
    If you have any suggestions, please let me know.
    Thank you!

    いいね

  4. Good day! Would you mind if I share your blog with my myspace group?
    There’s a lot of folks that I think would really enjoy your content.
    Please let me know. Thank you

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中