Agony of flying ( in Japanese)

飛行の苦痛

BN-JB470_0625mi_GR_20150623180229

出典:Googleの写真

私が飛行機で飛行したのは、50年前、私の故郷からコルカタまでの飛行機だった。私たちの家族の誰も、どこにいても飛行機に乗ったことはありませんでした。当然、彼らはとても興奮していました。私の友人が街の外にある小さな市の空港に私たちを連れて来なければならなかった小さな車に、彼らは私に何を売っているのか分からずに、私に大きなセンドオフを与えたかったのです。私はそれも知らなかった。

当時、空港の安全性は事実上なかったので、服を着る人は飛行機に乗って登っていくことができました。小さな飛行機が時間通りに着陸し、私が乗ることができるようにいくつかの乗客を降ろしました。丁重なスチュワーデスは非乗客に飛行機の内部を見ていなかったために飛び降りていた飛行機から降りるように頼んだ。我々はすべて小さな町の男の子だった。
最後に扉が閉められ、プロペラ駆動の飛行機が離陸し、ゆっくりと高度を得ました。私は大気から初めて自分の町を見ることができ、イギリス人が厳しい格子パターンでそれを敷設したときの仕事の良さに感心しました。駅の中心、水路、巨大な公園をビクトリア州の大理石の像で確認することができます。

すぐに私たちは飛行高度に達したので、パイロットはシートベルトサインをオフにして、我々はすべて3時間の飛行の準備をしました。馬は私に良い朝食を与えてくれましたが、今は私にとって大きな問題になりました。飛行機は私の窓から見ることができる非引っ込み式の車輪を持っていて、緊急着陸の場合、彼らは大いに便利になるだろうと思った。しかし、小さな飛行機は飛行機のように空気ポケットの中に落ちていましたが、パイロットはそれを再び高度まで持ち上げるのに苦労しました。

それは私が今までに一番悲惨な飛行だったので、私が食べたものをすべて捨てて、旅行を望みましたが、私を弱くしたこの苦しみの2時間以上耐えなければなりませんでした。それがとても不愉快だったので、私は飛行を深く後悔しました。

最終的に私達が目的地に着いたとき、私の隣に座っているアメリカ人の仲間が飛行機から私を助けました。私のいとこは私を受け入れるために空港に来ていたが、彼らは私を見ていなかったので、やっと私は退屈からかなり薄くて弱い足を歩いて行った。彼らは飛行もしていなかったので、空のポケットの中に石のように落ちた小さな飛行機で飛ぶのがどういうものか分からなかった。いずれにしても、私は胃の痛みを和らげてくれる、落ち着いた飲み物を飲み込んでしまった家に喜んでいました。

私の次の飛行は滑らかで強力だったPan Amの巨大なジェット機にあった。当時のボーイング707は、もはやどこにも飛んでいないが、パン・アムは現在使用できなくなっているが、当時は非常に快適な飛行を提供していた。エアポケットはなく、私たちは本当に何も見えないほどの高度を飛んでいました。スチュワーデスはかなりフレンドリーだったので、とてもうれしかったです。

当時、飛行機は重要な人や学生のような奨学金や観光客のためのいくつかの井戸のような余裕がある少数の人々のためだけに留保されていたことを忘れないでください。それは今になって大衆交通に変質していないので、それは上品であり、とても楽しいものでした。食べ物は良かったし、音楽は私のイヤホンにやわらかに響いた。席の後ろにはテレビ画面がありませんでした。

飛行機がバンコクに着陸したとき、私はサイゴンへの私の接続飛行がPan Amを犠牲にして5つ星のホテルで一晩宿泊しなければならなかったので、その日キャンセルされたと言われました。彼らは私を派手な車で私のホテルに連れて行き、次の日に私を空港に連れて戻しました。彼らは私のようなエコノミークラスの乗客のためにすべてこれをしたので、彼らはファーストクラスの乗客のために何をしたのだろうかと思った。どこかに6つ星のホテルがあったかもしれません。

知りませんでした。私はちょうど初めて飛んでいた小さな町の少年で、5つ星かどうかは決してホテルに行ったことはありませんでした。ウェイターは町の周りに私を見せてくれたが、私は私のポケットに5ドルの惨めなドルしか持っていなかったので、私は拒否した。
このように、世界中の旅行の私の人生は、私が50年以上前に予想していたことがなかったように始まりました。私が想像することができるほとんどのタイプの飛行機に飛んで来た私の町からの惨めな飛行以来、そして今や大量の飛行機の進化を見てきました。

空の旅の美しさは消えました。ストーンが直面していた職員があなたを抱き締めてくれるような場所では、セキュリティチェックが行われています。彼らは、X線による荷物の検査、犬の嗅ぎ取り、手袋の点検を行います。

彼女の髪の毛のピンがスキャナにpingをしたため、私の娘は空港に押し戻された。彼女は唯一の子供だったが、彼らは慈悲やケアを見せなかった。彼らは、がん患者で重度の障害を持つ10代の少女を強く押しつぶし、強要した。彼女は安心の名の下に怪我を負った。
一度あなたの飛行機の中に入ると、それは悪化します。あなたはもはやあなたの座席を選ぶことができず、長い飛行に耐えなければならないかもしれません

泣いたり、叫んだ子供たち、またはあなたに肘の部屋を与えていない非常に太った人の隣に。ビル・コスビーのコメディ・ビデオは、飛行機に乗ってみんなを突き抜けて「私は4歳です」と言った過度の能動的な子供について話しました。長い飛行の後、子供は最終的に眠りに落ちましたが、母親は荒い時間を過ごしました。彼女のマスカラは走り、彼女の髪は飛行機が着陸したときに麻痺した。

それから、みんなが子供を突き抜けてハイウィリーが目を覚ますと言った。彼女のよく日焼けした夫は、眠っている子供を腕の中に押し込んで怒って歩いていたときに、それらを受け取るのを待っていました。コスビーは素晴らしいコメディアンです。航空会社は、座席の幅を狭めることによって、できるだけ多くの乗客を絞ることを常に試みています。それから、Willieは過活動です。

一つの航空会社は私のビジネスクラスの航空券を取って、そのクラスのビジネスクラスを持っていなかったので、私はエコノミークラスの座席を2人で絞りました。思考は標準的な手順でした。彼らはまた私に巨大な運賃の差額を払い戻しませんでしたが、それは非常に不公平でした。しかし、航空会社が乗客を大事にして飛行機を良い経験にしようとした当初の日々が恋しいです。現在は標準的ですが、一部の空港では靴をチェックして、女性の場合は積極的に蹴ります。

これらすべての事は、私が単にスチュワーデスに何らかの理由で座席の変更を求めることができる時代からははるかに悲しい、不愉快な経験を飛行させました。その後、大きくて広いジャンボ747が来た。長いフライトで空席があっても良い寝ると、ハンドルを持ち上げて快適なベッドにすることができました。スチュワーデス達は気にしなかったし、毛布も持ってきた。航空会社は現在、より多くの乗客を多くのルートでより頻繁に運び、飛行についてのすてきなことをすべて忘れてしまった。

一人のスチュワーデスは、イヤホンを彼女に返さなければならないと主張し続けましたが、私はそれをまったく服用しませんでした。彼女は私がどこかに隠れていないことに満足するまでイヤホンを数え続けました。もう一人は私が正しい座席を割り当てられているかどうかを確認するために私のチケットを頼んで、私がフランス語で話したときにだけ平和を残しました。サービスはある航空会社から別の航空会社に大きく変わるので、私は、非常に悪いサービスや存在しないサービスのために、特定の航空会社を避けることを学んだことがあります。他の航空会社はサービスを多少提供します。彼らが提供するサービス。

私たちは一度マリアン飛行機で飛行していました。座席の大部分を取り除いた部分に私たちを置きました。そして、床はごみのように見えて、私には手荷物のように見えました。私はそのような飛行機で飛ぶことに非常にショックを受けました。別の飛行機では、私は壁パネルが緩んでいて、いくつかのものはネジが抜けていて、かき乱されていたことに気がついたので、私はその飛行機に何があったのか不思議でした。しかし、1970年にベイルートに戻って、 。

タクシーの男性は、航空会社が私を入れていたホテルで私を連れて来て、彼が街のいたるところで私を探していたと言った。とにかく飛行機に遅れるつもりだと思っていたが空港に連れて行って消えた。私は空港に誰も見なかったので、出てきた代理人のドアを叩いて、遅いと言った。チェックインは閉鎖され、飛行機は離陸のためタクシーに出ていた。これが最後のわらでした。タクシーが遅くなって私を迎えに来なかったので、飛行機がまだ地上にあるかどうかを確認しなければならないと言った。彼はそれをチェックして、それはだが、ハッチは閉じていた。離陸のためにそれをクリアしてください。

私は彼が私を連れて行くことができるかどうかパイロットに尋ねるべきだと言ったとき、彼はパイロットに連絡して私を連れて行くことができないと言いました。彼らは非常に遅い乗客に乗りたいかどうかパイロットに尋ねることができます。彼はついに塔と塔を呼んだパイロットと呼ばれる塔を連れて行きました。それで孵化場が開かれ、階段が飛行機に持ち込まれ、飛行機に乗りました。今これをやろうとします。人々がそんなに合理的だった当時は、私は恋しい。セキュリティは今日は非常に厳しいので、飛行機に乗る人は3時間も飛ぶ必要がある。

空港は難民センターのように見え、大勢の人々がそのプロセスを乗り越えようとしており、一部の人々はいつも携帯電話で毎晩高い音を立てて話しています。彼らは荷物が過体重であれば良い座席のために戦い、余分なキロを支払うことを拒否します。彼らは持ち上げようとしている手の甲に膨大な量のものを詰め込み、頭上のビンにはしばしば床に物をこぼしてしまいます。狭い座席は長いフライトでは非常に不快で、脚の部屋は非常に限られています。あなたが窓の座席についていたらトイレに行くと

あなたの共通の乗客が太っていて、不親切な人には難しいです。私は、いつも彼らの財布を引き出して、自分の数々の孫の写真を見せて、彼らの人生の話を語りかける老婦人の隣に座らないようにしています。そのような時には、私はダムを弾いて、 “私はイングルズを鳴らさない”とか、そういう言葉を言う。空気輸送の未来:今、未来について何か書きたいと思う。私は何年にもわたって航空サービスの安定した悪化を見たので、いつでもすぐに良くなるとは思っていません。

より安い飛行機や予算の航空会社のために、最近多くの人が飛ぶ。多くのチラシは、屋内労働者、雇用労働者、中東に建設雇用の仕事をしている労働者、そしてあらゆる種類の他の仕事のような海外請負労働者です。当時私が会っていたマナーの良い洗練されたチラシではありません。私は一人の飛行機でスチュワーデスに喫煙者を止めるように頼まなければならなかったので、マナーを持たず、積極的に起きて、何時間もあなたの携帯電話で話すことを妨げるような、航空会社はサービスを改善して、再び良い経験をすることができますか?これは簡単に言われています。

チケットを安く保つためには、航空会社がお金を稼ぐ必要があるため、狭い座席、手荷物、手荷物、安い食べ物や飲み物などを減らすことを意味する飛行機一台あたりより多くの乗客を絞らなければなりません。ジェット燃料、次のフライトが到着したいゲートで長すぎると駐車料金とペナルティを支払うことになります。また、空港のセキュリティと手荷物チェックの追加料金を支払っています。一部の悪い思いをした乗客は、コロンとローションをトイレは盗むのが難しくなるように帽子をはずします。

だから私は彼らの仕事を羨ましくない。以前ほど魅力的ではありません。長い飛行の終わりには、スチュワーデスの下にある緊張を見ることができますが、生きていくためにはそれを行いますので、難しいはずです。飛行のもう片方では、たまに無防備な人をもう一度訪れて、コンピュータをスキャンしてどこかで犯罪が起きたかったかどうかを確認する必要があります。その後、税関の人々はあなたが持っていないものがあるかどうかを確認するためにあなたのバッグをもう一度チェックするのを待っています。しかし、50年前、彼らはより礼儀正しく、あなたを振った。

私は老婦人がヨーロッパで犬と共に飛行機に入ったのを見ていました。それを今すぐ試してみると、ゲートで停止します。あなたの犬はケージに入れられ、あなたはそれに対して多額の料金を請求されます。飛行は良いから悪いへと劇的に変化しました。私は悪いことの隣に何があるのか​​分からないが、来ると思う。エアバスは現在、ダブルデッカーであり、500人以上の乗客が乗ることができるように大型の飛行機を導入しました。

彼らがどれくらいのトイレを持っているのか分かりませんが、もしあなたがおしっこする必要があれば、私はあなたに残念です。だから私は彼らがすごく素敵で、水上に着陸することができる海上飛行機をもう一度持って帰るべきだと思います。彼らは空想的で高価な空港を必要とせず、あなたはすぐにタクシーに乗り遅れる可能性があります。これは、水の近くにあるすべての都市にサービスを提供し、空港内の航空交通を削減し、それらを解消することができます。最初の海の飛行機に素敵なバーがあり、雇われたピアニストが良い音楽を演奏したピアノさえ知っていましたか?彼らはシャンパンも提供しました。

彼らは、コストのほんの一部で人々を運ぶことができるツェッペリン(火炎に燃えるようなものではない)を取り戻すことができ、あなたは再び飛行を楽しむことができました。私は、観光客に景色を見せるための飛行船があることを知っていますが、いつかは重大な輸送手段になる可能性があります。彼らはヘリムを使ってそれらの飛行船をいっぱいにするので安全です。彼らはフットボール場に乗客を乗せることができる垂直離着陸型飛行機を開発することができます。私はそのような航空機が存在することを知っています。

彼らがしなければならないのは、この技術を使って旅客機を作ることだけです。私は飛行船がどこにでも着陸できることを知っています。飛行時間とあなたの悲惨さを減らすことができる超音速飛行機は、エタノールやそのような安い燃料を使って飛行させることができます。それに直面しましょう。ほとんどの人は、小さな座席の金属製のチューブの中にくっついて痙攣を起こすのが好きではありません。

彼らは目的地に早く行きたいと思っています。あなたが金持ちならば、人々は金持ちではないので、飛行機に乗っている人はただの夢かもしれません。人々は飛行機を忘れ、部屋がたくさんあり、素敵なベッドといい食べ物がある船を取るべきですか?これはほとんどの人がタイタニック号と航空機の出現の前の昔に旅行した方法だったので、古い錆バケツで悪い経験をして以来、船に乗ったことはありませんでしたが、あなたは私の伝記でその話を読むことができます。ドローン技術はどこでも爆発しています.Uberの無人機があなたの家の前であなたを迎え、あなたをdes

プラスチックトレイ上の安い食品を除いた。 技術は非常に早く進歩しているので、何かが可能です。または、私がやったようにラットのレースをやめ、引退して、良い昔のことを思い出してください。

 

 

Hikō no kutsū shutten: Gūguru no shashin watashi ga hikōki de hikō shita no wa, 50-nen mae, watashi no furusato kara korukata made no hikōkidatta. Watashitachi no kazoku no dare mo, dokoni ite mo hikōki ni notta koto wa arimasendeshita. Tōzen, karera wa totemo kōfun shite imashita.

Watashi no yūjin ga machi no soto ni aru chīsana ichi no kūkō ni watashitachi o tsurete konakereba naranakatta chīsana kuruma ni, karera wa watashi ni nani o utte iru no ka wakarazu ni, watashi ni ōkina sendoofu o ataetakatta nodesu. Watashi wa sore mo shiranakatta. Tōji, kūkō no anzen-sei wa jijitsujō nakattanode, fukuwokiru hito wa hikōki ni notte nobotte iku koto ga dekimashita.

Chīsana hikōki ga jikandōrini chakuriku shi, watashi ga noru koto ga dekiru yō ni ikutsu ka no jōkyaku o oroshimashita. Teichōna suchuwādesu wa hi jōkyaku ni hikōki no naibu o mite inakatta tame ni tobiorite ita hikōki kara oriru yō ni tanonda. Wareware wa subete chīsana machi no otokonokodatta. Saigo ni tobira ga shime rare, puropera kudō no hikōki ga ririku shi, yukkuri to kōdo o emashita.

Watashi wa taiki kara hajimete jibun no machi o miru koto ga deki, igirisuhito ga kibishī kōshi patān de sore o fusetsu shita toki no shigoto no yo-sa ni kanshin shimashita. Eki no chūshin, suiro, kyodaina kōen o Bikutoria-shū no dairiseki no zō de kakunin suru koto ga dekimasu. Sugu ni watashitachiha hikō kōdo ni tasshitanode, pairotto wa shītoberutosain o ofu ni shite, wareware wa subete 3-jikan no hikō no junbi o shimashita.

Uma wa watashi ni yoi chōshoku o ataete kuremashitaga, ima wa watashi ni totte ōkina mondai ni narimashita. Hikōki wa watashi no mado kara miru koto ga dekiru hi hikkomi-shiki no sharin o motte ite, kinkyū chakuriku no baai, karera wa ōini benri ni narudarou to omotta. Shikashi, chīsana hikōki wa hikōki no yō ni kūki poketto no naka ni ochite imashitaga, pairotto wa sore o futatabi kōdo made mochiageru no ni kurō shimashita.

Sore wa watashi ga ima made ni ichiban hisan’na hikōdattanode, watashi ga tabetamono o subete sutete, ryokō o nozomimashitaga, watashi o yowaku shita kono kurushimi no 2-jikan ijō taenakereba narimasendeshita. Sore ga totemo fuyukaidattanode, watashi wa hikō o fukaku kōkai shimashita. Saishūtekini watashitachi ga mokutekichi ni tsuita toki, watashi no tonari ni suwatte iru amerikahito no nakama ga hikōki kara watashi o tasukemashita.

Watashi no itoko wa watashi o ukeireru tame ni kūkō ni kite itaga, karera wa watashi o mite inakattanode, yatto watashi wa taikutsu kara kanari usukute yowai ashi o aruite itta. Karera wa hikō mo shite inakattanode, sora no poketto no naka ni ishi no yō ni ochita chīsana hikōki de tobu no ga dō iu mono ka wakaranakatta. Izure ni shite mo, watashi wa inoitami o yawaragete kureru, ochitsuita nomimono o nomikonde shimatta ie ni yorokonde imashita.

Watashi no tsugi no hikō wa namerakade kyōryokudatta Pan Am no kyodaina jettoki ni atta. Tōji no bōingu 707 wa, mohaya dokoni mo tonde inaiga, pan amu wa genzai shiyō dekinaku natte iruga, tōji wa hijō ni kaitekina hikō o teikyō shite ita. Eapoketto wa naku, watashitachi wa hontōni nani mo mienai hodo no kōdo o tonde imashita. Suchuwādesu wa kanari furendorīdattanode, totemo ureshikattadesu. Tōji, hikōki wa jūyōna hito ya gakusei no yōna shōgakkin ya kankōkyaku no tame no ikutsu ka no ido no yōna yoyūgāru shōsū no hitobito no tame dake ni ryūho sa rete ita koto o wasurenaide kudasai.

Sore wa ima ni natte taishūkōtsū ni henshitsu shite inainode, sore wa jōhindeari, totemo tanoshī monodeshita. Tabemono wa yokattashi, ongaku wa watashi no iyahon ni yawaraka ni hibiita. Seki no ushironi wa terebi gamen ga arimasendeshita. Hikōki ga Bankoku ni chakuriku shita toki, watashi wa Saigon e no watashi no setsuzoku hikō ga Pan Am o gisei ni shite itsutsu hoshinohoteru de hitoban shukuhaku shinakereba naranakattanode, sonohi kyanseru sa reta to iwa remashita.

Karera wa watashi o hadena kuruma de watashi no hoteru ni tsurete iki, tsugunohi ni watashi o kūkō ni tsurete modoshimashita. Karera wa watashi no yōna ekonomīkurasu no jōkyaku no tame ni subete kore o shitanode, karera wa fāsutokurasu no jōkyaku no tame ni nani o shita nodarou ka to omotta. Doko ka ni muttsu hoshinohoteru ga atta kamo shiremasen. Shirimasendeshita.

Watashi wa chōdo hajimete tonde ita chīsana machi no shōnen de, itsutsu hoshi ka dō ka wa kesshite hoteru ni itta koto wa arimasendeshita. U~eitā wa machi no mawari ni watashi o misete kuretaga, watashi wa watashi no poketto ni 5-doru no mijimena doru shika motte inakattanode, watashi wa kyohi shita. Ko no yō ni, sekaijū no ryokō no watashinojinsei wa, watashi ga 50-nen ijō mae ni yosō shite ita koto ga nakatta yō ni hajimarimashita.

Watashi ga sōzō suru koto ga dekiru hotondo no taipu no hikōki ni tonde kita watashi no machi kara no mijimena hikō irai, soshite imaya tairyō no hikōki no shinka o mitekimashita. Soranotabi no utsukushi-sa wa kiemashita. Sutōn ga chokumen shite ita shokuin ga anata o dakishimete kureru yōna bashode wa, sekyuriti chekku ga okonawa rete imasu. Karera wa, X-sen ni yoru nimotsu no kensa, inu no kagi-tori, tebukuro no tenken o okonaimasu. Kanojo no kaminoke no pin ga sukyana ni pingu o shita tame, watashi no musume wa kūkō ni oshimodosa reta.

Kanojo wa yuiitsu no kodomodattaga, karera wa jihi ya kea o misenakatta. Karera wa, gan kanja de jūdo no shōgai o motsu 10-dai no shōjo o tsuyoku oshitsubushi, kyōyō shita. Kanojo wa anshin no na no shita ni kega o otta. Ichido anata no hikōki no naka ni hairu to, soreha akka shimasu. Anata wa mohaya anata no zaseki o erabu koto ga dekizu, nagai hikō ni taenakereba naranai kamo shiremasen Naitari, sakenda kodomo-tachi, matawa anata ni hiji no heya o ataete inai hijō ni futotta hito no tonari ni.

Biru kosubī no komedi bideo wa, hikōki ni notte min’na o tsukinukete `watashi wa 4-saidesu’ to itta kado no nōdō-tekina kodomo ni tsuite hanashimashita. Nagai hikō no ato, kodomo wa saishūtekini nemuri ni ochimashita ga, hahaoya wa arai jikan o sugoshimashita. Kanojo no masukara wa hashiri, kanojo no kami wa hikōki ga chakuriku shita toki ni mahi shita. Sorekara, min’na ga kodomo o tsukinukete haiu~irī ga mewosamasu to itta.

Kanojo no yoku hiyake shita otto wa, nemutte iru kodomo o ude no naka ni oshikonde okotte aruite ita toki ni, sorera o uketoru no o matte imashita. Kosubī wa subarashī komediandesu. Kōkūkaisha wa, zaseki no haba o sebameru koto ni yotte, dekiru dake ōku no jōkyaku o shiboru koto o tsuneni kokoromite imasu. Sorekara, u~irī wa ka katsudōdesu. Hitotsu no kōkūkaisha wa watashi no bijinesu kurasu no kōkūken o totte, sono kurasu no bijinesu kurasu o motte inakattanode, watashi wa ekonomīkurasu no zaseki o 2-ri de shiborimashita.

Shikō wa hyōjun-tekina tejundeshita. Karera wa mata watashi ni kyodaina unchin no sagaku o haraimodoshimasendeshitaga, sore wa hijō ni fukōheideshita. Shikashi, kōkūkaisha ga jōkyaku o daiji ni shite hikōki o yoi keiken ni shiyou to shita tōsho no hibi ga koishīdesu. Genzai wa hyōjun-tekidesuga, ichibu no kūkōde wa kutsu o chekku shite, josei no baai wa sekkyokutekini kerimasu. Korera subete no koto wa, watashi ga tan’ni suchuwādesu ni nanrakano riyū de zaseki no henkō o motomeru koto ga dekiru jidai kara wa haruka ni kanashī, fuyukaina keiken o hikō sa semashita.

Sonogo, ōkikute hiroi janbo 747 ga kita. Nagai furaito de kūseki ga atte mo yoi neru to, handoru o mochiagete kaitekina beddo ni suru koto ga dekimashita. Suchuwādesu-tachi wa ki ni shinakattashi, mōfu mo motte kita. Kōkūkaisha wa genzai, yori ōku no jōkyaku o ōku no rūto de yori hinpan ni hakobi, hikō ni tsuite no sutekina koto o subete wasurete shimatta. Hitori no suchuwādesu wa, iyahon o kanojo ni kaesanakereba naranai to shuchō shi tsudzukemashitaga, watashi wa sore o mattaku fukuyō shimasendeshita.

Kanojo wa watashi ga doko ka ni kakurete inai koto ni manzoku suru made iyahon o kazoe tsudzukemashita. Mōhitori wa watashi ga tadashī zaseki o wariate rarete iru ka dō ka o kakunin suru tame ni watashi no chiketto o tanonde, watashi ga furansugo de hanashita toki ni dake heiwa o nokoshimashita. Sābisu wa aru kōkūkaisha kara betsu no kōkūkaisha ni ōkiku kawarunode, watashi wa, hijō ni warui sābisu ya sonzaishinai sābisu no tame ni, tokutei no kōkūkaisha o yokeru koto o mananda koto ga arimasu.

Hoka no kōkūkaisha wa sābisu o tashō teikyō shimasu. Karera ga teikyō suru sābisu. Watashitachi wa ichido Marian hikōki de hikō shite imashita. Zaseki no daibubun o torinozoita bubun ni watashitachi o okimashita. Soshite, yuka wa gomi no yō ni miete, watashiniha tenimotsu no yō ni miemashita. Watashi wa sono yōna hikōki de tobu koto ni hijō ni shokku o ukemashita. Betsu no hikōkide wa, watashi wa kabe paneru ga yurunde ite, ikutsu ka no mono wa neji ga nukete ite, kakimidasa rete ita koto ni kigatsuitanode, watashi wa sono hikōki ni nani ga atta no ka fushigideshita.

Shikashi, 1970-nen ni beirūto ni modotte,. Takushī no dansei wa, kōkūkaisha ga watashi o irete ita hoteru de watashi o tsurete kite, kare ga machi no itaru tokoro de watashi o sagashite ita to itta. Tonikaku hikōki ni okureru tsumorida to omotte itaga kūkō ni tsureteitte kieta. Watashi wa kūkō ni dare mo minakattanode, detekita dairinin no doa o hataite, osoi to itta. Chekkuin wa heisa sa re, hikōki wa ririku no tame takushī ni dete ita. Kore ga saigo no waradeshita.

Takushī ga osoku natte watashi o mukae ni konakattanode, hikōki ga mada chijō ni aru ka dō ka o kakunin shinakereba naranai to itta. Kare wa sore o chekku shite, sorehadaga, hatchi wa tojite ita. Ririku no tame ni sore o kuria shite kudasai. Watashi wa kare ga watashi o tsurete iku koto ga dekiru ka dō ka pairotto ni tazunerubekida to itta toki, kare wa pairotto ni renraku shite watashi o tsurete iku koto ga dekinai to iimashita.

Karera wa hijō ni osoi jōkyaku ni noritai ka dō ka pairotto ni tazuneru koto ga dekimasu. Kare wa tsuini tō to tō o yonda pairotto to yoba reru tō o tsurete ikimashita. Sorede fukaba ga aka re, kaidan ga hikōki ni mochikoma re, hikōki ni norimashita. Ima kore o yarou to shimasu. Hitobito ga son’nani gōri-tekidatta tōji wa, watashi wa koishī. Sekyuriti wa kyō wa hijō ni kibishīnode, hikōkininoru hito wa 3-jikan mo tobu hitsuyō ga aru.

Kūkō wa nanmin sentā no yō ni mie, taisei no hitobito ga sono purosesu o norikoeyou to shite ori, ichibu no hitobito wa itsumo geitaidenwa de maiban takai oto o tatete hanashite imasu. Karera wa nimotsu ga ka taijūdeareba yoi zaseki no tame ni tatakai, yobun’na kiro o shiharau koto o kyohi shimasu. Karera wa mochiageyou to shite iru tenokō ni bōdaina ryō no mono o tsumekomi, zujō no bin ni wa shibashiba yuka ni mono o koboshite shimaimasu.

Semai zaseki wa nagai furaitode wa hijō ni fukaide, ashi no heya wa hijō ni kagira rete imasu. Anata ga mado no zaseki ni tsuite itara toire ni ikutoAnata no kyōtsū no jōkyaku ga futotte ite, fushinsetsuna hito ni wa muzukashīdesu. Watashi wa, itsumo karera no saifu o hikidashite, jibun no kazukazu no mago no shashin o misete, karera no jinsei no hanashi o katarikakeru rō fujin no tonari ni suwaranai yō ni shite imasu. Sono yō na tokiniha, watashi wa damu o hiite, ” watashi wa inguruzu o narasanai” toka, sōiu kotoba o iu.

Kūki yusō no mirai: Ima, mirai ni tsuite nanika kakitai to omou. Watashi wa nan’nen ni mo watatte kōkū sābisu no antei shita akka o mitanode, itsu demo sugu ni yoku naru to wa omotte imasen. Yori yasui hikōki ya yosan no kōkūkaisha no tame ni, saikin ōku no hito ga tobu. Ōku no chirashi wa, okunai rōdō-sha, koyō rōdō-sha, Chūtō ni kensetsu koyō no shigoto o shite iru rōdō-sha, soshite arayuru shurui no ta no shigoto no yōna kaigai ukeoirōdō-shadesu.

Tōji watashi ga atte ita manā no yoi senrensareta chirashide wa arimasen. Watashi wa hitori no hikōki de suchuwādesu ni kitsuen-sha o tomeru yō ni tanomanakereba naranakattanode, manā o motazu, sekkyokutekini okite, nanjigan mo anata no geitaidenwa de hanasu koto o samatageru yōna, kōkūkaisha wa sābisu o kaizen shite, futatabi yoi keiken o suru koto ga dekimasu ka?

Kore wa kantan ni iwa rete imasu. Chiketto o yasuku tamotsu tame ni wa, kōkūkaisha ga okane o kasegu hitsuyō ga aru tame, semai zaseki, tenimotsu, tenimotsu, yasui tabemono ya nomimono nado o herasu koto o imi suru hikōki ichi-dai-atari yori ōku no jōkyaku o shiboranakereba narimasen. Jetto nenryō,-ji no furaito ga tōchaku shitai gēto de naga sugiru to chūsha ryōkin to penaruti o shiharau koto ni narimasu. Mata, kūkō no sekyuriti to tenimotsu chekku no tsuika ryōkin o shiharatte imasu.

Ichibu no warui omoi o shita jōkyaku wa, koron to rōshon o toire wa nusumu no ga muzukashiku naru yō ni bōshi o hazushimasu. Dakara watashi wa karera no shigoto o urayamashikunai. Izen hodo mirikitekide wa arimasen. Nagai hikō no owari ni wa, suchuwādesu no shita ni aru kinchō o miru koto ga dekimasuga, ikite iku tame ni wa sore o okonaimasunode, muzukashī hazudesu. Hikō no mō katahōde wa, tamani mubōbina hito o mōichido otozurete, konpyūta o sukyan shite doko ka de hanzai ga okitakatta ka dō ka o kakunin suru hitsuyō ga arimasu.

Sonogo, Zeikan no hitobito wa anata ga motteinai mono ga aru ka dō ka o kakunin suru tame ni anata no baggu o mōichido chekku suru no o matteimasu. Shikashi, 50-nen mae, karera wa yori reigi tadashiku, anata o futta. Watashi wa rō fujin ga yōroppa de inu to tomoni hikōki ni haitta no o mite imashita. Sore o imasugu tameshite miru to, gēto de teishi shimasu. Anata no inu wa kēji ni haire rare, anata wa sorenitaishite tagaku no ryōkin o seikyū sa remasu.

Hikō wa yoikara warui e to gekiteki ni henka shimashita. Watashi wa waruikoto no tonari ni nani ga aru no ka ​​ wakaranai ga, kuru to omou. Eabasu wa genzai, daburudekkādeari, 500-ri ijō no jōkyaku ga noru koto ga dekiru yō ni ōgata no hikōki o dōnyū shimashita. Karera ga dorekurai no toire o motte iru no ka wakarimasen ga, moshi anata ga oshikko suru hitsuyō ga areba, watashi wa anata ni zan’nendesu. Dakara watashi wa karera ga sugoku sutekide, minakami ni chakuriku suru koto ga dekiru kaijō hikōki o mōichido motte kaerubekida to omoimasu.

Karera wa kūsō-tekide kōkana kūkō o hitsuyō to sezu, anata wa sugu ni takushī ni noriokureru kanōsei ga arimasu. Kore wa, mizu no chikaku ni aru subete no toshi ni sābisu o teikyō shi, kūkō-nai no kōkū kōtsū o sakugen shi, sorera o kaishō suru koto ga dekimasu. Saisho no umi no hikōki ni sutekina bā ga ari, yatowa reta pianisuto ga yoi ongaku o ensō shita piano sae shitte imashita ka? Karera wa shanpan mo teikyō shimashita.

Karera wa, kosuto no hon’no ichibu de hitobito o hakobu koto ga dekiru tsu~epperin (kaen ni moeru yōna monode wa nai) o torimodosu koto ga deki, anata wa futatabi hikō o tanoshimu koto ga dekimashita. Watashi wa, kankōkyaku ni keshiki o miseru tame no hikōsen ga aru koto o shitte imasuga, itsuka wa jūdaina yusō shudan ni naru kanōsei ga arimasu. Karera wa herimu o tsukatte sorera no hikōsen o ippai ni surunode anzendesu. Karera wa futtobōru-ba ni jōkyaku o noseru koto ga dekiru suichoku richakuriku-gata hikōki o kaihatsu suru koto ga dekimasu.

Watashi wa sono yōna kōkūki ga sonzai suru koto o shitte imasu. Karera ga shinakereba naranai no wa, kono gijutsu o tsukatte ryokakuki o tsukuru koto dakedesu. Watashi wa hikōsen ga doko ni demo chakuriku dekiru koto o shitte imasu. Hikō jikan to anata no hisan-sa o herasu koto ga dekiru chō onsoku hikōki wa, etanōru ya sono yōna yasui nenryō o tsukatte hikō sa seru koto ga dekimasu. Sore ni chokumen shimashou. Hotondo no hito wa, chīsana zaseki no kinzoku-sei no chūbu no naka ni kuttsuite keirenwookosu no ga sukide wa arimasen.

Karera wa mokutekichi ni hayaku ikitai to omotte imasu. Anata ga kanemochinaraba, hitobito wa kanemochide wanainode, hikōki ni notte iru hito wa tada no yume kamo shiremasen. Hitobito wa hikōki o wasure, heya ga takusan ari, sutekina beddo to ī tabemono ga aru fune o torubekidesu ka?

Kore wa hotondo no hito ga taitanikku-gō to kōkūki no shutsugen no mae no mukashi ni ryokō shita hōhōdattanode, furui sabi baketsu de warui keiken o shite irai,-sen ni notta koto wa arimasendeshitaga, anata wa watashi no denki de sono hanashi o yomu koto ga dekimasu. Dorōn gijutsu wa doko demo bakuhatsu shite imasu. Uber no mujin-ki ga anata no ie no mae de anata o mukae, anata o des  Purasuchikkutorei-jō no yasui shokuhin o nozoita. Gijutsu wa hijō ni hayaku shinpo shite irunode, nanika ga kanōdesu.

Matawa, watashi ga yatta yō ni ratto no rēsu o yame, intai shite, yoi mukashi no koto o omoidashite kudasai.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中