What is entertainment? ( in Japanese)

landscape-1488817735-josh-gad-lefou-beauty-and-the-beast

出典:Googleの写真

私たちが子供のころは、私たちの学校でエンターテインメント料として月25セントを支払わなければなりませんでした。週末にバンは私たちの学校の遊び場に来て、2人の竹の柱の間に張り巡らされた大きなベッドシーツに映写家が示したCharlie ChaplinとLaurel Hardyの映画を熱心に待っていました。

私たちはベッドシートの両側に座り、Chaplinが左手か右手を使っているかどうか気にしませんでした。なぜなら、どちらかというととても面白かったし、LaurelとHardyの笑い声が私たちの胃が痛むまで笑っていたからです。

ピーナッツの売り手は、後で清掃しなければならなかった管理人の悲惨さのような時に轟音のビジネスをしましたが、私たちは楽しい子供でした。私たちには拘束がありませんでした。先生もコーナーに座ってショーを楽しんでいました。

私はまた、Poojaフェスティバルの間にアマチュアの俳優や女優たちが演じたドラマを見るために、他の人と一緒に一晩中起きていることを覚えています。彼らは私たちのコミュニティに住んでいて、いくつかは関連していたので、それらはすべて家族の大事なものでした。

セットと設定は基本的なもので、俳優たちが自分のラインを覚えていないため、プロンプターの裏に隠れているプロンプターが聞こえて、プロフェッショナルがプロンプトを出してプロンプトを出すことができました。プロンプターが何かを言うことができ、貧しい俳優たちが冗談が彼らの上で演奏されていたことを知らずにそれを繰り返すので、とても面白かったです。私たちは笑い声で声を掛け、胃を支えながら地面に転がった。

私はしばしばカーテンのロープを持っていて、それを持ち上げるためにすべての私の力でそれを引っ張ったか、ライトが引き寄せた昆虫を振り回しているシーンが必要なのでそれを放棄しましたが、それはとても楽しいものでした。

聴衆がドラマに完全に吸収されている間に、老人が大声で怒っているある夜、ドラマに深刻な場面がありました。すべての地獄は緩んで舞台の貧しい女の子は深刻なシーンだったので笑っていないことが必死にしてみました。後ろの誰かが老人に、グランドパが自分の行動をしていると告げる。人々は笑い声で叫んだ。当時は本当のエンターテイメントでした。

ステージに跳ね返っ白を塗られ、いつもに座って非常にいたずらな子供たちの膝の上に上陸したがひげを生やした男は気性のフィット感に卵を投げることになっていた場所を再生している宗教的なドラマでしたが、それはゴムボールになったらフロント。躊躇しないで、彼らはボールをピックアップし、ステージに戻ってそれを投げたおじいさんはここにおじいちゃんを叫んでいます。ああ!私はまだ過去について考えて笑うほど楽しいことでした。

50年前の男の子と女の子は混じり合っていなかったので、男の子は女の子と女の服を着用し、男女は女の子の服を着たので、男性はぬいぐるみのブラジャーを着てとても面白く見えました。女の子たちは男の子のように見えるように胸を平らにしなければならなかったが、私たちはそれらをすべて知り、楽しんだ。

当時のテレビはなかったので、私たちの唯一の音楽源は私たちの古いレイモンドラジオでした。カセットプレーヤー、CD、DVDプレーヤーが登場するのはずっと前です。誰もそのような音を聞いたことがなかったので、私は家の外で止まった人々が聞くために外国から最初のステレオを持って来ました。 Dolbyのサウンドとステレオによる音楽の未来は、鮮明で明瞭で素晴らしいサウンドで何時間も再生できるCDはもちろん、未だに知られていませんでした。

ああ、そうです。昔ながらの文法がありました。誰かがレコードをプレイするために手でクランクされなければならなかったものを持っていましたが、レコードが少々再生されるたびに、針は非常に早く消耗したため交換しなければなりませんでした。私たちは、棘が仕事をすることもできると冗談を言っていました。レコードは3分間しか演奏されず、それが私たちが大好きな物語や幽霊物語だったら、パートBを聞くためにひっくり返さなければならなかった。スピードが落ち始めると、私たちは狂ってしまい、涙が出るまで笑った。

その後、33rpmでの長時間の演奏とステレオサウンドが出ました。スピンドルに6枚のレコードを積み重ねると、ひとりひとりが落ちてきて、感動的な人々のためにかなりの時間それらを演奏しました。

この時までにカセットプレイヤーは一般的でしたが、Walkmanステレオが導入されたばかりのので、人々はイヤホンでサウンドを愛していました。音の進化が続き、20曲を演奏することができるCDが得られましたが、それはまだ長年のことでした。

しかし、私が書いているエンターテイメントは、面白い映画や俳優が行を忘れたドラマを見ているような社会的なものでした。それは他人と一緒に楽しむべきものでした。

今では、自宅で単独でDVDを見たり、旅行中や公園に座っているときに頭の電話で音楽を聴いたりするエンターテインメントを楽しむ、非常に利己的なナルシシズム的な方法に堕ちています。この技術は、優れた音と映像を一般の人々の手に渡しましたが、他社のエンターテインメントの喜びを取り除きました。人々はより自己中心的で孤独になっています。

旧式のオペラやドラマは完全に消えていません。私はベンガルの村で行われたドラマで、収穫の季節に続いて、農家がお金を持っていた時を知っていた旅行グループによってとても面白かったです。彼らは彼らの進歩した村に現れたチームは巨大なテント、ライト、サウンドシステムを設置し、発電機に持ち込み、フリーローダーを守るために柵をつけた。彼らのドラマは、農夫が簡単に理解して笑った猥褻なジョークで満ちていて、彼らと家族のためのエンターテイメントだったので、会場に行くために遠くまで歩いていた。

これらの巡回グループは、村から村の面白い人々に移動し、その過程でお金を稼ぐための忙しいスケジュールを持っていました。私たちの街にグループが現れ、ステージとライトを設定した戦争中、ベトナムで同じことが見られました。彼らはあなたのろうとシンバルでそのようなラケットを作ったが、それはあなたがろう者になるかもしれないが、人々は彼らの歌と踊りを大いに楽しんだ。時々、俳優たちは、偽のひげや口ひげを失いましたが、すぐにそれを拾ってそれを置くことがありました。誰もが笑って、しばらく忘れてしまって、ひどい戦争が続いていて、B-52たちがどこかで爆弾を落としているのを聞くことができました。

私はエンターテイメントという考え全体が、一時的であってもファンタジー世界に住んでいたと思います。世の中はすべての問題を抱えて生きている。私たちは同じ理由で映画に行きます。私たちは、3階建てのハイスクリーンの眩しい色で見えるシーンは、偽物であり、コンピュータで作られていることを知っていますが、面白いから気にしません。車の追跡は実際にはスローモーションで行われ、それが速い追跡であるという印象を与える。俳優と女優はパルプに殴られるが、それは偽の血液であり、実際には傷つくことはないが、アクションのスリルは私たちを席につけてくれる。しかし、私たちは現在、繭に住んでいる。

他人との幸せ。あなたの後ろの誰かが他の人を悩ます携帯電話で話し始めると、私たちはひどく迷惑になります。私たちは群衆であってもプライベートになりたいと思っていて、他の人がプライベートスペースに侵入すれば怒ってしまいます。私たちが他の人とやりとりする方法に大きな変化が起こっていることはわかっています。中国のいくつかの地域で古い地域を見つけることができれば、子供たちが一緒に遊んでいる共通の中庭の周りに住宅がどのように建設されたか、子供たちを見守りながら隣人と一緒に喫煙やお茶を飲みながら。

誰もが知り合ったソーシャルな場所でした。それは、女性が共通の井戸の周りで服を洗って、隣人と噂を交わした場所でした。現在、このような場所は、人々が隣人から隔離されている郊外に置き換えられ、子供たちは以前のように他の人と遊ぶことはありません。これはエンターテインメントと同じことです。私はアフリカではかなりの時間、さまざまな国で働いており、田舎の遠隔村のアフリカ人は本当に素晴らしいエンターテイメントを作っていることを知っています。バオラフォン、ギタープレイヤー、歌手、ダンサーがいて、バオバブの木の下で一晩中村全体を歓迎することができます。

私は村人たちを笑わせるシンバルを叩いて火のまわりで彼らの踊りに参加することさえできました。彼らには自宅で作られたギターを弾いている間に話をした村の看守がいました。それは人々に魅了させた。彼らには、羽毛の服を着た男性やそのような外套の下に隠された鳥のような鳴き声で、シャーマンだけが理解し解釈することができるように踊っていました。彼らはプロンプトを必要とせず、即興の歌や物語を作り上げることができる主なエンターテイナーでした。自由だったので誰でも参加することができました。しかし、都市の人々は違っています。

彼らは自己中心的で、ばかげています。私たちは、郊外の大きな家に住み、素晴らしい車を運転し、60インチの湾曲した4G HDTVを購入することを可能にする良い給与を獲得するより高い生活水準を開発する過程で徐々に遠くの村に住む貧しいアフリカ人がまだ持っている私たちの社会的性質を失ってしまった。この世界のほとんどの人がまだ貧しく、私が書いたような贅沢はないが、半分のチャンスが与えられれば、彼らは急いで社会生活を捨て、彼らの理想である中産階級に飛び乗るだろう。

誰も新しい改宗者よりも熱心な人はいませんが、それは中産階級に加わり、非社会的、傲慢、自己愛的になり、その過程で彼らの魂を失う貧しい人々のためにも行きます。それはあなたが健康に悪いことを知っているので、ファーストフードを食べるようなものです。健康でうまくいくので、健康に悪いと知っています。将来はどうですか?私たちが変わらない限り、私たちが現在住んでいる社会を考えると、劇的に私たちの価値観。他人のための共有、気遣い、そして気持ちがもはやファッショナブルではなくなったとき、昔のように人々がいかに一緒に来て楽しむことができるかを見るのは難しいです。

それが好きかどうかは私たちに即時の満足をもたらすガジェットフリークにはなりません。今日はそれが私の電話または私は何かをパッドしたり、明日はZパッドかZの電話かもしれない。古いものを作る市場の場所でポップアップを続けるガジェットには終わりがありません

即座に廃止されました。 8曲を覚えていますか?彼らは今どこにいるのですか?すぐにおもちゃに飽きて壊れた唯一の子供のためのおもちゃで部屋を満たしているようなものです。彼はおもちゃや小道具で育つが、地域社会に住む貧しい子供たちと共有することは決して学ばない。彼はそれらを知らず、気にもしません。

彼が成長すると、彼はさらに自己中心的で利己的になります。私が米国に住んでいたとき、私は何人かの自我的な人々がどのように見ているのですか。まともな人ではないことを誰も教えてくれなかったので、彼らは大人として嫌な行動を起こしました。両親はおそらく責任を負っているのかもしれないし、人を良い人にしてくれる良質の価値を開発するよりも物事を価値あるものにしているのはおそらく社会全体であろう。

エンターテインメントは、ヒステリックに笑うのは恥ずかしいことではありませんでしたが、今は笑って他人の会社を楽しむことはもはやファッショナブルではないようです.1人の女性が小さな町のどこかの英国のパブに行き、ギネスのビールを注文しました。場所には、葬儀屋のように馬鹿げて飲み物を着た人々がいっぱいで、誰もその女性を見ていませんでした。あなたは誰かを見て自分のビジネスに気を配ってはいけないので、女性は自分自身を笑い始め、氷を壊すように立ち上がった。

ねえ、みんな!彼女は、私は、人々が見知らぬ人に挨拶して飲み物を提供している別の国出身だと言った。あなたの人は何が間違っていますか?なぜあなたは恐れて何を恐れているのですか?次に起こったことを知っていますか?何人かの人々は笑い始め、開いて、彼女と一緒に座るように誘った。まもなく他の人たちが参加し、誰もがみんなをトーストしてすぐに話しました。それで、彼らは今、彼らの殻から出て、他人と混合したり、見知らぬ人と冗談や話を分かち合って楽しんでいることが分かります。

それはエンターテイメントと同じですので、あなたのガジェットを捨てて、人に微笑んで、友達を作り、一緒に楽しく過ごすように招待します。あなたはすぐにガジェットより楽しく面白いことを学びます。

 

 

 
Shutten: Gūguru no shashin watashitachi ga kodomo no koro wa, watashitachi no gakkō de entāteinmento-ryō to shite tsuki 25-sento o shiharawanakereba narimasendeshita. Shūmatsu ni ban wa watashitachi no gakkō no asobiba ni kite, 2-ri no take no hashira no ma ni harimegurasa reta ōkina beddoshītsu ni eisha-ka ga shimeshita chārī chappurin to Laurel hādi no eiga o nesshin ni matte imashita.

Watashitachiha beddoshīto no ryōsoku ni suwari, chappurin ga hidarite ka migite o tsukatte iru ka dō ka ki ni shimasendeshita. Nazenara, dochira ka to iu to totemo omoshirokattashi, Laurel to hādi no waraigoe ga watashitachi no i ga itamu made waratte itakaradesu. Pīnattsu no urite wa,-go de seisō shinakereba naranakatta kanrinin no hisan-sa no yōna toki ni gōon no bijinesu o shimashitaga, watashitachi wa tanoshī kodomodeshita.

Watashitachi ni wa kōsoku ga arimasendeshita. Sensei mo kōnā ni suwatte shō o tanoshinde imashita. Watashi wa mata, Pooja fesutibaru no ma ni amachua no haiyū ya joyū-tachi ga enjita dorama o miru tame ni, hokanohito to issho ni hitobanjū okite iru koto o oboete imasu. Karera wa watashitachi no komyuniti ni sunde ite, ikutsu ka wa kanren shite itanode, sorera wa subete kazoku no daijina monodeshita.

Setto to settei wa kihon-tekina mono de, haiyū-tachi ga jibun no rain o oboete inai tame, puronputā no ura ni kakurete iru puronputā ga kikoete, purofesshonaru ga puronputo o dashite puronputo o dasu koto ga dekimashita. Puronputā ga nanika o iu koto ga deki, mazushī haiyū-tachi ga jōdan ga karera no ue de ensō sa rete ita koto o shirazu ni sore o kurikaesunode, totemo omoshirokattadesu.

Watashitachiha waraigoe de koe o kake, i o sasaenagara jimen ni korogatta. Watashi wa shibashiba kāten no rōpu o motte ite, sore o mochiageru tame ni subete no watashi no chikara de sore o hippatta ka, raito ga hikiyoseta konchū o furimawashite iru shīn ga hitsuyōnanode sore o hōki shimashitaga, sore wa totemo tanoshī monodeshita. Chōshū ga dorama ni kanzen ni kyūshū sa rete iru ma ni, rōjin ga ōgoe de ikatteiru aru yoru, dorama ni shinkokuna bamen ga arimashita.

Subete no jigoku wa yurunde butai no mazushī on’nanoko wa shinkokuna shīndattanode waratte inai koto ga hisshi ni shite mimashita. Ushiro no darekaga rōjin ni, gurandopa ga jibun no kōdō o shite iru to tsugeru. Hitobito wa waraigoe de sakenda. Tōji wa hontō no entāteimentodeshita. Sutēji ni hanekaesshiro o nura re, itsumo ni suwatte hijō ni itazurana kodomo-tachi no hiza no ue ni jōriku shitaga hi-ge o hayashita otoko wa kishō no fitto-kan ni tamago o nageru koto ni natte ita basho o saisei shite iru shūkyō-tekina doramadeshitaga, soreha gomubōru ni nattara furonto.

Chūcho shinaide, karera wa bōru o pikkuappu shi, sutēji ni modotte sore o nageta ojīsan wa koko ni ojīchan o sakende imasu. Ā! Watashi wa mada kako ni tsuite kangaete warau hodo tanoshī kotodeshita. 50-Nen mae no otokonokotoon’nanoko wa majiri atte inakattanode, otokonoko wa on’nanoko to on’na no fuku o chakuyō shi, danjo wa on’nanoko no fuku o kitanode, dansei wa nuigurumi no burajā o kite totemo omoshiroku miemashita. On’nanoko-tachi wa otokonoko no yō ni mieru yō ni mune o taira ni shinakereba naranakattaga, watashitachi wa sorera o subete shiri, tanoshinda.

Tōji no terebi wa nakattanode, watashitachi no yuiitsu no ongaku-gen wa watashitachi no furui reimondorajiodeshita. Kasettopurēyā, CD, DVD purēyā ga tōjō suru no wa zutto maedesu. Dare mo sono yōna oto o kiita koto ga nakattanode, watashi wa ie no soto de tomatta hitobito ga kiku tame ni gaikoku kara saisho no sutereo o motte kimashita. Dorubī no saundo to sutereo ni yoru ongaku no mirai wa, senmeide meiryōde subarashī saundo de nan-jikan mo saisei dekiru CD wa mochiron, imadani shira rete imasendeshita. Ā,-sōdesu.

Mukashinagara no bunpō ga arimashita. Darekaga rekōdo o purei suru tame ni te de kuranku sa renakereba naranakatta mono o motte imashitaga, rekōdo ga shōshō saisei sa reru tabi ni, hari wa hijō ni hayaku shōmō shita tame kōkan shinakereba narimasendeshita. Watashitachiha, toge ga shigoto o suru koto mo dekiru to jōdan o itte imashita. Rekōdo wa 3-funkan shika ensō sa rezu, sore ga watashitachi ga daisukina monogatari ya yūrei monogataridattara, pāto B o kiku tame ni hikkurikaesanakereba naranakatta.

Supīdo ga ochi hajimeru to, watashitachiha kurutte shimai, namida ga deru made waratta. Sonogo, 33 rpm de no chōjikan no ensō to Sutereosaundo ga demashita. Supindoru ni 6-mai no rekōdo o tsumikasaneru to, hitorihitori ga ochite kite, kandō-tekina hitobito no tame ni kanari no jikan sorera o ensō shimashita. Kono toki made ni kasettopureiyā wa ippan-tekideshitaga, u~ōkuman sutereo ga dōnyū sa reta bakari no node, hitobito wa iyahon de saundo o aishite imashita.

Oto no shinka ga tsudzuki, 20 kyoku o ensō suru koto ga dekiru CD ga e raremashitaga, sore wa mada naganen no kotodeshita. Shikashi, watashi ga kaite iru entāteimento wa, omoshiroi eiga ya haiyū ga gyō o wasureta dorama o mite iru yōna shakai-tekina monodeshita. Sore wa tanin to issho ni tanoshimubeki monodeshita. Ima dewa, jitaku de tandoku de DVD o mi tari, ryokō-chū ya kōen ni suwatte iru toki ni atama no denwa de ongaku o kii tari suru entāteinmento o tanoshimu, hijō ni riko-tekina narushishizumu-tekina hōhō ni ochite imasu.

Kono gijutsu wa, sugureta oto to eizō o ippan no hitobito no te ni watashimashitaga, tasha no entāteinmento no yorokobi o torinozokimashita. Hitobito wa yori jiko chūshin-tekide kodoku ni natte imasu. Kyūshiki no opera ya dorama wa kanzen ni kiete imasen. Watashi wa Bengaru no mura de okonawa reta dorama de, shūkaku no kisetsu ni tsudzuite, nōka ga okane o motte ita toki o shitteita ryokō gurūpu ni yotte totemo omoshirokattadesu. Karera wa karera no shinpo shita mura ni arawareta Chīmu wa kyodaina tento, raito, saundo shisutemu o setchi shi, hatsudenki ni mochikomi, furīrōdā o mamoru tame ni saku o tsuketa.

Karera no dorama wa, nōfu ga kantan ni rikai shite waratta waisetsuna jōku de michite ite, karera to kazoku no tame no entāteimentodattanode, kaijō ni iku tame ni tōkumade aruite ita. Korera no junkai gurūpu wa, mura kara mura no omoshiroi hitobito ni idō shi, sono katei de okane o kasegu tame no isogashī sukejūru o motte imashita. Watashitachi no machi ni gurūpu ga araware, sutēji to raito o settei shita sensō-chū, Betonamu de onaji koto ga mi raremashita.

Karera wa anata no rō to shinbaru de sono yōna raketto o tsukuttaga, sore wa anata ga rōsha ni naru kamo shirenaiga, hitobito wa karera no uta to odori o ōini tanoshinda. Tokidoki, haiyū-tachi wa, nise no hi-ge ya kuchihige o ushinaimashitaga, sugu ni sore o hirotte sore o oku koto ga arimashita. Daremoga waratte, shibaraku wasurete shimatte, hidoi sensō ga tsudzuite ite, B – 52-tachi ga doko ka de bakudan o otoshite iru no o kiku koto ga dekimashita.

Watashi wa entāteimento to iu kangae zentai ga, ichiji-tekideatte mo fantajī sekai ni sunde ita to omoimasu. Yononaka wa subete no mondai o kakaete ikite iru. Watashitachi wa onaji riyū de eiga ni ikimasu. Watashitachiha, 3 gaidate no haisukurīn no mabushii iro de mieru shīn wa, nisemonodeari, konpyūta de tsukura rete iru koto o shitte imasuga, omoshiroikara ki ni shimasen. Kuruma no tsuiseki wa jissai ni wa surōmōshon de okonawa re, sore ga hayai tsuisekidearu to iu inshō o ataeru. Haiyū to joyū wa parupu ni nagurareru ga, soreha nise no ketsuekideari, jissai ni wa kizutsuku koto wa naiga, akushon no suriru wa watashitachi o seki ni tsukete kureru.

Shikashi, watashitachi wa genzai, mayu ni sunde iru. Tanin to no shiawase. Anata no ushiro no darekaga hokanohito o nayamasu geitaidenwa de hanashi hajimeru to, watashitachi wa hidoku meiwaku ni narimasu. Watashitachiha gunshūdeatte mo puraibēto ni naritai to omotte ite, hokanohito ga puraibētosupēsu ni shin’nyū sureba okotte shimaimasu. Watashitachi ga hokanohito to yaritori suru hōhō ni ōkina henka ga okotte iru koto wa wakatte imasu.

Chūgoku no ikutsu ka no chiiki de furui chiiki o mitsukeru koto ga dekireba, kodomo-tachi ga issho ni asonde iru kyōtsū no nakaniwa no mawari ni jūtaku ga dono yō ni kensetsu sa reta ka, kodomo-tachi o mimamorinagara rinjin to issho ni kitsuen ya ocha o nominagara. Daremoga shiriatta sōsharuna bashodeshita. Sore wa, josei ga kyōtsū no ido no mawari de fuku o aratte, rinjin to uwasa o kawashita bashodeshita. Genzai, kono yōna basho wa, hitobito ga rinjin kara kakuri sa rete iru kōgai ni okikae rare, kodomo-tachi wa izen no yō ni hokanohito to asobu koto wa arimasen.

Kore wa entāteinmento to onaji kotodesu. Watashi wa Afurika dewa kanari no jikan, samazamana kuni de hataraite ori, inaka no enkaku-mura no Afurika hito wa hontōni subarashī entāteimento o tsukutte iru koto o shitte imasu. Baorafon, gitāpureiyā, kashu, dansā ga ite, baobabunoki no shita de 一晩中村全体 O kangei suru koto ga dekimasu. Watashi wa murabito-tachi o warawaseru shinbaru o hataite hi no mawari de karera no odori ni sanka suru koto sae dekimashita.

Karera ni wa jitaku de tsukura reta gitā o hiite iru ma ni hanashi o shita mura no kanshu ga imashita. Sore wa hitobito ni miryō sa seta. Karera ni wa, umō no fuku o kita dansei ya sono yōna gaitō no shita ni kakusa reta tori no yōna nakigoe de, shāman dake ga rikai shi kaishaku suru koto ga dekiru yō ni odotte imashita. Karera wa puronputo o hitsuyō to sezu, sokkyō no uta ya monogatari o tsukuriageru koto ga dekiru omona entāteinādeshita. Jiyūdattanode dare demo sanka suru koto ga dekimashita. Shikashi, toshi no hitobito wa chigatte imasu.

Karera wa jiko chūshin-tekide, bakagete imasu. Watashitachiha, kōgai no ōkina ie ni sumi, subarashī kuruma o unten shi, 60-inchi no wankyoku shita 4 G HDTV o kōnyū suru koto o kanō ni suru yoi kyūyo o kakutoku suru yori takai seikatsu suijun o kaihatsu suru katei de jojoni tōku no mura ni sumu mazushī Afurika hito ga mada motte iru watashitachi no shakai-teki seishitsu o ushinatte shimatta. Kono sekai no hotondo no hito ga mada mazushiku, watashi ga kaita yōna zeitaku wa naiga, hanbun no chansu ga atae rarereba, karera wa isoide shakai seikatsu o sute, karera no risōdearu chūsan kaikyū ni tobinorudarou.

Dare mo atarashī kaisōsha yori mo nesshin’na hito wa imasenga, soreha chūsan kaikyū ni kuwawari, hishakaiteki, gōman, jiko ai-teki ni nari, sono katei de karera no tamashī o ushinau mazushī hitobito no tame ni mo ikimasu. Sore wa anata ga kenkō ni warui koto o shitte irunode, fāsutofūdo o taberu yōna monodesu. Kenkōde umaku ikunode, kenkō ni warui to shitte imasu. Shōrai wa dōdesu ka?

Watashitachi ga kawaranai kagiri, watashitachi ga genzai sunde iru shakai o kangaeru to, gekiteki ni watashitachi no kachikan. Tanin no tame no kyōyū, kidzukai, soshite kimochi ga mohaya fasshonaburude wanaku natta toki, mukashi no yō ni hitobito ga ikani issho ni kite tanoshimu koto ga dekiru ka o miru no wa muzukashīdesu. Sore ga suki ka dō ka wa watashitachi ni sokuji no manzoku o motarasu gajettofurīku ni wa narimasen.

Kyō wa sore ga watashi no denwa matawa watashi wa nanika o paddo shi tari, ashita wa Z paddo ka Z no denwa kamo shirenai. Furui mono o tsukuru ichiba no basho de poppuappu o tsudzukeru ga jetto ni wa owari ga arimasen
Sokuza ni haishi sa remashita. 8 Kyoku o oboete imasu ka? Karera wa ima doko ni iru nodesu ka? Sugu ni omocha ni akite kowareta yuiitsu no kodomo no tame no omocha de heya o mitashite iru yōna monodesu.

Kare wa omocha ya kodōgu de sodatsuga, chiiki shakai ni sumu mazushī kodomo-tachi to kyōyū suru koto wa kesshite manabanai. Kare wa sorera o shirazu, ki ni moshimasen. Kare ga seichō suru to, kare wa sarani jiko chūshin-tekide riko-teki ni narimasu. Watashi ga Beikoku ni sunde ita toki, watashi wa nan’ninka no jiga-tekina hitobito ga dono yō ni mite iru nodesu ka. Matomona hitode wanai koto o dare mo oshiete kurenakattanode, karera wa otona to shite iyana kōdō o okoshimashita.

Ryōshin wa osoraku sekinin o otte iru no kamo shirenaishi, hito o yoi hito ni shite kureru ryōshitsu no kachi o kaihatsu suru yori mo monogoto o kachiaru mono ni shite iru no wa osoraku shakai zentaidearou. Entāteinmento wa, hisuterikku ni warau no wa hazukashī kotode wa arimasendeshitaga, ima wa waratte tanin no kaisha o tanoshimu koto wa mohaya fasshonaburude wa nai yōdesu. 1-Ri no josei ga chīsana machi no doko ka no Igirisu no pabu ni iki, ginesu no bīru o chūmon shimashita.

Basho ni wa, sōgi-ya no yō ni bakagete nomimono o kita hitobito ga ippai de, dare mo sono josei o mite imasendeshita. Anata wa dare ka o mite jibun no bijinesu ni ki o kubatte wa ikenainode, josei wa jibun jishin o warai hajime, kōri o kowasu yō ni tachiagatta. Nē, min’na! Kanojo wa, watashi wa, hitobito ga mishiranu hito ni aisatsu shite nomimono o teikyō shite iru betsu no kuni shusshinda to itta. Anata no hito wa nani ga machigatte imasu ka?

Naze anata wa osore tenani o osorete iru nodesu ka? Tsugini okotta koto o shitte imasu ka? Nan’ninka no hitobito wa warai hajime, aite, kanojo to issho ni suwaru yō ni sasotta. Mamonaku hokanohito-tachi ga sanka shi, daremoga min’na o tōsuto shite sugu ni hanashimashita. Sorede, karera wa ima, karera no kara kara dete, tanin to kongō shi tari, mishiranu hito to jōdan ya hanashi o wakachi atte tanoshinde iru koto ga wakarimasu. Sore wa entāteimento to onajidesunode, anata no gajetto o sutete, hito ni hohoende, tomodachi o tsukuri, issho ni tanoshiku sugosu yō ni shōtai shimasu. Anata wa sugu ni gajetto yori tanoshiku omoshiroi koto o manabimasu.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中