Suleiman the tailor (in Japanese)

テイラーのスレイマン

tailor-hardware-zone_1421313918_725x725

出典:Googleの写真

私たちが育っていた間、彼は私たちのテーラーでした。同じ服のボルトからシャツとショートパンツを作った人は、同様に服を着たように見えました。彼はまた、ボタンの穴を小さくして、急いでボタンやボタンを外しにくくしました。私たちは子供たちがいつも急いでおしっこしていたので、小さなボタンの穴が呪われていました。これは、ジッパーが発明されていないか、スレイマンがそれについて知りませんでした。

彼は急いでお祭りの前に新しい服を準備するように彼に嘆願しなければならなかったが、彼は彼が彼の最善を尽くし、私たちすべてを非常に緊張させる時間のニックで配信すると述べたので、 Poojaの間に私たちの新しい服を着ることができなかったら、それはどうしたのですか?

私の兄弟は年を取って成長したので、彼らは似ているのが好きではなかったので、自分たちのスタイルの服と長いズボンを好みましたが、私は彼らの背後にありましたので、Suleimanは小さなボタンホールで私の服をやっています。後で私は自分のスタイルを選んで、その大学時代に私たちがバタージーンズと呼んでいた白いジーンズの長いズボンを作ることができる人を仕立てました。

私たちは大学生が私たち自身のドレスコードを持っていたので、それは大学では必要ではありませんでした。当時、光沢のある黒いベルトと黒い靴を持つ白いシャツと白いバターのジーンズパンツはスタイリッシュだと思っていました。白いバターのジーンズは最初は少し黄色かったが、洗濯をした後は白く柔らかくなっていたので本当に着て良かった。それはすべて純粋な綿でできていた。ナイロン、ポリエステル、レーヨンなどのファブリックが登場しましたが、合成繊維は流行していませんでしたが、コストがかかりました。

その後、綿は、ナイロン、ナイロン、羊毛と混在し、高価だったが、非常に素晴らしく上品に見えた多くのそのような混ざった織物と混じって来ました。インドの繊維業界は世界クラスで、世界でも最高級の繊維製品を生産しています。そのため幅広い品揃えと色を選ぶことができます。

あなたが時間を押されていない場合、あなたのために非常にまともな服を作ることができるあなたの近所のテーラーを見つけることができます。誰も既製の服を買ったわけではないので、私たちは皆、テーラーメイドの服を着ていたので、今日は贅沢です。

女性たちはサリを身に着け、彼らはテーラーに行く必要はありませんでした。彼らは自宅で自分のブラウスとペチコートを作ったが、サリーに卒業していない若い女の子たちは、彼らのために作ったシャルワールとクルタをまだ必要としていた。彼らは母親が自宅で彼らのために作った学校制服のように、特定の年齢まで服を着た。彼らの下着はまた私達のような母親または姉妹によって家で作られました。私は自分自身を作ることさえ学んだ。

その後、既製の服が来ました。どんな色でも、どんなサイズのファブリックでも見つけることができました。ゆっくりと人々が購入し始めたので、すぐに入手できました。 1つはSuleimansをもう待つ必要はありませんでした。また、人々は今より多くのお金を持っていて、すぐに服を買うのがとても便利だと分かった。あなたがしなければならなかったのは、正しいサイズとフィット感を得ることでした。

女性たちは、彼らによく合いスタイリッシュなファンシーパンティーとブラジャーを買うことが初めて学びました。誰がスタイリッシュにしたくないですか?魅惑的な一瞥を引き付けるのは、華麗な服を着た人の誇りです。教育はどこにでも広がっており、仕事を得る機会が増えたため、女性は非常に多くの労働力を出していました。

そこで、彼らはパンツとTシャツをカジュアルなドレスやshalwar kurtaとして着用し始めました。サリは特別な行事や家庭での簡単な着こなしに踏み切られましたが、それは村や小さな町では伝統的な服です。

私はいつも人々が実用性の関数として自分の服を選ぶと思うので、そのスタイルを追加することができれば人気のモードになります。働く女性は、人力車のスポークや事故の原因となるバスのハンドルに引っ掛かってしまったので、サリを履くのは難しいと感じました。私の妻は、シルクサリーが私のモペットの鎖に巻き込まれた時、一度は悪い経験をしましたが、私はそれを止めて解くほど速かったです。サリは台無しだったが、彼女は安全で負傷していなかった。

だから、私は、多くのテイラーを失業させたスタイルや既製の衣服の進化を見てきました。

私が1968年にフィリピンに来たとき、私は仕立て屋に行き、短時間で非常にうまく仕立てられた服を手に入れることができました。彼らは目立つように表示された価格タグで選択するファブリックを満載したショーケースを持っていました。あなたは布と色を選び、彼にあなたの測定値を与えました。彼は数日で準備が整った。テーラーはあなたの測定結果を記録したので、次回に布を選ぶだけでした。

しかし、ここでも既製の服が引き継がれているので、実際には誰も仕立て屋に行くことはありません。あなたが手頃な価格で何かを買うことができる多くの豪華なショッピングモールがあります。目立つ色とスタイルとサイズの署名服は豊富にあります。あなたは価格を支払うだけです。それはthですこれはインド全土で市場を供給するための衣類を生産する世界的な産業を生み出しました。特に、貧しい国々では何百万人もの雇用を創出していますが、以前のブログで書いた搾取もあります。

中国はこの巨大な産業の最前線に位置していますが、バングラデシュ、カンボジア、ベトナム、フィリピンのような多くの国が輸出衣服を生産しています。私の妻はフィリピンがハイチでパンティーとブラを作ったのを楽しみにしていました。私たちは輸出市場向けにフィリピン人の監督下で服を着たハイチのポート・プリンスにある工場を訪問しました。二番目の手衣類の津波:今は二番目の服の時代になりましたが、貧しい人々に寄付として始めました。

アフリカやその他の地域で自然災害が発生したため、衣料品や靴を寄付するために、より豊かな国の人々に訴えがかけられました。そのような寄付は他の場所で売却されることが多く、そのため巨大なビジネスが成長しました。なぜなら、人々は礼儀正しくなく、寄付された服からお金を稼ぐからです。そのような衣服の巨大なコンテナの荷物は、多くの国に流用され、腐敗した税関の人々が利益のシェアを取って、これらのコンテナの荷物を服から解放する。

そして、貧しい人々が低コストでそれらを購入できる市場で公然と売却される。彼らはここフィリピンでukay ukayと呼ばれていますが、あなたはどこにいてもそのような服を見つけることができます。泥棒の市場と呼ばれるローマには、ニュージーランドやオーストラリアの新しい価格それは300ドルを超える。彼らはどこかで貧しい人々のために寄付されるはずだったので、ローマの市場ではどうやって終わるのだろうか?コンテナは服の梱包に隠された薬を隠すためにも使われているが、それは別の問題だ。

犯罪者は、常にこのような迅速なお金を稼ぐ方法を探しています。彼らは税関の人々に賄賂をするだけです。アメリカでは、救世軍によって運営される店舗があります。そこでは、服、靴、スーツケースなどをさまざまなものの中から非常に安く購入することができます。私は手作りの服から仕立てられた服まで、既製の服まで、ただ一つの世代の変化を見てきました。人々は、時間の要求と緊急性に追いつくために、自分の好みを変えます。あなたは、特別な機会を除いて、美しい伝統的な着物を着た日本の女性を見るのは難しいでしょう。

現在では、どこでも教育された若者の現在の時代を定義する快適で実用的でスタイリッシュな服に重点を置いています。メディアとファッション:誰も映画やテレビ番組の影響を否定することはできません。彼らはスタイリッシュだと思っているので、女優が着ている大胆な服を模倣するでしょう。突っ込んでいるネックラインと上がっている裾ラインがファッションであれば、それはそうです。細断された膝を持つ退色したジーンズがファッションなら、女性はそれを手に入れたり、ブレードを得てジーンズを細断する。

彼らの胃を裸にしている短いブラウスがスタイルの場合は、多くの裸の中間セクションを見始めるでしょう。デザイナーとメーカーはすぐに棚を埋めるためにジャンプします。ファッションはいつもどこでも流行っているので、急速に変わることができるので、太陽が輝いている間に乾草を作ることができます。また、このケースでは、一時的な収入を得ることができます。私は、子供の頃は私たちのテーラーであった貧乏人Suleiman大部分の国で既製服の新しい世界に成長し、調整されています。今フィリピンのテーラーたちは、高校時代に制服を必要とする学生のために服を着ています。

私はそれがどこでも同じトレンドだと思うので、高級な仕立てはSavile Rowスーツやネールスタイルのジャケットを買う余裕がある人に限定されています。普通の人々はそれらを買う余裕がないので、最近は轟音のビジネス。あなたは交渉のスキルやリーバイスを数ドルで偽装することによって、香港でグッチバッグを10ドル以下で購入することができます。それらのジーンズがただ一つの洗濯の後にあなたに合わないかもしれないので、詐欺師を見守ってください。

あなたはあなたが支払ったものを手に入れるので、速い色がまったく速くないかもしれません。そのため、ブリーフケースであなたのホテルの部屋に来るテーラーがいます。 24時間以内に測定し、スーツやコートなどを配達します。彼らの価格は交渉可能ですが、あなたが一日のうちにあなたに合っているという保証はありませんが、あなたは次の日を去っていることを知っているこれらの詐欺師のあらゆる種類の保証を受け取ります。

私はとても面白いと感じました。彼の長いkaftanガウンには、かつてはアフガニスタンの巡回業者がいました。インドの人々は彼らをKabuliwallahsと呼んだ。彼はある日、私たちのコミュニティで、商品がいっぱいの巨大なバッグを見せて、サイド・ウォークでそれらを広げて販売しました。彼の最も悪名高いアイテムは、耐火性で速い色と最高品質のイギリス製であると主張した布のボルト聖書を引用して評判を得て人々に感銘を与えました。

彼らはどこにでも耐火布を見たことがなかったので、彼らは熱心に詐欺師が供給した証拠を望んでいた。彼は布に精神の小さなコーティングをスプレーし、それを点灯した。それは数秒間焼き付けられた後、Kabuliwallahが火を放つ前に火を放つので、人々は火が唯一のものではなく精神だけを燃やしたことを知らずに人々に感銘を与えた布に火の痕跡を残さずに放置されました。だから誰かが彼のためにスーツを作るためにそれの数メートルを買いました。そして、騙された私の兄は簡単に彼のズボンのための作品で帰ってきました。

あなたは新しいパンツが洗われたときに顔を見ていたはずで、子供がいなくてもズボンを収縮させると色がすべて消えてしまったはずです。巡回商人は、ずっと前に騙されていた、 。私の弟がパンツのためだけに買ったのは良いことです。私は偽の衣服、偽のロレックスの腕時計、偽のRayban、偽のGucci、偽物があります。人々は無知や貪欲、あるいはその両方からそれらを買います。ローマのテルミニ(Termini)から出て、あなたがこれらの詐欺師たちを見に行くところです。いずれにせよ、主題はスレイマンです。私は彼と結論づけます。

彼は年を取って成長し、いつか彼は私の父を見に来たときに曲がっていた。彼は、彼の目が、彼が引退したので、彼の貿易で続行するのに十分ではなかったと言った。彼は、今日のほとんどの人が既製の服を買ったので、彼のような仕立て人は必要ないと言った。彼は人口動態の変化の犠牲者であり、衣服の新しい味があるので、この世界のSuleimansは現在死んでいる。私は彼を恋しく思う。
Teirā no sureiman shutten: Gūguru no shashin watashitachi ga sodatte ita ma, kare wa watashitachi no tērādeshita. Onaji fuku no boruto kara shatsu to shōtopantsu o tsukutta hito wa, dōyō ni fuku o kita yō ni miemashita. Kare wa mata, botan no ana o chīsaku shite, isoide botan ya botan o hazushi nikuku shimashita.

Watashitachiha kodomo-tachi ga itsumo isoide oshikko shite itanode, chīsana botan no ana ga norowa rete imashita. Kore wa, jippā ga hatsumei sa rete inai ka, sureiman ga sore ni tsuite shirimasendeshita. Kare wa isoide omatsuri no mae ni atarashī fuku o junbi suru yō ni kare ni tangan shinakereba naranakattaga, kare wa kare ga kare no saizen o tsukushi, watashitachi subete o hijō ni kinchō sa seru jikan no Nikku de haishin suru to nobetanode, Pooja no ma ni watashitachi no atarashī fuku o kiru koto ga dekinakattara, soreha-dōshita nodesu ka?

Watashi no kyōdai wa toshi o totte seichō shitanode, karera wa nite iru no ga sukide wa nakattanode, jibun-tachi no sutairu no fuku to nagai zubon o konomimashitaga, watashi wa karera no haigo ni arimashitanode, Suleiman wa chīsana botanhōru de watashi no fuku o yatte imasu. Atode watashi wa jibun no sutairu o erande, sono daigaku jidai ni watashitachi ga batājīnzu to yonde ita shiroi jīnzu no nagai zubon o tsukuru koto ga dekiru hito o shitatemashita.

Watashitachiha daigakusei ga watashitachi jishin no doresukōdo o motte itanode, soreha daigakude wa hitsuyōde wa arimasendeshita. Tōji, kōtakunoaru kuroi beruto to dākubūtsu o motsu shiroi shatsu to shiroi batā no jīnzupantsu wa sutairisshuda to omotte imashita. Shiroi batā no jīnzu wa saisho wa sukoshi kiirokattaga, sentaku o shita nochi wa shiroku yawarakaku natte itanode hontōni kite yokatta. Sore wa subete junsuina wata de dekite ita. Nairon, poriesuteru, rēyon nado no faburikku ga tōjō shimashitaga, gōsei sen’i wa ryūkō shite imasendeshitaga, kosuto ga kakarimashita.

Sonogo, wata wa, nairon, nairon, yōmō to konzai shi, kōkadattaga, hijō ni subarashiku jōhin ni mieta ōku no sono yō na mazatta orimono to majitte kimashita. Indo no sen’i gyōkai wa sekai kurasu de, sekai demo saikōkyūno sen’i seihin o seisan shite imasu. Sonotame habahiroi shina soroe to iro o erabu koto ga dekimasu. Anata ga jikan o osa rete inai baai, anata no tame ni hijō ni matomona fuku o tsukuru koto ga dekiru anata no kinjo no tērā o mitsukeru koto ga dekimasu.

Dare mo kisei no fuku o katta wakede wanainode, watashitachi wa mina, tērāmeido no fuku o kite itanode, kyō wa zeitakudesu. Josei-tachi wa Sari o mi ni tsuke, karera wa tērā ni iku hitsuyō wa arimasendeshita. Karera wa jitaku de jibun no burausu to pechikōto o tsukuttaga, sarī ni sotsugyō shite inai wakai on’nanoko-tachi wa, karera no tame ni tsukutta sharuwāru to kuruta o mada hitsuyō to shite ita.

Karera wa hahaoya ga jitaku de karera no tame ni tsukutta gakkō seifuku no yō ni, tokutei no nenrei made fuku o kita. Karera no shitagi wa mata watashitachi no yōna hahaoya matawa shimai ni yotte ie de tsukura remashita. Watashi wa jibun jishin o tsukuru koto sae mananda. Sonogo, kisei no fuku ga kimashita. Don’na-shoku demo, don’na saizu no faburikku demo mitsukeru koto ga dekimashita. Yukkuri to hitobito ga kōnyū shi hajimetanode, sugu ni nyūshu dekimashita.

Itsu wa Suleimans o mō matsu hitsuyō wa arimasendeshita. Mata, hitobito wa ima yori ōku no okane o motte ite, sugu ni fuku o kau no ga totemo benrida to wakatta. Anata ga shinakereba naranakatta no wa, tadashī saizu to fitto-kan o eru kotodeshita. Josei-tachi wa, karera ni yoku ai sutairisshuna fanshīpantī to burajā o kau koto ga hajimete manabimashita.

Dare ga sutairisshu ni shitakunaidesu ka? Miwaku-tekina ichibetsu o hikitsukeru no wa, kareina fuku o kita hito no hokoridesu. Kyōiku wa doko ni demo hirogatte ori, shigoto o eru kikai ga fueta tame, josei wa hijō ni ōku no rōdō-ryoku o dashite imashita. Sokode, karera wa pantsu to tīshatsu o kajuaruna doresu ya shalwar kurta to shite chakuyō shi hajimemashita. Sari wa tokubetsuna gyōji ya katei de no kantan’na kikonashi ni fumikira remashitaga, soreha mura ya chīsana machide wa dentō-tekina fukudesu.

Watashi wa itsumo hitobito ga jitsuyō-sei no kansū to shite jibun no fuku o erabu to omou node, sono sutairu o tsuika suru koto ga dekireba ninki no mōdo ni narimasu. Hatarakujosei wa, jinrikisha no supōku ya jiko no gen’in to naru basu no handoru ni hikkakatte shimattanode, Sari o haku no wa muzukashī to kanjimashita. Watashi no tsuma wa, shirukusarī ga watashi no mopetto no kusari ni makikoma reta toki, ichido wa warui keiken o shimashitaga, watashi wa sore o tomete hodoku hodo hayakattadesu. Sari wa dainashidattaga, kanojo wa anzende fushō shite inakatta.

Dakara, watashi wa, ōku no teirā o shitsugyō sa seta sutairu ya kisei no ifuku no shinka o mitekimashita. Watashi ga 1968-nen ni Firipin ni kita toki, watashi wa shitateya ni iki, tanjikan de hijō ni umaku shitate rareta fuku o te ni ireru koto ga dekimashita. Karera wa medatsu yō ni hyōji sa reta kakaku tagu de sentaku suru faburikku o mansai shita shōkēsu o motte imashita. Anata wa nuno to iro o erabi, kare ni anata no sokutei-chi o ataemashita. Kare wa sūjitsu de junbi ga totonotta.

Tērā wa anata no sokutei kekka o kiroku shitanode, jikai ni nuno o erabu dakedeshita. Shikashi, koko demo kisei no fuku ga hikitsuga rete irunode, jissai ni wa dare mo shitateya ni iku koto wa arimasen. Anata ga tegorona kakaku de nanika o kau koto ga dekiru ōku no gōkana shoppingumōru ga arimasu. Medatsu iro to sutairu to saizu no shomei-fuku wa hōfu ni arimasu.

Anata wa kakaku o shiharau dakedesu. Sore wa thdesuKore wa Indo zendo de ichiba o kyōkyū suru tame no irui o seisan suru sekai-tekina sangyō o umidashimashita. Tokuni, mazushī kunigunide wa nan hyaku man-ri mo no koyō o sōshutsu shite imasuga, izen no burogu de kaita sakushu mo arimasu. Chūgoku wa kono kyodaina sangyō no saizensen ni ichi shite imasuga, Banguradeshu, Kanbojia, Betonamu, Firipin no yōna ōku no kuni ga yushutsu ifuku o seisan shite imasu. Watashi no tsuma wa Firipin ga Haichi de pantī to bura o tsukutta no o tanoshimini shite imashita. Watashitachiha yushutsu ichiba-muke ni Firipin hito no kantoku-ka de fuku o kita Haichi no pōto purinsu ni aru kōjō o hōmon shimashita.

Ni-banme no te irui no tsunami:

Ima wa ni-banme no fuku no jidai ni narimashitaga, mazushī hitobito ni kifu to shite hajimemashita. Afurika ya sonohoka no chiiki de shizen saigai ga hassei shita tame, iryō-hin ya kutsu o kifu suru tame ni, yori yutakana kuni no hitobito ni uttae ga kake raremashita. So no yōna kifu wa hoka no basho de baikyaku sa reru koto ga ōku, sonotame kyodaina bijinesu ga seichō shimashita.

Nazenara, hitobito wa reigi tadashikunaku, kifu sa reta fuku kara okane o kasegukaradesu. So no yōna ifuku no kyodaina kontena no nimotsu wa, ōku no kuni ni ryūyō sa re, fuhai shita Zeikan no hitobito ga rieki no shea o totte, korera no kontena no nimotsu o fuku kara kaihō suru. Soshite, mazushī hitobito ga tei kosuto de sorera o kōnyū dekiru ichiba de kōzen to baikyaku sa reru. Karera wa koko Firipin de ukay ukay to yoba rete imasuga, anata wa dokoni ite mo sono yōna fuku o mitsukeru koto ga dekimasu.

Dorobō no ichiba to yoba reru rōma ni wa, nyūjīrando ya ōsutoraria no atarashī kakaku sore wa 300-doru o koeru. Karera wa doko ka de mazushī hitobito no tame ni kifu sa reru hazudattanode, rōma no ichibade wa dō yatte owaru nodarou ka? Kontena wa fuku no konpō ni kakusa reta kusuri o kakusu tame ni mo tsukawareteiru ga, soreha-betsu no mondaida.

Hanzai-sha wa, tsuneni kono yōna jinsokuna okane o kasegu hōhō o sagashiteimasu. Karera wa Zeikan no hitobito ni wairo o suru dakedesu. Amerikadeha, kusegun ni yotte un’ei sa reru tenpo ga arimasu. Sokode wa,-fuku, kutsu, sūtsukēsu nado o samazamana mono no naka kara hijō ni yasuku kōnyū suru koto ga dekimasu. Watashi wa tedzukuri no fuku kara shitate rareta fuku made, kisei no fuku made, tadahitotsuno sedai no henka o mitekimashita.

Hitobito wa, jikan no yōkyū to kinkyū-sei ni oitsuku tame ni, jibun no konomi o kaemasu. Anata wa, tokubetsuna kikai o nozoite, utsukushī dentō-tekina kimono o kita Nihon no josei o miru no wa muzukashīdeshou. Genzaide wa, doko demo kyōiku sa reta wakamono no genzai no jidai o teigi suru kaiteki de jitsuyō-tekide sutairisshuna fuku ni jūten o oite imasu.

Media to fasshon:

Dare mo eiga ya terebibangu no eikyō o hitei suru koto wa dekimasen. Karera wa sutairisshuda to omotte irunode, joyū ga kite iru daitan’na fuku o mohō surudeshou. Tsukkonde iru nekku rain to agatte iru suso rain ga fasshondeareba, sore wa sōdesu. Hoso dan sa reta hiza o motsu taishoku shita jīnzu ga fasshon’nara, josei wa sore o te ni ire tari, burēdo o ete jīnzu o Hoso dan suru. Karera no i o hadaka ni shite iru mijikai burausu ga sutairu no baai wa, ōku no hadaka no chūkan sekushon o mi hajimerudeshou.

Dezainā to mēkā wa sugu ni tana o umeru tame ni janpu shimasu. Fasshon wa itsumo doko demo hayatte irunode, kyūsoku ni kawaru koto ga dekiru node, taiyō ga kagayaite iru ma ni hoshikusa o tsukuru koto ga dekimasu. Mata, kono kēsude wa, ichiji-tekina shūnyū o eru koto ga dekimasu. Watashi wa, kodomo no koro wa watashitachi no tērādeatta binbōnin Suleiman daibubun no kuni de kisei-fuku no atarashī sekai ni seichō shi, chōsei sa rete imasu.

Ima Firipin no tērā-tachi wa, kōkō jidai ni seifuku o hitsuyō to suru gakusei no tame ni fuku o kite imasu. Watashi wa sore ga doko demo onaji torendoda to omou node, kōkyūna shitate wa savu~irurō sūtsu ya nērusutairu no jaketto o kau yoyūgāru hito ni gentei sa rete imasu. Futsūnohitobito wa sorera o kau yoyū ga nainode, saikin wa gōon no bijinesu. Anata wa kōshō no sukiru ya rībaisu o sū-doru de gisō suru koto ni yotte, Honkon de gutchibaggu o 10-doru ika de kōnyū suru koto ga dekimasu.

Sorera no jīnzu ga tadahitotsuno sentaku no nochi ni anata ni awanai kamo shirenainode, sagi-shi o mimamotte kudasai. Anata wa anata ga shiharatta mono o te ni ireru node, hayai iro ga mattaku hayakunai kamo shiremasen. Sonotame, burīfukēsu de anata no hoteru no heya ni kuru tērā ga imasu. 24-Jikan inai ni sokutei shi, sūtsu ya kōto nado o haitatsu shimasu.

Karera no kakaku wa kōshō kanōdesuga, anata ga tsuitachi no uchi ni anata ni atte iru to iu hoshō wa arimasenga, anata wa tsugi no hi o satte iru koto o shitte iru korera no sagi-shi no arayuru shurui no hoshō o uketorimasu.

Watashi wa totemo omoshiroi to kanjimashita. Kare no nagai kaftan gaun ni wa, katsute wa Afuganisutan no junkai gyōsha ga imashita. Indo no hitobito wa karera o Kabuliwallahs to yonda. Kare wa aru hi, watashitachi no komyuniti de, shōhin ga ippai no kyodaina baggu o misete, saido u~ōku de sorera o hirogete hanbai shimashita. Kare no mottomo akumeidakai aitemu wa, taika-sei de hayai iro to saikō hinshitsu no Igirisu-seidearu to shuchō shita nuno no borutoSeisho o in’yō shite hyōban o ete hitobito ni kanmei o ataemashita.

Karera wa doko ni demo taika nuno o mita koto ga nakattanode, karera wa nesshin ni sagi-shi ga kyōkyū shita shōko o nozonde ita. Kare wa nuno ni seishin no chīsana kōtingu o supurē shi, sore o tentō shita. Sore wa sū-byōkan yakitsuke rareta nochi, Kabuliwallah ga hi o hanatsu mae ni hi o hanatsunode, hitobito wa hi ga yuiitsu no monode wanaku seishin dake o moyashita koto o shirazu ni hitobito ni kanmei o ataeta nuno ni hi no konseki o nokosazu ni hōchi sa remashita.

Dakara darekaga kare no tame ni sūtsu o tsukuru tame ni sore no sū mētoru o kaimashita. Soshite, damasa reta watashi no ani wa kantan ni kare no zubon no tame no sakuhin de kaette kimashita. Anata wa atarashī pantsu ga arawa reta toki ni kao o mite ita hazu de, kodomo ga inakute mo zubon o shūshuku sa seruto iro ga subete kiete shimatta hazudesu. Junkai shōnin wa, zutto mae ni damasa rete ita,. Watashi no otōto ga pantsu no tame dake ni katta no wa yoi kotodesu.

Watashi wa nise no ifuku, nise no rorekkusu no udedokei, nise no Rayban, nise no Gucci, nisemono ga arimasu. Hitobito wa muchi ya don’yoku, aruiwa sono ryōhō kara sorera o kaimasu. Rōma no Terumini (terumini) kara dete, anata ga korera no sagi-shi-tachi o mi ni iku tokorodesu. Izure ni seyo, shudai wa sureimandesu. Watashi wa kare to ketsurondzukemasu.

Kare wa toshi o totte seichō shi, itsuka kare wa watashinochichi o mi ni kita toki ni magatte ita. Kare wa, kare no me ga, kare ga intai shitanode, kare no bōeki de zokkō suru no ni jūbunde wa nakatta to itta. Kare wa, kyō no hotondo no hito ga kisei no fuku o kattanode, kare no yōna shitate hito wa hitsuyō nai to itta. Kare wa jinkō dōtai no henka no gisei-shadeari, ifuku no atarashī aji ga aru node, kono sekai no Suleimans wa genzai shinde iru. Watashi wa kare o koishiku omou.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中