I love trains (in Japanese)

私は列車が大好き
940812d3-b5a1-4c29-9d73-3336e451874a_scaled_fit_880_600

出典:インドの高級車のGoogle写真

私がパリにいて、夜のラッシュアワーにGare de Lyonに到着しなければならなかったので、タクシーを見つけて、運転手に私に駅に連れて行くことができるかどうか聞いた。彼は微笑んで、彼はいくつかの短期間の削減を知っていると言って、私を大事に連れて行くでしょう、そして、大丈夫は心配する必要はありません。あなたは確かにあなたの列車に乗るだろう。
夕方の交通はパリだとは言えないが、私のタクシーの男は彼の約束を守り、狭い道やその他の道を通って私を駅に連れていった。しかし、私の試練はまだ終わっていない。

私は荷物室から荷物を取り出し、プラットフォームを見つけてコンシェルジュに走って、列車が近づいているので優先して荷物をすぐに手に入れてください。彼は私の荷物を見つけ、私のプラットフォームを見つけるために走った。列車が待っていた17。光は緑色だったので列車は何時でも出ることができましたが、夜行列車とすべてのコーチにベッドがあることを意味する列車がありました。私はこのような電車で予約をしていないが、とにかく指揮者が何とか私のためのベッドを見つけることを望んでいた。

まもなく列車が駅を出て、マルセイユへ向かう途中でスピードを上げ始めました。明日の朝、私は船を乗り換えなければならない場所からマルセイユに到着しなければならないので、私はこの電車に乗らなければならないと言ったので、私はベッドの予約をしていないので間違った列車があったと言いました。アルジェ。私はどこかでベッドを見つけてください。彼は微笑んで、私の状況を理解してくれたので、彼が私のためにできることが分かると言った。すぐに彼は戻ってベッドがあなたのために見つけられたと言ったので、私が喜んで支払った18フランをさらに支払う。フランス語を知ることは多くの助けになります。

フランスの電車は本当にいいですね。彼らは快適なベッドを持っているだけでなく、彼らは毛布を与えるとコーチは加熱されています。あなたはまた、プラスチックで衛生処理され封印された枕が与えられます。私はすでに7番目の天国で、とても快適でした。私の同乗者はニースの女の子だったので、私たちは何時間もおしゃべりして眠りに落ちて、午前4時に私を揺らしてくれた素敵な女の子が目を覚まし、モンシエールムンシが目を覚ますと言った。マルセイユが登場する。私は彼女の名前を忘れてしまったが、彼女はとても素敵な人で、彼女はニース出身だった。

私はイタリア全土を電車で旅しました。夏の間に割引3000キロのチケットを買うことができ、どこにでも行くことができます。予約は必要ありませんでしたが、しばしば列車が混雑していましたので、私は一角に立っていました。まもなく、イタリア人は座って私に部屋を作って、あなたはインド出身だと言ったのですか?あなたのファーストレディはイタリア語です。私はその女性に静かに感謝しました。

luxury-train-in-india

Source : Google photo of a delux train in India with bar

rovos-rail-carriage-fp

Source : Google photo of a delux train in India

993989916

Source : Google photo of train in India

しかし、インドでの私の列車旅行の経験は最も広範囲です。インドは非常に大規模な鉄道網を持ち、毎年何百万人もの乗客を運んでいる11,000以上の列車を運行しています。インドでのみ、あなたは他の国で見つけることができない超豪華な列車を見つけるでしょう。これらのスーパーデラックス列車は、キングサイズのベッド、個人的な召使い、広大なバー、5つ星の料理で純粋なシルクのベッドシーツを提供しています。シルクのカーテンとシャンデリアで飾られたラウンジに座ることができます。床は豪華なカーペットで覆われており、贅沢は省かれていませんが、それは普通の人々がそれらを買う余裕がないように急な価格になります。

普通の人にとっては、第1クラスと第2クラスのエアコン付きのコーチと素敵なベッドと他にはない普通の列車があります。多くの長距離列車では、非常においしくて蒸し暑い、控えめなコストでベジタリアンと非ベジタリアンの食事を提供しています。彼らはあなたの注文を受け取り、その注文を彼らが食べ物を提供する駅に郵送するか、または電話で電話して注文を出します。彼らはあなたの座席に食べ物を持って来るので、ダイニングコーチに行く必要はありません。

インドの鉄道は、私が今注目している何年もの間、大きな変革を経てきました。今では、任意の地点から任意の地点までコンピュータ予約システムを通じてあなたの旅を予約することができますので、チケットカウンターでチケットを払う必要はありませんでしたが、そうではありませんでした。

それから、電車に乗るのはもっと冒険でした。私はしばしば、ドアが手荷物や人々によって選択肢を残すが、他の方法を見つけることがブロックされていたので、窓から座っていなければならなかった。窓の近くに座っている乗客はそれを好まず、私は一度このようにしなければなりませんでした。私は一度このようにしなければなりませんでした。女性の乗客は非常に迷惑に見えましたが、私はフィリピンへの飛行機に乗るためにデリーに行くと言いました。彼女と私は同じ家族の名前を持っていたことを傷つけませんでした。

蒸気機関車の当時、煤と石炭はあなたの髪の毛を満たして服を汚しましたが、それはまったく同じでした。あなたは、共同出席するすべての人々に会います

どんな話題であっても自由にあらゆるアドバイスを提供していました。彼らはあなたがランチパックを持っていないか、あなたに煙を出すのを見たら、食べ物を共有しました。一人の指揮官がチケットをチェックして、人々が彼がとてもいいにおいをしたと言ったときに座った。彼は自分のポケットからラクナウの香水のバイアルを取り出し、望む人に落とした。これは私がまだそんなに楽しんでいるインドの列車です。長い旅の終わりに誰かに会って生涯の友人になることができます。

私は列車に何ロマンスが咲いているのかは分かりませんが、たくさんあるはずです.Rudyard KiplingによってKimを読んだら、インドの列車旅はどうだったのか、まだ分かりました。列車の旅は決して切り取られて乾燥しないが、冗談をはじき、見知らぬ人と話を共有し、食べ物を提供し、アイデアを交換する人々でいっぱいである。私はフランス、イタリア、アルジェリア、香港、日本、フィリピンで電車に乗っています。ブルガリア、オーストラリア。

各列車には独自の方法がありました。私はちょうどソフィアからイスタンブールへの私の電車の乗り方を簡単に言及します。それはかなりの冒険でした。列車はソフィアからではなく、ワルシャワからソフィアを経由して来たので、私はポーランドの紳士の助けを借りて誰も英語を話してくれないのでチケットを買うように頼んだ。それは暗い照明の駅を通過する夜間の長い旅でした。トルコの警察官が私に尋ねた午前4時ごろ、私は私が私が列車から降りて帰るべきだと言ったビザがあるかどうか尋ねた。

ソフィアとビザを取得します。どういうわけか私は彼らに私にビザを与えるべきではないことを彼らに確信させました。これらの曲がった警官は私に20ドルを求めましたが、私は余裕がありましたが、私は選択肢がありませんでした。問題を悪化させるために私はトルコのリラを欲しかったので、私はコンパートメントに戻り、彼らはどこにもいない途中のガンジー様式から私を捨てるつもりはなかったので、私は彼らのドアを叩いていることを無視した。午前中にもう一人の警官が来たので、私は彼の仲間が20ドルのビザで私を悩ましていたファーストクラスの詐欺師であると言った。

彼はビザはわずか3ドルだったと言いましたが、私はまだLirasで支払わなければなりませんでした。私はイスタンブールの空港で手数料を払うことを提案しました。彼は私のパスポートを納得させた。何年も後に私たちはシドニーにいたので、私たちはキャンベラに乗り換えてキャンベラに乗ることにしました。これはいい乗り物でしたが、数日前に同じ列車に乗ったオーストラリア人の友人は、キャンベラ駅。彼は駅を見て歩くことができたが、ドアを開けないので怒っていた。オーストラリア人はまた、熱狂して、列車がエンジンが何とか始動するまで待たなければならなかったかもしれません。

私たちは、エンジンにガスがなくなってしまったと冗談を言っていましたが、ユーモアが戻ってくるまでに時間がかかりました。インドでは列車は電気式またはディーゼル式ですので、このように故障していることは知られていませんが、オーストラリアは違います。日本では、東京から京都にかけた新幹線が超高速で安定していました。窓の敷居に水がいっぱいのガラスは、そこで使用されていた技術のように、一滴をこぼさないでしょう。外の風景はほんのぼけでした。しかし、フィリピンの列車は、私が手に持っているビールの入ったパックでエンジンルームに登って、驚いたけど嬉しいものでした。

あなたは他の国でそれをすることはできません。私は、エンジンルームからの強力なヘッドライトを見たいと思っていました。それはユニークな経験でした。サトウキビの列車は荒廃し、ある日は脱線してどこかに行って列車で私のロマンスを短くしました。以来、フィリピンで電車に乗ったことはありません。私たちはその事故で傷ついていませんでしたが、私はいくつかの肉体を見ました暗闇の中で荷物を盗んだ窃盗婦もいましたので、悪いです。雑草で覆われたトラックの貧弱な状態、捨てられている駅、非常に厄介な状態の列車は、私が今までに撮影した最悪の列車の1つになっています。

それはもはや面白いことではありません。私は再び列車が本当にいい場所にどこにでも旅行する安い方法であるインドに戻ります。今や道路が広がり、新しいハイ・ウェイが国を横切るようになり、ますます多くの人々がバスを利用し始めていますが、列車旅行は依然として最も人気のある交通手段の1つです。ヨーロッパの鉄道駅は、または他の国。ここでは、新聞、書籍、雑誌などを販売する本屋がある非常に活気のある場所です。フードベンダー、ティーベンダー、フルーツベンダー、手工芸品のベンダー、数多くのものがあります。混雑した場所ですが、誰もが混沌としているにもかかわらず、誰もが簡単に座席を取るような命令があります。色のついたテレビがどこにでもありますので、人気のショーを見たり

無料のWi-Fiを使用してガジェットを開催しました。比較すると、アメリカの鉄道駅は空っぽで孤独に見えます。非常に少数の人々が電車に乗ったり降りたりするので、プラットホームには人やベンダーがいなくなります。

ほとんどの人がバスを運転したり、バスを利用したりしたいと思っていましたが、カリフォルニアからワシントンへ荷物を送ることができました。電車で。それは時間通りに到着しただけでなく、鉄道スタッフによってダウンタウンのオフィスに届けられました。インドでは、オートバイやスクーターを駅に持ってきて列車の荷物バンに積み込むことができます。インドの興味深いのは、40人以上の人が一緒に旅行して訪問したいと思うならば、インド鉄道があなたのためにコーチ全体を予約するという申し出です全国の有名な観光地です。彼らはあなたのコーチを特定の駅で適切な列車に乗りこなすでしょうが、あなたのコーチは旅行中にあなたの寝室になり、かなりのホテル費用を節約します。

 

7506a90b2d3e0d8644bf687120346bc0--okayama-nagoya

Source : Google photo of Bullet train in Japan.

多くの人が好む高速列車があり、飛行機を恐れていて、距離旅行。私が上に述べたように本当に贅沢な電車が欲しいなら、あなたはそうすることができ、旅行のために国を訪れることができます。それは乗客のあらゆる気まぐれが価格のために食料調達されているホイールの5つ星ホテルです。鉄道旅行の未来:私は日本で高速鉄道を利用し、時速250キロで旅するような気分を知っています。それ以来多くの国がフランスのような高速列車を開発しており、TGVであり、スペインではそのような列車もあります。

しかし、中国人は高速列車旅行で最も進歩しており、猛烈なスピードで走るマグレブ列車や他の列車を導入している。現在、インドは日本と共同で高速列車を建設する計画であり、そのような列車はデリーとムンバイ。スペインの協力でそのような列車を走らせる彼らの努力は、日本が技術移転のための彼らの選択であるように、それほど遠くには達していませんでした。米国では、Elon Muskの開発過程でハイパーループ列車があります。世界は2時間でロサンゼルスからサンフランシスコに人を運ぶでしょうが、あなたと私が知っているような電車のようなものではありません。

それは摩擦の少ない環境で超高速スピードで人を運ぶポッドが内部にある金属チューブになります。実用化はまだまだ長年のことですが、真剣な研究が今行われています。伝統的な鉄道は、インドと中国の両方がリーダーである世界中に広がっています。中国は、シルクロード(旧シルクロード)を使用してヨーロッパへの鉄道に取り組んでおり、その道路に沿って陸に閉じ込められた国々に加わり、貿易と商業を開きます。そのプロジェクトのいくつかのセクターで既に列車が走っています。技術的には、イスタンブール、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、サマルカンド、ボカラなどの都市を通って、ロンドンから北京まで快適に旅行することができます。モスクワを通過する。

ロシアには大規模な鉄道と近代列車があります。これらは鉄道旅行のエキサイティングな時代です。中国人は山の下のトンネルを掘ることを話している。エベレストは現代鉄道でラサとカトマンズに加わりました。彼らは、既にチベットへの急速な発展をもたらしている北京からのラサへの鉄道リンクを建設した。スイスとイタリア人は、アルプスを文字通りトンネルを通って鉄道と道路のリンクを作ってスイスチーズにしました。エチオピアは現在、ジブチへの近代的な鉄道リンクを持ち、インドはナイジェリアに1000マイルの鉄道を建設しています。

私が望むのは、人々がその過程で彼らの魂を失うことはないが、インドでは列車が提供する社会的なつながりを維持しているからです。それは列車がとても魅力的なので、私は列車が大好きです。

 

Watashi wa ressha ga daisuki   shutten: Indo no kōkyū-sha no gūguru shashin watashi ga Pari ni ite, yoru no rasshuawā ni Gare de riyon ni tōchaku shinakereba naranakattanode, takushī o mitsukete, untenshu ni watashi ni eki ni tsurete iku koto ga dekiru ka dō ka kiita.

Kare wa hohoende, kare wa ikutsu ka no tankikan no sakugen o shitte iru to itte, watashi o daiji ni tsureteikudeshou, soshite, daijōbu wa shinpai suru hitsuyō wa arimasen. Anata wa tashika ni anata no ressha ni norudarou. Yūgata no kōtsū wa Parida to wa ienai ga, watashi no takushī no otoko wa kare no yakusoku o mamori, semai michi ya sonohoka no michi o kayotte watashi o eki ni tsurete itta.

Shikashi, watashi no shiren wa mada owatte inai. Watashi wa nimotsu-shitsu kara nimotsu o toridashi, purattofōmu o mitsukete konsheruju ni hashitte, ressha ga chikadzuite irunode yūsen shite nimotsu o sugu ni te ni irete kudasai. Kare wa watashi no nimotsu o mitsuke, watashi no purattofōmu o mitsukeru tame ni hashitta. Ressha ga matteita 17. Hikari wa midoriirodattanode ressha wa nanji demo deru koto ga dekimashitaga, yakō ressha to subete no kōchi ni beddo ga aru koto o imi suru ressha ga arimashita.

Watashi wa kono yōna densha de yoyaku o shite inaiga, tonikaku shiki-sha ga nantoka watashi no tame no beddo o mitsukeru koto o nozonde ita. Mamonaku ressha ga eki o dete, Maruseiyu e mukau tochū de supīdo o age hajimemashita. Asunoasa, watashi wa fune o norikaenakereba naranai basho kara Maruseiyu ni tōchaku shinakereba naranainode, watashi wa kono densha ni noranakereba naranai to ittanode, watashi wa beddo no yoyaku o shite inainode machigatta ressha ga atta to iimashita. Aruje.

Watashi wa doko ka de beddo o mitsukete kudasai. Kare wa hohoende, watashi no jōkyō o rikai shite kuretanode, kare ga watashi no tame ni dekiru koto ga wakaru to itta. Sugu ni kare wa modotte beddo ga anata no tame ni mitsuke rareta to ittanode, watashi ga yorokonde shiharatta 18 furan o sarani shiharau. Furansugo o shiru koto wa ōku no tasuke ni narimasu. Furansu no densha wa hontōni īdesu ne.

Karera wa kaitekina beddo o motte iru dakedenaku, karera wa mōfu o ataeru to kōchi wa kanetsu sa rete imasu. Anata wa mata, purasuchikku de eisei shori sa re fūin sa reta makura ga atae raremasu. Watashi wa sudeni 7-banme no tengoku de, totemo kaitekideshita. Watashi no dōjō-sha wa nīsu no on’nanokodattanode, watashitachiha nanjigan mo oshaberi shite nemuri ni ochite, gozen 4-ji ni watashi o yurashite kureta sutekina on’nanoko ga me o samashi, monshiērumunshi ga mewosamasu to itta.

Maruseiyu ga tōjō suru. Watashi wa kanojo no namae o wasurete shimattaga, kanojo wa totemo sutekinahito de, kanojo wa nīsu shusshindatta. Watashi wa Itaria zendo o densha de tabi shimashita. Natsu no ma ni waribiki 3000-kiro no chiketto o kau koto ga deki, doko ni demo iku koto ga dekimasu. Yoyaku wa hitsuyō arimasendeshitaga, shibashiba ressha ga konzatsu shite imashitanode, watashi wa ikkaku ni tatte imashita.

Mamonaku, itariahito wa suwatte watashi ni heya o tsukutte, anata wa Indo shusshinda to itta nodesu ka? Anata no fāsutoredi wa Itaria-godesu. Watashi wa sono josei ni shizuka ni kansha shimashita. Shikashi, Indo de no watashi no ressha ryokō no keiken wa mottomo kōhan’idesu. Indo wa hijō ni ōkibona tetsudō-mō o mochi, maitoshi nan hyaku man-ri mo no jōkyaku o hakonde iru 11, 000 ijō no ressha o unkō shite imasu. Indo de nomi, anata wa hoka no kuni de mitsukeru koto ga dekinai chō gōkana ressha o mitsukerudeshou.

Korera no sūpāderakkusu ressha wa, kingusaizu no beddo, kojin-tekina meshitsukai, kōdaina bā, itsutsu hoshi no ryōri de junsuina shiruku no beddoshītsu o teikyō shite imasu. Shiruku no kāten to shanderia de kazara reta raunji ni suwaru koto ga dekimasu. Yuka wa gōkana kāpetto de ōwa rete ori, zeitaku wa habuka rete imasenga, soreha futsūnohitobito ga sorera o kau yoyū ga nai yō ni kyūna kakaku ni narimasu. Futsūnohito ni totte wa, dai 1 kurasu to dai 2 kurasu no eakon-tsuki no kōchi to sutekina beddo to hoka ni wanai futsū no ressha ga arimasu.

Ōku no chōkyori resshade wa, hijō ni oishikute mushiatsui, hikaemena kosuto de bejitarian to hi bejitarian no shokuji o teikyō shite imasu. Karera wa anata no chūmon o uketori, sono chūmon o karera ga tabemono o teikyō suru eki ni yūsō suru ka, matawa denwa de denwa shite chūmon o dashimasu. Karera wa anata no zaseki ni tabemono o motte kurunode, dainingukōchi ni iku hitsuyō wa arimasen.

Indonotetsudō wa, watashi ga ima chūmoku shite iru nan’nen mo no ma, ōkina henkaku o hete kimashita. Ima dewa, nin’i no chiten kara nin’i no chiten made konpyūta yoyaku shisutemu o tsūjite anata no tabi o yoyaku suru koto ga dekimasunode, chikettokauntā de chiketto o harau hitsuyō wa arimasendeshitaga,-sōde wa arimasendeshita. Sorekara, denshaninoru no wa motto bōkendeshita.

Watashi wa shibashiba, doa ga tenimotsu ya hitobito ni yotte sentakushi o nokosuga, hokanohōhō o mitsukeru koto ga burokku sa rete itanode, mado kara suwatte inakereba naranakatta. Mado no chikaku ni suwatte iru jōkyaku wa sore o konomazu, watashi wa ichido kono yō ni shinakereba narimasendeshita. Watashi wa ichido kono yō ni shinakereba narimasendeshita.

Josei no jōkyaku wa hijō ni meiwaku ni miemashitaga, watashi wa Firipin e no hikōki ni noru tame ni derī ni iku to iimashita. Kanojo to watashi wa onaji kazoku no namae o motte ita koto o kizutsukemasendeshita. Jōki kikan-sha no tōji, susu to sekitan wa anata no kaminoke o mitashite fuku o yogoshimashitaga, sore wa mattaku onajideshita. Anata wa, kyōdō shusseki suru subete no hitobito ni aimasuDon’na wadaideatte mo jiyū ni arayuru adobaisu o teikyō shite imashita.

Karera wa anata ga ranchi pakku o motteinai ka, anata ni kemuri o dasu no o mitara, tabemono o kyōyū shimashita. Hitori no shiki-kan ga chiketto o chekku shite, hitobito ga kare ga totemo ī nioi o shita to itta toki ni suwatta. Kare wa jibun no poketto kara rakunau no kōsui no baiaru o toridashi, nozomu hito ni otoshita. Kore wa watashi ga mada son’nani tanoshinde iru Indo no resshadesu. Nagai tabi no owari ni dareka ni atte shōgai no yūjin ni naru koto ga dekimasu.

Watashi wa ressha ni nan romansu ga saite iru no ka wa wakarimasen ga, takusan aru hazudesu. Rudyard Kipling ni yotte kimu o yondara, Indo no ressha tabi wa dōdatta no ka, mada wakarimashita. Ressha no tabi wa kesshite kiritora rete kansō shinaiga, jōdan o hajiki, mishiranu hito to hanashi o kyōyū shi, tabemono o teikyō shi, aidea o kōkan suru hitobito de ippaidearu. Watashi wa Furansu, Itaria, Arujeria, Honkon, Nihon, Firipin de densha ni notte imasu. Burugaria, ōsutoraria. Kaku ressha ni wa dokuji no hōhō ga arimashita.

Watashi wa chōdo Sofia kara isutanbūru e no watashi no densha no nori-kata o kantan ni genkyū shimasu. Sore wa kanari no bōkendeshita. Ressha wa Sofia karade wa naku, Warushawa kara Sofia o keiyu shite kitanode, watashi wa pōrando no shinshi no tasuke o karite dare mo eigo o hanashite kurenainode chiketto o kau yō ni tanonda. Sore wa kurai shōmei no eki o tsūka suru yakan no nagai tabideshita.

Toruko no keisatsukan ga watashi ni tazuneta gozen 4-ji-goro, watashi wa watashi ga watashi ga ressha kara orite kaerubekida to itta biza ga aru ka dō ka tazuneta. Sofia to biza o shutoku shimasu. Dō iu wake ka watashi wa karera ni watashi ni biza o ataerubekide wanai koto o karera ni kakushin sa semashita. Korera no magatta keikan wa watashi ni 20-doru o motomemashitaga, watashi wa yoyū ga arimashitaga, watashi wa sentakushi ga arimasendeshita.

Mondai o akka sa seru tame ni watashi wa Toruko no rira o hoshikattanode, watashi wa konpātomento ni modori, karera wa dokoni mo inai tochū no ganjī yōshiki kara watashi o suteru tsumori wa nakattanode, watashi wa karera no doa o tataite iru koto o mushi shita. Gozen-chū ni mōhitori no keikan ga kitanode, watashi wa kare no nakama ga 20-doru no biza de watashi o nayama shite ita fāsutokurasu no sagi-shidearu to itta. Kare wa biza wa wazuka 3-dorudatta to iimashitaga, watashi wa mada Liras de shiharawanakereba narimasendeshita.

Watashi wa isutanbūru no kūkō de tesūryō o harau koto o teian shimashita. Kare wa watashi no pasupōto o nattoku sa seta. Nan’nen mo-go ni watashitachiha shidonī ni itanode, watashitachiha Kyanbera ni norikaete Kyanbera ni noru koto ni shimashita. Kore wa ī norimonodeshitaga, sūjitsumae ni onaji ressha ni notta ōsutoraria hito no yūjin wa, Kyanbera-eki. Kare wa eki o mite aruku koto ga dekitaga, doa o hirakenainode okotte ita. Ōsutoraria hito wa mata, nekkyō shite, ressha ga enjin ga nantoka shidō suru made matanakereba naranakatta kamo shiremasen.

Watashitachiha, enjin ni gasu ga nakunatte shimatta to jōdan o itte imashitaga, yūmoa ga modotte kuru made ni jikan ga kakarimashita. Indode wa ressha wa denki-shiki matawa dīzeru-shikidesunode, kono yō ni koshō shite iru koto wa shira rete imasenga, ōsutoraria wa chigaimasu.

Nihonde wa, Tōkyō kara Kyōto ni kaketa shinkansen ga chō kōsoku de antei shite imashita. Mado no shikii ni mizu ga ippai no garasu wa, sokode shiyō sa rete ita gijutsu no yō ni, itteki o kobosanaideshou. Soto no fūkei wa hon’no bokedeshita.

Shikashi, Firipin no ressha wa, watashi ga te ni motte iru bīru no haitta pakku de enjinrūmu ni nobotte, odoroitakedo ureshī monodeshita. Anata wa hoka no kuni de sore o suru koto wa dekimasen. Watashi wa, enjinrūmu kara no kyōryokuna heddoraito o mitai to omotte imashita. Sore wa yunīkuna keikendeshita. Satōkibi no ressha wa kōhai shi, aru hi wa dassen shite doko ka ni itte ressha de watashi no romansu o mijikaku shimashita. Irai, Firipin de densha ni notta koto wa arimasen.

Watashitachi wa sono jiko de kizutsuite imasendeshitaga, watashi wa ikutsu ka no nikutai o mimashita kurayaminonakade nimotsu o nusunda settō-fu mo imashitanode, waruidesu. Zassō de ōwa reta torakku no hinjakuna jōtai, sute rarete iru eki, hijō ni yakkaina jōtai no ressha wa, watashi ga ima made ni satsuei shita saiaku no ressha no 1tsu ni natte imasu. Sore wa mohaya omoshiroi kotode wa arimasen. Watashi wa futatabi ressha ga hontōni ī basho ni dokoni demo ryokō suru yasui hōhōdearu Indo ni modorimasu.

Imaya dōro ga hirogari, atarashī hai u~ei ga kuni o yokogiru yō ni nari, masumasu ōku no hitobito ga basu o riyō shi hajimete imasuga, ressha ryokō wa izentoshite mottomo ninkinoaru kōtsū shudan no 1tsudesu. Yōroppa no tetsudō-eki wa, matawa hoka no kuni. Kokode wa, shinbun, shoseki, zasshi nado o hanbai suru hon’ya ga aru hijō ni kakkinoaru bashodesu. Fūdobendā, tībendā, furūtsubendā,-te kōgei-hin no bendā, kazuōku no mono ga arimasu.

Konzatsu shita bashodesuga, daremoga konton to shite iru nimokakawarazu, daremoga kantan ni zaseki o toru yōna meirei ga arimasu. Iro no tsuita terebi ga doko ni demo arimasunode, ninki no shō o mi tari, Muryō no waifai o shiyō shite gajetto o kaisai shimashita. Hikaku suru to, Amerika no tetsudō-eki wa karappode kodoku ni miemasu. Hijō ni shōsū no hitobito ga densha ni nottari ori tari surunode, purattohōmu ni wa hito ya bendā ga inaku narimasu.

Hotondo no hito ga basu o unten shi tari, basu o riyō shi tari shitai to omotte imashitaga, Kariforunia kara Washinton e nimotsu o okuru koto ga dekimashita. Densha de. Sore wa jikandōrini tōchaku shita dakedenaku, tetsudō sutaffu ni yotte dauntaun no ofisu ni todoke raremashita. Indode wa, ōtobai ya sukūtā o eki ni motte kite ressha no nimotsu ban ni tsumikomu koto ga dekimasu. Indo no kyōmibukai no wa, 40-ri ijō no hito ga issho ni ryokō shite hōmon shitai to omounaraba, Indo tetsudō ga anata no tame ni kōchi zentai o yoyaku suru to iu mōshidedesu zenkoku no yūmeina kankō-chidesu.

Karera wa anata no kōchi o tokutei no eki de tekisetsuna ressha ni norikonasudeshouga, anata no kōchi wa ryokō-chū ni anata no shinshitsu ni nari, kanari no hoteru hiyō o setsuyaku shimasu. Ōku no hito ga konomu kōsoku ressha ga ari, hikōki o osorete ite, kyori ryokō. Watashi ga ue ni nobeta yō ni hontōni zeitakuna densha ga hoshīnara, anata wa sō suru koto ga deki, ryokō no tame ni kuni o otozureru koto ga dekimasu. Sore wa jōkyaku no arayuru kimagure ga kakaku no tame ni shokuryō chōtatsu sa rete iru hoīru no itsutsu-boshi hoterudesu.

Tetsudō ryokō no mirai:

7506a90b2d3e0d8644bf687120346bc0--okayama-nagoya

Source : Google photo of  Japanese Bullet train

Watashi wa Nihon de kōsoku tetsudō o riyō shi, jisoku 250-kiro de tabi suru yōna kibun o shitte imasu. Sore irai ōku no kuni ga Furansu no yōna kōsoku ressha o kaihatsu shite ori, TGVdeari, Supeinde wa sono yōna ressha mo arimasu. Shikashi, chūgokujin wa kōsoku ressha ryokō de mottomo shinpo shite ori, mōretsuna supīdo de hashiru Magurebu ressha ya hoka no ressha o dōnyū shite iru.

Genzai, Indo wa Nihon to kyōdō de kōsoku ressha o kensetsu suru keikakudeari, sono yōna ressha wa Ahmedabad to Mumbai. Supein no kyōryoku de sono yōna ressha o hashiraseru karera no doryoku wa, Nihon ga gijutsu iten no tame no karera no sentakudearu yō ni, sorehodo tōku ni wa tasshite imasendeshita. Beikokude wa, Elon Musk no kaihatsu katei de haipārūpu ressha ga arimasu. Sekai wa 2-jikan de Rosanzerusu kara Sanfuranshisuko ni hito o hakobudeshouga, anatatowatashi ga shitte iru yōna densha no yōna monode wa arimasen.

Sore wa masatsu no sukunai kankyō de chō kōsoku supīdo de hito o hakobu poddo ga naibu ni aru kinzoku chūbu ni narimasu. Jitsuyō-ka wa madamada naganen no kotodesuga, shinken’na kenkyū ga ima okonawa rete imasu. Dentō-tekina tetsudō wa, Indo to Chūgoku no ryōhō ga rīdādearu sekaijū ni hirogatte imasu. Chūgoku wa, shirukurōdo (kyū shirukurōdo) o shiyō shite yōroppa e no tetsudō ni torikunde ori, sono dōro ni sotte riku ni tojikome rareta kuniguni ni kuwawari, bōeki to shōgyō o hirakimasu.

Sono purojekuto no ikutsu ka no sekutā de sudeni ressha ga hashitte imasu. Gijutsu-teki ni wa, isutanbūru, Torukumenisutan, Azerubaijan, Samarukando, bokara nado no toshi o kayotte, Rondon kara Pekin made kaiteki ni ryokō suru koto ga dekimasu. Mosukuwa o tsūka suru. Roshia ni wa ōkibona tetsudō to kindai ressha ga arimasu. Korera wa tetsudō ryokō no ekisaitinguna jidaidesu. Chūgokujin wa Yamanoshita no ton’neru o horu koto o hanashite iru.

Eberesuto wa gendai tetsudō de Rasa to Katomanzu ni kuwawarimashita. Karera wa, sudeni Chibetto e no kyūsokuna hatten o motarashite iru Pekin kara no Rasa e no tetsudō rinku o kensetsu shita. Suisu to itariahito wa, Arupusu o mojidōri ton’neru o kayotte tetsudō to dōro no rinku o tsukutte suisuchīzu ni shimashita. Echiopia wa genzai, Jibuchi e no kindai-tekina tetsudō rinku o mochi, Indo wa Naijeria ni 1000-mairu no tetsudō o kensetsu shite imasu. Watashi ga nozomu no wa, hitobito ga sono katei de karera no tamashī o ushinau koto wa naiga, Indode wa ressha ga teikyō suru shakai-tekina tsunagari o iji shite irukaradesu.

Sore wa ressha ga totemo miryoku-tekinanode, watashi wa ressha ga daisukidesu.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“I love trains (in Japanese)” への 3 件のフィードバック

  1. Hi, Neat post. There’s an issue along with your web site in web explorer,
    could test this? IE nonetheless is the market chief and a good part of other
    people will leave out your magnificent writing because of
    this problem.

    いいね

  2. Thanks , I’ve just been looking for info about this subject
    for a while and yours is the best I’ve discovered so far.
    But, what concerning the bottom line? Are you positive concerning the supply?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中