Heart of gold (in Japanese)

思いやりのある心
IMG_4955 (4)

 

出典:類似点がある絵

思いやりのある心

彼女は幸運な日に生まれました。なぜなら、それはイエスの誕生日であり、生まれるとすぐに彼女が自分の足元にいなければならないと宣言したように、母親から最初に出てくることに決めました。彼女の柔らかい茶色でかっこいい髪が下の羽よりも柔らかく見えるのは喜びでした。
鉛筆の鋭い目の眉、チューリップの赤い唇、鼻の鼻を持つ彼女の美しい顔は、いつか美しい女性に成長し、失望しないと誰もが予言しています。彼女の両親は彼女の出産を祝福と考えました。なぜなら、彼女は時間通りに来て、母親にあまりにも多くのトラブルを与えなかったからです。
彼女の長寿の間に多くの子供たちを育てた祖母は、彼女を膝の上に乗せて、太陽の下で小さなお肉を練り込んで、腕を強くするようにしました。
彼女はほとんどの赤ちゃんがそうしていたように、夜中に泣いたことはありませんでしたし、牛乳瓶を吸うことに満足していて、母乳を無視しました。彼らはちょうど2歳だった彼女の兄弟が彼女と遊んでいる間、彼女は日々成長していて、ふっくらした赤ん坊に見えました。

両親が西アフリカのマリに連れて行ったのはわずか2ヶ月であった。両親は、両親が夢を見ているのに理想的だった。彼女は座席の前の壁にスチュワーデスが立って、彼女のミルクボトルを満足に吸って、ほとんど寝ていたということを彼女のハンモックで寝た。彼女の弟はまた、着陸時に耳に気圧を少し感じて泣いただけで問題のない子供だった。

マリの熱はひどく、彼らの小さな体が熱い発疹を募らせ、無力な両親が手のファンで癒しを求めようとしたが、依然として泣かなかった。彼女は父親の膝の上で穏やかに揺らされ、寝ることができた後、彼女のベビーベッドで眠った。

メイドは、アフリカのように彼女を背中に連れて行って、彼女が楽しんでいた、そして着実に体重を増やしました。すぐに彼女は直立し、弟のトリサイクルの後ろを歩いて乗ることを学びました。彼女は父親が彼女の写真を撮ったときに彼女が微笑んでくれた。彼女は見て喜びましたが、幼い頃に話すことを学んでいた兄弟も、象のトランペットのことを覚えていました。

両親が町から遠い村の新しい家に引っ越したとき、村人たちは彼らと恋に落ちた。メイドは彼女を彼女の背中に連れて行き、どこにでもさまよい、村人の女性は口に食べ物を入れた。古い村人たちは目を離しておらず、1人の老人が毎朝起きて起きて目を覚ますように呼びました。
この時までに、彼女は弟を模倣して保育園の詩を話し、覚えていました。私が知っているパパを知っていて、ババ黒い羊とそのような韻を繰り返すと言いました。

彼女の両親はインドに再び移動し、そこで保育園に通っていました。兄弟は幼稚園に通っていました。彼女は自分の言語を話すことができなかったが、彼女の保育園が好きだった。彼女は保育園を模倣し、彼女の年齢の他の子供の会社を楽しんだ。
数年後、両親はハイチに移り、そこで学校を始めました。この時までに彼女はほぼ5歳と兄弟7歳でした。

彼女の両親は彼らを多くの国に連れて行きました。彼らは興奮してメキシコのテオティワカンピラミッドの階段を登り、チャプルテペク公園を駆け抜けて馬を乗り切り、ZocaloとGuadalupe教会でカーニバルを見て、興味深いエキサイティングな目で見て、人類学博物館をさまよった。彼らはニューヨーク州のナイアガラの滝とワシントンの航空宇宙博物館を見ました。彼らは彼らの話を聞く人と話を共有しました。彼らはフランスの農村で雪で遊んだり、階段を登ってローマのコロシアムを見ました。その後彼らはハルツームでハボブを体験し、ブルンジのタンガニカ湖でカバを見る。

彼らはマリ、インド、そして現在ハイチに行っていて、幅広い文化的経験で育っていました。柔らかい年齢の子供たちがこれまでに経験するチャンスはほとんどありませんでしたが、彼らは両方とも発展しているというキャラクターの基礎を築いていました。新しい国が彼らのリストに追加され、そこで成長しました。彼らを見たみんなの心を捉えたのはフィリピンでした。彼らは多くの国に住んでいて、とても若い時に他の人を訪ねた2人の素敵な子どもでした。

今、高校では、これらの2人の子供は、彼らの知識と英語の流暢性の面で、クラスメートよりもずっと前です。両者とも即時スピーチコンテストで1等賞を受賞し、彼女は科学コンテストで優勝したメダルを家に持ち帰った。彼女の両親は誇らしげにガラスフレームにすべてのメダルを表示します。

彼女は今、若い女性とリーダーでした。彼女の歯は矯正歯科医師の助けを必要としたので、彼女は歯を美しくしていました。彼女はまた、背骨をまっすぐにするためのブレースを身に着けましたが、彼女の兄はハイ学校はとてもうまくいった。どちらも大学に向かいました。両親は十代になって喜びながら彼らを見ました。どちらも優れたキャラクターを生み出し、いつも他の学生に役立っていました。

彼らに与えられた任務は多すぎた。彼らはブルンジとスーダンで働いていた父親を訪問し、またインドでいくつかの時間を過ごしました。若い女性は現在大学にいて、大学の美女に選ばれましたが、それは誰にとっても驚きではありませんでした。誰もが彼女がとても美しい少女であり、誰もが魅了された純粋な人格を持っていることを知ることができました。彼女は水泳のようなコミュニケーションを図りながら農業経済学部の学者になりました。

彼女はオーストラリアのキャンベラに行き、そこで修士号取得のための情報技術を学ぶ予定でした。両親は大喜びで、初めて彼女だけで海外旅行をしていたので、彼女を空港に連れて行った。残りは歴史です。兄はアイビーリーグの大学で勉強するために米国に行き、卒業後に就職しました。彼女は卒業後にオーストラリアで政府職に就いてオーストラリアになりました。彼らはまだ独立していて、彼らがまだ彼らを見逃していると知っている方法で両親から離れました。子どもたちはとても早く成長し、信じられないほどです。

彼女はどこで働いても、彼女のオフィスメイトの恋人となりました。彼女は、大企業やビジネスリーダーのCEOにさまざまなテーマでプレゼンテーションを行うなど、多くの賞と称賛を受けました。英語の流暢感に感銘を受けた人は、母国語ではないことを知っていましたが、彼女は兄弟のようにフィリピンの言葉も学びました。彼女は父親にパワーポイントプレゼンテーションやその他のコンピュータートリックをする方法を教えました。

せっかち。彼女は彼にKindleのeリーダーを持ってきて、何百もの本を読むことができました。彼女は両親のためにサムスンギャラクシーパッドを持ってきて、スカイプで彼女と話すことができ、彼女にメールを送った。彼女は芸術に興味を持っているので、彼女の父の絵の具とブラシを持ってきました。両親、兄弟、または二人の子供のために彼女がしないことは何もありません。彼女の有益な性質は世界中の人々に感銘を与えました。

彼女は心理的な問題を抱えた10代の少女を助けました。彼女は老人たちが泳ぐ方法を学ぶのを助けました。彼女はお金とアドバイスで人々を助ける。その小さな美しい子供は、現在、社会にサービスを提供するためのツールとして情報技術を使用して、多くの国の貧しい人々を援助することによって、世界中を旅する若い女性です。彼女はユーモアのセンスがあり、しばしばあらゆる種類のいたずら彼女の事務所のキーボードの文字を邪魔にして変えたり、混乱したオフィスメイトが苦労しているのを見たりするのが好きです。

彼女はまた、彼らが飼い慣れていると主張するアフリカのチーターを抱擁し、あらゆる種類のいたずらなことをします。しかし、彼女は母親のように金の心を持っています。彼女は最も非利己的で、親切で心が豊かで、寛大な、感情的で、正直で、勤勉で、非常に教育を受けた若い女性です。どこにでも出会うことができます。彼女は私たちの娘です。私たちは子供たちを誇りに思っています.

 

 

 

Omoiyari no aru kokoro   shutten: Ruiji-ten ga aru e kanojo wa kōun’na hi ni umaremashita. Nazenara, soreha iesu no tanjōbideari, umareruto sugu ni kanojo ga jibun no ashimoto ni inakereba naranai to sengen shita yō ni, hahaoya kara saisho ni dete kuru koto ni kimemashita. Kanojo no yawarakai chairode kakkoī kami ga shita no hane yori mo yawarakaku mieru no wa yorokobideshita.

Enpitsu no surudoi me no mayu, chūrippu no akai kuchibiru, hana no hana o motsu kanojo no utsukushī kao wa, itsuka utsukushī josei ni seichō shi, shitsubō shinai to daremoga yogen shite imasu. Kanojo no ryōshin wa kanojo no shussan o shukufuku to kangaemashita. Nazenara, kanojo wa jikandōrini kite, hahaoya ni amarini mo ōku no toraburu o ataenakattakaradesu.

Kanojo no chōju no ma ni ōku no kodomo-tachi o sodateta sobo wa, kanojo o hiza no ue ni nosete, taiyō no shita de chīsana o niku o neri konde, ude o tsuyoku suru yō ni shimashita. Kanojo wa hotondo no akachan ga sō shite ita yō ni, yonaka ni naita koto wa arimasendeshitashi, gyūnyū bin o suu koto ni manzoku shite ite, bonyū o mushi shimashita. Karera wa chōdo 2-saidatta kanojo no kyōdai ga kanojo to asonde iru ma, kanojo wa hibi seichō shite ite, fukkura shita akanbō ni miemashita.

Ryōshin ga nishiafurika no Mari ni tsurete itta no wa wazuka 2kagetsudeatta. Ryōshin wa, ryōshin ga yume o mite irunoni risō-tekidatta. Kanojo wa zaseki no mae no kabe ni suchuwādesu ga tatte, kanojo no mirukubotoru o manzoku ni sutte, hotondo nete ita to iu koto o kanojo no hanmokku de neta. Kanojo no otōto wa mata, chakuriku-ji ni mimi ni kiatsu o sukoshi kanjite naita dakede mondai no nai kodomodatta.

Mari no netsu wa hidoku, karera no chīsana karada ga atsui hosshin o tsunora se, muryokuna ryōshin ga te no fan de iyashi o motomeyou to shitaga, izentoshite nakanakatta. Kanojo wa chichioya no hiza no ue de odayaka ni yurasa re, neru koto ga dekita nochi, kanojo no bebībeddo de nemutta. Meido wa, Afurika no yō ni kanojo o senaka ni tsureteitte, kanojo ga tanoshinde ita, soshite chakujitsu ni taijū o fuyashimashita.

Sugu ni kanojo wa chokuritsu shi, otōto no torisaikuru no ushiro o aruite noru koto o manabimashita. Kanojo wa chichioya ga kanojo no shashin o totta toki ni kanojo ga hohoende kureta. Kanojo wa mite yorokobimashitaga, osanai koro ni hanasu koto o manande ita kyōdai mo, zō no toranpetto no koto o oboete imashita. Ryōshin ga machi kara tōi mura no atarashī ie ni hikkoshita toki, murabito-tachi wa karera to koi ni ochita. Meido wa kanojo o kanojo no senaka ni tsurete iki, doko ni demo samayoi, murabito no josei wa kuchi ni tabemono o ireta.

Furui murabito-tachi wa me o hanashite orazu, 1-ri no rōjin ga maiasa okite okite me o samasu yō ni yobimashita. Kono toki made ni, kanojo wa otōto o mohō shite hoikuen no uta o hanashi, oboete imashita. Watashi ga shitte iru papa o shitte ite, baba kuroi hitsuji toso no yōna in o kurikaesu to iimashita. Kanojo no ryōshin wa Indo ni futatabi idō shi, sokode hoikuen ni tōtte imashita.

Kyōdai wa yōchien ni tōtte imashita. Kanojo wa jibun no gengo o hanasu koto ga dekinakattaga, kanojo no hoikuen ga sukidatta. Kanojo wa hoikuen o mohō shi, kanojo no nenrei no ta no kodomo no kaisha o tanoshinda. Sūnengo, ryōshin wa Haichi ni utsuri, sokode gakkō o hajimemashita. Kono toki made ni kanojo wa hobo 5-sai to kyōdai 7-saideshita. Kanojo no ryōshin wa karera o ōku no kuni ni tsurete ikimashita.

Karera wa kōfun shite Mekishiko no teotiwakanpiramiddo no kaidan o nobori, chapurutepeku kōen o kakenukete uma o norikiri, Zocalo to guadarūpe kyōkai de kānibaru o mite, kyōmibukai ekisaitinguna me de mite, jinrui-gaku hakubutsukan o samayotta. Karera wa nyūyōku-shū no naiagaranotaki to Washinton no kōkū uchū hakubutsukan o mimashita.

Karera wa karera no hanashiwokiku hito to hanashi o kyōyū shimashita. Karera wa Furansu no nōson de yuki de ason dari, kaidan o nobotte rōma no koroshiamu o mimashita. Sonogo karera wa harutsūmu de habobu o taiken shi, Burunji no tanganika mizūmi de kaba o miru. Karera wa Mari, Indo, soshite genzai Haichi ni itte ite, habahiroi bunka-teki keiken de sodatte imashita. Yawarakai nenrei no kodomo-tachi ga kore made ni keiken suru chansu wa hotondo arimasendeshitaga, karera wa ryōhō tomo hatten shite iru to iu kyarakutā no kiso o kizuite imashita.

Atarashī kuni ga karera no risuto ni tsuika sa re, sokode seichō shimashita. Karera o mita min’na no kokoro o toraeta no wa Firipindeshita. Karera wa ōku no kuni ni sunde ite, totemo wakai toki ni hokanohito o tazuneta 2-ri no sutekina kodomodeshita. Ima, kōkōde wa, korera no 2-ri no kodomo wa, karera no chishiki to eigo no ryūchō-sei no men de, kurasumēto yori mo zutto maedesu. Ryōsha tomo sokuji supīchikontesuto de 1 tōshō o jushō shi, kanojo wa kagaku kontesuto de yūshō shita medaru o ie ni mochikaetta.

Kanojo no ryōshin wa hokorashige ni garasufurēmu ni subete no medaru o hyōji shimasu. Kanojo wa ima, wakai josei to rīdādeshita. Kanojo no ha wa kyōsei shika ishi no tasuke o hitsuyō to shitanode, kanojo wa ha o utsukushiku shite imashita. Kanojo wa mata, sebone o massugu ni suru tame no burēsu o mi ni tsukemashitaga, kanojo no ani wa haiGakkō wa totemo umaku itta.

Dochira mo daigaku ni mukaimashita. Ryōshin wa jūdai ni natte yorokobinagara karera o mimashita. Dochira mo sugureta kyarakutā o umidashi, itsumo hoka no gakusei ni yakudatte imashita. Karera ni atae rareta ninmu wa ō sugita. Karera wa Burunji to sūdan de hataraite ita chichioya o hōmon shi, mata Indo de ikutsu ka no jikan o sugoshimashita. Wakai josei wa genzai daigaku ni ite, daigaku no bijo ni eraba remashitaga, sore wa dare ni tottemo odorokide wa arimasendeshita.

Daremoga kanojo ga totemo utsukushī shōjodeari, daremoga miryō sa reta junsuina jinkaku o motte iru koto o shiru koto ga dekimashita. Kanojo wa suiei no yōna komyunikēshon o hakarinagara nōgyō keizaigakubu no gakusha ni narimashita. Kanojo wa ōsutoraria no Kyanbera ni iki, sokode shūshi-gō shutoku no tame no jōhō gijutsu o manabu yoteideshita.

Ryōshin wa ōyorokobi de, hajimete kanojo dake de gaigairyokō o shite itanode, kanojo o kūkō ni tsurete itta. Nokori wa rekishidesu. Ani wa aibīrīgu no daigaku de benkyō suru tame ni Beikoku ni iki, sotsugyō-go ni shūshoku shimashita. Kanojo wa sotsugyō-go ni ōsutoraria de seifu-shoku ni tsuite ōsutoraria ni narimashita. Karera wa mada dokuritsu shite ite, karera ga mada karera o minogashite iru to shitte iru hōhō de ryōshin kara hanaremashita.

Kodomo-tachi wa totemo hayaku seichō shi, shinji rarenai hododesu. Kanojo wa doko de hataraite mo, kanojo no ofisumeito no koibito to narimashita. Kanojo wa, dai kigyō ya bijinesurīdā no CEO ni samazamana tēma de purezentēshon o okonau nado, ōku no shō to shōsan o ukemashita. Eigo no ryūchō-kan ni kanmei o uketa hito wa, haha kokugode wanai koto o shitte imashitaga, kanojo wa kyōdai no yō ni Firipin no kotoba mo manabimashita.

Kanojo wa chichioya ni pawāpointopurezentēshon ya sonohoka no konpyūtātorikku o suru hōhō o oshiemashita. Sekkachi. Kanojo wa kare ni Kindle no e rīdā o motte kite, nan hyaku mo no hon o yomu koto ga dekimashita. Kanojo wa ryōshin no tame ni samusungyarakushīpaddo o motte kite, sukaipu de kanojo to hanasu koto ga deki, kanojo ni mēru o okutta. Kanojo wa geijutsu ni kyōmi o motte irunode, kanojo no chichi no enogu to burashi o motte kimashita.

Ryōshin, kyōdai, matawa futari no kodomonotameni kanojo ga shinai koto wa nani mo arimasen. Kanojo no yūekina seishitsu wa, sekaijū no hitobito ni kanmei o uketa. Kanojo wa shinri-tekina mondai o kakaeta 10-dai no shōjo o tasukemashita. Kanojo wa rōjin-tachi ga oyogu hōhō o manabu no o tasukemashita. Kanojo wa okane to adobaisu de hitobito o tasukeru. Sono chīsana utsukushī kodomo wa, genzai, shakai ni sābisu o teikyō suru tame no tsūru to shite jōhō gijutsu o tsukatte, ōku no kuni no mazushī hitobito o tasukeru koto ni yotte, sekaijū o tabi suru wakai joseidesu.

Kanojo wa yūmoa no sensu ga ari, shibashiba arayuru shurui no itazura ni aimasu kanojo no jimusho no kībōdo no tegami o kōkatsu ni kaete, konran shita ofisu no nakama ga kurō shite iru no o mite iru yōna kanji ga shimasu. Kanojo wa mata, karera ga kai narete iru to shuchō suru Afurika no chītā o hōyō shi, arayuru shurui no itazurana koto o shimasu. Shikashi, kanojo wa hahaoya no yō ni kin no kokoro o motte imasu. Kanojo wa mottomo hi riko-tekide, shinsetsude kokoro ga yutakade, kandaina, kanjō-tekide, shōjikide, kinben de, hijō ni kyōiku o uketa wakai joseidesu. Doko ni demo deau koto ga dekimasu.

Kanojo wa watashitachi no musumedesu. Watashitachiha kodomo-tachi o hokori ni omotte imasu.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“Heart of gold (in Japanese)” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中