Fake gurus (in Japanese)

偽の指導者

B0Y46PSCMAAEmB2

出典:Googleの写真

ストレスと不安に満ちた今日の狂った競争の激しい世界では、人々はヴァルハッラに価格を約束し、そうすることに大きな利益を得ることを約束する偽の精神的指導者を養成する霊的指導に飢えている。彼らは世界中のキノコのように発芽していますが、気候が好都合なところではもっとそうです。これは、教育、貧困、絶望的な生活の低レベルと関係している人もいます。ある人は、あらゆる種類の精神的な助けを価格で提供する偽の指導者に、

最近、彼の追随者から収集した免税金を使って帝国を築き、富裕層の生活を送っていたインドで逮捕され、この人に対して事件を提起した多数の女性を強姦し、 。しかし、これは孤立したケースではありません。私は、米国では、売春婦が売春婦に酔いしれて、性的虐待を受けて虐待を受けた富裕層の人生を送っていた事件を覚えています。

カトリックの司祭と修道女が、小児性愛者であることが判明しており、様々な国の当局に報告されており、それらの一部を訴追し、他のケースではフォローアップしている長いリストがあります。カトリック教会は、裁判所に訴訟を起こさせるために犠牲者たちに膨大な金額を払ってきたが、このようなことは、バチカンの小児性愛に対する厳しい姿勢にもかかわらず、どこにでもある。

インドは、ビジネスとして非常に有利なため、偽の指導者が十数名である国です。アシュラムを設置し、少数の宣伝パンフレットを書いて、人々の間で配布し、待つだけです。彼らは宣伝の仕事をし、早急にすべての税金を払うことを開始する戦利品を分かち合ういくつかの共犯者を必要とする。

不法に土地を占領し、宗教旗を築き、一種の寺院を建て、大きな献金ボックスを南京錠と上にスリットを置いておくのが一般的です。彼らは宗教の偽の教祖と関係しているかどうかにかかわらず、彼らが占領している土地から彼らを追い出すことはできません。お金が流入するとすぐに、彼らは拡大を開始し、違法に取得したものを保護するために、より多くの建物と高い壁を構築します。

これは、パンジャブ州の偽者達がビジネスを始め、何百年もの間に900エーカー以上の土地に拡大して5軒のスタートホテル、ゴルフコース、売春宿として倍増したマッサージ店など、豊かで有名な人々がそれら。彼らは順番にこの男を司法制度から守った。
そのような一人の指導者は、オレゴン州の田舎に彼のアシュラムを設置しました。

そこでは、ロールスロイスの車両が駐車されていました。最終的には、原理主義者や他のグループからの圧力を受けて、この教祖は追放され、彼の衣装は政府によって閉鎖された。彼のプライベートジェットも押収され、彼は非常にひどく治療され、後で解放された刑務所に入れられた。インドに帰国した直後、彼は非常に健康だったが、未知の理由で死亡した。彼の追随者は、米国で刑務所にいる間中毒したが、これは決して実証されていないと言います。

私の妻と私が南インドを訪れて多くの寺院を訪れていた時、私たちはガイドに警告して、いつでも彼らに尋ねる寺院に名前と住所を知らせないようにしました。彼らはあなたの住所を取得すると、彼らは切手と封筒を使い果たすまで、常に寄付のためにあなたを嫌うでしょう。

ラクナウのラマ・クリシュナ・ミッションに滞在している間に私が会った少女たちは、彼らがそれを手に入れるまで私の住所を私のために悩ませ続けました。それから、私は彼らの使命とプロジェクトのために私から寄付を要求し始め、答えを得ることを拒否しました。私はそれらを無視しました。無限の指導者とその信者が、宗教と霊的助言の名のもとに絶えず寄付と贈り物を要求しています。ある人は、金銭を徴収して正義に至るまで、豊かな生活スタイルで生きることができます。

私はいつも偽のサドゥア、指導者、自己スタイルの救世主を警戒してきましたが、まだ彼らは念のために試しています。私の故郷にあるそのようなグループの1つは、寄付金として現金を持って来る新しい新兵を得なければ、カルトが生き残ることができないので、新しいメンバーを彼らのカルトに追求することが切望されていました。彼らは私が最終的に何が起こったのか分からないので、あまりにも頑張った後でも15人以上を得ることができませんでした。昔のメンバーはひとりひとりに死んでしまった。誰もそのような教師と彼のカルトに興味を持たないようだったので、おそらく少なくとも私たちの街からは枯れていただろう。

今では技術者がハイテクになり、Facebook、Twitterで独自の無料ウェブページを持ち、常に寄付ボタンとPayPalボタンで自分のブログサイトを運営しています。彼らはまた、あらゆる種類のクレジットカードを受け入れているので、10年前にも不可能だった方法で技術を最大限に活用しています。

これは私に虚偽の元の問題に戻る。なぜcomモン族は故意に、そしてしばしば昆虫のようにこれらの捕食性のクモの罠に落ちるでしょうか?なぜ普通の人が常識を失って、これらの疑わしい宗派や宗教に加わって、これらの偽の達人が自分自身を豊かにするのでしょうか?なぜ彼らはこれらの指導者の逮捕を無視し、依然として彼らに対する忠誠を宣言していますか?彼らは、女性の虐待、詐欺的なビジネス取引、および不道徳な性格と彼に投票することで知られている屈強な政治家に彼らの忠誠心を宣言している普通の教育を受けていない人々とはまったく違っていますか?おなじみのようですか?私はそれが、この飢餓のためか、哀れな人生に欠けている人のためであると思います。

すべての種類の飢えの中で、霊的な飢餓は、人々がそれを満たすためにあらゆる長さに行く最も強力なものです。南アメリカのガイアナでジョーンズタウン虐殺の事件を覚えていますか?それはおそらく大規模な脳の洗浄の極端なケースですが、モラは積極的にそのような活動に従事しており、宗教の名の下にテロリズムを巻き込んで大混乱を引き起こす若者を訓練しています。フィリピンでは、メアリーの像をどこかに置いて、ヤギの血を目に入れて待っている詐欺師を見つけるのはかなり一般的です。まもなく、ママ・マリアは血の涙を流すので、人々は食べ物とお金を持ってくるようになります。

これらの詐欺師が常時監視している寄付箱が近くにある寄付箱が常にあります。インドでは、ガネーシュが牛乳を飲んでいるのとはまったく変わりません。このような偽のニュースは、ソーシャルメディアを通して急速に広がっています。私の故郷で私が知っていた特定の詐欺は本当に天才の詐欺師の仕事であり、彼の白い髪はインドのすべてのゲーテやマハバラットで見つけられると言っていました。

もし真実が証明されれば、彼の信者は次の住所にお金を送って感謝の意を表します。だから、人々はゲータやマハーバラートで白髪の束を探し始めました。白い髪の年老いた人たちが聖書に紐を見つけるのはまれではないことに気づいていない人が多くいました。そのような人々は、これらの詐欺師の主要な支持者です。私たち全員が髪を絶えず流していることを知っていないのですか?このブログの私の目的は、このような偽の看護師やお金を節約するために外に出ている不道徳な人たちの話を、それ。あるものの、ほとんどは捕まえられません。宗教と専門家の主題は、間違った行為の確かな証拠がない限り、当局が常に彼らの周りに先んじるような敏感な主題です。これらの偽の指導者を特定するのはむしろ簡単です。

ロレックスの時計、特許の洗練されたレザーシューズ、高価なSUVを見てみましょう。彼らはすべて賞賛者によって支払われると言いますが、それは明らかに男性の性格を示しています。インドでは尋ねたことのない偉大な精神的指導者誰からも何でも彼らは貧困の生活を送ったが、彼らの教えによって世界を豊かにした。人々は彼らのために寺院を建て、崇拝して本を読んでいます。本当の霊的指導者が無私であること、貧困の人生を生きて誰にも尋ねないことを学んだので、人々はそれを尊敬します。彼らが提供しているのは霊的指導だけです。なぜ同じ人々が彼らの常識を失い、偽の指導者に従うのですか?私はそれは、これらの指導者が説教をする上で持っている少しのカリスマ性とぎりぎりの流暢さと関係していると思います。

どういうわけか、普通の人に印象を与えるだけで十分であり、その人々は、お金を寄付することによってどのように感銘を受けているかを示します。テレビ番組を毎日運営し、たくさんのお金で熊手をかけているテレ・エバンジェリストたちと同じことです。これらの詐欺には利点があります。彼らは彼らの説教を書く人を雇い、それから誰かがカメラの範囲を守っているテレプロンプターやキューカードを使ってそれを読んでいます。

そして、彼らは病気と不自由な人たちのふりをして群衆を満たし、これらの詐欺師は、群衆の中にいる他の詐欺師に捕らえられるように指で触れると落ちるので、最後の詳細まで管理されるすべての段階です。しかし、視聴者はそれを知っているのか、それとも彼らが犯されていると信じていますか?彼らはしません。あなたは、テレビの前に座っていて、スクリーン上に手のひらを置いて、説教者が発信していると思われる「良い気分を吸収する」ための古い女性を見るでしょう。

テレのコンピュータを保守していた人の話を知っていますどこの教会の伝道者でも、ドナーの名前と送った金額がすべて記録されていました。このチャップは、コンピュータの専門家であって、財布から何らかの金額を自動的に吸い取り、どこかの口座に送ったプログラムでした。それは検出するのが難しい方法で行われましたが、何とか彼は捕らえられて仕事から解雇されました。しかし、彼は長い間、そのような事態のために自分自身を準備していたので、秘書が名前をタイプしたときに起動された秘密のプログラムをコンピュータに挿入した

彼女がそれらを登録するために受け取った封筒に。 彼がしたのは、プログラムが認可した名前で封筒を郵送してプログラムを起動し、ドナーの名前と住所をハードドライブからすべて削除したことだけでした。ドナーのリストとすべての過去の口座なしでできることを想像してください 彼らが受け取ったお金のことですか? それは陽気だった。

私はそれが本当のストーリーであったことを願っています。誰かがあなたを詐欺している時を知るためにあなたの常識を使わなければなりません。 しかし、あなたが精神的に飢えているなら、あなたは何人かの人々があなたを利用して、あなたの苦労したお金を分け与えることを確信させることができます。 誰もあなたに常識を掘り下げることはできません。 あなたはそれを持っているかしていない。

 

 

 

Nise no shidō-sha shutten: Gūguru no shashin sutoresu to fuan ni michita kyō no kurutta kyōsō no hageshī sekaide wa, hitobito wa vu~aruharra ni kakaku o yakusoku shi,-sō suru koto ni ōkina rieki o eru koto o yakusoku suru nise no seishin-teki shidō-sha o yōsei suru reiteki shidō ni uete iru. Karera wa sekaijū no kinoko no yō ni hatsuga shite imasuga, kikō ga kōtsugōna tokorode wa motto sōdesu.

Kore wa, kyōiku, hinkon, zetsubō-tekina seikatsu no tei reberu to kankei shite iru hito mo imasu. Aru hito wa, arayuru shurui no seishin-tekina tasuke o kakaku de teikyō suru nise no shidō-sha ni, saikin, kare no tsuizui-sha kara shūshū shita menzei-kin o tsukatte teikoku o kizuki, toyūsō no seikatsu o okutte ita Indo de taiho sa re, kono hito ni taishite jiken o teiki shita tasū no josei o gōkan shi,.

Shikashi, koreha koritsu shita kēsude wa arimasen. Watashi wa, Beikokude wa, baishunpu ga baishunpu ni yoishirete,-sei-teki gyakutai o ukete gyakutai o uketa toyūsō no jinsei o okutte ita jiken o oboete imasu. Katorikku no shisai to shūdō on’na ga, shōniseiai-shadearu koto ga hanmei shite ori, samazamana kuni no tōkyoku ni hōkoku sa rete ori, sorera no ichibu o sotsui shi, hoka no kēsude wa forōappu shite iru nagai risuto ga arimasu.

Katorikku kyōkai wa, saibansho ni soshō o okosa seru tame ni gisei-sha-tachi ni bōdaina kingaku o haratte kitaga, kono yōna koto wa, Bachikan no shōniseiai ni taisuru kibishī shisei nimokakawarazu, doko ni demoaru. Indo wa, bijinesu to shite hijō ni yūrina tame, nise no shidō-sha ga jū sū-meidearu kunidesu. Ashuramu o setchi shi, shōsū no senden panfuretto o kaite, hitobito no ma de haifu shi, matsu dakedesu. Karera wa senden no shigoto o shi, sakkyū ni subete no zeikin o harau koto o kaishi suru senri-hin o wakachi au ikutsu ka no kyōhan-sha o hitsuyō to suru.

Fuhō ni tochi o senryō shi, shūkyō hata o kizuki, isshu no jiin o tate, ōkina kenkin bokkusu o nankinjō to ue ni suritto o oite oku no ga ippan-tekidesu. Karera wa shūkyō no nise no kyōso to kankei shite iru ka dō ka ni kakawarazu, karera ga senryō shite iru tochi kara karera o oidasu koto wa dekimasen. Okane ga ryūnyū suruto sugu ni, karera wa kakudai o kaishi shi, ihō ni shutoku shita mono o hogo suru tame ni, yori ōku no tatemono to takai kabe o kōchiku shimasu.

Kore wa, Panjabu-shū no nisemono-tachi ga bijinesu o hajime, nanbyakunen mo no ma ni 900 ēkā ijō no tochi ni kakudai shite 5-ken no sutātohoteru, gorufukōsu, baishun yado to shite baizō shita massāji-ten nado, yutakade yūmeina hitobito ga sorera. Karera wa junban ni kono otoko o shihō seido kara mamotta. So no yōna hitori no shidō-sha wa, Oregon-shū no inaka ni kare no ashuramu o setchi shimashita. Sokode wa, rōrusuroisu no sharyō ga chūsha sa rete imashita.

Saishūtekini wa, genri shugi-sha ya hoka no gurūpu kara no atsuryoku o ukete, kono kyōso wa tsuihō sa re, kare no ishō wa seifu ni yotte heisa sa reta. Kare no puraibētojetto mo ōshū sa re, kare wa hijō ni hidoku chiryō sa re,-go de kaihō sa reta keimusho ni haire rareta. Indo ni kikoku shita chokugo, kare wa hijō ni kenkōdattaga, michi no riyū de shibō shita. Kare no tsuizui-sha wa, Beikoku de keimusho ni iru ma chūdoku shitaga, kore wa kesshite jisshō sa rete inai to iimasu.

Watashi no tsuma to watashi ga minamiindo o otozurete ōku no jiin o otozurete ita toki, watashitachiha gaido ni keikoku shite, itsu demo karera ni tazuneru jiin ni namae to jūsho o shirasenai yō ni shimashita. Karera wa anata no jūsho o shutoku suru to, karera wa kitte to fūtō o tsukaihatasu made, tsuneni kifu no tame ni anata o kiraudeshou. Rakunau no rama kurishuna misshon ni taizai shite iru ma ni watashi ga atta shōjo-tachi wa, karera ga sore o teniireru made watashi no jūsho o watashi no tame ni nayama se tsudzukemashita.

Sorekara, watashi wa karera no shimei to purojekuto no tame ni watashi kara kifu o yōkyū shi hajime, kotae o eru koto o kyohi shimashita. Watashi wa sorera o mushi shimashita. Mugen no shidō-sha to sono shinja ga, shūkyō to reiteki jogen no na no moto ni taezu kifu to okurimono o yōkyū shite imasu. Aru hito wa, kinsen o chōshū shite seigi ni itaru made, yutakana seikatsu sutairu de ikiru koto ga dekimasu. Watashi wa itsumo nise no sado~ua, shidō-sha, jiko sutairu no kyūseishu o keikai shite kimashitaga, mada karera wa nen’notame ni tameshite imasu.

Watashi no furusato ni aru so no yōna gurūpu no 1tsu wa, kifu-kin to shite genkin o motte kuru atarashī shinpei o enakereba, karuto ga ikinokoru koto ga dekinainode, atarashī menbā o karera no karuto ni tsuikyū suru koto ga setsubō sa rete imashita. Karera wa watashi ga saishūtekini nani ga okotta no ka wakaranainode, amarini mo ganbatta nochi demo 15-ri ijō o eru koto ga dekimasendeshita. Mukashi no menbā wa hitorihitori ni shinde shimatta.

Dare mo sono yōna kyōshi to kare no karuto ni kyōmi o motanai yōdattanode, osoraku sukunakutomo watashitachi no machi kara wa karete itadarou. Ima dewa gijutsu-sha ga haiteku ni nari, feisubukku, tsuittā de dokuji no muryō u~ebupēji o mochi, tsuneni kifu botan to peiparu botan de jibun no burogusaito o un’ei shite imasu. Karera wa mata, arayuru shurui no kurejittokādo o ukeirete irunode, 10-nen mae ni mo fukanōdatta hōhō de gijutsu o saidaigen ni katsuyō shite imasu.

Kore wa watashi ni kyogi no gen no mondai ni modoru. Naze komuMon-zoku wa koi ni, soshite shibashiba konchū no yō ni korera no hoshokuseino kumo no wana ni ochirudeshou ka? Naze futsūnohito ga jōshiki o ushinatte, korera no utagawashī shūha ya shūkyō ni kuwawatte, korera no nise no tatsujin ga jibun jishin o yutaka ni suru nodeshou ka? Naze karera wa korera no shidō-sha no taiho o mushi shi, izentoshite karera ni taisuru chūsei o sengen shite imasu ka?

Karera wa, josei no gyakutai, sagi-tekina bijinesu torihiki,oyobi fudōtokuna seikaku to kare ni tōhyō suru koto de shira rete iru kukkyōna seijika ni karera no chūsei kokoro o sengen shite iru futsū no kyōiku o ukete inai hitobito to wa mattaku chigatte imasu ka? Onajimi no yōdesu ka? Watashi wa sore ga, kono kiga no tame ka, awarena jinsei ni kakete iru hito no tamedearu to omoimasu.

Subete no shurui no ue no naka de, reitekina kiga wa, hitobito ga sore o mitasu tame ni arayuru naga-sa ni iku mottomo kyōryokuna monodesu. Minami Amerika no Gaiana de jōnzutaun gyakusatsu no jiken o oboete imasu ka? Sore wa osoraku ōkibona nō no senjō no kyokutan’na kēsudesuga, mora wa sekkyokutekini sono yōna katsudō ni jūji shite ori, shūkyō no na no shita ni terorizumu o makikonde dai konran o hikiokosu wakamono o kunren shite imasu.

Firipinde wa, mearī no zō o doko ka ni oite, yagi no chi o me ni irete matte iru sagi-shi o mitsukeru no wa kanari ippan-tekidesu. Mamonaku, mama Maria wa chi no namidawonagasunode, hitobito wa tabemono to okane o motte kuru yō ni narimasu. Korera no sagi-shi ga jōji kanshi shite iru kifu-bako ga chikaku ni aru kifu-bako ga tsuneni arimasu. Indode wa, ganēshu ga gyūnyū o nonde iru no to wa mattaku kawarimasen. Ko no yōna nise no nyūsu wa, sōsharumedia o tōshite kyūsoku ni hirogatte imasu.

Watashi no furusato de watashi ga shitteita tokutei no sagi wa hontōni tensai no sagi-shi no shigotodeari, kare no shiroi kami wa Indo no subete no gēte ya mahabaratto de mitsuke rareru to itte imashita. Moshi shinjitsu ga shōmei sa rereba, kare no shinja wa tsugi no jūsho ni okane o okutte kansha no i o arawashimasu. Dakara, hitobito wa gēta ya mahābarāto de shiraga no taba o sagashi hajimemashita. Shiroi kami no toshioita hito-tachi ga seisho ni himo o mitsukeru no wa marede wanai koto ni kidzuite inai hito ga ōku imashita.

So no yōna hitobito wa, korera no sagi-shi no shuyōna shiji-shadesu. Watashitachi zen’in ga kami o taezu nagashite iru koto o shitte inai nodesu ka? Kono burogu no watashi no mokuteki wa, kono yōna nise no kankoshi ya okane o setsuyaku suru tame ni soto ni dete iru fudōtokuna hito-tachi no hanashi o, sore. Aru mono no, hotondo wa tsukamae raremasen.

Shūkyō to senmonka no shudai wa, machigatta kōi no tashikana shōko ga nai kagiri, tōkyoku ga tsuneni karera no mawari ni sakinjiru yōna binkan’na shudaidesu. Korera no nise no shidō-sha o tokutei suru no wa mushiro kantandesu. Rorekkusu no tokei, tokkyo no senrensareta rezāshūzu, kōkana SUV o mite mimashou. Karera wa subete shōsan-sha ni yotte shiharawa reru to iimasuga, sore wa akiraka ni dansei no seikaku o shimeshite imasu.

Indode wa tazuneta koto no nai idaina seishin-teki shidō-sha dareka-ra mo nani demo karera wa hinkon no seikatsu o okuttaga, karera no oshie ni yotte sekai o yutaka ni shita. Hitobito wa karera no tame ni jiin o tate, sūhai shite hon o yonde imasu. Hontō no reiteki shidō-sha ga mushidearu koto, hinkon no jinsei o ikite darenimo tazunenai koto o manandanode, hitobito wa sore o sonkei shimasu. Karera ga teikyō shite iru no wa reiteki shidō dakedesu.

Naze onaji hitobito ga karera no jōshiki o ushinai, nise no shidō-sha ni shitagau nodesu ka? Watashi wa sore wa, korera no shidō-sha ga sekkyō o suru ue de motte iru sukoshi no karisuma-sei to girigiri no ryūchō-sa to kankei shite iru to omoimasu. Dō iu wake ka, futsūnohito ni inshō o ataeru dakede jūbundeari, sono hitobito wa, okane o kifu suru koto ni yotte dono yō ni kanmei o ukete iru ka o shimeshimasu. Terebibangu o mainichi un’ei shi, takusan no okane de kumade o kakete iru Tere ebanjerisuto-tachi to onaji kotodesu.

Korera no sagi ni wa riten ga arimasu. Karera wa karera no sekkyō o kaku hito o yatoi, sorekara darekaga kamera no han’i o mamotte iru terepuronputā ya kyūkādo o tsukatte sore o yonde imasu. Soshite, karera wa byōki to fujiyūna hito-tachi no furi o shite gunshū o mitashi, korera no sagi-shi wa, gunshū no naka ni iru ta no sagi-shi ni torae rareru yō ni yubi de fureru to ochirunode, saigo no shōsai made kanri sa reru subete no dankaidesu.

Shikashi, shichō-sha wa sore o shitte iru no ka, soretomo karera ga okasa rete iru to shinjite imasu ka? Karera wa shimasen. Anata wa, terebi no mae ni suwatte ite, sukurīn-jō ni tenohira o oite, sekkyō-sha ga hasshin shite iru to omowa reru `yoi kibun o kyūshū suru’ tame no furui josei o mirudeshou. Tere no konpyūta o hoshu shite ita hito no hanashi o shitte imasu doko no kyōkai no dendō-sha demo, donā no namae to okutta kingaku ga subete kiroku sa rete imashita.

Kono chappu wa, konpyūta no senmonkadeatte, saifu kara nanrakano kingaku o jidōtekini suitori, doko ka no kōza ni okutta puroguramudeshita. Sore wa kenshutsu suru no ga muzukashī hōhō de okonawa remashitaga, nantoka kare wa torae rarete shigoto kara kaiko sa remashita. Shikashi, kare wa nagaiai, sono yōna jitai no tame ni jibun jishin o junbi shite itanode, hisho ga namae o taipu shita toki ni kidō sa reta himitsu no puroguramu o konpyūta ni sōnyū shitaKanojo ga sorera o tōroku suru tame ni uketotta fūtō ni.

Kare ga shita no wa, puroguramu ga ninka shita namae de fūtō o yūsō shite puroguramu o kidō shi, donā no namae to jūsho o hādodoraibu kara subete sakujo shita koto dakedeshita. Donā no risuto to subete no kako no kōza nashi de dekiru koto o sōzō shite kudasai karera ga uketotta okane no kotodesu ka? Sore wa yōkidatta. Watashi wa sore ga hontō no sutōrīdeatta koto o negatte imasu. Darekaga anata o sagi shite iru toki o shiru tame ni anata no jōshiki o tsukawanakereba narimasen.

Shikashi, anata ga seishintekini uete irunara, anata wa nan’ninka no hitobito ga anata o riyō shite, anata no kurō shita okane o wakeataeru koto o kakushin sa seru koto ga dekimasu. Dare mo anata ni jōshiki o horisageru koto wa dekimasen. Anata wa sore o motte iru ka shite inai.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中