Down the memory lane( in Japanese)

メモリレーンを下げる
Why-Lonely-People-Stay-Lonely-3

出典:Googleの写真

あなたはたまたま偶然に会った人たちや、あなたに印象づけられない印象を残したデザインについて考えることをやめたことがありますか?あなたは何が起こったのか、彼らがどこにいるのか疑問に思ったことはありますか?人生はどのように扱われましたか?彼らはまだ生きているのか死んでいるのですか?また、その人たちが痕跡を残さずにあなたの人生から完全に姿を消したのはどうですか?
これらは非常に有効な質問であり、深く考えて、あなたが逃してしまった怒りで実現するように誘導するかもしれません。

この長い旅の旅の中で、私たちはあらゆる種類の人を途中で訪れます。あなたが会ったほとんどの人は、おそらくあなたを使った有毒な人々を含めて書く価値がないのですが、あなたからの恩恵を受けて、感謝の気持ちを示さなかった人類の貧しい例であり、あなたがまだ見逃している人がいて、伝道用のバケツを蹴って話す前に、もう一度それらを見たい人がいます。
私たちは皆、忘れ去られた印象を残した人々に会うという経験を持っていますが、残念ながら彼らはすべて姿を消しました。私はあなたの高校の同級生や大学の同級生、またはあなたが成長している間にあなたの近所で育った子供たちを意味するものではありませんが、少数の場合は連絡を取りたいと思っていたかもしれません。

私の人生ではかなりの人がいました。私は自分のバイクに乗るのが大好きで、私を見に来るために200キロを運転する彼のボーイッシュで熱心な顔と赤いカーリーの髪でルイを覚えています。私はまだ彼のいたずらな笑顔と豊かな人格で彼の写真を持っていますが、彼は完全に姿を消しました。私はソーシャルメディアで彼を見つめようとしましたが、長く失われた人々を見つけることができますが、成功しませんでした。
バンコクで私を見せてくれるすばらしいタイの女の子だったWiriyaがいて、彼女が川の向こうで働いていた大学に私を紹介しました。

真夜中に私をバスステーションに連れてきて、カリフォルニアでさよならを言うアリソンがいました。アンコールワットに私と一緒に行くはずだったジョンがいましたが、何かが上がったので私は旅行をキャンセルしなければなりませんでした。ネイティブだけの方法で私に東京を見せたマサフミがいました。 Sheung ShuiにKam Fatがありました。私は以前ブログで書いていました。

振り返ってみると、私は自分の若い熱心な人たちの顔を鮮明に覚えています。私の友人になりたいと思っています。私はとてもシンプルで無邪気で、信じがたいスティーブと呼ばれるカリフォルニアの寮の仲間を持っていました。

長年にわたり多くの国を旅行している間、私は忘れるのが難しい多くの人に会いました。それは彼らが完全に消えたことを受け入れることをさらに困難にします。フランスの先生であるMarie Francoiseは、フランスでやったようにどこでも挑戦してくれるだろうと思っていて、ワシントンDCでチケットを手に入れたときにとても驚きました。彼女は面白かったです。私が忘れられない人のいたずらと宝石でいっぱいです。私は彼女の手書きを理解することができなかったので、彼女が最後に私に与えたアドレスは私には役に立たず、私が米国を去ったときに私は彼女を失った。

50年を超える長い時間が過ぎると、人々は別の場所に移動し、結婚したり、家族を持ったり、別の人と別の場所に行ったりします。私が恐ろしいのは、彼らが病気になったり、死んでいる可能性があるという考えです。

だから、私たちは皆、ある時間や他の人に会って、すぐに消滅したすばらしい人々を再び見つけられないようにしました。多分私たちが会った時間と状況が再現できないので、私たちは皆異なる方向で私たちの生活の中で進むので、私たちの道はずっと前と同じように再び収束しません。

この世界はあなたが1分間それについて考えるならば、とても大きいです。それは広大で、以前はジェット時代には不足していたと思われる距離は、今や私たちが旅行をやめてしまったのでとても素晴らしいようです。だから私は、誰かがそれを読んで、私たちがとても若くて無謀で、楽しい愛と冒険の時に彼を知っていたと言う非常にかすかな希望で、この素晴らしい人たちをこのブログに記録したかったのです。私たちはいたずらになったが、一緒に楽しく過ごした。

私たちの人生は記憶が書かれた本のようなもので、たとえ本が枯れて壊れやすいとしても、何度もページに戻ってくる。私は知っていた良き人々について書いて、毒性の悪い人を無視することを選択します。私は嫌いな人と私の友人になれなかった人よりも、好きで気に入った人を覚えています。

私は、人々があなたが疑わしく恐れているいくつかの国で、いくつかの例外を除いて挨拶する勇気があれば、どこからでも開いて笑顔を見出すことができました。彼らは私の友人や隣人であっても、彼らが私の友人になることはなかったので、私はそれらについて書きません。
彼らは私が最初からとても親切だったので、私はフランス人にとっては部分的だと言わなければなりません。私たちは毎晩同じレストランで食事をしていました。

アルジェリアのTizi Ouzouとその多くは知っていた。彼らはテーブルから叫んで、明日あなたを迎えに来て、次の町でサッカーをしたり、今夜は出席しなければならないパーティーがあると言っていました。 1つは、正午の休憩中に私のオフィスで私をピックアップするために使用され、私たちは丘の上の彼の家の真下の青い地中海で泳ぎ、ステレオのJean Ferratを聞いて炭火で夜に子羊を焼く。車が壊れて助けが必要な人を牽引するように頼んだとき、躊躇しなかったイヴたち。彼はラバトに引っ越し、私に迷う。

私はたくさんの善良な人々を知ることができて恵まれていましたが、私はそれらのすべてについて書くことはできませんが、私の人生の本の中で愛されるように記憶されています。彼らがどこにいるのか分からない。これは、人が何らかの形であなたの人生にプラスの影響を与えたために、良い人たちが常に大事にされていることを示すために、誰もができることはほとんどありません。あなたが目を閉じて人生を多くの人と考える人生のすべてが同じ方向に旅行していて、遅かれ早かれ同じ目的に会うことができたら、遅くなるかもしれないあなたの仲間の旅行者に感謝し始めるでしょう。あなたの後ろに来る他の人たちは、いつかあなたを追い越します。

私の記憶の車線を除いて、その日に戻ることはできません。

 

 

 

Memorirēn o sageru   shutten: Gūguru no shashin anata wa tamatama gūzen ni atta hito-tachi ya, anata ni inshōdzuke rarenai inshō o nokoshita dezain ni tsuite kangaeru koto o yameta koto ga arimasu ka? Anata wa nani ga okotta no ka, karera ga doko ni iru no ka gimon ni omotta koto wa arimasu ka? Jinsei wa dono yō ni atsukawa remashita ka? Karera wa mada ikite iru no ka shinde iru nodesu ka? Mata, sono hito-tachi ga konseki o nokosazu ni anata no jinsei kara kanzen ni sugata o keshita no wa dōdesu ka?

Korera wa hijō ni yūkōna shitsumondeari, fukaku kangaete, anata ga nogashite shimatta ikari de jitsugen suru yō ni yūdō suru kamo shiremasen. Kono nagai tabi no tabi no naka de, watashitachi wa arayuru shurui no hito o tochū de otozuremasu. Anata ga atta hotondo no hito wa, osoraku anata o tsukatta yūdokuna hitobito o fukumete kaku kachi ga nai nodesuga, anata kara no onkei o ukete, kanshanokimochi o shimesanakatta jinrui no mazushī reideari, anata ga mada minogashite iru hito ga ite, dendō-yō no baketsu o kette hanasu mae ni, mōichido sorera o mitai hito ga imasu.

Watashitachi wa mina, wasuresara reta inshō o nokoshita hitobito ni au to iu keiken o motte imasuga, zan’nen’nagara karera wa subete sugata o keshimashita. Watashi wa anata no kōkō no dōkyūsei ya daigaku no dōkyūsei, matawa anata ga seichō shite iru ma ni anata no kinjo de sodatta kodomo-tachi o imi suru monode wa arimasenga, shōsū no baai wa renraku o toritai to omotte ita kamo shiremasen. Watashinojinseide wa kanari no hito ga imashita.

Watashi wa jibun no baiku ni noru no ga daisukide, watashi o mi ni kuru tame ni 200-kiro o unten suru kare no bōisshu de nesshin’na kao to akai kārī no kami de Rui o oboete imasu. Watashi wa mada kare no itazurana egao to yutakana jinkaku de kare no shashin o motte imasuga, kare wa kanzen ni sugata o keshimashita. Watashi wa sōsharumedia de kare o mitsumeyou to shimashitaga, nagaku ushinawa reta hitobito o mitsukeru koto ga dekimasuga, seikō shimasendeshita.

Bankoku de watashi o misete kureru subarashī Tai no on’nanokodatta Wiriya ga ite, kanojo ga kawa no mukō de hataraite ita daigaku ni watashi o shōkai shimashita. Mayonaka ni watashi o basusutēshon ni tsurete kite, Kariforunia de sayonara o iu arison ga imashita. Ankōruwatto ni watashitoisshoni iku hazudatta Jon ga imashitaga, nanika ga agattanode watashi wa ryokō o kyanseru shinakereba narimasendeshita.

Neitibu dake no hōhō de watashi ni Tōkyō o miseta masafumi ga imashita. Sheung Shui ni Kam Fat ga arimashita. Watashi wa izen burogu de kaite imashita. Furikaette miru to, watashi wa jibun no wakai nesshin’na hito-tachi no kao o senmei ni oboete imasu.

Watashi no yūjin ni naritai to omotte imasu. Watashi wa totemo shinpurude mujakide, shinji gatai sutību to yoba reru Kariforunia no ryō no nakama o motte imashita. Naganen ni watari ōku no kuni o ryokō shite iru ma, watashi wa wasureru no ga muzukashī ōku no hito ni aimashita. Sore wa karera ga kanzen ni kieta koto o ukeireru koto o sarani kon’nan ni shimasu. Furansu no senseidearu marī Francoise wa, Furansu de yatta yō ni doko demo chōsen shite kurerudarou to omotte ite, washintondīshī de chiketto o teniireta toki ni totemo odorokimashita.

Kanojo wa omoshirokattadesu. Watashi ga wasurerarenaihito no itazura to hōseki de ippaidesu. Watashi wa kanojo no tegaki o rikai suru koto ga dekinakattanode, kanojo ga saigo ni watashi ni ataeta adoresu wa watashiniha yakunitatazu, watashi ga Beikoku o satta toki ni watashi wa kanojo o ushinatta.

50-Nen o koeru nagai jikan ga sugiru to, hitobito wa betsu no basho ni idō shi, kekkon shi tari, kazoku o mottari,-betsu no hito to betsu no basho ni ittari shimasu. Watashi ga osoroshī no wa, karera ga byōki ni nattari, shinde iru kanōsei ga aru to iu kangaedesu. Dakara, watashitachi wa mina, aru jikan ya hokanohito ni atte, sugu ni shōmetsu shita subarashī hitobito o futatabi mitsuke rarenai yō ni shimashita.

Tabun watashitachi ga atta jikan to jōkyō ga saigen dekinainode, watashitachi wa mina kotonaru hōkō de watashitachi no seikatsu no naka de susumunode, watashitachi no michi wa zutto mae to onajiyōni futatabi shūsoku shimasen. Kono sekai wa anata ga 1-funkan sore ni tsuite kangaerunaraba, totemo ōkīdesu. Sore wa kōdaide, izen wa jetto jidai ni wa fusoku shite ita to omowa reru kyori wa, imaya watashitachi ga ryokō o yamete shimattanode totemo subarashī yōdesu.

Dakara watashi wa, darekaga sore o yonde, watashitachi ga totemo wakakute mubō de, tanoshī ai to bōken no toki ni kare o shitteita to iu hijō ni kasukana kibō de, kono subarashī hito-tachi o kono burogu ni kiroku shitakatta nodesu. Watashitachiha itazura ni nattaga, issho ni tanoshiku sugoshita. Watashitachi no jinsei wa kioku ga kaka reta hon no yōna mono de, tatoe hon ga karete koware yasui to shite mo, nando mo pēji ni modotte kuru. Watashi wa shitteita yoki hitobito ni tsuite kaite, dokusei no warui hito o mushi suru koto o sentaku shimasu.

Watashi wa kirainahito to watashi no yūjin ni narenakatta hito yori mo, sukide kiniitta hito o oboete imasu. Watashi wa, hitobito ga anata ga utagawashiku osorete iru ikutsu ka no kuni de, ikutsu ka no reigai o nozoite aisatsu suru yūkigāreba, doko kara demo aite egao o miidasu koto ga dekimashita. Karera wa watashi no yūjin ya rinjindeatte mo, karera ga watashi no yūjin ni naru koto wa nakattanode, watashi wa sorera ni tsuite kakimasen. Karera wa watashi ga saisho kara totemo shinsetsudattanode, watashi wa furansuhito ni totte wa bubun-tekida to iwanakereba narimasen. Watashitachi wa maiban onaji resutoran de shokuji o shite imashita.

Arujeria no Tizi Ouzou to sono ōku wa shitteita. Karera wa tēburu kara sakende, ashita anata o mukae ni kite,-ji no machi de sakkā o shi tari, kon’ya wa shusseki shinakereba naranai pātī ga aru to itte imashita. 1Tsu wa, shōgo no kyūkei-chū ni watashi no ofisu de watashi o pikkuappu suru tame ni shiyō sa re, watashitachiha oka no ue no kare no ie no mashita no aoi Chichūkai de oyogi, sutereo no jīn Ferrat o kiite sumibi de yoru ni kohitsuji o yaku.

Kuruma ga kowarete tasuke ga hitsuyōna hito o ken’in suru yō ni tanonda toki, chūcho shinakatta ivu-tachi. Kare wa Rabato ni hikkoshi, watashi ni mayou. Watashi wa takusan no zenryōna hitobito o shiru koto ga dekite megumarete imashitaga, watashi wa sorera no subete ni tsuite kaku koto wa dekimasenga, watashinojinsei no hon no naka de aisa reru yō ni kioku sa rete imasu. Karera ga doko ni iru no ka wakaranai.

Kore wa, hito ga nanrakano katachi de anata no jinsei ni purasu no eikyō o ataeta tame ni, yoi hito-tachi ga tsuneni daiji ni sa rete iru koto o shimesu tame ni, daremoga dekiru koto wa hotondo arimasen. Anata ga mewotojite jinsei o ōku no hito to kangaeru jinsei no subete ga onaji hōkō ni ryokō shite ite, osokare hayakare onaji mokuteki ni au koto ga dekitara, osoku naru kamo shirenai anata no nakama no ryokō-sha ni kansha shi hajimerudeshou. Anata no ushiro ni kuru hokanohito-tachi wa, itsuka anata o oikoshimasu.

Watashi no kioku no shasen o nozoite, sonohi ni modoru koto wa dekimasen.

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中