Blood sport ( in Japanese)

血のスポーツ
mannypac22-360x270

出典:Googleの写真

世界で最も人気のあるスポーツはサッカーと呼ばれています。アステカ帝国時代や世界の他の地域でプレイされたボールがプレイヤーによって蹴られた古代のスポーツです。それは選手のサイズが重要ではないスポーツです。重要なのは、ボールとスピードを蹴るスキルだけであり、小さい男の子でも大きな男と戦うことができ、速くてボールをゴールまで押し込むことができれば敗北することができます。

人々は世界中のこのスポーツを愛し、幼い時から村、町、都市で遊ぶ。それは接触のスポーツではないので、派手なスタジアム、ボディスーツ、ヘルメット、手袋、または靴を必要としないスポーツです。誰もが世界で最も人気のあるスポーツになっている場所であればどこでもプレーできます。

ワールドカップの興奮は、プレイヤーが4年ごとにオリンピックのように会場に集まり、賞賛されるカップに勝つためにプレーするときの最高潮に達します。何百万人もの人々が衛星を介してゲームを見ており、いくつかの人はタコを熱心に見て、勝者を予測するかどうかを見ました。最後のワールドカップでは、時間がかかりましたが、最終的にはドイツの色のついたボックスに座って、他の人たちに大きな失望感を与えました。ドイツは2014年にカップを獲得しました。

米国では、プレイヤーが奇妙な形のボールを手にして走るスポーツは、野球と共に彼らの国民スポーツであるサッカーと呼ばれています。サッカーは他の国でプレーされているサッカーと区別するため、サッカーはサッカーと呼んでいますが、フットボールは他の国に残っています。アメリカンフットボールは、実際には非常に大きなビジネスであり、チケットの販売やスポーツ用品、テレビ放送の権利および関連するビジネス慣行の売却に数百万ドルを生み出しています。

ナショナルチームでプレーする選手は激しい競争を繰り広げ、優勝者は他のスポーツマンが大勢の給料と特典を獲得するスターの地位を獲得するが、名声と金は価格になるので、今日は彼らが支払う価格について書く。

私はテレビで昨夜映画を見ていました。ナイジェリア出身の移民神経外科医が、ゲーム中に頭の中で重傷を負って死亡していることをナイジェリアから知っていました。彼は、死んだ選手の脳に行った剖検中に負傷を観察し、選手たちが練習した暴力的な頭突きが、最終的にそれらを殺した脳を損傷させたという結論に達した。この医師は、調査結果を暴露したNFL当局に謝罪され、そのような調査結果を受け入れることは、莫大な利益を傷つける可能性があるため、シカゴの会議で彼の調査結果を提示することを許可しなかった。

そのような証拠を受け入れることでタバコや他のたばこ製品から得た利益が失われるため、タバコが反対する大規模な証拠にもかかわらず、タバコが誰を殺したこともないというワシントンDCの議会審問で宣言したタバコ男爵と変わりはなかった。これは、科学者たちからの猛烈な圧力の下で、たばこが殺人者であったという事実を受け入れるようになったときに、後に変わるだろう。現在、ほとんどの国では、公共の場での喫煙が禁止されています。なぜなら、間接喫煙は空気を汚染する喫煙者と同様に危険であるからです。

オーストラリアでは、タバコ製造業者は、人々が喫煙の危険性を認識すべきであるという警告とともに、パケット上に癌の図を詳細に描写することを強いられている。
ボクサーが互いの手で受けている打撃のために頭脳の周りに脳がスロッシングするので、重度の脳損傷を引き起こすボクシングと呼ばれる別のゲームがあります。モハメドアリを覚えていますか?彼は野菜になって、人々がボクサーの最大のものとして彼を覚えていますが、悲惨に死んだ。

私はスポーツ選手を殺すか、またはAliのように退職後の通常の生活を送る能力を大きく損なうため、これらのスポーツは血のスポーツと呼んでいます。

映画では、重度の頭痛に苦しんで、もはやプレーできなかったためにチームから解雇されたフットボールの選手は、市長を含むすべての人に助けを求めたが、無視されたので、彼は人生を終え、彼の重い頭痛の原因を突き止めるためには、脳を神経外科医に寄付しなければならないと言われました。おそらく、彼の死は、他の人が同様の問題を抱えるのを助けるでしょう
NFLの報酬を受けた医師は、たばこが人を殺すという科学的報告を否定したたばこ会社が支払った医師のように、神経外科医の所見が真実であったことを否定した。

資本主義国では、ゲームやタバコなどの人々の健康を損なう危険性があるため、現状がグレイビーになっているので、お金が第2の座を占めます。彼らは医者や科学者に有利なレポートを書いて、彼らがお金を稼ぐことができるようにします。彼らがヒポクラテスの誓いを無視するように、適切な金額で簡単に購入できる医者と科学者の不足はありません  彼らはすべて真実を話すだけです。

血のスポーツは新しいものではありません。剣闘士がナイフ、刀、または素手で互いに殺し合うのを見るために、ローマ人は大勢のコロシアムに集まった。彼らの血の渇望には限界がなかったので、ローマの王は、野生動物が貧しい捕虜と剣闘士を襲ったような血球を使って、1ヶ月間にわたり血中毒を命じました。カメラ付きの観光客がこれらの事実を無視し、多くの人々の生活を台無しにしてしまったにもかかわらず、数千人のライオンやトラが殺されました。

美しい雄牛がスペインとメキシコの闘牛でスピアーズに苦しんでいて、殺すために頻繁に襲う雄牛を激怒させる血のスポーツを見つけてください。群衆から聞いたことは、オレ・オレですが、闘牛士は弓をとり、牛は出血します。今ではこのような血統のスポーツを永遠に禁止する抗議と要求がありますが、ここでもお金が話しますので、フィリピンをはじめとする多くの国では、コックの戦いは合法で、人々はたくさんのお金を賭けます脚に鋭いスチールの拍車がついているコックで、お互いを殺したり殺したりするのに使う。彼らがそれの「スポーツ」を愛していたので、何千人もの人々を殺す列車の窓からアメリカの草原を歩いている野生動物を人々が撃った時がありました。

同じ血の欲望は、アフリカで死んだライオンと一緒にライオンのセシルを殺して、家に戻って自分の崇拝者に誇示することを可能にしました。彼はソーシャルメディアでは丸々と非難されましたが、そのような非難はセシルを取り戻しません。ネパールでは何千ものヤギ、ヒツジ、その他の動物が寺院に連れて行かれ、儀式主宰者を殺した宗教の名の下に動物の虐殺があります祭司によって、彼らが血の欲望を主張するように神を賛美するだけです。

毎年、子供たちも含めて何千人もの人々がこの川の川を見守っているので、本当に気分が悪いです。今ではこの練習の終わりを要求しているが、聞いている人がいますか?私は、血のスポーツは楽しいと思う人たちには残酷なストレスがあり、プレイヤーがアメリカのようにお互いを傷つけるのを見るために高価なチケットを買うと思うサッカーの試合。チケットを買う余裕がない人は、ビールを飲んだ駐車場にキャンプ場を出て、バーを作って大画面で試合を観戦します。

ミュアタイ、レギュラーボクシング、アメリカンフットボールのいずれかであるにもかかわらず、それはこれらのスポーツの暴力とプレイヤーが負傷したために苦しんだ結果と関係があります。ボクシングはまた、ローマ時代に練習された古いスポーツですが、ローマ人は自分自身以外の人生を大切にしませんでしたので、奴隷がお互いに死ぬかどうか気にしませんでした。それは彼らのために楽しいでした。血のスポーツではなく、楽しんでみたい人は誰でも遊べるスポーツがたくさんあります。高価なスタジアム、ボディアーマー、靴、ヘルメットが必要ないため、何も費用はかかりません。私はちょうどインドの人々が遊ぶkabaddiと呼ばれるそのようなスポーツを言及するでしょう。この試合では、2つのチームが分かれています。

1人のプレーヤーは、相手のキャンプにラインを横切って息を抱きながら、誰かに触れて彼の側に戻ろうとするが、反対側のチームは彼を避けて息を止めようとする。プレイヤーが誰かに触れて自分の側に戻った場合、そのプレーヤーは外出しています。したがって、ゲームは、最後の2人のプレイヤーだけが残るまで減少し続けます。このゲームはとてもシンプルでとても美しく、文字通り息を止めます。

子供たちは村でそれをプレイし、大人はアジアのゲームに参加するkabaddiチームを持っています。それは息を抱き、誰かに触れるだけのスキルが必要です。子供たちはタイトなショーツを身に着け、相手のチームが滑りやすくするために身体にオイルをこすります。血液スポーツではないスポーツがたくさんありますが、アメリカ人がサッカーと呼ぶサッカーが最も人気があります。ゴールキーパーが精神的に止めようとしているゴールにボールをキックするには、敏捷性とスキルだけが必要です。実際、ゴールキーパーはいくつかのチームで本当のヒーローです。彼らは世界中のスターの地位を達成し、どこに行っても即座に認知されます。サッカーが大好きなハイチにいた時、私は近所の村で遊ぶために女の子を連れて来ました。

しばらくの間軽傷がありましたが、試合のスキルには驚きました。ハイチ人がスポーツをどのように真剣に受けているか分からず、ハイチがメキシコシティのワールドカップで彼らをノックアウトしたとき、メキシコ人は激怒した。収穫後に提出されたトウモロコシは、彼らのためのフットボールフィールドになりますので、他の場所では見えなくなった喜びでゲームをプレイします。今の子供たちはアメリカでサッカーをすることを学び、この美しいゲームへの関心は毎年増えています。女子サッカーチームは国際的に競争し、時には 勝つ。

ハリウッド映画のおかげで、彼らの「サッカー」の試合で傷ついた怪我をより意識しているので、多くの若者が安全に遊んで楽しむことができる本当のサッカーをしたいです。しかし、彼らは、たくさんのお金を費やして、大きくて強力なNFLに逆らっている。だから、それはまた、プレーヤーを支えている負傷ではなく、ゲームをコントロールするお金である。

選手が脱落して後に負傷した場合、誰が気にしますか?怪我をした選手はしばしば貧困で亡くなり、ケアが不足しているため、拷問を終わらせるために命を奪う人もいます。すべての血液スポーツを終わらせるために必要なことはすでに存在している選択肢ですが、血液スポーツが文化の一部となる国の国家文化を変えるのは非常に難しいので、参加するのは嫌です。私たちの性質の。私たちは皆、私たちの生活の中のある時点でいくつかのゲームをするのが大好きです。私たちのほとんどは国民の選手になることはありませんが、私たちは楽しむためであり、称賛のためではありません。

しかし、あなたがお金と名声のために血のスポーツをして、その過程であなたの人生を失ったら、あなたの脳がこの簡単な質問を止める前に自分自身に尋ねてください。それは価値がありました?

 

Chi no supōtsu   shutten: Gūguru no shashin sekai de mottomo ninkinoaru supōtsu wa sakkā to yoba rete imasu. Asuteka teikoku jidai ya sekai no ta no chiiki de purei sa reta bōru ga pureiyā ni yotte kera reta kodai no supōtsudesu. Sore wa senshu no saizu ga jūyōde wanai supōtsudesu.

Jūyōna no wa, bōru to supīdo o keru sukiru dakedeari, chīsai otokonoko demo ōkina otoko to tatakau koto ga deki, hayakute bōru o gōru made oshikomu koto ga dekireba haiboku suru koto ga dekimasu. Hitobito wa sekaijū no kono supōtsu o aishi, osanai toki kara mura, machi, toshi de asobu. Sore wa sesshoku no supōtsude wanainode, hadena sutajiamu, bodisūtsu, herumetto, tebukuro, matawa kutsu o hitsuyō to shinai supōtsudesu.

Daremoga sekai de mottomo ninkinoaru supōtsu ni natte iru bashodeareba doko demo purē dekimasu. Wārudokappu no kōfun wa, pureiyā ga 4-nen-goto ni orinpikku no yō ni kaijō ni atsumari, shōsan sa reru kappu ni katsu tame ni purē suru toki no saikōchō ni tasshimasu. Nan hyaku man-ri mo no hitobito ga eisei o kaishite gēmu o mite ori, ikutsu ka no hito wa tako o nesshin ni mite, shōsha o yosoku suru ka dō ka o mimashita.

Saigo no wārudokappude wa, jikan ga kakarimashitaga, saishūtekini wa Doitsu no iro no tsuita bokkusu ni suwatte, hokanohito-tachi ni ōkina shitsubō-kan o ataemashita. Doitsu wa 2014-nen ni kappu o kakutoku shimashita. Beikokude wa, pureiyā ga kimyōna katachi no bōru o te ni shite hashiru supōtsu wa, yakyū to tomoni karera no kokumin supōtsudearu sakkā to yoba rete imasu.

Sakkā wa hoka no kuni de purē sa rete iru sakkā to kubetsu suru tame, sakkā wa sakkā to yonde imasuga, futtobōru wa hoka no kuni ni nokotte imasu. Amerikanfuttobōru wa, jissai ni wa hijō ni ōkina bijinesudeari, chiketto no hanbai ya supōtsu yōhin, terebi hōsō no kenri oyobi kanren suru bijinesu kankō no baikyaku ni sū hyaku man doru o umidashite imasu.

Nashonaruchīmu de purē suru senshu wa hageshī kyōsō o kurihiroge, yūshō-sha wa hoka no supōtsuman ga taisei no kyūryō to tokuten o kakutoku suru sutā no chii o kakutoku suruga, meisei to kin wa kakaku ni narunode, kyō wa karera ga shiharau kakaku ni tsuite kaku. Watashi wa terebi de sakuya eiga o mite imashita. Naijeria shusshin no imin shinkei gekai ga, gēmu-chū ni atama no naka de jūshō o otte shibō shite iru koto o Naijeria kara shitte imashita. Kare wa, shinda senshu no nō ni itta bōken-chū ni fushō o kansatsu shi, senshu-tachi ga renshū shita bōryoku-tekina zudzuki ga, saishūtekini sorera o koroshita nō o sonshō sa seta to iu ketsuron ni tasshita.

Kono ishi wa, chōsa kekka o bakuro shita NFL tōkyoku ni shazai sa re, sono yōna chōsa kekka o ukeireru koto wa, bakudaina rieki o kizutsukeru kanōsei ga aru tame, Shikago no kaigi de kare no chōsa kekka o teiji suru koto o kyoka shinakatta. So no yōna shōko o ukeireru koto de tabako ya hoka no tabako seihin kara eta rieki ga ushinawa reru tame, tabako ga hantai suru ōkibona shōko nimokakawarazu, tabako ga dare o koroshita koto mo nai to iu washintondīshī no gikai shinmon de sengen shita tabako danshaku to kawari wa nakatta.

Kore wa, kagaku-sha-tachi kara no mōretsuna atsuryoku no shita de, tabako ga satsujin-shadeatta to iu jijitsu o ukeireru yō ni natta toki ni,-go ni kawarudarou. Genzai, hotondo no kunide wa, kōkyō no ba de no kitsuen ga kinshi sa rete imasu. Nazenara, kansetsu kitsuen wa kūki o osen suru kitsuen-sha to dōyō ni kikendearukaradesu. Ōsutorariade wa, tabako seizō gyōsha wa, hitobito ga kitsuen no kiken-sei o ninshiki subekidearu to iu keikoku to tomoni, paketto-jō ni gan no zu o shōsai ni byōsha suru koto o shii rarete iru.

Bokusā ga tagai no te de ukete iru dageki no tame ni zunō no mawari ni nō ga surosshingu surunode, jūdo no nō sonshō o hikiokosu bokushingu to yoba reru betsu no gēmu ga arimasu. Mohamedoari o oboete imasu ka? Kare wa yasai ni natte, hitobito ga bokusā no saidai no mono to shite kare o oboete imasuga, hisan ni shinda. Watashi wa supōtsu senshu o korosu ka, matawa Ali no yō ni taishoku-go no tsūjō no seikatsu o okuru nōryoku o ōkiku sokonau tame, korera no supōtsu wa chi no supōtsu to yonde imasu.

Eigade wa, jūdo no zutsū ni kurushinde, mohaya purē dekinakatta tame ni chīmu kara kaiko sa reta futtobōru no senshu wa, shichō o fukumu subete no hito ni tasuke o motometaga, mushi sa retanode, kare wa jinsei o oe, kare no omoi zutsū no gen’in o tsukitomeru tame ni wa, nō o shinkei gekai ni kifu shinakereba naranai to iwa remashita. Osoraku, kare no shi wa, hokanohito ga dōyō no mondai o kakaeru no o tasukerudeshou NFL no hōshū o uketa ishi wa, tabako ga hito o korosu to iu kagaku-teki hōkoku o hitei shita tabako kaisha ga shiharatta ishi no yō ni, shinkei gekai no shoken ga shinjitsudeatta koto o hitei shita.

Shihon shugi-kokude wa, gēmu ya tabako nado no hitobito no kenkō o sokonau kiken-sei ga aru tame, genjō ga gureibī ni natte irunode, okane ga dai 2 no za o shimemasu. Karera wa isha ya kagaku-sha ni yūrina repōto o kaite, karera ga okane o kasegu koto ga dekiru yō ni shimasu. Karera ga hipokuratesunochikai o mushi suru yō ni, tekisetsuna kingaku de kantan ni kōnyū dekiru isha to kagaku-sha no fusoku wa arimasen Karera wa subete shinjitsu o hanasu dakedesu.

Chi no supōtsu wa atarashī monode wa arimasen. Ken tōshi ga naifu,-gatana, matawa sude de tagaini koroshiau no o miru tame ni, rōma hito wa taisei no koroshiamu ni atsumatta. Karera no chinokatsubō ni wa genkai ga nakattanode, rōma no ō wa, yasei dōbutsu ga mazushī horyo to ken tōshi o osotta yōna kekkyū o tsukatte, 1-kagetsu-kan ni watari chi chūdoku o meijimashita.

Kamera-tsuki no kankōkyaku ga korera no jijitsu o mushi shi, ōku no hitobito no seikatsu o dainashi ni shite shimatta nimokakawarazu, sū sen-ri no raion ya tora ga korosa remashita. Utsukushī osuushi ga Supein to Mekishiko no tōgyū de supiāzu ni kurushinde ite, korosu tame ni hinpan ni osou osuushi o gekido sa seru chi no supōtsu o mitsukete kudasai. Gunshū kara kiita koto wa, ore oredesu ga, tōgyū-shi wa yumi o tori, ushi wa shukketsu shimasu.

Ima de hako no yōna kettō no supōtsu o eien ni kinshi suru kōgi to yōkyū ga arimasuga, koko demo okane ga hanashimasunode, Firipin o hajime to suru ōku no kunide wa, kokku no tatakai wa gōhō de, hitobito wa takusan no okane o kakemasu ashi ni surudoi suchīru no hakusha ga tsuite iru kokku de, otagai o koroshi tari koroshi tari suru no ni tsukau. Karera ga sore no `supōtsu’ o aishite itanode, nan sen-ri mo no hitobito o korosu ressha no mado kara Amerika no sōgen o aruite iru yasei dōbutsu o hitobito ga utta toki ga arimashita.

Onaji chi no yokubō wa, Afurika de shinda raion to issho ni raion no seshiru o koroshite,-ka ni modotte jibun no sūhai-sha ni koji suru koto o kanō ni shimashita. Kare wa sōsharumediade wa marumaru to hinan sa remashitaga, sono yōna hinan wa seshiru o torimodoshimasen. Nepārude wa nan sen mo no yagi, hitsuji, sonohoka no dōbutsu ga jiin ni tsurete ika re, gishiki shusai-sha o koroshita shūkyō no na no shita ni dōbutsu no gyakusatsu ga arimasu saishi ni yotte, karera ga chi no yokubō o shuchō suru yō ni kami o sanbi suru dakedesu.

Maitoshi, kodomo-tachi mo fukumete nan sen-ri mo no hitobito ga kono kawa no kawa o mimamotte irunode, hontōni kibungawaruidesu. Ima dewa kono renshū no owari o yōkyū shite iruga, kiite iru hito ga imasu ka? Watashi wa, chi no supōtsu wa tanoshī to omou hito-tachi ni wa zankokuna sutoresu ga ari, pureiyā ga Amerika no yō ni otagai o kizutsukeru no o miru tame ni kōkana chiketto o kau to omou sakkā no shiai. Chiketto o kau yoyūganai hito wa, bīru o nonda chūshajō ni kyanpuba o dete, bā o tsukutte dai gamen de shiai o kansen shimasu.

Myuatai, regyurābokushingu, amerikanfuttobōru no izurekadearu nimokakawarazu, sore wa korera no supōtsu no bōryoku to pureiyā ga fushō shita tame ni kurushinda kekka to kankei ga arimasu. Bokushingu wa mata, rōma jidai ni renshū sa reta furui supōtsudesuga, rōma hito wa jibun jishin igai no jinsei o taisetsu ni shimasendeshitanode, dorei ga otagai ni shinu ka dō ka ki ni shimasendeshita. Sore wa karera no tame ni tanoshīdeshita.

Chi no supōtsude wa naku, tanoshinde mitai hito wa dare demo asoberu supōtsu ga takusan arimasu. Kōkana sutajiamu, bodiāmā, kutsu, herumetto ga hitsuyō nai tame, nani mo hiyō wa kakarimasen. Watashi wa chōdo Indo no hitobito ga asobu kabaddi to yoba reru so no yōna supōtsu o genkyū surudeshou. Kono shiaide wa, 2tsu no chīmu ga wakarete imasu. 1-Ri no purēyā wa, aite no kyanpu ni rain o yokogitte iki o dakinagara, dareka ni furete kare no soba ni modorou to suruga, hantaisoku no chīmu wa kare o sakete iki o tomeyou to suru. Pureiyā ga dareka ni furete jibun no soba ni modotta baai, sono purēyā wa gaishutsu shite imasu.

Shitagatte, gēmu wa, saigo no 2-ri no pureiyā dake ga nokoru made genshō shi tsudzukemasu. Kono gēmu wa totemo shinpurude totemo utsukushiku, mojidōri iki o tomemasu. Kodomo-tachi wa mura de sore o purei shi, otona wa Ajia no gēmu ni sanka suru kabaddi chīmu o motte imasu. Sore wa iki o daki, dareka ni fureru dake no sukiru ga hitsuyōdesu. Kodomo-tachi wa taitona shōtsu o mi ni tsuke, aite no chīmu ga suberi yasuku suru tame ni karada ni oiru o kosurimasu.

Ketsueki supōtsude wanai supōtsu ga takusan arimasuga, amerikahito ga sakkā to yobu sakkā ga mottomo ninki ga arimasu. Gōrukīpā ga seishintekini tomeyou to shite iru gōru ni bōru o kikku suru ni wa, binshō-sei to sukiru dake ga hitsuyōdesu. Jissai, gōrukīpā wa ikutsu ka no chīmu de hontō no hīrōdesu. Karera wa sekaijū no sutā no chii o tassei shi, doko ni itte mo sokuza ni ninchi sa remasu. Sakkā ga daisukina Haichi ni ita toki, watashi wa kinjo no mura de asobu tame ni on’nanoko o tsurete kimashita.

Shibarakunoaida keishō ga arimashitaga, shiai no sukiru ni wa odorokimashita. Haichi hito ga supōtsu o dono yō ni shinken ni ukete iru ka wakarazu, Haichi ga Mekishikoshiti no wārudokappu de karera o nokkuauto shita toki, Mekishiko hito wa gekido shita. Shūkaku-go ni teishutsu sa reta tōmorokoshi wa, karera no tame no futtobōrufīrudo ni narimasunode, hoka no bashode wa mienaku natta yorokobi de gēmu o purei shimasu.

Ima no kodomo-tachi wa Amerika de sakkā o suru koto o manabi, kono utsukushī gēmu e no kanshin wa maitoshi fuete imasu. Joshi sakkāchīmu wa kokusai-teki ni kyōsō shi, tokiniha Katsu. Hariuddo eiga no okage de, karera no `sakkā’ no shiai de kizutsuita kega o yori ishiki shite irunode, ōku no wakamono ga anzen ni asonde tanoshimu koto ga dekiru hontō no sakkā o shitaidesu. Shikashi, karera wa, takusan no okane o tsuiyashite, ōkikute kyōryokuna NFL ni sakaratte iru. Dakara, soreha mata, purēyā o sasaete iru fushōde wa naku, gēmu o kontorōru suru okanedearu.

Senshu ga datsuraku shite ato ni fushō shita baai, dare ga ki ni shimasu ka? Kega o shita senshu wa shibashiba hinkon de nakunari, kea ga fusoku shite iru tame, gōmon o owara seru tame ni inochi o ubau hito mo imasu. Subete no ketsueki supōtsu o owara seru tame ni hitsuyōna koto wa sudeni sonzai shite iru sentakushidesuga, ketsueki supōtsu ga bunka no ichibu to naru kuni no kokka bunka o kaeru no wa hijō ni muzukashīnode, sanka suru no wa iyadesu.

Watashitachi no seishitsu no. Watashitachi wa mina, watashitachi no seikatsu no naka no aru jiten de ikutsu ka no gēmu o suru no ga daisukidesu. Watashitachi no hotondo wa kokumin no senshu ni naru koto wa arimasenga, watashitachiha tanoshimu tamedeari, shōsan no tamede wa arimasen.

Shikashi, anata ga okane to meisei no tame ni chi no supōtsu o shite, sono katei de anata no jinsei o ushinattara, anata no nō ga kono kantan’na shitsumon o tomeru mae ni jibun jishin ni tazunete kudasai. Sore wa kachi ga arimashita?

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese

 

広告

投稿者: aumolc

I am friendly,educated,well traveled,pragmatic, open to ideas, free thinker, not bound by traditions and blind beliefs. I also try to answer all letters to me.

“Blood sport ( in Japanese)” への 1 件のフィードバック

  1. 私は彼の創造的で思考豊かな肥沃さとその興味深い多様なトピックの視点で伝えるライターとしての彼の職業に感銘を受けた。
    この記事にコメントやコメントが残ることはほとんどありません。ほとんどすべてが指摘され、よく批判されているようです。

    コメント以上に、私の場合は多分退屈です。スペインの州では、市民の平和共存を脅かす政治的緊張があり、これらの日で、私は信念、彼らはその文化の中で唯一の症状ではないなどの暴力的なスポーツや儀式の犠牲、雄牛、ということを指摘したいと思いますアイデア、お金、そして血は彼ら自身の中に呼ばれます。いわゆる文明が悪と残酷の失敗した家畜以外の何ものでもありません、生存の最も基本的な本能上でお金と喜びや楽しさを置く生命、人間と動物の軽蔑や侮辱は、再び示し、これも、動物の本能は蓄積されないので、動物自体は練習をしませんが、自然が指摘しているように生きているだけです。

    今日の政治は、ほとんどの政治家にとって、血まみれのスポーツです。ほぼ全体の惑星と悲惨、奴隷、恐怖政治は、どこでも、必要とすべての種類の苦しみの災害により被った戦争は、流血のスポーツの残りの部分は場所を取る、のための狂気の人生から私たちをそらす主要なフレームワークであり、人類の大部分がリードしているように見える絶望。ニュースから、私は、フィリピンもアジアの他の地域もこの暴力の側面では例外ではないことを知っています。

    人間は、私たちのエネルギーを平和で生産的な方法で送る方法を知りませんが、破壊的です。積極性も欲望も野心も、これらのエネルギーを健康、喜び、または簡単な生存をもたらすものに変える方法はわかりません。分析する人生のあらゆる側面は、人類のこのひどいひどいひどい転倒によって汚染されています。私たちは、経済システムの残酷されている場合は性的関係が虐待を伴う場合には、いわゆる宗教的な慣習で、法的には時々公正と正義と思いやりではない場合、合法性によって妨げたり妨害され、レイプなどのスポーツも残酷に支配されています私たちの生活の他の側面のように、魂のないビジネスです。楽しさと狂気のゲームのどちらにも正気ができません。
    愛情あふれる挨拶

    ホセ・ルイス・ラモス・サヴェドラ
    カナリア諸島
    スペイン

    注:Saavedra氏のこのコメントはスペイン語版のブログに掲載されているので、関連性のためにここに含めています。
    アウモルフ

    Watashi wa kare no sōzō-tekide shikō yutakana hiyoku-sa to sono kyōmibukai tayōna topikku no shiten de tsutaeru raitā to shite no kare no shokugyō ni kanmei o uketa. Kono kiji ni komento ya komento ga nokoru koto wa hotondo arimasen.

    Hotondo subete ga shiteki sa re, yoku hihan sa rete iru yōdesu. Komento ijō ni, watashi no baai wa tabun taikutsudesu. Supein no shūde wa, shimin no heiwakyōson o odokasu seidjiteki kinchō ga ari, korera no hi de, watashi wa shin’nen, karera wa sono bunka no naka de yuiitsu no shōjōde wanai nado no bōryoku-tekina supōtsu ya gishiki no gisei, osuushi, to iu koto o shiteki shitai to omoimasu aidea, okane, soshite chi wa karera jishin no naka ni yoba remasu. Iwayuru bunmei ga aku to zankoku no shippaishita kachiku igai no nanimono demo arimasen, seizon no mottomo kihon-tekina hon’nō-jō de okane to yorokobi ya tanoshisa o oku seimei, ningen to dōbutsu no keibetsu ya bujoku wa, futatabi shimeshi, kore mo, dōbutsu no hon’nō wa chikuseki sa renainode, dōbutsu jitai wa renshū o shimasenga, shizen ga shiteki shite iru yō ni ikite iru dakedesu.

    Kyō no seiji wa, hotondo no seijika ni totte, chimamire no supōtsudesu. Hobo zentai no wakusei to hisan, dorei, kyōfu seiji wa, doko demo, hitsuyō to subete no shurui no kurushimi no saigai ni yori kabutta sensō wa, ryūketsu no supōtsu no nokori no bubun wa basho o toru, no tame no kyōki no jinsei kara watashitachi o sorasu shuyōna furēmuwākudeari, jinrui no daibubun ga rīdo shite iru yō ni mieru zetsubō. Nyūsu kara, watashi wa, Firipin mo Ajia no ta no chiiki mo kono bōryoku no sokumende wa reigaide wanai koto o shitte imasu. Ningen wa, watashitachi no enerugī o heiwade seisan-tekina hōhō de okuru hōhō o shirimasenga, hakai-tekidesu.

    Sekkyoku-sei mo yokubō mo yashin mo, korera no enerugī o kenkō, yorokobi, matawa kantan’na seizon o motarasu mono ni kaeru hōhō wa wakarimasen. Bunseki suru jinsei no arayuru sokumen wa, jinrui no kono hidoi hidoi hidoi tentō ni yotte osen sa rete imasu. Watashitachiha, keizai shisutemu no zankoku sa rete iru baai wa seiteki kankei ga gyakutai o tomonau baai ni wa, iwayuru shūkyō-tekina kanshū de, hōteki ni wa tokidoki kōsei to seigi to omoiyaride wanai baai, gōhō-sei ni yotte samatage tari bōgai sa re, reipu nado no supōtsu mo zankoku ni shihai sa rete imasu watashitachi no seikatsu no ta no sokumen no yō ni, tamashī no nai bijinesudesu. Tanoshisa to kyōki no gēmu no dochira ni mo shōki ga dekimasen. Aijō afureru aisatsu Hose Ruisu Ramosu savu~edora Kanariashotō Supein chū: Saavedra-shi no kono komento wa Supeingo-ban no burogu ni keisai sa rete irunode, kanren-sei no tame ni koko ni fukumete imasu.

    aumolc

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中