A sense of community ( in Japanese )

1408119569000-AP-Barn-Raising (1)

出典:一緒に納屋を建てているアーミッシュの人々のGoogle写真

あらすじ:インドのベンガルの田舎の村の人々は、Satyajit RayのPather Panchaliと呼ばれる映画にグラフィックの詳細で示されています。焦点は、貧困と貧困がもたらす貧困問題であり、多くの疑問が未解決のまま残されています。ブログは、人々が平等に扱われていないカーストに乗っている社会のより大きな影響を調べます。怒りとそれに伴う欲求不満は、村の生活に緊張感をもたらす下品で下品な言葉に変わりますが、アフリカ人は、人々が共同の調和と平和の中で一緒に暮らす方法を示しています。

私は最近、Satyajit RayによるPather panchali(Song of the road)と呼ばれる映画を見ており、1950年代のベンガルの田舎の暮らしの真の描写に非常に感銘を受けました。彼は、オスカーを含む多くの映画祭で彼を多くの国際的な賞と称賛を得て、彼を最高の映画監督の一人として確立しました。白黒で16 mmフォーマットで撮影された映画は、今日のテクノロジーでは原始的と見なされますが、人生で演技を行ったことのない俳優と女優だけを使用した、真の生活状況での映画製作の傑作でした。

レイは、映画を撮影したことがなく、レイの専門家の指導のもとでマスターカメラマンであることが判明した、借りた16 mmカメラを使用するように写真家に依頼しました。最初は誰もレイを真剣に考えて映画を作るお金を思いつくことはありませんでした。なぜなら、一般の人々が理解したり楽しんだりするのはあまりにもグラフィックや芸術的であるので、そのような映画は決してお金にならないと思ったからです。違う。パサーパンチャリーは、レイのような真のアーティストの指揮の下で映画で達成できることを証明する世界的なセンセーションになりました。

しかし今日、私はベンガルの田舎で極度の貧困を示した映画のより大きな意味合いと、日々自分自身を養うために奮闘し、彼らが抜け出せない債務の罠に住んでいた村人たちの無力さを考え始めました。映画の中で、男性は妻と2人の子供に食事を与えるために数ルピーを見つけるのに苦労していますが、妻が夫が仕事を探している間に次の食事をどうやって得るか疑問に思っています。

彼らは非常に荒廃した家に住んでおり、屋根からは常に雨が降り、頻繁な嵐や激しいモンスーン雨の間に壁は崩れ崩れ落ちています。ベンガルの田舎の村の図解は、レイがあなたに体験して欲しかったことなら、あなたを席に身をよじらせます。

それはきっと私をうねらせましたが、農業、文化、そして精神的に豊かな国でそのような悲惨な不安定な状態が蔓延した理由についても考え始めました。英語の字幕がないため、12部構成の映画全体をお見せすることはできません。私が書いている内容を理解できるように、ここでは映画の一部のみを紹介します。字幕がなくてもビジュアルはわかりやすい。

注:ビデオが再生されない場合は、Uチューブリンクをクリックしてください。

ソース:UチューブU tube  https://youtu.be/D41F3hWiAI0

この映画は、道路も水道も電気もなく、公立学校も診療所もない村のいたるところに生えている野生の木を示しています。家々は、漏れている屋根と崩れかけた壁を修理するお金がないため、住民が修理できない遺跡です。彼女の子供たちが庭を掃除して、森から水と薪を取り出すように頼まれている間、女性は料理と洗濯をします。子供たちはすべての子供と同じように遊んで、彼らの貧困を気にしません。彼らは遠くを通過する蒸気機関車に戸惑い、耳を押す電柱のブーンという音に不思議に思います。

私はいつもベンガル人の女性が使う粗雑な言葉に興味をそそられ、今でも農村部や都市でやっているので、それらを理解するには、村を訪問するか、農村部の女性の卑劣さを暴露するPather Panchaliのような映画を見るだけです。お互い。彼らは読み書きができるようにベンガル語を読み書きすることができましたが、貧困は彼らを互いに意味のあるものにし、彼らを苛酷で下品でしばしば残酷な言葉で傷つけました。

何人かの男性が教育を受けて就職したとき、彼らは家族を養うために都市に引っ越しましたが、彼らはそれに代わるものがなかったので同じ粗雑な田舎の文化と言語を持ち込みました。彼らは彼らの文化の一部であったので、彼らは彼らの村で彼らが実践した同じ儀式、同じ道具と道具、同じ信念体系と同じ服装と食事の方法を持ってきました。彼らは農村の親族との強いつながりを保ち、彼らを助けるために彼らにお金を送りました、または彼らの両親がそうすることができなかったので、彼らにいくつかの教育を与えて適切に育てるように何人かの子供を連れてきました。

彼らの根へのこの接続は、それが縁の周りでほつれ始めているが、まだある程度維持されています。次は 都市で生まれ育った教育を受けた人々の世代は、もはや彼らの農村の親族と彼らの問題とのつながりを感じなくなりました。これは彼らの前の世代が続けていた関係の悪化につながりました。私自身の経験からそれを知っています。

子供の頃からその後も村を訪れたとき、独立後70年は何も変わっておらず、舗装道路も水もなく、電気もなく、診療所もなく、外の世界との疎外感を感じました。人々はいつもと同じように運命的な方法で生き続けました。

村の人々は彼らの核心に信心深く、夜に聖なる植物トゥルシーの前で祈るように熱心にヒンドゥー教の教義をたどり、粘土ランプを点灯し、巻き貝の殻を吹くので、ほぼ同時にさまざまな家庭から巻き貝が吹くのが聞こえました。彼らは毎日そして彼らの食事の前に彼らの神と女神に祈りをつぶやきました。彼らはドゥルガープージャや他の数多くのそのような宗教的イベントを祝い、彼らの信仰心を表現しました。彼らは自分がほとんどいなくても乞食に施しを与え、彼らはいつも決して来ないより良い生活を望んでいました。

それで、彼らは貧困、困難、不確かな未来、日々の生活のための切迫したお金の必要性、子供たちの不確実な未来、必要なときに医療援助を得る方法についての心配などに満ちた人生を送った。それで彼らは、農家や都市の親族から収入が安定していた、少し裕福な他の人たちに少し言い訳で彼らの悔しさを示しました。村の他の人よりも裕福だった家族は、毎日、すべての困難を抱えて暮らしていた貧しい隣人を軽蔑し、軽蔑しました。

映画は、彼らが彼女たちの木からいくつかの果物を手に入れ、それらを盗んだことで貧しい家族に大きな苦痛を与えていると非難した女性が子供たちを呪った様子を示しています。そのような卑劣さと下品な言葉は、ベンガルの村の生活の産物だったのでしょうか?アフリカの村やアメリカのペンシルベニア州のアーミッシュのコミュニティの中に、彼らの村にコミュニティ精神がなかったのはなぜですか?アフリカ人やアメリカのアーミッシュがお互いを気にかけたのはなぜですか?

ヒンドゥー教を定義する別の要素をどこかに注入すると、カースト制度が問題を悪化させます。ブラフミンは貧しくても最高のカーストであると思われているので、人々は彼にいくらかの敬意を払わなければなりません。彼は彼の手で動作せず、スレッド式(ブラフマンを作るためのバプテスマとも呼ばれます)中に儀式を実行し、彼にわずかな収入をもたらす結婚式中に崇拝と祝福を実行します。多くの場合、農家は米の袋や魚や果物の袋のようなもので彼に支払います。豊かなブラフミンは、多くの場合、共有農家から農産物の一部を受け取る土地所有者ですが、土地を持たない人は、多くの場合、生計を立てるのが困難です。

このカースト制度は人々を分割し、高位カーストの人々が低位カーストの人々を見下ろすことで、低位カーストを侮辱するような社会的相互作用の枠組みを決定します。しかし、イスラム教徒やキリスト教徒などはカースト制度を持っていないため、富のために他の人よりも平等であるとしても、誰もが平等に扱われます。

アフリカの精神:

ここでは、西アフリカのアフリカコミュニティ(ブルキナファソ)が集まり、新しい家を必要とする隣人のために家を建てる方法と、コミュニティ全体が新しい家を作ることに参加した楽しい方法のビデオを投稿します。これは、おもちゃや現代のガジェットを持たず、お互いに愛と愛情を示し、ためらうことなく持っているものをすべて共有する、一緒に遊ぶアフリカの子供たちの写真です。私の以前のブログ「ここでのアフリカの精神」をここで読んでください。

Please read my blog The spirit of Africa ( in Japanese ) here.

Ubuntu-kids-2 (1)

出典:友情の絆を築くために一緒に遊んでいるアフリカの子供たちのGoogle写真

ソース:アフリカの精神のUチューブビデオ

アフリカの村では、上のビデオに示すように村人が家を建ててお互いを助け合い、食べ物を共有し、子供たちを共同で育てるという強いコミュニティ意識を感じます。母親が家事をするのに忙しいとき、老人は他人の子供たちを見守ります。

女性が隣人と問題を抱えている場合、彼らはその問題を村議会に持ち込み、解決します。誰も土地を所有していないため、インドで見られるような土地紛争はないため、村議会は誰がどの土地を耕作するかを決定します。アフリカ人は土地を生産的にするために一生懸命働いているので、女性が家にいるだけで男性がそれらを養うために生計を立てることを期待するインドとは異なり、誰もが参加します。

アフリカの村では、人々は泥の家でとても控えめに暮らしていますが、作物を育て、家畜を育てるのに一生懸命取り組んでいるため、常に必要な基本的な食料を手に入れています。女性は小屋の近くで菜園を育て、隣人と楽しく野菜を分け合っています。しかし、ベンガルでは

女性が村の店から何を買うことができるか、または寛大な隣人がたまに彼らに送るものに依存している村。自分たちだけの野菜を育て、村の池から魚を集めるだけで自然は豊かになるので、彼らもアフリカの対応者のように自立することができます。

カンボジアとベトナムの女性は、最も巧妙な方法で水田から魚、カニ、エビを捕まえる方法を示す方法で誰にでも恥をかかせることができますが、ベンガル人の女性は彼女の男性に依存しています。

カンボジアの18歳の少女は、森とヤシの葉で自分で切り出した竹を使って自分でとても素敵な小屋を建て、次に竹の丈夫なベッドを作る方法を示しています。彼女は小屋にキッチンを追加し、前庭の井戸とピットのトイレを自分で非常に原始的な石の道具だけを使って掘り、ベンガルの村の女性は老朽化した家を直せない一方で、彼女がどれほど自立しているのかを示しています。そして、屋根が漏れているので、彼女は苦しんでいます。

アーミッシュの人々が迫害から逃れるためにヨーロッパからペンシルベニアに到着したとき、彼らは貧しく、彼らの貧弱な所持品だけを持参しましたが、彼らは共同体として家、納屋を作り、作物を育てて豊富な食物を得るために一生懸命働きました彼らは互いに分かち合ったので、誰も食べ物なしではいられませんでした。彼らは隣人の家を無料で修理し、長年にわたって自給自足のコミュニティとして成長しました。彼らは非常に信心深く、誰に対しても厳しい言葉を使うことはありません。

これは、ベンガルの村人がコミュニティの精神を欠いているために苦しんでいる村人とは対照的です。彼らの宗教は、レイが彼の映画で非常にグラフィカルに示しているように、彼らをより思いやりがあり、お互いに親しみやすくしていません。彼らが隣人に対して生来の敵意を生んでいるのは私が知っていることです。彼らが言った、またはずっと前に卑劣な方法で行ったことが原因で、彼らは死ぬまで恨みを抱いています。レイは、家族と一緒に住んでいた非常に古い女性が、愚かな理由で彼女と交わっていた女性によって、どうしてひどく扱われたかを示します。

無視され、軽蔑された老婦人は、年齢、生涯の貧困、暗闇の中で点滅する石油ランプの光の中で一人で彼女のかわいそうな歌を歌い、主に今彼女を連れて行くように頼む彼女のかわいそうな歌を歌うために他人に依存する屈辱的な恥あなたの目に涙。これらは、あなたをうねらせるシーンです。レイは彼女の顔をカメラでズームインし、彼女の人生がどれほど悲惨であるかを示します。

私はマリのアフリカの村に住んでいて、彼らのコミュニティ精神がとても活気があることを知っています。彼らは歌って一緒に働き、誰かのために家を建てます。彼らはいつも私たちの赤ん坊の娘を背負って、どんな食べ物でも彼女に与えました。彼らは他の子供たちへの愛を示し、非常に老人が彼の愛する子供たちを目覚めさせるために毎朝私たちの窓にやって来ました。

私たちはアーミッシュの人々の清潔でシンプルな家にとても感銘を受けました。彼らの行動がよく、よく養われた子供たちは、非常に良い価値とマナーを教えられ、敬虔なクリスチャンとして育ちました。彼らはシンプルだがとてもきれいな服を着ていた。これも、レイが彼の映画で無限に詳細に示しているベンガルの村の人々とは対照的です。

個人的に私はいつでも貧困を許すことができますが、貧困はだれかに対してだれに対しても卑劣な振る舞いをする理由にはなり得ない、またはそうすべきではないため、人々の卑劣さを決して許すことはできません。アフリカ人、アーミッシュ人、メノナイト人から学び、彼らの非常に基本的でシンプルな生活にもかかわらず、素晴らしいコミュニティ精神を示します。しかし、レイの映画からインドのすべての村人がベンガルの人々のようであると解釈されるべきではありません。国の他の地域の田舎の人々も、アフリカと同じように、素晴らしいコミュニティ精神で生活し、隣人のために美しい家を建てています。

共同体のより大きな利益のために彼らが協力するとき、人類は常に生き残ります。サティアジットレイは、貧困と絶望の人生に焦点を当て、現実への目を開くのを助け、仲間の存在にもっと思いやりを持つ必要があるこの映画では、常に思い出されるべきです。彼は国際的な名声をもたらした映画産業への貢献により、インド政府からバーラトラトナ(インドの宝石)の最高賞を受賞しました。

maxresdefault (5)

出典:Satyajit RayのGoogle写真

レイは、映画の中でインドで最も高い賞であるダダサヘブファルケ賞(1984年)やインドで最も高い民間賞であるバーラトラトナ(1992年)など、数多くの賞と栄誉を受賞しました。 …多くの場合、世界の映画の最大の映画製作者の1人と見なされているレイは、1955年にパターパンチャリと監督デビューしました。

Shutten: Issho ni naya o tatete iru āmisshu no hitobito no gūguru shashin arasuji: Indo no Bengaru no inaka no mura no hitobito wa, Satyajit rei no Pather Panchali to yoba reru eiga ni gurafikku no shōsaide shimesa rete imasu. Shōten wa, hinkon to hinkon ga motarasu hinkonmondaideari, ōku no gimon ga mikaiketsu no mama nokosa rete imasu. Burogu wa, hitobito ga byōdō ni atsukawa rete inai kāsuto ni notte iru shakai no yori ōkina eikyō o shirabemasu.

Ikari to sore ni tomonau yokkyū fuman wa, mura no seikatsu ni kinchō-kan o motarasu gehinde gehin’na kotoba ni kawarimasuga, Afurika hito wa, hitobito ga kyōdō no chōwa to heiwa no naka de issho ni kurasu hōhō o shimeshite imasu. Watashi wa saikin, Satyajit rei ni yoru Pather panchali (Song of the road) to yoba reru eiga o mite ori, 1950-nendai no Bengaru no inaka no kurashi no shin no byōsha ni hijō ni kanmei o ukemashita.

Kare wa, osukā o fukumu ōku no eigamatsuri de kare o ōku no kokusai-tekina shō to shōsan o ete, kare o saikō no eiga kantoku no hitori to shite kakuritsu shimashita. Shirokuro de 16 mm fōmatto de satsuei sa reta eiga wa, kyō no tekunorojīde wa genshi-teki to minasa remasuga, jinsei de engi o okonatta koto no nai haiyū to joyū dake o shiyō shita, shin no seikatsu jōkyō de no eiga seisaku no kessakudeshita.

Rei wa, eiga o satsuei shita koto ga naku, rei no senmonka no shidō no moto de masutākameramandearu koto ga hanmei shita, karita 16 mm kamera o shiyō suru yō ni shashin-ka ni irai shimashita. Saisho wa dare mo rei o shinken ni kangaete eiga o tsukuru okane o omoitsuku koto wa arimasendeshita. Nazenara, ippan no hitobito ga rikai shi tari tanoshin dari suru no wa amarini mo gurafikku ya geijutsu-tekidearunode, sono yōna eiga wa kesshite okane ni naranai to omottakaradesu.

Chigau. Pasāpancharī wa, rei no yōna shin no ātisuto no shiki no shita de eiga de tassei dekiru koto o shōmei suru sekai-tekina sensēshon ni narimashita. Shikashi kyō, watashi wa Bengaru no inaka de kyokudo no hinkon o shimeshita eiga no yori ōkina imiai to, hibi jibun jishin o yashinau tame ni funtō shi, karera ga nukedasenai saimu no wana ni sunde ita murabito-tachi no muryoku-sa o kangae hajimemashita.

Eiga no naka de, dansei wa tsuma to 2-ri no kodomo ni shokuji o ataeru tame ni sū rupī o mitsukeru no ni kurō shite imasuga, tsuma ga otto ga shigoto o sagashite iru ma ni tsugi no shokuji o dō yatte eru ka gimon ni omotte imasu. Karera wa hijō ni kōhaishita-ka ni sunde ori, yane kara wa tsuneni ame ga ori, hinpan’na arashi ya hageshī monsūn ame no ma ni kabe wa kuzure kuzureochite imasu.

Bengaru no inaka no mura no zukai wa, rei ga anata ni taiken shite hoshikatta kotonara, anata o seki ni mi o yojira semasu. Sore wa kitto watashi o unera semashitaga, nōgyō, bunka, soshite seishintekini yutakana kuni de sono yōna hisan’na fuanteina jōtai ga man’en shita riyū ni tsuite mo kangae hajimemashita. Eigo no jimaku ga nai tame, 12-bu kōsei no eiga zentai o o mise suru koto wa dekimasen. Watashi ga kaite iru naiyō o rikai dekiru yō ni, kokode wa eiga no ichibu nomi o shōkai shimasu. Jimaku ga nakute mo bijuaru wa wakari yasui.

Chū: Bideo ga saisei sa renai baai wa, U chūburinku o kurikkushitekudasai.

Sōsu: U chūbu kono eiga wa, dōro mo suidō mo denki mo naku, kōritsu gakkō mo shinryōsho mo nai mura no itaru tokoro ni haete iru yasei no ki o shimeshite imasu. Ieie wa, morete iru yane to kuzure kaketa kabe o shūri suru okane ga nai tame, jūmin ga shūri dekinai isekidesu. Kanojo no kodomo-tachi ga niwa o sōji shite, mori kara mizu to maki o toridasu yō ni tanoma rete iru ma, josei wa ryōri to sentaku o shimasu.

Kodomo-tachi wa subete no kodomo to onaji yō ni asonde, karera no hinkon o ki ni shimasen. Karera wa tōku o tsūka suru jōki kikan-sha ni tomadoi, mimi o osu denchū no būn to iu oto ni fushigi ni omoimasu. Watashi wa itsumo Bengaru hito no josei ga tsukau sozatsuna kotoba ni kyōmi o sosora re, imademo nōson-bu ya toshi de yatte irunode, sorera o rikai suru ni wa, mura o hōmon suru ka, nōson-bu no josei no hiretsu-sa o bakuro suru Pather Panchali no yōna eiga o miru dakedesu.

Otagai. Karera wa yomikaki ga dekiru yō ni Bengaru-go o yomikaki suru koto ga dekimashitaga, hinkon wa karera o tagaini imi no aru mono ni shi, karera o kakokude gehinde shibashiba zankokuna kotoba de kizutsukemashita. Nan’ninka no dansei ga kyōiku o ukete shūshoku shita toki, karera wa kazoku o yashinau tame ni toshi ni hikkoshimashita ga, karera wa sore ni kawaru mono ga nakattanode onaji sozatsuna inaka no bunka to gengo o mochikomimashita.

Karera wa karera no bunka no ichibudeattanode, karera wa karera no mura de karera ga jissen shita onaji gishiki, onaji dōgu to dōgu, onaji shin’nen taikei to onaji fukusō to shokuji no hōhō o motte kimashita. Karera wa nōson no shinzoku to no tsuyoi tsunagari o tamochi, karera o tasukeru tame ni karera ni okane o okurimashita, matawa karera no ryōshin ga sō suru koto ga dekinakattanode, karera ni ikutsu ka no kyōiku o ataete tekisetsu ni sodateru yō ni nan’ninka no kodomo o tsurete kimashita.

Karera no ne e no kono setsuzoku wa, sore ga en no mawari de hotsure hajimete iruga, mada aruteido iji sa rete imasu. Tsugi wa Toshi de umaresodatta kyōiku o uketa hitobito no sedai wa, mohaya karera no nōson no shinzoku to karera no mondai to no tsunagari o kanjinaku narimashita. Kore wa karera no mae no sedai ga tsudzukete ita kankei no akka ni tsunagarimashita.

Watashi jishin no keiken kara sore o shitte imasu. Kodomo no koro kara sonogo mo mura o otozureta toki, dokuritsu-go 70-nen wa nani mo kawatte orazu, hosō dōro mo mizu mo naku, denki mo naku, shinryōsho mo naku,-gai no sekai to no sogai-kan o kanjimashita. Hitobito wa itsumo to onajiyōni unmei-tekina hōhō de iki tsudzukemashita. Mura no hitobito wa karera no kakushin ni shinjin fukaku, yoru ni seinaru shokubutsu to~urushī no mae de inoru yō ni nesshin ni hindo~ū kyō no kyōgi o tadori, nendo ranpu o tentō shi, makigai no kara o fukunode, hobo dōjini samazamana katei kara makigai ga fuku no ga kikoemashita.

Karera wa mainichi soshite karera no shokuji no mae ni karera no kami to megami ni inori o tsubuyakimashita. Karera wa do~urugāpūja ya hoka no kazuōku noso no yōna shūkyō-teki ibento o iwai, karera no shinkō kokoro o hyōgen shimashita. Karera wa jibun ga hotondo inakute mo kojiki ni hodokoshi o atae, karera wa itsumo kesshite konai yoriyoi seikatsu o nozonde imashita. Sorede, karera wa hinkon, kon’nan, futashikana mirai, hibi no seikatsu no tame no seppaku shita okane no hitsuyō-sei, kodomo-tachi no fu kakujitsuna mirai, hitsuyōna toki ni iryō enjo o eru hōhō ni tsuite no shinpai nado ni michita jinsei o okutta.

Sorede karera wa, nōka ya toshi no shinzoku kara shūnyū ga antei shite ita, sukoshi yūfukuna hokanohito-tachi ni sukoshi iiwake de karera no kuyashi-sa o shimeshimashita. Mura no hokanohito yori mo yūfukudatta kazoku wa, Mainichi, subete no kon’nan o kakaete kurashite ita mazushī rinjin o keibetsu shi, keibetsu shimashita. Eiga wa, karera ga kanojotachi no ki kara ikutsu ka no kudamono o te ni ire, sorera o nusunda kotode mazushī kazoku ni ōkina kutsū o ataete iru to hinan shita josei ga kodomo-tachi o norotta yōsu o shimeshite imasu.

So no yōna hiretsu-sa to gehin’na kotoba wa, Bengaru no mura no seikatsu no sanbutsudatta nodeshou ka? Afurika no mura ya Amerika no Penshirubenia-shū no āmisshu no komyuniti no naka ni, karera no mura ni komyuniti seishin ga nakatta no wa nazedesu ka? Afurika hito ya Amerika no āmisshu ga otagai o ki ni kaketa no wa nazedesu ka? Hindo~ū kyō o teigi suru betsu no yōso o doko ka ni chūnyū suru to, kāsuto seido ga mondai o akka sa semasu.

Burafumin wa mazushikute mo saikō no kāsutodearu to omowa rete irunode, hitobito wa kare ni ikuraka no keii o harawanakereba narimasen. Kare wa kare no te de dōsa sezu, sureddo-shiki (burafuman o tsukuru tame no baputesuma-tomo yoba remasu)-chū ni gishiki o jikkō shi, kare ni wazukana shūnyū o motarasu kekkonshiki-chū ni sūhai to shukufuku o jikkō shimasu. Ōku no baai, nōka wa Amerika no fukuro ya sakana ya kudamono no fukuro no yōna monode kare ni shiharaimasu. Yutakana burafumin wa, ōku no baai, kyōyū nōka kara nōsanbutsu no ichibu o uketoru tochi shoyū-shadesuga, tochi o motanai hito wa, ōku no baai, seikeiwotateru no ga kon’nandesu.

Kono kāsuto seido wa hitobito o bunkatsu shi, kōi kāsuto no hitobito ga teii kāsuto no hitobito o miorosu koto de, teii kāsuto o bujoku suru yōna shakai-teki sōgo sayō no wakugumi o kettei shimasu. Shikashi, Isuramu kyōto ya kirisutokyōto nado wa kāsuto seido o motte inai tame, tomi no tame ni hokanohito yori mo byōdōdearu to shite mo, daremoga byōdō ni atsukawa remasu.

Afurika no seishin:

Kokode wa, Nishiafurika no Afurika komyuniti (Burukinafaso) ga atsumari, atarashī ie o hitsuyō to suru rinjin no tame ni uchiwotateru hōhō to, komyuniti zentai ga atarashī ie o tsukuru koto ni sanka shita tanoshī hōhō no bideo o tōkō shimasu. Kore wa, omocha ya gendai no gajetto o motazu, otagai ni ai to aijō o shimeshi, tamerau koto naku motte iru mono o subete kyōyū suru, issho ni asobu Afurika no kodomo-tachi no shashindesu. Watashi no izen no burogu `koko de no Afurika no seishin’ o koko de yonde kudasai.

Shutten: Yūjō no kizuna o kizuku tame ni issho ni asonde iru Afurika no kodomo-tachi no gūguru shashin sōsu: Afurika no seishin no U chūbubideo Afurika no murade wa,-jō no bideo ni shimesu yō ni murabito ga ie o tatete otagai o tasukeai, tabemono o kyōyū shi, kodomo-tachi o kyōdō de sodateru to iu tsuyoi komyuniti ishiki o kanjimasu. Hahaoya ga kaji o surunoni isogashī toki, rōjin wa tanin no kodomo-tachi o mimamorimasu.

Josei ga rinjin to mondai o kakaete iru baai, karera wa sono mondai o mura gikai ni mochikomi, kaiketsu shimasu. Dare mo tochi o shoyū shite inai tame, Indo de mi rareru yōna tochi funsō wanai tame,-mura gikai wa dare ga dono tochi o kōsaku suru ka o kettei shimasu. Afurika hito wa tochi o seisan-teki ni suru tame ni isshōkenmei hataraite irunode, josei ga ie ni iru dake de dansei ga sorera o yashinau tame ni seikeiwotateru koto o kitai suru Indo to wa kotonari, daremoga sanka shimasu.

Afurika no murade wa, hitobito wa doro no ie de totemo hikaeme ni kurashite imasuga, sakumotsu o sodate, kachiku o sodateru no ni isshōkenmei torikunde iru tame, tsuneni hitsuyōna kihon-tekina shokuryō o te ni irete imasu. Josei wa koya no chikaku de saien o sodate, rinjin to tanoshiku yasai o wakeatte imasu. Shikashi, Bengaru dewa Josei ga mura no mise kara nani o kau koto ga dekiru ka, matawa kandaina rinjin ga tamani karera ni okuru mono ni izon shite iru mura.

Jibun-tachi dake no yasai o sodate, mura no ike kara sakana o atsumeru dakede shizen wa yutaka ni narunode, karera mo Afurika no taiō-sha no yō ni jiritsu suru koto ga dekimasu. Kanbojia to Betonamu no josei wa, mottomo kōmyōna hōhō de suiden kara sakana, kani, ebi o tsukamaeru hōhō o shimesu hōhō de darenidemo haji o kaka seru koto ga dekimasuga, Bengaru hito no josei wa kanojo no dansei ni izon shite imasu.

Kanbojia no 18-sai no shōjo wa, mori to yashi no ha de jibun de kiridashita take o tsukatte jibun de totemo sutekina koya o tate, tsugini take no jōbuna beddo o tsukuru hōhō o shimeshite imasu. Kanojo wa koya ni kitchin o tsuika shi, zentei no ido to pitto no toire o jibun de hijō ni genshitekina-seki no dōgu dake o tsukatte hori, Bengaru no mura no josei wa rōkyū-ka shita ie o naosenai ippō de, kanojo ga dorehodo jiritsu shite iru no ka o shimeshite imasu. Soshite, yane ga morete irunode, kanojo wa kurushinde imasu.

Āmisshu no hitobito ga hakugai kara nogareru tame ni yōroppa kara Penshirubenia ni tōchaku shita toki, karera wa mazushiku, karera no hinjakuna shoji-hin dake o jisan shimashitaga, karera wa kyōdōtai to shite ie, naya o tsukuri, sakumotsu o sodatete hōfuna shokumotsu o eru tame ni isshōkenmei hatarakimashita karera wa tagaini wakachi attanode, dare mo tabemono nashide wa i raremasendeshita. Karera wa rinjin no ie o muryō de shūri shi, naganen ni watatte jikyūjisoku no komyuniti to shite seichō shimashita.

Karera wa hijō ni shinjin fukaku, dare ni taishite mo kibishī kotoba o tsukau koto wa arimasen. Kore wa, Bengaru no murabito ga komyuniti no seishin o kaite iru tame ni kurushinde iru murabito to wa taishō-tekidesu. Karera no shūkyō wa, rei ga kare no eiga de hijō ni gurafikaru ni shimeshite iru yō ni, karera o yori omoiyari ga ari, otagai ni shitashimi yasuku shite imasen. Karera ga rinjin ni taishite seirai no tekii o unde iru no wa watashi ga shitte iru kotodesu.

Karera ga itta, matawa zutto mae ni hiretsuna hōhō de okonatta koto ga gen’in de, karera wa shinu made urami o daite imasu. Rei wa, kazoku to issho ni sunde ita hijō ni furui josei ga, orokana riyū de kanojo to majiwatte ita josei ni yotte, dōshite hidoku atsukawa reta ka o shimeshimasu. Mushi sa re, keibetsu sa reta rō fujin wa, nenrei, shōgai no hinkon, kurayaminonakade tenmetsu suru sekiyu ranpu no hikarinonakade hitori de kanojo no kawaisōna uta o utai, omo ni ima kanojo o tsurete iku yō ni tanomu kanojo no kawaisōna uta o utau tame ni tanin ni izon suru kutsujoku-tekina haji anata no me ni namida.

Korera wa, anata o unera seru shīndesu. Rei wa kanojo no kao o kamera de zūmuin shi, kanojo no jinsei ga dorehodo hisandearu ka o shimeshimasu. Watashi wa Mari no Afurika no mura ni sunde ite, karera no komyuniti seishin ga totemo kakki ga aru koto o shitte imasu. Karera wa utatte issho ni hataraki, dareka no tame ni ie o tatemasu. Karera wa itsumo watashitachi no akanbō no musume o seotte, don’na tabemono demo kanojo ni ataemashita.

Karera wa hoka no kodomo-tachi e no ai o shimeshi, hijō ni rōjin ga kare no aisuru kodomo-tachi o mezame saseru tame ni maiasa watashitachi no mado ni yattekimashita. Watashitachiha āmisshu no hitobito no seiketsude shinpuruna ie ni totemo kanmei o ukemashita. Karera no kōdō ga yoku, yoku yashinawa reta kodomo-tachi wa, hijō ni yoi kachi to manā o oshie rare, keiken’na kurisuchan to shite sodachimashita. Karera wa shinpurudaga totemo kireina fuku o kiteita.

Kore mo, rei ga kare no eiga de mugen ni shōsai ni shimeshite iru Bengaru no mura no hitobito to wa taishō-tekidesu. Kojin-teki ni watashi wa itsu demo hinkon o yurusu koto ga dekimasuga, hinkon wa dare ka ni taishite dare ni taishite mo hiretsuna furumai o suru riyū ni wa nari enai, matawa-sō subekide wanai tame, hitobito no hiretsu-sa o kesshite yurusu koto wa dekimasen. Afurika hito, āmisshu hito, menonaito hito kara manabi, karera no hijō ni kihon-tekide shinpuruna seikatsu nimokakawarazu, subarashī komyuniti seishin o shimeshimasu.

Shikashi, rei no eiga kara Indo no subete no murabito ga Bengaru no hitobito no yōdearu to kaishaku sa rerubekide wa arimasen. Kuni no ta no chiiki no inaka no hitobito mo, Afurika to onajiyōni, subarashī komyuniti seishin de seikatsu shi, rinjin no tame ni utsukushī ie o tatete imasu. Kyōdōtai no yori ōkina rieki no tame ni karera ga kyōryoku suru toki, jinrui wa tsuneni ikinokorimasu.

Satiajittorei wa, hinkon to zetsubō no jinsei ni shōten o ate, genjitsu e no me o hiraku no o tasuke, nakama no sonzai ni motto omoiyari o motsu hitsuyō ga aru kono eigade wa, tsuneni omoidasa rerubekidesu. Kare wa kokusai-tekina meisei o motarashita eiga sangyō e no kōken ni yori, Indo seifu kara bāratoratona (Indo no hōseki) no saikō-shō o jushō shimashita.

Shutten: Satyajit rei no gūguru shashin rei wa, eiga no naka de Indo de mottomo takai shōdearu dadasahebufaruke-shō (1984-nen) ya Indo de mottomo takai minkan-shōdearu bāratoratona (1992-nen) nado, kazuōku no shō to eiyo o jushō shimashita. … Ōku no baai, sekai no eiga no saidai no eiga seisaku-sha no 1-ri to minasa rete iru rei wa, 1955-nen ni patāpanchari to kantoku debyū shimashita.

Chū: Watashinoburogu wa furansugo, Supeingo, doitsugo, nihongo no gengo demo teikyō sa rete imasu.

注:私のブログはフランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語の言語でも提供されています

Mis blogs en espagnol

Blogs von Anil in Deutsch

Blogs in English

My blogs at Wix site

tumblr posts    

Blogger.com

Medium.com

Anil’s biography in English.

Biographie d’Anil en français

La biografía de anil en español.

Anil’s Biografie auf Deutsch

Anil’s biography in Japanese

Биография Анила по-русски

Subscribe

A sense of community ( in Japanese )” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。