Is honesty outdated( in Japanese)

正直は時代遅れですか?

0_dlF8vvVGt8jR_UzH

出典:Googleの写真
最近スーパーマーケットでお金を落とし、彼女が彼女のお金を失ったことに気づいたときに泣き始めた老婦人がいました。警備員がなぜ彼女が動揺しているのか尋ねると、彼女はもっと涙を流して、彼女に問題を語った。
しかし彼女には分かっていなかったが、若い女の子は床の上のパケットを見てすぐに歩き、父親にそれがお金でいっぱいであることを見て何をするべきか尋ねた。彼女の父親は、彼女を亡くした人を見つけて彼女に返す警備員に帰るべきだと答えた。

幸いにも歳の女性は、まだ近くとてもお金が彼女に戻っした、それはお金が彼女に属していなかったので、それを行うには正しいことだったことWHOは答えた若い女の子に、彼女は非常に満足し、感謝して作られました。

この事件は、若い女の子を称賛し、大学教育のための奨学金を提供したプログラムのテレビ主催者に報告されました。私はまた皆がとても正直で助けになることを願った。

お金の巨大なパケットとマニラの空港でのいくつかの宝石を発見し、速やかに乗客が次にどこかのパッケージを落とし、心配で必死だった者WHOたが警備員にそれを報告した管理人の別のケースがありました。この事件はまた、毎日強盗、殺人、騒乱の悪いニュースでいっぱいの国で素晴らしいニュースを出しました。テレビの主催者は、貧しい管理人の礼儀正しさを称賛し、彼に大きな報酬を与えた多くのスポンサーと子供の教育のための奨学金を見つけました。

お金や携帯電話などを探す正直なタクシー運転手がいくつかあります急いで乗客の後ろに残し、感謝の気持ちを持ったオーナーに返す方法を見つける。しかし、これらの事件が報道されているメディアの中で国家的な見出しを作るのは、正直さが不足していることです。

あなたはほぼ毎日聞くと、彼女は一度だけそれを行うべき項目の3倍の価格をパンチスーパーマーケットでの乗客のバッグやレジから盗む空港で、雇用主からの荷物ハンドラを盗むメイドの不誠実です。人々の無限の物語がWHOお金を借りたが、これまで戻ってそれを支払うのがないつもりでそれを離れて実行して、最低からの自分自身を豊かにするために恥ずにお金を盗むの納税者が支払ったWHO最高に政府関係者の話がありますがあります。

私たちは現在、不正解が非常に広がっている社会に住んでいます。正直なことは非常に普通のことであったはずです。私は、スカンジナビア諸国の中には、誰もドアをロックしておらず、間違ってパッケージを残している人は、誰もそれを受け入れないので、どこに残っているのか確かめていると言われました。

残念ながら、これは他の場所ではそうではありません。フィリピンの列車に乗っていた夜、列車が郊外の場所で脱線し、キャリッジが傾いた。私はこの事故が心配だったので、私は妻と娘を素早く運び去って安全であったが、私が完全な暗闇の中で地面に落とした大きな袋はなくなった。誰かがそれをただ歩いていただけだった。

高速道路上の事故があった場合、負傷し、代わりにしばしば被害者を支援し、貧困の中で道徳的価値観の変性を示すことを行く警察や救急車を呼ぶの貧しい人々によって奪われdyingが。
いくつかの国では、人々はより多くの助けを借りて、困っている人を助ける道徳的価値観に即座に手伝ってくれるでしょう。私はすぐにそれ救急車を送っスイングから落下するメキシコシティパーク1日に事故にあった私達の子供はほぼ瞬時にソーシャルワーカーと呼ばれる、すぐに来て、赤十字病院と呼ばれる誰かに助けられたときはとても驚きました。

病院の優秀な医師には、外科手術を受けて右手に壊れた骨を固定してもらってもらえましたが、私たちは何とか病院に寄付しました。彼らは、保険に加入しているか、費用を支払う手段があるのか​​尋ねなかった。メキシコの人々は、薬の君主や他の犯罪者について何が言われても、心を癒すことができる、とても良いと正直です。

私は多くの国を旅行していて、多くの場所で人々の基本的な良さを経験しており、一部の人々がどれほど貧しい人々を得ることができるかも知っています。あなたがケニアのマサイマラに行くなら、ライオンとカバに憧れている間に、あなたのカメラバッグなどで誰が逃げるのかは決して分かりません。それは私が知っていた誰かに起こった。ローマの泥棒の市場は有名で、いつでもその名に恥じません。しかし、イタリア人はローマを除いてとても親切で親切です。

私は、農村の人と都市人の間には、いくつかの国ではかなり目立っている大きな分裂があると思います。国が貧しいほど、都市の犯罪者が増えていることがわかります。農村部の人々は基本的に正直な

不法占拠者の中で犯罪性が繁盛するいくつかの都市や、お金を得るために何かをする抑止措置者ではそうではありません。これはおそらく他の何よりも絶望から外れていますが、農村部の人々も貧しいですが、都市の貧しい人々のように絶望的ではありません。

ある日、ナイロビの繁華街を歩いているときに、私の近くに仲間がいて、急いで歩き回った。私は自分の足をパケットの上に置いてお金がいっぱいであることを知ったので、私は彼が何かを落としたとは知らなかったかもしれないと感じたので、私はその人に電話した。しかし、私は歩いて消えて、今何をすべきかについて私にジレンマを残しました。突然、12歳以上の若い少年がパケットを奪って逃げようとしたが、

私はすぐに彼の腕をつかまえたが、私はそのお金で逃げようと思った。今、群衆が起こって、私は、私は悪名高く壊れている警官にお金を与えたnext.If何をすべきか考え始めながらコメントを作っていたものを見るために集まって始めた、彼らはお金を維持し、疑惑共犯のために刑務所に私を入れます。私が子供とお金を分かち合う誘惑に彼が近くの公衆トイレを見せてくれることを示唆していたなら、おそらく彼の共犯者たちはナイフを持ってパケットを運ぶだろう。

だから、私はついに彼が運が良かったと言っているお金で行くようにしました。おそらく、私はそれはので、私はそれが私がWHOナイロビにその日ラッキーだったとトラブルに巻き込まなかったことを感じたお金を発見し、もう1つは20を数えることができる前に、これが起こっhim.Allするためにそれを与えた誰Iだったこと幸運でした。

すべての宗教が道徳的な行動規範を説くので、道徳的な価値の低下は、非常に貧しい都市の不法占拠者の間の宗教に対する信仰の欠如と関係があると私は思う。あなたは盗んではならない、あなたは嘘をつかないで、他の人の妻を貪欲にしてはならない。あなたは正直な人に対して偽りの主張をしてはならない。モーセが山から戒めとして奪った石に彫られているが、すべての宗教は同じことを言う。

唯一の問題は、ある宗教の戒めに従うためには、人に正直な良心が必要なため、これらの戒めは分かりません。善良で正直な人は、道徳的な良心に導かれ、常に正しいことをしているため、モーゼには何がなされたかされなかったかを伝える必要はありません。

オランダ人の同僚は、この新聞に、いったん私が仲間に大金を貸してくれたとしたら、彼は大急ぎで必要であり、将来、ローンを返すと約束したが、決してしなかったと言った。オランダ人は、彼の友人であると主張していたが、大きな失望のような方法で彼を放棄した人を再び見たことはなかった。彼は彼の国では人々は決してそのようなことをしておらず、いつも彼らが借りたものを返済したと言いましたが、ここではフィリピンでは違います。

ここにはバイクに乗っている人がたくさんいます。彼らは市場の売り手に融資し、毎日ローンの一部といくつかの利子を加えて、地元の人々によって5人のsixersと呼ばれています。彼らは、このような融資を行っていないため、担保なしでマイクロファイナンス方式を使用して、貧困層のニーズに応えています。

ほとんどの人がこの方法で金を借りると、ある期間にわたってそれを返済しますが、恐怖の話もあります。貸し手を借りて返済したくない人には、多くのそのような貸し手が殺されます。これは古代の習慣です。

お金を返済以上を求める方法を議論するために秘密の会議に1日彼の終わることのない戦争招待すべての重要なテンプルに資金を供給するために騎士テンプルからお金の莫大な金額を借りたフランスの王は?テンプルは知りませんでしたどのように覚えておいてくださいそれは彼の借金を払拭するこの方法を見つけた王の秩序を待っていた暗殺者を逃れるには遅すぎた。疑いを抱いたテンプル騎士団の一部は、エルサレムで富の大部分を取り戻し、後にローマ人に奪われてローマに戻ってくる秘密の場所に隠したが、それは別の話である。

バングラデシュのグラミン銀行の有名なケースはここで言及する必要があります。紳士は、このように自分のビジネスを立ち上げるために、非常に貧しい人々や貧しい人々に対して、少人数の資金を貸し出し始めました。彼は銀行のような担保を求めておらず、貧しい人々や絶望的な人々の数百万人がお金を稼ぐために自分の店を立ち上げるのを手伝ってくれました。 95%以上の借り手がGrameen銀行を成功のために時間を借りて返済したとき、私は非常にうれしく驚いていました。

ビル・クリントン氏は、農村部と非常に貧しいアーカンソー州に同様のマイクロファイナンスプロジェクトを立ち上げるように援助を求めた。私はバングラダッシュの非常に貧しい人々の間でこの正直は彼らが常に正直であることを伝える彼らの宗教と関係があると考えています。何より興味深いのは、このようなマイクロファイナンスプロジェクトのような他の場所バングラのdeshで大規模に、ここフィリピンで成功することができれば、女性はmen.Iの不思議よりもローンの返済で、より正直だっ事実です。そこには

誰が取引を閉じるために、簡単なハンドシェイクが必要ではなく、私はラクナウでラーマクリシュナミッションに自分の家を寄付したいanymore.Whenたことすべてをしたため、名誉は、弁護士が寄付の行為で非常に難しい見て十分であったかのようにそこにいくつかの隠された意図を見つけ、徹底的な精査の後で彼らは文書を承認した。彼らはそれが私が正直だピュア心と善良な人々を逃すと第二もなく、リターンを期待せずに他人を助けるdo.Soする普通のものではなかったかのように純粋なのれんのうち誰かが慈善事業に彼の家を寄贈ことを信じませんでした。好意

私は人々が彼らが何を意味し、彼らが言ったことを言った時を恋しく思う。彼らが約束をしたら、彼らはそれを守った。今そんなに不安、そんなに不信、それはそれはそうである理由あなたが思ってしまうほど中傷や偽りがあります。なぜ、いくつかの国の人々は、右のすべての時間で何をするために彼らの道徳的な良心を失っています。

あなたは昔ながらのが、正直、誠実かつ良識のようないくつかの昔ながらの値が時間光栄値であり、それは報われるために普遍的誠実さとない例外となり願ってnature.Iに普遍的に私を呼ぶかもしれとき用務員やタクシー運転手戻りますお金全国の見出しそして、それは愛する開催された我々の祖先値の退廃と変性を示しをする場合、例外正直になるため。あなたが子供を持っている場合は正直な人が生活の中で間違って行くことはできませんし、常に正しいスーパーマーケットでその女の子のようなので、彼に言って誰もなしで何をしますので、それらを正直に教えています。誠実さは時代遅れです。

 

Shōjiki wa jidaiokuredesu ka?   Shutten: Gūguru no shashin saikin sūpāmāketto de okane o otoshi, kanojo ga kanojo no okane o ushinatta koto ni kidzuita toki ni naki hajimeta rō fujin ga imashita. Anchisukiru ga naze kanojo ga dōyō shite iru no ka tazuneru to, kanojo wa motto namida o nagashite, kanojo ni mondai o katatta. Shikashi kanojo ni wa wakatte inakattaga, wakai on’nanoko wa yuka no ue no paketto o mite sugu ni aruki, chichioya ni sore ga okane de ippaidearu koto o mi tenani o surubeki ka tazuneta.

Kanojo no chichioya wa, kanojo o nakushita hito o mitsukete kanojo ni kaesu anchisukiru ni kaerubekida to kotaeta.   Saiwai ni mo toshi no josei wa, mada chikaku totemo okane ga kanojo ni modosshita, soreha okane ga kanojo ni zokushite inakattanode, sore o okonau ni wa tadashī kotodatta koto fū wa kotaeta wakai on’nanoko ni, kanojo wa hijō ni manzoku shi, kansha shite tsukura remashita.

Kono jiken wa, wakai on’nanoko o shōsan shi, daigaku kyōiku no tame no shōgakkin o teikyō shita puroguramu no terebi shusai-sha ni hōkoku sa remashita. Watashi wa mata mina ga totemo shōjikide tasuke ni naru koto o negatta. Okane no kyodaina paketto to Manira no kūkō de no ikutsu ka no hōseki o hakken shi, sumiyakani jōkyaku ga tsugini doko ka no pakkēji o otoshi, shinpai de hisshidatta mono fūtaga anchisukiru ni sore o hōkoku shita kanrinin no betsu no kēsu ga arimashita.

Kono jiken wa mata, Mainichi gōtō, satsujin, sōran no warui nyūsu de ippai no kuni de subarashī nyūsu o dashimashita. Terebi no shusai-sha wa, mazushī kanrinin no reigi tadashi-sa o shōsan shi, kare ni ōkina hōshū o ataeta ōku no suponsā to kodomo no kyōiku no tame no shōgakkin o mitsukemashita. Okane ya geitaidenwa nado o sagasu shōjikina takushī untenshu ga ikutsu ka arimasu isoide jōkyaku no ushiro ni nokoshi, kanshanokimochi o motta ōnā ni kaesu hōhō o mitsukeru.

Shikashi, korera no jiken ga hōdō sa rete iru media no naka de kokka-tekina midashi o tsukuru no wa, shōjiki-sa ga fusoku shite iru kotodesu.. Anata wa hobo mainichi kiku to, kanojo wa ichidodake sore o okonaubeki kōmoku no 3-bai no kakaku o panchisūpāmāketto de no jōkyaku no baggu ya reji kara nusumu kūkō de, koyōshu kara no nimotsu handora o nusumu meido no fuseijitsudesu.

Hitobito no mugen no monogatari ga fū okane o karitaga, kore made modotte sore o shiharau no ga nai tsumori de sore o hanarete jikkō shite, saitei kara no jibun jishin o yutaka ni suru tame ni hazu ni okane o nusumu no nōzei-sha ga shiharatta fū saikō ni seifu kankei-sha no hanashi ga arimasuga arimasu. Watashitachi wa genzai, fu seikai ga hijō ni hirogatte iru shakai ni sunde imasu.

Shōjikina koto wa hijō ni futsū no kotodeatta hazudesu. Watashi wa, Sukanjinabia shokoku no nakaniha, dare mo doa o rokku shite orazu, machigatte pakkēji o nokoshite iru hito wa, dare mo sore o ukeirenainode, doko ni nokotte iru no ka tashikamete iru to iwa remashita. Zan’nen’nagara, kore wa hoka no bashode wa sōde wa arimasen. Firipin no ressha ni notte ita yoru, ressha ga kōgai no basho de dassen shi, kyarijji ga katamuita. Watashi wa ko no jiko ga shinpaidattanode, watashi wa tsuma to musume o subayaku hakobi satte anzendeattaga, watashi ga kanzen’na kurayaminonakade jimen ni otoshita ōkina fukuro wanaku natta.

Darekaga sore o tada aruite ita dakedatta. Kōzokudōro-jō no jiko ga atta baai, fushō shi, kawarini shibashiba higaisha o shien shi, hinkon no naka de dōtokuteki kachikan no hensei o shimesu koto o iku keisatsu ya kyūkyūsha o yobu no mazushī hitobito ni yotte ubawa re dying ga. Ikutsu ka no kunide wa, hitobito wa yori ōku no tasuke o karite, komatte iru hito o tasukeru dōtokuteki kachikan ni sokuza ni tetsudatte kurerudeshou.

Watashi wa sugu ni sore kyūkyūsha o okussuingu kara rakka suru mekishikoshitipāku 1-nichi ni jiko ni atta watashitachi no kodomo wa hobo shunji ni sōsharuwākā to yoba reru, sugu ni kite, Sekijūji byōin to yoba reru dareka ni tasuke rareta toki wa totemo odorokimashita. Byōin no yūshūna ishi ni wa, geka shujutsu o ukete migite ni kowareta hone o kotei shite moratte moraemashitaga, watashitachi wa nantoka byōin ni kifu shimashita. Karera wa, hoken ni kanyū shite iru ka, hiyō o shiharau shudan ga aru no ka ​​ tazunenakatta.

Mekishiko no hitobito wa,-yaku no kunshu ya hoka no hanzai-sha ni tsuite nani ga iwa rete mo, kokoro o iyasu koto ga dekiru, tote mo yoi to shōjikidesu. Watashi wa ōku no kuni o ryokō shite ite, ōku no basho de hitobito no kihon-tekina yosa o keiken shite ori, ichibu no hitobito ga dorehodo mazushī hitobito o eru koto ga dekiru kamo shitte imasu. Anata ga Kenia no masaimara ni ikunara, raion to kaba ni akogarete iru ma ni, anata no kamera baggu nado de dare ga nigeru no ka wa kesshite wakarimasen. Sore wa watashi ga shitteita dareka ni okotta.

Rōma no dorobō no ichiba wa yūmeide, itsu demo sono na ni hajimasen. Shikashi, itariahito wa rōma o nozoite totemo shinsetsude shinsetsudesu. Watashi wa, nōson no hito to toshi hito no ma ni wa, ikutsu ka no kunide wa kanari medatte iru ōkina bunretsu ga aru to omoimasu. Kuni ga mazushī hodo, toshi no hanzai-sha ga fuete iru koto ga wakarimasu. Nōson-bu no hitobito wa kihontekini shōjikina p

Fuhō senkyo-sha no naka de hanzai-sei ga hanjō suru ikutsu ka no toshi ya, okane o eru tame ni nanika o suru yokushi sochi-shade wa sōde wa arimasen. Kore wa osoraku hoka no naniyori mo zetsubō kara hazurete imasuga, nōson-bu no hitobito mo mazushīdesuga, toshi no mazushī hitobito no yō ni zetsubō-tekide wa arimasen. Aru Ni~Tsu, Nairobi no hankagai o aruite iru toki ni, watashi no chikaku ni nakama ga ite, isoide arukimawatta.

Watashi wa jibun no ashi o paketto no ue ni oite okane ga ippaidearu koto o shittanode, watashi wa kare ga nanika o otoshita to wa shiranakatta kamo shirenai to kanjitanode, watashi wa sono hito ni denwa shita. Shikashi, watashi wa aruite kiete, imanani o subeki ka ni tsuite watashi ni jirenma o nokoshimashita. Totsuzen, 12-sai ijō no wakai shōnen ga paketto o ubatte nigeyou to shitaga, watashi wa sugu ni kare no ude o tsukamaetaga, watashi wa sono okane de nigeyou to omotta.

Ima, gunshū ga okotte, watashi wa, watashi wa akumyō takaku kowarete iru keikan ni okane o ataeta next. If nani o subeki ka kangae hajimenagara komento o tsukutte ita mono o miru tame ni atsumatte hajimeta, karera wa okane o iji shi, giwaku kyōhan no tame ni keimusho ni watashi o iremasu. Watashi ga kodomo to okane o wakachi au yūwaku ni kare ga chikaku no kōshū toire o misete kureru koto o shisa shite itanara, osoraku kare no kyōhan-sha-tachi wa naifu o motte paketto o hakobudarou.

Dakara, watashi wa tsuini kare ga un ga yokatta to itte iru okane de iku yō ni shimashita. Osoraku, watashi wa sorehanode, watashi wa sore ga watashi ga fū Nairobi ni sonohi rakkīdatta to toraburu ni makikomanakatta koto o kanjita okane o hakken shi, mō 1tsu wa 20 o kazoeru koto ga dekiru mae ni, kore ga oko~tsuhim. All suru tame ni sore o ataeta dare Idatta koto kōundeshita.

Subete no shūkyō ga dōtokutekina kōdō kihan o tokunode, dōtokutekina kachi no teika wa, hijō ni mazushī toshi no fuhō senkyo-sha no ma no shūkyō ni taisuru shinkō no ketsujo to kankeigāru to watashi wa omou. Anata wa nusunde wa naranai, anata wa uso o tsukanaide, hokanohito no tsuma o don’yoku ni shite wa naranai. Anata wa shōjikina hito ni taishite itsuwari no shuchō o shite wa naranai. Mōse ga yama kara imashime to shite ubatta ishi ni hora rete iruga, subete no shūkyō wa onaji koto o iu.

Yuiitsu no mondai wa, aru shūkyō no imashime ni shitagau tame ni wa, hito ni shōjikina ryōshin ga hitsuyōna tame, korera no imashime wa wakarimasen. Zenryōde shōjikina hito wa, dōtokutekina ryōshin ni michibika re, tsuneni tadashī koto o shite iru tame, mōze ni wa nani ga nasa reta ka sa renakatta ka o tsutaeru hitsuyō wa arimasen. Oranda hito no dōryō wa, kono shinbun ni, ittan watashi ga nakama ni taikin o kashite kureta to shitara, kare wa ōisogi de hitsuyōdeari, shōrai, rōn o kaesu to yakusoku shitaga, kesshite shinakatta to itta.

Oranda hito wa, kare no yūjindearu to shuchō shite itaga, ōkina shitsubō no yōna hōhō de kare o hōki shita hito o futatabi mita koto wa nakatta. Kare wa kare no kunide wa hitobito wa kesshite sono yōna koto o shite orazu, itsumo karera ga karita mono o hensai shita to iimashitaga, kokode wa Firipinde wa chigaimasu. Koko ni wa baiku ni notte iru hito ga takusan imasu. Karera wa ichiba no urite ni yūshi shi, Mainichi rōn no ichibu to ikutsu ka no rishi o kuwaete, jimoto no hitobito ni yotte 5-ri no sixers to yoba rete imasu. Karera wa, kono yōna yūshi o okonatte inai tame, tanpo nashi de maikurofainansu hōshiki o shiyō shite, hinkon-sō no nīzu ni kotaete imasu.

Hotondo no hito ga kono hōhō de kin o kariru to, aru kikan ni watatte sore o hensai shimasuga, kyōfu no hanashi mo arimasu. Kashite o karite hensai shitakunai hito ni wa, ōku no sono yōna kashite ga korosa remasu. Kore wa kodai no shūkandesu. Okane o hensai ijō o motomeru hōhō o giron suru tame ni himitsu no kaigi ni 1-nichi kare no owaru koto no nai sensō shōtai subete no jūyōna tenpuru ni shikin o kyōkyū suru tame ni kishi tenpuru kara okane no bakudaina kingaku o karita Furansu no ō wa?

Tenpuru wa shirimasendeshita dono yō ni oboete oite kudasai sore wa kare no shakkin o fusshoku suru kono hōhō o mitsuketa ō no chitsujo o matteita asashin o nogareru ni wa oso sugita. Utagai o daita tenpuru kishi-dan no ichibu wa, Erusaremu de tomi no daibubun o torimodoshi,-go ni rōma hito ni ubawa rete rōma ni modotte kuru himitsu no basho ni kakushitaga, soreha-betsu no hanashidearu. Banguradeshu no guramin ginkō no yūmeina kēsu wa koko de genkyū suru hitsuyō ga arimasu.

Shinshi wa, kono yō ni jibun no bijinesu o tachi ageru tame ni, hijō ni mazushī hitobito ya mazushī hitobito ni taishite, shōninzū no shikin o kashidashi hajimemashita. Kare wa ginkō no yōna tanpo o motomete orazu, mazushī hitobito ya zetsubō-tekina hitobito no sū hyaku man hito ga okane o kasegu tame ni jibun no mise o tachi ageru no o tetsudatte kuremashita. 95-Pāsento ijō no karite ga Grameen ginkō o seikō no tame ni jikan o karite hensai shita toki, watashi wa hijō ni ureshiku odoroite imashita.

Biru Kurinton-shi wa, nōson-bu to hijō ni mazushī ākansō-shū ni dōyō no maikurofainansupurojekuto o tachi ageru yō ni enjo o motometa. Watashi wa banguradasshu no hijō ni mazushī hitobito no ma de kono shōjiki wa karera ga tsuneni shōjikidearu koto o tsutaeru karera no shūkyō to kankei ga aru to kangaete imasu. Nani yori kyōmibukai no wa, kono yōna maikurofainansupurojekuto no yōna ta no basho bangura no desh de ōkibo ni, koko Firipin de seikō suru koto ga dekireba, josei wa men.

I no fushigi yori mo rōn no hensai de, yori shōjikidajjijitsudesu. Soko ni wa Dare ga torihiki o tojiru tame ni, kantan’na handosheiku ga hitsuyōde wa naku, watashi wa rakunau de rāmakurishunamisshon ni jibun no ie o kifu shitai anymore. Whenta koto subete o shita tame, meiyo wa, bengoshi ga kifu no kōi de hijō ni muzukashī mite jūbundeatta ka no yō ni soko ni ikutsu ka no kakusareta ito o mitsuke, tetteitekina seisa no nochi de karera wa bunsho o shōnin shita.

Karera wa sore ga watashi ga shōjikida pyua kokoro to zenryōna hitobito o nogasu to daini mo naku, ritān o kitai sezu ni tanin o tasukeru do. So suru futsū no monode wa nakatta ka no yō ni junsuina noren no uchi darekaga jizen jigyō ni kare no ie o kizō koto o shinjimasendeshita. Kōi watashi wa hitobito ga karera ga nani o imi shi, karera ga itta koto o itta toki o koishiku omou. Karera ga yakusoku o shitara, karera wa sore o mamotta. Ima son’nani fuan, son’nani fushin, sore wa sore wa sōdearu riyū anata ga omotte shimau hodo chūshō ya itsuwari ga arimasu.

Naze, ikutsu ka no kuni no hitobito wa, migi no subete no jikan de nani o suru tame ni karera no dōtokutekina ryōshin o ushinatte imasu. Anata wa mukashinagarano ga, shōjiki, seijitsu katsu ryōshiki no yōna ikutsu ka no mukashinagarano-chi ga jikan kōei-chideari, sore wa mukuwa reru tame ni fuhen-teki seijitsu-sa to nai reigai to nari negatte nature. I ni fuhen-teki ni watashi o yobu kamo shire toki yōmuin ya takushī untenshu modorimasu okane zenkoku no midashi soshite, soreha aisuru kaisai sa reta wareware no sosen-chi no taihai to hensei o shimeshi o suru baai, reigai shōjiki ni naru tame.

Anata ga kodomo o motte iru baai wa shōjikina hito ga seikatsu no naka de machigatte iku koto wa dekimasenshi, tsuneni tadashī sūpāmāketto de sono on’nanoko no yōnanode, kare ni itte dare mo nashide nani o shimasunode, sorera o shōjiki ni oshiete imasu. Seijitsu-sa wa jidaiokuredesu.

 

フランス語ブログのブログスペイン語のブログブログの日本語ブログブログJapaneseAnilの伝記.Anilの伝記は英語です.Anilのスペイン語の略歴.Anilのドイツ伝記注:Internet Explorer(IE)ブラウザはwordpress.comと互換性がないように見えますので、ブログを正しく表示することが困難です。私はあなたのデバイスにOpera MiniやFirefox、Google Chromeブラウザをダウンロードして、速いブラウジング体験を得ることをお勧めします。 Opera MiniとFirefoxブラウザは無料でダウンロードでき、超高速です。これが問題を解決することを願っています

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

広告

The challenge of frugality( in Japanese)

倹約の挑戦

Fotolia_30469198_XS
出典:Googleの写真
人生の日々の闘いにおいて、誰もが対処しなければならないことの1つは、どこにいても生活費がかかることです。固定金利の人は無制限の人よりも心配しているので、人類の97%は、限られた収入に対処し、人生が必要とするすべてのニーズを満たす方法についてのこの厳しい問題を抱えています。
子供が生まれた瞬間、支出計は稼動を開始し、子供が病院を離れる前に膨大な法案を作成します。

一人の男は、アメリカの病院で生まれた子供を持つために平均30000ドルの費用がかかると強く答えているが、メーターはフルスピードで走り続け、子供を育てて大学に通わせるために250000ドル以上を上乗せする。この数字には、カップルが持っているか予定している子供の数が乗じられます。
病院の前で駐車場を出産しなければならないため、妊娠中の女性が医療保険に加入していないため入院治療を拒否されたという恐ろしい話を聞いたことがあります。これは、米国のようないわゆる先進国で発生します。これは孤立したケースではありません。

他の国々では、キューバやスカンジナビア諸国のような収入に関係なく、資本主義諸国が金銭化や非人道的な金融システムに反する社会主義や福祉国家として侮辱していることを問わず、

したがって、平均固定利付収入は、ほとんどの国で莫大な生活費と闘わなければならず、月末に両国が会う方法を見つけ出す必要があります。この世界のほとんどの人々は、事故や重い病気のような緊急の場合には、彼らはそれらのニーズをカバーするために保険を購入するために莫大な費用を必要とする緊急事態が発生した場合には、

しかし、もしあなたが手から口まで生きていて、非常に質の悪い食べ物を食べてスラム街に住んでいて、何とかして最も基本的なニーズを支払うことがほとんどないので、保険料を払う手段がないとどうなりますか?あなたが不安定な人生で災害から一歩だけ離れて生活し、未来を計画していない、あるいは計画していない場合はどうなりますか?
私が最も賞賛しているのは、最後の世界戦争で荒廃した国と、限られた資源で国を再建しなければならなかった日本です。原爆の後、長崎と広島の写真しか見ることができませんが、全国が戦争によって悲惨になってしまいました。

同じことが、かつてはドイツ人が誇りに思っていた芸術、文化、技術の誇り高い国であったドイツに起こりました。ベルリン、ドレスデン、ケルンのカーペット爆破事件で都市全体が荒れ果ててしまいましたが、日本とドイツはともに国を再建する素晴らしい仕事をしました。彼らが苦しんでいた破壊の痕跡はほとんどなく、訪問して覚えていないいくつかの墓地を除いて、彼らが失った高額の生活費は失われています。

それで、戦争の後に国家は何を再構築するのですか?純粋な決定と道徳的な力が十分か、何かもっと必要としていますか?これは、中国、日本、ドイツ、韓国の人々が倹約と健全なマネーマネジメントスキルで知られていることは偶然のことですか?この倹約は、必要性と自己保全の誇りから生まれました。借入金は恥ずべきと悪化しているので、雨の日に支払うことができるすべてのペニーを救った。

日本政府は、国民の民間貯蓄から、国の発展のために払うために、しばしばお金を借りる。それは世界の羨望である私的貯蓄の規模です。国家が戦う戦争の理由に踏み込むのではなく、戦争後の国の再建に焦点を当てる。
フィリピン人はまた、戦争中に大きな被害を受け、特に食糧不足の時に生き残るための方法を見つけることが非常に困難でした。戦争に戦って生き残った高齢の世代は、日本人、ドイツ人、韓国人が好きでないのと同じように、次世代を無知に保つために、日々食べ物を見つけるために彼らの苦しみと何をしなければならないかについて話すことに、彼らの苦しみについて話す。

インドは人々が誇りに思っている手段の一つであり、ほとんどすべての人が彼らの収入の一部を救うために非常に頑張っています。人々は娘の結婚式のためにいつか支払わなければならない持参金のために救い、子供たちの教育費を支払う。彼らはいつか建設したいと思う家のために貯蓄し、所得が下がり、コストが上がると退職のために救う。
私たちの家族では、信用が汚い言葉であり、非常に恥ずかしいものだったので、彼らは支払うことができないものを買わなかったので、私たちの両親は現金で必要なものすべてを支払ったというルールでした。それは優先事項ではなかったので、私たちは空想のおもちゃや新しい自転車やガジェットを持っていなかった。優先順位は

私たちの限られた手段の中で生きて尊厳を持って生きることを学びます。信じられないかもしれませんが、プラスチックのクレジットカードやデビットカードが一部で使用され始めていますが、これはほとんどの家庭でも実践されています。家を建てたり、車を購入したり、銀行はローンを保護するために担保を要求します。そのため、現金で何兆ドルもの借り入れをしています。

戦争でも日本のような荒廃した国でも同じでしたが、それでも彼らは世界経済力のために国を再建することができました。彼らは彼らの貯金でそれを行い、それでもやります。その後、クレジットカードが来ました。あなたはクレジットカードを使用して何かを得ることができます。あなたは、家、車、テレビ、ドレス、休暇、または他のものでいっぱいのワードローブが欲しいですか?容易いものだ。ちょうどクレジットカードを手に入れ、後で高い金利でそれを支払う。あなたがお支払いのデフォルトをしている場合、車、家と他のものは取り去られ、法的手数料と他のすべての料金を支払うか、刑務所に行くことになります。

いくつかの国では、車を借りたり家を買う前にクレジットカードを持っていると主張しています。ガソリンスタンドは、午後5時以降に販売するガソリンの現金を受け入れないため、クレジットカードを持っている必要があります。クレジットカードを使用する人が増えれば経済はますます大きくなりますが、エコノミストはまた、しっかりした土台を持たない砂の城のような崩壊。あなたは人工的な生活を信用して生きることができ、あなたは生活の良い基準を持っていると思っていますが、法案は積み重なっています。すぐにあなたは容易な道がないコーナーにペイントされています。

何人かの人々は安らぎをチープスケートと同じだが、これは非常に誤解を招く。倹約的な人は賢明であり、彼は自尊心を重視する人です。彼は誰も誰にも義務を負わない誇り高き者です。誰も彼に未払いの手形で迷惑をかけないからです。彼は簡単に生きて、毎月彼の収入の一部が救われるようにします。彼は彼のお金を管理し、彼の手段の中で生きる方法を知っています。彼は子供たちにも倹約的であり、常に雨の日には救うように教えています。

国が成長し発展するにつれて、より多くの収入を得ることができ、雇用とより多くの可処分所得の利益を得る傾向があるので、若い世代は後で教育や就職を可能にする両親の節約を忘れたり無視したりする傾向があります。収入が増えれば、逆心理学が始まり、人々は私たちが貧しいと言って、私たちが望むものを持っていないと言いますが、私たちは今より多くの金を持っているので、私たちは奪われず、子供を奪いません。私はあなたの手段の中で生活すること、そしてあなたの尊厳を保つことを誤解するという犠牲を払って、貧困という言葉が出てくると思います。

だから倹約は剥奪ではなく、古い世代が練習し生き残った経費に対処する方法です。私の友人は、彼らが現金で建てた家に住んでいて、金属製の道具から、住宅ローンの支払い方法について心配している現在の世代よりも優れた新鮮な食べ物を食べたので、私たちの両親はより良い、 。彼らはまた、彼らが手に入れることができない車と、現金で支払うことができない60インチのHDTVを支払うことになるので、ほとんど節約できません。人々は高品質の金属板を使用してステンレススチールや中国のプラスチックカップ、プレートを使って発泡スチロールを製造しています。教えてください。

いくつかの国では、雇用者は、月の代わりに2週間ごとに従業員に給与を支払う。なぜなら、人々はそのような貧しい経営者であるからである。私たちは、フィリピンのフィリピンでは、人々が支払われ、彼らが余裕がないことにびっくりするためにモールに急いで行く月の初めまたは途中でここに行くことを避けます。あなたはここのようなどの国でも多くの質屋が見られることはありません。すべての通りの角には、人々が自分のものを倒すことができるように、彼らが自分のものを借りるか、または借り入れるように彼らの収入を管理することができないので、

かつて私はここに銀行の前に駐車していた一台の新車を見ました。マネージャーは、これらの車は、わずかに使用されているので、新しい価格よりも低い価格で販売され、売却可能であると語った。なぜ誰かが彼が彼が支払うことができないことを知っている信用の車を取得し、1日が取り去られ、彼の預金金は没収されるのだろうか?それは、自我の誤った感覚と実際よりも良いということを見せつけようとする傾向があるからです。しかし、家族の健全なマネーマネジメントは、共同で収入を管理し、賢明にそれをする配偶者間の健全な合意に依存します。そのようなカップルは正直で、勤勉です

o喫煙、飲酒、ギャンブルなどの悪い習慣を持たず、子供の安全と福祉を犠牲にして、家族の幸せになるリスクを冒すことはない。 彼らはまた良い計画立案者であり、子供たちの未来を救って、いつか良い大学に送って後で良い職業につながる質の高い教育を受けることができるようにする。彼らは娘の結婚を控え、自分の医療費を節約する 彼らが老いて病気の時に世話をするために子供たちに依存したくないからです。 そのような人々は、彼らが彼らの家族の世話を彼らがどのように最善の方法で世話したかのような倹約的な生活を送っていたので、自尊心が非常に高く、頭を高くして墓に行く。 それらをcheapskatesと呼ぶことは、frugalという言葉の重大な誤解です。あなたがどれくらい倹約的であるべきか自問してください。

 

 

Ken’yaku no chōsen   shutten: Gūguru no shashin jinsei no hibi no tatakai ni oite, daremoga taisho shinakereba naranai koto no 1tsu wa, dokoni ite mo seikatsu-hi ga kakaru kotodesu. Kotei kinri no hito wa museigen no hito yori mo shinpai shite irunode, jinrui no 97-pāsento wa, kagira reta shūnyū ni taisho shi, jinsei ga hitsuyō to suru subete no nīzu o mitasu hōhō ni tsuite no kono kibishī mondai o kakaete imasu.

Kodomo ga umareta shunkan, shishutsukei wa kadō o kaishi shi, kodomo ga byōin o hanareru mae ni bōdaina hōan o sakusei shimasu. Hitori no otoko wa, Amerika no byōin de umareta kodomo o motsu tame ni heikin 30000-doru no hiyō ga kakaru to tsuyoku kotaete iruga, mētā wa furusupīdo de hashiri tsudzuke, kodomo o sodatete daigaku ni kayowa seru tame ni 250000-doru ijō o uwanose suru. Kono sūji ni wa, kappuru ga motte iru ka yotei shite iru kodomo no kazu ga jōji raremasu.

Byōin no mae de chūshajō o shussan shinakereba naranai tame, ninshin-chū no josei ga iryō hoken ni kanyū shite inai tame nyūin chiryō o kyohi sa reta to iu osoroshī hanashi o kiita koto ga arimasu. Kore wa, Beikoku no yōna iwayuru senshinkoku de hassei shimasu. Kore wa koritsu shita kēsude wa arimasen. Hoka no kunigunide wa, kyūba ya Sukanjinabia shokoku no yōna shūnyū ni kankei naku, shihon shugi shokoku ga kinsen-ka ya hijindōtekina kin’yū shisutemu ni hansuru shakai shugi ya fukushi kokka to shite bujoku shite iru koto o towazu, shitagatte, heikin kotei ritsuki shūnyū wa, hotondo no kuni de bakudaina seikatsu-hi to tatakawanakereba narazu, getsumatsu ni ryōkoku ga au hōhō o mitsukedasu hitsuyō ga arimasu.

Kono sekai no hotondo no hitobito wa, jiko ya omoi byōki no yōna kinkyū no baai ni wa, karera wa sorera no nīzu o kabā suru tame ni hoken o kōnyū suru tame ni bakudaina hiyō o hitsuyō to suru kinkyū jitai ga hassei shita baai ni wa,   shikashi, moshi anata ga te kara kuchi made ikite ite, hijō ni tachinowarui tabemono o tabete suramu machi ni sunde ite, nantoka shite mottomo kihon-tekina nīzu o shiharau koto ga hotondo nainode, hoken-ryō o harau shudan ga naito dō narimasu ka?

Anata ga fuanteina jinsei de saigai kara ippo dake hanarete seikatsu shi, mirai o keikaku shite inai, aruiwa keikaku shite inai baai wa dō narimasu ka? Watashi ga mottomo shōsan shite iru no wa, saigo no sekai sensō de kōhaishita-koku to, kagira reta shigen de kuni o saiken shinakereba naranakatta Nihondesu. Genbaku no ato, Nagasaki to Hiroshima no shashin shika miru koto ga dekimasenga, zenkoku ga sensō ni yotte hisan ni natte shimaimashita.

Onaji koto ga, katsute wa doitsunin ga hokori ni omotte ita geijutsu, bunka, gijutsu no hokori takai kunideatta Doitsu ni okorimashita. Berurin, Doresuden, Kerun no kāpetto bakuha jiken de toshi zentai ga arehatete shimaimashitaga, Nihon to Doitsu wa tomoni kuni o saiken suru subarashī shigoto o shimashita. Karera ga kurushinde ita hakai no konseki wa hotondo naku, hōmon shite oboeteinai ikutsu ka no bochi o nozoite, karera ga ushinatta kōgaku no seikatsu-hi wa ushinawa rete imasu. Sorede, sensō no nochi ni kokka wa nani o sai kōchiku suru nodesu ka?

Junsuina kettei to dōtokutekina chikara ga jūbun ka, nanika motto hitsuyō to shite imasu ka? Kore wa, Chūgoku, Nihon, Doitsu, Kankoku no hitobito ga ken’yaku to kenzen’na manēmanejimentosukiru de shira rete iru koto wa gūzen no kotodesu ka? Kono ken’yaku wa, hitsuyō-sei to jiko hozen no hokori kara umaremashita. Kariirekin wa hazubeki to akka shite irunode, ame no hi ni shiharau koto ga dekiru subete no penī o sukutta. Nipponseifu wa, kokumin no minkan chochiku kara,-koku no hatten no tame ni harau tame ni, shibashiba okane o kariru.

Sore wa sekai no senbōdearu shiteki chochiku no kibodesu. Kokka ga tatakau sensō no riyū ni fumikomu node wa naku, sensō-go no kuni no saiken ni shōten o ateru. Firipin hito wa mata, sensō-chū ni ōkina higai o uke, tokuni shokuryōbusoku no toki ni ikinokoru tame no hōhō o mitsukeru koto ga hijō ni kon’nandeshita. Sensō ni tatakatte ikinokotta kōrei no sedai wa, nihonjin, doitsunin, kangokujin ga sukidenai no to onajiyōni, jisedai o muchi ni tamotsu tame ni, hibi tabemono o mitsukeru tame ni karera no kurushimi to nani o shinakereba naranai ka ni tsuite hanasu koto ni, karera no kurushimi ni tsuite hanasu. Indo wa hitobito ga hokori ni omotte iru shudan no hitotsudeari, hotondo subete no hito ga karera no shūnyū no ichibu o sukuu tame ni hijō ni ganbatte imasu.

Hitobito wa musume no kekkonshiki no tame ni itsuka shiharawanakereba naranai djisankin no tame ni sukui, kodomo-tachi no kyōiku-hi o shiharau. Karera wa itsuka kensetsu shitai to omou ie no tame ni chochiku shi, shotoku ga sagari, kosuto ga agaru to taishoku no tame ni sukuu. Watashitachi no kazokude wa, shin’yō ga kitanai kotobadeari, hijō ni hazukashī monodattanode, karera wa shiharau koto ga dekinai mono o kawanakattanode, watashitachi no ryōshin wa genkin de hitsuyōnamono subete o shiharatta to iu rūrudeshita.

Sore wa yūsen jikōde wa nakattanode, watashitachiha kūsō no omocha ya atarashī jitensha ya gajetto o motte inakatta. Yūsen jun’i watashitachi no kagira reta shudan no naka de ikite songen o motte ikiru koto o manabimasu. Shinji rarenai kamo shiremasenga, purasuchikku no kurejittokādo ya debittokādo ga ichibu de shiyō sa re hajimete imasuga, kore wa hotondo no katei demo jissen sa rete imasu. Ie o tate tari,-sha o kōnyū shi tari, ginkō wa rōn o hogo suru tame ni tanpo o yōkyū shimasu. Sonotame, genkin de nan chō-doru mo no kariire o shite imasu.

Sensō demo Nihon no yōna kōhaishita kuni demo onajideshitaga, soredemo karera wa sekai keizai-ryoku no tame ni kuni o saiken suru koto ga dekimashita. Karera wa karera no chokin de sore o okonai, soredemo yarimasu. Sonogo, kurejittokādo ga kimashita. Anata wa kurejittokādo o shiyō shite nanika o eru koto ga dekimasu. Anata wa,-ka,-sha, terebi, doresu, kyūka, matawa hoka no monode ippai no wādorōbu ga hoshīdesu ka? Tayasui monoda.

Chōdo kurejittokādo o te ni ire, atode takai kinri de sore o shiharau. Anata ga o shiharai no deforuto o shite iru baai,-sha,-ka to hoka no mono wa torisara re, hōteki tesūryō to hoka no subete no ryōkin o shiharau ka, keimusho ni iku koto ni narimasu. Ikutsu ka no kunide wa,-sha o kari tari ie o kau mae ni kurejittokādo o motte iru to shuchō shite imasu. Gasorinsutando wa, gogo 5-ji ikō ni hanbai suru gasorin no genkin o ukeirenai tame, kurejittokādo o motte iru hitsuyō ga arimasu. Kurejittokādo o shiyō suru hito ga fuereba keizai wa masumasu ōkiku narimasuga, ekonomisuto wa mata, shikkari shita dodai o motanai suna no shiro no yōna hōkai.

Anata wa jinkō-tekina seikatsu o shin’yō shite ikiru koto ga deki, anata wa seikatsu no yoi kijun o motte iru to omotte imasuga, hōan wa tsumikasanatte imasu. Sugu ni anata wa yōina michi ga nai kōnā ni peinto sa rete imasu. Nan’ninka no hitobito wa yasuragi o chīpusukēto to onajidaga, kore wa hijō ni gokaiwomaneku. Ken’yaku-tekina hito wa kenmeideari, kare wa jisonshin o jūshi suru hitodesu. Kare wa dare mo darenimo gimu o owanai hokori takaki monodesu.

Dare mo kare ni mibarai no tegata de meiwaku o kakenaikaradesu. Kare wa kantan ni ikite, maitsuki kare no shūnyū no ichibu ga sukuwa reru yō ni shimasu. Kare wa kare no okane o kanri shi, kare no shudan no naka de ikiru hōhō o shitte imasu. Kare wa kodomo-tachi ni mo ken’yaku-tekideari, tsuneni ame no hi ni wa sukuu yō ni oshiete imasu.

Kuni ga seichō shi hatten suru ni tsurete, yori ōku no shūnyū o eru koto ga deki, koyō to yori ōku no kashobun shotoku no riekiwoeru keikō ga aru node, wakai sedai wa atode kyōiku ya shūshoku o kanō ni suru ryōshin no setsuyaku o wasure tari mushi shi tari suru keikō ga arimasu. Shūnyū ga fuereba, gyaku shinri-gaku ga hajimari, hitobito wa watashitachi ga mazushī to itte, watashitachi ga nozomu mono o motteinai to iimasuga, watashitachi wa ima yori ōku no kin o motte irunode, watashitachi wa ubawa rezu, kodomo o ubaimasen.

Watashi wa anata no shudan no naka de seikatsu suru koto, soshite anata no songen o tamotsu koto o gokai suru to iu gisei o haratte, hinkon to iu kotoba ga detekuru to omoimasu. Dakara ken’yaku wa hakudatsude wa naku, furui sedai ga renshū shi ikinokotta keihi ni taisho suru hōhōdesu. Watashi no yūjin wa, karera ga genkin de tateta ie ni sunde ite, kinzoku-sei no dōgu kara, jūtaku rōn no shiharai hōhō ni tsuite shinpai shite iru genzai no sedai yori mo sugureta shinsen’na tabemono o tabetanode, watashitachi no ryōshin wa yoriyoi,.

Karera wa mata, karera ga te ni ireru koto ga dekinai kuruma to, genkin de shiharau koto ga dekinai 60-inchi no HDTV o shiharau koto ni narunode, hotondo setsuyaku dekimasen. Hitobito wa kōhinshitsu no kinzoku ita o shiyō shite sutenresusuchīru ya Chūgoku no purasuchikkukappu, purēto o tsukatte happō suchirōru o seizō shite imasu. Oshietekudasai. Ikutsu ka no kunide wa, koyō-sha wa, tsuki no kawari ni 2-shūkan-goto ni jūgyōin ni kyūyo o shiharau.

Nazenara, hitobito wa sono yō na mazushī keiei-shadearukaradearu. Watashitachiha, Firipin no Firipinde wa, hitobito ga shiharawa re, karera ga yoyū ga nai koto ni bikkuri suru tame ni mōru ni isoideiku tsuki no hajime matawa tochū de koko ni iku koto o sakemasu. Anata wa koko no yō nado no kuni demo ōku no shichiya ga mi rareru koto wa arimasen. Subete no tōri no tsuno ni wa, hitobito ga jibun no mono o taosu koto ga dekiru yō ni, karera ga jibun no mono o kariru ka, matawa kariireru yō ni karera no shūnyū o kanri suru koto ga dekinainode, katsute watashi wa koko ni ginkō no mae ni chūsha shite ita ichi-dai no shinsha o mimashita.

Manējā wa, korera no kuruma wa, wazuka ni shiyō sa rete irunode, atarashī kakaku yori mo hikui kakaku de hanbai sa re, baikyaku kanōdearu to katatta. Naze darekaga kare ga kare ga shiharau koto ga dekinai koto o shitte iru shin’yō no kuruma o shutoku shi, 1-nichi ga torisara re, kare no yokin-kin wa bosshū sa reru nodarou ka? Sore wa, jiga no ayamatta kankaku to jissai yori mo yoi to iu koto o misetsukeyou to suru keikō ga arukaradesu. Shikashi, kazoku no kenzen’na manēmanejimento wa, kyōdō de shūnyū o kanri shi, kenmei ni sore o suru haigūshakan no kenzen’na gōi ni izon shimasu. So no yōna kappuru wa shōjikide, kinbendesu

O kitsuen, inshu, gyanburu nado no warui shūkan o motazu, kodomo no anzen to fukushi o gisei ni shite, kazoku no shiawase ni naru risuku o okasu koto wanai. Karera wa mata yoi keikaku ritsuan-shadeari, kodomo-tachi no mirai o sukutte, itsu ka yoi daigaku ni okutte atode yoi shokugyō ni tsunagaru shitsu no takai kyōiku o ukeru koto ga dekiru yō ni suru.

Karera wa musume no kekkon o hikae, jibun no iryō-hi o setsuyaku suru karera ga oite byōki no toki ni sewa o suru tame ni kodomo-tachi ni izon shitakunaikaradesu. So no yōna hitobito wa, karera ga karera no kazoku no sewa o karera ga dono yō ni saizen no hōhō de sewa shita ka no yōna ken’yaku-tekina seikatsu o okutte itanode, jisonshin ga hijō ni takaku, atama o takaku shite haka ni iku. Sorera o cheapskates to yobu koto wa, frugal to iu kotoba no jūdaina gokaidesu. Anata ga dorekurai ken’yaku-tekidearubeki ka jimon shite kudasai.

 

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Note : Many readers have told me that the Internet Explorer (IE) browser seems to be not compatible with wordpress.com so they have difficulties in viewing my blogs properly. I suggest that you download Opera mini or Firefox or Google chrome browsers to your devices to get fast browsing experience. Opera mini and Firefox browsers are free to download and are superfast. Hope this solves the problem.

 

 

Death -Be not proud ( in Japanese)

死、誇りに思うな

metaphysical-analysis-of-death-be-not-proud-6-638

出典:Googleの写真

私はそれが人気のあるトピックではないことを知っているが、それは私たちがそれを好きであるかどうかにかかわらず、常に私たちの心の後ろにあるトピックです。死は、長い間演奏されたドラマの最後のシーンのようなものですが、ある瞬間にはドラマを終わらせ、ほとんどの人に衝撃を与えるような最終的なもので終わります。それは人々を座って昨日ここにいた人の人生に気づかせますが、今日は永遠に消え去っています。

私たちは皆、豊かな老後で彼または彼女の人生の盛りで、または他の時にいつか私たちを残している人たちに親愛だった誰かが、おそらく、偉大な遺産や信じられないほどの値と人々はまだ準備について話すことは勇気の物語を残して知っています彼の名誉の中で像を立てることさえできます。

一部の人々は、簡単に忘れられない方法で人々の一般的な意識を喚起するそのような影響を残す。チェ・ゲバラやネルソン・マンデラを忘れることができる人は誰ですか?ローザパークスとマーティンルーサーキングを誰が忘れることができますか?

いくつかの人は、私たちにはすべて貴族の種、すなわち私たちの偉大な種がありますが、その種子が人類が気づいている樹木に成長するものはごくわずかです。私たちのほとんどはいつか死んでしまう、人の完全な可能性を示すために、目を覚ますために、滞在偉大さの潜伏と睡眠を決して到達しないために決して、少数で喪に服し、すぐに忘れてしまいました。彼らの物語は決して伝えられず、彼らは遺産を残さない。これは人類の大部分の話です。

しかし、私は彼らが彼らの墓や葬儀の火葬場に連れて行った信じられないほどの話を、もう聞いたことのないものと想像することができます。通常、これは口語伝承が実践された社会の魔法を伝えるストーリーを通して生き生きとした物語を保った吟遊詩人の義務でした。

古代の人々は、洞窟の絵や墓地の暗い墓の壁に彼らの物語を記録する方法を発見した。その他の人々は、アンコールワットのような石のモニュメントを選びました。そこでは、キロメートルの長さのギャラリーが、紀元前に救済された物語を保存しました。

しかし、一般の人々はどうですか?おそらく彼らも、彼らの業績、成功、そして彼らが住んでいた社会への貢献について伝えるものがあったでしょう。シャーマンやハーブの医者が生涯に癒し、貧困だけを返すために何千人もの病人を記録したのは誰ですか?人権を主張して報酬として弾を受け取った単純な老人を覚えているのは誰ですか?誰が自由を欲しかっただけで数千人が死んだのか、誰がティエン・メンを覚えていますか?

私たちは皆、私たちのすべての権利のために戦った人々の共通の貢献を忘れがち不明死亡したが、彼らは見出しおよびそれらについての本を書いたことがないので報わ、もう1つは歌わだけで作ったことがありません。コヒマの戦いで多くの人で死亡した共通の兵士を覚えていたので、いつか私たちはすべて自由になることができましたか?軍隊が解散された後、ボーズのインド軍の放棄された兵士に何が起こったのか誰もが気にしましたか?

それは私たちがすべて忘れて見出しを作った人だけを覚えている普通の人の運命です。死は、決して存在しないかのように、自分のスレートをきれいに拭く。

私は人の体が考慮される次の人生に死と渡されると信じる生死のサイクルで死がちょうど通過段階とみなされる文化から来ます次の人生で新しいものを捨てて入手しなければなりません。

私は、この世界から人が通った後、どれくらいの間、人々は落ち着いてお茶を飲み、本当に問題ではないかのように天気を話します。出発した人の写真はしばらく壁にとどまっていましたが、第二世代または第三世代が知り合いで決して会ったことのない人には関係がないため、最終的に捨てられました。

他の文化では、彼らは飲酒や食べ物が優先される出発したものの墓地を訪れる。

ヒンズー教の神話に興味深い話がありますので、ここでそれについて言及します。

Satyavanと結婚し、とても幸せだったSavitriと呼ばれる女性がいましたが、ある日Satyavanは彼女の夫をとても愛していた悲しみのSavitriを離れて死んだ。まもなく死者の山が登場し、サタワヴァンの体を肩にかけて歩き始めましたが、彼は彼に従い始めました。彼女はもう何も生きていないと言って、夫の行くところに行くだろう。

山には魂が死後に行くどこに彼女は行くことができなかったと言ったが、彼女は上続け、死の神は、彼女が終了し、彼女が合意されたように、戻ります場合、私は3ブーンズに彼女を許可すると発表したので辞めないだろう。

彼女は幸福を最初の恩恵として頼んだので、それが認められた。彼女はそれから、繁栄に第二の恩恵を授けました。彼女はその後、死の神が与えた最後の恩恵として多くの子供たちを求めました。なぜなら、彼は彼に続くサビトリに疲れていたからです。

神はなぜ彼女が彼女の夫がなければ彼女の最後の恩恵を果たせなかったと言ったのか、まだ彼女に続いているのかと尋ねました。私はサーヴィトリーは彼がそう、これは単なる神話の物語である彼女のhusband.Butの人生を返したoutsmartedいたことを知っていました。彼らはあまりにも結局ハガードは、そのアフリカの洞窟での熱傷永遠の火について書いなっシャングリラスが、dust.Riderで何百年ものヒマラヤに住んでラマスについて話がありますが、現実には、私が知っている誰も、死をoutsmartedていません人に永遠の命を与えることができますが、それもあなたを楽しませる単なる物語です。

人類は-された未知の時以来の死に取りつかれて、私はlook.Todayはおそらく、私のブログは、背後にある彼らの生命の痕跡を残さない人々について共通である価値があると死亡との強迫観念と呼ばれ、それについてのブログを書いています。私たちが食べる食べ物を増やすために過酷な太陽の下で数百万人が労苦を払う。私たちが裸ではないように美しい服を作るために悲惨な賃金を得ている非人道的な汗工場では、何百万人もの労力が払われています。何百万人が彼らは段ボールやプラスチック製の小屋が病気で死ぬ非常に悪いが、彼らは一般的な人々のためmedicines.

Theseので支払うことができない私たちのための美しい家を建てるが、自分自身に住んで非常に懸命に働くWHOは、私たちが生活し、人生を楽しむことができます自分たちの生活を犠牲にしています。これは、偽の口実賃金の下でそれは彼らの政府、外国の戦争で死ぬとその怪我やウォルターリード病院で悪いもののような彼らの政府軍兵士の怠慢に苦しむ生き残るreward.

Thoseとして安価な棺を取得する一般的な兵士の同じ物語です。個人犠牲の彼らの物語は、誰もあなたは彼らがあなたの母親と父親は、あなたを上げるあなたに教育を与え、あなたが病気だったときに気に行われたすべての犠牲を考えるために停止did.Haveのか分からなくなりますので、書き込まれることはありませんか?貧弱な手段で多くの子供たちを育てる方法を疑問に思ったことはありますか?あなたは今まであなたMaは当たり前の我々が取るとその犠牲は、自分の写真が彼らの思い出がfaded.

Onceになって同じように家から一日消える?すべての夜、あなたを煽らとあなたの熱をダウンさせるためにあなたの額に濡れた服を保持WHO感謝しています私は偉大な女性がWHO癌で死にかけていたと言わ、それは人が住んでいないどのくらいいるかほとんど重要なものである生きるための短い時間を過ごしました。テリー・フォックスは死…私はわずか23だったときに死んだが、彼の国はすべてが私たちの独自の方法で私たちにあるテリー・フォックスのビットを運ぶと私が言う陰の英雄ようにいつか死ぬforgotten.

Weていないことをカナダの遺産を残してきました誇りに思ってはいけません。あなたは人生を消すことはできますが、人々が作る犠牲を消すことができないので、他の人ができることをlive

 

Shi, hokori ni omou na shutten: Gūguru no shashin watashi wa sore ga ninkinoaru topikkude wanai koto o shitte iruga, soreha watashitachi ga sore o sukidearu ka dō ka ni kakawarazu, tsuneni watashitachi no kokoro no ushiro ni aru topikkudesu. Shi wa, nagaiai ensō sa reta dorama no saigo no shīn no yōna monodesuga, aru shunkan ni wa dorama o owara se, hotondo no hito ni shōgeki o ataeru yōna saishū-tekina mono de owarimasu.

Sore wa hitobito o suwatte kinō koko ni ita hito no jinsei ni kidzuka semasuga, kyō wa eien ni kiesatte imasu. Watashitachi wa mina, yutakana rōgo de kare matawa kanojo no jinsei no mori de, matawa hoka no toki ni itsuka watashitachi o nokoshite iru hito-tachi ni shin’aidatta darekaga, osoraku, idaina isan ya shinjirarenai hodo no atai to hitobito wa mada junbi ni tsuite hanasu koto wa yūki no monogatari o nokoshite shitte imasu kare no meiyo no naka de zō o tateru koto sae dekimasu.

Ichibu no hitobito wa, kantan ni wasure rarenai hōhō de hitobito no ippantekina ishiki o kanki suru so no yōna eikyō o nokosu. Che gebara ya Neruson Mandera o wasureru koto ga dekiru hito wa daredesu ka? Rōzapākusu to mātinrūsākingu o dare ga wasureru koto ga dekimasu ka? Ikutsu ka no hito wa, watashitachi ni wa subete kizoku no tane, sunawachi watashitachi no idaina-shu ga arimasuga, sono shushi ga jinrui ga kidzuite iru jumoku ni seichō suru mono wa goku wazukadesu.

Watashitachi no hotondo wa itsuka shindeshimau, hito no kanzen’na kanōsei o shimesu tame ni,-me o samasu tame ni, taizai idai-sa no senpuku to suimin o kesshite tōtatsu shinai tame ni kesshite, shōsū de mo ni fukushi, sugu ni wasurete shimaimashita. Karera no monogatari wa kesshite tsutae rarezu, karera wa isan o nokosanai. Kore wa jinrui no daibubun no hanashidesu.

Shikashi, watashi wa karera ga karera no haka ya sōgi no kasōjō ni tsurete itta shinjirarenai hodo no hanashi o, mō kiita koto no nai mono to sōzō suru koto ga dekimasu. Tsūjō, koreha kōgo denshō ga jissen sa reta shakai no mahō o tsutaeru sutōrī o tōshite ikiikitoshita monogatari o tamotta gin’yūshijin no gimudeshita. Kodai no hitobito wa, dōkutsu no e ya bochi no kurai haka no kabe ni karera no monogatari o kiroku suru hōhō o hakken shita.

Sonohoka no hitobito wa, ankōruwatto no yōna ishi no monyumento o erabimashita. Sokode wa, kiromētoru no naga-sa no gyararī ga, kigenzen ni kyūsai sa reta monogatari o hozon shimashita. Shikashi, ippan no hitobito wa dōdesu ka? Osoraku karera mo, karera no gyōseki, seikō, soshite karera ga sunde ita shakai e no kōken ni tsuite tsutaeru mono ga attadeshou. Shāman ya hābu no isha ga shōgai ni iyashi, hinkon dake o kaesu tame ni nan sen-ri mo no byōnin o kiroku shita no wa daredesu ka?

Jinken o shuchō shite hōshū to shite dan o uketotta tanjun’na rōjin o oboete iru no wa daredesu ka? Dare ga jiyū o hoshikatta dake de sū sen-ri ga shinda no ka, dare ga Tien men o oboete imasu ka? Watashitachi wa mina, watashitachi no subete no kenri no tame ni tatakatta hitobito no kyōtsū no kōken o wasure-gachi fumei shibō shitaga, karera wa midashi oyobi sorera ni tsuite no hon o kaita koto ga nainode mukuwa, mō 1tsu wa utawa dake de tsukutta koto ga arimasen. Kohima no tatakai de ōku no hito de shibō shita kyōtsū no heishi o oboete itanode, itsuka watashitachiha subete jiyū ni naru koto ga dekimashita ka?

Guntai ga kaisan sa reta nochi, bōzu no Indo-gun no hōki sa reta heishi ni nani ga okotta no ka daremoga ki ni shimashita ka? Sore wa watashitachi ga subete wasurete midashi o tsukutta hito dake o oboete iru futsūnohito no unmeidesu. Shi wa, kesshite sonzaishinai ka no yō ni, jibun no surēto o kirei ni fuku. Watashi wa hito no karada ga kōryo sa reru tsugi no jinsei ni shi to watasa reru to shinjiru seishi no saikuru de shi ga chōdo tsūka dankai to minasa reru bunka kara kimasu tsugi no jinsei de atarashī mono o sutete nyūshu shinakereba narimasen.

Watashi wa, kono sekai kara hito ga tōtta nochi, dorekurai no ma, hitobito wa ochitsuite ocha o nomi, hontōni mondaide wanai ka no yō ni tenki o hanashimasu. Shuppatsu shita hito no shashin wa shibaraku kabe ni todomatte imashitaga, dainisedai matawa daisansedai ga shiriai de kesshite atta koto no nai hito ni wa kankei ga nai tame, saishūtekini sute raremashita. Hoka no bunkade wa, karera wa inshu ya tabemono ga yūsen sa reru shuppatsu shita mono no bochi o otozureru.

Hinzū kyō no shinwa ni kyōmibukai hanashi ga arimasunode, koko de sore ni tsuite genkyū shimasu. Satyavan to kekkon shi, totemo shiawasedatta Savitri to yoba reru josei ga imashitaga, aru hi Satyavan wa kanojo no otto o totemo aishite ita kanashimi no Savitri o hanarete shinda. Mamonaku shisha no yama ga tōjō shi, satawavu~an no karada o kata ni kakete aruki hajimemashita ga, kare wa kare ni shitagai hajimemashita. Kanojo wa mō nani mo ikite inai to itte, otto no iku tokoro ni ikudarou.

Yama ni wa tamashī ga shigo ni iku dokoni kanojo wa iku koto ga dekinakatta to ittaga, kanojo wa ue tsudzuke, shi no kami wa, kanojo ga shūryō shi, kanojo ga gōi sa reta yō ni, modorimasu baai, watashi wa 3 būnzu ni kanojo o kyoka suru to happyō shitanode yamenaidarou. Kanojo wa kōfuku o saisho no onkei to shite tanondanode, sore ga mitome rareta. Kanojo wa sore kara, han’ei ni daini no onkei o sazukemashita. Kanojo wa sonogo, shi no kami ga ataeta saigo no onkei to shite ōku no kodomo-tachi o motomemashita. Nazenara, kare wa kare ni tsudzuku sabitori ni tsukarete itakaradesu.

Kami wa naze kanojo ga kanojo no otto ga nakereba kanojo no saigo no onkei o hatasenakatta to itta no ka, mada kanojo ni tsudzuite iru no ka to tazunemashita. Watashi wa sāvu~itorī wa kare ga sō, kore wa tan’naru shinwa no monogataridearu kanojo no husband. But no jinsei o kaeshita outsmarted ita koto o shitte imashita. Karera wa amarini mo kekkyoku hagādo wa, sono Afurika no dōkutsu de no nesshō eien no hi ni tsuite kai nasshangurirasu ga, dasuto.

Raidā de nanbyakunen mo no Himaraya ni sunde ramasu ni tsuite hanashi ga arimasuga, genjitsu ni wa, watashi ga shitte iru dare mo, shi o outsmartedte imasen hito ni eien no inochi o ataeru koto ga dekimasuga, sore mo anata o tanoshima seru tan’naru monogataridesu. Jinrui wa – sa reta michi no toki irai no shi ni toritsukarete, watashi wa rukku. To~udi wa osoraku, watashinoburogu wa, haigo ni aru karera no seimei no konseki o nokosanai hitobito ni tsuite kyōtsūdearu kachigāru to shibō to no kyōhaku kan’nen to yoba re, sore ni tsuite noburogu o kaite imasu.

Watashitachi ga taberu tabemono o fuyasu tame ni kakokuna taiyō no shita de sū hyaku man hito ga rōku o harau. Watashitachi ga hadakade wa nai yō ni utsukushī fuku o tsukuru tame ni hisan’na chingin o ete iru hijindōtekina ase kōjōde wa, nan hyaku man-ri mo no rōryoku ga harawa rete imasu. Nan hyaku man hito ga karera wa dan bōru ya purasuchikku-sei no koya ga byōki de shinu hijō ni waruiga, karera wa ippantekina hitobito no tame medicines.

Thesenode shiharau koto ga dekinai watashitachi no tame no utsukushī uchiwotateru ga, jibun jishin ni sunde hijō ni kenmei ni hataraku fū wa, watashitachi ga seikatsu shi, jinsei o tanoshimu koto ga dekimasu jibun-tachi no seikatsu o gisei ni shite imasu. Kore wa, nise no kōjitsu chingin no shita de sore wa karera no seifu, gaikoku no sensō de shinu to sono kega ya u~orutārīdo byōin de warui mono no yōna karera no seifu-gun heishi no taiman ni kurushimu ikinokoru reward.

Those to shite ankana hitsugi o shutoku suru ippantekina heishi no onaji monogataridesu. Kojin gisei no karera no monogatari wa, dare mo anata wa karera ga anata no hahaoya to chichioya wa, anata o ageru anata ni kyōiku o atae, anata ga byōkidatta toki ni ki ni okonawa reta subete no gisei o kangaeru tame ni teishi did. Have no ka wakaranaku narimasunode, kakikoma reru koto wa arimasen ka?

Hinjakuna shudan de ōku no kodomo-tachi o sodateru hōhō o gimon ni omotta koto wa arimasu ka? Anata wa ima made anata Ma wa atarimae no wareware ga toru to sono gisei wa, jibun no shashin ga karera no omoide ga faded. Once ni natte onajiyōni-ka kara tsuitachi kieru? Subete no yoru, anata o aora to anata no netsu o daun sa seru tame ni anata no gaku ni nureta fuku o hoji fū kansha shite imasu watashi wa idaina josei ga fū gan de shinikakete ita to iwa, soreha hito ga sunde inai dono kurai iru ka hotondo jūyōna monodearu ikiru tame no mijikai jikan o sugoshimashita.

Terī Fokkusu wa shi… Watashi wa wazuka 23datta toki ni shinda ga, kare no kuni wa subete ga watashitachi no dokuji no hōhō de watashitachi ni aru terī Fokkusu no bitto o hakobu to watashi ga iu in no eiyū-yō ni itsuka shinu forgotten. Wete inai koto o Kanada no isan o nokoshite kimashita hokori ni omotte wa ikemasen.

Anata wa jinsei o kesu koto wa dekimasuga, hitobito ga tsukuru gisei o kesu koto ga dekinainode, hokanohito ga dekiru koto o live.

 

Note: Tsugi no gengo de no watashinoburogu ya denki ga JapaneseAnil no denki de JapaneseMy ni GermanBlogs ni SpanishBlogs ni FrenchBlogs ni link. Blogs ni ika ni atae raremasu GermanNote de supanisshu. Anil no denki de ingurisshu. Anil no denki de furenchi. Anil no denki de no denki: Ōku no dokusha wa, intānettoekusupurōrā (IE) burauza ga karera ga tekisetsu ni watashinoburogu o mite no muzukashi-sa o motte iru wordpress. Komu de sorehodo gokansei ga nai yō ni omowa reru koto o watashi ni iimashita. Watashi wa anata no debaisu ni opera minī ya faiafokkusu, gūgurukurōmu burauza o daunrōdo shite, hayai buraujingu taiken o eru koto o o susume shimasu. Opera minī to faiafokkusu burauza wa muryō de daunrōdo deki, chō kōsokudesu. Kore ga mondai o kaiketsu suru koto o negatte imasu.

 

フランス語ブログのブログスペイン語のブログブログの日本語ブログブログJapaneseAnilの伝記.Anilの伝記は英語です.Anilのスペイン語の略歴.Anilのドイツ伝記注:Internet Explorer(IE)ブラウザはwordpress.comと互換性がないように見えますので、ブログを正しく表示することが困難です。私はあなたのデバイスにOpera MiniやFirefox、Google Chromeブラウザをダウンロードして、速いブラウジング体験を得ることをお勧めします。 Opera MiniとFirefoxブラウザは無料でダウンロードでき、超高速です。これが問題を解決することを願っています

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Excessive shyness( in Japanese)

過度の恥ずかしがり

136736471

出典:Googleフォト

私は、一部の人々の過度の恥ずかしがり心は、多くの人が苦しみ、公然に開くことを非常に恥ずかしがるような、いくつかの劣等感の複合体のためだと考えていました。これは、男女ともに大きな影響を及ぼし、そうでなければ偉大なスピーカー、作家またはリーダーであったかもしれない内向きの人の発達をもたらします。

この恥ずかしがり屋は、子供が無邪気であり、最初は複雑で劣っている、あるいは上手ではないが、子供が成長する環境のために変化する可能性があるため、最初は明らかではない。子供が話すことを奨励する家族がいますが、他の人は、子供が礼儀正しく話していると叱責されるので、両親が子供の話し方をどのように奨励したり、抑えているかによって異なります。

ほとんどの国で農村地域のコミュニティにアクセスすると、話をするのを恐れることのない子供や大人が出てきます。親や祖父母を模倣する傾向がある子供たちに直接的な影響を及ぼす農夫が毎日下品な言葉をどのように使用しているかを聞くと、あなたの耳は赤くなるでしょう。

いくつかの共同体では、呪いや汚い言葉を使用することは、聖書の言及を常に引用することをお勧めしませんので、汚い言葉を使って自分の怒りや欲求不満を解消する必要がある人は、すべてのターンで虚偽の差し止め命令が言及される。

自然界で恥ずかしがり屋ではない農村の子供たちは、納屋の動物が交尾しているように見えて、彼らはそれを自然なものとして受け入れることができます。ティーンエイジの女の子は、しばしば動物が仲間を助けるのを見て、あなたがそのような話題を開くようになると、1分ほど話します。彼らは早熟に成長し、両親や祖父母のようにすべてのことについて非常に実用的な傾向があります。

アーミッシュの人々のような地域社会では、地域社会に所属するという強い意識を持って子どもたちが成長し、家族のための日常的な農作業や必要に応じて他の人々との仕事を手助けすることが期待されています。あなたは農場で頑張り、シンプルで健康的な食べ物を食べるので、堅牢な健康を持つ子供を見つけることができます。ハードワークは筋肉を構築し、彼らが保有する会社は塩味のある言語を構築します。だから、ほとんどの国の田舎の人々は、教育が不十分で、中産階級でのマナーや言葉遣いを抑えようとする都市の人々とは別に、塩味のある言葉を使った粗雑なマナーを持っているとみなされます。

この背景は、一部の人々が率直になり、他の人がどのようにして生きているのかを理解するために必要です。

この恥ずかしがり屋は、最初は子供に内在していませんが、彼はいつでも彼が望むときに話すことを奨励されていないので、恥ずかしがり屋であることを学びます。上層部が実践し、誇りを持っている社会的なエチケットは、両親が自由に自分を表現することを許さないため、子供を制限することができます。演説だけでなく、彼の行動様式も制限することができます。しかし、学習の拘束は、人が訓練され、礼儀正しくなるのを助けるならば、悪いことではありません。

子供の頃、私たちは、親が頷いていない限り、未知の人や知られていない人から何も取ることができませんでした。私たちは、夕食時やそれ以外の時間に両親が話したときに聞いたことがあり、彼らの年齢が尊重されているために、老人を自分の名前で呼び出すことは許されませんでした。これは何よりも儒教的であり、多くの国で広く練習されています。

しかし、西洋の文化では、子供は自分の名前で親に電話をかけたり、祖父ジョンに電話することができます。彼は社会的な拘束がないので、彼の両親や長老たちに頻繁に非常に無頓着に返答することができます。アメリカの宣教師たちはハイチの伝統の中で老人を叔父やおじいさんと呼んでいたので、ハイチの子供たちを楽しませました。彼らの文化では、老人に対するこのような敬意はほとんど与えられていないので、人々はそれに応じて行動する。

文化は国ごとに異なり、多様な民族の間でさえも良い社会行動は、人々が愛する価値に強く根ざした学んだ経験です。これは家庭で最初に学び、両親が子供たちに良い価値観と良い行動を教える上で非常に重要な役割を果たすので、子供が後に開発する性格の基礎を築くことができます。

今や人々は良い価値観と良い行動を構成するものについて主張し、他の国で服従し、敬意を表し、丁重な態度をとって愚かな価値観や行動を嘲笑します。しかし、同じ人たちは、私たちの子供達が彼らの良い行動、丁重かつ敬意を払っている姿勢を称賛し、正反対だった自分の子供たちを比較しました。

子供が話すように勧められているが、敬意をもって順番にしか出てこないときは、後に彼の性格の一部になる良い社会的価値観と礼儀を拾うことを学びます。それは子どもが学校に行く準備ができたら、彼の先生たちは今や両親の役割を担い、正直で真実で、懲罰を通して時にはよく訓練されていることを教えてくれる子供が自分の意見を表現することに恥ずかしがらないことを学ぶように、励ましを受けています。家庭や学校で適切な励ましが与えられれば、恥ずかしがり屋を脱ぐことができます。

両親が子どもたちにスピーチコンテストに参加し、そのテーマについて準備するよう奨励すれば、それは子供に非常に肯定的な影響を与えることができます。彼が群衆に直面し、彼の言葉の流暢さで即座に話すことができれば、彼は恥ずかしがりを克服するのに成功し、逆戻りすることはありません。リーダーシップを発達させるためには、これは子供にとって非常に必要なスキルです。それは、彼が大学や職場でリーダーシップの役割を果たすときに、自分の自信と討論のスキルを高めるのに役立ちます。

両親と教師は、討論、スピーチコンテスト、科学コンテスト、そして学校が時々編成する他の多くのイベントに参加するように子供を奨励することによって、子供の個性を発展させる上で非常に重要な役割を果たすことができます。子供のために “私はあなたのことを誇りに思う”と言って、あなたに感謝の念を贈ります。彼が住む貧しい環境のために一人で育った子供は、孤独、恥ずかしがり屋、開かずに彼が感じることを語る内向的な人。

彼は恐れて恥ずかしがりになる。それはまた、彼が社会的偏見になるために彼を導くことができる感情を抑圧し、怒りを構築した人になることができるという意味で、子供に非常にマイナスの影響を与える可能性があります。多くの逸脱者は、多くの人を殺したバージニア工科大学の韓国人の子供のように無差別に出てきた。彼は孤独であり、怒りを感じたので、この悲劇的なやり方で他の人にそれを取った。私は子供と呼ばれるブログを書いたおそらくこの件に関する見ている苗木です。今私は内気を流す方法について大人のオールラウンドな個性を持つ幸せな人になります。

これは子供が成長する環境と関係しています。両親、教師、同級生、彼の隣人、彼の友人、そして遊び相手はすべて子供の育成に一役買っています。両親はおそらく最も重要な役割を果たすだろうが、父親と母親は子供の教え方、教える方法、子供の破壊的行動をいつ止めるべきかについて合意しなければならない。子どもを育てる方法について互いの意見が一致しない場合、子供は混乱し、誰が聞くべきか分からない。家族の団結は、子供に直接的な影響を及ぼす共通の信念に由来する。壊れた家族から来た子供たちは、社会的な影響を最も受けています。

貧しく、毎日のニーズを満たすのに苦労している家族は、優先順位が生存しているので、社会的および道徳的な価値が低い傾向があります。しかし、そのような貧困は、必要不可欠な悪ではありません。私はアフリカで暮らしています。農村部の人たちは、危険な雨に恵まれ農業に恵まれているにもかかわらず汚れています。彼らの農村地域では、アメリカのAmishの人々のようにお互いを見守りますが、都市では、互いに助け合うコミュニティはありません。強くて良い人格を育むために、子供は彼の家のサポート。

彼が地域社会の他の子供たちと遊ぶことができれば、彼は孤独にならず、恥ずかしがりをすることができます。私は、子供が自分の恥ずかしさを払拭するために自信を深める必要があると思います。それでは、子供は自信をどのように発達させますか?それは、彼がその後期待される責任を彼に与える両親の励ましから来ることができます。子どもたちが午前4時に起きて牛を食べたり、牛乳を搾ったり、メープルサップを集めたり、自分の自信を深めるために役立つ数多くの雑用をしたりするよう村のコミュニティでこれを見ることができます。今生きている日、子供には、家事をすることができます。

私は毎月家計の必要性のほとんどを購入するように求められたので、責任を負うことを学んだことを知っています。私の両親がお金で私を信じていたので、これも私の自信を高めました。私は、私の両親が疑問に思っていなかった判断を信頼することを学んだ。これらのことは、子供を自信を持たせる助けとなり、その過程で、いつも人々に対処することを学ぶので、彼は恥ずかしがり屋を放つ。保護された子供は、自分の人格を育てることは決してできず、恥ずかしがりや内向的なままになります。子供が恥ずかしがるのを助けることができるのは、外国語を学び、それをよく話すことです。

多言語対応の子どもは、他の人とは別にver この能力のために始まり、スマートな人になります。この能力は、その言語の読者になるための教師やプライベートレッスンや書籍から来ることができます。読書癖の早期発達は、さまざまな情報源から多くの知識を得る確実な方法であり、知識豊富でスマートになります。自信を持ってスマートで知識の豊かな人は、決して恥ずかしがりがない強くて良い人格を育てます。

あなたが恥ずかしがりや怠惰な子供を抱えている場合は、彼に責任を与えて、彼にスピーチコンテストや科学プロジェクトコンテストに参加するよう奨励することで、彼を助けることができます(私は彼のことを言っています)。ほとんどの場合、彼が最も好きなことをするのをサポートすることで、そのような子供は決して恥ずかしがり屋ではなく、いつかリーダーになるための基礎を築くでしょう。注:私のブログと以下の言語での伝記はリンクの下に掲載されています

 
Kado no hazukashi gari shutten: Gūguru foto

watashi wa, ichibu no hitobito no kado no hazukashi gari-shin wa, ōku no hito ga kurushimi, kōzen ni hiraku koto o hijō ni hazukashi garu yōna, ikutsu ka no retsutōkan no fukugō-tai no tameda to kangaete imashita. Kore wa, danjo tomoni ōkina eikyō o oyoboshi,-sōdenakereba idaina supīkā, sakka matawa rīdādeatta kamo shirenai uchi muki no hito no hattatsu o motarashimasu.

Kono hazukashigariya wa, kodomo ga mujakideari, saisho wa fukuzatsu de ototte iru, aruiwa jōzude wa naiga, kodomo ga seichō suru kankyō no tame ni henka suru kanōsei ga aru tame, saisho wa akirakade wanai. Kodomo ga hanasu koto o shōrei suru kazoku ga imasuga, hokanohito wa, kodomo ga reigi tadashiku hanashite iru to shisseki sa rerunode, ryōshin ga kodomo no hanashikata o dono yō ni shōrei shi tari, osaete iru ka ni yotte kotonarimasu.

Hotondo no kuni de nōson chiiki no komyuniti ni akusesu suru to,-banashi o suru no o osoreru koto no nai kodomo ya otona ga dete kimasu. Oya ya sofubo o mohō suru keikō ga aru kodomo-tachi ni chokusetsutekina eikyōwooyobosu nōfu ga mainichi gehin’na kotoba o dono yō ni shiyō shite iru ka o kiku to, anata no mimi wa akaku narudeshou. Ikutsu ka no kyōdōtaide wa, noroi ya kitanai kotoba o shiyō suru koto wa, seisho no genkyū o tsuneni in’yō suru koto o o susume shimasen’node, kitanai kotoba o tsukatte jibun no ikari ya yokkyū fuman o kaishō suruhitsuyōgāru hito wa, subete no tān de kyogi no sashitome meirei ga genkyū sa reru.

Shizen-kai de hazukashigariyade wanai nōson no kodomo-tachi wa, naya no dōbutsu ga kōbi shite iru yō ni miete, karera wa sore o shizen’na mono to shite ukeireru koto ga dekimasu. Tīn’eiji no on’nanoko wa, shibashiba dōbutsu ga nakama o tasukeru no o mite, anata ga sono yōna wadai o hiraku yō ni naru to, 1-bu hodo hanashimasu. Karera wa sōjuku ni seichō shi, ryōshin ya sofubo no yō ni subete no koto ni tsuite hijō ni jitsuyō-tekina keikō ga arimasu.

Āmisshu no hitobito no yōna chiiki shakaide wa, chiiki shakai ni shozoku suru to iu tsuyoi ishiki o motte kodomo-tachi ga seichō shi, kazoku no tame no nichijō-tekina nōsagyō ya hitsuyōniōjite hoka no hitobito to no shigoto o tedasuke suru koto ga kitai sa rete imasu. Anata wa nōjō de ganbari, shinpurude kenkō-tekina tabemono o taberu node, kenrōna kenkō o motsu kodomo o mitsukeru koto ga dekimasu. Hādowāku wa kin’niku o kōchiku shi, karera ga hoyū suru kaisha wa shioaji no aru gengo o kōchiku shimasu.

Dakara, hotondo no kuni no inaka no hitobito wa, kyōiku ga fujūbunde, chūsan kaikyū de no manā ya kotobadzukai o osaeyou to suru toshi no hitobito to wa betsuni, shioaji no aru kotoba o tsukatta sozatsuna manā o motte iru to minasa remasu. Kono haikei wa, ichibu no hitobito ga sotchoku ni nari, hokanohito ga dono yō ni shite ikite iru no ka o rikai suru tame ni hitsuyōdesu.

Kono hazukashigariya wa, saisho wa kodomo ni naizai shite imasenga, kare wa itsu demo kare ga nozomu toki ni hanasu koto o shōrei sa rete inainode, hazukashigariyadearu koto o manabimasu. Jōsō-bu ga jissen shi, hokori o motte iru shakai-tekina echiketto wa, ryōshin ga jiyū ni jibun o hyōgen suru koto o yurusanai tame, kodomo o seigen suru koto ga dekimasu. Enzetsu dakedenaku, kare no kōdō yōshiki mo seigen suru koto ga dekimasu. Shikashi, gakushū no kōsoku wa, hito ga kunren sa re, reigi tadashiku naru no o tasukerunaraba, warui kotode wa arimasen.

Kodomo no koro, watashitachiha, oya ga unazuite inai kagiri, michi no hito ya shira rete inai hito kara nani mo toru koto ga dekimasendeshita. Watashitachiha, yūshokudoki ya soreigai no jikan ni ryōshin ga hanashita toki ni kiita koto ga ari, karera no nenrei ga sonchō sa rete iru tame ni, rōjin o jibun no namae de yobidasu koto wa yurusa remasendeshita. Kore wa naniyori mo jukyō-tekideari, ōku no kuni de hiroku renshū sa rete imasu. Shikashi, seiyō no bunkade wa, kodomo wa jibun no namae de oya ni denwa o kake tari, sofu Jon ni denwa suru koto ga dekimasu.

Kare wa shakai-tekina kōsoku ga nainode, kare no ryōshin ya chōrō-tachi ni hinpan ni hijō ni mutonjaku ni hentō suru koto ga dekimasu. Amerika no senkyōshi-tachi wa Haichi no dentō no naka de rōjin o oji ya ojīsan to yonde itanode, Haichi no kodomo-tachi o tanoshima semashita. Karera no bunkade wa, rōjin ni taisuru ko no yōna keii wa hotondo atae rarete inainode, hitobito wa sore ni ōjite kōdō suru. Bunka wa kuni-goto ni kotonari, tayōna minzoku no made sae mo yoi shakai kōdō wa, hitobito ga aisuru kachi ni tsuyoku nezashita mananda keikendesu.

Kore wa katei de saisho ni manabi, ryōshin ga kodomo-tachi ni yoi kachikan to yoi kōdō o oshieru ue de hijō ni jūyōna yakuwariwohatasunode, kodomo ga ato ni kaihatsu suru seikaku no kiso o kizuku koto ga dekimasu. Imaya hitobito wa yoi kachikan to yoi kōdō o kōsei suru mono ni tsuite shuchō shi, hoka no kuni de fukujū shi, keii o arawashi, teichōna taido o totte orokana kachikan ya kōdō o chōshō shimasu. Shikashi, onaji hito-tachi wa, watashitachi no kodomodachi ga karera no yoi kōdō, teichō katsu keii o haratte iru shisei o shōsan shi, seihantaidatta jibun no kodomo-tachi o hikaku shimashita.

Kodomo ga hanasu yō ni susume rarete iruga, keii o motte junban ni shika dete konai toki wa,-go ni kare no seikaku no ichibu ni naru yoi shakai-teki kachikan to reigi o hirou koto o manabimasu. Soreha Kodomo ga gakkōniiku junbi ga dekitara, kare no sensei-tachi wa imaya ryōshin no yakuwari o ninai, shōjikide shinjitsu de, chōbatsu o tōshite tokiniha yoku kunren sa rete iru koto o oshietekureru kodomo ga jibun no iken o hyōgen suru koto ni hazukashi garanai koto o manabu yō ni, hagemashi o ukete imasu.

Katei ya gakkō de tekisetsuna hagemashi ga atae rarereba, hazukashigariya o nugu koto ga dekimasu. Ryōshin ga kodomo-tachi ni supīchikontesuto ni sanka shi, sono tēma ni tsuite junbi suru yō shōrei sureba, soreha kodomo ni hijō ni kōtei-tekina eikyō o ataeru koto ga dekimasu. Kare ga gunshū ni chokumen shi, kare no kotoba no ryūchō-sa de sokuza ni hanasu koto ga dekireba, kare wa hazukashigari o kokufuku suru no ni seikō shi, gyakumodori suru koto wa arimasen.

Rīdāshippu o hattatsu sa seru tame ni wa, koreha kodomo ni totte hijō ni hitsuyōna sukirudesu. Sore wa, kare ga daigaku ya shokuba de rīdāshippu no yakuwariwohatasu toki ni, jibun no jishin to tōron no sukiru o takameru no ni yakudachimasu. Ryōshin to kyōshi wa, tōron, supīchikontesuto, kagaku kontesuto, soshite gakkō ga tokidoki hensei suru ta no ōku no ibento ni sanka suru yō ni kodomo o shōrei suru koto ni yotte, kodomo no kosei o hatten sa seru ue de hijō ni jūyōna yakuwariwohatasu koto ga dekimasu.

Kodomo no tame ni” watashi wa anata no koto o hokori ni omou” to itte, anata ni kansha no nen o okurimasu. Kare ga sumu mazushī kankyō no tame ni hitori de sodatta kodomo wa, kodoku, hazukashigariya, akazu ni kare ga kanjiru koto o kataru naikō-tekina hito. Kare wa osorete hazukashigari ni naru. Sore wa mata, kare ga shakai-teki henken ni naru tame ni kare o michibiku koto ga dekiru kanjō o yokuatsu shi, ikari o kōchiku shita hito ni naru koto ga dekiru to iu imi de, kodomo ni hijō ni mainasu no eikyōwoataeru kanōsei ga arimasu.

Ōku no itsudatsu-sha wa, ōku no hito o koroshita bājinia kōka daigaku no kangokujin no kodomo no yō ni musabetsu ni detekita. Kare wa kodokudeari, ikari o kanjitanode, kono higeki-tekina yarikata de hokanohito ni sore o totta. Watashi wa kodomo to yoba reru burogu o kaita osoraku kono-ken ni kansuru mite iru naegidesu. Ima watashi wa uchiki o nagasu hōhō ni tsuite otona no ōruraundona kosei o motsu shiawasena hito ni narimasu. Kore wa kodomo ga seichō suru kankyō to kankei shite imasu.

Ryōshin, kyōshi, dōkyūsei, kare no rinjin, kare no yūjin, soshite asobi aite wa subete kodomo no ikusei ni hitoyaku katte imasu. Ryōshin wa osoraku mottomo jūyōna yakuwariwohatasudarouga, chichioya to hahaoya wa kodomo no oshie-kata, oshieru hōhō, kodomo no hakai-teki kōdō o itsu tomerubeki ka ni tsuite gōi shinakereba naranai. Kodomo o sodateru hōhō ni tsuite tagai no iken ga itchi shinai baai, kodomo wa konran shi, dare ga kikubeki ka wakaranai.

Kazoku no danketsu wa, kodomo ni chokusetsutekina eikyōwooyobosu kyōtsū no shin’nen ni yurai suru. Kowareta kazoku kara kita kodomo-tachi wa, shakai-tekina eikyō o mottomo ukete imasu. Mazushiku, mainichi no nīzu o mitasu no ni kurō shite iru kazoku wa, yūsen jun’i ga seizon shite irunode, shakai-teki oyobi dōtokutekina kachi ga hikui keikō ga arimasu. Shikashi, sono yōna hinkon wa, hitsuyō fukaketsuna warude wa arimasen. Watashi wa Afurika de kurashite imasu.

Nōson-bu no hito-tachi wa, kiken’na ame ni megumare nōgyō ni megumarete iru nimokakawarazu yogorete imasu. Karera no nōson chiikide wa, Amerika no āmisshu no hitobito no yō ni otagai o mimamorimasuga, toshide wa, tagaini tasukeau komyuniti wa arimasen. Tsuyokute yoi jinkaku o hagukumu tame ni, kodomo wa kare no ie no sapōto. Kare ga chiiki shakai no ta no kodomo-tachi to asobu koto ga dekireba, kare wa kodoku ni narazu, hazukashigari o suru koto ga dekimasu.

Watashi wa, kodomo ga jibun no hazukashi-sa o fusshoku suru tame ni jishin o fukameru hitsuyō ga aru to omoimasu. Soredewa, kodomo wa jishin o dono yō ni hattatsu sa semasu ka? Sore wa, kare ga sonogo kitai sa reru sekinin o kare ni ataeru ryōshin no hagemashi kara kuru koto ga dekimasu. Kodomo-tachi ga gozen 4-ji ni okite ushi o tabe tari, gyūnyū o shibottari, mēpurusappu o atsume tari, jibun no jishin o fukameru tame ni yakudatsu kazuōku no zatsuyō o shi tari suru yō mura no komyuniti de kore o miru koto ga dekimasu.

Ima ikite iru hi, kodomo ni wa, kaji o suru koto ga dekimasu. Watashi wa maitsuki kakei no hitsuyō-sei no hotondo o kōnyū suru yō ni motome raretanode, sekininwoou koto o mananda koto o shitte imasu. Watashi no ryōshin ga okane de watashi o shinjite itanode, kore mo watashi no jishin o takamemashita. Watashi wa, watashi no ryōshin ga gimon ni omotte inakatta handan o shinrai suru koto o mananda.

Korera no koto wa, kodomo o jishin o mota seru tasuke to nari, sono katei de, itsumo hitobito ni taisho suru koto o manabunode, kare wa hazukashigariya o hanatsu. Hogo sa reta kodomo wa, jibun no jinkaku o sodateru koto wa kesshite dekizu, hazukashigari ya naikō-tekina mama ni narimasu. Kodomo ga hazukashi garu no o tasukeru koto ga dekiru no wa, gaikoku-go o manabi, sore o yoku hanasu kotodesu. Tagengotaiō no kodomo wa, hokanohito to wa betsuni verKono nōryoku no tame ni hajimari, sumātona hito ni narimasu.

Kono nōryoku wa, sono gengo no dokusha ni naru tame no kyōshi ya puraibētoressun ya shoseki kara kuru koto ga dekimasu. Dokushoguse no sōki hattatsu wa, samazamana jōhō-gen kara ōku no chishiki o eru kakujitsuna hōhōdeari, chishiki hōfude sumāto ni narimasu. Jishin o motte sumāto de chishiki no yutakana hito wa, kesshite hazukashigari ga nai tsuyokute yoi jinkaku o sodatemasu. Anata ga hazukashi gari ya taidana kodomo o kakaete iru baai wa, kare ni sekinin o ataete, kare ni supīchikontesuto ya kagaku purojekuto kontesuto ni sanka suru yō shōrei suru koto de, kare o tasukeru koto ga dekimasu (watashi wa kare no koto o itte imasu).

Hotondo no baai, kare ga mottomo sukina koto o suru no o sapōto suru koto de, sono yōna kodomo wa kesshite hazukashigariyade wa naku, itsuka rīdā ni naru tame no kiso o kizukudeshou.

 

Chū: Watashinoburogu to ika no gengo de no denki wa rinku no shita ni keisai sa rete imasu. Furansugo burogu no burogu Supeingo no burogu burogu no nihongo burogu burogu JapaneseAnil no denki. Anil no denki wa eigodesu. Anil no Supeingo no ryakureki. Anil no Doitsu denki chū: Intānettoekusupurōrā (IE) burauza wa wordpress. Komu to gokansei ga nai yō ni miemasunode, burogu o tadashiku hyōji suru koto ga kon’nandesu. Watashi wa anata no debaisu ni opera minī ya faiafokkusu, gūgurukurōmu burauza o daunrōdo shite, hayai buraujingu taiken o eru koto o o susume shimasu. Opera minī to faiafokkusu burauza wa muryō de daunrōdo deki, chō kōsokudesu. Kore ga mondai o kaiketsu suru koto o negatte imasu.

 

フランス語ブログのブログスペイン語のブログブログの日本語ブログブログJapaneseAnilの伝記.Anilの伝記は英語です.Anilのスペイン語の略歴.Anilのドイツ伝記注:Internet Explorer(IE)ブラウザはwordpress.comと互換性がないように見えますので、ブログを正しく表示することが困難です。私はあなたのデバイスにOpera MiniやFirefox、Google Chromeブラウザをダウンロードして、速いブラウジング体験を得ることをお勧めします。 Opera MiniとFirefoxブラウザは無料でダウンロードでき、超高速です。これが問題を解決することを願っています

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

The intrepid traveler( in Japanese)

Intrepid-Travel-1280x720

Source : Google photo

私が西アフリカのマリにいた時、スイスの紳士が、私たちがとても親切で、私たちの家に知られているか知られていないと聞いていたので、Sikassoの私のオフィスに来ました。彼は私がマリにセネガルのダカールからバマコへの彼の18速自転車を踏込み、今私はリーチとアガデスを通過ニジェールオートボルタでニアメに行くことを計画したところからシカソにあったと言いました。彼は、アルジェリア南部のタマンラセットを通過するサハラ砂漠を横切って、モロッコの沿道をたどり、ジブラルターを越えてスペインに入るアルジェに向かうと述べた。最終的に彼はこのようにスイスに到着するでしょう。

彼がベランダに座っている多くの国を旅行したという話を聞き、大きな勇気とスタミナを持つ純粋な人物だと私はとても感心しました。道路が良好で、安全のために路側の村で眠っていると、彼はしばしば1日で100キロをペダルしたと言った。マリアンはとても親切な人たちです。そのような勇気と執念が誰にも印象的なので、彼らは村で彼を受け入れました。

スペアタイヤ、自転車部品、タイヤ修理キット、食料品、小さなテントと薬品、水、そしてその他数多くの有用なアイテムが必要でした。私たちは文字通り、この自転車をカナダから南米まで駆け抜けていたと言ったこの人に畏敬の念を抱いていました。彼は1日か2日休んだ後、私たちを去ったが、夜の間にサハラを横切ることに問題がなかったというカードを感じ、タマンラセットからアルジェに向かうアスファルト道路を取ってスイスに戻った。彼が行くのを見てすみませんでした。私たちは彼から再び聞いたことはありません。

今回、ハイチにもう一人の紳士がいて、自転車をペダリングし、カリブ海諸島を見たいと思っていました。彼はドイツから来て、Haitiansがいくつかの部分で石を彼に投げつけ、彼を奪う方法を教えてくれました。ハイチは革命期にあったので、法と秩序が崩壊したために、そこにはたくさんの人が凶悪でいたずらをしていました。当時は自転車をペダルに踏み込む危険な国だったので、私たちは彼にうまくやって欲しいと訴え、自分の世話をするように注意しました。そのような勇気と善意の人々は、彼らの困難な旅行中にそのようなリスクを取らなければならないことを知って悲しかった。

私を信じてください。数十万台の乗り心地があれば、自転車に乗るのは楽しいことではありません。少数の人々が与えることができるような筋肉や持久力を発達させるのに長い時間を要する、極端な訓練をしなければなりません。私の兄が私に30キロ離れてピクニックに招待されたら、私は60キロの距離をカバーする新しい自転車を与えられました。私はそのような距離に1日で行くように訓練をしなかったので、私の脚の筋肉が非常に痛くなり、私は数日間歩くことがほとんどできませんでした。私はそれ以来自転車に乗ったことがなく、スイスやドイツ人のような自転車で大陸を横断する人もいますが、本当に素晴らしいです。

インドでは、このように北から南、東から西に全国を旅行するサイクリストのグループに提出し、そうする甘い時間を取る。番号に安全性があるので、ある人が自転車やその他のものに問題があれば、彼らはすべて止まり、助けます。それは興奮といくつかのリスクでいっぱいの真の冒険ですので、国を見る素晴らしい方法ですが、そのスイス人のように一人で行くのではなく、グループが理にかなっています。

私たちがカンボジアのシェムリアップにいたとき、私たちはインドのレストランで食事をしました。ほとんどの時間、私たちは北インドからのインド人だったオーナーとのチャットを始めました。彼はミャンマーの丘を越え、タイを経由してカンボジアに到着した自転車でシェムリアップにやって来たと話してくれました。私は一人で来たかグループで来たのかどうかはわかりませんが、私はシェムリアップで自分が良い生計を立てていることに大きな勇気を示しました。私はまた非常に良い料理だった。

彼らはとても勇気と執拗さを持っているので、大胆な旅行者と呼んでいます。

あなたが世界の歴史を学ぶなら、旅行に長い時間を費やし、しばしば人生を危険にさらしている多くの偉大な旅行者を知ることになります。私はいくつかの有名な旅行者と探検家について言及します。人々が足や馬やラクダで旅行し、盗人からの不快感、飢えや渇き、死の危険に苦しむ未知の、しばしば危険な地域を通過しなければならない時がありました。彼らはいつ避難所や食べ物を見つけるのか、そしてどこにいるのかは知らなかった。

しかし彼らは、毎日、毎月、毎年、彼らが偉大な旅を発見して書き留めるために押し進めると決意しました。

Ibn Battutta

Source : Google photo

私のリストには、モハメド・イブン・バトゥータがあります。ムハンマド・イブン・バトゥータは、イスラム世界と世界の多くの地域を30年間旅したモロッコ人です。
Abu Abdullah Muhammad Ibn Battutaは、モロッコのムスリムの学者で旅行者でした。彼は彼の旅行とRihlaと呼ばれる遠足に行くことで知られています。彼の旅およそ30年間続いた。既知のイスラム世界のこのカバーほぼ全体以降、北アフリカ、西アフリカ、南ヨーロッパ、西で東ヨーロッパ、中東、インド亜大陸、中央アジア、東アジアにおける東南アジアや中国から延び、へ彼の前任者のそれをすぐに上回る距離。私はモロッコへの彼の旅行を返され、イブンバトゥータが21歳だったイブンJuzay.

Inに経験年1326年、彼のアカウントを与えた後、私は彼の最初の航海を実施し、それはメッカの聖地への長い道のりでした。学者から学び、私はなっ典型的な旅行者であることの彼のパスに月彼でメッカとメディナの聖なる都市にdiplomas.The旅を獲得するためには、巡礼だったが、メッカでの滞在中、私はまた、近くにはダマスカスに旅します出てくる。彼の巡礼の終わりには、イブンバトゥータは、世界のほとんどが商人を旅時に「エル・Hajji’.Atのタイトルを受賞しました、イブンバトゥータは1つがWHO別の国クラブへの移動の生活を作りました。私は定規からのハンサムな贈り物と手紙の男としての彼の地位から収入を得ています。私は年1331 1330.

Inまでのメッカに滞在した後、現在の日、イエメンとアデンでTaizzに旅行し、ソマリアイブンバトゥータモガディシュは私を訪問アブ・バクル・イブン・Sayxウマルと、次の下の時に非常に豊かな都市だったために、どの旅し一度「キルワスルタン」によって支配されていたモンバサとキルワ、に行ってきました。バトゥータはキルワで街づくりを指摘は、その後のポケットに断片化された、非常にadvanced.Ibnバトゥータは「デリースルタン」のインドのムハンマドビンTughlaqによって採用されたかったとインドに到達するために最初の1332年にアナトリアに行ってきましたしていることオスマンTurks.

In 1334の上昇に過年度における小さなパワーセンターの、私はスルタンウズベク・ハンの側近の一部として、コンスタンティノープルの象徴的な都市を旅し、与党の王、アンドロニコス3世パレオロゴスと観客を取得した場所彼の孫の誕生を目撃するために市に送られた。スルタンの娘が1334でコンスタンティノープルへの彼の旅をemperor. Followingローマに結婚していた、インドにバトゥータに彼の待望の旅を始めたとのような旅行の時間のように多くの私は「ヒンズークシ山脈」を介してルートを使用。その年の9月。バトゥータは最終的にデリーに達し、バトゥータがイスラム法上の審査員や専門家を任命して、デリースルタン、インドTughlaq. InムハンマドビンムハンマドビンTughlaq、手紙の人の王に自分自身を提示しました。被験者非イスラム教徒の大半された国の法律を課すことは困難だったのでしかし、バトゥータは、インドの状況に幻滅ました。私はインドで6年間働いていました。インド滞在中。

バトゥータが付きムハンマドビンTughlaqの好意から落ちたと私は私がスペインに離れemperor.Hisから最後の旅を取得することができたとスーダンは、2つのイスラム国だったのは中国でスルタンに大使として任命されたとき、それはだけでした彼が訪れなかった時間。私は1352年に達しスーダンでの彼の時間のバトゥータのアカウントは、今年1353年に戻って彼の母国モロッコに行って、審査員として雇用を取り上げたtime. Battutaからアフリカの最良の情報源の一つです。それは私が彼の最後の日まで審査員として働いていると現在はゴーストライターへの彼の回顧録決まると考えられている。(ソース:ウィキペディア)私のリスト上の二人が交差中国からインドに来た古代の時間の偉大な旅行者の一つであります足のヒマラヤとはしばらくの間、ナーランダの有名大学に滞在し、詳しいは後でBeijing.( Source : Wikipedia)

 

Huen Sang

Source : Google photo

Heの彼の手書きのノートだったHiuenツァン(も玄奘三蔵、宣ツァン)よりも、他のではないという点で発見されたその場所をメモに取りました古代時代にインドを訪れた祝賀式の中国人旅行者。したがって、私は、と記載されてきた「巡礼の王子。」インドへの彼の訪問はHarshavardhanaの治世の重要な出来事でした。インドは、私は別の中国人によって書かれたHiuenツァンのバイオグラフィー、の多くと【選択を残した貴重なアカウントについては、この中国の旅行者に非常にお世話になっている、602紀元に中国で生まれたインドのhistory.Hiuenツァンためのまた別の貴重な情報源であります私は20歳で僧侶になった。

私は彼の精神的な空腹を満たすために知る仏教のより多くのために憧れ。しかし、インドへの訪問がなければ、私は彼の学びたいという欲望が未だ満たされていないことを知っていました。私は約30だったとき、私は密かにインドへの冒険の旅のために中国を去りました。私は北と南インドのさまざまな場所を訪問し、インドでの彼の滞在をIndia.During到達するために、大まかな岩だらけの険しい山岳地帯を旅しました。インドでは、私は仏の生活に接続されたすべての神聖な場所を訪問するだけでなく、仏教の研究を通じて学ぶことを望んでいました。

彼の旅の間、私は多くのより多くの場所をカバーし、鋭くの社会的、宗教的、政治的、文化的、経済的状況を観察しています 高雄ツァンはカシミールとパンジャブを訪問した。私はKapilavastu、Bodh-Gaya、Sarnath、Kusinagaraに進みました。彼はデカン、オリッサ、ベンガルを旅行しました。私はインドのほぼすべての地域に行きました。ナランダ大学で約5年間過ごし、そこで勉強しました。私は彼の訪問の時に、Hiuenツァンにlearning.

Accordingインドの人々の情熱に感銘を受けました、パータリプトラは、かつての栄光を失っていました。 KanaujとPrayag(今アラハバード)はcities.Harshaが仏への彼の深い献身と仏教の彼の深い知識のために彼を賞賛するようになった重要になりました。私は彼のKanauj宗教会議で彼を敬うとともに、彼にPrayag Assemblyに招待しました。 2つの壮大これらの出席機能した後、Hiuenツァンは、14年には巡礼者との部​​分に申し訳ありませんでしたIndia.

Kingハルシャの土の上に彼の長い人生を過ごした後、中国のために残すために準備しました。しかし、彼はインドの国境への強力な軍事護衛の下で彼の安全な復帰のための手の込んだ手配をした。国境を越えて、巡礼者はHarshaの公式ガイドを伴い、他の国では皇帝から権威の手紙を出して生産しました。このように、Hiuenツァンツァンは最終的にhome.Hiuenは仏の身体の遺物の150枚で、インドから彼を連れて行った背中に達し、金、銀、サンダルウッドにあると上記のすべての仏像が多数、貴重な原稿の657のボリュームは、20によって運ばれます中国での彼の家でparty.Backの彼の護衛馬は、私は9月に、いくつかの学者によって支援中国語にそれらの写本の一部を、自分自身を翻訳する必要があります。生涯に約74の仏教の作品が翻訳され、中国の人々に大きな価値をもたらしました。

HiuenツァンはIndiaHiuenにHiuenツァンツァン訪問の664 A.D.Importanceで死亡した確かに中国とインドの間の平和の古代の大使でした。ハルシャがあまりにもHarshavardhanaのと彼の旅行のアカウントのインド人のサムラートAshoka.Regarding国際Hiuenツァンの賞賛のようなビジョンの男だった、それは中国の巡礼者が遠く離れ中国に彼のインドの日の回顧録を書いていたことが可能性があるという他の国の支配者や民衆の好意的な説明を誰にも強いることや圧力をかけることはありません。彼は自分が見たもの、正直に感じたもの、聞いたことを書いていました。真の仏教徒であり、聖地への敬虔な巡礼者として、私は彼の執筆において不正直でも偽りでもない。

私は視界からはるか遠く離れていても、誰かを平らにする理由はありませんでした。彼はまた、彼の旅行口座の誰かの好意を求める理由もなかった。彼は、実際に、彼が見たインドの仏教の状態を記述していました。それが彼の主な関心の対象だった。他のエピソードがサイドの説明として入ってきました。全体として、Hiuen Tsangのアカウントは正直で信頼できるものとして受け入れられました。彼の著作は、古代インドの重要な歴史(ソースウィキペディア

 

フビライ・ハーンの期間中に、古代世界での彼の旅行の話で作られた第三者ような影響があるマルコ・ポーロの広大な時代に光を投げています。

Marco Polo

Source : Google photo

ジンギスカン.Aベネチアの商人や冒険家マルコ・ポーロの孫が1271から1295にヨーロッパからアジアへ旅しフビライ・ハーンは、彼はマルコ・ポーロPolo.’Whoの旅として知らイングレスで「イルミリオーネ」を書いたマルコましたか?マルコ・ポーロ(1254〜1324年1月8日)は、マルコ・ポーロの旅行で知られるベネチアの探検家で、アジアでの彼の航海と経験を描いています。ポロは1271年から1295年までヨーロッパからアジアに旅し、そのうち17歳で中国に留まり、家族と共に幅広く旅しました。アジアでの彼の旅行についてマルコ・ポーロの話は世界の説明と呼ばれる本として出版された:1292年頃、私はマルコ・ポーロのWHO Persia.’

The旅行に送られていたモンゴルの王女への道に沿って配偶者として働く、中国を去りました、後でマルコポーロの旅行として知られています。マルコは、中国からベニスに戻ったわずか数年後、ライバル都市ジェノヴァと戦う船に命じました。彼は最終的に捕らえられ、ジェノバの刑務所に刑を言い渡されました。そこでは、囚人であり、ラスティケッロという囚人に会ったのです。二人の男が友達になったとき、マルコはラスティケッロに、アジアでの彼の時間、彼が見たもの、旅行した場所、そして彼が達成したことについて語った。

それはフランス語、イタリア語、ラテン語で印刷され、ヨーロッパで最も人気のある読書になりました。しかし、読者の中にはマルコの物語を信じることができる人はほとんどいなかった。彼らはそれを小説、野生の想像力を持つ人の建設に取った。作品は最終的に別のタイトルを獲得しました:Il Milione( “The Million Lies”)。マルコは、しかし、彼の本の後ろに立っていた、そしてそれは、私はマルコ・ポーロの幼年期の多くが親を過ごした、と私は親戚に育てられた、裕福なヴェネツィア商人の家族に生まれた後の冒険者とmerchants.Althoughに影響を与えました。ポロの母親は若い頃に亡くなり、父と叔父の成功した宝飾商NiccoloとMaffeo Poloはアジアにいた Rポロのyouth.Niccoloの多くとMaffeoの旅は、彼らはフビライ・ハーン、誰の祖父、ジンギスカン、北東アジアを征服していたモンゴルのリーダーの裁判所への外交使節団に参加した現代中国、にそれらをもたらしました。

1269年、2人の男性はベニスに戻り、すぐにカーンの裁判所に戻る計画を立て始めた。リーダーとの滞在中、カーンは、キリスト教への関心を表明していたとポロ兄弟は100台の祭司と聖なるwater.Khanの帝国のコレクションを再び訪問することを尋ねられて、最大のものは、これまでADHの世界を見て、主にこれらの生活には謎でした神聖ローマ帝国の国境の中で。バチカンの到達した外洗練された文化は計り知れない思え、そしてまだそれは、彼らがChinaIn 1271にhome.Marcoポロの航海を着いたときポロ兄弟が混乱ヴェネツィアに記載まさに彼の父親と叔父、ニコロ・マルコ・ポーロの設定アウトとMaffeoポロです、彼らはフビライ・ハーンは、彼らは、先にそれらのハード旅の味を取得した後、すぐに家のため引き返した2つだけ、と残した要求していた100人の司祭を募集することができません1295まで残るアジア、ため。

ポロスの旅は土地で行われ、彼らは挑戦的で時には厳しい地域を切り抜けなければならなかった。しかし、すべてを通して、マルコは冒険に夢中になった。私が目撃場所や文化のための彼の後のメモリは、彼らは、中東経由マルコの観光スポットを自分の道を作ったし、その吸収臭い顕著と非常accurate.Asました。東洋の彼の記述は、特に、西洋の世界に、東の地理と民族習慣の最初の明確なイメージを与えました。もちろん、苦難は彼のところに来ました。現在のアフガニスタンでは、彼が契約した病気から回復するために、マルコは山に去ることを余儀なくされた。一方、ゴビ砂漠を横断することは、長くて、時には困難であることが判明しました。

「この最後はとても長いと報告されているので、終わりから終わりに行くのに1年かかるだろう」とマルコ氏は続けた。 「そして狭いポイントで、それを横断する月かかります。それは、山と砂と谷から完全に構成されています。食べるために全く何もありません。」最後に、旅の4年後、ポーランドはWHO、中国やフビライ・ハーンに達しました彼は、ザナドゥ、若いマルコ(出典:ウィキペディア

Livingstone

目がくらむ壮大な大理石建築の驚異として知らサマーパレスで滞在していた。4:この短いリストの最後にはAfricainのデビッド・LivingstoneExplorations「医療宣教師」の公式な役割であります私は1841年の3月に南アフリカのケープタウンに到着したアフリカについて述べました。数年後、私はメアリー・モファットと結婚しました。カップルにはいくつかの子供がいた.Livingstoneは最終的に北へ向かい、カラハリ砂漠を横断するように出発した。

1849年には御影湖に着き、1851年にザンベジ川に入った。長年にわたり、リビングストンは彼の探

求は、1855年に1853年にルアンダの西部沿岸地域に到達し、続けて、私はリビングストンやビクトリアフォールズは吹き替えネイティブ集団「サンダーススモーク」で呼ばれる、水の別の有名なボディ、ザンベジ滝に出くわしました、女王Victoria. ( source : Google photo )

By 1856の後、リビングストンはイングランドに帰国EuropeUponに現代Mozambique.Celebratedあるものでケリマネの沿岸地域に到着、西から東に大陸行っていた、リビングストンは、1857年に、称賛を受け、南アフリカで宣教伝道と研究を発表しました。翌年、リビングストンはザンベジを航海する遠征を導くために英国当局から任命された。遠征は、乗組員と元のボートの間で喧嘩して放棄しなければならないうまくいっていませんでした。水の他の機関リビングストンの妻、メアリーは、1862.Livingstoneにアフリカに戻ったときに、発熱から滅びるでしょうが、発見されたがZambesiに探検の物語を発表し、翌年奴隷制反対を話す、そして、1864年に再びイギリスに戻りましたその支流。本書では、リビングストンは、マラリア治療薬としてキニーネの彼の使用についても書いて、マラリアとmosquitoes.

Livingstone間の接続について理論化して、初期の1866年にザンジバルに着陸し、水のより多くの遺体を見つけることが起こって、アフリカに別の遠征に着手ナイル川の源を見つける希望。結局、私は私が失われると考えエクスプローラは、大西洋ベンチャーは、ロンドンデイリー・テレグラフとニューヨーク・ヘラルドによって開発されたpeople.With数百人を殺した壊滅的な大虐殺の奴隷商人アラビア語を目撃Nyangwe、村で終わった、とジャーナリストヘンリースタンレーはアフリカにリビングストーンを見つけるために送られました。スタンレーは、後半に1871年にウジジに医師に位置しており、彼を見てすると、今ではよく知られた言葉を発声し、「博士リビングストンは、私は推測?」リビングストンはとどまることを選んだ、と私スタンレーは1872年リビングストンに別れたが死亡しました1873年5月1日、60歳の時にチンバンボ村長、バンウェルウル湖近く(ローデシア(現在のザンビア)。 彼の体は最終的にウェストミンスター寺院 に運ばれ、埋葬された。(出典:Wikipedia)

アフリカ人は密封された皮膚袋に身を包んで肩に乗せ、野生で野蛮な地域を数百キロ歩き、 イギリスに出荷された。 私はあなたが歴史の中で最も勇敢な旅行者のいくつかについてこのブログを読んで楽しむことを願っています。

Note : Please excuse me if the google translation is not perfect. 

 

Watashi ga nishiafurika no Mari ni ita toki, Suisu no shinshi ga, watashitachi ga totemo shinsetsude, watashitachi no ie ni shira rete iru ka shira rete inai to kiite itanode, Sikasso no watashi no ofisu ni kimashita. Kare wa watashi ga Mari ni Senegaru no dakāru kara Bamako e no kare no 18-soku jitensha o fumikomi, ima watashi wa rīchi to agadesu o tsūka nijēruōtoboruta de Niame ni iku koto o keikaku shita tokoro kara shikaso ni atta to iimashita. Kare wa, Arujeria nanbu no tamanrasetto o tsūka suru saharasabaku o yokogitte, Morokko no endō o tadori, jiburarutā o koete Supein ni hairu Aruje ni mukau to nobeta.

Saishūtekini kare wa kono yō ni Suisu ni tōchaku surudeshou. Kare ga beranda ni suwatte iru ōku no kuni o ryokō shita to iu hanashi o kiki, ōkina yūki to sutamina o motsu junsuina jinbutsuda to watashi wa totemo kanshin shimashita. Dōro ga ryōkōde, anzen no tame ni rosoku no mura de nemutte iru to, kare wa shibashiba 1-nichi de 100-kiro o pedaru shita to itta. Marian wa totemo shinsetsuna hito-tachidesu. So no yōna yūki to shūnen ga darenimo inshō-tekinanode, karera wa mura de kare o ukeiremashita. Supeataiya, jitensha buhin, taiya shūri kitto, shokuryōhin, chīsana tento to yakuhin, mizu, soshite sonohoka sū ōku no yūyōna aitemu ga hitsuyōdeshita.

Watashitachi wa mojidōri, kono jitensha o Kanada kara Nanbei made kakenukete ita to itta kono hito ni ikei no nen o daite imashita. Kare wa 1-nichi ka 2-nichi yasunda nochi, watashitachi o satta ga, yoru no ma ni Sahara o yokogiru koto ni mondai ga nakatta to iu kādo o kanji, tamanrasetto kara Aruje ni mukau asufaruto dōro o totte Suisu ni modotta. Kare ga iku no o mite sumimasendeshita. Watashitachi wa kare kara futatabi kiita koto wa arimasen. Konkai, Haichi ni mōhitori no shinshi ga ite, jitensha o pedaringu shi, Karibukai shotō o mitai to omotte imashita.

Kare wa Doitsu kara kite, Haitians ga ikutsu ka no bubun de ishi o kare ni nagetsuke, kare o ubau hōhō o oshiete kuremashita. Haichi wa kakumei-ki ni attanode,-hō to chitsujo ga hōkai shita tame ni, soko ni wa takusan no hito ga kyōaku de itazura o shite imashita. Tōji wa jitensha o pedaru ni fumikomu kiken’na kunidattanode, watashitachi wa kare ni umaku yatte hoshī to uttae, jibun no sewa o suru yō ni chūi shimashita. So no yōna yūki to zen’i no hitobito wa, karera no kon’nan’na ryokō-chū ni sono yōna risuku o toranakereba naranai koto o shitte kanashikatta.

Watashi o shinjite kudasai. Sūjūman-dai no nori-gokochi ga areba, jitensha ni noru no wa tanoshī kotode wa arimasen. Shōsū no hitobito ga ataeru koto ga dekiru yōna kin’niku ya jikyū-ryoku o hattatsu sa serunoni nagai jikan o yōsuru, kyokutan’na kunren o shinakereba narimasen. Watashi no ani ga watashi ni 30-kiro hanarete pikunikku ni shōtai sa retara, watashi wa 60-kiro no kyori o kabā suru atarashī jitensha o atae raremashita. Watashi wa sono yōna kyori ni 1-nichi de iku yō ni kunren o shinakattanode, watashi no ashi no kin’niku ga hijō ni itaku nari, watashi wa sūjitsukan aruku koto ga hotondo dekimasendeshita.

Watashi wa sore irai jitensha ni notta koto ga naku, Suisu ya doitsunin no yōna jitensha de tairiku o ōdan suru hito mo imasuga, hontōni subarashīdesu. Indode wa, kono yō ni kita kara minami, azuma kara nishi ni zenkoku o ryokō suru saikurisuto no gurūpu ni teishutsu shi,-sō suru amai jikan o toru. Bangō ni anzen-sei ga aru node, aru hito ga jitensha ya sonohoka no mono ni mondai ga areba, karera wa subete tomari, tasukemasu. Sore wa kōfun to ikutsu ka no risuku de ippai no shin no bōkendesunode, kuni o miru subarashī hōhōdesuga, sono Suisu hito no yō ni hitori de iku node wa naku, gurūpu ga ri ni kanatte imasu.

Watashitachi ga Kanbojia no shemuriappu ni ita toki, watashitachiha Indo no resutoran de shokuji o shimashita. Hotondo no jikan, watashitachiha kitaindo kara no indohitodatta ōnā to no chatto o hajimemashita. Kare wa myanmā no oka o koe, Tai o keiyu shite Kanbojia ni tōchaku shita jitensha de shemuriappu ni yattekita to hanashite kuremashita. Watashi wa hitori de kitaka gurūpu de kita no ka dō ka wa wakarimasenga, watashi wa shemuriappu de jibun ga yoi seikei o tatete iru koto ni ōkina yūki o shimeshimashita.

Watashi wa mata hijō ni yoi ryōridatta. Karera wa totemo yūki to shitsuyō-sa o motte irunode, daitan’na ryokō-sha to yonde imasu. Anata ga sekai no rekishi o manabunara, ryokō ni nagai jikan o tsuiyashi, shibashiba jinsei o kiken ni sara shite iru ōku no idaina ryokō-sha o shiru koto ni narimasu. Watashi wa ikutsu ka no yūmeina ryokō-sha to tanken-ka ni tsuite genkyū shimasu.

Hitobito ga ashi ya uma ya rakuda de ryokō shi, nusutto kara no fukai-kan, ue ya kawaki, shi no kiken ni kurushimu michi no, shibashiba kiken’na chiiki o tsūka shinakereba naranai toki ga arimashita. Karera wa itsu hinansho ya tabemono o mitsukeru no ka, soshite doko ni iru no ka wa shiranakatta. Shikashi karera wa, Mainichi, maitsuki, maitoshi, karera ga idaina tabi o hakken shite kakitomeru tame ni oshisusumeru to ketsui shimashita.

Ibn Battutta

Source : Google photo

1. Watashi no risuto ni wa, Mohamedo ibun bato~ūta ga arimasu. Muhanmado ibun bato~ūta wa, Isuramu sekai to sekai no ōku no chiiki o 30-nenkan tabi shita Morokko hitodesu. Abu Abdullah muhanmado Ibn Battuta wa, Morokko no musurimu no gakusha de ryokō-shadeshita. Kare wa kare no ryokō to Rihla to yoba reru ensoku ni iku koto de shira rete imasu.  ( Source : Google photo)

Kare no tabi Oyoso 30-nenkan tsudzuita. Kichi no Isuramu sekai no kono kabā hobo zentai ikō, kitaafurika, Nishiafurika, minami yōroppa, nishi de azuma yōroppa, Chūtō, indoatairiku, Chūōajia, higashiajia ni okeru tōnan’ajia ya Chūgoku kara nobi, e kare no zen’nin-sha no sore o sugu ni uwamawaru kyori. Watashi wa Morokko e no kare no ryokō o kaesa re, ibunbato~ūta ga 21-saidatta ibun Juzay.

In ni keiken-nen 1326-nen, kare no akaunto o ataeta nochi, watashi wa kare no saisho no kōkai o jisshi shi, soreha Mekka no seichi e no nagai michinorideshita. Gakusha kara manabi, watashi wa nattenkei-tekina ryokō-shadearu koto no kare no pasu ni tsuki kare de Mekka to medina no seinaru toshi ni diplomas. The tabi o kakutoku suru tame ni wa, junreidattaga, Mekka de no daizaichū, watashi wa mata, chikaku ni wa Damasukasu ni tabi shimasu detekuru. Kare no junrei no owari ni wa, ibunbato~ūta wa, sekai no hotondo ga shōnin o tabi-ji ni `Eru Hajji’.

At no taitoru o jushō shimashita, ibunbato~ūta wa 1tsu ga fū-betsu no kuni kurabu e no idō no seikatsu o tsukurimashita. Watashi wa jōgi kara no hansamuna okurimono to tegami no otoko to shite no kare no chii kara shūnyū o ete imasu. Watashi wa toshi 1331 1330. In made no Mekka ni taizai shita nochi, genzai no hi, Iemen to Aden de Taizz ni ryokō shi, somariaibunbato~ūtamogadishu wa watashi o hōmon abu bakuru ibun Sayx umaru to,-ji no shita no toki ni hijō ni yutakana toshidatta tame ni, dono tabi shi ichido `kiruwasurutan’ ni yotte shihai sa rete ita Monbasa to kiruwa, ni ittekimashita. Bato~ūta wa kiruwa de machi-dzukuri o shiteki wa, sonogo no poketto ni danpen-ka sa reta, hijō ni advanced.

Ibn bato~ūta wa `derīsurutan’ no Indo no muhanmadobin Tughlaq ni yotte saiyō sa retakatta to Indo ni tōtatsu suru tame ni saisho no 1332-nen ni anatoria ni ittekimashita shite iru koto Osuman Turks. In 1334 no jōshō ni kanendo ni okeru chīsana pawāsentā no, watashi wa surutan’uzubeku Han no sokkin no ichibu to shite, konsutantinōpuru no shōchō-tekina toshi o tabi shi, yotō no ō, andoronikosu 3-sei pareorogosu to kankyaku o shutoku shita basho kare no mago no tanjō o mokugeki suru tame ni ichi ni okura reta. Surutan no musume ga 1334 de konsutantinōpuru e no kare no tabi o emperor.

Following rōma ni kekkon shite ita, Indo ni bato~ūta ni kare no taibō no tabi o hajimeta to no yōna ryokō no jikan no yō ni ōku no watashi wa `hinzūkushi sanmyaku’ o kaishite rūto o shiyō. Sono-nen no 9 tsuki. Bato~ūta wa saishūtekini derī ni tasshi, bato~ūta ga Isuramu-hō-jō no shinsa-in ya senmonka o ninmei shite, derīsurutan, Indo Tughlaq. In muhanmadobinmuhanmadobin Tughlaq, tegami no hito no ō ni jibun jishin o teiji shimashita. Hikensha hi Isuramu kyōto no taihan sa reta kuni no hōritsu o kasu koto wa kon’nandattanode shikashi, bato~ūta wa, Indo no jōkyō ni genmetsumashita. Watashi wa Indo de 6-nenkan hataraite imashita.

Indo daizaichū. Bato~ūta ga tsuki muhanmadobin Tughlaq no kōi kara ochita to watashi wa watashi ga Supein ni hanare emperor. His kara saigo no tabi o shutoku suru koto ga dekita to sūdan wa, 2tsu no Isuramu kunidatta no wa Chūgoku de surutan ni taishi to shite ninmei sa reta toki, soreha dakedeshita kare ga otozurenakatta jikan. Watashi wa 1352-nen ni tasshi sūdan de no kare no jikan no bato~ūta no akaunto wa, kotoshi 1353-nen ni modotte kare no bokoku Morokko ni itte, shinsa-in to shite koyō o toriageta time. Battuta kara Afurika no sairyō no jōhō-gen no hitotsudesu.

Sore wa watashi ga kare no saigo no hi made shinsa-in to shite hataraite iruto genzai wa gōsutoraitā e no kare no kaiko-roku kimaru to kangae rarete iru. (Sōsu: U~ikipedia)

 

Huen Sang

Source : Google photo

2 .Watashi no risuto-jō no futari ga kōsa Chūgoku kara Indo ni kita kodai no jikan no idaina ryokō-sha no hitotsudearimasu ashi no Himaraya to wa shibarakunoaida, nāranda no yūmei daigaku ni taizai shi, kuwashī wa atode Beijing. He no kare no tegaki no nōtodatta Hiuen tsu~an (mo Genshōsanzō, sen tsu~an) yori mo, hoka node wa nai to iu ten de hakken sa reta sono basho o memo ni torimashita kodai jidai ni Indo o otozureta shukuga-shiki no chūgokujin ryokō-sha. Shitagatte, watashi wa, to kisai sa rete kita `junrei no ōji.’

Indo e no kare no hōmon wa Harshavardhana no chisei no jūyōna dekigotodeshita. Indo wa, watashi wa betsu no chūgokujin ni yotte kaka reta Hiuen tsu~an no baiogurafī, no ōku to [sentaku o nokoshita kichōna akaunto ni tsuite wa, kono Chūgoku no ryokō-sha ni hijō ni osewa ni natte iru, 602 kigen ni Chūgoku de umareta Indo no history. Hiuen tsu~an tame no mata betsu no kichōna jōhō-gendearimasu watashi wa 20-sai de sōryo ni natta. Watashi wa kare no seishin-tekina kūfuku o mitasu tame ni shiru bukkyō no yori ōku no tame ni akogare.

Shikashi, Indo e no hōmon ga nakereba, watashi wa kare no manabitai to iu yokubō ga imada mitasa rete inai koto o shitte imashita. Watashi wa yaku 30datta toki, watashi wa hisoka ni Indo e no bōken no tabi no tame ni Chūgoku o sarimashita. Watashi wa kita to minamiindo no samazamana basho o hōmon shi, Indo de no kare no taizai o indo. During tōtatsu suru tame ni, ōmakana iwa-darake no kewashī sangaku chitai o tabi shimashita. Indode wa, watashi wa Futsu no seikatsu ni setsuzoku sa reta subete no shinseina basho o hōmon suru dakedenaku, bukkyō no kenkyū o tsūjite manabu koto o nozonde imashita.

Kare no tabi no ma, watashi wa ōku no yori ōku no basho o kabā shi, surudoku no shakai-teki, shūkyō-teki, seidjiteki, bunka-teki, keizai-teki jōkyō o kansatsu shite imasu Takao tsu~an wa kashimīru to Panjabu o hōmon shita. Watashi wa Kapilavastu, Bodh – Gaya, Sarnath, Kusinagara ni susumimashita. Kare wa Dekan, Orissa, Bengaru o ryokō shimashita. Watashi wa Indo no hobo subete no chiiki ni ikimashita. Naranda daigaku de yaku 5-nenkan sugoshi, sokode benkyō shimashita. Watashi wa kare no hōmon no toki ni, Hiuen tsu~an ni learning.

According Indo no hitobito no jōnetsu ni kanmei o ukemashita, pātariputora wa, katsute no eikō o ushinatte imashita. Kanauj to Prayag (ima arahabādo) wa cities. Harsha ga Futsu e no kare no fukai kenshin to bukkyō no kare no fukai chishiki no tame ni kare o shōsan suru yō ni natta jūyō ni narimashita. Watashi wa kare no Kanauj shūkyō kaigi de kare o uyamau to tomoni, kare ni Prayag asenburi ni shōtai shimashita. 2Tsu no sōdai korera no shusseki kinō shita nochi, Hiuen tsu~an wa, 14-nen ni wa junrei-sha to no bu ​​-bun ni mōshiwake arimasendeshita indo.

King harusha no tsuchi no ue ni kare no nagai jinsei o sugoshita nochi, Chūgoku no tame ni nokosu tame ni junbi shimashita. Shikashi, kare wa Indo no kokkyō e no kyōryokuna gunji goei no shita de kare no anzen’na fukki no tame no tenokonda tehai o shita. Kokkyō o koete, junrei-sha wa Harsha no kōshiki gaido o tomonai, hoka no kunide wa kōtei kara ken’i no tegami o dashite seisan shimashita. Ko no yō ni, Hiuen tsu~antsu~an wa saishūtekini home. Hiuen wa Futsu no karada no ibutsu no 150-mai de, Indo kara kare o tsurete itta senaka ni tasshi,-kin, gin, sandaruuddo ni aru to jōki no subete no butsuzō ga tasū, kichōna genkō no 657 no boryūmu wa, 20 ni yotte hakoba remasu Chūgoku de no kare no ie de party.

Bakku no kare no goei-ba wa, watashi wa 9 tsuki ni, ikutsu ka no gakusha ni yotte shien chūgokugo ni sorera no shahon no ichibu o, jibun jishin o hon’yaku suru hitsuyō ga arimasu. Shōgai ni yaku 74 no bukkyō no sakuhin ga hon’yaku sa re, Chūgoku no hitobito ni ōkina kachi o motarashimashita. Hiuen tsu~an wa IndiaHiuen ni Hiuen tsu~antsu~an hōmon no 664 A. D. Importance de shibō shita tashika ni Chūgoku to Indo no ma no heiwa no kodai no taishideshita.

Harusha ga amarini mo Harshavardhana no to kare no ryokō no akaunto no indohito no samurāto Ashoka. Regarding kokusai Hiuen tsu~an no shōsan no yōna bijon no otokodatta, sore wa Chūgoku no junrei-sha ga tōku hanare Chūgoku ni kare no Indo no hi no kaiko-roku o kaite ita koto ga kanōsei ga aru to iu ta no kuni no shihai-sha ya minshū no kōi-tekina setsumei o darenimo shiiru koto ya atsuryoku o kakeru koto wa arimasen.

Kare wa jibun ga mita mono, shōjiki ni kanjita mono, kiita koto o kaite imashita. Shin no bukkyōtodeari, seichi e no keiken’na junrei-sha to shite, watashi wa kare no shippitsu ni oite fushōjiki demo itsuwari demonai. Watashi wa shikai kara Haruka tōkuhanarete ite mo, dareka o taira ni suru riyū wa arimasendeshita. Kare wa mata, kare no ryokō kōza no dareka no kōi o motomeru riyū mo nakatta. Kare wa, jissai ni, kare ga mita Indo no bukkyō no jōtai o kijutsu shite imashita.

Sore ga kare no omona kanshin no taishōdatta. Hoka no episōdo ga saido no setsumei to shite haitte kimashita. Zentai to shite, Hiuen Tsang no akaunto wa shōjikide shinrai dekiru mono to shite ukeire raremashita. Kare no chosaku wa, kodai Indo no jūyōna rekishi (sōsuu~ikipedia)

 

Marco Polo

Source : google photo

3- Fubirai hān no kikan-chū ni, kodai sekai de no kare no ryokō no hanashi de tsukura reta daisansha yōna eikyō ga aru Maruko pōro no kōdaina jidai ni hikari o nagete imasu. Jingisukan. A Benechia no shōnin ya bōken-ka Maruko pōro no mago ga 1271 kara 1295 ni yōroppa kara Ajia e tabi shi fubirai hān wa, kare wa Maruko pōro Polo.’

Who no tabi to shite shira inguresu de `irumiriōne’ o kaita Marukomashita ka? Maruko pōro (1254 〜 1324-nen 1 tsuki 8-nichi) wa, Maruko pōro no ryokō de shira reru Benechia no tanken-ka de, Ajia de no kare no kōkai to keiken o kaite imasu. Poro wa 1271-nen kara 1295-nen made yōroppa kara Ajia ni tabi shi, sonōchi 17-sai de Chūgoku ni tomari, kazoku to tomoni habahiroku tabi shimashita.

Ajia de no kare no ryokō ni tsuite Maruko pōro no hanashi wa sekai no setsumei to yoba reru hon to shite shuppan sa reta: 1292 Toshigoro, watashi wa Maruko pōro no fū Persia.’ The ryokō ni okura rete ita Mongoru no ōjo e no michi ni sotte haigūsha to shite hataraku, Chūgoku o sarimashita,-go de marukopōro no ryokō to shite shira rete imasu. Maruko wa, Chūgoku kara benisu ni modotta wazuka sūnengo, raibaru toshi jenovu~a to tatakau fune ni meijimashita.

Kare wa saishūtekini torae rare, Jenoba no keimusho ni kei o iiwatasa remashita. Sokode wa, shūjindeari, rasutikerro to iu shūjin ni atta nodesu. Futari no otoko ga tomodachi ni natta toki, Maruko wa rasutikerro ni, Ajia de no kare no jikan, kare ga mita mono, ryokō shita basho, soshite kare ga tasseishitakoto ni tsuite katatta. Sore wa furansugo, Itaria-go, ratengo de insatsu sa re, yōroppa de mottomo ninkinoaru dokusho ni narimashita. Shikashi, dokusha no nakaniha Maruko no monogatari o shinjiru koto ga dekiru hito wa hotondo inakatta.

Karera wa sore o shōsetsu, yasei no sōzō-ryoku o motsu hito no kensetsu ni totta. Sakuhin wa saishūtekini-betsu no taitoru o kakutoku shimashita: Il Milione ( ” The Million raizu”). Maruko wa, shikashi, kare no hon no ushiro ni tatte ita, soshite sore wa, watashi wa Maruko pōro no yōnen-ki no ōku ga oya o sugoshita, to watashi wa shinseki ni sodate rareta, yūfukuna vu~enetsu~ia shōnin no kazoku ni uma reta nochi no bōken-sha to merchants. Although ni eikyō o ataemashita. Poro no hahaoya wa wakai koro ni nakunari, chichi to oji no seikō shita hōshoku-shō Niccolo to Maffeo Polo wa Ajia ni ita

R poro no youth. Niccolo no ōku to Maffeo no tabi wa, karera wa fubirai hān, dare no sofu, jingisukan, hokutōajia o seifuku shite ita Mongoru no rīdā no saibansho e no gaikō shisetsu-dan ni sanka shita gendaichūgoku, ni sorera o motarashimashita. 1269-Nen, 2-ri no dansei wa benisu ni modori, sugu ni kān no saibansho ni modoru keikaku o tate hajimeta. Rīdā to no daizaichū, kān wa, kirisutokyō e no kanshin o hyōmei shite ita to poro kyōdai wa 100-dai no saishi to seinaru water.

Kān no teikoku no korekushon o futatabi hōmon suru koto o tazune rarete, saidai no mono wa, kore made ADH no sekai o mite, omoni korera no seikatsu ni wa nazodeshita shinsei rōma teikoku no kokkyō no naka de. Bachikan no tōtatsu shita soto senrensareta bunka wa hakarishirenai omoe, soshite mada sore wa, karera ga China in 1271 ni home.

Marco poro no kōkai o tsuita toki poro kyōdai ga konran vu~enetsu~ia ni kisai masani kare no chichioya to oji, Nikoro Maruko pōro no settei auto to Maffeo porodesu, karera wa fubirai hān wa, karera wa,-saki ni sorera no hādo tabi no aji o shutoku shita nochi, sugu ni ie no tame hikikaeshita 2tsu dake, to nokoshita yōkyū shite ita 100-ri no shisai o boshū suru koto ga dekimasen 1295 made nokoru Ajia, tame.

Po Rosu no tabi wa tochi de okonawa re, karera wa chōsen-tekide tokiniha kibishī chiiki o kirinukenakereba naranakatta. Shikashi, subete o tōshite, Maruko wa bōken ni muchū ni natta. Watashi ga mokugeki basho ya bunka no tame no kare no nochi no memori wa, karera wa, Chūtō keiyu Maruko no kankō supotto o jibun no michi o tsukuttashi, sono kyūshū kusai kencho to hijō accurate. Asmashita. Tōyō no kare no kijutsu wa, tokuni, seiyō no sekai ni, azuma no chiri to minzoku shūkan no saisho no meikakuna imēji o ataemashita.

Mochiron, kunan wa kare no tokoro ni kimashita. Genzai no Afuganisutande wa, kare ga keiyaku shita byōki kara kaifuku suru tame ni, Maruko wa yama ni saru koto o yoginaku sa reta. Ippō, Gobisabaku o ōdan suru koto wa, nagakute, tokiniha kon’nandearu koto ga hanmei shimashita. `Kono saigo wa totemo nagai to hōkoku sa rete irunode, owari kara owari ni iku no ni 1-nen kakarudarou’ to Maruko-shi wa tsudzuketa. `Soshite semai pointo de, sore o ōdan suru tsuki kakarimasu. Sore wa, yama to suna to tani kara kanzen ni kōsei sa rete imasu. Taberu tame ni mattaku nani mo arimasen.’ Saigo ni, tabi no 4-nen-go, pōrando wa fū, Chūgoku ya fubirai hān ni tasshimashita kare wa, zanado~u, wakai Maruko (shutten: U~ikipedia)megakuramu sōdaina dairiseki kenchiku no kyōi to shite shira samāparesu de taizai shite ita.

Livingstone

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4: Kono mijikai risuto no saigo ni wa Africain no Debiddo LivingstoneExplorations `iryō senkyōshi’ no kōshikina yakuwaridearimasu watashi wa 1841-nen no 3 tsuki ni Minamiafurika no kēputaun ni tōchaku shita Afurika ni tsuite nobemashita. Sūnengo, watashi wa mearī mofatto to kekkon shimashita. ( source : google photo )

Kappuru ni wa ikutsu ka no kodomo ga ita. Livingstone wa saishūtekini kita e mukai, Karahari sabaku o ōdan suru yō ni shuppatsu shita. 1849-Nen ni wa Mikage-ko ni tsuki, 1851-nen ni Zanbeji-gawa ni haitta. Naganen ni watari, Ribingusuton wa kare no tankyū wa, 1855-nen ni 1853-nen ni Ruanda no seibu engan chiiki ni tōtatsu shi, tsudzukete, watashi wa Ribingusuton ya bikutoriafōruzu wa fukikae neitibu shūdan `sandāsusumōku’ de yoba reru, mizu no betsu no yūmeina bodi, Zanbeji taki ni dekuwashimashita, joō vu~ikutoria.

By 1856 no ato, Ribingusuton wa Ingurando ni kikoku EuropeUpon ni gendai Mozambique. Celebrated aru mono de kerimane no engan chiiki ni tōchaku, nishi kara azuma ni tairiku itte ita, Ribingusuton wa, 1857-nen ni, shōsan o uke, Minamiafurika de senkyō dendō to kenkyū o happyō shimashita. Yokunen, Ribingusuton wa Zanbeji o kōkai suru ensei o michibiku tame ni Igirisu tōkyoku kara ninmei sa reta. Ensei wa, norikumiin to gen no bōto no ma de kenka shite hōki shinakereba naranai umaku itte imasendeshita.

Mizu no ta no kikan Ribingusuton no tsuma, mearī wa, 1862. Livingstone ni Afurika ni modotta toki ni, hatsunetsu kara horobirudeshouga, hakken sa retaga Zambesi ni tanken no monogatari o happyō shi, yokunen dorei-sei hantai o hanasu, soshite, 1864-nen ni futatabi Igirisu ni modorimashita sono shiryū. Honshode wa, Ribingusuton wa, mararia chiryō-yaku to shite kinīne no kare no shiyō ni tsuite mo kaite, mararia to mosquitoes. Livingstone-kan no setsuzoku ni tsuite riron-ka shite, shoki no 1866-nen ni zanjibaru ni chakuriku shi, mizu no yori ōku no itai o mitsukeru koto ga okotte, Afurika ni betsu no ensei ni chakushu nairukawa no minamoto o mitsukeru kibō.

Kekkyoku, watashi wa watashi ga ushinawa reru to kangae ekusupurōra wa, Taiseiyō benchā wa, rondondeirī teregurafu to nyūyōku herarudo ni yotte kaihatsu sa reta people. With sū hyaku hito o koroshita kaimetsu-tekina dai gyakusatsu no dorei shōnin Arabia-go o mokugeki Nyangwe, mura de owatta, to jānarisutohenrīsutanrē wa Afurika ni ribingusutōn o mitsukeru tame ni okura remashita. Sutanrē wa, kōhan ni 1871-nen ni ujiji ni ishi ni ichi shite ori, kare o mite suruto, ima dewa yoku shira reta kotoba o hassei shi,`hakase Ribingusuton wa, watashi wa suisoku?’

Ribingusuton wa todomaru koto o eranda, to watashi sutanrē wa 1872-nen Ribingusuton ni wakaretaga shibō shimashita 1873-nen 5 tsuki 1-nichi, 60-sai no toki ni chinbanbo sonchō, ban’u~eruuru mizūmi chikaku,Kita rōdeshia (genzai no Zanbia). Kare no karada wa saishūtekini u~esutominsutā jiin (u~ikipedia) ni hakoba re, maisō sa reta. (Shutten: U~ikipedia)

Afurika hito wa mippū sa reta hifu-bukuro ni mi o tsutsunde kata ni nose, yasei de yaban’na chiiki o sū hyaku-kiro aruki, Igirisu ni shukka sa reta. Watashi wa anata ga rekishi no naka de mottomo yūkan’na ryokō-sha no ikutsu ka ni tsuite kono burogu o yonde tanoshimu koto o negatte imasu.

 

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

 

 

 

 

Culture shock ( in Japanese)

文化ショック

p128022079-3

出典:Googleの写真

私はこの世界には2つのタイプの人がいると思う。世界中を旅することは、世界を旅する旅です。私は大部分の人々が第一のタイプに属し、旅行中には彼らが重度のショックを受けることを観察します。

今日はますます違うことは事実です。ノンフリルの航空会社は、商業航空会社よりも低コストで多くの人々を運ぶ轟音のビジネスをします日または短期間である。

パッケージは旅行者を初めて飛ぶような騒ぎから守り、外国でホテルの部屋を探したり、興味のある場所を訪れたり、料金や贈り物を払ったりします。それはパッケージに含まれているので、旅行者はグループツアーで快適に感じます。

このパッケージは、彼の群れを導く雄牛でもあり、グループの言葉で話します。これは旅行者にとって大きな慰めです。このガイドには、マクドナルドがどこから来たのかが示されます。

要するに、パッケージは旅行者に自分の快適ゾーンを海外に提供します。あなたが外国にいて、あなたの身体の言葉を食べることができるとしましょう。人々が道の向こう側を運転する場所人々が異なった服装をしている家庭で食べる、彼らが住んでいる気候のために異なる社会的マナーとドレスを持っている。

彼または彼女が初めて見ることや経験することのないことが初めてのホストです。

インドの女性、シドニーのボンダイビーチ、パリのブイスドゥブローニュ、女性ヌードが一般的です。異なる文化、食べ物、文化。異なる文化、食べ物、飲み物人々との環境を容易にすることができます。

人がどこにいるのか、どこに行きたいのかを正確にGPSでガイドした地図。ホテル、モーテル、レストラン、病院など豊富な情報を表示することができます。また、シンガポール人がホーチミン市で私に言ったように運河にいる人は、彼の妻何が面白くないのですか?

ボタンを押すだけでC3-POタイプのオーディオが表示されます。まだ100%の検索ガジェットは信頼できません。言語は文字通りの翻訳と同じくらい良いことがあります。

その他のものは、外国で必要なすべての情報が含まれている包括的なFodorの本に依存しています。 Fodorの腕の高さは4フィートで、ホーチミン市の歩道にある。

私は日本で働いていたときに香港で一度楽しかったです。京都で働いていましたが、京都で働いていました私はスクロールが何であるかを理解していたので、トイレットペーパーのロールを使って理解できるようにしました。誰もこの類推を理解していないので、この奇妙な外国人が望んでいたものを解読するために、より多くの助けが召喚されました。最後に私は敗北した。だから私は文化ショックの問題に戻ってきます。今日私はそれについて書き、他の人を調べたいと思っています。気候が異なる場合、気候が異なる場合、気候が異なる場合彼らが家に帰るのに慣れているものから。主に外国人が食べる食べ物なので、アメリカ人がマクドンに集まるのが見えます

McDonaldsまたはインド料理店を探しているインド人。カンボジア人がどれほど威圧的であっても、彼らは「食べ物」を探します。ベトナムワインを飲みたい人は希ですが、バンコクレストランでは何も食べていませんそれは食品になると。振り返って申し訳ありませんが、松葉杖にはいくつかのカエルがいます。南ベトナムのカンボジアの農民たちは、それが治療だと思っていたので、一人の食べ物は別の男のタブーです。それゆえ、服にまで及ぶことができます。ヴェネツィアのビーチロスアンジェルスを訪れるイスラム教徒の女性で、世界の他の国で最も優しい女性であることを知りたいとします。それはあなたがどこでもそれを最大限に活用し、彼らのホテルや食品関節のホーム感を作成したいビジネスの人々によって注目されているとあなたの快適ゾーンをもたらすために、心臓attack.
Thisの欲求を与える可能性がありますので、私は再びボンダイには言及しています。すべてのマクドナルドの外観がどこかに見える理由、またはサンダーズの写真を描いたKFC店が目立つように見える理由があります。すべてのヒルトンはどこでも同じように見える理由があります。それはアメリカ人が自宅で感じるところで、家のようにアメリカの食べ物を食べることができる場所です.1人の人がフィリピンの地元市場で赤身を探しました彼はその家を言い続けて、それはどこにでもあった。今ではアメリカ人にお豆を食べるか、それとも地元のスーパーマーケットで食べることができるかどうか聞いてみると、彼らは子羊を食べないことを伝えます。
それらに肉は牛肉と豚肉だけを意味します。チキンは肉ではなく、鶏肉です。彼らはニュージーランド人やオーストラリア人がそうするのが一番簡単だと言っているので、子羊を食べていない彼らは自然に疑わしいです。私はアメリカのすべてのアメリカ人であるカリフォルニア州の仲間に揚げたエビ小片を提供しましたが、新鮮だったので誰もそれに触れませんでした。反応することを知っている。日本では、人々は非常にきれいで、いつも自分の家に入る前に靴を脱ぐか、米国の誰かの家に入るので、靴を履いてベッドに乗ることができます。初めてインドを訪れる人々は、あなたがシンガポール出身の場合は、街中を歩いたり、人が吐き出してゴミを投げたりするのを見て、ショックを受けるかもしれません。
ごみの山を捕捉野生の豚は、街路、乞食と鉄道線で公然と排便の人々の上に、流れるオープン下水道は、すべての少数の人々がごみの山を越えて見るとわかりますvisitor.Very初めて外傷経験をすることができますインドや他の国のような国の美しさ。文化ショックはまた、彼自身の文化と国家の優位性を誇張した形で現れています。それは偉大な愛国心感から来ています。 極端な例は、カニを食べたことのないアメリカ人のものです。フィリピンの人々がそれを食べて好きなのはなぜかと疑問に思っていました。食べ物を食べればいいですし、傷つけることもありません。あなたが尋ねるだけで、人々はあなたを喜んであなたに案内します。
あなたがどこに来ても、食べ物に来たら、それを見つけることはできません試してみてください、アドバイス、犬とコブラのワインを除いて。フランス人は悪臭のチーズを食べ、彼らはそれを呼び出し、彼らはそれをあなたに提供します。私が書いていEurope.Theの文化の中で良いチーズ品種の犬の赤があるので、あなたはそれを食べる必要はありません食品、ドレス、言語、行動、社会的なマナーとエチケット、お祭りのような文化的な虚飾と多くの検索が含まれたパッケージとして来ます物事。この世界をとても美しくする国から国への途方もない多様性です。他の国や人々について読むことはviと同じではありません
国を設立し、すべてのものを最初に経験するが、旅行は辛抱強くすることができ、安全でない可能性のある飲料水や胃のトラブルを与える食べ物を食べることがあります。ベトナムはサラダを食べていたのですぐに彼を医者に連れて行った。誰にでも起こる可能性があります。あなたは食べるものと特別なものを見なければなりません。通りの食べ物は、いくつかの場所にあるかもしれません。コロンビアのある人やラテンの国の人が頭の上に飛んでいることがあります。彼は頭が痛いとは思っていませんでした。
医師は、ハエが寄託されていることを発見し、このようにして、孵化した幼虫を肌の下に突っ込んでしまった。幸運にも医師たちはいつも出ていた。私達はマラリアが風土病であるマリにいました、私たちは家を与え、私たちの子供たちに予防的にニバキンを与えなければなりませんでしたが、問題はなかった新鮮なミルク、バター、野菜と一緒に。恐れに基づく無知は多くの外国人に共通しているので、私は学校に戻ってくるべきだと思います。接続性、ビデオチャット、メッセージングサービスへのアクセスがますます増えていますあなたに家を持ち帰るのに何がかかると思いますか?誰にも優秀な人は誰もいないとすれば、長い道のりがあります。フランス語のブログスペイン語のブログドイツ語のブログ日本のブログ私の伝記フランスの伝記である.Anilの英語による伝記。スペインの伝記.Anilの伝記、ドイツ語で

 

Bunka shokku shutten: Gūguru no shashin watashi wa kono sekai ni wa 2tsu no taipu no hito ga iru to omou. Sekaijū o tabi suru koto wa, sekai o tabi suru tabidesu. Watashi wa daibubun no hitobito ga dai ichi no taipu ni zokushi, ryokō nakaniha karera ga jūdo no shokku o ukeru koto o kansatsu shimasu. Kyō wa masumasu chigau koto wa jijitsudesu. Non furiru no kōkūkaisha wa, shōgyō kōkūkaisha yori mo tei kosuto de ōku no hitobito o hakobu gōon no bijinesu o shimasu hi matawa tankikandearu.

Pakkēji wa ryokō-sha o hajimete tobu yōna sawagi kara mamori, gaikoku de hoteru no heya o sagashi tari, kyōmi no aru basho o otozure tari, ryōkin ya okurimono o harattari shimasu. Sore wa pakkēji ni fukuma rete irunode, ryokō-sha wa gurūputsuā de kaiteki ni kanjimasu. Kono pakkēji wa, kare no mure o michibiku osuushi demo ari, gurūpu no kotoba de hanashimasu. Kore wa ryokō-sha ni totte ōkina nagusamedesu.

Kono gaido ni wa, Makudonarudo ga dokokarakitano ka ga shimesa remasu. Yōsuruni, pakkēji wa ryokō-sha ni jibun no kaiteki zōn o kaigai ni teikyō shimasu. Anata ga gaikoku ni ite, anata no karada no kotoba o taberu koto ga dekiru to shimashou. Hitobito ga michi no mukō-gawa o unten suru basho hitobito ga kotonatta fukusō o shite iru katei de taberu, karera ga sunde iru kikō no tame ni kotonaru shakai-teki manā to doresu o motte iru.

Kare matawa kanojo ga hajimete miru koto ya keiken suru koto no nai koto ga hajimete no hosutodesu. Indo no josei, shidonī no bondaibīchi, Pari no buisudo~uburōnyu, josei nūdo ga ippan-tekidesu. Kotonaru bunka, tabemono, bunka. Kotonaru bunka, tabemono, nomimono hitobito to no kankyō o yōi ni suru koto ga dekimasu. Hito ga doko ni iru no ka, doko ni ikitai no ka o seikaku ni GPS de gaido shita chizu. Hoteru, mōteru, resutoran, byōin nado hōfuna jōhō o hyōji suru koto ga dekimasu.

Mata, shingapōru hito ga hōchimin ichi de watashi ni itta yō ni unga ni iru hito wa, kare no tsuma nani ga omoshirokunai nodesu ka? Botanwoosu dake de C 3 – PO taipu no ōdio ga hyōji sa remasu. Mada 100-pāsento no kensaku gajetto wa shinrai dekimasen. Gengo wa mojidōri no hon’yaku to onaji kurai yoi koto ga arimasu. Sonohoka no mono wa, gaikoku de hitsuyōna subete no jōhō ga fukuma rete iru hōkatsu-tekina Fodor no hon ni izon shite imasu.

Fodor no ude no taka-sa wa 4 fīto de, hōchimin-shi no hodō ni aru. Watashi wa Nihon de hataraite ita toki ni Honkon de ichido tanoshikattadesu. Kyōto de hataraite imashitaga, Kyōto de hataraite imashita watashi wa sukurōru ga nandearu ka o rikai shite itanode, toirettopēpā no rōru o tsukatte rikai dekiru yō ni shimashita. Dare mo kono ruisui o rikai shite inainode, kono kimyōna gaikoku hito ga nozonde ita mono o kaidoku suru tame ni, yori ōku no tasuke ga shōkan sa remashita.

Saigo ni watashi wa haiboku shita. Dakara watashi wa bunka shokku no mondai ni modotte kimasu. Kyō watashi wa sore ni tsuite kaki, hokanohito o shirabetai to omotte imasu. Kikō ga kotonaru baai, kikō ga kotonaru baai, kikō ga kotonaru baai karera ga ie ni kaeru no ni narete iru mono kara. Omoni gaikoku hito ga taberu tabemononanode, amerikahito ga makudon ni atsumaru no ga miemasu  McDonalds matawa Indo ryōri-ten o sagashite iru indohito. Kanbojia hito ga dorehodo iatsu-tekideatte mo, karera wa `tabemono’ o sagashimasu. Betonamu wain o nomitai hito wa maredesuga, Bankoku resutorande wa nani mo tabete imasen sore wa shokuhin ni naru to.

Furikaette mōshiwakearimasenga, matsubadzue ni wa ikutsu ka no kaeru ga imasu. Minamibetonamu no Kanbojia no nōmin-tachi wa, sore ga chiryōda to omotte itanode, hitori no tabemono wa betsu no otoko no tabūdesu. Sore-yue,-fuku ni made oyobu koto ga dekimasu. Vu~enetsu~ia no bīchirosuanjerusu o otozureru Isuramu kyōto no josei de, sekai no ta no kuni de mottomo yasashī joseidearu koto o shiritai to shimasu.

Sore wa anata ga doko demo sore o saidaigen ni katsuyō shi, karera no hoteru ya shokuhin kansetsu no hōmu-kan o sakusei shitai bijinesu no hitobito ni yotte chūmoku sa rete iruto anata no kaiteki zōn o motarasu tame ni, shinzō attack. Disu no yokkyū o ataeru kanōsei ga arimasunode, watashi wa futatabi bondai ni wa genkyū shite imasu. Subete no Makudonarudo no gaikan ga doko ka ni mieru riyū, matawa sandāzu no shashin o kaita KFC-ten ga medatsu yō ni mieru riyū ga arimasu. Subete no Hiruton wa doko demo onaji yōnimieru riyū ga arimasu.

Sore wa amerikahito ga jitaku de kanjiru tokoro de,-ka no yō ni Amerika no tabemono o taberu koto ga dekiru bashodesu. 1-Ri no hito ga Firipin no jimoto ichiba de akami o sagashimashita, kare wa sono-ka o ii tsudzukete, sore wa doko ni demo atta. Ima dewa amerikahito ni o mame o taberu ka, soretomo jimoto no sūpāmāketto de taberu koto ga dekiru ka dō ka kiite miru to, karera wa kohitsuji o tabenai koto o tsutaemasu. Sorera ni niku wa gyūniku to butaniku dake o imi shimasu.

Chikin wa nikude wa naku, torinikudesu. Karera wa nyūjīrando hito ya ōsutoraria hito ga sō suru no ga ichiban kantanda to itte irunode, kohitsuji o tabete inai karera wa shizen ni utagawashīdesu. Watashi wa Amerika no subete no amerikahitodearu Kariforunia-shū no nakama ni ageta ebi shōhen o teikyō shimashitaga, shinsendattanode dare mo sore ni furemasendeshita.

Han’nō suru koto o shitte iru. Nihonde wa, hitobito wa hijō ni kireide, itsumo jibun no ie ni hairu mae ni kutsuwonugu ka, Beikoku no dareka no ie ni hairu node, kutsu o haite beddo ni noru koto ga dekimasu. Hajimete Indo o otozureru hitobito wa, anata ga shingapōru shusshin no baai wa, machidjū o arui tari, hito ga hakidashite gomi o nage tari suru no o mite, shokku o ukeru kamo shiremasen. Gomi no yama o hosoku yasei no buta wa, gairo, kojiki to Tetsudōsen de kōzen to haiben no hitobito no ue ni, nagareru ōpun gesuidō wa, subete no shōsū no hitobito ga gomi no yama o koete miru to wakarimasu visitor.

Very hajimete gaishō keiken o suru koto ga dekimasu Indo ya hoka no kuni no yōna kuni no utsukushi-sa. Bunka shokku wa mata, kare jishin no bunka to kokka no yūi-sei o kochō shita katachi de arawarete imasu. Sore wa idaina aikokushin-kan kara kite imasu. , Kyokutan’na rei wa, kani o tabeta koto no nai amerikahito no monodesu. Firipin no hitobito ga sore o tabete sukina no wa naze ka to gimon ni omotte imashita. Tabemono o tabereba īdesushi, kizutsukeru koto mo arimasen.

Anata ga tazuneru dake de, hitobito wa anata o yorokonde anata ni an’nai shimasu. Anata ga doko ni kite mo, tabemono ni kitara, sore o mitsukeru koto wa dekimasen tameshite mite kudasai, adobaisu, inu to kobura no wain o nozoite. Furansuhito wa akushū no chīzu o tabe, karera wa sore o yobidashi, karera wa sore o anata ni teikyō shimasu.

Watashi ga kaite i Europe. The no bunka no naka de yoi chīzu hinshu no inu no aka ga aru node, anata wa sore o taberu hitsuyō wa arimasen shokuhin, doresu, gengo, kōdō, shakai-tekina manā to echiketto, omatsuri no yōna bunka-tekina kyoshoku to ōku no kensaku ga fukuma reta pakkēji to shite kimasu monogoto. Kono sekai o totemo utsukushiku suru kuni kara kuni e no tohōmonai tayō-seidesu. Hoka no kuni ya hitobito ni tsuite yomu koto wa vi to onajide wa arimasen

Kuni o setsuritsu shi, subete no mono o saisho ni keiken suruga, ryokō wa shinbōdzuyoku suru koto ga deki, anzendenai kanōsei no aru inryōsui ya i no toraburu o ataeru tabemono o taberu koto ga arimasu. Betonamu wa sarada o tabete itanode sugu ni kare o isha ni tsurete itta. Darenidemo okoru kanōsei ga arimasu. Anata wa taberu mono to tokubetsuna mono o minakereba narimasen.

Tōri no tabemono wa, ikutsu ka no basho ni aru kamo shiremasen. Koronbia no aru hito ya raten no kuni no hito ga atama no ue ni tonde iru koto ga arimasu. Kare wa atamagaitai to wa omotte imasendeshita. Ishi wa, hae ga kitaku sa rete iru koto o hakken shi, kono yō ni shite, fuka shita yōchū o hada no shita ni tsukkonde shimatta. Kōun’nimo ishi-tachi wa itsumo dete ita.

Watashitachi wa mararia ga fūdobyōdearu Mari ni imashita, watashitachiha-ka o atae, watashitachi no kodomo-tachi ni yobō-teki ni nibakin o ataenakereba narimasendeshitaga, mondai wa nakatta shinsen’na miruku, batā, yasai to issho ni. Osore ni motodzuku muchi wa ōku no gaikoku hito ni kyōtsū shite irunode, watashi wa gakkō ni modotte kurubekida to omoimasu. Setsuzoku-sei, bideo chatto, messējingusābisu e no akusesu ga masumasu fuete imasu anata ni ie o mochikaeru no ni nani ga kakaru to omoimasu ka?

Darenimo yūshūna hito wa daremoinai to sureba, nagai michinori ga arimasu. Furansugo no burogu Supeingo no burogu doitsugo no burogu Nihon no burogu watashi no denki Furansu no denkidearu. Anil no eigo ni yoru denki. Supein no denki. Anil no denki, doitsugo de.

 

Note : My blogs and biography in the following languages are given below in the link.

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Blogs in Japanese

My biography in Japanese

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

 

We all need friends( in Japanese)

私たちはすべて友達が必要です
download (15)

出典:Googleの写真
この大きな世界では、私たちはどこに住んでいても、同じ情熱と同じ経験を共有する人と話をする必要があると感じています。私たちは皆、一生懸命感じています。人生は浮き沈みでいっぱいですが、決して静的ではありません。
私たちの中には良い経験があり、他の人は悪い経験をしているかもしれません。私たちは一般的に言えば、そのようなことをほとんどコントロールしていないため、経験を通して得た経験の一部として経験し、将来的にはよりよい意思決定を行う。

私たちの過去の経験から学ぶ能力は、最終的に私たちに依存し、私たちが将来どのように自分自身をよりよくするための経験を定義し、扱うかによって決まるかもしれませんが、過去の間違いや悪いことから、経験を積み、何度も何度も同じ過ちを犯す。なぜ彼はギャンブルをするのか、彼はそれに中毒していると彼は彼の人生と彼の愛する人の生活を破壊されていることを知っていてもギャンブルなしで行うことはできませんあなたを教えてくれる退屈なギャンブラーに尋ねる。

彼が飲んでいる理由をアルコール中毒者に尋ね、彼が彼を殺していることを知っていても、彼はそれなしではできないとあなたに伝えます。ある人は、彼の肺のうちの1つだけが働いていたと言いましたが、彼はその後禁煙してすぐに亡くなりました。

だから私たちは、お互いに密接に関連している悪い習慣や悪い経験から、美徳の道にとどまることができる友人が必要ですが、私たちのどれくらいがそのような友人を見つけるのにとても幸運ですか?人間性の暗い側面は、凶悪犯の魅力と邪悪を助長する会社が自らの会社を幸せに保つために、人を自己破壊の道に導きます。これは、会社が彼らに快楽を与える友人を見つけるための固有の人間の必要から来ています。本当に友人ではない友人を喜んで探します。

私は非常にスマートで良い仕事をしていたが、非常に悪い結婚のために彼の人生では非常に不幸だった素晴らしい男の子を知っていたので、彼はボトルが一時的であっても外出先だったと彼に納得させたアルコール依存症の会社を探しました。ボトルは結局早い時期に彼を殺した。
フィリピンでは、彼らは常に通りの角をたどりつくカントーボーイズと呼ばれ、一人で飲むのは楽しいことではないので、彼らと一緒に飲み、あなたを説得します。彼らは人生における完全な失敗であり、孤独を感じ、両親や兄弟たちの希望に反して彼らと結びつき、まもなく帰り道に出くわす若者に非常に悪影響を及ぼします。

私たちは、学校や地域社会に友人がいないので若者が感じる孤独のために、どこでもこの現象を見ることができます。薬物、性別、酒、さらには犯罪の人生を紹介する人たちを探します。これは誰もが彼または彼女は友人と呼ぶことができる必要があり、基本的な人間の必要性は、誰もが彼の人生のある時点でこの必要性を感じるためです。

後でこの寂しさは、宗教団体や宗教団体に加わることになってしまいます。南アメリカの英国のガイアナにおけるチャールズ・マンソン・カルト(Charles Manson cult)やジョーンズタウン・カルト(Jonestown cult)は、おそらくこのような有害な関係の極端なケースですが、彼らは幸福の約束によって容易に影響を受ける若い弱者です。

若い男の子と女の子がヒッピーに参加し、彼らに媚薬のような喫煙鍋や野性的なセックスの魅力があったので、彼らのグループの一員となった時代を思い出します。映画「フォレスト・ガンプ」のジェニーは、そのようなグループに加わり、麻薬やアルコールの乱暴な生活のために若くして死亡した典型的な女の子でした​​。彼らは荒野にヒッピーキャンプを設置し、友人を持つ必要があると感じ、そのような「友人」の価格を喜んで支払っていたので、彼らの体を含むすべてを共有してそこに住んでいた。

それは、若者が不必要に死んでいたベトナム戦争の欲求不満から生まれた運動であり、無力で無力であると感じました。彼らが育ったマテリアルカルチャーは、それを軽蔑し、退廃的だと思ったものをすべて投げ捨て、彼らが一時的な幸福をもたらしたような気持ちを感じることができるように、

友達を得る方法は理想的ではありませんでしたが、友情の必要性は本物のものでしたが、大学に行って就職して結婚するという大きな圧力など、多くの要因が少年少女の若い人生に影響する不完全な世界に住んでいます。この圧力は、しばしば若者を反抗的にして、彼らが落ち着いた人々の会社を求めます。私は彼らのマリファナタバコで数回吸い込まれた後にどれほど幸せになるのか見てきました。
多くの場合、いくつかの関節をいくつかの煙で吹き飛ばし、そこから成長しますヒッピーの生活を好むし、試しても元の人生に戻ることができないため、大学の教育を受け、就職して、結婚することができます.

David Carradineは有名なハリウッドの俳優でしたが、最終的に彼を破壊した麻薬やアルコールにかかった。彼が帰って話すことができれば、彼は友人がいないと言っていただろうし、彼の名声とお金にもかかわらず寂しかったでしょう。そのような人々がた​​くさんいます。なぜなら、何人かの人々は簡単に友人を作り、他の人はそうしなくても、生涯にわたって孤独な人と呼ばれるのです。何人かの人々がなぜ自分の学校、地域社会、または職場で人気のある内向的な人になっているのか。

なぜなら、これは子育てをする上での育児や親や善い仕事と関係があります。私は孤独で、自分のイメージで彼を育てた彼の非常に厳しい父親のために、誰とも友達を作ることができないクラスメートを持っていました。子供は親や兄弟が愛と分かち合いの雰囲気を提供し、家庭で良い価値観と共感を教えるならば、最初は無罪で友人になります。もし親が意味のある厳格な家庭から来て、いつも家庭内暴力が支配的で、権利を怠っている場合には、自分の手段を超えて生活し、環境が成長すると、無実の子供への影響を簡単に見ることができます。それは、非常に厳しい聖書が牧師の娘を亡くし、家から逃げ出し、厳しい両親と道を探しています。

私はこれを多くの若者から聞いたことがあります。誰もそれを止められないように間違いを犯すのは彼らの権利です。今やインターネットは、人々が友情とデートを求める多くのサイトを提供し、いくつかは結婚している人を見つけます。私は、今では自分の権利である業界であるメールオーダーのブライドサイトについて書いているのではなく、自分の人生で感じる空白を埋めるために友情を求めてネットを使う人たちです。これには欠点があります。それについて書く。若い女性を、有望な純粋なボーイフレンドを通じて売春を誘発する数多くのウェブサイトがあると皆は聞いています。

疑いのない若い女性を中東やその他の地域の売春に導く偽の求人広告があり、孤独を感じる脆弱な女の子にエキサイティングな愛と性生活を促すサイトが数多くあり、これらの奴隷を彼らの中に回しているジハード派の奴隷になっている。だから、友人になれる人を持つ必要性は普遍的だ。私は、ほとんどの国であなたを全く知らず、笑顔でも、人々が友情に手を伸ばすことを見て感じました。すべての人が笑顔とこんにちはと言うことです。それは単純です。

なぜ人々は笑顔を浮かべて、こんにちはと言うのを恐れていますか?何が友情に最初の一歩を踏み出すことができないように人々をそんなに怠惰にするのでしょうか?なぜ人々は誰とでも接触するのがとても寒く恐れているのですか?私はこれが個人の個性と関係していると思います。この親切な性格は、生涯の早い段階で子供の中で発達しなければならないので、子どもが成長する環境に沸きます。

両親は大きな影響力を発揮し、子供に友好的であることを教え、彼が誰と共有しているかを分かち合うことができます。それが最初のステップです。友好的な人はどこでも簡単に友達を作ります。誰も、わずかな挑発で怒りを吹き飛ばし、積極的で他の子供たちにいじめをする子供を好きではない。そのような子どもたちは、非常に平均的で利己的な人に成長し、毒性を持つようになります。だから、秘密ではない秘密は、人々を友人にする分かち合いのアイデアです。彼または彼女が他人と価値を持つもの(ヒッピーのようなものではない)を共有することを学ばなければならない。

それは、おもちゃ、食べ物、小物、ピギーバンクからのペニー、または時間かもしれません。果物やキャンディ、漫画のような単純なものかもしれません。それは、友情が生まれることができる債券を生み出す共有です。私は、宗教的ドグマに結びついていないと、真の友情は、ダンパーを置くことができる信念の衝突があれば必然的に緊張を引き起こすので、どんな関係でも。だから、宗教をどんな友情からも外すことは、おそらく始めるのに良い方法です。ほとんどの人が政治に大変熱心になっている別のことがあります。

もしあなたが誰かとデートしているなら、彼はすぐに民主党員か共和党員かということをぼんやりして、それが問題になり、出芽友情が枯れるかもしれませんそのブドウの上に。彼らが宗教と政治を彼らの関係から離れると、2人は友人になることができます。健全な友情を作り、維持するために、宗教、性別、政治の友人の間で私が枢機卿の罪と呼ぶ3つのことについて話し合うべきではありません。

だからセックス3つの話題は、3つの話題があります。なぜなら、人々は3つすべてについて強い意見を持っており、言及された3つのうちのいずれか、またはすべてにあなたの見解を受け入れることができないからです。 これは、友好のために非常に不健全な不必要な摩擦を引き起こします。私は、友人を作るために必要な基本的な枠組みについて書いたところで、私は「友情とは何か? 私たちは皆、友人が必要だが、正しい方法と間違った方法があると結論づけることができる。 だから私はあなたに読者に最高の運が欲しいと願っています。

そして皆さんは皆さんを元気にし、より良い人間になるためにあなたを助ける生涯の友人たちに祝福されるかもしれません。 また、あなたの友人ではない人を知ることを学ぶことができますが、あなたがそれらを避けることができるように1つのふりをする。

 

 

Watashitachiha subete tomodachi ga hitsuyōdesu   shutten: Gūguru no shashin kono ōkina sekaide wa, watashitachi wa doko ni sunde ite mo, onaji jōnetsu to onaji keiken o kyōyū suru hito to hanashi o suruhitsuyōgāru to kanjite imasu. Watashitachi wa mina, isshōkenmei kanjite imasu. Jinsei wa ukishizumi de ippaidesuga, kesshite seitekide wa arimasen.

Watashitachi no nakaniha yoi keiken ga ari, hokanohito wa warui keiken o shite iru kamo shiremasen. Watashitachiha ippan-teki ni ieba, sono yōna koto o hotondo kontorōru shite inai tame, keiken o tōshite eta keiken no ichibu to shite keiken shi, shōrai-teki ni wa yori yoi ishi kettei o okonau. Watashitachi no kako no keiken kara manabu nōryoku wa, saishūtekini watashitachi ni izon shi, watashitachi ga shōrai dono yō ni jibun jishin o yori yoku suru tame no keiken o teigi shi, atsukau ka ni yotte kimaru kamo shiremasenga, kako no machigai ya warui koto kara, keiken o tsumi, nandomonandomo onaji ayamachi o okasu.

Naze kare wa gyanburu o suru no ka, kare wa sore ni chūdoku shite iruto kare wa kare no jinsei to kare no aisuruhito no seikatsu o hakai sa rete iru koto o shitte ite mo gyanburu nashi de okonau koto wa dekimasen anata o oshietekureru taikutsuna gyanburā ni tazuneru. Kare ga nonde iru riyū o arukōru chūdoku-sha ni tazune, kare ga kare o koroshite iru koto o shitte ite mo, kare wa sore nashide wa dekinaito anata ni tsutaemasu.

Aru hito wa, kare no hai no uchi no 1tsu dake ga hataraite ita to iimashitaga, kare wa sonogo kin’en shite sugu ni nakunarimashita. Dakara watashitachiha, otagai ni missetsu ni kanren shite iru warui shūkan ya warui keiken kara, bitoku no michi ni todomaru koto ga dekiru yūjin ga hitsuyōdesuga, watashitachi no dorekurai ga sono yōna yūjin o mitsukeru no ni totemo kōundesu ka?

Ningensei no kurai sokumen wa, kyōaku-han no miryoku to jaaku o jochō suru kaisha ga mizukara no kaisha o shiawase ni tamotsu tame ni, hito o jiko hakai no michi ni michibikimasu. Kore wa, kaisha ga karera ni kairaku o ataeru yūjin o mitsukeru tame no koyū no ningen no hitsuyō kara kite imasu. Hontōni yūjinde wanai yūjin o yorokonde sagashimasu.

Watashi wa hijō ni sumātode yoi shigoto o shite itaga, hijō ni warui kekkon no tame ni kare no jinseide wa hijō ni fukōdatta subarashī otokonoko o shitte itanode, kare wa botoru ga ichiji-tekideatte mo gaishutsu-sakidatta to kare ni nattoku sa seta arukōru isonshō no kaisha o sagashimashita. Botoru wa kekkyoku hayai jiki ni kare o koroshita. Firipinde wa, karera wa tsuneni tōri no tsuno o tadoritsuku kantōbōizu to yoba re, hitori de nomu no wa tanoshī kotode wanainode, karera to issho ni nomi, anata o settoku shimasu.

Karera wa jinsei ni okeru kanzen’na shippaideari, kodoku o kanji, ryōshin ya kyōdai-tachi no kibō ni hanshite karera to musubitsuki, mamonaku kaerimichi ni dekuwasu wakamono ni hijō ni akueikyō o oyoboshimasu. Watashitachiha, gakkō ya chiiki shakai ni yūjin ga inainode wakamono ga kanjiru kodoku no tame ni, doko demo kono genshō o miru koto ga dekimasu. Yakubutsu, seibetsu,-shu, sarani wa hanzai no jinsei o shōkai suru hito-tachi o sagashimasu.

Kore wa daremoga kare matawa kanojo wa yūjin to yobu koto ga dekiru hitsuyō ga ari, kihon-tekina ningen no hitsuyō-sei wa, daremoga kare no jinsei no aru jiten de kono hitsuyō-sei o kanjiru tamedesu. Atode kono sabishi-sa wa, shūkyō dantai ya shūkyō dantai ni kuwawaru koto ni natte shimaimasu. Minami Amerika no Igirisu no Gaiana ni okeru chāruzu manson karuto (chāruzu manson cult) ya jōnzutaun karuto (Jonestown cult) wa, osoraku kono yōna yūgaina kankei no kyokutan’na kēsudesuga, karera wa kōfuku no yakusoku ni yotte yōi ni eikyōwoukeru wakai jakushadesu.

Wakai otokonokotoon’nanoko ga hippī ni sanka shi, karera ni biyaku no yōna kitsuen nabe ya yasei-tekina sekkusu no miryoku ga attanode, karera no gurūpu no ichiin to natta jidai o omoidashimasu. Eiga `foresuto ganpu’ no jenī wa, sono yōna gurūpu ni kuwawari, mayaku ya arukōru no ranbōna seikatsu no tame ni wakakushite shibō shita tenkei-tekina on’nanokodeshita ​​.

Karera wa kōya ni hippīkyanpu o setchi shi, yūjin o motsu hitsuyō ga aru to kanji, sono yō na `yūjin’ no kakaku o yorokonde shiharatte itanode, karera no karada o fukumu subete o kyōyū shite soko ni sunde ita. Sore wa, wakamono ga fuhitsuyō ni shinde ita Betonamu sensō no yokkyū fuman kara umareta undōdeari, muryokude muryokudearu to kanjimashita.

Karera ga sodatta materiarukaruchā wa, sore o keibetsu shi, taihai-tekida to omotta mono o subete nagesute, karera ga ichiji-tekina kōfuku o motarashita yōna kimochi o kanjiru koto ga dekiru yō ni, tomodachi o eru hōhō wa risō-tekide wa arimasendeshitaga, yūjō no hitsuyō-sei wa honmono no monodeshitaga, daigaku ni itte shūshoku shite kekkon suru to iu ōkina atsuryoku nado, ōku no yōin ga shōnen shōjo no wakai jinsei ni eikyō suru fukanzen’na sekai ni sunde imasu. Kono atsuryoku wa, shibashiba wakamono o hankō-teki ni shite, karera ga ochitsuita hitobito no kaisha o motomemasu.

Watashi wa karera no marifanatabako de sū-kai suikoma reta nochi ni dorehodo shiawase ni naru no ka mitekimashita. Ōku no baai, ikutsu ka no kansetsu o ikutsu ka no kemuri de fukitobashi, soko kara seichō shimasu.Hippī no seikatsu o konomushi, tameshite mo gen no jinsei ni modoru koto ga dekinai tame, daigaku no kyōiku o uke, shūshoku shite, kekkon suru koto ga dekimasu.

Debiddo Carradine wa yūmeina Hariuddo no haiyūdeshitaga, saishūtekini kare o hakai shita mayaku ya arukōru ni kakatta. Kare ga kaette hanasu koto ga dekireba, kare wa yūjin ga inai to itte itadaroushi, kare no meisei to okane nimokakawarazu sabishikattadeshou. So no yōna hitobito gata ​​ kusan imasu. Nazenara, nan’ninka no hitobito wa kantan ni yūjin o tsukuri, hokanohito wa sō shinakute mo, shōgai ni watatte kodokuna hito to yoba reru nodesu.

Nan’ninka no hitobito ga naze jibun no gakkō, chiiki shakai, matawa shokuba de ninkinoaru naikō-tekina hito ni natte iru no ka. Nazenara, koreha kosodate o suruuede no ikuji ya oya ya yoi shigoto to kankei ga arimasu. Watashi wa kodoku de, jibun no imēji de kare o sodateta kare no hijō ni kibishī chichioya no tame ni, dare-tomo tomodachi o tsukuru koto ga dekinai kurasumēto o motte imashita. Kodomo wa oya ya kyōdai ga ai to wakachi ai no fun’iki o teikyō shi, katei de yoi kachikan to kyōkan o oshierunaraba, saisho wa muzai de yūjin ni narimasu.

Moshi oya ga iminoaru genkakuna katei kara kite, itsumo kateinaibōryoku ga shihai-tekide, kenri o okotatte iru baai ni wa, jibun no shudan o koete seikatsu shi, kankyō ga seichō suru to, mujitsu no kodomo e no eikyō o kantan ni miru koto ga dekimasu. Sore wa, hijō ni kibishī seisho ga bokushi no musume o nakushi,-ka kara nigedashi, kibishī ryōshin to michi o sagashiteimasu.

Watashi wa kore o ōku no wakamono kara kiita koto ga arimasu. Dare mo sore o tome rarenai yō ni machigai o okasu no wa karera no kenridesu. Imaya intānetto wa, hitobito ga yūjō to dēto o motomeru ōku no saito o teikyō shi, ikutsu ka wa kekkon shite iru hito o mitsukemasu. Watashi wa, ima dewa jibun no kenridearu gyōkaidearu mēruōdā no buraidosaito ni tsuite kaite iru node wa naku, jibun no jinsei de kanjiru kūhaku o umeru tame ni yūjō o motomete netto o tsukau hito-tachidesu.

Kore ni wa ketten ga arimasu. Sore ni tsuite kaku. Wakai josei o, yūbōna junsuina bōifurendo o tsūjite baishun o yūhatsu suru kazuōku no u~ebusaito ga aru to mina wa kiite imasu. Utagai no nai wakai josei o Chūtō ya sonohoka no chiiki no baishun ni michibiku nise no kyūjin kōkoku ga ari, kodoku o kanjiru zeijakuna on’nanoko ni ekisaitinguna ai to sei seikatsu o unagasu saito ga kazuōku ari, korera no dorei o karera no naka ni mawashite iru jihādo-ha no dorei ni natte iru. Dakara, yūjin ni nareru hito o motsu hitsuyō-sei wa fuhen-tekida.

Watashi wa, hotondo no kuni de anata o mattaku shirazu, egao demo, hitobito ga yūjō ni te o nobasu koto o mite kanjimashita. Subete no hito ga egao to kon’nichiwa to iu kotodesu. Sore wa tanjundesu. Naze hitobito wa egao o ukabete, kon’nichiwa to iu no o osorete imasu ka? Nani ga yūjō ni saisho no ippo o fumidasu koto ga dekinai yō ni hitobito o son’nani taida ni suru nodeshou ka? Naze hitobito wa dare to demo sesshoku suru no ga totemo samuku osorete iru nodesu ka?

Watashi wa kore ga kojin no kosei to kankei shite iru to omoimasu. Kono shinsetsuna seikaku wa, shōgai no hayai dankai de kodomo no naka de hattatsu shinakereba naranainode, kodomo ga seichō suru kankyō ni wakimasu. Ryōshin wa ōkina eikyō-ryoku o hakki shi, kodomo ni yūkō-tekidearu koto o oshie, kare ga dare to kyōyū shite iru ka o wakachi au koto ga dekimasu. Sore ga saisho no suteppudesu.

Yūkō-tekina hito wa doko demo kantan ni tomodachi o tsukurimasu. Dare mo, wazukana chōhatsu de ikari o fukitobashi, sekigyokuteki de hoka no kodomo-tachi ni ijime o suru kodomo o sukide wanai. So no yōna kodomo-tachi wa, hijō ni heikin-tekide riko-tekina hito ni seichō shi, dokusei o motsu yō ni narimasu. Dakara, himitsude wanai himitsu wa, hitobito o yūjin ni suru wakachi ai no aideadesu.

Kare matawa kanojo ga tanin to kachi o motsu mono (hippī no yōna monode wa nai) o kyōyū suru koto o manabanakereba naranai. Sore wa, omocha, tabemono, komono, pigībanku kara no penī, matawa jikan kamo shiremasen. Kudamono ya kyandi, manga no yōna tanjun’na mono kamo shiremasen. Sore wa, yūjō ga umareru koto ga dekiru saiken o umidasu kyōyūdesu.

Watashi wa, shūkyō-teki doguma ni musubitsuite inai to, shin no yūjō wa, danpā o oku koto ga dekiru shin’nen no shōtotsu ga areba hitsuzen-teki ni kinchō o hikiokosunode, don’na kankei demo. Dakara, shūkyō o don’na yūjō kara mo hazusu koto wa, osoraku hajimeru no ni yoi hōhōdesu. Hotondo no hito ga seiji ni taihen nesshin ni natte iru betsu no koto ga arimasu.

Moshi anata ga dare ka to dēto shite irunara, kare wa sugu ni minshutō-in ka kyōwatō-in ka to iu koto o bon’yari shite, sore ga mondai ni nari, shutsuga yūjō ga kareru kamo shiremasen sono budō no ue ni. Karera ga shūkyō to seiji o karera no kankei kara hanareru to, 2-ri wa yūjin ni naru koto ga dekimasu. Kenzen’na yūjō o tsukuri, iji suru tame ni, shūkyō, seibetsu, seiji no yūjin no ma de watashi ga sūkikyō no tsumi to yobu 3ttsu no koto ni tsuite hanashiaubekide wa arimasen.

Dakara sekkusu 3 ttsu no wadai twa, 3ttsu no wadai ga arimasu. Nazenara, hitobito wa 3ttsu subete ni tsuite tsuyoi iken o motte ori, genkyū sa reta 3ttsu no uchi no izureka, matawa subete ni anata no kenkai o ukeireru koto ga dekinaikaradesu. Kore wa, yūkō no tame ni hijō ni fukenzen’na fuhitsuyōna masatsu o hikiokoshimasu. Watashi wa, yūjin o tsukuru tame ni hitsuyōna kihon-tekina wakugumi ni tsuite kaita tokoro de, watashi wa `yūjō to wa nani ka? Watashitachi wa mina, yūjin ga hitsuyōdaga, tadashī hōhō to machigatta hōhō ga aru to ketsurondzukeru koto ga dekiru.

Dakara watashi wa anata ni dokusha ni saikō no un ga hoshī to negatte imasu. Soshite minasan wa minasan o genki ni shi, yoriyoi ningen ni naru tame ni anata o tasukeru shōgai no yūjin-tachi ni shukufuku sa reru kamo shiremasen. Mata, anata no yūjinde wanai hito o shiru koto o manabu koto ga dekimasuga, anata ga sorera o yokeru koto ga dekiru yō ni 1tsu no furi o suru.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Blogs in English

Blogs in French

Blogs in Spanish

Blogs in German

Biography in Japanese